JP5426792B1 - 遊技台 - Google Patents

遊技台 Download PDF

Info

Publication number
JP5426792B1
JP5426792B1 JP2013088673A JP2013088673A JP5426792B1 JP 5426792 B1 JP5426792 B1 JP 5426792B1 JP 2013088673 A JP2013088673 A JP 2013088673A JP 2013088673 A JP2013088673 A JP 2013088673A JP 5426792 B1 JP5426792 B1 JP 5426792B1
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
medal
game
control unit
winning
effect
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2013088673A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2014210098A (ja
Inventor
将也 日向
Original Assignee
株式会社大都技研
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社大都技研 filed Critical 株式会社大都技研
Priority to JP2013088673A priority Critical patent/JP5426792B1/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5426792B1 publication Critical patent/JP5426792B1/ja
Publication of JP2014210098A publication Critical patent/JP2014210098A/ja
Active legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】メダル投入のタイミングに合わせて演出を実行する遊技台を提供する。
【解決手段】遊技台は、メダル通路の上流側に設けられた第二のメダル検出手段の信号がメダルの非通過時に出力される第一の状態信号からメダル通過時に出力される第二の状態信号に変化する場合に、メダル投入を報知する第一の演出を演出装置に実行させ、第二の状態信号の出力時間が予め定めた経過時間に達した場合には、異常を報知する第二の演出を演出装置に実行させる。
【選択図】図14

Description

本発明は、スロットマシン(パチスロ)、パチンコに代表される遊技台に関する。
従来、遊技台の一つとして、例えば、スロットマシンが知られている。このスロットマシンは、メダルを投入してスタートレバーを操作することでリールを回転させるとともに、内部抽選によって役を内部決定し、ストップボタンを操作することでリールを停止させた時に、図柄表示窓上に内部決定に応じて予め定められた図柄の組合せが表示されると役が成立するように構成されている。そして、メダルの払出を伴う役が成立した場合には、成立した役に対応する規定数のメダルが払い出されるようになっている。
メダル投入口に投入されたメダルは、スロットマシン内部に配設されたメダルセレクタにより選別され、不正なメダルは排除されるようになっている。そして、このメダルセレクタには、投入されたメダルを検出するセンサ(以下、メダル検出センサという)が設けられているが、不正対策を重視する観点から、最下流に設置されている(例えば、特許文献1)。
特開2005−52397号公報(図7)
しかしながら、メダルセレクタの最下流位置にメダル検出センサが配置されている構成では、メダル投入に応じた演出を実行させようとした場合、メダル投入のタイミングに遅れて演出が実行されるという問題がある。
本発明は上記の事情を鑑みてなされたものであり、メダル投入のタイミングに合わせて演出を実行する遊技台を提供することを目的とする。
上記目的を達成するため、本発明に係る遊技台は、その一態様として、複数種類の図柄が施され、回転駆動される複数のリールと、複数種類の役のうち一または複数の役の内部当選を抽選により判定する抽選手段と、前記複数のリールの回転の停止を制御する停止制御手段と、有効ラインに停止表示された図柄組合せが、前記抽選手段により内部当選した役に対応して定められた図柄組合せであるか否かにより前記役への入賞を判定する判定手段と、演出装置と、前記演出装置に演出を実行させる演出制御手段と、投入されたメダルの通過を検出するメダル検出手段と、投入されたメダルを通過させるメダル通路の所定部位において、前記メダルを通過させる位置と、前記メダルを落下させる位置と、の間を移動可能なメダルブロッカと、を備えた遊技台であって、前記メダル検出手段は、前記所定部位よりも前記メダル通路の下流側の第一の位置に設けられた第一のメダル検出手段と、前記所定部位よりも前記メダル通路の上流側の第二の位置に設けられた第二のメダル検出手段と、を少なくとも備えるものであり、前記第二の位置に進退自在に設けられた可動手段を備え、前記第二のメダル検出手段は、前記可動手段を検出することにより、前記メダルの通過を検出するものであり、前記第二のメダル検出手段は、前記メダルの非通過時には前記可動手段を検出せず、第一の状態信号を出力するものであり、前記第二のメダル検出手段は、前記メダルの通過時には前記可動手段を検出して、第二の状態信号を出力するものであり、前記複数種類の役には、入賞することにより次遊技において再度遊技を行うことができる再遊技役が含まれ、前記再遊技役には、対応する図柄組合せを異ならせた複数種類の再遊技役があり、前記複数種類の再遊技役の中の一つの再遊技役は、特定の再遊技役であり、前記演出制御手段は、前記判定手段によって少なくとも前記特定の再遊技役の入賞があったと判定された場合、前記第二のメダル検出手段によって検出された信号が前記第一の状態信号から前記第二の状態信号に変化した際に、前記特定の再遊技役の入賞に基づくメダルの投入を報知する第一の演出を前記演出装置に実行させることが可能であり、前記演出制御手段は、前記第二のメダル検出手段によって出力された前記第二の状態信号の出力継続時間が予め定めた経過時間に達した場合には、異常を報知する第二の演出を前記演出装置に実行させることが可能である、ことを特徴とする。
本発明によれば、メダル投入のタイミングに合わせて演出を実行する遊技台を提供する遊技台を提供することができる。
本発明の実施形態に係るスロットマシンの外観を示す斜視図である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンの内部構成を示す正面図である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンのメダルセレクタの外観斜視図である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンのメダルセレクタの分解斜視図である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンのフロントカバーを取り外した状態のメダルセレクタの正面図である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンのメダルセレクタの可動底部の動作を示す図である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンのメダルセレクタの可動部材の外観図である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンのメダルセレクタにおいて、被検出片と第2メダル検出センサとの配置を示す説明図である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンのメダルセレクタの進退部の進退態様の説明図である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンの制御部の回路ブロック図である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンの各リールに施される図柄の配列を表面的に展開して示した図、スロットマシンの役の種類、図柄組合せ、及び払出し/作動を示した図である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンのメダルセレクタにおける第1メダル検出センサ、第2メダル検出センサ及び可動底部(メダルブロッカ)の状態を示すタイミングチャートである。 本発明の実施形態に係るスロットマシンの再遊技役入賞時のメダル投入演出の概要を示すタイミングチャートである。 本発明の実施形態に係るスロットマシンが再遊技役入賞時のメダル投入演出を実行する場合において、第2メダル検出センサ790、主制御部300及び第1副制御部400の各処理の関係を示すタイミングチャートである。 本発明の実施形態に係るスロットマシンの主制御部メイン処理の流れを示すフローチャートである。 図15のステップS102の遊技開始処理の流れを詳しく示すフローチャートである。 図15のステップS103のメダル投入・スタート受付処理の流れを詳しく示すフローチャートである。 図15のステップS110のメダル投入・スタート受付処理の流れを詳しく示すフローチャートである。 本発明の実施形態に係るスロットマシンの主制御部タイマ割込処理の流れを示すフローチャートである。 本発明の実施形態に係るスロットマシンの第1副制御部メイン処理、第1副制御部コマンド受信割込処理、及び第1副制御部タイマ割込処理の流れを示すフローチャートである。 本発明の実施形態に係るスロットマシンの第2副制御部メイン処理、第2副制御部コマンド受信割込処理、第2副制御部タイマ割込処理及び第2副制御部画像制御処理の流れを示すフローチャートである。 本発明の別の実施形態に係るスロットマシンのメダルセレクタにおける第1メダル検出センサ、第2メダル検出センサ及び可動底部(メダルブロッカ)の状態を示すタイミングチャートである。 本発明の別の実施形態に係るスロットマシンの再遊技役入賞時のメダル投入演出の概要を示すタイミングチャートである。 本発明の別の実施形態に係るスロットマシンが再遊技役入賞時のメダル投入演出を実行する場合において、第2メダル検出センサ、主制御部及び第1副制御部の各処理の関係を示すタイミングチャートである。 本発明の別の実施形態に係るスロットマシンが再遊技役入賞時のメダル投入演出を実行する場合において、第2メダル検出センサ、可動底部(メダルブロッカ)、主制御部及び第1副制御部の各処理の関係を示すタイミングチャートである。 本発明の別の実施形態に係るスロットマシンの入賞ライン及び停止態様を示す図である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンにおいて類似する図柄を説明する図である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンにおいて類似する図柄を説明する図である。
以下、本発明の実施の形態について図面を用いて説明する。
<全体構成>
図1は、本発明の一実施形態に係るスロットマシン100の外観斜視図である。スロットマシン100は、メダルの投入により遊技が開始され、遊技の結果によりメダルが払い出されるものである。
図1に示すスロットマシン100は、本体101と、本体101の正面に取付けられ、本体101に対して開閉可能な前面扉102と、を備える。本体101の中央内部には、(図1において図示省略)外周面に複数種類の図柄が配置されたリールが3個(左リール110、中リール111、右リール112)収納され、スロットマシン100の内部で回転できるように構成されている。これらのリール110〜112はステッピングモータ等の駆動手段により回転駆動される。
本実施形態において、各図柄は帯状部材に等間隔で適当数印刷され、この帯状部材が所定の円形筒状の枠材に貼り付けられて各リール110〜112が構成されている。リール110〜112上の図柄は、遊技者から見ると、図柄表示窓113から縦方向に概ね3つ表示され、合計9つの図柄が見えるようになっている。そして、各リール110〜112を回転させることにより、遊技者から見える図柄の組み合せが変動することとなる。つまり、各リール110〜112は複数種類の図柄の組合せを変動可能に表示する表示手段として機能する。なお、このような表示手段としてはリール以外にも液晶表示装置等の電子画像表示装置も採用できる。また、本実施形態では、3個のリールをスロットマシン100の中央内部に備えているが、リールの数やリールの設置位置はこれに限定されるものではない。
各々のリール110〜112の背面には、図柄表示窓113に表示される個々の図柄を照明するためのリールバックライト(図示せず)が配置されている。リールバックライト、各々の図柄ごとに遮蔽されて個々の図柄を均等に照射できるようにすることが望ましい。なお、スロットマシン100内部において各々のリール110〜112の近傍には、投光部と受光部から成る光学式センサ(図示省略)が設けられており、この光学式センサの投光部と受光部の間をリールに設けられた一定の長さの遮光片が通過するように構成されている。このセンサの検出結果に基づいてリール上の図柄の回転方向の位置を判断し、目的とする図柄が入賞ライン上に表示されるようにリール110〜112を停止させる。
入賞ライン表示ランプ120は、有効となる入賞ライン114を示すランプである。有効となる入賞ラインは、後述する入賞役に対応する図柄組み合わせが表示されたか否かを判定するラインのことである。有効となる入賞ライン(以下、有効ラインと称する場合がある)114は、遊技媒体としてベットされたメダルの数によって予め定まっており、入賞ライン114が有効になると、スタートレバー135を操作して遊技を開始することができるようになる。本実施形態では、入賞ライン114は5ラインあり、例えば、メダルが1枚ベットされた場合、中段の水平入賞ラインが有効となり、メダルが2枚ベットされた場合、上段水平入賞ラインと下段水平入賞ラインが追加された3本が有効となり、メダルが3枚ベットされた場合、右下り入賞ラインと右上り入賞ラインが追加された5ラインが入賞ラインとして有効になる。なお、入賞ライン114の数については5ラインに限定されるものではなく、また、例えば、メダルが1枚ベットされた場合に、中段の水平入賞ライン、上段水平入賞ライン、下段水平入賞ライン、右下り入賞ラインおよび右上り入賞ラインの5ラインを有効な入賞ラインとして設定してもよく、ベット数に関係なく、一律に同一数の入賞ラインを有効な入賞ラインとして設定してもよい。
告知ランプ123は、例えば、後述する内部抽選において特定の入賞役(具体的には、ボーナス)に内部当選していること、または、ボーナス遊技中であることを遊技者に知らせるランプである。遊技メダル投入可能ランプ124は、遊技者が遊技メダルを投入可能であることを知らせるためのランプであり、遊技メダルを投入可能な期間においてランプを点灯させる。再遊技ランプ122は、前回の遊技において入賞役の一つである再遊技に入賞した場合に、今回の遊技が再遊技可能であること(メダルの投入が不要であること)を遊技者に知らせるランプである。リールパネルランプ128は演出用のランプである。
メダル投入ボタン(ベットボタンともいう)130〜132は、スロットマシン100に電子的に貯留されているメダル(クレジットと言う)を所定の枚数分投入するためのボタンである。本実施形態においては、メダル投入ボタン130が押下される毎に1枚ずつ最大3枚まで投入され、メダル投入ボタン131が押下されると2枚投入され、メダル投入ボタン132が押下されると3枚投入されるようになっている。以下、メダル投入ボタン132はMAXベットボタンとも言う。本実施形態では、メダル投入ボタン130〜132は、ランプ内蔵しており、遊技メダルを投入可能な期間においてランプを点灯させる。なお、遊技メダル投入ランプ129は、投入されたメダル数に応じた数のランプを点灯させ、規定枚数のメダルの投入があった場合、遊技の開始操作が可能な状態であることを知らせる遊技開始ランプ121が点灯する。
メダル投入口141は、遊技を開始するに当たって遊技者がメダルを投入するための投入口である。すなわち、メダルの投入は、メダル投入ボタン130〜132により電子的に投入することもできるし、メダル投入口141から実際のメダルを投入(投入操作)することもでき、投入とは両者を含む意味である。貯留枚数表示器125は、スロットマシン100に電子的に貯留されているメダルの枚数を表示するための表示器である。遊技情報表示器126は、各種の内部情報(例えば、ボーナス遊技中のメダル払出枚数)を数値で表示するための表示器である。払出枚数表示器127は、何らかの入賞役に入賞した結果、遊技者に払出されるメダルの枚数を表示するための表示器である。本実施形態においては、貯留枚数表示器125、遊技情報表示器126、および払出枚数表示器127は7セグメント(SEG)表示器で構成されている。
スタートレバー135は、リール110〜112の回転を開始させるためのレバー型のスイッチである。即ち、メダル投入口141に所望するメダル枚数を投入するか、メダル投入ボタン130〜132を操作して、スタートレバー135を操作すると、リール110〜112が回転を開始することとなる。スタートレバー135に対する操作を遊技の開始操作と言う。
ストップボタンユニット136には、ストップボタン137〜139が設けられている。ストップボタン137〜139は、スタートレバー135の操作によって回転を開始したリール110〜112を個別に停止させるためのボタン型のスイッチであり、各リール110〜112に対応づけられている。以下、ストップボタン137〜139に対する操作を停止操作と言い、最初の停止操作を第1停止操作、次の停止操作を第2停止操作、最後の停止操作を第3停止操作という。また、第1停止操作の対象となるリールを第1停止リール、第2停止操作の対象となるリールを第2停止リール、第3停止操作の対象となるリールを第3停止リールという。なお、各ストップボタン137〜139の内部に発光体を設けてもよく、ストップボタン137〜139の操作が可能である場合、該発光体を点灯させて遊技者に知らせることもできる。
メダル返却ボタン133は、投入されたメダルが詰まった場合に押下してメダルを取り除くためのボタンである。精算ボタン134は、スロットマシン100に電子的に貯留されたメダル、ベットされたメダルを精算し、メダル払出口155から排出するためのボタンである。ドアキー孔140は、スロットマシン100の前面扉102のロックを解除するためのキーを挿入する孔である。メダル払出口155は、メダルを払出すための払出口である。
ストップボタンユニット136の下部には、機種名の表示と各種証紙の貼付とを行うタイトルパネル162が設けられており、タイトルパネル162の下部には、メダル払出口155、メダルの受皿161が設けられている。
音孔181はスロットマシン100内部に設けられているスピーカの音を外部に出力するための孔である。前面扉102の左右各部に設けられたサイドランプ144は遊技を盛り上げるための装飾用のランプである。前面扉102の上部には演出装置160が配設されており、演出装置160の上部には音孔143が設けられている。この演出装置160は、水平方向に開閉自在な2枚の右シャッタ163a、左シャッタ163bからなるシャッタ(遮蔽装置)163と、このシャッタ163の奥側に配設された液晶表示装置157(図示省略、演出画像表示装置)を備えており、右シャッタ163a、左シャッタ163bが液晶表示装置157の手前で水平方向外側に開くと液晶表示装置157(図示省略)の表示画面がスロットマシン100正面(遊技者側)に出現する構造となっている。
なお、液晶表示装置でなくとも、種々の演出画像や種々の遊技情報を表示可能に構成されていればよく、例えば、複数セグメントディスプレイ(7セグディスプレイ)、ドットマトリクスディスプレイ、有機ELディスプレイ、プラズマディスプレイ、リール(ドラム)、或いは、プロジェクタとスクリーンとからなる表示装置等でもよい。また、表示画面は、方形をなし、その全体を遊技者が視認可能に構成されている。本実施形態の場合、表示画面は長方形であるが、正方形でもよい。また、表示画面の周縁に不図示の装飾物を設けて、表示画面の周縁の一部が該装飾物に隠れる結果、表示画面が異形に見えるようにすることもできる。表示画面は本実施形態の場合、平坦面であるが、曲面をなしていてもよい。
<内部構成>
図2(a)は、前面扉102を開けた状態のスロットマシン100を示す正面図である。
本体101は、上面板261、左側の側面板260、右側の側面板260、下面板264および背面板242で囲われ、前面を開口する箱体である。本体101の内部には、背面板242の上部に設けた通風口249と重ならない位置に、内部に主制御基板(後述する主制御部300を実装する基板)を収納した主制御基板収納ケース210が配置され、この主制御基板収納ケース210の下方に、3つのリール110〜112が配置されている。主制御基板収納ケース210及びリール110〜112の側方、即ち向って左側の側面板260には、内部に第1副制御基板(後述する第1制御部400を実装する基板)を収納した副制御基板収納ケース220が配設してある。また、向かって右側の側面板260には、主制御基板に接続されて、スロットマシン100の情報を外部装置に出力する外部集中端子板248が取り付けられている。
そして、下面板264には、メダル払出装置180(バケットに溜まったメダルを払出す装置)が配設され、このメダル払出装置180の上方、即ちリール110〜112の下方には、電源基板を有する電源装置252が配設され、電源装置252正面には電源スイッチ244を配設している。電源装置252は、スロットマシン100に外部から供給される交流電源を直流化し、所定の電圧に変換して主制御部300、第1副制御部400等の各制御部、各装置に供給する。さらには、外部からの電源が断たれた後も所定の部品(例えば主制御部300のRAM308等)に所定の期間(例えば10日間)電源を供給するための蓄電回路(例えばコンデンサ)を備えている。
メダル払出装置180の右側には、メダル払出装置180から溢れたメダルを収容するメダル補助収納ケース240が配設してあり、この背後にはオーバーフロー端子が配設されている(図示省略)。電源装置252には、電源コード265を接続する電源コード接続部が設けられ、ここに接続された電源コード265が、筐体101の背面板242に開設した電源コード用穴262を通して外部に延出している。
前面扉102は、本体101の左側の側面板260にヒンジ装置276を介して蝶着され、図柄表示窓113の上部には、演出装置160、およびこの演出装置160を制御する第2制御基板(図示省略:後述する第2制御部500を実装する基板)、上部スピーカ272を設けている。図柄表示窓113の下部には、投入されたメダルを選別するためのメダルセレクタ700、このメダルセレクタ700が不正なメダル等をメダルの受皿161に落下させる際にメダルが通過する通路266等を設けている。さらに、音孔191に対応する位置には低音スピーカ277を設けている。
また、前面扉102の背面には、図柄表示窓113の下方に扉中継基板290が配設されている。この扉中継基板290は、図2(b)に示すように、リセットスイッチ291が設けられている。リセットスイッチ291は、プッシュボタン式のスイッチであり、このリセットスイッチ291を押下することによりスロットマシン100のエラー解除を行うことができる。
<メダルセレクタ>
次に、前面扉102の背面に取り付けられるメダルセレクタ700について詳細に説明する。図3は、メダルセレクタ700の外観斜視図、図4は、メダルセレクタ700の分解斜視図、図5は、フロントカバー730を取り外した状態でのメダルセレクタ700の正面図である。メダルセレクタ700はメダル投入口141から投入されたメダルが転動しながら通過するメダル通路を形成すると共に、正規のメダルよりも小径のメダルをメダル通路の一方側方に脱落させることにより正規のメダルを選別し、正規のメダルの通過を検出する。なお、上流側、下流側とはメダルが転動しながら流れる方向を基準とし、メダル投入口141側が上流側である。
メダルセレクタ700はセレクタベース710と、ガイド部材720と、フロントカバー730と、アクチュエータ750と、第1メダル検出センサ760と、可動部材770と、付勢部材780と、第2メダル検出センサ790と、を備える。メダル投入口141に投入されたメダルは、まず、セレクタベース710とフロントカバー730とにより形成される導入口701に導入され、セレクタベース710に形成された排出口715から排出される。
セレクタベース710は、通路壁711を備える。通路壁711は、通過するメダルの側面と周面のうち、側面に面する通路壁の一方形成する。通路壁711には、メダル通路の幅方向に互いに離間し、メダルの通過方向に延びる複数条のリブ711aと、メダル通路の幅方向に互いに離間し、メダルの通過方向に延びる複数のスリット711bと、が形成されている。スリット711bはリブ711aの間に形成されている。リブ711aを設けたことにより、通過するメダルの側面と接する面積が小さくなり、メダルをより円滑に移動させることができる。
通路壁711の下流側には、メダル通路の底部BT及び当接部714が形成されている。底部BTにはメダルの周面が転動しながら接し、当接部714はメダルの側面に当接する。底部BTの一部は可動底部712により形成されている。可動底部712は、セレクタベース710に設けた可動機構(不図示)により底部BTの他の部分からずれた位置に移動可能にされており、アクチュエータ750により駆動されて、メダル投入禁止時等において作動するメダルブロッカを構成している。
つまり、メダル投入禁止時等において、アクチュエータ750の作動により可動底部712は可動し、これにより底部BTを部分的に非連続なものとして、底部BT上を転動するメダルをメダル通路の一方側方(フロントカバー730側)に脱落するようにしている。図6は、フロントカバー730を取り外した状態でのメダルセレクタ700の正面図であり、可動底部712の動作を示す図である。図6(a)は、可動底部712が底部BTを形成し、メダルMを通過させる場合(以下、メダルブロッカがメダル通過位置にある場合という)のメダル転動の様子を示す図であり、図6(b)は、可動底部712が底部BTからずれた位置に移動しており、メダルMを落下させる場合(以下、メダルブロッカがメダル落下位置にある場合という)のメダル転動の様子を示す図である。メダルブロッカの構成としては、このようにメダル通路の構成部分の一部を可動とする構成のほかに、メダル通路の側方から出没・退避する部材をアクチュエータで駆動する構成としてもよい。
当接部714はセレクタベース710の正面側に突出してメダルの流れ方向に形成されており、後述するガイド部材720と共に正規のメダルの脱落を防止するスリットを形成する。セレクタベース710は、フック形状の一対の軸受部713を備える。この軸受部713には軸740が着脱自在に装着される。排出口715は底部BTの下流端に形成されており、メダルセレクタ700を通過するメダルはこの排出口715から排出され、不図示の案内部材により、メダルを貯留するメダル払出装置180に導かれることになる。
アクチュエータ750は、電磁ソレノイドを有するアクチュエータであり、セレクタベース710の背面側に取り付けられる。第1メダル検出センサ760は、セレクタベース710に支持され、そのスリット761を通過するメダルの通過を検出する光センサであるが、光センサ以外のセンサを利用可能である。本実施形態では、相対的に上流側、下流側にそれぞれ第1メダル検出センサ760が配置され、これら2個の第1メダル検出センサ760の検出結果に基づいてメダルの正常投入を判定する。なお、コネクタ762には電気配線が接続される。
なお、メダル投入禁止時等、メダルブロッカがメダル落下位置にあるとき、メダルブロッカの下流位置に配設された第1メダル検出センサ760は、メダルを検出する必要がない。そのため、本実施形態では、メダルブロッカがメダル落下位置にあるとき、第1メダル検出センサ760の検出結果は活用されないようになっている。以下、メダル検出センサ(第1メダル検出センサ760と第2メダル検出センサ790を総称してメダル検出センサという)の検出結果(信号)が活用される期間(状態)を検出期間(状態)、活用されない期間(状態)を非検出期間(状態)ともいう。すなわち、本実施形態では、メダル投入可能時等、メダルブロッカがメダル通過位置にある場合、第1メダル検出センサ760は検出状態にあり、メダル投入禁止時等、メダルブロッカがメダル落下位置にある場合、第1メダル検出センサ760は非検出状態にある。
フロントカバー730は、セレクタベース710の通路壁711に対向する通路壁731を備える。通路壁711及び731によりメダル通路の厚み方向に離間した通路壁が形成され、これらの間をメダルが通過する。通路壁731にも、メダル通路の幅方向に互いに離間し、メダルの通過方向に延びる複数条のリブ731a(不図示)が形成されており、メダルとの摩擦を低下させる。
フロントカバー730は、軸740の両端部がそれぞれ嵌合する一対の嵌合部732を有する。軸740には、スプリング741が装填されており、軸740が嵌合部732に嵌合された状態で、軸740を軸受部713に装着することで、フロントカバー730をセレクタベース710に取り付けることができる。セレクタベース710に取り付けられた状態においてフロントカバー730は軸740回りに開閉自在とされているが、スプリング741により常時閉方向に付勢されている。
フロントカバー730の正面側にはつまみ部734が形成されている。このつまみ部734を利用することで、フロントカバー730の開閉作業や、セレクタベース710との着脱作業を容易化することができる。フロントカバー730は、また、第1メダル検出センサ760を覆うカバー部733を備える。カバー部733は、第1メダル検出センサ760の正面側を覆うとともに、第1メダル検出センサ760の上面側を覆う天井部733aを有する。この天井部733aにより第1メダル検出センサ760のコネクタ762が覆われるので、コネクタ762に対する不正器具の侵入等を防止することができる。本実施形態では、このようにフロントカバー730が第1メダル検出センサ760の保護機能を有している。
ガイド部材720は、例えば、金属製の板材を曲折して形成され、図3及び図4に示すように、取付部721と、スリット形成部722と、を備える。取付部721には複数の取付孔が形成されており、セレクタベース710の取付軸がこれに嵌合することで、ガイド部材720がセレクタベース710に固定される。
スリット形成部722は、セレクタベース710の当接部714と共に正規メダルの上部が通過するスリットを形成する。このスリットは、正規メダルの上部の僅かな部分のみが挿入されるように、底部BTから正規メダルの直径に応じた距離だけ離間した位置に形成され、正規メダルよりも小径のメダルは挿入されない位置に形成される。
したがって、小径メダルは、スリット形成部722及び当接部714に支持されず、側方に傾倒してメダルセレクタ700から脱落することになり正規メダルと小径メダルとが選別される。正規メダルはスリット形成部722と当接部714とに支持されることで、第1メダル検出センサ760に到達し、その通過が検出されることになる。
可動部材770は、図4及び図5に示すように、セレクタベース710の背面側に枢着される。付勢部材780は可動部材770を常時一方向に付勢する。本実施形態の場合、付勢部材780はねじりコイルバネであるが、可動部材770を付勢可能な部材であれば何でもよい。第2メダル検出センサ790は、可動部材770の回動位置を検出する光センサであり、第1メダル検出センサ760と同様にスリットを通過する物体を検出する透過型の光センサである。
図7(a)〜(d)は可動部材770の説明図であり、図7(a)及び(b)は取り付け状態での平面図と右側面図、図7(c)及び(d)は斜視図である。可動部材770は、円筒状の軸部772を備える。この軸部772の中心孔にセレクタベース710の軸部材(不図示)が挿入され、可動部材770は軸部772の中心軸線回りに回動自在にセレクタベース710に支持される。軸部772は相対的に小径のバネ装着部772aを有し、ここに付勢部材780が装填される。
可動部材770は、通路壁711に形成された各スリット711bに対応した進退部771a〜771dを備える。進退部771a及び771bはその上流側端部が軸部772に接続され、進退部771c及び771dは、上流側の連結部773aと下流側の連結部773bとを介して進退部771a及び771bに接続されている。
進退部771dには、被検出片774が一体に形成されている。第2メダル検出センサ790は、この被検出片774の存在の有無を検出することで可動部材770の回動位置を検出する。図8は、組付け時における被検出片774と第2メダル検出センサ790との配置を示す説明図である。被検出片774は第2メダル検出センサ790のスリットに臨む位置に位置している。
各進退部771a〜771dは、可動部材770の回動により、対応するスリット711bを通過してメダル通路の厚み方向に進退する。本実施形態では可動部材770の回動運動により各進退部771a〜771dを進退させる構成としたが、可動部材770の並進運動によって各進退部771a〜771dを進退させる構成としてもよい。
付勢部材780は可動部材770を図7(b)の矢印d1方向、つまり、進退部771a〜771dがメダル通路内へ進入する方向に常時付勢する。図9(a)及び(b)は進退部771a〜771dの進退態様の説明図である。同図において破線L1はリブ711aの先端位置を、破線L2はリブ731aの先端位置を、それぞれ示している。
図9(a)はメダルが非通過時の態様を示しており、進退部771a〜771dが進入状態にある場合を示している。破線L1を基準とした、メダル通路内への各進退部771a〜771dの突出量は、上流側から下流側に向かって徐々に増加しており、メダルの円滑な通過を妨げないようにしている一方、進退部771a〜771dの下流側端部が破線L2に近接して、通過メダルとの干渉を確実なものとしている。なお、図9(a)に示すメダルが非通過時の状態においては、被検出片774は第2メダル検出センサ790のスリット791外に位置し、その存在が第2メダル検出センサ790によって検出されない。
図9(b)はメダル(不図示)が通過時の態様を示しており、進退部771a〜771dが退避状態にある場合を示している。破線L1を基準とした、メダル通路内への各進退部771a〜771dの突出量が減少し、破線L2から全体的に離間してメダルの通過空間が確保されている。進退部771a〜771dの退避位置は、メダル通路から完全に脱した位置としてもよいが、図9(b)に示すようにメダルが通過可能であればメダル通路内に残っていてもよい。なお、図9(b)に示すメダルが通過時の状態においては、被検出片774は第2メダル検出センサ790のスリット791内に位置し、その存在が第2メダル検出センサ790によって検出される。本実施形態では、第2メダル検出センサ790が規定時間(例えば5秒)継続して被検出片774を検出している場合、何らかの不正行為(メダルセレクタ700に異物を挿入している等)が行われているとして、エラー処理を実行するようになっている。
なお、本実施形態では、第2メダル検出センサ790は、メダルブロッカがメダル落下位置にある場合においても検出状態にある場合がある。すなわち、メダル投入可能時等、メダルブロッカがメダル通過位置にある場合、第2メダル検出センサ790は検出状態にあり、また、当該遊技において再遊技役に入賞した場合、再遊技入賞時から次遊技のスタートレバー操作時まではメダル投入禁止時等にあり、メダルブロッカがメダル落下位置にあるが、この場合にも第2メダル検出センサ790は検出状態にある。このため、詳しくは後述するが、第1メダル検出センサ760が非検出状態にある場合でも、メダル投入や不正行為などの検出が可能であり、従来以上に第2メダル検出センサ790が有効活用されている。
<制御部の回路構成>
次に、図10を用いて、スロットマシン100の制御部の回路構成について説明する。なお、同図は制御部の回路ブロック図である。
スロットマシン100の制御部は、大別すると、遊技の進行を制御する主制御部300と、主制御部300が送信するコマンド信号(以下、単に「コマンド」と呼ぶ)に応じて、主な演出の制御を行う第1副制御部400と、第1副制御部400より送信されたコマンドに基づいて各種機器を制御する第2副制御部500と、によって構成されている。
<主制御部>
まず、スロットマシン100の主制御部300について説明する。主制御部300は、主制御部300の全体を制御する基本回路302を備えており、この基本回路302には、CPU304と、制御プログラムデータ、入賞役の内部抽選時に用いる抽選データ、リールの停止位置等を記憶するためのROM306と、一時的にデータを記憶するためのRAM308と、各種デバイスの入出力を制御するためのI/O310と、時間や回数等を計測するためのカウンタタイマ312と、WDT314とを搭載している。なお、ROM306やRAM308については他の記憶装置を用いてもよく、この点は後述する第1副制御部400や第2制御部500についても同様である。この基本回路302のCPU304は、水晶発振器314bが出力する所定周期のクロック信号をシステムクロックとして入力して動作する。さらには、CPU304は、電源が投入されるとROM306の所定エリアに格納された分周用のデータをカウンタタイマ312に送信し、カウンタタイマ312は受信した分周用のデータを基に割り込み時間を決定し、この割り込み時間ごとに割り込み要求をCPU304に送信する。CPU304は、この割込み要求を契機に各センサ等の監視や駆動パルスの送信を実行する。例えば、水晶発振器314bが出力するクロック信号を8MHz、カウンタタイマ312の分周値を1/256、ROM306の分周用のデータを47に設定した場合、割り込みの基準時間は、256×47÷8MHz=1.504msとなる。
基本回路302は、0〜65535の範囲で数値を変動させるハードウェア乱数カウンタとして使用している乱数発生回路316と、電源が投入されると起動信号(リセット信号)を出力する起動信号出力回路332を設けており、CPU304は、この起動信号出力回路332から起動信号を入力した場合に、遊技制御を開始する(後述する主制御部メイン処理を開始する)。
また、基本回路302には、センサ回路320を設けており、CPU304は、割り込み時間ごとに各種センサ318(ベットボタン130センサ、ベットボタン131センサ、ベットボタン132センサ、メダル投入口141から投入されたメダルのメダル受付センサ(上述した第1メダル検出センサ760、第2メダル検出センサ790が相当する)、スタートレバー135センサ、ストップボタン137センサ、ストップボタン138センサ、ストップボタン139センサ、精算ボタン134センサ、メダル払出装置180から払い出されるメダルのメダル払出センサ、リール110のインデックスセンサ、リール111のインデックスセンサ、リール112のインデックスセンサ等)の状態を監視している。
なお、センサ回路320がスタートレバーセンサのHレベルを検出した場合には、この検出を示す信号を乱数発生回路316に出力する。この信号を受信した乱数発生回路316は、そのタイミングにおける値をラッチし、抽選に使用する乱数値を格納するレジスタに記憶する。
第1メダル検出センサ760は、下流側に設けられたセンサ、第2メダル検出センサ790は、上流側に設けられたセンサであり、いずれも主にメダルの通過有無を検出する。スタートレバー135センサは、スタートレバー135内部に2個設置されており、遊技者によるスタート操作を検出する。ストップボタン137センサ、ストップボタン138センサ、および、ストップボタン139センサは、各々のストップボタン137〜139に設置されており、遊技者によるストップボタンの操作を検出する。
ベットボタン130センサ、ベットボタン131センサ、およびベットボタン132センサは、メダル投入ボタン130〜132のそれぞれに設置されており、RAM308に電子的に貯留されているメダルを遊技への投入メダルとして投入する場合の投入操作を検出する。精算ボタン134センサは、精算ボタン134に設けられている。精算ボタン134が一回押されると、電子的に貯留されているメダルを精算する。メダル払出センサは、メダル払出装置180が払い出すメダルを検出するためのセンサである。なお、以上の各センサは、非接触式のセンサであっても接点式のセンサであってもよい。
リール110のインデックスセンサ、リール111のインデックスセンサ、およびリール112のインデックスセンサは、各リール110〜112の取付台の所定位置に設置されており、リールフレームに設けた遮光片が通過するたびにLレベルになる。CPU304は、この信号を検出すると、リールが1回転したものと判断し、リールの回転位置情報をゼロにリセットする。
主制御部300は、リール110〜112に設けたステッピングモータを駆動する駆動回路322、投入されたメダルを選別するメダルセレクタ700に設けたソレノイドを駆動する駆動回路324、メダル払出装置180に設けたモータを駆動する駆動回路326、及び各種ランプ338(入賞ライン表示ランプ120、告知ランプ123、再遊技ランプ122、遊技メダル投入ランプ129、遊技開始ランプ121、貯留枚数表示器125、遊技情報表示器126、払出枚数表示器127、リールバックライト)を駆動する駆動回路328をそれぞれ設けている。
また、基本回路302には、情報出力回路334が接続されており、主制御部300は、この情報出力回路334を介して、外部のホールコンピュータ(図示省略)等が備える情報入力回路652にスロットマシン100の遊技情報(例えば、遊技状態)を出力する。
また、主制御部300は、第1副制御部400にコマンドを送信するための出力インタフェースを備えており、第1副制御部400との通信を可能としている。なお、主制御部300と第1副制御部400との情報通信は一方向の通信であり、主制御部300は第1副制御部400にコマンド等の信号を送信できるが、第1副制御部400から主制御部300にコマンド等の信号を送信できない。
<副制御部>
次に、スロットマシン100の第1副制御部400について説明する。第1副制御部400は、主制御部300が送信した制御コマンドを、入力インタフェースを介して受信し、この制御コマンドに基づいて第1副制御部400の全体を制御する基本回路402を備えている。この基本回路402は、CPU404と、一時的にデータを記憶するためのRAM408と、各種デバイスの入出力を制御するためのI/O410と、時間や回数等を計測するためのカウンタタイマ412を搭載している。基本回路402のCPU404は、水晶発振器414が出力する所定周期のクロック信号をシステムクロックとして入力して動作する。また、第1副制御部400は、第1副制御部400の全体を制御するための制御プログラム及びデータ、バックライトの点灯パターンや各種表示器を制御するためのデータ等が記憶されたROM406を設けている。
CPU404は、所定のタイミングでデータバスを介してROM406の所定エリアに格納された分周用のデータをカウンタタイマ412に送信する。カウンタタイマ412は、受信した分周用のデータを基に割り込み時間を決定し、この割り込み時間ごとに割り込み要求をCPU404に送信する。CPU404は、この割込み要求のタイミングをもとに、各ICや各回路を制御する。
また、第1副制御部400には、音源IC418が設けられ、音源IC418には出力インタフェースを介してスピーカ272、277が接続されている。音源IC418は、CPU404からの命令に応じてアンプおよびスピーカ272、277から出力する音声の制御を行う。音源IC418には音声データが記憶されたS−ROM(サウンドROM)が接続されており、このROMから取得した音声データをアンプで増幅させてスピーカ272、277から出力する。
第1副制御部400には、また、駆動回路422が設けられ、駆動回路422には入出力インタフェースを介して各種ランプ420(上部ランプ、下部ランプ、サイドランプ144、タイトルパネルランプ、遊技メダル投入可能ランプ124、ベットボタンランプ、等)が接続されている。
また、CPU404は、出力インタフェースを介して第2副制御部500へ信号の送受信を行う。スロットマシン100の第2副制御部500では、演出画像表示装置157やシャッタ163などの制御を行う。なお、第2副制御部500は、例えば、演出画像表示装置157の制御を行う制御部、シャッタ163の制御を行う制御部とするなど、複数の制御部で構成するようにしてもよい。
次に、スロットマシン100の第2副制御部500について説明する。第2副制御部500は、第1副制御部400が送信した制御コマンドを、入力インタフェースを介して受信し、この制御コマンドに基づいて第2副制御部500の全体を制御する基本回路502を備えており、この基本回路502は、CPU504と、一時的にデータを記憶するためのRAM508と、各種デバイスの入出力を制御するためのI/O510と、時間や回数等を計測するためのカウンタタイマ512を搭載している。基本回路502のCPU504は、水晶発振器514が出力する所定周期のクロック信号をシステムクロックとして入力して動作する。また、第2副制御部500は、第2副制御部500の全体を制御するための制御プログラム及びデータ、画像表示用のデータ等が記憶されたROM506を設けている。
CPU504は、所定のタイミングでデータバスを介してROM506の所定エリアに格納された分周用のデータをカウンタタイマ512に送信する。カウンタタイマ512は、受信した分周用のデータを基に割り込み時間を決定し、この割り込み時間ごとに割り込み要求をCPU504に送信する。CPU504は、この割込み要求のタイミングをもとに、各ICや各回路を制御する。
また、第2副制御部500には、シャッタ163を駆動する駆動回路530が設けられ、駆動回路530には出力インタフェースを介してシャッタ163が接続されている。この駆動回路530は、CPU504からの命令に応じてシャッタ163に設けたステッピングモータ(図示省略)に駆動信号を出力する。
また、第2副制御部500には、センサ回路532が設けられ、センサ回路532には入力インタフェースを介してシャッタセンサ538が接続されている。CPU504は、割り込み時間ごとにシャッタセンサ538の状態を監視している。
また、第2副制御部500には、VDP534(ビデオ・ディスプレイ・プロセッサー)が設けられ、このVDP534には、バスを介してROM506、VRAM536が接続されている。VDP534は、CPU504からの信号に基づいてROM506に記憶された画像データ等を読み出し、VRAM536のワークエリアを使用して表示画像を生成し、演出画像表示装置157に画像を表示する。
<図柄配列>
図11(a)を用いて、上述の各リール110〜112に施される図柄配列について説明する。なお、同図は、各リール(左リール110、中リール111、右リール112)に施される図柄の配列を平面的に展開して示した図である。
各リール110〜112には、同図の右側に示す複数種類(本実施形態では8種類)の図柄が所定コマ数(本実施形態では、番号0〜20の21コマ)だけ配置されている。また、同図の左端に示した番号0〜20は、各リール110〜112上の図柄の配置位置を示す番号である。例えば、本実施形態では、左リール110の番号1のコマには「リプレイ」の図柄、中リール111の番号0のコマには「ベル」の図柄、右リール112の番号2のコマには「スイカ」の図柄、がそれぞれ配置されている。
<入賞役の種類>
次に、図11(b)を用いて、スロットマシン100の入賞役の種類について説明する。なお、同図は入賞役(作動役を含む)の種類、各入賞役に対応する図柄組合せ、各入賞役の作動または払出を示している。本実施形態における入賞役のうち、ビッグボーナス(BB1、BB2)および、レギュラーボーナス(RB)はボーナス遊技に移行する役として、また、再遊技役(リプレイ)は新たにメダルを投入することなく再遊技が可能となる役として、それぞれ入賞役とは区別され「作動役」と呼ばれる場合があるが、本実施形態における「入賞役」には、作動役である、ビッグボーナス、レギュラーボーナス、再遊技役が含まれる。より詳しく説明すると、再遊技役とは、遊技に用いる遊技媒体を新たに使用することなく遊技を行うことが可能である役である。また、本実施形態においては再遊技であると前回の遊技で投入した遊技媒体の数と同数の遊技媒体が自動的に設定される。また、本実施形態における「入賞」には、メダルの配当を伴わない(メダルの払い出しを伴わない)作動役の図柄組合せが有効ライン上に表示される場合も含まれ、例えば、ビッグボーナス、レギュラーボーナス、再遊技役への入賞が含まれる。
スロットマシン100の入賞役には、ビッグボーナス(BB1、BB2)と、レギュラーボーナス(RB)と、小役(チェリー、スイカ、ベル)と、再遊技役(リプレイ)がある。なお、入賞役の種類は、これに限定されるものではなく、任意に採用できることは言うまでもない。
「ビッグボーナス(BB1、BB2)」(以下、単に、「BB」と称する場合がある)は、入賞により特別遊技であるビッグボーナス遊技(BB遊技)が開始される特別役(作動役)である。対応する図柄組合せは、BB1が「BB1図柄(白7ともいう)−BB1図柄−BB1図柄」、BB2が「BB2図柄(青7ともいう)−BB2図柄−BB2図柄」である。また、BB1、BB2についてはフラグ持越しを行う。すなわち、BB1、BB2に内部当選すると、これを示すフラグが立つ(主制御部300のRAM308の所定のエリア内に記憶される)が、その遊技においてBB1、BB2に入賞しなかったとしても、入賞するまで内部当選を示すフラグが立った状態が維持され、次遊技以降でもBB1、BB2に内部当選中となり、BB1に対応する図柄組み合わせ「白7−白7−白7」、BB2に対応する図柄組み合わせ「青7−青7−青7」が、揃って入賞する状態にある。
「レギュラーボーナス(RB)」は、入賞によりレギュラーボーナス遊技(RB遊技)が開始される特殊役(作動役)である。対応する図柄組合せは、「RB図柄(ボーナスともいう)−RB図柄−RB図柄」である。なお、RBについても上述のBBと同様にフラグ持越しを行う。但し、ビッグボーナス遊技(BB遊技)においては、レギュラーボーナス遊技(RB遊技)が内部当選することや、図柄組み合わせが入賞ライン上に表示されること、を開始条件とせずに、ビッグボーナス遊技の開始後からレギュラーボーナス遊技を開始し、1回のレギュラーボーナス遊技を終了した場合には次のレギュラーボーナス遊技をすぐに開始するような自動的にレギュラーボーナス遊技を開始させる設定としてもよい。
「小役(チェリー、スイカ、ベル)(以下、単に、「チェリー」、「スイカ」、「ベル」と称する場合がある)は、入賞により所定数のメダルが払い出される入賞役で、対応する図柄組合せは、チェリーが「チェリー図柄−ANY図柄−ANY図柄」、スイカが「スイカ図柄−スイカ図柄−スイカ図柄」、ベルが「ベル図柄−ベル図柄−ベル図柄」である。また、対応する払出枚数は同図に示す通りであり、チェリーが4枚、スイカが12枚、ベルが8枚である。なお、「チェリー図柄−ANY図柄−ANY図柄」の場合、左リール110の図柄が「チェリー」図柄であればよく、中リール111と右リール112の図柄はどの図柄でもよい。
「再遊技役(リプレイ)」は、入賞により次回の遊技でメダル(遊技媒体)の投入を行うことなく遊技を行うことができる入賞役(作動役)であり、メダルの払出は行われない。なお、対応する図柄組合せは、再遊技は「リプレイ図柄−リプレイ図柄−リプレイ図柄」である。
ここで、入賞役の内部当選確率について概説する。
各々の役の内部当選確率は、各々の役に対応付けされた抽選データの範囲に該当する数値データを、後述する内部抽選時に取得される乱数値の範囲の数値データ(本実施形態では65536)で除した値で求められる。抽選データは、予めいくつかの数値範囲に分割され、各数値範囲に各々の役やハズレを対応付けしている。後述する入賞役内部抽選処理では、内部抽選を実行した結果得られた乱数値が、いずれかの役に対応する抽選データに対応する値であったかを判定し、内部当選役を決定する。実際には、この抽選データは少なくとも1つの役の当選確率を異ならせた設定1〜設定6が用意され、遊技店の係員等はいずれかの設定値を任意に選択し、設定することができる。
<第1メダル検出センサ、第2メダル検出センサ、メダルブロッカ>
次に、図12を用いて、第1メダル検出センサ760、第2メダル検出センサ790及び可動底部(メダルブロッカ)712の状態について説明する。
第1メダル検出センサ760は、メダルセレクタ700の下流側に設けられたメダル検出センサであり、物体(メダル)がスリット761を通過している状態(投光部から出射された光が物体(メダル)により遮光されている状態)でハイレベル信号(H信号、ON信号)を出力し、物体(メダル)がスリット761を通過していない状態でローレベル(L信号、OFF信号)を出力する。本実施形態の第1メダル検出センサ760からの信号は、常時活用されているものではなく、原則(再遊技役に非入賞の場合)、スタートレバー操作時から表示判定時までは活用されないようになっている(非検出状態)。スタートレバー操作時から表示判定時まではメダル投入が禁止されている期間であり、可動底部(メダルブロッカ)712はメダル落下位置にあるため、可動底部(メダルブロッカ)712より下流にある第1メダル検出センサ760の検出信号を活用する必要がないためである。なお、再遊技役(リプレイ)に入賞の場合には、次遊技のメダルが自動投入されるため(メダル投入が禁止されている期間でもある)、第1メダル検出センサ760は表示判定時以降も非検出状態にあり、可動底部(メダルブロッカ)712もメダル落下位置にある(次遊技の入賞判定時まで、第1メダル検出センサ760は非検出状態にあり、可動底部(メダルブロッカ)712はメダル落下位置にある)。
第2メダル検出センサ790は、メダルセレクタ700の上流側に設けられたメダル検出センサであり、物体(メダル)がメダル通路を通過している状態(投光部から出射された光が被検出片774により遮光されている状態)でハイレベル信号(H信号、ON信号)を出力し、物体(メダル)がメダル通路を通過している状態でローレベル(L信号、OFF信号)を出力する。本実施形態の第2メダル検出センサ790からの信号は、メダルブロッカがメダル通過位置にある場合だけでなく、メダルブロッカがメダル落下位置にある場合においても活用される場合がある。すなわち、主制御部300は、当該遊技において再遊技役に入賞した場合、再遊技入賞時から次遊技のスタートレバー操作時まで(メダルブロッカがメダル落下位置にある)、第2メダル検出センサ790の検出信号を活用している。
図12(a)は、当該遊技において再遊技役に入賞しなかった場合の第1メダル検出センサ760、第2メダル検出センサ790及び可動底部(メダルブロッカ)712の状態を示すタイミングチャートである。
当該遊技において再遊技役に入賞しなかった場合、第1メダル検出センサ760は、スタートレバー操作時t1から表示判定時t2まで非検出状態にあり、スタートレバー操作時t1前及び表示判定時t2以降は検出状態となっている。また、可動底部(メダルブロッカ)712は、スタートレバー操作時t1から表示判定時t2までメダル落下位置、スタートレバー操作前及び表示判定時t2以降はメダル通過位置にある。また、この場合には、第2メダル検出センサ790は、第1メダル検出センサ760と同様に、スタートレバー操作時t1から表示判定時t2まで非検出状態にあり、スタートレバー操作時t1前及び表示判定時t2以降は検出状態となっている。
図12(b)は、当該遊技において再遊技役(リプレイ)に入賞した場合の第1メダル検出センサ760、第2メダル検出センサ790及び可動底部(メダルブロッカ)712の状態を示すタイミングチャートである。
当該遊技において再遊技役(リプレイ)に入賞した場合、第1メダル検出センサ760は、スタートレバー操作時t3以前は検出状態であるが、スタートレバー操作時t3以降は非検出状態となる(再遊技役(リプレイ)に入賞した表示判定時t4以降も非検出状態である)。また、可動底部(メダルブロッカ)712は、スタートレバー操作時t3以前はメダル通過位置にあるが、スタートレバー操作時t3以降はメダル落下位置にある(再遊技役(リプレイ)に入賞した表示判定時t4以降もメダル落下位置にある)。再遊技役に入賞すると、入賞時に次遊技のメダル投入が自動的に行われるため、次遊技に対するメダル投入を検出する必要がないためである。一方、第2メダル検出センサ790は、第1メダル検出センサ760と異なり、再遊技役(リプレイ)に入賞した表示判定時t4以降は、検出状態になる。すなわち、第2メダル検出センサ790は、当該遊技において再遊技役(リプレイ)に入賞した場合、当該遊技の再遊技役(リプレイ)に入賞した表示判定時t4から次遊技のスタートレバー操作時まで、検出状態にある。本実施形態では、第2メダル検出センサ790を有効に活用して、後述する再遊技役入賞時のメダル投入演出を実行するためである。
<再遊技役入賞時のメダル投入演出>
図13は、再遊技役(リプレイ)に入賞した場合のメダル投入による演出(以下、再遊技役入賞時のメダル投入演出という)の概要を示すタイミングチャートである。
本実施形態のスロットマシン100は、再遊技役(リプレイ)に入賞した場合に、再遊技役(リプレイ)入賞時から次遊技のスタートレバー操作時までの間に、メダル投入口141へのメダル投入操作があると、このメダル投入操作に基づいてメダル投入音S1をスピーカ272及び277から出力するメダル投入演出を実行するようになっている。なお、本実施形態では、このメダル投入口141へのメダル投入操作(以下、実メダル投入操作という)のたびにメダル投入演出を実行するものであり、図13に示すように、複数回の実メダル投入操作に対してそれぞれメダル投入音S1を出力する。具体的には、スロットマシン100は、実メダル投入時t11、t12、t13、t14及びt15において、それぞれメダル投入音S1を出力する。
なお、本実施形態では、従来と同様、再遊技役(リプレイ)に入賞した場合には、次遊技のメダル投入処理が自動的に行われるものであり、上述した実メダル投入操作は、演出のための操作であり、この操作により次遊技のメダル投入が行われるわけではない(図12(b)に示すように、このときメダルブロッカはメダル落下位置にあるので、投入されたメダルはメダル払出口155から返却される)。
再遊技役入賞時のメダル投入演出は、詳しくは、第2メダル検出センサ790のメダル検出に基づいて実行されるものである。図14(a)は、再遊技役(リプレイ)入賞後に3枚の実メダル投入操作があった場合の第2メダル検出センサ790、主制御部300及び第1副制御部400の各処理の関係を示すタイミングチャートである。
主制御部300は、第2メダル検出センサ790からON信号を受信すると、再遊技役入賞時のメダル投入を示す第2メダル投入コマンドを第1副制御部400に送信する。ここで、第2メダル検出センサ790は、上述したように、物体(メダル)がメダル通路を通過している状態でON信号、物体(メダル)がメダル通路を通過していない状態でOFF信号を出力する。したがって、本実施形態では、第2メダル検出センサ790がメダル検出を開始した時点t21、t23及びt25において、主制御部300は第2メダル投入コマンドを第1副制御部400に送信するようになっている。このため、第1副制御部400は、再遊技役入賞時のメダル投入演出を、遊技者のメダル投入のタイミングに合わせて迅速に実行することができる。
なお、投入音S1の出音継続時間は約0.1秒である。出音開始後すぐに出音終了するため、時点t21後の投入音S1を出音している期間に時点t23が到達する可能性はないようになっている。つまり、投入音S1が重複して実行されないよう投入音S1の出音継続時間が設定されている。メダルが連続して投入されることを考慮すると、投入音S1の出音継続時間は約0.5秒未満とすることが好ましい。
図14(b)は、3枚のメダルを連続的に投入した場合であって、第2メダル検出センサ790が連続的にON信号を出力し続けていた場合の第2メダル検出センサ790、主制御部300及び第1副制御部400の各処理の関係を示すタイミングチャートである。この場合にも、第2副制御部400は、第2メダル検出センサ790がメダルを検出開始した時点t27における第2メダル投入コマンドに基づいて、再遊技役入賞時のメダル投入演出を実行するので、再遊技役入賞時のメダル投入演出を遊技者のメダル投入のタイミングに合わせて迅速に実行することができる。なお、この場合には、複数枚の実メダル投入操作があっても、再遊技役入賞時のメダル投入演出は1回しか実行されないので、投入音S1は1回しか出力されない。
図14(c)は、ゴト器具の侵入などによる不正行為があった場合の第2メダル検出センサ790、主制御部300及び第1副制御部400の各処理の関係を示すタイミングチャートである。この場合には、まず、第2メダル検出センサ790がゴト器具を検出開始した時点t29においてON信号を出力するので、第1副制御部400は、このON信号により主制御部300から出力された第2メダル投入コマンドに基づいて、時点t29において再遊技役入賞時のメダル投入演出を実行し、投入音S1を出力する。しかしながら、第2メダル検出センサ790が出力するON信号の出力時間が規定時間TA(本実施形態では5秒)以上の場合には、主制御部300は不正行為があるものとして異常を判定するようになっているので、この異常を示すエラーコマンドを第1副制御部400に送信する。この結果、第1副制御部400は、エラーコマンド受信に基づいて、投入音S1とは音色が異なる異常音S2を継続的に出力するエラー報知を行うになっている。なお、この異常音S2は、筐体内部に設けられたリセットスイッチ291の操作により解除される。具体的には、主制御部300はリセットスイッチ291に操作があったと判断した場合、第1副制御部400へコマンド信号を送信する。このコマンド信号を受信した第1副制御部400は、異常音S2の出力を終了する。
このように本実施形態では、再遊技役入賞後、第1メダル検出センサ760が非検出状態にあっても、第2メダル検出センサ790は検出状態にあるので、再遊技入賞後の異物侵入などを検知することが可能である。
<スロットマシンの動作>
以上述べたように本実施形態に係るスロットマシン100は、再遊技役入賞時のメダル投入演出に特徴を有するので、以下、再遊技役入賞時のメダル投入演出を中心にスロットマシン100の動作について説明する。
<主制御部メイン処理>
まず、図15を用いて、主制御部300のメイン処理について説明する。なお、同図は、主制御部300のメイン処理の流れを示すフローチャートである。
遊技の基本的制御は、主制御部300のCPU304が中心になって行い、電源断等を検知しないかぎり、CPU304が同図の主制御部メイン処理を繰り返し実行する。
電源投入が行われると、まず、ステップS101で各種の初期設定を行う。この初期設定では、CPU304のスタックポインタ(SP)へのスタック初期値の設定、割込禁止の設定、I/O310の初期設定、RAM308に記憶する各種変数の初期設定、WDT314への動作許可及び初期値の設定等を行う。
ステップS102では、遊技開始処理(詳しくは後述)を実行する。遊技開始処理では、メダル補助収納ケース240のメダルオーバーフローに関するエラーチェック、自動発動役物(SRB)の設定、ボーナス信号の更新、メダルの規定枚数の設定、一遊技の開始を示す遊技開始コマンドの送信準備を行う。また、前回遊技で再遊技役に内部当選した場合には、メダル投入枚数に前回遊技で投入されたメダル投入枚数を設定し、再遊技役に内部当選しなかった場合には、非遊技状態の時間を監視する遊技アイドルタイマの設定を行う。
ステップS103では、メダル投入・スタート操作受付処理(詳しくは後述)を実行する。メダル投入・スタート操作受付処理ではメダルの投入の有無をチェックし、メダルの投入に応じて入賞ライン表示ランプ120を点灯させる。また、第1副制御部400に対してメダルが投入されたことを示すメダル投入コマンドを送信する準備を行う。なお、前回の遊技で再遊技に入賞した場合は、前回の遊技で投入されたメダル枚数と同じ数のメダルを投入する処理を行うので、遊技者によるメダルの投入が不要となる。また、スタートレバー135が操作されたか否かのチェックを行い、スタート操作されたと判断した場合は、投入されたメダル枚数を確定するとともに、第1副制御部400に対してスタートレバー135が操作されたことを示すスタートレバー受付コマンドを送信する準備を行う。
ステップS104では、投入されたメダル枚数を確定し、有効な入賞ラインを確定する。
ステップS105では、乱数発生回路316で発生させた乱数を取得する。
ステップS106では、入賞役内部抽選処理を行う。入賞役内部抽選処理では、現在の遊技状態に応じてROM306に格納されている入賞役抽選テーブルを読み出し、これとステップS104で取得した乱数値とを用いて内部抽選を行う。内部抽選の結果、いずれかの入賞役(作動役を含む)に内部当選した場合には、内部当選した役の条件装置(フラグ)を作動させる(その入賞役のフラグがONになる)。また、このステップS106では、入賞役内部抽選の結果を示す内部抽選コマンドを第1副制御部400に送信する準備を行う。例えば、再遊技役(リプレイ)に内部当選した場合には、再遊技役(リプレイ)に内部当選したことを示す内部抽選コマンドを第1副制御部400に対して送信する準備を行い、入賞役内部抽選の結果がハズレ(役の非当選)の場合には、ハズレを示す内部抽選コマンドを第1副制御部400に対して送信する準備を行う。
ステップS107では、ステップS106の内部抽選結果に基づき、リール停止データを選択する。
ステップS108では全リール110〜112の回転を開始させる。また、このステップS108では、リール110〜112が回転開始したことを示すリール回転開始コマンドを第1副制御部400に送信する準備を行う。
ステップS109では、ストップボタン137〜139の受け付けが可能になり、いずれかのストップボタンが押されると、押されたストップボタンに対応するリール110〜112の何れかをステップS106で選択したリール停止データに基づいて停止させる。全リール110〜112が停止するとステップS110へ進む。なお、このステップS109では、各停止操作に対しては停止操作したストップボタン137〜139に関する停止ボタン受付コマンド(詳しくは、第1停止操作に対しては、停止ボタン受付1コマンド、第2停止操作に対しては、停止ボタン受付2コマンド、第3停止操作に対しては、停止ボタン受付3コマンド)を第1副制御部400に送信する準備を行い、各リールの停止に対しては、リールの停止位置に関するリール停止コマンド(詳しくは、第1停止リールに対しては、リール停止1コマンド、第2停止操作に対しては、リール停止2コマンド、第3停止操作に対しては、リール停止3コマンド)を第1副制御部400に送信する準備を行う。
ステップS110では、表示判定処理(詳しくは後述)を行う。表示判定処理では、有効化された入賞ライン114上に、何らかの入賞役に対応する絵柄組合せが表示された場合にその入賞役に入賞したと判定する。例えば、有効化された入賞ライン上に「スイカ図柄−スイカ図柄−スイカ図柄」が揃っていたならばスイカ入賞と判定する。また、このステップS110では、入賞判定の結果を示す表示判定コマンドを第1副制御部400に送信する準備を行う。
ステップS111では、メダル払出処理を行う。このメダル払出処理では、払い出しのある何らかの入賞役に入賞していれば、その入賞役に対応する枚数のメダルを払い出す。
ステップS112では、遊技状態を移行するための制御が行われる遊技状態制御処理を行う。例えば、BB(ビッグボーナス)入賞の場合には次回からBB遊技状態を開始できるよう準備する。また、このステップS112では、遊技状態を示す遊技状態コマンドを送信する準備を行う。例えば、遊技状態がBB遊技状態の場合には、BB遊技状態を示す遊技情報コマンドを送信する準備を行う。
以上により1ゲームが終了する。以降ステップS102へ戻って上述した処理を繰り返すことにより遊技が進行することになる。
なお、上記各ステップで準備された各種コマンドは、後述する主制御部タイマ割込処理のコマンド設定送信処理(図19のステップS1006)において送信される。
<遊技開始処理>
次に、図16を用いて、遊技開始処理について説明する。図16は、図15のステップS102の遊技開始処理の流れを詳しく示すフローチャートである。
ステップS201では、電源投入後の初回遊技であるか否かを判定する。初回遊技である場合には、ステップS202に進み、そうでない場合には、ステップS205に進む。
ステップS202では、第1メダル検出センサ760の状態を検出状態に設定する。
ステップS203では、第2メダル検出センサ790の状態を検出状態に設定する。
ステップS204では、可動底部712(メダルブロッカ)をメダル通過位置に設定する。
このように初回遊技の遊技開始処理では、可動底部712(メダルブロッカ)をメダル通過位置にし、第1メダル検出センサ760及び第2メダル検出センサを検出状態にするので、以後、第1メダル検出センサ760及び第2メダル検出センサに基づいて、メダル投入口141から投入されたメダルの検出は可能となる。
ステップS205では、遊技開始処理におけるその他の処理を行う。例えば、遊技開始コマンドの送信準備をしたり、前回の遊技で再遊技役に入賞した場合には、メダル投入枚数に前回遊技で投入されたメダル投入枚数を設定したりする。
<メダル投入・スタート操作受付処理>
次に、図17を用いて、メダル投入・スタート受付処理について説明する。図17は、図15のステップS103のメダル投入・スタート受付処理の流れを詳しく示すフローチャートである。
ステップS301では、前回遊技において再遊技役(リプレイ)に入賞したか否かを判定する。前回遊技において再遊技役(リプレイ)に入賞した場合には、ステップS305に進み、そうでない場合には、ステップS302に進む。
ステップS302では、メダル投入があったか否かを判定する。ここで、メダルの投入とは、上述したように、ベットボタン130〜132による電子的な投入、及びメダル投入口141からのメダルの投入の双方を含む。メダル投入があった場合には、ステップS303に進み、メダル投入がなかった場合には、ステップS304に進む。
ステップS303では、賭け枚数処理を行う。賭け枚数処理では、メダル投入コマンドを第1副制御部400に送信する準備を行い、メダルの賭け数に応じて、クレジット数を減算更新する。また、メダルの投入に応じて入賞ライン表示ランプ120を点灯させるなどの処理を行う。
ステップS304では、設定された賭け枚数が規定枚数の条件を満たしているか否かを判定する。設定された賭け枚数が規定枚数の条件を満たしている場合には、ステップS307に進み、そうでない場合には、ステップS301に戻る。
一方、ステップS305では、メダル投入口141へのメダル投入があったか否かを判定する。メダル投入口141へのメダル投入があった場合には、ステップS306に進み、そうでない場合には、ステップS307に進む。
ステップS306では、再遊技役(リプレイ)入賞後に実メダル投入操作があったので、第2メダル投入コマンドを第1副制御部400に送信する準備を行う。
ステップS307では、スタートレバー135の操作があったか否かを判定する。スタートレバー135の操作があった場合には、ステップS308に進み、スタートレバー135の操作がなかった場合には、ステップS301に進む。
ステップS308では、第1メダル検出センサ760の状態を非検出状態に設定する(図12参照)。
ステップS309では、第2メダル検出センサ790の状態を非検出状態に設定する(図12(a)、(b)参照)。
ステップS310では、可動底部712(メダルブロッカ)をメダル落下位置に設定する(図12(a)、(b)参照)。
ステップS311では、スタート操作受付時処理を行う。スタート操作受付時処理では、スタートレバー操作コマンドを第1副制御部400に送信する準備などを行う。
<表示判定処理>
次に、図18を用いて、メダル投入・スタート受付処理について説明する。図18は、図15のステップS110のメダル投入・スタート受付処理の流れを詳しく示すフローチャートである。
ステップS401では、払出要求処理を行う。ここでは、まず、内部当選した抽選役に関する情報とリール110〜112の有効ライン上に表示された図柄組み合わせに関する情報などを判定する。たとえば、有効ライン上に「リプレイ−リプレイ−リプレイ」が揃っていたならば再遊技役(リプレイ)入賞と判定する。払出しがある図柄組み合わせが表示された場合は払い出しを行うことを設定する払出し要求の設定、払い出しの枚数に関する払出し枚数情報の設定などを行う。
ステップS402では、表示判定コマンドの送信準備を行う。
ステップS403では、今回の遊技において再遊技役(リプレイ)に入賞したか否かを判定する。再遊技役(リプレイ)に入賞した場合には、ステップS407に進み、そうでない場合には、ステップS404に進む。
ステップS404では、第1メダル検出センサ760の状態を検出状態に設定する(図12(a)参照)。
ステップS405では、第2メダル検出センサ790の状態を検出状態に設定する(図12(a)参照)。
ステップS406では、可動底部712(メダルブロッカ)をメダル通過位置に設定する(図12(a)参照)。
このように本実施形態では、再遊技役(リプレイ)に非入賞の場合、入賞時に第1メダル検出センサ760及び第2メダル検出センサ790の状態を検出状態とし、可動底部712(メダルブロッカ)をメダル通過位置に設定する。
一方、ステップS407では、第2メダル検出センサ790の状態を検出状態に設定する(図12(b)参照)。
このように本実施形態では、再遊技役(リプレイ)に入賞すると、入賞時に第2メダル検出センサ790の状態を検出状態とする。すなわち、スロットマシン100は、再遊技役(リプレイ)に入賞した場合、入賞時以降の実メダル投入操作や異物侵入を検知することが可能である。なお、第1メダル検出センサ760の状態は非検出状態のままであり、また、可動底部712(メダルブロッカ)はメダル落下位置のままである(図12(b)、図17のステップS308及びS310参照)。
<主制御部タイマ割込処理>
次に、図19を用いて、主制御部300のCPU304が実行する主制御部タイマ割込処理について説明する。なお、同図は主制御部タイマ割込処理の流れを示すフローチャートである。
主制御部300は、所定の周期(本実施形態では約1.5msに1回)でタイマ割込信号を発生するカウンタタイマ312を備えており、このタイマ割込信号を契機として主制御部タイマ割込処理を所定の周期で実行する。
ステップS1001では、タイマ割込開始処理を行う。このタイマ割込開始処理では、CPU304の各レジスタの値をスタック領域に一時的に退避する処理などを行う。
ステップS1002では、WDT314のカウント値が初期設定値(本実施形態では32.8ms)を超えてWDT割込が発生しないように(処理の異常を検出しないように)、WDTを定期的に(本実施形態では、主制御部タイマ割込の周期である約1.5msに1回)リスタートを行う。
ステップS1003では、入力ポート状態更新処理を行う。この入力ポート状態更新処理では、I/O310の入力ポートを介して、各種センサ318のセンサ回路320の検出信号を入力して検出信号の有無を監視し、RAM308に各種センサ318(例えば、扉開閉センサ、設定キースイッチセンサ、リセットスイッチセンサ、第1メダル検出センサ760、第2メダル検出センサ790など)ごとに区画して設けた信号状態記憶領域に記憶する。
ステップS1004では、各種遊技処理を行う。具体的には、割込みステータスを取得し(各種センサ318からの信号に基づいて各種割込みステータスを取得する)、このステータスに従った処理を行う。例えば、割込みステータスがメダル投入処理中であれば、メダル投入受付処理を行い、また、割込みステータスが払出処理中であれば、メダル払出処理を行う。
ステップS1005では、タイマ更新処理を行う。各種タイマをそれぞれの時間単位により更新する。
ステップS1006では、コマンド設定送信処理を行い、各種のコマンドが第1副制御部400に送信される。なお、第1副制御部400に送信する出力予定情報は本実施形態では16ビットで構成しており、ビット15はストローブ情報(オンの場合、データをセットしていることを示す)、ビット11〜14はコマンド種別(本実施形態では、基本コマンド、スタートレバー受付コマンド、内部抽選コマンド、リール110〜112の回転を開始に伴う回転開始コマンド、ストップボタン137〜139の操作の受け付けに伴う停止ボタン受付コマンド、リール110〜112の停止処理に伴う停止位置情報コマンド、メダル払出処理に伴う払出枚数コマンド及び払出終了コマンド等)、ビット0〜10はコマンドデータ(コマンド種別に対応する所定の情報)で構成している。
第1副制御部400は、受信した出力予定情報に含まれるコマンド種別により、主制御部300における遊技制御の変化に応じた演出制御の決定が可能になるとともに、出力予定情報に含まれているコマンドデータの情報に基づいて、演出制御内容を決定することが可能となる。
ステップS1007では、外部信号出力処理を行う。この、外部信号出力処理では、RAM308に記憶している遊技情報を、情報出力回路334を介してスロットマシン100とは別体の情報入力回路652に出力する。
ステップS1008では、デバイス監視処理を行う。このデバイス監視処理では、まず、ステップS1003において信号状態記憶領域に記憶した各種センサ318の信号状態を読み出して、メダル投入異常及びメダル払出異常等に関するエラーの有無を監視し、エラーを検出した場合にはエラー処理を実行する。さらに、現在の遊技状態に応じて、メダルセレクタ700(メダルセレクタ700内に設けたソレノイドが動作するメダルブロッカ)、各種ランプ338、各種の7セグメント(SEG)表示器の設定を行う。
ステップS1009では、低電圧信号がオンであるか否かを監視する。そして、低電圧信号がオンの場合(電源の遮断を検知した場合)にはステップS1011に進み、低電圧信号がオフの場合(電源の遮断を検知していない場合)にはステップS1010に進む。
ステップS1010では、タイマ割込終了処理を終了する各種処理を行う。このタイマ割込終了処理では、ステップS1001で一時的に退避した各レジスタの値を元の各レジスタに設定等行う。その後、図15に示す主制御部メイン処理に復帰する。
一方、ステップS1011では、復電時に電断時の状態に復帰するための特定の変数やスタックポインタを復帰データとしてRAM308の所定の領域に退避し、入出力ポート初期化等の電断処理を行い、その後、図15に示す主制御部メイン処理に復帰する。
<第1副制御部400の処理>
図20を用いて、第1副制御部400の処理について説明する。なお、同図(a)は、第1副制御部400のCPU404が実行するメイン処理のフローチャートである。同図(b)は、第1副制御部400のコマンド受信割込処理のフローチャートであり、同図(c)は、第1副制御部400のタイマ割込処理のフローチャートである。
電源投入が行われると、まずステップS2001で初期化処理が実行される。この初期化処理では、入出力ポートの初期設定や、RAM408内の記憶領域の初期化処理等を行う。
ステップS2002では、タイマ変数が10以上か否かを判定し、タイマ変数が10となるまでこの処理を繰り返し、タイマ変数が10以上となったときには、ステップS2003の処理に移行する。
ステップS2003では、タイマ変数に0を代入する。
ステップS2004では、コマンド処理を行う。コマンド処理では、主制御部300からコマンドを受信したか否か(RAM408のコマンド記憶領域に未処理コマンドがあるか否か)を判別する。例えば、本実施形態では、再遊技役(リプレイ)に入賞した場合、入賞時以降に実メダル投入操作があると、第2メダル投入コマンドを受信する。
ステップS2005では、演出制御処理を行う。例えば、ステップS2004で新たなコマンドがあった場合には、このコマンドに対応する演出データをROM406から読み出す等の処理を行い、演出データの更新が必要な場合には演出データの更新処理を行う。例えば、本実施形態では、ステップS2004で第2メダル投入コマンドを受信した場合、投入音S1を出力する演出データを読み出し、再遊技役入賞時のメダル投入演出に関する演出制御処理を行う。
ステップS2006では、ステップS2005で読み出した演出データの中に音源IC418への命令がある場合には、この命令を音源IC418に出力する。
ステップS2007では、ステップS2005で読み出した演出データの中に各種ランプ420への命令がある場合には、この命令を駆動回路422に出力する。
ステップS2008では、ステップS2005で読み出した演出データの中に第2副制御部500に送信する制御コマンドがある場合には、この制御コマンドを出力する設定を行い、ステップS2002へ戻る。この結果、設定された制御コマンドは、第2副制御部500に送信される。
次に、同図(b)を用いて、第1副制御部400のコマンド受信割込処理について説明する。このコマンド受信割込処理は、第1副制御部400が、主制御部300が出力するストローブ信号を検出した場合に実行する処理である。コマンド受信割込処理のステップS2101では、主制御部300が出力したコマンドを未処理コマンドとしてRAM408に設けたコマンド記憶領域に記憶する。
次に、同図(c)を用いて、第1副制御部400のCPU404によって実行する第1副制御部タイマ割込処理について説明する。第1副制御部400は、所定の周期(本実施例では2msに1回)でタイマ割込を発生するハードウェアタイマを備えており、CPU404は、このタイマ割込を契機として、タイマ割込処理を所定の周期で実行する。
ステップS2201では、同図(a)に示す第1副制御部メイン処理におけるステップS402において説明したRAM408のタイマ変数記憶領域の値に、1を加算して元のタイマ変数記憶領域に記憶する。従って、ステップS2002において、タイマ変数の値が10以上と判定されるのは20ms毎(2ms×10)となる。
ステップS2202では、演出用乱数値の更新処理等を行う。
<第2副制御部の処理>
図21を用いて、第2副制御部500の処理について説明する。なお、同図(a)は、第2副制御部500のCPU504が実行するメイン処理のフローチャートである。同図(b)は、第2副制御部500のコマンド受信割込処理のフローチャートである。同図(c)は、第2副制御部500のタイマ割込処理のフローチャートである。同図(d)は、第2副制御部500の画像制御処理のフローチャートである。
まず、同図(a)を用いて、第2副制御部500のメイン処理について説明する。
電源投入が行われると、まずS3001で初期化処理が実行される。この初期化処理では、入出力ポート初期設定や、RAM508内の記憶領域の初期化処理等を行う。
ステップS3002では、タイマ変数が10以上か否かを判定し、タイマ変数が10となるまでこの処理を繰り返し、タイマ変数が10以上となったときには、ステップS3003の処理に移行する。
ステップS3003では、タイマ変数に0を代入する。
ステップS3004では、コマンド処理を行う。第2副制御部500のCPU504は、第1副制御部400のCPU404からコマンドを受信したか否かを判別する。
ステップS3005では、演出制御処理を行う。例えば、ステップS3004で新たなコマンドがあった場合には、このコマンドに対応する演出データをROM506から読み出す等の処理を行い、演出データの更新が必要な場合には演出データの更新処理を行う。
ステップS3006では、ステップS3005で読み出した演出データの中にシャッタ制御の命令がある場合には、この命令に対応するシャッタ制御を行う。
ステップS3007では、ステップS3005で読み出した演出データの中に画像制御の命令がある場合には、この命令に対応する画像制御を行い(詳細は後述する)、ステップS3002へ戻る。
次に、同図(b)を用いて、第2副制御部500のコマンド受信割込処理について説明する。このコマンド受信割込処理は、第2副制御部500が、第1副制御部400が出力するストローブ信号を検出した場合に実行する処理である。
コマンド受信割込処理のステップS3101では、第1副制御部400が出力したコマンドを未処理コマンドとしてRAM508に設けたコマンド記憶領域に記憶する。
次に、同図(c)を用いて、第2副制御部500のCPU504によって実行する第2副制御部タイマ割込処理について説明する。第2副制御部500は、所定の周期でタイマ割込を発生するハードウェアタイマを備えており、このタイマ割込を契機として、タイマ割込処理を所定の周期で実行する。
ステップS3201では、同図(a)に示す第2副制御部メイン処理におけるステップS3002において説明したRAM508のタイマ変数記憶領域の値に1を加算して元のタイマ変数記憶領域に記憶する。
ステップS3202では、演出用乱数値などを更新する各種更新処理等を行う。
次に、同図(d)を用いて、第2副制御部500の画像制御処理について説明する。同図(d)は、同図(a)のステップS3007の画像制御処理の流れを詳しく示すフローチャートである。
ステップS3301では、画像データの転送指示を行う。ここでは、CPU504は、まず、VRAM536の表示領域Aと表示領域Bの描画領域の指定をスワップする。これにより、描画領域に指定されていない表示領域に記憶された1フレームの画像が演出画像表示装置157に表示される。次に、CPU504は、VDP534のアトリビュートレジスタに、位置情報等テーブルに基づいてROM座標(ROM506の転送元アドレス)、VRAM座標(VRAM536の転送先アドレス)などを設定した後、ROM506からVRAM536への画像データの転送開始を指示する命令を設定する。VDP534は、アトリビュートレジスタに設定された命令に基づいて画像データをROM506からVRAM536に転送する。その後、VDP534は、転送終了割込信号をCPU504に対して出力する。
ステップS3302では、VDP534からの転送終了割込信号が入力されたか否かを判定し、転送終了割込信号が入力された場合はステップS3303に進み、そうでない場合は転送終了割込信号が入力されるのを待つ。
ステップS3303では、演出シナリオ構成テーブルおよびアトリビュートデータなどに基づいて、パラメータ設定を行う。ここでは、CPU504は、ステップS4301でVRAM536に転送した画像データに基づいてVRAM536の表示領域AまたはBに表示画像を形成するために、表示画像を構成する画像データの情報(VRAM536の座標軸、画像サイズ、VRAM座標(配置座標)など)をVDP534に指示する。VDP534はアトリビュートレジスタに格納された命令に基づいてアトリビュートに従ったパラメータ設定を行う。
ステップS3304では、描画指示を行う。この描画指示では、CPU504は、VDP534に画像の描画開始を指示する。VDP534は、CPU504の指示に従ってフレームバッファにおける画像描画を開始する。
ステップS3305では、画像の描画終了に基づくVDP534からの生成終了割込み信号が入力されたか否かを判定し、生成終了割込み信号が入力された場合はステップS3306に進み、そうでない場合は生成終了割込み信号が入力されるのを待つ。
ステップS3306では、RAM508の所定の領域に設定され、何シーンの画像を生成したかをカウントするシーン表示カウンタをインクリメント(+1)して処理を終了する。
<その他実施形態>
図22は、別の実施形態に係る第1メダル検出センサ760、第2メダル検出センサ790及び可動底部(メダルブロッカ)712の状態を示すタイミングチャートである。
上記実施形態では、第2メダル検出センサ790は、スタートレバー操作時から表示判定時まで非検出状態にあったが、所定条件が成立した場合には、この期間を検出状態にしてもよい。図22(a)は、複数種類の再遊技役のうちの一つの再遊技役(リプレイX)に内部当選した場合、スタートレバー操作時以降、第2メダル検出センサ790を検出状態とするスロットマシンのタイミングチャートを示している。このように特定の再遊技役に内部当選した場合には、第2メダル検出センサ790を、スタートレバー操作時から表示判定時まで検出状態としてもよい。この場合には、スタートレバー操作時から表示判定時までの間に実メダル投入操作があったとしても、投入音S1を出力することが可能である。
また、上記実施形態では、再遊技役に入賞した場合、入賞判定時以降も第1メダル検出センサ760は非検出状態のままであり、また、可動底部(メダルブロッカ)712はメダル落下位置のままであったが(図12(b)参照)、これとは別に、再遊技役に入賞した場合、入賞判定時に、第1メダル検出センサ760を非検出状態から検出状態に変更し、また、可動底部(メダルブロッカ)712をメダル落下位置からメダル通過位置に変更してもよい。すなわち、再遊技役に入賞した場合、第1メダル検出センサ760を非検出状態から検出状態に変更する時期に可動底部(メダルブロッカ)712をメダル落下位置からメダル通過位置に変更してもよい。図22(b)は、この変形例において再遊技役に入賞した場合の第1メダル検出センサ760、第2メダル検出センサ790及び可動底部(メダルブロッカ)712の状態を示すタイミングチャートである。図22(b)に示すタイミングチャートは、再遊技役に入賞しなかった場合の図12(a)に示すタイミングチャートと同一である。このように再遊技役に入賞した場合の第1メダル検出センサ760、第2メダル検出センサ790及び可動底部(メダルブロッカ)712の状態を、再遊技役に入賞しなかった場合の第1メダル検出センサ760、第2メダル検出センサ790及び可動底部(メダルブロッカ)712の状態に合わせてもよい。常時同一の制御となるので主制御部300の負荷軽減を図ることができる。
また、上記実施形態では、再遊技役に入賞後、複数の実メダル投入操作がある場合、実メダル投入操作のたびにメダル投入音S1を出力していたが(図13参照)、これとは別に、最初の実メダル投入操作のときだけメダル投入音S1を出力するようにしてもよい。すなわち、第1副制御部400は、再遊技役入賞時のメダル投入演出を1回だけ行うようにしてもよい。図23は、第1副制御部400が再遊技役入賞時のメダル投入演出を1回だけ行う場合のタイミングチャートである。図23に示しように、第1副制御部400は、再遊技役入賞後の最初の実メダル投入操作の時だけメダル投入音S1を出力し、その後の実メダル投入操作の時にはメダル投入音S1を出力しない。
また、上記実施形態では、複数枚のメダルを連続的に投入した場合であって、第2メダル検出センサ790が連続的なON信号を出力し続けていた場合には、1回だけメダル投入音S1を出力するようにしていたが(図14(b)参照)、これとは別に、複数回のメダル投入音S1を出力するようにしてもよい。可動部材770は、付勢部材780により常時一方向に付勢されているが、メダルが通過した場合、付勢されている方向と逆の方向に移動させられる。よって、メダルが連続的に通過した場合、付勢されている方向と逆の方向に移動したままとなる場合がある。その結果、第2メダル検出センサ790が連続的なON信号を出力し続ける場合があるので、このような状況に即して複数回のメダル投入音を出力するようにしたものである。図24(a)は、第2メダル検出センサ790が連続的なON信号を出力し続けていた場合に複数回のメダル投入音S1を出力する場合の第2メダル検出センサ790、主制御部300及び第1副制御部400の各処理の関係を示すタイミングチャートである。この場合には、図24(a)に示すように、前回のメダル投入音S1を出力してから所定時間TB(例えば、0.3秒)が経過した時に再度、メダル投入音S1を出力するようになっている。具体的には、第1副制御部400は、まず、第2メダル検出センサ790のOFF信号がON信号に変化した時点t31に1回目のメダル投入音S1を出力し、次いで、時点t31から所定時間TB経過した時点t32において2回目のメダル投入音S1を出力し、次いで、時点t32から時間TB経過した時点t33において3回目のメダル投入音D1を出力する。なお、第2メダル検出センサ790のON信号は、時点t34(<時点t35)においてOFF信号に変化しているので、時点t33から時間TB経過した時点t35において、第1副制御部400はメダル投入音S1を出力しない。
また、上記実施形態では、再遊技役入賞時のメダル投入演出におけるメダル投入音S1は単発的な音であり、所定期間に亘る連続的な音ではなかったが、所定期間に亘る連続的な音としてもよい。すなわち、第2副制御部400は、第2メダル検出センサ790がON信号を出力し続けている間、メダル投入音S1を出力し続けてもよい。図24(b)は、所定期間に亘る連続的なメダル投入音S1を出力する場合の第2メダル検出センサ790、主制御部300及び第1副制御部400の各処理の関係を示すタイミングチャートである。具体的には、第2副制御部400は、図24(b)に示すように、第2メダル検出センサ790がON信号を出力している期間、つまり時点t41から時点t42、時点t43から時点t44、及び時点t45から時点t46の間、投入音S1を出力し続けている。
また、上記実施形態では、第2メダル検出センサ790が出力するON信号の出力時間が規定時間TA(本実施形態では5秒)以上の場合には、第1副制御部400は異常音S2を出力するようにしたが、特定の条件下の場合には、異常音S2を出力しないようにしてもよい。例えば、可動底部(メダルブロッカ)712がメダル落下位置にある場合には、下流側にある第1メダル検出センサ760まで不正器具が届くことはないので、異常音S2を出力しないようにしてもよい。図25は、第2メダル検出センサ790が出力するON信号の出力時間が規定時間TA(例えば、5秒)以上の場合であって、かつ可動底部(メダルブロッカ)712がメダル落下位置にある場合の第2メダル検出センサ790、主制御部300及び第1副制御部400の各処理の関係を示すタイミングチャートである。図25に示すように、この場合には、第2メダル検出センサ790が出力するON信号の出力時間が規定時間TA(例えば、5秒)に達した時点t52において、第2副制御部400は、異常音S2を出力しない。このように可動底部(メダルブロッカ)712がメダル落下位置にある場合には、異常音S2を出力しないようにしてもよい。
また、上記実施形態では、再遊技役に入賞した場合の実メダル投入操作によりメダル投入音S1を出力するメダル投入演出を実行したが、メダル投入演出を実行する条件はこれに限定されない。例えば、再遊技役に入賞しなかった場合に実メダル投入操作によりメダル投入音S1を出力するようにしてもよい。勿論、この場合にも、第2メダル検出センサ790のOFF信号がON信号に変化する時にメダル投入演出を実行するので、実メダル投入操作に合わせて迅速に演出を実行することができる。
なお、上記実施形態では、図12(a)に示すように、再遊技役に非入賞の場合、可動底部712(メダルブロッカ)は、スタートレバー操作時から表示判定時までメダル落下位置にあるが、これに限定されるものではなく、スタートレバー操作時から遊技状態制御処理時まで、メダル落下位置にあってもよい。すなわち、主制御部300の遊技状態を更新する遊技状態制御処理(図15のステップS112)において可動底部712(メダルブロッカ)の位置を落下位置から通過位置に変更するようにしてもよい。また、これに合わせて、第1メダル検出センサ760も、スタートレバー操作時から遊技状態制御処理時までを非検出状態とし、遊技状態制御処理により第1メダル検出センサ760の状態が非検出状態から検出状態に変更されるようにしてもよい。また、これとは別に、再遊技役に非入賞の場合、第1メダル検出センサ760の状態を、スタートレバー操作時から(次遊技の)メダル投入受付処理前までを、非検出状態としてもよい。
また、上記実施形態では、複数の有効ラインを設定可能としていたが、これとは別に、有効ラインを一つとしてもよい。例えば、図26(a)に示すように、中段の水平入賞ラインL1だけを有効としてもよい。この場合、図26(b)に示すように、中段の水平入賞ラインL1にリプレイ図柄が揃い、再遊技役(リプレイ)に入賞する場合には、非入賞ラインL2(図柄表示窓113の図柄領域3、6及び9で構成されるライン)にベル図柄が揃うように、リール110〜112の図柄配列及びリール停止制御を行うようにしてもよい。その結果、再遊技役(リプレイ)に入賞しつつも小役に入賞した錯覚を遊技者に与えることが可能となる。
また、図26(b)に示すように、非入賞ラインL2にベル図柄が揃う場合、疑似的なベル図柄(入賞するベル図柄と類似するが異なるベル図柄)を非入賞ラインL2に停止表示させるようにしてもよい。この場合にも、再遊技役(リプレイ)に入賞しつつも小役に入賞した錯覚を遊技者に与えることが可能となる。再遊技の内部当選確率を高く設定した再遊技高確率状態(例えば、再遊技の内部当選確率が1/7.3より高い1/3となった状態。所謂RT状態)とした場合に、再遊技に入賞する頻度が多いことから遊技が単調であるとの印象となることを防ぐことができる場合がある。
なお、疑似的なベル図柄は有効ライン上に停止表示させてもよく、例えば、再遊技役(リプレイ)に対応する図柄組合せを有効ラインL1に停止表示させる場合に、疑似的なベル図柄を有効ラインL1とは異なる有効ラインL2に停止表示させてもよい。この場合にも、再遊技役(リプレイ)に入賞しつつも小役に入賞した錯覚を遊技者に与えることが可能となる。
ここで、類似する図柄とは、遊技者が一見して同一視する程度に外観が類似している図柄をいう。なお、図柄の外観とは、図柄の形状、模様もしくは色彩またはこれらの結合をいい、外観が類似するとは、図柄の形状、模様もしくは色彩またはこれらの結合が類似することをいう。
例えば、図27(a)に示すように、所定の小役を構成する図柄組合せの一図柄である図柄Aが横L1、縦L2の長さを有する楕円形の形状を有する場合には、図27(b)に示すように、縦横の長さが若干異なる程度(例えば、10%程度の長さの違いがある)の図柄A1であれば、遊技者に同一視されるので、図柄Aと図柄A1は類似する図柄とみなしてよい。また、図27(c)に示す図柄A2のように、図柄の外縁に多少の凹凸があっても、凹凸部位が少ない(例えば、全周のうち10%程度の部位において凹凸がある)場合には、遊技者に同一視されるので、図柄Aと図柄A2は類似する図柄とみなしてよい。またこれに加えて、図柄A2のように、外縁の線幅や色が異なっても、全体としての形状が略同一であれば、遊技者に同一視されるので、類似する図柄とみなしてよい。また、図27(d)に示す図柄A3及び図27(e)に示す図柄A4のように、図柄Aの領域に対して僅少な割合(例えば、10%程度)の領域を有する他の図形を追加したとしても、全体として同一視されるので、図柄A3及びA4は図柄Aに類似する図柄とみなしてよい。すなわち、図柄A3のように一つの図形、図柄A4のように複数の図形を追加しても、図柄Aの領域に対して僅少であれば、図柄Aに類似する図柄とみなしてよい。
また、形状が同一であっても色が多少異なる程度であれば、類似する図柄とみなしてよい。例えば、図28(a)に示すように、所定の小役を構成する図柄組合せの一図柄である図柄BのRGB成分が(255、255、50)の場合、図28(a)に示すように、RGB成分が若干異なる程度(例えば、各成分を10%程度変更する)の図柄B1であれば、遊技者に同一視されるので、図柄Bと図柄B1は類似する図柄とみなしてよい。なお、RGB成分のうち1成分だけを変更する場合には上記程度よりも少し多め(例えば、30%程度)に変更してもよい。また、図柄の形状は同一であっても、図柄に含まれる文字が類似する場合には、類似する図柄とみなしてよい。例えば、図28(c)に示すように、所定の小役を構成する図柄組合せの一図柄である図柄Cの含まれる文字が「再遊技」であり、図28(d)に示すように、図柄Cと同一の外形を有するが図柄の中に含まれる文字が「祭遊技」である場合には、図柄C1は図柄Cに類似するものとみなしてよい。このように図柄の形状が同一であって、文字数が同一、かつその一部の文字が異なる場合には、図柄は類似する場合がある。また、特別の条件が成立した場合のみ同一となる図柄も、類似する図柄の概念に含めてよい。例えば、所定の小役を構成する図柄組合せの一図柄である図柄Dが図28(e)に示すような図柄である場合、図28(f)に示すように、バックライト非点灯時には外形だけ表示されて文字が表示されず、バックライト点灯時には外形及び文字が表示されて、図柄Dと同一となる図柄D1は、図柄Dに類似するものとみなしてよい。また、図柄の形状が略同一であり、その内部の模様が異なる場合も、模様が同一視される程度であれば、類似する図柄の概念に含めてよい。例えば、所定の小役を構成する図柄組合せの一図柄である図柄Eが図28(g)に示すような図柄である場合、図28(h)に示すような図柄E1は、図柄Eに類似するものとみなしてよい。すなわち、同一形状及び色を有し、内部に描かれた線状の模様が異なる程度の相違であれば、両図柄は類似するものとみなしてよい。
以上、種々の類似のバリエーションを述べたが、類似する図柄は上記に限定されるものではない。例えば、上記の組合せでもよいし、また、上記以外であっても、視覚的に外観から一見して同一図柄と認識されるものはすべて含むものである。
また、上記実施形態では、再遊技役(リプレイ)入賞後、実メダル投入操作があった場合、この投入されたメダルは返却されるようになっていたが(図12(b)参照)、これとは別に、この投入されたメダルをクレジットに追加するようにしてもよい。すなわち、再遊技役(リプレイ)に入賞した場合には、上記実施形態と異なり、可動底部712(メダルブロッカ)をメダル通過位置に設定するとともに、実メダル投入操作があった場合には、第1メダル検出センサ760が投入されたメダルを検出することにより、クレジットの上限値に達するまでクレジットに追加するようにしてもよい。また、これとは別に、再遊技役(リプレイ)に入賞した場合には、次遊技のメダル投入処理が自動的に行われないようにし、実メダル投入操作があった場合には、第1メダル検出センサ760が投入されたメダルを検出することにより、次遊技のメダル投入処理が行われるようにし(例えば、遊技操作の受付を行わないフリーズをこの期間に設定し、実メダル投入操作があった場合のみこの期間を終了する)、これに加えて、クレジットの上限値に達するまでクレジットに追加するようにしてもよい。なお、再遊技役(リプレイ)に入賞した場合に次遊技のメダル投入処理が自動的に行われないようにしたとき、実メダル投入操作があった場合に加えて、メダル投入ボタン130〜132の操作があった場合またはスタートレバー135の操作があった場合、に次遊技のメダル投入処理が行われるようにしてもよい。実メダル投入操作を行わなくても、次遊技を進める意図で操作が行われた可能性がある場合に次遊技のメダル投入処理を行うことで、遊技者の操作通りに遊技が進行している印象を抱かせることができる場合があるからである。さらに、再遊技の内部当選確率を高く設定した再遊技高確率状態(例えば、再遊技の内部当選確率が1/7.3より高い1/3となった状態。所謂RT状態)とした場合に、遊技が単調であるとの印象となることを防ぐことができる場合がある。
例えば、(A)再遊技役(リプレイ)入賞後、1枚の実メダル投入操作があった場合、次遊技のメダルが自動投入されるメダル投入処理(以下、リプレイによるメダル投入処理という)とともに、クレジットに1枚追加する処理(以下、クレジット追加処理という)の両方を行うようにしてもよい。(A)の場合には、実行順序として、(A−1)先に、リプレイによるメダル投入処理、その後、クレジット追加処理を実行するようにしてもよいし、(A−2)先に、クレジット追加処理、その後、リプレイによるメダル投入処理を実行するようにしてもよい。
例えば、実メダル投入操作が遊技者によってランダムな間隔で実行された場合(例えば、5枚のメダルを投入する場合、1枚目のメダルと2枚目のメダルの投入間隔が0.1秒であり、2枚目のメダルと3枚目のメダルの投入間隔が0.2秒であり、3枚目のメダルと4枚目のメダルの投入間隔が0.5秒であり、4枚目のメダルと5枚目のメダルの投入間隔が1.1秒である場合)、実メダル投入操作の間にリプレイによるメダル投入処理を実行してしまう(例えば、メダルの投入間隔が1.0秒になったらメダル投入処理を行う仕様とした場合、4枚目のメダルと5枚目のメダルの投入間隔が1.1秒であると、5枚目のメダルが投入さえる前にメダル投入処理を行ってしまう)可能性があり、実メダル投入操作をしている遊技者に混乱を与えてしまう(例えば、遊技者は5枚のメダルを投入しているのに、5枚を超える枚数のメダルが投入されてしまうと、正確カウントが行われるものなのか不安になる)可能性があったが、(A−1)とすることにより、先にメダル投入処理が実行されることから、その後にメダル投入処理とクレジット追加処理とが混在する可能性を排除でき、遊技者に混乱を与えてしまう可能性をなくすことができる場合がある。また、例えば、リプレイによるメダル投入処理を実行している間に、実メダル投入操作があると、メダルをどれだけ投入したか遊技者に混乱を与えてしまう可能性があったが、(A−2)とすることにより、後にリプレイによるメダル投入処理が実行されることから、先にクレジット追加処理を行うことができ、遊技者に混乱を与えてしまう可能性をなくすことができる場合がある。
さらに、(A−1)の場合には、先に、リプレイによるメダル投入処理とともに当該処理に基づく演出(以下、リプレイによるメダル投入演出という)を実行し、その後、クレジット追加処理及び当該処理に基づく演出(以下、クレジット追加演出という)を実行するようにしてもよい。遊技者に対し処理の実行を把握させることができるので、遊技者に混乱を与えてしまう可能性をなくすことができる場合がある。
一方、(A−2)の場合には、先に、クレジット追加処理及びクレジット追加演出を実行し、次いで、リプレイによるメダル投入処理及びリプレイによるメダル投入演出を実行するようにしてもよい。遊技者に対し処理の実行を把握させることができるので、遊技者に混乱を与えてしまう可能性をなくすことができる場合がある。なお、ここでいうリプレイによるメダル投入演出とは、遊技にメダルを3枚投入した場合にリプレイの入賞があったとき、メダル投入音S10(約0.1秒)を3回出力する演出である。なお、ここでいうクレジット追加演出とは、メダルを1枚投入した場合に、クレジット音S11(約0.1秒)を1回出力する演出である。
なお、演出を実行する場合には、両方の演出を実行せず、いずれか一方の演出だけ(例えば、先に実行する処理に基づく演出だけ、あるいは後に実行する処理に基づく演出だけ)を実行するようにしてもよい。例えば、リプレイによるメダル投入演出を行い、クレジット追加演出は行わないようにしてもよい。既にリプレイによるメダル投入処理が実行されているので、そもそもクレジットする必要性は低いことから、メダルを追加した場合に実行されるべき演出が行われないことで、メダル追加操作の必要性が低いことを認識できる場合がある。また、例えば、クレジット追加演出を行い、リプレイによるメダル投入演出を行わないようにしてもよい。クレジット処理が実行されることにより、遊技への投入処理が既に実行されていることを認識できるので、クレジット追加に応じた演出のみを行うことにより遊技者に混乱を与えてしまう可能性をなくすことができる場合がある。
さらには、上記実施形態では、可動部材770および第2メダル検出センサ790をメダルセレクタ700に備えるようにしたが、例えば、メダル投入口141とメダルセレクタ700との間に備えるようにしてもよいし、メダル投入口141の内部に備えるようにしてもよい。
<実施形態のまとめ>
以上述べたように、上記実施形態の遊技台(例えば、スロットマシン100)によれば、演出装置(例えば、スピーカ272、277、演出画像表示装置157、各種ランプ338、420など)と、前記演出装置を制御する制御手段(例えば、主制御部300、遊技開始処理S102、メダル投入・スタート操作受付処理S103、表示判定処理S110、第1副制御部400、演出制御処理S2005、音制御処理S2006、ランプ制御処理S2007、第2副制御部500、演出制御処理S3005、画像制御処理S3007など)と、投入されたメダルを通過させるメダル通路を有し、前記メダルの通過を検出するメダルセレクタ(例えば、メダルセレクタ700)と、を備えた遊技台であって、前記メダルセレクタは、前記メダル通路の所定部位において、前記メダルを通過させる位置(例えば、メダル通過位置)と、前記メダルを落下させる位置(例えば、メダル落下位置)と、の間を移動可能なメダルブロッカ(例えば、可動底部712)と、前記所定部位よりも前記メダル通路の下流側の第一の位置に設けられた第一のメダル検出手段(例えば、第1メダル検出センサ760)と、前記所定部位よりも前記メダル通路の上流側の第二の位置に設けられた第二のメダル検出手段(例えば、第2メダル検出センサ790)と、前記第二の位置に進退自在に設けられた可動手段(例えば、可動部材770)と、を備え、前記第二のメダル検出手段は、前記可動手段を検出することにより、前記メダルの通過を検出するものであり、前記第二のメダル検出手段は、前記メダルの非通過時には前記可動手段を検出せず、第一の状態信号(例えば、OFF信号)を出力するものであり、前記第二のメダル検出手段は、前記メダルの通過時には前記可動手段を検出して、第二の状態信号(例えば、ON信号)を出力するものであり、前記制御手段は、前記第一の状態信号から前記第二の状態信号に変化する際に、前記メダルの投入を報知する第一の演出(例えば、メダル投入演出)を前記演出装置に実行させることが可能であり、前記制御手段は、前記第二の状態信号の出力継続時間が予め定めた経過時間(例えば、規定時間TA)に達した場合には、異常を報知する第二の演出(例えば、エラー報知)を前記演出装置に実行させることが可能である、ことを基本的構成とする。
上記基本的構成においては、遊技台は、メダル通路の上流側に設置された第二のメダル検出手段による第二の状態信号の検出に基づいて、第一の演出を実行開始するので、メダル投入のタイミングに合わせて演出を実行することができる。
また、一例としては、上記構成において、前記制御手段は、前記メダルブロッカが前記メダルを落下させる位置にある場合、前記第二の状態信号の出力継続時間が前記予め定めた経過時間に達しても、前記第二の演出を前記演出装置に実行させないことが好ましい。
この場合、遊技台は、第二の演出が不要となる場合には第二の演出を実行しないので、処理負荷を軽減することができる。
また、一例としては、上記構成において、前記制御手段は、前記第一の演出を実行した後、前記第二の状態信号の出力継続時間が前記予め定めた経過時間に満たない所定時間(例えば、所定時間TB)を経過した場合には、再度、前記第一の演出を前記演出装置に実行させることが好ましい。
この場合、遊技台は、第二の状態信号の出力時間が所定時間継続している場合には、再度、第一の演出を実行するので、メダル投入操作の時間に合わせた演出を実行することができる。
また、一例としては、上記構成において、前記制御手段は、前記第一の状態信号から前記第二の状態信号に変化する第一の時点から前記第二の状態信号から前記第一の状態信号に変化する第二の時点まで、前記第一の演出を前記演出装置に実行させることが可能であることが好ましい。
この場合、遊技台は、継続的に第一の演出を実行するので、メダル投入操作の時間に合わせた演出を実行することができる。
また、一例としては、上記構成において、複数種類の図柄が施され、回転駆動される複数のリール(例えば、リール110〜112)と、複数種類の役のうち一または複数の役の内部当選を抽選により少なくとも判定する抽選手段段(例えば、主制御部300、入賞役内部抽選処理S106)と、前記複数のリールの回転の停止を少なくとも制御する停止制御手段(例えば、主制御部300、リール停止制御処理S109)と、有効ラインに停止表示された図柄組合せが、前記抽選手段により内部当選した役に対応して定められた図柄組合せであるか否かにより前記役への入賞を少なくとも判定する判定手段(例えば、主制御部300、表示判定処理S110)と、前記判定手段により配当を伴う役の入賞があったと判定された場合、配当として前記メダルを少なくとも払い出す払出手段(例えば、主制御部300、メダル払出し処理S111)と、を備え、前記複数種類の役には、入賞することにより次遊技において前記メダルの投入を行うことなく遊技を行うことができる再遊技役(例えば、再遊技役(リプレイ))が含まれ、前記制御手段は、前記判定手段により前記再遊技役の入賞が判定された場合、前記第一の状態信号から前記第二の状態信号に変化する時に、前記第一の演出を前記演出装置に実行させることが可能であることが好ましい。
この場合、遊技台は、再遊技役に入賞した場合にメダルを投入することにより、第一の演出を実行するので、再遊技役に入賞した場合の興趣を向上させることができる。
また、上記実施形態の遊技台(例えば、スロットマシン100)は、上記構成とともに、以下の構成を採用してもよい。すなわち、遊技台(例えば、スロットマシン100)は、複数種類の図柄が施された複数のリール(リール110〜112)と、メダルが投入されるメダル投入口(メダル投入口141)と、前記メダルの投入を指示するベットボタン(ベットボタン130〜132)と、メダル投入処理を実行するメダル投入手段(例えば、主制御部300、メダル投入・スタート受付処理S103)と、複数種類の役のうち一または複数の役の内部当選を抽選により少なくとも判定する抽選手段(例えば、主制御部300、入賞役内部抽選処理S106)と、前記複数のリールそれぞれに対応して設けられ、前記リールの回転を個別に停止させるストップスイッチ(例えば、ストップボタン137〜139)と、前記複数のリールの回転の停止を少なくとも制御する停止制御手段(例えば、主制御部300、リール停止制御処理S109)と、前記停止制御手段による停止制御により、有効ラインに停止表示された図柄組合せが、前記抽選手段により内部当選した役に対応して定められた図柄組合せであるか否かにより前記役への入賞を少なくとも判定する判定手段(例えば、主制御部300、表示判定処理S110)と、前記判定手段により配当を伴う役の入賞があったと判定された場合、配当として前記メダルを少なくとも払い出す払出手段(例えば、主制御部300、メダル払出し処理S111)と、を備えた遊技台であって、前記メダル投入口に投入された前記メダルが通過するメダル通路の所定部位において、前記メダルを通過させる第一の位置(例えば、メダル通過位置)と、前記メダルを落下させる第二の位置(例えば、メダル落下位置)と、の間を移動可能なメダルブロッカ(例えば、可動底部712)と、前記メダルブロッカの移動を少なくとも制御するメダルブロッカ制御手段(例えば、アクチュエータ750、主制御部300)と、前記所定部位よりも前記メダル通路の下流側に設けられ、前記メダルを少なくとも検出する第一のメダル検出手段(例えば、第1メダル検出センサ760)と、前記所定部位よりも前記メダル通路の上流側に設けられ、前記メダルを少なくとも検出する第二のメダル検出手段(例えば、第2メダル検出センサ790)と、所定の待機条件が成立した場合(例えば、再遊技役に入賞した場合)に、所定時間の経過があるまで遊技の進行を待機させる待機処理を少なくとも実行する待機処理実行手段(例えば、主制御部300、フリーズ期間の設定)を備え、前記複数種類の役は、前記判定手段により入賞があったと判定された場合、次遊技において前記メダルの投入を行うことなく遊技を行うことが可能な再遊技役(例えば、再遊技役)を少なくとも含むものであり、前記待機処理実行手段は、前記判定手段により前記再遊技役の入賞があったと判定されたことを少なくとも条件として、前記待機処理を実行するものであり、前記待機処理実行手段は、前記第二のメダル検出手段による前記メダルの検出により、前記所定時間が経過する前であっても前記待機処理を終了させるものであり、前記待機処理実行手段は、前記ベットボタンの操作により、前記所定時間が経過する前であっても前記待機処理を終了させるものであり、前記メダル投入手段は、前記判定手段により前記再遊技役の入賞があったと判定された場合、前記第二のメダル検出手段による前記メダルの検出により、前記メダル投入処理を少なくとも実行するものであり、前記メダル投入手段は、前記判定手段により前記再遊技役の入賞があったと判定された場合、前記ベットボタンの操作により、前記メダル投入処理を少なくとも実行するものであってもよい。
この場合には、再遊技役に入賞した場合に待機処理が実行され、ベットボタンの操作またはメダル投入口からのメダル投入に基づいて、待機処理が終了し、かつメダル投入処理が開始されるので、リプレイに入賞したとしても遊技者にメダル投入の気分を味わわせることができる。また、リプレイに入賞したとしてもメダル投入時の演出を遊技者の操作タイミングで実行させることができる。すなわち、リプレイでないような遊技操作及び演出を実行するので、リプレイ成立時に興趣ある遊技を提供することができる。
以上、本発明の実施の形態について説明してきたが、本発明は、上述した実施の形態に限られるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲において、本発明の実施の形態に対して種々の変形や変更を施すことができ、そのような変形や変更を伴うものもまた、本発明の技術的範囲に含まれるものである。また、発明の実施の形態に記載された、作用及び効果は、本発明から生じる最も好適な作用及び効果を列挙したに過ぎず、本発明による作用及び効果は、本発明の実施の形態に記載されたものに限定されるものではない。
100 スロットマシン
110、111、112 リール
113 図柄表示窓
114 入賞ライン
130、131、132 メダル投入ボタン
135 スタートレバー
137、138、139 ストップボタン
141 メダル投入口
157 液晶表示装置
272、277 スピーカ
300 主制御部
400 第1副制御部
500 第2副制御部
700 メダルセレクタ
712 可動底部(メダルブロッカ)
760 第1メダル検出センサ
790 第2メダル検出センサ

Claims (2)

  1. 複数種類の図柄が施され、回転駆動される複数のリールと、
    複数種類の役のうち一または複数の役の内部当選を抽選により判定する抽選手段と、
    前記複数のリールの回転の停止を制御する停止制御手段と、
    有効ラインに停止表示された図柄組合せが、前記抽選手段により内部当選した役に対応して定められた図柄組合せであるか否かにより前記役への入賞を判定する判定手段と、
    演出装置と、
    前記演出装置に演出を実行させる演出制御手段と、
    投入されたメダルの通過を検出するメダル検出手段と、
    投入されたメダルを通過させるメダル通路の所定部位において、前記メダルを通過させる位置と、前記メダルを落下させる位置と、の間を移動可能なメダルブロッカと、
    を備えた遊技台であって、
    前記メダル検出手段は、
    前記所定部位よりも前記メダル通路の下流側の第一の位置に設けられた第一のメダル検出手段と、
    前記所定部位よりも前記メダル通路の上流側の第二の位置に設けられた第二のメダル検出手段と、
    を少なくとも備えるものであり、
    前記第二の位置に進退自在に設けられた可動手段を備え、
    前記第二のメダル検出手段は、前記可動手段を検出することにより、前記メダルの通過を検出するものであり、
    前記第二のメダル検出手段は、前記メダルの非通過時には前記可動手段を検出せず、第一の状態信号を出力するものであり、
    前記第二のメダル検出手段は、前記メダルの通過時には前記可動手段を検出して、第二の状態信号を出力するものであり、
    前記複数種類の役には、入賞することにより次遊技において再度遊技を行うことができる再遊技役が含まれ、
    前記再遊技役には、対応する図柄組合せを異ならせた複数種類の再遊技役があり、
    前記複数種類の再遊技役の中の一つの再遊技役は、特定の再遊技役であり、
    前記演出制御手段は、前記判定手段によって少なくとも前記特定の再遊技役の入賞があったと判定された場合、前記第二のメダル検出手段によって検出された信号が前記第一の状態信号から前記第二の状態信号に変化した際に、前記特定の再遊技役の入賞に基づくメダルの投入を報知する第一の演出を前記演出装置に実行させることが可能であり、
    前記演出制御手段は、前記第二のメダル検出手段によって出力された前記第二の状態信号の出力継続時間が予め定めた経過時間に達した場合には、異常を報知する第二の演出を前記演出装置に実行させることが可能である、
    ことを特徴とする遊技台。
  2. 請求項1記載の遊技台であって、
    前記演出制御手段は、前記第一の演出を前記演出装置に実行させた後、前記第二のメダル検出手段によって検出された信号が前記第一の状態信号から前記第二の状態信号に変化したことに基づくメダルの投入を報知する第三の演出を前記演出装置に実行させることが可能である、
    ことを特徴とする遊技台。
JP2013088673A 2013-04-19 2013-04-19 遊技台 Active JP5426792B1 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013088673A JP5426792B1 (ja) 2013-04-19 2013-04-19 遊技台

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013088673A JP5426792B1 (ja) 2013-04-19 2013-04-19 遊技台

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013240760A Division JP2014210165A (ja) 2013-11-21 2013-11-21 遊技台

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP5426792B1 true JP5426792B1 (ja) 2014-02-26
JP2014210098A JP2014210098A (ja) 2014-11-13

Family

ID=50287340

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013088673A Active JP5426792B1 (ja) 2013-04-19 2013-04-19 遊技台

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5426792B1 (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5720078B1 (ja) * 2014-09-08 2015-05-20 株式会社オリンピア 遊技機
JP2015157045A (ja) * 2014-02-25 2015-09-03 株式会社大都技研 遊技台
JP2015181953A (ja) * 2015-06-08 2015-10-22 株式会社三共 スロットマシン
JP2015181805A (ja) * 2014-03-25 2015-10-22 株式会社三共 スロットマシン
JP2016087001A (ja) * 2014-10-31 2016-05-23 株式会社三共 スロットマシン

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015217036A (ja) * 2014-05-15 2015-12-07 株式会社三共 スロットマシン

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015157045A (ja) * 2014-02-25 2015-09-03 株式会社大都技研 遊技台
JP2015181805A (ja) * 2014-03-25 2015-10-22 株式会社三共 スロットマシン
JP5720078B1 (ja) * 2014-09-08 2015-05-20 株式会社オリンピア 遊技機
JP2016087001A (ja) * 2014-10-31 2016-05-23 株式会社三共 スロットマシン
JP2015181953A (ja) * 2015-06-08 2015-10-22 株式会社三共 スロットマシン

Also Published As

Publication number Publication date
JP2014210098A (ja) 2014-11-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5426792B1 (ja) 遊技台
JP5432109B2 (ja) 遊技台
JP6108405B2 (ja) 遊技台
JP2011045476A (ja) 遊技台
JP5706550B1 (ja) 遊技台
JP2014239712A (ja) 遊技台
JP6108404B2 (ja) 遊技台
JP6108403B2 (ja) 遊技台
JP6119011B2 (ja) 遊技台
JP5432773B2 (ja) 遊技台
JP2014131644A (ja) 遊技台
JP2011183094A (ja) 遊技台
JP5887669B2 (ja) 遊技台
JP2014193229A (ja) 遊技台
JP2015027380A (ja) 遊技台
JP6047710B2 (ja) 遊技台
JP2016096951A (ja) 遊技台
JP2005034595A (ja) 遊技機
JP5699360B1 (ja) 遊技台
JP5425712B2 (ja) 遊技台
JP6167463B2 (ja) 遊技台
JP6064245B2 (ja) 遊技台
JP2014210165A (ja) 遊技台
JP2019198627A (ja) 遊技台
JP2019198628A (ja) 遊技台

Legal Events

Date Code Title Description
TRDD Decision of grant or rejection written
A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20131128

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5426792

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250