JP3099109B2 - 微粉炭バーナ - Google Patents

微粉炭バーナ

Info

Publication number
JP3099109B2
JP3099109B2 JP08129451A JP12945196A JP3099109B2 JP 3099109 B2 JP3099109 B2 JP 3099109B2 JP 08129451 A JP08129451 A JP 08129451A JP 12945196 A JP12945196 A JP 12945196A JP 3099109 B2 JP3099109 B2 JP 3099109B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pulverized coal
air
fuel nozzle
fuel
downstream
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP08129451A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH09310809A (ja
Inventor
啓信 小林
洋文 岡▲崎▼
研滋 木山
正行 谷口
Original Assignee
バブコック日立株式会社
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by バブコック日立株式会社, 株式会社日立製作所 filed Critical バブコック日立株式会社
Priority to JP08129451A priority Critical patent/JP3099109B2/ja
Publication of JPH09310809A publication Critical patent/JPH09310809A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3099109B2 publication Critical patent/JP3099109B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23DBURNERS
    • F23D1/00Burners for combustion of pulverulent fuel
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23DBURNERS
    • F23D2201/00Burners adapted for particulate solid or pulverulent fuels
    • F23D2201/20Fuel flow guiding devices
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23DBURNERS
    • F23D2209/00Safety arrangements
    • F23D2209/20Flame lift-off / stability

