JPS62271029A - デイスクキヤツシユ制御方式 - Google Patents

デイスクキヤツシユ制御方式

Info

Publication number
JPS62271029A
JPS62271029A JP61115382A JP11538286A JPS62271029A JP S62271029 A JPS62271029 A JP S62271029A JP 61115382 A JP61115382 A JP 61115382A JP 11538286 A JP11538286 A JP 11538286A JP S62271029 A JPS62271029 A JP S62271029A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
data
record
identification information
section
address
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP61115382A
Other languages
English (en)
Inventor
Masayoshi Kamata
鎌田 政義
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Fujitsu Ltd
Original Assignee
Fujitsu Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujitsu Ltd filed Critical Fujitsu Ltd
Priority to JP61115382A priority Critical patent/JPS62271029A/ja
Publication of JPS62271029A publication Critical patent/JPS62271029A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Memory System Of A Hierarchy Structure (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 3、発明の詳細な説明 (概 要〕 ディスクキャッシュ装置におけるレコードへのアクセス
時間を改善するための制御方式。
ディスク上の各レコードは識別情報部とデータ部が連続
する領域に記憶されているが、キャッシュバッファにス
テージングする際にそれらを分離し、識別情報部と、バ
ッファ上のデータ部へのポインタとを対にしたものを集
めて、バッファの一領域に記憶する。
この方式により、バッファに保持する各レコードへのア
クセスにおける、識別情報部及びデータ部の記憶位置の
検索が単純化され、アクセス時間を短縮できる。
〔産業上の利用分野〕
本発明は、計算機システム等におけるディスクキャッシ
ュ装置のアクセス時間を改善するためのディスクキャッ
シュ制御方式に関する。
ディスクキャッシュ装置は公知のように、磁気ディスク
記憶装置等に対するアクセス時間の短縮を目的として設
けられ、ディスク記憶装置に記憶するデータの一部の写
を、アクセス時間の短い半導体記憶装置等で構成するバ
ッファに保持し、そこから利用できるように構成した装
置である。
〔従来の技術〕
第3図は計算機システムの一構成例を示すブロック図で
ある。
主記憶装置1と接続してプログラムを実行する中央処理
装置2は、チャネル装置3、磁気ディスク制御装置(以
下においてDIRという)4を介して、磁気ディスク装
置(以下においてDASDという)5とデータ入出力を
行う。
DIR4には、DASD5と並列にディスクキャッシュ
装置(以下においてDCFという)6が接続されていて
、中央処理装置2からDASD5へのアクセス要求が発
行された場合に、DIR4はDCF6に指定のデータが
保持されている限り、そのデータを使用することにより
、中央処理装置2におけるDASD5に対する見掛けの
アクセス所要時間を短縮するように制御する。
このためにDCF6は、例えば半導体記憶装置で構成さ
れるバッファを持ち、DASD5の成るレコードにアク
セス要求が出た時に、例えばDASDS上のそのレコー
ドを含む1トランクのデータを、バッファに保持しくこ
の処理をステージングという)、その後は該トラック上
のレコードに対するアクセスを、すべてDCF6へのア
クセスで代行できるようにする。
第4図はDCF6の詳細な一構成例を示すブロック図で
ある。
DCF6は、データバス10、信号線11.12等によ
って、DIR4及びDASD5と接続する。
DIR4は中央処理装置2からのアクセス要求をチャネ
ル装置3を介して受信すると、アクセス要求において指
定される公知のシーク(Seek)要求のシリンダアド
レス(以下においてccと表す)及びヘッドアドレス 
(以下においてhhと表す)をシーク指令と共に送って
、該当トラックがステージングされているか問い合わせ
る。
DCF6はこの指令を主制御部13において受信する。
主制御部13は例えばマイクロプログラムを実行する処
理装置と制御メモリを主体にして構成され、DCF6全
般の制御を行う部分であり、シーク指令を解読すると、
制御メモリの一部に記憶されているテーブルを検索して
、指定のトランクアドレスcchhのデータがトラック
バッファ14にステージングされているか決定し、デー
タバス10によって結果をDIR4へ通知する。
指定のトランクがトラックバッファ14にステージング
されていた場合(この状態をヒントの状態という)には
、後述のようにして、そのデータが使用されるが、ヒツ
トしない場合には、DIR4は通常のようにDASD5
のデータにアクセスする必要がある。
その場合DTR4はDASD5を制御して、そのトラッ
クにアクセス機構を設定するいわゆるシークを実行させ
、次にチャネル装置3から送られるt旨令によって指定
されるレコードアドレス(以下においてrと表す)によ
り、例えば読出し動作を行う。
こ\でDIR4は、DASD5から読み出された指定の
レコードのみをチャネル装置3へ転送するが、DASD
5からはそのトラックの全データを読み出し、且つDC
F6に対してそのデータのステージングを指令する。
DCF6ではステージング指令により、主制御部13が
トラックバッファ14の空き領域を1トラ・7り分確保
し、記憶アドレスをテーブルにトラックアドレスと共に
記憶すると共に、その記憶アドレスをアドレスレジスタ
15に設定し、転送制御部16にステージング動作を起
動させる。
転送制御部16は、信号線11によりDIR4からデー
タアウト信号を受信したとき、データバス10のデータ
をマルチプレクサ17を経てパスレジスタ18に受信し
、信号線12によって応答する。パスレジスタ18のデ
ータは、トラックバッファ14上のアドレスレジスタ1
5で指定される記憶領域に書き込み、アドレスレジスタ
15に保持する記憶アドレスを+1する。
この動作を繰り返して、データを逐次トラックバッファ
14に書き込み、DTR4から信号線11により通知さ
れるトランスファストップ信号により、ステージングの
書込み動作を終了する。
このようにしてトラックバッファ14には、DASD5
から読み出された1トラックのデータが、読み出された
ま\の順序で、第5図に示すように格納される。
図において、HAは固定長の所定形式によりトラックの
先頭を示す情報であり、Rr−Cは第rレコードの識別
情報部であって各レコードの先頭にあってレコードの構
成等を示す。又、Rr4とRr−ロはそれぞれ第rレコ
ードのデータ部のキーとデータであって、その長さは識
別情報部で指定される可変長である。
識別情報部は固定長であって、例えば第6図に示すよう
に、識別情報部を示すフラグF s CC% hh。
r、キー長KL、データ長OLからなる。
例えば読出しにおいて、要求のトラックがヒツトした場
合には、主制御部13はDIR4から、レコードアドレ
スを指定した読出し指令を受信する。
もしレコードアドレスr=2であったとすると、主制御
部13はアドレスレジスタ15に指定のトラックを記憶
する先頭アドレスにHAの長さを加えたアドレスを設定
して、トラックバッファ14から、先ず識別情報部R,
−Cを読み出す。
そのキー長にL+データ長DLをアドレスレジスタ15
に加えて得るアドレスによってR,−Cを読み出し、前
と同様にそのKL及びOLを使って、R2−Cのアドレ
スを得、このようにして指定の第2レコードの記憶アド
レスに到達する。
従ってこ\で、識別情報部を読み出す要求であれば該ア
ドレスを、又データ部のキー又はデータの読出し要求で
あれば、該アドレスに固定長を加えて得るデータ部の先
頭アドレス、または更にキー長を加えたアドレスをアド
レスレジスタ15に設定し、転送制御部16の転送動作
を起動する。
転送制御部16は、DIR4から信号線11に送られる
データイン信号ごとにトラックバッファ14から1バイ
トのデータを読み出してデータバスlOに送出し、信号
線12にデータイン信号を上げて応答し、アドレスレジ
スタ15のアドレスを+1する動作を反復することによ
り、指定のデータの読出しを行う。読出し動作の終了は
DIR4からのトランスファストップ信号による。
〔発明が解決しようとする問題点〕
以上の従来の制御方式によれば、あるルコードにアクセ
スしようとすると、該レコードを含むトラックがトラッ
クバッファ14に保持されていても、DASD5にアク
セスする場合と同様に、前記のように第2レコードから
順番に識別情報部を読み出して、レコードをたどって行
かなければ、目的のレコードに到達できないので、アク
セス時間が長くなるという問題がある。
〔問題点を解決するための手段〕
第1図は、本発明の構成を示すブロック図である。
図はDCF30の構成を示し、20はトラックバッファ
、21.22はマルチプレクサ、23は識別情報部アド
レスレジスタ、24はデータ部子下レスレジスタ、25
は主制御部、26は転送制御部である。
〔作 用〕
DIR4からステージングの指定があったとき、DCF
30の主制御部25はトラックバッファ20の空き領域
を1トラック分確保し、その領域を識別情報部領域とデ
ータ部領域とに分けて、各々の先頭記憶アドレスを識別
情報部アドレスレジスタ23及びデータ部アドレスレジ
スタ24に設定して、転送制御部26にステージング動
作を起動させる。
転送制御部26は、従来と同様にしてパスレジスタ18
にステージングのデータを受信する。
パスレジスタ18のデータは、トラックバッファ20に
書き込まれるが、転送制御部26はDIR4からのステ
ージングの命令を監視して、Hへ及び各レコードの識別
情報部を検出し、それらは識別情報部アドレスレジスタ
23で指定され色記憶領域に格納した後、該アドレスレ
ジスタ23を進める。
且つ、各レコードの識別情報部を格納すると、続く記憶
領域にデータ部アドレスレジスタ24の内容を、データ
部の記憶領域を指すポインタとして格納する。
各レコードの識別情報部に続いて受信されるデータは、
データ部アドレスレジスタ24で指定される記憶領域に
格納し、各レコードのデータ部の終了は受信バイト数を
カウントし、識別情報部のKL及びDLと比較すること
により、転送制御部26により検出される。
以上の方式により、各レコードの識別情報部の、トラッ
クに割り当てた領域の先頭からの相対位置は、レコード
アドレスから直接求められるので、レコードの識別情報
部及びデータ部へのアクセスを迅速に行うことができる
ようになる。
〔実施例〕
第1図において、DCF30の主制御部25、転送制御
部26、トラックバッファ20等は、以下に述べる他は
前記従来の主制御部13、転送制御部16、トラックバ
ッファ14等と同様の機能を有し、又DCF30は第3
図におけるDCF6と同様に、DIR4及びDASD5
と接続されるものとする。
従って、DIR4からステージングの指定があったとき
、DCF30の主制御部25はトラックバッファ20の
1トラツク分の空き領域を従来と同様に確保する。
但し、本発明により、主制御部25はその領域を識別情
報部領域とデータ部領域とに分けて、各領域の先頭記憶
アドレスを識別情報部アドレスレジスタ23及びデータ
部アドレスレジスタ24に設定して、転送制御部26に
ステージング動作を起動させる。
転送制御部26は、従来のように信号vA11によりD
IR4からデータアウト信号を受信したとき、データバ
ス10のデータをマルチプレクサ17を経てパスレジス
タ18に受信し、信号線12によって応答することによ
り、ステージングのデータを順次バイトごとに受信する
。パスレジスタ18のデータは、次のようにしてトラン
クバッファ20に書き込まれる。
転送制御部26はDIR4からのステージングの命令を
監視して、最初の一定長の情報をH^、次の一定長の情
報を第Oレコードの識別情報部として認識し、それぞれ
を識別情報部アドレスレジスタ23で指定される固定長
の記憶領域に格納する。
又、識別情報部に続けて、固定長領域の後半にデータ部
アドレスレジスタ24の内容を格納し、各レコードのデ
ータ部の記憶領域を指すポインタとする。
識別情報部に続いて受信する情報はデータ部として認識
し、データ部アドレスレジスタ24で指定される記憶領
域に順次格納し、データ部の終了は受信バイト数をカウ
ントし、識別情報部のKL及びDLと比較することによ
り、転送制御部26により検出される。
従って、更にデータ部に続いて情報を受信すれば、先頭
の一定長の情報を、次のレコードの識別情報部として認
識し、前記と同様にレコードの処理を行う。
このようにしてトラックバッファ20には、DASD5
から読み出された1トラツクのデータが、第2図に示す
ように格納される。即ち、識別情報部領域は固定長に区
切られて、各々に各レコードの識別情報部とデータ部へ
のポインタとの対が格納され、データ部領域内にとられ
る、該ポインタの指す領域にそのレコードのデータ部の
キー及びデータが格納される。
例えば読出しにおいて、主制御部25は従来の主制御部
13と同様の制御を行い、要求のトラックがヒツトした
場合には、DIR4からレコードアドレスrを指定した
読出し指令を受信する。
主制御部25は、トラックバッフプ20上の指定のトラ
ックの識別情報部領域の中の指定のレコードの領域の記
憶アドレスを、レコードアドレスrによって直接計算し
て求め、識別情報部を読み出す要求であればこのアドレ
スを例えばデータ部アドレスレジスタ24に設定して、
転送制御部26の転送動作を起動する。
又、データ部のキー又はデータの読出し要求であれば、
該アドレスによって指定のレコードの識別情報部及びポ
インタを読出す。このポインタ又はそれにキー長を加え
たアドレスをデータ部アドレスレジスタ24に設定し、
転送制御部16の転送動作を起動する。転送制御部26
は、従来と同様にして、指定のデータの転送を行う。
〔発明の効果〕
以上の説明から明らかなように、本発明によれば、ディ
スクキャッシュ装置にステージングしであるトラックか
ら、所要のレコードの記憶位置を決定するための処理時
間が短縮されるので、アクセスを高速化して計算機シス
テムの処理効率を改善するという著しい工業的効果があ
る。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明の構成を示すブロック図、第2図は本発
明のトラックバッファ記憶配置説明図、 第3図は計算機システムの一構成例ブロック図、第4図
は従来の一構成例ブロック図、 第5図は従来のトラックバッファ記憶配置説明図、第6
図は識別情報部の説明図 である。 図において、 1は主記憶装置、   2は中央処理装置、3はチャネ
ル装置、   4はD I R。 5はDASD、      6.30はDCF。 10はデータバス、   11.12は信号線、13.
25は主制御部、 14.20はトラックバッファ、 15はアドレスレジスタ、16.26は転送制御部、1
7.21.22はマルチプレクサ、 18はパスレジスタ、 23は識別情報部アドレスレジスタ、 24はデータ部アドレスレジスタ 本発明の構成を示すブロック図 第 1 図 第3図 本発明のトラフタバッファ記憶配置説明図第2図 従来の一構成例ブロンク図 第4図

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 所定長の識別情報部と、該識別情報部に続くデータ部と
    を有するレコードからなる、ディスク記憶装置に保持さ
    れるデータの写を、バッファに保持するに際し、 該バッファ(20)に、識別情報部領域とデータ部領域
    を設け、 前記データの各レコードの識別情報部とデータ部とを分
    離して、 該識別情報部領域に、所要の全レコードについての、該
    識別情報部とポインタとを記憶する制御手段(23、2
    6)、及び、 該データ部領域の該各ポインタで指定される記憶領域に
    、該各レコードのデータ部を記憶する制御手段(24、
    26)を有することを特徴とするディスクキャッシュ制
    御方式。
JP61115382A 1986-05-19 1986-05-19 デイスクキヤツシユ制御方式 Pending JPS62271029A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP61115382A JPS62271029A (ja) 1986-05-19 1986-05-19 デイスクキヤツシユ制御方式

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP61115382A JPS62271029A (ja) 1986-05-19 1986-05-19 デイスクキヤツシユ制御方式

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS62271029A true JPS62271029A (ja) 1987-11-25

Family

ID=14661149

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP61115382A Pending JPS62271029A (ja) 1986-05-19 1986-05-19 デイスクキヤツシユ制御方式

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS62271029A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04288615A (ja) * 1990-08-31 1992-10-13 Internatl Business Mach Corp <Ibm> ディスク回転位置制御を行うキャッシュ付きdasdサブシステム及びその実行方法
JPH103359A (ja) * 1996-06-19 1998-01-06 Nec Ibaraki Ltd フォーマット情報記録方式

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04288615A (ja) * 1990-08-31 1992-10-13 Internatl Business Mach Corp <Ibm> ディスク回転位置制御を行うキャッシュ付きdasdサブシステム及びその実行方法
JPH103359A (ja) * 1996-06-19 1998-01-06 Nec Ibaraki Ltd フォーマット情報記録方式

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4593354A (en) Disk cache system
JP3183993B2 (ja) ディスク制御システム
JP2002520691A (ja) 異なるデータ構造を格納するための方法及び装置
US5293618A (en) Method for controlling access to a shared file and apparatus therefor
JPS62271029A (ja) デイスクキヤツシユ制御方式
KR900005420B1 (ko) 버퍼메모리 제어시스템
US6170034B1 (en) Hardware assisted mask read/write
JPS62257553A (ja) デイスク制御装置
JP2580998B2 (ja) 記憶制御装置
JPH0394342A (ja) 集合型光ディスク装置アクセス方式
KR900006251B1 (ko) 자기 디스크 제어장치
JPS6095762A (ja) 磁気デイスク制御装置
JPS6331808B2 (ja)
JPS6391756A (ja) 記憶装置の部分書き込み命令処理方式
JPS59195753A (ja) デイスク・キヤツシユメモリの制御方式
JPS62134718A (ja) デ−タアクセス制御方式
JPS59125463A (ja) 外部記憶制御方式
JPH02259945A (ja) ストア処理方式
JPH03116345A (ja) データ処理装置
JPS63127352A (ja) 共通バス転送制御方式
JPH0567975B2 (ja)
JPS5842546B2 (ja) ストア制御方式
JPS63311548A (ja) キャッシュメモリ制御回路
JPS6126151A (ja) バツフア制御方式
JPH0455960A (ja) 階層メモリ管理方式および装置