JP3778464B2 - ブランク材洗浄装置 - Google Patents

ブランク材洗浄装置 Download PDF

Info

Publication number
JP3778464B2
JP3778464B2 JP06588697A JP6588697A JP3778464B2 JP 3778464 B2 JP3778464 B2 JP 3778464B2 JP 06588697 A JP06588697 A JP 06588697A JP 6588697 A JP6588697 A JP 6588697A JP 3778464 B2 JP3778464 B2 JP 3778464B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
blank material
chamber
roll
cleaning
cleaning liquid
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP06588697A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH10263727A (ja
Inventor
義樹 青木
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Honda Motor Co Ltd
Original Assignee
Honda Motor Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Honda Motor Co Ltd filed Critical Honda Motor Co Ltd
Priority to JP06588697A priority Critical patent/JP3778464B2/ja
Publication of JPH10263727A publication Critical patent/JPH10263727A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3778464B2 publication Critical patent/JP3778464B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明はゴミや油脂さらにはブランキング時に発生する粉粒体等を付着したブランク材等の洗浄装置に関し、特に、プレス機等加工装置に向けて搬送する途中において洗浄液の噴射による付着物の洗浄除去を行い、さらにブランク材上の洗浄液や残存付着粉粒体の除去等を行うブランク材洗浄装置に関する。
【0002】
【従来の技術】
ブランク材を加工装置に向けて搬送する途中において、ブランク材を洗浄し、ゴミ付着物等を除去し、さらに付着した洗浄液を除去してブランク材を清浄化することは一般的に行われている。図2に示したブランク材洗浄装置Bはそのための従来の洗浄装置であって、プレス加工装置に向けたブランク材51の搬送路にチャンバー52を設け、チャンバー52の前端壁53と後端壁54の搬送路位置にガイド部材55,56をそれぞれ取り付けた入口開口部57と出口開口部58を設けると共に、このチャンバー52内をピンチロールによる送りロール59を配設した前室60と、搬送路を挟んで上下2対に洗浄液噴射管61を配設した洗浄室62と、外周にウエス等を備えてブランク材51の表裏面を拭き取るリンガロールによる拭取りロール63を配設した第1後室64と、同様に拭取りロール65を配設した第2後室66とに区画形成し、各隔壁67a,67b,67cに中間ガイド部材68a,68b,68cを取り付けたブランク材51の通過口69a,69b,69cを形設している。
【0003】
そして、搬送路上流側(図示左側)のブランク材搬送コンベア70により太線矢印のように搬送されてきたブランク材51は、前室60に配設され矢印方向に回転する送りロール59により下流側に送り込まれる。送り込まれたブランク材51は洗浄室62において上下2対の洗浄液噴射管61により高圧洗浄液の噴射を受け、付着していたゴミや油脂等付着物が流し落とされる。洗浄後、ブランク材51は、第1後室64と第2後室66において外周にウエス等を巻き付けた拭取りロール63,65の当接により表裏面の付着洗浄液を拭き取られた後、チャンバー52外に導出され、チャンバー52の下流側に配置されたブランク材搬送コンベア71により太線矢印のようにプレス機等加工装置に送られるようにされている。
【0004】
なお、各通過口69a,69b,69cを経由してチャンバー52の各室に充満した洗浄液ミストは前室60の上部と第2後室66の上部に設けたミスト吸引口72からミストコレクタ73に吸引されるようにされ、各室の底部に流下した洗浄液は底部の回収口74から回収タンク装置75に回収され、電気浄油機76による浄化後、洗浄液として循環的に再使用するようにされている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】
