JP3293337B2 - プリンタ装置 - Google Patents

プリンタ装置

Info

Publication number
JP3293337B2
JP3293337B2 JP17014494A JP17014494A JP3293337B2 JP 3293337 B2 JP3293337 B2 JP 3293337B2 JP 17014494 A JP17014494 A JP 17014494A JP 17014494 A JP17014494 A JP 17014494A JP 3293337 B2 JP3293337 B2 JP 3293337B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
print data
interface
print
key
switch
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP17014494A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0811397A (ja
Inventor
弘治 斉藤
正實 倉田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Fujifilm Business Innovation Corp
Original Assignee
Fuji Xerox Co Ltd
Fujifilm Business Innovation Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fuji Xerox Co Ltd, Fujifilm Business Innovation Corp filed Critical Fuji Xerox Co Ltd
Priority to JP17014494A priority Critical patent/JP3293337B2/ja
Publication of JPH0811397A publication Critical patent/JPH0811397A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3293337B2 publication Critical patent/JP3293337B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Accessory Devices And Overall Control Thereof (AREA)

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、2つ以上のインター
フェイスを有するプリンタ装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来より、プリンタ装置においてはその
フロントパネルに、印刷出力動作の可否を指定するスイ
ッチ(以下、単に「オフラインキー」という)や、印刷
出力動作停止状態の際に紙送り動作の開始を指示するス
イッチ(以下、単に「排紙キー」という)等のオペレー
ションスイッチを備えるものが知られている。これらス
イッチを操作者が操作することによってプリンタ装置の
動作や設定を任意・随時に指定することが可能となって
いる。
【0003】ところで、オフラインキーや排紙キーは、
プリンタ装置近傍の者であるならば、誰でも操作するこ
とが可能であるため、ホストコンピュータから出力処理
を行なっている当事者以外の者に、オフラインキーや排
紙キーを操作されると困る場合があった。例えば、操作
者がホストコンピュータからプリントデータ送出中に第
三者によりオフラインキーが操作されると、操作者がこ
れに気づかない限り、いつまでたっても印刷が開始され
ない、という問題があった。
【0004】このような不具合を解消しようとする技術
には、例えば、特開平4−347679号公報に記載の
ものがある。この技術は、ホストコンピュータからの制
御命令によって、オペレーションスイッチの操作を有効
/無効となるように制御するものであり、これによっ
て、当事者以外の者に、オフラインキーや排紙キーが操
作されても、これを無効にしようとうするものであっ
た。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、この技
術では、ホストコンピュータに対して1対1に接続され
るインターフェイスを1つしか有しないプリンタ装置で
は、有効な手段となり得るが、かかるインターフェイス
を2つ以上有するプリンタ装置や、複数のホストコンピ
ュータとネットワークを介して接続されるプリンタ装置
では、同時に複数のホストコンピュータから、オペレー
ションスイッチの操作を有効/無効とする制御命令を受
けることがあり得るため、有効な方法にはならない。こ
のため、従来と同様に、ホストコンピュータから出力処
理を行なっている当事者以外の者に、オフラインキーや
排紙キーを操作される、という問題があった。
【0006】さらに、RS−232Cやセントロニクス
のように、ホストコンピュータと1対1で接続されるイ
ンターフェイスと、複数のホストコンピュータと接続さ
れるネットワーク・インターフェイスとの双方を兼ね備
えるプリンタ装置では、次のような問題も発生し得る。
すなわち、かかるプリンタ装置では、RS−232Cや
セントロニクスの等のインターフェイスを利用する操作
