JP2017510373A - 流れ制御材料を有する基材を備えた吸収性物品 - Google Patents

流れ制御材料を有する基材を備えた吸収性物品 Download PDF

Info

Publication number
JP2017510373A
JP2017510373A JP2016561012A JP2016561012A JP2017510373A JP 2017510373 A JP2017510373 A JP 2017510373A JP 2016561012 A JP2016561012 A JP 2016561012A JP 2016561012 A JP2016561012 A JP 2016561012A JP 2017510373 A JP2017510373 A JP 2017510373A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2016561012A
Other languages
English (en)
Inventor
ブランカ、アリッツィ
ドナルド、キャロル、ロー
バリー、ロバート、フィースト
Original Assignee
ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー
ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/51Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the outer layers
    • A61F13/511Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin
    • A61F13/513Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin characterised by its function or properties, e.g. stretchability, breathability, rewet, visual effect; having areas of different permeability
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/51Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the outer layers
    • A61F13/511Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin
    • A61F13/51113Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin comprising an additive, e.g. lotion or odour control
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/51Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the outer layers
    • A61F13/511Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin
    • A61F13/5116Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin being formed of multiple layers
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/51Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the outer layers
    • A61F13/511Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin
    • A61F13/513Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin characterised by its function or properties, e.g. stretchability, breathability, rewet, visual effect; having areas of different permeability
    • A61F13/51305Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin characterised by its function or properties, e.g. stretchability, breathability, rewet, visual effect; having areas of different permeability having areas of different permeability
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/51Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the outer layers
    • A61F2013/51059Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the outer layers being sprayed with chemicals
    • A61F2013/51061Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the outer layers being sprayed with chemicals for rendering the surface hydrophobic
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/51Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the outer layers
    • A61F13/511Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin
    • A61F13/513Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin characterised by its function or properties, e.g. stretchability, breathability, rewet, visual effect; having areas of different permeability
    • A61F2013/51355Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin characterised by its function or properties, e.g. stretchability, breathability, rewet, visual effect; having areas of different permeability for improving fluid flow
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/84Accessories, not otherwise provided for, for absorbent pads
    • A61F2013/8488Accessories, not otherwise provided for, for absorbent pads including testing apparatus
    • A61F2013/8491Accessories, not otherwise provided for, for absorbent pads including testing apparatus including test methods

Abstract

本開示は、一部には、液体透過性トップシートと、液体不透過性バックシートと、液体透過性トップシートと液体不透過性バックシートとの間に少なくとも部分的に配置された吸収性コアとを含む吸収性物品に関する。吸収性物品は、吸収性物品の着用者に面する表面上の視覚的前部及び視覚的背部を画定する、実質的に横方向に延びる分離要素を含んでもよい。液体透過性トップシートは、第1の幾何学的処理を含む視覚的前部内の第1のゾーンと、第2の幾何学的処理を含む視覚的背部内の第2のゾーンとを含んでもよい。

Description

本開示は、概して、個人衛生用の吸収性物品に関する。本吸収性物品は、それぞれ、同じ又は異なる処理を有するゾーンを含む1つ又は複数の基材を備え得る。

個人衛生用の吸収性物品は、身体排出物(例えば、尿、排便「BM」)を吸収し、封じ込めるように設計されている。これらの吸収性物品は、異なる機能を提供するいくつかの層、例えば、層の中でも特に、トップシート、バックシート、及びトップシートとバックシートとの間に配置された吸収性コアを含み得る。

吸収性コアの機能は、身体排出物を長時間(例えば、おむつの場合は終夜)吸収しかつ保持すること、再湿潤を最小限に抑えて着用者を乾いた状態に維持すること、及び衣類又はベッドシーツが汚れるのを回避することである。いくつかの現在市販されている吸収性物品は、吸収性ゲル化材料(「AGM」)としても既知の、粉砕木材パルプ(即ちエアフェルト)と超吸収性ポリマー(「SAP」)とのブレンドである、粒子形態の吸収性材料を含む吸収性コアを含むものである。他の吸収性物品は、吸収性材料としてのSAPと、1つ又は複数のホットメルト接着剤とから本質的になる吸収性コア(いわゆる「エアフェルトフリー」コア)を有する。

吸収性物品は、捕捉層及び/又は分配層を有し得る液体管理システム(「LMS」)も含み得る。いくつかの吸収性物品は、液体及び他の身体排出物の改善された封じ込めを提供するレッグカフ及び腰部バンドを含んでもよい。通常、各レッグカフは、吸収性物品が使用されている間の有効な封止をもたらすために、おむつのシャーシ、例えば、脚部開口部の区域内のトップシートとバックシートとの間に含まれる1つ又は複数の弾性ストランド又は要素を含む。吸収性物品のシャーシと実質的に平面状であり得るこれらの弾性要素は、本明細書では、ガスケットカフとも称される。また、通常、レッグカフは、直立型弾性フラップを含み、本明細書ではバリアレッグカフとも称され、脚部−胴部接合領域における流体の封じ込めを改善する。

おむつ(テープ付き又はパンツ)又は成人失禁用製品などの吸収性物品は、前側及び背側領域又は他の領域が機能又は外観のいずれかにおいて意図される用途用に特に設計されていないという点で、トップシート及び/又はLMSにおける欠点を有するように思われる。大部分の販売されているおむつ又は成人失禁用製品は、例えばトップシート又はLMS全体にわたって、機構を有しない(通常の不織布材料)、又は、孔若しくはエンボス加工などの1つの機構を有するトップシート及び/又は捕捉層を含む。エンボス加工又は孔は、一般に、前側及び背側領域内で同じサイズ及び形状(同様に同じ外観)を有し、したがってBM管理と比べて尿管理のための特定の構成を提供せず、又は、BM管理の外観と比べて尿管理の外観を与える特定の構成を提供しない。このことは、BM及び尿がレオロジー及び固形分において有意な差を有するという事実により、改善されたおむつを得るために、尿管理がBM管理とは非常に異なるように処理されなければならないという点で問題を有し得る。これは、1つでどんな場合にも通用する状況ではない。前述したことを考慮すると、吸収性物品のトップシート及び/又はLMSは、尿管理とBM管理を別々に取り扱う、又は取り扱いの外観を与える、更なるゾーン処理又は機構を提供するように改善される必要がある。

上記に加えて、一般的な吸収性物品は、身体排出物が一旦トップシートによって受容された後、この身体排出物を取り扱う改善されたシステムが必要である。一般に、いくつかの吸収性物品は、身体排出物の捕捉が速すぎるか又は遅すぎ、他の吸収性物品は、身体排出物がコア中に吸収されないため、又は完全に若しくは適切に吸収されないため漏洩し得る。したがって、トップシート及び/又はLMSが、身体排出物の流れを、トップシート及び/若しくはLMS中に、トップシート及び/若しくはLMS上で、並びに/又はトップシート及び/若しくはLMSを通して案内又は変更(例えば、遅延、加速、制限、誘導)する機構を有することが有益であり得る。このことは、例えば、吸収性コア中への身体排出物(例えば、尿)の良好な分配を達成するために望ましい可能性がある。更なる例として、このことは、更に、身体排出物がコアにより完全かつ適切に吸収され得るように、身体排出物を吸収性コアの一部分上に好適な時間維持することによって、漏洩の低減を達成するために望ましい可能性がある。前述したことを考慮すると、トップシート又はLMSは、より良好な身体排出物管理を提供するよう改善される必要がある。

一形態では、本開示は、一部には、液体透過性トップシートと、液体不透過性バックシートと、液体透過性トップシートと液体不透過性バックシートとの間に少なくとも部分的に配置された吸収性コアとを含む吸収性物品に関する。吸収性物品は、吸収性物品の着用者に面する表面上の視覚的前部及び視覚的背部を画定する、実質的に横方向に延びる分離要素を含んでもよい。液体透過性トップシートは、第1の幾何学的処理を含む視覚的前部内の第1のゾーンと、第2の幾何学的処理を含む視覚的背部内の第2のゾーンとを含んでもよい。

一形態では、本開示は、一部には、液体透過性トップシートと、液体不透過性バックシートと、液体透過性トップシートと液体不透過性バックシートとの間に少なくとも部分的に配置された吸収性コアとを含む吸収性物品に関する。吸収性物品は、前側領域及び背側領域を画定する横方向軸線を含む。液体透過性トップシートは、前側領域内に少なくとも部分的に第1のゾーンを含む。第1のゾーンは、尿取り扱いのために構成された第1の形態学的処理を含んでもよい。液体透過性トップシートは、背側領域内に少なくとも部分的に第2のゾーンを含む。第2のゾーンは、BM取り扱いのために構成された第2の形態学的処理を含んでもよい。第1のゾーン内の第1の形態学的処理のパターンは、横方向軸線を中心として、第2のゾーン内の第2の形態学的処理のパターンと非対称又は対称であってもよい。

一形態では、本開示は、一部には、液体透過性トップシートと、液体不透過性バックシートと、液体透過性トップシートと液体不透過性トップシートとの間に少なくとも部分的に配置された吸収性コアとを含む吸収性物品に関する。液体透過性トップシートは、横方向軸線の第1の側に少なくとも部分的に配置された第1のゾーンと、横方向軸線の第2の側に少なくとも部分的に配置された第2のゾーンとを含む。第1のゾーンは、孔試験に従って、約0.2mm〜約15mmの範囲内の有効孔面積を有する孔が内部に画定されていてもよい。第1のゾーンは、孔試験に従って、約15%〜約40%の%有効開口面積を有してもよい。第2のゾーンは、孔試験に従って、約0.05mm〜約2mmの範囲内の有効孔面積を有する孔が内部に画定されていてもよい。第2のゾーンは、孔試験に従って、約2%〜約15%の%有効開放口積を有してもよい。第1のゾーン内の孔は、第2のゾーン内の孔よりも少なくとも約25%大きくてもよい。

一形態では、本開示は、一部には、液体透過性トップシートと、液体不透過性バックシートと、横方向軸線であって、横方向軸線の第1の側の前側領域と横方向軸線の第2の側の背側領域とを画定する、横方向軸線と、液体透過性トップシートと液体不透過性バックシートとの間に少なくとも部分的に配置された吸収性コアとを含む吸収性物品に関する。液体透過性トップシートは、主に前側領域内に配置され、かつ実質的に移動可能な化学的処理を有する第1のゾーンと、主に背側領域内に配置され、かつ実質的に移動可能な化学的処理を有する第2のゾーンとを含んでもよい。実質的に移動可能な化学的処理の坪量は、第1のゾーン内よりも第2のゾーン内でより高くてもよい。

一形態では、本開示は、一部には、液体透過性トップシートと、液体不透過性バックシートと、横方向に延びる分離要素であって、分離要素の第1の側の前側領域と分離要素の第2の側の背側領域とを画定する、分離要素と、液体透過性トップシートと液体不透過性バックシートとの間に少なくとも部分的に配置された吸収性コアとを含む吸収性物品に関する。液体透過性トップシートは、主に前側領域内に配置され、かつ疎水性であり得る実質的に移動可能な化学的処理を有する第1のゾーンと、主に背側領域内に配置され、かつ第1の化学的処理とは異なる親水性を有し得る実質的に移動可能な化学的処理を有する第2のゾーンとを含んでもよい。

一形態では、本開示は、一部には、液体透過性トップシートと、液体不透過性バックシートと、液体管理システムと、液体透過性トップシートと液体不透過性バックシートとの間に少なくとも部分的に配置された吸収性コアとを含む吸収性物品に関する。液体管理システムは、液体透過性トップシートと吸収性コアとの間に少なくとも部分的に配置されている。液体透過性トップシート及び液体管理システムは、吸収性物品の横方向軸線の第1の側の第1のゾーンと、横方向軸線の第2の側の第2のゾーンとを含んでもよい。液体管理システムの部分は、第1のゾーン内において、液体不透過性トップシートの部分内に若しくはその部分を通して延びてもよく、又は、液体不透過性トップシートの部分は、液体管理システムの部分内に若しくはその部分を通して延びてもよい。液体管理システムの部分は、第2のゾーン内において、液体不透過性トップシートの部分内に若しくはその部分を通して延びもよく、又は、液体不透過性トップシートの部分は、液体管理システムの部分内に若しくはその部分を通して延びてもよい。第1のゾーン又は第2のゾーンは、実質的に移動可能な化学的処理を含んでもよい。

一形態では、本開示は、一部には、液体透過性トップシートと、液体不透過性バックシートと、液体透過性トップシートと液体不透過性バックシートとの間に少なくとも部分的に配置された吸収性コアとを含む吸収性物品に関する。液体透過性トップシートは、流れ制御材料を含んでもよい。流れ制御材料は、吸収性コアの少なくとも一部分上に、少なくとも大部分を取り囲む周辺部を形成してもよい。流れ制御材料は、本明細書の流れ制御材料外方向延長部の方法に従って測定して、液体透過性トップシートから0.2mm未満、外方向に延びてもよく、かつ液体透過性トップシートの一部分に入り込んでもよい。

一形態では、本開示は、一部には、液体透過性トップシートと、液体不透過性バックシートと、横方向軸線であって、横方向軸線の第1の側の吸収性物品の前側領域と横方向軸線の第2の側の吸収性物品の背側領域とを画定する、横方向軸線と、液体透過性トップシートと液体不透過性バックシートとの間に少なくとも部分的に配置された吸収性コアとを含む吸収性物品に関する。液体透過性トップシートは、主に前側領域内に配置され、かつ第1の流れ制御材料を含む第1のゾーンと、主に背側領域内に配置され、かつ第2の流れ制御材料含む第2のゾーンとを含んでもよい。第1の流れ制御材料は、第2の流れ制御材料とは異なってもよい。

一形態では、本開示は、一部には、液体透過性トップシートと、液体不透過性バックシートと、液体管理システムと、液体透過性トップシートと液体不透過性バックシートとの間に少なくとも部分的に配置された吸収性コアとを含む吸収性物品に関する。液体管理システムは、液体透過性トップシートと吸収性コアとの間に少なくとも部分的に配置されている。液体透過性トップシート又は液体管理システムは、尿又は糞便汚染ゾーン内に配置され又はそれを包囲する流れ制御材料を含んでもよい。

本開示の非限定的な例の以下の説明文を添付図面と併せて参照することで、本開示の上記の特徴及び他の特徴並びに利点、並びにそれらを実現する方法がより明らかとなり、また本開示自体のより深い理解が得られるであろう。
本開示による、いくつかの層を部分的に除去した吸収性物品の平面図である。 本開示による、図1の2−2線周囲で切り取った吸収性物品の断面図である。 本開示による、吸収性物品に流体が少なくとも部分的に充填されている、図2の吸収性物品の図である。 本開示による、いくつかの層を部分的に除去した別の吸収性物品の平面図である。 本開示による、図4の5−5線周囲で切り取った吸収性物品の断面図である。 本開示による、いくつかの層を部分的に除去した図4の吸収性物品の吸収性コアの平面図である。 本開示による、図6の7−7線周囲で切り取った吸収性コアの断面図である。 本開示による、図6の8−8線周囲で切り取った吸収性コアの断面図である。 本開示による、いくつかの層を部分的に除去した図4の吸収性物品のLMSの平面図である。 本開示による、図9の10−10線周囲で切り取った液体管理システムの断面図である。 本開示による、吸収性コア及びLMS内のチャネルと、トップシートから延びる、実質的に横方向に延びる分離要素とを有する、吸収性物品の一部分の例示の長手方向断面図である。 本開示による、吸収性コア及びLMS内のチャネルと、トップシートから延びる、実質的に横方向に延びる分離要素とを有する、吸収性物品の一部分の例示の長手方向断面図である。 本開示による、吸収性コア及びLMS内のチャネルと、トップシートから延びる、実質的に横方向に延びる分離要素とを有する、吸収性物品の一部分の例示の長手方向断面図である。 本開示による、吸収性コア及びLMS内のチャネルと、トップシートから延びる、実質的に横方向に延びる分離要素とを有する、吸収性物品の一部分の例示の長手方向断面図である。 本開示による、2つのゾーンを有するトップシート(及び、トップシートと相互貫通する場合、LMS)を示しており、各ゾーンは1つ又は複数の処理を有しているか又は有していない。 本開示による、2つのゾーンを有するトップシート(及び、トップシートと相互貫通する場合、LMS)を示しており、各ゾーンは1つ又は複数の処理を有しているか又は有していない。 本開示による、2つのゾーンを有するトップシート(及び、トップシートと相互貫通する場合、LMS)を示しており、各ゾーンは1つ又は複数の処理を有しているか又は有していない。 本開示による、4つのゾーンを有するトップシート(及び、トップシートと相互貫通する場合、LMS)を示しており、各ゾーンは1つ又は複数の処理を有しているか又は有していない。 本開示による、4つのゾーンを有するトップシート(及び、トップシートと相互貫通する場合、LMS)を示しており、各ゾーンは1つ又は複数の処理を有しているか又は有していない。 本開示による、3つ以上のゾーンを有するトップシート(及び、トップシートと相互貫通する場合、LMS)を示しており、各ゾーンは1つ又は複数の処理を有しているか又は有していない。 本開示による、3つ以上のゾーンを有するトップシート(及び、トップシートと相互貫通する場合、LMS)を示しており、各ゾーンは1つ又は複数の処理を有しているか又は有していない。 本開示による、3つ以上のゾーンを有するトップシート(及び、トップシートと相互貫通する場合、LMS)を示しており、各ゾーンは1つ又は複数の処理を有しているか又は有していない。 本開示による、3つ以上のゾーンを有するトップシート(及び、トップシートと相互貫通する場合、LMS)を示しており、各ゾーンは1つ又は複数の処理を有しているか又は有していない。 本開示による、3つ以上のゾーンを有するトップシート(及び、トップシートと相互貫通する場合、LMS)を示しており、各ゾーンは1つ又は複数の処理を有しているか又は有していない。 本開示による、3つ以上のゾーンを有するトップシート(及び、トップシートと相互貫通する場合、LMS)を示しており、各ゾーンは1つ又は複数の処理を有しているか又は有していない。 本開示による、6つのゾーンを有するトップシート(トップシートと相互貫通する場合、LMS)を示しており、各ゾーンは1つ又は複数の処理を有しているか又は有していない。 本開示よる、図22の例示のトップシート(及びLMS)の写真である。 本開示による、5つのゾーンを有するトップシート(及び、トップシートと相互貫通する場合、LMS)をしめしており、各ゾーンは1つ又は複数の処理を有しているか又は有していない。 本開示よる、図24の例示のトップシート(及びLMS)の写真である。 本開示による、4つのゾーンを有するトップシート(及び、トップシートと相互貫通する場合、LMS)の例を示ており、各ゾーンは1つ又は複数の処理を有しているか又は有していない。 本開示による、4つのゾーンを有するトップシート(及び、トップシートと相互貫通する場合、LMS)の例を示しており、各ゾーンは1つ又は複数の処理を有しているか又は有していない。 本開示よる、図27の例示のトップシート(及びLMS)の写真である。 本開示による、4つのゾーンを有するトップシート(及び、トップシートと相互貫通する場合、LMS)の例を示しており、各ゾーンは1つ又は複数の処理を有しているか又は有していない。 本開示よる、図29の例示のトップシート(及びLMS)の写真である。 本開示による、2つのゾーンを有するトップシート(及び、トップシートと相互貫通する場合、LMS)の例を示しており、各ゾーンは1つ又は複数の処理を有しているか又は有していない。 本開示よる、図31の例示のトップシート(及びLMS)の写真である。 本開示による、ゾーンに分けられたトップシートの例示のパターンである。 本開示による、ゾーンに分けられたトップシートの例示のパターンである。 本開示による、ゾーンに分けられたトップシートの例示のパターンである。 本開示による、ゾーンに分けられたトップシートの例示のパターンである。 本開示による、ゾーンに分けられたトップシートの例示のパターンである。 本開示による、ゾーンに分けられたトップシートの例示のパターンである。 本開示による、ゾーンに分けられたトップシートの例示のパターンである。 本開示による、ゾーンに分けられたトップシートの例示のパターンである。 本開示による、ゾーンに分けられたトップシートの例示のパターンである。 本開示による、ゾーンに分けられたトップシートの例示のパターンである。 本開示による孔を含む幾何学的処理の例である。 本開示による孔及びエンボス加工を含む、例示の幾何学的処理である。 本開示によるトップシートの一部分、又は全部に使用するための例示の基材を示す。 本開示によるトップシートの一部分、又は全部に使用するための例示の布地基材を示す。 本開示によるトップシートの一部分、又は全部に使用するための例示のメッシュを示す。 本開示によるトップシートの一部分、又は全部に使用するための例示のフィルムを示す。 本開示によるトップシートの一部分、又は全部に使用するための例示のフィルムを示す。 本開示によるエンボス加工を含む例示の形態学的処理である。 本開示によるエンボス加工を含む例示の形態学的処理の図である。 本開示による、図46Aの形態学的処理を有するトップシートの写真である。 本開示によるエンボス加工を含む例示の形態学的処理である。 本開示によるエンボス加工を含む例示の形態学的処理である。 本開示によるエンボス加工を含む例示の形態学的処理である。 本開示によるパッカリングを含む例示の形態学的処理である。 本開示による折り畳みを含む例示の形態学的処理である。 本開示による、液体管理システムの部分が液体透過性トップシート内に又は液体透過性トップシートを通して延びる、例示の形態学的処理の斜視図である。 本開示による、図52の円43の部分を取り出した分解斜視図である。 本開示による、液体透過性トップシートの部分が液体管理システム内に又は液体管理システムを通して延びる、例示の形態学的処理の斜視図である。 本開示による、図54の円55の部分を取り出した分解斜視図である。 本開示による、図52及び44の形態学的処理の作製に使用されるプロセスの斜視図である。 本発明による、図56のプロセスのロールの部分の係合の正面図である。 本開示による、トップシート内の形態学的又は化学的処理の写真である。 本開示による化学的処理パターンの図である。 本開示による、トップシート上の図59の化学的処理パターンの写真である。 本開示による化学的処理パターンの図である。 本開示による、トップシート上の図61の化学的処理パターンの写真である。 本開示による、様々な処理を有する様々なゾーンを含む例示の吸収性物品を示す。 本開示による、様々な処理を有する様々なゾーンを含む例示の吸収性物品を示す。 本開示による、様々な処理を有する様々なゾーンを含む例示の吸収性物品を示す。 本開示による、様々な処理を有する様々なゾーンを含む例示の吸収性物品を示す。 本開示による、様々な処理を有する様々なゾーンを含む例示の吸収性物品を示す。 本開示による、様々な処理を有する様々なゾーンを含む例示の吸収性物品を示す。 本開示による、様々な処理を有する様々なゾーンを含む例示の吸収性物品を示す。 本開示による吸収性物品の例示のパッケージを示す。

本明細書に開示されるゾーン処理を含む基材を備えた吸収性物品の構造、機能、製造、及び使用の原理について、総合的な理解を提供するために、本開示の様々な非限定的な実施形態をここに記載する。これらの非限定的な実施形態の1つ又は複数の例を、添付の図面に示す。本明細書に記載され、添付図面に示されるゾーン処理を含む基材を備えた吸収性物品が非限定的な例の実施形態であること、及び本開示の様々な非限定的な実施形態の範囲が特許請求の範囲によってのみ定義されることを、当業者は理解するであろう。非限定的な一実施形態に関して図示又は説明される特徴は、他の非限定的な実施形態の特徴と組み合わせることができる。かかる修正及び変形は、本開示の範囲に含まれるものとする。

序論
本明細書で使用される用語「吸収性物品」は、乳児用おむつ、小児用おむつ又は大人用おむつ、生理用ナプキン、成人失禁用製品、パンツ型おむつ、トレーニングパンツ、おむつインサートなど、着用者の身体に接して、又は着用者の身体に近接して配置されて、身体から排泄された様々な身体排出物(例えば、尿及びBM)を吸収し、封じ込める使い捨てデバイスを指す。通常これらの物品は、トップシート、バックシート、吸収性コア、任意にLMS、及び一般に他の構成要素を含むと共に、吸収性コアは普通、バックシートとLMS(設けられている場合)との間、又はトップシートとバックシートとの間に少なくとも部分的に配置される。本開示の吸収性物品について、以下の説明にて、及び図にて、テープ付きおむつの形態で更に説明することにする。しかしながら、説明におけるいかなる内容も、特許請求の範囲を制限するものと見なされるべきではない。したがって、本開示は、吸収性物品の任意の好適な形態に適合する(例えば、トレーニングパンツ、テープ付きおむつ、テープ付き又はパンツ形態のいずれかの成人失禁用製品、生理用ナプキン)。

本明細書で使用される用語「不織布ウェブ」は、摩擦及び/又は粘着及び/又は接着により結合させた、一方向に又はランダムに配向された繊維から作られたシート、ウェブ、又は打延べ綿シートを意味し、紙、及び更なるニードル加工の有無を問わず、結束糸若しくはフィラメントを組み込んだ織り製品、編み製品、タフト加工品、ステッチ結合製品、又は湿式粉砕によるフェルト製品は含まない。繊維は、天然由来のものであっても若しくは人工起源のものであってもよく、ステープル若しくは連続フィラメントであっても、又はその場で形成されたものであってもよい。市販の繊維は、約0.001mm未満から約0.2mm超の範囲の直径を有してもよく、短繊維(ステープル繊維又は細断繊維として知られる)、連続単繊維(フィラメント又はモノフィラメント)、連続フィラメントの無撚糸束(トウ)、及び連続フィラメントの撚糸束(ヤーン)などのいくつかの異なる形態によって提供され得る。不織布ウェブは、メルトブロー法、スパンボンド法、溶媒紡糸法、電界紡糸法、カーディング法、及びエアレイイング法などの多くのプロセスによって形成され得る。不織布ウェブの坪量は、通常は、グラム毎平方メートル(g/m又はgsm)で表される。

本明細書で使用される用語「接合された」又は「結合された」又は「付着された」は、ある要素を別の要素に直接貼り付けることによりその要素が別の要素に直接固定される構成と、ある要素を中間部材(複数可)に貼り付け、次に中間部材を他の要素に貼り付けることにより、その要素が別の要素に間接的に固定される構成とを包含する。

本明細書で使用される用語「チャネル」は、材料層の周囲材料よりも実質的に低い坪量(例えば、50%未満、70%未満、90%未満)を有する材料層の領域又はゾーンである。チャネルは、材料を実質的に含まない材料層内の領域であってもよい(例えば、90%が材料非含有である、95%が材料非含有である、若しくは99%材料非含有である、又は完全に材料非含有である)。チャネルは、1つ又は複数の材料層を通して延びてもよい。チャネルは、一般に、材料層の周囲領域よりも低い曲げ弾性率を有し、このため、材料層をより容易に屈曲させることができ、かつ/又は材料層の周囲区域よりもチャネル内により多くの身体排出物を収容し得る。このため、チャネルは、チャネルの区域内の材料層内に低減した坪量を作らない材料層内の単なる窪部ではない。

本明細書で使用される用語「幾何学的処理」は、任意の好適なサイズ及び形状の孔である要素、並びに/又は、形態学的処理を形成している要素を含む、単層又は多層基材の少なくとも一部分又は一領域を意味する。

本明細書で使用される用語「形態学的処理」は、3次元機構、エンボス加工、別の層内への若しくは別の層を通した1つの層の相互貫通(例えば、トップシート内へのLMSの1つ若しくは複数の層、又はLMSの1つ若しくは複数の層内へのトップシート)、面外の突出部、面外の隆起部、面外のタフト、面外のプリーツ、面外のリップル、又は折り目を有する要素を含む単層又は多層基材の少なくとも一部分又は一領域を意味する。形態学的処理によって、実質的に均一の平面状基材が第1の形態学的構成(略平坦かつ平面状)から別の形態学的構成(略非平坦かつ非平面状)に変換される。形態学的処理は、複数の要素から形成されている。誤解を避けるために、形態学的処理は孔を含まないが、有孔材料は形態学的処理に付される場合がある。

本明細書で使用される用語「化学的処理」は、少なくともその一部分に化合物、組成物、又は物質が適用されている、単層又は多層基材の少なくとも一部分又は一領域を意味する。いくつかの例は、1つ又は複数のスキンケア組成物、界面活性剤、インク、染料、顔料、親水性コーティング、疎水性コーティング、ローション、酵素阻害剤、ビタミン、及び/又は活性成分である。化学的処理は、基材の少なくとも一部分又は一領域上に噴霧、印刷、スロット塗布、又は別様に適用されてもよい。

本明細書で使用される用語「実質的に耐久性のある」は、製造時から、意図される使用の一般的な期間を通して(例えば、吸収性物品が着用者に適用された時点から、着用者から除去され、廃棄される時点まで)、少なくとも94%、少なくとも95%、少なくとも96%、少なくとも97%、少なくとも98%、少なくとも99%、又はそれ以上の適用された化学的処理が基材上に残留する、化学的処理を意味する。

本明細書で使用される用語「実質的に移動可能な」は、意図される使用の一般的な期間中(例えば、吸収性物品が着用者に適用された時点から、着用者から除去され、廃棄される時点まで)、少なくとも10%、少なくとも20%、少なくとも30%、少なくとも40%、少なくとも50%、又は更には少なくとも60%、又はそれ以上の適用された化学的処理が着用者の皮膚に移動する、化学的処理を意味する。

本明細書で使用される用語「親水性コーティング」は、基材に適用されて、基材を親水性又はより親水性にさせる化学的処理を意味する。

本明細書で使用される用語「親水性」は、The American Chemical Society Publication「Contact Angle,Wettability,and Adhesion」(Robert F.Gould編集、1964年に著作権取得)により、90°以下の接触角を有する基材又は組成物を指す。

本明細書で使用される用語「疎水性コーティング」は、基材に適用されて、基材を疎水性又はより疎水性にさせる化学的処理を意味する。

本明細書で使用される用語「疎水性」は、The American Chemical Society Publication「Contact Angle,Wettability,and Adhesion」(Robert F.Gould編集、1964年に著作権取得)により、90°以上の接触角を有する基材又は組成物を指す。

本明細書で使用される用語「流れ制御材料」は、物質が基材(液体透過性トップシートなど)に適用されて、そこを通した身体排出物の流れを少なくとも部分的に制限、又は完全に制限する、化学的処理であってもよい。流れ制御材料は、例えば、ワックス、インク(顔料を有する)、非粘着接着剤、ホットメルト接着剤、スキンケア組成物の実質的に耐久性のある構成成分、ポリオレフィン、高分子量アルコール(スキンケア組成物の構成成分の一例)、又は、20度Cで実質的に固体の他の組成物であってもよい。流れ制御材料は、実質的に耐久性であってもよい。流れ制御材料が基材(例えば、トップシート)に適用され、次いでその材料及び基材が2つ以上のロールを通過して、流れ制御材料を融解し、基材に接合し、結合し又は付着した場合の流れ制御材料も含まれ得る。

本明細書で使用される用語「活性成分」は、化学的、生化学的、及び/又は生物学的効果を有する成分−即ち、化学的、生化学的、及び/又は生物学的反応、系、プロセス、又は平衡をもたらし、又はそれらを開始させ、又はそれらに影響を与える成分を意味する。これは、一般に担体媒体、粘度調整剤、溶解温度調節剤(melt temperature mediator)として、又は単に物理学的理由のために(即ち、充填剤)使用され得る不活性成分対照をなすものである。

本明細書で使用される用語「酵素阻害剤」は、酵素に結合し、その活性を低減する分子を意味する。

ゾーン処理を有する基材の概説
本開示の吸収性物品は、1つ又は複数のゾーン、代替的に2つ以上のゾーン、代替的に3つ以上のゾーン、代替的に4つ以上のゾーンなどを含む、1つ又は複数の単層又は多層基材を備える。基材内のゾーンのそれぞれは、異なる処理又は同じ処理を有してもよい。基材の1つ又は複数のゾーンは、処理を全く有しなくてもよい。ゾーンのいくつか又は全部は流れ制御材料(本明細書で一般に「処理」と称され得る)を含んでもよく、又はゾーンのいずれも流れ制御材料を含まなくてもよい。ゾーンのそれぞれは、BM及び尿のレオロジー及び固形分が非常に異なり得るという事実により、尿管理又はBM管理を良好にするために、異なる又は同じ処理を有してもよい。代替的に、ゾーンのそれぞれは、より良好な尿若しくはBM管理の外観を提供し、又は、着用者が身に着けた際の吸収性物品の配向を正す手掛かりをケア提供者若しくは着用者に提供するために、異なる又は同じ処理を有してもよい。

基材は、例えば、液体透過性トップシート、液体透過性トップシート上に配置されたパッチ若しくは層、LMSの1つ若しくは複数の層、及び/又は吸収性物品内の他の基材であってもよい。基材又は複数の基材(本明細書で交換可能に使用される)内のゾーンは、少なくとも部分的に、吸収性物品の前側及び/又は背側領域内に、吸収性物品の股部領域内に、横方向軸線又は長手方向軸線の第1の側及び第2の側の吸収性物品の領域内に、実質的に横方向に延びる分離要素の同じ又は異なる側の吸収性物品の領域内に、吸収性物品の他の領域全体にわたって分散された、及び/又は、別様に吸収性物品の基材の領域全体にわたって分散された吸収性物品の領域内に形成されてもよい。基材内の各ゾーンは、基材内の別のゾーンと同じ又は異なる幾何学的処理、形態学的処理、及び/又は化学的処理(まとめて「処理」)の1つ又は複数を有してもよい。「同じ」とは、処理が同じタイプ(例えば、両方ともエンボス加工)のものであり、例えば、同じパターン、高さ、長さ、幅、サイズ、形状、周波数、及び他の寸法を有することを意味する。「異なる」とは、処理は同じ(例えば、両方ともエンボス加工)であり得るが、パターン、高さ、長さ、幅、サイズ、形状、周波数、又は他の寸法が異なることを意味する。代替的に、「異なる」は、処理が別の処理とは同じではないことを意味し得る(例えば、1つの処理として孔、別の処理としてエンボス加工)。この大筋における処理は「異なる」が、それらは、吸収性物品の横方向軸線若しくは長手方向軸線、又は実質的に横方向に延びる分離要素を中心として、対称的若しくは非対称的パターン、又は反復若しくは非反復パターンを形成する場合がある。基材内の1つ又は複数のゾーンは、基材内の他のゾーンと重なっても、重ならなくても、一致しても、一致しなくてもよい。したがって、ゾーンは、互いに分離していてもよく、又は互いに重なってもよい。特定の基材に、同じ若しくは異なる処理を有するか、又は処理を有しない任意の数のゾーンが設けられてもよい。基材は1つ又は複数の層を有してもよく、様々な処理は、層の1つ、又は層の全部、又は全部ではないがいくつかの層に設けられてもよい。

様々なゾーン及び処理、並びに/又は、ゾーン内の流れ制御材料について記述する前に、本開示のゾーン処理及び流れ制御材料の例示の状況を構成するために、吸収性物品の概説を提示する。

例示の吸収性物品の概説
おむつの形態で示される本開示による例示の吸収性物品20を、図1〜3に表す。図1は、着用者に面する表面が見る者の方に向けられた、おむつの平らに広げられた状態の平面図であり、構造の一部分を切り欠き、おむつの構造をより明瞭に示している。このおむつは、本開示が広範囲に及ぶ様々なおむつ及び他の吸収性物品を製造するために使用され得るため、例示目的のみで示される。

吸収性物品は、液体透過性トップシート24、液体不透過性バックシート25、トップシート24とバックシート25との間に少なくとも部分的に配置された吸収性コア28と、バリアレッグカフ34とを含んでもよい。吸収性物品はまた、液体管理システム(「LMS」)50(図2に示す)を含んでもよく、表示した例は、分配層54及び捕捉層52を含み、これらの両方は以下に更に記述される。様々な実施形態では、捕捉層52がむしろ身体排泄物を分配し、分配層54がむしろ身体排泄物を捕捉する場合があり、あるいは両方の層が身体排泄物を分配及び/又は捕捉する場合がある。LMS50もまた、単層として、又は2つ以上の層として設けられる場合がある。吸収性物品はまた、吸収性物品のシャーシに(典型的にはトップシート及び/又はバックシートを介して)接合され、おむつのシャーシと共に実質的に平面状である、弾性のあるガスケットカフ32を含んでもよい。

図面はまた、吸収性物品20の後縁部に向かって取り付けられ、かつ吸収性物品20の前側で、ランディングゾーン44と協働する、接着タブ42又は他の機械的締結具を含む締結システムのような、テープ付きおむつの典型的な構成要素を示す。吸収性物品はまた、例えば、後側弾性腰部機構及び前側弾性腰部機構などの、図示されていない他の典型的な要素を含んでもよい。

吸収性物品20は、前側腰部縁部10と、前側腰部縁部10に長手方向と対向する背側腰部縁部12と、第1の側縁部3と、第1の側縁部3に横方向と対向する第2の側縁部4とを含んでもよい。前側腰部縁部10は、着用されたときにユーザーの前側に向かって置かれるように意図された吸収性物品20の縁部であり、背側腰部縁部12はその反対側の縁部である。前側腰部縁部10及び背側腰部縁部は、着用者が吸収性物品20を身に着けときに共に腰部開口部を形成する。この吸収性物品20は、吸収性物品を平らに置き、図1に示すように着用者に面する表面から見ると、吸収性物品20の前側腰部縁部10の横方向中間点から背側腰部縁部12の横方向中間点に延び、かつ、長手方向軸線80に対して実質的に対称である2つの半分に分割している長手方向軸線80を有してもよい。吸収性物品はまた、第1の側縁部3の長手方向中間点から第2の側縁部4の長手方向中間点に延びる横方向軸線90を有してもよい。吸収性物品20の長さLは、前側腰部縁部10から背側腰部縁部12へと長手方向軸線80に沿って測定され得る。吸収性物品20の股幅は、第1の側縁部3から第2の側縁部4へと横方向軸線90に沿って測定され得る。吸収性物品20は、前側腰部領域5と、背側腰部領域6と、股部領域7とを含んでもよい。前側腰部領域、背側腰部領域、及び股部領域は、それぞれ、吸収性物品の長手方向の長さの1/3を画定する。前部及び背部はまた、横方向軸線90の両側に画定され得る。

トップシート24、バックシート25、吸収性コア28、及び他の物品構成要素は、種々の構成にて、例えば、特に糊剤接着又は熱エンボス加工によって組み立てられ得る。おむつの構成の例は、概して、米国特許第3,860,003号、同第5,221,274号、同第5,554,145号、同第5,569,234号、同第5,580,411号、及び同第6,004,306号に記載されている。

吸収性コア28は、全て吸収性材料の重量を基準にして、75重量%〜100重量%、少なくとも80重量%、少なくとも85重量%、少なくとも90重量%、少なくとも95重量%、又は少なくとも99重量%を含む吸収性材料を含んでもよく、(具体的に示すと、上記に指定した範囲内及びその中で又はそれにより形成される全範囲において、いずれも0.1%増分)、及び吸収性材料を包囲するコアラップを含んでもよい。コアラップは、典型的には、2つの材料、基材、又はコアの上面に不織布材料16及び底面に不織布材料16’(図8参照)を含んでもよい。

吸収性コア28は、4つのチャネル26、26’及び27、27’として図1に示す1つ又は複数のチャネルを含んでもよい。追加的に又は代替として、LMS50は、チャネル49、49’として図1〜3に示すように1つ又は複数のチャネルを含んでもよい。いくつかの実施形態では、LMS50のチャネルは、吸収性コア28のチャネルと整合する、実質的に整合する、重なる、又は少なくとも部分的に重なるように、吸収性物品20内に配置されてもよい。吸収性物品のこれらの及び他の構成要素を、以下により詳細に記述する。

トップシート
トップシート24は、着用者の皮膚と直接接する吸収性物品の一部である。トップシート24は、当該技術分野において既知のように、バックシート25、コア28、及び/又は任意の他の層に接合させることができる。通常、トップシート24及びバックシート25は、いくつかの箇所(例えば、物品の周辺部又はその近く)で互いに直接接合し、他の箇所では、吸収性物品20の1つ又は複数の他の要素へこれらを直接接合することにより、共に間接的に接合している。

トップシート24は、着用者の皮膚に対して順応性があり、柔軟な感触であり、非刺激性であってよい。更に、トップシート24の少なくとも一部分は、液体透過性であり、液体がその厚さ方向を通して容易に透過可能であり得る。好適なトップシートは、例えば、多孔質発泡体、網目状発泡体、有孔プラスチックフィルム、あるいは天然繊維(例えば、木材繊維又は綿繊維)、合成繊維若しくはフィラメント(例えば、ポリエステル繊維、若しくはポリプロピレン繊維、若しくは二成分PE/PP繊維、又はそれらの組み合わせ)、若しくは天然繊維と合成繊維との組み合わせの織布又は不織布材料などの、広範囲の材料から製造され得る。トップシート24が繊維を含む場合、繊維は、スパンボンド法、カード法、湿式堆積法、メルトブロー法、水流交絡法、又は当該技術分野において既知の別の方法、特にスパンボンドPP不織布法で処理され得る。

典型的な吸収性物品のトップシートの坪量は、約5gsm〜約50gsm、約10〜約35gsm又は約12〜約30gsmであるが、他の坪量は、本開示の範囲内である。

バックシート
バックシート25は、概して、吸収性コア28の衣類に面する表面に隣接して位置付けられ、その中に吸収されて封じ込められた身体排出物がベッドシーツ及び下着などの物品を汚すのを防止する又は少なくとも抑制する、吸収性物品20の部分である。バックシート25は、一般に、液体(例えば、尿、流れるBM)に対して不透過性、又は少なくとも実質的に不透過性であるが、おむつが「通気」できるよう蒸気に対して透過性である。バックシートは、例えば、約0.012mm〜約0.051mmの厚さを有する熱可塑性フィルムなどの薄いプラスチックフィルムであるか、又はそれを含んでもよい。例示のバックシートフィルムとしては、Richmond,VAを拠点とするTredegar Corporationによって製造され、CPC2フィルムの商標で販売されるものが挙げられる。他の好適なバックシート材料としては、吸収性物品20から蒸気を逃す一方で、依然として身体排出物がバックシート25を通り抜けるのを防止するか又は少なくとも抑制する通気性材料を挙げることができる。例示の通気性材料としては、織布ウェブ、不織布ウェブ、フィルムコーティングされた不織布ウェブなどの複合材料、微小孔性フィルム、及びモノリシックフィルムなどの材料を挙げることができる。

バックシート25は、当該技術分野において既知のいずれかの付着方法によって、トップシート24、吸収性コア28、及び/又は吸収性物品20の任意の他の要素に接合されてもよい。好適な付着方法は、トップシート24を吸収性物品20の他の要素に接合するための方法に関して上記で説明されている。

吸収性コア
本明細書で使用される用語「吸収性コア」は、吸収能力の大半を有し、かつ吸収性材料を含む、吸収性物品の個々の構成要素を指す。吸収性コアは、吸収性材料を包み込むコアラップ又はコアバッグ(以後、「コアラップ」)を含んでもよい。用語「吸収性コア」は、LMS、又は、コアラップの一体部分ではないか又はコアラップ内に配置されない、吸収性物品の任意の他の構成要素を含まない。吸収性コアは、コアラップと、以下で定義される吸収性材料と、コアラップ内に包み込まれた糊剤とを含み、それらから本質的になり、又はそれらからなり得る。パルプ又はエアフェルトもコアラップ内に存在してもよく、吸収性材料の一部分を形成してもよい。コアラップの周辺部であり得る吸収性コアの周辺部は、例えば、「T」、「Y」、「砂時計」、又は「犬の骨」の形状など、任意の好適な形状を画定してもよい。概して「犬の骨」又は「砂時計」形状を有する吸収性コア周辺部は、コアの中央又は「股部」領域に向かうその幅に沿って先が細くなっていてもよい。このようにして、吸収性物品の股部領域内に置かれるように意図された吸収性コアの区域において、吸収性コアは、比較的狭い幅を有し得る。

本開示の吸収性コア28はまた、多量の超吸収性ポリマー(本明細書では「SAP」と略す)がコアラップ内に封入された吸収性材料を含んでもよい。SAP含有量は、コアラップ内に含まれる吸収性材料の70重量%〜100重量%、又は少なくとも70重量%、75重量%、80重量%、85重量%、90重量%、95重量%、99重量%、又は100重量%を示してもよい。本開示で有用なSAPとしては、非水溶性ではあるが、大量の流体を吸収可能な種々の水膨潤性ポリマーを挙げることもできる。コアラップは、吸収性コア内のSAPの百分率を評価する目的では吸収性材料とは見なされない。コア28内の残りの吸収性材料は、エアフェルトであってもよい。

「吸収性材料」とは、SAP、セルロース系繊維及び合成繊維など、何らかの吸収特性又は液体保持特性を有する材料を意味する。通常、吸収性コアの作製に使用される糊剤は、吸収特性を有さず、吸収性材料とは見なされない。SAP含有量は、上述のように、コアラップに含まれる吸収性材料の80重量%超、例えば少なくとも85重量%、少なくとも90重量%、少なくとも95重量%、少なくとも99重量%、更には最大100重量%となり得る。これにより、通常は、例えば40%〜60%のSAPと大量のセルロース繊維とを含む従来のコアと比較して、相対的に薄いコアが得られる。吸収性材料は、15重量%未満若しくは10重量%未満の天然繊維若しくは合成繊維、5重量%未満、3重量%未満、2重量%未満、1重量%未満の天然繊維及び/若しくは合成繊維を含んでもよく、又は更には天然繊維及び/若しくは合成繊維を実質的に含まないか、若しくは含まない場合があり、特定の範囲内及びその中又はそれによって形成された全ての範囲内において全て0.1%の増分であることを明確に列挙する。吸収性材料は、エアフェルト(セルロース)繊維を殆ど又は全く含まなくてもよく、特に吸収性コアは、15重量%未満、10重量%未満、5重量%未満、3重量%未満、2重量%未満、1重量%未満のエアフェルト(セルロース)繊維を含んでもよく、又は更にはセルロース繊維を実質的に含まないか、若しくは含まない場合があり、特定の範囲内及びその中又はそれによって形成された全ての範囲内において全て0.1%の増分であることを明確に列挙する。

図4及び5の吸収性物品の例示の吸収性コア28を、図6〜8に単独で示す。吸収性コア28は、前側部280と、後側部282と、前側部280と後側部282とを結合する2つの長手方向側部284、286とを含むことができる。吸収性コア28はまた、概して平面状である上側及び概して平面である下側を含むことができる。コア28の前側部280は、吸収性物品の前側腰部縁部10に向けて配置されるように意図されたコア28の側部である。コア28は、図1に示すような平面図で上部から見て、吸収性物品の長手方向軸線80に実質的に対応する長手方向軸線80’を有してもよい。特定の吸収性物品では、前側部にてより高い吸収性が要求され得るので、吸収性材料は、後側部に向かうよりも前側部に向かって、より多くの量が分配されてもよい。吸収性材料は、コアの任意の部分にわたって不均一の坪量又は均一の坪量を有し得る。コアラップは、吸収性コアの側部に沿って少なくとも部分的に封止され得る2つの不織布材料、基材、積層体、又は他の材料16、16’によって形成されてもよい。コアラップは、吸収性コアラップから漏出する吸収性材料が実質的にないように、その前側部280、後側部282、及び2つの長手方向側部284、286に沿って少なくとも部分的に封止され得る。第1の材料、基材、又は不織布16は、図7に示すように、コアラップを形成するために、第2の材料、基材、又は不織布16’を少なくとも部分的に取り囲み得る。第1の材料16は、第1の側縁部284及び第2の側縁部286に近接する第2の材料16’の一部分を取り囲み得る。

様々なコア設計を有する比較的多量のSAPを含むコアは、米国特許第5,599,335号(Goldman)、欧州特許第1,447,066号(Busam)、国際公開第95/11652号(Tanzer)、米国特許公開第2008/0312622A1号(Hundorf)、及び国際公開第2012/052172号(Van Malderen)に開示されている。

吸収性材料は、コアラップ内に存在する1つ又は複数の連続層であってもよい。代替的に、吸収性材料は、コアラップ内に封入された吸収性材料の個別のポケット又はストライプからなってもよい。第1の事例において、吸収性材料は例えば、吸収性材料の単一の連続層を適用することによって得られてもよい。吸収性材料の、特にSAPの連続層はまた、不連続的な吸収性材料適用パターンを有する2つ以上の吸収性層を組み合わせることによって得られてもよく、結果として得られる層は、例えば米国特許公開第2008/0312622A1号(Hundorf)で開示されるように、吸収性の粒状ポリマー材料区域の全体にわたって実質的に連続的に分配されている。吸収性コア28は、第1の吸収層と、第2の吸収層とを含んでもよい。第1の吸収層は、第1の材料16及び100%又はそれ以下のSAPであり得る吸収性材料の第1の層61を含んでもよい。第2吸収層は、第2の材料16’及び100%又はそれ以下のSAPであり得る吸収性材料の第2の層62を含んでもよい。吸収性コア28はまた、吸収性材料61、62の各層をそれぞれ対応する材料16又は16’に、少なくとも部分的に結合する繊維性の熱可塑性接着剤材料51を含んでもよい。一例として、これは図7及び8に示されており、ここで、第1及び第2のSAP層は、横断ストライプつまり「ランド区域」として適用されており、これらは、組み合される前に、それぞれの基材上の所望の吸収性材料堆積区域と同じ幅を有するものである。ストライプは、コア80の長手方向軸線に沿ってプロファイル化された秤量を提供するように、異なる量の吸収性材料(SAP)を含んでもよい。第1の材料16及び第2の材料16’は、コアラップを形成し得る。

繊維状の熱可塑性接着剤材料51は、ランド区域において少なくとも部分的に吸収性材料61、62と接触してもよく、また接合区域において少なくとも部分的に材料16、16’と接触してもよい。これによって、それ自体は本質的に、長さ方向及び幅方向の寸法と比べて比較的薄い2次元構造である、熱可塑性接着剤材料51の繊維層に、本質的に3次元の構造が付与される。それにより、繊維状の熱可塑性接着剤材料は、ランド区域において吸収性材料を被覆するキャビティを提供することができ、それにより、100%、SAPが100%又はそれ以下であり得るこの吸収性材料を不動化する。

コアラップ
コアラップは、吸収性材料の周りで折り重ねられた単一の基材、材料、又は不織布から作製されてもよく、又は互いに付着される2つ(又はそれ以上)の基材、材料、又は不織布を含んでもよい。典型的な付着は、いわゆるCラップ及び/又はサンドイッチラップである。Cラップにおいて、例えば、図2及び7に示すように、一方の基材の長手方向縁部及び/又は横断方向縁部が他方の基材に折り重ねられて、フラップを形成する。これらのフラップは次いで、通常は糊剤接着によって、他方の基材の外部表面に結合される。他の技術を用いて、アラップを形成してもよい。例えば、基材の長手方向縁部及び/又は横断方向縁部は、結合されてもよく、次に、吸収性コア28の下で折り畳まれて、その場所で結合されてもよい。

コアラップは、コアから漏出する吸収性材料が実質的にないように、吸収性コアの全側部に沿って、少なくとも部分的に封止され得る。「吸収性材料が実質的にない」とは、コアラップから漏出する吸収性材料が5重量%未満、2重量%未満、1重量%未満、又は約0重量%であることを意味する。用語「封止」は、広義に理解されるべきである。封止は、コアラップの周辺部全体に沿って連続的である必要はないが、線上に離間配置された一連の封止点によって形成されるなど、その一部又は全体に沿って不連続であってもよい。封止は、糊剤接着及び/又は熱結合によって形成され得る。

コアラップはまた、小包ラップにおいて見られるように吸収性材料を封入し、かつコアの前側部及び後側部、並びに一方の長手方向封止部に沿って封止され得る単一の基材によって形成されてもよい。

SAP堆積区域
吸収性コアの上面から見られるように、吸収性材料の堆積区域8は、コアラップ内の吸収性材料60によって形成される層の周辺部によって画定され得る。吸収性材料の堆積区域8は、様々な形状、特に、いわゆる「犬の骨」又は「砂時計」形状を有してもよく、この形状は、コアの中央又は「股部」領域に向かうその幅に沿って先細りしていることが示されている。このように、吸収性材料の堆積区域8は、図1に示すように、吸収性物品の股部領域内に置かれるように意図されたコアの区域において、比較的狭い幅を有し得る。これにより、より良好な着用感がもたらされ得る。吸収性材料堆積区域8はまた、例えば、図4〜図6に示す通り、略矩形であってもよいが、「T」、「Y」、「砂時計」、又は「犬の骨」形状など他の堆積区域も本開示の範囲内である。

吸収性コア内のチャネル
吸収性材料の堆積区域8は、吸収性物品80の長手方向(即ち、長手方向ベクター要素を有する)に少なくとも部分的に配向された少なくとも1つのチャネル26を含んでもよい。他のチャネルは、少なくとも部分的に横方向(即ち、横方向ベクトル要素を有する)又は任意の他の方向に配向されてもよい。以下で複数形の「チャネル」は、「少なくとも1つのチャネル」を意味するために用いられる。チャネルは、円形、楕円形、又は様々な他の閉多角形の形状であってもよい。チャネルは、様々な方式で形成され得る。例えば、チャネルは、吸収性材料、特にSAPを実質的に含まない又は含まないものとなり得る吸収性材料の堆積区域8内のゾーンによって形成されてもよい。それに加えて又は代替的に、チャネルはまた、吸収性材料の堆積区域8を介して、コアラップの上側をコアラップの下側に連続的に又は不連続的に結合することによって形成されてもよい。チャネルは、連続的又は断続的であってもよい。液体管理システム50又は吸収性物品の他の層もチャネルを含み得、これらは以下に詳細に記載するように、吸収性コアのチャネルに対応してもよく、又は対応しなくてもよい。

吸収性コアは、2つを超える、例えば少なくとも3つ、少なくとも4つなどのチャネルを含んでもよい。より短いチャネルも、図1の一対のチャネル27、27’によって表される通り、吸収性物品20の前側に向かって、例えば、コアの後側腰部領域6又は前側腰部領域5内に存在し得る。チャネルは、長手方向軸線80又は横方向軸線90に対して対称的に配置されたか、又は別様に配置された一対又は複数対のチャネルを含んでもよい。

チャネルの少なくともいくつか又は全部が耐久性チャネルであってもよく、それの意味するところは、それらの一体性が、乾燥状態及び湿潤状態の両方で少なくとも部分的に保たれるということである。耐久性チャネルは、例えば、接着材料の繊維性層、又はチャネルの壁内の吸収性材料と基材との粘着を補助する構成糊剤など、1つ又は複数の接着材料を提供することにより得られてもよい。耐久性チャネルはまた、コアラップの上側と下側(例えば、第1の基材16と第2の基材16’)、及び/又はトップシート24をバックシート25に、チャネルを介して互いに結合することによって形成されてもよい。典型的には、チャンネルを介してコアラップの両側又はトップシート及びバックシートを結合するために接着剤が使用され得るが、圧力結合、超音波結合、熱結合、又はそれらの組み合わせなど、他の既知のプロセスによって結合され得る。コアラップ又はトップシート24及びバックシート25は、チャネルに沿って連続して結合され得るか、又は断続的に結合され得る。チャネルは有利にも、吸収性材料が流体で完全に充填されるとき、少なくともトップシート及び/又はバックシートを通じて依然として視認可能であるか、又は視認可能となり得る。これは、SAPを実質的に含まないチャネルを作製することによって得られ得る(SAPは膨張せず、湿潤したときに接近することのないほど十分な大きさであるので)。更に、チャネルを介してコアラップとそれ自体との結合又はトップシートとバックシートとの結合は、有利になり得る。

いずれのチャネルも有しない吸収性コア及び/又はLMSも本開示の範囲内である。これらのコアは、エアフェルトフリーコア、SAP/パルプコア、パルプコア、又は当該技術分野において既知の他のコアを含んでもよい。

バリアレッグカフ
吸収性物品は、一対のバリアレッグカフ34を含んでもよい。各バリアレッグカフは、吸収性物品に結合される一片の材料によって形成することができるため、吸収性物品の内側表面から上方向に延びることができ、また、着用者の胴体と脚との接合部付近での液体及び他の身体排出物の改良された封じ込めをもたらすことができる。バリアレッグカフ34は、トップシート24及び/又はバックシート25に直接的に又は間接的に接合される近位縁部64及び自由末端縁66によって範囲を定められ、着用者の皮膚と接触し、かつ封止を形成するように意図される。バリアレッグカフ34は、長手方向軸線80の両側で、吸収性物品の前側腰部縁部10と背側腰部縁部12との間に少なくとも部分的に存在し、少なくとも股部領域7内に存在する。バリアレッグカフ34は、糊剤接着、融合結合、又は他の好適な結合プロセスの組み合わせによってなされ得る結合部65によって、近位縁部64で吸収性物品のシャーシと接合され得る。近位縁部64での結合部65は、連続的又は断続的であってもよい。レッグカフ34の隆起区間に最も近い結合部65は、レッグカフ34の立ち上がり区間の近位縁部64の範囲を定める。

バリアレッグカフ34は、トップシート24若しくはバックシート25と一体であるか、又は、吸収性物品のシャーシに接合された別個の材料であってもよい。バリアレッグカフ34の材料は、おむつの全長に延びてもよいが、これらの区間において、バリアレッグカフ材料がトップシート24とぴったり重なり合ったままであるように、吸収性物品の前側腰部縁部10及び背側腰部縁部12に向かってトップシートに「タック結合」され得る。

各バリアレッグカフ34は、この自由末端縁66に近接して、フィルム35の1つ、2つ、又はそれ以上の弾性ストランド又はストリップを含み、より優れた封止をもたらし得る。

バリアレッグカフ34に加えて、吸収性物品は、吸収性物品のシャーシ、特にトップシート24及び/又はバックシート25に接合されたガスケットカフ32を含んでもよく、バリアレッグカフ34に対して外側に配置されてもよい。ガスケットカフ32は、着用者の大腿の周りにより優れた封止をもたらすことができる。各ガスケットレッグカフは、脚部開口部の区域内のトップシート24とバックシート25との間の吸収性物品のシャーシに1つ又は複数の弾性ストリング又は弾性要素を含み得る。バリアレッグ及び/又はガスケットカフの全て又は一部分は、ローション又はスキンケア組成物で処理してもよい。バリアレッグカフは、米国特許出願公開第2012/0277713号に記載されるものを含む、多くの異なる構成で作製され得る。

前部耳部及び後部耳部
一実施形態において、吸収性物品は、前部耳部46と後部耳部40とを含み得る。耳部は、トップシート24及び/又はバックシート25からサイドパネルとして形成されるもののような、シャーシと一体になった部分であってよい。代替的に、図1に示すように、耳部(46、40)は、糊剤接着、熱エンボス加工、及び/又は圧着により取り付けられる、別体の要素であってよい。後部耳部40は伸縮可能であってよく、それによりタブ42がランディングゾーン44に容易に取り付けられるようになり、テープ付きおむつが着用者の腰部周りの適切な位置に保たれるようになる。後部耳部40はまた、弾性のある耳部により吸収性物品の側部が伸縮できるので、吸収性物品を最初に着用者に対して沿うようにフィットさせ、吸収性物品に排泄物が充填されてからかなり後でも着用している間ずっと、このフィット感を維持することによって、より快適であり、体に巻き付くようなフィット感を付与するように、弾性的又は伸長可能であってもよい。

液体管理システム(LMS)
LMS50の1つの機能は、効率的な方式で流体を迅速に捕捉し、それを吸収性コアに分配することである。LMS50は、1つ又は複数の層を含んでもよく、それらの層は一体の層を形成してもよく、又は互いに付着され得る個別の層として残っていてもよい。LMS50は2つの層、即ち、吸収性コアとトップシートとの間に配置された分配層54と捕捉層52とを含むが、本開示はそのような構成に限定されない。

LMS50は流体の捕捉及び分配を緩慢にし得るために、SAPを含み得る。別の実施形態では、LMSは、SAPを実質的に含まない(例えば、80%、85%、90%、95%、又は99%含まない)か、又はSAPを全く含まない場合がある。LMSはまた、例えば、連続気泡発泡体、エアレイド繊維、又はカーディング樹脂接着不織布材料のような多様な他の好適なタイプの材料のうちの、1つ又は2つ以上を含み得る。LMSの好適な例は、例えば国際公開第2000/59430号(Daley)、同第95/10996号(Richards)、米国特許第5,700,254号(McDowall)、及び国際公開第02/067809号(Graef)に記載されている。

分配層
LMS50は、分配層54を含んでもよい。分配層54は例えば、少なくとも50重量%又はそれ以上の架橋セルロース繊維を含み得る。架橋セルロース繊維は、捲縮されるか、撚り合わされるか、若しくはカールされてもよく、又は、捲縮、撚り合わせ、及びカールを含むそれらの組み合わせであってもよい。このタイプの材料は、米国特許公開第2008/0312622A1号(Hundorf)に開示されている。

捕捉層
LMS50は、代替的に又は追加的に捕捉層52を含んでもよい。捕捉層52は、例えば、分配層54とトップシート24との間に配置されてもよい。捕捉層52は、スパンボンド、メルトブローン、及び更にスパンボンドされた層、又は、代替的に、カーディングを施された化学接合された不織布を含む、SMS又はSMMS材料など、不織布材料であってもよく、又はそれを含んでもよい。捕捉層52は、エアレイド又は湿式レイドセルロース、架橋セルロース、若しくは合成繊維、又はこれらのブレンドを含んでもよい。捕捉層52は、合成繊維のロールストックウェブ(固体形成によるなど、空隙を増加させるために処理されてもよい)、又は嵩高材料を形成するために接着された、合成繊維とセルロース繊維との組み合わせを含んでもよい。代替的に、捕捉層52は、吸収性連続気泡発泡体を含んでもよい。不織布材料は、ラテックス接着されてもよい。

液体管理システム内のチャネル
吸収性物品20のLMS50は、一般に、着用者の解剖学的構造に対して吸収性物品をより良好に一致させることが可能であるチャネルを含んでもよく、これによって動作の自由度が増し、間隙が減少する。LMS50の1つ又は複数のチャネルは、上述のように、吸収性コア28内の様々なチャネル協働するように構成されていてもよい。更に、LMS50内のチャネルは、また、吸収性物品内で、尿、BM又は他の身体排出物を保持し、分配させるために、空隙の増加がもたらされてもよく、これによって、漏出及び皮膚の接触の低減に繋がる。LMS50内のチャネルも、特に、テクスチャ、色、及び/又はパターンの物理的相違を介して強調表示されるとき、内部の有用なしるしを提供して、着用者に対する吸収性物品の正確な整合を容易に行うことができる。このため、こうした物理的相違は、例えば、視覚及び/又は触覚により顕著であってもよい。

吸収性コア28内のチャネルと同様に、LMS50内のチャネルも、層内における任意の領域であってもよく、又は、2つ以上の層を延びてもよく、上記「チャネル」の定義に記載の通り、周囲材料よりも実質的に低い坪量又は厚さを有する。また、LMS50内のチャネルは、張力を低減して制御された屈曲を有効にし、LMS50を吸収性コア28にごく近接させて保持するのに役立ち得る。このため、LMS50内にチャネルが存在することによって(これは、下にある吸収性コア28内の任意のチャネルと整列されていても、されていなくてもよい)、概して、ヒンジとして機能することができ、より柔軟な複合構造が可能になる。場合によっては、例えば、LMS50のチャネルにより、制御された屈曲配置でLMS50が吸収性コア28に向かって移動することが可能になり、これによってLMS50と吸収性コア28との間の分離が制限される。更に、LMS50内のチャネルは、流体又は他の身体排出物を吸収性物品20の1つの領域から吸収性物品20の別の領域への経路を指定する補助をし得る。こうした経路の指定により、吸収性物品20を介する流体の全体の分配が望ましく改善され得、また、物品の快適性、耐久性又は寿命の向上に繋がり得る。

多層LMSでは、チャネルはLMS50の1つ又は複数の層に存在してもよく、3つ全ての基準面で寸法が変化してもよい。LMS50内の所与のチャネル幅は、長手方向(即ち、吸収性物品の長手方向軸線に実質的に平行な方向)において変動し得る。また、チャネルは、吸収性物品の横方向軸線又は横方向分離要素の前方では、横方向軸線又は横方向分離要素の後方とは異なる幅、長さ、及び/又は容積を有し得る。LMS50のチャネルは、吸収性コア28に関する上記のチャネルに類似している幅、長さ、形状、量、及びパターンの範囲を有してもよい。

LMS50内の1つ又は複数のチャネルは、吸収性コア28内のチャネルと少なくとも部分的に重なっていてもよく、又は完全に重なっていてもよく、重なっている領域では、より深い凹部が形成される。LMS50が2つ以上の層を含む実施形態では、吸収性コア28に最も近い層がチャネルを含んでもよい。構造体内の、トップシート24、捕捉層52、分配層54、又はその他の層のような1つ又は複数の層は、吸収性コア28の要素に、この領域において接着されて、組み合わされたチャネルの深さを増大させてもよい。一実施形態において、LMS50の捕捉層52内のチャネル及び吸収性コア28内のチャネルは、完全に重なり合うように一致する。別の実施形態では、LMS内のチャネルと貯蔵層内のチャネルとは、重なり合う区域を有しない。他の実施形態は、干渉域を包含する2つの層内のチャネル間で、チャネル同士が部分的に重なり合うような、垂直方向の重なり合いを有する。

再び図1〜5を参照すると、図示した例のLMS50が、2つのチャネル49、49’を画定していることが示されている。チャネル49、49’は、吸収性物品80の長手方向(即ち、長手方向ベクター要素を有する)に少なくとも部分的に配向されている。LMS内の他のチャネルは、横方向(即ち、横方向ベクトル要素を有する)又は任意の他の方向に少なくとも部分的に配向されてもよく、またLMS50内のチャネルは、連続的又は断続的であってもよい。LMS内のいくつかのチャネルは、円形、楕円形、正方形、矩形、三角形又は任意の他の好適な形状であってもよい。チャネルは、様々な方式で形成され得る。例えば、チャネルは、捕捉材料又は分配材料を実質的に含まないか、又は含まなくてもよいLMS50内のゾーンによって形成されていてもよい。

LMS50のチャネルは、長手方向に延びる2つのチャネル49、49’により図1に示すように、吸収性物品の横方向軸線90と同じ長手方向の平面に少なくとも存在し得る。チャネルはまた、股部領域7から延びてもよく、又は吸収性物品の前側腰部領域5及び/若しくは後側腰部領域6内に存在してもよい。図1では、チャネル49、49’は、概して、チャネル26、26’と一致し、チャネル26、26’は、吸収性物品20の前側腰部縁部10に向かって長手方向により長い長さを有する。

LMS50は、少なくとも1つの、又は2つを超えるチャネルなど、任意の好適な数のチャネルを画定してもよい。また、例えば、LMS50の後側腰部領域6又前側腰部領域5内に、より短いチャネルが存在してもよい。LMS50のチャネルは、長手方向軸線80及び/又は横方向軸線90又は他の横軸線に対して対称的に又は別様に配置された、一対又は複数対のチャネルを含んでもよい。チャネルは、実質的に長手方向に又は実質的に横方向に延びてもよい。

LMS50内のチャネルの少なくとも一部又は全てが耐久性チャネルであってよいが、それの意味するところは、それらの一体性が、乾燥状態及び湿潤状態の両方で少なくとも部分的に保たれるということである。耐久性チャネルは、例えば、接着材料の繊維性層、又はチャネルの壁内の吸収性材料と基材との粘着を補助する構成糊剤など、1つ又は複数の接着材料を提供することにより得られてもよい。また、耐久性チャネルは、LMS50のチャネルを介して、トップシート24をバックシート25と一緒に結合することによって形成されてもよい。典型的には、チャンネルを介してトップシート24及びバックシート25を結合するために接着剤が使用され得るが、圧力結合、超音波結合、熱結合、又はそれらの組み合わせなど、他の既知のプロセスによって結合されてもよい。トップシート24及びバックシート25は、チャネルの一部若しくは全部に沿って、又はチャネルの一部若しくは全部内で、連的に結合され得るか、又は断続的に結合され得る。

一実施形態において、図1を参照すると、LMS50は、少なくとも2つのチャネル(例えば、49、49’)を含んでもよい。これらのチャネルは、不織布材料又は架橋セルロース繊維を含まないか、又はそれを実質的に(例えば、10%未満、5%未満、3%未満、2%未満、又は1%未満しか)含まず、長手方向に少なくとも部分的に方向付けられていてよく、かつ/又は横方向に少なくとも部分的に方向付けられていてよい。

図4〜5の吸収性物品のLMS50の例は、図9〜10に切り離して示し、図10は、図9の10−10線周囲で切り取ったLMS50の断面図である。LMS50は、前側281と、後側283と、前側281及び後側283を結合する2つの長手方向側285、287とを含むことができる。LMS50はまた、略平面状の上面及び略平面状の底面を含み得る。LMSの前側281は、吸収性物品の前側腰部縁部10に向けて配置されるように意図されるLMSの側部である。LMS50は、図1に示すような平面図で上部から見て、吸収性物品の長手方向軸線80に実質的に対応する長手方向軸線80’’を有してもよい。図示した実施形態では、LMS50は、協働してチャネル49、49’を画定する、分配層54と捕捉層52とを含む。他の実施形態では、LMS50の全部ではない層が、LMS50の少なくとも1つの層は連続的であり、他方でLMS50の別の層が不連続的であるように、チャネルを画定し得る。

図1〜10に示す吸収性コア28のチャネル26、26’の部分及びLMS50のチャネル49、49’は、概ね整列しているが、本開示はそのように限定するものではない。実際に、理解されるように、LMS50及び/又は吸収性コア28におけるチャネルの特定の配置は変化し得る。

実質的に横方向に延びる分離要素
吸収性物品の着用者に面する表面、又はトップシートは、視覚的前部及び背部を有してもよい。視覚的前部及び視覚的背部は、実質的に横方向に延びる分離要素100により分離されていてもよい。用語「実質的に横方向に」は、横方向軸線に平行な方向から+/−15度以内であることを意味する。実質的に横方向に延びる分離要素100は、例えば、吸収性物品のトップシート、又はトップシートを通して見える、吸収性物品の他の層(例えばLMS50)の上に印刷された図形によるしるしであってもよい。実質的に横方向に延びる分離要素100はまた、トップシートの着用者に面する表面を通して見える、薄い色のついた層の一部分、又は、トップシートとは異なる色を有する、下にある層の端部であってもよい。代替的に又は追加的に、視覚的前部は、色差及び/又は印刷パターンの相違に基づいて、視覚的背部とは視覚的に異なってもよい。視覚的前部と視覚的背部との間のそのような視覚的分離により、吸収性物品のその適用中の適切な位置合わせが補助され、また尿管理用と、それとは別にBM管理用に構成された別個のゾーンの外観が補助され得る。

実質的に横方向に延びる分離要素100は、様々な形態において、着用者の会陰部に概ね対応する吸収性物品の領域に配置される(即ち、尿道と肛門との間に配置される)構造的セパレータを含んでもよい。構造的セパレータにより、例えば、尿の吸収性物品の背側への表面移動及びBMの吸収性物品の前側への表面移動が防止され得るか、又は少なくとも幾分か抑制され得る。構造的セパレータは、吸収性物品の着用者に面する表面の上方の1つ又は複数の突起部、着用者に面する表面の平面の下方の凹部、及びこれらの組み合わせなど、横断方向、又は横方向に延びるバリア(「TVB」)として機能する任意の3次元機構又は構成要素を含んでもよい。一例としては、吸収性物品の着用者に面する表面に取り付けられ、かつその端部がバリアレッグカフに取り付けられた、実質的に横方向に配向されたウェブ又はシートが挙げられる。バリアレッグカフ及び着用者に面する表面に対する取り付けは、身体排出物が領域間を流れることを防止し、又は少なくとも抑制する、吸収性物品の前側及び背側領域に対する、TVBにより形成された「封止」を提供することができる。

凸凹のない水平な表面上に、平らに、弛緩した、収縮した状態で平たく広げた場合には、構造的セパレータは、矩形又は正方形であり得る。また、凸凹のない水平な表面上に、平らに、弛緩した、収縮した状態で平たく広げた場合には、構造的セパレータは台形であり得る。構造的セパレータは、疎水性であってもよい(例えば、これは親水性であり、かつ疎水性コーティング、例えば、ワックス、又は1つ若しくは複数のシリコーンポリマー若しくはフッ素化ポリマーを含む疎水性表面コーティングにより疎水性にされたものであってもよい)。構造的セパレータは、横方向の横断方向又はその他の方向に、かなりの程度に弾性伸長可能であり得るような、弾性的行動をとり得る。構造的セパレータは、吸収性物品の着用中に特定の張力を有して、構造的セパレータがZ方向の寸法における効果的なセパレータ(バリア)を確実に形成することにより、構造的セパレータの背側から前側に糞便が移動することを回避するか、又は少なくとも抑制してもよい。他の構造セパレータは、トップシートの立ち上がり部若しくは厚みのある部分、LMS若しくは吸収性コアの要素、別々に適用した要素、又は1つ若しくは複数の吸収性コア要素における穴若しくは陥没部を含んでもよい。

上記に加えて、構造的セパレータは、任意の好適な構造を有してもよく、また、例えば隆起部、突出部又はフラップであってもよい。構造的セパレータの形態の、実質的に横方向に延びる分離要素100の構成のいくつかの例示の断面図を、図11〜14に示す。任意の他の好適な構造的セパレータは、本開示の範囲内にある。構造的セパレータは、吸収性物品の横方向軸線に沿って配置されてもよく、又は横方向軸線に対して傾斜したある角度で位置付けられてもよい。構造的セパレータはまた、横方向軸線に沿っていない他の位置(例えば、横方向軸線の前方又は後方の位置)に配置されてもよい。1つ又は複数の構造的セパレータが、多様な構成を有する吸収性物品に組み込まれてもよい。好適な構造的セパレータ及び実質的に横方向に延びる分離要素は、例えば、2013年8月27日出願の米国仮特許出願第61/870,365号、P&G代理人整理番号12696PQに、より詳細に開示されている。

例えばトップシート及び/又はLMSなどの基材は、基材の異なる領域又は区域内に1つ又は複数のゾーンを有してもよい。トップシート及び/又はLMS内のゾーンのいくつかの例示の構成を、図15〜32に示す。様々な図において、ゾーンはZ1〜Z6と表示されているが、任意の数の構成、形状、及び/又はサイズを有する任意の数のゾーンを有することは、本発明の範囲内である。トップシート24は図15〜19で矩形として示されているが、トップシートが吸収性物品用の、例えば砂時計形状などの任意の好適な形状を有することは、本発明の範囲内である。図15〜32では、トップシート24の衣類に面する表面が見る者の方に向いている。図15〜32を通して、適用できる場合、要素100は実質的に横方向に延びる分離要素であり、要素90は吸収性物品の横方向軸線であり、要素80は吸収性物品の長手方向軸線であり、Fは吸収性物品の前側を表し、Bは吸収性物品の背側を表す。横方向軸線及び長手方向軸線は、各図に示さなくとも図15〜32の全てにおいて明らかであろう。

以下に記述されるゾーンの全部において、特定のゾーンに関して特定の処理が記述され得るが、ゾーンは1つ若しくは複数の他の処理又は流れ制御材料も含み得ることが理解されるであろう。例えば、特定の形態学的処理が特定のゾーン内に記述されている場合、以下の例の各ゾーンに関して明確に述べられていなくても、同じゾーン又はその一部分内に別の形態学的処理及び/又は別の化学的若しくは幾何学的処理も設けられ得る。ゾーンはまた、任意の好適なサイズ及び/又は形状を有してもよく、以下に示す例に限定されない。

図15を参照すると、トップシート24は、吸収性物品の前側に第1のゾーンZ1と、吸収性物品の背側に少なくとも部分的に第2のゾーンZ2とを含む。ゾーンZ1は、実質的に横方向に延びる分離要素100(例えば、凹部、立ち上がり部、構造的セパレータ、印刷された線又は図形)の第1の側に配置され、ゾーンZ2は、実質的に横方向に延びる分離要素100の第2の側に配置されている。ゾーンZ1及びZ2は両方とも長手方向軸線80に重なってもよく、ゾーンZ2のみが横方向軸線90に重なってもよい。他の場合では、ゾーンZ1のみが横方向軸線90に重なってもよい。図15の例では、実質的に横方向に延びる分離要素100は、任意であってもよい。第1のゾーンZ1及び第2のゾーンZ2は、それぞれ、任意の数の幾何学的、形態学的、化学的処理及び/又は流れ制御材料を含んでもよく、あるいはゾーンZ1若しくはZ2の一方、又はその部分は、処理又は流れ制御材料を全く含まなくてもよい。ゾーンZ1又はZ2のいずれか又は両方は、孔も含み得る。

再び図15を参照すると、実質的に横方向に延びる分離要素100は、分離要素100のいずれかの側に、視覚的前部及び視覚的背部を画定してもよい。視覚的前部はゾーンZ1を含み、視覚的背部はゾーンZ2を含む。ゾーンZ1は、第1の幾何学的処理を含んでもよく、ゾーンZ2は、第2の幾何学的処理を含んでもよい。第1の幾何学的処理及び第2の幾何学的処理は、同じでも又は異なってもよい。第1の幾何学的処理及び第2の幾何学的処理は、深さ、長さ、周波数、サイズ、形状、パターン、寸法、及び/又は構造が異なる要素を含んでもよい。第1の幾何学的処理及び第2の幾何学的処理のいずれかは、孔又は形態学的処理(例えば、図52及び54参照)を含んでもよい。孔は、処理のいずれかにおいて異なっていても又は同じであってもよい。形態学的処理は、同じであっても又は異なってもよい。トップシート24は、ゾーンZ1又はZ2のいずれか内に第3の幾何学的処理Z3(破線で示す)を含んでもよい。吸収性コア及び/又は液体管理システムの一部分は、その中に画定された1つ又は複数のチャネル、Cを有してもよい。ゾーンZ1及び/又はZ2の一部分は、チャネル(1つ又は複数)の少なくとも一部分又は全部に重なってもよく又は重ならなくてもよい。

再び図15を参照すると、トップシート24は、前側領域(即ち、横方向軸線90の第1の側)内に少なくとも部分的にゾーンZ1と、背側領域(即ち、横方向軸線90の第2の側)内に少なくとも部分的にゾーンZ2とを含んでもよい。ゾーンZ1は、尿取り扱いのために構成された第1の形態学的処理を含んでもよく、ゾーンZ2は、BM取り扱いのために構成された第2の形態学的処理を含んでもよい。ゾーンZ1内の第1の形態学的処理のパターンは、横方向軸線90に対して、ゾーンZ2内の第2の形態学的処理のパターンと非対称的であっても又は対称的であってもよい。ゾーンZ1及びZ2のいずれかは、内部に孔が画定されていてもよい。孔は、任意の好適な有効孔面積を有してもよく、トップシート24は、様々なゾーン内で、任意の好適な%開口面積を有してもよい。第1及び第2の形態学的処理は、例えば、本明細書の図52又は54に示すものであってもよい。ゾーンZ1又はZ2のいずれか又は両方は、化学的処理又は第3の形態学的処理を含んでもよい。ゾーンZ1の面積は、ゾーンZ2の面積よりも小さくても又は大きくてもよい。ゾーンZ1は、横方向軸線90に平行な方向に測定して、少なくとも30mm又は少なくとも40mmの寸法を有してもよく、ゾーンZ2は、横方向軸線90に平行な方向に測定して、少なくとも30mm又は少なくとも40mmの寸法を有してもよい。図15に図示しないが、吸収性物品は、バリアレッグカフ及び腰部縁部を含んでもよい。

依然として図15を参照すると、ゾーンZ1は、実質的に移動可能な化学的処理を含んでもよく、ゾーンZ2は、実質的に移動可能な化学的処理を含んでもよい。実質的に移動可能な化学的処理は、同じであっても又は異なってもよい。ゾーンZ2内の実質的に移動可能な化学的処理の坪量は、ゾーンZ1内の実質的に移動可能な化学的処理よりも大きく、又は小さく、又は実質的に同じ、又は同じであってもよい。実質的に移動可能な化学的処理は、スキンケア組成物又はBM固着防止ローションを含んでもよい。ゾーンZ1又はZ2の少なくとも一方は、実質的に耐久性のある化学的処理も含み得る。実質的に耐久性のある化学的処理は、例えば、顔料又はインクを含んでもよい。ゾーンZ1及びZ2(又はZ3)は、1つ又は複数の形態学的又は幾何学的処理も含み得る。化学的処理は、形態学的若しくは幾何学的処理に重なっても又は重ならなくてもよい。ゾーンZ1又はZ2は、実質的に移動可能な化学的処理又は実質的に耐久性のある化学的処理のいずれかであり得る少なくとも第3の化学的処理(例えば、図15のZ3)を含んでもよい。任意の化学的処理は、1つ又は複数のチャネルCの少なくとも一部分、又は全部に重なってもよい。他の場合では、様々な化学的処理は、いずれのチャネルCにも重ならなくてもよい。ゾーンZ1内の実質的に移動可能な化学的処理は、疎水性であってもよく、ゾーンZ2内の実質的に移動可能な化学的処理は、異なる親水性を有してもよい。ゾーンZ1内の実質的に移動可能な化学的処理は、ゾーンZ2内の実質的に移動可能な化学的処理と比較して、より親水性又はより疎水性であってもよい。他の場合では、ゾーンZ2内の実質的に移動可能な化学的処理は、疎水性又は親水性であってもよい。実質的に移動可能な化学的処理は、1つ若しくは複数の形態学的処理(例えば、本願の図52及び54参照)又は1つ若しくは複数の幾何学的処理と重なっても又は重ならなくてもよい。

再び図15を参照すると、ゾーンZ1は、実質的に耐久性のある化学的処理を含んでもよく、ゾーンZ2は、実質的に耐久性のある化学的処理を含んでもよい。実質的に耐久性のある化学的処理は、同じであっても又は異なってもよい。ゾーンZ2内の実質的に耐久性のある化学的処理の坪量は、ゾーンZ1内の実質的に耐久性のある化学的処理よりも大きい、又は小さい、又は同じであってもよい。ゾーンZ1又はZ2の一方、両方は、実質的に移動可能な化学的処理も含み得る。

他の場合では、ゾーンZ1又はZ2の一方は、実質的に耐久性のある化学的処理を含んでもよく、ゾーンの他方は、実質的に移動可能な化学的処理を含んでもよい。

図16を参照すると、トップシート24は、吸収性物品の前側の第1のゾーンZ1と、吸収性物品の背側の第2のゾーンZ2とを含む。ゾーンZ1は、実質的に横方向に延びる分離要素100の第1の側に配置され、ゾーンZ2は、実質的に横方向に延びる分離要素100の第2の側に配置されている。図16の例では、実質的に横方向に延びる分離要素100は、任意であってもよい。ゾーンZ1及びZ2は両方とも長手方向軸線80に重なってもよく、ゾーンZ1及びZ2はいずれも横方向軸線90に重ならなくてもよい。他の場合では、ゾーンZ1のみ又はゾーンZ2のみが横方向軸線90に重なってもよい。第1のゾーンZ1及び第2のゾーンZ2は、任意の数の幾何学的、形態学的、化学的処理及び/若しくは流れ制御材料を含んでもよく、又は、ゾーンZ1若しくはZ2の一方、若しくはその部分は、処理若しくは流れ制御材料を全く含まなくてもよい。ゾーンZ1又はZ2のいずれかは、孔も含み得る。

図17を参照すると、トップシート24は、吸収性物品の前部の複数の要素を含む第1のゾーンZ1と、吸収性物品の背部の複数の要素を含む第2のゾーンZ2とを含む。ゾーンZ1は、実質的に横方向に延びる分離要素100の第1の側に配置され、ゾーンZ2は、実質的に横方向に延びる分離要素100の第2の側に配置されている。図17の例では、実質的に横方向に延びる分離要素100は、任意であってもよい。第1のゾーンZ1の要素は、横方向軸線90又は長手方向軸線80に重ならず、第2のゾーンZ2の要素のいくつかは、長手方向軸線のみに重なる。いずれかのゾーンの少なくともいくつかの要素が、軸線80又は90の一方に重なる又は重ならないことは、本発明の範囲内である。ゾーンZ1及びZ2を構成する要素は、複数の孔を含んでもよい。ゾーンZ1内の孔は、ゾーンZ2内の孔よりも小さくてもよく、又は逆も同様である。ゾーンZ1内のより小さい孔は、尿管理用に構成されてもよい一方、ゾーンZ2内のより大きい孔は、BM管理用に構成されてもよい。例示の有効孔面積と例示の%有効開口面積は、本明細書に記載されている。第1のゾーンZ1及び第2のゾーンZ2の孔は略卵形として示されているが、それらは、任意の好適なサイズ、形状、及び/又はパターンを有してもよい。他の場合では、ゾーンZ1及び/又はZ2を構成する要素は、孔を形成しなくてもよく、代わりに1つ又は複数の他の処理及び/又は流れ制御材料を含んでもよい。

図18を参照すると、トップシート24は、吸収性物品の前部内の複数の要素を含む第1のゾーンZ1と、吸収性物品の背部内の複数の要素を含む第2のゾーンZ2とを有する。トップシート24はまた、吸収性物品の前側の第3のゾーンZ3と、吸収性物品の背側の第4のゾーンZ4とを含む。ゾーンZ1及びZ3は、実質的に横方向に延びる分離要素100の第1の側及び横方向軸線90の第1の側に配置され、ゾーンZ2及びZ4は、実質的に横方向に延びる分離要素100の第2の側及び横方向軸線90の第2の側に配置されている。第1のゾーンZ1及び第2のゾーンZ2の要素は、横方向軸線90又は長手方向軸線80に重ならず、第3のゾーンZ3及び第4のゾーンZ4は、横方向軸線90に重ならないが、長手方向軸線には重なっている。軸線80又は90の一方に重なる又は重ならない任意のゾーン(又はゾーンを形成する要素)を有することは、本発明の範囲内である。ゾーンZ1は、孔であるか、又は別の処理若しくは流れ制御材料を含む、複数の要素を含んでもよい。ゾーンZ4は、例えば、1つの大きい孔、エンボス加工、又は他の処理、化学的処理又は流れ制御材料を含んでもよい。ゾーンZ1内の孔は、ゾーンZ4の孔よりも小さくてもよい。ゾーンZ1内のより小さい孔は、尿管理用に構成されてもよい一方、ゾーンZ4内のより大きい孔は、BM管理用に構成されてもよい。ゾーンZ3は、ゾーンZ1の少なくとも一部分に重なっているが、ゾーンZ2及びZ4は、任意の他のゾーンに重なっていない。任意のゾーンの例における任意の様々なゾーンが互いに重なり又は重ならないことは、本発明の範囲内である。

図19を参照すると、トップシート24は、吸収性物品の前側にある複数の要素を含む第1のゾーンZ1と、吸収性物品の背側に少なくとも部分的に複数の要素を含む第2のゾーンZ2とを含む。トップシート24は、吸収性物品の前側に第3のゾーンZ3と、吸収性物品の背側に少なくとも部分的に第4のゾーンZ4とを含む。ゾーンZ1及びZ3は、実質的に横方向に延びる分離要素100の第1の側に配置され、ゾーンZ2及びZ4は、実質的に横方向に延びる分離要素100の第2の側に配置されている。第1のゾーンZ1及び第2のゾーンZ2は、長手方向軸線80に重ならず、第2のゾーンZ2及び第4のゾーンZ4は、横方向軸線90に重なっている。第4のゾーンZ4は、横方向軸線90及び長手方向軸線80に重なっている。軸線80又は90の一方に重なる又は重ならない任意のゾーンを有することは、本発明の範囲内である。ゾーンZ1の要素は、孔であっても又は孔でなくてもよい。ゾーンZ3は、ゾーンZ1の少なくとも一部分に重なり、ゾーンZ4は、ゾーンZ2の少なくとも一部分に重なっている。

図20を参照すると、吸収性物品のトップシート24は、4つのゾーン、Z1〜Z4を有して示されている。ゾーンZ1〜Z4は、任意の数の幾何学的、形態学的、及び/若しくは化学的処理若しくは流れ制御材料を含んでもよく、又は、ゾーンの1つ若しくは複数、若しくはその部分は、処理若しくは流れ制御材料を全く含まなくてもよい。ゾーンZ3は、深いエンボスラインを含んでもよい。ゾーンZ1は、形態学的処理(例えば、図52又は54参照)及び/又は印刷されたパターンを含んでもよい。ゾーンZ2は、形態学的処理(例えば、図52又は54参照)を含んでもよい。ゾーン4は、処理を含まなくてもよく、又は流れ制御材料を含んでもよい。ゾーンZ3は、吸収性物品の吸収性コアの少なくとも一部分上に少なくとも部分的に取り囲む周辺部を形成する流れ制御材料も含み得る。

図20Aを参照すると、吸収性物品のトップシート24は、5つのゾーン、Z1〜Z5を有して示されている。ゾーンZ1及びZ5は、形態学的処理(例えば、図52又は54参照)を含んでもよい。ゾーンZ2は、例えば、尿用の流れ制御材料を含んでもよい。流れ制御材料は、トップシート24内に、完全に取り囲む周辺部を形成してもよい。ゾーンZ3は、形態学的処理(例えば、図52又は54)、印刷されたパターン、及び/又は流れ制御材料を含んでもよい。ゾーンZ4は、例えば、トップシート24内に部分的に取り囲む周辺部を形成し得る、BM用の流れ制御材料を含んでもよい。任意のゾーンは、1つ若しくは複数の追加の処理及び/又は流れ制御材料も含み得る。

図21を参照すると、4つのゾーンZ1〜Z4を有する、トップシート24を含む吸収性物品が示されている。ゾーンZ1は、印刷されたドットの化学的処理、及び/又は孔の幾何学的処理を含んでもよい。ゾーンZ2は、印刷された菱形の化学的処理、及び/又はパッカリングの形態学的処理を含んでもよい。ゾーンZ2は、孔も含み得る。ゾーンZ3は、処理を有してもよく、又は有さなくてもよい。ゾーンZ4は、トップシート内及び吸収性コアの一部分上に、完全に取り囲む連続周辺部を形成する流れ制御材料を含んでもよい。図示していないが、ゾーンZ4の、取り囲む周辺部は不連続であってもよく、又は、吸収性コアの一部分上に、少なくとも大部分を取り囲む周辺部を形成するのみであってもよい。

図21Aを参照すると、5つのゾーンZ1〜Z5を有する、トップシート24を含む吸収性物品が示されている。ゾーンZ1は、疎水性スキンケア組成物を含んでもよい。ゾーンZ2は、形態学的処理(例えば、図52又は54参照)を含んでもよい。ゾーンZ3は、形態学的処理(例えば、図52又は54参照)を含んでもよい。ゾーンZ4は、ゾーンZ1のスキンケア組成物よりも疎水性が高い又は低いスキンケア組成物を含んでもよい。ゾーンZ5は、エンボス加工された数字の8状の形状、及び/又は、取り囲む連続周辺部を形成する流れ制御材料を含んでもよい。連続周辺部は、1つ又は複数の尿及び/又はBM汚染ゾーン(例えば、ゾーンZ1及びZ3)を包囲してよい。図示していないが、周辺部は、不連続で、かつ少なくとも大部分を取り囲んでもよい。任意のゾーンは、1つ若しくは複数の追加の処理及び/又は流れ制御材料も含み得る。吸収性物品は、場合により、横方向分離要素LSEを含んでもよい。

図21Bを参照すると、3つのゾーンZ1〜Z3を有する、トップシート24を含む吸収性物品が示されている。ゾーンZ1は、形態学的処理(例えば、図52又は54参照)を含んで、排尿事象の間及び後の吸収性及び乾燥を提供してもよい。ゾーンZ2は、形態学的処理(例えば、図52又は54参照)を含んで、少なくともBMの広がりを抑制してもよい。ゾーンZ3は、流れ制御材料を含んでもよい。流れ制御材料は、2つの身体排出物受容ゾーンの周囲の、取り囲む周辺部を形成してもよい。流れ制御材料は、連続又は不連続であってもよい。任意のゾーンは、1つ若しくは複数の追加の処理及び/又は流れ制御材料も含み得る。吸収性物品は、場合により横方向分離要素(図示せず)を含んでもよい。

図21Cを参照すると、4つのゾーンZ1〜Z4を有する、トップシート24を含む吸収性物品が示されている。ゾーンZ1は、孔を含む幾何学的処理を含んでもよく、又は形態学的処理を含んでもよい。ゾーンZ1の%有効開口面積は、約5%〜約20%又は約10%であってもよい。ゾーンZ2は、孔を含む幾何学的処理を含んでもよく、又は形態学的処理を含んでもよい。ゾーンZ2の%有効開放口積は、約15%〜約50%又は約30%であってもよい。ゾーンZ3は、固着防止ローションを含んでもよい。ゾーンZ4は、形態学的処理を含んでもよく、かつ/又は流れ制御材料を含んでもよい。任意のゾーンは、1つ若しくは複数の追加の処理及び/又は流れ制御材料も含み得る。吸収性物品は、場合により、横方向分離要素(図示せず)を含んでもよい。

図22を参照すると、6つのゾーンを有する、トップシート24を含む吸収性物品が示されている。ゾーンZ1は、エンボス加工された深いライン、印刷されたライン、流れ制御材料、及び/又は他の処理を含んでもよい。ゾーンZ2〜Z5は、それぞれ、任意の数の化学的、幾何学的、及び/若しくは形態学的処理を含んでもよく、又は処理を全く含まなくてもよい。ゾーンのいくつかは、弓状の形状を形成してもよい。

図23は、図22の例示のトップシートと類似したトップシートを含む、実際の吸収性物品の写真である。

図24を参照すると、4つのゾーンを有する、トップシート24を含む吸収性物品が示されている。ゾーンZ1は、流れ制御材料を含んでもよい。ゾーンZ2は、エンボス加工パターン若しくは印刷されたパターン、及び/又は、1つ若しくは複数の幾何学的処理を含んでもよい。ゾーンZ3は、エンボス加工及び/又は流れ制御材料を含んでもよい。ゾーンZ4は、1つ若しくは複数の処理及び/又は流れ制御材料を含んでもよく、又は含まなくてもよい。任意のゾーンZ1〜Z4は、1つ若しくは複数の化学的処理又は他の処理を含んでもよい。

図25は、ゾーン形成トップシートを含む実際の吸収性物品の写真である。このトップシートは、エンボス加工の少なくとも2つのゾーンを有し、また他の処理を有してもよい。

図26を参照すると、3つのゾーンを有する、トップシート24を含む吸収性物品が示されている。ゾーンZ1は、第1のパターンを有するエンボス加工又は他の処理を含んでもよく、ゾーンZ2は、異なるパターンを有するエンボス加工又は他の処理を含んでもよく、ゾーンZ3は、1つ若しくは複数の処理を含んでもよく、又は含まなくてもよい。この物品は、実質的に横方向に延びる分離要素も含み得る。

図27を参照すると、4つのゾーンを有する、トップシート24を含む吸収性物品が示されている。ゾーンZ1及びZ2は、それぞれ、小さな印刷されたドットの化学的処理を含んでもよく、又は、それぞれ、孔を含んでもよい。ドット及び/又は孔は、同じサイズ又は異なるサイズであってもよい。ゾーンZ1及びZ2内の処理は、同じであっても又は異なってもよい。ゾーンZ3は、ゾーンZ1及びZ2内のドット又は孔よりも大きい、印刷されたドット又は孔の化学的処理を含んでもよい。ゾーンZ4は、折り目、エンボス加工されたライン、印刷されたライン、流れ制御材料、又は別の処理を含んでもよい。折り目は、トップシートの部分から形成されてもよく、又は、トップシートに取り付けられた別個の材料であってもよい。

図28は、図27の例示のトップシートに幾分類似したトップシートを含む、実際の吸収性物品の写真である。

図29を参照すると、3つのゾーンを有する、トップシート24を含む吸収性物品が示されている。ゾーンZ1は、小さな印刷されたドットの化学的処理を含んでもよく、又は孔を含んでもよい。ゾーンZ2は、エンボス加工されたライン、印刷された、ライン又は別の処理を含んでもよい。ゾーンZ3は、エンボス加工されたライン、印刷されたライン、又は別の処理を含んでもよい。ゾーンZ4は、小さな印刷されたドット又は孔を含んでもよい。

図30は、図29の例示のトップシートと類似したトップシートを含む、実際の吸収性物品の写真である。

図31を参照すると、2つのゾーンを有する、トップシート24を含む吸収性物品が示されている。ゾーンZ1は、スリットを含んでもよい。ゾーンZ2は、折り畳んだ部分、エンボス加工されたライン、印刷されたラインを含んでもよく、又は処理を含まなくてもよい。ゾーンのいずれか又は両方は、印刷などの化学的処理も含み得る。2層トップシート内にプリーツが形成されてもよい。第1の層は、第1の層が第2の層に取り付けられる前又は後に、ロータリーダイを使用して細長く切られてもよい。第1の層は、切り込みに沿って追加的に第2の層に高圧接着されてもよい。接着部位Sは、切り込みのいずれの側の第1の層の一部分も包含し、第2の層の部分に取り付けられてもよい。

図32は、図31の例示のトップシートと類似したトップシートを含む、実際の吸収性物品の写真である。

図33〜42は、吸収性物品用のトップシート、又はその部分に関する設計の例である。これらの設計は、1つ又は複数のパターンでの幾何学的、形態学的及び/又は化学的処理を含んでもよい。これらの設計は、少なくとも大部分を取り囲む周辺部用であり得る又はあり得ない流れ制御材料も含み得る。パターンは、トップシートの長さ、又は長さの一部分にわたって変化してもよい。トップシートの前部は、Fと表示され、トップシートの背部は、Bと表示されている。トップシートは、矩形又は任意の他の好適な形状であってもよく、上部又は内部に設計を有する。処理は、例えば、エンボス加工、印刷された図形、流れ制御材料、及び/若しくは孔、又はこれらの組み合わせであってもよい。図40〜42は、少なくとも大部分を取り囲む周辺部を形成し、かつ不連続である1つ又は複数の流れ制御材料を含む設計を示す。図40は、それぞれが少なくとも大部分を取り囲む周辺部を形成し、かつ両方とも不連続である2つの流れ制御材料を示すが、それらの一方又は両方は連続的であってもよい。

図15〜42に示したゾーンを有する様々な基材(例えば、トップシート)内に示されるように、ゾーンは、多様な構成、サイズ、及び形状をとることができ、ゾーン又はその部分は、化学的、幾何学的、及び/若しくは形態学的処理を含んでもよく、又は、特定のゾーンは処理を全く含まなくてもよい。ゾーン又はその部分は、流れ制御材料を含んでもよい。様々な処理は、以下により詳細に記述される。孔は、パンチング、スリット加工、ハイドロフォーミング、又はオーバーボンディング(overbonding)とその後のリングローリングにより形成されてもよい。3D構造は、SELFing、IPS、又はrIPSなどの様々な固体形成技術を用いて形成されてもよい。

幾何学的処理
ここでいくつかの例示の幾何学的処理を、図面を参照して記述する。「幾何学的処理」という句は、形態学的処理及び孔を含むため、ここでは孔のみを記述するが、以下に記述する形態学的処理も、幾何学的処理の定義の通り、「幾何学的処理」という句の範囲内に含まれることが理解されるであろう。

図43〜44Fは、孔を含む幾何学的処理を含む例示の基材(例えば、トップシート又はその部分)を示す。図43は、内部に孔が画定された27gsmの不織布ウェブを示す一方、図44Aは、内部に孔が画定された18gsmの二成分不織布ウェブを示す。幾何学的処理の孔は、任意の好適なサイズ、形状、構成、及び/又はパターンを有してもよい。孔は、例えばオーバーボンディングと、オーバーボンドを裂くためのリングローリング、及びピン穴加工など、当該技術分野において一般に既知の任意の孔開けプロセスによって形成されてもよい。孔は、互いに対して均一に離間配置されるか、又は不均一に離間配置されてもよい。更に、各ゾーン内の孔は、同じゾーン内、又は異なるゾーン内で同じサイズ又は異なるサイズであってもよい。図17〜19、21、21A及び27〜30は、図面の中でも特に、トップシート又は他の基材内の孔を含む幾何学的処理の様々な非限定例を示す。図44Bは、トップシートの一部分、又は全部に使用するための例示の基材を示す。図44Cは、トップシートの一部分、又は全部に使用するための例示の布地基材を示す。図44Dは、トップシートの一部分、又は全部に使用するための例示のるメッシュ基材を示す。図44Eは、トップシートの一部分、又は全部に使用するための例示のフィルムを示す。図44Fは、トップシートの一部分、又は全部に使用するための例示のフィルムを示す。

図44Bの例示の基材は、約0.5mm〜約10mm、約1mm〜約8mm、約1mm〜約6mm、約1mm〜約5mm、約1mm〜約3mm、約1.5mm〜約2.5mmの範囲内、約1.9mm、約2.0mm、約2.1mm、又は約2.011mmの有効孔面積(以下の孔試験による)を有してもよく、特定の範囲内及びその中又はそれによって形成された全ての範囲内において全て0.1mmの増分であることを明確に列挙する。図44Bの例示の基材は、約5%〜約40%、約10%〜約30%、約15%〜約25%、約16%〜約20%の範囲内、約17%、約18%、又は約19%の%有効開口面積(以下の孔試験による)を有してもよく、特定の範囲内及びその中又はそれによって形成された全ての範囲内において全て0.1%の増分であることを明確に列挙する。

図44Cの例示の布地基材は、約3mm〜約30mm、約6mm〜約20mm、約8mm〜約14mm、約9mm〜約13mm、約10mm〜約12mmの範囲内、約11mm、約12mm、約11.1mm、約11.2mm、又は約11.11mmの有効孔面積(以下の孔試験による)を有してもよく、特定の範囲内及びその中又はそれによって形成された全ての範囲内において全て0.1mmの増分であることを明確に列挙する。図44Cの例示の基材は、約15%〜約55%、約20%〜約45%、約25%〜約45%、約30%〜約40%の範囲内、約35%、約34%、又は約34.7%の%有効開口面積(以下の孔試験による)を有してもよく、特定の範囲内及びその中又はそれによって形成された全ての範囲内において全て0.1%の増分であることを明確に列挙する。

図44Dの例示のメッシュ基材は、約0.2mm〜約4mm、約0.5mm〜約3mm、約0.5mm〜約2mm、約0.5mm〜約1.5mm、約0.8mm〜約1.3mmの範囲内、約0.9mm、約1mm、約1.1mm、約1.2mm、又は約1.018mmの有効孔面積(以下の孔試験による)を有してもよく、特定の範囲内及びその中又はそれによって形成された全ての範囲内において全て0.1mmの増分であることを明確に列挙する。図44Dの例示の基材は、約20%〜約90%、約30%〜約80%、約50%〜約80%、約50%〜約70%、約55%〜約70%の範囲内、約60%、約63.9%、又は約65%の%有効開口面積(以下の孔試験による)を有してもよく、特定の範囲内及びその中又はそれによって形成された全ての範囲内において全て0.1%の増分であることを明確に列挙する。

図44Eの例示のフィルムは、約0.1mm〜約2mm、約0.1mm〜約1.5mm、約0.3mm〜約1mm、約0.4mm〜約0.9mm、約0.4mm〜約0.75mmの範囲内、約0.5mm、約0.508mm、約0.51mm、又は約0.52mmの有効孔面積(以下の孔試験による)を有してもよく、特定の範囲内及びその中又はそれによって形成された全ての範囲内において全て0.1mmの増分であることを明確に列挙する。図44Eの例示のフィルムは、約5%〜約50%、約10%〜約35%、約10%〜約30%、約12%〜約25%の範囲内、約15%、約18%、約18.2%、又は約19%の%有効開口面積(以下の孔試験による)を有してもよく、特定の範囲内及びその中又はそれによって形成された全ての範囲内において全て0.1%の増分であることを明確に列挙する。

図44Fの例示のフィルムは、約0.1mm〜約2mm、約0.1mm〜約1.5mm、約0.3mm〜約1mm、約0.4mm〜約0.9mm、約0.4mm〜約0.75mmの範囲内、約0.4mm、約0.486mm、又は約0.5mmの有効孔面積(以下の孔試験による)を有してもよく、特定の範囲内及びその中又はそれによって形成された全ての範囲内において全て0.1mmの増分であることを明確に列挙する。図44Fの例示のフィルムは、約3%〜約35%、約3%〜約20%、約3%〜約15%、約5%〜約13%の範囲内、約6%、約11%、約8%、約8.7%、又は約9%の%有効開口面積(以下の孔試験による)を有してもよく、特定の範囲内及びその中又はそれによって形成された全ての範囲内において全て0.1%の増分であることを明確に列挙する。