しかしながら、上記の従来のブランク材洗浄装置Bにおいては、ブランク材51の洗浄後、第1後室64と第2後室66における拭取りロール63,65による洗浄液の拭取り効果は必ずしも十分ではなく、ブランク材51の表裏面に余分な洗浄液が付着した状態のままブランク材搬送コンベア71により後のプレス加工工程に搬送されることがあり、この状態でブランク材51のプレス加工が行われると、ブランク材と加工金型間に液が介在するいわゆるオイルカミにより、プレス成形の場合、成品に絞りきずを発生するという問題があった。
【0006】
また、例えば、近年防錆の観点から多用されている亜鉛鋼板の場合、ブランク材51表裏面の付着亜鉛粉が洗浄によってもなお取りきれず、この亜鉛粉が拭取りロール63,65に付着し、さらに拭取り性を悪化させると共に、ブランク材51表面の付着亜鉛粉は後のプレス加工工程でブランク材と加工金型間に粉粒体が介在するいわゆるゴミカミにより、プレス成形の場合、成品に絞りきずを発生させるという問題があった。さらにまた、上記の拭取り過程で除去しきれなかった亜鉛粉が、ブランク材51裏面より下流側のブランク材搬送コンベア71のベルト上に付着し、搬送されてくる洗浄済のブランク材51の裏面に再付着し、後の加工工程でのゴミカミの原因となることがあり、プレス成形の場合、成品に絞りきずを発生させるという問題があった。
【0007】
従って、本発明は、搬送路におけるブランク材の搬送途上において、ゴミ等粉粒体や油脂等を洗浄除去すると共に、洗浄後のブランク材の洗浄液や残存粉粒体を確実に除去し、例えば、後のプレス加工工程でプレス成品の絞りキズ等による加工不良をもたらすオイルカミやゴミカミのような現象を確実に低減できる洗浄装置の提供を目的とする。
【0008】
【課題を解決するための手段】
上記の目的を達成するため、本発明は、ブランク材を加工装置に送る搬送路にチャンバーを配設し、該チャンバー内で前記ブランク材に洗浄液を噴射して洗浄するブランク材洗浄装置において、前記チャンバー内の搬送路上流側に前記ブランク材の送りロールを配設した前室を区画形成し、該前室に隣接した搬送路下流側に前記ブランク材表裏面に洗浄液を噴射する洗浄液噴射管を配設した洗浄室を区画形成すると共に、該洗浄室に隣接した搬送路下流側にロール周面の接触で前記ブランク材表裏面の付着物を拭き取る拭取りロールとロール周面を介して前記ブランク材表裏面の付着物をバキューム吸引するバキュームロールとを配設して区画形成した後室を設け、前記チャンバーの搬送路下流側に配設されたブランク材搬送コンベアの下部には該ブランク材搬送コンベアの搬送ベルトのテンションロールを、小ロールを介して下方に突出させて配置し、さらに、前記テンションロールの側方には前記搬送ベルトをエアブローするためのエアブロー手段を配置し、該エアブロー手段は、前記テンションロール側に向けた水平方向で、かつ、前記ブランク材搬送コンベアの横幅に対応させてエアブローノズルを配設してなることを特徴とする。
【0009】
【発明の実施の形態】
図1により、本発明のプレス加工用のブランク材洗浄装置を説明する。
このブランク材洗浄装置Aは、所定寸法に裁断されたブランク材1を1枚づつプレス装置に向けて搬送する搬送路の途中にチャンバー2を設け、このチャンバー2内を通過中にブランク材1の表裏面に付着する粉粒体、油液等付着物を除去し、また、ブランク材1上の洗浄液や残存粉粒体を除去するようにし、さらに、チャンバー2外において、ブランク材搬送コンベア25によるブランク材搬送段階においてコンベアの清浄化処理を行うようにした装置である。
【0010】
前記チャンバー2は、内部を搬送路の上流側(図1において左側)の前室3と、搬送路中間域の洗浄室4と、搬送路の下流側(右側)の第1後室5aと第2後室5bとに、隔壁6a,6b,6cによりそれぞれ区画形成してある。
【0011】
チャンバー2の前端壁(図1において左端壁)にはブランク材1の搬送路に対応して入口開口部7を設け、この入口開口部7にはブランク材1の通過をガイドする入口ガイド部材8を設けている。また、後端壁(右端壁)には出口開口部9を設け、ブランク材1の通過をガイドする出口ガイド部材10を設けてある。そして、洗浄室4を区画する前後の隔壁6a,6bにはブランク材1の通過口11,12を設け、それぞれにブランク材1をガイドする中間ガイド部材13,14を設けると共に、第1後室5aと第2後室5bとを区画する隔壁6cにはブランク材1の通過口15を設け、ブランク材1の通過をガイドする中間ガイド部材16を配設してある。なお、前記の各ガイド部材8,10,13,14,16は、ブランク材1の断面に近似した開口即ち通過口7,9,11,12,15を有し、ブランク材1の幅方向の位置決めを行うと共にブランク材1を搬送路上に保持できるようにしてある。
【0012】
前記前室3には一側にモータを備えて回転するピンチロールによる上下一対の送りロール17を配設してあり、この送りロール17は図示矢印のように回転し、チャンバー2の入口開口部7から1枚づつ供給されるブランク材1を受けて挟み込み、下流側の洗浄室4に向けて搬送する。
【0013】
洗浄室4には、その上流側域と下流側域に、長い洗浄液噴射管18をそれぞれ搬送路を挟んで上下一対に、且つ、搬送路方向にそれぞれ直交する状態(図1において紙面に垂直状態)に配設してある。また、前記各洗浄液噴射管18にはそれぞれ所定のピッチで複数の高圧噴射ノズル19を取り付けてあり、高圧噴射ノズル19は搬送路を搬送されるブランク材1に向けて例えばアルカリ性洗浄液または温水等の洗浄液を高圧で吹付けできるように構成してある。さらに、この高圧噴射ノズル19はその向きが搬送路の上流側域を指向するように斜めに取り付けられ、搬送されるブランク材1の付着物を上流側に向けて押し流してブランク材1の上流側端縁から流し落とせるようにしてある。
【0014】
この洗浄室4の下流側に位置する前記第1後室5aには一側にモータを備えて回転するリンガーロールによる拭取りロール20を搬送路を挟んで上下一対に配設してある。この拭取りロール20はブランク材1より広い横幅を有し、周面にウエス等の布を巻いてブランク材1の表裏面の拭取りができるように構成されている。
【0015】
そして、前記第2後室5bには一側にモータを備えて回転する搬送路を挟んで上下一対のバキュームロール21を配設してある。このバキュームロール21は、ブランク材1より広い横幅を有し、周面21aをスポンジ状部材で形成し、また、中心内部を空洞部21cに形成し、この空洞部21cから周面21aに向けて吸引部21bを放射状に配してある。
そして、前記の空洞部21cにバキューム吸引管22を取り付け、このバキューム吸引管22をバキュームポンプ23を介して廃液タンク24まで延設させてある。
即ち、バキュームロール21の回転時、選択的に搬送路上のブランク材1に周面21aが当接した側の吸引部21bから付着洗浄液及び付着粉粒体をバキューム吸引し、吸引された洗浄液と粉粒体を、空洞部21cを介し、バキューム吸引管22を経由して廃液タンク24に回収できるようにしてある。なお、前記送りロール17、拭取りロール20、バキュームロール21は同一周速で回転し、協働でブランク材1を移送できるように制御してある。
【0016】
また、チャンバー2外の搬送路下流側に配設されたブランク材搬送コンベア25の下部には、搬送ベルト26のテンションロール27を小ロール27a,27aを介して下方に突出状に配置するようにし、このテンションロール27の側方に搬送ベルト26の横幅に対応する長さのエアー配管28をテンションロール27と平行に配置し、エアー源29に接続させてある。そして、このエアー配管28には複数のエアブローノズル30を等ピッチで、且つ、その向きがテンションロール27側に向けて水平方向になるように取り付けてあり、テンションロール27部分において、エアブローノズル30により搬送ベルト26を水平方向にエアブローできるようにしてある。
【0017】
さらに、チャンバー2の前室3と第2後室5bの上部にミスト吸引口31を設け、洗浄室4に充満する洗浄液ミストを吸引導管32を経由してミストコレクタ33に吸引できるようにしてあり、洗浄室4で高圧噴射ノズル19からブランク材1に向けて高圧で吹きつけられ、周囲に飛散してミスト化した洗浄液が、各隔壁6a,6b,6cの通過口11,12,15を介して前室3と第1後室5aと第2後室5bに入り込み、入口開口部7及び出口開口部9からチャンバー2の外部に漏出するのを防止するようにしてある。
【0018】
また、前室3と洗浄室4と第1後室5aと第2後室5bの各室の下部に回収口34を設け、各室毎に落下した洗浄液を回収する回収タンク装置35をチャンバー2の下方に配設してある。回収タンク装置35は、回収槽36と、この回収槽36の回収洗浄液をオーバーフローで受けるオーバーフロー槽37と、このオーバーフロー槽37からポンプ38によって吸引された回収洗浄液を浄化する電気浄油機39と、この電気浄油機39により浄化された再生洗浄液を受け入れる再生槽40とからなる。
【0019】
再生槽40の再生洗浄液は、圧送ポンプ41によりフィルタ42を介して圧送され、再び洗浄液として洗浄液噴射管18に供給されるようにしてある。なお、所定量を越える再生槽40の再生洗浄液はオーバーフロー槽37にオーバーフローさせるようにしている。
【0020】
本発明のブランク材洗浄装置Aはこのように構成してあり、所定寸法に裁断されたブランク材1は、図示細線矢印のように回転駆動する搬送路上流側のブランク材搬送コンベア43によって、図示太線矢印のように搬送され、入口開口部7からチャンバー2の前室3に供給され、次いで、図示細線矢印のように回転駆動する送りロール17により取り込まれ、通過口11から洗浄室4に入る。洗浄室4において、上下2対の洗浄液噴射管18の各高圧噴射ノズル19により搬送路のブランク材1に洗浄液が高圧噴射され、ブランク材1に付着しているゴミ等粉粒体や油脂等付着物を洗い流す。
【0021】
洗浄室4において洗浄され、通過口12を経由して第1後室5aに入ったブランク材1は、拭取りロール20により挟持的に当接され、その表面の洗浄液と残存粉粒体を拭き取られる。次いで、ブランク材1は、通過口15から第2後室5bに入り、バキュームロール21により挟持的に当接される。そしてバキュームロール21に当接する箇所及びその近傍においてブランク材1の残存洗浄液は、バキュームポンプ23により、周面21aのスポンジ層を介してバキューム吸引され、残存粉粒体もまた吸引されあるいは周面21aに吸着される。吸引された洗浄液と粉粒体は、吸引部21bと空洞部21cを経由してバキューム吸引管22により廃液タンク24に回収されることになる。
【0022】
さらに、洗浄液と粉粒体を除去されたブランク材1は、出口開口部9からチャンバー2外に導出され、チャンバー2の下流側のブランク材搬送コンベア25に載置され、太線矢印のように、清浄化状態でプレス機等加工装置に供給されることになる。
【0023】
この搬送路下流側のブランク材搬送コンベア25では、ブランク材1を加工装置側に搬送すると共に、搬送ベルト26はその反転移動(下向き移動)過程でテンションロール27に掛架した箇所で側方からエアー配管28のエアブローノズル30からのエアブローを受けて払拭される。従って、前記のチャンバー2内での洗浄工程において取りきれず、ブランク材1の裏面になお亜鉛粉等粉粒体が残存付着し、このブランク材1から搬送ベルト26に残存付着粉粒体が転移することがあっても、上記のエアブローにより払拭されるので、搬送される上方のブランク材1の裏面に前記の付着物が再付着することが防止される。また、エアブローノズル30は水平方向に搬送コンベア25をエアブローするので、単純に下方から上方に向けてエアブローする場合と異なり、付着物が上方に飛散して搬送中の清浄ブランク材1上に再付着することもない。従って、後工程のプレス加工における残存洗浄液や残存粉粒体に起因するオイルカミ及びゴミカミによる不具合は解消されることになる。
【0024】
なお、上記の実施形態では、洗浄室の下流側の後室を、拭取りロールを配設した第1の後室と、バキュームロールを配設した第2の後室とに区画したが、バキュームロールを第1の後室に、且つ、拭取りロールを第2の後室に配設してもよいし、また、チャンバー内にそれぞれバキュームロールを配設した複数の後室を付加的に設けて残存付着物の確実な除去を図ることもできる。
【0025】
【発明の効果】
ブランク材の洗浄及び拭取り後、ブランク材に付着している残存洗浄液や残存粉粒体をバキュームロールのバキューム吸引により吸引除去することが可能になり、且つ、チャンバー外の搬送路下流側に配設されたブランク材搬送コンベアの搬送ベルトのテンションロールにより下方に突出状に掛架された搬送ベルトの箇所ではエアブローノズルからのエアブローを受けて払拭される。
即ち、チャンバー内での洗浄工程において取りきれずに、ブランク材の裏面になお残存付着している残存粉粒体が、ブランク材からブランク材搬送コンベアの搬送ベルトに転移して付着することがあっても、側方からテンションロールに向けたエアブローノズルからのエアブローにより搬送ベルトから払拭される。これにより、後工程でのプレス加工における残存洗浄液や残存粉粒体に起因するオイルカミ及びゴミカミによる不具合などを確実に解消することができる
また、エアブローノズルは、ブランク材搬送コンベアの下部に小ロールを介して下方に突出状に配置した搬送ベルトのテンションロール側に向けた水平方向から搬送ベルトにエアブローするように配設されているので、単純に下方から上方に向けてエアブローする場合と異なり、搬送ベルトから払拭された付着物が上方に飛散して搬送中の清浄ブランク材上に再付着することも確実に防ぐことができる。
従って、本発明によれば、後工程のプレス加工における残存洗浄液や残存粉粒体に起因するオイルカミ及びゴミカミによる不具合を確実に解消することができる。例えば、亜鉛鋼板ブランク材の場合にみられるような、洗浄済のブランク材の裏面に亜鉛粉が再付着し、後工程でのゴミカミの原因になる不具合などを確実に解消することができるという効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明のブランク材洗浄装置を示す概略正面断面図である。
【図2】従来のブランク材洗浄装置の図1相当概略正面断面図である。
【符号の説明】
A ブランク材洗浄装置
1 ブランク材
2 チャンバー
3 前室
4 洗浄室
5a 第1後室
5b 第2後室
6a,6b,6c 隔壁
7 入口開口部
8 入口ガイド部材
9 出口開口部
10 出口ガイド部材
11,12,15 通過口
13,14,16 中間ガイド部材
17 送りロール
18 洗浄液噴射管
19 高圧噴射ノズル
20 拭取りロール
21 バキュームロール
21a 周面
21b 吸引部
21c 空洞部
22 バキューム吸引管
23 バキュームポンプ
24 廃液タンク
25 ブランク材搬送コンベア
26 搬送ベルト
27 テンションロール
27a,27a 小ロール
28 エアー配管(エアブロー手段)
29 エアー源(エアブロー手段)
30 エアブローノズル(エアブロー手段)
31 ミスト吸引口
32 吸引導管
33 ミストコレクタ
34 回収口
35 回収タンク装置
36 回収槽
37 オーバーフロー槽
38 ポンプ
39 電浄油機
40 再生槽
41 圧送ポンプ
42 フィルタ
43 ブランク材搬送コンベア

Claims (1)

  1. ブランク材を加工装置に送る搬送路にチャンバーを配設し、該チャンバー内で前記ブランク材に洗浄液を噴射して洗浄するブランク材洗浄装置において、
    前記チャンバー内の搬送路上流側に前記ブランク材の送りロールを配設した前室を区画形成し、該前室に隣接した搬送路下流側に前記ブランク材表裏面に洗浄液を噴射する洗浄液噴射管を配設した洗浄室を区画形成すると共に、該洗浄室に隣接した搬送路下流側にロール周面の接触で前記ブランク材表裏面の付着物を拭き取る拭取りロールとロール周面を介して前記ブランク材表裏面の付着物をバキューム吸引するバキュームロールとを配設して区画形成した後室を設け
    前記チャンバー外の搬送路下流側に配設されたブランク材搬送コンベアの下部には該ブランク材搬送コンベアの搬送ベルトのテンションロールを、小ロールを介して下方に突出させて配置し、
    さらに、前記テンションロールの側方には前記搬送ベルトをエアブローするためのエアブロー手段を配置し、該エアブロー手段は、前記テンションロール側に向けた水平方向で、かつ、前記ブランク材搬送コンベアの横幅に対応させてエアブローノズルを配設してなることを特徴とするブランク材洗浄装置。
JP06588697A 1997-03-19 1997-03-19 ブランク材洗浄装置 Expired - Fee Related JP3778464B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP06588697A JP3778464B2 (ja) 1997-03-19 1997-03-19 ブランク材洗浄装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP06588697A JP3778464B2 (ja) 1997-03-19 1997-03-19 ブランク材洗浄装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH10263727A JPH10263727A (ja) 1998-10-06
JP3778464B2 true JP3778464B2 (ja) 2006-05-24

Family

ID=13299916

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP06588697A Expired - Fee Related JP3778464B2 (ja) 1997-03-19 1997-03-19 ブランク材洗浄装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3778464B2 (ja)

Families Citing this family (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
AT408453B (de) * 1999-09-03 2001-12-27 Andritz Ag Maschf Verfahren zur nachbehandlung, insbesondere spülung, eines metallbandes
JP3964886B2 (ja) 2004-05-24 2007-08-22 日本ミクロコーティング株式会社 パネルクリーニング装置及び方法
JP2009185347A (ja) * 2008-02-07 2009-08-20 Kanto Auto Works Ltd 鋼板洗浄装置
CN102284452A (zh) * 2011-07-21 2011-12-21 重庆科本科技有限公司 工件清洗机及其使用方法
KR101213084B1 (ko) * 2012-09-20 2012-12-18 (주) 디엠에스티에스 압연을 이용한 이중관 제조장치
CN102974718B (zh) * 2012-12-06 2014-12-17 江苏永鼎股份有限公司 一种金属加强件表面高效处理装置
JP5884198B2 (ja) * 2013-04-10 2016-03-15 Jfeスチール株式会社 鋼板の連続洗浄装置および連続洗浄方法
JP6340603B1 (ja) * 2017-06-12 2018-06-13 相源株式会社 ブランク材の油膜層の膜厚制御装置
CN110026388B (zh) * 2019-03-06 2021-09-03 中义(杭州)医药科技有限公司 一种柔性电路板表面清洁的黏尘机构

Also Published As

Publication number Publication date
JPH10263727A (ja) 1998-10-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4796889B2 (ja) パネル洗浄機及び洗浄方法
US3868960A (en) Machines for washing bottles and like containers and removing labels therefrom
JP3778464B2 (ja) ブランク材洗浄装置
EP1826157A1 (en) Method and device for washing conveyor belts
CN111528499A (zh) 红枣清洗烘干系统
CN109078927A (zh) 一种木板表面的灰尘清理结构
EP0125054B1 (en) Improved method and apparatus for cleaning reusable containers
US5569382A (en) Belt filter device having a cleaning spray head
KR20020089130A (ko) 용기 세척장치
CN212418801U (zh) 一种纸板除尘装置
JP2977117B2 (ja) ブランク材洗浄装置
CN112756425A (zh) 一种清洁环保的焊料带材清洗设备
JP2006130484A (ja) 基板処理装置
JP3880803B2 (ja) 鋼板用クリーナ装置及び異物除去方法
JP5415981B2 (ja) フィルタ洗浄装置及びフィルタ洗浄方法
JP4229220B2 (ja) 濾過装置
KR100913157B1 (ko) 탈지설비의 탈지용액 내 이물질 제거장치
CN216104475U (zh) 玻璃板的制造装置
JP2000024564A (ja) 塗装ラインのスカム処理装置
CN214637752U (zh) 一种啤酒瓶盖的表面涂料装置
CN210591020U (zh) 一种上油机
CN216271666U (zh) 一种传送带自动清洁机构
KR200276284Y1 (ko) 용기 세척장치
JPH10295973A (ja) マット洗浄装置
KR101741016B1 (ko) 자동차용 강판 가공 습식 및 건식 진공롤러 시스템

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20051118

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20051124

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060117

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20060222

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20060224

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100310

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100310

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110310

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110310

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120310

Year of fee payment: 6

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees