JP2007100597A - 蒸気駆動給水ポンプのアイソレート方法及びそのシステム - Google Patents

蒸気駆動給水ポンプのアイソレート方法及びそのシステム Download PDF

Info

Publication number
JP2007100597A
JP2007100597A JP2005291854A JP2005291854A JP2007100597A JP 2007100597 A JP2007100597 A JP 2007100597A JP 2005291854 A JP2005291854 A JP 2005291854A JP 2005291854 A JP2005291854 A JP 2005291854A JP 2007100597 A JP2007100597 A JP 2007100597A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
steam
feed water
water pump
driven feed
steam turbine
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2005291854A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4926441B2 (ja
Inventor
Shogo Shibata
Toshihiro Shimizu
Kenji Tokuri
賢治 得利
省吾 柴田
俊宏 清水
Original Assignee
Chugoku Electric Power Co Inc:The
中国電力株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Chugoku Electric Power Co Inc:The, 中国電力株式会社 filed Critical Chugoku Electric Power Co Inc:The
Priority to JP2005291854A priority Critical patent/JP4926441B2/ja
Publication of JP2007100597A publication Critical patent/JP2007100597A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4926441B2 publication Critical patent/JP4926441B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract


【課題】 安全に蒸気駆動給水ポンプのアイソレートを行うことができる蒸気駆動給水ポンプのアイソレート方法及びそのシステムを提供する。
【解決手段】 蒸気駆動給水ポンプ11を駆動する蒸気タービン12を停止させてターニング運転に移行するターニング運転移行手段1と、前記蒸気タービン12の真空破壊を行う真空破壊手段2と、前記蒸気タービン12及び蒸気駆動給水ポンプ11を冷却する冷却手段3と、前記蒸気タービン12のターニング運転を停止するターニング運転停止手段4と、前記蒸気駆動給水ポンプ11を給水系統から遮断して内部の水を排出するアイソレート手段5とから構成してある。
【選択図】 図1

Description

本発明は、蒸気駆動給水ポンプを給水系統から遮断する蒸気駆動給水ポンプのアイソレート方法及びそのシステムに関する。
蒸気タービンプラントにおいて、主蒸気タービンから抽気した蒸気を用いてタービンを駆動しボイラーに給水する蒸気駆動給水ポンプが用いられている。この蒸気駆動給水ポンプは、定期点検やメンテナンス時に給水ポンプ内の水を抜き取る必要がある。従来、蒸気駆動給水ポンプの水抜き作業は、給水ポンプ駆動用の蒸気タービンを停止した後、直ちに給水ポンプを給水系統から遮断して内部の水を排出していた。
しかし、蒸気駆動給水ポンプは、蒸気タービンの熱により高温になっているため、蒸気タービンの停止後、直ちに給水ポンプを給水系統から遮断して内部の水を排出すると、高温・高圧の水が噴出して作業員に火傷等の危険が及ぶ恐れがあるのみならず、蒸気タービンの熱により変形し給水ポンプの動翼を損傷する恐れがあるという課題があった。
本発明は、上記課題を解決するために、蒸気駆動給水ポンプを給水系統から遮断する蒸気駆動給水ポンプのアイソレート方法であって、前記蒸気駆動給水ポンプを駆動する蒸気タービンを停止させてターニング運転に移行し、前記蒸気タービンの真空破壊を行って、前記蒸気タービン及び蒸気駆動給水ポンプを冷却した後、前記蒸気タービンのターニング運転を停止し、前記蒸気駆動給水ポンプを給水系統から遮断して内部の水を排出するようにした蒸気駆動給水ポンプのアイソレート方法を提供するものである。
また、本発明は、前記蒸気タービン及び蒸気駆動給水ポンプが所定温度以下まで冷却されたことを確認する冷却確認手段を備えた請求項1に記載の蒸気駆動給水ポンプのアイソレート方法を提供するものである。
また、本発明は、蒸気駆動給水ポンプを給水系統から遮断する蒸気駆動給水ポンプのアイソレートシステムであって、前記蒸気駆動給水ポンプを駆動する蒸気タービンを停止させてターニング運転に移行するターニング運転移行手段と、前記蒸気タービンの真空破壊を行う真空破壊手段と、前記蒸気タービン及び蒸気駆動給水ポンプを冷却する冷却手段と、前記蒸気タービンのターニング運転を停止するターニング運転停止手段と、前記蒸気駆動給水ポンプを給水系統から遮断して内部の水を排出するアイソレート手段とからなる蒸気駆動給水ポンプのアイソレートシステムを提供するものである。
また、本発明は、前記冷却手段が、前記蒸気タービン及び蒸気駆動給水ポンプの温度が所定温度以下になるまで冷却するようにした請求項3に記載の蒸気駆動給水ポンプのアイソレートシステムを提供するものである。
本発明に係る蒸気駆動給水ポンプのアイソレート方法によれば、蒸気駆動給水ポンプを給水系統から遮断する蒸気駆動給水ポンプのアイソレート方法であって、前記蒸気駆動給水ポンプを駆動する蒸気タービンを停止させてターニング運転に移行し、前記蒸気タービンの真空破壊を行って、前記蒸気タービン及び蒸気駆動給水ポンプを冷却した後、前記蒸気タービンのターニング運転を停止し、前記蒸気駆動給水ポンプを給水系統から遮断して内部の水を排出するようにした構成を有することにより、蒸気タービンの熱による変形を低減して動翼の損傷を防止することができると共に、給水ポンプの排水時に高温・高圧の水が噴出することなく、安全に蒸気駆動給水ポンプのアイソレートを行うことができる効果がある。
また、本発明は、前記蒸気タービン及び蒸気駆動給水ポンプが所定温度以下まで冷却されたことを確認する冷却確認手段を備えた請求項1に記載の構成を有することにより、蒸気タービン及び蒸気駆動給水ポンプを確実に冷却することができる効果がある。
また、本発明に係る蒸気駆動給水ポンプのアイソレートシステムによれば、蒸気駆動給水ポンプを給水系統から遮断する蒸気駆動給水ポンプのアイソレートシステムであって、前記蒸気駆動給水ポンプを駆動する蒸気タービンを停止させてターニング運転に移行するターニング運転移行手段と、前記蒸気タービンの真空破壊を行う真空破壊手段と、前記蒸気タービン及び蒸気駆動給水ポンプを冷却する冷却手段と、前記蒸気タービンのターニング運転を停止するターニング運転停止手段と、前記蒸気駆動給水ポンプを給水系統から遮断して内部の水を排出するアイソレート手段とからなる構成を有することにより、蒸気タービンの熱による変形を低減して動翼の損傷を防止することができると共に、給水ポンプの排水時に高温・高圧の水が噴出することなく、安全に蒸気駆動給水ポンプのアイソレートを行うことができる効果がある。
また、本発明は、前記冷却手段が、前記蒸気タービン及び蒸気駆動給水ポンプの温度が所定温度以下になるまで冷却するようにした請求項3に記載の構成を有することにより、蒸気タービン及び蒸気駆動給水ポンプを確実に冷却することができる効果がある。
本発明の実施の形態を図示する実施例に基づいて説明する。
本発明に係る蒸気駆動給水ポンプのアイソレートシステムは、蒸気駆動給水ポンプ11を駆動する蒸気タービン12を停止させてターニング運転に移行するターニング運転移行手段1と、前記蒸気タービン12の真空破壊を行う真空破壊手段2と、前記蒸気タービン12及び蒸気駆動給水ポンプ11を冷却する冷却手段3と、前記蒸気タービン12のターニング運転を停止するターニング運転停止手段4と、前記蒸気駆動給水ポンプ11を給水系統から遮断して内部の水を排出するアイソレート手段5とから構成してある。
実施例において、蒸気タービンプラントの給水ポンプ装置は、図2に示すように構成している。蒸気駆動給水ポンプ11は、主蒸気タービンから低圧主蒸気管13を通って抽気した蒸気によって蒸気タービン12を回転させて、該蒸気タービン12に接続された給水ポンプを駆動するようにしてある。蒸気タービン12を回転させた蒸気は、排気管14を通って復水器15に排出される。
また、22はモーター21により駆動される給水ブースターポンプであり、復水を昇圧して蒸気駆動給水ポンプ11に導入するようにしている。蒸気駆動給水ポンプ11は、腹水を更に昇圧してボイラーへ給水するようにしている。
図1に示す実施例において、ターニング運転移行手段1は、蒸気駆動給水ポンプ11を駆動する蒸気タービン12を停止させ、ターニング装置により蒸気タービン12のローターを低速で回転させるようにしてある。この蒸気タービン12の回転に伴って、蒸気駆動給水ポンプ11の動翼も低速で回転するようにしている。
また、真空破壊手段2は、真空破壊弁16を開いて、蒸気タービン12と復水器15の真空破壊を行うようにしてある。
図1に示す実施例において、冷却手段3は、ウォーミング元弁19を閉じ、ターニング運転により蒸気タービン12のローター及び蒸気駆動給水ポンプ11の動翼を低速で回転させて、蒸気タービン12及び蒸気駆動給水ポンプ11を冷却することができるように構成してある。また、封水温度調節弁17をバイパスするバイパス弁18を開き、低温の封水を蒸気駆動給水ポンプ11に供給して、冷却効率を高めるようにしてある。
また、冷却手段3は、蒸気タービン12及び蒸気駆動給水ポンプ11の周囲に温度センサーを設けて、蒸気タービン12及び蒸気駆動給水ポンプ11の温度が所定温度以下になるまで冷却することができるように構成してある。実施例の場合、蒸気タービン12のケーシング温度が200℃以下で、且つ、給水ポンプ11の下部バレルの温度が50℃以下になるまで冷却するようにしてある。
なお、冷却手段3の冷却期間は上記温度に限定されるものではないが、蒸気駆動給水ポンプ11の下部バレルの温度が60℃位で冷却を終了すると、給水ポンプ11内の水を排水した後に予熱でバレルの温度が約30℃上昇して連絡管がハンマを起こすことから、給水ポンプ11の下部バレルの温度が50℃以下になるまで冷却することが好ましい。
図1に示す実施例において、ターニング運転停止手段4は、温度センサーにより蒸気タービン及び蒸気駆動給水ポンプの温度が所定温度以下になったことを検知すると、蒸気タービン12のターニング運転を停止するようにしてある。
アイソレート手段5は、蒸気タービン12のターニング運転を停止すると、蒸気駆動給水ポンプ11を給水系統20から遮断し、給水ポンプ11の内部の水を排出するようにしてある。
本発明蒸気駆動給水ポンプのアイソレートシステムの一実施例を示すフローチャート。 その一実施例の給水ポンプ装置を示す系統図。
符号の説明
1 ターニング運転移行手段
2 真空破壊手段
3 冷却手段
4 ターニング運転停止手段
5 アイソレート手段
11 蒸気駆動給水ポンプ
12 蒸気タービン
13 低圧主蒸気管
14 排気管
15 腹水器
16 真空破壊弁
17 封水温度調節弁
18 バイパス弁
19 ウォーミング元弁
20 給水系統
21 モーター
22 給水ブースターポンプ

Claims (4)

  1. 蒸気駆動給水ポンプを給水系統から遮断する蒸気駆動給水ポンプのアイソレート方法であって、前記蒸気駆動給水ポンプを駆動する蒸気タービンを停止させてターニング運転に移行し、前記蒸気タービンの真空破壊を行って、前記蒸気タービン及び蒸気駆動給水ポンプを冷却した後、前記蒸気タービンのターニング運転を停止し、前記蒸気駆動給水ポンプを給水系統から遮断して内部の水を排出するようにした蒸気駆動給水ポンプのアイソレート方法。
  2. 前記蒸気タービン及び蒸気駆動給水ポンプが所定温度以下まで冷却されたことを確認する冷却確認手段を備えた請求項1に記載の蒸気駆動給水ポンプのアイソレート方法。
  3. 蒸気駆動給水ポンプを給水系統から遮断する蒸気駆動給水ポンプのアイソレートシステムであって、前記蒸気駆動給水ポンプを駆動する蒸気タービンを停止させてターニング運転に移行するターニング運転移行手段と、前記蒸気タービンの真空破壊を行う真空破壊手段と、前記蒸気タービン及び蒸気駆動給水ポンプを冷却する冷却手段と、前記蒸気タービンのターニング運転を停止するターニング運転停止手段と、前記蒸気駆動給水ポンプを給水系統から遮断して内部の水を排出するアイソレート手段とからなる蒸気駆動給水ポンプのアイソレートシステム。
  4. 前記冷却手段が、前記蒸気タービン及び蒸気駆動給水ポンプの温度が所定温度以下になるまで冷却するようにした請求項3に記載の蒸気駆動給水ポンプのアイソレートシステム。
JP2005291854A 2005-10-05 2005-10-05 蒸気駆動給水ポンプのアイソレート方法及びそのシステム Active JP4926441B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005291854A JP4926441B2 (ja) 2005-10-05 2005-10-05 蒸気駆動給水ポンプのアイソレート方法及びそのシステム

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005291854A JP4926441B2 (ja) 2005-10-05 2005-10-05 蒸気駆動給水ポンプのアイソレート方法及びそのシステム

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2007100597A true JP2007100597A (ja) 2007-04-19
JP4926441B2 JP4926441B2 (ja) 2012-05-09

Family

ID=38027787

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005291854A Active JP4926441B2 (ja) 2005-10-05 2005-10-05 蒸気駆動給水ポンプのアイソレート方法及びそのシステム

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4926441B2 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102563612A (zh) * 2012-01-30 2012-07-11 浙江省电力设计院 大型火力发电厂采用汽动给水泵直接启动方法
JP2012143080A (ja) * 2010-12-29 2012-07-26 Chugoku Electric Power Co Inc:The 水素冷却装置及び水素冷却装置の冷却方法
JP2012241536A (ja) * 2011-05-16 2012-12-10 Mitsubishi Heavy Ind Ltd ロータ変形防止方法およびロータ変形防止装置
JP2013011223A (ja) * 2011-06-29 2013-01-17 Chugoku Electric Power Co Inc:The 発電設備におけるメンテナンス時のアイソレート方法
JP2013108440A (ja) * 2011-11-21 2013-06-06 Chugoku Electric Power Co Inc:The 発電設備停止方法
JP5450850B1 (ja) * 2013-01-31 2014-03-26 中国電力株式会社 Bfpタービンのアイソレート方法

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5759007A (en) * 1980-09-26 1982-04-09 Hitachi Ltd Turning apparatus
JPS5828907A (en) * 1981-08-17 1983-02-21 Tokyo Shibaura Electric Co Controller for turning of turbine for driving boiler feed pump
JPS6267203A (en) * 1985-09-20 1987-03-26 Hitachi Ltd Turbine for driving boiler feed pump

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5759007A (en) * 1980-09-26 1982-04-09 Hitachi Ltd Turning apparatus
JPS5828907A (en) * 1981-08-17 1983-02-21 Tokyo Shibaura Electric Co Controller for turning of turbine for driving boiler feed pump
JPS6267203A (en) * 1985-09-20 1987-03-26 Hitachi Ltd Turbine for driving boiler feed pump

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012143080A (ja) * 2010-12-29 2012-07-26 Chugoku Electric Power Co Inc:The 水素冷却装置及び水素冷却装置の冷却方法
JP2012241536A (ja) * 2011-05-16 2012-12-10 Mitsubishi Heavy Ind Ltd ロータ変形防止方法およびロータ変形防止装置
JP2013011223A (ja) * 2011-06-29 2013-01-17 Chugoku Electric Power Co Inc:The 発電設備におけるメンテナンス時のアイソレート方法
JP2013108440A (ja) * 2011-11-21 2013-06-06 Chugoku Electric Power Co Inc:The 発電設備停止方法
CN102563612A (zh) * 2012-01-30 2012-07-11 浙江省电力设计院 大型火力发电厂采用汽动给水泵直接启动方法
JP5450850B1 (ja) * 2013-01-31 2014-03-26 中国電力株式会社 Bfpタービンのアイソレート方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP4926441B2 (ja) 2012-05-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20140096521A1 (en) Driven Starter Pump and Start Sequence
CA2722195C (en) Fossil fuel combustion thermal power system including carbon dioxide separation and capture unit
EP1394390B1 (en) Gas turbine plant
CN102094713B (zh) 减少关机期间来自燃气涡轮机的热损失的系统和方法
CN105593477B (zh) 用于控制在根据兰金循环运行的闭合环路内工作流体的装置及使用所述装置的方法
KR101310964B1 (ko) 선박의 폐열을 이용한 에너지 절감 장치
JP4673146B2 (ja) 尿素水噴射ノズルの詰まりを防止する脱硝装置
EP0615061A1 (en) Combined cycle power plant and method of operating it
US20120312021A1 (en) Power generation apparatus
US20110204633A1 (en) Starting method for rotating machine and starting method for wind turbine generator
CN104533767B (zh) 压缩机启动控制方法
JP4884527B2 (ja) 天然ガス液化プラント及び天然ガス液化プラント用動力供給設備
JP6198673B2 (ja) 熱エネルギー回収装置および制御方法
JP2010019190A (ja) 蒸気タービンおよび蒸気タービンの冷却方法
EP2423460B1 (en) Systems and methods for pre-warming a heat recovery steam generator and associated steam lines
JP5454778B2 (ja) ボイラ給水システム
US8192144B2 (en) Compressor and heat pump system
US8844289B2 (en) System and method of cooling turbines
CN104870760B (zh) 发电系统、发电系统的维护方法
US9726082B2 (en) Turbine bypass system
JP2010106835A (ja) 発電所の蒸気配管の急速加温
JPWO2015033935A1 (ja) 再圧縮蒸気の利用方法及びプラント
US20110192178A1 (en) Device for controlling a working fluid with low freezing point circulating in a closed circuit operating according to a rankine cycle and method using same
WO2003074854A1 (fr) Equipement de turbine, equipement de generation de puissance composite et procede de fonctionnement de la turbine
JP5860597B2 (ja) 排熱回収ボイラ配管を予熱するシステム及び方法

Legal Events

Date Code Title Description
RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20070403

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20081006

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20090618

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20110121

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110201

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110328

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20110726

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20111025

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20111128

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120130

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120208

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150217

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4926441

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150217

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250