吸収性物品のトップシートは、2つ以上のゾーンを有してもよく、少なくとも第1のゾーンは、横方向軸線の第1の側又は実質的に横方向に延びる分離要素の第1の側に配置され、第2のゾーンは、横方向軸線の第2の側又は実質的に横方向に延びる分離要素の第2の側に配置されている。第1のゾーンは、以下に記載する孔試験による、約0.2mm〜約15mmの範囲内の有効孔面積を有し得る孔が内部に画定されてもよく、特定した範囲内において全ての0.1mmの増分であることを明確に列挙する。第1のゾーンは、以下に記載する孔試験による、約15%〜約40%の有効開口面積を有してもよく、特定した範囲内において全ての0.1%の増分であることを明確に列挙する。第2のゾーンは、以下に記載する孔試験による、約0.1mm〜約2.0mm、約0.05mm〜約2mm、約0.5mm〜約2mmの範囲内、又は約1.0mmの有効孔面積を有し得る孔が内部に画定されてもよい。第2のゾーンは、以下に記載する孔試験による、約2%〜約15%の%有効開口面積を有してもよく、特定した範囲内において全ての0.1%の増分であることを明確に列挙する。第1のゾーン内の孔は、第1のゾーンがBM管理用に構成され、第2のゾーンが尿管理用に構成されるように、第2のゾーン内の孔よりも大きくてもよい(例えば、15〜35%大きいか、又は25%大きい)。第1のゾーン及び第2のゾーンのいずれも、1つ若しくは複数の化学的処理、及び/又は1つ若しくは複数の形態学的処理を含んでもよい。形態学的処理は、第1のゾーン及び/又は第2のゾーンの一部分、又は全部に存在してもよい。吸収性物品は、バリアレッグカフ及び腰部縁部も含み得る。

幾何学的処理の任意の孔は、チャネルのいずれかのセットが設けられた場合、液体管理システム50内のチャネル(例えば、49、49’)又は吸収性コア28内のチャネル(例えば、26、26’、27、27’)の部分及び/又は全部に重なっても又は重ならなくてもよい。

形態学的処理
様々な形態学的処理は、トップシート24、LMS50、又は他の基材の様々なゾーン内に存在してもよい。図45〜50は、様々な形態学的処理を示す。図45は、エンボス加工されたパターンを示す。図46Aは、図46Bに示すエンボス加工のパターンの説明図である。図47は、別のエンボス加工されたパターンを示す。図48は、基材が有孔である、他のエンボス加工されたパターンを示す。図49は、別のエンボス加工パターンを示す。図50は、パッカリングされた区域を含む例示の形態学的処理を示す。パッカリングされた区域は、2層トップシート内に形成されてもよい。接着剤、又はパターン化接着剤が、第1の層と第2の層との間に存在してもよい。第1の層は、エンボス加工されてパッカリングされた区域の形状を達成した後、パターン化接着剤を使用して第2の層に付着されてもよい。図51は、折り目を含む例示の形態学的処理を示す。折り目は、トップシートに付着された基材により形成されてもよい。他の形態学的処理が、図20〜32の少なくともいくつかにて、トップシート内に示されている。形態学的処理の要素は、任意の好適なサイズ、形状、寸法、周波数、構成、及び/又はパターンを有してもよい。形態学的処理は、当該技術分野において既知の任意のプロセスによって形成されてもよい。各形態学的処理の要素は、互いに対して均一に離間配置されるか、又は不均一に離間配置されてもよい。更に、各ゾーン内の形態学的処理の要素は、同じであっても又は異なってもよい。1つのゾーン、又は1つを超えるゾーン内の形態学的処理の要素は、パターン、深さ、幅、長さ、及び/若しくは周波数が異なってもよく、又は同じであってもよい。形態学的処理を有する1つのゾーンは、吸収性物品の横方向軸線、長手方向軸線、又は実質的に横方向に延びる分離要素に対して、形態学的処理を有する別のゾーンと対称的又は非対称的であってもよい。形態学的処理を有する任意のゾーンは、存在する場合、液体管理システム50内のチャネル(例えば、49、49’)、及び/又は吸収性コア28内のチャネル(例えば、26、26’、27、27’)の部分又は全部に重なっても又は重ならなくてもよい。

例示の形態学的処理を、図52及び53に示す。図53は、図52の円53からの分解図である。この形態学的処理の例では、液体管理システム50(LMS50の1つ又は複数の層、又は全層)の部分106は、液体透過性トップシート24内に又は液体透過性トップシート24を通して延びる。不連続性116が、液体管理システム50の衣類に面する表面120内に形成されてもよい。フラップ107は、部分106が液体透過性トップシート24内に、及び/又は液体透過性トップシート24を通して延びる位置において、液体透過性トップシート24内に形成されてもよい。このような構造は、突出部106によって液体管理システム50がトップシート24を通して液体を急速に逃すことができる点で、液体吸収を補助し得る。この構造はまた、尿などの液体がトップシート24上に留まる時間の程度を低減することを補助し得る。

別の例示の形態学的処理を、図54及び55に示す。図55は、図54の円55からの分解図である。この例示の形態学的処理では、液体透過性トップシート24の部分106’は、液体管理システム50の1つ若しくは複数の層、又は全層内に、又は液体管理システム50の1つ若しくは複数の層、又は全層を通して延びる。不連続性116’が、液体透過性トップシート24の着用者に面する表面120’内に形成されてもよい。フラップ107’は、部分106’が液体管理システム50内に、及び/又は液体管理システム50を通して延びる位置において、液体管理システム50内に形成されてもよい。このような構造は、突出部106’によって、LMS50の下部に配置された吸収性コアがトップシート24及びLMS50を通して液体を急速に吸収することができる点で、液体吸収を補助し得る。このような構造はまた、尿などの液体がトップシート24上に存在する時間の程度を低減し得る。この形態学的処理は、本質的に、図52及び53に示した形態学的処理の逆である。

上述した2つの形態学的処理の両方は、類似した様式で形成されてもよい。部分106又は106’は、図56に示すプロセスを用いて形成されてもよい。このプロセスは、2つのロール102及び104により形成されたニップ116を通して、(破線の参照番号24及び50に示すように)液体管理システム50の少なくとも一部分上に重ね合わされた液体透過性トップシート24を含むウェブを前進させ、又は、液体透過性トップシート24の少なくとも一部分上に重ね合わされた液体管理システム50を含むウェブを前進させることを含んでもよい。2つのロールは、それらのそれぞれの長手方向軸線A上で、ロール上の矢印で示す方向に回転する。ロール102は、外方向に延びる複数の隆起部126を含む溝ロールを含んでもよく、隆起部126はそれらの間に複数の溝108を形成している。ロール104は、径方向外側に延びる複数の歯部110と、歯部110の間に形成された複数の溝112とを含んでもよい。ロール102の隆起部126は、ロール104の溝112内に延びるように構成されてもよく、ロール104の歯部110は、ロール102の溝108内に延びて部分106又は106’を形成するように構成されてもよい。図56から理解し得るように、この配置により、液体管理システム50の部分を液体透過性トップシート24を通して若しくは液体透過性トップシート24内へと押し込んで部分106を形成するか、又は、液体透過性トップシート24の部分が液体管理システム50を通して若しくは液体管理システム50内へと押し込んで部分106’を形成する。ロール102及び104の噛み合いは、図57により詳細に示され、ここで液体透過性トップシート24及び液体管理システム50は存在しない。「P」は歯部110間のピッチであり、「E」は溝112内への隆起部126の係合の深さであり、「TH」は歯部の高さである。これらの測定値の全部は、例えば、形状及び/又はサイズが異なる部分106又は106’を達成するよう変更されてもよい。このような構造、及びそれを製造する方法に関する更なる詳細は、Hoying et al.に付与された米国特許第7,648,752号に開示されている。

ロール104上の歯部110は、形成された突出部106が、液体透過性トップシート24内への又は液体透過性トップシート24を通した液体管理システム50、又は、液体管理システム50内への又は液体管理システム50を通した液体透過性トップシート24の延長部のパターン、深さ、長さ、幅、及び/又は周波数において異なり得るように、ロール104の周囲の周りにおいて、ロール104の回転方向に変化してもよい。約50%のロール104上の歯部は、ロール104の回転方向において、第1の構成、サイズ、長さ、幅、パターン、周波数などを有してもよい一方、残りのロール上の歯部は、第2の構成、サイズ、長さ、幅、パターン、周波数などを有してもよい。他の場合では、ロール104上の2つを超えるゾーン内に、特定の構成を有する歯部が形成されてもよい。歯部の変化により、ロールが異なる部分106又は106’を有するゾーンを形成することが可能となり得、それにより、例えば、トップシート24の第1のゾーン内とトップシート24の第2のゾーン内に異なる形態学的処理を形成することが可能となり得る。

化学的処理
トップシート24及び/又は液体管理システム50の様々なゾーンの1つ又は複数は、1つ又は複数の化学的処理を含んでもよい。化学的処理は、任意の好適な色、サイズ、形状、厚さ、及び/又はパターンを有してもよい。様々なゾーンは、同じ化学的処理又は異なる化学的処理を有してもよい。1つを超える化学的処理が特定のゾーン内、又は多数のゾーン内に設けられてもよい。いくつかの化学的処理が他の化学的処理のゾーンを包囲し、若しくは少なくとも部分的に包囲してもよく、又は、他の幾何学的若しくは形態学的処理を包囲し、若しくは少なくとも部分的に包囲してもよい。他の場合では、いくつかの化学的処理が他の化学的処理に少なくとも部分的に重なり、かつ/又は、幾何学的及び/若しくは形態学的処理上に配置されるか若しくは重なってもよい。いくつかの例示の化学的処理を、図58〜65に示す。様々な他の図面も、上述したように、様々な化学的処理を示す。図58は、トップシート上の印刷又は染色されたチャネルのパターンの例示の化学的処理を示す。図59及び60は、トップシート上の印刷又は染色されたドットのパターンの例示の化学的処理を示す。図61及び62は、トップシート上の印刷又は染色された菱形のパターンの例示の化学的処理を示す。

図63は、複数のゾーンを有する吸収性物品の例を示す。ゾーンの1つ又は複数は、1つ若しくは複数の化学的処理、及び/又は1つ若しくは複数の他の処理を含んでもよい。第1のゾーン、Z1は、スキンケア組成物を含む化学的処理を含んでもよく、第2のゾーン、Z2は、着用者の皮膚に対するBMの粘着の防止を補助するように構成された固着防止ローション又は組成物を含む化学的処理を含んでもよく、第3のゾーン、Z3は、インク又は顔料を含む組成物を含む化学的処理を含んでもよい。様々な化学的処理は、様々なゾーン内でパターン(例えば、ストライプ、ドット)にあってもよい。パターンは、様々なゾーン内で、及び/又は特定のゾーン内で同じであっても又は異なってもよい。吸収性物品は、第3のゾーン、Z3のいずれかの側部に、及び/又は、第1のゾーン、Z1を包囲して、深いエンボス加工されたライン、ELも含み得る。吸収性物品は、それぞれ第4のゾーンZ4及び第5のゾーンZ5を更に含んでもよい。これらの第4のゾーンZ4及び第5のゾーンZ5は、任意の数の化学的、幾何学的、及び/若しくは形態学的処理を含んでもよく、又は、いずれの処理も含まなくてもよい。トップシートは、流れ制御材料も含み得る。流れ制御材料は、第1のゾーンZ1、第2のゾーンZ2、及び/若しくは第3のゾーンZ3の周辺部を形成し、又は、第1のゾーンZ1、第2のゾーンZ2、及び/若しくは第3のゾーンZ3の周囲に配置されてもよい。流れ制御材料は、連続又は不連続であってもよい。

図64は、少なくとも2つのゾーン、Z1及びZ2を有する例示の吸収性物品を示す。ゾーンZ1は、ゾーンZ2の両端部に存在してもよい。ゾーンZ1及びZ2は、それぞれ、幾何学的処理及び/又は形態学的処理を含んでもよい。この形態学的処理の一方又は両方は、図52〜57を参照して上記に説明したように、トップシート内に又は少なくとも部分的にトップシートを通して延びる液体管理システムの部分を含んでもよい。ゾーンZ1内の形態学的処理は、ゾーンZ2内の形態学的処理とは異なるパターン(例えば、高さ、幅、形状、周波数、長さ、間隔、色、材料など)を有してもよい。ゾーン、Z1及びZ2は、例えば、ドットに形成された第1の化学的処理、CT1も含み得る。第1の化学的処理、CT1は、着用者の皮膚に対するBMの粘着の防止を補助するように構成された固着防止ローション又は組成物を含んでもよい。ゾーンZ1は、例えば、酸化亜鉛などの活性成分、又はビタミンEなどのビタミンを含む第2の化学的処理、CT2も含み得る。ゾーンZ2は、例えば、ヘキサミジンなどの酵素阻害剤を含む第3の化学的処理、CT3を含んでもよい。第3の化学的処理、CT3はまた、BM固着防止ローションであってもよい。

図64Aは、4つのゾーンを有する例示の吸収性物品を示す。ゾーンZ1は、形態学的処理(例えば、図52及び54参照)を含んでもよい。ゾーンZ2は、孔を含む幾何学的処理を含んでもよい。ゾーンZ3は、疎水性又は親水性であり得るBM固着防止ローションを含む化学的処理を含んでもよい。ゾーンZ4は、活性成分を有するローションを含む化学的処理を含んでもよい。ゾーンZ4のローションは、疎水性又は親水性であってもよい。ゾーン4は、ゾーン1に少なくとも部分的に重なってもよい。ゾーン3は、ゾーン1及び2に少なくとも部分的に重なってもよい。吸収性物品は、横方向分離要素LSEも含み得る。

図65は、複数の処理を有する例示の吸収性物品を示す。第1の処理、T1は、深いエンボス加工の形態学的処理、及び、インク又は顔料を含む組成物を含む第1の化学的処理、CT1を含んでもよい。第2の化学的処理、CT2は、例えば、酸化亜鉛などの活性成分、又はビタミンEなどのビタミンを含んでもよい。活性成分は、例えばドットのパターンにより形成されてもよい。第3の化学的処理、CT3は、1つ又は複数の流れ制御材料を含んでもよい。流れ制御材料は、例えばストライプのパターンにより形成されてもよい。様々な処理が存在する任意の区域は、追加の処理も含み得る。

図66は、様々なゾーン内に複数の流れ制御材料を有する例示の吸収性物品を示す。ゾーンZ1は、尿用の流れ制御材料を含んでもよい。ゾーンZ2は、BM用の流れ制御材料を含んでもよい。ゾーンZ3は、尿用又はBM用のいずれかの流れ制御材料を含んでもよい。吸収性物品は、1つ又は複数の他の処理も含み得る。

図67は、複数のゾーンを有する例示の吸収性物品を示す。ゾーンZ1は、形態学的処理(例えば、図52及び54参照)を含んでもよい。ゾーンZ2は、化学的処理を含んでもよい。ゾーンZ2は、ゾーンZ1に少なくとも部分的に重なってもよい。ゾーンZ3は、形態学的処理(例えば、図52及び54参照)を含んでもよい。ゾーンZ4は、BM固着防止ローションを含んでもよい。ゾーンZ4は、ゾーンZ3に少なくとも部分的に重なってもよい。吸収性物品は、1つ又は複数の他の処理も含み得る。

図68は、複数のゾーンを有する例示の吸収性物品を示す。ゾーンZ1は、孔を含む幾何学的処理を含んでもよい。ゾーンZ2は、孔を含む幾何学的処理を含んでもよい。孔は、パターンを形成してもよい。ゾーンZ1は、スキンケア組成物を含んでもよく、ゾーンZ2は、BM固着防止ローションを含んでもよい。吸収性物品は、1つ又は複数の他の処理も含み得る。

1つ又は複数の化学的処理又は他の処理を有する任意のゾーンは、液体管理システム50内のチャネル(例えば、49、49’)、及び/又は吸収性コア28内のチャネル(例えば、26、26’、27、27’)の部分又は全部に重なっても又は重ならなくてもよい。

疎水性/親水性
上述したように、トップシートの様々なゾーンは、それらのゾーンを疎水性若しくは親水性に、又はより疎水性若しくは親水性にする化学的処理を含んでもよい。これらのゾーンに関するいくつかの追加の詳細を、以下に提供する。吸収性物品のトップシートは、親水性コーティングを含む第1の化学的処理、及び/又は、疎水性コーティングを含む第2の化学的処理を含んでもよい。他の場合では、親水性コーティング又は疎水性コーティングの一方のみが、トップシート上に設けられてもよい。更に他の場合では、第1の化学的処理は、疎水性であってもよく、第2の化学的処理は、異なる親水性を有してもよい(即ち、疎水性がより高い、疎水性がより低い、親水性がより高い、又は親水性がより低い)。親水性コーティング及び疎水性コーティングは、トップシートの任意の好適な区域又はゾーン内に配置されてもよい。トップシートは、親水性コーティングを含む第1のゾーンと、親水性コーティングを含む第2のゾーンとを含んでもよい。他の場合では、トップシート内の1つ又は複数のゾーンは、親水性コーティング又は疎水性コーティングのいずれかを含む化学的処理を含んでもよい。トップシートの第1のゾーン及び第2のゾーンは、それぞれ、吸収性物品の前側及び/若しくは背側、又は前側及び背側に配置されてもよい。他の場合では、トップシートの第1のゾーン及び第2のゾーンは、実質的に横方向に延びる分離要素、横方向軸線、又は長手方向軸線の両側に配置されてもよい。

親水性である化学的処理は、尿又は水様便が液体透過性トップシート、LMS、及び/若しくは吸収性コアを浸透することを容易にし得、又はBMが、着用者の皮膚よりも、液体透過性トップシートの方に付着することを促進し得る。疎水性処理は、スキンケア組成物を定位置に保持して身体との接触を促進し、再湿潤を低減し、皮膚乾燥を改善することができ、及び/又は、水様便が液体透過性トップシート若しくはLMSの一部分を通過した後に皮膚を再び汚すことを防止し若しくは少なくとも抑制することができる。

活性成分/酵素阻害剤/ビタミン
上述したように、本明細書に記述した任意の様々なゾーン、又は本開示のトップシートの部分は、1つ又は複数の活性成分、酵素阻害剤、及び/又はビタミンも含み得る。活性成分の例は、皮膚上の病原体の数を低減して、皮膚又は尿路の日和見感染症の予防を補助する抗菌剤として機能し得る酸化亜鉛である。酵素阻害剤の例は、皮膚バリアに対するトリプシンなどのタンパク質分解性の糞便酵素の攻撃を防止することによって、炎症及び皮膚炎を低減することを補助し得るプロテアーゼ阻害剤であるヘキサミジンである。ビタミンの例は、皮膚バリア機能を安定化することを補助し得るビタミンEである。

耐久性/移動可能性
上述したように、トップシートのゾーンのいくつかは、実質的に耐久性のある化学的処理及び/又は実質的に移動可能な化学的処理を含んでもよい。これらの処理は、以下に更に記述される。吸収性物品のトップシートは、実質的に移動可能な若しくは実質的に耐久性のある第1の化学的処理、及び/又は、実質的に耐久性のある若しくは実質的に移動可能な第2の化学的処理を含んでもよい。1つの場合では、実質的に移動可能な又は実質的に耐久性のある化学的処理の一方のみが、トップシート上に設けられてもよい。実質的に移動可能な化学的処理及び実質的に耐久性のある化学的処理は、トップシートの任意の好適な区域又はゾーン内に配置されてもよい。トップシートは、実質的に移動可能な又は実質的に耐久性のある第1の化学的処理を含む第1のゾーンと、実質的に耐久性のある又は実質的に移動可能な第2の化学的処理を含む第2のゾーンとを含んでもよい。他の場合では、トップシート内の1つ又は複数のゾーンは、実質的に移動可能である化学的処理又は実質的に耐久性のある化学的処理のいずれかを含んでもよい。いくつかの場合では、2つの実質的に耐久性のある又は実質的に移動可能な化学的処理が、トップシートの様々なゾーン内に設けられてもよい。そのような場合では、処理の一方は、もう一方の処理とは異なるパターン、厚さ、坪量で、トップシートに適用されてもよい。トップシートの第1のゾーン及び第2のゾーンは、それぞれ、吸収性物品の前側及び/若しくは背側、又は前側及び背側に配置されてもよい。他の場合では、トップシートの第1のゾーン及び第2のゾーンは、実質的に横方向に延びる分離要素、横方向軸線、又は長手方向軸線の両側に配置されてもよい。

実質的に耐久性のある化学的処理を有することのいくつかの利益は、汚物捕捉ポリマー組成物などの化学的処理がトップシート上に残留して、BMが皮膚に付着するよりもトップシート上によりしっかりと保持して、吸収性物品によるBMの皮膚からの更なる除去を促進できることである。実質的に耐久性のある化学的処理の他の例は、a)続く尿事象(即ち、第1の排尿事象後)の際に尿浸透が維持されることを補助する親水性処理、及び/又はb)尿浸透を優先的にトップシートの選択領域内に制限する流れ制御材料(以下により詳細に記載するような)を含んでもよい。

実質的に移動可能な化学的処理を有することのいくつかの利益は、スキンケア組成物などの化学的処理が、刺激物に対する皮膚バリア向上のために、又は他の皮膚健康の利益のために、着用者の皮膚に少なくとも部分的に移動することであり得る。実質的に移動可能な化学的処理の別の例は、皮膚に対するBMの付着を防止、又は少なくとも抑制するであろうBM固着防止ローションである。

流れ制御材料
上述したように、トップシートのいくつかのゾーンは、流れ制御材料を含む化学的処理を含んでもよい。それらの流れ制御材料は、以下に更に記述される。

流れ制御材料は、吸収性物品のトップシート上の、又はトップシート内への、又はトップシートを通した、身体排出物の移動及び/又は浸透を加速、又は遅延、又は制限し得る。

トップシートは、第1の流れ制御材料を含む第1の化学的処理(図21C、Z5参照)、及び/又は第2の流れ制御材料を含む第2の化学的処理(図21C、Z5参照)を含んでもよい。これらの流れ制御材料は、同じであっても又は異なってもよい。1つの場合では、一方のみの流れ制御材料がトップシート上に設けられてもよい。第1の流れ制御材料及び第2の流れ制御材料は、トップシートの任意の好適な区域、ゾーン、及び/又は部分に配置されてもよい。トップシートは、第1の流れ制御材料を含む第1のゾーン(図15Z1参照)と、第2の流れ制御材料を含む第2のゾーン(図15、Z2参照)とを含んでもよい。トップシートの第1のゾーン及び第2のゾーンは、それぞれ、吸収性物品の前側及び/若しくは背側、又は前側及び背側に配置されてもよい。他の場合では、トップシートの第1のゾーン及び第2のゾーンは、最後に部分的に、実質的に横方向に延びる分離要素(図15参照)、横方向軸線、又は長手方向軸線の両側に配置されてもよい。

第1の流れ制御材料及び第2の流れ制御材料は、同じであっても又は異なってもよい。第1の流れ制御材料は、第2の流れ制御材料と比較して異なる透過性、坪量、表面エネルギー、及び/又は厚さを有してもよい。第1の流れ制御材料及び/又は第2の流れ制御材料は、顔料、着色剤、印刷されたインク、染料、及び/又はスキンケア組成物を含んでもよい。第1の流れ制御材料及び第2の流れ制御材料の顔料、着色剤、印刷されたインク、染料、及び/又はスキンケア組成物は、同じであっても又は異なってもよい。

第1の流れ制御材料及び第2の流れ制御材料は、異なるゾーン内に異なるパターン(例えば図21A、Z2及びZ4参照)、例えば第1のゾーン内の第1のパターンと、第2のゾーン内の第2のパターンとを有してもよく、又は、異なるゾーン内に同じパターンを有してもよい。

流れ制御材料は、吸収性物品の特定の領域内での液体身体排出物の浸透を少なくとも部分的に、又は完全に、制限し又は遅延させてもよく、排出物が優先的に貯蔵され得る領域にその排出物を案内する(即ち、嵩高さを低減し、フィット性を改善し、及び/又は皮膚に対する再湿潤を改善(低減)するために)。例えば、着用者からの尿が、製品を汚染しかつ長手方向のいずれか又は両方に指向されることが予想される領域内に流れ制御材料が位置する場合、この流れ制御材料は、股部領域内の湿潤時のかさばりを低減し得る。このような機構はまた、外観、及び/又は、動きの快適さ/自由さの利益を吸収性物品に提供し得る。代替的に、流れ制御材料は、身体排出物(即ち、トップシートを通して移動した)がトップシートの特定の領域を通して戻る再湿潤を防止し又は少なくとも抑制して、さもなければ汚されない皮膚を汚すことを回避し得る。

他の場合では、流れ制御材料は、トップシートを横切る、又はトップシート内への若しくはトップシートを通した身体排出物の流れを加速して、吸収性物品がより効果的に身体排出物を吸収することを可能にし得る。

流れ制御材料の例として、吸収性物品は、液体透過性トップシートと、液体不透過性バックシートと、液体透過性トップシートと液体不透過性バックシートとの間に少なくとも部分的に配置された吸収性コアとを含んでもよい。液体透過性トップシートは、吸収性コアの少なくとも一部分上に、少なくとも大部分を又は完全に取り囲む周辺部を形成し得る流れ制御材料を含んでもよい(例えば、図20、Z2〜Z4、図21A、Z5、図21B、Z3、図21C、Z4、図24、Z1、Z3、及びZ4、図29、Z3、並びに図39〜42参照)。用語「少なくとも大部分を取り囲む周辺部」は、少なくとも60%を取り囲む周辺部を意味する(即ち、完全に取り囲む形状の60%が形成されている)。少なくとも大部分を取り囲む周辺部、又は完全に取り囲む周辺部は、連続(図20、Z3及びZ4、図21A、Z5、図21B、Z3、図21C、Z4参照)又は不連続(図39〜42参照)であってもよい。不連続の流れ制御材料は、ストライプ、ドット、破線などの、要素のパターンで設けられてもよい。流れ制御材料は、液体透過性トップシートから0.2mm未満、又は0.2mmを超えて外方向に延びてもよく(本明細書の流れ制御材料外方向延長部の方法に従って測定)、液体透過性トップシートの一部分内に又は一部分を貫いて入り込んでもよい。流れ制御材料は、液体管理システムにも適用され得る。

トップシートは、1つ又は複数の幾何学的処理、形態学的処理、及び/又は化学的処理(流れ制御材料以外の化学的処理)も含み得る。図20を参照すると、幾何学的処理Z2は、第1の流れ制御材料Z4により形成された少なくとも大部分を取り囲む周辺部P1又は完全に取り囲む周辺部内に完全に配置され、又は、周辺部内に、若しくは周辺部上に、若しくは周辺部の外部に、若しくは少なくとも部分的に周辺部の外部に、少なくとも部分的に配置されてもよい。トップシート24は、トップシート24内に、第2の少なくとも大部分を又は完全に取り囲む周辺部P2を形成する第2の流れ制御500材料も含み得る。第2の周辺部P2は、少なくとも部分的に、又は完全に、少なくとも大部分を取り囲む周辺部P1内に配置されてもよい。第2の幾何学的処理、第2の形態学的処理、又は第2の化学的処理Z1は、少なくとも部分的に、又は完全に、少なくとも大部分を取り囲む第2の周辺部P2内に配置されてもよい。トップシートは、1つ又は複数の追加の化学的処理も含み得る。この化学的処理は、周辺部P1又は第2の周辺部P2の上に、又は内部に、又は外部に配置されてもよい。

流れ制御材料は、液体透過性トップシートの厚さの少なくとも5%、少なくとも10%、少なくとも15%、少なくとも20%、少なくとも25%、少なくとも50%、又はそれ以上を貫いて入り込んでもよい。流れ制御材料はまた、吸収性物品の液体管理システム上に、かつ/又は液体管理システムを少なくとも部分的に貫いて入り込んでもよい。いくつかの場合では、流れ制御材料は、トップシート若しくは液体管理システム、及び/又は吸収性コアの表面上のみに存在してもよい。他の場合では、流れ制御材料は、トップシート及び/又は液体管理システムを完全に貫いて入り込んでもよい。更に他の場合では、流れ制御材料は、1%〜75%、5%〜50%、5%〜50%及び5%〜25%の範囲内においてトップシート又は液体管理システムに入り込んでもよく、特定の範囲内及びその中又はそれによって形成された範囲内においてすべて0.1%の増分であることを明確に列挙する。流れ制御材料は、噴霧、溶解及び圧延などの、当業者が既知の任意の好適な方法によりトップシート又は液体管理システムに適用されてもよい。

流れ制御材料は、本明細書の貫通深さ試験方法に従って測定して、トップシートの着用者に面する表面の下方に少なくとも約50マイクロメートル、少なくとも約75マイクロメートル、少なくとも約100マイクロメートル、少なくとも約150マイクロメートル、少なくとも約200マイクロメートル、少なくとも約250マイクロメートル、少なくとも約300マイクロメートル、又は少なくとも約350マイクロメートルの深さで貫いて入り込んでもよい。流れ制御材料はまた、本明細書の貫通深さ試験方法に従って測定して、トップシートの着用者に面する表面の下方に約25マイクロメートル〜約500マイクロメートル、約50マイクロメートル〜約500マイクロメートル、約100マイクロメートル〜約400マイクロメートル、約100マイクロメートル〜約300マイクロメートル、約150マイクロメートル〜約300マイクロメートル、又は約100マイクロメートル〜約250マイクロメートルの範囲内の深さで貫いて入り込んでもよく、上記に特定した範囲内及びその中又はそれによって形成された全ての範囲内において全て0.5マイクロメートルの増分であることを明確に列挙する。

別の例として、吸収性物品は、液体透過性トップシートと、液体不透過性バックシートと、横方向軸線の第1の側の吸収性物品の前側領域及び横方向軸線の第2の側の吸収性物品の背側領域を画定する横方向軸線と、液体透過性トップシートと液体不透過性バックシートとの間に少なくとも部分的に配置された吸収性コアとを含んでもよい。概して図15を参照すると、液体透過性トップシート24は、主に(例えば、少なくとも60%、又は少なくとも75%)前側領域内に配置され、かつ第1の流れ制御材料を含む第1のゾーンZ1と、主に(例えば、少なくとも60%、又は少なくとも75%)背側領域内に配置され、かつ第2の流れ制御材料を含む第2のゾーンZ2とを含んでもよい。第1の流れ制御材料は、第2の流れ制御材料とは異なっても又は同じであってもよい。第1の流れ制御材料及び第2の流れ制御材料は、同じ又は異なる坪量及び/又は厚さで適用されてもよい。第1の流れ制御材料及び第2の流れ制御材料の少なくとも一部分は、吸収性物品の長手方向軸線80上に、又は長手方向軸線80に隣接して配設されてもよい。第1の流れ制御材料は、第2の流れ制御材料とは異なる(又は同じ)パターン、形状、及び/又は適用区域を含んでもよい。第1のゾーンZ1は、第1の幾何学的処理も含み得、第2のゾーンZ2は、第2の幾何学的処理も含み得る。第1の流れ制御材料は、第1の幾何学的処理に関連してもよく(例えば、第1の幾何学的処理上に、下に、中に、上部に配置され、第1の幾何学的処理と共に働き)、第2の流れ制御材料は、第2の幾何学的処理に関連してもよい。

流れ制御材料(1つ又は複数)はまた、a)使用時、身体からの「高圧」(例えば、坐骨又は臀部(buttocks cheeks)下)に付されるであろう、吸収性物品のトップシート若しくは液体管理システムの区域に、b)吸収性コアの周辺部に、若しくはその周辺部に隣接して、c)身体排出物が吸収性物品を汚染することが予測される位置に、若しくはその位置に隣接して(即ち、身体排出物を吸収性物品の前部又は背部のいずれか(又は他の部分)に案内するために)、d)様々なゾーンの周辺部に、若しくはその周辺部に隣接して、e)横方向軸線の周囲に、若しくはその軸線に近接して、又は、f)横方向に延びる分離要素の周囲に、若しくはその分離要素に近接して、若しくはその分離要素上に、配置されてもよい。

吸収性物品は、液体透過性トップシートと吸収性コアとの間に少なくとも部分的に配置された液体管理システムを含んでもよい。液体管理システムは第3の流れ制御材料が適用されていてもよく、この第3の流れ制御材料は、吸収性コアの一部分上に少なくとも大部分を又は完全に取り囲む周辺部を形成するように配置されている。

別の例として、吸収性物品は、液体透過性トップシートと、液体不透過性バックシートと、液体管理システムと、液体透過性トップシートと液体不透過性バックシートとの間に少なくとも部分的に配置された吸収性コアとを含んでもよい。液体管理システムは、液体透過性トップシートと吸収性コアとの間に少なくとも部分的に配置されてもよい。図21を参照すると、液体透過性トップシート24又は液体管理システムは、尿汚染ゾーン504及び/又は糞便汚染ゾーン506内に配置され又はそのゾーンを包囲する、又は少なくとも部分的に包囲する流れ制御材料502を含んでもよい。他の場合では、液体透過性トップシート又は液体管理システムは、尿汚染ゾーン504内に配置され又はそのゾーンを包囲する、又は少なくとも部分的に包囲する第1の流れ制御材料502を含んでもよく、また糞便汚染ゾーン506内に配置され又はそのゾーンを包囲する、又は少なくとも部分的に包囲する第2の流れ制御材料502’を含んでもよい。

任意の様々なゾーン、又は1つ若しくは複数のその部分は、本明細書に記述した様々な処理に加えて又はその代わりに、1つ又は複数の色、同じ色の陰影、異なる色、及び/又は異なるΔE値を有してもよい。例えば、第1のゾーン、又は1つ若しくは複数のその部分は、第1の色を含んでもよく、第2のゾーン(又は第3のゾーン又は第4のゾーンなど)、又は1つ若しくは複数のその部分は、第2の色を含んでもよい。第1の色と第2の色は、同じであっても又は異なってもよい。特定の場合では、吸収性物品の前側領域内のゾーンの全部又はいくつか、又はその1つ若しくは複数の部分は、吸収性物品の背側領域内のゾーンの全部又はいくつか、又はその部分と同じ又は異なる色を有してもよい。いくつかの場合では、様々な処理は、同じ又は異なる色を有してもよい。色は、様々なゾーン内の任意の材料、処理(例えば、化学的処理)、及び/若しくは層(例えば、捕捉層)により、又はこれらの上に設けられてもよい。

パッケージ
本開示の吸収性物品は、パッケージ内に配置されてもよい。パッケージは、高分子フィルム及び/又は他の材料を含んでもよい。吸収性物品の特性に関連した図形及び/又はしるしが、パッケージの外側部分上に形成され、印刷され、位置付けられ、及び/又は配置されてもよい。各パッケージは、複数の吸収性物品を含んでもよい。吸収性物品は圧縮下で詰められて、パッケージのサイズを低減する一方で、尚、パッケージ当たり十分な量の吸収性物品を提供してもよい。吸収性物品を圧縮下で包装することにより、ケア提供者はパッケージを容易に取り扱い及び保管できると共に、そのパッケージのサイズのために、製造業者に流通時の節約を提供することもできる。

したがって、本開示の吸収性物品のパッケージは、本明細書に記載したバッグ内スタック高さ試験による、約100mm未満、約95mm未満、約90mm未満、約85mm未満、約85mm未満であるが約75mm超、約80mm未満、約78mm未満、約76mm未満、又は約74mm未満のバッグ内スタック高さを有してもよく、特定した範囲内及びその中又はそれによって形成された全ての範囲内において全て0.1mmの増分であることを明確に列挙する。代替的に、本開示の吸収性物品のパッケージは、本明細書に記載したバッグ内スタック高さ試験による、約70mm〜約100mm、約70mm〜約95mm、約72mm〜約85mm、約72mm〜約80mm、又は約74mm〜約78mmのバッグ内スタック高さを有してもよく、特定した範囲及びその中又はそれによって形成された全ての範囲内において全ての0.1mmの増分であることを明確に列挙する。

図69は、複数の吸収性物品1004を含む例示のパッケージ1000を示す。パッケージ1000は、複数の吸収性物品1004が中に位置する内部空間1002を画定する。この複数の吸収性物品1004は、1つ又は複数のスタック1006にて配置されている。

試験方法
試験前に2時間掛けて約23℃±2℃及び約50%±2%の相対湿度で、全試料を調整する。

孔試験
孔寸法、有効孔面積、及び%有効開口面積の測定を、反射モードにおいて64000dpiの解像度及び8ビットグレースケールで走査可能なフラットベッドスキャナを使用して、生成された画像上で実施する(好適なスキャナは、Epson Perfection V750 Pro(Epson、USA)である)。分析は、ImageJ software(National Institutes of Health(USA)のv.s.1.46)を使用して実施し、NISTによって認定された定規に対して較正される。試料を取り付けるために鋼製フレーム(100mm平方、1.5mm厚、60mm平方開口部付き)を使用し、黒のガラスタイル(HunterLab(Reston、VA)から販売されるP/N 11−0050−30)を走査画像の背景として使用する。

鋼製フレームを取って、内部開口部を包囲する底面上に両面接着テープを貼る。試料を取得するために、着用者に面する表面を上向きにして吸収性物品を実験台上に平らに置く。テープの剥離紙を取り去り、吸収性物品のトップシートに鋼製フレームを付着させる。かみそりの刃を用いて、フレームの周辺部の周りの吸収性物品の下層からトップシートを切り取る。長手方向及び横方向の拡張部が維持されるように試料を丁寧に取り去る。低温スプレー(Cyto−Freeze、Control Company(Houston TX))など)を使用して、必要であれば、トップシート試料を下層から取り出すことができる。5つの実質的に同様の吸収性物品から取得された5つの複製試験片を、分析に備えて準備する。

定規をスキャナベッド上に置き、蓋を閉じて、6400dpiの解像度及び8ビットグレースケールにて反射率モードで定規の50mm×50mmの較正画像を取得する。画像を圧縮前のTIFF書式ファイルとして保存する。蓋を持ち上げて、定規を取り除く。較正画像を取得した後、全ての試料を同じ条件下で走査して、同じ較正ファイルに基づいて測定する。次に、試料の着用者に面する表面をスキャナのガラス面に対向した状態でフ、レーム付きの試料をスキャナベッドのセンター上に置く。黒のガラスタイルを、試料を覆うフレーム上に置き、蓋を閉じて、走査画像を取得する。同様に、残りの4つの複製試験片を走査する。

ImageJ内の較正ファイルを開き、画像化した定規を使用して、較正がその後の試料に適用されるようにスケールをGlobalに設定したまま、線形較正を行う。ImageJ内の試料画像を開く。ヒストグラムを見て、穴の暗画素ピークと不織布のより明るい画像ピークとの間に位置する最小母集団のグレーレベル値を特定する。画像の閾値を最小グレーレベル値に設定して2値画像を生成する。処理した画像では、孔は黒く、不織布は白く見える。

分析粒子機能を選択する。最小孔面積排除限界を0.3mmに、かつ、分析のために、縁部孔を除外するように設定する。有効孔面積、周辺部、feret(孔の長さ)及び最小feret(孔の幅)を計算するように、ソフトウェアを設定する。平均有効孔面積を0.01mmの単位で、平均周辺部を0.01mmの単位で記録する。再度分析粒子機能を選択するが、今回は、有効孔面積を計算するため、縁部の穴を含む分析を設定する。有効孔面積(全部及び部分の孔を含む)を合計して、画像内に含まれた総面積(2500mm)で割る。%有効開口面積を0.01%の単位で記録する。

同様に、残りの4つの試料画像を分析する。5つの複製試験片について、平均有効孔面積を、0.01mmの単位で、平均孔周辺部、feret及び最小feretを0.01mmの単位で、%有効開口面積を0.01%の単位で計算及び報告する。

流れ制御材料外方向延長部の方法/流れ制御材料貫通深さの方法
実験の設定
別段の指示がない限り、本明細書に示された値は、本明細書で以下に示される方法に従って測定されたものである。別段の指示がない限り、全ての測定は、21℃±2℃及び50%±20% RHで実施される。別段の指定がない限り、この試験を実施する前に、全ての試料は少なくとも24時間、これらの状態に保たれて平衡化されるべきである。別段の指定がない限り、全ての測定は、少なくとも4つの試料で再現されているはずであり、得られた平均値が示される。

装置
・かみそり刃:VWR Single Edge Industrial、厚さ0.02cm(0.009”)の外科用炭素鋼又は等価物。
・SEM(Hitachi S3500N又は等価物)

手順
1.5cm〜3cmの長さ及び1.3cmの幅を有する区域を、液体透過性トップシートが流れ制御材料を含む区域内において、吸収性物品から切り取る。流れ制御材料を含むこのサブサンプルを、新しいかみそり刃(VWR Single Edge Industrial、厚さ0.02cm(0.009”)の外科用炭素鋼又は等価物)を使用して、長さに沿って切る。トップシートが突出要素又は反転要素を含む場合、断面は、流れ制御材料を含む区域内において、これらの機構の中央を横切って作製される必要がある。SEMステージが後側に90°傾斜した際に断面が現れるように、切片のトップシートの着用者に面する表面を上向きにし、かつ切られた縁部がマウント縁部に配置されるように、両面導電性テープを使用して、切られたサブサンプルをSEMマウントに接着する。取り付けたサンプルにAuスパッタ被覆し、SEM(Hitachi S3500N又は等価物)内で視認する。OsO4又はI蒸気染色を用いて、いくつかの流れ制御材料の可視化を補助することが有利であり得る。これらを使用する場合、サンプルの導電性を増大させるAuスパッタ被覆は必要としない可能性がある。

以下の測定は、断面画像から、PCI v4.2画像解析ソフトウェア(又は等価物)の手動ラインツールを用いて行う必要がある。
(1)流れ制御材料外方向延長部の方法は、断面画像内で、流れ制御材料が観察される最低地点(z方向に着用者から離れる)と、流れ制御材料が適用されていない、トップシートの着用者に面する表面上の最近地点との間のz方向距離を測定することにより決定される。トップシートシステムが平面状の場合、3つの区域を測定し、ライン長さを平均する必要がある。トップシートが突出部及び/又は反転部を含む場合、突出部(存在する場合)に関して3つの区域、反転部(存在する場合)に関して3つの区域、及びこれらの機構の間のランド区域(存在する場合)からの3つの区域を測定する必要がある。突出部にて測定したライン長さを平均し、反転部にて測定したライン長さを平均し、ランド区域にて測定したライン長さを平均する。これらの平均測定値のより大きい値を流れ制御材料貫通深さとして指定し、マイクロメートルで0.1マイクロメートルの単位で報告する。
(2)流れ制御材料貫通深さの方法は、断面画像内で、流れ制御材料が観察される最低地点(着用者からz方向に離れる)と、流れ制御材料が適用されていない、トップシートの着用者に面する表面上の最近地点との間のz方向距離を測定することにより決定される。トップシートシステムが平面状の場合、3つの区域を測定し、ライン長さを平均する必要がある。トップシートが突出部及び/又は反転部を含む場合、突出部(存在する場合)に関して3つの区域、反転部(存在する場合)に関して3つの区域、及びこれらの機構の間のランド区域(存在する場合)からの3つの区域を測定する必要がある。突出部にて測定したライン長さを平均し、反転部にて測定したライン長さを平均し、ランド区域にて測定したライン長さを平均する。これらの平均測定値のより大きい値を流れ制御材料貫通深さとして指定し、マイクロメートルで0.1マイクロメートルの単位で報告する。

バッグ内スタック高さ試験
吸収性物品のパッケージのバッグ内スタック高さは、以下のように決定される。

装置
平らな硬質な水平摺動プレートを有する厚さ試験機を使用する。厚さ試験機は、水平摺動プレートが平らで硬質な水平基部プレートのすぐ上方で水平配向に維持された状態で垂直方向に自由に移動するように構成されている。厚さ試験機は、水平摺動プレートと水平基部プレートとの間の間隙を±0.5mm以内まで測定するための好適なデバイスを含む。水平摺動プレート及び水平基部プレートは、各プレートに接触する吸収性物品パッケージの表面よりも大きく、即ち、各プレートは、全方向において吸収性物品パッケージの接触表面を越えて延びる。水平摺動プレートは8.34N(850±1グラム重量)の下方向の力を吸収性物品パッケージに付与し、これは摺動プレートと、加えられたおもりとの全質量が8.34N(850±1グラム)であるように、水平摺動プレートのパッケージに接触しない上面の中央に好適なおもりを配置することにより達成され得る。

試験手順
吸収性物品パッケージを、測定前に、23±2℃及び50±5%の相対湿度で平衡化させる。

水平摺動プレートを上昇させ、パッケージ内の吸収性物品が水平配向にあるように(図69参照)、収性物品パッケージを水平摺動プレート下にて中央に配置する。プレートのいずれかに接触するであろうパッケージの表面上の任意の取っ手又は他の包装機構を、パッケージの表面に対して平坦に折り畳んで、測定に対する影響を最小限にする。水平摺動プレートを、そのプレートがパッケージの上面に接触するまでゆっくりと降下させ、次いで解放する。水平摺動プレートの解放後、水平プレート間の間隙を10秒間、±0.5mm以内まで測定する。5つの同一のパッケージ(同じサイズのパッケージ及び同じ吸収性物品の数)を測定し、相加平均をパッケージ幅として報告する。「バッグ内スタック高さ」=(パッケージ幅/スタック当たりの吸収性物品の数)×10を計算し、±0.5mm以内まで報告する。

本明細書で開示する寸法及び値は、列挙された正確な数値に厳密に限られるとして理解されるべきではない。むしろ、特に断らないかぎり、そのような各寸法は、記載された値及びその値の周辺の機能的に同等の範囲の両方を意味するものとする。例えば、「40mm」として開示される寸法は、「約40mm」を意味することを意図する。

あらゆる相互参照又は関連特許若しくは特許出願を含む、本明細書に引用される文献は全て、明白に除外され又は別様に限定される場合を除いて、本明細書中にその全容を援用するものである。いかなる文献の引用も、それが本明細書で開示若しくは請求される任意の実施形態に関する先行技術であること、又はそれが単独で若しくは任意の他の参照(単数又は複数)との任意の組み合わせで任意のこのような実施形態を教示、提案、若しくは開示することを認めるものではない。更に、本文書における用語のいずれかの意味又は定義が、援用文献における同一の用語のいずれかの意味又は定義と矛盾する場合には、本文書においてその用語に与えられた意味又は定義が優先するものとする。

本開示の特定の実施形態が図示及び説明されたが、本開示の趣旨及び範囲から逸脱することなく様々な他の変更及び修正を行い得ることは、当業者には理解されるであろう。したがって、本開示の範囲内に属する全てのこのような変更及び修正を、添付された特許請求の範囲に網羅するものとする。

Claims (16)

  1. 吸収性物品であって、
    液体透過性トップシートと、
    液体不透過性バックシートと、
    前記液体透過性トップシートと前記液体不透過性バックシートとの間に少なくとも部分的に配置された吸収性コアと、を含み、
    前記液体透過性トップシートが流れ制御材料を含み、前記流れ制御材料が、前記吸収性コアの少なくとも一部分上に、少なくとも大部分を取り囲む周辺部を形成し、前記流れ制御材料が、本明細書の流れ制御材料外方向延長部の方法に従って測定して、前記液体透過性トップシートから0.2mm未満、外方向に延び、かつ前記液体透過性トップシートの一部分を貫通する、吸収性物品。
  2. 前記少なくとも大部分を取り囲む周辺部を形成する前記流れ制御材料が連続している、請求項1に記載の吸収性物品。
  3. 前記少なくとも大部分を取り囲む周辺部を形成する前記流れ制御材料が不連続である、請求項1に記載の吸収性物品。
  4. 前記流れ制御材料が顔料を含む、請求項1〜3のいずれか一項に記載の吸収性物品。
  5. 前記液体透過性トップシートが幾何学的処理を含む、請求項1〜4のいずれか一項に記載の吸収性物品。
  6. 前記幾何学的処理が、前記少なくとも大部分を取り囲む周辺部内に完全に配置されている、請求項5に記載の吸収性物品。
  7. 前記幾何学的処理が、前記少なくとも大部分を取り囲む周辺部上に少なくとも部分的に配置されている、請求項5に記載の吸収性物品。
  8. 前記幾何学的処理が、前記少なくとも大部分を取り囲む周辺部の外部に少なくとも部分的に配置されている、請求項5に記載の吸収性物品。
  9. 前記周辺部が、前記流れ制御材料によって完全に取り囲まれている、請求項1〜8のいずれか一項に記載の吸収性物品。
  10. 前記吸収性コアの少なくとも一部分上に第2の少なくとも大部分を取り囲む周辺部を形成する第2の流れ制御材料を含む、請求項1〜9のいずれか一項に記載の吸収性物品。
  11. 前記第2の少なくとも大部分を取り囲む周辺部が、前記少なくとも大部分を取り囲む周辺部内に配置されている、請求項10に記載の吸収性物品。
  12. 前記第2の少なくとも大部分を取り囲む周辺部内に配置された幾何学的処理を含む、請求項10に記載の吸収性物品。
  13. 前記少なくとも大部分を取り囲む周辺部内の第2の少なくとも大部分を取り囲む周辺部と、
    前記少なくとも大部分を取り囲む周辺部と前記第2の少なくとも大部分を取り囲む周辺部との間に配置された第1の幾何学的処理と、
    前記第2の少なくとも大部分を取り囲む周辺部内に配置された第2の幾何学的処理と、を含む、請求項1〜12のいずれか一項に記載の吸収性物品。
  14. 前記液体透過性トップシートが化学的処理を含み、前記化学的処理が、前記少なくとも大部分を取り囲む周辺部内に配置されている、請求項1〜13のいずれか一項に記載の吸収性物品。
  15. 前記流れ制御材料が、本明細書の貫通深さ試験方法に従って測定して、前記トップシートの着用者に面する表面の下方に少なくとも100マイクロメートルの深さに入り込む、請求項1〜14のいずれか一項に記載の吸収性物品。
  16. 請求項1〜15のいずれか一項に記載の複数の吸収性物品を含むパッケージであって、本明細書のバッグ内スタック高さ試験による、約80mm未満のバッグ内スタック高さを有する、パッケージ。
JP2016561012A 2014-04-08 2015-03-13 流れ制御材料を有する基材を備えた吸収性物品 Pending JP2017510373A (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US201461976674 true 2014-04-08 2014-04-08
US61/976,674 2014-04-08
PCT/US2015/020500 WO2015156955A1 (en) 2014-04-08 2015-03-13 Absorbent articles having substrates having flow control materials

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2017510373A true true JP2017510373A (ja) 2017-04-13

Family

ID=52808136

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2016561012A Pending JP2017510373A (ja) 2014-04-08 2015-03-13 流れ制御材料を有する基材を備えた吸収性物品

Country Status (5)

Country Link
US (1) US20150282997A1 (ja)
EP (1) EP3128976B1 (ja)
JP (1) JP2017510373A (ja)
CN (1) CN106132372A (ja)
WO (1) WO2015156955A1 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6031428B2 (ja) * 2013-11-05 2016-11-24 大王製紙株式会社 吸収性物品
US20170246044A1 (en) * 2016-02-25 2017-08-31 The Procter & Gamble Company Absorbent pads

Citations (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3799167A (en) * 1971-12-30 1974-03-26 Cellu Prod Co Disposable absorbent pad
JPH10502006A (ja) * 1994-06-30 1998-02-24 ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー 表面エネルギ勾配を備えた流体移送ウェブ
JPH10295726A (ja) * 1997-04-24 1998-11-10 Matsushita Electric Ind Co Ltd 使い捨てオムツ
JP2001204761A (ja) * 2000-01-25 2001-07-31 Uni Charm Corp 皮膚保護成分を含んだ吸収性物品
JP2003510132A (ja) * 1999-09-28 2003-03-18 ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー 移動可能な通気性スキンケア組成物を有する物品
JP2003524470A (ja) * 1999-05-19 2003-08-19 ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー スキンケア組成物を有する吸収性物品
JP2005511246A (ja) * 2001-12-18 2005-04-28 キンバリー クラーク ワールドワイド インコーポレイテッド 皮膚健康添加剤の個別の領域をもつ女性用ケア製品
JP2005528971A (ja) * 2002-06-12 2005-09-29 エスシーエー・ハイジーン・プロダクツ・アーベー スキンケア組成物を含有する吸収物品
JP2008522772A (ja) * 2004-12-17 2008-07-03 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー 吸収性物品のトップシート上に対するローションの不連続的適用
JP2008529721A (ja) * 2005-02-17 2008-08-07 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー 使用中に複合三次元形状をとることが可能な生理用ナプキン
JP3172505U (ja) * 2005-10-26 2011-12-22 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー 特定の領域の疎水性を増大させるインクを備えた衛生物品
JP2013505796A (ja) * 2009-09-29 2013-02-21 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー パッケージ効率が改善された吸収性製品

Family Cites Families (58)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2005298A (en) * 1935-02-08 1935-06-18 Robert J O'brien Sanitary napkin
US3559649A (en) * 1967-12-20 1971-02-02 Procter & Gamble Sanitary napkin
US3595235A (en) * 1969-05-16 1971-07-27 Georgia Pacific Corp Multilayer absorbent pad
US3693622A (en) * 1970-08-14 1972-09-26 Jones Sr John L Waste fluid flow control element
US3860003B2 (en) 1973-11-21 1990-06-19 Contractable side portions for disposable diaper
US4015604A (en) * 1976-03-25 1977-04-05 Personal Products Company Absorbent product with side leakage control means
US4200103A (en) * 1978-04-28 1980-04-29 Personal Products Company Increasing absorbent capacity of sanitary napkin by sealing cover material to repellent barrier
US4321924A (en) * 1980-05-12 1982-03-30 The Procter & Gamble Company Bordered disposable absorbent article
US4397645A (en) * 1981-02-24 1983-08-09 The Procter & Gamble Company Disposable absorbent article having an improved liquid containment construction
US4692161A (en) * 1985-04-03 1987-09-08 National Starch And Chemical Corporation Hot melt adhesive waste barrier
US4695278A (en) * 1985-10-11 1987-09-22 The Procter & Gamble Company Absorbent article having dual cuffs
DE3613042A1 (de) * 1986-04-17 1987-10-22 Hartmann Paul Ag Saugfaehiger wegwerfartikel
CA1290501C (en) * 1986-10-10 1991-10-15 Jerry Layne Dragoo Absorbent article having leakage resistant dual cuffs
FR2618645B1 (fr) * 1987-07-30 1991-10-25 Boussac Saint Freres Bsf Couche-culotte a jeter a elastiques d'entre-jambe et enduction laterale d'etancheite
US4973325A (en) * 1987-11-20 1990-11-27 Kimberly-Clark Corporation Absorbent article having a fluid transfer member
US4988344A (en) * 1988-05-24 1991-01-29 The Procter & Gamble Company Absorbent articles with multiple layer absorbent layers
US5342337A (en) * 1989-05-16 1994-08-30 Molnlycke Ab Disposable absorbent article which comprises a hose-like absorption body
GB8923575D0 (en) * 1989-10-19 1989-12-06 Shipley Arthur R Sanitary articles
US5167654A (en) * 1990-01-12 1992-12-01 Chicopee Disposable urine and fecal waste containment product
US5221274A (en) 1991-06-13 1993-06-22 The Procter & Gamble Company Absorbent article with dynamic elastic waist feature having a predisposed resilient flexural hinge
DE69210257T2 (de) * 1991-11-11 1996-11-21 Procter & Gamble Absorbierender artikel mit schnellverteilender und komfortabler oberschicht
DE69312918T2 (de) * 1992-04-02 1997-12-18 Procter & Gamble Absorptionsfaehiges hygieneprodukt mit einer nichtgewebten decklage mit fluessigkeitsundurchlaessigen zonen
JP3061485B2 (ja) * 1992-09-07 2000-07-10 ユニ・チャーム株式会社 体液吸収性物品の表面シート
JP3061507B2 (ja) * 1993-03-24 2000-07-10 ユニ・チャーム株式会社 体液吸収性物品の表面シート、その製造方法、およびその製造装置
US5762642A (en) * 1993-05-24 1998-06-09 The Procter & Gamble Company Absorbent article, particularly sanitary napkin
US5352217A (en) * 1993-09-14 1994-10-04 The Proctor & Gamble Company Absorbent article having multiple topsheets
WO1995010996A1 (en) 1993-10-21 1995-04-27 The Procter & Gamble Company Catamenial absorbent structures
US5433715A (en) 1993-10-29 1995-07-18 Kimberly-Clark Corporation Absorbent article which includes superabsorbent material located in discrete pockets having water-sensitive and water-insensitive containment structures
WO1995013775A1 (en) 1993-11-19 1995-05-26 The Procter & Gamble Company Absorbent article with multi-directional extensible side panels
US5554145A (en) 1994-02-28 1996-09-10 The Procter & Gamble Company Absorbent article with multiple zone structural elastic-like film web extensible waist feature
US5599335A (en) 1994-03-29 1997-02-04 The Procter & Gamble Company Absorbent members for body fluids having good wet integrity and relatively high concentrations of hydrogel-forming absorbent polymer
CA2129210A1 (en) 1994-03-31 1995-10-01 Debra Jean Mcdowall Liquid distribution layer for absorbent articles
US5580411A (en) 1995-02-10 1996-12-03 The Procter & Gamble Company Zero scrap method for manufacturing side panels for absorbent articles
US5569234A (en) 1995-04-03 1996-10-29 The Procter & Gamble Company Disposable pull-on pant
US5807367A (en) * 1996-11-27 1998-09-15 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent article having lateral barriers
JP3587677B2 (ja) * 1998-03-26 2004-11-10 ユニ・チャーム株式会社 体液吸収性物品の透液性表面シート
US6217890B1 (en) * 1998-08-25 2001-04-17 Susan Carol Paul Absorbent article which maintains or improves skin health
US6673982B1 (en) * 1998-10-02 2004-01-06 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent article with center fill performance
US6534149B1 (en) 1999-04-03 2003-03-18 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Intake/distribution material for personal care products
US6465711B1 (en) * 2000-05-12 2002-10-15 Johnson & Johnson Inc. Absorbent article having an improved cover layer
CN1476337A (zh) 2000-12-07 2004-02-18 韦尔豪泽公司 具有改善的向存储层液体输送的分布层
US6548732B2 (en) * 2001-03-23 2003-04-15 Paragon Trade Brands, Inc. Absorbent article having hydrophobic leak protection zones
US20030158532A1 (en) * 2002-02-20 2003-08-21 Magee Luke R. Disposable absorbent article designed to facilitate an easy intuitive change
US7910195B2 (en) * 2003-12-16 2011-03-22 The Procter & Gamble Company Absorbent article with lotion-containing topsheet
US7648752B2 (en) 2002-12-20 2010-01-19 The Procter & Gamble Company Inverse textured web
US7388123B2 (en) * 2002-12-30 2008-06-17 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Feminine care absorbent articles having guides for improved fluid handling
US7943813B2 (en) * 2002-12-30 2011-05-17 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent products with enhanced rewet, intake, and stain masking performance
EP1808152B1 (en) * 2003-02-12 2012-08-29 The Procter and Gamble Company Absorbent Core for an Absorbent Article
JP3923490B2 (ja) * 2004-08-19 2007-05-30 株式会社日本吸収体技術研究所 吸収体物品
EP1993498A1 (en) * 2006-03-14 2008-11-26 The Procter and Gamble Company Absorbent articles with lotions
EP2826450A3 (en) * 2006-04-07 2015-05-20 The Procter and Gamble Company Absorbent article having nonwoven lateral zones
US20080287896A1 (en) * 2007-05-15 2008-11-20 The Procter & Gamble Company Absorbent Article With Hydrophilic Lotion And High Barrier Cuffs
US20080312622A1 (en) 2007-06-18 2008-12-18 Harald Hermann Hundorf Disposable Absorbent Article With Improved Acquisition System
EP2444046A1 (en) 2010-10-20 2012-04-25 Vynka Bvba Environmentally friendly absorbent structure
CN103582470B (zh) 2011-04-29 2017-02-08 宝洁公司 具有腿衬垫箍的吸收制品
JP5940655B2 (ja) * 2011-06-10 2016-06-29 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー 使い捨て吸収性物品のための吸収性コア
US20150282999A1 (en) * 2014-04-08 2015-10-08 The Procter & Gamble Company Absorbent articles having substrates having zonal treatments
US20150282998A1 (en) * 2014-04-08 2015-10-08 The Procter & Gamble Company Absorbent articles having substrates having zonal treatments

Patent Citations (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3799167A (en) * 1971-12-30 1974-03-26 Cellu Prod Co Disposable absorbent pad
JPH10502006A (ja) * 1994-06-30 1998-02-24 ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー 表面エネルギ勾配を備えた流体移送ウェブ
JPH10295726A (ja) * 1997-04-24 1998-11-10 Matsushita Electric Ind Co Ltd 使い捨てオムツ
JP2003524470A (ja) * 1999-05-19 2003-08-19 ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー スキンケア組成物を有する吸収性物品
JP2003510132A (ja) * 1999-09-28 2003-03-18 ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー 移動可能な通気性スキンケア組成物を有する物品
JP2001204761A (ja) * 2000-01-25 2001-07-31 Uni Charm Corp 皮膚保護成分を含んだ吸収性物品
JP2005511246A (ja) * 2001-12-18 2005-04-28 キンバリー クラーク ワールドワイド インコーポレイテッド 皮膚健康添加剤の個別の領域をもつ女性用ケア製品
JP2005528971A (ja) * 2002-06-12 2005-09-29 エスシーエー・ハイジーン・プロダクツ・アーベー スキンケア組成物を含有する吸収物品
JP2008522772A (ja) * 2004-12-17 2008-07-03 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー 吸収性物品のトップシート上に対するローションの不連続的適用
JP2008529721A (ja) * 2005-02-17 2008-08-07 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー 使用中に複合三次元形状をとることが可能な生理用ナプキン
JP3172505U (ja) * 2005-10-26 2011-12-22 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー 特定の領域の疎水性を増大させるインクを備えた衛生物品
JP2013505796A (ja) * 2009-09-29 2013-02-21 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー パッケージ効率が改善された吸収性製品

Also Published As

Publication number Publication date Type
US20150282997A1 (en) 2015-10-08 application
EP3128976B1 (en) 2018-06-13 grant
CN106132372A (zh) 2016-11-16 application
WO2015156955A1 (en) 2015-10-15 application
EP3128976A1 (en) 2017-02-15 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7942858B2 (en) Sanitary napkin including body-facing protrusions and arcuately arranged embossed channels
US20080281287A1 (en) Sanitary napkin including body-facing protrusions for preventing side leakage and obliquely arranged embossed channels
US20030097113A1 (en) Absorbent product with reduced rewet properties under load
US20040092900A1 (en) Disposable absorbent article with improved topsheet
JP2004298454A (ja) 吸収性物品及び吸収性物品におけるエンボス形成方法
US20120165776A1 (en) Disposable Diaper with Reduced Bulk
US20030050618A1 (en) Absorbent article
JP2004350864A (ja) 使い捨て着用物品
US20150250662A1 (en) Three-dimensional substrates
WO2012074466A1 (en) Absorbent article with an acquisition distribution layer with channels
JP2005523139A (ja) 身体に接触する表面を通して見えるグラフィックを有する吸収性物品
US20050059942A1 (en) Asymmetric multilayer absorbent article
JP2000288012A (ja) 吸収性物品
US20090012491A1 (en) Pantiliner
JP2008264084A (ja) 不織布、及び、吸収性物品
US20130211358A1 (en) Absorbent article
WO1998027908A1 (en) Absorbent article with protection channel
US20100256586A1 (en) Shaped absorbent article
US20080021424A1 (en) Side seams for absorbent articles
JP2009207660A (ja) 吸収性物品
JP2009119079A (ja) 使い捨ておむつ
JP2007190170A (ja) 吸収性物品
US20070287981A1 (en) Absorbent article having a multifunctional containment member
US20050074584A1 (en) Liner composites adapted to attain three-dimensional configurations
JP2010063815A (ja) 吸収体

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20161005

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20171010

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20171205