JP3193926U - スマートセーフティプロテクト統合システム機器 - Google Patents

スマートセーフティプロテクト統合システム機器 Download PDF

Info

Publication number
JP3193926U
JP3193926U JP2014003464U JP2014003464U JP3193926U JP 3193926 U JP3193926 U JP 3193926U JP 2014003464 U JP2014003464 U JP 2014003464U JP 2014003464 U JP2014003464 U JP 2014003464U JP 3193926 U JP3193926 U JP 3193926U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
fire
equipment
fire extinguishing
safety protection
integrated system
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2014003464U
Other languages
English (en)
Inventor
鋼 趙
鋼 趙
永泰 趙
永泰 趙
Original Assignee
鋼 趙
鋼 趙
永泰 趙
永泰 趙
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to TW103203635 priority Critical
Priority to TW103203635U priority patent/TWM483806U/zh
Application filed by 鋼 趙, 鋼 趙, 永泰 趙, 永泰 趙 filed Critical 鋼 趙
Application granted granted Critical
Publication of JP3193926U publication Critical patent/JP3193926U/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • GPHYSICS
    • G08SIGNALLING
    • G08BSIGNALLING OR CALLING SYSTEMS; ORDER TELEGRAPHS; ALARM SYSTEMS
    • G08B17/00Fire alarms; Alarms responsive to explosion
    • G08B17/10Actuation by presence of smoke or gases, e.g. automatic alarm devices for analysing flowing fluid materials by the use of optical means
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A62LIFE-SAVING; FIRE-FIGHTING
    • A62CFIRE-FIGHTING
    • A62C13/00Portable extinguishers which are permanently pressurised or pressurised immediately before use
    • A62C13/76Details or accessories
    • A62C13/78Suspending or supporting devices
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A62LIFE-SAVING; FIRE-FIGHTING
    • A62CFIRE-FIGHTING
    • A62C3/00Fire prevention, containment or extinguishing specially adapted for particular objects or places
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A62LIFE-SAVING; FIRE-FIGHTING
    • A62CFIRE-FIGHTING
    • A62C37/00Control of fire-fighting equipment
    • A62C37/36Control of fire-fighting equipment an actuating signal being generated by a sensor separate from an outlet device
    • A62C37/38Control of fire-fighting equipment an actuating signal being generated by a sensor separate from an outlet device by both sensor and actuator, e.g. valve, being in the danger zone
    • GPHYSICS
    • G08SIGNALLING
    • G08BSIGNALLING OR CALLING SYSTEMS; ORDER TELEGRAPHS; ALARM SYSTEMS
    • G08B17/00Fire alarms; Alarms responsive to explosion
    • G08B17/12Actuation by presence of radiation or particles, e.g. of infra-red radiation or of ions
    • G08B17/125Actuation by presence of radiation or particles, e.g. of infra-red radiation or of ions by using a video camera to detect fire or smoke
    • GPHYSICS
    • G08SIGNALLING
    • G08BSIGNALLING OR CALLING SYSTEMS; ORDER TELEGRAPHS; ALARM SYSTEMS
    • G08B27/00Alarm systems in which the alarm condition is signalled from a central station to a plurality of substations
    • G08B27/001Signalling to an emergency team, e.g. firemen
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N7/00Television systems
    • H04N7/18Closed circuit television systems, i.e. systems in which the signal is not broadcast
    • H04N7/183Closed circuit television systems, i.e. systems in which the signal is not broadcast for receiving images from a single remote source
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N7/00Television systems
    • H04N7/18Closed circuit television systems, i.e. systems in which the signal is not broadcast
    • H04N7/188Capturing isolated or intermittent images triggered by the occurrence of a predetermined event, e.g. an object reaching a predetermined position

Abstract

【課題】スマートセーフティプロテクト統合システム機器を提供する。【解決手段】消火装置11に消火シリンダー111及び一つのノズル112を設け、ノズル112は火の元に向けて消火薬剤を噴射することができる。通報セキュリティ装置12は機器の内部に設置し、赤外線ナイトビジョンレンズを具有することで、自動的に検知して画像を録画する。通信伝送装置13は機器1の内部に設置し、WIFI発信機及びGSMシグナル発信機を具有し、通報セキュリティ装置112が録画した画像を関連スタッフに伝送する。自動走行装置14は機器1の外部に設置し、それによって機器1は自動的に移動及び自動的に障害物を避けることができる。検知装置15は機器1の内部に設置し、赤外線熱画像装置151、高解像度ビデオシステム152、気体検知システムを具有し、環境の設備が異常かどうかを検知し、同時に警報を鳴らし、画像を関連スタッフに伝送することができる。【選択図】図2

Description

本考案はスマートセーフティプロテクト統合システムの技術に関し、特に消火、セキュリティ、通信伝送、自動走行、検知などの機能を備えたスマートセーフティプロテクト統合システム機器に関する。
過去の法令では、一般住宅は自動火災報知システムの設置は不必要であった。現在の法令は住宅用警報機が必要と規定しているが、家に誰もいない場合、住宅用警報機が作動しても誰もわからない。よって災害が発生した瞬間に自動的且つ迅速に関連スタッフに通報できることが大変重要である。多くの住宅火災の発生時間は夜中である。火災発生時に恐怖、パニックを起こしやすく、避難方法が分からずに被災してしまうのは大変忍びないことである。本システムは迅速に警報を発し、有効的に誘導して避難することができ、人々は指示に従って操作すれば、有効的に避難することができる。
公共の場で使用するセーフティプロテクトは消防及び建築法令に基づき、自動火災警報設備及び関連する消火と避難設備の設置が必要である。該自動警報設備は誤報が多いために、業者が受信交換機を消してしまう、或いはメンテナンス管理問題によって損壊したために、火災発生時に作動することができない。R型受信交換機は作動する探知機を受信交換機に表示し、代わりに出火場所を見つけることはできるが、情報は制御室にのみ表示するため、他の関連スタッフは確実に情報を得ることができないほか、機械の価格は大変高い。多くの場所で使っているのはP型受信交換機である。P型受信交換機が作動する際に、エリア或いは階数しか分からず、確実に出火位置を把握することができないため、自動的に検知し、素早く情報を伝えて且つ有効的に消火できることが人間及び財産の損失を守ることになる。
工場は倉庫と作業場があり、面積が広い上、生産ラインと機械により防火エリアを区画通りに設置できないために、火災発生時に燃え広がってしまう。また、工場の消防設備の多くは消火器と消火栓であり、該タイプの消火設備は全て受動タイプである。仮に工場内に禁水性或いはその他の可燃性物質があると、水は効果的な消火物質とは限らない。工場に設置する消火設備はトレーニングを受けたスタッフが操作して初めて有効的に消火することができ、緊急な状況では更にパニックを起こして操作要領を忘れることがある。よって自動的なプロテクト作業道具に頼って消火することでこそ、燃え広がるのを抑制することができる。
現在規定に基づき住宅に設置する住宅用警報機は、シグナルを外部スタッフに伝える装置は全くない。家に誰もいない場合、火災に対して即座に対処することができず、セキュリティシステムとオンラインしても、対応スタッフが現場に駆けつけたところで間に合わないことも多い。公共の場として使用する建築物は、自動火災警報設備はあるが、受信交換機を通じて警報を鳴らしても、該エリア或いは該フロアのみであり、有効的に正確な情報を関連する住居や企業主或いは消防部門に伝えて、安全に避難する方法を指導することができない。また、救助スタッフが現場に到着した後も、関連スタッフに問い合わせるしかなく、有効的に確実に火災状況を把握することができず、消防隊は出火場所が分からない危険な火災現場で救助を行うことになるため、時間を浪費するほか、消防救助隊員にダメージを与える可能性がある。
火災発生時、状況が緊急、或いは睡眠中急に起こされると、方向を見失う及び近くの人を呼びかけたり、逃げるのをサポートしたりすることを忘れるために、災害が大きくなって、より多くの死傷者を出してしまう。異なる場所においてカスタマイズした放送内容で避難指示をするシステムがあれば、危機発生した際に、有効的に避難することができる。
現有の消防安全設備、例えば消火器、室内消火栓など、全て人が操作して初めて火災初期の燃え広がりを抑制することができる。しかし、火災の発生は往々にして無人の場所であるため、有効に使用できない。現在の消防安全設備の自動消火設備は例えば自動スプリンクラーなど、出火した際に自動的に消火できるのが全て自動タイプの消火設備と呼ばれ、相当なプロテクト効果を具有する。しかし、この類の自動消火設備の部品は例えばスプリンクラー、支管、メイン管、貯水タンク、ポンプ、加圧起動装置など大変多いし体積が大きい上にかなり高価なものであり、該プロテクトエリアは固定し、その範囲は死角があって全面的にプロテクトすることができない。仮に装置の施工に不備があり、或いは室内の内装によりスプリンクラー或いはシステムがダメージを受ける、或いはメンテナンスが行き届かず、検査ミスなどで水検知装置を復元していないなど、全てが火災発生時に有効的に消火を起動できない原因となる可能性がある。よって全面的で自動的に検出起動できるスマート型セーフティプロテクト設備が、火災を迅速に消火することができる。