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、微粉炭を気流搬送
して燃焼させる微粉炭バーナに係り、特に低負荷時の火
炎の安定性を高め、NOxの発生を抑制した微粉炭バー
ナに関するものである。
【0002】
【従来の技術】微粉炭燃焼においては、窒素酸化物(以
下、「NOx」と云う)の発生量を少なく抑えることが
要求される。微粉炭の燃焼時に発生するNOxは、ほと
んどが石炭中に含まれる窒素が酸化されて発生するNO
xである。このNOx発生量を減らすために、従来から
微粉炭バーナの構造がいろいろと工夫されてきた。
【0003】NOxの発生量を減らす微粉炭バーナとし
て、微粉炭バーナ内に還元領域と酸化領域を形成する、
所謂火炎内二段燃焼がある。石炭中の窒素が燃焼初期の
熱分解時にシアン化水素(HCN)やアンモニア(NH
3)に分解され気相中へ放出される。これらの窒素化合
物は酸化されてNOxになる一方で、酸素濃度の低い領
域でNOxを還元する効果を有する。この火炎内二段燃
焼は、NH3やHCNのNOx前駆物質がNOxを還元
する反応を火炎内で効果的に実現したものである。火炎
内の微粉炭バーナ近傍では空気不足の燃料過剰燃焼を行
なって還元炎領域を拡大し、火炎の後段では酸素濃度の
高い燃焼を行なって酸化炎領域を形成するようにしたも
のである。
【0004】火炎内二段燃焼の効果を高めるには、燃料
ノズルから供給される微粉炭の火炎を安定に形成するこ
とが重要であり、微粉炭と搬送空気の供給状態を変える
試みがなされている。燃料ノズルの内部に物体を配して
粒子濃度を調節する微粉炭バーナは、例えば特開昭63
−21406号公報、特開平3−41571号公報、特
開平3−110308号公報或いは特開平4−2440
4号公報等に開示されている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、例えば
微粉炭焚ボイラに適用した火炎内脱硝方式の微粉炭バー
ナにおいて、その排出NOx濃度を低減するためには還
元炎領域におけるNOxの還元反応を促進させることが
重要になる。これには、燃焼用空気の供給構造の改善ば
かりでなく、微粉炭の供給構造を改善して燃料過剰燃焼
を達成させ、還元炎領域における微粉炭の熱分解の能力
を高めることが重要になる。
【0006】微粉炭ボイラの運用性を高めるために、短
い時間で負荷を変動させる。この観点から考えると、微
粉炭バーナの運用下限を低負荷まで広げることが重要で
ある。
【0007】しかし、微粉炭バーナにおいて、微粉炭搬
送管内を流れる微粉炭粒子の流速をある一定速度以下に
下げることが出来ず、このため微粉炭搬送管に供給する
空気の流量を減らすことには限度がある。微粉炭粒子の
流速が遅すぎると搬送管の内部に微粉炭粒子が沈降し搬
送管を閉塞したり、火炉の火炎が微粉炭の搬送管へ逆流
する恐れがある。
【0008】このため微粉炭バーナの運用下限を低負荷
まで広げるためには、微粉炭流量と共に空気流量を減ら
す際に、ある程度の負荷まできたら微粉炭搬送空気の流
量を一定にし微粉炭の供給量を減少させることで対応し
なければならない。
【0009】微粉炭の供給量のみが減少すると、微粉炭
搬送空気に含まれる微粉炭の濃度が低くなり、火炎が燃
料ノズルの出口近傍に形成されにくくなり、微粉炭と燃
焼用空気の混合が微粉炭バーナの近傍で進んだ後に微粉
炭は燃焼する。この結果、火炎内にNOxの還元領域が
形成されがたくなる。
【0010】本発明の第1の目的は、上記課題を解決
し、還元炎領域における微粉炭の熱分解の能力、特に低
負荷時の火炎の安定性を高め、微粉炭の燃焼効率を向上
させると共に、還元炎領域を大きくしNOxの発生を抑
制する微粉炭バーナを提供することである。
【0011】本発明の第2の目的は、微粉炭のみで燃焼
出来ると共に、バーナの負荷範囲を広くすることによっ
て燃料オイル等の助燃剤の使用量を少なくする微粉炭バ
ーナを提供することである。
【0012】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するた
め、本発明は、微粉炭と空気との混合気を噴出させる燃
料ノズルの外側に燃焼用空気を旋回流で供給する空気ノ
ズルを前記燃料ノズルと同軸状に設けた微粉炭バーナに
おいて、前記燃料ノズルは、前記混合気の流れを前記燃
料ノズルの中心軸側に絞る絞り部と、該絞り部の下流側
で前記燃料ノズルの中心軸上に設けられ上流側から下流
側に向かって漸次拡がると共に前記混合気を衝突させて
拡散させる拡大部を有する被衝突拡散体と、該被衝突拡
散体の下流側で前記燃料ノズルの中心軸と同軸状に設け
られ上流側から下流側に向かって漸次狭まる狭小筒部を
有すると共に流路を同軸状に分割する流路分割体とを備
えたものである。
【0013】燃料ノズルが絞り部と、拡大部を有する被
衝突拡散体と、狭小筒部を有し流路を同軸状に分割する
流路分割体とを備えたものは、燃料ノズルの上流側に流
路面積を縮小する絞り部を取り付けるので、燃料ノズル
の壁面近傍の微粉炭は絞り部の流入口に衝突することに
よってその濃度を高める。絞り部の下流側に配した拡大
部を有する被衝突拡散体は、燃料ノズル中心部の微粉炭
を衝突させて、その濃度を高めると共に、絞り部で濃縮
された微粉炭粒子も衝突させる。即ち、燃料ノズル外周
側と内周側の燃料は、その濃度を高めた状態で被衝突拡
散体の拡大部の外表面に衝突する。これにより、粒子の
流れ方向は燃料ノズルの外周側に移り、その微粉炭濃度
を高める。
【0014】被衝突拡散体の拡大部で流れ方向を変化さ
せられた濃度の高い微粉炭粒子は、その慣性力によっ
て、その流れ方向を暫時保ち、これによって微粉炭の比
較的大きな粒子を燃料ノズルの口縁の方向へ集める。被
衝突拡散体の下流側に流路分割体は、燃料ノズルの流路
を同軸状に分割しており、外周側流路と内周側流路の微
粉炭の流れを整える。即ち、流路分割体を配置すること
によって、外周側と内周側の搬送空気の流れはそれぞれ
均等になり、径方向の速度勾配は低減される。
【0015】更に、流路分割体で分割される外周側の燃
料濃度は高くなるので、燃料濃度の低い低負荷時や難燃
性の高燃料比炭でも、火炎を安定に保つことが出来る。
還元炎領域における微粉炭の熱分解の能力、特に低負荷
時の火炎の安定性を高め、NOxの発生を抑制する。
【0016】又、微粉炭と空気との混合気を噴出させる
燃料ノズルの両側に燃焼用空気を供給する空気ノズルを
設けた微粉炭バーナにおいて、前記燃料ノズルは、前記
混合気の流れを前記燃料ノズルの中心軸側に絞る絞り部
と、該絞り部の下流側で前記燃料ノズルの中心軸上に設
けられ上流側から下流側に向かって漸次拡がると共に前
記混合気を衝突させて拡散させる拡大部を有する被衝突
拡散体と、該被衝突拡散体の下流側で前記燃料ノズルの
中心軸と同軸状に設けられ上流側から下流側に向かって
漸次狭まる狭小筒部を有すると共に流路を同軸状に分割
する流路分割体とを備えたものである。
【0017】燃料ノズルの両側に燃焼用空気を供給する
空気ノズルを設けた微粉炭バーナにおいて、燃料ノズル
が絞り部と、拡大部を有する被衝突拡散体と、狭小筒部
を有し流路を同軸状に分割する流路分割体とを備えたも
のは、燃料ノズルの両側に空気ノズルを設けた微粉炭バ
ーナにおいて上記微粉炭バーナと同様の作用を有する。
更に、上記いずれかの微粉炭バーナにおいて、前記被
衝突拡散体は、前記拡大部に延設して前記燃料ノズルの
中心軸上に設けられ該中心軸に平行な平行部と、該平行
部に延設して前記燃料ノズルの中心軸上に設けられ上流
側から下流側に向かって漸次縮小する縮小部とを有する
ものである。被衝突拡散体が拡大部に延設して中心軸に
平行な平行部と、この平行部に延設して中心軸上に漸次
縮小する縮小部とを有するものは、上記いずれかの微粉
炭バーナの作用に加え、平行部によって混合気の流れ方
向を燃料ノズルの中心軸に沿う方向に変え、平行部の外
表面近傍には、比較的微細な粒子が流れ粒子濃度は希薄
になる。縮小部は、混合気を縮小部の外表面に沿って流
れるように作用し、平行部近傍を流れる比較的微細な粒
子は、縮小部の外表面を流れる気体に追随するので、燃
料ノズルの径方向の濃度勾配はより一層助長される。
【0018】更に、上記微粉炭バーナにおいて、前記被
衝突拡散体の拡大部の頂角は、15〜40°である。被
衝突拡散体の拡大部の頂角が15〜40°であるもの
は、上記微粉炭バーナの作用に加え、被衝突拡散体によ
る粒子の分級を最も効果的に行なう。拡大部の頂角が1
5゜よりも小さくなると、拡大部における流れ方向の変
化が小さいため、燃料ノズルの径方向の速度成分が小さ
くなり、平行部における粒子の分級作用が極めて弱くな
る。一方、拡大部の頂角を40゜よりも大きくなると、
粒子の衝突によって拡大部外表面が磨耗され易くなると
共に、燃料ノズルの圧力損失が増加する。
【0019】更に、上記縮小部を有するいずれかの微粉
炭バーナにおいて、前記被衝突拡散体の縮小部の頂角
は、5〜20°である。被衝突拡散体の縮小部の頂角が
5〜20°であるものは、上記縮小部を有するいずれか
の微粉炭バーナの作用に加え、流れは縮小部の外表面で
剥離せず、粒子の分級作用を維持する。縮小部の頂角が
5゜よりも小さくなると、被衝突拡散体が大きくなって
燃料ノズルに格納出来ない。縮小部の頂角が、20゜よ
りも大きくなると、流れは縮小部の外表面で剥離するの
で、粒子の分級作用が極端に低下する。
【0020】更に、上記いずれかの微粉炭バーナにおい
て、前記流路分割体は、前記狭小筒部に延設して前記燃
料ノズルの中心軸と同軸状に設けられ該中心軸に平行な
平行筒部を有するものである。流路分割体が狭小筒部に
延設して中心軸に平行な平行筒部を有するものは、上記
いずれかの微粉炭バーナの作用に加え、平行筒部の外側
と内側の噴出速度は同じ方向に出来るため、火炉へ噴出
された後でも、燃料噴流の径方向の混合を抑制出来る。
これにより、粒径の小さな燃料はNOxの還元域へより
多く供給出来るので、NOxの還元反応は促進され、微
粉炭バーナから排出されるNOx濃度を低減させること
が出来る。そして、平行筒部の火炉方向の投影面積は板
の厚みに相当するだけで極めて小さくすることが出来る
ので、火炉から受ける輻射も小さくなり、油の燃焼時や
休止時における微粉炭バーナの焼損を防ぐことが出来
る。更に、冷却に必要な空気量を少なく出来るので余剰
空気を低減して炉の熱効率を高くすることが出来る。
【0021】そして、上記いずれかの微粉炭バーナにお
いて、前記狭小筒部の外表面と前記燃料ノズルの中心軸
となす角度は、2〜10°である。狭小筒部の外表面と
燃料ノズルの中心軸となす角度が2〜10°であるもの
は、上記いずれかの微粉炭バーナの作用に加え、狭小筒
部の外表面と燃料ノズルの中心軸となす角度が10°を
超えると混合気の流れが狭小筒部の外表面から剥離し下
流側の流速分布を平滑に出来ない。狭小筒部の外表面と
燃料ノズルの中心軸となす角度が2°未満であると狭小
筒部が長くなり燃料ノズルの中に収容出来ず、且つ下流
側の流速分布を平滑にする作用が極端に小さくなる。よ
って、2゜から10゜の範囲にすることが望ましい。
【0022】又、微粉炭と空気との混合気を噴出させる
燃料ノズルの両側に燃焼用空気を供給する空気ノズルを
設けた微粉炭バーナにおいて、前記燃料ノズルは、前記
混合気の流れを一方の壁面から他方の壁面に近づけて絞
る絞り部と、該絞り部の下流側で前記他方の壁面から一
方の壁面に上流側から下流側に向かって漸次近づけさせ
ると共に前記混合気を衝突させて拡散させる被衝突拡散
体と、該被衝突拡散体の下流側で前記流路を分割する流
路分割体とを備えたものである。
【0023】燃料ノズルが混合気の流れを一方の壁面か
ら他方の壁面に近づけて絞る絞り部と、他方の壁面から
一方の壁面に漸次近づけ衝突させて拡散させる被衝突拡
散体と、流路を分割する流路分割体とを備えたものは、
先の燃料ノズルの両側に燃焼用空気を供給する空気ノズ
ルを設けた微粉炭バーナと同様の作用を有し、微粉炭バ
ーナの近傍に安定な火炎が形成出来るので、微粉炭の熱
分解が促進され、NOx濃度は低減する。
【0024】そして、上記いずれかの微粉炭バーナにお
いて、前記燃料ノズルの先端に前記空気ノズルの燃焼用
空気の流れを外側にそらすそらせ板と、前記混合気を衝
突させる衝突板を設けたものである。燃料ノズルの先端
にそらせ板と衝突板を設けたものは、上記いずれかの微
粉炭バーナの作用に加え、そらせ板は燃焼用空気の流れ
を燃料ノズルの先端から外側にそらせる。更に、衝突板
は燃料ノズルの先端に渦を発生させ、燃料ノズル先端下
流側に形成される混合ガスの逆流域を大きくし、微粉炭
の着火位置が微粉炭バーナに近づき、微粉炭の燃焼効率
は向上する。しかも、微粉炭バーナ近くで温度が高くな
り、酸素の消費が進むため、還元炎領域が大きくなり、
NOxの発生が抑制される。
【0025】
【発明の実施の形態】以下、本発明に係る微粉炭バーナ
の実施の形態を図面に基づいて詳細に説明する。尚、図
1〜9において同じ構造、作用部分には同じ参照番号を
付けて示す。
【0026】図1は、本発明に係る微粉炭バーナの第1
実施の形態を示す断面図、図2は、図1の I 矢視図で
ある。第1実施の形態の微粉炭バーナ1は、微粉炭を燃
焼して蒸気を発生させる微粉炭焚きボイラに好適なバー
ナで、その中心軸位置に燃料ノズル2が設けられてい
る。燃料ノズル2は、微粉炭と一次空気との混合気62
を噴出させるもので、その外側に燃焼用空気である2次
空気63及び3次空気64を旋回流で供給する2次空気
ノズル27及び3次空気ノズル33を燃料ノズル2と同
軸状に設けている。二つの空気ノズル27、33は、ウ
ィンドボックス42に供給された燃焼用空気を火炉43
へ供給する流路である。
【0027】ここで、燃料ノズル2は、1次スロート2
3を外壁とする管状の流路であるが、火炉43の内壁に
取り付けられた水管41を予熱するための助燃用のオイ
ルガン22が燃料ノズル2の中心軸3上に取り付けられ
ている。更に、上流側から混合気62の流れを燃料ノズ
ル2の中心軸3側に絞る絞り部であるベンチュリ4と、
このベンチュリ4の下流側で燃料ノズルの中心軸3上に
設けられ、且つ上流側から下流側に向かって漸次拡がる
と共に混合気62を衝突させて拡散させる被衝突拡散体
である紡錐体9と、この紡錐体9の下流側で燃料ノズル
の中心軸3と同軸状に設けられ、且つ上流側から下流側
に向かって漸次狭まる狭小筒部であるコーン15とを有
すると共に、流路を同軸状に分割する流路分割体である
分配器14とを備える。
【0028】更に、燃料ノズル2の先端に保炎器19が
設けられている。保炎器19は、2空気ノズルの2次空
気63の流れを外側にそらすそらせ板20と、混合気6
2を衝突させる衝突板21を有する。図2に示すよう
に、複数枚の衝突板21が円周方向に取り付けられてい
る。
【0029】ベンチュリ4は、図1に図示されていない
微粉炭の供給装置から送られた微粉炭の濃度を燃料ノズ
ル2の中心部で高めて供給するもので、流路断面が最も
小さくなる部分の流路面積は、燃料ノズル2の流路断面
積の30%から70%にしており、これにより燃料ノズ
ル2の上流側の曲り管などによる粒子の偏流を抑制出来
る。
【0030】紡錐体9は、拡大部である円錐体10と、
この円錐体10に延設して燃料ノズルの中心軸3上に設
けられ中心軸3に平行な平行部である円柱体11と、こ
の円柱体11に延設して燃料ノズルの中心軸3上に設け
られ上流側から下流側に向かって漸次縮小する縮小部で
ある円錐体12とを有する。円錐体10の頂角は、15
〜40°である。縮小部である円錐体12の頂角は、5
〜20°である。
【0031】更に、分配器14は、コーン15に延設し
て燃料ノズルの中心軸3と同軸状に設けられ中心軸3に
平行な平行筒部である円管17を有する。コーン15の
外表面と燃料ノズルの中心軸3となす角度は、2〜10
°である。
【0032】2次空気ノズル27は、1次スロート23
を内周壁とし二次スロート28を外周壁とする円環状の
流路で、火炉43から上流側に向かうにつれて、2次空
気旋回羽根31とダンパ36を有する。2次空気旋回羽
根31は、2次空気63を旋回流で供給する。この2次
空気旋回羽根31は軸流型の旋回流発生器であり、流路
の周方向に配した複数の扇型の羽根と、この羽根と一体
的に取り付けられた支持棒とを有する。2次空気旋回羽
根31の旋回流強度は、図に示されない駆動装置によっ
て羽根の角度を変えて調整される。
【0033】ダンパ36は2次空気63の流量を調節
し、円筒状の形状をなし、二次スロート28とウィンド
ボックス42を連通する開口部を覆う位置に取り付けら
れ、図1に示されていない調節装置によってバーナの中
心軸と平行な方向に移動させ、前記開口部の面積を変化
させる。この動作によって、2次空気63と3次空気6
4の配分比率が調節される。
【0034】3次空気ノズル33は、3次スロート34
を内周壁とし、バーナスロート38を外周壁とする円環
状の流路である。ウィンドボックス42からの3次空気
64は3次空気旋回羽根35を介して火炉43へ旋回流
の形で供給される。
【0035】2次スロート28と3次スロート34の間
隔は半径方向に離れている。この隔壁部は、2次スロー
ト28の火炉側端面を径方向に拡大しつつ伸張させた拡
径部29と、火炉に対面した鉛直の環状壁面である分離
壁30とを有する。
【0036】以上の構造を有する第1実施の形態の微粉
炭バーナ1は次のように作用する。即ち、燃料ノズル2
がベンチェリ4と、円錐体10を有する紡錐体9と、流
路を同軸状に分割するコーン15を有する分配器14と
を備えたものは、燃料ノズル2の壁面近傍の微粉炭はベ
ンチェリ4の流入口に衝突することによってその濃度を
高める。ベンチェリ4の下流側に配した紡錐体9は、燃
料ノズル2中心部の微粉炭をその円錐体10に衝突させ
て、その濃度を高めると共に、ベンチェリ4で濃縮され
た微粉炭粒子も衝突させる。即ち、燃料ノズル2外周側
と内周側の燃料は、その濃度を高めた状態で円錐体10
の外表面に衝突する。これにより、粒子の流れ方向は燃
料ノズル2の外周側に移り、その微粉炭濃度を高める。
【0037】更に、紡錐体9が円錐体10に延設して中
心軸3に平行な円柱体11と、この円柱体11に延設し
て中心軸上に漸次縮小する円錐体12とを有するもの
は、円柱体11によって混合気62の流れ方向を燃料ノ
ズル2の中心軸に沿う方向に変え、円柱体11の外表面
近傍には、比較的微細な粒子が流れ粒子濃度は希薄にな
る。円錐体12は、混合気62を円錐体12の外表面に
沿って流れるように作用し、円柱体11近傍を流れる比
較的微細な粒子は、円錐体12の外表面を流れる気体に
追随し、燃料ノズル2の径方向の濃度勾配はより一層助
長される。
【0038】更に、紡錐体9の円錐体10の頂角が15
〜40°であるものは、紡錐体9による粒子の分級を最
も効果的に行なう。円錐体10の頂角が15゜よりも小
さくなると、円錐体10における流れ方向の変化が小さ
いため、燃料ノズル2の径方向の速度成分が小さくな
り、円柱体11における粒子の分級作用が極めて弱くな
る。一方、円錐体10の頂角を40゜よりも大きくする
と、粒子の衝突によって円錐体10外表面が磨耗され易
くなると共に、燃料ノズル2の圧力損失が増加する。
【0039】更に、紡錐体の円錐体12の頂角が5゜よ
りも小さくなると、紡錐体9が大きくなって燃料ノズル
2に格納出来なくなる。円錐体12の頂角が、20゜よ
りも大きくなると、流れは円錐体12の外表面で剥離す
るので、粒子の分級作用が極端に低下する。又、下流側
の円錘体12の頂角は、上流側の円錘体10の頂角より
も小さいことが望ましい。紡錐体9で流れ方向を変化さ
せられた濃度の高い微粉炭粒子は、その慣性力によっ
て、その流れ方向を暫時保ち、これによって微粉炭の比
較的大きな粒子は、燃料ノズル2の口縁の方向へ集めら
れる。
【0040】更に、紡錐体9の下流側に分配器14を設
けることにより燃料ノズル2の流路は同軸状に分割され
ており、外周側流路と内周側流路の微粉炭の流れは整え
られる。即ち、分配器14を配置することによって、外
周側と内周側の搬送空気の流れはそれぞれ均等になり径
方向の速度勾配は低減される。
【0041】更に、分配器14で分割される外周側の微
粉炭濃度は高くなるので、微粉炭濃度の低い低負荷時や
難燃性の高燃料比炭でも火炎を安定に保ち、還元炎領域
における微粉炭の熱分解の能力、特に低負荷時の火炎の
安定性を高め、NOxの発生を抑制する。
【0042】更に、分配器14がコーン15に延設して
中心軸に平行な円管17を有するものは、円管17の外
側と内側の噴出を同じ方向に出来るため、火炉へ噴出さ
れた後でも、燃料噴流の径方向の混合を抑制出来る。こ
れにより、粒径の小さな燃料はNOxの還元領域へより
多く供給出来、NOxの還元反応は促進され、微粉炭バ
ーナから排出されるNOx濃度は低減される。
【0043】そして、円管17の火炉方向の投影面積は
板の厚みに相当するだけで極めて小さくすることが出来
るので、火炉から受ける輻射も小さくなり、油の燃焼時
や休止時における微粉炭バーナの焼損を防ぐことが出来
る。更に、冷却に必要な空気量を少なく出来るので余剰
空気を低減して炉の熱効率を高くすることが出来る。
【0044】更に、コーン15の外表面と燃料ノズルの
中心軸3となす角度が10°を超えると混合気62の流
れがコーン15の外表面から剥離し下流側の流速分布を
平滑に出来ない。コーン15の外表面と燃料ノズルの中
心軸3となす角度が2°未満であるとコーン15が長く
なり燃料ノズルの中に収容出来ず、且つ下流側の流速分
布を平滑に出来ない。よって、コーン15の外表面と燃
料ノズルの中心軸3となす角度は2゜から10゜の範囲
にすることが望ましい。
【0045】そして、燃料ノズル2の先端7にそらせ板
20と衝突板21を有する保炎器19が設けられたもの
は、そらせ板20は2次空気の流れを燃料ノズルの先端
7から外側にそらせる。衝突板21は燃料ノズルの先端
7近傍に渦を発生させる。図2に示したように、第1実
施の形態においては、燃料ノズル2の先端に、2次空気
の流れを燃料ノズルの先端7から外側にそらせるそらせ
板20と、流れに対し障害となる衝突板21を設けるこ
とで、燃料ノズル2と2次空気ノズル27の間の下流側
に形成される逆流域を大きくする。このため、微粉炭の
着火位置が微粉炭バーナ1に近づき、微粉炭の燃焼効率
は向上する。そして、微粉炭バーナ1近くで温度が高く
なり、酸素の消費が進むため、還元炎領域が大きくな
り、NOxの発生が抑制される。
【0046】更に、本発明で、燃料ノズル2の先端位置
から2次空気ノズル27の流路を拡大する拡径部29を
設けることで、2次空気63の軸方向の流速を減速し、
且つ、旋回流速を維持することが出来る。このとき、燃
料ノズル2の保炎器19下流に形成される逆流域の大き
さは2次空気63の旋回強度で決まる。このため、燃焼
用空気量の少ない場合も、2次空気63の旋回強度を維
持すればよいため、流量の多い3次空気64の旋回強度
を維持する場合よりも圧力損失を少なく出来、操作も容
易となる。
【0047】本実施の形態の微粉炭バーナ1は、コーン
15を有する分配器14を設けることにより、例えば特
開平3−110308号公報に開示された案内筒に比べ
次のような優れた点がある。即ち、第1は、分配器14
の上流側の端面のみが燃料ノズル2の内壁面と近接して
おり、他の部分は燃料ノズル2の内壁面と離れているた
め、分配器14の外周側の流路の圧力損失を小さくする
ことが出来る。分配器14の上流側が同じ半径の場合、
分配器14の外管を流れる高濃度の微粉炭を含む搬送気
体の流量は大きくなり、高濃度側に分配される微粉炭の
割合が増加する。このため、微粉炭濃度の高い領域を燃
料ノズル2口縁に広くすることが出来る。高濃度の燃料
噴流の径方向の厚みが増えるので、火炉内でも高濃度の
燃料噴流を保つことが出来、火炎内の還元雰囲気をより
効果的に発生させ、微粉炭を低NOx燃焼出来る。
【0048】一方、同じ圧力損失の場合、分配器14の
上流側の端面を燃料ノズル2壁面に近づけることが出来
る。微粉炭濃度は燃料ノズル2壁面近傍ほど高いから、
分配器14で切り出される外周側の燃料濃度は高くな
り、燃料濃度の低い低負荷運用や、難燃性の高燃料比炭
の燃焼させる運用時でも、火炎を安定に保つことが出来
る。
【0049】第2に、分配器14の下流側の端面が、燃
料ノズル2の中心軸と平行になり、分配器14の外周側
と内周側の噴出速度は同じ方向に出来るため、火炉へ噴
出された後でも、燃料噴流の径方向の混合を抑制出来
る。これにより、粒径の小さな燃料はNOxの還元域へ
より多く供給出来るので、NOxの還元反応は促進さ
れ、バーナから排出されるNOx濃度は低減する。
【0050】第3に、下流側の端面の近傍における分配
器14の火炉方向への投影面積は板の厚みに相当するだ
けで、極めて小さくすることが出来る。上記の投影面積
が小さければ、火炉から受ける輻射も小さくなり、油の
燃焼時や休止バーナの運用時におけるバーナの焼損を防
ぐことが出来る。更に、冷却に必要な空気量を少なく出
来るので、余剰空気を低減して、ボイラの熱効率を高く
することが出来る。
【0051】図3は、図1と同様の第2実施の形態を示
す一部省略断面図である。この図に示す第2実施の形態
の微粉炭バーナ1は、図1のバーナと比べ変更されたと
ころを示し、その他の部分は省略している。第2実施の
形態の微粉炭バーナ1は、流路分割体である分配器14
が狭小筒部であるコーン15のみから形成されており、
これで紡錘体9の下流側の流速分布を平滑にしている。
コーン15の角度は2゜から10゜の範囲にすることが
望ましい。先に述べたように、この範囲の角度でコーン
15の外側面からの混合気の流れの剥離を抑制する。
【0052】第2実施の形態の微粉炭バーナの場合、コ
ーン15は紡錘体9の下流側の流速分布を平滑にするこ
とを目的にしている。本目的に合致させるためには、コ
ーン15の内周面と外周面に沿って空気を流す必要があ
る。これには、空気がコーン15の外周面に沿って流れ
ることが特に重要であり、コーン15の外周面で空気の
剥離を抑制しなければならない。一旦、空気流れが剥離
すると、粒子は剥離した流れの中に拡散出来ず、そのま
ま燃料ノズル先端へ運ばれる。コーン15の外周面にお
ける空気の剥離の条件を詳細に計測した結果、コーン1
5の角度は2°から10°の範囲にすることが望ましい
ことが明らかになった。角度が2°よりも小さい場合、
コーン15の内周面へ流入される空気は少なくなり、速
度分布はノズル外周部で高くなる。又、角度が10°よ
りも大きくなると、コーン15の外周面の下流側で空気
の流れが剥離する。その他の部分の構造、作用について
は、図1のものと同様であるのでその説明を省略する。
【0053】以上説明した本実施の形態の微粉炭バーナ
の燃料ノズル2は、ノズル口縁における燃料濃度を搬送
条件の約2倍にまで高めることが出来る。又、流速分布
は、平均流速の±5%以内に平滑にすることが出来る。
これにより、微粉炭が着火し易くなるため、火炎内の脱
硝反応が促進され、NOx濃度を低減出来る。燃料比
2.3の歴青炭を燃焼し、火炉出口の灰中未燃分5%の
条件で比較した場合、NOx濃度は従来よりも20%低
減した。更に、燃料ノズル2口縁の燃料濃度が高くなっ
たため、燃料濃度の希薄な条件でも火炎を安定に形成す
ることが出来る。これにより、従来、石炭専焼がバーナ
負荷40%であったものが、バーナ負荷20%まで安定
な火炎を保つことが出来、石油などの助燃剤を減らすこ
とが出来る。
【0054】本発明の微粉炭バーナ1は、燃料ノズル
2、2次空気ノズル27及び3次空気ノズル33から構
成されたものが最も望ましいが、2次空気ノズル27と
3次空気ノズル33とを別々に設けずに一つの補助空気
ノズルを設けたものであっても良い。
【0055】更に、このバーナの保炎機能は、燃料ノズ
ルの出口端部の近傍にその周囲よりも気圧の低い負圧部
が形成され、そこに微粉炭と空気の循環流が生じて火の
着きがよくなることに基づいている。この現象をより促
進させるために、粉砕器出口よりも濃度を高めた微粉炭
をノズル出口の負圧部に供給したものである。
【0056】更に、本発明の微粉炭バーナ1は、燃料ノ
ズル2出口の濃度分布と速度分布を独立に変化させるた
めには、流路分割体14の上流側の部分がその径を下流
に向って小さく変化させる狭小状の筒であるコーン15
が優れている。小径の方を上流側に向けて設けると、燃
料ノズル2出口の濃度分布と速度分布を独立に変化させ
ることは困難である。更に、火炉の輻射を受けやすく熱
変形や焼損の問題が発生する。
【0057】図4は、図1と同様の第3実施の形態を示
す断面図、図5は、図4の II−II線断面図、図6は、
図4の III−III 線断面図、を各々示す。上記に説明し
た第1、第2実施の形態の微粉炭バーナ1は、円形断面
のバーナであったが、本発明は流路が矩形断面を有する
矩形バーナにも適用出来る。第3実施の形態の微粉炭バ
ーナ1は、微粉炭と空気との混合気62を噴出させる燃
料ノズル2の両側に燃焼用空気を供給する空気ノズル5
5を設けている。
【0058】更に、燃料ノズル2は、混合気62の流れ
を燃料ノズルの中心軸3側に絞る絞り部45と、この絞
る絞り部45の下流側で燃料ノズルの中心軸3上に設け
られ上流側から下流側に向かって漸次拡がると共に混合
気62を衝突させて拡散させる拡大部47、平行部48
及び縮小部49を有する被衝突拡散体46と、この被衝
突拡散体46の下流側で燃料ノズルの中心軸3と同軸状
に設けられ上流側から下流側に向かって漸次狭まる狭小
筒部51及び狭小筒部51に延設して設けられた平行筒
部52を有すると共に流路を同軸状に分割する流路分割
体50とを備える。
【0059】そして、燃料ノズル2と空気ノズル55が
共に矩形をなし、空気ノズル55は燃料ノズル2の上下
に隣接して設けられている。このバーナの場合、流路が
矩形であるために、燃料ノズル2内の内部に配した絞り
部45、被衝突拡散体46及び流路分割体50等の断面
形状も矩形をなしている。勿論被衝突拡散体46を形成
する拡大部47、平行部48及び縮小部49や流路分割
体50を形成する狭小筒部51及び平行筒部52も矩形
断面である。これらの断面形状を流路断面の形状に合わ
せると最も高い性能を示すが、燃料ノズル自体が矩形断
面で、絞り部45、被衝突拡散体46及び流路分割体5
0等の断面形状が円形断面でも略同様の機能を発揮す
る。
【0060】第3実施の形態の微粉炭バーナ1は、燃料
ノズル2が絞り部45、被衝突拡散体46及び流路分割
体50を備えることにより、燃料ノズルの両側に空気ノ
ズルを設けた微粉炭バーナにおいて先の微粉炭バーナと
同様の作用を有するものである。
【0061】図7は、図1と同様の第4実施の形態を示
す断面図、図8は、図7の IV−IV線断面図、図9は、
図7の V−V 線断面図、を各々示す。第4実施の形態の
微粉炭バーナ1は、微粉炭と空気との混合気62を噴出
させる燃料ノズル2の両側に燃焼用空気を供給する空気
ノズル55を設けている。燃料ノズル2は、混合気62
の流れを一方の壁面56から他方の壁面57に近づけて
絞る絞り部58と、この絞り部58の下流側で他方の壁
面57から一方の壁面56に上流側から下流側に向かっ
て漸次近づけさせると共に混合気62を衝突させて拡散
させる被衝突拡散体59と、この被衝突拡散体59の下
流側で流路を分割する流路分割体60とを備える。
【0062】第4実施の形態の微粉炭バーナの場合、燃
料ノズル2の絞り部58、被衝突拡散体59、流路分割
体60は、図4のベンチュリ4、紡錘体9、分配器14
等の含軸断面の半分を奥行方向に伸張させた形になって
いる。
【0063】燃料ノズル2が一方の壁面56から他方の
壁面57に近づけて絞る絞り部58と、他方の壁面57
から一方の壁面56に漸次近づけ衝突させて拡散させる
被衝突拡散体59と、流路を分割する流路分割体60と
を備えたものは、先の第3実施の形態(図3)の微粉炭
バーナと同様の作用を有し、微粉炭バーナ1の近傍に安
定な火炎を形成し、微粉炭の熱分解を促進しNOx濃度
を低減させる。
【0064】
【発明の効果】本発明の微粉炭バーナによれば、低負荷
時の火炎の安定性を高め、微粉炭の燃焼効率を向上させ
ると共に、還元炎領域が大きくなりNOxの発生が抑制
される。
【0065】又、微粉炭のみで燃焼出来るバーナの負荷
範囲を広くすることによって助燃剤の使用量を少なくす
る。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係る微粉炭バーナの第1実施の形態を
示す断面図である。
【図2】図1の I 矢視図である。
【図3】図1と同様の第2実施の形態を示す一部省略断
面図である。
【図4】図1と同様の第3実施の形態を示す断面図であ
る。
【図5】図4の II−II 線断面図である。
【図6】図4の III−III 線断面図である。
【図7】図1と同様の第4実施の形態を示す断面図であ
る。
【図8】図7の IV−IV 線断面図である。
【図9】図7の V−V 線断面図である。
【符号の説明】
1 微粉炭バーナ 2 燃料ノズル 3 中心軸 4 ベンチュリ(絞り部) 9 紡錐体(被衝突拡散体) 10 円錐体(拡大部) 11 円柱体(平行部) 12 円錐体(縮小部) 14 分配器(流路分割体) 15 コーン(狭小筒部) 16 外表面 17 円管(平行筒部) 19 保炎器(衝突体) 27 2次空気ノズル(空気ノズル) 33 3次空気ノズル(空気ノズル) 45、58 絞り部 46、59 被衝突拡散体 50、60 流路分割体 62 混合気 63 2次空気(燃焼用空気) 64 3次空気(燃焼用空気)
フロントページの続き (72)発明者 谷口 正行 茨城県日立市大みか町七丁目1番1号 株式会社 日立製作所 日立研究所内 (72)発明者 木山 研滋 広島県呉市宝町6番9号 バブコック日 立株式会社 呉工場内 (56)参考文献 特開 平4−24404(JP,A) 特開 平5−322114(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) F23D 1/02 F23C 11/00 324 F23C 11/00 ZAB

Claims (9)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 微粉炭と空気との混合気を噴出させる燃
    料ノズルの外側に燃焼用空気を旋回流で供給する空気ノ
    ズルを前記燃料ノズルと同軸状に設けた微粉炭バーナに
    おいて、前記燃料ノズルは、前記混合気の流れを前記燃
    料ノズルの中心軸側に絞る絞り部と、該絞り部の下流側
    で前記燃料ノズルの中心軸上に設けられ上流側から下流
    側に向かって漸次拡がると共に前記混合気を衝突させて
    拡散させる拡大部を有する被衝突拡散体と、該被衝突拡
    散体の下流側で前記燃料ノズルの中心軸と同軸状に設け
    られ上流側から下流側に向かって漸次狭まる狭小筒部
    らなると共に流路を同軸状に分割する流路分割体とを備
    えたものであることを特徴とする微粉炭バーナ。
  2. 【請求項2】 微粉炭と空気との混合気を噴出させる燃
    料ノズルの両側に燃焼用空気を供給する空気ノズルを設
    けた微粉炭バーナにおいて、前記燃料ノズルは、前記混
    合気の流れを前記燃料ノズルの中心軸側に絞る絞り部
    と、該絞り部の下流側で前記燃料ノズルの中心軸上に設
    けられ上流側から下流側に向かって漸次拡がると共に前
    記混合気を衝突させて拡散させる拡大部を有する被衝突
    拡散体と、該被衝突拡散体の下流側で前記燃料ノズルの
    中心軸と同軸状に設けられ上流側から下流側に向かって
    漸次狭まる狭小筒部からなると共に流路を同軸状に分割
    する流路分割体とを備えたものであることを特徴とする
    微粉炭バーナ。
  3. 【請求項3】 請求項1又は2において、前記被衝突拡
    散体は、前記拡大部に延設して前記燃料ノズルの中心軸
    上に設けられ該中心軸に平行な平行部と、該平行部に延
    設して前記燃料ノズルの中心軸上に設けられ上流側から
    下流側に向かって漸次縮小する縮小部とを有するもので
    あることを特徴とする微粉炭バーナ。
  4. 【請求項4】 請求項3において、前記被衝突拡散体の
    拡大部の頂角は、15〜40°であることを特徴とする
    微粉炭バーナ。
  5. 【請求項5】 請求項3又は4において、前記被衝突拡
    散体の縮小部の頂角は、5〜20°であることを特徴と
    する微粉炭バーナ。
  6. 【請求項6】 請求項1乃至5のいずれかにおいて、前
    記流路分割体は、前記狭小筒部と、該狭小筒部に延設し
    て前記燃料ノズルの中心軸と同軸状に設けられ該中心軸
    に平行な平行筒部とからなるものであることを特徴とす
    る微粉炭バーナ。
  7. 【請求項7】 請求項1乃至6のいずれかにおいて、前
    記狭小筒部の外表面と前記燃料ノズルの中心軸となす角
    度は、2〜10°であることを特徴とする微粉炭バー
    ナ。
  8. 【請求項8】 微粉炭と空気との混合気を噴出させる燃
    料ノズルの両側に燃焼用空気を供給する空気ノズルを設
    けた微粉炭バーナにおいて、前記燃料ノズルは、前記混
    合気の流れを一方の壁面から他方の壁面に近づけて絞る
    絞り部と、該絞り部の下流側で前記他方の壁面から一方
    の壁面に上流側から下流側に向かって漸次近づけさせる
    と共に前記混合気を衝突させて拡散させる被衝突拡散体
    と、該被衝突拡散体の下流側で前記流路を分割すると共
    に分割された外周側流路と内周側流路の径方向の速度勾
    配を低減させる流路分割体とを備えたものであることを
    特徴とする微粉炭バーナ。
  9. 【請求項9】 請求項1乃至8のいずれかにおいて、前
    記燃料ノズルの先端に前記空気ノズルの燃焼用空気の流
    れを外側にそらすそらせ板と、前記混合気を衝突させる
    衝突板を設けたものであることを特徴とする微粉炭バー
    ナ。
JP08129451A 1996-05-24 1996-05-24 微粉炭バーナ Expired - Fee Related JP3099109B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP08129451A JP3099109B2 (ja) 1996-05-24 1996-05-24 微粉炭バーナ

Applications Claiming Priority (7)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP08129451A JP3099109B2 (ja) 1996-05-24 1996-05-24 微粉炭バーナ
EP97108022A EP0809068B1 (en) 1996-05-24 1997-05-16 Pulverized coal burner
FI972105A FI114504B (fi) 1996-05-24 1997-05-16 Jauhetun hiilen poltin
DE69726048T DE69726048T2 (de) 1996-05-24 1997-05-16 Kohlenstaubbrenner
CA002205778A CA2205778C (en) 1996-05-24 1997-05-22 Pulverized coal burner
US08/862,256 US5937770A (en) 1996-05-24 1997-05-23 Pulverized coal burner
KR1019970020301A KR100330675B1 (ko) 1996-05-24 1997-05-23 미분탄버너

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09310809A JPH09310809A (ja) 1997-12-02
JP3099109B2 true JP3099109B2 (ja) 2000-10-16

Family

ID=15009815

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP08129451A Expired - Fee Related JP3099109B2 (ja) 1996-05-24 1996-05-24 微粉炭バーナ

Country Status (7)

Country Link
US (1) US5937770A (ja)
EP (1) EP0809068B1 (ja)
JP (1) JP3099109B2 (ja)
KR (1) KR100330675B1 (ja)
CA (1) CA2205778C (ja)
DE (1) DE69726048T2 (ja)
FI (1) FI114504B (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104791833A (zh) * 2014-01-21 2015-07-22 四川川锅锅炉有限责任公司 一种面积可调且可摆动的二次风喷嘴
KR20190132349A (ko) 2018-05-17 2019-11-27 미츠비시 히타치 파워 시스템즈 가부시키가이샤 서포트 슬리브 보호 부재 및 이것을 구비한 고체 연료 버너

Families Citing this family (51)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3344694B2 (ja) * 1997-07-24 2002-11-11 バブコック日立株式会社 微粉炭燃焼バーナ
JP3343855B2 (ja) * 1998-01-30 2002-11-11 バブコック日立株式会社 微粉炭燃焼バーナ及び微粉炭燃焼バーナの燃焼方法
JP2000257811A (ja) * 1999-03-03 2000-09-22 Babcock Hitachi Kk 微粉炭燃焼方法及び微粉炭燃焼装置並びに微粉炭燃焼バーナ
US6840183B2 (en) * 1999-11-15 2005-01-11 Rickey E. Wark Diffuser insert for coal fired burners
US6240859B1 (en) * 2000-05-05 2001-06-05 Four Corners Group, Inc. Cement, reduced-carbon ash and controlled mineral formation using sub- and supercritical high-velocity free-jet expansion into fuel-fired combustor fireballs
US6729874B2 (en) * 2000-07-27 2004-05-04 John Zink Company, Llc Venturi cluster, and burners and methods employing such cluster
US6699031B2 (en) * 2001-01-11 2004-03-02 Praxair Technology, Inc. NOx reduction in combustion with concentrated coal streams and oxygen injection
US20020127505A1 (en) * 2001-01-11 2002-09-12 Hisashi Kobayashi Oxygen enhanced low nox combustion
US6405664B1 (en) * 2001-04-23 2002-06-18 N-Viro International Corporation Processes and systems for using biomineral by-products as a fuel and for NOx removal at coal burning power plants
US6883444B2 (en) * 2001-04-23 2005-04-26 N-Viro International Corporation Processes and systems for using biomineral by-products as a fuel and for NOx removal at coal burning power plants
US6474250B1 (en) * 2001-05-24 2002-11-05 Babcock Borsig Power, Inc. Nozzle assembly for a pulverized coal burner
US6752848B2 (en) 2001-08-08 2004-06-22 N-Viro International Corporation Method for disinfecting and stabilizing organic wastes with mineral by-products
US6752849B2 (en) 2001-08-08 2004-06-22 N-Viro International Corporation Method for disinfecting and stabilizing organic wastes with mineral by-products
CA2625463C (en) 2001-11-16 2011-03-08 Hitachi, Ltd. Solid fuel burner, burning method using the same, combustion apparatus and method of operating the combustion apparatus
ES2566798T3 (es) * 2002-05-15 2016-04-15 Praxair Technology, Inc. Combustión con bajas emisiones de NOx
EP1504219B1 (en) 2002-05-15 2016-08-10 Praxair Technology, Inc. Combustion with reduced carbon in the ash
CA2524760A1 (en) * 2004-11-02 2006-05-02 Babcock-Hitachi K.K. After-air nozzle for two-stage combustion boiler, and a two-stage combustion boiler, boiler and combustion method using the same
AT502123B1 (de) * 2005-07-06 2007-05-15 Unitherm Cemcon Feuerungsanlag Brenner
US8689707B2 (en) * 2006-05-26 2014-04-08 Fuel Tech, Inc. Ultra low NOx burner replacement system
US8113824B2 (en) * 2006-06-01 2012-02-14 Babcock & Wilcox Power Generation Group, Inc. Large diameter mid-zone air separation cone for expanding IRZ
US8479668B2 (en) * 2007-07-18 2013-07-09 Harbin Institute Of Technology Low NOX swirl coal combustion burner
CN101216173B (zh) * 2007-12-26 2011-01-19 东方锅炉(集团)股份有限公司 一种双旋流粉煤燃烧器
WO2009092234A1 (zh) * 2007-12-27 2009-07-30 Beijing Guangyao Electricity Equipment Co., Ltd 交流等离子发射枪及其供电方法和煤粉燃烧器
CN101592337A (zh) * 2008-05-29 2009-12-02 徐州燃烧控制研究院有限公司 内燃式点火煤粉燃烧器
US20100021853A1 (en) * 2008-07-25 2010-01-28 John Zink Company, Llc Burner Apparatus And Methods
US8104412B2 (en) * 2008-08-21 2012-01-31 Riley Power Inc. Deflector device for coal piping systems
US20100081102A1 (en) * 2008-09-30 2010-04-01 General Electric Company Systems and methods for facilitating varying size coal pipes for a pulverized coal burner
CN101846315B (zh) * 2009-03-24 2012-07-04 烟台龙源电力技术股份有限公司 煤粉浓缩装置和包含该煤粉浓缩装置的内燃式煤粉燃烧器
US20100275824A1 (en) * 2009-04-29 2010-11-04 Larue Albert D Biomass center air jet burner
CN102235666B (zh) * 2010-04-27 2014-11-26 烟台龙源电力技术股份有限公司 一种煤粉燃烧器及包括该煤粉燃烧器的煤粉锅炉
CN101832550A (zh) * 2010-06-18 2010-09-15 上海交通大学 基于多级煤粉浓缩的旋流煤粉燃烧器
CN102062396B (zh) * 2010-10-13 2013-01-02 西安交通大学 一种复合浓淡三调风低NOx旋流煤粉燃烧器
DE102011018697A1 (de) * 2011-04-26 2012-10-31 Babcock Borsig Steinmüller Gmbh Brenner für partikelförmigen Brennstoff
JP5658126B2 (ja) * 2011-11-16 2015-01-21 三菱重工業株式会社 油焚きバーナ、固体燃料焚きバーナユニット及び固体燃料焚きボイラ
US8925323B2 (en) 2012-04-30 2015-01-06 General Electric Company Fuel/air premixing system for turbine engine
JP5867742B2 (ja) * 2012-08-14 2016-02-24 三菱日立パワーシステムズ株式会社 固体燃料バーナを備えた燃焼装置
CN102913943A (zh) * 2012-10-19 2013-02-06 金渭圭 一种锅炉的燃烧方法及分体式低氮燃烧器
US9513002B2 (en) 2013-04-12 2016-12-06 Air Products And Chemicals, Inc. Wide-flame, oxy-solid fuel burner
CN103267282B (zh) * 2013-06-11 2016-05-11 牛博申 浓淡分离煤粉燃烧器
US9377191B2 (en) * 2013-06-25 2016-06-28 The Babcock & Wilcox Company Burner with flame stabilizing/center air jet device for low quality fuel
CN104566357A (zh) * 2013-10-29 2015-04-29 烟台龙源电力技术股份有限公司 煤粉燃烧器以及锅炉
US9709269B2 (en) * 2014-01-07 2017-07-18 Air Products And Chemicals, Inc. Solid fuel burner
CN104832916A (zh) * 2014-02-10 2015-08-12 四川川锅锅炉有限责任公司 一种钝体可调节煤粉燃烧器喷嘴
US9416966B2 (en) * 2014-07-25 2016-08-16 Flame Commander Corp. Venturi nozzle for a gas combustor
JP6231047B2 (ja) * 2015-06-30 2017-11-15 三菱日立パワーシステムズ株式会社 固体燃料バーナ
CN105737145B (zh) * 2016-02-26 2017-11-03 郑州轻工业学院 一种强化浓缩型旋流煤粉燃烧器
GB2551167A (en) * 2016-06-08 2017-12-13 Doosan Babcock Ltd Burner
US10473327B2 (en) * 2016-06-09 2019-11-12 General Electric Technology Gmbh System and method for increasing the concentration of pulverized fuel in a power plant
DE102017101670A1 (de) * 2017-01-27 2018-08-02 Babcock Borsig Steinmüller Gmbh Brenner, insbesondere Braunkohle-Strahlbrenner
AU2018267298A1 (en) * 2017-05-11 2019-12-05 Mitsubishi Power, Ltd. Solid fuel burner and combustion device
JP2020030037A (ja) * 2018-08-20 2020-02-27 三菱日立パワーシステムズ株式会社 固体燃料バーナ

Family Cites Families (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0769043B2 (ja) 1986-07-14 1995-07-26 バブコツク日立株式会社 粉砕燃料逆火防止装置
JP2973432B2 (ja) 1989-07-10 1999-11-08 富士ゼロックス株式会社 画像処理方法および装置
JP2776572B2 (ja) * 1989-07-17 1998-07-16 バブコツク日立株式会社 微粉炭バーナ
JP2781222B2 (ja) 1989-09-25 1998-07-30 バブコツク日立株式会社 微粉炭燃焼装置
FI98658C (fi) * 1990-03-07 1997-07-25 Hitachi Ltd Jauhetun hiilen poltin, jauhetun hiilen kattila ja menetelmä polttaa jauhettua hiiltä
JP2954659B2 (ja) 1990-05-21 1999-09-27 バブコツク日立株式会社 微粉炭バーナ
SK282294B6 (sk) * 1990-06-29 2002-01-07 Babcock-Hitachi Kabushiki Kaisha Combustion plant
US5199355A (en) * 1991-08-23 1993-04-06 The Babcock & Wilcox Company Low nox short flame burner
CZ290627B6 (cs) * 1993-11-08 2002-09-11 Ivo International Oy Způsob a zařízení pro spalování práškového paliva
JPH07260106A (ja) * 1994-03-18 1995-10-13 Babcock Hitachi Kk 微粉炭燃焼バーナ及び微粉炭燃焼装置
CA2151308C (en) * 1994-06-17 1999-06-08 Hideaki Ohta Pulverized fuel combustion burner
JP3140299B2 (ja) * 1994-06-30 2001-03-05 バブコック日立株式会社 微粉炭バーナ及びその使用方法

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104791833A (zh) * 2014-01-21 2015-07-22 四川川锅锅炉有限责任公司 一种面积可调且可摆动的二次风喷嘴
KR20190132349A (ko) 2018-05-17 2019-11-27 미츠비시 히타치 파워 시스템즈 가부시키가이샤 서포트 슬리브 보호 부재 및 이것을 구비한 고체 연료 버너

Also Published As

Publication number Publication date
FI972105A (fi) 1997-11-25
EP0809068A2 (en) 1997-11-26
CA2205778A1 (en) 1997-11-24
FI114504B1 (ja)
EP0809068B1 (en) 2003-11-12
FI972105D0 (ja)
KR100330675B1 (ko) 2002-09-26
DE69726048D1 (de) 2003-12-18
KR970075644A (ko) 1997-12-10
CA2205778C (en) 2001-04-24
JPH09310809A (ja) 1997-12-02
EP0809068A3 (en) 1998-09-23
US5937770A (en) 1999-08-17
DE69726048T2 (de) 2004-07-08
FI972105A0 (fi) 1997-05-16
FI114504B (fi) 2004-10-29

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9822967B2 (en) Apparatus for burning pulverized solid fuels with oxygen
CA2243376C (en) Pulverized coal burner
JP4632913B2 (ja) 空気/燃料混合体をターボ機械燃焼室内に噴射する空気機械式システム用の発泡噴射器
US5592819A (en) Pre-mixing injection system for a turbojet engine
US4054028A (en) Fuel combustion apparatus
KR0157163B1 (ko) 미분탄 연소버너
US7717701B2 (en) Pulverized solid fuel burner
JP3940705B2 (ja) ガスタービン燃焼器及びその燃料供給方法
US6237510B1 (en) Combustion burner and combustion device provided with same
CA1315605C (en) Burners
JP4150968B2 (ja) 固体燃料バーナと固体燃料バーナの燃焼方法
US4150631A (en) Coal fired furance
CN101446419B (zh) 燃烧嘴、燃烧装置及燃烧装置的改造方法
US4907962A (en) Low NOx burner
CA1258379A (en) Gas turbine combustor
US7926282B2 (en) Pure air blast fuel injector
RU2145402C1 (ru) Система аэродинамического впрыскивания смеси топлива с воздухом
KR100709849B1 (ko) 농축된 석탄 스트림의 NOx 감소성 연소 방법
CA2162244C (en) Pulverized coal combustion burner
JP4508474B2 (ja) 燃焼器
JP3183053B2 (ja) ガスタービン燃焼器及びガスタービン
US5231937A (en) Pulverized coal burner, pulverized coal boiler and method of burning pulverized coal
KR100312361B1 (ko) 분말 고체 연료 노즐팁
JP2526236B2 (ja) 超低NOx燃焼装置
US5626017A (en) Combustion chamber for gas turbine engine

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees