JP3432495B2 - 建物外壁の煉瓦工法 - Google Patents

建物外壁の煉瓦工法

Info

Publication number
JP3432495B2
JP3432495B2 JP2000380183A JP2000380183A JP3432495B2 JP 3432495 B2 JP3432495 B2 JP 3432495B2 JP 2000380183 A JP2000380183 A JP 2000380183A JP 2000380183 A JP2000380183 A JP 2000380183A JP 3432495 B2 JP3432495 B2 JP 3432495B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
brick
bricks
building
building frame
vertical
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2000380183A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2002180570A (ja
Inventor
隆雄 松井
Original Assignee
株式会社アールエムマツイ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社アールエムマツイ filed Critical 株式会社アールエムマツイ
Priority to JP2000380183A priority Critical patent/JP3432495B2/ja
Publication of JP2002180570A publication Critical patent/JP2002180570A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3432495B2 publication Critical patent/JP3432495B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術分野】この発明は、建物外壁の煉瓦
工法、更に詳しくは、建物躯体の外側に空間層を設けて
煉瓦壁を構築することにより、建物の外装仕上げと同時
に断熱性及び耐久性の向上を図ることができるようにし
た煉瓦工法に関する。 【0002】 【従来の技術】従来、建物外壁の外装仕上げには、タイ
ルや煉瓦、石材等の外装材の貼付け、モルタルやペイン
トの吹き付け等が採用されている。 【0003】 【発明が解決しようとする課題】ところで、上記従来の
ような、外装材の貼付けや吹き付けによる仕上げは、建
物外壁の外装仕上げと保護の観点から有効ではあるが、
外装材が直接外壁に貼付けや吹き付けられているため、
外壁の断熱性を向上させることができないという問題が
ある。 【0004】そこで、この発明の課題は、建物外壁の外
側に空間層を設けて煉瓦壁を構築することにより、外壁
の外装仕上げと保護だけでなく、断熱性の向上を図るこ
とができる建物外壁の煉瓦工法を提供することにある。 【0005】 【課題を解決するための手段】上記のような課題を解決
するため、この発明は、建物躯体の外側下部に、外壁か
ら所定の距離を離れた位置に水平面と、外壁と水平面の
間に防水処理した外側下がりの傾斜面とを形成し、上記
水平面上に、上下方向の貫通孔を有する煉瓦を並べると
共に順次積み重ね、上下に位置する煉瓦は貫通孔に縦筋
を通して充填材で埋め、煉瓦を所定高さの積み上げごと
縦筋と結合した引き金物で建物躯体の外壁に固定し、
上部に積み重ねる煉瓦には貫通孔に達する切り欠きを設
けた煉瓦を用い、この切り欠きを縦筋に外側から差し込
んで積み上げることにより、建物躯体の外側に空気層を
設けて煉瓦壁を構築する構成を採用したものである。 【0006】ここで、煉瓦はALC等を用い、三つの貫
通孔が並ぶ横長に形成され、上下の煉瓦に通す縦筋は、
通し筋でも部分筋でもよく、引き金物はその先端が上下
の煉瓦間に位置して縦筋と結合されている。 【0007】また、建物躯体の外壁とその外側に間隔を
置いて構築した煉瓦壁の間に空間層を設けることによ
り、この空間層が断熱効果を発揮することになると共
に、上記空間層内に断熱材や吸湿材を充填することがで
きる。 【0008】 【発明の実施の形態】以下、この発明の実施の形態を図
示例と共に説明する。 【0009】図5(A)は、この発明に使用する煉瓦1
の例を示し、ALC等を用いて三つの上下貫通孔2が並
ぶ横長に形成され、例えば、横長さ220mm、高さ6
5mm、奥行き幅110mmの大きさに形成されてい
る。 【0010】煉瓦壁の構築に際し、図1と図2のよう
に、建物躯体3の外壁4の外面に断熱材5を貼設してお
くと共に、外壁4の外側下部で軒下部分6を外側下がり
の傾斜面とし、その上面に塗膜防水7を施しておき、外
壁4から所定距離を離れた位置に水平面8を形成してお
く。 【0011】先ず、図3(A)のように、上記水平面8
上に煉瓦1を並べ、目地モルタル9を用いて破れ目地を
形成するように三段に積み重ね、この最上部の煉瓦1の
上に先端を載せた引き金物10を建物躯体3の外壁4に
断熱材5の上からアンカー11を用いて固定する。この
とき、引き金物10の先端に設けた孔を煉瓦1の貫通孔
2に一致させておく。 【0012】次に、図3(B)のように、最上部の煉瓦
1の上に目地モルタル9を用いて煉瓦1を並べながら三
段に積み重ね、最上部の煉瓦1の上に先端を載せた引き
金物12を建物躯体3の外壁4にアンカー13を用いて
固定する。この引き金物13は、図示の場合、先端金物
14とベース金物15をボルトとナット16で締結し、
一方の金物に設けた長孔の範囲で長さの調整が可能な構
造となっている。 【0013】上記状態で、図3(C)のように、上下に
重なる煉瓦1の貫通孔2に縦筋17を挿入し、縦筋17
を通した貫通孔2に充填材となるモルタル18を充填す
るようにする。縦筋17は、引き金物10、12の孔を
貫通させることにより、積み上げた煉瓦1は、縦筋17
と引き金物10、12を介して建物躯体3の外壁4に固
定化されると共に、この縦筋17は、建物躯体3のアル
ミ笠木で上面が覆われた屋上部19に達する一本物を用
いる他、六段に積み上げた煉瓦1の高さに見合うものを
用いた場合は、図2(B)のように、その上端にスリー
ブ20等を用いて新たな縦筋17を継ぎ足すようにすれ
ばよい。 【0014】この後、縦筋17に貫通孔2を通しなが
ら、上記と同様の順序で煉瓦1の積み重ねと、所定積み
重ね毎に引き金物10の外壁4のへの固定を、建物躯体
3の高さに応じて繰り返し行い、煉瓦1を垂直に積み上
げていくことにより、煉瓦壁Aを構築する。煉瓦壁Aの
構築時において、縦筋17を引き金物10、12で建物
躯体3の外壁4に固定することにより、縦筋17の垂直
の配置が正確になり、煉瓦壁Aを精度よく構築すること
ができる。 【0015】図5(B)は、煉瓦壁Aの上部に用いる煉
瓦1を示し、縦筋17が屋上部19に達する場合、縦筋
17への煉瓦1の挿入が行えないため、煉瓦1に所定位
置の貫通孔2に達する切り欠き21を設け、縦筋17に
外側から煉瓦1を差し込むことで、上部における煉瓦1
の積み上げ処理を可能にしている。 【0016】図4は、煉瓦1の積み重ねと縦筋17の配
置の例を示し、縦筋17は一本ものや継ぎ足しによって
上下に長い通し筋を使用するほか、短い部分筋を使用す
ることもでき、短い部分筋を使用した場合、積み上げた
煉瓦1の横方向において、隣接する部分筋はその一部が
ラップするような配置とし、煉瓦壁Aの強度を維持する
ことができるようにしておく。 【0017】上記のように、煉瓦壁Aを水平面8から屋
上部19の下面の間に積み上げることにより、建物躯体
3の外壁4が煉瓦壁Aによって仕上がり、この煉瓦壁A
と建物躯体3の外壁4の間に十分な間隔の空間層22が
形成されることになる。この空間層22は、建物躯体3
に対して断熱効果を発揮することになり、快適な室内空
間を確保し、冷暖房経費の削減を可能にすることができ
る。 【0018】また、上記空間層22は、空気層の存在に
よる断熱効果を得る以外に、この空間層22内に、発泡
スチロール等の発泡体や天然繊維、合成繊維、木粉やチ
ップ、セメント、モルタル等の断熱材や吸湿材、補強材
等を充填することができ、これによって、建物躯体3に
対する断熱効果や吸湿効果及び建物強度を一段と向上さ
せるようにすることもできる。 【0019】 【発明の効果】以上のように、この発明によると、建物
躯体の外側に空間層を設けて煉瓦壁を構築するようにし
たので、煉瓦による外装仕上げと同時に、空間層が建物
躯体に対して断熱効果を発揮することになり、冷暖房効
率の優れた建物にすることができる。 【0020】また、煉瓦の貫通孔に縦筋を通して充填材
で埋め、煉瓦を所定高さの積み上げごとに引き金物で建
物躯体の外壁に固定するようにしたので、縦筋と引き金
物を介して煉瓦壁を建物躯体に対して固定することで、
強度的に優れた煉瓦壁を構築することができ、引き金物
で縦筋を建物躯体の外壁に固定することにより、外壁に
対する一定の距離と垂直を出すことができ精度の高い
煉瓦壁を構築することができ、しかも、上部に積み重ね
る煉瓦には貫通孔に達する切り欠きを設けた煉瓦を用
い、この切り欠きを縦筋に外側から差し込んで積み上げ
ることにより、軒下いっぱいまでの高さの縦筋入りの煉
瓦壁を簡単に構築できる
【図面の簡単な説明】 【図1】建物躯体の外側に煉瓦壁を構築した状態を示す
縦断面図 【図2】(A)は建物躯体の外側に煉瓦壁を構築した状
態の下部を示す拡大縦断面図、(B)は縦筋の接続構造
を示す拡大縦断面図 【図3】(A)乃至(C)は煉瓦の積み重ね工程を順番
に示す縦断面図 【図4】煉瓦の積み重ねと縦筋の配置の例を示す正面図 【図5】(A)は煉瓦の斜視図、(B)は上部用煉瓦の
斜視図 【符号の説明】 1 煉瓦 2 貫通孔 3 建物躯体 4 外壁 5 断熱材 6 軒下部分 7 塗膜防水 8 水平面 9 目地モルタル 10 引き金物 11 アンカー 12 引き金物 13 アンカー 17 縦筋 18 モルタル 19 屋上部 20 スリーブ 21 切り欠き 22 空間層
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 特開2000−45401(JP,A) 特開 平2−204552(JP,A) 実開 昭55−168606(JP,U) 実開 昭57−17315(JP,U) 実開 昭56−34909(JP,U) 実開 平6−54826(JP,U) 実開 昭53−159622(JP,U) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) E04B 2/02 E04B 1/76

Claims (1)

  1. (57)【特許請求の範囲】 【請求項1】 建物躯体の外側下部に、外壁から所定の
    距離を離れた位置に水平面と、外壁と水平面の間に防水
    処理した外側下がりの傾斜面とを形成し、上記水平面上
    に、上下方向の貫通孔を有する煉瓦を並べると共に順次
    積み重ね、上下に位置する煉瓦は貫通孔に縦筋を通して
    充填材で埋め、煉瓦を所定高さの積み上げごとに縦筋と
    結合した引き金物で建物躯体の外壁に固定し、上部に積
    み重ねる煉瓦には貫通孔に達する切り欠きを設けた煉瓦
    を用い、この切り欠きを縦筋に外側から差し込んで積み
    上げることにより、建物躯体の外側に空気層を設けて煉
    瓦壁を構築することを特徴とする建物外壁の煉瓦工法。
JP2000380183A 2000-12-14 2000-12-14 建物外壁の煉瓦工法 Expired - Fee Related JP3432495B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000380183A JP3432495B2 (ja) 2000-12-14 2000-12-14 建物外壁の煉瓦工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000380183A JP3432495B2 (ja) 2000-12-14 2000-12-14 建物外壁の煉瓦工法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002180570A JP2002180570A (ja) 2002-06-26
JP3432495B2 true JP3432495B2 (ja) 2003-08-04

Family

ID=18848416

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000380183A Expired - Fee Related JP3432495B2 (ja) 2000-12-14 2000-12-14 建物外壁の煉瓦工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3432495B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104264811A (zh) * 2014-09-02 2015-01-07 绿建科技集团新型建材高技术有限公司 半外包砌型墙体自保温体系

Families Citing this family (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
NZ542580A (en) * 2003-03-06 2007-03-30 Japan Science & Tech Agency Wall construction of architectural structure
CN101963002B (zh) * 2010-09-17 2011-11-30 浙江大学 强震下增强抗倒塌能力和整体性的砌体结构及方法
JP5850525B2 (ja) * 2011-09-30 2016-02-03 株式会社竹中工務店 組積材壁
JP6220581B2 (ja) * 2012-10-30 2017-10-25 株式会社竹中工務店 壁体、壁体の施工方法
CN104234236A (zh) * 2014-09-02 2014-12-24 绿建科技集团新型建材高技术有限公司 保温隔热涂料与复合保温砌块双排组合墙体自保温体系
CN104264829A (zh) * 2014-09-02 2015-01-07 绿建科技集团新型建材高技术有限公司 新型半内包夹芯双排组砌型墙体自保温体系
CN104251026A (zh) * 2014-09-02 2014-12-31 绿建科技集团新型建材高技术有限公司 全外包砌型现浇墙体无机防火自保温体系
CN104251025A (zh) * 2014-09-02 2014-12-31 绿建科技集团新型建材高技术有限公司 用保温砌块砌筑的半外包砌现浇组合型墙体自保温体系
CN104264804A (zh) * 2014-09-02 2015-01-07 绿建科技集团新型建材高技术有限公司 现浇双排组合型墙体自保温体系
CN104264813A (zh) * 2014-09-02 2015-01-07 绿建科技集团新型建材高技术有限公司 用保温砌块砌筑的新型半外包砌型组合墙体自保温体系
CN104264802A (zh) * 2014-09-02 2015-01-07 绿建科技集团新型建材高技术有限公司 用保温砌块砌筑的半内包砌型组合墙体自保温体系
CN104264836A (zh) * 2014-09-02 2015-01-07 绿建科技集团新型建材高技术有限公司 半外包砌型组合墙体无机防火自保温体系
CN104234260A (zh) * 2014-09-02 2014-12-24 绿建科技集团新型建材高技术有限公司 半内包夹芯双排组砌型墙体自保温体系
CN104264803A (zh) * 2014-09-02 2015-01-07 绿建科技集团新型建材高技术有限公司 用保温砌块砌筑的新型半内包砌型组合墙体自保温体系
CN104264822A (zh) * 2014-09-02 2015-01-07 绿建科技集团新型建材高技术有限公司 半外包砌型现浇墙体自保温体系
CN104234264A (zh) * 2014-09-02 2014-12-24 绿建科技集团新型建材高技术有限公司 半外包砌型全夹芯组合墙体自保温体系
CN104264834A (zh) * 2014-09-02 2015-01-07 绿建科技集团新型建材高技术有限公司 半外包砌型全夹芯现浇组合墙体自保温体系
CN104264825A (zh) * 2014-09-02 2015-01-07 绿建科技集团新型建材高技术有限公司 新型半外包砌型组合墙体自保温体系
CN104234259A (zh) * 2014-09-02 2014-12-24 绿建科技集团新型建材高技术有限公司 新型半外包砌型夹芯组合墙体自保温体系
DK3221525T3 (en) 2014-11-17 2019-01-28 Ceram Malpesa S A Construction device for building walls
CN110439311A (zh) * 2019-07-24 2019-11-12 上海市建筑装饰工程集团有限公司 一种仿历史建筑艺术装饰墙体镂空红砖修补替换方法

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104264811A (zh) * 2014-09-02 2015-01-07 绿建科技集团新型建材高技术有限公司 半外包砌型墙体自保温体系

Also Published As

Publication number Publication date
JP2002180570A (ja) 2002-06-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3432495B2 (ja) 建物外壁の煉瓦工法
US7007436B1 (en) Snap-in-place building block
US3318056A (en) Ventilating wall construction with stud location indicators
US4942707A (en) Load-bearing roof or ceiling assembly made up of insulated concrete panels
US4570398A (en) Sprayed concrete basement structure
CN103711236A (zh) 拼装式墙板及其安装方法
CN101460686A (zh) 支撑件部分伸入的建筑板及其方法
US6321496B1 (en) Insulated form assembly for a poured concrete wall
JPH07207811A (ja) ブロック壁
US2250319A (en) Building wall
KR101209183B1 (ko) 왕겨단열패널 및 이를 이용한 황토주택 건축공법
US9309664B2 (en) Masonry unit systems and methods
JP3696126B2 (ja) プレキャストコンクリート板およびその製造方法ならびに外断熱構造物
KR20090130711A (ko) 건축용 단열패널과 그 제조방법 및 이를 이용한 벽체시공방법
US1896325A (en) Building construction
US4227357A (en) Construction blocks
US8590242B1 (en) Insulated concrete wall
US4136499A (en) Method for making a reinforced wall or foundation
US20050034406A1 (en) Dry set block wall building system
US5894704A (en) Wall construction process
JP3686346B2 (ja) 外張り断熱構造及びその施工方法
US1390951A (en) Building construction
KR102214758B1 (ko) 건축물의 외단열에 사용되는 pf석재패널 등을 이용한 건축물의 외단열 패널 시공법
CN106760046B (zh) 节能环保墙体砖及其砌墙的方法
WO1991009180A1 (en) Edge element

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080523

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090523

Year of fee payment: 6

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees