JP4305837B2 - ドライフラワーの製造方法 - Google Patents

ドライフラワーの製造方法 Download PDF

Info

Publication number
JP4305837B2
JP4305837B2 JP2003379283A JP2003379283A JP4305837B2 JP 4305837 B2 JP4305837 B2 JP 4305837B2 JP 2003379283 A JP2003379283 A JP 2003379283A JP 2003379283 A JP2003379283 A JP 2003379283A JP 4305837 B2 JP4305837 B2 JP 4305837B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
bottle
plant
flower
dried
flowers
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2003379283A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2005139143A (ja
JP2005139143A5 (ja
Inventor
信二 松井
Original Assignee
信二 松井
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 信二 松井 filed Critical 信二 松井
Priority to JP2003379283A priority Critical patent/JP4305837B2/ja
Publication of JP2005139143A publication Critical patent/JP2005139143A/ja
Publication of JP2005139143A5 publication Critical patent/JP2005139143A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4305837B2 publication Critical patent/JP4305837B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Landscapes

  • Agricultural Chemicals And Associated Chemicals (AREA)

Description

本発明は細口ビンで栽培育成及び成長させた植物をドライフラワーにすることを特徴とする植物の栽培育成方法である。
従来のドライフラワーは切り花を自然乾燥させたり、熱により乾燥させたり、乾燥剤を使った物がある。
その中でガラス容器封入型のドライフラワー(以後従来のものと記す)は植物を乾燥剤で短時間に乾燥させたドライフラワーを置き台等に組み立てて固定したものをガラス容器等に保存用シリカゲルとともに封印する、そのできあがりの形状は人形ケースや金魚鉢、ドーム型の時計等によく似ている。
そのため従来のものは生花で作った造花の印象がある、また精巧な花束と言う印象もあり、自然さやぬくもりが足りないと思われる。
特開昭59−163301号広報 特開平05−293027号広報 特開2000−136102号広報 実開昭62−182798号広報 実用登録 3074273号広報 実開平10−193896号広報
本発明では植物が小さい間(種、苗、蕾の状態で)、細口ビンの中で栽培育成し、成長させて気に入った状態になってからドライフラワーにするのである。
ここで言う栽培育成成長させるとは、種を播いて開花まで成長させる、苗を植えて開花まで成長させる、挿し木をして開花まで成長させる蕾の切花を開花まで待つ、そのほかに気に入った形になるのを待つ、等が含まれる。
請求項1記載の植物を細口瓶の中で大きくする方法(以下本発明という)では大菊やヒマワリを細口ビンの中で栽培育成するにはアジサイで1m大菊やヒマワリで高さ2mの容器が必要である。そこで植物の方を窒素分の少ないアンバランス肥料や成長抑制剤を用いて矮小栽培を行うと少し小さめの容器でも栽培することができる。
また細口ビンの底に小さな穴を開けて植物を貫通し成長に合わせて細口ビンの位置を移動させると小型の細口ビンでも大型の植物を内蔵させることができる。
本発明では細口ビンの中で大きな植物を種や苗から水耕栽培等により育成したり切花を気に入った状態になるまで肥料の葉面散布や活力剤、切花長持ち剤で育成する。
本発明ではヒマワリのような大型の草花や木蓮のような喬木をドライフラワーにするために細口ビンの底に貫通穴を設けて植物の枝をビンの底の穴からビン内に挿入し、気に入った状態(開花、着果等)になるのを待ってドライフラワーにすることも可能である。
本発明は上記を実現することにより1年草、2年草、潅木、喬木、等すべての植物の中でそのままでは細口ビンに入らなかったものが入るようになり、細口ビンの中でドライフラワーにすることが可能になったのである
図1は本発明の方法で得たドライフラワーを示す説明図である。これは細口ビン1(以下ビン1という)に封入した植物2をドライフラワーにしたものであり植物の種類や栽培方法鑑賞方法によって容器(細口ビン)の形を変更するものである。
図1の製造方法は切り花や苗を花束状にしてビンの口11から挿入してビンの底部に鉢3で固定しその状態でビンに鉢が埋まるほどの水を注水する、そして植物の種類や状態により肥料の葉面散布や活力剤を施し気に入った状態になるまで育成してから水を抜き乾燥剤(シリカゲル)を植物が埋まるようにビン1に注入して封印する。
約1週間で乾燥剤を取り除くと図1のドライフラワーができあがる、そして図2のキャップ4の内部挿入部5の内部孔6に乾燥剤を装着したキャップ4で封印する。
図3は本発明の方法で得たドライフラワーの製造方法の1例を示す説明図である。底部にレカトン(発泡石)9を敷きその上敷き8の穴7に植物の、種まき、挿し木、苗の植え付けのいずれか又は2種以上して水耕栽培を行い植物が気に入った状態になると水を抜いてイリカゲルを注入して上記のとりにドライフラワーが出来上がる。
又水耕栽培や発泡石や上敷きにこだわらない、砂耕栽培や礫耕栽培でも可能である。又発泡石を接着剤で固定すれば敷きは不要になる。
図4は本発明の方法で得たドライフラワーの製造方法の1例を示す説明図である。上記説明の底に貫通孔10のあるビン1の1実施例である。これは大菊12では矮小栽培をしても大きいので底穴あきのビンに新芽または枝を通してビンを宙に浮かす。
そして気に入った状態なるまで植木鉢(地面でも良い)で栽培育成をして気に入った状態になると植木鉢と切り離して植物を固定し底部の貫通孔10を封印してシリカゲルを注入して上記のとおりにドライフラワーができあがる。
本発明はドライフラワーとして観賞用装飾品として用いるだけでなく植物園や資料館博物館の植物の写真パネルに変わる展示物や季節はずれ用のサンプルとなりうる。
実施例1の説明図 実施例1〜3の蓋の説明図 実施例2の説明図 実施例3の説明図
符号の説明
1 細口ビン
2 ドライフラワー
3 鉢
4 蓋(キャップ)
5 蓋の内部挿入部
6 蓋の内部孔
7 上敷きの穴
8 上敷き
9 レカトン
10 貫通孔
11 ビンの口
12 大菊

Claims (1)

  1. 細口瓶にそのままでは入らない大きさの植物を種、苗、の状態で細口瓶に入れて瓶内で大きくし、開花させてドライフラワーにするドライフラワーの製造方法。
JP2003379283A 2003-11-10 2003-11-10 ドライフラワーの製造方法 Expired - Fee Related JP4305837B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003379283A JP4305837B2 (ja) 2003-11-10 2003-11-10 ドライフラワーの製造方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003379283A JP4305837B2 (ja) 2003-11-10 2003-11-10 ドライフラワーの製造方法

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2005139143A JP2005139143A (ja) 2005-06-02
JP2005139143A5 JP2005139143A5 (ja) 2005-08-11
JP4305837B2 true JP4305837B2 (ja) 2009-07-29

Family

ID=34689380

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003379283A Expired - Fee Related JP4305837B2 (ja) 2003-11-10 2003-11-10 ドライフラワーの製造方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4305837B2 (ja)

Also Published As

Publication number Publication date
JP2005139143A (ja) 2005-06-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5651214A (en) Biodegradable seed pod germination system
US20110296751A1 (en) Self contained system for growing perennial flowers in a rock-like or other ornamental planter
JP4305837B2 (ja) ドライフラワーの製造方法
JP4249797B1 (ja) コチョウラン又はフウランの栽培方法およびコチョウランとフウラン
JP2014121306A (ja) 素焼き鉢の吸水機能を利用して栽培・管理に自然吸水。
JP3351787B1 (ja) 多肉植物の栽培法
KR200402372Y1 (ko) 캔 화분
JP3003090B2 (ja) ラン類の栽培方法
KR200313531Y1 (ko) 풍란재배 화병
KR100379852B1 (ko) 튜브형 분화 및 튜브형 포트에서의 꽃 재배 방법
JP4544905B2 (ja) 苔玉及び苔玉栽培用器具並びに苔玉栽培方法
KR19980017484U (ko) 관상식물의 수경재배용 화분
KR200238295Y1 (ko) 만능화분
KR200364363Y1 (ko) 향발산 캔 화분
KR200303993Y1 (ko) 수경화분
KR20040075677A (ko) 풍란재배 화병 및 그 제조방법
JP2018074987A (ja) 水遣り要らずの鉢植え栽培。
JPH08103158A (ja) 着生蘭の根部分の固定法
KR200186525Y1 (ko) 화분
JP2005168479A (ja) 接木苗における接合部からの穂木根出根栽培法
KR200186526Y1 (ko) 식물 재배용 화분체
JP3159168U (ja) 透明な細長容器に植物体を植え込んだ観葉植物
JPH0513163Y2 (ja)
JP3118698B2 (ja) 観賞用植物育成装置
JP3072277U (ja) 植木鉢を突起、羽根等により、中空に支持できるようにした鉢置き。

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050317

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050317

A871 Explanation of circumstances concerning accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A871

Effective date: 20080808

A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20080912

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080930

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20081125

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20090106

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090203

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20090306

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20090331

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120515

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120515

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130515

Year of fee payment: 4

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees