JP2011072328A - 可動式演出表示装置及びこの可動式演出表示装置を備えるパチンコ遊技機 - Google Patents

可動式演出表示装置及びこの可動式演出表示装置を備えるパチンコ遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP2011072328A
JP2011072328A JP2009223707A JP2009223707A JP2011072328A JP 2011072328 A JP2011072328 A JP 2011072328A JP 2009223707 A JP2009223707 A JP 2009223707A JP 2009223707 A JP2009223707 A JP 2009223707A JP 2011072328 A JP2011072328 A JP 2011072328A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
display
driven gear
gear
display panel
rotation
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2009223707A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2011072328A5 (ja
Inventor
Yutaka Yamada
裕 山田
Original Assignee
Kyoraku Sangyo Kk
京楽産業.株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kyoraku Sangyo Kk, 京楽産業.株式会社 filed Critical Kyoraku Sangyo Kk
Priority to JP2009223707A priority Critical patent/JP2011072328A/ja
Publication of JP2011072328A publication Critical patent/JP2011072328A/ja
Publication of JP2011072328A5 publication Critical patent/JP2011072328A5/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】移動可能な表示パネルを採用して、この表示パネルの瞬時の移動でもって、遊技者に対し、遊技に対する興趣を高めるような何らかの有利な遊技状態を刺激的に予感させるようにした可動式演出表示装置及び可動式演出表示装置を備えるパチンコ遊技機を提供する。
【解決手段】被動歯車群GG2を、被動歯車195の駆動歯車191との噛合からの解除でもって駆動歯車群GG1から開放すると、当該被動歯車群GG2は、連結レバー186とともに、格納位置にある表示パネル180aの重力に基づき回動する。このため、表示パネル180aは、瞬時に落下して演出表示位置に達する。
【選択図】図11

Description

本発明は、パチンコ遊技機における遊技者の遊技に伴い種々の演出表示を行う可動式演出表示装置及びこの可動式演出表示装置を備えるパチンコ遊技機に関する。
従来、パチンコ遊技機においては、下記特許文献1に記載の遊技機が提案されている。この遊技機は、複数の可動部材を有する演出装置を備えている。この演出装置においては、3つの可動部材が、遊技の興趣を高めるべく、装飾部材の枠状本体から前方を臨む図柄表示装置の表示面に沿い、当該図柄表示装置により演出表示される図柄組み合わせゲームにあわせて、移動するように構成されている。
ここで、3つの可動部材は、それぞれ、複数の歯車からなる歯車群により駆動されて、図柄表示装置の表示面に沿い、移動するようになっている。
特開平2009−66309号公報
しかしながら、上述した遊技機の演出装置では、各可動部材を駆動する各歯車群の各歯車は、共に、その全周に亘り歯を形成して構成されている。このため、例えば、各可動部材を図柄表示装置の表示面に沿い下方へ移動させるように各歯車群で駆動しても、当該各可動部材は、各歯車群の歯車の回動速度にあわせて移動するにすぎない。
これでは、各可動部材の下方への移動が緩慢となることから、このような各可動部材の緩慢な移動に伴う演出装置による演出を行っても、遊技者に対して遊技の興趣を刺激的に与えるには不十分といわざるを得ない。
そこで、本発明は、以上のようなことに対処するため、移動可能な表示パネルを採用して、この表示パネルの瞬時の移動でもって、遊技者に対し、遊技に対する興趣を高めるような何らかの有利な遊技状態を刺激的に予感させるようにした可動式演出表示装置及び可動式演出表示装置を備えるパチンコ遊技機を提供することを目的とする。
上記課題の解決にあたり、本発明は、請求項1の記載によれば、パチンコ遊技機の遊技盤(Ba)に設けられる可動式演出表示装置であって、
遊技盤に形成した中央開口部(13)を通しその前方を臨むように固定的に支持される表示器(171)と遊技盤との間に移動可能に介装される表示パネル(180a)を備えて、
被動歯車手段(GG2)が駆動歯車手段(GG1)との第1或いは第2の噛合位置にて停止状態にあるとき、被動歯車手段によって、表示パネルを、遊技盤の上記中央開口部の上側に位置する格納位置或いは遊技盤の上記中央開口部を通しその前方を表示面により臨むように位置する演出表示位置に維持し、
表示パネルの上記格納位置における維持状態にて駆動歯車手段を一方向回転させたとき、被動歯車手段が、駆動歯車手段との噛合により当該駆動歯車手段とは逆回転方向に回転して、表示パネルを上記演出表示位置まで瞬時に落下させるように、駆動歯車手段との噛合から上記第1噛合位置にて解離し、
表示パネルの上記演出表示位置における維持状態にて駆動歯車手段を上記一方向回転させたとき、被動歯車手段が、駆動歯車手段との上記第2噛合位置からの噛合により、表示パネルを上記格納位置まで上動させるべく、駆動歯車手段とは逆回転方向に回転するようにした可動式演出表示装置である。
これによれば、可動式演出表示装置は、上述のごとく、表示パネルにて、遊技盤の中央開口部を通しその前方を臨むように固定的に支持される表示器(171)と遊技盤との間に移動可能に介装されるものである。
しかして、表示パネルの格納位置から演出表示位置への移動は次のようにしてなされる。即ち、表示パネルが格納位置にあるとき、駆動歯車手段を一方向回転させれば、被動歯車手段が、駆動歯車手段との噛合により当該駆動歯車手段とは逆回転方向に回転して、駆動歯車手段との噛合から上記第1噛合位置にて解離する。これに伴い、表示パネルがその自重により上記演出表示位置まで瞬時に落下する。
このため、このような表示パネルの瞬時の落下が、遊技者に対し、何らかの有利な遊技状態の到来に対する予感を刺激的に与え、その結果、遊技者の遊技に対するより一層の興趣の向上をもたらす。
また、本発明は、請求項2の記載によれば、パチンコ遊技機の遊技盤(Ba)に設けられる可動式演出表示装置であって、
遊技盤に形成した中央開口部(13)を通しその前方を臨むように固定的に支持される表示器(171)と遊技盤との間に介装される表示パネル(180a)と、遊技盤の裏側に設けられる駆動手段(180c)とを備える。
ここで、この駆動手段は、電動機(185)と、この電動機の一方向回転に伴い当該電動機と同一回転方向に回転する駆動歯車群(GG1)と、この駆動歯車群の回転に伴い当該駆動歯車群とは逆回転方向に回転するように噛合すべく構成されて表示パネルを支持する被動歯車手段(GG2)とを具備し、
電動機の停止状態にて被動歯車手段が駆動歯車手段との第1或いは第2の噛合位置にあるとき、被動歯車手段によって、表示パネルを、遊技盤の上記中央開口部の上側に位置する格納位置或いは遊技盤の上記中央開口部を通しその前方を表示面により臨むように位置する演出表示位置に維持し、
表示パネルの上記格納位置における維持状態にて電動機を上記一方向回転させたとき、被動歯車手段が、電動機と同一回転方向に回転する駆動歯車手段との噛合により当該駆動歯車手段とは逆回転方向に回転して、表示パネルを上記演出表示位置まで瞬時に落下させるように、駆動歯車手段との噛合から上記第1噛合位置にて解離し、
表示パネルの上記演出表示位置における維持状態にて電動機を上記一方向回転させたとき、被動歯車手段が、電動機と同一回転方向に回転する駆動歯車手段との上記第2噛合位置からの噛合により、表示パネルを上記格納位置まで上動させるべく、駆動歯車手段とは逆回転方向に回転するようにした。
これによれば、可動式演出表示装置は、上述のごとく、表示パネルにて、遊技盤の中央開口部を通しその前方を臨むように固定的に支持される表示器(171)と遊技盤との間に移動可能に介装されるものである。
しかして、表示パネルの格納位置から演出表示位置への移動は次のようにしてなされる。即ち、表示パネルが格納位置にあるとき、電動機を一方向回転させれば、被動歯車手段が、電動機と同一回転方向に回転する駆動歯車手段との噛合により当該駆動歯車手段とは逆回転方向に回転して、駆動歯車手段との噛合から上記第1噛合位置にて解離する。これに伴い、表示パネルが、その自重により、上記演出表示位置まで瞬時に落下する。
このため、このような表示パネルの瞬時の落下が、請求項1に記載の発明と同様に、遊技者に対し、何らかの有利な遊技状態の到来に対する予感を刺激的に与え、その結果、遊技者の遊技に対するより一層の興趣の向上をもたらす。
また、本発明は、請求項3の記載によれば、請求項2に記載の可動式演出表示装置において、駆動歯車手段は、
一連の歯(191b)を所定の等角度間隔にて有し電動機と同一回転方向に回転する第1駆動歯車(191)と、
この第1駆動歯車に同軸的に接合されて所定数の歯(192c)からなる歯群(192b)を、複数、等角度間隔にて有する第2駆動歯車(192)とを有しており、
この第2駆動歯車の上記複数の歯群は、それぞれ、上記所定数の歯のうちの電動機の上記一方向回転側端とは逆転方向端側の歯(Ta)にて、第1駆動歯車の前上記各歯と同一位相角にて位置するように形成されており、
被動歯車手段は、
表示パネルの裏面端部から相対回動可能に延出されて被動歯車群と相対回動不能に連結してなる連結レバー(186)と、
複数の歯(195b)からなる単一の歯群(195c)とこの単一の歯群の上記複数の歯のうちの上記一方向回転側端に位置する歯(Tb)及び上記一方向回転側端とは逆転側端に位置する歯(Tc)の間に上記所定の等角度間隔に対応するように形成してなる円弧状欠歯部(195d)との双方を有する第1被動歯車であって上記単一の歯群にて第1駆動歯車の回転に伴いその一連の歯に上記所定の等角度間隔にて噛合する第1被動歯車(195)と、
第1被動歯車の上記逆転方向端側の歯(Ta)による第1駆動歯車の上記1つの歯との下方からの噛合を、被動歯車手段の駆動歯車手段との上記第2噛合位置に対応させて、
電動機の停止状態にて第1被動歯車が上記逆転側端に位置する歯(Tc)或いは上記一方向回転側端に位置する歯(Tb)にて第1駆動歯車の上記一連の歯のうちの1つの歯に上方或いは上方から噛合しているとき、被動歯車手段によって、連結レバーを介し、表示パネルを、上記格納位置或いは上記演出表示位置に維持し、
表示パネルの上記格納位置における維持状態にて電動機を上記一方向回転させたとき、第2被動歯車が、第1駆動歯車と共に電動機と同一方向に回転する第2駆動歯車の上記1つの歯群との噛合により第1及び第2の駆動歯車とは逆方向に回転して、第2被動歯車の上記逆転方向端側の歯(Ta)との噛合から解離して、表示パネルを上記演出表示位置まで瞬時に落下させるように上記円弧状欠歯部を介し空転し、
表示パネルの上記演出表示位置における維持状態にて電動機を上記一方向回転させたとき、第1被動歯車が、電動機と同一方向に回転する第1駆動歯車との噛合のもとに当該第1駆動歯車とは逆回転方向に回転して第2被動歯車を第2駆動歯車群の上記複数の歯群のうちの1つの歯群に噛合させることにより、この噛合による第2被動歯車の第1被動歯車と同一方向への回転に応じて、表示パネルを上記格納位置まで上動させるようにしたことを特徴とする。
これによれば、表示パネルの格納位置から演出表示位置への移動は次のようにしてなされる。即ち、表示パネルが上記格納位置における維持状態にあるとき、電動機を一方向回転させれば、第2被動歯車が、第1駆動歯車と共に電動機と同一方向に回転する第2駆動歯車の1つの歯群との噛合により第1及び第2の駆動歯車とは逆方向に回転して、第2被動歯車の逆転方向端側の歯との噛合から解離して、円弧状欠歯部を介し空転する。これに伴い、表示パネルが上記演出表示位置まで瞬時に落下する。その結果、請求項2に記載の発明の作用効果がより一層具体的に達成され得る。
また、本発明は、請求項4の記載によれば、請求項3に記載の可動式演出表示装置において、駆動歯車手段は、第2駆動歯車を介し第1駆動歯車に対向するように第2駆動歯車に同軸的に接合してなる第3駆動歯車であって第1駆動歯車の各歯と同位相角にて対応する各歯を有してなる第3駆動歯車(193)を備えており、
被動歯車手段は、第2被動歯車を介し第1被動歯車に対向するように第2被動歯車に同軸的に接合してなる第3被動歯車であって第1被動歯車の上記一方向回転側端に位置する歯(Tb)に同位相角にて対応する歯(197b)を有してなる第3被動歯車(197)を備えており、
第1被動歯車が上記一方向回転側端に位置する歯(Tb)にて第1駆動歯車の上記1つの歯に下方から噛合するとき、第3被動歯車が、その歯にて、この歯に対応して位置する第3駆動歯車の上記歯に下方から噛合することを特徴とする。
このように、駆動歯車手段が上述のような構成にて第3駆動歯車を備えるとともに被動歯車手段が上述のような構成にて第3被動歯車を備えることで、第1被動歯車が上記一方向回転側端に位置する歯にて第1駆動歯車の上記1つの歯に下方から噛合するとき、第3被動歯車が、その歯にて、この歯に対応して位置する第3駆動歯車の上記歯に下方から噛合する。従って、上述のように表示パネルが瞬時に落下しても、第1及び第3の被動歯車が、第1及び四3の駆動歯車により歯の損傷を招くことなくしっかりと支持され得る。その結果、請求項3に記載の発明の作用効果がより一層確実に達成され得る。
また、本発明は、請求項5の記載によれば、請求項3または4に記載の可動式演出表示装置において、
表示パネルの上記裏面端部にて互いに対向するように設けてなる両上下両側回動規制板(188、189)と、
連結レバーの表示パネルとの連結部よりも下側回動規制板とは反対側にて上側回動規制板に対向するように表示パネルの上記裏面端部に設けた板状錘(W)とを備えて、
上側回動規制板と下側回動規制板及び板状錘との間の各対向辺は、連結レバーの回動範囲を表示パネルの格納位置と演出表示位置との間に対応する回動範囲に規制するように形成されていることを特徴とする。
これにより、その結果、表示パネルが、格納位置を越えて上動することで遊技盤の裏側構成部材と接触して破損したり、演出表示位置を越えて落下することで、表示パネルの前方からの視認性を悪化させたりすることなく、請求項3または4に記載の発明の作用効果を達成することができる。
また、本発明に係るパチンコ遊技機は、請求項6の記載によれば、
大当たり抽選の機会を与えるように遊技球が入賞する始動入賞口(51)を設けてなる遊技盤(Ba)と、この遊技盤の中央開口部(13)を通しその前方を臨むように固定的に支持される表示器(171)を有する演出画像表示装置(170)と、遊技状態に応じて表示器にて演出画像を変動表示するように演出画像表示装置を制御する制御手段(400b、400c)とを備える。
当該パチンコ遊技機において、演出画像表示装置を主演出画像表示装置とすることで、副演出画像表示装置(180)として設けられる請求項3に記載の可変表示装置と、
副演出画像表示装置の表示パネルが上記格納位置にあるときこれに対応する駆動歯車手段の格納側回転位置(P1)を検出する格納回転位置検出手段(S6)と、
表示パネルの所定の中間位置に対応する第2被動歯車の上記逆転方向端側の歯(Ta)との噛合からの解離位置を表す駆動歯車手段の中間側回転位置(P2)を検出する中間回転位置検出手段(S7)と、
表示パネルが上記演出表示位置にあるときこれに対応する被動歯車手段の演出表示回転位置(P3)を検出する演出表示回転位置検出手段(S8)とを備えて、
制御手段は、
表示パネルが上記格納位置にあることが格納回転位置検出手段により検出されたとき、副演出画像表示装置の駆動手段に対する駆動指令があれば、表示パネルを上記演出表示位置に向けて瞬時に落下させるべく、電動機を上記一方向回転させるように制御する第1の一方向回転制御手段(9200、9210)と、
表示パネルが上記所定の中間位置に達したことが中間回転位置検出手段により検出されたとき、電動機の上記一方向回転を停止させるように当該電動機を制御する一方向回転停止制御手段(9300、9310)と、
表示パネルが上記演出表示位置に達したことが演出表示回転位置検出手段により検出されたとき、上記遊技状態が確変遊技状態或いは時短遊技状態にあれば、当該確変遊技状態或いは時短遊技状態に対する演出変動表示を表示パネルにて行うように副演出画像表示装置を制御する演出表示制御手段(9500、9500a、9510)と、
表示パネルによる演出変動表示中において上記遊技状態が次の大当たり遊技状態の開始直前になったとき、表示パネルを上記格納位置まで移動させるべく、電動機を上記一方向回転させるように制御する第2の一方向回転制御手段(9600、9700、9800、9810)とを備える。
これによれば、表示パネルの格納位置から演出表示位置への移動は次のような制御を経てなされる。即ち、表示パネルが上記格納位置にあることが検出されると、副演出画像表示装置の駆動手段に対する駆動指令があれば、電動機が一方向回転するように制御される。これに伴い、表示パネルが上記所定の中間位置に達したことが検出されたとき、電動機の一方向回転を停止させることで、第1及び第2の駆動歯車が停止する。このとき、第2被動歯車は、第2駆動歯車の上記逆転方向端側の歯(Ta)との噛合から解離する。
これに伴い、第1及び第2の被動歯車が、第1及び第2の駆動歯車とは非噛合状態となり、表示パネルが上記演出表示位置まで瞬時に落下する。その結果、請求項3に記載の発明の作用効果を良好に達成し得る可動式演出表示装置を備えたパチンコ遊技機の提供が可能となる。
ここで、上述のごとく、演出表示位置にある表示パネルは、次の大当たり遊技状態の開始直前までは、格納位置に戻ることがないので、遊技者が表示パネルの上記演出表示位置と上記格納位置との間の移動の繰り返しにより違和感を与えられることがない。
また、本発明は、請求項7の記載によれば、請求項6に記載のパチンコ遊技機いおいて、演出表示制御手段は、上記始動入賞口への遊技球の入賞に伴う保留数が3或いは4になったとき、大当たりを予測させるように表示パネルにて演出表示変動を行うべく、副演出画像表示装置を制御するようになっていることを特徴とする。
これにより、表示パネルが演出表示位置に達したとき、保留数3或いは4の状態の場合にも、請求項6に記載の発明と同様の作用効果を達成することができる。
また、本発明は、請求項8の記載によれば、請求項6または7に記載の可動式演出表示装置において、
駆動歯車手段は、第2駆動歯車を介し第1駆動歯車に対向するように第2駆動歯車に同軸的に接合してなる第3駆動歯車であって第1駆動歯車の各歯と同位相角にて対応する各歯を有してなる第3駆動歯車(193)を備えており、
被動歯車手段は、第2被動歯車を介し第1被動歯車に対向するように第2被動歯車に同軸的に接合してなる第3被動歯車であって第1被動歯車の上記一方向回転側端に位置する歯(Tb)に同位相角にて対応する歯(197b)を有してなる第3被動歯車(197)を備えており、
第1被動歯車が上記一方向回転側端に位置する歯(Tb)にて第1駆動歯車の上記1つの歯に下方から噛合するとき、第3被動歯車が、その歯にて、この歯に対応して位置する第3駆動歯車の上記歯に下方から噛合することを特徴とする。
これによれば、請求項4に記載の発明の作用効果を達成し得る可動式演出表示装置を備えたパチンコ遊技機の提供が可能となる。
なお、上記各手段の括弧内の符号は、後述する実施形態に記載の具体的手段との対応関係を示す。
本発明に係るパチンコ遊技機の一実施形態を示す前面図である。 図1のパチンコ遊技機の遊技盤を演出画像表示位置にある表示パネルとの関係にて示す前面図である。 図1のパチンコ遊技機の遊技盤を格納位置にある表示パネルとの関係にて示す前面図である。 図1のパチンコ遊技機の遊技盤を格納位置にある表示パネルとの関係にて示す斜視図である。 上記一実施形態において演出表示位置にある表示パネルとの関係にて副演出画像表示装置を示す前面側から見た斜視図である。 図5の副演出画像表示装置を演出表示位置にある表示パネルとの関係にて示す裏面図である。 上記一実施形態における副演出画像表示装置を格納位置にある表示パネルとの関係にて示す前面側から見た斜視図である。 図7の副演出画像表示装置を格納位置にある表示パネルとの関係にて示す裏面図である。 (a)及び(b)は上記一実施形態における駆動歯車群の各歯車の斜視図及び平面図である。 (a)及び(b)は記一実施形態における被動歯車群の各歯車の斜視図及び平面図である。 (a)〜(c)は、上記一実施形態における駆動歯車群、被動歯車群及び連結レバーを格納位置にある表示パネル、所定の中間位置の直前位置にある表示パネル及び演出表示位置にある表示パネルとの位置関係でそれぞれ示す概略前面図である。 (a)〜(d)は、上記一実施形態における駆動歯車群、被動歯車群及び連結レバーを演出表示位置にある表示パネル、所定の中間位置を介し格納位置に達する表示パネルとの位置関係でそれぞれ示す概略前面図である。 当該パチンコ遊技機の電子制御システムのうちの主制御装置の詳細構成をセンサ群及び第1被駆動素子群との関係において示すブロック図である。 当該パチンコ遊技機の電子制御システムのうちの副制御装置の詳細構成を第2被駆動素子群との関係において示すブロック図である。 図13の主制御装置のCPUにより実行されるタイマー割り込みプログラムを表すフローチャートである。 (a)、(b)、(c)、(d)、(e)及び(f)は、それぞれ、上記一実施形態における大当たり乱数データ、大当たり図柄乱数データ、リーチ乱数データ、変動パターン乱数データ、当たり乱数データ及び初期値乱数データを示す図表である。 (a)、(b)、(c)及び(d)は、それぞれ、上記一実施形態における大当たり乱数テーブル、大当たり図柄乱数テーブル、リーチ乱数テーブル及び当たり乱数テーブルを示す図表である。 図15の特別図柄処理ルーチンを示す詳細フローチャートである。 図18の大当たり判定処理サブルーチンを示す詳細フローチャートである。 図18の変動パターン選択処理サブルーチンを示す詳細フローチャートである。 図18の停止中処理サブルーチンを示す詳細フローチャートである。 図21の確変遊技状態設定処理サブルーチンを示す詳細フローチャートである。 図15の普通図柄処理ルーチンを示す詳細フローチャートである。 図15の大入賞口処理ルーチンのうちの長当たり時開放処理サブルーチンを示す詳細フローチャートである。 図15の大入賞口処理ルーチンのうちの短当たり時開放処理サブルーチンを示す詳細フローチャートの一部である。 図15の大入賞口処理ルーチンのうちの短当たり時開放処理サブルーチンを示す詳細フローチャートの一部である。 図15の大入賞口処理ルーチンのうちの小当たり時開放処理サブルーチンを示す詳細フローチャートの一部である。 図15の大入賞口処理ルーチンのうちの小当たり時開放処理サブルーチンを示す詳細フローチャートの一部である。 図15の電チュー処理ルーチンを示す詳細フローチャートである。 図14の副制御装置の演出制御部のCPUにより実行される演出制御プログラムを表すフローチャートである。 図30の表示処理ルーチンを表す詳細フローチャートである。 (a)〜(c)は、上記一実施形態における格納位置センサ、中間位置センサ及び演出表示位置センサの各検出出力をそれぞれ示すタイミングチャートである。
以下、本発明の一実施形態について図面を参照して説明する。図1は、本発明が適用されるパチンコ遊技機の一実施形態を示している。当該パチンコ遊技機は、パチンコホール内の島に立設されるもので、このパチンコ遊技機は、機枠(図示しない)と、この機枠に対し前後方向に開閉可能に支持される遊技機本体B及び前扉FDとにより構成されている。なお、上記パチンコ遊技機は、いわゆるデジパチ型のパチンコ遊技機である。
遊技機本体Bは、図2にて示すごとく、遊技盤Baを備えており、この遊技盤Baは、遊技機本体Bの枠体(図示しない)に嵌装されている。なお、遊技機本体Bは、上記枠体にて、上記機枠に対し前後方向に開閉可能に支持されている。
また、遊技盤Baは、遊技板10と、ガイドレール20、環状のセンター構造物30及び多数の遊技釘41からなる遊技釘群40を備えている。ガイドレール20は、遊技板10の前面11に沿い配設されており、このガイドレール20は、その内周側において、遊技板10の前面11上に遊技領域12を特定する。
しかして、ガイドレール20は、ハンドルH(図1参照)の回動操作により、球発射装置(図示しない)から発射される遊技球を案内して、遊技領域12内に転動させる。本実施形態において、遊技板10の前面11は、遊技盤Baの盤面に相当する。このため、遊技盤Baの盤面は、盤面11ともいう。なお、上記球発射装置は、遊技機本体Bの上記枠体の右下部に配設されている。また、ハンドルHは、上記球発射装置の一構成部品として遊技機本体Bの上記枠体の右下部にその前面から設けられている。
センター構造物30は、図2或いは図3にて示すごとく、遊技板10の中央開口部13(遊技盤Baの中央開口部13ともいう)の外周部に前面11側から組み付けられている。遊技釘群40の各遊技釘41は、ガイドレール20の内側において、センター構造物30の左側から下側にかけて、遊技板10にその前面11側から分散して打ち込まれている。しかして、遊技釘群40によれば、ガイドレール20から遊技領域12内に転動する遊技球が、遊技板10の前面11に沿い、各遊技釘41との衝突を経て、下方へ転動する。
また、当該遊技機本体Bは、スタートチャッカー50、電動チューリップ60、スルーゲート70、風車80、複数の普通入賞口90、アタッカー100、複数の星形盤ランプ110及び複数の星形可動役物120を備えており、スタートチャッカー50、電動チューリップ60、スルーゲート70、風車80、各普通入賞口90、アタッカー100及び各星形盤ランプ110は、図2或いは図3にて示す各位置にて、遊技板10の前面11に遊技領域12内にて組み付けられている。また、各星形可動役物120は、図2或いは図3にて示すごとく、センター構造物30の右側部に配設されている。
ここで、スタートチャッカー50は、センター構造物30の下縁中央部の直下に位置している。このスタートチャッカー50は、始動入賞口51を備えており、当該スタートチャッカー50は、始動入賞口51への遊技球の入賞に基づき、大当たり抽選(大当たりか否かの抽選)の機会を形成する。
電動チューリップ60は、普通電動役物としての役割を果たすべく、スタートチャッカー50の直下に位置しており、この電動チューリップ60は、電動入賞口61を備えている。しかして、当該電動チューリップ60は、その両羽根部材の閉鎖状態(図2或いは図3にて示す状態)にて、スタートチャッカー50の周辺から下方へ転動する遊技球の電動入賞口61への入賞を規制し、また、その両羽根部材の開放状態にて、スタートチャッカー50の周辺から下方へ転動する遊技球の電動入賞口61への入賞の可能性を付与する。
本実施形態では、電動チューリップ60は、その両羽根部材にて、遊技板10にその裏面側から設けた電チューアクチュエータ62(図13参照)により開閉駆動される。なお、後述のごとく、特別図柄は、遊技球の始動入賞口51への入賞に対する始動入賞口センサS1(図13参照)の検出出力或いは遊技球の電動チューリップ60の電動入賞口61への入賞に対する電チューセンサS2(図13参照)の検出出力に基づき、特別図柄表示器160において変動表示される。また、遊技球がスタートチャッカー50或いは電動チューリップ60に入賞しても、特別図柄表示器160における特別図柄の変動中或いは大当たり遊技中等のために、図柄変動の表示が不可能である場合には、特別図柄保留ランプ160における保留表示が、後述のごとく、なされる。
スルーゲート70は、センター構造物30の左縁中央部の左側に位置しており、このスルーゲート70は、その直上から遊技板10の前面11に沿い下方へ転動する遊技球に対し通過する機会を与える。風車80は、スルーゲート70の下方に位置しており、この風車80は、遊技板10の前面11に沿いスルーゲート70或いはその周囲から下方へ転動する遊技球により衝突されたとき、回転しつつ当該遊技球を下方へ転動させる。複数(3つ)の普通入賞口90は、スタートチャッカー50の左右両側に位置しており、左側の両普通入賞口90は、その直上から下方へ転動する遊技球に対し入賞する機会を与える。また、右側の普通入賞口90は、その直上から下方へ転動する遊技球に対し入賞する機会を与える。
アタッカー100は、電動チューリップ60の直下に位置しており、このアタッカー100は、大入賞口扉101により大入賞口102を開くことによって、遊技板10の前面11に沿いスタートチャッカー50の近傍へ転動する遊技球に対し大入賞口102に入賞する機会を与える。また、当該アタッカー100は、大入賞口扉101により大入賞口102を閉鎖することによって、遊技球の大入賞口102への入賞を規制する。なお、このアタッカー100による大入賞口102の開放は、始動入賞口51への遊技球の入賞による抽選結果に基づき大当たりが成立したときになされる。大入賞口扉101は、遊技盤Baにその裏面から設けた大入賞口アクチュエータ103(図13参照)により、駆動される。
複数の星形盤ランプ110は、左側の両普通入賞口90の間及び右側の普通入賞口90の右側に、2つずつ、位置しており、当該複数の星形盤ランプ110は、その各点滅により、所定の演出を行う。
また、当該遊技機本体Bは、図2及び図3にて示すごとく、普通図柄表示器130、特別図柄表示器140、普通図柄保留ランプ150及び特別図柄保留ランプ160を備えており、これら普通図柄表示器130、特別図柄表示器140、普通図柄保留ランプ150及び特別図柄保留ランプ160は、図2及び図3から分かるように、ガイドレール20の右下側にて、遊技板10の前面11の右下隅角部に配設されている。
ここで、普通図柄表示器130は、スルーゲート70を通過する遊技球に対する図柄抽選の結果に基づき、当たり或いは外れを表示する。具体的には、当たりは「○」により表示され、外れは、「×」により表示される(図2及び図3参照)。
特別図柄表示器140は、後述のごとく、遊技球の始動入賞口51への入賞に対する始動入賞口センサS1の検出出力或いは遊技球の電動チューリップ60の電動入賞口61への入賞に対する電チューセンサS2の検出出力に基づきなされる抽選の結果に応じて、所定の図柄を表示する。なお、当該所定の図柄は、各普通図柄N1〜N4、各確変図柄A1〜A4及びB1、B2(図17参照)、小当たり図柄(図示しない)並びにハズレ図柄(図示しない)のいずれかをいう。
各普通図柄保留ランプ150は、普通図柄の変動中或いは電動チューリップ60の作動中にスルーゲート70を通過する遊技球に対するゲートセンサS3の検出回数(遊技球の通過数)に応じて、順次、点灯する。具体的には、1個目の遊技球がスルーゲート70を通過するとき、左端側の普通図柄保留ランプ150が点灯する。2個目〜4個目の各遊技球が、順次、上記1個目の遊技球に続いてスルーゲート70を通過するとき、左端側から2番目〜4番目の各普通図柄保留ランプ150が順次点灯する。
各特別図柄保留ランプ160は、特別図柄の変動表示中或いは大入賞口102の作動中における遊技球の始動入賞口51への入賞に対する始動入賞口センサS1の検出回数或いは遊技球の電動チューリップ60の電動入賞口61への入賞に対する電チューセンサS2の検出回数に応じて、順次、点灯する。具体的には、1個目の遊技球が始動入賞口51に入賞するとき、左端側の特別図柄保留ランプ160が点灯する。2個目〜4個目の各遊技球が、順次、上記1個目の遊技球に続いて始動入賞口51に入賞するとき、左端側から2番目〜4番目の各特別図柄保留ランプ160が順次点灯する。これは、遊技球の始動入賞口51への先の入賞による大当たり抽選に基づきなされた特別図柄の変動表示が、特別図柄表示器140によりなされている場合に、その後の特別図柄の変動表示を保留すべく特別図柄保留ランプ160の点灯により表示するものである。
また、当該遊技機本体Bは、図2にて示すごとく、主演出画像表示装置170及び副演出画像表示装置180を備えている。主演出画像表示装置170は、表示器171と、表示駆動回路172(図14参照)とを備えている。表示器171は、液晶パネルからなるもので、この表示器171は、環状の裏ケーシングC(図4参照)の中央穴部を通して遊技板10の中央開口部13を臨むように、裏ケーシングCにその裏面側から組み付けられている。
本実施形態において、上述した環状の裏ケーシングCは、その外周部にて、遊技板10の裏面にその外周部にて固着されており、当該裏ケーシングCは、その外周部から後方に向け凸な縦断面形状でもって環状に延出するように構成されている。これにより、当該裏ケーシングCは、遊技板10の裏面側にてこの遊技板10との間に環状空所を形成してなり、この裏ケーシングCの中央穴部は、遊技板10の中央開口部13に同軸的に対向している。
しかして、上述のように構成した主演出画像表示装置170においては、表示器171が、画像制御部400c(後述する)による制御のもとに、表示駆動回路172により駆動されて、種々の演出画像の表示を行う。
副演出画像表示装置180は、可動式演出表示装置の一例であって、この副演出画像表示装置180は、図2、図3及び図4〜図12のいずれかにより示すごとく、表示パネル180aと、発光ダイオード駆動回路180b(図14参照)と、駆動機構180cとにより構成されている。
表示パネル180aは、格納位置(図3、図4、図7及び図8のいずれか参照)から演出表示位置(図2、図5及び図6のいずれか参照)へ或いは当該演出表示位置から上記格納位置へ移動し得るように、環状の裏ケーシングC(図4参照)の中空部内にて、駆動機構180cを介し、裏ケーシングCの中空部にその内周面から支持されている。
当該表示パネル180aは、矩形状の額縁部181と、矩形状のパネル部182と、裏板部183(図6参照)とを備えている。パネル部182は、その外周縁部を、額縁部181の内周縁部に嵌着して、当該額縁部181内に収容されており、当該パネル部182は、多数の発光ダイオード182aを基板182bにマトリックス状に配列して構成されている。ここで、多数の発光ダイオード182aは、それぞれ、表示パネル180aの表面側に向け基板182bから突出するように当該基板182bに設けられている。なお、本実施形態では、各発光ダイオード182aは、図2、図5及び図7にて示すごとく、便宜上、平面状に描かれている。また、表示パネル180aの多数の発光ダイオード182aの突出側の面は、表示パネル180aの表示面という。また、表示パネル180aの左右方向に対する当該表示パネル180aの直交方向は、この表示パネル180aの幅方向という。
裏板部183は、図6或いは図8にて示すごとく、額縁部181及びパネル部182にその裏面側から装着されている。
しかして、当該表示パネル180aは、画像制御部400c(後述する)による制御のもとに、発光ダイオード駆動回路180bにより駆動されて、その表示面にて、多数の発光ダイオード182aの選択的な発光により種々の演出表示を行う。
駆動機構180cは、それぞれ、遊技板10と裏側ケーシングCとの間の上記環状空所内において、遊技板10の中央開口部13の左右両側部にその裏面側から組み付けられている。
当該駆動機構180cは、図5〜図8及び図14のいずれかにより示すごとく、ステップモータ185と、駆動歯車群GG1と、被動歯車群GG2と、連結レバー186と、モータ駆動回路187とを備えている。
ステップモータ185は、そのステータ185aの脚部185bにて、裏ケーシングCの中空部の内周面のうち遊技板10の中央開口部13の右側上部に対する対応内周面部位に支持されている。ここで、このステップモータ185は、その出力軸185cにて、遊技板10の裏面に向け中央開口部13の軸に平行に位置するように、裏ケーシングCの中空部の上記対応内周面部位に支持されている。これにより、当該ステップモータ185は、画像制御部400c(後述する)による制御のもと、モータ駆動回路187により駆動されて回転する。本実施形態においては、後述のように、表示パネル180aの格納位置から演出表示位置への移動及び当該演出表示位置から上記格納位置への移動は、共に、ステップモータ185の同一の回転方向(以下、正転方向ともいう)によりなされる。
駆動歯車群GG1は、図5、図7及び図9にて示すごとく、3枚の駆動歯車191〜193を有しており、これら駆動歯車191〜193は、駆動歯車191〜駆動歯車193の順で、互いに接合されて、歯車軸194により同軸的にかつ相対回転不能に支持されている。
駆動歯車191は、図9にて示すごとく、円板状歯車本体191aと、7つの歯191bとでもってインボリュート平歯車として構成されており、各歯191bは、歯車本体191aの外周部に沿い等角度間隔にて形成されている。
駆動歯車192は、円板状歯車本体192aと、7つの歯群192bとでもってインボリュート平歯車として構成されている。各歯群192bは、歯車本体192aの外周部に沿い等角度間隔にて形成されており、当該各歯群192bは、それぞれ、4つの歯192cでもって、構成されている。なお、歯群192bは、4つの歯192cにより、駆動歯車192の中心からみて、所定角度35°を張るように形成されている。
また、駆動歯車193は、円板状歯車本体193aと、7つの歯193bとを有しており、各歯193bは、歯車本体193aの外周部に沿い等角度間隔にて形成されている。但し、各歯193bは、両駆動歯車191、192の各歯のインボリュート形状とは異なり、端なる板状に形成されている。
また、歯車軸194は、駆動歯車191〜駆動歯車193の各歯車本体に同軸的に挿通されて当該駆動歯車191〜駆動歯車193を一体的に回転可能に支持してなるもので、当該歯車軸194は、その一端部にて、カップリング188(図5或いは図7参照)を介し、ステップモータ185の出力軸185cの端部に、同軸的にかつ相対回転不能に連結されている。また、当該歯車軸194は、その他端部にて、遊技板10のうち中央開口部13の右側部に回転可能に支持されている。
これにより、駆動歯車群GG1は、各駆動歯車191〜193にて、遊技板10のうち中央開口部13の右側部とステップモータ185の出力軸185cとの間に支持されて、ステップモータ185の回転に連動して一体的に回転する。
本実施形態において、駆動歯車群GG1における駆動歯車191〜駆動歯車193の相互の歯の角度位置関係は、次のように設定されている。即ち、駆動歯車193の各歯は、駆動歯車191の各歯と、同一の回転角度(同一の位相角)に位置する。また、駆動歯車192の各歯群192bは、それぞれ、図9(b)にて反時計方向回転端側の歯(符号Ta参照)にて、駆動歯車191の各歯191bと同一の回転角度(同一の位相角)に位置する。
被動歯車群GG2は、図5、図7及び図10にて示すごとく、3枚の被動歯車195〜197を有しており、これら被動歯車195〜197は、それぞれ、各駆動歯車191〜193に対応するように、被動歯車195〜被動歯車197の順で、互いに接合されて、歯車軸198により同軸的にかつ相対回転不能に支持されている。
被動歯車195は、歯車本体195aと、一連の歯195bとでもってインボリュート平歯車として構成されている。一連の歯195bは、単一の歯群195cを構成するように、歯車本体190aの外周部に沿い、その所定角度範囲α°に対応の円弧状欠歯部位195dを除いて、等角度間隔にて形成されている。ここで、単一の歯群195cのうち、上記円弧状欠歯部位195dの両円弧方向端部に対応する両歯を、以下、Tb及びTcという。また、本実施形態において、上述の所定角度範囲α°、即ち、被動歯車195の両歯Tb、Tcの間の鋭角側角度間隔は、駆動歯車191の各歯191bのうち各両隣接歯191bの間の角度間隔に対応する。
被動歯車196は、歯車本体196aと、一連の歯196bとでもってインボリュート平歯車として構成されている。一連の歯196bは、駆動歯車192の各歯群192bの各歯と順次噛合するように、歯車本体196aの外周部に沿いその全周に亘り等角度間隔にて形成されている。
被動歯車197は、歯車本体197aと、単一の歯197bとを有しており、単一の歯197bは、被動歯車195の歯Tbの回転角度と同一の回転角度((同一の位相角度)にて歯車本体197aの外周部に形成されている。但し、歯197bは、両被動歯車195、196の各歯のインボリュート形状とは異なり、端なる板状に形成されている。
連結レバー186は、図6及び図8にて示すごとく、その基端部186aにて、被動歯車群GG2の被動歯車197の外周部の一部に相対回動不能に連結されており、当該連結レバー186は、その基端部186aから被動歯車197の径方向に沿い外方へ延出している。本実施形態では、連結レバー186が、表示パネル180aを上記格納位置に維持するように、被動歯車197の径方向に沿い延出するとき、被動歯車群GG2の被動歯車196が、その歯Tcにて、駆動歯車群GG1の駆動歯車191の歯191bに上方から噛合するとともに、被動歯車196が駆動歯車192の歯群192bに噛合するようになっている。
また、連結レバー186は、その延出端部186bにて、表示パネル180aの右端部にその裏面から相対回動可能に連結されている。具体的には、連結レバー186は、その延出端部186bにて、ピン186cを軸として相対回動可能となるように当該ピン186cを介し表示パネル180aの右端部に連結されている。
ここで、当該連結レバー186の表示パネル180aとの連結構造について説明すると、表示パネル180aの裏面には、上下両側回動規制板188及び189が、図6及び図8にて示すごとく、錘Wと共に設けられている。
上下両側回動規制板188及び189は、連結レバー186を、表示パネル180aの上記格納位置及び上記演出表示位置に対する各対応傾斜角度の間にて傾動させるように形成されている。なお、連結レバー186の上記格納位置及び上記演出表示位置に対する各対応傾斜角度は、以下、それぞれ、格納傾斜角度及び演出表示傾斜角度という。
上側回動規制板188は、四辺形状のもので、この上側回動規制板188は、表示パネル180aの裏面のうち右上側隅角部(図6にて図示左上側隅角部)に固着されている。この上側回動規制板188は、下側回動規制板189に対する両対向辺188a、188bにて下側回動規制板189に向けて凸な山形状をなすように形成されている。ここで、対向辺188aは、上記演出表示傾斜角度に位置する連結レバー186の延出端部186bに沿うように形成されており、一方、対向片188bは、上記格納傾斜角度に位置する連結レバー186の延出端部186bに沿うように形成されている。
下側回動規制板189は、錘Wと共に、表示パネル180aの裏面のうち右下側隅角部(図6にて図示左下側隅角部)に固着されている。当該下側回動規制板189は、直角三角形状のもので、この下側回動規制板189は、上側回動規制板188に対向する斜辺189aにて、回動規制板188の対向辺188aに平行となるように形成されている。なお、上側回動規制板188の対向辺188aと下側回動規制板189の斜辺189aとの間隔は、連結レバー186の幅(回動方向幅)にほぼ等しい。
これにより、連結レバー186は、上記演出表示傾斜角度に位置するとき、上側回動規制板188の対向片188aと下側回動規制板189の斜辺189aとの間に挟持されて、図6にて図示時計方向へのさらなる回動を規制される。ここで、連結レバー186が、上記演出表示傾斜角度にて、上記演出表示位置にある表示パネル180aをその左右方向にて水平状に維持するように、対向片188a及び斜辺189aの水平方向に対する傾斜角度が設定されている。
錘Wは、図6にて示すごとく、上側回動規制板188の対向辺188aに対向するように、下側回動規制板189の図6の図示左側(ピン186cの軸心の図示左側)にて表示パネル180aの裏面の下側隅角部に固着されており、この錘Wの上側回動規制板188の対向辺188aに対する対向辺W1は、上側回動規制板188の対向辺188bに平行となるように形成されている。なお、錘Wの対向辺W1と上側回動規制板188の対向辺188bとの間隔は、連結レバー186の幅にほぼ等しい。
これにより、連結レバー186は、上記格納傾斜角度に位置するとき、錘Wの対向辺W1と回動規制板188の対向片188bとの間に挟持されて、図8にて図示反時計方向へのさらなる回動を規制される。ここで、連結レバー186が、上記格納傾斜角度にて、上記格納位置にある表示パネル180aをその左右方向にて水平状に維持するように、両対向片W1、188bの水平方向に対する傾斜角度が設定されている。
以上のように構成した駆動機構180cによれば、表示パネル180aが、図11(a)にて示すごとく、上記格納位置にあるとき、当該表示パネル180aは、その表示面にて、前方に向くように鉛直状に格納されている。このとき、図11(a)にて例示するごとく、連結レバー186は、被動歯車197から図示左側上方へ傾斜状に延出して表示パネル180aを格納位置に維持する。また、このとき、被動歯車195は、その歯Tcにて、駆動歯車191の1つの歯191bにより下方から噛合されるとともに、被動歯車196は、駆動歯車192の歯群192cに噛合する(図7参照)。なお、連結レバー186は、その延出端部186bにて、表示パネル180aの裏側において回動規制板188の対向辺188bと錘Wの対向辺W1との間に挟持されて、表示パネル180aをその左右方向において水平状に支持する。
このような状態において、駆動歯車群GG1が、図11(b)にて正転方向(図示矢印R1方向)へ回転すると、駆動歯車192が同一方向(図9(b)にて図示矢印R1方向)に回転し、被動歯車群GG2の被動歯車196が、駆動歯車192の歯群192cとの噛合のもとに、駆動歯車192とは逆回転方向(図11(b)及び図10(b)にて図示矢印R2方向)へ逆転する。これに伴い、表示パネル180aが、被動歯車群GG2により連結レバー186を介し、上記格納位置から上動される。なお、このとき、駆動歯車191は、その歯191bにて、被動歯車195の歯Tcから円弧状欠歯部195c側へ解離する方向に回転する。また、上述した表示パネル180aの上記格納位置からの上動は、被動歯車196の駆動歯車192の歯群192cからの解離時に停止する。従って、このような表示パネル180aの上動範囲は非常に狭い。
然る後、上述のような駆動歯車群GG1の正転に伴い、被動歯車196の駆動歯車192の歯群192cとの噛合(歯Taとの噛合)が解離すると、被動歯車群GG2が、駆動歯車群GG1とは非噛合状態(自由状態)となり、表示パネル180a、錘W及び連結レバー186の各自重に起因して、図11(c)にて図示矢印R3方向(駆動歯車群GG1の正転方向)へ瞬時に回転する。このため、表示パネル180aは、上記演出表示位置まで瞬時に落下する(図11(c)参照)。これにより、表示パネル180aは、その表示面にて、遊技板10の中央開口部13を通して前方を臨む位置に維持される。
このとき、連結レバー186は、図11(c)にて示すごとく、被動歯車197から図示左側下方へ傾斜状に延出しており、この連結レバー186の延出端部186bは、表示パネル180aの裏側にて回動規制板188の対向片188b及び錘Wの対向片W1により挟持されて表示パネル180aをその左右方向において水平状に支持する。また、被動歯車195は、その歯Tbにて、駆動歯車191の歯191bに下方から噛合するとともに、被動歯車197が、その歯197bにて、駆動歯車193の歯193bに下方から噛合してストッパとしての役割を果たす。
このような状態において、駆動歯車群GG1が、図12(a)にて示すごとく、正転方向(図示矢印R4方向)に回転すると、駆動歯車191が、両駆動歯車192、193と共に、当該正転方向(図11にて矢印R1方向と同一方向)に回転し、被動歯車群GG2の被動歯車195が、その歯Tbにて、駆動歯車191の歯191bにより下方へ押動されて、図12(a)にて図示矢印R5方向へ逆転して、駆動歯車192の歯群192c(円弧状欠歯部195aと下方から近接する歯群192c)を被動歯車196に噛合させる。なお、被動歯車197は、その歯197bにて、駆動歯車193の歯193bにより下方へ押動されつつこの歯193bから解離する。
これに伴い、被動歯車群GG2は、被動歯車196の駆動歯車192の歯群192cとの噛合のもとに、駆動歯車群GG1とは逆方向(図12(a)にて図示矢印R5方向)に逆転し、表示パネル180aが、図12(b)及び図12(c)にて示すごとく、上方へ移動して、図11(a)にて示す上記格納位置に達する。
前扉FDは、遊技機本体Bの枠体とともに、前後方向に開閉可能に上記機枠に支持されており、この前扉FDは、図1にて示すごとく、前枠FD1の中空部に窓ガラスFD2を嵌め込んで構成されている。当該前扉FDは、演出ボタンスイッチ200、枠ランプ210及び両スピーカ220を備えている。
演出ボタンスイッチ200は、前枠FD1の中空部の下縁部に配設されており、この演出ボタンスイッチ200は、主演出画像表示装置170に所定の演出表示を要求するとき、遊技者により押動操作される。枠ランプ210は、前枠FD1の内周部に沿い配設されており、この枠ランプ210は、所定の遊技状態に対応して点滅演出を行う。両スピーカ220は、前枠FD1の左右両側上部に埋設されており、当該両スピーカ200は、例えば、枠ランプ210の点滅演出に合わせて音声演出を行う。
次に、上記パチンコ遊技機の電子制御システムについて説明すると、当該電子制御システムは、図13或いは図14にて示すごとく、センサ群S、主制御装置300及び副制御装置400を備えており、センサ群Sは、図13にて示すごとく、始動入賞口センサS1、電チューセンサS2、ゲートセンサS3、各普通入賞口センサS4、大入賞口センサS5、格納位置センサS6、中間位置センサS7及び演出表示位置センサS8でもって構成されている。
始動入賞口センサS1は、スタートチャッカー50の始動入賞口51内に設けられており、この始動入賞口センサS1は、始動入賞口51内に入賞する遊技球毎に当該遊技球の入賞を検出する。電チューセンサS2は、電動チューリップ60の電動入賞口61内に設けられており、この電チューセンサS2は、電動入賞口61に対する遊技球の入賞を検出する。
ゲートセンサS3は、スルーゲート70内に設けられており、このゲートセンサS3は、スルーゲート70を通過する遊技球毎に当該遊技球の通過を検出する。各普通入賞口センサS4は、各対応の普通入賞口90内に設けられており、当該各普通入賞口センサS4は、それぞれ、各対応の普通入賞口90内に入賞する遊技球毎に、当該各遊技球の入賞を検出する。
大入賞口センサS5は、アタッカー100の大入賞口102内に設けられており、この大入賞口センサS5は、大入賞口102内への遊技球の入賞毎に当該遊技球の入賞を検出する。
格納位置センサS6、中間位置センサS7及び演出表示位置センサS8は、共に、フォトインタラプタでもって構成されている。格納位置センサS6は、表示パネル180aの上記格納位置に対応する駆動歯車群GG1の回転位置(以下、格納回転位置ともいう)を、貫通孔部P1(後述する)でもって検出するためのセンサである。この格納位置センサS6は、その発光部及び受光部の間に、駆動歯車群GG1を介在させるように、適宜なステイ(図示しない)でもって、遊技板10の裏面に支持されている。
ここで、格納位置センサS6は、その発光部及び受光部にて、駆動歯車群GG1に形成した貫通孔部P1を通して互いに対向し得るように、上述のごとく支持されている。本実施形態において、上述した貫通孔部P1は、駆動歯車群GG1の各駆動歯車191〜193の歯車本体のうち上記格納回転位置に対する対応半径部位に形成されている。
中間位置センサS7は、駆動歯車群GG1の正転に伴う駆動歯車192の歯群192cの歯Taとの噛合状態からの被動歯車196の解離回転位置を、貫通孔部P2(後述する)でもって検出するものである。この中間位置センサS7は、その発光部及び受光部の間に、駆動歯車群GG1を介在させるように、適宜なステイ(図示しない)でもって、遊技板10の裏面に支持されている。
ここで、中間位置センサS7は、その発光部及び受光部にて、駆動歯車群GG1に形成した貫通孔部P2を通して互いに対向し得るように、上述のごとく支持されている。本実施形態において、上述した貫通孔部P2は、駆動歯車群GG1の各駆動歯車191〜193の歯車本体のうち上記解離回転位置に対する対応半径部位に形成されている。なお、貫通孔部P2は、貫通孔部P1とは異なる半径位置に形成されている。
また、演出表示位置センサS8は、表示パネル180aの上記演出表示位置に対応する被動歯車群GG2の回転位置(以下、演出表示回転位置ともいう)を貫通孔部P3(後述する)でもって検出するものである。この演出表示位置センサS8は、その発光部及び受光部の間に、被動歯車群GG2を介在させるように、適宜なステイ(図示しない)でもって、遊技板10の裏面に支持されている。
ここで、演出表示位置センサS8は、その発光部及び受光部にて、駆動歯車群GG1に形成した貫通孔部P3を通して互いに対向し得るように、上述のごとく支持されている。本実施形態において、上述した貫通孔部P3は、被動歯車群GG2の各被動歯車195〜197の歯車本体のうち上記格納回転位置に対する対応半径部位に形成されている。
主制御装置300は、図13及び図14から分かるように、センサ群S、第1被駆動素子群DRV1及び副制御装置400の間に接続されている。主制御装置300は、マイクロコンピュータからなるもので、この主制御装置300は、図13にて示すごとく、バスライン310と、このバスライン310を介し相互に接続してなる入力側インターフェース320、各出力側インターフェース330、340、350、CPU360、ソフトタイマー370、ROM380及びRAM390を備えている。なお、本実施形態において、以下、入力側インターフェースは、I/Fといい、また、出力側インターフェースは、O/Fという。
しかして、主制御装置300は、CPU360により、ソフトタイマー370からのパルス信号の発生ごとに、図15及び図18〜図29にて示すフローチャートに従いタイマー割り込みプログラムを実行する。
このタイマー割り込みプログラムの実行中において、主制御装置300は、CPU360により、センサ群Sからの出力に基づき、第1被駆動素子群DRV1及び副制御装置400の制御に要する種々の演算処理を行う。この演算処理の過程において、主制御装置300は、CPU360にて、ROM380の記憶データ(後述する)、RAM390内の一時的記憶データ、或いはI/F320を介するセンサ群Sからの出力を、バスライン310を通し入力されて、種々の演算処理を行い、各O/F330〜350を介する第1被駆動素子群DRV1及び副制御装置400への出力処理をする。なお、ソフトタイマー370は、当該パチンコ遊技機の電源投入に伴う主制御装置300の作動開始と同時にリセットされて計時を開始し、この開始後、4(ms)の経過毎に、上記パルス信号を発生し、バスライン310を介してCPU360に出力する。
ROM380には、上述したタイマー割り込みプログラムがCPU360により読み出し可能に予め記憶されている。また、ROM380には、大当たり乱数データRNA、大当たり図柄乱数データRNB、リーチ乱数データRNC、変動パターン乱数データRND、当たり乱数データRNE及び初期値乱数データRNF(図16(a)〜(f)参照)が、CPU360により読み出し可能に予め記憶されている。
さらに、ROM380には、大当たり乱数テーブルTB1、大当たり図柄乱数テーブルTB2、リーチ乱数テーブルTB3及び当たり乱数テーブルTB4(図17(a)〜(d)参照)が、CPU360により読み出し可能に予め記憶されている。
また、第1被駆動素子群DRV1は、図13にて示すごとく、上述した始動口アクチュエータ63、大入賞口アクチュエータ103、普通図柄表示器130、特別図柄表示器140、各普通図柄保留ランプ150及び各特別図柄保留ランプ160でもって構成されている。
副制御装置400は、図14にて示すごとく、払い出し制御部400a、演出制御部400b、画像制御部400c及びランプ制御部400dでもって構成されており、当該副制御装置400は、主制御装置300と第2被駆動素子群DRV2及び演出ボタンスイッチ200との間に接続されている。ここで、第2被駆動素子群DRV2は、払い出し駆動モータM、表示駆動回路172、両スピーカ220、発光ダイオード駆動回路180b、モータ駆動回路187、枠ランプ210、各星型盤ランプ110及び各星型可動役物120でもって構成されている。
払い出し制御部400aは、マイクロコンピュータからなるもので、この払い出し制御部400aは、バスライン410と、このバスライン410を介し相互に接続してなるI/F411、O/F412、CPU413、ROM414及びRAM415を備えている。
しかして、当該払い出し制御部400aは、CPU413により、ROM414に予め記憶済みの所定の払い出し制御プログラムを、所定のフローチャート(図示しない)に従い実行し、この実行中において、I/F40及びバスライン410を介する主制御装置300からの払い出しコマンド制御のもとに、払い出し駆動モータMの駆動制御を行う。これに伴い、払い出し駆動モータMは、遊技機本体Bの球タンク(図示しない)から球払い出し群(図示しない)内に進入する遊技球を、所定個数ずつ払い出すように作動する。なお、払い出し駆動モータMは、上記球払い出し群内に配設されている。
演出制御部400bは、主制御装置300からのコマンド制御のもとに、画像制御部400cを介し、主演出画像表示装置170の表示駆動回路172、両スピーカ220及び副演出画像表示装置180の発光ダイオード駆動回路180bを共に或いは選択的に駆動制御し、また、ランプ制御部400dを介し、枠ランプ210、各星形盤ランプ90及び各星形可動役物120を共に或いは選択的に駆動制御するものである。
当該演出制御部400bは、マイクロコンピュータからなるもので、この演出制御部400bは、バスライン420と、このバスライン420を介し相互に接続してなるI/F421、I/F422、I/O/F423、O/F424、CPU425、ROM426及びRAM427を備えている。なお、I/O/F423は、入出力側インターフェースを表す。
しかして、当該演出制御部400bは、CPU425により、演出制御プログラムを、図30及び図31にて示すフローチャートに従い実行する。この実行中において、当該演出制御部400bは、I/F421及びバスライン420を介する主制御装置300からのコマンド制御、I/O/F423を介する画像制御部400cからの要求やI/F422を介する演出ボタンスイッチ200の押動操作出力のもとに、I/O/F423やO/F424を介し画像制御部400cやランプ制御部400dを制御するように種々の演算処理を行う。なお、上記演出制御プログラムは、CPU425により読み出し可能にROM426に予め記憶されている。
画像制御部400cは、マイクロコンピュータからなるもので、この画像制御部400cは、バスライン430と、このバスライン430を介し相互に接続してなるI/O/F431、O/F432、CPU433、ROM434及びRAM435を備えている。
しかして、当該画像制御部400cは、CPU433により、ROM434に予め記憶した画像表示制御プログラムを、所定のフローチャート(図示しない)に従い実行し、この実行中において、演出処理部400bからのコマンド制御に基づき、主演出画像表示装置170の表示駆動回路172、両スピーカ220及び副演出画像表示装置180の発光ダイオード駆動回路180bを共に或いは選択的に駆動制御するに要する種々の演算処理をする。
ランプ制御部400dは、マイクロコンピュータからなるもので、このランプ制御部400dは、バスライン440と、このバスライン440を介し相互に接続してなるI/F441、O/F442、CPU443、ROM444及びRAM445を備えている。
しかして、当該ランプ制御部400dは、CPU443により、ROM444に予め記憶したランプ制御プログラムを、所定のフローチャート(図示しない)に従い実行し、この実行中において、演出処理部400bからのコマンド制御に基づき、枠ランプ210、両星形盤ランプ110、両星形可動役物120を共に或いは選択的に駆動制御するに要する種々の演算処理をする。
以上のように構成した本実施形態において、上記パチンコ遊技機がその電源投入により遊技可能な作動状態になると、主制御装置300が、副制御装置400とともに、作動状態になる。これに伴い、主制御装置300のソフトタイマー370がリセットされて計時を開始し、この開始後4(ms)の経過毎に、パルス信号を発生する。このため、主制御装置300は、ソフトタイマー370からのパルス信号の発生毎に、CPU360により、図15のフローチャートに従い上記タイマー割り込みプログラムを繰り返し実行する。
また、副制御装置400の作動開始に伴い、払い出し制御部400a、演出制御部400b、画像制御部400c及びランプ制御部400dが、共に、作動し始める。すると、払い出し制御部400aは、そのCPU413により、上記払い出し制御プログラムの実行を開始し、演出制御部400bは、CPU425により、上記演出制御プログラムの実行を、図30のフローチャートに従い開始し、画像制御部400cが、CPU433により、上記表示制御プログラムの実行を開始し、さらに、ランプ制御部400dが、CPU443により、上記ランプ制御プログラムの実行を開始する。
これに伴い、上記パチンコ遊技機は、遊技者による遊技の開始を待つ状態におかれる。しかして、ソフトタイマー370が上記電源投入に基づく主制御装置300の作動開始に伴いパルス信号を発生する毎に、上記タイマー割り込みプログラムの割り込みが実行される。このことは、当該タイマー割り込みプログラムの実行が、主制御装置300の作動開始後4(ms)の経過毎に繰り返され、かつ、上記タイマー割り込みプログラムの実行のための時間が、4(ms)の間、維持されることを意味する。
まず、ソフトタイマー370が最初のパルス信号を発生すると、上記タイマー割り込みプログラムは、上記最初のパルス信号に基づく割り込みにより、スタートステップにて実行開始される。すると、乱数更新処理ルーチン500において、大当たり乱数データRNA、大当たり図柄乱数データRNB、リーチ乱数データRNC、変動パターン乱数データRND及び当たり乱数データRNEが、それぞれ、次の各式(1)〜(5)に基づき、「1」ずつ、加算更新される。
RNA=RNA+1・・・(1)
RNB=RNB+1・・・(2)
RNC=RNC+1・・・(3)
RND=RND+1・・・(4)
RNE=RNE+1・・・(5)
ここでは、乱数が、数列(例えば、0〜299)に沿い、上記パチンコ遊技機の電源投入と同時に、初期値「0」で開始し、順次、「1」ずつ、加算していき、最終値「299」に達するとリセットにより上記初期値「0」に戻る。
従って、乱数がある乱数値に達する周期が、一定になる。また、「乱数」とは、無秩序でありかつ全体として出現頻度の等しい数からなる数列中のある数をいうもので、この乱数は、例えば、大当たり乱数データRNAにおいて、主演出画像表示装置170により当選の可否を表示するに先立ち、遊技球の始動入賞口51への入賞時期に対応する乱数値でもって、特賞等の役の当選の可否を判定するために用いられる。
現段階では、主制御装置300の作動開始時であることから、乱数更新処理ルーチン500では、式(1)〜式(5)の各左辺におけるRNA、RNB、RNC、RND及びRNEの各初期値は、共に、「0」となる。従って、式(1)〜式(5)において、RNA=1、RNB=1、RNC=1、RND=1及びRNE=1とセットされる(図16(a)〜(e)参照)。
然る後、現段階では、遊技球の始動入賞口51やスルーゲート70への入球はないことから、上記タイマー割り込みプログラムは、始動口処理ルーチン600、ゲート処理ルーチン700、センサ出力に基づく処理ルーチン800及び賞球処理ルーチン900(図15参照)を通り特別図柄処理ルーチン1000に進む(図15及び図18参照)。
この特別図柄処理ルーチン1000において、現段階では、未だ遊技者による遊技は、開始されておらず、遊技状態が大当たり遊技状態及び図柄変動状態のいずれでもない。従って、大当たり中及び変動中のいずれでもないことから、両ステップ1010、1020における判定は順次NOとなる。また、現段階では、遊技球の遊技球の始動入賞口51への入賞に基づく遊技球の保留は未だ発生していないことから、ステップ1030における判定もNOとなる。これに伴い、上記タイマー割り込みプログラムは、次の普通図柄処理ルーチン2000(図15及び図23参照)に進む。
この普通図柄処理ルーチン2000においては、上記パチンコ遊技機の遊技状態は補助遊技状態及び変動状態のいずれでもないことから、各ステップ2100、2200において順次NOと判定される。さらに、現段階では遊技球によるスルーゲート70の通過もないことから、これに対応するゲートセンサS3の出力に基づき、2300における判定もNOとなる。これに伴い、上記タイマー割り込みプログラムは、次の大入賞口処理ルーチン3000(図15参照)に進む。
この大入賞口処理ルーチン3000では、現段階では、上述のごとく未だ遊技がなされておらず、従って、大当たり遊技中、短当たり遊技中及び小当たり遊技中のいずれでもないことから、長当たり時間開放処理サブルーチン3100(図24参照)のステップ3110、短当たり時開放処理サブルーチン3200(図25参照)のステップ3210及び小当たり時間開放処理ルーチン3300(図27参照)のステップ3310において、順次、NOと判定される。
本実施形態において、長当たり時間開放処理サブルーチン3100及び短当たり時開放処理サブルーチン3200が、大当たり時開放処理サブルーチンに対応する。そして、長当たり時間開放処理サブルーチン3100における「長当たり」及び短当たり時開放処理サブルーチン3200における「短当たり」の双方が、大当たり時開放処理サブルーチンにおける「大当たり」に含まれる。
また、「長当たり」とは、遊技球の大量獲得を目的とする15ラウンド大当たりに相当し、15ラウンドに亘り、1ラウンド毎に、大入賞口102への遊技球の入賞数が9個或いは大入賞口102の開放時間が30(秒)となる大当たりをいう。また、「短当たり」とは、遊技球の大量獲得を目的としない15ラウンド大当たりに相当し、15ラウンドに亘り、1ラウンド毎に、大入賞口102の開放時間が0.5(秒)となる大当たりをいう。但し、この短当たり遊技の終了に伴い、遊技状態が確変遊技状態におかれる。なお、「ラウンド」とは、アタッカー100の大入賞口102の開放回数をいう。
また、小当たり時間開放処理ルーチン3300における「小当たり」とは、遊技球の大量獲得を目的としない15回に亘る当たり、即ち、15回小当たりに相当し、15回に亘り、1回ごとに、大入賞口102の開放時間が0.5(秒)となる当たりをいう。但し、短当たりとは異なり、小当たり遊技の終了に伴い、この終了前の遊技状態がそのまま維持される。
上述のようなステップ3310におけるNOと判定に伴い、大入賞口処理ルーチン3000の処理が終了し、上記タイマー割り込みプログラムは、次の電チュー処理ルーチン4000(図15及び図29参照)に進む。すると、現段階では、当該パチンコ遊技機の遊技状態が補助遊技状態にはないことから、補助遊技中ではない。このため、ステップ4100における判定がNOとなる。
これに伴い、上記タイマー割り込みプログラムは、次の出力処理ルーチン5000(図15参照)に進む。現段階では、上記パチンコ遊技機による遊技者の遊技は開始されていないことから、主制御装置300において、CPU360は、遊技者の遊技を待つ状態を表すコマンドを副制御装置400に出力する。
しかして、出力処理ルーチン5000の処理が上述のように終了すると、上記タイマー割り込みプログラムは、初期値乱数更新ルーチン6000(図15参照)に進む。ここでは、乱数の数列(例えば、0〜299)における最終値が発現したとき、次の乱数の初期値を偶発性のある値により決定する。例えば、乱数が初期値「0」から加算更新されて最終値「299」になったとき、次の初期値は、「0」ではなく、上記乱数の数列のうちの任意の値となる。これは、乱数が1周する毎に初期値を変更して、特定の乱数が出現する時期に周期性が表れないようにするのに役立つ。
上述のようにタイマー割り込みプログラムが初期値乱数更新ルーチン6000に進むと、初期値乱数データRNFが、次の式(6)に基づき、「1」だけ、加算更新される(図16(f)参照)。
RNF=RNF+1・・・(6)
ここで、上述のようにタイマー割り込みプログラムが初期値乱数更新ルーチン6000に進んだ後の当該初期値乱数更新ルーチン6000の実行に与えられる時間は、乱数更新処理ルーチン500の処理開始から出力処理ルーチン5000の処理終了までに要した時間を、4(ms)から減じた残りの時間となる。従って、この残りの時間の間、初期値乱数データRNFでは、乱数が、初期値乱数更新ルーチン6000の閉ループ処理のもとに、式(6)に基づき、0から299にかけて、順次、「1」ずつ、繰り返し、加算更新される。
しかして、ソフトタイマー370が、上記最初のパルス信号に後続して、パルス信号を発生すると、主制御装置300は、CPU360により、上述の初期値乱数更新ルーチン6000の閉ループ処理から脱出して、上記タイマー割り込みプログラムを、再び、スタートステップから実行し始める。このとき、初期値乱数データRNFにおいて上述の初期値乱数更新ルーチン6000の閉ループ処理からの脱出する直前の乱数でもって、次の乱数更新処理ルーチン500における大当たり乱数データRNAの初期値として設定される。
従って、上述のようにタイマー割り込みプログラムの実行が再びスタートステップから開始されると、乱数更新処理ルーチン500において、大当たり乱数データRNAの乱数が、式(1)に基づき、上述の初期値乱数更新ルーチン6000の閉ループ処理からの脱出直前における初期値乱数データRNFの乱数を、初期値として、「1」だけ、加算更新される。なお、大当たり図柄乱数データRNB、リーチ乱数データRNC、変動パターン乱数データRND及び当たり乱数データRNEは、それぞれ、「1」ずつ加算更新される。
ついで、上記タイマー割り込みプログラムが、上述と同様に、始動口処理ルーチン600から出力処理ルーチン5000にかけて実行され、初期値乱数更新ルーチン6000の実行に移行する。これに伴い、初期値乱数データRNBの乱数は、初期値乱数更新ルーチン6000の閉ループ処理のもとに、式(6)に基づき、0から299にかけて、順次、「1」ずつ、繰り返し、加算更新される。
以後、ソフトタイマー370がパルス信号を順次発生する毎に、即ち、主制御装置300の作動開始後4(ms)の経過毎に、上記タイマー割り込みプログラムが割り込み実行される。そして、この割り込み実行毎に、乱数更新処理ルーチン500において、大当たり乱数データRNAが、初期値乱数更新ルーチン6000の閉ループ処理にて大当たり乱数データRNAの初期値として設定される初期値乱数データRNBの値をもとに、式(1)に基づき「1」ずつ加算更新されるとともに、大当たり図柄乱数データRNB、リーチ乱数データRNC、変動パターン乱数データRND及び当たり乱数データRNEが、それぞれ、「1」ずつ、加算更新される。そして、これらのような加算更新毎に、乱数更新処理ルーチン500に後続する始動口処理ルーチン600〜初期値乱数更新ルーチン6000の処理が上述と同様に繰り返される。
以上のような状態において、遊技者が、遊技球の払い出しを受けて上記パチンコ遊技機による遊技を開始すると、当該パチンコ遊技機が遊技作動モードにおかれる。以下、この遊技作動モードを、主制御装置側遊技作動モード及び複制御装置側遊技作動モードに分けて説明する。
(1)主制御装置側遊技作動モード
上述のように、遊技者が、遊技を開始するにあたり、上記パチンコ遊技機のハンドルHを回動操作すれば、遊技球が、順次、上記球発射装置によりガイドレール20を通り遊技領域12内に発射される。
なお、このような段階においても、上記タイマー割り込みプログラムは、ソフトタイマー370からのパルス信号の発生毎に、上述と同様に、繰り返し割り込み実行される。そして、この上記タイマー割り込みプログラムの割り込み実行毎に、乱数更新処理ルーチン500において、大当たり乱数データRNA、大当たり図柄乱数データRNB、リーチ乱数データRNC、変動パターン乱数データRND及び当たり乱数データRNEが、上述と同様に、加算更新される。
(1)始動口処理
乱数更新処理ルーチン500の更新処理が上述のように終了すると、上記タイマー割り込みプログラムは始動口処理ルーチン600(図15参照)に進む。この始動口処理ルーチン600の処理は、大当たりの抽選の機会を形成するために、次のようになされる。
上述のように遊技領域12内に順次発射された遊技球がスタートチャッカー50の始動入賞口51に入賞する毎に、当該遊技球の始動入賞口51への入賞に対する始動入賞口センサS1による検出に基づき、遊技球の始動入賞口51への入賞を表す保留数Uが次の式(7)に基づき、U=4の成立まで、加算更新される。
U=U+1・・・(7)
そして、上述の保留数Uの加算更新毎に、現段階における乱数更新処理ルーチン500(図15参照)の大当たり乱数データRNA、大当たり乱数データRNB、リーチ乱数データRNC、変動パターン乱数データRND、当たり乱数データRNE及びリーチ乱数データRNCの各最新の乱数が、大当たり抽選用乱数としてRAM390にセットされる。
(2)ゲート処理
上述のような始動口処理ルーチン600の終了に伴い、上記タイマー割り込みプログラムは、ゲート処理ルーチン700(図15参照)に進む。このゲート処理ルーチン700の処理は、当たりの抽選の機会を形成するために、次のようになされる。
上述のごとく発射された遊技球がスルーゲート70を通過する毎に、当該遊技球のスルーゲート70の通過に対するゲートセンサS3による検出に基づき、遊技球のスルーゲート70の通過を表す保留数Gが、次の式(8)に基づき、G=4の成立まで加算更新される。
G=G+1・・・・(8)
そして、上述の保留数Gの加算更新毎に、現段階における乱数更新処理ルーチン500(図15参照)の当たり乱数データRNEの最新の乱数が当たりの抽選の機会を形成するための当たり抽選用乱数としてRAM390にセットされる。
(4)賞球処理
然る後、上記タイマー割り込みプログラムが次の賞球処理ルーチン900(図15参照)に進むと、この賞球処理ルーチン900において、上述した遊技球の始動入賞口51への入賞数に応じた賞球コマンド或いは遊技球のスルーゲート70に対する通過数に応じたコマンドが設定される。
(5)特別図柄処理
ついで、上記タイマー割り込みプログラムが特別図柄処理ルーチン1000(図15及び図18参照)に進むと、ステップ1010(図18参照)において、大当たり遊技中か否かが判定される。現段階において、ステップ1310(図18参照)で既に変動開始処理済みであれば、大当たり遊技中であることから、ステップ1010においてYESと判定される。
一方、現段階において、ステップ1310における変動開始処理が未だなされていなければ、大当たり中でないことから、ステップ1010においてNOと判定される。すると、次のステップ1020において変動中か否かが判定される。現段階では、上述のようにステップ1310における変動開始処理がなされておらず、ステップ1020における判定はNOとなり、ステップ1030において、U≧1か否かが判定される。
しかして、始動口処理ルーチン600における最新の保留数がU=0であれば、U≧1が不成立であるから、ステップ1030においてNOと判定される。一方、始動口処理ルーチン600における最新の保留数がU≧1であれば、ステップ1030においてYESと判定されて、ステップ1031において、保留数Uが、次の式(9)に基づき、減算更新される。
U=U−1・・・・(9)
ステップ1031における処理後、特別図柄処理ルーチン1000は、大当たり判定処理サブルーチン1100(図18及び図19参照)に進む。すると、ステップ1110における大当たり抽選用乱数セット処理において、始動口処理ルーチン600にてセット済みの大当たり乱数データRNAの最新の乱数が選択されてセットされる。然る後、ステップ1120において、大当たりか否かが判定される。
本実施形態では、大当たりは、大当たり乱数テーブルTB1(図17(a)参照)中の乱数値、例えば、「7」で特定されているものとする。上述したステップ1110における最新の大当たり抽選用乱数が、乱数「7」でなければ、ステップ1120における判定はNOとなり、次のステップ1121におけるハズレ図柄セット処理において、上記ハズレ図柄がセットされる。このことは、ステップ1120において、ハズレとの抽選がなされたことを意味する。
一方、上述した最新の大当たり抽選用乱数が、「7」であれば、ステップ1120においてYESと判定される。このことは、大当たりとの抽選がなされたことを意味する。そして、次のステップ1122における大当たり図柄選択用乱数セット処理において、始動口処理ルーチン600にてセット済みの大当たり図柄乱数テーブルTB2(図17(b)参照)の最新の乱数が選択されてセットされる。
ついで、ステップ1130において確変図柄か否かが判定される。本実施形態では、確変図柄は、大当たり図柄乱数テーブルTB2中の乱数値、例えば、「7」で特定されているものとする。上述したステップ1122における最新の大当たり図柄選択用乱数が「7」でなければ、確変図柄に対応する乱数値でないことから、ステップ1130においてNOと判定された後、次のステップ1131における通常図柄セット処理において、通常図柄N1〜N4のいずれか(図17参照)がセットされる。
一方、上述した最新の大当たり図柄選択用乱数が「7」であれば、確変図柄に対応する乱数であることから、ステップ1130においてYESと判定された後、ステップ1132における確変図柄セット処理において、確変図柄A1〜A4、B1及びB2のいずれか(図17参照)がセットされる。
このようにして大当たり判定処理サブルーチン1100の処理が終了すると、特別図柄処理ルーチン1000は、次の変動パターン選択処理サブルーチン1200(図18及び図20参照)に進む。すると、ステップ1210における変動パターン選択用乱数のセット処理において、乱数更新処理ルーチン500(図15参照)における変動パターン乱数データRNDの最新の乱数が、変動パターン選択用乱数としてセットされる。
然る後、ステップ1220において、大当たりか否かが判定される。ここで、ステップ1110(図19参照)での大当たり抽選用乱数に基づくステップ1120におけるYESとの判定を根拠に大当たりであれば、ステップ1220においてYESと判定される。
ついで、ステップ1230において短当たりか否かが判定される。しかして、短当たりでなければ、長当たりであることから、ステップ1230において、NOと判定された後、ステップ1231における長当たり用テーブルのセット処理において、長当たりを特定するテーブルがセットされる。当該長当たり用テーブルは、大入賞口102の15ラウンド大当たり開放パターン(大入賞口開放パターに相当)を表すデータとして、ROM380に予め記憶されている。なお、上記15ラウンド大当たり開放パターンは、15ラウンドに亘り、1ラウンド毎に、大入賞口102への遊技球の入賞数を9個或いは大入賞口102の開放時間を30(秒)とするように設定されている。
一方、短当たりであるために、ステップ1230における判定がYESになったときには、ステップ1241における潜伏用テーブルのセット処理において、短当たり状態を潜伏させるための短当たり潜伏用テーブルがセットされる。なお、この短当たり潜伏用テーブルは、大入賞口102の短当たり開放パターンを表すデータとして、ROM380に予め記憶されており、当該短当たり潜伏用テーブルの上記短当たり開放パターンは、2ラウンドに亘り、1ラウンドごとに、大入賞口102の開放時間を0.5(秒)とするように設定されている。
一方、上述のステップ1220における判定がNOとなったときには、ステップ1240において小当たりか否かが判定される。しかして、小当たりであるために、ステップ1240における判定がYESとなったときには、ステップ1241における潜伏用テーブルのセット処理において、小当たり状態を潜伏させるための小当たり潜伏用テーブルがセットされる。なお、この小当たり潜伏用テーブルは、大入賞口102の小当たり開放パターンを表すデータとして、ROM380に予め記憶されており、当該小当たり潜伏用テーブルにおいて、上記小当たり開放パターンは、15回に亘り、1回毎に、大入賞口102の開放時間が0.5(秒)となるように設定されている。
また、ステップ1240において、小当たりでなければ、NOと判定される。これに伴い、ステップ1243におけるリーチ選択用乱数セット処理において、始動口処理ルーチン600にてセット済みのリーチ乱数データRNCの最新の乱数が選択されてリーチ選択用乱数としてセットされる。本実施形態では、リーチは、リーチ乱数テーブルTB3(図17(c)参照)中の乱数値、例えば、「7」で特定されているものとする。
ついで、ステップ1250において、リーチか否かが判定される。ステップ1243におけるリーチ選択用乱数が、「7」であれば、リーチであることから、ステップ1250においてYESと判定された後、次のステップ1251におけるリーチ用テーブルのセット処理において、リーチの態様を表すリーチ用テーブルがセットされる。なお、当該リーチ用テーブルは、ROM380に予め記憶されている。
一方、ステップ1243におけるリーチ選択用乱数が、「7」でなければ、リーチでないことから、ステップ1250においてNOと判定された後、ステップ1252におけるハズレ用テーブルのセット処理において、ハズレの態様を表すハズレ用テーブルがセットされる。なお、当該ハズレ用テーブルは、ROM380に予め記憶されている。
上述のように、各ステップ1231、1241、1251及び1252のいずれかの処理が終了すると、次のステップ1260における変動パターン選択用乱数のセット処理において、乱数更新処理ルーチン500(図15参照)における変動パターン乱数データRNDの最新の乱数が変動パターン選択用乱数としてセットされる。
すると、次のステップ1270において、変動パターンセット処理がなされる。ここでは、上記変動パターン選択用乱数により特定される変動パターンが、変動パターンテーブルに基づき、長当たり用、短当たり用、小当たり用或いはリーチ用の変動パターンとして、セットされる。本実施形態では、上記変動パターンテーブルが、変動パターン乱数データRND中の各乱数と当該各乱数に対応する各対応変動パターン(長当たり用、短当たり用、小当たり用及びリーチ用の各変動パターン)との関係でもって特定されて、ROM380に予め記憶されている。
このようにして変動パターン選択処理サブルーチン1200の処理が終了すると、次のステップ1300(図18参照)において、変動開始コマンドセット処理がなされる。これに伴い、ステップ1270でセット済みの変動パターンに対する変動開始コマンドがセットされる。
ついで、ステップ1310における変動開始処理において、主制御装置300が、CPU360により、ステップ1270でセット済みの変動パターンを表示するように特別図柄表示器140を駆動する。このため、特別図柄表示器140は、当該変動パターンによる特別図柄の変動表示を行う。
ステップ1310の処理後、ステップ1320における変動時間計時開始処理において、上記変動パターンの変動時間の計時が開始される。ここで、この変動時間の計時は、主制御装置300に内蔵のソフトタイマーにより行われる。
然る後、特別図柄処理ルーチン1000が再びステップ1020に進んだとき、YESと判定されると、次のステップ1400において、変動時間の終了か否かが判定される。現段階において、ステップ1320で変動時間計時開始された変動時間が未だ所定の変動時間に達していなければ、ステップ1400における判定はNOとなる。
このような状態において、特別図柄処理ルーチン1000が、再び、ステップ1400に進んだとき、ステップ1320で変動時間計時開始された変動時間が上記所定の変動時間に達していれば、当該ステップ1400において、YESと判定される。すると、ステップ1410における変動停止コマンドセット処理において、変動停止コマンドが、ステップ1310において開始された変動パターンの変動表示を停止させるようにセットされる。
ついで、ステップ1420における変動停止処理において、主制御装置300が、CPU360により、上述した特別図柄表示器140による特別図柄の変動表示を停止させる。このため、特別図柄表示器140は、当該変動パターンによる特別図柄の変動表示を停止する。
ステップ1420の処理後、ステップ1430における変動時間のリセット処理において、上記所定の変動時間がリセットされて、特別図柄処理ルーチン1000は、停止中処理サブルーチン1500(図18及び図21参照)に進む。
換言すれば、特別図柄処理ルーチン1000において、大当たり或いはハズレとの判定(図19のステップ1120参照)がなされた後、大当たり(長当たり或いは短当たり)、短当たり、小当たり或いはハズレとの判定(図20の各ステップ1220、1230、1240参照)に伴いセットされた長当たり、短当たり、小当たり或いはハズレ用変動パターンの変動演出がなされ、その停止に伴い、停止中処理サブルーチン1500の処理がなされる。
この停止中処理サブルーチン1500では、ステップ1510(図21参照)において当たりか否かが判定される。ここで、当該当たりとは、長当たり、短当たり及び小当たりのいずれかをいう。現段階において、ステップ1270(図20参照)にてセット済みの変動パターンが長当たり用、短当たり用及び小当たり用の各変動パターンのいずれでもなければ、当たりでないことから、ステップ1510においてNOと判定される。
すると、次のステップ1520においてJ=0か否かが判定される。ここで、Jは、時短遊技中の特別図柄の変動回数を表す。なお、「時短遊技」とは、非確変図柄による長当たり遊技の終了後、特別図柄変動時間が短縮され、かつ電動チューリップ60の開放時間が延長されることにより、遊技者の持ち球を減少させることなく効率よく特別図柄を変動表示させる遊技をいう。
現段階において、J=0でなければ、ステップ1520において、NOと判定された後、次のステップ1521において、変動回数Jが、次の式(10)に基づき「1」だけ減算更新される。
J=J−1・・・・(10)
ついで、ステップ1530において、J=0か否かにつき、再度、判定される。現段階において、J=0でなければ、ステップ1530においてNOと判定される。然る後、停止処理ルーチン1500が、少なくとも1回、ステップ1530に達したとき、J=0であれば、ステップ1530においてYESと判定される。これにより、時短遊技が終了する。そして、次のステップ1531における通常遊技状態セット処理において、通常遊技状態がセットされる。この通常遊技状態は、特別図柄の当選確率が通常の確率(1/300)であること及び普通電動役物である電動チューリップ60bの開放パターンが通常のパターン(特別図柄を30(秒)変動表示した後に電動チューリップ60bを0.1(秒)開放するパターン)であることの双方の遊技状態をいう。
上述したステップ1510において、ステップ1270(図20参照)にてセット済みの変動パターンが長当たり用、短当たり用及び小当たり用の各変動パターンのいずれかであることから、YESと判定された場合には、次のステップ1540において、長当たりか否かにつき判定される。ここで、ステップ1270(図20参照)にてセット済みの変動パターンが長当たり用でなければ、当該ステップ1540における判定はNOとなる。
これに伴い、ステップ1540aにおいて小当たりか否かにつき判定される。ここで、ステップ1270(図20参照)にてセット済みの変動パターンが小当たり用変動パターンであれば、この小当たり用変動パターンは小当たりに対応することから、ステップ1540aにおいてYESと判定され、ステップ1541における小当たり開始コマンドセット処理において、小当たり演出にあたり演出制御部400bに出力するための小当たり開始コマンドがセットされる。
ついで、ステップ1542において小当たり開始処理がなされる。ここでは、アタッカー100に対する開放処理が次のようになされる。アタッカー100は、上記小当たり潜伏用テーブル(図20のステップ1241参照)に基づき、CPU360による制御のもとに駆動される。即ち、アタッカー100の大入賞口扉101が、上記小当たり潜伏用テーブルに基づきCPU360による制御を受けて、大入賞口アクチュエータ103により駆動されて、大入賞口102の開放及び閉鎖を、上記小当たり潜伏用テーブルの小当たり開放パターンに従い行う。換言すれば、大入賞口102は、1回毎に、0.5(秒)ずつ開放される。これに伴い、上述のように遊技領域12内に発射された遊技球が、大入賞口102に入賞し易くなる。
上述のようにステップ1542の処理がなされると、ステップ1543における小当たり開始信号出力処理において、小当たり遊技の開始を表す小当たり開始信号が副制御装置400に出力される。
一方、上述のステップ1540aにおいて、ステップ1270(図20参照)にてセット済みの変動パターンが長当たり用及び短当たり用のいずれかの変動パターンであれば、小当たりでないことから、NOと判定される。これに伴い、停止中処理ルーチン1500は、次の確変遊技状態サブルーチン1550(図21及び図22参照)に進む。
すると、確変遊技状態サブルーチン1550のステップ1551(図22参照)において、確変図柄A1〜A4のいずれかであるか否かについて判定される。現段階において、ステップ1132(図19参照)にてセット済みの確変図柄が、確変図柄A1〜A4(図17参照)のいずれかであれば、当該ステップ1551においてYESと判定された後、次のステップ1552における確変遊技状態セット処理において、遊技状態が確変遊技状態(第1高確率遊技状態)にセットされる。
ここで、第1高確率遊技状態は、特別図柄の当選確率が通常遊技状態における確率(1/300)よりも高い確率(1/30)であること、及び電動チューリップ60の開放パターンが上記通常遊技状態よりも入賞し易い開放パターン(特別図柄を30(秒)変動表示した後電動チューリップ60bを3(秒)開放するパターン)であることの双方の遊技状態をいう。このような第1高確率遊技状態がセットされると、第1高確率遊技状態であることが、無条件で、例えば、「確率変動中」として、演出画像表示装置170によりその表示器171にて表示される。
また、上述のステップ1551における判定がNOとなる場合には、ステップ1553において、確変図柄B1又はB2か否かについて判定される。現段階において、ステップ1132(図19参照)にてセット済みの確変図柄が、確変図柄B1又はB2(図17参照)のいずれかであれば、ステップ1553においてYESと判定された後、ステップ1554における時短遊技状態セット処理において、遊技状態が、時短遊技状態にセットされる。これに伴い、次のステップ1555において、時短遊技中の特別図柄の変動回数Jが、J=100とセットされる。なお、上述の時短遊技状態とは、特別図柄の当選確率が通常遊技状態の確率であること、及び電動チューリップ60の開放パターンが通常遊技状態よりも入賞し易い開放パターンであることの双方の遊技状態をいう。
また、上述のステップ1553における判定がNOとなる場合には、次のステップ1556において、通常遊技状態か否かについて判定される。現段階において、遊技状態が通常遊技状態でなければ、ステップ1556におけるNOとの判定後、ステップ1552の処理が上述と同様になされる。また、ステップ1556における判定がYESとなる場合には、次のステップ1557における潜伏確変遊技状態セット処理において、遊技状態が、潜伏確変遊技状態(第2高確率遊技状態)にセットされる。ここで、当該第2高確率遊技状態は、第1高確率遊技状態の場合と同様に特別図柄の当選確率が上記通常遊技状態における確率(1/300)よりも高い確率(1/30)であること、及び電動チューリップ60の開放パターンが通常のパターン(特別図柄を30(秒)変動表示した後電動チューリップ60を0.1(秒)開放するパターン)であることの双方の遊技状態をいう。なお、潜伏確変遊技状態とは非報知の遊技状態をいう。
以上のようにしてステップ1552或いは1555の処理が終了すると、次のステップ1558において、駆動機構の駆動指令処理がなされる。これに伴い、後述のごとく、駆動機構180cの駆動指令が、主制御装置300のCPU360から副制御装置400の演出制御部400bに出力される。なお、ステップ1557の処理後は、確変遊技状態設定処理サブルーチンは、ステップ1558の処理を伴うことなく、エンドステップに進む。
然る後、停止中処理ルーチン1500は、確変遊技状態サブルーチン1550からステップ1550aに進み、短当たりか否かが判定される。現段階では、上述のごとく、短当たりであることから、ステップ1550aにおいて、YESと判定される。然る後、ステップ1560における短当たり開始コマンドセット処理において、ステップ1540aにおけるNOとの判定の根拠が、上述のごとく、ステップ1270(図20参照)にてセット済みの短当たり用変動パターンであることから、短当たり開始コマンドは、短当たり遊技の開始コマンドとしてセットされる。
ついで、次のステップ1561における短当たり開始処理において、アタッカー100に対する開放開始処理が次のように開始される。即ち、アタッカー100の駆動が、上記短当たり潜伏用テーブル(ステップ1241参照)の短当たり開放パターンに基づき、CPU360による制御のもとに開始される。
上述したステップ1561の処理後、次のステップ1562における短当たり開始信号出力処理において、主制御装置300は、CPU360により、短当たり遊技の開始を表す短当たり開始信号を副制御装置400に出力する。
また、上述のごとく、停止中処理ルーチン1500が、ステップ1510にてYESと判定された後ステップ1540に進んだとき、ステップ1270(図20参照)にてセット済みの変動パターンが長当たり用変動パターンであれば、この変動パターンは長当たりに対応することから、当該ステップ1540においてYESと判定される。
これに伴い、確変遊技状態設定サブルーチン1550(図22参照)の処理が上述と同様になされる。なお、ステップ1554における時短遊技状態及びステップ1557における潜伏確変遊技状態セット処理は、上述した短当たりの場合のステップ1554及びステップ1557のおける処理と同様である。
しかして、確変遊技状態サブルーチン1550の処理が上述と同様にステップ1552、1557或いは1555の処理でもって終了すると、停止中処理ルーチン1500は、上述と同様にステップ1550a(図21参照)に進む。このステップ1550aでは、上述のごとく長当たりであることから、NOと判定される。
然る後、ステップ1570において、長当たり開始コマンドがセットされる。ここでは、ステップ1540におけるYESとの判定の根拠が、上述のごとく、ステップ1270(図20参照)にてセット済みの長当たり用変動パターンであることから、長当たり開始コマンドは、長当たり遊技の開始コマンドとしてセットされる。
ついで、次のステップ1571における長当たり開始処理において、アタッカー100が、上記長当たり用テーブルに基づき、CPU360による制御のもとに駆動される。即ち、アタッカー100が、大入賞口102の開閉を、上記長当たり開放パターンに基づき繰り返す。換言すれば、アタッカー100は、大入賞口102を、15ラウンドに亘り、1ラウンド毎に、遊技球を9個入賞させ或いは30(秒)の経過まで開放する。これに伴い、上述のように遊技領域12内に案内された遊技球が、小当たりや短当たりの場合に比べて、より一層、大入賞口102に入賞し易くなる。その結果、遊技者は、多数の遊技球を賞球として獲得するチャンスを得ることが可能となる。
上述したステップ1571の処理後、次のステップ1572における長当たり開始信号出力処理において、長当たり遊技の開始を表す長当たり開始信号が、主制御装置300により、CPU360でもって、副制御装置400に出力される。
(6)普通図柄処理
上述のようにして特別図柄処理ルーチン1000の処理が終了すると、上記タイマー割り込みプログラムは、普通図柄処理ルーチン2000(図15及び図23参照)に進む。すると、ステップ2100(図23参照)において補助遊技中か否かにつき判定される。現段階において、補助遊技中であれば、ステップ2100における判定はYESとなる。なお、「補助遊技中」とは、普通図柄抽選に当選して電動チューリップ60の開放動作中であることをいう。
一方、補助遊技中でなければ、ステップ2100においてNOと判定された後、次のステップ2200において、変動中か否かが判定される。現段階において、普通図柄の変動中でなければ、ステップ2200におけるNOとの判定後、ステップ2300において、G≧1か否かにつき判定される。ここで、ゲート処理ルーチン700(図15参照)における最新の保留数GがG=0であれば、ステップ2300における判定はNOとなる。一方、G≧1が成立すれば、ステップ2300においてYESと判定された後、ステップ2310において、次の式(11)に基づき、保留数Gが「1」だけ減算更新される。
G=G−1・・・・(11)
然る後、ステップ2311における当たり抽選用乱数セット処理において、乱数更新処理ルーチン500(図15参照)における当たり乱数データRNEの最新の乱数が当たり抽選用乱数としてセットされる。
ついで、ステップ2320において当たりか否かにつき判定される。即ち、現段階において、ゲート処理ルーチン700(図15参照)において取得した乱数が予めセット済みの当選値と一致するか否かによって、普通図柄抽選に当選したか否かが判定される。当たり、即ち、普通図柄抽選における当選であれば、ステップ2320における判定はYESとなり、次のステップ2321における当たり図柄セット処理において、当たり図柄(図17の各普通図柄N1〜N4のいずれか)がセットされる。また、ステップ2320における判定がNOとなる場合には、ステップ2322におけるハズレ図柄セット処理において、上記ハズレ図柄がセットされる。
ステップ2321或いは2322における処理後、ステップ2330において、確変又は時短の遊技状態か否かにつき判定される。現段階において、確変及び時短のうちのいずれかの遊技状態であれば、ステップ2330においてYESと判定された後、ステップ2331において、変動時間が3(秒)にセットされる。一方、ステップ2330における判定がNOとなるときには、通常遊技状態或いは潜伏確変遊技状態であることから、ステップ2332において、変動時間が29(秒)とセットされる。なお、潜伏確変遊技状態でも、ステップ2330における判定がNOとなるのは、潜伏確変遊技状態では、大当たりの当選確率は高くなるが、その他の遊技状態は、通常遊技状態と同様であるためである。
このようにして、ステップ2331或いはステップ2332の処理がなされた後は、ステップ2333における変動開始処理において、普通図柄表示器130により、ステップ2321にてセット済みの当たり図柄或いはステップ2322にてセット済みのハズレ図柄の変動表示が開始される。これに伴い、ステップ2334における変動時間計時開始処理において、主制御装置300に内蔵のソフトタイマーがリセットされて計時を開始する。
然る後、普通図柄処理ルーチン2000が再びステップ2200に進むと、ステップ2333において既に変動開始済みであることから、当該ステップ2200においてYESと判定される。すると、ステップ2340において変動時間終了か否かが判定される。ここで、ステップ2334において計時開始済みの上記ソフトタイマーの計時時間が、上記変動時間(ステップ2331或いはステップ2332におけるセット時間)に達していなければ、ステップ2340における判定はNOとなる。
このような状態において、普通図柄処理ルーチン2000が再びステップ2340に進んだとき、ステップ2334において計時開始済みの上記ソフトタイマーの計時時間が上記所定の変動時間に達していれば、ステップ2340においてYESと判定される。これに伴い、ステップ2341における変動停止処理において、ステップ2333において開始した当たり図柄或いはハズレ図柄の変動が普通図柄表示器130において停止される。なお、ステップ2342において、上記変動時間(ステップ2331或いはステップ2332におけるセット時間)のリセットがなされる。
然る後、次のステップ2400において、ステップ2320の判定と同様に、当たりか否かについて判定される。ここで、ステップ2400における判定がYESとなるときには、当たりであることから、ステップ2410における補助遊技開始処理において、補助遊技が開始される。これに伴い、電動チューリップ60の開放制御がなされる。一方、当たりでなければ、ステップ2400における判定はNOとなる。これに伴い、現在の遊技状態を保持したまま普通図柄処理ルーチン2000の処理が終了する。
(7)大入賞口処理
以上のようにして普通図柄処理ルーチン1000の処理が終了すると、上記タイマー割り込みプログラムは、大入賞口処理ルーチン3000(図15参照)に進む。この大入賞口処理ルーチン3000の長当たり時開放処理サブルーチン3100(図24参照)において、ステップ3110にて長当たり遊技中か否かが判定される。現段階において、ステップ1571(図21参照)において長当たり開始処理がなされていなければ、長当たり遊技中でないことから、ステップ3110においてNOと判定される。一方、現段階において、ステップ1571において長当たり開始処理済みであれば、長当たり遊技中であることから、ステップ3110における判定はYESとなる。
このようにステップ3110における判定がYESになると、次のステップ3120において、オープニング中か否かが判定される。ここで、「オープニング中」とは、長当たり遊技の開始に伴い当該長当たり遊技の開始を表すオープニング演出中であることをいう。現段階において、上記オープニング中であれば、ステップ3120においてYESと判定された後、ステップ3130において、オープニング時間経過か否かが判定される。ここで、「オープニング時間経過」とは、所定のオープニング時間の経過をいう。現段階において、この所定のオープニング時間が未だ経過していなければ、ステップ3130における判定はNOとなる。なお、上記所定のオープニング時間は、主制御装置300に内蔵の他のソフトタイマーにより計時される。
ステップ3130におけるNOとの判定後、長当たり時開放処理サブルーチン3100が、少なくとも1回以上、ステップ3130に進んだとき、上記所定のオープニング時間が経過していれば、当該ステップ3130において、YESと判定される。そして、次のステップ3131において、ラウンド数Rが、次の式(12)に基づき、「1」だけ、加算更新される。なお、このラウンド数Rは、長当たり遊技のラウンド数を表す。
R=R+1・・・・・(12)
このようにしてステップ3131における処理が終了すると、当該ステップ3131における更新ラウンド数Rのもとに、ステップ3132において、上記長当たり開放パターンに基づき、大入賞口開放処理がなされる。これに伴い、アタッカー100が、大入賞口扉101にて、CPU360による制御のもと、大入賞口アクチュエータ103により駆動されて、大入賞口102を開放する。これにより、上述のように遊技領域12内に案内される遊技球が、大入賞口102に入賞し易くなる。その結果、遊技者は、多くの賞球の獲得を期待できる。
ステップ3132の処理後、ステップ3140において、開放時間経過か否かが判定される。ここで、当該開放時間経過とは、大入賞口102に対する所定の開放時間の経過をいい、この所定の開放時間は、長当たりの場合には30(秒)に設定されている。現段階において、この所定の開放時間が未だ経過していなければ、ステップ3140においてNOと判定される。本実施形態では、上述の所定の開放時間は、主制御装置300に内蔵の他のソフトタイマーが、リセットされて開放時間の計時を開始する。
ステップ3140におけるNOとの判定に伴い、次のステップ3150において、C≧9か否かについて判定される。ここで、C≧9において、Cは、大入賞口102への遊技球の入賞数をいい、「9」は、当該入賞数の上限値をいう。現段階では、入賞数Cが「9」達していなければ、ステップ3150における判定はNOとなる。
然る後、30(秒)の経過によるステップ3140におけるYESとの判定或いは大入賞口センサS5による遊技球の検出個数(9個)によるステップ3150におけるYESとの判定に伴い、ステップ3151において大入賞口閉鎖処理がなされる。これに伴い、アタッカー100は、上述のごとく、大入賞口102を閉鎖する。
このように長当たり遊技における大入賞口閉鎖処理がなされた後、ステップ3160において、R=15か否かが判定される。本実施形態では、長当たり遊技において、ラウンド数Rの上限回数は、上述のごとく、15である。従って、現段階において、R<15であれば、ステップ3160においてNOと判定される。
然る後、長当たり時開放処理サブルーチン3100が、再度、ステップ3120に進むと、現段階では、既に、長当たり遊技の開始に伴うオープニング演出が終了していることから、ステップ3120において、NOと判定される。すると、ステップ3190において開放中か否かが判定される。現段階では、大入賞口102が、上述のごとく、ステップ3131における更新ラウンド数R<15を前提に、ステップ3151における大入賞口閉鎖処理のもとに、閉鎖済みである。従って、ステップ3190においてNOと判定される。
これに伴い、ステップ3190aにおいて、エンディング中か否かが判定される。このエンディングは、長当たり遊技における15ラウンドの終了後に演出されるものであるから、現段階では、エンディングは開始されていない。従って、ステップ3190aにおける判定はNOとなる。ついで、ステップ3190bにおいて、インターバル時間経過か否かが判定される。本実施形態において、当該インターバル時間とは、長当たり遊技における各ラウンド間の所定の経過時間(先行ラウンドにおける大入賞口102の閉鎖後後続ラウンドにおける当該大入賞口102の開放までの時間)をいう。なお、上記所定の経過時間は、主制御装置300に内蔵の他のソフトタイマーにより計時される。
しかして、現段階では、上述のようにステップ3151にて大入賞口102を閉鎖した後の経過時間が、未だ、上記インターバル時間を経過していないことから、ステップ3190bにおける判定はNOとなる。
然る後、長当たり時開放サブルーチン3100が、少なくとも1回以上、ステップ3190bに進んだときに、上記インターバル時間が経過しておれば、当該ステップ3190bにおいて、上述の他のソフトタイマーの計時時間に基づきYESと判定される。なお、両ステップ3140、3150におけるNOとの判定後にステップ3120を通りステップ3190に達したときには、当該ステップ3190における判定はYESとなり、ステップ3140における判定がなされる。
上述のようにステップ3190bにおける判定がYESになると、ステップ3131においてラウンド数Rが、式(12)に基づき、「1」だけ、さらに加算更新される。ついで、ステップ3132〜ステップ3151における処理が、上述と同様に繰り返され、これによって、大入賞口102が上述と同様に開放されて閉鎖される。然る後、ステップ3160〜ステップ3190bの処理が上述と同様に繰り返され、インターバル時間の経過のもとにステップ3190bにおける判定がYESになると、ステップ3131におけるラウンド数Rの加算更新処理が同様になされる。以後、上述のような処理が、ステップ3131におけるラウンド数Rの加算更新毎に繰り返される。
このような状態において、ステップ3131における最新の更新ラウンド数RがR=15になったとき、その後のステップ3160においてYESと判定される。これに伴い、ステップ3161において、ラウンド数R=0とクリアされる。しかして、次のステップ3162におけるエンディング処理において、長当たり遊技の終了を表すエンディング演出を主演出画像表示装置170において後述のごとく開始させる処理がなされる。なお、このエンディング演出の時間、即ち、所定のエンディング時間は、当該主制御装置300に内蔵の他のソフトタイマーにより計時される。現段階では、上記所定のエンディング時間は経過していないことから、ステップ3170においてNOと判定される。
然る後、長当たり時開放処理サブルーチン3100が両ステップ3120、3190を通りステップ3190aに達したとき、エンディング中であれば、YESと判定される。その後、ステップ3170においてYESと判定されると、長当たり遊技終了処理サブルーチン3180における処理にて、長当たり遊技が終了される。
このようにして長当たり時開放処理サブルーチン3100が終了すると、次の短当たり時開放ルーチン3200(図25及び図26参照)の処理が開始される。しかして、ステップ3210において短当たり遊技中か否かが判定される。現段階において、ステップ1561(図21参照)において短当たり開始処理済みでなければ、短当たり遊技中でないことから、ステップ3210においてNOと判定される。一方、現段階において、ステップ1561において短当たり開始処理済みであれば、短当たり遊技中であることから、ステップ3210における判定はYESとなる。
すると、次のステップ3220において、オープニング中か否かが判定される。ここで、オープニング中とは、短当たり遊技の開始に伴い当該短当たり遊技の開始を表すオープニング演出中であることをいう。現段階において、上記オープニング中であれば、ステップ3220においてYESと判定された後、ステップ3230において、オープニング時間経過か否かが判定される。現段階において、所定のオープニング時間が未だ経過していなければ、ステップ3230における判定はNOとなる。なお、上記所定のオープニング時間は、主制御装置300に内蔵の他のソフトタイマーにより計時される。
ステップ3230におけるNOとの判定後、短当たり時開放処理サブルーチン3200が、少なくとも1回以上、ステップ3230に進んだとき、上記所定のオープニング時間が経過していれば、当該ステップ3230において、YESと判定される。そして、次のステップ3231において、ラウンド数Rが、上述の式(12)に基づき、「1」だけ、加算更新される。現段階においては、ステップ3261にてR=0とクリア済みであれば、R=1となる。ここで、上記ラウンド数Rは、短当たり遊技のラウンド数を表す。
ステップ3231における処理後、次のステップ3232における大入賞口開放処理において、アタッカー100が、上記短当たり潜伏用テーブル(ステップ1241参照)の短当たり開放パターンに基づき、CPU360による制御のもとに、大入賞口アクチュエータ103により駆動されて、大入賞口扉101により、大入賞口102を開放する。
これにより、上述のように遊技領域12内に案内された遊技球が、大入賞口102に対し入賞し得る状態となる。このことは、短当たり遊技では、長当たり遊技のように遊技球の大量入賞ではなく単なる遊技球の入賞を可能にすることを意味する。その結果、遊技者は、長当たり遊技のように賞球の大量獲得を目的としないが遊技球の獲得を期待できる。
ステップ3232の処理後、ステップ3240において、開放時間経過か否かが判定される。ここで、当該開放時間とは、大入賞口102の所定の開放時間をいい、この所定の開放時間は、短当たりの場合には0.1(秒)に設定されている。しかして、現段階において、当該所定の開放時間が未だ経過していなければ、ステップ3240においてNOと判定される。本実施形態では、上述の所定の開放時間は、主制御装置300に内蔵の他のソフトタイマーが、リセットされて開放時間の計時を開始する。
ステップ3240におけるNOとの判定に伴い、次のステップ3250において、C≧9か否かについて判定される。現段階において、C<9であれば、当該ステップ3250における判定はNOとなる。
然る後、0.1(秒)の経過によるステップ3240におけるYESとの判定、或いは大入賞口センサS5による遊技球の検出個数(9個)によるステップ3250におけるYESとの判定がなされると、ステップ3251において、大入賞口閉鎖処理がなされる。これに伴い、アタッカー100が、上記短当たり開放パターンに基づき、CPU360による制御のもとに、大入賞口アクチュエータ103により駆動されて、大入賞口扉101により、大入賞口102を閉鎖する。なお、本実施形態では、上述のステップ3251における処理では、短当たり遊技における大入賞口102の所定の閉鎖時間(0.2(秒))が設定される。なお、この閉鎖時間の経過は、主制御装置400に内蔵の他のソフトタイマーにより計時される。
ステップ3251における処理後、次のステップ3252(図26参照)において閉鎖時間経過か否かが判定される。現段階では、上記所定の閉鎖時間(0.2(秒))が経過していないことから、ステップ3252における判定はNOとなる。これに伴い、ステップ3253において、フラグHがH=1とセットされる。
然る後、短当たり時開放処理サブルーチン3200が、再度、ステップ3220に進むと、現段階では、既に、短当たり遊技の開始に伴うオープニング演出が終了していること、及び大入賞口102が、上述のごとく、閉鎖していることから、各ステップ3220及び3290において、順次NOと判定される。さらに、現段階では、ステップ3253にてH=1とセット済みであるから、ステップ3290aにおいて、YESと判定される。以後、各ステップ3252、3253、3220、3290及び3290aを通る循環処理中において、上述した所定の閉鎖時間が経過すると、ステップ3252において、上述の他のソフトタイマーの計時時間に基づき、YESと判定された後、次のステップ3254において、フラグH=0とクリアされる。
ついで、ステップ3255において総開閉時間経過か否かが判定される。ここで、当該総開閉時間経過とは、短当たり遊技における大入賞口102のラウンド毎の所定の総開閉時間の経過をいう。本実施形態では、この所定の総開閉時間は、例えば、0.1(秒)×15+0.2(秒)×14=4.3(秒)に設定されている。なお、当該所定の総開閉時間の経過は、主制御装置400に内蔵の他のソフトタイマーにより計時される。
現段階では、上記所定の総開閉時間は経過していないことから、ステップ3255における判定はNOとなる。然る後、再び、上述と同様にしてステップ3232〜ステップ3255の処理がなされる。これに伴い、R=1のもとに、大入賞口102の開放及び閉鎖が繰り返される。そして、上記所定の総開閉時間が経過すると、ステップ3255において、上記他のソフトタイマーの計時時間に基づきYESと判定される。これにより、短当たり遊技における大入賞口102の全開閉が終了する。
上述のようにステップ3255における判定がYESになると、ステップ3260において、R≧15か否かが判定される。現段階は、R=1であるから、ステップ3260においてNOと判定される。
然る後、現段階では、既に、短当たり遊技の開始に伴うオープニング演出が終了していること、及び大入賞口102が閉鎖したままになっていることから、各ステップ3220及び3290において、順次NOと判定される。さらに、現段階では、フラグHが、ステップ3254においてH=0とクリアされていることから、ステップ3290aにおいてNOと判定される。
これに伴い、次のステップ3290bにおいてエンディング中か否かが判定される。現段階では、短当たり遊技が15ラウンド終了した後に演出されるべきエンディングは、未だR=1であることから開始されていない。このため、ステップ3290bにてNOと判定される。ついで、ステップ3290cにおいて、インターバル時間経過か否かが判定される。本実施形態において、当該インターバル時間経過とは、短当たり遊技における各ラウンド間の所定のインターバル時間(大入賞口102の閉鎖後開放までの時間)をいう。なお、上記所定のインターバル時間は、主制御装置300に内蔵の他のソフトタイマーにより計時される。
しかして、現段階では、上述のようにステップ3255でYESと判定した後の経過時間が、未だ、上記インターバル時間を経過していないことから、ステップ3290cにおける判定はNOとなる。然る後、短当たり時開放サブルーチン3200が、少なくとも1回以上、ステップ3290cに進んだときに、上記インターバル時間が経過しておれば、当該ステップ3290cにおいてYESと判定される。すると、ステップ3231においてラウンド数Rが、式(12)に基づき、「1」だけ加算更新される。これにより、R=2となる。
このようにR=2と更新されると、ステップ3232〜ステップ3255における処理及びステップ3220〜ステップ3290cの処理が、上述と同様に繰り返される。これにより、大入賞口102が、上述と同様に開閉される。ついで、ステップ3255におけるYESとの判定後、R=2のもとに、次のステップ3260においてNOと判定される。
然る後、短当たり時開放処理サブルーチン3200が、H=0のもと、上述と同様にして、ステップ3290cに達したとき、上記インターバル時間が経過しておれば、当該ステップ3290cにおいてYESと判定される。このため、次のステップ3231において、上述と同様にして、ラウンド数Rが、式(12)に基づき加算更新される。これにより、R=3となる。ついで、ステップ3232における大入賞口開放処理において、大入賞口102が上述と同様にして開放される。
そして、ステップ3240において、開放時間経過か否かが判定される。ここで、NOと判定がなされた後、上述と同様に、ステップ3240における判定がYESになるか、或いは、ステップ3240におけるNOとの判定後ステップ3250における判定がYESになると、次のステップ3251における大入賞口閉鎖処理において、大入賞口102が、上述と同様にして、閉鎖される。そして、ステップ3252において、NOと判定された後、当該ステップ3252における判定がYESになると、ステップ3254においてH=0とクリアされる。
然る後、ステップ3255において総開閉時間経過か否かが判定される。現段階では未だ所定の総開閉時間は経過していないことから、ステップ3255における判定はNOとなる。これに伴い、上述と同様にして、各ステップ3232、3240、3250、3252及び3254を通る処理が繰り返されて、大入賞口102の開閉処理が繰り返される。
このような状態において、ステップ3255における判定がYESとなると、現段階は、R=3であるから、ステップ3260においてNOと判定される。以後、ステップ3231において、ラウンド数Rが加算更新される毎に、大入賞口102の開閉が上述と同様に繰り返される。然る後、ステップ3231における最新の更新ラウンド数Rが、R=15になったとき、その後のステップ3260の処理おいて、YESと判定される。これにより、短当たり遊技における大入賞口102の開閉処理が終了する。
以上説明したように、短当たり時開放処理サブルーチン3200によれば、アタッカー100は、ラウンド数R=15に達するまで、ラウンド毎に、上記短当たり開放パターンに従い、大入賞口102の開放及び閉鎖を、0.1(秒)及び0.2(秒)ずつ、繰り返す。これにより、上述のように遊技領域12内に案内された遊技球が、大入賞口102に対し入賞し得る状態となる。このことは、短当たり遊技では、長当たり遊技のように遊技球の大量入賞ではなく単なる遊技球の入賞を可能にすることを意味する。その結果、遊技者は、長当たり遊技のように賞球の大量獲得を目的としないが遊技球の獲得を期待できる。
上述のように、ステップ3260における判定がYESとなると、ステップ3261において、ラウンド数R=0とクリアされる。ついで、ステップ3262におけるエンディング処理において、短当たり遊技の終了を表すエンディング演出を主演出画像表示装置170において開始させる処理がなされる。なお、このエンディング演出の時間、即ち、所定のエンディング時間は、当該主制御装置300に内蔵の他のソフトタイマーにより計時される。現段階では、上記所定のエンディング時間は経過していないことから、ステップ3270においてNOと判定される。
然る後、短当たり時開放処理サブルーチン3200が各ステップ3220、3290及び3290aを通りステップ3290bに達したとき、エンディング中であれば、YESと判定される。その後、ステップ3270においてYESと判定されると、短当たり遊技終了処理サブルーチン3280における処理にて、短当たり遊技が終了される。
このように短当たり時開放処理サブルーチン3200が終了すると、次の小当たり時開放処理サブルーチン3300の処理が図27及び図28のフローチャートに従いなされる。本実施形態では、小当たり遊技は、短当たり遊技と実質的に同様であることから、図27及び図28のフローチャートは、上述した図25及び図26のフローチャートと実質的に同様の構成を有する。
従って、図27の各ステップ3310、3320、3330、3331及び3332が、それぞれ、図25の各ステップ3210、3220、3230、3231及び3232に対応し、図27の各ステップ3340、3350及び3351が、それぞれ、図25の各ステップ3240、3250及び3251に対応し、また、図27の各ステップ3390、3390a、3390b及び3390cが、それぞれ、図25の各ステップ3290、3290a、3290b及び3290cに対応する。
また、図28の各ステップ3352、3353、3354及び3355が、それぞれ、図26の各ステップ3252、3253、3254及び3255に対応し、図28の各ステップ3360、3361、3362、3370及び3380は、それぞれ、図26の各ステップ3260、3261、3262、3270及び3280に対応する。但し、ステップ3332における大入賞口開放処理及びステップ3351における大入賞口閉鎖処理は、上記小当たり潜伏用テーブル(ステップ1241参照)の小当たり開放パターンに従いなされる。
具体的には、アタッカー100が、上記小当たり開放パターンに基づき、CPU360による制御のもとに駆動される。これに伴い、アタッカー100が、後述のごとく、その大入賞口扉102にて、上記小当たり開放パターンに基づきCPU360による制御を受けて、大入賞口アクチュエータ103により駆動されて、大入賞口102の開放及び閉鎖を、上記小当たり開放パターンに従い行う。これに伴い、アタッカー100は、大入賞口102の開閉を、1回毎に、0.1(秒)及び0.2(秒)ずつ、15回に亘り、繰り返す(図27及び図28参照)。このため、上述のように遊技領域12内に案内された遊技球が、大入賞口102に対し入賞し得る状態となる。
なお、その他のステップにおける処理も、小当たり遊技のための処理がなされる。ここで、小当たり遊技では、短当たり遊技とは性格が異なるため、ラウンド数Rに代えて、回数Tが、図27及び図28のフローチャートにおいて用いられている。このため、上述のごとく、「小当たり」とは、遊技球の大量獲得を目的としない15回に亘る当たりをいう。また、小当たり遊技では、短当たり遊技におけるフラグHに代えて、フラグMが用いられるが、このフラグMは、フラグHと同様の役割を果たす。これにより、小当たり時開放処理サブルーチン3300の処理は、短当たり時開放処理サブルーチン3200と実質的に同様に行われる。
以上説明したように、小当たり時開放処理サブルーチン3300によれば、アタッカー100は、回数T=15に達するまで、回毎に、上記小当たり開放パターンに従い、大入賞口102の開放及び閉鎖を、0.1(秒)及び0.2(秒)ずつ、繰り返す。これにより、上述のように遊技領域12内に案内された遊技球が、大入賞口102に対し入賞し得る状態となる。このことは、小当たり遊技では、短当たり遊技と同様に単なる遊技球の入賞を可能にすることを意味する。その結果、遊技者は、短当たり遊技と同様に賞球の大量獲得を目的としないが遊技球の獲得を期待できる。
(8)電チュー処理
以上のようにして大入賞口処理ルーチン3000の処理が終了すると、上記タイマー割り込みプログラムは、次の電チュー処理ルーチン4000(図15、図29参照)に進む。しかして、ステップ4100(図29参照)において補助遊技中か否かが判定される。現段階において、当該パチンコ遊技機による遊技状態が補助遊技中にあれば、ステップ4100における判定がYESになる。
すると、次のステップ4200において、オープニング中か否かが判定される。ここで、当該オープニング中とは、補助遊技の開始に伴い、主演出画像表示装置170においてなされるオープニング演出中にあることをいう。しかして、現段階において、補助遊技の開始に伴うオープニング演出がなされておれば、ステップ4200にてYESと判定された後、次のステップ4300において、オープニング時間経過か否かが判定される。ここで、当該オープニングの経過は、所定のオープニング時間の経過でもって判定される。現段階において、当該所定のオープニング時間が未だ経過していなければ、ステップ4300における判定はNOとなる。なお、当該オープニング時間の経過は、主制御装置300に内蔵のソフトタイマーによる上記所定のオープニング時間の計時結果により判定される。
然る後、電チュー処理ルーチン4000が、少なくとも1回以上、ステップ4300に達したとき、YESと判定されれば、次のステップ4400において、確変又は時短の遊技状態か否かについて判定される。
しかして、現段階において、遊技状態が上述した確変或いは時短の遊技状態であれば、ステップ4400においてYESと判定された後、次のステップ4410における開放時間セット処理において、電動チューリップ60の開放時間が3.5(秒)にセットされる。一方、遊技状態が、確変或いは時短の遊技状態ではなく、通常遊技状態或いは潜伏確変遊技状態であれば、ステップ4420における開放時間セット処理において、電動チューリップ60の開放時間が0.2(秒)にセットされる。
ステップ4410或いは4420の処理後、次のステップ4430における電チュー開放処理において、電動チューリップ60が、主制御装置300のCPU360による制御のもとに、3.5(秒)或いは0.2(秒)の間、始動口アクチュエータ63により駆動されて、開く。これに伴い、電動チューリップ60の電動入賞口61が開放される。これにより、遊技者は、電動チューリップ60を介する電動入賞口61への遊技球の入賞の増大を期待し得る。
ステップ4430における処理後、ステップ4500において開放時間経過か否かが判定される。これに伴い、電動チューリップ60の開放時間が、所定の開放時間だけ経過していなければ、ステップ4500においてNOと判定される。なお、電動チューリップ60の開放時間の経過は、主制御装置300に内蔵の他のソフトタイマーによる上記所定の開放時間の計時でもってなされる。
然る後、電チュー処理ルーチン4000が、少なくとも1回以上、ステップ4500に達したとき、上記所定の開放時間が経過していれば、当該ステップ4500において、上記他のソフトタイマーによる上記所定の開放時間の計時結果に基づきYESと判定される。これに伴い、ステップ4510における電チュー閉鎖処理において、電動チューリップ60が、主制御装置300のCPU360による制御のもとに、始動口アクチュエータ63により駆動されて、電動入賞口61への遊技球の入賞を規制するように閉じる。これに伴い、ステップ4520における補助遊技終了処理において、当該パチンコ遊技機による補助遊技が終了する。
(9)出力処理
上述のように電チュー処理ルーチン4000の処理が終了すると、上記タイマー割り込みプログラムは、出力処理ルーチン5000(図15参照)に進む。この出力処理ルーチン5000においては、乱数更新処理ルーチン500〜電チュー処理ルーチン4000の各処理においてなされた電チューセンサS2の検出出力、普通入賞口センサS4の検出出力及び大入賞口センサS5の検出出力、格納位置センサS6の格納位置検出出力、中間位置センサS7の中間位置検出出力及び演出表示位置センサS8の演出表示位置検出出力等のセンサ群Sからの各検出出力並びに主制御装置300のCPU360によりタイマー割り込みプログラム(図15参照)の実行のもとに処理される駆動機構180cの駆動指令その他の種々の処理データが、各種遊技データとして副制御装置400の払い出し制御部400a及び演出制御部400bに対し送信出力される。
3.副制御装置側遊技作動モード
以上のような主制御装置側遊技作動モードの処理にあわせ、副制御装置400において、払い出し制御部400aが払い出し遊技作動モードにおかれるとともに、演出制御部400bが、画像制御部400c及びランプ制御部400dとともに、演出遊技作動モードにおかれる。
(1)払い出し遊技作動モード
上述のように副制御装置400の払い出し制御部400aが上記払い出し制御プログラムの実行を開始した後において、各種遊技データが上述のごとく主制御装置400から出力処理ルーチン5000から副制御装置400に出力されると、当該各種遊技データが払い出しデータ(大入賞口センサS5の検出出力等)を含んでおれば、払い出し制御部400aが、CPU413にて、当該払い出しデータをI/F411を介し入力されて遊技球の払い出し処理を行い、払い出し出力をO/F412から払い出し駆動モータMに出力する。このため、上記払い出し機構が、払い出し駆動モータMの駆動のもとに、所定の払い出し条件に応じて、遊技球を払い出す。
(2)演出遊技作動モード
上述のように副制御装置400の演出制御部400bが、そのCPU425により、図30のフローチャートに従い上記演出制御プログラムの実行を開始すると、乱数更新処理ルーチン7000の処理において、演出用乱数等の種々の乱数が、ROM426に記憶済みの演出用乱数データ等の種々の乱数データに基づき更新される。
このように乱数更新処理ルーチン7000の処理が終了すると、次の各種入力処理ルーチン8000において、主制御装置300から上述のように出力された各種遊技データが、演出制御部400bに入力される。
現段階において、副演出画像表示装置180の表示パネル180aは、上述したごとく、格納位置に維持されているものとする。このとき、格納位置センサS6は駆動歯車群GG1の貫通孔部P1(図11(a)参照)を介し表示パネル180aの上記格納位置を検出している(図32(a)にて符号a1参照)。駆動機構180cにおいては、駆動歯車群GG1の駆動歯車191が、その1つの歯191bにて、図11(a)にて示すごとく、被動歯車群GG2の被動歯車195の単一の歯群195cの歯Tcに下方から噛合するとともに、駆動歯車群GG1の駆動歯車192が、その1つの歯群192cにて、被動歯車群GG2の被動歯車196に噛合している。
このような状態にあっては、当該表示パネル180aは、その表示面にて、前方を臨むように位置するように格納されて、上述のごとく水平状に維持されている。従って、遊技者が遊技板10の中央開口部13を通してその後方を視認しても、当該遊技者は、表示パネル180aを視認することはない。その結果、当該遊技者は、表示パネル180aの演出表示内容に惑わされることなく、表示器171の演出表示内容を視認することができる。
上述のように各種入力処理ルーチン8000の処理が終了すると、次の表示処理ルーチン9000(図30及び図31参照)の処理が行われる。しかして、ステップ9100(図31参照)において、遊技データの受信か否かにつき判定される。現段階において、上記各種遊技データのうち払い出し制御部400aへの遊技データ以外の遊技データが演出制御部400bに送信により出力されておれば、ステップ9100においてYESと判定される。なお、遊技データの演出制御部400bへの送信出力がなければ、ステップ9100においてNOと判定される。
上述のように、ステップ9100においてYESと判定されると、次のステップ9200において、駆動機構の駆動指令ありか否かについて判定される。ここで、ステップ9100にてYESと判定済みの遊技データ中において、駆動機構180cの駆動指令(図22のステップ1558参照)が含まれておれば、ステップ9200において、YESと判定される。なお、当該駆動指令が上記遊技データに含まれていなければ、ステップ9200においてNOと判定され、表示処理ルーチン9000はエンドステップに進む。
上述のようにステップ9200における判定がYESになると、次のステップ9210において、ステップモータの正転処理がなされる。これに伴い、ステップモータ185が、画像制御部400cのCPU425による制御のもとに正転し、駆動歯車群GG1が、ステップモータ185と同一方向(図11(b)の図示矢印R1方向)に正転する。これに伴い、被動歯車群GG2の被動歯車196が、駆動歯車192の歯群192cとの噛合のもとに、駆動歯車192とは逆回転方向(図11(b)にて図示矢印R2方向)へ逆転する。これに伴い、表示パネル180aが、被動歯車群GG2により連結レバー186を介し、上記格納位置から上動される。
現段階では、表示パネル180aが未だ所定の中間位置に達していないことから、中間位置センサS7は、駆動歯車群GG1の貫通孔部P2(図11(b)参照)を検出していない。従って、ステップ9300においてNOと判定される。本実施形態において、上記所定の中間位置は、上述のようにステップモータ1185の正転に伴い表示パネル180aを上記格納位置から上動させる過程において被動歯車196を駆動歯車192の歯群192cとの噛合(歯Taとの噛合)から解離させる当該被動歯車196の回転位置(以下、解離回転位置ともいう)に対応する。
然る後、両ステップ9210、9300の循環処理中において、被動歯車196が駆動歯車192の歯群192cとの噛合状態から解離する上記解離回転位置に達すると、中間位置センサS6の中間位置検出出力(図32(b)にて符号b参照)に基づきステップ9300における判定がYESになる。
これに伴い、次のステップ9310におけるステップモータ正転停止処理において、ステップモータ185の正転が停止される。このため、駆動歯車群GG1が停止する。
しかして、上述のように被動歯車196が駆動歯車192の歯群192cとの噛合状態から解離すると、被動歯車群GG2は、駆動歯車群GG1から自由状態となる。このため、表示パネル180aが、その自重及び錘Wの重さのもとに、上記演出表示位置に向けて瞬時に落下する。なお、連結レバー186及び被動歯車群GG2は、表示パネル180aの落下に応じて回動する。
然る後、演出表示位置センサS8が被動歯車群GG2の貫通孔部P3(図11(c)参照)を検出すると、表示パネル180aが上記演出表示位置に達したことから、演出表示位置センサS8の演出表示位置検出出力(図32(c)にて符号c参照)に基づきステップ9400においてYESと判定される。このとき、ステップモータ185の正転は上述のごとく停止しているため、被動歯車195が歯群195cの歯Tbにて駆動歯車191の歯191bに下方から噛合するとともに、被動歯車197がその歯197bにて駆動歯車193の1つの歯193bにその下方から噛合する。これにより、表示パネル180aは、その演出表示位置に維持され得る。
ここで、上述のように被動歯車195がその歯Tbにて駆動歯車191の1つの歯191bに下方から噛合するだけでなく、被動歯車197が、その歯197bにて、ストッパとしての駆動歯車193の1つの歯193bに下方から噛合する。従って、上述のように表示パネル180aが瞬時に落下しても、各被動歯車195、197は、各駆動歯車191、193により歯の損傷を招くことなくしっかりと支持され得る。
また、ステップ9300にてYESと判定されると、上述のごとく、電動機185が正転を停止して駆動歯車群GG1の正転を停止させるので、被動歯車195が歯Tbにて駆動歯車191の上記1つの歯に下方から噛合したとき、表示パネル180aは、上記演出表示位置に正しく維持され得る。
然る後、次のステップ9500において、確変遊技状態か否かが判定される。現段階において、上記遊技データが、ステップ2330(図23参照)にてYESとの判定に基づく確変遊技状態のもとに、ステップ2334における普通図柄のうちの当たり図柄の変動開始済みとのデータを含んでいれば、ステップ9500における判定がYESとなる。
ついで、ステップ9510における表示パネル表示演出処理において、演出制御部400bが、CPU425により、画像制御部400cを介し、表示パネル180aに確変遊技状態に対応する装飾変動表示(大当たりやリーチを予測させるような変動表示)をさせるように、発光ダイオード駆動回路180bを制御する。このため、表示パネル180aは、発光ダイオード駆動回路180bによる駆動のもと、多数の発光ダイオード182aを、上述した確変遊技状態に対応する装飾変動表示となるように、選択的に点灯させる。このことは、表示パネル180aが、表示器171に代わって、上述した確変遊技状態に対応する変動表示、即ち大当たりやリーチを予測させるような変動表示を行うことを意味する。
また、上述のステップ9500においてNOと判定された場合には、ステップ9500aにおいて時短遊技状態か否かが判定される。現段階において、上記遊技データが、ステップ2330(図23参照)にてYESとの判定に基づく時短遊技状態のもとに、ステップ2334における普通図柄のうちの当たり図柄の変動開始済みとのデータを含んでいれば、ステップ9500における判定がYESとなる。
これに伴い、ステップ9510において、演出制御部400bが、CPU425により、画像制御部400cを介し、表示パネル180aに時短遊技状態に対応する装飾変動表示(大当たりやリーチを予測させるような変動表示)をさせるように、発光ダイオード駆動回路180bを制御する。このため、表示パネル180aは、発光ダイオード駆動回路180bによる駆動のもと、多数の発光ダイオード182aを、上述した時短遊技状態に対応する装飾変動表示となるように、選択的に点灯させる。このことは、表示パネル180aが、表示器171に代わって、上述した時短遊技状態に対応する変動表示、即ち大当たりやリーチを予測させるような変動表示を行うことを意味する。
また、上述のステップ9500aにおいてNOと判定されたときには、次のステップ9500bにおいて保留数U=4か否かが判定される。ここで、保留数U=4としたのは、始動入賞口51への遊技球の入賞に伴う保留数が4になったとき、副演出画像表示装置180が、大当たりを予測させるような表示変動を表示パネル180aにて行うことにより、遊技者が大当たりに対する予感をもつこととなり、その結果、遊技者の興趣の向上を期待し得るからである。
しかして、ステップ9500bにおける判定がYESとなると、ステップ9510において、演出制御部400bが、CPU425により、画像制御部400cを介し、表示パネル180aに大当たりを予測させるような変動表示をさせるように、発光ダイオード駆動回路180bを制御する。このため、表示パネル180aは、発光ダイオード駆動回路180bによる駆動のもと、多数の発光ダイオード182aを、上述した大当たりを予測させるような装飾変動表示となるように、選択的に点灯させる。なお、上述したU=4に基づく大当たり遊技状態の予測は、例えば、上述の確変或いは時短の遊技状態中或いはその終了後において、始動入賞口51への遊技球の入賞に起因する大当たり抽選において、大当たりとなることで実現する。また、保留数U=0は、上述の確変或いは時短の遊技状態中或いはその終了後において、保留数Uをすべて消化することで実現する。
然る後、上述のようにステップ9500、9500a或いは9500bにおけるYESとの判定後にステップ9510の処理がなされた後は、次のステップ9600において、次の大当たり遊技状態の開始直前か否かが判定される。ここで、上述した確変或いは時短の遊技状態において、現段階における主制御装置300からの遊技データ中に次の大当たり遊技状態の開始直前を表すデータ、例えば、現段階における大当たり遊技状態で装飾図柄が数字7の3桁の図柄で確定停止するというデータが含まれていなければ、次の大当たり遊技状態の開始直前でないことから、ステップ9600における判定がNOとなる。
この判定後、次のステップ9600aにおいて保留数U=0か否かが判定される。現段階においてU=0でなければステップ9600aにおける判定はNOとなる。
その後、各ステップ9510、9600及び9600aを通る循環処理中において、各ステップ9600及び9600aのいずれかにおける判定がYESになると、ステップ9700において、ステップモータの正転処理がなされる。これに伴い、ステップモータ185が、画像制御部400cのCPU425による制御のもと、正転し、駆動歯車群GG1がステップモータ185と同一方向(図12にて図示矢印R4方向)に回転する。
このため、駆動歯車191が、両駆動歯車192、193と共に、当該正転方向(図11にて矢印R1方向と同一方向)に回転し、被動歯車群GG2の被動歯車195が、その歯Tbにて、駆動歯車191の歯191bにより下方へ押動されて、図12(a)にて図示矢印R5方向へ逆転して、駆動歯車192の歯群192c(円弧状欠歯部195aと下方から近接する歯群192c)を被動歯車196に噛合させる。これに伴い、被動歯車196が、駆動歯車192の歯群192bとの噛合により駆動歯車192とは逆回転方向に逆転(図12(b)、(c)参照)して、表示パネル180aを上動させる。
然る後、表示パネル180aが上記格納位置に達すると、格納位置センサS6の格納位置検出出力(図32(a)にて符号a2参照)に基づき、ステップ9800における判定がYESとなり、ステップ9810においてステップモータの正転停止処理がなされる。これに伴い、ステップモータ185の正転が停止される。このため、表示パネル180aは、その格納位置に維持され得る。
以上説明したように、本実施形態では、駆動機構180cに対する駆動指令(図22のステップ1558及び図30のステップ9200参照)があると、上記格納位置にある表示パネル180aが、その表示面を、前方(遊技板10の裏面側)に向けながら瞬時に落下して上記演出表示位置に落下する。これにより、遊技者に対し、何らかの有利な遊技状態、例えば、大当たり遊技の到来に対する予感を刺激的に与え、遊技者に対し遊技に対する興趣の向上をもたらす。
また、上述のように表示パネル180aが上記演出表示位置に落下したとき、遊技状態が確変或いは時短の遊技状態または保留数U=4の状態であれば、副演出画像表示装置180は、表示パネル180aにより、上述した何らかの有利な遊技状態、例えば、大当たり遊技の到来に対する予感を刺激的に与えつつ、演出変動表示を行う。このため、上述した表示パネル180aの瞬時の落下と相俟って、遊技者に対し、遊技の興趣のさらなる向上をもたらす。
以上のように、本実施形態によれば、上述のように移動可能な表示パネル180aを採用して、この表示パネル180aの瞬時の落下でもって、遊技者に対し、何らかの有利な遊技状態を刺激的に予感させつつ、当該表示パネル180aによる演出変動表示により、遊技者の遊技に対する興趣をより一層高め得る。
ここで、上述のごとく、ステップ9500、9500a或いは9500bにてYESとの判定後ステップ9510において表示パネル180aによる表示演出を開始した後、次の大当たり遊技状態の開始直前(ステップ9600参照)或いは保留数U=0(ステップ9600a参照)となるまでは、表示パネル180aは、上記格納位置に戻ることなく、上記演出表示位置に維持されたままにて、上述の表示演出を継続する。
換言すれば、例えば、確変遊技状態(ステップ9500参照)、時短遊技状態(ステップ9500a)或いはU=4(ステップ9500b参照)に基づく遊技状態(例えば、ハズレの遊技状態)が終了しても、また、このような終了が繰り返されても、表示パネル180aは、いちいち、上記格納位置に戻ることなく、上述のごとく次の大当たり遊技状態の開始直前まで上記演出表示位置に維持される。従って、遊技者が表示パネルの上記演出表示位置と上記格納位置との間の移動の繰り返しにより違和感を与えられることがなく、また、駆動機構180cが上述の表示パネルの移動の繰り返しに対応した動作を繰り返すことがなく、駆動機構180cの耐久性の向上につながる。また、このような駆動機構180cの動作の繰り返しのための制御も不要となる。
また、連結レバー186の回動範囲は、上述のごとく、上下両側回動規制板188、189により、上記格納傾斜角度及び上記演出表示傾斜角度との間に規制されるので、表示パネル180aの移動範囲が、上記格納位置と上記演出表示位置との間に実質的に規制され得る。その結果、表示パネル180aが、上記格納位置を越えて上動することにより遊技盤Baの裏側構成部材と接触して破損したり、上記演出表示位置を越えて落下することで、表示パネル180aの前方からの視認性を悪化させたりすることなく、上述の作用効果を良好に達成することができる。なお、上述のごとく、表示パネル180aの上記格納位置からの上動は、被動歯車196の駆動歯車192の歯群192cからの解離時に停止するから、このような表示パネル180aの上動範囲は非常に狭い。従って、表示パネル180aが、上述のように上記格納位置を越えて上動するにしても、当該表示パネル180aが遊技盤Baの裏側構成部材と接触することはない。
また、上述のごとく、錘Wが、連結レバー186の延出端部186bを回動可能に支持するピン186cを基準として、下側回動規制板189とは反対側にて表示パネル180aの裏面に設けられている。このため、表示パネル180aの上記演出表示位置への落下が、表示パネル180aの自重及び錘Wの自重でもって円滑になされ得る。その結果、表示パネル180aの上記演出表示位置への落下が瞬時になされ得るので、上述の作用効果がより一層良好に達成され得る。
なお、本発明の実施にあたり、上記実施形態に限ることなく、次のような種々の変形例が挙げられる。
(1)本発明の実施にあたり、上記一実施形態とは異なり、表示パネル180aの格納位置から演出表示位置への移動開始時期を、保留数が所定数(例えば、4個)であるときに4つ目の保留を消化する時期とし、表示パネル180aの演出表示位置から格納位置への移動開始時期を、保留数が零になった時期とするようにしてもよい。
(2)本発明の実施にあたり、ステップモータ185に代えて、直流モータその他の各種の電動機を採用してもよい。
(3)本発明の実施にあたり、各駆動歯車191〜193の相互の接合は、上記実施形態とは異なり、一体的な単一の歯車の形成でもって構成してもよく、また、各被動歯車195〜197の相互の接合は、上記実施形態とは異なり、一体的な単一の歯車の形成でもって構成してもよい。
(4)本発明の実施にあたり、上記実施形態にて述べてステップモータ185及び駆動歯車群GG1の正転は、逆転と称してもよく、一般的には、ステップモータ185及び駆動歯車群GG1は、その一方向回転のもとに、表示パネル180aを落下或いは上動させるようにすればよい。
(4)本発明の実施にあたり、上記第1或いは第2の実施形態にて述べた表示器171は、液晶パネルに限ることなく、ブラウン管表示器、EL表示器やプラズマ表示器等の各種の表示器であってもよい。
(5)本発明の実施にあたり、上記実施形態にて述べた表示パネル180aは、発光ダイオードを用いたパネルに限ることなく、多数の蛍光放電管を用いたパネル、液晶パネル、ELパネルやプラズマパネル等の各種の表示パネルであってもよい。
Ba…遊技盤、GG1…駆動歯車群、GG2…被動歯車群、
P1〜P3…貫通孔部、S6…格納位置センサ、S7…中間位置センサ、
S8…演出表示位置センサ、Ta、Tb、Tc、191b、192d、195b…歯、
10…遊技板、13…中央開口部、50…スタートチャッカー、51…始動入賞口、
170…主演出画像表示装置、171…表示器、180…副演出画像表示装置、
180a…表示パネル、180c…駆動機構、185…ステップモータ、
186…連結レバー、191〜193…駆動歯車、192c、195c…歯群、
195〜197…被動歯車、195d…円弧状欠歯部、300…主制御装置、
400b…演出制御部、400c…画像制御部。

Claims (8)

  1. パチンコ遊技機の遊技盤に設けられる可動式演出表示装置であって、
    前記遊技盤に形成した中央開口部を通しその前方を臨むように固定的に支持される表示器と前記遊技盤との間に移動可能に介装される表示パネルを備えて、
    被動歯車手段が駆動歯車手段との第1或いは第2の噛合位置にて停止状態にあるとき、前記被動歯車手段によって、前記表示パネルを、前記遊技盤の前記中央開口部の上側に位置する格納位置或いは前記遊技盤の前記中央開口部を通しその前方を表示面により臨むように位置する演出表示位置に維持し、
    前記表示パネルの前記格納位置における維持状態にて前記駆動歯車手段を一方向回転させたとき、前記被動歯車手段が、前記駆動歯車手段との噛合により当該駆動歯車手段とは逆回転方向に回転して、前記表示パネルを前記演出表示位置まで瞬時に落下させるように、前記駆動歯車手段との噛合から前記第1噛合位置にて解離し、
    前記表示パネルの前記演出表示位置における維持状態にて前記駆動歯車手段を前記一方向回転させたとき、前記被動歯車手段が、前記駆動歯車手段との前記第2噛合位置からの噛合により、前記表示パネルを前記格納位置まで上動させるべく、前記駆動歯車手段とは逆回転方向に回転するようにした可動式演出表示装置。
  2. パチンコ遊技機の遊技盤に設けられる可動式演出表示装置であって、
    前記遊技盤に形成した中央開口部を通しその前方を臨むように固定的に支持される表示器と前記遊技盤との間に介装される表示パネルと、
    前記遊技盤の裏側に設けられる駆動手段とを備えて、
    この駆動手段は、
    電動機と、この電動機の一方向回転に伴い当該電動機と同一回転方向に回転する駆動歯車群と、この駆動歯車群の回転に伴い当該駆動歯車群とは逆回転方向に回転するように噛合すべく構成されて前記表示パネルを支持する被動歯車手段とを具備し、
    前記電動機の停止状態にて前記被動歯車手段が前記駆動歯車手段との第1或いは第2の噛合位置にあるとき、前記被動歯車手段によって、前記表示パネルを、前記遊技盤の前記中央開口部の上側に位置する格納位置或いは前記遊技盤の前記中央開口部を通しその前方を表示面により臨むように位置する演出表示位置に維持し、
    前記表示パネルの前記格納位置における維持状態にて前記電動機を前記一方向回転させたとき、前記被動歯車手段が、前記電動機と同一回転方向に回転する前記駆動歯車手段との噛合により当該駆動歯車手段とは逆回転方向に回転して、前記表示パネルを前記演出表示位置まで瞬時に落下させるように、前記駆動歯車手段との噛合から前記第1噛合位置にて解離し、
    前記表示パネルの前記演出表示位置における維持状態にて前記電動機を前記一方向回転させたとき、前記被動歯車手段が、前記電動機と同一回転方向に回転する前記駆動歯車手段との前記第2噛合位置からの噛合により、前記表示パネルを前記格納位置まで上動させるべく、前記駆動歯車手段とは逆回転方向に回転するようにした可動式演出表示装置。
  3. 前記駆動歯車手段は、
    一連の歯を所定の等角度間隔にて有し前記電動機と同一回転方向に回転する第1駆動歯車と、
    この第1駆動歯車に同軸的に接合されて所定数の歯からなる歯群を、複数、等角度間隔にて有する第2駆動歯車とを有しており、
    この第2駆動歯車の前記複数の歯群は、それぞれ、前記所定数の歯のうちの前記電動機の前記一方向回転側端とは逆転方向端側の歯にて、前記第1駆動歯車の前記各歯と同一位相角にて位置するように形成されており、
    前記被動歯車手段は、
    前記表示パネルの裏面端部から相対回動可能に延出されて前記被動歯車群と相対回動不能に連結してなる連結レバーと、
    複数の歯からなる単一の歯群とこの単一の歯群の前記複数の歯のうちの前記電動機の前記一方向回転側端に位置する歯及び前記一方向回転側端とは逆転側端に位置する歯の間に前記所定の等角度間隔に対応するように形成してなる円弧状欠歯部との双方を有する第1被動歯車であって前記単一の歯群にて前記第1駆動歯車の回転に伴いその一連の歯に前記所定の等角度間隔にて噛合する第1被動歯車と、
    この第1被動歯車に同軸的に接合されて前記第2駆動歯車に前記複数の歯群を介し噛合する第2被動歯車とを有しており、
    前記第2被動歯車の前記第2駆動歯車による前記複数の歯群のうちの1つの歯群の前記逆転方向端側の歯との噛合からの解離を、前記被動歯車手段の前記駆動歯車手段との前記第1噛合位置に対応させ、
    前記第1被動歯車の前記逆転方向端側の歯による前記第1駆動歯車の前記1つの歯との下方からの噛合を、前記被動歯車手段の前記駆動歯車手段との前記第2噛合位置に対応させて、
    前記電動機の停止状態にて前記第1被動歯車が前記逆転側端に位置する歯或いは前記一方向回転側端に位置する歯にて前記第1駆動歯車の前記一連の歯のうちの1つの歯に上方或いは上方から噛合しているとき、前記被動歯車手段によって、前記連結レバーを介し、前記表示パネルを、前記格納位置或いは前記演出表示位置に維持し、
    前記表示パネルの前記格納位置における維持状態にて前記電動機を前記一方向回転させたとき、前記第2被動歯車が、前記第1駆動歯車と共に前記電動機と同一方向に回転する前記第2駆動歯車の前記1つの歯群との噛合により前記第1及び第2の駆動歯車とは逆方向に回転して、前記第2被動歯車の前記逆転方向端側の歯との噛合から解離して、前記表示パネルを前記演出表示位置まで瞬時に落下させるように前記円弧状欠歯部を介し空転し、
    前記表示パネルの前記演出表示位置における維持状態にて前記電動機を前記一方向回転させたとき、前記第1被動歯車が、前記電動機と同一方向に回転する前記第1駆動歯車との噛合のもとに当該第1駆動歯車とは逆回転方向に回転して前記第2被動歯車を前記第2駆動歯車群の前記複数の歯群のうちの1つの歯群に噛合させることにより、この噛合による前記第2被動歯車の前記第1被動歯車と同一方向への回転に応じて、前記表示パネルを前記格納位置まで上動させるようにしたことを特徴とする請求項2に記載の可動式演出表示装置。
  4. 前記駆動歯車手段は、前記第2駆動歯車を介し前記第1駆動歯車に対向するように前記第2駆動歯車に同軸的に接合してなる第3駆動歯車であって前記第1駆動歯車の各歯と同位相角にて対応する各歯を有してなる第3駆動歯車を備えており、
    前記被動歯車手段は、前記第2被動歯車を介し前記第1被動歯車に対向するように前記第2被動歯車に同軸的に接合してなる第3被動歯車であって前記第1被動歯車の前記一方向回転側端に位置する歯に同位相角にて対応する歯を有してなる第3被動歯車を備えており、
    前記第1被動歯車が前記一方向回転側端に位置する歯にて前記第1駆動歯車の前記1つの歯に下方から噛合するとき、前記第3被動歯車が、その歯にて、この歯に対応して位置する前記第3駆動歯車の前記歯に下方から噛合することを特徴とする請求項3に記載の可動式演出表示装置。
  5. 前記表示パネルの前記裏面端部にて互いに対向するように設けてなる両上下両側回動規制板と、
    前記連結レバーの前記表示パネルとの連結部よりも前記下側回動規制板とは反対側にて前記上側回動規制板に対向するように前記表示パネルの前記裏面端部に設けた板状錘とを備えて、
    前記上側回動規制板と前記下側回動規制板及び前記板状錘との間の各対向辺は、前記連結レバーの回動範囲を前記表示パネルの格納位置と演出表示位置との間に対応する回動範囲に規制するように形成されていることを特徴とする請求項3または4に記載の可動式演出表示装置。
  6. 大当たり抽選の機会を与えるように遊技球が入賞する始動入賞口を設けてなる遊技盤と、この遊技盤の中央開口部を通しその前方を臨むように固定的に支持される表示器を有する演出画像表示装置と、遊技状態に応じて前記表示器にて演出画像を変動表示するように前記演出画像表示装置を制御する制御手段とを備えるパチンコ遊技機において、
    前記演出画像表示装置を主演出画像表示装置とすることで、副演出画像表示装置として設けられる請求項3に記載の可変表示装置と、
    前記副演出画像表示装置の前記表示パネルが前記格納位置にあるときこれに対応する前記駆動歯車手段の格納側回転位置を検出する格納回転位置検出手段と、
    前記表示パネルの所定の中間位置に対応する前記第2被動歯車の前記逆転方向端側の歯との噛合からの解離位置を表す前記駆動歯車手段の中間側回転位置を検出する中間回転位置検出手段と、
    前記表示パネルが前記演出表示位置にあるときこれに対応する前記被動歯車手段の演出表示回転位置を検出する演出表示回転位置検出手段とを備えて、
    前記制御手段は、
    前記表示パネルが前記格納位置にあることが前記格納回転位置検出手段により検出されたとき、前記副演出画像表示装置の前記駆動手段に対する駆動指令があれば、前記表示パネルを前記演出表示位置に向けて瞬時に落下させるべく、前記電動機を前記一方向回転させるように制御する第1の一方向回転制御手段と、
    前記表示パネルが前記所定の中間位置に達したことが前記中間回転位置検出手段により検出されたとき、前記電動機の前記一方向回転を停止させるように当該電動機を制御する一方向回転停止制御手段と、
    前記表示パネルが前記演出表示位置に達したことが前記演出表示回転位置検出手段により検出されたとき、前記遊技状態が確変遊技状態或いは時短遊技状態にあれば、当該確変遊技状態或いは時短遊技状態に対する演出変動表示を前記表示パネルにて行うように前記副演出画像表示装置を制御する演出表示制御手段と、
    前記表示パネルによる演出変動表示中において前記遊技状態が次の大当たり遊技状態の開始直前になったとき、前記表示パネルを前記格納位置まで移動させるべく、前記電動機を前記一方向回転させるように制御する第2の一方向回転制御手段とを備えるパチンコ遊技機。
  7. 前記演出表示制御手段は、前記始動入賞口への遊技球の入賞に伴う保留数が3或いは4になったとき、大当たりを予測させるように前記表示パネルにて演出表示変動を行うべく、前記副演出画像表示装置を制御するようになっていることを特徴とする請求項6に記載のパチンコ遊技機。
  8. 前記駆動歯車手段は、前記第2駆動歯車を介し前記第1駆動歯車に対向するように前記第2駆動歯車に同軸的に接合してなる第3駆動歯車であって前記第1駆動歯車の各歯と同位相角にて対応する各歯を有してなる第3駆動歯車を備えており、
    前記被動歯車手段は、前記第2被動歯車を介し前記第1被動歯車に対向するように前記第2被動歯車に同軸的に接合してなる第3被動歯車であって前記第1被動歯車の前記一方向回転側端に位置する歯に同位相角にて対応する歯を有してなる第3被動歯車を備えており、
    前記第1被動歯車が前記一方向回転側端に位置する歯にて前記第1駆動歯車の前記1つの歯に下方から噛合するとき、前記第3被動歯車が、その歯にて、この歯に対応して位置する前記第3駆動歯車の前記歯に下方から噛合することを特徴とする請求項6または7に記載の可動式演出表示装置。
JP2009223707A 2009-09-29 2009-09-29 可動式演出表示装置及びこの可動式演出表示装置を備えるパチンコ遊技機 Pending JP2011072328A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009223707A JP2011072328A (ja) 2009-09-29 2009-09-29 可動式演出表示装置及びこの可動式演出表示装置を備えるパチンコ遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009223707A JP2011072328A (ja) 2009-09-29 2009-09-29 可動式演出表示装置及びこの可動式演出表示装置を備えるパチンコ遊技機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011072328A true JP2011072328A (ja) 2011-04-14
JP2011072328A5 JP2011072328A5 (ja) 2012-10-18

Family

ID=44017003

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009223707A Pending JP2011072328A (ja) 2009-09-29 2009-09-29 可動式演出表示装置及びこの可動式演出表示装置を備えるパチンコ遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2011072328A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012228414A (ja) * 2011-04-27 2012-11-22 Kyoraku Sangyo Kk パチンコ遊技機
JP5674975B1 (ja) * 2014-05-27 2015-02-25 株式会社平和 遊技機

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009045271A (ja) * 2007-08-21 2009-03-05 Mrd:Kk 遊技機の可動体落下構造

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009045271A (ja) * 2007-08-21 2009-03-05 Mrd:Kk 遊技機の可動体落下構造

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012228414A (ja) * 2011-04-27 2012-11-22 Kyoraku Sangyo Kk パチンコ遊技機
JP5674975B1 (ja) * 2014-05-27 2015-02-25 株式会社平和 遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5537715B1 (ja) ぱちんこ遊技機
JP2016158841A (ja) 遊技台
JP5305415B2 (ja) 遊技台
JP5339653B1 (ja) ぱちんこ遊技機
JP6172035B2 (ja) 遊技機
JP2016036664A (ja) 遊技機
JP4803588B2 (ja) 弾球遊技機
JP2008018009A (ja) 遊技機
JP5419053B1 (ja) ぱちんこ遊技機
JP5102457B2 (ja) 遊技機
JP2009261757A (ja) 遊技台
JP2007300999A (ja) 遊技機
JP2011147722A (ja) 遊技機
JP5413932B1 (ja) ぱちんこ遊技機
JP5857323B2 (ja) 遊技台
JP5110452B2 (ja) 遊技台
JP2007185248A (ja) 遊技機
JP2010082077A (ja) 遊技機
JP5188599B2 (ja) パチンコ遊技機
JP5473047B2 (ja) パチンコ遊技機
JP2007222440A (ja) 遊技機
JP2015029582A (ja) ぱちんこ遊技機
JP4971079B2 (ja) 遊技台
JP2015066188A (ja) 遊技機
JP2015029583A (ja) ぱちんこ遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Effective date: 20120829

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20120829

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130924

A02 Decision of refusal

Effective date: 20140401

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02