JPS61273086A - 文字信号多重アダプタ - Google Patents

文字信号多重アダプタ

Info

Publication number
JPS61273086A
JPS61273086A JP11312585A JP11312585A JPS61273086A JP S61273086 A JPS61273086 A JP S61273086A JP 11312585 A JP11312585 A JP 11312585A JP 11312585 A JP11312585 A JP 11312585A JP S61273086 A JPS61273086 A JP S61273086A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
signal
video
camera
character
tape recorder
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP11312585A
Other languages
English (en)
Inventor
Yoshiyuki Kono
幸野 善之
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Hitachi Ltd
Original Assignee
Hitachi Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Ltd filed Critical Hitachi Ltd
Priority to JP11312585A priority Critical patent/JPS61273086A/ja
Publication of JPS61273086A publication Critical patent/JPS61273086A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N7/00Television systems
    • H04N7/08Systems for the simultaneous or sequential transmission of more than one television signal, e.g. additional information signals, the signals occupying wholly or partially the same frequency band, e.g. by time division

Landscapes

  • Engineering & Computer Science (AREA)
  • Multimedia (AREA)
  • Signal Processing (AREA)
  • Television Systems (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 〔発明の利用分野〕 本発明は、ビデオカメラからのビデオ信号に文字信号な
どを重畳して録画するに好適な文字信号多重アダプタI
/cyaする。
〔発明の背景〕
近年、ビデオテープレコーダが普及すると共に、ビデオ
テープレコーダと組み合わせて用いるビデオカメラも普
及し、ユーザ自らがビデオカメラを操作して所望の番組
を制作することができるようになった。このようになる
と、この番組にタイトルや日付などの文字パターンを付
加し、ビデオテ−プレコーダからの番組に際して、再生
画面にタイトルや日付などが表示できれば、放送番組と
同様の効果力ζ得られるし、また、番組の保存やその内
容の把握が容易になることから非常に便利なものとなる
このために、最近市販され始めたビデオカメラには、ビ
デオ信号に文字信号を付加する機能を備えたものが多く
なっている。しかしながら、かかる文字信号重畳機能を
備えたビデオカメラは、このための文字発生器などの回
路を内蔵するとともに、文字指定などの操作を行なう操
作部が設けられており、このために、どうしても大証と
なってしまう。通常、ビデオカメラは、屑に担いで用い
られるために、各種操作がやりK<くなるし、また、ビ
デオカメラに必要な機動性が損なわれることになる。
かかるビデオカメラに対して、文字信号!畳機能をもた
ないビデオカメラも普及しており、ニーずがこのような
ビデオカメラを用い、日付やタイトルなどを付加した番
組を制作する場合には、通常、番組制作の冒頭にタイト
ルや日付を記載した板などを撮慮するか、あるいはビデ
オテロッパと呼ばれる専用機器を用いている。しかし、
これは面倒な作業でありて、非常に不便なものでありた
そこで、以上の問題点を解消するために、ビデオカメラ
とビデオテープレコーダとの間に設けられ、ビデオカメ
ラが出力するビデオ信号に所望の文字信号t]1畳して
ビデオテープレコーダに送ることができるようにした文
字信号多重アダプタが提案された(たとえば、特公昭5
5−27503号公報)。
第3図は文字信号多重アダプタの使用方法を示す説明図
であって、lはビデオカメラ、2は文字信号多産アダプ
タ、3はビデオテープレコーダ。
4.5はケーブル、6はケーブルコネクタである。
同図において1文字信号多重アダプタ2は、文字パター
ン発生回路や文字信号加算などを内蔵するとともに、ビ
デオ信号に重畳すべき文字信号を指定するなどの操作を
行なう操作パネルやケーブル5.ケーブルコネクタ6な
どを備えている。番組制作に際しては、ビデオカメラl
からのケーブル4を文字信号多重アダプタのクープ゛ル
コネクタ6に接続し、ケーブル5をビデオテープレコー
ダ3におけるビデオカメラのケーブルが接続されるよう
に設けられたケーブルコネクタに接続する。
そして、番組制作を開始する前に操作パネルを操作する
ことによって必要な文字の指定、その大きさや表示位置
の指定などを行ない、番組制作の開始とともにビデオカ
メラlからビデオ信号に指定された文字信号tx費する
かかる文字信号加算アダプタを用いると、ビデオカメラ
に文字信号多重機能をもたせる必要がないから、ビデオ
カメラは小製に構成でさるし、また、文字信号多重アダ
プタは身体の別な個所に固定するなどしてビデオカメラ
と離しておくことが。
できるから、ビデオカメラの機動性が維持でき1、また
、ビデオカメラの4!r種操作もやりやすくなる。
また、かかる文字信号多電ア)゛ブタは、録画後にもタ
イトル、日付などをX畳できるようになっている。これ
は、録画した磁気テープを装着したテープレコーダと他
のビデオテープレコーダを文字信号多重アダプタに接続
し、録画済テープを再生してビデオ信号に文字信号をイ
ンサートし、これを他方のビデオテープレコーダに録画
するものである。したがりて、番組制作時にタイトル、
日付などを1畳しなくとも、いつでもこれらを重畳する
ことができ、ビデオカメラに文字信号多重機能をもたせ
なくとも、また、この機能をもたないいずれのビデオカ
メラを用いても、任意にタイトル、日付などを付加する
ことができる。
一方、ビデオカメラとビデオテープレコーダとを組み合
わせて使用するとさ、ビデオカメラ側からビデオテープ
レコーダの録画モード、録画待機モードの切換えができ
るように、ビデオカメラが構成される。すなわち、ビデ
オカメラにはかかる切換えを行なう操作部が鰻けられ、
この操作部を操作することにより、ビデオカメラからビ
デオテープレコーダに切換えの几めの劃−信号(以下、
カメラボース信号という)が送られ、これによってビデ
オテープレコーダは録−モードあるいは録画待機モード
に設定される。
タイトル、日付などは番組の冒頭に付加する必要がある
から、ビデオテープレコーダが録画開始してからこれら
を表わす文字信号をビデオ信号に重畳する必要がある。
このために、文字信号多重アダプタは、カメラボーズ信
号からビデオテープレコーダが録画開始したことを判定
し、文字信号のビデオ信号への重畳を開始できるように
構成されている。
ところで、カメラボーズ信号は@lH″(高レベル)と
’L、” (低レベル)を取る2値の信号であるが、机
仕市販されているビデオテープレコーダは、全てが同じ
レベルのカメラボーズ信号で同じモードに設定されるの
ではない。すなわち、カメラボーズ信号が′H″のとき
に録画モードとなるビデオテープレコーダと@L”のと
きに録画モードとなるビデオテープレコーダとがある。
従来の文字信号多重アダプタは、カメラボーズ信号のレ
ベルを判定してビデオテープレコーダが録画モードにあ
るのか、あるいは銀画待機モードにあるかを判定してお
り、このために、このカメラボーズ信号によるモードの
判定論理に適合したビデオテープレコーダにしか使用で
きないという問題があった。
なお、ビデオカメラ°では、ビデオテープレコーダに合
わせてカメラボーズ信号のレベルを切換えることができ
るように構成されており、全てのビデオテープレコーダ
に使用できるよう罠なっている。しかし、゛たとえば、
カメラボーズ信号が”L″で録画となるビデオテープレ
コーダに、録画指令で”L″となるようにカメラボーズ
信号t−設定することにより、いかなるビデオカメラも
使用できるが、これにカメラボーズ信号がh”のときに
録画状態と判定する文字信号多重アダプタを使用するこ
とはできない。
〔発明の目的〕
本発明の目的は、上記従来技術の問題点を解消し、任意
のビデオテープレコーダと組み合わせて用いることがで
きるようにした文字信号長1アダプタを提供するにある
〔発明の概要〕
この目的を達成するために、本発明は、カメラボーズ信
号のレベルによる録画状態と録画待機状態の判定論理を
、切換え可能とした点に特徴がある。
〔発明の実施例〕
以下、本発明の実施例を図面によって説明する。
第1図は本発明による文字信号多重アダプタの一実施例
を示すブロック図であって、21は操作パネル、22は
システムコントロール回路、 220゜カメラ判定回路
、221はカメラボーズ信号制御回路、222は操作中
−判定回路# 223は文字表示制御回路、23は文字
パターン発生回路、24ある。
同図において、操作パネル21には、表示すべき文字を
指定するための操作キー、表示すべき文字の大きさやh
主画面上での表示位置などを設定するための操作キーな
どが設けられている。操作中−判定回路222は操作パ
ネル21で操作された操作中−を判定し、この判定にも
とづいて文字表示制御回路223は文字パターン発生回
路23に文字データや表示文字の大きさ、表示位置t−
表わす制御信号を送る。文字パターン発生器23は、こ
の制御信号とビデオカメラ1からのビデオ信号の同期信
号により、文字データに応じ次文字信号を所定の期間、
所定のタイミングで文字信号加算回路24に送る。
ビデオカメラ1からのビデオ信号を録画する場合には、
第3図で説明したように、ビデオカメラはビデオテープ
レコーダ50ケーブルコネクタに接続される。コネクタ
6とケーブル5が接続された端子63との間には、切換
スイッチ250文字信号加算回路24iよび切替スイッ
チ25′が設けられており、切替スイッチ25.25’
は、再生検出回路26によって制御されるが、通常、A
側に閉じており、ビデオカメラ1からのビデオ信号が切
換スイッチ259文字信号加算回路24.切換スイッチ
25′およびケーブル5を介じてビデオテープレコーダ
3に供給できる状態罠なっている。
ビデオテープレコーダ3が再生モードにあるときには、
再生されたビデオ信号がケーブル5を介して文字信号多
重アダプタ2に供給され、再生検出回路26がこれを検
出して切換スイッチ25.25’をB側に切換える。こ
れにより、ビデオ信号は切換スイッチ25’、25およ
びケーブル4を介してビデオカメラIK供給され、ビデ
オカメラlのビューファインダで再生画像をモニタでき
る。
ビデオカメラlからのビデオ信号に文字信号を、X畳す
る場合には、ビデオカメラlからのカメラボーズ信号に
よってビデオテープレコーダ3は録画モードに設定され
、ビデオ信号はケーブル4および切換スイッチ25を介
して文字信号加算回路24に供給されるが、文字パター
ン発生回路23からも所定のタイミングで文字信号が供
給される。
文字信号加算回路24では、A側にビデオ信号が、B側
に一定の高電圧が夫々供給されており、文字パターン発
生回路23から文字信号が供給されると、これが切換信
号となって文字信号加算回路24をA側からB側に切換
える。
そこで、いま、I!2図(a)に示すビデオ信号がビデ
オカメラ1から供給されているときに1文字パターン発
生回路23から第2図(b)に示すパルス状の文字信号
が供給されると、この文字信号の各パルス毎に文字信号
加算回路24はB側に切換わり、この期間ビデオ信号に
代って一定の高電圧が出力される。このために、文字信
号加算回路24から得られるビデオ信号は、第2図(C
)に示すように、ビデオカメラlのビデオ信号に一定レ
ベルのパルス状の文字信号がづノサートされた信号とな
り、これが、切換スイッチ25′、ケーブル5を介し、
ビデオテープレコーダ3に供給されて録画される。
したがって、これを再生すると、第2図(d)に示すよ
うに、ビデオカメラlからのビデオ信号によるビデオ1
隊に、たとえば、「l、23Jのような文字が所望の大
きさで所望の位置に嵐畳された再生iI&11面が得ら
れる。
カメラ判定回路220および切換スイッチ27は、カメ
ラボーズ信号により、ビデオカメラ1でビデオテープレ
コーダ3を録画モードに設定したかあるいは録画待期モ
ードに設定したかの判定論理上行なう。また、カメラボ
ーズ信号制御回路221はビデオカメラ1が出力したカ
メラボーズ信号と同一レベルのカメラボーズ信号を形成
し、これを端子64およびケーブル5を介してビデオテ
ープレコーダ3に送る。カメラ判定回路220は、たと
えば、排他的ノア回路からなり、ビデオカメラlからケ
ーブル4.端子62を介して供給されるカメラボーズ信
号と切換スイッチ27からの電圧とを入力とする。カメ
ラボーズ信号制御回路221も、たとえば、排他的ノア
回路からなり、カメラ判定回路220の出力信号と切換
スイッチ27からの電圧を入力としている。要するに、
カメラ判定回路220.およびカメラボーズ信号制御回
路221は、夫々、2人力が同レベルのときには′H′
の信号を出力し、異レベルのときには”L”の信号゛を
出力するように構成されている。切換スイッチ27は、
■側に一定の高電圧が印加されてe側が接地されており
、これにより、Φ側に閉じると”H”の電圧を、e側に
閉じると1L”の電圧を出力する。
また、文字表示制御回路223はカメラ判定回路220
の出力信号によって制御される。
次に、この実施例の動作について説明する。
ケーブル4をケーブルコネクタ6に接続し、ケーブル5
をビデオテープレコーダ3のケーブルコネクタに接続し
、ビデオテープレコーダ3で電源を投入すると、ビデオ
テープレコーダ3からビデオカメラlおよび文字信号多
重アダプタ2に電源%王が供給される。ここで、先にも
説明したように、ビデオテープレコーダ3としては、カ
メラボーズ信号が′″h”であるときに録画モードにな
るものと、′L″であるときに録画モードになるものと
があり、使用するビデオカメラlにおいては、前者のビ
デオテープレコーダに対しては、録画モードを指定した
ときにカメラボーズ信号が”H”となるように、ま次、
後者のビデオチープレ;−ダに対しては、同じくカメラ
ボーズ信号がL”となるように設定する。
ここでは、ビデオテープレコーダ3はカメラボーズ信号
が′H”のときに録画モードとなるものであるとし、し
たがって、切換スイッチ27をe側に閉じ、この切換ス
イッチ27からカメラ判定回路220およびカメラボー
ズ信号制御回路221に供給される電圧t−″′H”と
する。
そこで、ビデオカメラ1に電源電圧が供給されると、ビ
デオカメラlは′L”のカメラボーズ信号を出力し、こ
れがケーブル4.端子62を介してカメラ判定回路22
0に供給される。このとき、切換スイッチ27の出力電
圧はg″i(”であるから、カメラ判定回路220の出
力信号は′L”である。
したがって、カメラボーズ信号制御回路221の出力信
号もL″となり、これがカメラボーズ信号としてビデオ
テープレコーダ3に供給され、ビデオテープレコーダ3
は録画待機モードに設定される。
カメラ判定回路2200″′L″の出力信号は、また、
文字表示制御回路223に供給される。これによって文
字表示制御回路223は作動状態になる。
そこで、操作パネル21を操作して表示すべき文字を指
定すると、先に説明したように、文字パターン発生回路
23は所望の文字信号を発生し、また、ビデオカメラ1
を動作させて撮像を開始すると、先に説明し次ように、
ビデオ信号が文字信号多電アダプタ2に供給され、文字
信号加算回路24で上記文字信号が重畳されたビデオ信
号がケーブル5を介してビデオテープレコーダ3に供給
される。このとき、ビデオテープレコーダ3は録画待機
モードにあるために、このビデオ信号を録画しない。し
かし、ビデオテープレコーダ3側に°設けられたモニタ
(図示せず)に供給することができ、これによってビデ
オカメラ1が撮像した1隊に所望の文字が重畳された一
面をモニタできる。
そして、これをモニタしながら、操作パネル21を操作
し、画面上での文字の木きさ、位置などを調整すること
ができる。
なお、文字パターン発生回路23は、メモリ機能を有し
ており、文字表示制御回路223からの文字データを記
憶するとともに、この文字データの書込みが完了すると
、文字表示制御回路223からの読出し制−信号により
、同期信号に同期して繰り返し文字データが読み出され
る。このとき、操作パネルの所定の操作中−を操作する
ことにより1文字パターン発生回路230文字データの
読み出し方が変えられ、文字の大きさ、表示位置が変え
られる。
次に、ビデオカメラ1で録画モードが指定されると、カ
メラボーズ信号は@H″となり、カメラ判定回路220
の出力信号、したがってカメラポーズ4B号制−回路2
21の出力信号も′H″となり、ビデオテープレコーダ
3が録画モードに設定される。これによって、ビデオテ
ープレコーダ3は文字信号が重畳されたビデオ信号を録
画する。
これとともに、カメラ判定回路2200″′H″の出力
1M号は文字表示制御回路223にも供給される。これ
により1文字表示制御゛回路223は、操作バネ/L/
21で文字、文字の大きさ、文字の表示位置などの表示
文字を変更するための操作キーを操作しても、文字パタ
ーン発生回路23が影響されないよう属する。すなわち
、カメラ判定回路220の出力信号が′″H”となり、
ビデオテープレコーダ3が録画モードとなると、表示文
字は何ら変更できない。
操作パネル21には、・文字表示を停止する操作キーも
設けられており、これを操作すると、操作キー判定回路
2220判定結果にもとづいて文字表示制御回路223
は文字パターン発生回路23に記憶されている文字デー
タを消去する。これによって、それ以後は、ビデオカメ
ラlからのビデオ信号のみがビデオテープレコーダ3で
録画される。
このようにして、ビデオテープレコーダ3が録画モード
となるとともに、ビデオ信号に文字信号を重畳すること
ができ、番組制作の冒頭にタイトル、日付などを付加す
ることができる。
以上は、ビデオテープレコーダ3はカメラボーズ信号が
′H″のときに録画モードに設定されるものであったが
、カメラボーズ信号がL″のときに録画モードに設定さ
れるものであるときには、切換スイッチ27をθ側に閉
じる。
ビデオカメラ1からケーブル4を介して供給されるカメ
ラボーズ信号が′″H′″のときには、カメラ判定回路
220の出力信号は@ILIIであり、文字表示制御回
路223は作動し一嬶、また、カメラボーズ信号制御回
路221の出力信号も@H″であって上記カメラボーズ
信号と同レベルとなり、ビデオテープレコーダ3は録画
待機モードとなっている。
ビデオカメラlが出力するカメラボーズ信号が′L″と
なると、カメラ判定回路220の出力信号は′H″とな
って文字表示制御回路223は→慟4221の出力、信
号はカメラボーズ信号と同じぐL’となり、ビデオテー
プレコーダ3は録画モードとなる。
このようにして、ビデオテープレコーダ3が録画モード
となるカメラボーズ信号のレベルに合わせて切換スイッ
チ27を設定することにより、録画モードでのレベルが
いずれのカメラボーズ信号に対しても、ビデオカメラ1
でビデオテープレコーダ3を録画モードに指定したとき
には、必ずカメラ判定回路220は録画モードと判定し
てIIH”のイg号を出力し、文字表示制御回路223
t−作動させる。したがって、この実施例は、任意のビ
デオテープレコーダに組み合わせても、必ず録画開始と
ともに、ビデオ信号にタイトル、日付などの文字信号を
重畳して録画できる。
なお、この実施例においても、従来技術のように、録画
後にタイトル、日付などの文字を付加できることはいう
までもない。
〔発明の効果〕
以上説明したように、本発明によれば、録画モードとす
べきカメラボーズ信号のレベルがいずれのビデオテープ
レコーダと組み合わせても、該ビデオテープレコーダの
録画モードに録画すべきビデオ信号に文字信号を!!I
tすることができ、しかも、カメラモード信号のレベル
判定を行なう手段を設けた上記従来技術に比べ、構成上
はとんど変わりがなく、上記従来技術の問題点を解消し
て優れた機能の文字信号多重アダプタを提供することが
できる。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明による文字信号多重アダプタの一実施例
を示すブロック図、sg2図はその文字信号多重動作を
示す説明図、第3図は文字信号多重アダプタの使用方法
を示す説明図である。 l・・・・・・ビデオカメラ、2・・・・・・文字信号
長lアダプタ、3・・・・・・ビデオテープレコーダ、
21・・・・・・操作パネル、22・・・・・・システ
ムコントロール回路。 23・・・・・・文字パターン発生回路、24・・・・
・・文字信号加算回路、27・・・・・・切換スイッチ
、220・・曲コ ニ 第1図 L              =  −u゛・2

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. (1)ビデオテープレコーダと、該ビデオテープレコー
    ダを録画モードと録画待機モードとに切換え制御する制
    御信号を発生するビデオカメラとの間に接続され、該ビ
    デオテープレコーダが録画状態にあるときに、該ビデオ
    カメラからのビデオ信号に所望の文字信号を重畳して録
    画可能とする文字信号多重アダプタにおいて、前記ビデ
    オカメラでの録画指令とともに前記ビデオテープレコー
    ダの種類に応じてレベルが異なる前記制御信号が供給さ
    れて出力信号のレベルを第1のレベルとしかつ前記ビデ
    オカメラでの録画待機指令とともに録画指令時とは異な
    るレベルの前記制御信号が供給されて該出力信号のレベ
    ルを第2のレベルとするモード判定手段を設け、該モー
    ド判定手段の出力信号が第1のレベルをとるとき、前記
    ビデオ信号に前記文字信号を重畳することを可能に構成
    したことを特徴とする文字信号多重アダプタ。
  2. (2)特許請求の範囲第(1)項において、前記モード
    判定手段は、前記ビデオテープレコーダを録画モードに
    設定する前記制御信号のレベルに等しいレベルの電圧を
    選択する第1の手段と、該第1の手段からの電圧と前記
    制御信号とを排他的ノア演算する第2の手段とからなる
    ことを特徴とする文字信号多重アダプタ。
JP11312585A 1985-05-28 1985-05-28 文字信号多重アダプタ Pending JPS61273086A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11312585A JPS61273086A (ja) 1985-05-28 1985-05-28 文字信号多重アダプタ

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11312585A JPS61273086A (ja) 1985-05-28 1985-05-28 文字信号多重アダプタ

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS61273086A true JPS61273086A (ja) 1986-12-03

Family

ID=14604162

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11312585A Pending JPS61273086A (ja) 1985-05-28 1985-05-28 文字信号多重アダプタ

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS61273086A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5923364A (en) * 1994-07-26 1999-07-13 Maxpro Systems Pty Ltd Video security system
US6343182B1 (en) 1996-10-07 2002-01-29 Samsung Electronics Disk detecting device and method
US6628887B1 (en) 1998-04-17 2003-09-30 Honeywell International, Inc. Video security system

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5923364A (en) * 1994-07-26 1999-07-13 Maxpro Systems Pty Ltd Video security system
US6166763A (en) * 1994-07-26 2000-12-26 Ultrak, Inc. Video security system
US6343182B1 (en) 1996-10-07 2002-01-29 Samsung Electronics Disk detecting device and method
US6628887B1 (en) 1998-04-17 2003-09-30 Honeywell International, Inc. Video security system

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5784521A (en) Signal recording system
KR930007062B1 (ko) 비디오테이프 복사시스템에 있어서 자동검색기능을 이용한 편집장치 및 그 방법
JPS61273086A (ja) 文字信号多重アダプタ
JP3277423B2 (ja) ビデオ編集方法
JP3503164B2 (ja) ビデオ編集装置
JPS62122475A (ja) 文字信号多重アダプタ
JPS6215976A (ja) 文字信号多重アダプタ
KR960006400B1 (ko) 편집 기능을 갖춘 시디아이 플레이어(CD-i player)
KR930005814B1 (ko) 영상기록 재생시스템의 데이터뱅크장치 및 수행방법
JP3577746B2 (ja) 電子機器装置
JP2661354B2 (ja) 映像調整装置
JPH0660609A (ja) 磁気記録再生装置
JP4572726B2 (ja) 編集制御装置
JPH04141848A (ja) Vtrインデックスコード書込みシステム
JPS6054573A (ja) ビデオカメラ装置
JPH03148978A (ja) 映像再生装置における録画内容確認システム
JPS63121976U (ja)
JPH0221479A (ja) 静止画再生装置
JPH02189779A (ja) 磁気記録再生装置
JPH0554533A (ja) 記録再生装置
JPH03205979A (ja) ビデオ信号記録システム
JPS59159084U (ja) ビデオテ−プレコ−ダ
JPH0965277A (ja) 記録再生装置
JPH03137843A (ja) タイマ録画装置
JPS6313480A (ja) 記録再生装置