JPH11276396A - Wiping tape - Google Patents

Wiping tape

Info

Publication number
JPH11276396A
JPH11276396A JP8228998A JP8228998A JPH11276396A JP H11276396 A JPH11276396 A JP H11276396A JP 8228998 A JP8228998 A JP 8228998A JP 8228998 A JP8228998 A JP 8228998A JP H11276396 A JPH11276396 A JP H11276396A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
wiping
tape
fibers
extra
fine
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP8228998A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Etsuo Kiyomura
Koshi Takahashi
Masakazu Yamakoshi
正和 山越
清村  悦央
幸志 高橋
Original Assignee
Toray Ind Inc
東レ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a wiping tape excellent in cleaning effect after wiping, reduced in dust generation and capable of being suitably used for wiping off the surface stains of an electronic equipment component or the like such as a magnetic disk and a magnetic tape. SOLUTION: This wiping tape is constituted of textile fabrics composed by using a knit-deknit-processed multi-filament crimped threads consisting of extra fine fibers as warp or/and weft. The ratio of the total fineness of the warp to that of the weft is defined as 2-10, thus the total fineness of the knit- deknit-processed multi-filament crimped threads consisting of the extra fine fibers is made larger to obtain the float structure of the extra fine fibers.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、好適にはハードディスク(磁気ディスク)や磁気テープ等の電子機器部品等の表面の汚れの拭取り用に使用されるワイピングテープに関し、さらに詳しくは、回転駆動ローラ系で引張り移動させながら電子機器部品等の汚れ拭き取るために好ましく使用されるワイピングテープに関するものである。 The present invention relates is preferably relates wiping tape used for wiping stains surfaces such as electronic components such as a hard disk (magnetic disk) or magnetic tape, and more particularly, the rotary drive while moving tension rollers system relates preferably wiping tape used to wipe dirt such as electronic equipment parts.

【0002】 [0002]

【従来の技術】ハードディスクや磁気テープ等の電子機器部品では、それらの表面にできる油膜や塵などの汚れの有無が性能に重大な影響を及ぼすため、これら部品の製造工程には汚れの拭取り工程が設けられて、製品の清浄処理が行なわれるようになっている。 BACKGROUND ART In a hard disk or magnetic tape or the like electronic equipment parts, for the presence or absence of stains such as oil film or dust that can be on their surfaces a significant impact on performance, contamination in these parts of the manufacturing process wiping step is provided, so that the cleaning treatment of the product takes place.

【0003】従来、このような拭取り工程の拭取り手段としては、例えば実開平1−160959号公報等に提案されているような極細繊維使いの布帛をスリットしたワイピングテープが使用されている。 Conventionally, as the wiping means such wiping process, the wiping tape is used which has been slit ultrafine fibers Tsukai fabrics such as for example proposed in real-Open 1-160959 Patent Publication. この極細繊維使い布帛からなるワイピングテープは、通常繊度の繊維からなるワイピングテープに比べて被処理面への拭き残しが少ないため、より高い拭き取り性能を発揮することができるものであった。 The ultrafine fiber Tsukai fabric consisting wiping tape, because less wiped to the treated surface as compared to the wiping tape consisting of normal fineness of fibers were those which can exhibit a higher wiping performance.

【0004】しかしながら、最近のハードディスク等の電子機器部品は、その性能の一層の向上を図るために拭き取り後の清浄度をさらに高度にすることが要求されるようになっている。 However, electronic components such as a recent hard disk is configured is required to more sophisticated cleanliness after wiping in order to further improve its performance. そのため、例え極細繊維使いの布帛であっても、従来のワイピングテープでは上記最近の要求に対して十分に対応することが難しくなってきている。 Therefore, even in the fabric of ultrafine fiber Tsukai example, in the conventional wiping tape it is becoming difficult to sufficiently deal with respect to the recent request.

【0005】また、特開平2−139449号公報では、ポリエステルとポリアミドの分割繊維からなる捲縮加工糸により構成された織編物の比容積を限定したワイピングクロスが提案されている。 Further, in Japanese Laid-2-139449, JP-wiping cloth for limiting the specific volume of the woven or knitted fabric constituted by crimped yarn made of split fibers of polyester and polyamide it has been proposed. しかしながら、これは拭取性能を水と油の吸収速度と量で数値化したものであり、現実に使用される電子情報機器の製造工程でのワイピング材としては十分な拭取性能が得られない。 However, this is a numeric indication of the wiping performance in the absorption rate and amount of water and oil, no sufficient wiping performance can be obtained as a wiping member in the manufacturing process of the electronic information equipment to be used in reality . すなわち、一定方向で、テープ形状でのワイピングクロスまたは対象物の機械的移動による拭取の場合には、拭き残しが避けられない。 That is, in a certain direction, when the wiping by mechanical movement of the wiping cloth or object tape shape is inevitably wiped.

【0006】さらに、0.5デニール以下の極細繊維からなる布帛に立毛を付与したワイピングクロスが特開平4−263648号公報で提案されているが、発塵があるためクリーンルームでの実用には適さない。 Furthermore, although a wiping cloth imparted with napped to fabric consisting of 0.5 denier or less of ultrafine fibers has been proposed in JP-A-4-263648, suitable for practical use in a clean room because there is a dust Absent.

【0007】 [0007]

【発明が解決しようとする課題】本発明の目的は、拭き取り後の清浄度をこれまで以上に向上することができるワイピングテープを提供することにあり、特に、ニットデニット糸を用いることにより、収束によって、被拭き取り面に強固にこびりついた汚れを容易に引き取ることができるとともに、ウネリによって織物表面に適度な凹凸のある模様を表現することができ、その模様は染色しなくても他素材からなるワイピングクロスとの識別を容易にできるワイピングテープを提供することにある。 The purpose of the 0008] The present invention is to provide a wiping tape that can improve the cleanliness after wiping than ever, especially, by using the knit de knit yarn, the convergence, it is possible to pick up facilitating firmly caked dirt to be wiped surface, can express a pattern with a moderate irregularities on the fabric surface by swell, other materials also its pattern is not stained the identification of the wiping cloth made to provide a wiping tape that can be easily.

【0008】本発明の他の目的は、静電気の発生を押さえ、クリーン度が要求される産業界での使用に適した絶縁破壊のない高度な拭取性を有する、発塵量の少ないワイピングテープを提供することにある。 Another object of the present invention, pressing the generation of static electricity, have a high wiping resistance without breakdown suitable for use in industry where cleanliness is required, fewer wiping tape dust generation amount It is to provide a.

【0009】本発明のさらに他の目的は、電子機器の製造工程など一定方向での拭取性が要求される用途での拭き残しのないワイピングテープを提供することにある。 It is still another object of the present invention is to provide a wipe leaving no wiping tape in applications where wiping of constant direction such as the manufacturing process of the electronic apparatus is required.

【0010】 [0010]

【課題を解決するための手段】本発明のワイピングテープは、単繊維繊度1デニール以下の極細繊維からなるニットデニットのマルチフィラメント捲縮糸をタテ糸またはヨコ糸の少なくとも一方に用いてなる織物であって、 Wiping tape of the present invention, in order to solve the problems] becomes the knit de knit multifilament crimped yarn made of single fiber fineness of 1 denier or less of ultrafine fibers using at least one of the warp or weft fabric there is,
該タテ糸と該ヨコ糸の総繊度の比率が1.5〜10倍であることを特徴とするワイピングテープである。 The ratio of the total fineness of the warp yarn and the weft yarn is a wiping tape, which is a 1.5 to 10 fold.

【0011】本発明のワイピングテープはまた、以下の好ましい実施態様を含む。 [0011] The wiping tape of the present invention also includes the following preferred embodiments.

【0012】(1)前記タテ糸または該ヨコ糸の少なくとも一方に制電性繊維を含むマルチフィラメント糸条を配してなること。 [0012] (1) the warp yarn or formed by arranging multifilament yarn comprising antistatic fibers in at least one of said weft yarn.

【0013】(2)前記ヨコ糸がマルチフィラメント捲縮糸であり、該タテ糸が制電性繊維を含むマルチフィラメント糸条であること。 [0013] (2) said weft is a multifilament crimped yarn is a multifilament yarns of the warp yarn comprises antistatic fibers.

【0014】(3)前記マルチフィラメント捲縮糸の方の総繊度が、該制電性繊維を含むマルチフィラメント糸条の総繊度より大きいこと。 [0014] (3) the total fineness towards multifilament crimped yarn is greater than the total fineness of the multifilament yarn comprising 該制 conductive fibers.

【0015】(4)織物構造が、該マルチフィラメント捲縮糸の浮き構造であり、表面に収束したウネリを有すること。 [0015] (4) woven structure is a floating structure of the multifilament crimped yarn, it has a waviness converged on the surface.

【0016】(5)前記タテ糸と該ヨコ糸の数の単位面積当たりの比率が、1:10以上であること。 [0016] (5) a ratio per unit area of ​​the number of the warp yarn and the weft yarn is 1: 10 or more it is.

【0017】(6)前記ヨコ糸の方の数が該タテ糸の数より多いこと。 [0017] (6) that the number of people of the weft yarn is greater than the number of the warp yarn.

【0018】(7)前記タテ糸が単糸繊度0.5〜5. [0018] (7) the warp yarn is a single fiber fineness of 0.5 to 5.
0デニールの生糸で、100℃の熱水中における収縮率が10%以下の合成繊維からなること。 0 denier raw silk, the shrinkage ratio in hot water at 100 ° C. is 10% or less of synthetic fiber.

【0019】(8)前記ワイピングテープが、厚さ0. [0019] (8) the wiping tape, thickness 0.
1〜0.7mm、幅3〜1,800mmのテープ状に両エッジをヒートカットされて形成されており、かつそのテープ長手方向の引張り強度が40〜70kg/5c 1~0.7Mm, are formed in a tape form on both edges of the width 3~1,800mm been heat cutting, and the tensile strength of the tape longitudinal direction thereof 40~70kg / 5c
m、伸度が20〜50%であること。 It m, elongation of 20 to 50%.

【0020】(9)JIS B9923 6.2(1. [0020] (9) JIS B9923 6.2 (1.
1)による前記テープの発塵量を5μm以上のパーティクルが20個/ft 3・100cm 2以下であり、そしてそのテープを樹脂フィルムの袋内に密封パックしてなること。 1) by the tape dust amount 5μm or more particles 20 / ft is a 3 · 100 cm 2 or less, and sealed pack and become things into the bag of the tape resin film.

【0021】(10)前記テープが巻芯にロール状に巻上げられていること。 [0021] (10) wherein the tape is wound into a roll on the winding core.

【0022】(11)回転駆動ローラ系で引張り移動させながら電子機器部品の汚れ拭取り用に使用されこと。 [0022] (11) while moving tension in the rotary drive roller system is used that the dirt wiping of electronic components.

【0023】 [0023]

【発明の実施の形態】本発明のワイピングテープを構成するタテ糸または/およびヨコ糸には、単繊維繊度1デニール以下の極細繊維からなるマルチフィラメント糸条をニットデニット加工したマルチフィラメント捲縮糸が用いられる。 The longitudinal yarns and / or weft constituting the wiping tape of the present invention DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION multifilament crimp multifilament yarn composed of a single fiber fineness of 1 denier or less of ultrafine fibers were knit de knit process yarn is used.

【0024】本発明で用いられる極細繊維からなるマルチフィラメント糸条は、例えば2種の異なるポリマーからなる海島型複合繊維の海成分を溶解または分解除去することによって得ることができ、また、2種の異なるポリマーからなる分割型複合繊維の各成分を剥離分割せしめることによって得ることができる。 The multifilament yarn Article consisting of ultrafine fibers used in the present invention, for example, can be obtained by dissolving or decomposing and removing two different sea component of the sea-island type composite fiber made of a polymer, also, two each component of the splittable conjugate fibers of different polymers with can be obtained by allowed to peel split.

【0025】本発明において、極細繊維からなるマルチフィラメント糸条を造るために使用されるポリマーは、 [0025] In the present invention, the polymer used to produce a multifilament yarn consisting of microfibers,
特に限定されるものではなく、通常の方法で製糸可能なものであればいずれのポリマーであっても使用することができる。 In particular the invention is not limited, it can also be used in any of the polymer as long as it can reeling in the usual way. 例えば、ポリエステル、ポリアミド、ポリビニルアルコール、ポリオレフィンなどを例示することができ、なかでもポリエステルが特に好ましく用いられる。 For example, polyesters, polyamides, polyvinyl alcohol, etc. can be exemplified polyolefins, among others polyester is particularly preferably used.

【0026】本発明において極細繊維は、単繊維繊度が1デニール以下、好ましくは0.5デニール以下、より好ましくは0.3デニール以下の繊維であり、特に好ましくは単繊維繊度が0.05〜0.2デニールの極細繊維が用いられる。 The microfine fibers in the present invention, single fiber fineness of 1 denier or less, preferably 0.5 denier or less, more preferably less fibers 0.3 denier, particularly preferably 0.05 to the single fiber fineness 0.2 denier microfine fibers are used.

【0027】単繊維繊度が小さいほど繊維の表面積は大きくなり、糸条や織物における小さな空隙も多くなる。 The surface area of ​​the fiber as a single fiber fineness is small becomes large, many small voids in yarn or fabrics.
その小さな空隙に微小な粒子が捕獲されて、優れた拭取性を発現されるのである。 Its fine particles small air gap is captured, it is being expressed excellent wiping properties. そして、単繊維繊度が小さいことによって、ワイピングテープが被対象物に接したとき、繊維が座屈しやすく、汚れ成分を捕獲しやすくなる。 Then, by the single fiber fineness is small, when the wiping tape is in contact with the subject matter, the fiber tends to buckle, easily capture soil components. この座屈性はポリエステルよりもポリアミドの方が曲げ剛性の点では有利である。 This buckling is advantageous in terms of flexural rigidity towards the polyamide than polyester.

【0028】本発明の極細繊維からなるマルチフィラメント糸条には、ニットデニットのマルチフィラメント捲縮糸が用いられる。 [0028] The multi-filament yarn made from ultra-fine fibers of the present invention, a multi-filament crimped yarn of the knit de knit is used. ニットデニットは、極細繊維からなるマルチフィラメント糸条を製編して一旦編物となし、 Knit de knit, once knitting and pear and knitting a multi-filament yarn made from ultra-fine fibers,
必要に応じて熱固定し、糸条を解除することによって得られるもので、マルチフィラメントが収束した屈曲した捲縮構造を有している。 Heat and fixed as needed, those obtained by releasing the yarn, has a bent crimped structure multifilament has converged.

【0029】このニットデニット加工したマルチフィラメント捲縮糸を用いることによって、得られる織物は、 [0029] By using the multifilament crimped yarn was the knit de knit process, the resulting fabric,
収束したウネリのある捲縮が表面に浮き出た構造になり、収束によって、曲げ剛性が大きくなり、強固にこびりついた微粒子をも拭き取ることができ、かつ、ウネリによって織物表面に適度な凹凸模様のあるワイピングテープを得ることができる。 It becomes a converged waviness crimp is standing out on the surface structure, the convergence, the bending rigidity is increased, also it is possible to wipe firmly caked particles, and a moderate uneven pattern to the fabric surface by undulation it can be obtained wiping tape. 模様は、染色をしなくても他素材からなるワイピングテープとして識別する意味で重要である。 Pattern is important in the sense of identifying as wiping tape made from other materials without staining.

【0030】本発明のワイピングテープは、ニットデニットのマルチフィラメント捲縮糸をタテ糸または/およびヨコ糸に使いて構成されるが、ニットデニットのマルチフィラメント捲縮糸は、好適にはヨコ糸に用いられる。 The wiping tape of the present invention is constructed by using multifilament crimped yarn knit de knit the warp and / or weft are multifilament crimped yarn knit de knit, preferably horizontal used in the yarn.

【0031】本発明のワイピングテープにおいては、ニットデニットのマルチフィラメント捲縮糸の他に、他のマルチフィラメント糸条をタテ糸または/およびヨコ糸に、好ましくはヨコ糸に配することができる。 [0031] In wiping tape of the present invention, in addition to the multifilament crimped yarn knit de knit, the other multifilament yarn in the warp and / or weft, preferably be located in the weft yarn . 使用されるマルチフィラメント糸条は、前記極細繊維からなるマルチフィラメント捲縮糸との総繊度の比率を1.5〜1 Multifilament yarns Article used, the ratio of the total fineness of the multifilament crimped yarn made of the ultrafine fibers 1.5-1
0倍、好ましくは3〜7倍とすることを除いて任意であり、例えば、単繊維繊度が1デニール以上の通常のマルチフィラメント糸条を用いることができる。 0 times, preferably is optional, except that a 3-7-fold, for example, a single-fiber fineness can be performed according to conventional multifilament yarn than 1 denier. 具体的には、単繊維繊度が好ましくは0.5〜5デニールの範囲にある、総繊度が好ましくは20〜60デニールのマルチフィラメント糸条を用いることができる。 Specifically, the single fiber fineness is preferably in the range of 0.5 to 5 denier, a total fineness can be preferably used a multi-filament yarn of 20 to 60 denier.

【0032】本発明において、このマルチフィラメント糸条を作るために用いられるポリマーは特に限定されるものではなく、前記極細繊維からなるマルチフィラメント糸条に使用されるポリマーと同じ、通常の方法で製糸可能なものであればいずれのポリマーであっても適用することができる。 [0032] In the present invention, the multifilament yarn polymers used to make is not particularly limited, the same as the polymer used in the multifilament yarn consisting of the ultrafine fibers, reeling in the usual manner as long as it can be any polymer can be applied. 例えば、ポリエステル、ポリアミド、 For example, polyesters, polyamides,
ポリビニルアルコール、およびポリオレフィンなどを例示することができ、中でもポリアミドやポリエステルが特に好ましく用いられる。 Polyvinyl alcohol, and the like can be exemplified polyolefins, particularly preferably used among them polyamides and polyesters.

【0033】また、このマルチフィラメント糸条は、制電性繊維を含むことが好ましい。 Further, the multifilament yarn provides that preferably contains antistatic fibers. 制電性繊維としては、 The antistatic fiber,
例えば、ポリアルキレンエーテルセグメントを含有するブロックポリエーテルアミドまたはグラフトポリエーテルアミド(変性ポリアミド)をポリアミドまたはポリエステルと混合紡糸して、変性ポリアミドをポリアミドまたはポリエステル中に繊維軸方向に細長い分散粒子として混在させたフィラメント、カーボンブラックや炭素繊維等の導電性物質を含有せしめた重合体からなるフィラメント、特に芯鞘型複合繊維の芯成分に導電性物質を含有せしめた重合体からなるフィラメント、金属フィラメント等が挙げられる。 For example, the polyalkylene ether segments containing block polyetheramide or graft polyether amide (modified polyamide) were mixed spun polyamide or polyester, a modified polyamide is mixed as an elongated dispersed particles in the fiber axis direction in polyamide or polyester filaments, filaments made of a conductive substance for the additional inclusion of polymers such as carbon black or carbon fibers, in particular core-sheath type composite fiber filaments consisting of polymers for the additional inclusion of conductive material core components, metal filaments and the like and the like.

【0034】本発明のワイピングテープの特徴のひとつは、タテ糸とヨコ糸の総繊度の比が1.5〜10倍で、 [0034] One of the features of the wiping tape of the present invention, the ratio of the total fineness of the warp and weft yarn is in the 1.5 to 10 times,
好適には極細繊維からなるマルチフィラメント糸の総繊度の方を大きくし、かつニットデニットのマルチフィラメント捲縮糸を用いることである。 Preferably increasing towards the total fineness of the multifilament yarn composed of ultrafine fibers, and is to use a multifilament crimped yarn knit de knit. これによって、織物の表面が実質的に極細繊維で覆われた織物となる。 This makes fabric surface of the fabric is covered with substantially the ultrafine fibers.

【0035】本発明においては、さらに、タテ糸とヨコ糸構成するマルチフィラメント糸条の単位面積当たりのフィラメント数の比率を、好ましくは1:20以上とすること、より好ましくは、タテ糸を形成するフィラメント数1に対してヨコ糸を20以上、より好ましくは30 [0035] In the present invention, further, the ratio of the number of filaments per unit area of ​​the multifilament yarn which constitutes the warp yarn and weft yarn, it preferably 1:20 or more, more preferably, form a warp yarn the weft yarn 20 or more with respect to the number of filaments 1, more preferably 30
以上、さらには50以上とすることにより、本発明の効果をさらに助長することができる。 Or more, further by 50 or more, it is possible to further promote the effect of the present invention. この比率が小さくなると、ヨコ糸による表面カバー率が小さく、一定方向の拭取性作業では拭き残しがでることがある。 When this ratio is small, low surface coverage by the weft yarn, it may be wiped out in a fixed direction of wiping property working. ここに、単位面積当たりのフィラメント数はタテ糸またはヨコ糸の織密度(本/インチ)で表される。 Here, number of filaments per unit area is represented by warp or weft yarn weaving density (cords / inch).

【0036】本発明のワイピングテープ織物においては、好ましくは一定方向、すなわちテープの長さ方向への移動による拭取性能向上のため、極細繊維からなるニットデニットのマルチフィラメント捲縮糸をヨコ糸に用いることが好ましい。 [0036] In the wiping tape fabric of the present invention, preferably a fixed direction, namely for wiping performance improvement by moving in the length direction of the tape, the weft yarn a multifilament crimped yarn knit de knit made of ultrafine fibers it is preferably used for. このようにすることにより、ヨコ糸に用いたマルチフィラメント捲縮糸が織物表面に多く浮いた織物構造となる。 By doing so, multifilament crimped yarn is more floating fabric structure to the fabric surface with the weft yarn. この場合、タテ糸には、前述の単糸繊度0.5〜5デニールのマルチフィラメント糸条が好ましく用いられる。 In this case, the warp yarn, are preferred multifilament yarn of a single yarn fineness 0.5-5 denier above. このタテ糸は、織物の形態安定化に役立ち、織物のタテ方向の伸びを抑制するため、寸法変化の少ない生糸が好ましい。 The warp yarn helps form stabilization of the fabric, for suppressing the elongation of the longitudinal direction of the fabric, preferably less silk dimensional change. さらに生機から製品に仕上げるまでの熱履歴を受けた場合の寸法変化の少ない糸で、100℃の熱水処理における収縮率が10%以下のものが好ましく、さらには6%以下のものが好ましい。 With less yarn dimensional change when further subjected to thermal history from greige to finished product, preferably has a 10% or less shrinkage at 100 ° C. hydrothermal treatment, more preferably from 6% or less. この収縮率が大きすぎると拭取作業時にかかる張力でワイピングテープが変形し、十分な拭取性能を示さない傾向となる。 This shrinkage is too large when the wiping tape tension during wiping work is deformed, they tend to exhibit insufficient wiping performance. この寸法安定化の手段として、別に仕上げ工程での熱処理固定を併用することもできる。 As a means for this dimensional stabilization, it may be used in combination heat treatment fixation in separate finishing step.

【0037】この場合、織組織は平織り、綾織り、朱子織り等いずれでもよいが、ヨコ糸の浮き構造をより効果的にするため、朱子織りのように一方の糸条が織物表面に浮き出る織組織とすることが好ましい。 [0037] In this case, weave plain weave, twill weave, may be any satin weave or the like, for a more effective floating structure of the weft yarn, woven stand out on one of the yarn is woven surface as Ri satin weave it is preferable to the organization.

【0038】本発明の実施態様として、極細繊維からなるマルチフィラメント捲縮糸が主に織物表面に浮き出ており、制電性繊維等の他のマルチフィラメント糸条が織物内部に存在する構造とすることができる。 [0038] As an embodiment of the present invention, multifilament crimped yarn made of ultrafine fibers are mainly stand out on the fabric surface, a structure in which other multifilament yarn, such as antistatic fibers are present within the fabric be able to.

【0039】本発明ではこのように構成したことで、ワイピングテープを構成する織物の表面に浮き出たニットデニットの極細捲縮繊維からなるマルチフィラメント糸条が、表面の油膜などの強固な汚れをマルチフィラメント捲縮糸内部の無数の空隙に、毛細管現象により吸い入れる作用を有するため、被処理表面に汚れを残さないように拭き取ることができる。 [0039] In the present invention, by configured as this, multifilament yarn made of knit de knit ultrafine crimped fibers stand out on the surface of the fabric constituting the wiping tape is a solid stains such as oil film on the surface countless voids inside multifilament crimped yarn, since it has the effect of placing sucked by capillary action, it can be wiped off to leave no stain on the treated surface. また、一方に制電性繊維を配することで、静電気の発生を押さえ発塵量を少なくすることができる。 Further, by disposing the antistatic fibers to one, it is possible to reduce the amount of dust down the generation of static electricity.

【0040】本発明のワイピングテープは、厚さ0.1 [0040] wiping tape of the present invention, 0.1 thickness
〜0.7mmの織物を、幅3〜1,800mmのテープ状に両エッジをヒートカットすることによって製造することができる。 The fabric ~0.7Mm, can be produced by heat cutting a tape-like on both edges of the width 3~1,800Mm. そして、ワイピングテープ長手方向の引張り強度が40〜70kg/5cm、伸度が20〜50 The wiping tape longitudinal direction of the tensile strength 40~70kg / 5cm, elongation 20-50
%であることが好ましい。 % It is preferred that.

【0041】このように両エッジがカットされたテープは、そのエッジ部分から繊維が切断端末が発塵しやすいという問題があるが、上記のようにエッジがヒートカットされていることにより繊維の切断端末が相互に融着し、発塵を制御することができる。 [0041] Thus the tape both edges are cut, the but fibers from the edge portion cutting device is liable to dust, fiber cutting by the edge as described above is heat cutting terminal can be fused to each other, to control dust. さらに極細繊維からなるマルチフィラメント捲縮糸が毛羽立ちのない長繊維であるため、マルチフィラメント自身が自己発塵することがなく、無塵性に優れたワイピングテープとすることができる。 Furthermore because of the long fibers without the multifilament crimped yarn fuzz composed of ultrafine fibers can be a multifilament itself without self dust, and excellent wiping tape dust-free.

【0042】本発明のワイピングテープは、さらにテープ長手方向の伸度が20〜50%であることにより、拭取り時に適度の伸びを発生して摩擦力を逃がすようにするため極細繊維の単糸切れを発生せず、新たな発塵の原因になることがないので、清浄度を一層向上することができる。 The wiping tape of the present invention, by further 20 to 50 percent elongation of the tape longitudinal direction, single yarn of ultrafine fibers so that escape the frictional force generated moderate elongation upon Ri wiping without generating broken, since there is no cause of new dust can be further improved cleanliness. しかも、ワイピングテープ厚さを0.1〜0. In addition, from 0.1 to 0 the wiping tape thickness.
7mm、長手方向の引張り強度を40〜70kg/5c 7 mm, a longitudinal tensile strength 40~70kg / 5c
mにしているため、上記伸びによる極細繊維の単糸切れも発生せず、優れた清浄度の拭き取りを可能にする。 Due to the m, and single yarn breakage of the microfine fibers by the elongation it does not occur, enabling the wipe excellent cleanliness.

【0043】図1(A)、(B)は、それぞれ本発明の実施形態からなるワイピングテープを示すものである。 [0043] Figure 1 (A), (B) shows a wiping tape according to an embodiment of the present invention, respectively.

【0044】図1(A)に示すものは、極細繊維からなるマルチフィラメント捲縮糸の織物を幅狭にヒートカットによりスリットしたワイピングテープ1であって、巻芯2にロール状の巻上げ体10として巻き上げられている。 The one shown in FIG. 1 (A), a wiping tape 1 was slit by heat cutting the multifilament crimped yarn of the fabric made of ultrafine fibers in a narrow, winding body 10 to the winding core 2 of the roll-like It has wound up as. また、図1(B)に示すものは、同じ織物を幅広にヒートカットによりスリットしたワイピングテープ1であって、同じく巻芯2にロール状の巻上げ体10として巻き上げられている。 Further, as shown in FIG. 1 (B), a wiping tape 1 was slit by the same fabric wider heat cutting, and also wound up on the winding core 2 as winding body 10 of a roll.

【0045】これらワイピングテープ1は、必ずしも図示のようにロール状に巻き上げる必要はないが、ロール状に巻き上げると、例えば40〜50mにも及ぶ長いテープであっても極めてコンパクトに収納することができる。 [0045] These wiping tape 1, but not necessarily need to wind into a roll as shown, when wound up into a roll, can be stored for example in very compact even long tape of up to 40~50m . また、ロール状に巻き上げておけば、図4のような方法で使用するとき、磁気テープなどの樹脂フィルム表面の拭取り操作を容易にすることができる。 Also, if wound into a roll, when used in the method as shown in FIG. 4, it is possible to facilitate the wiping operation of the resin film surface of the magnetic tape.

【0046】図4に示す拭取り操作では、拭取り操作前の樹脂フィルム5が巻き上げられた巻上げ体30を巻戻機6にセットし、この巻上げ体30から樹脂フィルム5 [0046] In the wiping operation shown in FIG. 4, and sets the winding body 30 rolled up resin film 5 before wiping operation rewind machine 6, the resin film 5 from the winding body 30
を引き出しながら巻取機7に連続的に巻き上げる一方、 While continuously wound up winder 7 while pulling a
この上方の巻戻し機8にワイピングテープ1の巻上げ体10をセットし、この巻上げ体10からワイピングテープ1を引き出しながら巻取機9に巻き上げるようにしている。 The above rewinder 8 sets winding body 10 of the wiping tape 1, so that winding on the winding machine 9 while pulling the wiping tape 1 from the winding body 10. ワイピングテープ1と樹脂フィルム5とは互いに反対方向に走行しており、そのワイピングテープ1の上面から圧着ロール4を押し下げて樹脂フィルム5に圧着させると、ワイピングテープ1が樹脂フィルム5の表面に所定の摩擦力で相対移動しながら拭取り作用を行うようになっている。 The wiping tape 1 and the resin film 5 is traveling in opposite directions, which when pressed on the resin film 5 by pressing down the press roll 4 from the upper surface of the wiping tape 1, a predetermined wiping tape 1 on the surface of the resin film 5 and performs a wiping action while relative movement of the friction force.

【0047】また、図5(A)、(B)は、ロール状に巻き上げたワイピングテープをハードディスク表面の拭取り操作に利用する場合を示す。 Further, FIG. 5 (A), (B) shows a case of using the wiping tape wound up into a roll in the wiping operation of the hard disk surface.

【0048】この拭取り操作工程では、回転軸にセットしたハードディスク15の上方の巻戻し機8にワイピングテープ1の巻上げ体10をセットし、この巻上げ体1 [0048] In the wiping operation step, setting the winding body 10 of the wiping tape 1 over the rewinding machine 8 of the hard disc 15 set at the rotation axis, the winding body 1
0からワイピングテープ1をハードディスク15の半径方向上面を横切らせるように巻取機9に巻き上げている。 The wiping tape 1 from 0 are wound onto the winding machine 9 so as to traverse the radial upper surface of the hard disk 15. そしてそのワイピングテープ1の上面から圧着ロール14を押し下げてハードディスク15の半径方向上面に圧着させると、ワイピングテープ1がハードディスク15の表面に所定の摩擦力で相対移動しながら拭取り作用を行なうようになっている。 And which when pressed radially upper surface of the hard disk 15 by depressing the press roll 14 from the upper surface of the wiping tape 1, as wiping tape 1 makes a wiping action while the relative movement at a predetermined frictional force to the surface of the hard disk 15 going on.

【0049】また、ワイピングテープ1が、多数の超極細繊維が集束したマルチフィラメント捲縮糸の機能によって、図6(A)、(B)に示すような原理による拭取り性能を奏する。 [0049] Further, the wiping tape 1, the number of multifilament crimped yarn function of microfibers is focused, FIG. 6 (A), the achieve the wiping performance due to the principle as shown in (B).

【0050】この拭取り性能は、単繊維繊度が1デニールよりも太い繊維による場合には十分な効果が得られなくなってしまう。 [0050] The wiping performance, single fiber fineness is no longer sufficient effect can not be obtained in the case of thick fibers than one denier.

【0051】図6(A)に示すように、多数の超極細繊維fが集束されたマルチフィラメント捲縮糸Fは、その内部に無数の隙間Gを形成している。 [0051] As shown in FIG. 6 (A), multifilament crimped yarn F which a large number of microfibers f is focused forms innumerable gaps G therein. このマルチフィラメント捲縮糸Fの織物から形成されたワイピングテープ1によって被処理表面を拭き取ると、拭き取られた油膜や汚れDが毛細管現象によってマルチフィラメント捲縮糸F内部の隙間Gへと移動し、そこにトラップされた状態になる。 Wiping off the treated surface by wiping tape 1 which is formed from a fabric of the multifilament crimped yarn F, wiped the oil film and dirt D is moved to the multifilament crimped yarn F inside the gap G by the capillary phenomenon , in a state of being trapped there. したがって、被処理表面に汚れを残すことなく拭き取ることができ、かつワイピングテープ1の表面にも油膜や汚れDを残さないので、繰り返し拭き取りすることが可能になる。 Therefore, it is possible to wipe without leaving dirt on the surface to be treated, and so also on the surface of the wiping tape 1 leaves no oil film and dirt D, it is possible to wipe repeatedly.

【0052】さらに上記ワイピングテープ1は、超極細繊維マルチフィラメント捲縮糸が毛羽立ちのない長繊維であるため自己発塵することがなく、実質的に無塵性の特性を有している。 [0052] Furthermore the wiping tape 1 is not able to self-dusting due microfiber multifilament crimped yarn is long fiber lint, has a substantially dust-free properties.

【0053】本発明のワイピングテープ1は、上記極細繊維からなるマルチフィラメント捲縮糸を用いて製織された厚さ0.1〜0.7mm、好ましくは0.2〜0. [0053] wiping tape 1 of the present invention, the multifilament crimped yarn thickness was woven using of composed of the microfine fibers 0.1 to 0.7 mm, preferably 0.2 to 0.
5mmの織物が、幅3〜1800mmでテープ状にスリットされて形成されており、かつテープ物性として、テープ長手方向の引張り強度が40〜70kg/5cm、 5mm of fabric are formed by a slit into a tape with a width 3~1800Mm, and as a tape properties, tensile strength of the tape longitudinal direction 40~70kg / 5cm,
伸度が20〜50%であるようにしてある。 Elongation are as 20 to 50%.

【0054】このようにテープ長手方向に20〜50% [0054] 20-50% Thus in the tape longitudinal direction
の伸度(破断伸度)を有するため、拭き取り時の摩擦力により伸びを発生することによって、超極細繊維の単糸が切断を招くようなことがないので、新たに発塵を起こすことがない。 Since having elongation (breaking elongation), by generating the elongation by the frictional force when wiping, the single yarn of ultrafine fibers is no such thing as lead to cutting, it may cause new dust Absent. このテープ長手方向の伸度が小さすぎると、極細繊維が単糸切れを起こしやすくなり、また大きすぎると伸びが大きくなりすぎ、良好な拭取りを行なうことができなくなる。 When the tape longitudinal direction of the elongation is too low, the ultrafine fiber is susceptible to a single yarn breakage, also too large too large elongation, can not be performed satisfactory wiping. また、本発明において、テープの厚さを0.1〜0.7mm、長手方向の引張り強度を4 Further, in the present invention, 0.1 to 0.7 mm the thickness of the tape, the longitudinal tensile strength 4
0〜70kg/5cmにするのは、上記摩擦力に対して極細繊維に単糸切れが発生しないようにするためである。 To the 0~70kg / 5cm is so that the single yarn breakage does not occur in the ultra-fine fibers with respect to the frictional force.

【0055】したがって、本発明のワイピングテープは、上記のようなテープ特性を備えることによって、一層清浄度の高い拭取り操作を可能にすることができる。 [0055] Thus, wiping tape of the present invention, by providing the tape properties as described above, it can allow a higher cleanliness wiping operation.

【0056】上記ワイピングテープにおいて、特にクリーンルームで生産が行われるハードディスク製造工程における拭取り工程に使用するものについては、図2及び図3に示すように、実質的無塵状態に処理したのち樹脂フィルム袋3の中に密封パックするようにするとよい。 [0056] In the wiping tape, for those used in wiping process in particular hard manufacturing process produced in the clean room is performed, as shown in FIGS. 2 and 3, the resin were then treated for substantially dust-free state film better to be sealed pack in the bag 3.

【0057】ここでワイピングテープが実質的無塵状態であるとは、JIS B99236.2(1.1)の規定に準じて測定した発塵量が、5μm以上のパーティクルが20個/ft 3・100cm 2以下、さらに好ましくは5個/ft 3・100cm 2以下になっていることである。 [0057] Here, the wiping tape is substantially dust-free conditions, amount of dust generated was measured in accordance with the provisions of JIS B99236.2 (1.1) is, 5 [mu] m or more particles 20 / ft 3 · 100 cm 2 or less, and further that preferably has the following five / ft 3 · 100cm 2. このように実質的無塵状態にしたワイピングテープ1を、図2および図3のように樹脂フィルム袋3内に密封パックし、これをハードディスク製造工程の置かれたクリーンルームで開封して拭取り工程に使用するようにすれば、超無塵状態にするハードディスク製造工程等に対しても容易に適用することができるようになる。 Thus the wiping tape 1 which is substantially dust-free condition, sealed pack into the resin film bag 3 as shown in FIGS. 2 and 3, the wiping process which was opened in a clean room in which is placed a hard disk manufacturing process if to be used, even it is possible to easily apply the hard disk manufacturing process such that the ultrasonic dust-free state.

【0058】ワイピングテープを上記のように実質的無塵状態に方法としては、特に限定されるものではないが、好ましくは洗濯機で純水を使用し完全洗浄するとよく、その洗浄後、クリーンルーム内において上記ワイピングテープを樹脂フィルム袋内に収納シールするとよい。 [0058] wiping tape as a method to substantially dust-free condition as described above, it is not particularly limited, preferably may When fully cleaned using pure water in the washing machine, after its cleaning, the clean room the wiping tape may be housed seal resin film bag in.

【0059】本発明のワイピングテープは、各種装置等の清掃に用いられるが、特に磁気ディスクや磁気テープ等の電子機器部品等の表面の汚れの拭取り用に好適に使用される。 [0059] The wiping tape of the present invention is used to clean the various devices or the like, and is particularly suitably used for wiping stains surfaces such as electronic components such as a magnetic disk or magnetic tape.

【0060】 [0060]

【実施例】(実施例1)タテ糸に、50デニール、20 EXAMPLES (Example 1) in the warp yarn, 50 denier, 20
フィラメントの制電性ナイロン長繊維(単繊維繊度2. Antistatic nylon filaments of filaments (single fiber fineness 2.
5d)を用い、また、ヨコ糸に、ニットデニット加工された100デニール、18フィラメントの海島型ポリエステルマルチフィラメント捲縮糸を用いた。 Using 5d), also the weft yarn, knit de knit processed 100 denier, 18 using a sea-island type polyester multifilament crimped yarn filaments. このマルチフィラメント捲縮糸は、島成分がポリエチレンテレフタレートで、海成分がポリエステルの酸成分としてテレフタル酸と5−ナトリウムスルホイソフタル酸の共重合体からなるアルカリ可溶型ポリエステルからなる繊維(海成分溶出後の単繊維繊度:0.06d)である。 The multifilament crimped yarn is the island component and polyethylene terephthalate, fibers (sea component eluted consisting of alkali-soluble polyester sea component composed of a copolymer of terephthalic acid and 5-sodium sulfoisophthalic acid as acid component of the polyester single fiber fineness of the post-: 0.06d) is. これらのタテ糸およびとヨコ糸をそれぞれ2本引き揃えて用い、タテ密度:130本/インチ、ヨコ密度:130本/インチの8枚サテンを製織し生機とした。 Using these warp and the weft respectively two pull aligned with, vertical density: 130 yarns / inch, horizontal density was 130 yarns / woven eight satin inch and greige. 得られた生機をアルカリの存在下で熱処理し、ヨコ糸の海島型ポリエステルマルチフィラメント捲縮糸の海成分を完全に除去し、ヨコ糸を極細繊維糸に分解した。 The resulting greige heat treated in the presence of alkali, a sea-island type polyester multifilament crimped yarn of the sea component of the weft yarn is completely removed, to decompose the weft into ultrafine fiber yarn. 次に、この織物を160℃で40秒間乾熱処理し仕上げ加工した。 Was then processed The fabric was 40 seconds dry heat treatment at 160 ° C. finishing.

【0061】得られた織物は、タテ密度:150本/インチ、すなわち、1インチ間のフィラメント数は、15 [0061] The obtained fabric, longitudinal density: 150 yarns / inch, i.e., the number of filaments between one inch, 15
0×20=3,000本であり、ヨコ密度:136本/ 0 × 20 = a 3,000, horizontal density: 136 yarns /
インチ、すなわち、136×18×70×2=342, Inch, i.e., 136 × 18 × 70 × 2 = 342,
720本/インチであった。 It was 720 lines / inch. タテ糸とヨコ糸のフィラメント数の比率は約114であった。 Filament ratio of the number of warp and weft was about 114. また、タテ糸総繊度は50×150=7,500Dであり、ヨコ糸総繊度は(100×0.9)×2×136=24,480Dで、 Moreover, warp total fineness is 50 × 150 = 7,500D, weft total fineness is (100 × 0.9) × 2 × 136 = 24,480D,
タテ糸に対するヨコ糸の繊度比率は3.26であった。 Fineness ratio of weft yarn for the warp yarn was 3.26.
また、織物表面には適度な凹凸模様を有する織物であった。 It was also woven with moderate uneven pattern on the fabric surface.

【0062】さらにこの織物をタテ方向に70mm幅のテープ形状ににカットし、ワイピングテープとした。 [0062] Further to cut the fabric into tape form of 70mm width in the longitudinal direction, and a wiping tape. 得られたテープ(引張強度:62kg/5cm、伸度25 The resulting tape (tensile strength: 62kg / 5cm, elongation 25
%)は、ヨコ糸の浮き構造でタテ糸は見えないものであった。 Percent), warp yarn in the floating structure of the weft were invisible. 拭取性を評価した結果、拭き残しが全くなく、拭取性は5級でタテ筋がなく、優れた性能が確認された。 The results of the evaluation of the wiping properties, wiping leave is absolutely no, there is no vertical muscle in wiping resistance grade 5, excellent performance has been confirmed.

【0063】なお、拭取性は次のようにして評価した。 [0063] It should be noted, wiping resistance was evaluated in the following manner.
シリコーンオイルSH200(東レ・ダウコーニング・ Silicone oil SH200 (Toray Dow Corning
シリコーン株式会社製)を注射針で約5mgガラス板上に落とし、直径45mm、重さ1Kgfの円柱状荷重の一端面に固定した試料(ワイピングクロス)をガラス板上に乗せ1m/minの速度で移動し、シリコーンを拭き取る。 The Silicone Co., Ltd.) dropped on the needle at about 5mg glass plate, diameter 45 mm, sample fixed to one end surface of the cylindrical load weighing 1Kgf the (wiping cloth) at a speed of carrying 1 m / min on a glass plate move, wipe off the silicone. 次に、乾式複写機用トナー(SF−76T:シャープ株式会社製)をガラス板上に振りかけ、そのトナーを圧縮空気(1Kgf/m 2 )で吹き飛ばす。 The toner for dry copier: the (SF-76T manufactured by Sharp Corporation) was sprinkled on a glass plate, blow the toner with compressed air (1Kgf / m 2). ガラス板表面にセロテープ(積水化学工業株式会社製、登録商標)を張り付けてガラス板上の残留トナーを剥ぎ取り、セロテープに付着したトナーの程度を判定する。 Scotch tape on the surface of the glass plate (manufactured by Sekisui Chemical Co., Ltd., registered trademark) stripping the residual toner on the glass plate affixed to the degree of toner adhering to Scotch tape judges. トナーが全く付着しないもの(ガラス板のシリコーンを完全に拭き取ったもの)を5級、トナーが極めて多量に残るものを1級として5段階で肉眼判定した。 5 Grade what the toner does not at all adhere (that wiped completely silicone glass plate) was macroscopically determined what toner remains very large amount in five stages as primary. さらに、残存するトナーの付着状態をタテ筋の有無でも評価した。 Furthermore, the adhesion of the toner remaining was evaluated in the presence or absence of vertical muscles.
このタテ筋の有無が実際のハードディスク製造工程での研磨剤の除去を目的とした拭取性の拭き残し有無と一致した。 The removal of the abrasive in the presence of vertical muscle actual hard disk manufacturing process consistent with wipe of wiping leaving existence for the purpose.

【0064】(比較例1)タテ糸に、50デニール、4 [0064] (Comparative Example 1) in the warp yarn, 50 denier, 4
0フィラメントのポリエステル長繊維(単繊維繊度: 0 filaments of polyester long fiber (single fiber fineness:
1.25d)を用い、ヨコ糸に、仮ヨリ加工された70 With 1.25D), the weft, was processed false twist 70
デニール、72フィラメントのポリエステル繊維糸(単繊維繊度:0.97d)を用いて、実施例1と同様に製織し加工した。 Denier, 72 polyester fiber yarn filaments (single fiber fineness: 0.97d) was used to similarly woven processed as in Example 1. 得られた織物は、タテ密度:150本/ The resulting fabric, longitudinal density: 150 yarns /
インチ、すなわち1インチ間のフィラメント数は、15 Inch, i.e. the number of filaments between one inch, 15
0×40=6,000本であり、ヨコ密度:146本/ 0 × 40 = a 6,000, horizontal density: 146 yarns /
インチ、すなわち146×72=10,512本/インチであった。 Inch, i.e. was 146 × 72 = 10,512 / inch. タテ糸とヨコ糸のフィラメント数の比率は約1.8であった。 Filament ratio of the number of warp and weft was about 1.8.

【0065】得られた織物のヨコ糸は、捲縮による浮き構造であるが、織物のタテ糸が見えタテ糸による溝が目立ち、拭取性の評価結果も拭き残しが多く、拭取性は2 [0065] weft yarn of the fabric obtained is a floating structure by crimping, noticeable groove by the warp yarn visible warp yarn of the fabric, many also wipe leaving the evaluation results of wiping resistance, wiping property 2
級でタテ筋が認められ、十分な性能が得られなかった。 Vertical muscle was observed in grade, adequate performance can not be obtained.
これは、ヨコ糸のフィラメント数が少ないことが原因と考えられる。 This is likely because the number of filaments of the weft yarn is small.

【0066】(実施例2)タテ糸に、50デニール、4 [0066] (Example 2) in the warp yarn, 50 denier, 4
8フィラメントのポリエステル制電性長繊維(単繊維繊度:1.04d)を用い、ヨコ糸に、ニットデニット加工された75デニール、36フィラメントの海島型ポリエステルマルチフィラメント捲縮糸を用いた。 8 Polyester Antistatic filaments (single fiber fineness: 1.04d) of the filaments used, the weft yarn, knit de knit processed 75 denier, with sea-island type polyester multifilament crimped yarn of 36 filaments. このマルチフィラメント捲縮糸は、島成分がポリエチレンテレフタレートで、海成分がポリエステルの酸成分としてテレフタル酸と5−ナトリウムスルホイソフタル酸の共重合体からなるアルカリ可溶型ポリエステルからなる繊維(海成分溶出後の単糸繊度:0.12d)である。 The multifilament crimped yarn is the island component and polyethylene terephthalate, fibers (sea component eluted consisting of alkali-soluble polyester sea component composed of a copolymer of terephthalic acid and 5-sodium sulfoisophthalic acid as acid component of the polyester single yarn fineness after: 0.12d) is.

【0067】これらのタテ糸およびとヨコ糸をそれぞれ2本引き揃えて用いて、タテ密度:130本/インチ、 [0067] Using aligned two pull these warp and the weft, respectively, vertical density: 130 yarns / inch,
ヨコ密度:115本/インチである5枚サテンを製織し生機とした。 Horizontal Density: five satin is 115 yarns / inch was woven by greige. この生機をアルカリの存在下で熱処理し、 The greige was heat-treated in the presence of an alkali,
海島型ポリエステルマルチフィラメント捲縮糸の海成分を完全に除去することで、ヨコ糸を極細糸に分解した。 A sea-island type polyester multifilament crimped yarn of the sea component to completely remove and decompose the weft into fine yarn.
さらに130℃の熱水で処理することにより、糸の収縮による高密度化と洗浄を同時に実施した。 Further by treating with 130 ° C. hot water was carried densification by thread shrinkage and cleaning simultaneously. 次に、この織物を160℃で40秒間乾熱処理することで仕上げ加工した。 It was then finished by dry heat treatment for 40 seconds at the fabric 160 ° C..

【0068】得られた織物は、タテ密度:145本/インチ、すなわち1インチ間のフィラメント数は、145 [0068] The obtained fabric, longitudinal density: 145 yarns / inch, i.e. the number of filaments between one inch, 145
×48=6,960本であり、ヨコ密度:130本/インチ、すなわち130×36×16×2=149,79 × is present 48 = 6,960, horizontal density: 130 yarns / inch, ie 130 × 36 × 16 × 2 = 149,79
0本/インチであった。 It was 0 lines / inch. タテ糸とヨコ糸のフィラメント数の比率は約21であった。 Filament ratio of the number of warp and weft was about 21. また、タテ糸総繊度は50 In addition, the warp yarn total fineness is 50
×145=7,250Dであり、ヨコ糸総繊度は(75 × 145 = is 7,250D, weft total fineness (75
×0.9)×2×130=17550Dで、タテ糸に対するヨコ糸の繊度比率は2.52であった。 In × 0.9) × 2 × 130 = 17550D, fineness ratio of the weft yarn in the warp yarns was 2.52. また、織物表面には適度な凹凸模様を有する織物であった。 It was also woven with moderate uneven pattern on the fabric surface.

【0069】さらに織物をタテ方向に70mm幅のテープ形状にカットし、ワイピングテープとした。 [0069] Further cut into a tape shape of 70mm wide fabric in the longitudinal direction, and a wiping tape. 得られたテープ(引張強度:59kg/5cm、伸度37%) The resulting tape (tensile strength: 59kg / 5cm, elongation of 37%)
は、ヨコ糸の浮き構造が十分なものであった。 Is, float structure of the weft yarn was sufficient. 拭取性を評価した結果、拭き残しが全くなく、拭取性は5級でタテ筋がなく、優れた性能が確認された。 The results of the evaluation of the wiping properties, wiping leave is absolutely no, there is no vertical muscle in wiping resistance grade 5, excellent performance has been confirmed.

【0070】 [0070]

【発明の効果】本発明によれば、タテ糸とヨコ糸の総繊度比や本数比によって、ニットデニットの極細繊維からなるマルチフィラメント捲縮糸の浮き構造の織物で構成されており、また、その極細繊維からなるマルチフィラメント捲縮糸に基づく優れた拭取り性と長繊維としたことによって、一定方向の拭取り性が一段と優れたワイピングテープが得られる。 According to the present invention, the total fineness ratio and the number ratio of the warp yarn and the weft yarn is composed of a fabric floating structure multifilament crimped yarn consisting of ultrafine fibers of knit de knit, also by the excellent wiping property and long fibers based on multifilament crimped yarn consisting of the ultrafine fibers, wiping tape wiping of predetermined direction is more excellent can be obtained. 特に、クリーンルームで使用され、人間の手作業ではなく、機械的に拭き取る電子情報機器類の製造工程でのワイピンク材として高い信頼性を有するワイピングテープが得られる。 In particular, it is used in a clean room, instead of the human hand, the wiping tape is obtained with high reliability as Waipinku material in the manufacturing process of the electronic information equipment wipe mechanically. この効果は、極細繊維からなるマルチフィラメント捲縮糸に、ニットデニットの極細捲縮繊維を用いることによって増長される。 This effect, the multifilament crimped yarn made of ultrafine fibers, are length increasing by using ultrafine crimped fibers of knit de knit.

【0071】また、制電性繊維からなるマルチフィラメント糸条を他方の糸に用いることにより、静電気の発生を押さえることができ、発塵量を少なくすることができる。 [0071] Further, by using a multifilament yarn made of antistatic fibers in the other thread, it is possible to suppress the generation of static electricity, it is possible to reduce the amount of dust generated.

【0072】さらに、両エッジがヒートされていることに基づく低塵性を有し、その上に、さらにテープ長手方向の伸度を20〜50%にしたことによって、拭取り時に適度の伸びを発生して極細繊維に単糸切れを発生させず、新たな発塵による清浄度の低下を招くことがなく、 [0072] In addition, has a low dust properties of both edges is based on that it is heat, thereon, by further has an elongation of the tape longitudinal direction 20-50%, moderate elongation upon Ri wiping without generating single yarn breakage microfine fiber generated, without causing a decrease in cleanliness by new dust,
かつテープ厚さを0.1〜0.7mm、長手方向の引張り強度を40〜70kg/5cmにしたので、同じく極細繊維の単糸切れを発生せず、清浄度の一層高い拭き取り操作が可能になる。 And a tape thickness of 0.1 to 0.7 mm, since the longitudinal direction of the tensile strength in 40~70kg / 5cm, also not generate single yarn breakage of the ultrafine fibers, to be higher wiping operation cleanliness Become.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 (A)、(B)は、それぞれ本発明の実施形態からなるワイピングテープを示す斜視図である。 [1] (A), (B) is a perspective view showing a wiping tape according to an embodiment of the present invention, respectively.

【図2】 本発明のワイピングテープを樹脂フィルム袋に密封パックした他の実施形態を示す斜視図である。 The wiping tape of the present invention; FIG is a perspective view illustrating another embodiment a sealed pack into a resin film bag.

【図3】 図2のX−X矢視による断面図である。 3 is a cross-sectional view taken along X-X arrow in FIG.

【図4】 本発明のワイピングテープの使用例を示す説明図である。 4 is an explanatory diagram showing an example of use of the wiping tape of the present invention.

【図5】 (A)、(B)は本発明のワイピングテープの他の使用例を示し、(A)は概略側面図、(B)は平面図である。 [5] (A), (B) shows another example of the use of the wiping tape of the present invention, (A) is a schematic side view, (B) is a plan view.

【図6】 (A)、(B)は本発明のワイピングテープによる作用を示す説明図である。 6 (A), (B) is an explanatory view showing the action of the wiping tape of the present invention.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 :ワイピングテープ 2 :巻芯 3 :樹脂フィルム袋 10:(ワイピングテープの)巻上げ体 1: wiping tape 2: core 3: resin film bag 10 :( wiping tape) winding body

Claims (12)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 単繊維繊度1デニール以下の極細繊維からなるニットデニットのマルチフィラメント捲縮糸をタテ糸またはヨコ糸の少なくとも一方に用いてなる織物であって、該タテ糸と該ヨコ糸の総繊度の比率が1.5〜 1. A fabric formed by using at least one of the warp or weft multifilament crimped yarn knit de knit made of single fiber fineness of 1 denier or less of ultrafine fibers, the warp yarn and the weft yarn 1.5 proportion of the total fineness of
    10倍であることを特徴とするワイピングテープ。 Wiping tape, which is a 10-fold.
  2. 【請求項2】 前記タテ糸または該ヨコ糸の少なくとも一方に制電性繊維を含むマルチフィラメント糸条を配してなることを特徴とする請求項1記載のワイピングテープ。 Wherein said warp or the weft of the wiping tape according to claim 1, characterized by being arranged multifilament yarn comprising antistatic fibers in at least one.
  3. 【請求項3】 前記ヨコ糸がマルチフィラメント捲縮糸であり、該タテ糸が制電性繊維を含むマルチフィラメント糸条であることを特徴とする請求項1または請求項2 Wherein the weft yarn is a multifilament crimped yarn according to claim 1 or claim 2, characterized in that said warp is multifilament yarns comprising antistatic fibers
    記載のワイピングテープ。 Wiping tape described.
  4. 【請求項4】 前記マルチフィラメント捲縮糸の方の総繊度が、該制電性繊維を含むマルチフィラメント糸条の総繊度より大きいことを特徴とする請求項3記載のワイピングテープ。 Wherein said total fineness towards multifilament crimped yarn, wiping tape according to claim 3, wherein a greater than the total fineness of the multifilament yarn comprising 該制 conductive fibers.
  5. 【請求項5】 織物構造が、該マルチフィラメント捲縮糸の浮き構造であり、表面に収束したウネリを有することを特徴とする請求項3または4記載のワイピングテープ。 5. The fabric structure is a floating structure of the multifilament crimped yarn, according to claim 3 or 4 wiping tape according to characterized in that it has a waviness converged on the surface.
  6. 【請求項6】 前記タテ糸と該ヨコ糸の数の単位面積当たりの比率が、1:10以上であることを特徴とする請求項1〜5のいずれかに記載のワイピングテープ。 6. A ratio per unit area of ​​the number of the warp yarn and the weft yarn is 1: wiping tape according to any one of claims 1 to 5, wherein the 10 or more.
  7. 【請求項7】 前記ヨコ糸の方の数が該タテ糸の数より多いことを特徴とする請求項1〜6のいずれかに記載のワイピングテープ。 7. A wiping tape according to any one of claims 1 to 6, the number of people of the weft yarn is characterized in that more than the number of the warp yarn.
  8. 【請求項8】 前記タテ糸が単糸繊度0.5〜5.0デニールの生糸で、100℃の熱水中における収縮率が1 Wherein said warp yarn is in raw silk monofilament fineness of 0.5 to 5.0 denier, shrinkage at hot water at 100 ° C. 1
    0%以下の合成繊維からなることを特徴とする請求項1 Claim 1, characterized in that from 0% or less of synthetic fiber
    〜7のいずれかに記載のワイピングテープ。 To 7 wiping tape according to any one of.
  9. 【請求項9】 前記ワイピングテープが、厚さ0.1〜 Wherein said wiping tape, 0.1 thickness
    0.7mm、幅3〜1,800mmのテープ状に両エッジをヒートカットされて形成されており、かつ該ワイピングテープ長手方向の引張り強度が40〜70kg/5 0.7 mm, which is formed by heat cutting a tape-like on both edges of the width 3~1,800Mm, and tensile strength of the wiping tape longitudinal direction 40~70kg / 5
    cm、伸度が20〜50%であることを特徴とする請求項1〜8のいずれかに記載のワイピングテープ。 cm, wiping tape according to any one of claims 1 to 8, elongation, characterized in that 20 to 50%.
  10. 【請求項10】 JIS B9923 6.2(1. 10. A JIS B9923 6.2 (1.
    1)による該ワイピングテープの発塵量を5μm以上のパーティクルが20個/ft 3・100cm 2以下にし、該ワイピングテープを樹脂フィルムの袋内に密封パックしてなる請求項1〜9のいずれかに記載のワイピングテープ。 1) The wiping tape dust generation or more of particles 5μm of the following 20 / ft 3 · 100cm 2 by any of claims 1 to 9 sealed pack comprising in a bag of a resin film the wiping tape wiping tape according to.
  11. 【請求項11】 前記ワイピングテープが巻芯にロール状に巻上げられている請求項1〜10のいずれかに記載のワイピングテープ。 11. wiping tape according to any one of claims 1 to 10 wherein the wiping tape is wound into a roll on the winding core.
  12. 【請求項12】 回転駆動ローラ系で引張り移動させながら電子機器部品の汚れ拭取り用に使用される請求項1 12. while moving tension in the rotary drive roller system is used for dirt wiping of electronic components according to claim 1
    〜11のいずれかに記載のワイピングテープ。 To 11 wiping tape according to any one of.
JP8228998A 1998-03-27 1998-03-27 Wiping tape Granted JPH11276396A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8228998A JPH11276396A (en) 1998-03-27 1998-03-27 Wiping tape

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8228998A JPH11276396A (en) 1998-03-27 1998-03-27 Wiping tape

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11276396A true true JPH11276396A (en) 1999-10-12

Family

ID=13770381

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP8228998A Granted JPH11276396A (en) 1998-03-27 1998-03-27 Wiping tape

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11276396A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FR2843228A1 (en) * 2002-08-05 2004-02-06 Paul Vincent Collini CD or DVD cleaner comprises sleeve of microfibre material over lightweight support on which disc is wiped before use
US7476279B2 (en) 2003-12-09 2009-01-13 Seikoh Giken Co., Ltd. Cleaning tool for a connecting end face of an optical connecting part and method

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FR2843228A1 (en) * 2002-08-05 2004-02-06 Paul Vincent Collini CD or DVD cleaner comprises sleeve of microfibre material over lightweight support on which disc is wiped before use
WO2004017305A1 (en) * 2002-08-05 2004-02-26 Paul Vincent Collini Device increasing the lifetime of compact discs or other similar products, in particular by cleaning
US7476279B2 (en) 2003-12-09 2009-01-13 Seikoh Giken Co., Ltd. Cleaning tool for a connecting end face of an optical connecting part and method

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3562374A (en) Method for manufacturing fibrous configuration composed of a plurality of mutually entangled bundles of extremely fine fibers
US4233355A (en) Separable composite fiber and process for producing same
US3053609A (en) Textile
US5689791A (en) Electrically conductive fibers
US6546605B1 (en) Napped fabric and process
US20060083917A1 (en) Soluble microfilament-generating multicomponent fibers
US6815382B1 (en) Bonded-fiber fabric for producing clean-room protective clothing
US5804274A (en) Cleaning cloth for cleaning dirty surfaces
US20020013984A1 (en) Abrasive sheet for texturing and method of producing same
US4239720A (en) Fiber structures of split multicomponent fibers and process therefor
US5296061A (en) Process for producing a tubular nonwoven fabric and tubular nonwoven fabric produced by the same
US4627950A (en) Method of producing abrasive fibers
EP0158710A1 (en) Papermakers fabric with high wear resistant yarns
US6510873B2 (en) Press fabric with bundled yarn for pulp machine
US6566287B1 (en) Non-woven fabric, and sheet and artificial leather produced from the same
US4096104A (en) Finish composition for fibrous material
JP2008045255A (en) Heald and apparatus for producing fabric
US5252158A (en) Method and apparatus for producing nonwoven fabrics
US5313774A (en) Blended synthetic short fiber yarn fabric
US20060172639A1 (en) Filter medium
EP0090397A2 (en) Ultrafine fiber entangled sheet and method of producing the same
JP2005054277A (en) Fiber and fabric
JP2005023466A (en) Nanofiber combined filament yarn
US20070218279A1 (en) Abrasive Cloth and Method for Producing Nanofiber Structure
US20130035014A1 (en) High-density fabric

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20051201

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20060808

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A02 Decision of refusal

Effective date: 20061205

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02