JPS5927133Y2 - 靴用積層インソ−ル - Google Patents

靴用積層インソ−ル

Info

Publication number
JPS5927133Y2
JPS5927133Y2 JP2254481U JP2254481U JPS5927133Y2 JP S5927133 Y2 JPS5927133 Y2 JP S5927133Y2 JP 2254481 U JP2254481 U JP 2254481U JP 2254481 U JP2254481 U JP 2254481U JP S5927133 Y2 JPS5927133 Y2 JP S5927133Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
laminated
insole
layer
foam
shoes
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired
Application number
JP2254481U
Other languages
English (en)
Other versions
JPS57136207U (ja
Inventor
浩子 西原
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Individual
Original Assignee
Individual
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Individual filed Critical Individual
Priority to JP2254481U priority Critical patent/JPS5927133Y2/ja
Publication of JPS57136207U publication Critical patent/JPS57136207U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPS5927133Y2 publication Critical patent/JPS5927133Y2/ja
Expired legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】 本考案は軽くて足あたりがよく、しかも吸汗、発汗、あ
るいは吸臭作用にすぐれた靴用積層インソールに関する
ものであって、この積層インソールは全ての靴に使用し
つるが、特に長距離を走ったり、運動全行なう場合に履
用するジョギングシューズあるいは各種のスポーツシュ
ーズに適した積層インソールを提供せんとするものであ
る。
日常の生活に欠かすことのできない履物である靴は、そ
の履心地のよいことと併せて丈夫でしかも軽いことも1
つの条件である。
而してこの丈夫で軽いという条件は、靴自体の改良によ
って満足させることが望ましいが、靴に使用される附属
品によってもかなえられるものであり、これらの観点か
ら中敷金軽くすることも種種検討されている。
従来から中敷には各種のものがあり、その材質も布、ゴ
ム、軟質プラスチック、スポンジ、植物性繊維などが用
いられているのであるが、特に近年、軽いということか
らエチレン−酢酸ビニル共重合樹脂の発泡体が盛んに用
いられている。
ところがとのエチレン−酢酸ビニル度重合樹脂の発泡成
形は、中敷としての再発泡成形に時間を要することから
かなシコスト高となり、またこの成形時間が短かいと得
られた成形品が形崩れヲ釦こしやすいという欠点が指摘
されている。
さらにこのような中敷では着用中に表面のスキン層に発
生する曲げによるシワの回復がだんだんと釦そくなって
足に違和感を与えるのである。
また全体が軟らかすぎるため却って疲れる場合もある。
そこで本考案者は軽いと、い、うメリットヲ有するエチ
レン−酢酸ビニル共重合樹脂の如き発泡体あるいはフィ
ルム會積層インソールの素材として用いつつ、上記のよ
うな欠陥のない積層インソール金得るべく検討の結果、
ポリエチレン、エチレン−酢酸ビニル、ポリウレタン等
の合成樹脂あるいはネオプレン、■、2−ポリブタジェ
ン等の合成ゴムの発泡体またはフィルム層上に中間層と
してクッション性良好な発泡層および椰子の繊維よりな
る芯体を積層し、その上に表面中敷材全被着すればよい
こと全見出し、本考案に至ったものである。
即ち、本考案は中間層として発泡層とともに用いる椰子
の繊維が強靭でしかも弾性に富み、さらに吸臭、吸汗、
発汗効果があることに着目し、この繊維よりなる芯体を
用いて、さらにこれに換気性を持たせることにより、積
層インノールとして長期にわたりその特性音持続させる
ことができるのである。
そして中間層としての発泡層は上記芯体の上に積層する
ことによって履用した時の足あたり金よりよくするもの
である。
以下本考案をその一実施例を示す添付図面に基づいて説
明する。
本考案の積層インソールAの構造は第1図の一部断面図
1よび第2図の第1図[−n線断面図にみられる通りで
あって、1は織布、不織布あるいは皮革などからなる表
面中敷材であり、4は最下層となるクッション性に富む
合成樹脂あるいは合成ゴムの発泡層またはフィルム層で
ある。
そしてこの1,4の両者間にクッション性の犬なる発泡
層2釦よび強靭で弾性に富み、かつ吸臭、吸汗性のよい
椰子の繊維よりなる芯体3を挟みこんだ構造としたもの
である。
しかしてこのクッション性大なる発泡層2としては、さ
きほどから述べているエチレン−酢酸ビニル共重合樹脂
の発泡成形品だけでなく、ポリウレタン、ポリエチレン
やポリプロピレン、ポリ塩化ビニルなどの低発泡体、あ
るいはネオプレンや1.2−ポリブタジェンなどの合成
ゴムの発泡体を用いることもできる。
また椰子の繊維よりなる芯体3は第3図に示すように椰
子の繊維5を不規則に交錯させ、接着剤全噴霧または塗
布し、繊維の重合交錯部を点接着6して所要の厚さとし
た空隙率の極めて大きい繊維接着層を所定形状に切断し
て得られるのである。
要するに本考案は、中間層としてクッション性大なる発
泡層2と強靭で吸汗、吸臭効果の犬なる椰子の繊維より
なる芯体3を介在させたことが要点である。
特に芯体としての椰子の繊維を介在させることによジ、
樹脂やゴムの発泡体のみの場合の欠点であるへたり會改
良することができるのである。
このような芯体3を形成する椰子の繊維は、強靭で弾性
があり、吸臭、吸汗作用を有し、しかも繊維は交錯重合
して大きな空隙を形成し、重合交錯部が霧状に吹きつけ
られた接着剤により点接着され、接着部以外は繊維質が
露出状態となっているため、椰子の繊維の特性は充分に
発揮され、芯体全体としての弾性は大きく歩行による加
圧と加圧解放の繰返しにより空隙内は通気性の良好な被
覆布を通じて外部の新鮮な空気を吸入呼吸して臭気、汗
などを含んだ空気を排出し、芯体の大きな弾性はこの作
用を長期にわたり、持続するので使用中その効果が減退
することなく長時間の使用によっても靴内部がむれたり
、悪臭を発することがなく、水虫の予防にも効果を有す
るのである。
さらに水虫の予防には従来から行なわれている銅や銅合
金を併用できることは勿論である。
な1本考案に釦いて積層する椰子の繊維よりなる芯体は
一層でもよいが数層を重ね合わせて使用することもでき
る。
また中間層としてのクッション性大なる発泡層2と椰子
の繊維よりなる芯体3は、第1図釦よび第2図では発泡
層2が芯体3の上部に位置する場合を示したが、これは
発泡層2が芯体3の下部に位置するようにしてもよい。
最下層の合成樹脂または合成ゴムの発泡層あるいはフィ
ルム層としては、ポリエチレン、エチレン−酢酸ビニル
、ポリウレタン、ポリスチレン等の合成樹脂、ネオプレ
ン、1,2−ポリブタジェンなどの合成ゴムでクッショ
ン性の良いものが用いられる。
また最上層の表面中敷材としては積層インノールとして
使用した時に足によくフィツトしてしかもあたたかい感
じを持たせると同時に通気性のよいものということから
織布あるいは不織布、皮革などが好ましい。
また合成皮革としても通気性のあるものであれば使用す
ることができる。
しかしてこのような積層構造をとる積層インソールの構
造は、従来から行なわれている一体成形法を採用しても
、また最上層の表面中敷材の層乞後から貼着する方法で
あってもよいが、この場合点接着を行うことがより好ま
しい。
また本考案にあ−ける積層インソールは爪先部分に釦い
ては最下層の合成樹脂または合成ゴムの発泡層あるいは
フィルム層を欠如していても差支えない。
また逆に爪先部分のみ椰子の繊維よりなる芯体を除き、
踵部のみに該芯体を施こして、これによって爪先部、踵
部の前後の硬度差を加減し、インソール全体としてのフ
ィツト感を増大させることもできる。
さらにクッション性も下層の発泡層より芯体の方が少な
いので、そのクッション性の程度金芯体で調整すること
ができる。
かくして得られる積層インソールはボリュームの割に軽
く、足あた9が非常によく、しかも吸汗、発汗、吸臭作
用などがあるので、スポーツシューズやジョギングシュ
ーズなど多量の汗全出す運動をするような場合に履く靴
には最適である。
またこのような積層インソールは足の疲れを少なくする
ことができ従って足の疲れからひざを痛めるなどのおそ
れを全く有しないのである。
【図面の簡単な説明】
第1図は一部断面を示す本考案の靴用積層インソールの
斜視図、第2図は本考案積層インソールの構造の一実施
例を示す第1図■−■線断面図、第3図は椰子の繊維よ
シなる芯体の拡大平面図である。 1・・・表面中敷材、2・・・発泡層、3・・・芯体、
4・・・合成樹脂または合成ゴムの発泡層またはフィル
ム層。

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. ポリエチレン、エチレン−酢酸ビニル、ポリウレタン等
    の合成樹脂あるいは合成ゴムの発泡体またはフィルム層
    上にクッション性良好な発泡層卦よび椰子の繊維よりな
    る芯体金積層し、その上に表面中敷材を被着したこと金
    特徴とする靴用積層インソール。
JP2254481U 1981-02-18 1981-02-18 靴用積層インソ−ル Expired JPS5927133Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2254481U JPS5927133Y2 (ja) 1981-02-18 1981-02-18 靴用積層インソ−ル

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2254481U JPS5927133Y2 (ja) 1981-02-18 1981-02-18 靴用積層インソ−ル

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS57136207U JPS57136207U (ja) 1982-08-25
JPS5927133Y2 true JPS5927133Y2 (ja) 1984-08-07

Family

ID=29820340

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2254481U Expired JPS5927133Y2 (ja) 1981-02-18 1981-02-18 靴用積層インソ−ル

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS5927133Y2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2576883Y2 (ja) * 1992-02-26 1998-07-16 株式会社小崎 靴の中敷

Also Published As

Publication number Publication date
JPS57136207U (ja) 1982-08-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA1148738A (en) Preformed lining component for skate boots and the like
US4187621A (en) Shoe innersole
EP3332661A1 (en) Rigid three-dimensional sock-shoe
US6029372A (en) Thong
US5553399A (en) Lightweight footwear article providing improved traction
US3256621A (en) Ventilated shoe
EP3415028A1 (en) Three-dimensional sock-shoe
EP3415023A1 (en) Moisture-permeable waterproof shoe having an upper made of jacquard woven fabric
US9392839B2 (en) Laminate quarter panel for a skate boot and skate boot formed therewith
JP3474468B2 (ja) 靴底用通気部材及びこれを備えた通気靴
WO1999034972A1 (en) Flexible sheet material
CN204191720U (zh) 一种低温热可塑鞋垫及护具
US3425075A (en) Method of making leather footwear
CN207023396U (zh) 一种防水透气雨鞋
US2530737A (en) Shoe molded to shape of foot
JPS5927133Y2 (ja) 靴用積層インソ−ル
JP3280595B2 (ja) 靴及びその製造方法
CN209610004U (zh) 一种保健运动鞋
CN2803042Y (zh) 保健安全舒适气垫及应用该气垫的鞋垫
JPS6334721B2 (ja)
US2037170A (en) Shoe
CN214983931U (zh) 一种用于鞋面的穿着舒适的超细纤维合成革
CN212488743U (zh) 一种防水透气运动鞋
CA2957975A1 (en) Rigid three-dimensional sock-shoe
CN219146896U (zh) 一种透气性强的休闲鞋