JP2716184B2 - 2サイクルエンジンの送油方法及びその装置 - Google Patents

2サイクルエンジンの送油方法及びその装置

Info

Publication number
JP2716184B2
JP2716184B2 JP1020820A JP2082089A JP2716184B2 JP 2716184 B2 JP2716184 B2 JP 2716184B2 JP 1020820 A JP1020820 A JP 1020820A JP 2082089 A JP2082089 A JP 2082089A JP 2716184 B2 JP2716184 B2 JP 2716184B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
oil
oil supply
engine
stroke
oil pump
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP1020820A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH02204608A (en
Inventor
典孝 松尾
秀明 伊藤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Yamaha Motor Co Ltd
Original Assignee
Yamaha Motor Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Yamaha Motor Co Ltd filed Critical Yamaha Motor Co Ltd
Priority to JP1020820A priority Critical patent/JP2716184B2/ja
Priority to EP19900101843 priority patent/EP0381162B1/en
Priority to US07/472,341 priority patent/US4989555A/en
Priority to DE1990609206 priority patent/DE69009206T2/de
Publication of JPH02204608A publication Critical patent/JPH02204608A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2716184B2 publication Critical patent/JP2716184B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F01MACHINES OR ENGINES IN GENERAL; ENGINE PLANTS IN GENERAL; STEAM ENGINES
    • F01MLUBRICATING OF MACHINES OR ENGINES IN GENERAL; LUBRICATING INTERNAL COMBUSTION ENGINES; CRANKCASE VENTILATING
    • F01M3/00Lubrication specially adapted for engines with crankcase compression of fuel-air mixture or for other engines in which lubricant is contained in fuel, combustion air, or fuel-air mixture
    • F01M3/02Lubrication specially adapted for engines with crankcase compression of fuel-air mixture or for other engines in which lubricant is contained in fuel, combustion air, or fuel-air mixture with variable proportion of lubricant to fuel, lubricant to air, or lubricant to fuel-air-mixture
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F02COMBUSTION ENGINES; HOT-GAS OR COMBUSTION-PRODUCT ENGINE PLANTS
    • F02BINTERNAL-COMBUSTION PISTON ENGINES; COMBUSTION ENGINES IN GENERAL
    • F02B1/00Engines characterised by fuel-air mixture compression
    • F02B1/02Engines characterised by fuel-air mixture compression with positive ignition
    • F02B1/04Engines characterised by fuel-air mixture compression with positive ignition with fuel-air mixture admission into cylinder
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F02COMBUSTION ENGINES; HOT-GAS OR COMBUSTION-PRODUCT ENGINE PLANTS
    • F02BINTERNAL-COMBUSTION PISTON ENGINES; COMBUSTION ENGINES IN GENERAL
    • F02B75/00Other engines
    • F02B75/02Engines characterised by their cycles, e.g. six-stroke
    • F02B2075/022Engines characterised by their cycles, e.g. six-stroke having less than six strokes per cycle
    • F02B2075/025Engines characterised by their cycles, e.g. six-stroke having less than six strokes per cycle two

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本発明は、オイルを間欠的に供給する2サイクルエン
ジンの送油方法及び送油装置に関する。
(従来の技術) 気化器にて形成された混合気を吸気通路からクランク
室に供給する2サイクルガソリンエンジンの潤滑にはオ
イルを間欠的に供給するオイルポンプを用いた分離給油
方式が近年多く用いられるが、この方式ではオイルの供
給量はオイルポンプ1行程当りの送油量と送油インター
バルによって決定される。具体的には、送油量はエンジ
ン負荷に比例して多く、送油インターバルはエンジン回
転数の増加に伴って短くなるよう決定される。
(発明が解決しようとする課題) しかしながら、エンジン負荷が増してオイルポンプ1
行程当りの送油量が増加すると、エンジンの摺動箇所を
潤滑しないで排気ガスと共に排出されるオイルの微粒子
の量が増え、白煙或は黒煙が発生する不具合が生じる。
そして、この不具合はオイルポンプ1行程当りの送油量
が多く、送油インターバルが長い低負荷・低回転域にお
いて顕著である。
このため、オイルポンプ1行程当りの送油量を少なく
すると、高負荷・高回転域において必要量のオイルを供
給することが難しくなる。これは、高負荷・高回転域に
おいてオイルポンプ1行程当りの送油量を少なくする
と、送油インターバルが極端に短くなり、オイルポンプ
が追従し難くなるためである。
本発明は上記事情に鑑みてなされたもので、その目的
とする処は、各摺動部分に必要な量のオイルを送油し、
且つオイルの微粒子の排出量を極小に抑えることができ
る2サイクルエンジンの送油方法及び送油装置を提供す
るにある。
(課題を解決するための手段) 上記目的を達成すべく本発明は、オイルを間欠的に供
給する2サイクルエンジンの送油方法において、通常運
転域においては、オイルポンプ1行程当りの送油量を最
小限に固定して送油インターバルを可変とし、高負荷・
高回転域においては、送油インターバルを最小値に固定
してオイルポンプ1行程当りの送油量を可変とすること
を特徴とする。
又、本発明は、上記2サイクルエンジンにおいて、エ
ンジンの運転状態を検知する検知手段と、該検知手段か
らの検知信号に基づいてオイルポンプ1行程当りの送油
量と送油インターバルをエンジンの運転状態とは独立に
決定するコントローラと、該コントローラによってその
駆動が制御されるオイルポンプを含んで送油装置を構成
したことを特徴とする。
(作用) 実験によれば、オイル微粒子の発生量は間欠的に行な
われるオイル送油の直後に際立って多くなり、この傾向
はオイルポンプ1行程当りの送油量が多い程顕著であ
る。従って、オイル微粒子の発生量を低減するには、各
摺動部分の耐焼付性、耐摩耗性等を満足し得る範囲にお
いてオイルポンプ1行程当りの送油量を極小に保ち、送
油インターバルを短くすればよいことが判る。
而して、本発明方法によれば、高負荷・高回転域以外
の通常運転域においては、オイルポンプ1行程当りの送
油量が最小値に固定され、単位時間当りの必要送油量は
送油インターバルの制御によって確保されるため、オイ
ルは定常流に近い形で供給され、各摺動部分に必要な量
のオイルを送油した上で、オイル微粒子の排出量を極小
に抑えることができる。尚、理想的には高負荷・高回転
域においても上記のようにオイルポンプ1行程当りの送
油量を最小値に固定すべきであるが、このとき要求され
る単位時間当りの送油量を満足しようとすると送油イン
ターバルが極端に短くなり、オイルポンプが追従し難く
なるため、高負荷・高回転域においては、送油インター
バルを実現可能な最小値に固定してオイルポンプ1行程
当りの送油量を制御するようにしている。従って、この
高負荷・高回転域においても、各摺動部分の耐焼付性等
に問題が生じない範囲でオイルポンプ1行程当りの送油
量を最小に保つことができる。
又、本発明装置によれば、上記送油方法を具体的に実
施することができる。
(実施例) 以下に本発明の一実施例を添付図面に基づいて説明す
る。
第1図は本発明に係る送油装置の構成図、第2図は同
装置を構成するオイルポンプ及びこれの駆動制御系の構
成図、第3図はエンジンの運転状態に応じて送油量Qと
送油インターバルIとを決定するためのマップ、第4図
は制御領域を示す図である。
先ず、第1図に基づいて送油装置の基本構成を説明す
るに、同図中、1は3気筒の2サイクルディーゼルエン
ジンであって、これのシリンダボディ2には3つのシリ
ンダ3…が並設されており、各シリンダ3内にはピスト
ン4が上下摺動自在に嵌装されている。そして、各ピス
トン4はクランクケース5内に回転自在に配されたクラ
ンク軸6にコンロッド7を介して連結されている。
又、前記シリンダボディ2の上部に被着されるシリン
ダヘッド8には各気筒毎に副燃焼室Sが各々形成されて
おり、各副燃焼室Sには燃料噴射弁9の先部が臨んでい
る。
更に、前記クランク軸6の一端はクラッチ10を介して
ミッション11の入力軸12に断接され、入力軸に伝達され
る回転はミッション11の各種変速ギヤ(図示せず)を経
て変速されて出力軸13に伝達される。尚、第1図中、14
は変速レバーである。
而して、本2サイクルディーゼルエンジン1において
は、各気筒においてピストン4が上昇する吸入・圧縮行
程においてクランクケース5のクランク室15内に生ずる
負圧に引かれて空気が不図示の吸気通路からクランク室
15内に供給され、この空気は爆発・排気行程において下
降するピストン4によって1次圧縮される。そして、こ
の1次圧縮された空気は、爆発・掃気行程においてピス
トン4がシリンダ3に開口する排気ポートと掃気ポート
を開くと、掃気ポートからシリンダ3内に流入して前の
サイクルにおいて生じた排気ガスを掃気ポートへ押し出
す。その後、吸入・圧縮行程において上昇するピストン
4によって排気ポート及び掃気ポートが閉じられると、
シリンダ3内の空気はピストン4によって圧縮されて高
温、高圧となり、ピストン4が上死点近くに達すると、
燃料噴射弁9から副燃焼室S内に適量の燃料が噴射さ
れ、この燃料はシリンダ3内の高温、高圧の空気によっ
て着火、燃料せしめられる。すると、ピストン4はその
頭部に高い燃焼圧を受けて下降し、このピストン4の下
降によってクランク室15内の空気が1次圧縮され、以後
は上述と同様に作用が繰り返され、当該エンジン1は連
続的に運転せしめられる。
ところで、該エンジン1においては、該エンジン1に
よって駆動されるオイルポンプ20から必要最小限の量の
オイルが各摺動部分に直接、且つ間欠的に供給される。
即ち、オイルポンプ20からはオイルが油路21及び該油路
21から分岐する油路22…を経てクランク軸6の各ジャー
ナル部へ間欠的に供給され、そこから更に各コンロッド
7の大端部に供給され、該オイルはこれら各部を潤滑す
る。又、オイルポンプ20からはオイルが油路23及び該油
路23から分岐する油路24…を経て各シリンダ3とピスト
ン4との摺動面に供給され、このオイルによって摺動面
が潤滑される。尚、オイルポンプ20には油路25を介して
オイルタンク30が接続されている。
上記オイルポンプ20はエンジン回転数とは独立にその
送油量(1行程当りの送油量)Qと送油インターバルI
とが第2図に示すパルスモータ26,27によってそれぞれ
制御されるものであって、パルスモータ26,27はコント
ローラ40に電気的に接続されている。
上記コントローラ40にはアクセルペダル50の開度を検
出するポテンショメータ51と、エンジン1のクランク軸
6の回転数を検出する回転センサ60とが電気的に接続さ
れており、該コントローラ40はポテンショメータ51にて
検出されるアクセル開度と回転センサ60にて検出される
エンジン回転数のデータによってエンジン1の運転状態
とは独立にオイルポンプ20の1行程当りの送油量Qと送
油インターバルIを決定し、その値に応じて前記パルス
モータ26,27の駆動を制御するものである。
尚、本実施例においては、オイルポンプ20、パルスモ
ータ26,27、コントローラ40、ポテンショメータ51、回
転センサ60等が本発明に係る送油装置を構成する。
次に、本送油装置に基づいて本発明に係る送油方法を
具体的に説明する。
エンジン1の運転中においてアクセル開度、エンジン
回転数はそれぞれポインショメータ51、回転センサ60に
よって検出され、前述のようにこれらの検出信号はコン
トローラ40へ送られ、コントローラ40ではこの検出信号
に基づいて、即ち、エンジン1の運転状態に応じてオイ
ルポンプ20の1行程当りの送油量Qと送油インターバル
Iが決定され、コントローラ40はこの送油量Qと送油イ
ンターバルIの値を満足するようにオイルポンプ20の駆
動、つまりはパルスモータ26,27の駆動を制御する。
ところで、コントローラ40内には第3図に示すような
マップがメモリされており、このマップは所定のエンジ
ン回転数幅とアクセル開度幅によって複数のアドレスに
区画されており、各アドレスでは対応するエンジン運転
状態に最適なオイルポンプ20の1行程当りの送油量Qと
送油インターバルIが決定されている。具体的には、ア
クセル開度とエンジン回点数が大きい高負荷・高回転域
以外の通常運転域(第4図に示す領域A)においては、
オイルポンプ20の1行程当りの送油量Qが最小値に固定
され、単位時間当りの必要送油量(即ち、クランク軸6
のジャーナル部等の摺動部分の耐焼付性や耐摩耗性に問
題が生じないために必要な送油量)は送油インターバル
Iの制御によって確保される。このように送油インター
バルIを制御してオイルポンプ20の1行程当りの送油量
Qを最小に保てば、前述の実験結果から明らかなように
オイル微粒子の排出量を極小に抑えることができる。
一方、高負荷・高回転域(第4図の領域B)において
も、理想的には上記のようにオイルポンプ20の1行程当
りの送油量Qは最小値に固定されるべきであるが、この
運転域において要求される単位時間当りの送油量を満足
しようとすると送油インターバルIが極端に短くなり、
オイルポンプ(特に機械式のオイルポンプ)が追従し難
くなるため、送油インターバルIを実現可能な最小値に
固定して1行程当りの送油量Qを制御することによって
単位時間当りに要求される送油量を満足するようにして
いる。従って、この高負荷・高回転域においても、各摺
動部分の耐焼付性や対摩耗性に問題が生じない範囲でオ
イルポンプ20の1行程当りの送油量Qを最小に保つこと
ができ、これによってオイル微粒子の排出量を極小に抑
えることができる。
尚、本実施例では機械式のオイルポンプを用いている
ため、電磁式のオイルポンプに比べて1行程当りの送油
量Qの制御を精密に行なうことができる。
ところで、以上の実施例ではエンジン1の運転状態を
検知するパラメータとしてアクセル開度とエンジン回転
数を用いたが、これらに加えて冷却水温、吸気温度等の
パラメータを用いると、より正確な送油制御が可能とな
る。又、本発明は燃料噴射弁を有しない2サイクルエン
ジン、吸気通路にオイルを供給する分離給油方式を採用
する2サイクルエンジンに対しても適用可能であること
は勿論である。
(発明の効果) 以上の説明で明らかな如く本発明によれば、エンジン
の通常運転域においては、オイルポンプ1行程当りの送
油量を最小値に固定して送油インターバルを可変とし、
高負荷・高回転域においては、送油インターバルを最小
値に固定してオイルポンプ1行程当りの送油量を可変と
したため、各摺動部分に必要な量のオイルを送油し、且
つオイルの微粒子の排出量を極小に抑えることができ
る。
又、本発明によれば、エンジンの運転状態を検知する
検知手段と、該検知手段からの検知信号に基づいてオイ
ルポンプ1行程当りの送油量と送油インターバルをエン
ジンの運転状態とは独立に決定するコントローラと、該
コントローラによってその駆動が制御されるオイルポン
プを含んで送油装置を構成したため、該送油装置によっ
て前記送油方法を具体的に実施することができる。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明に係る送油装置の構成図、第2図は同装
置を構成するオイルポンプ及びこれの駆動制御系の構成
図、第3図はエンジンの運転状態に応じて送油量Qと送
油インターバルIとを決定するためのマップ、第4図は
制御領域を示す図である。 1……2サイクルエンジン、9……燃料噴射弁、15……
クランク室、20……オイルポンプ、40……コントロー
ラ、51……ポテンショメータ(検知手段)、60……回転
センサ(検知手段)、I……送油インターバル、Q……
オイルポンプ1行程当りの送油量。

Claims (2)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】オイルを間欠的に供給する2サイクルエン
    ジンの送油方法であって、通常運転域においては、オイ
    ルポンプ1行程当りの送油量を最小値に固定して送油イ
    ンターバルを可変とし、高負荷・高回転域においては、
    送油インターバルを最小値に固定してオイルポンプ1行
    程当りの送油量を可変とすることを特徴とする2サイク
    ルエンジンの送油方法。
  2. 【請求項2】オイルを間欠的に供給する2サイクルエン
    ジンに設けられる装置であって、エンジンの運転状態を
    検知する検知手段と、該検知手段からの検知信号に基づ
    いてオイルポンプ1行程当りの送油量と送油インターバ
    ルをエンジンの運転状態とは独立に決定するコントロー
    ラと、該コントローラによってその駆動が制御されるオ
    イルポンプを含んで構成されることを特徴とする2サイ
    クルエンジンの送油装置。
JP1020820A 1989-02-01 1989-02-01 2サイクルエンジンの送油方法及びその装置 Expired - Fee Related JP2716184B2 (ja)

Priority Applications (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1020820A JP2716184B2 (ja) 1989-02-01 1989-02-01 2サイクルエンジンの送油方法及びその装置
EP19900101843 EP0381162B1 (en) 1989-02-01 1990-01-30 Oil feeding method and device for oiling a 2-cycle engine
US07/472,341 US4989555A (en) 1989-02-01 1990-01-30 Lubricant supply for two cycle engine
DE1990609206 DE69009206T2 (de) 1989-02-01 1990-01-30 Ölzufuhrverfahren und -einrichtung für eine Zwei-Taktbrennkraftmaschine.

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1020820A JP2716184B2 (ja) 1989-02-01 1989-02-01 2サイクルエンジンの送油方法及びその装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH02204608A JPH02204608A (en) 1990-08-14
JP2716184B2 true JP2716184B2 (ja) 1998-02-18

Family

ID=12037673

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1020820A Expired - Fee Related JP2716184B2 (ja) 1989-02-01 1989-02-01 2サイクルエンジンの送油方法及びその装置

Country Status (4)

Country Link
US (1) US4989555A (ja)
EP (1) EP0381162B1 (ja)
JP (1) JP2716184B2 (ja)
DE (1) DE69009206T2 (ja)

Families Citing this family (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6763801B1 (en) * 1990-03-21 2004-07-20 Decuir Jr Julian A Internal combustion engine utilizing internal boost
JP3034633B2 (ja) * 1991-04-12 2000-04-17 ヤマハ発動機株式会社 2サイクルエンジンの潤滑油供給装置
US5355851A (en) * 1992-02-10 1994-10-18 Yamaha Hatsudoki Kabushiki Kaisha Lubricating oil supplying system for two cycle engine
US5390635A (en) * 1992-03-16 1995-02-21 Yamaha Hatsudoki Kabushiki Kaisha Lubricating oil supplying system for engine
US5526783A (en) * 1992-06-29 1996-06-18 Yamaha Hatsudoki Kabushiki Kaisha Lubricant control
JPH0754626A (ja) * 1993-08-09 1995-02-28 Yamaha Motor Co Ltd エンジンの潤滑装置
JPH0754628A (ja) * 1993-08-09 1995-02-28 Yamaha Motor Co Ltd 筒内燃料噴射式2サイクルエンジンの潤滑装置
US5542387A (en) * 1994-08-09 1996-08-06 Yamaha Hatsudoki Kabushiki Kaisha Component layout for engine
US5632241A (en) 1995-07-25 1997-05-27 Outboard Marine Corporation Oil lubricating system for a two-stroke internal combustion engine
AUPN716595A0 (en) * 1995-12-15 1996-01-18 Orbital Engine Company (Australia) Proprietary Limited Oil supply method for an internal combustion engine
AU3312997A (en) * 1996-06-21 1998-01-07 Outboard Marine Corporation Programmed break-in mode for two-cycle engine
JP2003336512A (ja) * 2002-05-20 2003-11-28 Yamaha Marine Co Ltd 2サイクルエンジンの潤滑油ポンプ制御方法
US7198020B1 (en) 2006-03-13 2007-04-03 Steven G Beddick Lubrication systems and methods for an internal combustion engine

Family Cites Families (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3886914A (en) * 1973-12-14 1975-06-03 Ford Motor Co Lubricant metering system
IT1138270B (it) * 1981-04-07 1986-09-17 Dellorto Spa Pompa d'olio per motori a combustione interna
US4369743A (en) * 1981-09-22 1983-01-25 Outboard Marine Corporation Electronic lubricant metering system
JPS5923024A (en) * 1982-07-30 1984-02-06 Sanshin Ind Co Ltd Supply device of lubrication oil of two-cycle internal combustion engine
JPS6056114A (en) * 1983-09-08 1985-04-01 Yamaha Motor Co Ltd Lubrication oil supply device in two-cycle engine
JPS6090910A (en) * 1983-10-24 1985-05-22 Sanshin Ind Co Ltd Lubricating oil supplier of 2-cycle internal-combustion engine
US4573932A (en) * 1984-02-08 1986-03-04 Outboard Marine Corporation Electrical fluid pumping device including first and second pumping portions
JPS61178510A (en) * 1985-02-05 1986-08-11 Mitsubishi Heavy Ind Ltd Automatically adjusting device for oil quantity to engine cylinder
JPS62276208A (en) * 1986-01-20 1987-12-01 Mazda Motor Corp Lubricating device for engine

Also Published As

Publication number Publication date
DE69009206T2 (de) 1994-09-08
EP0381162B1 (en) 1994-06-01
EP0381162A3 (en) 1991-04-03
JPH02204608A (en) 1990-08-14
DE69009206D1 (de) 1994-07-07
US4989555A (en) 1991-02-05
EP0381162A2 (en) 1990-08-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3973532A (en) Crankcase-scavenged four stroke engine
US6079379A (en) Pneumatically controlled compressed air assisted fuel injection system
JP2716184B2 (ja) 2サイクルエンジンの送油方法及びその装置
EP0980969A2 (en) Method for operating a two-stroke in-cylinder injection engine and such an engine
CA2071458A1 (en) 4-cycle engine
US6116228A (en) Control for engine
US4957089A (en) Fuel injection control system for a two-cycle engine
US5370089A (en) Lubrication system for two-stroke engine
US6148777A (en) Control for direct injected two cycle engine
US5678525A (en) Fuel supply device for crankcase chamber supercharged engine
US4907549A (en) Scavenging system for a two-stroke-cycle engine
US5575246A (en) Operational control device for two-cycle engines
US4088097A (en) Crankcase-scavenged engine
US5396867A (en) Two-cycle engine
US6058907A (en) Control for direct injected two cycle engine
US6367450B1 (en) Fuel injection control system for outboard motor
US5690063A (en) Engine control system
EP0742360A3 (en) Fuel injection apparatus and method for a two-stroke engine
US20010027771A1 (en) Start up control for engine
US5778838A (en) Fuel supply device for crankcase chamber supercharged engine
US5769050A (en) Prechamber for diesel engine
WO1991002144A1 (en) Improved two stoke cycle spark ignition internal combustion engine
GB2214569A (en) Free-piston I.C engine
US6227165B1 (en) Engine control strategy and system
US6065445A (en) Engine feedback control

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees