JP2007209504A - 遊技機 - Google Patents

遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP2007209504A
JP2007209504A JP2006032157A JP2006032157A JP2007209504A JP 2007209504 A JP2007209504 A JP 2007209504A JP 2006032157 A JP2006032157 A JP 2006032157A JP 2006032157 A JP2006032157 A JP 2006032157A JP 2007209504 A JP2007209504 A JP 2007209504A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
game
ball
payout
plate
shielding
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2006032157A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2007209504A5 (ja
Inventor
Wataru Oshimi
渉 押見
Original Assignee
Sanyo Product Co Ltd
株式会社三洋物産
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sanyo Product Co Ltd, 株式会社三洋物産 filed Critical Sanyo Product Co Ltd
Priority to JP2006032157A priority Critical patent/JP2007209504A/ja
Publication of JP2007209504A publication Critical patent/JP2007209504A/ja
Publication of JP2007209504A5 publication Critical patent/JP2007209504A5/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

【課題】 払出口に対して異物を挿入する行為を未然に防いで遊技機の破損を防止すると共に受け皿から遊技媒体が飛び出すのを規制した遊技機を提供すること。
【解決手段】 遊技媒体を貯留する上皿302を有し、所定の入賞条件の成立に基づき遊技媒体を払出口312から上皿302へ払い出すように構成した遊技機10であって、払出口312の外側でかつ上皿302の上方に払出口312を覆う遮蔽部314を設け、遮蔽部314の下端位置を上皿302の前壁302aの上端位置と払出口312の上端位置を結ぶラインPよりも下方に設定した。
【選択図】 図33

Description

本発明は、パチンコ機やアレンジボール遊技機などの弾球遊技機やメダル又は遊技球を遊技媒体として使用する回胴式遊技機に代表される遊技機に関するものである。
従来の遊技機として、所定の入賞条件の成立に基づき遊技媒体が払出口から受け皿に払い出されるものがある。また、パチンコ機等の弾球遊技機や遊技球を遊技媒体として使用する回胴式遊技機(以下、球式回胴遊技機という。)であってCRタイプのものにあっては、遊技媒体としての遊技球の貸し出しの際にも、遊技球が払出口から受け皿に払い出される。
特開2002−186752号公報
この種の遊技機においては、払出口から遊技機内部に金属板を挿入するなどして行なわれる不正行為が懸念される。例えば、パチンコ機等の弾球遊技機の場合は、払出口から挿入した金属板等の異物にて前面パネルと遊技盤との間に隙間を形成し、ピアノ線等を用いて大入賞口を開口させるなどの不正行為が行なわれる懸念がある。また、メダルを遊技媒体として使用する回胴式遊技機、いわゆるスロットマシンの場合は、払出口から挿入した金属板にてホッパ(払出装置)やセレクタ(遊技球投入装置)に対して不正行為をはたらくことが懸念される。
特に、球式回胴遊技機に関しては一度に払い出される賞球(最大75球)が従来のパチンコ機よりも多く、賞球の迅速な払い出しを行なって遊技の迅速化を図るという観点から、本発明者は遊技媒体の払出装置を従来のパチンコ機よりも多く設置すると共に払出口の大きさを従来のパチンコ機よりも大きく設定するに至った。そうすると、上記のように払出口に対して金属板等の異物を挿入される危険性が従来の遊技機に比べて高くなる。
本発明は斯かる課題に鑑み創案されたものであって、その目的は、払出口に対して異物を挿入して行なわれる不正行為を抑制できる遊技機を提供することにある。
以下、上記課題を解決するのに有効な手段等につき、必要に応じて作用効果等を示しつつ説明する。
手段1:手段1においては、
遊技媒体を貯留する受け皿を有し、所定の入賞条件の成立に基づき遊技媒体を払出口から受け皿へ払い出すように構成した遊技機であって、
前記払出口の外側でかつ前記受け皿の上方に払出口の上部を覆う遮蔽部を設け、前記遮蔽部の下端位置を前記受け皿の前壁の上端位置と前記払出口の上端位置を結ぶラインよりも下方に設定したことを特徴とする。
手段1に記載の遊技機は、前記受け皿の上方に設けた遮蔽部にて、前記払出口から遊技機内部への金属板等の異物挿入が規制される。すなわち、前記遮蔽部の下端位置を前記受け皿の前壁の上端位置と前記払出口の上端位置を結ぶラインよりも下方に設定することで、前記払出口に金属板等の異物を挿入しても異物によって払出口に連なる遊技機の内壁を強く押圧することができなくなり、遊技機に対する不正行為を抑制することができると共に異物挿入による遊技機の破損を防止することができる。また、前記遮蔽部を払出口の外側に設けて、払出口への異物挿入が物理的に不可能であると一見して分かるような構成としてある。これにより、払出口に対して異物を挿入しようとする意欲を削ぐことができ、払出口に対する異物挿入による遊技機の破損を未然に防ぐこともできる。さらに、前記遮蔽部にて払出口の上部を遮蔽することで、遊技媒体が払出口から勢いよく払い出されても遮蔽部にて受け止められ、受け皿から飛び出しにくくなる。
ここで、「受け皿」とは、遊技機がパチンコ機等の弾球遊技機や球式回胴遊技機である場合、受け皿として上受け皿(以下、上皿と略す。)と下受け皿(以下、下皿と略す。)があり、これらの受け皿のうち少なくともいずれか一方をいう。
手段2:手段1に記載の遊技機において、
前記遮蔽部の幅を前記払出口の幅よりも広く設定したことを特徴とする。
手段2に記載の遊技機は、前記遮蔽部にて前記払出口の幅方向全体を遮蔽してあるので、異物挿入の規制作用と遊技媒体を受け止める作用の確実性が向上する。つまり、前記払出口の前方のみならず、斜め方向からも異物を挿入しにくくなると共に、払出口から払い出される遊技媒体をほぼ確実に受け止めることが可能になる。
手段3:手段1又は2に記載の遊技機において、
前記遮蔽部の払出口側に後方側から前方側へ下る傾斜面部を設けたことを特徴とする。
手段3に記載の遊技機は、前記遮蔽部の払出口側に傾斜面部を設けてあるので、払出口から払い出されてきた遊技媒体が前記遮蔽部に衝突すると下方へ方向転換する。これにより、前記払出口から払い出されて前記遮蔽部に衝突した遊技媒体が払出口側へ逆流しなくなり、遊技媒体にて払出口が詰まるのを防止できる。
手段4:手段1〜3のいずれかに記載の遊技機において、
前記受け皿の前後方向後端側を覆うフード部を有し、前記遮蔽部をフード部から下方へ突設したことを特徴とする。
手段4に記載の遊技機は、前記遮蔽部を前記受け皿の上方から下方へ向けて延在させるために、前記受け皿の少なくとも前後方向後端側を覆うようにフード部を設けてある。このフード部を設けることで、前記遮蔽部と払出口の間隔を所定の範囲内で自由に設定できるようになる。
手段5:手段1〜4に記載の遊技機において、
前記遮蔽部が払出口よりも上方からぶら下げられ、前記遮蔽部を下向きから前方側へ揺動自在に構成すると共に下向きから後方側への揺動を規制したことを特徴とする。
手段5に記載の遊技機は、払出口から払い出された遊技媒体が前記遮蔽部に衝突したときに、前記遮蔽部が前方側へ逃げるように揺動する構成とされる。これにより、前記遮蔽部が遊技媒体を受け止めるときの衝撃緩衝作用が得られ、前記遮蔽部の損傷を抑制することができる。一方、前記遮蔽部の後方側への揺動を規制してあるので、払出口への異物挿入を規制する作用は損なわれない。なお、前記遮蔽部の前方側への揺動は、手段1に記載の範囲内で、つまり前記遮蔽部の下端位置が前記受け皿の前壁の上端位置と前記払出口の上端位置を結ぶラインよりも下方となる範囲内で自由に許容されるものとする。こうすることで、前記遮蔽部を前方側へ引っ張りつつ払出口に異物を挿入することができなくなる。
手段6:手段1〜4のいずれかに記載の遊技機において、
前記遮蔽部の一端を前記受け皿の側壁に接合したことを特徴とする。
手段6に記載の遊技機は、前記遮蔽部の一端を前記受け皿の側壁に接合することで、前記遮蔽部の強度を向上させてある。つまり、前記遮蔽部が遊技媒体を受け止めるときの衝撃に対する強度が十分に得られ、前記遮蔽部の損傷を抑制することができる。
手段7:手段1〜6のいずれかに記載の遊技機において、
前記遮蔽部を前記払出口から前方へ遊技媒体一個分以上離して配置したことを特徴とする。
手段7に記載の遊技機は、前記遮蔽部を前記払出口から前方へ遊技媒体一個分以上離して配置することで、遊技媒体にて払出口が詰まるのを防止してある。つまり、遊技媒体が遮蔽部と衝突する位置を遊技媒体が払出口から完全に出たところに設定してあるので、払出口からの遊技媒体の払い出しが阻止されず、遊技媒体にて払出口が詰まるのを防止することができる。
手段8:手段1〜3のいずれかに記載の遊技機において、
前記遮蔽部を前記払出口の上方の壁部から前方側へ湾曲させて設けたことを特徴とする。
手段8に記載の遊技機は、上記のフード部を設けることなく、前記遮蔽部を設けたものである。つまり、上記のフード部がなくても遮蔽部を設けることは可能で、その場合には、前記払出口の上方の壁部から前方側へ湾曲させて設ける。
ここで「前方側へ湾曲させて」とは、例えば部分円筒状や部分楕円筒状のように中央部と端部の曲率が同じ形状に限定されず、例えば四半球状や四半楕円球状のように中央部と端部の曲率が相違していてもよい。
手段9:手段8に記載の遊技機において、
前記遮蔽部のうち前記払出口の前方に位置する部分を前記払出口から前方へ遊技媒体一個分以上離して配置したことを特徴とする。
手段9に記載の遊技機は、手段7に記載の遊技機と同様に、遊技媒体にて払出口が詰まるのを防止したものである。この場合、前記遮蔽部のうち少なくとも前記払出口の前方に位置する部分が払出口から遊技媒体一個分以上離れていれば、手段7に記載の遊技機と同様の作用効果を享受できる。
手段10:手段1〜9のいずれかに記載の遊技機において、
前記遮蔽部の左右方向一端側を受け皿の奥壁へ向けると共に他端側を受け皿の側壁へ向けて湾曲させて形成したことを特徴とする。
手段10に記載の遊技機は、前記払出口から払い出された遊技媒体が前記遮蔽部に衝突すると、前記受け皿の側壁へ向かう構成とされる。これにより、遊技媒体が払出口の正面に溜まらずに受け皿の全体を有効に使って遊技媒体を貯留することができる。
特に、遊技球を遊技媒体として使用する遊技機(パチンコ機等の弾球遊技機や球式回胴遊技機)にあっては、周知の如く上皿が左右方向一方側から他方側へ向かって下っているので、払出口から払い出された遊技球を遮蔽部にて上皿の下流側へ誘導することができる。
手段11:手段1〜3のいずれかに記載の遊技機において、
前記受け皿の前後方向後端側を覆うフード部を有し、フード部のうち少なくとも払出口の前方部分が後方側から前方側へ向かって下る傾斜面部とされ、当該フード部の傾斜面部が前記遮蔽部となるように構成したことを特徴とする。
手段11に記載の遊技機は、前記受け皿の前後方向後端側を覆うフード部のうち少なくとも払出口よりも前方部分に後方側から前方側へ向かって下るよう形成された傾斜面部を前記遮蔽部としたものである。フード部のうち少なくとも払出口の前方部分全体で遮蔽部を構成してあるので、遮蔽部の強度が高く損傷しにくい。
手段12:手段1〜11のいずれかに記載の遊技機において、
前記遮蔽部の下端位置を前記受け皿の底面から上方へ遊技媒体一個分以上離して配置したことを特徴とする。
手段12に記載の遊技機は、前記遮蔽部の下端位置を前記受け皿の底面から上方へ遊技媒体一個分以上離して配置してあるので、前記受け皿に遊技媒体が少ししか貯留されていない場合に、払出口から払い出された遊技媒体が前記遮蔽部の下をくぐって前記受け皿の前壁に到達する。これにより、受け皿の全体を有効に使って遊技媒体を貯留することができる。
本発明によれば、上述の如く、前記受け皿の上方に設けた遮蔽部にて、前記払出口から遊技機内部への金属板等の異物挿入を規制することができる。これにより、遊技機に対する不正行為を抑制できると共に遊技機の破損を防止できる。また、前記遮蔽部を払出口の外側に設けて、払出口への異物挿入が物理的に不可能であると一見して分かるような構成としてあるので、払出口に対して異物を挿入しようとする意欲を削ぐことができ、払出口に対する異物挿入による遊技機の破損を未然に防ぐことができる。さらに、前記遮蔽部にて払出口の上部を遮蔽することで、遊技媒体が遮蔽部にて受け止められ、遊技媒体が受け皿から飛び出すのを防止することができる。
以下、図面を参照しつつ本発明に係る遊技機の実施形態について説明する。なお、以下の実施形態では、便宜上、球式回胴遊技機を挙げて説明するが、本発明は、メダルを遊技媒体として使用する回胴式遊技機(いわゆるスロットマシン)や弾球遊技機(パチンコ機、アレンジボール機、雀球遊技機など)にも適用することができる。
図1は本実施形態の球式回胴遊技機10の正面図であり、図2は球式回胴遊技機10の正面側斜視図であり、図3は外枠11に対してドアブロック12を開けた状態を示す斜視図であり、図4は前面ブロック20に対して払出ブロック30及び遊技ブロック40を開けた状態を示す斜視図である。
図1乃至図3に示すように、この球式回胴遊技機10は、当該球式回胴遊技機10の外殻を形成する外枠11と、この外枠11の一側部に開閉可能に支持されたドアブロック12とを備えている。外枠11は、木製の板材により全体として矩形状に構成され、小ネジ等の離脱可能な締結具により各板材が組み付けられている。なお、外枠11は、軽量化を図るために、樹脂やアルミニウム等の軽金属により構成されていてもよい。ドアブロック12は、外枠11に対してヒンジ13,13によって開閉可能に取り付けられ、その開閉軸線は球式回胴遊技機10の正面からみて左側で上下に延びるように設定されており、この開閉軸線を軸心にしてドアブロック12が前方側に十分に開放できるようになっている。
ドアブロック12は、図4に示すように、球式回胴遊技機10の前面を構成する前面ブロック20と、前面ブロック20に対して後方側へ開閉可能に取着された払出ブロック30と、前面ブロック20に対して後方側へ開閉可能に取着され、前面ブロック20及び払出ブロック30にて被包される遊技ブロック40とからなる。
(前面ブロックの構成)
図5は前面ブロック20の分解斜視図である。図5に示すように、前面ブロック20は、前面パネル100、前面ブロック枠200、回胴表示パネル22、パネル押え枠24、上皿ユニット300、および、セレクタ400(遊技球投入装置)を備える。
前面パネル100は、図1、図2及び図5に示すように、遊技ブロック40の前面に設けられた遊技領域を露出するための窓孔102を有し、窓孔102を囲むようにして上効果LEDカバー部104、上スピーカ部106,106、右中効果LEDカバー部108、左中効果LEDカバー部110、中央パネル部112が配設されている。
上効果LEDカバー部104、右中効果LEDカバー部108及び左中効果LEDカバー部110は、それぞれ前面パネル100の裏側から取り付けられた図示しない発光ダイオード(LED)等の発光装置を覆っている。前記発光装置は、遊技の進行に伴い点灯したり、点滅したりして遊技の視覚的演出を行なうものである。
上スピーカ部106,106は、遊技の進行に伴い種々の効果音を鳴らしたり、遊技者に遊技状態を報知したりして遊技の聴覚的演出を行なうものである。
中央パネル部112は、無色透明のガラスで構成され、所定の入賞条件及び当該入賞条件を満たした場合に払い出される遊技球の個数(賞球数)や遊技方法などが記載された図示しない情報掲載パネルを露出するための部位である。前記情報掲載パネルの表示内容を見やすくするために、中央パネル部112の内側には蛍光灯41k(図27参照)が設置される。中央パネル部112の左側方には1ベットボタン114(図1参照)が配設されている。中央パネル部112の右側方には汎用ボタン116,118(図1,2参照)が配設されている。汎用ボタン116,118は例えば遊技モードの切替えや液晶画面における表示モードの切替えなど、遊技機の機種ごとにその用途を適宜設定可能なボタンである。中央パネル部112の汎用ボタン116等よりもさらに右側方には、前面ブロック開閉用のドアキーシリンダ202の前面(鍵穴)を露出させるキーシリンダ挿通孔120を設けてある。また、中央パネル部112の下方には、前方側へ突出した操作パネル部122が配設されている。
操作パネル部122には、図面左側から順に、後述する回胴L,M,R(図27参照)の回転を開始させるための始動レバー124と、左回胴Lの回転を停止させるための左回胴停止ボタン126Lと、中回胴Mの回転を停止させるための中回胴停止ボタン126Mと、右回胴Rの回転を停止させるための右回胴停止ボタン126Rと、上皿302から下皿128へ遊技球を流す操作をするための上皿球抜きレバー386を露出させるための小窓孔130とを設けてある。始動レバー124は、遊技者がゲームを開始するときに手で押下して操作するレバーであり、手が離れたあと元の位置に自動復帰する。所定数の遊技球がベットされているときにこの始動レバー124が操作されると、各回胴L,M,Rが一斉に回転し始める。始動レバー124の基端部上方には、各回胴L,M,Rの回転準備が整った状態、つまり所定数の遊技球がセレクタ400にて取り込まれ、始動レバー124の操作受付可能な状態を報知するための始動レバーLED132を埋設してある。また、各回胴停止ボタン126L,126M,126Rの周囲には、各回胴停止ボタン126L,126M,126Rの操作受付可能な状態を報知するための回胴停止ボタンLED134L,134M,134Rを埋設してある。各回胴停止ボタンLED134L,134M,134Rは、それぞれ対応する回胴L,M,Rが等速回転しているときに点灯し、対応する回胴L,M,Rの回転が停止すると消灯する。操作パネル部122の下方には、遊技球を貯留するための下皿128が配設されている。
下皿128の奥面には、前面ブロック枠200に設けた下スピーカ部204を覆う下スピーカカバー部136と、上皿302から下皿128へ流れてくる遊技球の出口となり、かつ、後述する払出装置33(図17参照)から直接遊技球が払い出されてくることもある下皿払出口138とを設けてある。また、下皿128の前面下部には、下皿128から下皿128の下方に配置した図示しない遊技球収容ケース(いわゆるドル箱)に遊技球を落とす操作をするための下皿球抜きレバー140を設けてある。つまり、図2に示すように、下皿128の底面には開口部142を設けてあり、通常は開口部142を閉塞板144にて閉じてある。下皿球抜きレバー140にて閉塞板144をスライド操作することで、開口部142を開口させて下皿128から遊技球を落下させる構成になっている。また、下皿128の左側方には灰皿146を設けてある。操作パネル部122及び下皿128の両側には、それぞれ左下効果LEDカバー部148及び右下効果LEDカバー部150を設けてある。左下効果LEDカバー部148及び右下効果LEDカバー部150は、それぞれ前面パネル100の裏側から取り付けられた図示しない発光ダイオード等の発光装置を覆うものである。なお、前面パネル100は、合成樹脂製、例えばABS(アクリロニトリル‐ブタジエン‐スチレン)樹脂で構成してある。こうすることで、粘性が高く衝撃に強くでき、低コストで製造できるという利点が発揮される。
前面ブロック枠200は、図5に示すように、前面パネル100よりも若干小さい矩形状の枠体で、前面パネル100の裏側にネジ止めされる。前面ブロック枠200の下部には下スピーカカバー部136にて覆われる聴覚的演出用の下スピーカ部204を取り付けてある。上下にスピーカ部106,204を設けることで臨場感あふれる聴覚的演出を行なうことができる。また、前面ブロック枠200の左側部には回転軸206を設け、右側部にはドア開閉機構208を設けてある。図中の符号202はドア開閉機構208を構成するキーシリンダである。ドアキーシリンダ202に図示しない鍵を挿入して右側へ回転させると、外枠11に対して係止する係止爪210,210が下方向に回動し、外枠11に対する係止が解除される。逆に、ドアキーシリンダ202に図示しない鍵を挿入して左側へ回転させると、払出ブロック30に対して係止する係止爪212,212が下方向に回動し、払出ブロック30に対する係止が解除される。なお、図中の符号214は、下皿払出口138に連なる誘導通路である。
回胴表示パネル22は、無色透明のガラス板で、前面パネル100の窓孔102の形状に対応した形状の略台形状とされる。また、回胴表示パネル22は、遊技機設置島内を通行中の人がつまづいて衝突するなどしても割れないように十分な強度をもって形成されている。
表示パネル押え枠24は、前面パネル100との間に回胴表示パネル22を介在させて前面ブロック枠200にネジ止めされる。表示パネル押え枠24は、回胴表示パネル22の形状に対応した略台形状とされ、所定の奥行きをもって形成される。つまり、前面パネル100の窓孔102が中央パネル部112よりも前方に張り出しており、この張り出し長さに対応した奥行きをもって形成される。
上皿ユニット300は、遊技球を貯留する上皿302を有する部材で、中央パネル部112と操作パネル部122の間の開口部152を閉塞するように、操作パネル部122の裏側に取り付けられる。上皿302は、所望の深さでかつ図示上左側から右側へと下る傾斜をもって形成される。上皿ユニット300の前壁上面部には、左側部にマックスベットボタン304を、右側部に球貸出ボタン306及びカード返却ボタン308を配設してある。マックスベットボタン304にはマックスベットボタンLED(図示略)を埋設してある。前記マックスベットボタンLEDは、遊技球のベット可能な状態を遊技者に報知するためのものである。
図6乃至図8を参照して上皿ユニット300についてさらに詳しく説明する。なお、図6は上皿ユニット300の拡大斜視図で、図7(A)は上皿ユニット300の平面図で、図7(B)は上皿ユニット300の底面図で、図8は上皿ユニット300の分解斜視図である。但し、図8では図6及び図7(A)に示すフード部310の図示を省略している。
図6乃至図8に示すように、上皿ユニット300の奥面左端部には、上皿払出口312を設けてある。本実施形態では、一度に払い出される賞球数がパチンコ機に比べて球式回胴遊技機10の方が多く、大量の賞球を瞬時に払い出すという観点から、従来の球式回胴遊技機やパチンコ機(以下、これらをまとめて「従来の遊技機」と称する。)の払出口よりも上皿払出口312の横幅を大きく設定してある。この実施形態では、上皿払出口312の奥方の横幅H1が遊技球4個を並べた幅(約44mm)以上でかつ遊技球5個を並べた幅(約55mm)以下とされる。上皿払出口312は、奥側から前方側へ拡開したテーパー状をなし、その前側の横幅H2は、概ね遊技球7個を並べた幅(約77mm)とされる。
また、上皿ユニット300は前後方向の略中央部よりも後方側を覆うフード部310を有する。このフード部310は、上皿302の奥壁の上部を構成すると共に、中央パネル部112の底面部を構成する部材でもある。つまり、本実施形態では、遊技ブロック40に装着される後述する回胴ユニット43の前部が前方側へ出っ張っており、その下方をフード部310で覆うようになっている。そして、上皿302の奥壁が中央パネル部112よりも奥まった位置に形成され、前記回胴ユニット43の下方に位置する。こうすることで、外枠11を基準とした上皿302の前方への突出長さを従来の遊技機と同程度に設定しても、上皿302の奥行きが大きくなっている分だけ、従来の遊技機よりも大量の遊技球を上皿302に貯留できる構成になっている。
図8に示すように、上皿ユニット300は、上皿ユニット本体320と、上皿ユニット本体320にネジ止めされるフード部310(図6及び図7(A)参照)と、球貸出ボタン306と、カード返却ボタン308と、内側カバー330と、外側カバー340と、CR操作表示部350と、上皿球止め部360と、上皿球抜き操作部380とから構成される。
上皿ユニット本体320は、上記の如く上皿302を有する部材で、上皿302の下流側部分には、複数(例えば3つ)に分岐した遊技球案内路322a,322b,322cを設けてある。遊技球案内路322a,322b,322cは、遊技球を整列状態にしてセレクタ400へ順次案内する部位である。遊技球案内路322a,322b,322cの前方側には、下側からCR操作表示部350を介して上皿球抜き操作部380を装着するための取付部323を設けてある。取付部323の表側には、左側から順に、矩形状の窓孔324と、円形状の窓孔325と、中央部に貫通孔326,327を有する一対の凹部328,329とを設けてある。矩形状の窓孔324は、CR操作表示部350の複数(例えば3つ)の7セグLEDからなる度数表示部352を露出させるためのものである。円形状の窓孔325は、球貸出ボタンLED354を露出させるためのものである。一対の凹部328,329は、球貸出ボタン306及びカード返却ボタン308を装着する部位である。
内側カバー330と外側カバー340は、それぞれ球貸出ボタン306及びカード返却ボタン308を露出させるための一対の孔332,334,342,344を有する。内側カバー330は、一対の孔332,334の周縁部にて各ボタン306,308のフランジ306a,308aを押えることで、各ボタン306,308を凹部328,329に取り付けるためのものである。外側カバー340は、各ボタン306,308の押し代を規制するためのもので、各ボタン306,308の先端部が一対の孔342,344から若干突出するように構成されている。各ボタン306,308の押し代を規制することで、CR操作表示部350の球貸出スイッチ356及びカード返却スイッチ358の破損を防止できる。
CR操作表示部350は、上記の度数表示部352、球貸出ボタンLED354、球貸出スイッチ356及びカード返却スイッチ358を備える。度数表示部352は、球式回胴遊技機10に隣接して配置される図示しないCRユニットにカードを挿入することで当該カードの残額に相当する度数を表示する部位である。例えば当該カードの残額の1/100の値を度数として表示する。球貸出ボタンLED354は、遊技球の貸し出しを行なえる状態であることを点灯により遊技者に報知する部位である。すなわち、前記CRユニットに挿入されたカードに残額があるときは、球貸出ボタンLED354を点灯させて、遊技球の貸し出しを行なえる状態であると報知し、前記CRユニットに挿入されたカードに残額がないときや前記CRユニットにカードが挿入されていないときは、球貸出ボタンLED354を消灯させて、遊技球の貸し出しを行なえない状態であると報知する。また、遊技球の貸し出しを行なっているときには、球貸出ボタンLED354を点滅させて、遊技球の貸し出しを行なっていることを報知し、この点滅状態のときにも球貸出ボタン306の操作を受け付けない構成とされる。球貸出スイッチ356は、球貸出ボタン306を押すことで、遊技球を貸し出すためのものである。カード返却スイッチ358は、カード返却ボタン308を押すことで、前記CRユニットからカードを返却するためのものである。
上皿球止め部360は、遊技球案内路322a,322b,322cの下側に取り付けられ、遊技球案内路322a,322b,322cからセレクタ400へと連なる球通路402a(402b,402c)(図10,11,13参照)の入口を開閉するものである。詳しくは、セレクタ400の故障等によりセレクタ400を取り替える必要が生じたときに、球通路402a(402b,402c)を閉鎖して上皿302から遊技球が毀れ落ちないようにするためのものである。
図9は上皿球止め部360の分解斜視図である。また、図10及び図11は上皿球止め部360及びセレクタ400を後方側から見た縦断面図であって、図10は球通路402a(402b,402c)の入口を開いた状態を、図11は球通路402a(402b,402c)の入口を閉じた状態をそれぞれ示している。図9に示すように、上皿球止め部360は、ケーシング361と、軸部材362と、開閉部材363とからなっている。
ケーシング361は、上方が開口した中空直方体状の箱であり、その両側部には、上皿ユニット本体320にネジ止めするためのフランジ364,365を設けてある。ケーシング361の前壁部366には、軸部材362の先端を回転自在に支持する先受け部367を設けてあり、後壁部368には軸部材362の基端側を受ける基受け部369を設けてある。また、ケーシング361の内底面には、軸部材362の中間部を受ける中受け部370,371を設けてある。なお、図中の符号372は後壁部368から後方側へ突出したストッパである。ストッパ372は、軸部材362の回転を規制する部位である。
軸部材362は、ケーシング361に対して開閉部材363をスライドさせるためのものである。軸部材362の基端部には、ケーシング361の背面側に配設される操作ハンドル373を設けてある。操作ハンドル373の前面側には、ストッパ372にて係止される円弧状の突出部374を設けてある。ケーシング361の内部に格納される軸部材362の先端側部分には、周方向に概ね90度の間隔を隔てて三対の押圧部375a,375bを設けてある。各押圧部375a,375bは舌片状に形成され、それぞれ軸部材362の半径方向に突出している。
開閉部材363は、球通路402a,402b,402cを閉じるための閉塞部376,376,376を有する。この実施形態では、上皿302の下流側部分に3本の遊技球案内路322a,322b,322cを設けてあるので、遊技球案内路322a,322b,322cの本数と同じ3つの閉塞部376,376,376を設けてある。開閉部材363は、ケーシング361に対してスライド自在に嵌着される本体部377と、本体部377の下側に軸部材362を跨ぐように設けられた一対の被押圧部378a,378bと、本体部377から一側方へ突出した3本のアーム379,379,379とを有し、各アーム379,379,379の先端に上向きに突出した閉塞部376,376,376を設けてある。
軸部材362の突出部374をケーシング361のストッパ372に接当させた状態では、図10に示すように、一方の押圧部375aが略水平方向を向いて開閉部材363の一方の被押圧部378aを押圧する。このとき、他方の押圧部375bは略鉛直方向下向きに維持される。図10の状態から操作ハンドル373を球式回胴遊技機10の背面から見て時計回りに回転させると、図11に示すように、他方の押圧部375bが略水平方向を向いて開閉部材363の他方の被押圧部378bを押圧し、開閉部材363が球通路402a(402b,402c)側へスライドする。これにより閉塞部376が球通路402の入口の大きさを狭めて遊技球を通せなくする。図11の状態から操作ハンドル373を反時計回りに回転させると、図10に示すように、遊技球が球通路402に流入可能な状態に戻る。
図11の如く球通路402の入口を狭めた状態にすると、図12に示すように、遊技球案内路322a(322b,322c)に遊技球を貯留した状態でセレクタ400を取り外すことができる。
図8の上皿球抜き操作部380は、操作パネル部122の小窓孔130から球式回胴遊技機10の前面に露出される上皿球抜きレバー386を有し、このレバー操作により上皿302から下皿128へと遊技球を流すためのものである。図10及び図11に示すように、セレクタ400は、上皿302から下皿128へと遊技球を案内する案内通路404a,404b,404cと、ベットボタン114,304の操作により上皿302から遊技球を回収して球式回胴遊技機10の外部へ排出する排出通路406a,406b,406cとを有する。上皿球抜き操作部380は、図10及び図11に示す返却シャッタ420を動かして、球通路402a(402b,402c)と案内通路404a(404b,404c)とを連通又は遮断させるためのものである。
図13及び図14は上皿球抜き操作部380及びセレクタ400の一部横断面図であって、図13は球通路402a(402b,402c)と案内通路404a(404b,404c)とを遮断した状態を、図14は球通路402a(402b,402c)と案内通路404a(404b,404c)とを連通させた状態をそれぞれ示している。
図13及び図14に示すように、上皿球抜き操作部380は、CR操作表示部350を介して上皿ユニット本体320の下側に取り付けられるベース部381と、ベース部381に立設した支軸382,383を中心に回動する回動片384及び押圧片385と、ベース部381の前面に沿ってスライドする上皿球抜きレバー386とを有する。回動片384の基部384aには上皿球抜きレバー386に枢着される連結部384bを設けてある。また、回動片384の基部384aは、コイルバネ387を介してベース部381に連結される。回動片384の先端部には二又状の把持部384cを設けてある。把持部384cは、押圧片385の基部385aに設けた凸部385bを摺動自在に把持する部位である。押圧片385の先端部には、返却シャッタ420を押圧する押圧部385cを設けてある。なお、図13及び図14において、セレクタ400の中空突出部408には、返却シャッタ420を押圧片385側へ押圧するコイルバネ430(図15参照)を格納してある。また、返却シャッタ420は、図15に示すように、遊技球案内路322a,322b,322cに対応した個数の窓孔422a,422b,422cを有し、各窓孔422a,422b,422cの側方に球通路402a,402b,402cと案内通路404a,404b,404cを遮断する遮断壁424a,424b,424cを有する。また、各窓孔422a,422b,422cの下部には球通路402a,402b,402c側へ延在する舌片426a,426b,426cを設けてある。各舌片426a,426b,426cは、球通路402a,402b,402cから各窓孔422a,422b,422cに遊技球を案内する部位である。
図13の状態は、上皿球抜きレバー386を操作していない状態である。つまり、コイルバネ387にて回動片384が反時計回りに引っ張られると共に、回動片384にて押圧片385が時計回りに引っ張られて、押圧部385cが返却シャッタ420の片端部から離れている状態である。この状態では、返却シャッタ420の遮断壁424a,424b,424cにて球通路402a,402b,402cと案内通路404a,404b,404cとが遮断され、球通路402a,402b,402cから案内通路404a,404b,404cへ遊技球が通過不可となる。図13の状態から上皿球抜きレバー386を摘んで図の下向き(実際には球式回胴遊技機10の正面から見て右側から左側)に動かすと、図14に示すように、上皿球抜きレバー386に随伴して回動片384が時計回りに回転すると共に、回動片384にて押圧片385が反時計回りに回転させられ、押圧部385cが返却シャッタ420を押圧する。返却シャッタ420が押圧部385cにて押圧されると、返却シャッタ420の各窓孔422a,422b,422cを介して球通路402a,402b,402cと案内通路404a,404b,404cとが連通し、球通路402a,402b,402cから案内通路404a,404b,404cへ遊技球が通過可能となる。図14の状態で上皿球抜きレバー386から手を離すと、コイルバネ430にて返却シャッタ420が前方側へ押圧され、図13の状態に戻る。
図15はセレクタ400の分解斜視図で、図16はセレクタ400の背面側から見た斜視図である。セレクタ400は、上皿球止め部360の斜め下方に取り付けられ、遊技者によるベットボタン114,304の操作に基づき上皿302に貯留された遊技球を所定数ずつ取り込む装置である。そして、所定数(例えば15個)の遊技球が取り込まれる毎にその都度の遊技(ゲーム)の開始条件が成立し、遊技開始の準備が整えられるようになっている。このとき、遊技球は所定数ずつ取り込まれた後、排出通路406a,406b,406cを介して球式回胴遊技機10の外部に排出される。
セレクタ400は、図15に示すように、遊技球案内路322a,322b,322cに対応した個数の複数(例えば3つ)の遊技球投入部410a,410b,410cと、上記した返却シャッタ420及びコイルバネ430と、返却スイッチ基板440と、中空突出部408を有し、かつ、コイルバネ430及び返却スイッチ基板440を被覆するバネ・基板カバー450と、セレクタ中継端子板462を中継端子板カバー464で被覆したセレクタ中継装置460とを備える。このセレクタ400は、複数の遊技球投入部410a,410b,410cを併設することで、遊技球の投入を迅速に行なえるようになっている。なお、各遊技球投入部410a,410b,410cは互いにほぼ同じ構造になっており、説明が重複するので、ここでは、最背面側の遊技球投入部410aについてのみ説明する。
遊技球投入部410aは、図15に示すように、ケーシング411aとカバー412aからなる樹脂製の筐体を有し、この筐体の内部に、投入フリッカ413aと、投入ソレノイド414aと、通過センサ415aと、カウントセンサ416aとを備える。ケーシング411aの外表面は、隣接する遊技球投入部410bのカバー412bに対する取付面になっており、カバー412aの外表面は、バネ・基板カバー450に対する取付面になっている。また、ケーシング411a,411b,411cとカバー412a,412b,412cを組み付けると、図16に示すように、その上部に球通路402a,402b,402cを構成する樋状部417a,417b,417cが形成される。つまり、球通路402a,402b,402cは、図10及び図11に示すように、樋状部417a,417b,417cの上部を上皿ユニット本体320の底部320aにて覆うことで構成される。球通路402a,402b,402cの下流側には、斜め下方へ延びる案内通路404a,404b,404cとほぼ鉛直下向きに延びる排出通路406a,406b,406cとの分岐部がある。
投入フリッカ413aは、図10及び図11に示すように、排出通路406aを開閉するための部材である。投入フリッカ413aは、基端側部分413a1と先端側部分413a2が支軸413a3にて回転可能に連結されている。投入フリッカ413aの基端側部分413a1及び先端側部分413a2は、それぞれケーシング411aの支軸411a1,411a2にて回転可能に支持される。投入フリッカ413aの基端部には、投入ソレノイド414aの舌片414a1を把持する把持部413a4を設けてある。また、投入フリッカ413aの先端部には、排出通路406aを開閉するための開閉部413a5を設けてある。なお、図13及び図14における符号413b5,413c5は、それぞれ遊技球投入部410b,410cの投入フリッカの開閉部である。
投入ソレノイド414aは、図10及び図11に示すように、ベットボタン114,304の操作により通電されて作動し、ピストン414a2を上方へ縮まらせるものである。ピストン414a2の先端には、つまみ部414a3を装着してある。つまみ部414a3はピストン414a2の半径方向に延びる上記舌片414a1を有する。また、ピストン414a2には、コイルバネ414a4を外装してある。コイルバネ414a4は、投入ソレノイド414aの本体部分414a5とつまみ部414a3とを離間させる方向に付勢している。つまり、投入ソレノイド414aへの通電を切ったときに、コイルバネ414a4の付勢力により、ピストン414a2が下方へ伸びるようになっている。
ベットボタン114,304を押すと投入ソレノイド414aに通電され、ピストン414a2が縮まって投入フリッカ413aの基端側部分413a1を図示上反時計回りに回転させる。これと同時に投入フリッカ413aの先端側部分413a2は図示上時計回りに回転して排出通路406aを開き、球通路402aに待機している遊技球が自然落下可能な状態となる。逆に、投入ソレノイド414aの通電を切ると、コイルバネ414a4の付勢力によりピストン41a2が伸びて投入フリッカ413aの基端側部分413a1を図示上時計回りに回転させる。これと同時に投入フリッカ413aの先端側部分413a2は図示上反時計回りに回転して開閉部413a5にて排出通路406aを閉じ、遊技球が自然落下不可能な状態となる。
通過センサ415aは、排出通路406aであって投入フリッカ413aの開閉部413a5のすぐ下流側に配置され、遊技球が正常に取り込まれたか否かを検知するためのものである。通過センサ415aは、投入フリッカ413aの先端側部分413a2を取り囲むように横断面略コ字形状とされ、投入フリッカ413aよりも前面側又は背面側のいずれか一方側に発光素子を設け、他方側に受光素子を設けた構成とされる。また、発光素子及び受光素子はそれぞれ上下一対でかつ遊技球1個分の径よりも短い間隔で設けてある。上側の素子415a1にて遊技球を検知したのち上側及び下側の素子415a1,415a2にて同時に遊技球を検知し、次いで下側の素子415a2のみ遊技球を検知することが所定時間内に行われたときは、遊技球が正規に取り込まれたと判定される。逆に、上側の素子415a1にて遊技球を検知したのち所定時間経過しても下側の素子415a2が遊技球を検知しないときや、下側の素子415a2にて遊技球を検知したのち上側及び下側の素子415a1,415a2にて同時に遊技球を検知し、次いで上側の素子415a1のみ遊技球を検知したときは、遊技球が不正な手段にて投入されたと判定し、球式回胴遊技機10にエラーが発生した旨を報知すると共に遊技が禁止されるようになっている。故に、例えば、遊技球に紐等を付けてあたかも遊技球が取り込まれたようにするなどの不正行為が防止できるようになっている。
カウントセンサ416aは、遊技球投入部410aにて投入された遊技球を計数するためのものである。より詳しくは、通過センサ415aにてエラーが発生せずに取り込まれた遊技球を計数するものである。カウントセンサ416aにて検知した遊技球の個数が所定値(例えば5個、10個又は15個)に達すると、投入ソレノイド414aの通電が切られ、投入フリッカ413aにて排出通路406aを閉鎖する構成になっている。
また、セレクタ400は、複数の遊技球投入部410a,410b,410cを組み付けると共に各遊技球投入部410a,410b,410cに返却シャッタ420を挿入し、最背面側のカバー412aに取着した返却スイッチ基板440をバネ・基板カバー450にて被覆した構成とされる。
上記の如く、上皿球抜きレバー386を操作すると、返却シャッタ420がスライドし、上皿302から案内通路404a,404b,404cを経て下皿128へ遊技球が流れる。このとき、返却シャッタ420が返却スイッチ基板440にて検知され、この検知結果に基づき、ベットボタン114,304の操作受付を不能にする状態が発生する。このとき、図示しないベットボタンLEDは消灯して、ベットボタン114,304の操作受付が不能な状態であると遊技者に報知する。
また、セレクタ400は、複数の遊技球投入部410a,410b,410cを組み付けると共にその一側部に取り付けたセレクタ中継端子板462を中継端子板カバー464にて被覆した構成とされる。セレクタ中継端子板462は、通過センサ415aやカウントセンサ416aの検出結果をデジタル信号に変換して後述する主制御装置45に送信するものである。
(払出ブロックの構成)
図4に示すように、払出ブロック30は、前面ブロック20に対して開閉自在に取り付けられている。払出ブロック30の開閉軸線は球式回胴遊技機10の正面からみて左側で上下に延びるように設定されており、この開閉軸線を軸心にして払出ブロック30が後方側に十分に開放できるようになっている。
また、払出ブロック30は、ドア開閉機構208にて前面ブロック20とロックされる。詳しくは、ドア開閉機構208の係止爪212,212が払出ブロック30の係合部31a,31aに係止しており、図示しないドアキーをドアキーシリンダ202に差し込んで左に回転させることで係止爪212,212の係止を解除する構成とされる。また、払出ブロック30は、ワンタッチ式の止め具31b(図3,4参照)を有し、この止め具31bによっても前面ブロック20と連結される。
図17は払出ブロック30の背面図である。同図に示すように、払出ブロック30は、払出ブロック本体31に、貸出用及び賞球用としての遊技球を貯留する遊技球タンク32と、遊技球を払い出す払出装置33と、遊技球タンク32から払出装置33へと遊技球を案内するタンクレール34及びケースレール35と、払出中継端子板36と、遊技球の払出動作を制御する払出制御装置37と、遊技球の電源を制御する電源制御装置38と、球式回胴遊技機10を前記CRユニットに接続するためのCRユニット接続端子板39とを取り付けた構成とされる。
払出ブロック本体31は、その中央に後方側へ張り出して遊技ブロック40を被包する保護カバー部31cを有する。この保護カバー部31cを取り囲むように、遊技球タンク32、タンクレール34、ケースレール35、払出装置33、払出中継端子板36、CRユニット接続端子板39、払出制御装置37、および、電源制御装置38が装着されている。
図18は払出ブロック30から払出制御装置37及び電源制御装置38を取り外した状態を示す背面図で、図19は払出ブロック30を正面側から見た斜視図である。図18の破線は遊技球タンク32からの遊技球のフローを示しており、同図に示すように、払出ブロック本体31は、払出装置33から遊技球を上皿302へ案内する上皿誘導通路31dと、払出装置33から遊技球を下皿128へ案内する下皿誘導通路31eと、払出装置33から遊技球を球式回胴遊技機10の外部へ排出する排出通路31fを有する。下皿誘導通路31eは、上皿誘導通路31dが遊技球で溢れたときに、払出装置33から遊技球が導入される。また、図19に示すように、上皿誘導通路31dは、払出ブロック30の前面側で開口した出口部31d1を有し、この出口部31d1が上皿ユニット300の上皿払出口312に連なっている。同様に、下皿誘導通路31eは、払出ブロック30の前面側で開口した出口部31e1を有し、この出口部31e1が前面ブロック20の下皿払出口138に連なっている。
なお、図19において、符号31gは払出ブロック本体31の正面側から見て左側端部に設けられた回転軸部である。回転軸部31gは上下一対で設けてある。各回転軸部31gは、払出ブロック本体31からブラケット31hが略水平方向に延び出しており、このブラケット31hから下方に突出している。前面ブロック20には、この回転軸部31gを落とし込む環状の軸受部(図示略)を設けてあり、前面ブロック20と払出ブロック30の着脱が容易な構成となっている。
遊技球タンク32は、上方に開口した横長の箱型容器で、遊技機設置島内の遊技球循環設備から供給される遊技球が逐次補給される。遊技球タンク32の底部は緩やかに傾斜している。遊技球タンク32の底部の下流側端部はタンクレール34へ遊技球を送るために開口している。
タンクレール34は、図17及び図18に示すように、遊技球タンク32の下方に取り付けられ、例えば横方向4列の樋状通路(図示略)を有する。前記樋状通路は、下流側に向けて緩やかに傾斜している。タンクレール34には、遊技球が積み重なって流れないように整流する4つの振り子34a,34b(図22参照)が2行2列で取り付けられている。振り子34a,34bの下流側には、タンクレール34からケースレール35へ遊技球が流れるのを阻止するための球止めレバー34cを取り付けてある。
ケースレール35は、図17及び図18に示すように、タンクレール34の下流側に縦向きに配置されている。ケースレール35は、遊技球が勢いよく流れないように波状のうねりをもって左右に湾曲した球通路35aを有し、その上部には、球切れ検出装置35bを組み付けてある。球切れ検出装置35bは、ケースレール35の内部に遊技球が十分にないこと、つまりケースレール35よりも上流側で球詰りが発生してケースレール35に遊技球が十分に補給されていないことを検出するものである。この球切れ検出装置35bの検出結果に基づき、球詰りエラーが報知される。なお、ケースレール35は、タンクレール34の前記樋状通路の個数に対応して前後方向に複数(例えば4つ)連結させた状態で配設してある(図22参照)。
図20及び図21は球切れ検出装置35bの構成を示すケースレール35の要部縦断面図であって、図20はケースレール35に十分な個数の遊技球がある状態を、図21はケースレール35に十分な個数の遊技球がない状態をそれぞれ示している。
図20及び図21に示すように、球切れ検出装置35bは、スイッチ片35b1と球切れ検出スイッチ基板35b2とで構成される。スイッチ片35b1は、支軸35cにてケースレール35に回転自在に取り付けられ、支軸35cから半径方向下方に延びてケースレール35内の球通路35aを閉塞可能な板状の揺動部35b11を有する。また、スイッチ片35b1は、支軸35cよりも上方でかつ支軸35cよりも一方側に偏った偏心部35b12を有し、さらに偏心部35b12から一方側に突出したスイッチ部35b13を有する。球切れ検出スイッチ基板35b2は、スイッチ片35b1の一方側に設置され、スイッチ片35b1の回転に追従してスイッチ部35b13を検出できる構成となっている。
図20に示すように、ケースレール35内に十分に遊技球がある場合は、揺動部35b11が遊技球によって押されてほぼ鉛直下向きになり、球通路35aの側壁となる。この場合には、スイッチ部35b13が球切れ検出スイッチ基板35b2から離間して検出されない。一方、ケースレール35の上流側で球詰りが発生している場合、ケースレール35には遊技球が補給されずに遊技球の払い出しのみが行なわれ、図21に示すように、ケースレール35内の遊技球が不足するようになる。図21の場合、偏心部35b12とスイッチ部35b13の自重でスイッチ片35b1が回転し、揺動部35b11にて球通路35aが閉塞される。このとき、スイッチ部35b13が球切れ検出スイッチ基板35b2にて検出され、この検出結果に基づき球切れエラーが報知される。ケースレール35の上流側での球詰りを解消すると、遊技球がケースレール35に流れ込み、揺動部35b11が押圧されて球切れスイッチ基板35b2によってスイッチ部35b13が検出されない正常な状態に戻る。
図22は払出ブロック30から払出装置33及び払出装置33の下方に配設される払出中継端子板36の取付台36a,36bを取り外した状態を示す分解斜視図である。払出装置33は、所定の入賞条件を満たすことで、或いは図示しないCRユニットにカードを挿入した状態で球貸出ボタン306を押すことで、所定数の遊技球を払い出すためのものである。この実施形態では、パチンコ機の最大の賞球数が15球であるのに対し、球式回胴遊技機10の最大の賞球数は75球であり、パチンコ機に比べて球式回胴遊技機10の最大の賞球数が多いという観点から、パチンコ機よりも払出装置33を多く設け、賞球の払い出しを迅速に行なえるようにしている。つまり、パチンコ機は2つの払出装置33を備えていれば遊技を迅速に進行できたが、球式回胴遊技機10の場合は賞球数が多くかつ賞球が全て払い出されなければ次のゲームを開始できないという制約があるので、本実施形態では、4つの払出装置33を前後方向に併設して賞球の払い出しの迅速化を図り、遊技を遅滞なく進行できるようにしてある。
なお、図22に示す取付台36a,36bは、2つ割りの構成とされ、背面側から見て左側に上皿誘導通路31d及び下皿誘導通路31eに連なる球通路36a1,36b1を有し、右側に排出通路31fに連なる球通路36a2,36b2を有する。一方の球通路36a1,36b1の上部は、それぞれ上皿誘導通路31d側にやや傾いて下皿誘導通路31eよりも上皿誘導通路31dに遊技球を導きやすくなっている。また、一方の球通路36a1,36b1の下部は、上皿誘導通路31d及び下皿誘導通路31eを跨ぐように、テーパー状に末広がりとなっている。他方の球通路36a2,36b2は、背面側の球通路36a2が前面側の球通路36b2に合流し、前面側で排出通路31fに連なるよう構成されている。
図23は払出装置33の構成を示す縦断面図である。同図に示すように、払出装置33は、ケーシング33aと図示しないカバーからなる樹脂製の筐体を有し、この筐体の内部に、払出フリッカ33bと、払出ソレノイド33cとを備える。ケーシング33aの内部には球通路33dが形成され、その下流側には、ほぼ鉛直下向きに延びる払出通路33eと、斜め下方へ延びる排出通路33fとの分岐部がある。この分岐部には、切替片33gが配設されており、通常は切替片33gをほぼ鉛直上向きに維持して遊技球が払出通路33eを通るようになっている。
払出フリッカ33bは、図23に示すように、球通路33dを開閉するための部材である。払出フリッカ33bは、基端側部分33b1と先端側部分33b2が支軸33b3にて回転可能に連結されている。払出フリッカ33bの基端側部分33b1及び先端側部分33b2は、それぞれケーシング33aの支軸33a1,33a2にて回転可能に支持される。払出フリッカ33bの基端部には、払出ソレノイド33cの舌片33c1を把持する把持部33b4を設けてある。また、払出フリッカ33bの先端部には、球通路33dを開閉するための開閉部33b5を設けてある。
払出ソレノイド33cは、所定の入賞条件を満たすことにより、或いは図示しないCRユニットにカードを挿入した状態で球貸出ボタン306を押すことにより通電されて作動し、ピストン33c2を上方へ縮まらせるものである。ピストン33c2の先端には、つまみ部33c3を装着してある。つまみ部33c3はピストン33c2の半径方向に延びる上記舌片33c1を有する。また、ピストン33c2には、コイルバネ33c4を外装してある。コイルバネ33c4は、払出ソレノイド33cの本体部分33c5とつまみ部33c3とを離間させる方向に付勢している。つまり、払出ソレノイド33cへの通電を切ったときに、コイルバネ33c4の付勢力により、ピストン33c2が下方へ伸びるようになっている。
図23に示すように、球通路33dが払出フリッカ33bの開閉部33b5にて閉鎖された状態で、所定の入賞条件が成立したり、或いは度数表示部352に残度数がある状態で球貸出ボタン306が押されたりすると、払出ソレノイド33cに通電される。そうすると、図24に示すように、ピストン33c2が縮まって払出フリッカ33bの基端側部分33b1を図示上反時計回りに回転させる。これと同時に払出フリッカ33bの先端側部分33b2は図示上時計回りに回転して球通路33dを開き、遊技球が自然落下可能な状態となる。逆に、払出ソレノイド33cの通電を切ると、コイルバネ33c4の付勢力によりピストン33c2が伸びて払出フリッカ33bの基端側部分33b1を図示上時計回りに回転させる。これと同時に払出フリッカ33bの先端側部分33b2は図示上反時計回りに回転して球通路33dを閉じ、遊技球が自然落下不可能な状態、つまり図23に示す状態に戻る。
また、払出装置33には、横断面略コ字形状のカウントセンサ33hを装着してある。カウントセンサ33hは、払出フリッカ33bの開閉部33b5のすぐ下流側に配置され、球通路33dを落下する遊技球を計数するためのものである。カウントセンサ33hにて検知した遊技球の個数が所定値(例えば35個、75個、125個又は250個)に達すると、払出ソレノイド33cの通電が切られ、払出フリッカ33bにて球通路33dを閉鎖する構成になっている。
また、払出ソレノイド33cの下方には、つまみ部33c3を上下動させるための略L字形状の押圧片33iを設けてある。押圧片33iは、ケーシング33aの支軸33a3に回転自在に取り付けられており、先端部33i1にてつまみ部33c3を上方へ押圧するものである。
ケーシング33aの外部には、図17,18,22に示すように、略扇形状の操作レバー33jを配設してある。図23及び図24において、符号33a4は操作レバー33jの回転軸である。操作レバー33jには、切替片33gの中間部に設けた突起部33g1と、押圧片33iの基端部に設けた突起部33i2とを連結してある。つまり、操作レバー33jを回転操作すると、切替片33gと押圧片33iが連動する構成になっている。操作レバー33jを図示上反時計回りに操作すると、図25に示すように、切替片33gにて払出通路33eが閉鎖されると共に球通路33dと排出通路33fが連通する。一方で、押圧片33iにて払出ソレノイド33cのつまみ部33c3が押し上げられ、払出フリッカ33bが球通路33dを開く。タンクレール34に設けた球止めレバー34cにて遊技球が流れるのを阻止しつつ操作レバー33jを上記の如く操作すると、球止めレバー34cから下流側の遊技球が球式回胴遊技機10の外部に排出される。払出装置33やケースレール34が故障した場合には、上記のように球止めレバー34cから下流側の遊技球を球式回胴遊技機10の外部に排出した状態で払出装置33やケースレール34を取り替えることができる。
図17に戻り、払出制御装置37、電源制御装置38及びCRユニット接続端子板39について説明する。払出制御装置37は、賞球や貸出球の払い出しを制御するもので、周知の通り制御の中枢をなすCPUや、その他ROM、RAM、各種ポート等を含む払出制御基板37aを具備している。
電源制御装置38は、各種制御装置等で要する所定の電源電圧を生成し出力するものである。また、電源制御装置38には、電源スイッチ38aのほか、RAM消去用のリセットスイッチ38b、打止切替スイッチ38c、および、設定変更キーシリンダ38dが設けられている。電源スイッチ38aは、オンされるとCPUを始めとする各部に電源を供給する。リセットスイッチ38bはこれを押しながら同時に電源スイッチ38aをオンするとRAMの内容がリセットされ、電源スイッチ38aがオンされている状態で押されるとエラー状態がリセットされる。打止切替スイッチ38cは、ビッグボーナスの終了時点で遊技を一時停止するか否かを切り替えるためのものである。設定変更キーシリンダ38dは、設定変更装置を構成するものである。前記設定変更装置は、球式回胴遊技機10の出球率が予め複数段階(例えば6段階)に定められており、出球率をいずれかの段階に設定するものである。設定変更の手順は次の通りである。まず、電源スイッチ38aをオフにした状態で、設定変更キーシリンダ38dに図示しない設定変更キーを挿入して時計回りに90度回転させる。この状態で、電源スイッチ38aをオンにすると、後述する遊技ブロック40の前面の7セグLED表示部41g(図27参照)に現在の出球率(設定)が数値「1」〜「6」のいずれかで表示される。次いで、リセットスイッチ38bを押していくと、7セグLED表示部41gに表示される数字が変化して1ずつ増加していく(但し、「6」の場合には「1」に戻る。)。7セグLED表示部41gに「1」〜「6」のいずれかの数字を表示させた状態で、始動レバー124を押下すると、出球率(設定)が確定される。
CRユニット接続端子板39は、球式回胴遊技機10の前面の球貸出ボタン306及び図示しないCRユニットに電気的に接続され、遊技者による球貸し操作の指令を取り込んでそれを払出制御装置37に出力するものである。なお、CRユニットを介さずに球貸し装置等から上皿302に遊技球が直接貸し出される現金機では、CRユニット接続端子板39は不要である。
上記払出制御装置37及び電源制御装置38は、透明樹脂材料等よりなる基板ケースにそれぞれ制御基板を収容した構成とされる。
(遊技ブロックの構成)
図4に示すように、遊技ブロック40は、前面ブロック20に対して開閉自在に取り付けられている。遊技ブロック40の開閉軸線は払出ブロック30の開閉軸線と同じで、払出ブロック30と同様に、落とし込み構造にて開閉自在に取り付けてある。また、遊技ブロック40は、ワンタッチ式の止め具40aを有し、この止め具40aによって払出ブロック30と連結固定される。なお、払出ブロック30側には、止め具40aを引っ掛けるための止め金具31iを固着してある。つまり、遊技ブロック40は、払出ブロック30と一体になって前面ブロック20に対して開閉され、払出ブロック30との連結を解除してから払出ブロック30に対して前方側へ回動する構成とされる。遊技ブロック40は、球式回胴遊技機10の中核をなす主要なブロックで、このような遊技ブロック40を上記の如く着脱容易な構成とすることで、遊技ブロック40の取り替えが可能となる。遊技ブロック40を取り替えることで、全く別の遊技性をもった遊技機に変えることができ、遊技機の新台入替えの低コスト化を図ることができる。
図26は遊技ブロック40の分解斜視図である。同図に示すように、遊技ブロック40は、前面パネル100の窓孔102から露出される遊技パネル41を有する。遊技パネル41は、上下一対の窓孔41a,41bを有する。上側の窓孔41aは、遊技パネル41の裏側に取り付けられる液晶表示装置42の表示画面を露出させるためのもので、下側の窓孔41bは、同じく遊技パネル41の裏側に取り付けられる回胴ユニット43を露出させるためのものである。また、遊技パネル41の裏側には、回胴ユニット43の一側方に主取付台44を介して主制御装置45が取り付けられ、液晶表示装置42の後方に副取付台46を介して副制御装置47が取り付けられる。主制御装置45は、遊技パネル41と直交するように縦長状に配置される。このような配置としたのは、ある程度の奥行きをもって形成される回胴ユニット43の側方位置を主制御装置45の取付位置として有効に利用して省スペース化を図るためである。また、副制御装置47は、液晶表示装置42の後方でかつ回胴ユニット43の上方に傾斜させた状態で配置される。つまり、回胴ユニット43の上部後方側が傾斜しており、この傾斜に沿って副制御装置47を斜めに配置することでも省スペース化が図られる。
図27は遊技ブロック40の正面図である。なお、図27では便宜上回胴ユニット43から複数(例えば21個)の図柄を一列に付した、図28に示す帯状の図柄シール43L,43M,43Rを取り外した状態を示している。
図27に示すように、遊技パネル41の下側の窓孔41bからは、回胴ユニット43の3つの回胴L,M,Rが露出している。詳しくは、各回胴L,M,Rに貼り付けられる図柄シール43L,43M,43Rの図柄のうちそれぞれ3つずつ下側の窓孔41bから露出される。図では各図柄シール43L,43M,43Rの図柄を見やすくするように配置された、左右一対の9組のLED43L1,43M1,43R1が3行3列で露出している。
遊技パネル41の下側の窓孔41bの左側方には、有効ライン表示部41cを設けてある。有効ライン表示部41cは、中央に1ベット表示部41c1が配置され、その上下に2ベット表示部41c2,41c2が配置され、最上段と最下段に3ベット表示部41c3,41c3が配置されており、遊技球のベット数に応じて所望のベット表示部41c1〜41c3を点灯させる。具体的には、ベット数が0球〜4球であれば全て消灯状態のままで、ベット数が5球〜9球であれば1ベット表示部41c1のみが点灯し、10球〜14球であれば1ベット表示部41c1及び2ベット表示部41c2,41c2が点灯し、15球であれば全てのベット表示部41c1〜41c3が点灯する。つまり、1ベットボタン114を押すと、上皿302に貯留された遊技球が最大5個までセレクタ400に取り込まれ、遊技球が5個取り込まれた時点で1ベット表示部41c1が点灯する。さらに1ベットボタン114を押すと、同様に遊技球が5個取り込まれた時点で2ベット表示部41c2,41c2が点灯する。さらにまた1ベットボタン114を押すと、同様に遊技球が5個取り込まれた時点で3ベット表示部41c3,41c3が点灯する。なお、マックスベットボタン304を押すと、上皿302に貯留された遊技球が最大15個までセレクタ400に取り込まれ、遊技球が5個取り込まれる度に1ベット表示部41c1、2ベット表示部41c2,41c2、3ベット表示部41c3,41c3が順次点灯していく。1ベット表示部41c1のみが点灯しているときは、有効ラインが上中下三段のうちの中段一列で、1ベット表示部41c1及び2ベット表示部41c2,41c2が点灯しているときは、有効ラインが上中下段三列で、全てのベット表示部41c1〜41c3が点灯しているときは、有効ラインが上中下段三列と対角ライン二列の合わせて五列となる。
遊技パネル41の上側の窓孔41aの両側には、電動役物41d,41eが配設されている。また、下側の窓孔41bの右側方には、上から順に、電動役物41f、7セグLED表示部41g、LED表示部41hが配設されている。これらの電動役物41d,41e,41fは、遊技上の演出やビッグボーナス又はレギュラーボーナスの確定報知などに使用される。7セグLED表示部41gは、遊技球のベット数や払出数、エラーコード、ボーナス中の総払出数、設定変更時の6段階の設定などを表示する部位である。LED表示部41hには、4つのLEDが配設されている。そのうち上3つのLEDはベット数表示部41h1を構成する。ベット数表示部41h1は、セレクタ400に投入された遊技球数に対応する個数のLEDを点灯させてベット数を1〜3の範囲内で表示するものである。残る1つのLEDは、再遊技表示部41h2である。再遊技表示部41h2は、図28に示す図柄シール43L,43M,43Rの図柄のうち略扇形の枠に「再」と表示したリプレイ図柄が有効ライン上に揃ったときに点灯し、次のゲームを遊技球のベットなしで遊技できることを報知するものである。なお、リプレイ図柄が有効ライン上に揃ったのち所定時間経過後に始動レバー124を押下すると回胴L,M,Rの回転に伴って、再遊技表示部41h2は消灯する。
また、下側の窓孔41bの下方には、中央パネル部112から露出される前記情報掲載パネル(図示略)が取り付けられる。前記情報掲載パネルの片端には、証紙41iと型式名シール41jが貼付される。また、前記情報掲載パネルの内側には、破線で示すように、前記情報掲載パネルを後方側から照らすための蛍光灯41kが配設される。
液晶表示装置42は、通常遊技中の小役当選の報知演出や遊技状態が通常遊技状態からボーナス状態に遷移することを示唆するための示唆演出、ビッグボーナス又はレギュラーボーナス中の演出、ボーナス中の小役ゲーム数やJACゲーム数の表示、特定の遊技状態(例えば、リプレイが当選しやすいRT状態)であることを報知する演出、回胴停止ボタン126L,126M,126Rの押下のタイミングや押下順を報知する演出などを行なうためのものである。
図29は回胴ユニット43の一部分解斜視図である。回胴ユニット43は、3つの回胴(いわゆるリール)L,M,Rを有し、各回胴L,M,Rを回胴ユニット枠43aに収納したものである。各回胴L,M,Rは、同様の構成とされるため、ここでは右回胴Rを例に挙げて説明する。
右回胴Rは、円筒状のかごを形成する円筒骨格部材43R2の外周面に21個の図柄(識別要素)が等間隔で描かれた図柄シール43Rを巻き付けたものであり、円筒骨格部材43R2を円盤状の補強板43R3を介して右回胴用ステッピングモータ43R4の回転軸43R5に取り付けてある。
右回胴用ステッピングモータ43R4は、回胴ユニット枠43aの内部に垂設されるモータプレート43R6にネジ止めされており、このモータプレート43R6には発光素子と受光素子とが一対となった回胴位置検出センサ43R7が設置されている。回胴位置検出センサ43R7を構成する一対のフォトセンサ(図示はしない)は、所定の間隔を保持してセンサ筐体内に配される。
円筒骨格部材43R2の5つの車輻43R8のうちの1つには、軸方向に延び出したセンサカットバン43R9を取り付けてある。このセンサカットバン43R9は、回胴位置検出センサ43R7の両素子の間隙を通過できるように位置合わせがなされている。そして、右回胴Rが1回転するごとにセンサカットバン43R9の先端部の通過を回胴位置検出センサ43R7が検出し、検出の都度主制御装置45に検出信号を出力する。主制御装置45はこの検出信号に基づいて右回胴Rの角度位置を1回転ごとに確認し補正できる。なお、各回胴L,M,Rに巻かれる図柄シール43L,43M,43Rは、それぞれに描かれた図柄の順序や発生頻度が異なったものが使用される。
ステッピングモータ43R4は、504パルスの駆動信号(励磁信号あるいは励磁パルスとも言う。以下同じ)により右回胴Rが1周するように設定されており、この励磁パルスによって回転位置が制御される。すなわち、右回胴Rが1周すると21図柄が順々に遊技パネル41の下側の窓孔41bから露出するため、ある図柄から次の図柄へ切り替えるには24パルス(=504パルス÷21図柄)を要する。そして、回胴位置検出センサ43R7の検出信号が出力された時点からのパルス数により、どの図柄が窓孔41bから露出しているかを認識したり、任意の図柄を窓孔41bから露出させたりする制御を行なうことができる。
図30はステッピングモータ43R4の動作原理を示す接続図である。ステッピングモータ43R4として、この実施形態では、1−2相励磁方式を採用したハイブリッド(HB)型の2相ステッピングモータを使用している。ステッピングモータ43R4はハイブリッド型や2相に限らず、4相あるいは5相のステッピングモータなど、種々のステッピングモータを使用することができる。
ハイブリッド型のステッピングモータ43R4は周知のように中央に配置されたロータ(回転子)60と、このロータ60の周囲に配された第1ポール601〜第4ポール604から構成される。
ロータ60は、N極に着磁された前側ロータ60aと、S極に着磁された奥側ロータ60bとで構成され、前側ロータ60aの周囲に設けられた歯(小歯)と歯の間に、奥側ロータ60bの周囲に設けられた歯が位置するように1/2ピッチだけ相対的にずらされた状態で回転軸43R5に取り付けられている。そして、前側ロータ60aと奥側ロータ60bとの間には筒状磁石(図示はしない)が取着されている。
第1ポール601と第3ポール603には、図31に示すように、励磁コイルL1とL3がバイファイラ巻きされ、励磁コイルL1の巻き終わり端と励磁コイルL3の巻き始め端とが結線されて、ここに所定の直流電源+B(例えば+24ボルト)が印加される。同じく、第2ポール602と第4ポール604にも、励磁コイルL2とL4がバイファイラ巻きされ、励磁コイルL2の巻き終わり端と励磁コイルL4の巻き始め端とが結線されて、ここに上述した直流電源+Bが印加される。
ここで、上述したように第1の励磁コイルL1に励磁信号を印加して、第1ポール601をS極に励磁すると共に、第3ポール603をN極に励磁する相をA相とし、これとは逆に第3の励磁コイルL3に励磁信号を印加して、第1ポール601をN極に励磁すると共に、第3ポール603をS極に励磁する相をA−相とし、さらに第2の励磁コイルL2に励磁信号を印加して、第2ポール602をS極に励磁すると共に、第4ポール604をN極に励磁する相をB相とし、第4の励磁コイルL4に励磁信号を印加して、第2ポール602をN極に励磁すると共に、第4ポール604をS極に励磁する相をB−相と称する。
そして、1相励磁駆動方式の場合には、A相、B相、A−相およびB−相に対して順次励磁信号を印加することでロータ60を図示上時計回りに回転駆動することができる。
つまり、例えばまずA相に通電すると、S極になった第1ポール601の突起と前側ロータ60aの歯、N極になった第3ポール603の突起と奥側ロータ60bの歯とがそれぞれ吸引力により引き合い、次にB相に通電すると、S極になった第2ポール602の突起と前側ロータ60aの歯、N極になった第4ポール604の突起と奥側ロータ60bの歯とがそれぞれ吸引力により引き合い、次にA−相に通電すると、N極になった第1ポール601の突起と奥側ロータ60bの歯、S極になった第3ポール603の突起と前側ロータ60aの歯とがそれぞれ吸引力により引き合い、次にB−相に通電すると、N極になった第2ポール602の突起と奥側ロータ60bの歯、S極になった第4ポール604の突起と前側ロータ60aの歯とがそれぞれ吸引力により引き合う。この順序で励磁することにより、ロータ60は図30において時計回りに回転する(1相励磁駆動)。
これに対して、この実施形態では、1相励磁と2相励磁とを交互に行う1−2相励磁駆動を採用している。1−2相励磁駆動では以下の(1)〜(8)の励磁シーケンス(励磁順序)に従って励磁が行われる。
すなわち、1相のみの励磁が1相励磁であり、2相を同時に励磁するのが2相励磁であるから、図31にも示すように1−2相励磁駆動は、
(1)A相に通電し(1相励磁)、
(2)A相とB相の両方に通電し(2相励磁)、以下同様に
(3)B相に通電し、
(4)B相とA−相の両方に通電し、
(5)A−相に通電し、
(6)A−相とB−相の両方に通電し、
(7)B−相に通電し、
(8)B−相とA相の両方に通電し、
その後(8)から(1)に戻るような駆動方式である。この1−2相励磁駆動を採用することにより、1ステップあたりの角度変化は、1相励磁駆動の1ステップあたり約0.714°となる。
ステッピングモータ43R4に対する駆動信号(駆動信号用データ)は、励磁データとしてモータドライバ70に与えられる。この励磁データは主制御基板45aのRAM45a3に格納されており、CPU45a1(図32参照)からの指令に基づいて入出力ポート45a4に、適切な励磁データが出力されることになる。この励磁データによってステッピングモータ43R4に対する励磁相が定まり、その励磁相に対して励磁信号(電流)が通電される。
主制御装置45は、球式回胴遊技機10の主たる制御を司るもので、具体的には、始動レバー124からの信号を受信して成立役(ビッグボーナス、レギュラーボーナス、小役、リプレイ)の抽選を行ない、当該抽選結果に基づき副制御装置47及び払出制御装置37に指令信号を発するものである。主制御装置45の構成は、図32に示すように、主たる制御を司るCPU45a1、遊技プログラムを記憶したROM45a2、遊技の進行に応じた必要なデータを記憶するRAM45a3、各種機器との連絡をとる入出力ポート45a4、各種抽選の際に用いられる乱数発生回路45a5、時間計数や同期を図る場合などに使用されるクロック回路45a6等を含む主制御基板45aと、この主制御基板45aを収容する透明樹脂材料等よりなる基板ケース45b(45b1,45b2、図26参照)とからなる。
ここで、主制御装置45の基板ケース45bについて説明する。基板ケース45bは、図26に示すように、基板ボックス45b1とボックスカバー45b2からなり、遊技の主要な制御を司る主制御基板45aを収容するものである。主制御基板45aは、不正な改造の標的となりやすいため、基板ケース45bは封止機構にて不可逆的に封止され、一度開封すると、開封したことが容易に判別できる構成となっている。封止機構は、ボックスカバー45b2に設けた複数(例えば4つ)のカバー側封止部45cと、これら複数のカバー側封止部45cと整合するよう主取付台44に設けた複数(例えば4つ)の台側封止部44aと、カバー側封止部45cと台側封止部44aとを不可逆的に連結する図示しない封止ピンとで構成される。封止機構による封印処理は、その封印後の不正な開封を防止し、また万一不正開封が行われてもそのような事態を早期にかつ容易に発見可能とするものであって、一旦開封した後でも再度開封・封印処理を行うこと自体は可能である。すなわち、封止機構のうち一対の封止部44a,45cを使用することにより基板ケース45bの封印処理が行われる。そして、収容した主制御基板45aの不具合などにより基板ケース45bを開封する場合には、封印に供されている封止部44a,45cを破壊する。その後、再度封印処理する場合は、封印に使用されていない他の一対の封止部44a,45cを前記封止ピンにて連結する。破壊された封止部44a,45cの個数により基板ケース45bの開封を行った旨の履歴が残され、基板ケース45bを見ることで不正な開封が行われた旨を容易に発見できる構成とされる。
なお、主制御装置45のほか払出制御装置37も不正行為の対象となりやすく、この実施形態では、払出制御装置37の基板ケースについても主制御装置45の基板ケース45bと同様の封止機構を設けてある。ここでは、説明が重複するので、払出制御装置37の基板ケースに関する説明を省略する。
副制御装置47は、主制御装置45から発せられる指令信号に基づき、遊技演出用の各種LEDカバー部104,108,110,148,150にて被覆される図示しない発光装置(LED)の点灯・点滅や上下スピーカ106,204から発せられる効果音、液晶表示装置42にて表示される表示態様などの制御を行なうものである。副制御装置47の構成は、主制御装置45と同様、上記の各種LED、上下スピーカ106,204及び液晶表示装置42の制御を司るCPUや、その他ROM、RAM、入出力ポート等を含む副制御基板47aと、この副制御基板47aを収容する透明樹脂材料等よりなる基板ケース47b(47b1,47b2)とからなる。
なお、この実施形態では、副制御装置47の基板ケース47bに封止機構を設けていないが、副制御装置47の基板ケース47bに封止機構を設けてもよい。
(球式回胴遊技機の制御系)
次に、上記の如く構成された球式回胴遊技機10の制御系について簡単に説明する。
図32は球式回胴遊技機10の制御系を示すブロック図である。同図に示すように、主制御基板45aは、演算処理手段であるCPU45a1を中心とするマイクロコンピュータとして構成された制御手段として機能し、処理プログラムを記憶するROM(あるいはフラッシュメモリ)45a2、一時的にデータを記憶する作業用(ワーキング用)のRAM45a3、入出力ポート45a4などが内部バスを介してこのCPU45a1に接続されている。
主制御基板45aの入出力ポート45a4には、リセットスイッチ38bからのリセット信号、設定キースイッチ38d1からのオンオフ信号、ベットボタン114,304からのベット信号、セレクタ400に取り込まれた遊技球を検出するカウントセンサ416a,416b,416c及び通過センサ415a,415b,415cからの遊技球検出信号、始動レバー124からのスタート指令信号、左、中、右回胴停止ボタン126L,126M,126Rからの停止指令信号、回胴位置検出センサ43L7,43M7,43R7からの検出信号、払出装置33から払い出される遊技球を検出するカウントセンサ33hからの検出信号、ケースレール35内の遊技球を検出する球切れ検出装置35bからの遊技球検出信号などが入力される。
また、主制御基板45aの入出力ポート45a4からは、ベットボタン114,304からのベット信号に基づく投入ソレノイド414a,414b,414cの駆動信号、カウントセンサ416a,416b,416cの計数値に基づく投入ソレノイド414a,414b,414cの駆動停止信号、始動レバー124からのスタート指令信号に基づく回胴用ステッピングモータ43L4,43M4,43R4の駆動信号、回胴停止ボタン126L,126M,126Rからの停止指令信号に基づく回胴用ステッピングモータ43L4,43M4,43R4の駆動停止信号、回胴位置検出センサ43L7,43M7,43R7からの検出信号に基づく払出ソレノイド33cの駆動信号、カウントセンサ33hの計数値に基づく払出ソレノイド33cの駆動停止信号などが出力される。また、液晶表示装置42にて表示される演出内容やスピーカ106,204から発せられる効果音、上LEDカバー部104等で被覆された各種発光装置(LED)の点灯・点滅などを制御する制御信号が副制御基板47aに出力される。
上述したCPU45a1は、このCPU45a1によって実行される各種の制御プログラムや固定値データを記憶したROM45a2と、このROM45a2内に記憶されている制御プログラムを実行するに当たって各種のデータを一時的に記憶する作業エリアを確保するためのワーキング用のRAM45a3の他に、図示はしないが周知のように割り込み回路を始めとしてタイマ回路、データ送受信回路など球式回胴遊技機10において必要な各種の処理回路が内蔵されている。
ROM45a2とRAM45a3によってメインメモリが構成され、各種の処理を実行するための処理プログラム(出力制御情報生成用処理プログラムを含む)は、処理プログラムの一部として上述したROM45a2に記憶されている。
RAM45a3内は、機能的には複数の作業エリア(メモリエリア)が確保されている。周知のようにCPU45a1内に設けられたプログラムカウンタの値を保存するためのスタックメモリ(スタックメモリ用のエリア)の他に、この例では停電フラグを記憶する停電フラグメモリ45a31、スタックポインタを保存するスタックポインタ保存用メモリ45a32、RAM45a3に保存されているデータのチェックサムに関連した補正値を保存するチェックサム補正値用メモリ45a33、さらには復電時に使用される復電コマンドバッファ45a34や復電コマンドカウンタ45a35などのメモリエリアが確保されている。
RAM45a3内にセットされたスタックポインタ保存用メモリ45a32は、球式回胴遊技機10の電源切断時にCPU45a1内のスタックポインタの値を退避させて保存しておくためのメモリである。スタックポインタの値は停電処理の初期において、スタックポインタ保存用メモリ45a32にセーブされる。復電処理の始めにスタックポインタに対する復帰処理が行われ、スタックポインタ保存用メモリ45a32に保存されている値がCPU45a1内のスタックポインタに取り込まれる。スタックポインタの内容はバックアップされているRAM45a3内に設けられたスタックポインタ保存用メモリ45a32内に退避させて保存されている。
RAM45a3内のチェックサム補正値用メモリ45a33は、停電処理時にRAM45a3内のデータから算出したチェックサムを、「0(ゼロ)」とするための補正値を記憶させておくメモリである。
復電コマンドバッファ45a34は、電源復旧時(停電の復旧時又は電源再投入時)に主制御基板45aから副制御基板47aに送信される復電処理用のコマンド(復電コマンド)を一時的に記憶するバッファである。復電コマンドは復電処理の実行を副制御基板47aに知らせるためのコマンドとして使用される。復電コマンドはRAM45a3に記憶されている一般のコマンドに優先して副制御基板47aに送信される。
復電コマンドカウンタ45a35は、復電コマンドバッファ45a34に記憶されている復電コマンドのバイト数を記憶するカウンタである。復電コマンドは2バイト構成であって、他のコマンド(スピーカ駆動用コマンドなど)と同じくバイト単位で副制御基板47aに送信される。
RAM45a3には後述するように電源制御装置38内に設けられた電源制御基板からバックアップ電圧が供給され、球式回胴遊技機10の電源が切断された後でもデータが消失しないようになされている。
入出力ポート45a4には、副制御基板47aなどのI/O装置の他に、ホール管理装置(図示はしない)などに情報を送信できる外部集中端子板や、前記電源制御基板に設けられた停電監視回路38f、さらには投入ソレノイド414a,414b,414cや払出制御基板37aなどが接続されている。
前記電源制御基板には主制御基板45aを始めとして球式回胴遊技機10の各電子機器に駆動電力を供給する電源部38eや、上述した停電監視回路38fなどが搭載されている。
停電監視回路38fは電源の切断状態を監視し、停電時はもとより、電源スイッチ38aによる電源切断時に停電信号を生成するためのものである。そのため停電監視回路38fは、電源部38eから出力される直流24ボルトの安定化駆動電圧を監視し、この駆動電圧が例えば22ボルト未満まで低下したときに電源が切断されたものと判断して停電信号が出力されるように構成されている。停電信号はCPU45a1と入出力ポート45a4のそれぞれに供給され、CPU45a1ではこの停電信号を認識することで、停電時処理が実行される。
電源部38eからは出力電圧が22ボルト未満まで低下した場合でも、主制御基板45aなどの制御系における駆動電圧として使用される5ボルトの安定化電圧が出力されるように構成されており、この安定化電圧が出力されている時間として、主制御基板45aによる停電時処理を実行するのに十分な時間が確保されている。
また、主制御基板45aは、電源部38eから安定化駆動電圧が供給されるのと同時にリセットスイッチ38bからリセット信号が送信されると、RAM45a3に書き込まれた情報を消去し、電源部38eから安定化駆動電圧が供給されている状態でリセットスイッチ38bからリセット信号が送信されると、エラー状態をリセットする。
さらに、電源オフ時に設定キースイッチ38d1をオンにしてから電源オンにした状態、つまり電源オフ時に設定変更キーシリンダ38dに設定キーを差し込んで回転させてから電源オンにした状態にすると、球式回胴遊技機10の出球率を変更可能な状態が発生する。この状態で、リセットスイッチ38bからリセット信号が送信されると、球式回胴遊技機10のボーナス確率や小役確率を変更し、当該変更結果を設定値「1」〜「6」の数字で7セグLED表示部41g(図27参照)に出力する。そして、7セグLED表示部41gに「1」〜「6」のいずれかの数字を表示させた状態で、始動レバー124から設定確定信号を受信すると、球式回胴遊技機10の出球率(設定)を確定する。
次に、球式回胴遊技機10の遊技中の制御について簡単に説明する。
主制御基板45aは、遊技球がベットされていない状態で、ベットボタン114,304からベット信号を受信すると、投入ソレノイド414a,414b,414cに通電して作動させ、セレクタ400に所定数の遊技球を取り込ませる。セレクタ400の通過センサ415a,415b,415c及びカウントセンサ416a,416b,416cの遊技球検出信号がセレクタ中継端子板462にてデンタル信号に変換されてから主制御基板45aに送信されると、主制御基板45aは、遊技球の投入処理信号を副制御基板47aへ送信する。副制御基板47aは、遊技球の投入処理信号を受信すると、回胴L,M,Rの有効ラインを有効ライン表示部41cの点灯によって表示させると共に遊技球のベット数をベット数表示部41h1の点灯によって表示させ、さらに遊技球投入の効果音をスピーカ106,204から発生させる。次いで、主制御基板45aは、セレクタ400の通過センサ415a,415b,415c及びカウントセンサ416a,416b,416cからの遊技球検出信号をカウントし所定数に達すると、投入ソレノイド414a,414b,414cへの通電を停止してセレクタ400による遊技球の取り込みを停止すると共に、始動レバーLED132を発光させる制御信号を副制御基板47aに送信する。
主制御基板45aは、始動レバーLED132が点灯した状態で、始動レバー124からの指令信号を受信すると、モータドライバ70へ回胴用ステッピングモータ43L4,43M4,43R4の始動信号を送信すると共に始動レバーLED132の消灯信号を副制御基板47aに送信し、ビッグボーナス、レギュラーボーナス、小役又はリプレイのフラグを成立させるか否かの抽選を実行する。フラグの抽選方式としては、乱数抽選方式を採用している。つまり、始動レバー124からの指令信号を受信すると、主制御基板45aは、乱数発生回路45a5にて乱数テーブルを生成し、当該乱数テーブルにてビッグボーナス、レギュラーボーナス、小役又はリプレイの当選か否かを区別している。なお、本実施形態では、1回のゲームでボーナスと小役の両方のフラグを成立させことができる複合方式を採用しているが、一回のゲームでボーナス又は小役のいずれか一方のフラグしか成立させることができない単独方式を採用することもできる。
始動レバー124を押下したのち各回胴L,M,Rが定速回転になると、主制御基板45aは、回胴停止ボタンLED134L,134M,134Rを発光させる制御信号を副制御基板47aへ送信する。そして、回胴停止ボタン126L,126M,126Rからの停止信号を受信すると、上記の抽選結果を踏まえて各回胴L,M,Rの停止制御を行なう。各回胴L,M,Rの停止制御は最大4コマのスベリが許容されている。そのため、図28に示すように、ベル図柄とリプレイ図柄は、それぞれ4コマ以内の間隔で配されており、それぞれのフラグが成立すると、必ず有効ライン上に揃うよう制御される。これに対し、チェリー図柄、スイカ図柄、ビッグボーナス図柄(図28の左図柄シール43Lの上から2つ目の「7」図柄と、左図柄シール43Lの上から7つ目のキャラクタ図柄)、および、レギュラーボーナス図柄(図28の左図柄シール43Lの上から4つ目の図柄)は、5コマ以上の間隔を隔てて配されているため(但し、左回胴Lのチェリー図柄を挟んだレギュラーボーナス図柄を除く。)、それぞれのフラグが成立しても、所望のタイミングで回胴停止ボタン126L,126M,126Rを押さなければ有効ライン上に揃わないようになっている。
フラグの抽選にて何らかのフラグが成立した場合、当該フラグが主制御基板45aに一時的に記憶される。そして、主制御基板45aは、フラグ成立信号を副制御基板47aへ送信する。副制御基板47aは、フラグ成立信号を受信すると、予め複数記憶されている演出の中から抽選で何らかの演出(演出なしを含む。)を選択し、液晶表示装置42、スピーカ106,204、上LEDカバー部104等で被覆された遊技演出用の前記発光装置で演出を発生させる。当該演出は、3つの回胴L,M,Rの回転開始時、3つの回胴L,M,Rのうち1つを停止させたとき、3つの回胴L,M,Rのうち2つを停止させたとき、或いは3つの回胴L,M,Rを停止させたときのいずれかで発生する。
フラグの抽選にて何らかの小役のフラグが成立した場合、回胴L,M,Rが停止したのち、主制御基板45aは、回胴位置検出センサ43L7,43M7,43R7の検出信号を受信して有効ライン上に所望の小役図柄が揃ったか否かを認識し、揃っている場合には払出制御基板37aに遊技球の払出信号を送信すると共に副制御基板47aに当該小役入賞の制御信号を送信する。払出制御基板37aは、主制御基板45aから払出信号を受信すると、払出ソレノイド33cに通電して払出装置33を作動させ、所定数の遊技球を払い出させる。払出装置33のカウントセンサ33hの遊技球検出信号は、払出中継端子板36にてデジタル信号に変換されて主制御基板45aに送信される。主制御基板45aは、払出装置33のカウントセンサ33hの遊技球検出信号を受信して遊技球の払出数を計数し所定数に達すると、払出制御基板37aへ払出停止信号を送信し、払出ソレノイド33cの駆動を停止させる。副制御基板47aは、小役入賞の制御信号を受信すると、遊技演出用の前記発光装置を点灯させると共に払出装置33の払出動作と同時に遊技球払い出しの効果音をスピーカ106,204から発生させる。一方、有効ライン上に所望の小役図柄が揃わなかった場合には主制御基板45aから払出制御基板37aへの払出制御信号や副制御基板47aへの小役入賞の制御信号が送信されない。当該小役の成立ゲームの終了後(遊技球の払い出しが行なわれる場合にあっては払出終了後)に主制御基板45aに記憶された小役のフラグは消去される。
フラグの抽選にてリプレイのフラグが成立した場合、主制御基板45aは、回胴位置検出センサ43L7,43M7,43R7の検出信号を受信して有効ライン上にリプレイ図柄が揃うよう回胴L,M,Rの停止制御を行なう。回胴L,M,Rが停止したのち、主制御基板45aは、リプレイ入賞の効果音をスピーカ106,204から発生させるべく副制御基板47aに制御信号を送信すると共に、次のゲームを無償で行なえるよう準備する。つまり、主制御基板45aは、セレクタ400にて遊技球を取り込むことなく投入処理信号を副制御基板47aへ送信し、上記の如く、回胴L,M,Rの有効ラインを有効ライン表示部41cの点灯によって表示させると共に遊技球のベット数を7セグLED表示部41gの点灯によって表示させ、さらに遊技球の投入の効果音をスピーカ106,204から発生させてから、始動レバーLED132を発光させて次のゲームの開始準備ができたことを遊技者に報知する。当該リプレイの成立ゲームの終了後に主制御基板45aに記憶されたリプレイのフラグは消去される。
フラグの抽選にてビッグボーナス又はレギュラーボーナスのフラグが成立した場合、当該フラグが主制御基板45aに一時的に記憶される。ボーナスのフラグは、ボーナス図柄が有効ライン上に揃うまで主制御基板45aに記憶される。主制御基板45aは、ボーナス図柄が有効ライン上に揃うと、遊技者に有利なビッグボーナスゲーム又はレギュラーボーナスゲームを発生させる。
以下に、ビッグボーナスゲーム及びレギュラーボーナスゲームとして、いわゆる5号機の方式を採用した場合について説明するが、4号機以前の方式を採用することもできる。
ビッグボーナスゲームとしては、小役ゲームとJACゲームを交互に繰り返し、所定数(例えば2325個など)の遊技球を払い出すと終了するタイプや、小役ゲーム又はJACゲームのいずれかで所定数(例えば2325個など)の遊技球が払い出されると終了するタイプなどがあり、いずれのタイプを採用しても構わない。ここで、小役ゲームとは、15球掛けで行なわれ、小役の抽選確率を向上させた、遊技者にとって有利なゲームをいう。また、JACゲームとは、5球掛けで行なわれ、中段ラインにJAC図柄(例えばリプレイ図柄など)が揃いやすくなるゲームをいい、JAC図柄が中段ラインに揃うことを条件に所定数(例えば75球など)の遊技球が払い出される。小役ゲームとJACゲームを交互に繰り返すタイプにあっては、小役ゲーム中にJACゲーム突入図柄(例えばリプレイ図柄など)が有効ライン上に揃うことを条件にJACゲームに突入する。また、JACゲームは、所定数(例えば12回など)のゲームを終えるか、或いは所定数(例えば6回や8回)の入賞を条件に終了する。
レギュラーボーナスゲームとしては、1回のJACゲームを終えると終了するタイプや、小役ゲーム又はJACゲームのいずれかで所定数(例えば450個、600個など)の遊技球が払い出されると終了するタイプなどがあり、いずれのタイプを採用しても構わない。
ビッグボーナスゲーム又はレギュラーボーナスゲームの終了後はRT状態に突入する。RT状態とは、リプレイのフラグが極めて当選しやすい状態をいい、所定回数(例えば、0回、30回、60回、100回、1000回など)のゲームを終えるまで、或いは次回のボーナスフラグ成立ゲームまで継続する。これらの振り分けは、揃えたビッグボーナス図柄やボーナスの種類で決めることができる。つまり、ビッグボーナス図柄は、ビッグボーナスのフラグ成立時にRT状態継続回数抽選が主制御基板45aにて行なわれ、当該抽選結果に基づき「7」図柄又はキャラクタ図柄のいずれか一方しか揃わないように制御される。
以上、球式回胴遊技機10の構成について説明したが、以下に本発明の特徴部分について詳しく説明する。
図33は図1のA−A線断面図である。同図に示すように、この球式回胴遊技機10は、遊技球を貯留する上皿302を有し、所定の入賞条件の成立に基づき遊技球を上皿払出口312から上皿302へ払い出すように構成され、上皿払出口312の外側でかつ上皿302の上方に上皿払出口312の上部を覆う遮蔽部314を設けてある。遮蔽部314は、上皿払出口312の開口上縁部を覆うことで、上皿払出口312に金属板等の異物を挿入しにくくするばかりか、異物を挿入しようとする意欲を削ぎ、しかも上皿払出口312から勢いよく遊技球が払い出されても遊技球が上皿302から外へ飛び出すのを抑制することを主たる機能とするものである。かかる機能を実現するために遮蔽部314は以下のように構成される。
この実施形態では、上皿302の上方から下方へ向けて遮蔽部314を延在させるため、上皿302の前後方向後端側を覆うフード部310を設け、フード部310から遮蔽部314を下方へ突設してある。より詳しくは、フード部310の上皿払出口312に隣接する部位を下方へ突出成形して遮蔽部314を形成してある。上皿302の奥行きを広くして遊技球の貯留量を多くするために設置したフード部310から遮蔽部314を下方へ突設することで、遊技の進行上、遮蔽部314が邪魔にならず都合がよい。つまり、従来の遊技機における遊技球の貯留領域と本実施形態の如く新たに増設された貯留領域を仕切るように遮蔽部314が設けられているので、遊技の進行を妨げることなく上記機能を発揮することができる。遮蔽部314は断面略三角形状の中空状とされ、前面側を略鉛直方向に形成すると共に上皿払出口312側を後方側から前方側へ下る傾斜面部314aとなるように形成してある。こうすることで、遮蔽部314に前方から衝撃を加えても損傷しにくくなる。遮蔽部314の下端位置は、上皿払出口312の前方から異物を挿入しにくくするという観点から、上皿302の前壁302aの上端位置と上皿払出口312の上端位置を結ぶラインPよりも下方に設定してある。より好ましくは、遮蔽部314の下端位置を、上皿302の前壁302aの上端位置と上皿誘導通路31dの奥壁31d2の下端位置を結ぶラインP'よりも下方に設定することである。また、遮蔽部314の上部は上皿払出口312に隣接させる一方、遮蔽部314の下端位置は上皿払出口312から前方へ遊技球一個分以上離すと共に上皿302の底面よりも上方へ遊技球一個分以上離して配置してある。このように構成することで、上皿払出口312から上皿302へ払い出される遊技球の払い出し経路が塞がれず、遊技球の払い出しを円滑に行なうことができる。また、遮蔽部314を設けても遊技球の払い出し経路が著しく狭くならないように上皿302の底面を上皿払出口312の下端位置よりも低く設定してある。さらに、遮蔽部314の幅は、図6及び図7(A)に示すように、上皿払出口312の前側の幅H2よりも広く設定してある。このように構成することで、上皿払出口312の正面からだけではなく斜め方向からも異物の挿入を防止できる。
本実施形態の球式回胴遊技機10は上記の如く構成され、上皿302の上方に設けた遮蔽部314にて、上皿払出口312から遊技機内部への金属板等の異物挿入が規制され、払出装置33等に対する不正行為を防止することができる。遮蔽部314の下端位置を上皿302の前壁302aの上端位置と上皿払出口312の上端位置を結ぶラインPよりも下方に設定することで、上皿払出口312に金属板等の異物を挿入しても異物によって上皿払出口312に連なる遊技機の内壁、詳しくは上皿誘導通路31dの奥壁31d2を強く押圧することができなくなり、遊技機に対する不正行為や遊技機の破損を防止することもできる。また、遮蔽部314を上皿払出口312の外側に設けて、上皿払出口312への異物挿入が物理的に不可能であると一見して分かるような構成としてある。これにより、上皿払出口312に対して異物を挿入しようとする意欲を削ぐことができ、上皿払出口312に対する異物挿入を未然に防ぐことができる。さらに、遮蔽部314にて上皿払出口312の上部を遮蔽することで、遊技球が遮蔽部314にて受け止められ、上皿302から飛び出しにくくなる。上皿払出口312から遊技球が払い出された際に勢い余って上皿302から飛び出さないようにすることで、遊技者に不快感を感じさせることなく遊技をしてもらえるようになる。なお、上皿302の前壁302aを高くすれば遊技球が上皿302から飛び出しにくくなるものの、上皿302に対して遊技球を出し入れしにくくなるため、遊技の進行が遅れるという弊害が生じる。
また、遮蔽部314の上皿払出口312側に傾斜面部314aを設けてあるので、上皿払出口312から払い出されてきた遊技球が遮蔽部314に衝突すると下方へ方向転換する。これにより、上皿払出口312から払い出されて遮蔽部314に衝突した遊技球が上皿払出口312側へ逆流しなくなり、遊技球にて上皿払出口312が詰まるのを防止できる。
また、遮蔽部314を上皿302の上方から下方へ向けて延在させるために、上皿302の少なくとも前後方向後端側を覆うようにフード部310を設けてあるので、遮蔽部314と上皿払出口312の間隔をフード部310の範囲内で自由に設定できるようになる。
また、遮蔽部314を上皿払出口312から前方へ遊技球一個分以上離して配置することで、遊技球にて上皿払出口312が詰まるのを防止することができる。つまり、遊技球が遮蔽部314と衝突する位置を遊技球が上皿払出口312から完全に出たところに設定してあるので、上皿払出口312からの遊技球の払い出しが阻止されず、遊技球にて上皿払出口312が詰まるのを防止することができる。
さらに、遮蔽部314の下端位置を上皿302の底面から上方へ遊技球一個分以上離して配置してあるので、上皿302に遊技球が少ししか貯留されていない場合に、上皿払出口312から払い出された遊技媒体が遮蔽部314の下をくぐって上皿302の前壁302aに到達する。これにより、上皿302の全体を有効に使って遊技媒体を貯留することができる。
以上、本発明に係る球式回胴遊技機の一実施形態につき説明したが、本発明は上記実施形態に限定されることなく発明の要旨を逸脱しない範囲内で種々の変形が可能である。例えば、上記実施形態では、遮蔽部314をフード部310と一体成形して固定してあるが、遮蔽部314を揺動自在に構成することもできる。詳しくは、図34に示すように、遮蔽部314が上皿払出口312よりも上方からぶら下げた板状に形成され、遮蔽部314を下向きから前方側へ揺動自在に構成すると共に下向きから後方側への揺動を規制するように構成する。図34では、フード部310の下面に帯板状の遮蔽部314を枢着し、当該枢着部位の前後に突起316,318を設けてある。後方側に設けた突起316は、遮蔽部314が下向きから後方側へ揺動するのを規制するためのものである。前方側に設けた突起318は、遮蔽部314の下端位置がラインPよりも上方に位置するのを規制するためのものである。このように構成すると、上皿払出口312から払い出された遊技球が遮蔽部314に衝突したときに、遮蔽部314が前方側へ逃げるように揺動する。これにより、遮蔽部314が遊技球を受け止めるときの衝撃緩衝作用が得られ、遮蔽部314の損傷を抑制することができる。一方、遮蔽部314の後方側への揺動を規制してあるので、上皿払出口312への異物挿入を規制する作用は損なわれない。なお、遮蔽部314の前方側への揺動は、前方側に設けた突起318により、遮蔽部314の下端位置が上皿302の前壁302aの上端位置と上皿払出口312の上端位置を結ぶラインPよりも下方となる範囲内で自由に許容される。こうすることで、遮蔽部314を前方側へ引っ張りつつ上皿払出口312に異物を挿入することができなくなる。
また、上記実施形態では、遮蔽部314の一端を上皿302の側壁から離して形成してあるが、図35に示すように、遮蔽部314の外側端部を上皿302の側壁に接合することもできる。図35では、上皿302の側壁の上部を構成するフード部310の側部から遮蔽部314を設けて、遮蔽部314の強度を向上させてある。つまり、遮蔽部314の外側端部を上皿302の側壁に接合することで、遮蔽部314が遊技球を受け止めるときの衝撃に対する強度が十分に得られ、遮蔽部314の損傷を抑制することができる。
また、上記実施形態では、遮蔽部314を球式回胴遊技機10の幅方向にストレート状に形成してあるが、図36に示すように、遮蔽部314を湾曲させて形成することもできる。図36では、遮蔽部314の左右方向一端側、すなわち上皿302の傾斜方向上流側に相当する側を上皿302の奥壁へ向けると共に上皿302の傾斜方向下流側に相当する側を上皿302の下流側側壁へ向けて湾曲させて形成してある。こうすることで、上皿払出口312から払い出された遊技球が遮蔽部314に衝突すると、上皿302の下流側へ向かうようになる。これにより、遊技球が上皿払出口312の正面に溜まらずに上皿302の全体を有効に使って遊技球を貯留することができる。
また、上記実施形態では、遮蔽部314をフード部310から下方に突設してあるが、遮蔽部314はフード部310から突出していなくてもよい。例えば図37及び図38に示すように、上皿302の前後方向後端側を覆うフード部310を有し、フード部310のうち少なくとも上皿払出口312の前方部分が後方側から前方側へ向かって下る傾斜面部とされ、当該フード部310の傾斜面部が遮蔽部314となるように構成することもできる。このようにフード部310のうち少なくとも上皿払出口312の前方部分全体で遮蔽部314を構成してあるので、遮蔽部314の強度が高く損傷しにくい。
また、上記実施形態ではフード部310にて上皿302の後端側を覆うようにして上皿302の奥行きを広くとっているが、図39に示すように、上皿302の奥行きが狭く、上皿払出口312が中央パネル部112のほぼ真下で開口している場合は、図39に示すように、遮蔽部314を上皿払出口312の上方の壁部から前方側へ略四半球状に湾曲させて設けることもできる。このように遮蔽部314は、フード部310の下面から突出させなくてもよい。図39の場合も上記実施形態と同様、遮蔽部314のうち上皿払出口312の前方に位置する部分を上皿払出口312から前方へ遊技球一個分以上離して配置し、かつ、遮蔽部314の下端位置を上皿302の底面から遊技球一個分以上離して配置する。
球式回胴遊技機の正面図である。 球式回胴遊技機の正面側斜視図である。 外枠に対してドアブロックを開放した状態を示す斜視図である。 前面ブロックに対して払出ブロック及び遊技ブロックを開放した状態を示す斜視図である。 前面ブロックの分解斜視図である。 上皿ユニットの斜視図である。 (A)図は上皿ユニットの平面図で、(B)図は上皿ユニットの底面図である。 上皿ユニットの分解斜視図である。 上皿球止め部の分解斜視図である。 上皿球止め部及びセレクタの要部拡大縦断面図であって、遊技球案内路と球通路を連通させた状態を示す図である。 上皿球止め部及びセレクタの要部拡大縦断面図であって、遊技球案内路と球通路を遮断した状態を示す図である。 上皿ユニットからセレクタを取り外した状態を示す要部拡大縦断面図である。 上皿球抜き操作部及びセレクタの一部横断面図であって、球通路と案内通路とを返却シャッタにて遮断した状態を示す図である。 上皿球抜き操作部及びセレクタの一部横断面図であって、球通路と案内通路とを連通させた状態を示す図である。 セレクタの分解斜視図である。 セレクタの後方側から見た斜視図である。 払出ブロックの背面図である。 払出ブロックから払出制御装置及び電源制御装置を取り外した状態を示す背面図である。 払出ブロックの前方側から見た斜視図である。 球切れ検出装置の構成を示すケースレールの要部拡大縦断面図であって、ケースレール内に十分な個数の遊技球が補給されている状態を示す図である。 球切れ検出装置の構成を示すケースレールの要部拡大縦断面図であって、ケースレール内に十分な個数の遊技球が補給されていない状態を示す図である。 払出ブロックから払出装置及び払出中継端子板の取付台を取り外した状態を示す分解斜視図である。 払出装置の縦断面図であって、払出動作をしていない状態を示す図である。 払出装置の縦断面図であって、払出動作をしている状態を示す図である。 払出装置の縦断面図であって、払出装置の球抜き操作をしている状態を示す図である。 遊技ブロックの分解斜視図である。 遊技パネルの正面図である。 図柄シールの展開図である。 回胴ユニットの一部分解斜視図である。 ステッピングモータの動作原理を示す図である。 ステッピングモータの駆動系を示す接続図である。 球式回胴遊技機の制御系を示す接続図である。 図1のA−A線断面図であって、本発明の特徴部分を示す図である。 本発明の第1の変形例を示す要部拡大縦断面図であって、遮蔽部を揺動可能としたものの一例を示す図である。 本発明の第2の変形例を示す上皿ユニットの平面図であって、遮蔽部の一端を上皿側壁に接合したものの一例を示す図である。 本発明の第3の変形例を示す上皿ユニットの平面図であって、遮蔽部の一端を上皿の奥壁側へ向けると共に他端を上皿の下流側へ向けて湾曲させたものの一例を示す図である。 本発明の第4の変形例を示す要部拡大縦断面図であって、フード部の底面を後方側から前方側へ下るように形成して遮蔽部を構成したものの一例を示す図である。 本発明の第4の変形例を示す上皿ユニットの平面図であって、フード部の底面を後方側から前方側へ下るように形成して遮蔽部を構成したものの一例を示す図である。 本発明の第5の変形例を示す要部拡大縦断面図であって、遮蔽部を払出口の上方から湾曲させて設けたものの一例を示す図である。
符号の説明
10 球式回胴遊技機
302 上皿
302a 前壁
310 フード部
312 上皿払出口
314 遮蔽部
314a 傾斜面部
316,318突起

Claims (1)

  1. 遊技媒体を貯留する受け皿を有し、所定の入賞条件の成立に基づき遊技媒体を払出口から受け皿へ払い出すように構成した遊技機であって、
    前記払出口の外側でかつ前記受け皿の上方に払出口の上部を覆う遮蔽部を設け、前記遮蔽部の下端位置を前記受け皿の前壁の上端位置と前記払出口の上端位置を結ぶラインよりも下方に設定したことを特徴とする遊技機。
JP2006032157A 2006-02-09 2006-02-09 遊技機 Pending JP2007209504A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006032157A JP2007209504A (ja) 2006-02-09 2006-02-09 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006032157A JP2007209504A (ja) 2006-02-09 2006-02-09 遊技機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2007209504A true JP2007209504A (ja) 2007-08-23
JP2007209504A5 JP2007209504A5 (ja) 2009-03-26

Family

ID=38488420

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006032157A Pending JP2007209504A (ja) 2006-02-09 2006-02-09 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2007209504A (ja)

Cited By (27)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016039962A (ja) * 2015-11-05 2016-03-24 株式会社大一商会 遊技機
JP2016073850A (ja) * 2016-01-18 2016-05-12 株式会社大一商会 遊技機
JP2016104416A (ja) * 2016-03-09 2016-06-09 株式会社大一商会 遊技機
JP2016104415A (ja) * 2016-03-09 2016-06-09 株式会社大一商会 遊技機
JP2016104417A (ja) * 2016-03-09 2016-06-09 株式会社大一商会 遊技機
JP2016104457A (ja) * 2016-03-10 2016-06-09 株式会社大一商会 遊技機
JP2016104455A (ja) * 2016-03-10 2016-06-09 株式会社大一商会 遊技機
JP2016104456A (ja) * 2016-03-10 2016-06-09 株式会社大一商会 遊技機
JP2016105851A (ja) * 2016-03-11 2016-06-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2016105852A (ja) * 2016-03-11 2016-06-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2016105855A (ja) * 2016-03-11 2016-06-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2016105853A (ja) * 2016-03-11 2016-06-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2016105854A (ja) * 2016-03-11 2016-06-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2016105850A (ja) * 2016-03-11 2016-06-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2016105857A (ja) * 2016-03-11 2016-06-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2016105843A (ja) * 2016-03-09 2016-06-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2016105856A (ja) * 2016-03-11 2016-06-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2016112449A (ja) * 2016-01-26 2016-06-23 株式会社大一商会 遊技機
JP2016128044A (ja) * 2016-03-09 2016-07-14 株式会社大一商会 遊技機
JP2016128045A (ja) * 2016-03-09 2016-07-14 株式会社大一商会 遊技機
JP2016129682A (ja) * 2016-03-11 2016-07-21 株式会社大一商会 遊技機
JP2016129683A (ja) * 2016-03-11 2016-07-21 株式会社大一商会 遊技機
JP2016129681A (ja) * 2016-03-11 2016-07-21 株式会社大一商会 遊技機
JP2016135268A (ja) * 2016-03-09 2016-07-28 株式会社大一商会 遊技機
JP2016137274A (ja) * 2016-03-09 2016-08-04 株式会社大一商会 遊技機
JP2017144325A (ja) * 2017-06-05 2017-08-24 株式会社大一商会 遊技機
JP2017144324A (ja) * 2017-06-05 2017-08-24 株式会社大一商会 遊技機

Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001204937A (ja) * 2000-01-31 2001-07-31 Sankyo Kk 弾球遊技機
JP2001347019A (ja) * 2000-06-06 2001-12-18 Adachi Light Co Ltd パチンコ機
JP2002143387A (ja) * 2000-11-14 2002-05-21 Heiwa Corp 遊技機
JP2002248247A (ja) * 2001-02-26 2002-09-03 Takasago Electric Ind Co Ltd 球受装置およびこれを備えたパチンコ機
JP2003019320A (ja) * 2001-07-05 2003-01-21 Maruhon Ind Co Ltd 遊技機
JP2003102911A (ja) * 2001-09-28 2003-04-08 Sankyo Kk 遊技機
JP2004033328A (ja) * 2002-07-01 2004-02-05 Olympia:Kk メダル搬送機構を備えたスロットマシン用上皿及びメダル搬送方法
JP2004167065A (ja) * 2002-11-21 2004-06-17 Olympia:Kk 遊技機
JP2005118438A (ja) * 2003-10-20 2005-05-12 Olympia:Kk 遊技機
JP2007111362A (ja) * 2005-10-21 2007-05-10 Taiyo Elec Co Ltd 回胴式遊技機

Patent Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001204937A (ja) * 2000-01-31 2001-07-31 Sankyo Kk 弾球遊技機
JP2001347019A (ja) * 2000-06-06 2001-12-18 Adachi Light Co Ltd パチンコ機
JP2002143387A (ja) * 2000-11-14 2002-05-21 Heiwa Corp 遊技機
JP2002248247A (ja) * 2001-02-26 2002-09-03 Takasago Electric Ind Co Ltd 球受装置およびこれを備えたパチンコ機
JP2003019320A (ja) * 2001-07-05 2003-01-21 Maruhon Ind Co Ltd 遊技機
JP2003102911A (ja) * 2001-09-28 2003-04-08 Sankyo Kk 遊技機
JP2004033328A (ja) * 2002-07-01 2004-02-05 Olympia:Kk メダル搬送機構を備えたスロットマシン用上皿及びメダル搬送方法
JP2004167065A (ja) * 2002-11-21 2004-06-17 Olympia:Kk 遊技機
JP2005118438A (ja) * 2003-10-20 2005-05-12 Olympia:Kk 遊技機
JP2007111362A (ja) * 2005-10-21 2007-05-10 Taiyo Elec Co Ltd 回胴式遊技機

Cited By (27)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016039962A (ja) * 2015-11-05 2016-03-24 株式会社大一商会 遊技機
JP2016073850A (ja) * 2016-01-18 2016-05-12 株式会社大一商会 遊技機
JP2016112449A (ja) * 2016-01-26 2016-06-23 株式会社大一商会 遊技機
JP2016105843A (ja) * 2016-03-09 2016-06-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2016104417A (ja) * 2016-03-09 2016-06-09 株式会社大一商会 遊技機
JP2016104415A (ja) * 2016-03-09 2016-06-09 株式会社大一商会 遊技機
JP2016128044A (ja) * 2016-03-09 2016-07-14 株式会社大一商会 遊技機
JP2016104416A (ja) * 2016-03-09 2016-06-09 株式会社大一商会 遊技機
JP2016137274A (ja) * 2016-03-09 2016-08-04 株式会社大一商会 遊技機
JP2016135268A (ja) * 2016-03-09 2016-07-28 株式会社大一商会 遊技機
JP2016128045A (ja) * 2016-03-09 2016-07-14 株式会社大一商会 遊技機
JP2016104455A (ja) * 2016-03-10 2016-06-09 株式会社大一商会 遊技機
JP2016104457A (ja) * 2016-03-10 2016-06-09 株式会社大一商会 遊技機
JP2016104456A (ja) * 2016-03-10 2016-06-09 株式会社大一商会 遊技機
JP2016105850A (ja) * 2016-03-11 2016-06-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2016105857A (ja) * 2016-03-11 2016-06-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2016105856A (ja) * 2016-03-11 2016-06-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2016105854A (ja) * 2016-03-11 2016-06-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2016105853A (ja) * 2016-03-11 2016-06-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2016105855A (ja) * 2016-03-11 2016-06-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2016129682A (ja) * 2016-03-11 2016-07-21 株式会社大一商会 遊技機
JP2016129683A (ja) * 2016-03-11 2016-07-21 株式会社大一商会 遊技機
JP2016129681A (ja) * 2016-03-11 2016-07-21 株式会社大一商会 遊技機
JP2016105852A (ja) * 2016-03-11 2016-06-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2016105851A (ja) * 2016-03-11 2016-06-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2017144325A (ja) * 2017-06-05 2017-08-24 株式会社大一商会 遊技機
JP2017144324A (ja) * 2017-06-05 2017-08-24 株式会社大一商会 遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2007209504A (ja) 遊技機
JP4888642B2 (ja) 遊技機
JP5284622B2 (ja) スロットマシン
JP2009285301A (ja) 遊技台
JP2007209505A (ja) 遊技機
JP5407593B2 (ja) 遊技システム
JP4877494B2 (ja) 遊技機
JP2008136499A (ja) 遊技機
JP2009195567A (ja) 遊技機
JP2011010693A (ja) 通信端末
JP2017012286A (ja) スロットマシン
JP2016104256A (ja) 遊技機
JP5433161B2 (ja) スロットマシン
JP4877485B2 (ja) 遊技機
JP4935984B2 (ja) 遊技機
JP2014144304A (ja) 遊技機
JP4877484B2 (ja) 遊技機
JP2012210542A (ja) 遊技機
JP2013010026A (ja) 遊技機
JP2012005896A (ja) 遊技機
JP2007275248A (ja) 遊技機
JP2014221206A (ja) 遊技機
JP5773175B2 (ja) 遊技機
JP6744562B2 (ja) 遊技機
JP2020142125A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090205

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20090205

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110601

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110801

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20111005

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20120314