者によって、ネットワーク・インターフェイスを介して
接続されるホストコンピュータからの印刷出力動作が中
断され、プリント処理のパーフォーマンスを低下させ
る、という問題も発生する。RS−232Cやセントロ
ニクスの等のインターフェイスを介して接続されるホス
トコンピュータでは、オペレーションスイッチの操作を
必要とするような、アプリーケーションプログラムが実
行される場合があるからである。
【0007】この発明は、上述した問題に鑑みてなされ
たもので、その目的とするところは、複数のホストコン
ピュータに接続されている場合であっても、ホストコン
ピュータから出力処理を行なっている当事者以外の者に
よる誤操作を防ぐとともに、プリント処理のパーフォー
マンスが低下するのを防止することが可能なプリント装
置を提供することにある。
【0008】
【課題を解決するための手段】上述した課題を解決する
ために、この発明は、外部装置から送信されるプリント
データを受信するためのインターフェイスを少なくとも
2つ以上有する入力部と、プリント出力動作の制御を指
示するスイッチと、データを受信したインターフェイス
を示すインターフェイス情報を、プリントデータの属性
情報として記憶するプリントデータ属性情報記憶手段
と、前記プリントデータの処理の際に、前記スイッチに
より指示されたプリント出力動作の可否を、前記プリン
トデータの属性情報に含まれるインターフェイス情報か
ら決定し、否と決定したときにはプリント出力動作を停
止させるプリント出力制御手段とを具備することを特徴
としている。
【0009】
【作用】この発明によれば、プリントデータが処理され
ている際に、プリント出力動作の制御を指示するスイッ
チが操作されると、当該プリントデータが受信されたイ
ンタフェースが、プリントデータ属性記憶手段に当該プ
リントデータの属性情報として記憶されたインターフェ
イス情報から判別される。そして、判別されたインター
フェイスにしたがって、プリント出力動作の制御が可否
が決定され、否と決定されたときに、はじめてプリント
出力動作が実際に停止する。
【0010】
【実施例】以下、図面を参照してこの発明による一実施
例について説明する。図1は、この実施例であるプリン
タ装置Pの電気的構成を示すブロック図である。
【0011】この図において、11は、ホストコンピュ
ータからシリアル回線を介して供給されるプリントデー
タを受信するためのシリアル・インターフェイス、12
は、ホストコンピュータからパラレル回線を介して供給
されるプリントデータを受信するためのパラレル・イン
ターフェイス、13は、ネットワークで接続されるホス
トコンピュータから供給されるプリントデータを受信す
るためのネットワーク・インターフェイスである。すな
わち、この実施例では、インターフェイス毎に回線を介
してそれぞれホストコンピュータが接続されている。
【0012】次に、14はプリントデータ蓄積部であ
り、ハードディスク装置等から構成され、インターフェ
イス11、12、13から受信したプリントデータを蓄
積する。15はプリントデータ処理制御部であり、プリ
ントデータ蓄積部14に蓄積されたプリントデータを、
ソフトウエアによる制御のもと、受信順に処理をする。
【0013】16はプリントデータ展開部であり、ホス
トコンピュータから供給されたプリントデータに含まれ
るコードデータをビットマップデータに展開する。この
展開は、所定のソフトウエアにより展開される。17は
画像出力部であり、プリントデータ展開部16により展
開されたビットマップデータに基づいて、実際に印刷出
力を行なう。
【0014】一方、18はプリントスイッチ制御部であ
り、この実施例における種々のスイッチの操作状態を検
出したり、その操作状態を示すLEDを点灯・消灯した
りする。ここで、オフラインキーや排紙キー等のオペレ
ーションスイッチは、プリンタ装置のパネル面に設置さ
れ、LEDはこれらスイッチ対して個々に設けられる。
このオペレーションスイッチの操作状態もプリントスイ
ッチ制御部18により検出される。
【0015】19はプリントデータ属性情報記憶部であ
り、プリントデータを受信したインターフェイスを示す
インターフェイス情報や、プリント処理対象となったプ
リントデータをプリントデータ展開部により展開する際
に、ホストコンピュータからプリントデータとともに供
給される展開処理に関する情報等を、プリントデータの
属性情報として記憶するためのメモリテーブルから構成
される。
【0016】20は、プリント出力制御部であり、画像
出力部17対して、プリント動作や排紙動作等の制御を
行なう。21はシステム制御部であり、エラー発生時の
処理などのプリント装置全体の制御を行なう。
【0017】次に、この実施例の動作について説明す
る。このプリンタ装置においては、インターフェイス1
1〜13のいずれかに、ホストコンピュータからのプリ
ントデータが受信されると、その受信順にプリントデー
タ蓄積部14に一旦蓄積されるとともに、ホストコンピ
ュータからプリントデータとともに供給される展開処理
に関する情報と、当該プリントデータが受信されたイン
ターフェイスを示すインターフェイス情報とが、プリン
ト属性情報としてプリントデータ属性情報記憶部19に
記憶される。
【0018】プリント処理の順番が巡ってきたら、当該
プリントデータがプリントデータ蓄積部14より読み出
されるとともに、プリントデータに含まれるコードデー
タが、プリントデータ展開部16によってビットマップ
データに展開される。この展開では、プリントデータ属
性情報記憶19に記憶されている、当該プリントデータ
の展開処理に関する情報が参照されて実行される。
【0019】そして、展開されたビットマップデータに
したがった画像出力が、プリント出力制御部20の制御
により、画像出力部17において出力される。
【0020】次に、オフラインキーあるいは排紙キーが
操作された場合の動作について説明する。図2は、この
動作を示すフローチャートである。まず、ステップS1
1において、プリント出力制御部20は、オフラインキ
ーあるいは排紙キーが押されたと検出すると、以下の処
理を実行する。すなわち、次のステップS12におい
て、現在処理中のプリントデータが存在するか否かが判
別される。処理中のプリントデータが存在しなければ、
押されたキーに対応する処理を直ちに実行してもかまわ
ないので、ステップS13において、押されたキーに対
応して、オフラインキーあるいは排紙キーの制御が実際
に実行される。
【0021】反対に、処理中のプリントデータが存在す
るならば、ステップS14において、さらに、実行中の
プリントデータの属性情報が調べられる。そして、ステ
ップS15において、当該属性情報から、そのプリント
データが受信されたインターフェイスが判別される。
【0022】もし、このインターフェイスがシリアルの
インターフェイス11と判別されたのならば、ステップ
S16において、操作されたオフラインキーあるいは排
紙キーに操作指示にしたがった制御が実行される。
【0023】また、インターフェイスがパラレルのイン
ターフェイス12と判別されたのならば、ステップS1
7において、操作されたオフラインキーあるいは排紙キ
ーの操作指示にしたがった制御が実行される。
【0024】このように、判別されたインターフェイス
がシリアルあるいはパラレルのインターフェイス11、
12であるならば、操作者によるオフラインキーあるい
は排紙キーの操作にしたがった制御が行なわれる。シリ
アルあるいはパラレルのインターフェイス11、12で
は、プリントデータの処理よりも操作者のキー操作を優
先させる必要があるからである。
【0025】一方、ステップS15において、インター
フェイスがネットワークのインターフェイス13と判別
されたのならば、ステップS18において、オフライン
キーあるいは排紙キーの操作を無効とし、当該キーの操
作にしたがった制御は実行されない。ネットワークを介
する操作者は、通常、プリンタ装置から離れた場所に居
るので、このとき、キーが操作されるということは、こ
の操作が第三者によりなされたものであることを意味し
ている。このため、当該キーの操作を無効とするのであ
る。
【0026】上述したように、この実施例では、オフラ
インキーあるいは排紙キーが操作されて、処理中のプリ
ントデータが有と判別されると、そのプリントデータの
受信されたインターフェイスが判別される。そして、判
別されたインターフェイスがシリアルあるいはパラレル
のインターフェイス11,12であるならば、オフライ
ンキーあるいは排紙キーの操作を有効とする一方、判別
されたインターフェイスがネットワークのインターフェ
イス13であるならば、オフラインキーあるいは排紙キ
ーの操作を無効とする。したがって、シリアルあるいは
パラレルのインターフェイスを介する操作者にとって
は、オフラインキーあるいは排紙キーの操作が有効とさ
れるので、プリント処理のパーフォーマンスが低下する
の防止することができ、また、ネットワークのインター
フェイスを介する操作者にとっては、オフラインキーあ
るいは排紙キーの操作が無効とされるので、当事者以外
の者による誤操作の防止できる。
【0027】
【発明の効果】以上説明したこの発明によれば、プリン
トデータが処理されている場合に、プリント出力動作の
制御を指示するスイッチが操作されると、当該プリント
データが受信されたインタフェースが、プリントデータ
属性記憶手段に当該プリントデータの属性情報として記
憶されたインターフェイス情報から判別される。そし
て、判別されたインターフェイスにしたがって、プリン
ト出力動作の制御が可否が決定され、否と決定されたと
きにはプリント出力動作が実際に停止する。すなわち、
プリントデータが処理されている場合にスイッチの操作
を無効/有効にすべきかは、当該プリントデータを受信
したインターフェイスに対応して判別される。
【0028】したがって、例えば、プリントデータが処
理されている場合であってもスイッチの操作を有効にす
べき場合では、操作者による必要な処理を行なうことが
可能になる一方、プリントデータが処理されている場合
であってもスイッチの操作を無効にすべき場合では、当
事者以外の者による誤操作の防止が可能となり、また、
誤操作によるプリントの再出力を行なうことがなくなる
ので、プリント処理のパフォーマンスの低下を防ぐこと
ができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】 この発明の一実施例の構成を示すブロック図
である。
【図2】 同実施例においてオフラインキーあるいは排
紙キーが操作された場合の動作を示すフローチャートで
ある。
【符号の説明】
11,12,13……インターフェイス、14……プリ
ントデータ蓄積部、19……プリントデータ属性情報記
憶部
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) B41J 29/38 G06F 3/12

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 外部装置から送信されるプリントデータ
    を受信するためのインターフェイスを少なくとも2つ以
    上有する入力部と、 プリント出力動作の制御を指示するスイッチと、 データを受信したインターフェイスを示すインターフェ
    イス情報を、プリントデータの属性情報として記憶する
    プリントデータ属性情報記憶手段と、 前記プリントデータの処理の際に、前記スイッチにより
    指示されたプリント出力動作の可否を、前記プリントデ
    ータの属性情報に含まれるインターフェイス情報から決
    定し、否と決定したときにはプリント出力動作を停止さ
    せるプリント出力制御手段とを具備することを特徴とす
    るプリント装置。
JP17014494A 1994-06-29 1994-06-29 プリンタ装置 Expired - Fee Related JP3293337B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17014494A JP3293337B2 (ja) 1994-06-29 1994-06-29 プリンタ装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17014494A JP3293337B2 (ja) 1994-06-29 1994-06-29 プリンタ装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0811397A JPH0811397A (ja) 1996-01-16
JP3293337B2 true JP3293337B2 (ja) 2002-06-17

Family

ID=15899492

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP17014494A Expired - Fee Related JP3293337B2 (ja) 1994-06-29 1994-06-29 プリンタ装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3293337B2 (ja)

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0811397A (ja) 1996-01-16

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3271862B2 (ja) ページプリンタ
KR960001097B1 (ko) 프린터버퍼장치
US6897975B2 (en) Output apparatus and output method
JP3293337B2 (ja) プリンタ装置
JPH0635634A (ja) 印刷装置
JPS59129182A (ja) 印刷制御方法
JPH0239973A (ja) 印刷制御方式
JP2771677B2 (ja) 印刷装置
JP3083251B2 (ja) ページプリンタ
JP3217485B2 (ja) 印字装置
JPH11331466A (ja) デジタル複合機
JP2898881B2 (ja) 印刷制御方法
JPH1049320A (ja) 印刷制御装置および方法
JP2816232B2 (ja) 文書編集印刷装置
JP2756250B2 (ja) 記録装置
JP2989727B2 (ja) 印刷装置および印刷方法
JP2811984B2 (ja) ベクトルオーバレイの再開方式
JPH05189172A (ja) プリンタ装置
JPH11227294A (ja) ステイプル機能を有する装置
JPH05204563A (ja) プリンタ装置
JPH05138995A (ja) プリンタ装置
JPH0327967A (ja) 綴じ穴付きカット紙の印刷制御方式
JPH0823399A (ja) 画像形成装置および画像形成システム
JPH1035057A (ja) 情報処理装置、情報処理方法およびコンピュータで読み出し可能なプログラムを格納した記録媒体
JP2000158725A (ja) プリンタ制御装置

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080405

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090405

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100405

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110405

Year of fee payment: 9

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees