JPS60185833A - ゴム補強用ポリエステル繊維デイツプコ−ド - Google Patents

ゴム補強用ポリエステル繊維デイツプコ−ド

Info

Publication number
JPS60185833A
JPS60185833A JP3881184A JP3881184A JPS60185833A JP S60185833 A JPS60185833 A JP S60185833A JP 3881184 A JP3881184 A JP 3881184A JP 3881184 A JP3881184 A JP 3881184A JP S60185833 A JPS60185833 A JP S60185833A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cord
elongation
polyester fiber
strength
fatigue resistance
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP3881184A
Other languages
English (en)
Inventor
稔 竹田
忠雄 鹿沼
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Asahi Kasei Corp
Asahi Chemical Industry Co Ltd
Original Assignee
Asahi Chemical Industry Co Ltd
Asahi Kasei Kogyo KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Asahi Chemical Industry Co Ltd, Asahi Kasei Kogyo KK filed Critical Asahi Chemical Industry Co Ltd
Priority to JP3881184A priority Critical patent/JPS60185833A/ja
Publication of JPS60185833A publication Critical patent/JPS60185833A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Yarns And Mechanical Finishing Of Yarns Or Ropes (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 く技術分野〉 本発明は、ゴム補強用、特にタイヤ補強用、ff11エ
ステル繊維デイ、fコードに関し、より詳しくは、強度
、モジ−ラス、タフネス、寸法安定性および耐疲労性に
優れたディッゾコードに関する。
〈先行技術〉 一般に、タイヤ補強材料は、スダレ織物の形態で用いら
れる。デイッゾコードというのは、かかるスダレ織物の
経糸を構成するものであって、通常複数本の糸を、下撚
及び上燃してなる糸条に接笥剤、例えば多価フェノール
とホルマリン縮金物にゴムラテックスを添加した水分散
液(以下、RF/Lという。)が付与され、熱硬化され
たものである。
ポリエステル繊維は、強度、モジュラス、且つ寸法安定
性に優れることから、■ベルト、コンベアベルト、ホー
ス、タイヤなどのゴム補強用繊維として広く使用されて
いる。特に、ラノアルタイヤのカーカス材としての要求
性能と合致することから、近年その使用量は増加して来
ている。
しかしながら、ポリエステル繊維ば、+j?リアミド繊
維に比較して、タイヤ中での耐疲労性、%lち耐久性が
劣り、苛酷な使用条件が適用される大型乗用車、軽トラ
ツク、トラック・パスなどの用途には使われていない。
従って、最近では、?リアミド繊維に近い耐久性を有し
且つモジュラス、寸法安定性が改善きれた高性能ポリエ
ステル繊維の要求が強く、この改善が行われれば、ポリ
エステルタイヤコードとしての使用類が飛曜的に増加す
ることがまυ1待できる。
前記要求を充すべく種々の提案が行われている。
すなわち、 (a) 比較的重重今度の原料ポリマーを徐冷形糸し、
得られた低配向未延伸糸を高倍率で延伸して、高強力目
つ高モジ−ラスのチリエステル繊維を得る方法。
(b’+ 比較的低重合度の原料ポ1)マーを用いて、
寸法安定性が改善された。f IJエステル繊維を得る
方法(特開昭53−31852)。
(c)高速彷糸又は高張力下、他糸によって得た高配向
度の未延伸糸を延伸し、耐疲労1牛が改善されたポリエ
ステル繊維を得る方法(特開昭53−58032 )な
どが央案されている。
しかしながら前記諸提秦によってイリられるポリエステ
ル繊維は、個々の特性の改善に関しては、優れた効果を
発揮するが、現在のゴム補強用列?リエステル繊維ディ
ップコードとして要求されている総合的な品質改善に対
しては十分に満足を右えるものではない。
す々わち(、)法で得られた高強力ポリエステル繊維は
熱収縮率が増大して、ディップコードとしての良好な寸
法安定性が得られない。(b)法の低重合度の原料4+
1マーを用いる方法は、撚糸、ディップ、加硫などの後
加工工程での強力低下が避けられず、耐疲労性も満足す
るレベルに達していない。
(c)法によって寸法安定性およびある程度の耐疲労性
が改善されたポリエステル繊維を得ることができるが、
強度レベルが低く、且つイ4!られるディップコードの
伸度が小さくて酬久性、耐衝撃性などのタイヤ性能に影
響するタフネス(荷重〜伸長曲線の面積であるが、便宜
上破断強度(,9/d ) XVW証葆工萌でめられる
)が著しく小さくなる。
本発明者′らは、鋭意研究の結果、ある限定された特性
ff有し目つ特定された製造条件によって作られたポリ
エステル繊維を用いて特定性能を具備シタ号?リエステ
ル繊維デイッグコードを作れば、そのディップコードは
、高強度、高モジ−ラス並びに高タフネスでしかも寸法
安定性、耐疲労性等の全ての点でぜ゛れ、ラジアルタイ
ヤ補強用ディップコードとしても用いることができるこ
とを見出し、本発明に到達した。
〈発明の目的〉 本発明の目的は、強度、モジュラス、タフネス、寸法安
定性および耐疲労性において総合的に優れたゴム補強用
ディップコードを提供することにある。
〈発明の411ト成〉 本発明に係るゴム補強用ポリエステル繊維ディップコー
ドは、j?リエステルlR#で構成され、次の特性(イ
)、 (ロ) 、(ハ)および(ロ)を満足することを
%徴と−4−る。
(イ)破断伸度(以下g、Bと称す):17%以上、(
ロ)中間伸度(以下E、Mと称す)干乾熱収縮率(以下
H,Sと称す):9チ以下、 C→ 2次降伏臓の強度(、以T’T、Yと称す):5
゜0.9/d以上、 に)破断伸度(1,8) −2次降伏点の伸度(以下E
、Yと称す):4チ以上。
〈構成の遅8体的説明〉 本発明のディップコードはE、817%以上好ましくは
、18係以上、30%以下を有する。17チ未満の場合
は、耐疲労性およびタフネスを改善することが出来ない
又、本発明においては、E、M−1−H,Sが9%以下
、好ましくは2%以上、8.5%以下である。9%を越
える場合は寸法安定性が低下する。E、MとH,Sの範
囲は限定するものではなく、E、Mを大きくするとH,
8が小さく、E、M’i小烙くすると11.Sが大きく
なる関係があり請求める物性に応じて1.Mi定めれば
良い。好ましい範囲として、E、M 3〜5チH,85
,5%以下が揚げられる。
ここで、E、B及び)】0Mはディツノ処理後の≠コー
ドを24℃X55%R:T(雰囲気中に24時間放置し
た後、JIS L−1017に基づく測定により得られ
る伸度であシ、ε、Bは破断時、F、Mは荷重2、25
1110 (デニールDはコードを構成する原糸自体の
総デニール)時の抑」定1直であり、n=IQの平均値
である。又、H,SFi、伸度+1lIl定用に準備さ
れたコードを、160℃、30分間、フリー収縮させた
時の収縮率で、n=2の平均値である。
史に、本発明のディップコードは、T、Yが5.0.9
/d以上好−ましくけ、5.21!/d以上、8.0.
9/d以下である。5.OF/d未満の場合は、タイヤ
補強Hに必須の強度および耐疲労性が不足する。
又、p、、n−p:yが4%以上、好ましくは4.5%
以上、10チ以下であることも本発明の特徴であり、4
チ未満の場合は、タフネスの改善が十分でない。
2次降伏点の強度T、Y並ひに伸度g、yは、E、B及
びElMの測定に準じて行なって得た荷重〜伸長曲線か
らめられる。
第1図は、荷重−伸長曲線の模式図であり図のA点は2
次降伏点、B点は破断点、0点は中間伸度に対応する中
間点、D i−i F、B −E、Yを示す。ここで、
A点は降伏点前・後の曲線上の接線の交点から該接線の
交角の2分割糾を引き、曲線と交っゾこ点で決定される
。T、Y及びE、YはA点における強度及び伸度で表わ
される。E、B及びLMはB点及び0点に対応する伸度
である。
強度(!j/d)におけるデニールdは、RF/T、等
の接着剤固型分、撚数、公定水分率0.4%を含んだデ
ィップコード自体のデニールを示し、物性測定時の伸張
に伴なうデニールn1ト少の補正は通例に従い考慮して
いない。デニールdlc含有される擦着剤+1着量はj
f1常2〜7重量%、好1しくに3〜6重量%である。
撚数は、10cm当りの撚数をT、コードの構成原糸の
総デニールをDとしたとき、K=TXV下でめられる撚
係数が1600≦に≦2600、好ましくは】800≦
に≦2400であれば良い。
前記(イ)、←)、(ハ)およびに)の条件f満たすポ
リエステル繊維ディップコードであれば強度、モジュラ
ス、タフネス、寸法安定性および耐疲労性の各性能を総
合的に満足させることができる。
次に本発明のディップコードの製造法を説明する。前述
の特性を有するデイッゾコード牙得るために、本発明に
おいて用いられるyj? IJエステル鍼糸fトは下記
のような限定された特性を有し月つ1時定された製造条
件によって作られる必要がある。すなわち本発明のディ
ップコードはポリエステル繊維の勤糸H,’Fの引取速
度をV (m7分)、延伸時の延伸比をDR,得られた
延伸糸の複屈折率をΔnとするときに ] (l OO≦VXDRXΔn≦1300好捷しくけ 1100−、vxDR×Δn≦1300を満足(〜て製
造でれた7ぎりニスデル繊維を用いて作られる必要があ
る。
一般に引1117庫度vf大きくすると、最:1lfi
延伸比は低下し、Vが一定の場合にDRを犬きくすると
Δnが増え、DRが一定の場合にVf大きくするとΔn
も」テリ大することが知られている。多くのω1究の結
−+4瓢VXr)RXΔn > 1300の条件で作ら
れたポリエステル繊維から成るディップコードは本発明
のディップコードの如く総合的に央れた特性を有しない
。一方VXDRXΔn 〈]、 OOOの条件で作られ
たポリエステル繊維から成るディップコードはタイヤ補
強材に要求シれる強力エーロ性を/誦たすことができな
い。前記V、nR,Δnの萌)囲は自由に屑定すること
ができるが、下記の範囲で戸゛定きれるとより好寸しい
2500≦V≦40 (l O2 1,5≦DR≦3.0. 185X]0−3≦Δn≦205X10づ。
即ち、V’<2500 (m7分)の場合は、ディップ
コードの寸法安定性、耐疲労性の改善が十分でない傾向
にあり、VX400(1(m7分)の場合は補強材とし
ての強力レベルを保持しにくい。
又、DR〈1.5の場合は十分な強力レベルを発現させ
に<<’、DR〉3.0の場合はディップコードのタフ
ネスが著しく小さく後加工二[桿での強力低下も大きい
傾向にある。
更に、Δn(185X10−’の場合は、繊維XI’均
としての配向が十分でない為、織細構造的にリラックス
した部分が多く残り、後加エエ稈及びタイヤ中での水や
アミン類に対する耐化学安定性が問題になることが多い
。又、商配向未延伸糸を延伸(7てΔnを犬きくするの
は困府tであり、一般に一Δnの上[1[シはり205
×10−3とされている。
前述(7)100rl<VXDRXΔn≦13 (,1
00条件をat6だす限り、ポリエステル伊維製造に関
する他の11引く一条件1rし19 I+エステル#i
tt!絣の通常の製竹東件の而」5囲内で5R、lbす
itばよい。
即ち、使用するンJ?リマーの重合度の79ラメータで
ある固有粘度〔η〕は、065〜1.20の範囲にあれ
は良く、末端カルボキシル基は30当惜/106g以下
好ましくは20当q/106以下で良い。
又、b鳴伸方法は、特に限定するものではないが延伸速
度を1(10m/分以下、好捷しくば50m/分以下に
し、1つ延伸直後から捲取機に至るまでのリラックス率
を4係以下にすることにより、本発明を川に幼−用的な
ものとすることが出来る。l)g;伸に当っての手段も
、−JR延伸又は多段延伸どちらでも醍<、加熱法も加
熱ローラ、ホットプレート、スチームジェット、非接触
パイプヒーターなどを用いれば良い。温度は通常行なわ
れている≠例オーば(10〜250 Cの範囲で良い。
又4ig伸は捲取工程と分離した工程で実施されるが、
延伸工程単独でも良いし、コードを作成する為の撚糸工
程を連続きぜた直接延伸撚糸方式とすることも有効な手
段の一つとなる。
前述の条件で作られたポリエステル繊維は、次に公知の
方法で下イ然、引揃え土踏の工程を得たf)ζに接着剤
が付与され、熱硬化されてディップコードが得られる。
前記接着剤の種類および′A整は従来公知のものから適
宜選択して用いることができる。即ち、通常ポリエステ
ル繊維とゴム利料の接着処方として知られている、■R
F/L、とパルヵゴンドFJ(バルナックス社製品)の
混合液、■RF/Lとプ0ツクドポリイソシアネート化
合物の混合液、■多価フェノール、+pリサルプアイド
とRF/Lの混合7(!i 7.’r、どの一浴処方:
■エポキシ化合物(第1浴) −RF/Lとブロックト
ポリイソシアネート化合物の混合液(第2浴)、■エポ
キシ化合物、ブロックトプリイソシアネート化合物及び
ゴムラテックス(’3T!1浴) −RF/Lとブロッ
クトポリインシアネート化合物の混合液(第2浴)、■
パルヵゲンドF、(第1浴) −RF/Lとパルヵデン
ドEの混合液(第2浴)々どの二浴処方など適宜適用す
れば良い。
ヂに、後加工としての接着処方を簡略化する為に、hi
lゆる前処理法と占われている、原糸段階でエポキシ化
合物及び/又はン1?リインシアネート化合物をイマ1
与しても良く、この前処理法と前述の(わ〜a)などの
方法を併用しても差し支えない。
RF/Lのgh+ q=も)1n常行なわれている、例
えばレゾルンン、ホルマリン及び水酸化ナトリウムの混
合水溶液を数時間攪拌反応せしめ、次いでゴムラテック
ス液を加え、川に数〜48時間熟成きせる方法を適用す
れば良い。
本発明の対象となる71?リエステル繊維は、その反復
単位の85モルチ以上がエチレンフタレート栄位よりな
るものであって、特にテレフタル酸及び/又はその1体
とエチレングリコールとからνす造チれる7I5リエ千
レンテレフタレートを主たる対象とする。しかし、ポリ
エチレンテレフタレートを構成する酸成分であるテレフ
タル酸及び/又はその誘導体の15モルチ宋満を、例え
ばイソフタル酸、アジピン酸、セパシン酸、アゼライン
酸、ナフタール酸、パラ−オキシ安息香酸、ジメチルテ
レンタル酸などの2官能性有磯酸又けそれ船の誘導体の
うち少なくとも一種で置き4臭えるが、モジくハゲリコ
ール成分であるエチレングリコールの15モル%t[を
例えばジエチレングリコール、1.4−ブタンジオール
等の2価アルコールのうち少なくとも一種で111@換
えた共重合体であっても良い。
史に、本発明のディツリコードは、通常のポリエステル
タイヤコード用原糸に含有されている添加剤、例えば、
熱安定剤、酸化防止剤、光安定剤、鉗燃剤、艶消剤、滑
剤、可塑剤、着色剤など全含有していても良い。
又、本発明によってタイヤ補強用に好適なディップコー
ドを得ることができるが、その他の補強材を用いたゴム
製品、例えば、■ベルト、コンベアベルト、ホースなど
に用いても優れた性能全発揮する。
〈発明の効果〉 」ν上の如く、本発明によるゴム補強用ポリエステル緘
維デイッグコードは、従来の目?リエステル繊維デイッ
ゾコードに比較して、優れた強度、モジュラス及びタフ
ネスを有し、川に寸法′α定性及び耐疲労性も皆しく改
善された特性を示し、苛酷な使用条件の彎求でれる大型
タイヤにも適用できる画期的なものである。
〈実施例〉 j5ノ、下、本発明を実施例を挙げて具体的に説明する
。尚、実施例に記載した特性の定義及び測定方法を以下
に示す。
0 同右粘度〔η〕 オストワルド粘度計を用いて、オルソクロルフェノール
l Q fl cc中に対し、1gの試料ff1M解し
た溶液の還元粘度η8V/cを35℃の恒温水槽中で測
定し、次の実験式により〔η〕を算出した。
ηsp/c=〔η]+に/[η〕・C 但しに:・・ギンス定数(0,277)C:試料濃度1
g/100cc ◎ 末婦力ルデキシル基濃度(C0OH]POHLの方
法: Anal、 Chern、、’26 161 G
(1957)に準じた。
◎ 複屈折率Δn 偏光顕微峰を用い、Na−D線を光睡とし、α−ブロム
ナフタリン/オリーブ油の混合液を浸漬液として、ベレ
ックコンベンセーター金用いたりタープ−ジョン法によ
り1111定した。
◎ タフネス 破断強度C’ T、B ) (g/d ) X、/TT
丁廟より切出した。
◎ 耐疲労性 J’lS L−1017にず■じて行なったチューブ疲
労試験におけるチューブ(n=4)の破壊時間である。
チューブの曲り角度85℃、チューブ内のコード本数は
1000 D/2 (D場合75本、1500 I)/
2の場合60本である。
実施例1゜ 固有粘朋[η]=0.98、末端カルブキシル基量fC
OOH]=20 (当量/1o、lのぼりエチレンテレ
フタレートチップを300℃にて、スクリュー押出し様
にて溶融紡糸した。紡糸口金は孔径0、35 mm、孔
数250ホールのものを用いた。
該紡糸口金よシ吐出きれた紡出糸を、畏さ40cm、内
部表面温度220℃の加熱筒を通過させ、次いで、温度
20℃、湿度80チを有する冷却風を吹き伺けて冷却、
固化し、オイリングローラで油剤を付与し、引取速度3
100m1分にて捲取った。
得られた未延伸糸を引取りローラ、フィルトローラ、ホ
ノトゾレート、延伸ローラ、リラックスローラ、及び捲
取機から成る延伸機にて20m/分の捲取速度で延伸、
リラックスし、1500Dの延伸糸とした。延伸比r)
Rは2.1.2 、Δnは186×10 であった。
得られた延伸糸2本を別々に下撚(2方向)を40回/
crn加え、2本を引き揃え更に上撚(S方向)全40
回/crn加え、1500D/2の糸条を作成した。
次いで、第1表に示す接着*(1)(レゾルシンとホル
マリンを3時間反応させ、ラテックスを加えて24時間
熟成した。)を用い第1ゾーン温度150℃、張力1.
0 kg/コード、時間102秒、第2ゾーン温度24
5℃、張力1.51<17 /コード、時間40秒、第
3ゾーン温度245℃、張力12ky/コード、時間4
0秒の条件でディップした。
得られたディラグコードは第2表に示す如くタフネスお
よび耐疲労性が著しく改良される。
*雄側2゜ 実施例1と仙の条件を同じにして、未延伸糸を引取速度
2500m/分で捲取り、延伸比r)R2,43で延伸
し、Δn19’4X10’−3を有する]000Dの延
伸糸を得た(実施例1の場合とは押出量が異々る。) 次いで、実施例1と同様の条件で撚糸、ディップした。
但し、各ゾーンの張力は、第1ゾーン1.5kg/コー
ド、第2ゾーン2.0に+?/コード、第3ゾーン1.
5ky/コードであった。得られたディップコードは第
2表に示す如く優れた耐疲労性ン:有する。
比較例J。
実施例1と他の条件を同じにして、延伸比DRを2.2
4とし、Δn19]、X10−3の延伸糸を得た。実施
例1と同様の条件で撚糸、ディップを行なった。得られ
たディツリコードの特性を第2表に示す。この場合はV
XDRXΔn ) 1300となり、高強度ではあるが
、タフネスが小さく、耐疲労性もやや低いレベルにある
比軸例2゜ 実施例1と他の条件を同じにして、延伸比DRを1.8
4とし、Δn 175 X I F’の延伸糸を得た。
史77jQ例1と同様の条件で撚糸、ディ:、fを行な
った。得られたディップコードの特性を第2表に示す。
この場合はVXDRXΔn (1000となりタイヤ袖
強材として璧求をれる強度ならびに1lli+疲労性が
著しく低くなる。
実ノイク例3 実施例1と他の条件を同じにして、未延伸糸を引取速度
35oottL/分で捲取り、延伸比1) R2,00
で延伸し、Δn185X10’を有する延伸糸を得た。
実施例1と同様の条件で撚糸を有力い、第1表に示す接
着液(2)及び(3)を用いてディップした。接着液(
3)の調整は実施例1に儒した。
接着液(2)に浸漬後、第1ゾーン温度160℃、張力
0.8 kg/コード、時間120秒、第2ゾーン温度
200℃、張力1.0kg/コード、時間60秒で、熱
処理(7、続いて接着液(3)K浸漬し、第3ゾーン温
度160℃、張力09kg/コード、時041120秒
、第4ゾーン温度245℃、張力1.2 kg/コード
、時間60秒、第5ゾーン温度245℃、張力0.9 
ky’/コード、時間60秒の条件でディップした。得
られたディップコードは第2衣に示す如く耐疲労性が著
しく改善された。
実施例4 実施例1と他の条件を同じにして、未延伸糸を引取速度
2800m/分で催取シ、甑伸比1)R2,29で延伸
し、Δn190X10’を有する延伸糸を得た。実施例
1と同様の条件で撚糸を行ない、第1表に示す接嘴液(
4)及び(5)を用いてディップした。接着液(5)の
調整は実砲例1に準じた。
接着液(4)に浸漬後、第1ゾーン温度160℃、張力
0.8 kg/コード、時間120秒、第2ゾーン温度
240℃、張力1.0kg/コード、時間40秒で熱処
理し、続いて、接着液(5)に浸漬し、第3ゾーン温度
i 6 (1℃、張力0.9 kg/コード、時間12
0秒、第4ゾーン温度245℃、張力1.2kg/コー
ド、時間40秒、第5ゾーン温度245℃、張力0.9
 kg/コード、時間40秒の条件でディップした。得
られたディップコードは第2表に示す如く高いタフネス
と耐疲労性を有する。
以「金白
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明のデイッゾコードの荷重−伸長曲龜1の
(莫式図である。 A・・・2次降伏点、B・・・破断点、C・・・中間伸
度に対応する中間点、D・・・g、87 F、’Y%T
、Y・・町、2次降伏点の強度、E、M・・・中間伸度
、E、Y・・・2次降伏点の伸度、EBB・・・破断伸
度。 特πF出願人 旭化成工業株式会社 特許出願代理人 弁理士青水 朗 弁理士西舘和之 弁理士 山 口 昭 之 弁理士 西 山 雅 也 箒1図 E、M E、Y E、B 伸 度 (’10)

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1、 ポリエステル繊維で構成され、次の特性(イ)。 (ロ)、(ハ)およびに)を満足することを特徴とする
    ゴムtili強用2j?リエステル繊維ディッゾコード
    ;(イ)破断伸度=17%以上、 υ)中間伸度干乾熱収縮率:9チ以下、(ハ) 2次降
    伏点の強度: 5.OI!/d以上、に)破断伸度−2
    次降伏点の伸度:4饅以上。
JP3881184A 1984-03-02 1984-03-02 ゴム補強用ポリエステル繊維デイツプコ−ド Pending JPS60185833A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3881184A JPS60185833A (ja) 1984-03-02 1984-03-02 ゴム補強用ポリエステル繊維デイツプコ−ド

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3881184A JPS60185833A (ja) 1984-03-02 1984-03-02 ゴム補強用ポリエステル繊維デイツプコ−ド

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS60185833A true JPS60185833A (ja) 1985-09-21

Family

ID=12535662

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3881184A Pending JPS60185833A (ja) 1984-03-02 1984-03-02 ゴム補強用ポリエステル繊維デイツプコ−ド

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS60185833A (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS61252332A (ja) * 1985-04-26 1986-11-10 帝人株式会社 ポリエステルコ−ドの製造方法
JPS6269842A (ja) * 1985-09-17 1987-03-31 帝人株式会社 ポリエステルコ−ド
JP6004045B1 (ja) * 2015-05-27 2016-10-05 横浜ゴム株式会社 空気入りタイヤ
JP2017226317A (ja) * 2016-06-22 2017-12-28 横浜ゴム株式会社 空気入りタイヤ
JP2019156047A (ja) * 2018-03-09 2019-09-19 横浜ゴム株式会社 空気入りタイヤ
JP2019156070A (ja) * 2018-03-09 2019-09-19 横浜ゴム株式会社 空気入りタイヤ
JP2021079926A (ja) * 2019-11-22 2021-05-27 横浜ゴム株式会社 空気入りタイヤ

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS61252332A (ja) * 1985-04-26 1986-11-10 帝人株式会社 ポリエステルコ−ドの製造方法
JPH0423011B2 (ja) * 1985-04-26 1992-04-21 Teijin Ltd
JPS6269842A (ja) * 1985-09-17 1987-03-31 帝人株式会社 ポリエステルコ−ド
JPH0262612B2 (ja) * 1985-09-17 1990-12-26 Teijin Ltd
JP6004045B1 (ja) * 2015-05-27 2016-10-05 横浜ゴム株式会社 空気入りタイヤ
WO2016190299A1 (ja) * 2015-05-27 2016-12-01 横浜ゴム株式会社 空気入りタイヤ
JP2017226317A (ja) * 2016-06-22 2017-12-28 横浜ゴム株式会社 空気入りタイヤ
JP2019156047A (ja) * 2018-03-09 2019-09-19 横浜ゴム株式会社 空気入りタイヤ
JP2019156070A (ja) * 2018-03-09 2019-09-19 横浜ゴム株式会社 空気入りタイヤ
JP2021079926A (ja) * 2019-11-22 2021-05-27 横浜ゴム株式会社 空気入りタイヤ
WO2021100302A1 (ja) * 2019-11-22 2021-05-27 横浜ゴム株式会社 空気入りタイヤ

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4987030A (en) High-tenacity conjugated fiber and process for preparation thereof
JPS5898419A (ja) 熱寸法安定性および化学安定性にすぐれると同時に高強度を有するポリエステル繊維
JP5134948B2 (ja) 乗用車用空気入りラジアルタイヤ
US9359696B2 (en) Method for manufacturing poly(ethyleneterephthalate) drawn fiber, poly(ethyleneterephthalate) drawn fiber and tire-cord
KR20120069339A (ko) 치수안정성이 우수한 폴리에스터 멀티필라멘트
JPS60185833A (ja) ゴム補強用ポリエステル繊維デイツプコ−ド
KR101602385B1 (ko) 형태안정성이 우수한 폴리에틸렌테레프탈레이트 딥코드, 이의 제조방법 및 이를 포함하는 타이어
JPS6088120A (ja) ポリエステル繊維
JPS6141320A (ja) ポリエステル繊維
KR101376219B1 (ko) 아라미드 멀티필라멘트의 제조방법
JP3476262B2 (ja) 高タフネスポリヘキサメチレンアジパミド繊維およびその製造方法
JPS5953736A (ja) ポリエステルタイヤコ−ド及びその製法
KR101551425B1 (ko) 고강력 폴리에스터 원사 및 타이어코드의 제조방법
KR20230048641A (ko) 재생가능한 타이어 코드용 폴리아미드 멀티필라멘트 섬유 및 그를 포함하는 타이어 코드
KR20170082891A (ko) 내피로성이 우수한 모터사이클용 타이어용 폴리에틸렌테레프탈레이트 딥코드의 제조방법
KR20170091968A (ko) 내피로도가 우수한 폴리에틸렌테레프탈레이트 코드의 제조방법
WO2012134229A2 (ko) 폴리에틸렌테레프탈레이트 연신사의 제조방법, 폴리에틸렌테레프탈레이트 연신사 및 타이어 코오드
JPH03152215A (ja) 高強度高耐久性複合繊維
JP2559866B2 (ja) 高耐疲労性高強力ポリヘキサメチレンアジパミド繊維の製造方法
JPH0376810A (ja) 高タフネス低収縮ポリエステル繊維およびその製造法
JPH08218221A (ja) 耐久性と寸法安定性に優れたポリビニルアルコール系繊維及びその製造法
JP5302739B2 (ja) 高強力ポリヘキサメチレンアジパミド繊維
JPS6071240A (ja) タイヤ補強用コ−ドの製造法
JP3316300B2 (ja) 耐久性に優れたポリビニルアルコール系繊維およびその製造法
JPH0274612A (ja) 高強度複合繊維