現在のセキュリティシステムサービスのメーカーは、盗難防止、セキュリティサービスを提供しているが、火災発生時に、警備員が情報を受けても現場に到着する及び関連スタッフに通報するのに時間が必要であり、迅速に出火場所に到着して出火初期に消火抑制をすることができない。
また、次第に老年化社会になりつつあり、自宅プロテクト及び老人の世話も現代の重要な課題である。仮に防災救護装置に自宅老人看護装置を組合せれば、防災効果をアップするだけでなく、老人を看護する目的にも達することができる。
よって、如何にして消防セーフティプロテクト及び防災セキュリティ統合システムをモジュール設計し、多くの自動的な機能を提供できるものを案出し、火災或いは緊急事件が発生したときに、自動的に迅速に消火し、災害の広がりを防止し、人々が素早く逃げられ、迅速に関連救助部門とスタッフに連絡することができ、高いセーフティプロテクトの機能があり、人命と財産の損失を下げることのできるものを案出することが本考案の目的である。
特開2013−242886号公報
前記公知構造の欠点を解決するため、本考案はスマートセーフティプロテクト統合システム機器を提供することを主な課題とする。火災セーフティプロテクトの最も重要なものは、早めの検知、接近、警告、素早い消火であり、本考案は主に検知機能、消火機能、セキュリティ機能、通信伝送機能、自動走行機能を具有する。火災発生初期に火災探知機が火災のシグナルを検知したときに、本機器は直ちに自動的に火災発生エリアに移動し、火災発生エリアに到着すると直ちに赤外線熱画像装置で出火の正確な位置を判別し、火災現場の情報を管理者の携帯或いは制御室に送信する。この時システムは自動或いは手動の方法を用いて機器の消火システムを制御して消火を行うことができる。本機器は普段パトロールすることができ、他に放送連動制御装置及び老人看護装置を付加し、自動的にモニターリング、自動的に消火、自動的に通報など多種の機能を備え、火災発生時の通報及び処理する効率を高める。
上述の目的を解決するために、本考案はスマートセーフティプロテクト統合システム機器の構造を提供するものである。該機器に含まれるのは一つの消火装置、一つの通報セキュリティ装置、一つの通信伝送装置、一つの自動走行装置及び一つの検知装置である。消火装置は機器の内部に設置し、消火装置は消火シリンダー及び一つの左右に移動できるノズルを設け、ノズルは該機器の外にまで伸びる。また、消火シリンダー内に消火薬剤を詰め、ノズルは火の元に向けて消火薬剤を噴射することができる。通報セキュリティ装置は機器の内部に設置し、赤外線ナイトビジョンレンズを具有することで、自動的に検知して画像を録画する。通信伝送装置は機器の内部に設置し、WIFI発信機及びGSMシグナル発信機を具有し、通報セキュリティ装置が録画した画像を関連スタッフに伝送する。自動走行装置は機器の外部に設置し、それによって機器は自動的に移動及び自動的に障害物を避けることができる。検知装置は機器の内部に設置し、赤外線熱画像装置、高解像度ビデオシステム、気体検知システムを具有し、環境の設備が異常かどうかを検知し、同時に警報を鳴らし、画像を関連スタッフに伝送することができる。
一つの最良実施例では更に一つの放送連動制御装置、一つの移報装置及び一つの老人看護装置を含む。放送連動制御装置は、機器が火災発生を検知したとき、情報を放送し、現場の関連スタッフに知らせると同時に、消防隊に通報する。移報装置は機器の内部に設置し、自動的に消防局分隊の電話及びセキュリティスタッフの電話にダイヤルし、自動音声の方法を用いて火災場所を知らせる。老人看護装置は通信伝送装置と電気接続し、機器は血圧血糖値の測定設備を設け、測定して数値を記録し、測定数値が予め設定した値より超えた場合は、情報を関連スタッフに発信する。また、自動走行装置は多方向用レールローラー及びレールを使って走行ことができる。レールローラー装置は機器の外部下方或いは上方に設置し、レールは地面或いは天井の如何なる一つの所に設置し、機器のレールローラーは該レールに従って走行する。
本考案は消火装置、通報セキュリティ装置、通信伝送装置、自動走行装置及び検知装置を設置し、自動的にモニターリング、自動的に消火、自動的に通報する機能を具有し、火災の通報及び処理する効率をアップできる。更に老人看護装置を増設することができ、老人を看護する目的にも達することができる。
本考案のスマートセーフティプロテクト統合システム機器の第一最良実施例の構造ブロック略図である。 本考案のスマートセーフティプロテクト統合システム機器の第一最良実施例の立体構造略図である。 本考案のスマートセーフティプロテクト統合システム機器の第二最良実施例の構造ブロック略図である。 本考案のスマートセーフティプロテクト統合システム機器の第三最良実施例の立体構造略図である。
以下、本考案の具体的な実施例を用いて実施方法を説明する。ただ注意して頂きたいのは、以下の図式は簡略化した略図であり、それを用いて本考案の基本構想を説明しているのみである。図式では本考案に関係する構造のみを例示し、実際実施する際の部品の数や形状及びサイズに基づき描いておらず、実際実施する際の各部品の形態、数量及び比例は図式によって制限されず、実際の設計のニーズに基づき変化を行う。
図1及び図2に示すのは本考案のスマートセーフティプロテクト統合システム機器の第一最良実施例の構造ブロック略図及び立体構造略図である。図に示すように、本考案のスマートセーフティプロテクト統合システム機器1に無線アンテナ10を設け、該無線アンテナ10は遠隔監視伝送用である。機器1に含まれるのは一つの消火装置11、一つの通報セキュリティ装置12、一つの通信伝送装置13、一つの自動走行装置14及び一つの検知装置15である。
消火装置11は機器1の内部に設置し、消火装置11に消火シリンダー111及び一つの左右に移動できるノズル112を設け、ノズル112は消火シリンダー111と連結し、且つ機器1の外にまで伸びる。また、消火シリンダー111内に消火薬剤を詰め、該ノズル112は火の元に向けて消火薬剤を噴射することができる。この消火薬剤は環境に基づき異なる配置及び噴射方法を選ぶことができる。例えばABC粉末、BC粉末、D粉末、気体消火或いは強化液薬剤があり、消火装置11は直接火の元に向けて噴射すると同時に、ノズル112をコントロールして左右に移動して消火範囲を拡大することができる。また、機器1は距離検知設備により、自動的に機器1と火の元の距離を測ることができ、消火効率を上げる。
通報セキュリティ装置12は機器1の内部に設置し、赤外線ナイトビジョンレンズを具有することで、自動的に検知して画像を録画する。通信伝送装置13は機器1の内部に設置し、WIFI発信機及びGSMシグナル発信機を具有し、通報セキュリティ装置12が録画した画像を関連スタッフに伝送する。自動走行装置14は機器1の外部に設置し、それによって機器1は自動的に移動及び自動的に障害物を避けることができる。検知装置15は機器1の内部に設置し、赤外線熱画像装置151、高解像度ビデオシステム152、気体検知システムを具有し、環境の設備が異常かどうかを検知し、同時に警報を鳴らし、画像を関連スタッフに伝送することができる。自動走行装置14はレールローラー141及びレール142を含み、第一実施例のレールローラー141は機器1の外部下方に設置し、レール142は地面或いは各方位に設置することで、機器1のレールローラー14はレール142に従って走行する。
具体的に上述の装置により、機器1は自動的に走行し、且つ検知、録画或いはシグナルを発信する。よって機器1がパトロールしている際、仮に異常な状況を検知すると、画像を関連スタッフに伝送することができる。また赤外線熱画像装置151を具有するため、低照度或いは暗い環境の中でも検知を行い、無線アンテナ10を通じて画像を外部の制御室に送ることができる。或いは機器1が警戒範囲内に怪しい人物或いは怪しい物品を発見した場合、近づいて警告或いは撮影をすることができる。怪しい人物が機器1を攻撃しようとする時は、ノズル112からマーキュロクロム液を噴射して防護する。またレール142は地面タイプレール、壁タイプレール、懸吊タイプレール、ヒドゥンタイプレール或いはその他の異なる構造設計のレールにすることができ、いずれも自動的に走行することができる。更に機器1に充電装置101を設け、直接外部電源を接続して充電を行うことができる。
図3に示すのは、本考案のスマートセーフティプロテクト統合システム機器の第二最良実施例の構造ブロック略図である。図に示すように、第二実施例では、本考案のスマートセーフティプロテクト統合システム機器1は消火装置1、一つの通報セキュリティ装置12、一つの通信伝送装置13、一つの自動走行装置14及び一つの検知装置15のほかに、更に一つの放送連動制御装置16、一つの移報装置17及び一つの老人看護装置18を増設することができる。放送連動制御装置16はリモートマイク及びスピーカーを具有し、機器1が火災発生を検知したとき、情報を放送し、現場の関連スタッフに知らせると同時に、消防隊に通報する。移報装置17は機器1の内部に設置し、自動的に消防局分隊の電話及びセキュリティスタッフの電話にダイヤルし、自動音声の方法を用いて火災場所を知らせる。老人看護装置18は通信伝送装置13と電気接続し、機器1は血圧血糖値の測定設備を設け、測定して数値を記録し、測定数値が予め設定した値より超えた場合は、通信伝送装置13を通じて情報を関連スタッフに発信する。
具体的に機器1が火災発生を確認した際、機器1が火災現場に到着する前に、放送連動制御装置16は自動的に放送シグナルを発し、現場スタッフに緊急対応処置を知らせ、関連スタッフはリモートマイク及び機器1に搭載するスピーカーを用いて通報、或いは直接命令を発し及び注意事項を放送することができる。移報装置17は自動的に消防局分隊の電話及びセキュリティスタッフの電話にダイヤルし、自動音声の方法を用いて火災場所を知らせる。また、異なる使用場所に対し、予め音声を録音し、出火場所を確認後、放送で安全ルート及び避難方向をガイドする。更に老人看護装置18は機器1に薬箱を設置し、飲用時間を設定して知らせることができる。
図4に示すのはスマートセーフティプロテクト統合システム機器の第三最良実施例の立体構造略図である。図に示すように、本考案のスマートセーフティプロテクト統合システム機器1は前記の実施例のように、地面で移動するほか、天井或いは多方位に設置することができる。本実施例は一種の懸吊タイプレールであり、機器1は天井に設置するレールに従って移動することができる。更に昇降棒100を増設することで、機器1は上下に移動できる。同様に機器1に含まれるのは一つの消火装置11、一つの通報セキュリティ装置12、一つの通信伝送装置13、一つの自動走行装置14及び一つの検知装置15である。よって同じく第一実施例に述べる効果に達することができる。
従来技術と比べ、本考案のスマートセーフティプロテクト統合システム機器の全ての装置はいずれもモジュール設計であるため、異なるニーズに基づき異なる装置をセレクトできる。また機器は自動的に移動して検知し、自動的に障害物を避けるほか、地面或いは天井で走行し、更に防災モニターリングできる効果を持つ。
以上の実施例による本考案の詳細な説明は本考案の範囲を制限するものではない。本技術に熟知する者が、本考案の範囲内にて行う変更や調整を行っても、本考案の重要な意義は失われず、本考案の範囲に含まれる。
1 機器
10 無線アンテナ
100 昇降棒
101 充電機構
11 消火装置
111 消火シリンダー
112 ノズル
12 通報セキュリティ装置
13 通信伝送装置
14 自動走行装置
15 検知装置
151 赤外線熱画像装置
152 高解像度ビデオシステム
16 放送連動制御装置
17 移報装置
18 老人看護装置
上述の目的を解決するために、本考案はスマートセーフティプロテクト統合システム機器の構造を提供するものである。該機器に含まれるのは一つの消火装置、一つの通報セキュリティ装置、一つの通信伝送装置、一つの自動走行装置及び一つの検知装置である。消火装置は機器の内部に設置し、消火装置は消火シリンダー及び一つの左右に移動できるノズルを設け、ノズルは該機器の外にまで伸びる。また、消火シリンダー内に消火薬剤を詰め、ノズルは火の元に向けて消火薬剤を噴射することができる。通報セキュリティ装置は機器の内部に設置し、赤外線ナイトビジョンレンズを具有することで、自動的に検知して画像を録画する。通信伝送装置は機器の内部に設置し、WIFI発信機及びGSM(登録商標)シグナル発信機を具有し、通報セキュリティ装置が録画した画像を関連スタッフに伝送する。自動走行装置は機器の外部に設置し、それによって機器は自動的に移動及び自動的に障害物を避けることができる。検知装置は機器の内部に設置し、赤外線熱画像装置、高解像度ビデオシステム、気体検知システムを具有し、環境の設備が異常かどうかを検知し、同時に警報を鳴らし、画像を関連スタッフに伝送することができる。
通報セキュリティ装置12は機器1の内部に設置し、赤外線ナイトビジョンレンズを具有することで、自動的に検知して画像を録画する。通信伝送装置13は機器1の内部に設置し、WIFI発信機及びGSM(登録商標)シグナル発信機を具有し、通報セキュリティ装置12が録画した画像を関連スタッフに伝送する。自動走行装置14は機器1の外部に設置し、それによって機器1は自動的に移動及び自動的に障害物を避けることができる。検知装置15は機器1の内部に設置し、赤外線熱画像装置151、高解像度ビデオシステム152、気体検知システムを具有し、環境の設備が異常かどうかを検知し、同時に警報を鳴らし、画像を関連スタッフに伝送することができる。自動走行装置14はレールローラー141及びレール142を含み、第一実施例のレールローラー141は機器1の外部下方に設置し、レール142は地面或いは各方位に設置することで、機器1のレールローラー14はレール142に従って走行する。

Claims (8)

  1. 無線アンテナ、消火装置、通報セキュリティ装置、通信伝送装置、自動走行装置及び検知装置を含み、
    該消火装置は機器の内部に設置し、該消火装置に消火シリンダー及び一つの左右に移動できるノズルを設け、該ノズルは消火シリンダーと連結し、且つ機器の外にまで伸び、また、該消火シリンダー内に消火薬剤を詰め、該ノズルは火の元に向けて消火薬剤を噴射することができ、
    該通報セキュリティ装置は機器の内部に設置し、赤外線ナイトビジョンレンズを具有することで、自動的に検知して画像を録画し、
    通信伝送装置は機器の内部に設置し、WIFI発信機及びGSMシグナル発信機を具有し、通報セキュリティ装置が録画した画像を関連スタッフに伝送し、
    自動走行装置は機器の外部に設置し、それによって機器は自動的に移動及び自動的に障害物を避けることができ、
    検知装置は機器の内部に設置し、赤外線熱画像装置、高解像度ビデオシステム、気体検知システムを具有し、環境の設備が異常かどうかを検知し、同時に警報を鳴らし、画像を関連スタッフに伝送することができることを特徴とするマートセーフティプロテクト統合システム機器。
  2. 更に一つの放送連動制御装置を含み、該機器が火災発生を検知したとき、情報を放送し、現場の関連スタッフに知らせると同時に、消防隊に通報することを特徴とする請求項1記載のマートセーフティプロテクト統合システム機器。
  3. 該放送連動制御装置はリモートマイク及びスピーカーを具有することを特徴とする請求項2記載のマートセーフティプロテクト統合システム機器。
  4. 更に一つの移報装置を含み、該機器の内部に設置し、自動的に消防局分隊の電話及びセキュリティスタッフの電話にダイヤルし、自動音声の方法を用いて火災場所を知らせることを特徴とする請求項1記載のマートセーフティプロテクト統合システム機器。
  5. 更に一つの老人看護装置を含み、通信伝送装置と電気接続し、機器は血圧血糖値の測定設備を設け、測定して数値を記録し、測定数値が予め設定した値より超えた場合は、情報を関連スタッフに発信することを特徴とする請求項1記載のマートセーフティプロテクト統合システム機器。
  6. 前記老人看護装置は更に薬箱を含み、該薬箱を該機器に設置し、飲用時間を設定して知らせることができることを特徴とする請求項5記載のマートセーフティプロテクト統合システム機器。
  7. 前記自動走行装置はレールローラー及びレールを含み、該レールローラーは該機器外部の下方或いは上方に設置し、該レールは地面或いは天井或いは多方向に設置し、機器のレールローラーは該レールに従って走行することを特徴とする請求項1記載のマートセーフティプロテクト統合システム機器。
  8. 前記機器は更に一つの充電機構を含み、外部電源と直接接続して充電できることを特徴とする請求項1記載のマートセーフティプロテクト統合システム機器。
JP2014003464U 2014-03-04 2014-07-01 スマートセーフティプロテクト統合システム機器 Expired - Fee Related JP3193926U (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
TW103203635 2014-03-04
TW103203635U TWM483806U (zh) 2014-03-04 2014-03-04 智慧安全防護整合系統載具

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3193926U true JP3193926U (ja) 2014-10-30

Family

ID=51793458

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014003464U Expired - Fee Related JP3193926U (ja) 2014-03-04 2014-07-01 スマートセーフティプロテクト統合システム機器

Country Status (3)

Country Link
US (1) US20150254952A1 (ja)
JP (1) JP3193926U (ja)
TW (1) TWM483806U (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2019062970A (ja) * 2017-09-28 2019-04-25 株式会社イームズラボ 無人消火装置、無人消火方法及び無人消火プログラム
CN110824962A (zh) * 2019-11-18 2020-02-21 天津津航计算技术研究所 一种数据集装箱的智能监控系统
JP2020119031A (ja) * 2019-01-18 2020-08-06 日立建機株式会社 作業機械

Families Citing this family (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9726458B2 (en) * 2015-03-17 2017-08-08 Roy Weekly Threat-resistant shield
US9345914B1 (en) * 2015-10-07 2016-05-24 Abdullah Mustafa Yonus Haji Ali Automatic fire extinguishing system
CN105957288B (zh) * 2016-06-24 2018-04-03 河南大数据智能机器人有限公司 智能化安防巡逻装置
CN109701185B (zh) * 2016-06-28 2020-08-25 吉首市宏佳达科技有限公司 一种配电站消防智能机器人用灭火装置
DE102016212645B4 (de) 2016-07-12 2018-06-14 Minimax Gmbh & Co. Kg Unbemanntes Fahrzeug, System und Verfahren zur Einleitung einer Brandlöschaktion
CZ306911B6 (cs) * 2016-07-15 2017-09-06 MODCOMA s.r.o. Způsob automatického hašení ložiska požáru a zařízení pro jeho realizaci
TWI629669B (zh) * 2016-12-30 2018-07-11 台灣新光保全股份有限公司 具有巡邏功能的移動機器人
CN107281685A (zh) * 2017-07-03 2017-10-24 牡丹江师范学院 一种基于物联网的家用天然气监控装置
CN107510908A (zh) * 2017-09-07 2017-12-26 中国建筑第五工程局有限公司 一种移动智能灭火装置
TWI645885B (zh) * 2017-10-27 2019-01-01 趙鋼 Movable intelligent fire extinguishing device
WO2019120463A1 (en) 2017-12-21 2019-06-27 RUYTS, Kenneth Robotic safety system for marine vessels
DE102018100579B4 (de) * 2018-01-11 2019-09-05 Minimax Viking Research & Development Gmbh Löschroboter
CN108831090A (zh) * 2018-06-25 2018-11-16 南京精益安防系统科技有限公司 一种火灾早期预警系统及其控制方法
US20200147430A1 (en) * 2018-11-13 2020-05-14 Kidde Technologies, Inc. Interconnected fire detection and extinguishing system
CN109603057A (zh) * 2018-12-05 2019-04-12 厦门泰消防科技开发有限公司 移动式定位灭火系统
CN109493570A (zh) * 2018-12-30 2019-03-19 严建低 一种用于重大交通自然灾害监测预警仪
CN112076421A (zh) * 2020-09-22 2020-12-15 中消安实业(上海)有限公司 一种智能监控自动灭火装置
CN112843565B (zh) * 2021-01-12 2022-05-24 深圳市信拓网络科技有限公司 一种具有联动功能的智慧消防单元用消防系统
CN113689656A (zh) * 2021-10-26 2021-11-23 山东星辉消防工程有限公司 一种火灾报警装置的控制方法

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7048141B2 (en) * 2002-05-14 2006-05-23 Antioch Holdings, Inc. Personal medication dispenser
US7512161B2 (en) * 2003-09-11 2009-03-31 The Boeing Company Device, method and system for generating an infrared image
JP2006341062A (ja) * 2005-06-09 2006-12-21 Nex1 Future Co Ltd 応急状況感知装置
US8665089B2 (en) * 2008-01-28 2014-03-04 Saigh And Son, Llc Personal safety mobile notification system
KR100928892B1 (ko) * 2007-06-04 2009-11-30 한국전자통신연구원 생체 신호 센서 장치를 이용한 사용자 인터페이스 시스템
US8135378B2 (en) * 2008-01-31 2012-03-13 At&T Intellectual Property I, L.P. Emergency response system
WO2010151621A1 (en) * 2009-06-25 2010-12-29 Kmt Robotic Solutions, Inc. Vision guided real time locating and trimming of flash
US8973671B2 (en) * 2011-11-04 2015-03-10 King Abdulaziz City For Science And Technology Smart compact indoor firefighting robot for extinguishing a fire at an early stage

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2019062970A (ja) * 2017-09-28 2019-04-25 株式会社イームズラボ 無人消火装置、無人消火方法及び無人消火プログラム
JP2020119031A (ja) * 2019-01-18 2020-08-06 日立建機株式会社 作業機械
CN110824962A (zh) * 2019-11-18 2020-02-21 天津津航计算技术研究所 一种数据集装箱的智能监控系统

Also Published As

Publication number Publication date
US20150254952A1 (en) 2015-09-10
TWM483806U (zh) 2014-08-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3193926U (ja) スマートセーフティプロテクト統合システム機器
CN110354432B (zh) 一种基于可靠数据分析控制平台的社区智能消防系统
KR101385211B1 (ko) 스마트형 통합 안전 지킴 시스템
CN107274623A (zh) 一种物联网消防家庭云检测系统
CN104992536A (zh) 智能火灾自动报警逃生指示系统及其方法
JP5245054B2 (ja) 警報器およびそれを用いた警報システム
CN204856856U (zh) 智能火灾自动报警逃生指示系统
CN102945584A (zh) 面向危险化学品生产领域的智能化消防监控系统
KR101252570B1 (ko) 카메라를 이용한 자동 화재 속보 시스템 및 방법, 이를 위한 통합 속보기
KR101644084B1 (ko) 공동주택의 소방시설 통제시스템
CN203425434U (zh) 一种大空间火灾智能实时监控灭火系统
CN202916938U (zh) 面向危险化学品生产领域的智能化消防监控系统
CN208044803U (zh) 一种消防集成监测系统
CN106530646A (zh) 一种消防监控报警设备
KR100962030B1 (ko) 유무선망을 이용한 건축물 방재 및 안전관리 통보시스템
CN111917879A (zh) 一种智慧消防物联网系统
JP4945535B2 (ja) 屋外防災ボックス
KR20100002104A (ko) 무선 디지털 통합 방재시스템
CN104658206A (zh) 一种新型小区火灾防护系统
KR20070085192A (ko) 이산화탄소(또는 청정소화약제) 소화설비 원격제어 시스템
CN105488939A (zh) 一种基于智能互动的火险全方位立体化预警及自动灭火系统
KR200447203Y1 (ko) 화재수신반의 화재신호 휴대폰 통보기
JP2015135539A (ja) 自動火災報知設備
CN203777559U (zh) 智慧安全防护整合系统载具
CN209785207U (zh) 一种可实现远程报警的图书馆火灾预警系统

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140821

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 3193926

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees