JP3044459U - ティッシュペーパーボックス用カバー - Google Patents

ティッシュペーパーボックス用カバー

Info

Publication number
JP3044459U
JP3044459U JP1997004115U JP411597U JP3044459U JP 3044459 U JP3044459 U JP 3044459U JP 1997004115 U JP1997004115 U JP 1997004115U JP 411597 U JP411597 U JP 411597U JP 3044459 U JP3044459 U JP 3044459U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
side wall
wall surface
short side
surface portion
tissue paper
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP1997004115U
Other languages
English (en)
Inventor
宏子 棚沢
智之 斉藤
博之 斉藤
Original Assignee
株式会社ブイ・ワイ・エイ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社ブイ・ワイ・エイ filed Critical 株式会社ブイ・ワイ・エイ
Priority to JP1997004115U priority Critical patent/JP3044459U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3044459U publication Critical patent/JP3044459U/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Containers And Packaging Bodies Having A Special Means To Remove Contents (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】 この考案は、軽い素材の紙等を使用しなが
ら、ティッシュペーパーボックスと一体化し、ティッシ
ュペーパーを取出すとき、カバーが一緒に取出されて外
れることがなく、またティッシュペーパーボックスを移
動するとき、カバーからティッシュペーパーボックスが
外れ落ちることがないティッシュペーパーボックス用カ
バーの提供。 【構成】 取出穴を有する天面部、前長手側壁面部、後
長手側壁面部、左短手側壁面部および右短手側壁面部か
ら構成されるティッシュペーパーボックス用カバーにお
いて、左短手側壁面部および右短手側壁面部の内面側に
ティッシュペーパーボックスの外面の掛縁に突合係止す
る係止爪を配置した。

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【考案の属する技術分野】
この考案は、ティッシュペーパーボックスをカバーするティッシュペーパーボ ックス用カバーに関する。
【0002】
【従来の技術】
従来、ティッシュペーパーボックスは、紙製のボックス内にティッシュペーパ ーが折り畳まれて収容され、そのティッシュペーパーを上面の取出穴から一枚ず つ引き出しができるようになっている。 このボックスは、大量生産品であるため表面の模様・施飾が画一的であり、こ れを置く所あるいは消費者の趣向を満足させるものに変えるため、紙製、布製、 木材製、合成樹脂製、金属素材製と各種のカバーが提供されている。
【0003】
【考案が解決しようとする課題】
素材が紙またはその類似素材シートのように比較的薄く、かつ軽いカバーは、 ティッシュペーパーボックスに被嵌した施飾状態において、ティッシュペーパー を取出すとき、カバーが一緒に持ち上げられてティッシュペーパーボックスから 外れ、またティッシュペーパーボックスを移動するとき、カバーからティッシュ ペーパーボックスが外れ落ちて、使用上実用性が全くない。この考案のティッシ ュペーパーボックス用カバーは、前記の如く薄く、軽い素材の紙等を使用しなが ら、ティッシュペーパーボックスと一体化し、ティッシュペーパーを取出すとき 、カバーが一緒に取出されて外れることがなく、またティッシュペーパーボック スを移動するとき、カバーからティッシュペーパーボックスが外れ落ちることが ないことを目的になされたものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】
取出穴を有する天面部、前長手側壁面部、後長手側壁面部、左短手側壁面部お よび右短手側壁面部から構成されるティッシュペーパーボックス用カバーにおい て、左短手側壁面部および右短手側壁面部の内面側にティッシュペーパーボック スの外面の掛縁に突合係止する係止爪を配置したことを特徴とするティッシュペ ーパーボックス用カバーにある。
【0005】 係止爪は、左短手側壁面部および右短手側壁面部を構成する基材シートから裁 断されて一体に接続し、かつ折筋によって折曲されて所要厚みに設けられて左短 手側壁面部および右短手側壁面部の内面側に配されてもよいものである。
【0006】 係止爪は、左短手側壁面部および右短手側壁面部を構成する基材シートから裁 断されて一体に接続し、かつ折筋によって折曲されて所要厚みに設けられると共 に、一部が左短手側壁面部および右短手側壁面部の内面側に接着されて設けられ てもよいものである。
【0007】 係止爪は、左短手側壁面部および右短手側壁面部を構成する基材シートから裁 断されて一体に接続し、かつ折筋によって折曲されて所要厚みに設けられると共 に、その一部が、左短手側壁面部および右短手側壁面部の内面側に折り畳まれて 配置される底バネ部に接着されて設けられてもよいものである。
【0008】 係止爪は、左短手側壁面部および右短手側壁面部を構成する基材シートから裁 断されて一体に接続し、かつ折筋によって折曲される所要厚みに設けられると共 に、先端部が上向きに折曲されて左短手側壁面部および右短手側壁面部の内面側 に接着されて設けられてもよいものである。
【0009】 係止爪は、左短手側壁面部および右短手側壁面部を構成する基材シートから裁 断されて一体に接続し、かつ折筋によって折曲されて所要厚みに設けられると共 に、先端部が下向きに折曲され、その先端部を除き左短手側壁面部および右短手 側壁面部の内面側に折り畳まれて配置される底バネ部に接着されて設けられても よいものである。
【0010】 係止爪は、左短手側壁面部および右短手側壁面部を構成する基材シートから裁 断されて一体に接続し、その先端縁を係止縁に設けられてもよいものである。
【0011】
【考案の実施の形態】
取出穴を有する天面部、前長手側壁面部、後長手側壁面部、左短手側壁面部お よび右短手側壁面部から構成されるティッシュペーパーボックス用カバーにおい て、左短手側壁面部および右短手側壁面部の内面側にティッシュペーパーボック スの外面の掛縁に突合係止する係止爪は、左短手側壁面部および右短手側壁面部 を構成する基材シートから裁断されて一体に接続し、かつ折筋によって折曲され ると共に、その一部が、左短手側壁面部および右短手側壁面部の内面側に折り畳 まれて配置される底バネ部に接着されて設けられて配置したティッシュペーパー ボックス用カバー。
【0012】
【実施例】
以下、この考案のティッシュペーパーボックス用カバーの一例を図面により説 明すると、図1は、この考案のティッシュペーパーボックス用カバー1の外観斜 視図である。そしてその1aは天面部、1bは前長手側壁面部、1cは後長手側 壁面部、1dは左短手側壁面部、1eは右短手側壁面部、2は取出穴である。
【0013】 図2は、この考案のティッシュペーパーボックス用カバー1の第1実施例の展 開図である。そして前長手側壁面部1bと左短手側壁面部1dを連絡する直角三 角形の部分から折畳底バネ部3aが、後長手側壁面部1cと左短手側壁面部1d を連絡する直角三角形の部分から折畳底バネ部3bが、前長手側壁面部1bと右 短手側壁面部1eを連絡する直角三角形の部分から折畳底バネ部3cが、後長手 側壁面部1cと右短手側壁面部1eを連絡する直角三角形の部分から折畳底バネ 部3dが夫々裁断される。
【0014】 前記前長手側壁面部1bの下縁1b1と、後長手側壁面部1cの下縁1c1に は、内側に折り込んで補強する前長手側壁面用折込補強部4aと後長手側壁面用 折込補強部4bとが図2に示すごとく接続形成され、さらに、その前長手側壁面 用折込補強部4aと後長手側壁面用折込補強部4bの両端に、左短手側壁面部1 dと右短手側壁面部1eに接着接続して補強する接続片4a1、4a2および4 b1、4b2が夫々裁断される。
【0015】 また図2に示すごとく、左短手側壁面部1dと右短手側壁面部1eの下縁1d 1、1e1に接続した所要幅の係止爪用部5a、5bが夫々方形に裁断される。 そしてその夫々の係止爪用部5a、5bは、左短手側壁面部1dと右短手側壁面 部1eの下縁1d1、1e1から内側に折り畳まれて先端が係止縁6a1、6b 1に形成される左係止爪6aと右係止爪6bが設けられる。その左係止爪6aと 右係止爪6bを設ける実施例の第1として、係止爪用部5a、5bに、その先端 縁から所要幅毎に折筋5a1、5a2および5b1、5b2が付けられる。
【0016】 また図2に示すごとく、7a、7b、7c、7dは、折畳底バネ部3a、折畳 底バネ部3b、折畳底バネ部3c、折畳底バネ部3dの夫々を二つ折する折筋で ある。
【0017】 同じく、図2に示すごとく、8a、8b、8c、8dは、前長手側壁面部1b と左短手側壁面部1dの両端よりに付けられる平面化折筋で、その折筋から折曲 して内壁面を天面部1aに連接し、左短手側壁面部1dと右短手側壁面部1eを その外側に連接して板状に折畳むものである。
【0018】 同じく、図2に示すごとく、9a、9b、9c、9dは、前長手側壁面用折込 補強部4aと後長手側壁面用折込補強部4bの両端よりに付けられる平面化折筋 で、その折筋から前長手側壁面部1bと左短手側壁面部1dとを重合して折曲す る。
【0019】 前記図2および図3、図4に示すごとく、係止爪用部5a、5bの折筋5a2 、5b2を中心に山折りし、折筋5a1、5b1を中心にくの字型にわずかに山 折りし、折筋5a2、5b2の部分を、前述の如く、係止縁6a1、6b1に形 成し、ティッシュペーパーボックス11の左短手側壁面部11aと右短手側壁面 部11bの外面における掛縁12a、12bに係止縁6a1、6b1を突合係止 するものある。
【0020】 同じく、図3および図4に示すごとく、係止爪用部5a、5bにおいて、折筋 5a1、5b1から先端側対応面を左短手側壁面部1dと右短手側壁面部1eの 内面側に接着している。
【0021】 次に図5、図6および図7に示す第2実施例によりティッシュペーパーボック ス用カバー13を説明すると、その図5の展開図から明らかなように、その天面 部1a、前長手側壁面部1b、後長手側壁面部1c、左短手側壁面部1d、右短 手側壁面部1e、取出穴2その他第1実施例と同様の構成であるから、その説明 は省略し、第2実施例の特有の係止爪用部14a、14bおよび係止爪15a、 15bに関連して説明する。
【0022】 図5に示すごとく、左短手側壁面部1dと右短手側壁面部1eの下縁1d1、 1e1に接続した所要幅の係止爪用部14a、14bが、例えば、夫々第1実施 例の係止爪用部5a、5bにおける折筋5a1、5b1の位置を先端縁にして方 形に裁断される。そしてその折筋5a2、5b2についても、係止爪用部5a、 5bの折筋5a2、5b2と同位置に入れられる。この折筋5a2、5b2から 山形に折曲して係止縁6a2、6b2が設けられ、その係止縁6a2、6b2か ら下向きに折曲される先端側がバネ部6a3、6b3に設けられる。そして、全 体が係止爪15a、15bに設けられる。またその係止爪15a、15bにおい て、左短手側壁面部1dと右短手側壁面部1eの下縁1d1、1e1と折筋5a 2、5b2との間が、図7に示すごとく、左短手側壁面部1dと右短手側壁面部 1eの内面側に接着される。
【0023】 次に図8、図9および図10に示す第3実施例によりティッシュペーパーボッ クス用カバー16を説明すると、その図8の展開図から明らかなように、係止爪 用部17a、17bは、第2実施例とは、左短手側壁面部1dと右短手側壁面部 1eの下縁1d1、1e1と、折筋5a2、5b2との間に折筋5a3、5b3 が付けられている点を除いて同様に構成され、左短手側壁面部1dと右短手側壁 面部1eの下縁1d1、1e1から折筋5a3、5b3の部分までが、左短手側 壁面部1dと右短手側壁面部1eの内面側に接着され、上方の折筋5a2、5b 2から山形に折曲して係止縁6a2、6b2が設けられ、その係止縁6a2、6 b2から下向きに折曲され、折筋5a3、5b3から上方が係止爪18a、18 bが設けられる。
【0024】 次に図11、図12および図13に示す第4実施例によりティッシュペーパー ボックス用カバー19を説明すると、その図11の展開図から明らかなように、 その天面部1a、前長手側壁面部1b、後長手側壁面部1c、左短手側壁面部1 d、右短手側壁面部1e、取出穴2その他第1実施例と同様の構成であるから、 その説明は省略し、第2実施例の特有の係止爪用部20a、20bおよび係止爪 21a、21bに関連して説明する。
【0025】 先ずその係止爪用部20a、20bは、左短手側壁面部1dと右短手側壁面部 1eの下縁1d1、1e1に接続して所要幅の方形に夫々裁断され、左短手側壁 面部1dと右短手側壁面部1eの下縁1d1、1e1と先端の中間に、下縁1d 1、1e1と平行な折筋5a2、5b2が設けられ、その折筋5a2、5b2を 頂縁とする切込口5a4、5a4および5b4、5b4が前後に離隔し、かつ山 形に屈曲して開口されると共に、その切込口5a4、5a4および5b4、5b 4の下縁に接続する折縁5a5、5b5が設けられる。
【0026】 前記係止爪用部20a、20bを、その中間の折筋5a2、5b2から山型に 二つ折した後、夫々を下縁1d1、1e1から折曲して左短手側壁面部1dと右 短手側壁面部1eの内面側に、その一部を接着して配し、その係止爪用部20a 、20bにおいて、切込口5a4、5a4および5b4、5b4と折縁5a5、 5b5で囲ぎょうされる部分が係止爪21a、21bに設けられる。そして、係 止爪21a、21bを折縁5a5、5b5から折曲してティッシュペーパーボッ クス11の左短手側壁面部11aと右短手側壁面部11bの外面における掛縁1 2a、12bに突合係止するものある。
【0027】 次に図14、図15および図16に示す第5実施例によりティッシュペーパー ボックス用カバー22を説明すると、この第5実施例においても、図14の展開 図から明らかなように、第1、第2、第3、第4実施例と同様に構成される。そ こで、第5実施例の特有の係止爪用部23a、23bおよび係止爪24a、24 bを中心に説明する。
【0028】 先ずその係止爪用部23a、23bは、左短手側壁面部1dと右短手側壁面部 1eの下縁1d1、1e1に接続して所要幅の方形に夫々裁断され、第1、第2 、第3、第4実施例と同様に、折筋5a2、5b2に相当する位置に、係止縁6 a4、6b4を上縁とするコ字形の切込口5a6、5b6が開口され、その下縁 に接続する折筋5a7、5b7をつけて係止爪24a、24bが設けられる。こ の係止爪24a、24bの部分を除いて係止爪用部23a、23bを左短手側壁 面部1dと右短手側壁面部1eの内面側に接着し、外側に折曲する係止爪24a 、24bが配置されてなるものである。
【0029】
【考案の効果】
この考案のティッシュペーパーボックス用カバーは、以上のようになるから、 左右短手壁面部の内面側に係止爪が配され、ティッシュペーパーボックスに被嵌 装飾したときに、ティッシュペーパーボックスの掛縁に突合係止し、ティッシュ ペーパーボックスと一体化し、ティッシュペーパーを取出すとき、カバーが一緒 に取出されて外れることがなく、またティッシュペーパーボックスを移動すると き、カバーからティッシュペーパーボックスが外れ落ちることがないのである。
【0030】 また係止爪用部をカバー部材本体と共通すると、一度に部材を裁断し、また一 度に折筋付けができ、一部を接着するだけの簡単な工程で係止爪を製造すること ができる。
【0031】 また係止爪を構成する場合に、折り畳み方あるいは折筋の付け方により良好な バネ性を得ることができ、この考案のティッシュペーパーボックス用カバーをテ ィッシュペーパーボックスに被嵌しやすく、かつ一度被嵌すると、ティッシュペ ーパーボックスから外すことができなく、ティッシュペーパーが空になるとボッ クスは、容易に壊せるので取り外すことができ、この考案のティッシュペーパー ボックス用カバーは、繰り返して使用することができる。
【0032】 また係止爪は、そのまま折り返される左右短手壁面部の内面側に配されるので 、折り畳まれることなく、カバー全体は板状に折り畳むことができ、そのバネ機 能を損なうことがなく、また輸送コストの低減に寄与し、全体のコストを低価格 にする効果がある。
【0033】 この考案のティッシュペーパーボックス用カバーは、ティッシュペーパーが凝 縮されて収納され、小型化されたにも拘らず、重量が増加したコンパクトサイズ のティッシュペーパーボックスに最適な保持力を有し、その画一的な表面の模様 ・施飾を消費者の趣向を満足させるものに変えるカバーとして、その装飾性、使 い勝手性および価格性において優れた効果を発揮するものである。
【図面の簡単な説明】
【図1】この考案のティッシュペーパーボックス用カバ
ーを拡開し、ティッシュペーパーボックスにカバーする
使用状態の斜視図である。
【図2】同じく、この考案のティッシュペーパーボック
ス用カバーの第1実施例で、基材シートから、外形縁を
裁断し、各部に折筋を付設し、係止爪用部を設けた状態
を示す展開図である。
【図3】同じく、その第1実施例のティッシュペーパー
ボックス用カバーを拡開し、その長手側壁部を断面し、
一方の短手側壁部の内面に設けた係止爪を示す拡大断面
内面図である。
【図4】同じく、その第1実施例のティッシュペーパー
ボックス用カバーとティッシュペーパーボックスの係止
状態を示す拡大部分断面図である。
【図5】この考案のティッシュペーパーボックス用カバ
ーの第2実施例で、基材シートから、外形縁を裁断し、
各部に折筋を付設し、係止爪部を設けた状態を示す展開
図である。
【図6】同じく、その第2実施例のティッシュペーパー
ボックス用カバーを拡開し、その長手側壁部を断面し、
一方の短手側壁部の内面に設けた係止爪を示す拡大断面
内面図である。
【図7】同じく、その第2実施例のティッシュペーパー
ボックス用カバーとティッシュペーパーボックスの係止
状態を示す拡大部分断面図である。
【図8】この考案のティッシュペーパーボックス用カバ
ーの第3実施例で、基材シートから、外形縁を裁断し、
各部に折筋を付設し、係止爪部を設けた状態を示す展開
図である。
【図9】その第3実施例のティッシュペーパーボックス
用カバーを拡開し、その長手側壁部を断面し、一方の短
手側壁部の内面に設けた係止爪を示す拡大断面内面図で
ある。
【図10】同じく、その第3実施例のティッシュペーパ
ーボックス用カバーとティッシュペーパーボックスの係
止状態を示す拡大部分断面図である。
【図11】この考案のティッシュペーパーボックス用カ
バーの第4実施例で、基材シートから、外形縁を裁断
し、各部に折筋を付設し、係止爪部を設けた状態を示す
展開図である。
【図12】その第4実施例のティッシュペーパーボック
ス用カバーを拡開し、その長手側壁部を断面し、一方の
短手側壁部の内面に設けた係止爪を示す拡大断面内面図
である。
【図13】同じく、その第4実施例のティッシュペーパ
ーボックス用カバーとティッシュペーパーボックスの係
止状態を示す拡大部分断面図である。
【図14】この考案のティッシュペーパーボックス用カ
バーの第5実施例で、基材シートから、外形縁を裁断
し、各部に折筋を付設し、係止爪部を設けた状態を示す
展開図である。
【図15】その第5実施例のティッシュペーパーボック
ス用カバーを拡開し、その長手側壁部を断面し、一方の
短手側壁部の内面に設けた係止爪を示す拡大断面内面図
である。
【図16】同じく、その第5実施例のティッシュペーパ
ーボックス用カバーとティッシュペーパーボックスの係
止状態を示す拡大部分断面図である。
【符号の説明】
1 ティッシュペーパーボックス用カバー 1a 天面部 1b 前長手側壁面部 1b1 下縁 1c 後長手側壁面部 1c1 下縁 1d 左短手側壁面部 1d1 下縁 1e 右短手側壁面部 1e1 下縁 2 取出穴 3a 折畳底バネ部 3b 折畳底バネ部 3c 折畳底バネ部 3d 折畳底バネ部 4a 前長手側壁面用折込補強部 4b 後長手側壁面用折込補強部 4a1 接続片 4a2 接続片 4b1 接続片 4b2 接続片 5a 係止爪用部 5b 係止爪用部 5a1 折筋 5a2 折筋 5b1 折筋 5b2 折筋 5a3 折筋 5b3 折筋 5a4 切込口 5b4 切込口 5a5 折縁 5b5 折縁 5a6 切込口 5b6 切込口 5a7 折筋 5b7 折筋 6a 左係止爪 6b 右係止爪 6a1 係止縁 6b1 係止縁 6a2 係止縁 6b2 係止縁 6a3 バネ部 6b3 バネ部 6a4 係止縁 6b4 係止縁 7a 折筋 7b 折筋 7c 折筋 7d 折筋 8a 平面化折筋 8b 平面化折筋 8c 平面化折筋 8d 平面化折筋 9a 平面化折筋 9b 平面化折筋 9c 平面化折筋 9d 平面化折筋 11 ティッシュペーパーボックス 11a 左短手側壁面部 11b 右短手側壁面部 12a 掛縁 12b 掛縁 13 ティッシュペーパーボックス用カバー 14a 係止爪用部 14b 係止爪用部 15a 係止爪 15b 係止爪 16 ティッシュペーパーボックス用カバー 17a 係止爪用部 17b 係止爪用部 18a 係止爪 18b 係止爪 19 ティッシュペーパーボックス用カバー 20a 係止爪用部 20b 係止爪用部 21a 係止爪 21b 係止爪 22 ティッシュペーパーボックス用カバー 23a 係止爪用部 23b 係止爪用部 24a 係止爪 24b 係止爪

Claims (7)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 取出穴を有する天面部、前長手側壁面
    部、後長手側壁面部、左短手側壁面部および右短手側壁
    面部から構成されるティッシュペーパーボックス用カバ
    ーにおいて、左短手側壁面部および右短手側壁面部の内
    面側にティッシュペーパーボックスの外面の掛縁に突合
    係止する係止爪を配置したことを特徴とするティッシュ
    ペーパーボックス用カバー。
  2. 【請求項2】 係止爪は、左短手側壁面部および右短手
    側壁面部を構成する基材シートから裁断されて一体に接
    続し、かつ折筋によって折曲されて所要厚みに設けられ
    て左短手側壁面部および右短手側壁面部の内面側に配さ
    れることを特徴とする請求項1記載のティッシュペーパ
    ーボックス用カバー。
  3. 【請求項3】 係止爪は、左短手側壁面部および右短手
    側壁面部を構成する基材シートから裁断されて一体に接
    続し、かつ折筋によって折曲されて所要厚みに設けられ
    ると共に、その一部が左短手側壁面部および右短手側壁
    面部の内面側に接着されて設けられることを特徴とする
    請求項1記載のティッシュペーパーボックス用カバー。
  4. 【請求項4】 係止爪は、左短手側壁面部および右短手
    側壁面部を構成する基材シートから裁断されて一体に接
    続し、かつ折筋によって折曲されて所要厚みに設けられ
    ると共に、一部が、左短手側壁面部および右短手側壁面
    部の内面側に折り畳まれて配置される底バネ部に接着さ
    れて設けられることを特徴とする請求項1記載のティッ
    シュペーパーボックス用カバー。
  5. 【請求項5】 係止爪は、左短手側壁面部および右短手
    側壁面部を構成する基材シートから裁断されて一体に接
    続し、かつ折筋によって折曲される所要厚みに設けられ
    ると共に、先端部が上向きに折曲されて左短手側壁面部
    および右短手側壁面部の内面側に接着されて設けられる
    ことを特徴とする請求項1記載のティッシュペーパーボ
    ックス用カバー。
  6. 【請求項6】 係止爪は、左短手側壁面部および右短手
    側壁面部を構成する基材シートから裁断されて一体に接
    続し、かつ折筋によって折曲されて所要厚みに設けられ
    ると共に、先端部が下向きに折曲され、その先端部を除
    き左短手側壁面部および右短手側壁面部の内面側に折り
    畳まれて配置される底バネ部に接着されて設けられるこ
    とを特徴とする請求項1記載のティッシュペーパーボッ
    クス用カバー。
  7. 【請求項7】 係止爪は、左短手側壁面部および右短手
    側壁面部を構成する基材シートから裁断されて一体に接
    続し、その先端縁を係止縁に設けられることを特徴とす
    る請求項1記載のティッシュペーパーボックス用カバ
    ー。
JP1997004115U 1997-05-02 1997-05-02 ティッシュペーパーボックス用カバー Expired - Lifetime JP3044459U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1997004115U JP3044459U (ja) 1997-05-02 1997-05-02 ティッシュペーパーボックス用カバー

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1997004115U JP3044459U (ja) 1997-05-02 1997-05-02 ティッシュペーパーボックス用カバー

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3044459U true JP3044459U (ja) 1997-12-22

Family

ID=43178881

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1997004115U Expired - Lifetime JP3044459U (ja) 1997-05-02 1997-05-02 ティッシュペーパーボックス用カバー

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3044459U (ja)

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6155478A (en) Paper cup with sipping straw formed thereon
JPH01147930U (ja)
US4429826A (en) Slip case for filing box
JP3044459U (ja) ティッシュペーパーボックス用カバー
CA2246457A1 (en) Pop-up box for pop-up greeting cards and blank therefor
EP0987186A3 (de) Kartontasche mit verdecktem Originalitätsverschluss
JP2000053176A (ja) ティッシュボックス
US7086579B2 (en) Boxes with a tissue insert
JPH10234616A (ja) ティッシュペーパーボックス用カバー
JPH01168418U (ja)
JP3103546U (ja) ティッシュペーパーボックス用カバー
JPS5938343Y2 (ja) 陳列用紙箱
JP4170435B2 (ja) カード付きカートン
JPH0636689Y2 (ja) ペット用便器のカバー
JP2722321B2 (ja) 手提袋
JPH0565159A (ja) 押しつぶし可能なギフト箱の製造方法
JPS601050Y2 (ja) ジッパ−付カ−トン
JPS636014Y2 (ja)
JPH0346939Y2 (ja)
JPH0323091U (ja)
JP2570686Y2 (ja) ブックスタイルの紙箱
JPH0320253Y2 (ja)
USD418865S (en) Folding pamphlet blank
JP3017425U (ja) ファイル
JPS6078713U (ja) 化粧カ−トン