JPH0131648Y2 - - Google Patents

Info

Publication number
JPH0131648Y2
JPH0131648Y2 JP11129483U JP11129483U JPH0131648Y2 JP H0131648 Y2 JPH0131648 Y2 JP H0131648Y2 JP 11129483 U JP11129483 U JP 11129483U JP 11129483 U JP11129483 U JP 11129483U JP H0131648 Y2 JPH0131648 Y2 JP H0131648Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
lock pin
hook
rod
swivel base
swivel
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired
Application number
JP11129483U
Other languages
English (en)
Other versions
JPS6022563U (ja
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed filed Critical
Priority to JP11129483U priority Critical patent/JPS6022563U/ja
Publication of JPS6022563U publication Critical patent/JPS6022563U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPH0131648Y2 publication Critical patent/JPH0131648Y2/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Jib Cranes (AREA)
  • Mechanical Control Devices (AREA)

Description

【考案の詳細な説明】 本考案は、トラツクフレーム側の係合部に対し
て係脱自在な旋回用ロツクピンを、旋回フレーム
に上下摺動自在に設け、そのロツクピンから上方
に延出したロツドに、ロツクピンを非作用位置で
吊下げるフツクを、ステツプに対して係脱自在に
かつ上下貫通自在に設けた旋回台付作業車の旋回
台固定装置に関する。
従来、上記旋回台作業車において、旋回台固定
装置を構成するに、第4図イ,ロに示すように、
クランク状に形成したロツド14′の上下移動操
作により、トラツクフレーム2側係合部13に対
するロツクピン12の係脱を行ない、かつ、ロツ
クピン12を係合解除した状態において、ロツク
ピン12を回動支軸に利用する状態でそれと一体
的にロツド14′を回動操作することにより、ロ
ツド14′に固設したロツクピン吊下げ保持用フ
ツク15を、ステツプ10に形成した係合孔17
に対して係脱させるように構成し、ステツプ10
をフツク15に対する係止部材に兼用することで
構造の簡略化を図つていたのであるが、ロツクピ
ン12に対する旋回フレーム11側の枢支ボス部
11aとロツクピン12とが、旋回フレーム11
固定時のガタ付きを防止するために比較的精度良
く嵌合されるものであり、又、構造の簡略化の面
で、枢支ボス部11aとロツクピン12との間に
ベアリング等特別のロツクピン回動構造を付設す
ることを省くことから、ロツクピン12を回動支
軸としたロツド14′の回動操作時にロツクピン
12と枢支ボス部11aとにこじれが生じ易く、
そのために、フツク15の操作が極めて行ないづ
らい問題があつた。
本考案の目的は、上述実情に鑑みて、フツクの
係脱操作構造に対する合理的な改良で、全体構造
を簡単な構造に維持しながら、フツクの係脱のた
めの移動操作を極めて容易に行なえるようにする
点にある。
本考案の旋回台固定装置の特徴構成は、冒記旋
回台付作業車において、前記ロツクピンに対して
前記ロツドを揺動自在に連結し、前記フツクに対
する前記ステツプの係合部と貫通孔を、その夫々
に対応する位置に前記ロツドの揺動により前記フ
ツクが移動するように配置してあることにあり、
その作用・効果は次の通りである。
つまり、ロツクピンに対するロツドの揺動によ
り、フツクの移動操作を行なうものであるから、
ロツクピンの回動を伴なうこと無くフツクを操作
することができて、従来構成の如きロツクピンと
それに対するボス部とのこじれに起因した操作不
良を伴なうこと無く、フツクを極めて円滑、か
つ、容易に操作し得るに至つた。
しかも、ステツプの係合部及び貫通孔の配置変
更と、ロツドをロツクピンに揺動自在に連結する
だけの極めて簡単な改良であり、又、フツクに対
する係止部材としてのステツプの兼用化を維持す
るものであるから、全体構造を極めて簡単な構造
に維持することができ、その結果、操作性に優
れ、しかも、製作面において有利な旋回台固定装
置を提供し得るに至つた。
次に本考案の実施例を例示図に基づいて詳述す
る。
左右一対のクローラ走行装置1を備えたトラツ
クフレーム2に、旋回台3を油圧モータ4により
縦軸芯P周りで旋回操作自在に取付け、その旋回
台3に搭乗運転部5、及び、原動部6を設けると
共に、上下揺動並びに屈伸操作自在な作業用アー
ム7の先端にバケツト8を揺動操作自在に連結し
て構成した掘削作業装置9を、旋回台3に取付
け、もつて、掘削作業車を構成してある。
運転ステツプ10の下方において、旋回台3側
フレーム11に旋回用ロツクピン12を上下摺動
自在に取付けると共に、そのロツクピン12を係
脱自在に嵌合する縦向きボス状の係合部13を、
旋回台3が走行装置1と同方向向きとなる位置に
位置するときにロツクピン12に対応位置するよ
うに配置してトラツクフレーム2の上面に固設
し、もつて、機体走行に先立ちロツクピン12
を、その下向き摺動操作でボス状係合部13に嵌
入させることにより、旋回台3を強固に旋回固定
するように構成してある。
ロツクピン12の上下摺動操作構造、つまり、
ボス状係合部13に対する係脱操作構造を構成す
るに、ロツクピン12の上端部に横向き軸芯Q周
りで揺動自在に枢支連結した縦向きロツド14を
ステツプ10に貫通配置し、かつ、そのロツド1
4の上端ににぎり部14aを形成すると共に、ロ
ツド14の中間部に下方向きフツク15を、ロツ
ド14を介してのロツクピン12の上下摺動操作
に伴ないフツク15がステツプ10の下方と上方
とにわたつて移動するように配置して取付けてあ
る。
そして、ステツプ10に形成するロツド貫通孔
16を、前述フツク15の貫通移動を許容し、か
つロツド14のロツクピン12に対する揺動を許
容するような長穴に形成すると共に、ステツプ1
0より上方に移動させたフツク15を係止させる
ための係合孔17を、ロツド貫通用長穴16の一
端側においてステツプ10に形成し、もつて、ロ
ツド14の引き上げ操作によりステツプ10の上
方にまで移動させたフツク15を、ロツド14の
揺動操作を伴ないながら係合孔17にその上方か
ら係止させることにより、ロツクピン12をボス
状係合部13に対する非係止作用位置に吊り下げ
保持するように構成してある。
つまり、ステツプ10をロツクピン保持用フツ
ク15の係止部材に兼用することにより、構造の
簡略化を図ると共に、ロツクピン12のボス状係
止部13に対する係脱操作を、ロツド14の引き
上げ操作と、ロツド14のロツクピン12に対す
る揺動操作とにより、ロツクピン12の自転に起
因したこじれ等を伴なうこと無く円滑、かつ、容
易に行なえるように構成してある。
又、ロツド14をフツク15の係脱操作のため
の最大必要高さにまで引き上げた時に、ロツクピ
ン12がそれを案内支持する旋回台側フレーム1
1のボス部11aに対して嵌合維持された状態
で、ロツクピン12の上端面がステツプ10の下
面に接当するように、ロツクピン12の長さ、及
び、ロツクピン12の上下摺動操作距離を設定
し、ロツクピン12の案内支持用ボス部11aか
らの抜き止め構造を、ステツプ10、及び、ロツ
クピン12そのものを利用して構造簡単に構成し
てある。
尚、ロツクピン吊下げ保持用フツク15の具体
的形状、構造、並びに、そのフツク15をステツ
プ10に係止させるためのステツプ側係合部17
の具体的形状、構造は種々の改良が可能である。
本考案は、掘削作業車やクレーン作業車等各種
用途の旋回台付作業車における旋回台固定装置を
対象とするものである。
【図面の簡単な説明】
図面は本考案に係る旋回台付作業車の旋回台固
定装置の実施例を示し、第1図は作業車の全体側
面図、第2図は旋回台固定構造を示す一部断面拡
大図、第3図は第2図における−線断面図、
第4図イ,ロは、従来構造を示す図である。 2……トラツクフレーム、10……ステツプ、
11……旋回フレーム、12……ロツクピン、1
3……トラツクフレーム側係合部、14……ロツ
ド、15……フツク、16……貫通孔、17……
ステツプ側係合部。

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. トラツクフレーム2側の係合部13に対して係
    脱自在な旋回用ロツクピン12を、旋回フレーム
    11に上下摺動自在に設け、そのロツクピン12
    から上方に延出したロツド14に、ロツクピン1
    2を非作用位置で吊下げるフツク15を、ステツ
    プ10に対して係脱自在にかつ上下貫通自在に設
    けた旋回台付作業車において、前記ロツクピン1
    2に対して前記ロツド14を揺動自在に連結し、
    前記フツク15に対する前記ステツプ10の係合
    部17と貫通孔16を、その夫々に対応する位置
    に前記ロツド14の揺動により前記フツク15が
    移動するように配置してある旋回台付作業車の旋
    回台固定装置。
JP11129483U 1983-07-18 1983-07-18 旋回台付作業車の旋回台固定装置 Granted JPS6022563U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11129483U JPS6022563U (ja) 1983-07-18 1983-07-18 旋回台付作業車の旋回台固定装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11129483U JPS6022563U (ja) 1983-07-18 1983-07-18 旋回台付作業車の旋回台固定装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS6022563U JPS6022563U (ja) 1985-02-16
JPH0131648Y2 true JPH0131648Y2 (ja) 1989-09-28

Family

ID=30258478

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11129483U Granted JPS6022563U (ja) 1983-07-18 1983-07-18 旋回台付作業車の旋回台固定装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS6022563U (ja)

Also Published As

Publication number Publication date
JPS6022563U (ja) 1985-02-16

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH0131648Y2 (ja)
JPS612693A (ja) 車両形クレ−ンのジブ格納装置
JPH0132159B2 (ja)
JPS6225512Y2 (ja)
JP2547430Y2 (ja) 移動式クレーンのフックブロック格納係止装置
JPH02116553U (ja)
JPH0344834Y2 (ja)
JPS6040552Y2 (ja) 継ぎ足しブ−ムを有するクレ−ン
JPH07488Y2 (ja) 防風雪柵展開格納装置
JPH0453788U (ja)
JPH0355596Y2 (ja)
JPH10140610A (ja) 油圧ショベルの機体つり上げ構造
JPH0338229Y2 (ja)
JPH0362151U (ja)
JPS58137693U (ja) クレ−ン車等におけるカウンタ−ウエイト着脱装置
JPS6011908Y2 (ja) 建設機械の作業機クレ−ン装置
JPH0754235Y2 (ja) 移動式クレーンのフックブロック
JPH0439296A (ja) クレーンのジブ張出し、格納方法および同装置
JPH0919201A (ja) ロータリ作業機の着脱制御装置
JPS62183695U (ja)
JPH0316912Y2 (ja)
JPS6035654Y2 (ja) バツクホウ作業車
JP2002051601A (ja) 耕耘装置のリヤカバー装置
JPH0372963U (ja)
JPH0422584U (ja)