JP2561370B2 - エアバッグ装置 - Google Patents

エアバッグ装置

Info

Publication number
JP2561370B2
JP2561370B2 JP2163628A JP16362890A JP2561370B2 JP 2561370 B2 JP2561370 B2 JP 2561370B2 JP 2163628 A JP2163628 A JP 2163628A JP 16362890 A JP16362890 A JP 16362890A JP 2561370 B2 JP2561370 B2 JP 2561370B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
airbag
occupant
seat
vehicle
airbag body
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2163628A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0455141A (ja
Inventor
英彦 岡田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Nissan Motor Co Ltd
Original Assignee
Nissan Motor Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nissan Motor Co Ltd filed Critical Nissan Motor Co Ltd
Priority to JP2163628A priority Critical patent/JP2561370B2/ja
Publication of JPH0455141A publication Critical patent/JPH0455141A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2561370B2 publication Critical patent/JP2561370B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60RVEHICLES, VEHICLE FITTINGS, OR VEHICLE PARTS, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B60R21/00Arrangements or fittings on vehicles for protecting or preventing injuries to occupants or pedestrians in case of accidents or other traffic risks
    • B60R21/02Occupant safety arrangements or fittings, e.g. crash pads
    • B60R21/16Inflatable occupant restraints or confinements designed to inflate upon impact or impending impact, e.g. air bags
    • B60R21/23Inflatable members
    • B60R21/231Inflatable members characterised by their shape, construction or spatial configuration
    • B60R2021/23107Inflatable members characterised by their shape, construction or spatial configuration the bag being integrated in a multi-bag system

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 この発明は、自動車等におけるエアバッグ式の乗員拘
束装置に係り、特に座席に乗員が着座していない場合に
おいても、乗員を保護することができるエアバッグ装置
に関する。
〔従来の技術〕
従来のエアバッグ式の乗員拘束装置としては、例えば
第9図及び第10図に示すようなものがある。これは助手
席用のものであり、車体部材であるインストルメントパ
ネル1内にインフレータ2およびエアバッグ本体3を有
するエアバッグモジュール4が装着されており、図外の
センサにより車両に設定限度を超える減加速度が生じた
ことを検知したときに、インフレータ2に点火電流が流
れインフレータ2内の窒素ガス発生剤が燃焼する。この
燃焼圧により発生した窒素ガスがエアバッグ本体3内に
充満することによりエアバッグ本体が膨張し、助手席5
に着座した乗員6を拘束する。このエアバッグ本体3は
柔らかい材質から構成されており、これに当接している
乗員6は衝撃力を受けることがないので、車両の衝突等
によって発生した大きい衝撃エネルギが乗員6に加えら
れず、乗員6の安全が保持される(特開昭62−105743号
公報等参照)。
〔発明が解決しようとする課題〕
しかしながらこのような従来のエアバッグ装置にあっ
ては、乗員6が助手席5に着座しているときには有効に
作用して乗員6を保護することができるが、子供等の乗
員6が助手席5に着座しておらず、インストルメントパ
ネル1の直前に立っているような場合には、インフレー
タ2からのガス圧によるエアバッグ本体3の膨張に伴な
い子供等の乗員6が後方へ押しやられる虞がある。
この発明は、このような従来の課題に着目してなされ
たもので、車両の衝突等により大きい衝撃エネルギが生
じた際に、助手席に着座していない乗員に対しても、助
手席に着座している乗員に対しても、共に確実に拘束で
きるエアバッグ装置を提供することを目的とする。
〔課題を解決するための手段〕
このため本発明は、座席の前方に配された車体部材に
インフレータ及びエアバッグ本体を有するエアバッグモ
ジュールが設けられたエアバッグ装置であって、該エア
バッグモジュールは前記座席の着座部位の両側辺の夫々
前方延長線上近傍の前記車体部材に設けられる一方、前
記エアバッグ本体が前記インフレータからのガス圧によ
り膨張した状態において、前記両エアバッグ本体の先端
部分が互いに衝接することにより前記車体部材と両エア
バッグ本体の該車体部材側の面とで平面視略三角形状の
空間を形成し得ると共に、該状態において前記両エアバ
ッグ本体の先端部分が前記座席の背凭の前面側に略近接
し得るようにした。
〔作用〕
エアバッグ本体はインフレータからのガス圧により膨
張した状態において、両エアバッグ本体の先端部分が互
いに衝接することにより、車体部材と両エアバッグ本体
の車体部材側の面とで平面視略三角形状の空間を形成す
るので、車両の衝突等により大きい衝撃エネルギが生じ
ても、助手席に着座していない乗員が平面視略三角形状
の空間に保持されて乗員を拘束できると共に、助手席に
着座している乗員に対しては乗員が座席の背凭の前面側
に略近接する両エアバッグ本体により乗員を拘束でき
る。
〔実施例〕
以下、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。
第1図乃至第4図は本発明の第1実施例を示すもの
で、本発明を所謂セパレートタイプの助手席に適用した
ものである。座席である助手席8の着座部位の両側辺8
a,8b、より詳細には助手席8の座部9の両側辺9a,9b或
いは背凭10の両側辺10a,10bの前方延長線La,Lb上近傍の
助手席8の前方に配された車体部材であるインストルメ
ントパネル11内には、インフレータ12a,12bおよびエア
バッグ本体13a,13bを有するエアバッグモジュール14a,1
4bが、各々背凭10の中心線Lc上に指向して設けられてい
る。インフレータ12a,12bは図外の電気着火装置、着火
剤、窒素ガス発生剤等から構成されており、エアバッグ
本体13a,13bは例えばゴムコーティングされたナイロン
製の袋で構成されている。また、車両の適所、例えば車
両前部又は車室内にはセンサ15が設けられており、車両
に設定限度を超える減加速度が生じたか否かを検知す
る。更にセンサ15により、車両に設定限度を超える減加
速度が生じとことを検知した際にインフレータ12a,12b
の電気着火装置に電流を供給するコントロールユニット
16が設けられている。これらのエアバッグモジュール14
a,14b及びセンサ15、コントロールユニット16により、
エアバッグ装置17を構成している。
そして、エアバッグ本体13a,13bはインフレータ12a,1
2bからのガス圧により膨張した状態において、一方のエ
アバッグ本体13aは他方のエアバッグ本体13bよりも大き
く膨張し、一方のエアバッグ本体13aの先端部13d近傍の
インストルメントパネル11側の面13eと他方のエアバッ
グ本体13bの先端部13dとが互いに衝接することにより、
インストルメントパネル11と両エアバッグ本体13a,13b
のインストルメントパネル11側の面13e,13eとの間に、
平面視略三角形状の空間Sを形成するように構成されて
いる。ここで空間Sは、1974年に米国で作成されたダミ
ー基準(49Code of Federal Regulations Part 572,Aut
hropomorphic Test Dummy)の一例であるハイブリッドI
Iダミーにおいて、A6Cで規定される体格以下の体格を有
する子供(昭和58年9月30日に社団法人自動車技術会に
より発行された「親編 自動車工学便覧〈第3編〉」の
第2−21頁乃至第2−22頁及び第2−33頁参照)が収容
できる大きさを有している。また、この状態において、
一方のエアバッグ本体13aの先端部13dが助手席8の背凭
10の前面側10cに近接し得るように構成されている。こ
こで一方のエアバッグ本体13aの背凭10の前面側10cへの
近接は、上記ダミー基準の一例であるハイブリッドIIダ
ミーにおいて、AM95で規定される体格を有する乗員19a
が着座しているときに、一方のエアバッグ本体13aの先
端部13dが、第3図に示すように乗員19aに当接する程度
に近接する。
また、助手席8の正面のインストルメントパネル11内
の表面近傍には、エアバッグモジュール14a,14b間に衝
撃吸収用パッド18が埋設されている。
尚、20はヘッドレストを示す。
次に、上記構成において作用を説明する。第1図及び
第2図に示すように、助手席8の前方のインストルメン
トパネル11直前に、子供等の乗員19が立っている場合
に、センサ15により車両に設定限度を超える減加速度が
生じたことを検知すると、コントロールユニット16から
インフレータ12の電気着火装置に電流が供給される。こ
れにより着火剤が着火し、窒素ガス発生剤が燃焼して窒
素ガスが発生しエアバッグ本体13a,13bが膨張する。こ
のときは図に示すように、エアバッグ本体13a,13bは、
一方のエアバッグ本体13aが他方のエアバッグ本体13bよ
りも大きく膨張し、エアバッグ本体13aの先端部13d近傍
のインストルメントパネル11側の面13eと他方のエアバ
ッグ本体13bの先端部13dが互いに衝接することにより、
インストルメントパネル11と両エアバッグ本体13a,13b
の、インストルメントパネル11側の面13e,13eとの間
に、平面視略三角形状の空間Sが形成される。即ち、助
手席8の前方のインストルメントパネル11直前に立って
いる子供等の乗員19は側方及び後方を両エアバッグ本体
13a,13bで取り囲まれた状態となる。これにより乗員19
は従来のようにエアバッグ本体13a,13bの膨張に伴なっ
て後方へ押しやられることがなくなり、乗員19の側方及
び後方への移動を拘束して保護することができる。また
乗員19の前方への移動に対しては、衝撃吸収用パッド18
により乗員19を拘束して保護する。
次に第3図および第4図に示すように助手席8に大人
等の乗員19aが着座している場合には、上記同様エアバ
ッグ本体13a,13bが膨張し、一方のエアバッグ本体13aの
先端部13dが助手席8の背凭10の前面側10cに近接する。
そして従来同様着座している乗員の前方への移動を拘束
して保護することができる。またこの場合には、従来一
つのエアバッグで単に前方から乗員を押圧していたのに
比べ、助手席8の左右前方から同時に乗員19aを押圧す
ることになるので、左右に振られることなく安定した状
態で助手席8に着座している乗員19aを保護することが
できる。
この場合第1図に示すものと左右を逆にして、一方の
エアバッグ本体13aを車両外側に、他方のエアバッグ本
体13bを車両内側に配設すれば、助手席8の前方のイン
ストルメントパネル11直前に子供等の乗員19が立ってい
る場合の側面衝突時に、乗員19が車両外側、即ち側方に
振られた際にも、乗員はエアバッグ本体13a,13bの衝接
部位を打ち破って車両側部に移動することがなく、一方
のエアバッグ本体13aのインストルメントパネル11側の
面13eにより受け止められることになり、側面衝突時の
乗員19の安全性をより高めることができる。
また第1実施例では、助手席8と図示しない運転席と
が分割されている所謂セパレートシートで説明したが、
本発明はこれに限られず助手席8と運転席とが一体に形
成された長椅子タイプの所謂ベンチシートにも用いるこ
とができることは言うまでもない。この場合、着座部位
とは第1実施例での助手席8の車両幅方向の幅に略等し
い部位を言う。
更に第1実施例では、一方のエアバッグ本体13aは他
方のエアバッグ本体13bよりも大きく膨張し、一方のエ
アバッグ本体13aの先端部13d近傍のインストルメントパ
ネル11側の面13eと他方のエアバッグ本体13bの先端部13
dが各々衝接することにより、インストルメントパネル1
1と両エアバッグ本体13a,13bの、インストルメントパネ
ル11側の面13e,13eとで、平面視略三角形状の空間Sが
形成されるように構成したが、第5図に示す第2実施例
のように、両エアバッグ本体13a,13bは略等しい大きさ
に膨張し、エアバッグ本体13a,13bの各々の先端部13d,1
3dが衝接することにより、インストルメントパネル11と
両エアバッグ本体13a,13bの、インストルメントパネル1
1側の面13e,13eとで、平面視略三角形状の空間Sが形成
されるように構成してもよい。
次に、本発明の第3実施例を第6図乃至第8図に基づ
いて説明する。ただし第1実施例と同一部分には同じ符
号を付し説明を省略し、異なる部分のみ説明する。この
実施例では、第1実施例のエアバッグモジュール14a,14
bに加え、助手席8の正面のエアバッグモジュール14a,1
4b間のインストルメントパネル11内に、インフレータ12
c及びエアバッグ本体13cを有するエアバッグモジュール
14cが、背凭10の中心線Lc上に指向して設けられてい
る。
第1実施例と同様に、センサ15により車両に設定限度
を超える減加速度が生じたことを検知すると、コントロ
ールユニット16からインフレータ12a,12b,12cの電気着
火装置に電流が供給される。これにより着火剤が着火
し、窒素ガス発生剤が燃焼して窒素ガスが発生しエアバ
ッグ本体13a,13b,13cが同時に膨張する。このときエア
バッグ本体13cは背凭10の中心線Lc上に指向して膨張す
ると共にウインドシールドガラス21にも向けて張り出
し、エアバッグ本体13a,13bは第1実施例と同様に、一
方のエアバッグ本体13aの先端部13d近傍のインストルメ
ントパネル11側の面13eと他方のエアバッグ本体13bの先
端部13dが各々衝接することにより助手席8の正面のエ
アバッグ本体13Cの先端部13dと両エアバッグ本体13a,13
bのインストルメントパネル11側の面13e、13eとで平面
視略三角形状の空間Sが形成される。この空間Sも第1
実施例と同様にダミー基準の一例であるハイブリッドII
ダミーにおいて、A6Cで規定される体格以下の体格を有
する子供が収容できる大きさを有している。このため助
手席8の前方のインストルメントパネル11直前に立って
いる子供等の乗員19は、側方及び後方、前方をエアバッ
グ本体13a,13b及び13cで取り囲まれた状態となり、より
一層の安全性を確保できる。
なお以上の各実施例では、助手席8の乗員を保護する
ためにエアバッグモジュール14a,14b,14cを助手席8前
方のインストルメントパネル11内に設けたが、本発明は
これに限らず、エアバッグモジュール14a,14b,14cを前
席たる助手席8或いは図外の運転席の背凭10内に設けて
図外の後席の乗員を保護するように構成してもよい。
〔発明の効果〕
以上説明したように、本発明によれば、インフレータ
及びエアバッグ本体を有するエアバッグモジュールは前
記座席の着座部位の両側辺の夫々前方延長線上近傍の前
記車体部材に設けられる一方、前記エアバッグ本体が前
記インフレータからのガス圧により膨張した状態におい
て、前記両エアバッグ本体の先端部分が互いに衝接する
ことにより前記車体部材と両エアバッグ本体の該車体部
材側面とで平面視略三角形状の空間を形成し得ると共
に、該状態において前記両エアバッグ本体の先端部分が
前記座席の背凭の前面側に略近接し得るようにしたの
で、座席の前方の車体部材直前に子供等の乗員が立って
いる場合には、エアバッグ本体が乗員の側方及び後方へ
の移動を拘束して保護することができ、また座席に乗員
が着座している場合には、従来同様に乗員の前方への移
動を拘束して保護することができると共にエアバッグ本
体が座席の左右前方から同時に乗員を押圧することにな
るので、乗員が左右に振られることなく安定して状態で
座席に着座している乗員を保護することができる。
【図面の簡単な説明】
第1図乃至第8図は本発明に係るエアバッグ装置の作動
状態を示す図であり、第1図は乗員がインストルメント
パルス直前に立っている場合の本発明に係るエアバッグ
本体の膨張後の状態を示す平面図、第2図は同様に第1
図の実施例におけるエアバッグ本体の膨張前の状態の平
面図、第3図は乗員が前席に着座している場合の本発明
に係るエアバッグ本体の膨張後の状態の平面図、第4図
は同様に第3図の実施例におけるエアバッグ本体の膨張
前の状態の平面図、第5図は本発明の第2の実施例を示
す第3図相当の平面図、第6図乃至第8図は本発明の第
3の実施例を示す図であり、第6図はインストルメント
パネル直前に乗員が立っている場合の本発明に係るエア
バッグ本体の膨張後の状態の平面図、第7図は同様に第
6図の実施例におけるエアバッグ本体の膨張前の状態の
平面図、第8図は同様に第6図の実施例におけるエアバ
ッグ本体の膨張後の状態の側面図、第9図及び第10図は
従来のエアバッグ装置の作動状態を示す側面図と平面図
である。 8……助手席(座席) 8a,8b,9a,9b,10a,10b……両側辺 10……背凭 11……インストルメントパネル(車体部材) 12a,12b,12c……インフレータ 13a,13b,13c……エアバッグ本体 13d……エアバッグ本体の先端部 13e……エアバッグ本体のインストルメントパネル側の
面 14a,14b,14c……エアバッグモジュール 17……エアバッグ装置 S……空間

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】座席の前方に配された車体部材にインフレ
    ータ及びエアバッグ本体を有するエアバッグモジュール
    が設けられたエアバッグ装置であって、該エアバッグモ
    ジュールは前記座席の着座部位の両側辺の夫々前方延長
    線上近傍の前記車体部材に設けられる一方、前記エアバ
    ッグ本体が前記インフレータからのガス圧により膨張し
    た状態において、前記両エアバッグ本体の先端部分が互
    いに衝接することにより前記車体部材と両エアバッグ本
    体の該車体部材側の面とで平面視略三角形状の空間を形
    成し得ると共に、該状態において前記両エアバッグ本体
    の先端部分が前記座席の背凭の前面側に略近接し得るこ
    とを特徴とするエアバッグ装置。
JP2163628A 1990-06-21 1990-06-21 エアバッグ装置 Expired - Fee Related JP2561370B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2163628A JP2561370B2 (ja) 1990-06-21 1990-06-21 エアバッグ装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2163628A JP2561370B2 (ja) 1990-06-21 1990-06-21 エアバッグ装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0455141A JPH0455141A (ja) 1992-02-21
JP2561370B2 true JP2561370B2 (ja) 1996-12-04

Family

ID=15777546

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2163628A Expired - Fee Related JP2561370B2 (ja) 1990-06-21 1990-06-21 エアバッグ装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2561370B2 (ja)

Families Citing this family (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5310214A (en) * 1992-04-02 1994-05-10 Talley Automotive Products, Inc. Air bag system for restraining movement of an adult and/or a child
JP4119155B2 (ja) * 2002-04-22 2008-07-16 本田技研工業株式会社 小型車両におけるエアバッグ装置
US6969086B2 (en) 2003-01-23 2005-11-29 Takata Corporation Airbag and airbag device
US6834886B2 (en) 2003-02-18 2004-12-28 Takata Corporation Airbag device
JP4380315B2 (ja) 2003-04-03 2009-12-09 タカタ株式会社 エアバッグ、エアバッグ装置及び車両
JP4134752B2 (ja) 2003-02-26 2008-08-20 タカタ株式会社 エアバッグ及びエアバッグ装置
JP6326486B2 (ja) 2014-03-31 2018-05-16 オートリブ ディベロップメント エービー 車両用エアバッグ装置
CN106163884B (zh) 2014-04-11 2019-04-16 奥托立夫开发公司 气囊装置
JP6300902B2 (ja) 2014-04-25 2018-03-28 オートリブ ディベロップメント エービー エアバッグ装置
JP6345241B2 (ja) 2014-06-25 2018-06-20 オートリブ ディベロップメント エービー エアバッグ装置
US10023144B2 (en) 2014-06-30 2018-07-17 Autoliv Development Ab Airbag device
WO2016021381A1 (ja) 2014-08-04 2016-02-11 オートリブ ディベロップメント エービー エアバッグ装置
JP6331146B2 (ja) * 2014-12-05 2018-05-30 本田技研工業株式会社 エアバッグ装置
DE102017103826A1 (de) * 2017-02-24 2018-08-30 Trw Automotive Gmbh Fahrzeuginsassen-Rückhaltevorrichtung und Verfahren zum Betreiben einer Fahrzeuginsassen-Rückhaltevorrichtung

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0455141A (ja) 1992-02-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP3280620B1 (en) Airbag assemblies for vehicles with generous leg room
JP2561370B2 (ja) エアバッグ装置
CN114514149B (zh) 用于装备有实用部件的车辆乘坐位置的可充气安全气囊组件
EP0896909A3 (en) Inflatable tubular cushions for crash protection of seated automobile occupants
JPH0450052A (ja) 車両のシート構造
JP2992961B2 (ja) 自動車のエアバッグ装置
JPH02303951A (ja) 乗物用乗員拘束エアバッグ
JP6755072B2 (ja) 車両構造
CN113459990A (zh) 侧气囊装置
JPH10264761A (ja) エアバッグ装置
JP2022530760A (ja) サイドエアバッグアセンブリ
JP3340597B2 (ja) 自動車用子供安全シート
JPH05208653A (ja) 車両乗員の保護装置
JPH0549523A (ja) エアバツグ装置を備えたヘツドレスト
JP3181378B2 (ja) 自動車のエアバッグ装置
US11865991B1 (en) Overhead airbag cushions and related systems
JP6871787B2 (ja) 車両の乗員保護装置
JP2014141194A (ja) 膝側面拘束用エアバッグ装置
KR20230031555A (ko) 차량의 시트 에어백 장치
KR20230082657A (ko) 에어백 장치
US6540041B2 (en) Vehicle occupant gas restraining system
JP2602872Y2 (ja) エアーバッグ装置
JPH04166451A (ja) エアバッグ装置
JP3290248B2 (ja) エアバッグにより車両乗員を保護するための安全装置
JPH06239195A (ja) 車両用エアバッグ装置

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees