JPS62273361A - コンクリ−ト構築物における閉塞栓装填方法及び装填治具 - Google Patents

コンクリ−ト構築物における閉塞栓装填方法及び装填治具

Info

Publication number
JPS62273361A
JPS62273361A JP11552486A JP11552486A JPS62273361A JP S62273361 A JPS62273361 A JP S62273361A JP 11552486 A JP11552486 A JP 11552486A JP 11552486 A JP11552486 A JP 11552486A JP S62273361 A JPS62273361 A JP S62273361A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
concrete
plug
hole
jig
formwork
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP11552486A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0718231B2 (ja
Inventor
五味 寛人
森 巖
菊間 国治
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Okabe Co Ltd
Original Assignee
Okabe Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Okabe Co Ltd filed Critical Okabe Co Ltd
Priority to JP11552486A priority Critical patent/JPH0718231B2/ja
Publication of JPS62273361A publication Critical patent/JPS62273361A/ja
Publication of JPH0718231B2 publication Critical patent/JPH0718231B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Forms Removed On Construction Sites Or Auxiliary Members Thereof (AREA)
  • On-Site Construction Work That Accompanies The Preparation And Application Of Concrete (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 & 発明の詳細な説明 (産業上の利用分野) 本発明は、コンクリート構築物施工の際に用いられる閉
塞栓を完全に装填する方法と、その治具に関するもので
ある。
(従来技術と問題点) コンクリート構造物、特に塩害防止の具体的な有効手段
として、コンクリート構造物に埋設される鉄筋、鉄骨、
PC鋼材、コンクリート型枠間隔保持杆等の鋼材表面と
これを覆うコンクリート表面までの最短距離を大きくと
るとともに、緻密なコンクリートの打設により海塩粒子
のコンクリート構造物中への侵入を防止してきた。
一方、従来用いられてきた通常のコンクリート構造物で
は、コンクリート型枠間隔保持杆のかぶシ厚さがto 
−20数ミリと比較的小さいものであるために用いられ
る型枠支承具の長さも短く、それを除去した跡の孔を埋
め戻すための補修も単にモルタルで形成した閉塞栓の先
端に接着剤を塗布して挿入し、固定して、コンクリート
表面を形成してきた。
しかるに、上記の如き、従来の閉塞栓を挿入、固定をも
ってしては、塩害防止のためにかぶり厚さの大きいコン
クリート構造物の施工において、型枠支承具を抜き去っ
た跡の孔に挿入、固定する閉塞栓のスムーズな挿入と、
挿入後の完全な機能、すなわち、作用効果を奏し得ない
という欠点を有するものであった。
そこで、本発明は、かぶシ厚さが比較的大きなコンクリ
ート構造物におけるコンクリート型枠間隔保持杆に長い
型枠支承具を用いて、型枠の支承を行い、コンクリート
の打設をした後に型枠と、その支承部材である型枠支承
具を除去し、その跡の孔の深さと同じに形成した円錐状
の閉塞栓を簡単容易に完全に装填する方法と、その装填
治具を提供するものである。
(問題点を解決するための手段) 本発明を実施例にもとづいて説明すると、本発明の構成
は第1図に示すように、コンクリート構造物1を構築す
る際に、コンクリート型枠2を組み立てる場合、コンク
リート型枠間隔保持杆3のねじ部端部からコンクリート
型枠2″11での間隔、すなわち、コンクリート硬化後
、前記型枠2を脱をした後におけるコンクリート型枠間
隔保持杆3のカブリ厚さHを太きくシ、且つ、コンクリ
ート型枠支承具4を除去した跡にできる孔5を閉塞栓1
0によシ完全に密封してコンクリート構築物1を塩害か
ら保護するための有効な方法を講じるものである。
本発明において用いられるコンクリート型枠支承具4は
第1図に示すような円錐体状をなすもので、その中心に
型枠間隔保持杆3と、型枠締付杆17とが螺合連結され
る心金8が埋込孔9に嵌着されているものであ夛、その
長さがコンクリート構築物1のカブリ厚さHを考慮した
長さで構成されている。
さらに、核心金8の型枠2寄シは、型枠2を挿通し、外
側に位置するコンクリート型枠締付杆17と螺合されて
、型枠2を係止固定している。
そして、コンクリートの打設後に、その硬化をまってコ
ンクリート型枠2を取外し、円錐体状の型枠支承具4を
コンクリート型枠間隔保持杆3より除去した跡の孔5は
第2図に示したようなものとなる。
つまり、コンクリート構築物1のカブリ厚さHに相当す
る孔5は、その先端部にコンクリート型枠間隔保持杆3
の先端部3aが突出した状態になっている。
つぎに、円錐体状のコンクリート型枠支承具4を除去し
た跡の孔5に挿入装填する円錐体状の閉塞栓10は第3
図に示されているような形状のもので、その本体がモル
タル又は合成脂樹等で形成されているものであシ、コン
クリート壁の外側に面した部分が大きく、先端側が細い
円錐体状のもOKして、その先端の細い方には、コンク
リート型枠間隔保持杆3の先端部3aを収容するための
孔11が設けられているものであシ、その全体長さは前
記コンクリート型枠支承具4とはy同じであるが、直径
の同一断面径においては、型枠支承具4の径よシ接着剤
の厚み分だけ細いものとして形成されている。
このように構成されている前記円錐体状の閉塞栓10は
第4図に示すように、コンクリート型枠支承具4の抜き
去った跡の孔5に挿入、装填するのであるが、まず、孔
5の内周壁6に接着剤12を均一に塗布するための後述
する治具13を接着剤中に浸漬し、のち、との治具13
を前記孔5内に挿入し、軽く2〜3回、回動して抜き去
る時は、孔5の内周壁6にムラなく接着剤12が均一に
塗布されることとなる。
その後、直ちに、閉塞栓10を孔5内に挿入し、閉塞栓
10の太い部分を前記治具13の決め押し叩打部16で
決め押しをして孔5内へ装填するのである。
つぎに、前述の装填治具13は第5図に示される如く、
円錐体状の閉塞栓10に比して、先端の円錐体状部14
の長さは、約数分の1程度短く形成されているとともに
、この円錐体状部14に接続して細い棒状のにぎシに便
利な把手部15と、続いてその後端の決め押し叩打部1
6が成型してなるものであって、決め押し叩打部16の
径は、円錐体状の閉塞栓10の太い後端部の径よシも稍
小径に形成され、閉塞栓10の孔5内への挿入に際して
決め押し装填を無駄のないものとしている。
また、治具13を接着剤12中に浸漬した場合に、該治
具13の円錐状体部14に付着した接着剤量は孔5の内
周壁面6よシ外部へ溢流しない量加減として、孔5の深
さ、すなわち、閉塞栓10の長さより短小に形成しであ
るのはそのためである。
該装填治具13は、携帯に便利なように、軽く、また、
磨耗、変形防止或いは接着剤の表面付着等の点から硬質
の合成脂樹製或いは木製のものが好しい。
本治具は、前述の如く、閉塞栓の挿入、装填に当っては
、予め孔の内周壁面に接着剤を塗布しておくことによっ
て、コンクリート型枠支承具を抜き去った跡の孔の深く
、長い場合、孔の最深部と閉塞栓の先端部間に空気溜シ
が生じたシ、閉塞栓と孔の内周壁面間の接着剤が不均一
になることはない。
(発明の効果) このように、本発明においては、カブリ厚さを犬きくと
るコンクリート構造物の施工にあって、コンクリート型
枠支承具の除去後の孔の閉塞栓の挿入、装填で現行の2
倍〜3.4倍と長い閉塞栓でも、正確な位置に挿入、装
填を容易にすることのみか、作業者の熟練度に関係なく
簡単、迅速にコンクリート型枠支承具除去後の孔の処理
を可能にする閉塞栓の装填方法である。
【図面の簡単な説明】
第1図は、コンクIJ −ト打設時における型枠等の付
帯設備をしたコンクリート構築物施工説明図。 第2図は、コンクリート型枠支承具を取シ除いた跡の孔
の側断面図。 第3図は、円錐体状の閉塞栓の一部截断した側断面図。 第4図は、本発明の方法によシ閉塞栓を挿入、装填した
時の一部截断した側断面図。 3゜ 第5図は、本発明に使用される閉塞栓装填治具の説明図
。 1・・−コンクリート構築物、2・・・コンクリート型
枠、3・・・コンクリート型枠間隔保持杆、3a・・・
コンクリート型枠間隔保持杆3の先端部、4・・・コン
クリート型枠支承具、5・・・孔、6・・一孔の内周壁
面、8・・・心金、9・・・埋込孔、10・・・閉塞栓
、11・・・孔、12・・・接着剤、13・・・装填治
具、14・・・治具の円錐体状部、15・・・把手部、
16・・・決め押し叩打部、17・・・コンクリート型
枠締付杆、H・・・カブリ厚さ。 代理人 弁理士 富  樫     長筒1図 第2図 第3図 第4図 第5図 +4

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. (1)カブリ厚さを大きくとるコンクリート構築物の施
    工において、コンクリート型枠間隔保持杆とコンクリー
    ト型枠締付杆間に位置する型枠支承具除去跡の孔に挿入
    固定する閉塞栓を、予め該閉塞栓と同大の治具に接着剤
    を塗布して前記孔内周面に接着剤を塗布せしめて後、前
    記閉塞栓を挿入固着することを特徴とする閉塞栓の装填
    方法。
  2. (2)先端に円錐状体部、中間に握手部、後端に決め押
    し叩打部を設けたことを特徴とするコンクリート構築物
    の閉塞栓装填治具。
JP11552486A 1986-05-20 1986-05-20 コンクリ−ト構築物における閉塞栓装填方法及び装填治具 Expired - Lifetime JPH0718231B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11552486A JPH0718231B2 (ja) 1986-05-20 1986-05-20 コンクリ−ト構築物における閉塞栓装填方法及び装填治具

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11552486A JPH0718231B2 (ja) 1986-05-20 1986-05-20 コンクリ−ト構築物における閉塞栓装填方法及び装填治具

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS62273361A true JPS62273361A (ja) 1987-11-27
JPH0718231B2 JPH0718231B2 (ja) 1995-03-01

Family

ID=14664659

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11552486A Expired - Lifetime JPH0718231B2 (ja) 1986-05-20 1986-05-20 コンクリ−ト構築物における閉塞栓装填方法及び装填治具

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0718231B2 (ja)

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0718231B2 (ja) 1995-03-01

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPS62273361A (ja) コンクリ−ト構築物における閉塞栓装填方法及び装填治具
JPS60129206A (ja) 空洞製作用の型わく
JP4168022B2 (ja) 仕上げ外壁構造における下地モルタル層の補強工法
JP6920795B2 (ja) コンクリート埋設部材
JP2618805B2 (ja) 複数ブロックの連結工法
JPS61196038A (ja) アンカー部材の取付方法
JP2001073555A (ja) 凹部埋め具
JPH0610514U (ja) セパレータコーン取外し穴用埋込駒
JP3058825B2 (ja) 防食インサート装置、その製造方法、及び防食インサート装置用部材
JP3071280U (ja) 塩害防止埋込み栓
JPH0119546Y2 (ja)
JP2548812B2 (ja) 構築物に於ける外装体の打継工法
JPS5935693Y2 (ja) Pc鋼材用定着体
JPH0335463B2 (ja)
JPH0228023Y2 (ja)
JPS58213953A (ja) コンクリ−ト型枠締付具
JPH019850Y2 (ja)
JPH0232755Y2 (ja)
JP3058078U (ja) シース管用プラグ
JPH07111095B2 (ja) 埋殺し型コーンを用いて打設されたコンクリート構造物の穴埋め方法
JPH11131801A (ja) コンクリート逆打打継部の注入口形成材
JPH0141795B2 (ja)
JPH0762776A (ja) コンクリート建造物の壁面構造及び捨て型枠の係止具
JPH0678501U (ja) 埋め込みコーン付きの鞘管を装着した セパレーター
JPH0261589B2 (ja)