JP3163199U - 新型排水灌漑配管装置 - Google Patents

新型排水灌漑配管装置 Download PDF

Info

Publication number
JP3163199U
JP3163199U JP2010000813U JP2010000813U JP3163199U JP 3163199 U JP3163199 U JP 3163199U JP 2010000813 U JP2010000813 U JP 2010000813U JP 2010000813 U JP2010000813 U JP 2010000813U JP 3163199 U JP3163199 U JP 3163199U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
piping
drainage irrigation
wall
pipe
new
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2010000813U
Other languages
English (en)
Inventor
梁耀徳
Original Assignee
梁耀徳
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 梁耀徳 filed Critical 梁耀徳
Application granted granted Critical
Publication of JP3163199U publication Critical patent/JP3163199U/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A01AGRICULTURE; FORESTRY; ANIMAL HUSBANDRY; HUNTING; TRAPPING; FISHING
    • A01GHORTICULTURE; CULTIVATION OF VEGETABLES, FLOWERS, RICE, FRUIT, VINES, HOPS OR SEAWEED; FORESTRY; WATERING
    • A01G25/00Watering gardens, fields, sports grounds or the like
    • A01G25/06Watering arrangements making use of perforated pipe-lines located in the soil

Abstract

【課題】大量の土砂粒子が排水灌漑口の管路内に流入することがなく、詰る不具合が発生することを防止する排水灌漑配管装置を提供する。【解決手段】外側配管1と、外側配管壁面に設けられている複数の外壁排水灌漑口2とを備えた排水灌漑配管装置であって、外側配管1の管路内には更に主送水路が設けられ、主送水路の壁面における外壁排水灌漑口よりも高い位置には複数の内壁排水灌漑口3が設けられている。【選択図】図1

Description

本考案は点滴灌漑システムに用いられる排水灌漑配管装置に関し、とりわけ異なる位置のいずれでも非均一に配列された排水灌漑口を有する新型排水灌漑配管装置に関する。
従来の排水灌漑配管における排水方式は、水分が配管壁に配置されている水逃がし孔、または濾布の目を通過して、送水配管内に流入した後、主送水管路を経て配管の外に排出される。水逃がし孔は詰まりやすく、そして排水時において、主送水管路の排水効果も極めて悪い。そして水分が水逃がし孔または濾布を通過する際、土砂を帯びて流動し付着して、これが日ごとに蓄積していき、配管壁を貫通する水逃がし孔または濾布の目が詰まってしまい、排水機能が作用しなくなってしまう。しかし例えば配管壁の水逃がし孔の直径を拡大してしまうと、送水配管の配管耐圧強度が落ちてしまい、配管が破裂してしまうし、しかも粒径の大きな土砂が、拡径された送水配管の水逃がし孔を経て、配管内に流入したとき、配管の底部に堆積してしまい、配管の排水面積が減少し、ひいては配管詰まりを引き起こしてしまう。しかもこの排水灌漑配管を傾斜した場所に用いる場合、従来の配水配管の吐出位置では、植物が発芽し活着して、そして植物が生長した後には、配水配管の吐出口を塞いでしまう。このような植物の発芽・活着により、詰まり現象が発生するのは、主に配水配管の吐出位置に、大量の土砂があり、そして水により流されて配管の底部に堆積してしまうからであり、仮に配管の吐出近傍位置に堆積してしまうと、植物が発芽・生長する温床となってしまい、植物が枝葉を伸ばして生長した後、配管の吐出口を塞いでしまう。そしてまた現在使用されている配水配管は、円周の配管壁上に、水逃し孔が平均して配置されているため、植物の種子が、たとえ土砂の堆積が少ない吐出位置でも、根が生え、配水配管の底部に設けられている水逃し孔の隙間にまで伸びて、底部に近い水逃がし孔中で活着して、枝葉を伸ばして生長した後には、配管の吐出口を塞いでしまう。
本考案は、排水灌漑配管上に設けられている、異なる水平位置の内壁、外壁排水灌漑口により、流体間の差圧で点滴灌漑を実現することで、配管の吐出口に土砂が詰まるのを防止し、従来の排水灌漑配管装置における不足を克服する新型排水灌漑配管装置を提供するものである。
上記目的を達成するために、本考案では下記の技術手段を採用している。
この排水灌漑配管装置は、外側配管と、外側配管壁面に設けられている複数の外壁排水灌漑口とを備え、外側配管の管路内には更に主送水路が設けられ、主送水路の壁面における外壁排水灌漑口よりも高い位置には複数の内壁排水灌漑口が設けられている。
前記主送水路は溝であり、前記溝は底部および上部の凸片により外側配管の内壁に固着されており、内壁排水灌漑口は凸片上に設けられている。
前記外側配管の断面が円形、または主送水路を形成する溝断面に対応する位置の外側配管の断面に近似している。
前記溝の断面が馬蹄状、U字状またはV字状であり、前記溝の深さが配管高さの約1/2である。
前記主送水路が内側配管であり、前記内壁排水灌漑口が内側配管壁の両側の内壁上に設けられ、前記内壁排水灌漑口が内側配管内壁の高さの約1/2の位置に設けられており、前記配管表面が交互の凹凸した内側配管表面および外側配管表面である、または、
前記外側配管が、各々が両端にて小さくなって内側配管に接続されている連続していない複数の部分を備えている。
前記外側配管の上部には複数の小さな微細浸透孔が設けられている。
前記内壁排水灌漑口が円形、楕円形または四角形である。
内側配管と外側配管との間は、一本以上の副送水路を更に設けることができる。
前記副送水路を形成する前記内壁が内側配管と外側配管との間で対向する複数の隔壁である。
上記技術方法により、本考案では下記する有益な効果がもたらされる。
1、排水灌漑配管の外部排水灌漑の出入口が底部近傍に設計されるため、管路を包み込む土砂に水分が充満した後、配管外部に生じる水の水面位置が配管内部における中央水平位置に近い内部排水灌漑口よりも高くなるため、二つの高さの異なる水面位置の落差圧力が生じて、この落差圧力によって、配管外部の水が落差圧力および浸透力により管路底部の外部排水灌漑口に流入し、内部排水灌漑口を介して、主送水路に押し出されて、更に主送水路を介して、配管の外に排出されるので、詰るという不具合は極めて発生しにくい。
2、排水過程において、土砂自身のろ過作用を利用するのみで、落差圧力および浸透力が水分を管路底部の排水灌漑口に浸透させるので、排水作用の間、流水水圧が発生することはない。したがって自然と大量の土砂粒子が排水灌漑配管内に滲入することはなく、詰る不具合も発生しない。
3、しかも前記配管は特製の高圧水洗浄器具を用いて定期的に保守洗浄できるので、排水または灌漑の機能および寿命を延ばすことができる。
以下にて図面を併せて本考案をより詳しく説明する。
図1、図2に示すのは、この排水灌漑配管装置の第1の実施例であり、円形の外側配管1と、外側配管の底部に設けられている複数の外壁排水灌漑口2とを備え、外側配管の管路内には更に主送水路が設けられている。この送水路は溝4であり、溝の壁面における底部排水灌漑口よりも高い位置には複数の内壁排水灌漑口3が設けられており、この溝は底部および上部の凸片5により外側配管の内壁に固着されており、内壁排水灌漑口3は凸片上に設けられている。前記外側配管の断面は円形であり、前記溝の深さが配管高さの約1/2であり、溝の断面は馬蹄状となっている。
従来技術に比べると、使用に際して、まず水源が、肥料混合システムを経て、肥料が混合された灌漑水となって、農作物に必要な量および毎日の灌漑回数に応じて、農作地の地中に設置されている灌漑配管に流入される。灌漑水が馬蹄状の主送水路に流入すると、灌漑水の水面位置も管路内で高くなり、中央水面位置の内部排水灌漑口に近くなり、管路内の水の水面位置が管路外よりも高くなったとき、二つの高さの異なる水面位置に落差圧力が生じて、この落差圧力によって、管路内の灌漑水を管路内における中央に近接する内部排水灌漑口内に押し出し、灌漑水は更に浸透圧力を利用して、馬蹄状の主送水路から、内部排水灌漑口を介して、管路底部近くに設けられた外部排水灌漑口の土内に流れ出し、必要な水および養分は土に直接吸収され、灌漑水が太陽光により蒸発および乾ききってしまうことがないので、水の節約、定期的で定量の環境に優しい灌漑の目標を達成することができる。この農作地の地中に設置されている灌漑配管は更に別の用途がある。つまり、大量の雨が降ったとき、農作地が水没してしまったそのとき、灌漑配管は排水システムとなって、農作地の大量の水を排出するのを助けるという、一石二鳥の効果がある。
排水灌漑配管を地中に埋めて、土砂内の水分が、水圧の高低落差による作用の後に、水は管路外の高い水平位置から、底部に配置されている外部排水灌漑口を経て、馬蹄状の主送水路内に浸透する。浸透の過程において、水は管路の外を包み込む土砂を経ることで、外部排水灌漑口内に浸透可能となるものであり、状況は土砂自身のろ過作用により、体積または粒子の比較的な大きな土砂は自ら底部の外部排水灌漑口の外にろ過排出されるというものである。以上の浸透作用は、管路の外を包み込む土砂にも起きて、直接水によって外部排水灌漑口内に流入して、管路の詰まりを引き起こすようなことはない。実験中において、水が排水灌漑口の孔内に浸透したとき、水は二段階の状態で比較的明らかに分かれることが分った。つまり、水は、例えば土砂含有量が多い部分では、排水灌漑口の孔内の下流部分に停留し、そして土砂含有量の比較的少ない水では、体積の質量による影響により、まず主送水路内に浸入するものであり、つまり全てが内部排水灌漑口を通過して、更に馬蹄状の主送水路内に流入した水は、小さな土壌成分が混じっているのみで、付帯的な大きな土壌または土砂によって管路が詰ることはなく、排水をスムースにすることができる。管路外の土砂が、土砂自身のろ過作用の後、極めて微細な土壌成分を有するのみとなって始めて水に混入し、これに伴って主送水路内に流入する。そして排水灌漑配管の主送水路は、馬蹄状に近似して設計されており、これは従来の送水面積が大きく、優れた送水量を備え、構造強度が極めて高い形状の一つであるので、これら微細な土壌が混入した水が、馬蹄状の主送水路に流入したときでも、馬蹄状の設計形状により、作用する強力な水流により極めて容易に管路外に排出されるので、排水灌漑配管は自らの洗浄効果も有することになる。
また、この排水灌漑配管は特製の高圧水洗浄器具を用いて定期的に保守洗浄でき、配管の機能を強化し、寿命を延ばすことができる。
図3、図4は本考案の第2の実施例であって、これが第1の実施例と異なるところは、前記溝4aの断面が対応する位置の外側配管1aに似ており、馬蹄状であるところである。
図5、図6、図7は本考案の第3の実施例であり、前記主送水路は内側配管4bであり、前記内壁排水灌漑口3bが内側配管壁の両側の内壁上に設けられている。前記内壁排水灌漑口が内側配管内壁の高さの約1/2の位置に設けられている。前記配管表面が交互の凹凸した内側配管表面および外側配管表面であり、同様に外壁排水灌漑口2bが底部に設けられている。
図8、図9、図10は本考案の第4の実施例であって、前記外側配管1cは、各々が両端にて小さくなって内側配管4cに接続されている連続していない複数の部分を備えており、同様に、外側配管上には外壁排水灌漑口2cが設けられており、内側配管上には内壁排水灌漑口3cが設けられている。
図11、図12は本考案の第5の実施例であって、これが第1の実施例と異なる点は、前記内壁排水灌漑口3dが四角形であるところである。
図13は本考案の第6の実施例であって、これが第1の実施例と異なる点は、前記外側配管1eにおける外部排水灌漑口に対向する上部には小さな微細浸透孔7が設けられているところである。
図14は本考案の第7の実施例であって、内側配管と外側配管との間には二本の副送水路が更に設けられており、前記副送水路を形成する内壁が、内側配管と外側配管との間で対向する複数の隔壁8である。内部が二層の真空構造に切り分けられた後、主送水路の部分および排水灌漑口の部分に画成されており、例えば水、オイル、ガスなどといった冷却される必要がある物体をそのうちの一層の真空構造内部に流動させる場合、他の一層を流動する物体とで、同時に排水灌漑口内で熱交換を行うことができる。
上記実施例により、本考案は灌漑の分野内ばかりでなく、生け垣および芝生地の斜面の排水、または空港の滑走路、道路、高架橋の路面排水にも応用でき、またはサッカー場、テニスコートといった芝生にも利用でき、建築物の内部の水漏れ検査の面でも効果がある。水平の灌漑圧送配管とすることもでき、ゴミ埋め立て場および海上埋め立て地に設置することもできるし、砂礫の堤防自体の排水として、そしてコンクリートのダムの底部に設置することもでき、農作地における高効率で節水可能な灌漑システム、箱型灌漑システムなどの方面に応用することができる。
本考案の第1の実施例の断面図である。 図1におけるA−Aの断面図である。 本考案の第2の実施例の断面図である。 図3におけるA−Aの断面図である。 本考案の第3の実施例の断面図である。 図5におけるA−Aの断面図である。 図5におけるB−Bの断面図である。 本考案の第4の実施例の断面図である。 図8におけるA−Aの断面図である。 図8におけるB−Bの断面図である。 本考案の第5の実施例の断面図である。 図11におけるA−Aの断面図である。 本考案の第6の実施例の断面図である。 本考案の第7の実施例の断面図である。
1 外側配管
2 外壁排水灌漑口
3 内壁排水灌漑口
4 溝
4a 溝
5 凸片
1a 外側配管
4b 内側配管
3b 内壁排水灌漑口
2b 外壁排水灌漑口
1c 外側配管
4c 内側配管
2c 外壁排水灌漑口
3c 内壁排水灌漑口
3d 内壁排水灌漑口
1e 外側配管
7 微細浸透孔
8 隔壁

Claims (10)

  1. 外側配管と、外側配管壁面に設けられている複数の外壁排水灌漑口とを備えた新型排水灌漑配管装置であって、外側配管の管路内には更に主送水路が設けられ、主送水路の壁面における外壁排水灌漑口よりも高い位置には複数の内壁排水灌漑口が設けられている、ことを特徴とする新型排水灌漑配管装置。
  2. 前記主送水路は溝であり、前記溝は底部および上部の凸片により外側配管の内壁に固着されており、内壁排水灌漑口が凸片上に設けられている、ことを特徴とする請求項1に記載の新型排水灌漑配管装置。
  3. 前記溝の断面が馬蹄状、U字状またはV字状であり、前記外側配管の断面が円形、または主送水路を形成する溝断面に対応する位置の外側配管の断面に近似しており、しかも前記溝の深さが配管高さの約1/2である、ことを特徴とする請求項1に記載の新型排水灌漑配管装置。
  4. 前記主送水路が内側配管であり、前記内壁排水灌漑口が内側配管壁の両側の内壁上に設けられている、ことを特徴とする請求項1に記載の新型排水灌漑配管装置。
  5. 前記内壁排水灌漑口が内側配管内壁の高さの約1/2の位置に設けられており、前記配管表面が交互の凹凸した内側配管表面および外側配管表面である、ことを特徴とする請求項4に記載の新型排水灌漑配管装置。
  6. 前記外側配管が、各々が両端にて小さくなって内側配管に接続されている連続していない複数の部分を備えている、ことを特徴とする請求項1に記載の新型排水灌漑配管装置。
  7. 前記外側配管の上部には複数の小さな微細浸透孔が設けられている、ことを特徴とする請求項1に記載の新型排水灌漑配管装置。
  8. 前記内壁排水灌漑口が円形、楕円形または四角形である、ことを特徴とする請求項1または2または4に記載の新型排水灌漑配管装置。
  9. 前記内側配管と外側配管との間は、一本以上の副送水路が更に設けられている、ことを特徴とする請求項1または2または4に記載の新型排水灌漑配管装置。
  10. 副送水路を形成する前記内壁が内側配管と外側配管との間で対向する複数の隔壁である、ことを特徴とする請求項9に記載の新型排水灌漑配管装置。
JP2010000813U 2006-08-24 2010-02-10 新型排水灌漑配管装置 Expired - Fee Related JP3163199U (ja)

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CN200610062301A CN101091448B (zh) 2006-08-24 2006-08-24 排灌管

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009524868A Continuation JP2010501166A (ja) 2006-08-24 2007-03-16 新型排水灌漑配管装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3163199U true JP3163199U (ja) 2010-10-07

Family

ID=38990033

Family Applications (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009524868A Pending JP2010501166A (ja) 2006-08-24 2007-03-16 新型排水灌漑配管装置
JP2010000813U Expired - Fee Related JP3163199U (ja) 2006-08-24 2010-02-10 新型排水灌漑配管装置

Family Applications Before (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009524868A Pending JP2010501166A (ja) 2006-08-24 2007-03-16 新型排水灌漑配管装置

Country Status (4)

Country Link
JP (2) JP2010501166A (ja)
CN (1) CN101091448B (ja)
HK (1) HK1111857A1 (ja)
WO (1) WO2008025195A1 (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103041938A (zh) * 2013-01-14 2013-04-17 西北农林科技大学 一种可防止盆栽土壤板结的分层浇水滴头
JP2015140630A (ja) * 2014-01-30 2015-08-03 フクビ化学工業株式会社 雨水浸透管およびこれを用いた雨水浸透システム

Families Citing this family (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101067313B (zh) * 2007-05-10 2010-12-08 梁耀德 排水方法及其排灌水管
CN201119333Y (zh) * 2007-09-05 2008-09-24 张宗友 渗透对流式排灌水管装置
CN101660311B (zh) * 2008-08-26 2013-12-04 晖耀光电科技(厦门)有限公司 新型排集水管
EP2441325B1 (en) * 2009-06-11 2014-11-05 Ducks Diving Work Ltd. Environment-friendly automatic percolation irrigation planting device with hermetic liquid
CN102493411B (zh) * 2011-12-19 2013-11-13 梁忠成 排灌管
WO2014198240A1 (zh) * 2013-06-13 2014-12-18 Leung Yan Kiu 一种多重过滤排灌水管、全方位种植盆及过滤排灌管组
CN103329734B (zh) * 2013-06-25 2015-01-28 南京师范大学 植物伤根接种器及其使用方法
CN104663409A (zh) * 2015-02-02 2015-06-03 和县秀山美地农业科技有限公司 一种温室蔬菜的栽培装置
CN106192972B (zh) * 2016-06-24 2018-02-02 白可 沙漠局部绿化设备及其制造方法

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN2270356Y (zh) * 1996-07-31 1997-12-17 中国科学院上海植物生理研究所 一种防堵塞滴灌带
CN2254921Y (zh) * 1996-09-23 1997-05-28 戚志强 方式建筑软胎模
CN2281068Y (zh) * 1997-03-05 1998-05-13 河南鹏源塑料制品有限公司 微孔渗灌、滴灌多用管
IL122777A (en) * 1997-12-28 2003-12-10 Amir Cohen Valve controlled drip irrigation lines
CN2357491Y (zh) * 1999-03-25 2000-01-12 武树贵 农田直埋式双层渗灌管
CN2438324Y (zh) * 2000-08-19 2001-07-11 中国农业科学院农田灌溉研究所 双壁管微灌带
CN201011797Y (zh) * 2006-09-08 2008-01-30 梁耀德 中空排灌管
CN200987308Y (zh) * 2006-09-08 2007-12-12 梁耀德 带马蹄形主水道的排灌管

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103041938A (zh) * 2013-01-14 2013-04-17 西北农林科技大学 一种可防止盆栽土壤板结的分层浇水滴头
JP2015140630A (ja) * 2014-01-30 2015-08-03 フクビ化学工業株式会社 雨水浸透管およびこれを用いた雨水浸透システム

Also Published As

Publication number Publication date
JP2010501166A (ja) 2010-01-21
CN101091448B (zh) 2010-05-12
WO2008025195A1 (en) 2008-03-06
WO2008025195A8 (fr) 2008-05-08
HK1111857A1 (en) 2008-08-22
CN101091448A (zh) 2007-12-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3163199U (ja) 新型排水灌漑配管装置
JP6142370B2 (ja) 多重ろ過自動排水灌漑配管及び植栽装置
CN100473271C (zh) 利用暗管排水改良盐碱地的系统工程方法
KR101923926B1 (ko) 도시형 레인가든 시스템
CN209941698U (zh) 可循环使用的边坡排水结构
CN206256524U (zh) 一种基于海绵城市理念的植草沟降洪系统
CN206667420U (zh) 海绵城市高效渗透型绿地构造
CN106134556A (zh) 稻田径流氮磷格田控排与农田渗滤组合拦截去除系统及其应用方法
CN107476379B (zh) 一种沙化河岸防风固沙林带的灌溉方法和系统
CN103081783A (zh) 一种渗灌系统
CN112031114A (zh) 渗滞型调蓄海绵停车场及雨水调蓄方法
CN109853590B (zh) 一种利用降雨浸润岩质陡坡坡面客土基层的装置及施工方法
CN109618884B (zh) 一种浅层地下水渗流集水暗管结构
CN110357267A (zh) 梯级多段潜流人工湿地处理池及其施工方法
CN212477300U (zh) 一种透水混凝土生态园林道路系统
CN211745563U (zh) 一种用于马路两边迂回形下陷式环保绿化带
CN107466665A (zh) 一种沙地水土保持系统和方法
CN210104479U (zh) 一种园林景观透水道路结构
CN203235587U (zh) 排灌水管
KR101668420B1 (ko) 우수 저류침투형 잔디조성구조
JP2013234493A (ja) グラウンドの排水方法及びそれに用いる濾過構造体
CN207211326U (zh) 一种无坡草坪排水结构
TWI408300B (zh) Irrigation and drainage equipment
CN207219655U (zh) 一种沙地水土保持装置
CN213756099U (zh) 一种园林微地形绿化灌溉系统

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100810

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130915

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees