JP4307227B2 - 設定方法 - Google Patents

設定方法 Download PDF

Info

Publication number
JP4307227B2
JP4307227B2 JP2003405228A JP2003405228A JP4307227B2 JP 4307227 B2 JP4307227 B2 JP 4307227B2 JP 2003405228 A JP2003405228 A JP 2003405228A JP 2003405228 A JP2003405228 A JP 2003405228A JP 4307227 B2 JP4307227 B2 JP 4307227B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
data processing
encryption key
computer
wireless lan
device
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2003405228A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2005167739A (ja
JP2005167739A5 (ja
Inventor
正 江口
Original Assignee
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by キヤノン株式会社 filed Critical キヤノン株式会社
Priority to JP2003405228A priority Critical patent/JP4307227B2/ja
Publication of JP2005167739A5 publication Critical patent/JP2005167739A5/ja
Publication of JP2005167739A publication Critical patent/JP2005167739A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4307227B2 publication Critical patent/JP4307227B2/ja
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W12/00Security arrangements, e.g. access security or fraud detection; Authentication, e.g. verifying user identity or authorisation; Protecting privacy or anonymity ; Protecting confidentiality; Key management; Integrity; Mobile application security; Using identity modules; Secure pairing of devices; Context aware security; Lawful interception
    • H04W12/04Key management, e.g. by generic bootstrapping architecture [GBA]
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L63/00Network architectures or network communication protocols for network security
    • H04L63/06Network architectures or network communication protocols for network security for supporting key management in a packet data network
    • H04L63/061Network architectures or network communication protocols for network security for supporting key management in a packet data network for key exchange, e.g. in peer-to-peer networks
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L63/00Network architectures or network communication protocols for network security
    • H04L63/04Network architectures or network communication protocols for network security for providing a confidential data exchange among entities communicating through data packet networks
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W12/00Security arrangements, e.g. access security or fraud detection; Authentication, e.g. verifying user identity or authorisation; Protecting privacy or anonymity ; Protecting confidentiality; Key management; Integrity; Mobile application security; Using identity modules; Secure pairing of devices; Context aware security; Lawful interception
    • H04W12/005Context aware security
    • H04W12/0051Identity aware
    • H04W12/00512Hardware identity
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W12/00Security arrangements, e.g. access security or fraud detection; Authentication, e.g. verifying user identity or authorisation; Protecting privacy or anonymity ; Protecting confidentiality; Key management; Integrity; Mobile application security; Using identity modules; Secure pairing of devices; Context aware security; Lawful interception
    • H04W12/02Protecting privacy or anonymity, e.g. protecting personally identifiable information [PII]
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W84/00Network topologies
    • H04W84/02Hierarchically pre-organised networks, e.g. paging networks, cellular networks, WLAN [Wireless Local Area Network] or WLL [Wireless Local Loop]
    • H04W84/10Small scale networks; Flat hierarchical networks
    • H04W84/12WLAN [Wireless Local Area Networks]

Description

本発明は、コンピュータ又はコンピュータ周辺機器が通信するための無線通信装置の設定方法に関する。

近年、無線LAN装置が増え、無線LAN装置を用いて接続されるコンピュータ周辺機器が出てきている。

無線LANの方式として、IEEE802.11規格に則ったものが普及し、特に、IEEE802.11b規格の無線LANは、世界的な標準になっている。IEEE802.11b規格の無線LAN装置搭載のパソコンの普及に伴い、PC周辺機器においても、IEEE802.11b規格の無線LAN装置を搭載し、パソコンとの通信が可能なものが増えている。

ここで、無線LANにおける最大の問題は、セキュリティの問題である。特に、一般家庭で、無線LAN装置を使用する場合、一般的に、初期設定時に設定したESSID(Extended Service Set IDentifier)等のIDを、以後もそのまま使い、暗号鍵等によるセキュリティをかけない場合が多い。

マンション等の集合住宅や都会の住宅密集地において、隣家で無線LANを使用している場合、隣家の無線LANシステムに接続されることがあるという問題があり、また、プライベートなデータが、隣家に流れる可能性があるという問題がある。

IEEE802.11bの無線LAN装置においては、インフラストラクチャモードといわれるスター型接続と、アドホックモードと呼ばれる1対1通信との両方のモードで通信可能である。

上記インフラストラクチャモードでは、スター型接続の中心となるアクセスポイントのMACアドレスが、初期グループIDとして用いられる。

上記アドホックモードの通信では、無線LAN装置のIDの初期値は、無線LAN装置のMACアドレスを使用している場合が多いので、一方のIDに、他方が合わせて用いられる。

ここで、上記「MACアドレス」は、機器に固有の番号であるので、隣家のIDと重なることがなく、隣家のパソコンや周辺機器と接続されることがない。また、IEEE802.11bの無線LAN装置は、日本では周波数帯が重ならないチャネルとして、4チャネルとれるので、通常、他者が使用しているチャネルは使わず、なるべく妨害波が少ないチャネルを使用する。

なお、無線LAN装置のシリアル番号から周波数チャネルを決める技術が知られている(たとえば、特許文献1参照)。
特開2000−059388号公報

しかし、初期IDが、「Anyone」のように単純な初期値になっている場合があり、また暗号鍵が設定されていないことが多いので、初期設定のままのIDを、ユーザが使用していると、新たに追加された隣家の無線LAN装置が、自家の無線ネットワークに接続され、隣家のパソコンと自家のプリンタとが接続され、印刷されることがあり、また、ファイル情報やファイルの中身等のデータが、隣家のパソコンを介して、直接見られることがある。

また、IEEE802.11bのチャネルは、周波数帯が重ならないように選ぶと、3〜4チャネルしか選べないので、無線LAN装置のシリアル番号に基づいて周波数チャネルを決めているだけでは、IDが同一である場合、隣家のネットワークに容易につながる可能性が高い。

本発明は、コンピュータおよびコンピュータ周辺装置が通信するための無線通信装置に対して、無線通信パラメータを簡単に設定できるようにすることを目的とする。

本発明は、アクセスポイントを介さずに、コンピュータが、第1、第2のデータ処理機器のそれぞれを、直接無線ネットワーク接続することによって、上記第1、第2のデータ処理機器のそれぞれのデータ処理機能を利用する設定方法であって、上記コンピュータは、上記第1のデータ処理機器のドライバソフトをインストールする際に、ユーザによって、入力された上記第1のデータ処理機器の識別情報に基づいて、上記第1のデータ処理機器と無線通信する際に使用するネットワークIDと暗号鍵とを算出する第1の算出ステップと、上記第1の算出ステップにおいて算出されたネットワークIDと暗号鍵とをメモリに記憶する第1の記憶ステップと、上記第2のデータ処理機器のドライバソフトをインストールする際に、ユーザによって、入力された上記第2のデータ処理機器の識別情報に基づいて、上記第2のデータ処理機器と無線通信する際に使用するネットワークIDと暗号鍵とを算出する第2の算出ステップと、上記第2の算出ステップにおいて算出されたネットワークIDと暗号鍵とをメモリに記憶する第2の記憶ステップと、上記第1のデータ処理機器によるデータ処理機能を利用する際に、上記第1の記憶ステップにおいて記憶されたネットワークIDと暗号鍵とを上記コンピュータに接続された無線通信装置に設定し、上記第2のデータ処理機器によるデータ処理機能を利用する際に、上記第2の記憶ステップにおいて記憶されたネットワークIDと暗号鍵とを、上記コンピュータの無線通信装置に設定する第1の設定ステップとを有し、上記第1、第2のデータ処理機器のそれぞれは、自機器の識別情報に基づいて、無線通信に使用するネットワークIDと暗号鍵とを算出する第3の算出ステップと、上記第3の算出ステップにおいて算出されたネットワークIDと暗号鍵とを、自機器の無線通信装置に設定する第2の設定ステップとを有し、上記第1の設定ステップにおいて上記コンピュータの無線通信装置に設定されたネットワークIDと暗号鍵と、上記第2の設定ステップにおいて上記第1又は第2のデータ処理機器の無線通信装置に設定されたネットワークIDと暗号鍵とを用いることによって、上記コンピュータは上記第1又は第2のデータ処理機器と無線ネットワーク接続し、該データ処理機器のデータ処理機能を利用し、また、上記第1、第2の算出ステップにおいて、上記第1、第2のデータ処理機器の機種毎に異なるアルゴリズムによって上記ネットワークIDと暗号鍵とを算出することを特徴とする設定方法である。

本発明によれば、コンピュータおよびコンピュータ周辺装置が通信するための無線通信装置に対して、無線通信パラメータを簡単に設定することができる。

下記に説明する実施例では、第1に、無線LAN装置を用いて接続されるコンピュータ周辺機器とコンピュータの無線LAN装置とを初期設定する場合、上記コンピュータ周辺機器の無線LAN装置のID、暗号鍵を、上記コンピュータ周辺機器の製造番号に基づいて計算し、この計算されたID、暗号鍵が、上記コンピュータ周辺機器の無線LAN装置に記憶される。そして、上記コンピュータ周辺機器と無線接続されるコンピュータにおいて、上記コンピュータ周辺機器のドライバソフトを上記コンピュータにインストールする際に、上記コンピュータ周辺機器の製造番号を入力し、この入力された製造番号に基づいて、上記コンピュータ上で無線LAN装置のID、暗号鍵が、上記コンピュータ周辺機器における場合と同じアルゴリズムで計算され、上記コンピュータの無線LAN装置に記憶される。

このようにすることによって、コンピュータ周辺機器と同じID、暗号鍵を設定することができ、つまり、コンピュータとコンピュータ周辺機器とは、ドライバをインストールするだけで、固有のID、暗号鍵がセットされるので、1対1通信であるアドホックモードが選ばれていれば、コンピュータとコンピュータ周辺機器とを、容易に接続することができ、しかも隣家のネットワークと接続されることなく、高い安全性を確保することができる。

また、第2に、無線LANカードを接続することによって、無線LANによる通信が可能になるコンピュータ周辺機器において、無線LANカードを上記コンピュータ周辺機器に接続したときに、または、無線LANカードを上記コンピュータ周辺機器に接続し、初めて電源を投入したときに、上記コンピュータ周辺機器から上記無線LANカードに、上記コンピュータ周辺機器の製造番号に基づいて計算されたID、暗号鍵が、無線LANカードに設定される。

プリンタ等のコンピュータ周辺機器において、従来、無線LANカードを装着すると、無線LANカードの初期設定でIDが決められ、コンピュータの無線LAN装置もプリンタの無線LANカードと同じ設定にして通信しなければならない。ところが、下記の実施例では、無線LANカードを装着し、プリンタ等のコンピュータ周辺機器の電源を入れるだけで、コンピュータの周辺機器内で計算されたID、暗号鍵が、コンピュータ周辺機器に装着された無線LANカードに設定されるので、無線LANカードの初期設定に依存せず、1対1通信であるアドホックモードが選ばれていれば、コンピュータとコンピュータ周辺機器とが容易に接続され、しかも隣家のネットワークと接続されることなく、高い安全性を確保することができる。

さらに、第3に、無線LAN装置を用いて接続される複数のコンピュータ周辺機器とコンピュータの無線LAN装置とを設定する場合、上記複数のコンピュータ周辺機器の無線LAN装置のID、暗号鍵は、上記複数のコンピュータ周辺機器の各製造番号に基づいて計算され、上記複数のコンピュータの周辺機器の各無線LAN装置に記憶され、上記複数のコンピュータ周辺機器と無線接続される。

したがって、コンピュータにおいて、上記複数のコンピュータ周辺機器の各ドライバソフトを上記コンピュータにインストールする際に、上記コンピュータ周辺機器の製造番号を入力すれば、上記コンピュータ上で、無線LAN装置のID、暗号鍵が、各コンピュータ周辺機器と同様のアルゴリズムによって計算され、各コンピュータ周辺機器と接続する際に、上記コンピュータの無線LAN装置に、上記コンピュータ周辺機器の製造番号に基づいて計算されたID、暗号鍵が選ばれ、設定されることによって、上記各コンピュータ周辺機器と同じID、暗号鍵を設定することができる。

また、無線LANで接続されるプリンタやスキャナ等のコンピュータ周辺機器が複数存在する場合、プリンタやスキャナ等のコンピュータ周辺機器では、コンピュータ周辺機器の無線LAN装置のID、暗号鍵は、各製造番号から計算され、各無線LAN装置に記憶される。

一方、コンピュータ側では、プリンタやスキャナ等のコンピュータ周辺機器の各ドライバソフトを、上記コンピュータにインストールする際に、コンピュータ周辺機器の製造番号を入力することによって、上記コンピュータ上で無線LAN装置のID、暗号鍵が、各コンピュータ周辺機器と同じアルゴリズムによって計算され、記憶される。コンピュータが所定の1つのコンピュータ周辺機器と接続する際には、コンピュータの無線LAN装置に、選ばれたコンピュータ周辺機器の製造番号に基づいて計算されたID、暗号鍵が選ばれ、設定されることによって、選ばれたコンピュータ周辺機器と同じID、暗号鍵がコンピュータの無線LANカードに設定される。上記のようにして、複数の周辺機器とパソコンとが無線LANで接続されている場合でも、各周辺機器の製造番号に基づいて計算されたID、暗号鍵で接続できるので、アドホックモードであれば、簡単に隣家のネットワークと接続されることなく、高い安全性を維持しつつ接続できる。

図1、図2は、本発明の実施例1である無線LANシステム100を示す図である。

無線LANシステム100は、コンピュータPC1、PC2と、プリンタPr1、Pr2と、コンピュータ用無線LANカードPCC1、PCC2と、プリンタ用無線LANカードPrC1、PrC2とを有する。

コンピュータPC1は、自家コンピュータであり、コンピュータPC2は、隣家のコンピュータであり、プリンタPr1は、自家のプリンタであり、プリンタPr2は、隣家のプリンタである。

コンピュータPC1は、無線LANカードPCC1を具備し、コンピュータPC2は、無線LANカードPCC2を具備し、プリンタPr1は、無線LANカードPrC1を具備し、プリンタPr2は、無線LANカードPrC2を具備している。

図2は、無線LANカードPCC1、PCC2、無線LANカードPrC1、PrC2を装着する前の状態を示す図である。

ここで、無線LANカードPCC1、コンピュータPCC2、無線LANカードPrC1、PrC2のそれぞれに、共通の初期ID「Anyone」が設定され、暗号鍵は、入力されていないとする。

図1に示す状態において、プリンタPr1に、無線LANカードPrC1が装着され、プリンタPr1に電源を初めて投入すると、プリンタPr1はプリンタPr1の製造番号に基づいて、ID「IDp1」と暗号鍵「KEYp1」とを計算し、この計算されたID「IDp1」と暗号鍵「KEYp1」とを、無線LANカードPrC1に設定する。

一方、コンピュータPC1において、プリンタPr1のドライバをインストールする際に、プリンタPr1の製造番号をユーザが入力する。ユーザが入力したプリンタPr1の製造番号に基づいて、プリンタドライバは、無線LANカードPCC1のID「IDp1」と暗号鍵「KEYp1」とを、プリンタと同様のアルゴリズムで計算し、この計算されたID「IDp1」と暗号鍵「KEYp1」とを、コンピュータPC1の無線LANカードPCC1に設定する。

コンピュータPC1は、プリンタPr1と無線接続する際には、1対1の通信でよく、アドホックモードに設定してあれば、プリンタPr1と簡単に接続される。

また、上記自家のコンピュータとプリンタにおけるID「IDp1」と暗号鍵「KEYp1」との設定と同様に、隣家のコンピュータPC2の無線LANカードPCC2と、プリンタPr2の無線LANカードPrC2との間でも、ID「IDp2」と暗号鍵「KEYp2」とを設定する。

上記のようにして、無線LANを設定する際に、固有のIDが自動的に設定されるので、無線LANカードの初期設定によって通信されることはない。したがって、たとえ隣家で、無線LANカードの初期設定のままLANを運用し、隣家の無線LAN装置の電波が、自家のLAN装置に届いていても、隣家のコンピュータやプリンタが、ネットワーク上で見えないので、自家のコンピュータPC1、プリンタPr1が隣家のネットワークに接続される心配がない。また、暗号鍵も自動的に設定されるので、盗聴等に関するセキュリティも容易に保つことができる。

プリンタの無線LAN装置は、プリンタに内蔵されている場合と、無線LANカードをプリンタに装着する場合とがあり、無線LAN装置がプリンタに接続された後に、初めてプリンタに電源を入れたときに、プリンタ本体に記憶されているID、暗号鍵が、無線LAN装置に記憶されるので、無線LANカードを装着する場合でも、その初期設定を気にすることなく、固有のID、暗号鍵を、簡単に設定することができ、自家のコンピュータと安全に接続することができ、隣家のネットワークに接続される心配もない。

さらに、隣家のプリンタPr2が、自家のプリンタPr1と同一メーカの他機種である場合、製造番号に基づいて、同じアルゴリズムで、ID、暗号鍵を計算すると、同一のID、暗号鍵とが設定される可能性がある。これを防止するには、製造番号と機種との組み合わせに基づいて、ID、暗号鍵を計算するようにしてもよい。また、機種ごとに、互いに異なるアルゴリズムで、ID、暗号鍵を計算するようにしてもよい。

ここで、コンピュータとプリンタとを接続する周波数チャネルは、コンピュータの無線LAN装置でパッシブスキャンを行い、空いているチャネルをユーザに指示し、プリンタ側の無線LAN装置に設定させる。

また、初期接続チャネルを予め決め、空いているチャネルを無線で指示し、自動的に設定するようにしてもよい。

図3は、本発明の実施例2である無線LANシステム200を示す図である。

無線LANシステム200は、1つのコンピュータが複数のコンピュータ周辺装置に接続される場合の実施例であり、コンピュータPC1と、プリンタPr1と、スキャナSc1とを有する。

無線LANシステム200において、コンピュータPC1と、プリンタPr1と、スキャナSc1とは、それぞれ無線LAN装置を具備しているとする。

プリンタPr1の無線LAN装置は、無線LAN装置が装着された後における初めての電源投入時に、プリンタの製造番号に基づいて計算されたID「IDp1」と、暗号鍵「KEYp1」とが、プリンタPr1の無線LAN装置に設定される。また、スキャナSc1の無線LAN装置では、無線LAN装置が装着された後における初めての電源投入時に、スキャナの製造番号に基づいて計算されたID「IDs1」、暗号鍵「KEYs1」が、スキャナSc1の無線LAN装置に設定される。

一方、コンピュータPC1側では、プリンタPr1のドライバソフトをコンピュータPC1にインストールするときに、プリンタPr1の製造番号を入力することによって、コンピュータPC1上で、無線LAN装置のプリンタ用のID「IDp1」、暗号鍵「KEYp1」が計算され、記憶される。

また、スキャナSc1のドライバソフトをコンピュータPC1にインストールするときに、スキャナSc1の製造番号を入力することによって、コンピュータPC1上で、無線LAN装置のスキャナ用のID「IDs1」、暗号鍵「KEYs1」を計算し、記憶される。

コンピュータPC1が、プリンタPr1を使用して印刷するときに、プリンタドライバが起動され、プリンタPr1の製造番号に基づいて、プリンタ用のID「IDp1」、暗号鍵「KEYp1」が計算され、この計算されたプリンタ用のID「IDp1」、暗号鍵「KEYp1」が、コンピュータPC1の無線LAN装置にダウンロードされる。これによって、コンピュータPC1の無線LAN装置には、プリンタPr1と同じIDや暗号鍵が設定され、通信が可能になり、印刷することができる。

次に、コンピュータPC1が、スキャナSc1から画像を取り込むときに、スキャナSc1のドライバが起動され、スキャナSc1の製造番号に基づいて、スキャナ用のID「IDs1」、暗号鍵「KEYs1」が計算され、この計算されたスキャナ用のID「IDs1」、暗号鍵「KEYs1」が、コンピュータPC1の無線LAN装置にダウンロードされる。これによって、コンピュータPC1の無線LAN装置には、スキャナSc1と同じID、暗号鍵が設定され、スキャナSc1との間で通信可能になり、スキャナSc1から画像を取り込むことができる。

上記実施例によれば、パソコンと複数の周辺機器とが無線LANで接続されている場合に、各周辺機器の製造番号に基づいて、ID、暗号鍵が計算され、この計算されたID、暗号鍵を使用して接続できるので、1対1通信であるアドホックモードが選ばれていれば、隣家のネットワークと接続されることなく、高い安全性で接続することができる。

次に、上記実施例の動作について、より具体的に説明する。

図4は、上記実施例において、プリンタとコンピュータとについて、ID、暗号鍵を設定する動作を示すフローチャートである。

まず、無線LAN装置を実装する(S1)。この無線LAN装置のIDは、「Anyone」であり、暗号鍵は設定されていないとする。次に、プリンタのシリアル番号に基づいて、ID「IDp1」、暗号鍵「KEYp1」を計算する(S2)。そして、プリンタが、無線LAN装置のID「IDp1」、暗号鍵「KEYp1」を自動設定する(S3)。

一方、無線LAN装置を実装し(S11)、この場合におけるIDが、「Anyone」であり、暗号鍵が設定されていないとする。そして、周辺装置のドライバをインストールし(S12)、周辺装置のシリアル番号をユーザが入力する(S13)。

次に、上記実装された周辺装置のシリアル番号に基づいて、ID「IDp1」、暗号鍵「KEYp1」を計算する(S14)。その後、コンピュータが無線LAN装置のID「IDp1」、暗号鍵「KEYp1」を自動設定する(S15)。

本発明の実施例1である無線LANシステム100を示す図である。 本発明の実施例1である無線LANシステム100を示す図である。 本発明の実施例2である無線LANシステム200を示す図である。 上記実施例において、プリンタとコンピュータとについて、ID、暗号鍵を設定する動作を示すフローチャートである。

符号の説明

100、200…無線LANシステム、
PC1、PC2…パソコン、
Pr1、Pr2…プリンタ、
PCC1、PCC2…パソコン用無線LANカード、
PrC1、PrC2…プリンタ用無線LANカード、
Sc1…スキャナ。

Claims (5)

  1. アクセスポイントを介さずに、コンピュータが、第1、第2のデータ処理機器のそれぞれを、直接無線ネットワーク接続することによって、上記第1、第2のデータ処理機器のそれぞれのデータ処理機能を利用する設定方法であって、
    上記コンピュータは、
    上記第1のデータ処理機器のドライバソフトをインストールする際に、ユーザによって、入力された上記第1のデータ処理機器の識別情報に基づいて、上記第1のデータ処理機器と無線通信する際に使用するネットワークIDと暗号鍵とを算出する第1の算出ステップと、
    上記第1の算出ステップにおいて算出されたネットワークIDと暗号鍵とをメモリに記憶する第1の記憶ステップと、
    上記第2のデータ処理機器のドライバソフトをインストールする際に、ユーザによって、入力された上記第2のデータ処理機器の識別情報に基づいて、上記第2のデータ処理機器と無線通信する際に使用するネットワークIDと暗号鍵とを算出する第2の算出ステップと、
    上記第2の算出ステップにおいて算出されたネットワークIDと暗号鍵とをメモリに記憶する第2の記憶ステップと、
    上記第1のデータ処理機器によるデータ処理機能を利用する際に、上記第1の記憶ステップにおいて記憶されたネットワークIDと暗号鍵とを上記コンピュータに接続された無線通信装置に設定し、上記第2のデータ処理機器によるデータ処理機能を利用する際に、上記第2の記憶ステップにおいて記憶されたネットワークIDと暗号鍵とを、上記コンピュータの無線通信装置に設定する第1の設定ステップと、
    を有し、
    上記第1、第2のデータ処理機器のそれぞれは、
    自機器の識別情報に基づいて、無線通信に使用するネットワークIDと暗号鍵とを算出する第3の算出ステップと、
    上記第3の算出ステップにおいて算出されたネットワークIDと暗号鍵とを、自機器の無線通信装置に設定する第2の設定ステップと、
    を有し、
    上記第1の設定ステップにおいて上記コンピュータの無線通信装置に設定されたネットワークIDと暗号鍵と、上記第2の設定ステップにおいて上記第1又は第2のデータ処理機器の無線通信装置に設定されたネットワークIDと暗号鍵とを用いることによって、上記コンピュータは上記第1又は第2のデータ処理機器と無線ネットワーク接続し、該データ処理機器のデータ処理機能を利用し、
    また、上記第1、第2の算出ステップにおいて、上記第1、第2のデータ処理機器の機種毎に異なるアルゴリズムによって上記ネットワークIDと暗号鍵とを算出することを特徴とする設定方法。
  2. 請求項1であって、
    上記第3の算出ステップにおける算出は、上記無線通信装置を上記データ処理機器に接続したときに、または、上記無線通信装置を、上記データ処理機器に接続し、初めて電源を投入したときに実行されることを特徴とする設定方法。
  3. 請求項1であって、
    上記第1、第2のデータ処理機器の識別情報は、上記第1、第2のデータ処理機器の製造番号であることを特徴とする設定方法。
  4. 請求項1であって、
    上記第1、第2の算出ステップにおいては、上記第1、第2のデータ処理機器の製造番号および上記第1、第2のデータ処理機器の機種情報に基づいて、上記ネットワークIDと暗号鍵とを算出することを特徴とする設定方法。
  5. 請求項2であって、
    上記コンピュータは、
    空き周波数チャネルを検出する検出ステップと、
    上記検出ステップにおいて検出された周波数チャネルを通知する通知ステップと、
    を更に有することを特徴とする設定方法。
JP2003405228A 2003-12-03 2003-12-03 設定方法 Expired - Fee Related JP4307227B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003405228A JP4307227B2 (ja) 2003-12-03 2003-12-03 設定方法

Applications Claiming Priority (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003405228A JP4307227B2 (ja) 2003-12-03 2003-12-03 設定方法
US10/984,912 US7536015B2 (en) 2003-12-03 2004-11-09 Setting method for wireless communication device, computer peripheral equipment, and information processor
DE200460025443 DE602004025443D1 (de) 2003-12-03 2004-11-12 Einstellungsverfahren für ein drahtloses Kommunikationsgerät, Computerperipheriegerät und Informationsprozessor
ES04257040T ES2338787T3 (es) 2003-12-03 2004-11-12 Metodo de configuracion para un dispositivo de comunicacion inalambrica, equipo periferico de ordenador y procesador de informacion.
EP20040257040 EP1538781B1 (en) 2003-12-03 2004-11-12 Setting method for a wireless communication device, computer peripheral equipment and information processor
CN 200410097963 CN100495960C (zh) 2003-12-03 2004-12-02 无线通信装置的设定方法和计算机外围设备、信息处理装置

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2005167739A5 JP2005167739A5 (ja) 2005-06-23
JP2005167739A JP2005167739A (ja) 2005-06-23
JP4307227B2 true JP4307227B2 (ja) 2009-08-05

Family

ID=34463988

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003405228A Expired - Fee Related JP4307227B2 (ja) 2003-12-03 2003-12-03 設定方法

Country Status (6)

Country Link
US (1) US7536015B2 (ja)
EP (1) EP1538781B1 (ja)
JP (1) JP4307227B2 (ja)
CN (1) CN100495960C (ja)
DE (1) DE602004025443D1 (ja)
ES (1) ES2338787T3 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP2424281A1 (en) 2010-08-24 2012-02-29 Sony Corporation Wireless communication apparatus, program, wireless communication method, and wireless communication system

Families Citing this family (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4574338B2 (ja) * 2003-12-04 2010-11-04 キヤノン株式会社 無線通信のための設定方法、無線通信を行なう周辺装置および情報処理装置
US20060015621A1 (en) * 2004-07-13 2006-01-19 Quinn Liam B System and method for information handling system task selective wireless networking
KR100644660B1 (ko) * 2004-12-11 2006-11-10 삼성전자주식회사 네트워크 스캐닝을 수행하는 방법 및 장치
US9171187B2 (en) * 2005-05-13 2015-10-27 Nokia Technologies Oy Implementation of an integrity-protected secure storage
CN1921682B (zh) * 2005-08-26 2010-04-21 华为技术有限公司 增强通用鉴权框架中的密钥协商方法
JP4851798B2 (ja) * 2006-01-25 2012-01-11 Necインフロンティア株式会社 無線通信システム、無線lan基地局及びそれらに用いる設定内容確認/変更方法
CN100592317C (zh) 2008-09-11 2010-02-24 深圳华为通信技术有限公司 一种外围设备及其权限验证方法
KR101102663B1 (ko) 2009-02-13 2012-01-04 삼성전자주식회사 휴대단말기와 디지털 기기간 자동 무선 연결을 위한 시스템 및 방법
JP4687808B2 (ja) * 2009-03-31 2011-05-25 ブラザー工業株式会社 画像伝送システム
CN102171970B (zh) 2009-07-22 2014-02-26 松下电器产业株式会社 母机及子机
US8813198B2 (en) 2011-07-05 2014-08-19 Apple Inc. Configuration of accessories for wireless network access
JP5465228B2 (ja) * 2011-11-10 2014-04-09 キヤノン株式会社 通信装置、通信装置の制御方法及びプログラム
JP5619255B2 (ja) * 2013-10-28 2014-11-05 キヤノン株式会社 通信装置、通信装置の制御方法及びプログラム
JP6394249B2 (ja) 2014-09-30 2018-09-26 ブラザー工業株式会社 画像処理装置
DE102016106231A1 (de) * 2016-04-06 2017-10-12 Miele & Cie. Kg Verfahren zum Generieren eines Schlüssels und Verfahren zur sicheren Kommunikation zwischen einem Haushaltsgerät und einem Gerät

Family Cites Families (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3088802A (en) * 1959-06-19 1963-05-07 Int Nickel Co Production of tetrachloropalladates
US6166650A (en) * 1991-05-29 2000-12-26 Microchip Technology, Inc. Secure self learning system
US5745576A (en) * 1996-05-17 1998-04-28 Visa International Service Association Method and apparatus for initialization of cryptographic terminal
JP2000059388A (ja) 1998-08-10 2000-02-25 Sony Corp 通信周波数帯域割り当て方法
JP4568957B2 (ja) 2000-05-16 2010-10-27 ソニー株式会社 カード型ネットワークインタフェース,ネットワーク会議用端末装置及びネットワーク会議システム
US7224801B2 (en) * 2000-12-27 2007-05-29 Logitech Europe S.A. Wireless secure device
JP3873627B2 (ja) * 2001-01-19 2007-01-24 株式会社日立製作所 無線基地局及び無線基地局の利用周波数設定方法
JP2002247056A (ja) 2001-02-20 2002-08-30 Matsushita Electric Ind Co Ltd Ipアドレス取得装置
US20020174206A1 (en) * 2001-05-21 2002-11-21 Moyer Alan L. Web-based file manipulating system
JP2003110543A (ja) 2001-09-27 2003-04-11 Toshiba Corp 暗号キー設定システム、無線通信装置および暗号キー設定方法
JP3915481B2 (ja) * 2001-11-14 2007-05-16 セイコーエプソン株式会社 無線通信装置
JP3937820B2 (ja) * 2001-11-27 2007-06-27 セイコーエプソン株式会社 無線ネットワークのアダプタ
JP2003218875A (ja) 2002-01-18 2003-07-31 Seiko Epson Corp 無線通信装置へのパラメータの設定
US7584359B2 (en) * 2002-12-11 2009-09-01 Broadcom Corporation Secure media peripheral association in a media exchange network

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP2424281A1 (en) 2010-08-24 2012-02-29 Sony Corporation Wireless communication apparatus, program, wireless communication method, and wireless communication system

Also Published As

Publication number Publication date
EP1538781B1 (en) 2010-02-10
US7536015B2 (en) 2009-05-19
JP2005167739A (ja) 2005-06-23
CN100495960C (zh) 2009-06-03
DE602004025443D1 (de) 2010-03-25
US20050125682A1 (en) 2005-06-09
ES2338787T3 (es) 2010-05-12
CN1625100A (zh) 2005-06-08
EP1538781A2 (en) 2005-06-08
EP1538781A3 (en) 2006-04-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7362722B2 (en) Radio station, operation control program, and operation control method
US6928166B2 (en) Radio communication device and user authentication method for use therewith
CN1213563C (zh) 通信系统及服务器装置及客户端装置、以及相应的控制方法
US8538019B2 (en) Method and apparatus for configuring nodes in a wireless network
JP5915338B2 (ja) 通信装置
JP2006174423A (ja) 通信制御装置及びシステムならびにそれらの方法
US9781299B2 (en) Function executing device with two types of wireless communication interfaces
CN103369637B (zh) 通信装置
CN100576844C (zh) 便于在数字设备中数据传输的内容地址可视编码
US7680085B2 (en) Out-of-band management and traffic monitoring for wireless access points
CN101534505B (zh) 通信装置和通信方法
US7224802B2 (en) Wireless communication device, and method for controlling the same, which authenticates partner device when connecting thereto
US20050136909A1 (en) Radio device communication setting method
JP5040087B2 (ja) 無線通信ネットワークのセキュリティ設定方法、セキュリティ設定プログラム及び無線通信ネットワークシステム
US8150372B2 (en) Method and system for distributing data within a group of mobile units
JP4416392B2 (ja) 撮像機器及び無線通信装置
US7317712B2 (en) Wireless communication system, communication device, communication controlling method, and communication control program
JP2006261938A (ja) 通信システム、通信装置および方法、記録媒体、並びにプログラム
EP1467519A1 (en) Short distance wireless communication system using mobile terminal and wireless communication device therefor
US9106308B2 (en) Wireless communication device
EP1976325A2 (en) Wireless network system and wireless device included in the system
KR20110053187A (ko) 무선 통신 장치, 무선 통신 시스템, 프로그램 및 무선 통신 방법
KR20050072714A (ko) 휴대용 미디어 디바이스를 사용하는 애드혹 무선네트워크의 구성
JP2003018148A (ja) 無線データ通信装置及びそのデータ通信方法
CN102625415B (zh) 通信设备及其控制方法、无线通信电路

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20061025

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20061025

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20090113

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090116

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090316

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20090424

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20090428

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120515

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees