JPH10318A - 高温ガス用除塵装置 - Google Patents

高温ガス用除塵装置

Info

Publication number
JPH10318A
JPH10318A JP15090996A JP15090996A JPH10318A JP H10318 A JPH10318 A JP H10318A JP 15090996 A JP15090996 A JP 15090996A JP 15090996 A JP15090996 A JP 15090996A JP H10318 A JPH10318 A JP H10318A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
dust
gas
center
ejector
ceramic filter
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP15090996A
Other languages
English (en)
Inventor
Hiroshi Ando
博史 安藤
Original Assignee
Asahi Glass Co Ltd
旭硝子株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Asahi Glass Co Ltd, 旭硝子株式会社 filed Critical Asahi Glass Co Ltd
Priority to JP15090996A priority Critical patent/JPH10318A/ja
Publication of JPH10318A publication Critical patent/JPH10318A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D46/00Filters, i.e. particle separators or filtering processes specially modified for separating dispersed particles from gases or vapours
    • B01D46/0039Filters, i.e. particle separators or filtering processes specially modified for separating dispersed particles from gases or vapours with flow guiding by feed or discharge devices
    • B01D46/0041Filters, i.e. particle separators or filtering processes specially modified for separating dispersed particles from gases or vapours with flow guiding by feed or discharge devices for feeding
    • B01D46/0042Use of the inlet flow in order to clean the filter surface

Abstract

(57)【要約】 【課題】 構造の簡素化、低圧力損失、均一なガス流分
布により信頼性の高いガス循環作用を達成し充分な除塵
機能と確実な未燃成分の燃焼防止とを図る。 【解決手段】 容器4内に、セラミックフィルタ5、逆
洗手段11、ガス還流用上昇管16、ガス循環装置1
4、および予備除塵装置13を設け、ガス循環装置はエ
ジェクタを有し、予備除塵装置は中心にガス導入通路を
有し、予備除塵装置とガス循環装置の中心を一致させ
た。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、加圧流動床ボイラ
ーによる発電プラント、石炭直接燃焼装置などの燃焼プ
ロセスや石炭ガス化プラントなどにおいて排出される高
温の含塵ガスの除塵に好適な多孔質セラミックからなる
フィルターが組込まれた高温ガス用除塵装置に関するも
のである。
【0002】
【従来の技術】火力発電プラント等で用いられる加圧流
動床ボイラーは、ボイラー容器内で石炭や石灰石を含む
スラリーに高圧エアを混入しながらこのスラリーを燃焼
させて蒸気を発生させ、この蒸気で蒸気タービンを駆動
するものである。このような加圧流動床ボイラーの燃焼
排ガスは、その熱エネルギーを発電用として有効利用す
るためにさらに発電用ジェネレータのガスタービンに導
入される。このような発電用に再利用される加圧流動床
ボイラー等からの高温燃焼ガスは、ジェネレータのター
ビンの羽根等の劣化を防止し信頼性の高い機能を確保す
るとともに環境汚染防止のために、充分な除塵を施す必
要がある。このために、各種の高温ガス用除塵装置が実
用化のために開発提案されている。
【0003】現在、加圧流動床ボイラーによる発電プラ
ントにおいては、遠心力により除塵するサイクロンを通
して高温燃焼ガスを発電機のガスタービンに供給してい
る。この場合、サイクロンを予備除塵として用い、さら
にセラミックフィルタを通して除塵を行って、充分な除
塵を図る場合もある。しかしながら、サイクロンは大型
で高価である。そこで、サイクロンを撤去して除塵機能
をセラミックフィルタのみに集約してプラントシステム
のコンパクト化およびコストの低減を図ることが提案さ
れている(特開平6−79650号公報,特開平6−7
9651号公報,特開平7−14450号公報)。
【0004】しかしながら、単にセラミックフィルタに
除塵機能を集中させると、セラミックフィルタに対する
ダスト負荷が増大しフィルタの詰り等による機能低下の
進行を速め、メンテナンスや交換頻度が多くなり稼動率
や生産性を低下させる。
【0005】さらに、ボイラー側で不完全燃焼などを起
こした際に発生する石炭やカーボン等の未燃成分が直接
セラミックフィルタに流入し捕捉される。このセラミッ
クフィルタに捕捉された未燃成分がフィルタ内で燃焼す
ると、過大な熱応力がセラミックフィルタに発生し、フ
ィルタエレメントを破損させる可能性がある。
【0006】このようなセラミックフィルタ内での未燃
成分の燃焼を回避するために、自己循環ブローダウン方
式の高温ガス除塵装置が提案されている(特開平3−2
4251,特開平7−114909号公報,特開平6−
47226号公報)。この自己循環ブローダウン除塵装
置は、上部にガス入口部を有し下部に塵が堆積するホッ
パ部を有する圧力容器内に多数の筒状セラミックフィル
タを配設し、その内の適当な複数本をガス上昇管として
用い、ガス入口部にガス流の負圧作用によりガスを吸引
吐出するエジェクタ手段を設け、ホッパ部から含塵ガス
を入口部に還流することにより容器内部でガス流を循環
させて温度上昇を抑え未燃成分の燃焼を防止するもので
ある。
【0007】しかしながら、このような自己循環ブロー
ダウン除塵装置を用いても、多量の未燃成分の流入に対
処することは困難であり、多量の未燃成分流入防止のた
めには予備除塵装置を必要とし構造が大型化する。ま
た、自己循環の流量を増やして流速を上げるために上昇
管の本数を増やせば、容器上部のガス入口部でのエジェ
クタへの接続構造が複雑になる。
【0008】このような点に対処して、未燃成分の燃焼
を有効に防止することを図って、圧力容器上部のガス入
口部に、重力作用によりダストや未燃成分を除去するル
ーバ等からなる予備除塵装置を組込んだ高温ガス用脱塵
装置が提案されている(特開平6−114226号公
報)。
【0009】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、ルーバ
を組込んだ前記公報記載の高温ガス用脱塵装置において
は、複数の筒状セラミックフィルタを上昇管として用
い、容器上部でそれぞれエジェクタに接続しているた
め、圧力容器上部の配管構造が複雑になり、製造やメン
テナンスが面倒になる。また、容器上部で各接続管ごと
に含塵ガスをエジェクタから吐出させて循環経路を形成
しているため、容器内でのガス流の分布がばらつき各セ
ラミックフィルタへの流入ガスの均一性が得られにくく
なり、セラミックフィルタの機能に局部的に差ができて
均一で信頼性の高い除塵作用が得られなくなるおそれが
ある。また、個々のセラミックフィルタを上昇管として
その上部で一本づつ接続管を介してエジェクタに連結す
るため、上昇管が細く圧力損失が大きくなり充分な循環
作用が得られなくなるおそれがある。
【0010】本発明は上記従来技術の欠点に鑑みなされ
たものであって、構造を簡素化し、圧力損失を小さく抑
えるとともに均一なガス流分布を形成して信頼性の高い
ガス循環作用を達成し、充分な除塵機能と確実な未燃成
分の燃焼防止とを図った自己循環ブローダウン式高温ガ
ス除塵装置の提供を目的とする。
【0011】
【課題を解決するための手段】前記目的を達成するた
め、本発明では、容器内にセラミックフィルタを内蔵す
るとともに、該セラミックフィルタに捕捉された塵を払
い落としてセラミックフィルタを再生する逆洗手段が取
付けられ、該容器の下部が払い落とされた塵を集めるホ
ッパー部とされ、該容器上部のガス導入部とホッパー部
とを連通させる上昇管を通してホッパー部のガスを還流
させるガス循環装置を備え、前記容器内のセラミックフ
ィルタの上流側に予備除塵装置を設け、前記ガス循環装
置は中心から外周に向かうガス流を形成するエジェクタ
からなり、前記予備除塵装置は中心にガス導入通路を有
し、前記予備除塵装置の中心が前記ガス循環装置の中心
と一致していることを特徴とする高温ガス除塵装置を提
供する。
【0012】
【発明の実施の形態】好ましい実施の形態においては、
前記上昇管の軸心はエジェクタ中心軸と一致しているこ
とを特徴としている。
【0013】別の好ましい実施の形態においては、前記
予備除塵装置の中心に前記ホッパー部に連通する塵移送
管を接続し、該塵移送管の外周に前記上昇管を設けて容
器中心軸に沿って2重管構造を形成したことを特徴とし
ている。
【0014】さらに別の好ましい実施の形態において
は、上記予備除塵装置は、中心から外側に上向きに傾斜
する複数の羽根からなるルーバにより構成したことを特
徴としている。
【0015】さらに別の好ましい実施の形態において
は、前記ガス循環装置のエジェクタは、中心部下側に前
記上昇管が接続されたチャンバからなり、該チャンバの
外周部にガス出口を形成し、前記容器上部のガス導入口
に円錐状のディフューザを設け、前記チャンバをこのデ
ィフューザ内に配設してディフューザの内面とチャンバ
外面との間に負圧発生用絞り流路部を形成し、前記チャ
ンバのガス出口をこの絞り流路部に設けたことを特徴と
している。
【0016】さらに別の好ましい実施の形態において
は、前記塵移送管内の塵を排出させるための高圧ガス導
入手段を備えたことを特徴としている。
【0017】
【実施例】図1は、本発明の実施例に係る高温ガス用除
塵装置の縦断面図である。この除塵装置1は、チューブ
型装置本体を構成する円筒状の圧力容器4からなり、こ
の圧力容器4は、断熱材が内張りされ、上部に脱塵すべ
き高温ガスが供給されるガス導入部2を有し、下部に除
去された未燃カーボンやダスト等の塵を堆積させて排出
するホッパー部3を有する。圧力容器4内には、複数本
の筒状セラミックフィルタ5が2段に配設されている。
各セラミックフィルタ5は、管板6により圧力容器4内
に固定保持される。この管板6は、高温ガスによる温度
上昇を抑え熱応力の発生を抑制するための冷却水通路
(図示しない)を内部に有する。各セラミックフィルタ
5は、スリーブ状ホルダやシール用パッキンおよび伸縮
用ベローズ等を介して管板6の取付け孔に装着され固定
保持される。
【0018】上下2段のセラミックフィルタ5の管群の
間には中間チャンバー7が形成される。この中間チャン
バー7は、作業者が中に入ってセラミックフィルタ5の
取付け作業やメンテナンス等を行うための作業用空間と
して利用される。なお、このような中間チャンバー7は
省略してもよい。また、セラミックフィルタ5の取付け
段数は、2段に限らず3段あるいはそれ以上または1段
でもよい。
【0019】図1の例において、上下2段のセラミック
フィルタ5の各々に対応してそれぞれ2段の清浄ガス出
口通路8が圧力容器4に連結される。4本の清浄ガス出
口通路8は、清浄ガス排出口10を有する集合マニホル
ド9に接続される。このマニホルド9から各清浄ガス出
口通路8に向けて、逆洗ノズル11が設けられる。この
逆洗ノズル11は、清浄ガス出口通路8を介して圧力容
器4内に高圧エアを噴出し、各セラミックフィルタ5に
対し、ろ過時とは逆に管外側から管内側に向けてエアを
流通させてフィルタ管の内壁に付着した塵を除去洗浄し
て容器下部のホッパー部3に落下させるためのものであ
る。このような逆洗によりセラミックフィルタが再生さ
れる。
【0020】圧力容器4上部のガス導入部2には、円錐
状ガイドベーンからなるディフューザ12が設けられ
る。このディフューザ12は、入口部でのガス流の乱流
やよどみの発生を防止して除塵すべき高温ガスを圧力容
器4内に円滑に導入し均一に分散させるとともに、ガス
の有する運動エネルギーを静圧に変換する機能を有する
ものである。このディフューザ12内には、ルーバ装置
13が設けられる。このルーバ装置13は、中心にガス
導入通路を有し、中心から外側に向かって上向きに傾斜
する複数の羽根を多段に重ねた構成であり、中心のガス
導入通路の下部に塵移送管15が接続される。この塵移
送管15は適度な圧力損失(流通抵抗)を有するため、
導入された高温ガスは、中心から各ルーバの羽根間を通
して外側に流れる。このとき、ガス流はルーバの羽根に
衝突しながら外側斜め上向きに流れるが、ガス中の塵は
ルーバとの間の衝突による慣性作用によりルーバに捕え
られさらに重力作用により傾斜したルーバに沿って中心
に向かって移動し中心のガス導入通路に落下する。この
ようにガス流から分離除去された塵埃はルーバ中心の塵
移送管15を通して圧力容器4下部のホッパー部3に落
下し堆積する。
【0021】ディフューザ12内のルーバ装置13の下
側には、圧力容器4内でガスを自己循環させるためのエ
ジェクタ14が設けられる。このエジェクタ14は、循
環ガスを吸引吐出するチャンバからなり、その中心が前
記ルーバ装置13の中心と一致して配置される。従っ
て、エジェクタ14の中心にルーバ装置13の塵移送管
15が貫通する。このエジェクタ14をディフューザ1
2の内面に接近させて配設することにより、エジェクタ
14の外周部とディフューザ12との間に、ディフュー
ザ12内を流れるガスの流路面積が狭められた絞り流路
部17が形成される。このような絞り流路部17におい
ては、流速が増大し静圧が低下するため周囲に対し負圧
が発生する。この絞り流路部17の位置にエジェクタ1
4の出口18を形成しておく。これにより、エジェクタ
14のチャンバ内のガスが負圧により外部に吸引され、
ディフューザ12内を流れるガス流とともに圧力容器4
内に吐出される。
【0022】前記塵移送管15は、圧力容器4の中心軸
に沿って縦(上下方向)に配設され、その外周にエジェ
クタ14のチャンバに連通する上昇管16が設けられ
る。従って、上昇管16は塵移送管15とともに2重管
構造を形成し、その中心軸は圧力容器4の中心軸と一致
する。エジェクタ14のチャンバ内が外部に対し負圧に
なることにより、圧力容器4下部のホッパー部3のガス
は、上昇管16と塵移送管15の間の環状空間を通して
上昇しエジェクタ14のチャンバ内に吸引され、さらに
前述のようにその出口18から吐出される。これによ
り、含塵ガスは圧力容器4内で自己循環する。これらの
塵移送管15および上昇管16は、耐久性および加工性
の点で、金属材料で構成することが望ましい。また、上
昇管16は、上昇流への圧力損失を抑えて充分な自己循
環作用が得られる程度に径を大きくしておくことが望ま
しい。
【0023】このような構成の高温ガス除塵装置におい
て、除塵すべき高温高圧のガスが矢印Aのように、圧力
容器4のガス導入部2から供給されると、まずルーバ装
置13で比較的大きな粒径の石炭粒やコークス等の未燃
焼ガス成分その他のダストが予備除塵され、前述のよう
に、容器中心に設けた塵移送管15を通して矢印Cのよ
うに落下し、容器下部のホッパー部3に集積される。こ
の予備除塵されたガスは、ディフューザ12の流路絞り
部17を通過してディフューザ12の開放下面全体から
均一に圧力容器4内に分散して筒状の各セラミックフィ
ルタ(フィルタ管)5内に流入する。フィルタ管内に流
入したガスは管壁を通過して外側に流れる。このときガ
ス中の細かい未燃成分その他の塵を含むダストがフィル
タに捕捉され各フィルタ管の内面に付着する。このよう
にセラミックフィルタ5で塵を除去された清浄ガスは、
清浄ガス通路8を通り、マニホルド9内に集合してその
清浄ガス排出口10から外部に放出される。
【0024】一方、フィルタでろ過されずに下段のセラ
ミックフィルタ5を通過してホッパー部3内に流入した
含塵ガスは、前述の自己循環作用により、2重管構造の
上昇管16の環状空間内を上昇し容器上部から再びセラ
ミックフィルタ5内に流入する。このような自己循環に
より、塵を含む高温高圧の排ガスが浄化されるととも
に、セラミックフィルタ5内で吹き消えが起こる程度の
適度な流速でガスを流すことができるため、セラミック
フィルタ5に付着した未燃焼成分の発火燃焼を効果的に
防止することができる。
【0025】このような高温ガス用除塵装置において
は、チューブ型圧力容器の中央1ケ所に充分な口径の上
昇管を設けているため、構造がシンプルになり、セラミ
ックフィルタを配設するスペースを充分にとることがで
きるとともに、上昇管の圧力損失を低く抑え、フィルタ
ー下端部での充分な循環流速を確保してフィルターに捕
捉された未燃焼成分の発火燃焼を確実に防止することが
できる。
【0026】また、圧力容器内にセラミックフィルタと
ともに予備除塵手段としてルーバ装置を組込んでいるた
め、ダストが確実に除去される。したがって、加圧流動
床ボイラーを用いた発電プラントにおいて、ボイラーの
蒸気による蒸気タービンとボイラーからの燃焼ガスで駆
動するガスタービンを併用する場合に、本実施例の除塵
装置をガスタービンに供給する燃焼ガスの除塵のために
用いれば、ダストによるガスタービンの羽根の摩耗や損
傷を防止してタービンの劣化を抑制し安定した信頼性の
高い機能を長く維持することができる。
【0027】また、本実施例の除塵装置は、例えば加圧
流動床ボイラーの負荷増減時等の多量に未燃焼成分を含
む燃焼ガスが一時に発生する場合に特に大きな効果を発
揮する。このような場合、予備除塵により、未燃焼成分
を含むダストがセラミックフィルタの表面に一時に多量
に付着することが防止され、これにより、自己循環によ
る吹き消え作用と相まって、ダストに含まれる未燃焼成
分が排ガスの熱で発火燃焼することが確実に防止されフ
ィルタの熱損傷を防ぐことができる。
【0028】さらに、自己循環の上昇管を単一本数とし
て容器中央に設けたため、圧力容器上部の配管構造が簡
素化し、製造やメンテナンスが容易になる。また、容器
上部中央で上昇管がエジェクタ中央に接続されこのエジ
ェクタ周囲から含塵ガスを吐出させて循環経路を形成し
ているため、容器内でのガス流の分布が均一になり、各
セラミックフィルタへの流入ガスの均一性が得られ、セ
ラミックフィルタの機能が安定して均一化し信頼性の高
い除塵作用が得られる。
【0029】図2は本発明の別の実施例の縦断面構成図
である。この実施例は、本発明をキャンドル型除塵装置
に適用したものである。この実施例においては、筒状の
セラミックフィルタ(フィルタ管)5は、上端が閉じら
れ支持板22に保持され、下端はヘッダ19に連通して
いる。各セラミックフィルタ5に対し、含塵ガスは、前
記図1の実施例の場合と逆に、管外側から管内側に流入
してヘッダ19に入る。従って、ろ過されたダストはフ
ィルタ管の外側表面に付着する。ヘッダ19は左右の清
浄ガス出口通路20を介して出口10を有するチャンバ
ー21に接続される。このチャンバー21には、清浄ガ
ス出口通路20に向けて逆洗ノズル11が設けられる。
この逆洗ノズル11の作用は、実質上前述の実施例と同
様であり、高圧エアを出口通路20およびヘッダ19を
介して各セラミックフィルタ5の管内部に送り込み、前
述の実施例とは逆に管内側から外側に管壁を通過させる
ことにより、フィルタ管の外側表面に付着したダストを
吹き落として除去し、容器下部のホッパー部3に落下さ
せ堆積させるものである。圧力容器4の上部のガス導入
部2には、前述の実施例と同様にディフューザ12が設
けられ、その内側にルーバ装置13およびエジェクタ1
4が配設される。
【0030】このような構成のキャンドル型の高温ガス
除塵装置1において、除塵すべき含塵ガスは、矢印Aの
ように、ガス導入部2から圧力容器4内に導入され、ル
ーバ装置13で予備除塵され、ディフューザ12の開放
下端から均一に圧力容器4内に流入下降する。容器内で
含塵ガスは各セラミックフィルタ5内に流入し、ろ過さ
れて清浄ガスとなってヘッダ19に入り、さらに出口通
路20を介して出口10から、矢印Bのように、外部に
放出される。セラミックフィルタ5内に流入しないで容
器下部まで達した含塵ガスは、前述の実施例と同様に、
容器中央の2重管からなる上昇管16を通してエジェク
タ14の作用により自己循環する。その他の構成および
各部の作用効果については、前述の実施例の説明と実質
上同じである。
【0031】図3は本発明のさらに別の実施例の縦断面
構成図である。この実施例は、本発明を図2とは別の型
式のキャンドル型除塵装置に適用したものである。各セ
ラミックフィルタ5は下端が閉じられ、上端がヘッダ3
2に連通して支持されている。ヘッダ32は、清浄ガス
出口通路30を介して容器上部のチャンバー31に連通
する。圧力容器4は、図示したように、外側の剛性材4
aと内張りされた断熱材4bとからなる。なお、前述の
図1および図2の実施例についても、図示していない
が、圧力容器4の構成はこの図3の実施例と同様であ
る。ディフューザ12は、熱応力吸収用のベローズ33
を介して容器上部のガス導入部2に設置される。この実
施例においては、各セラミックフィルタ5に対し、図2
の実施例と同様に、フィルタ管の外側から内側に含塵ガ
スが流入してろ過される。ルーバ装置13の予備除塵作
用、エジェクタ14およびその中心に設けた塵移送管1
5および上昇管16からなる2重管の循環作用、逆洗ノ
ズル11のフィルタ洗浄作用等およびその構成や効果に
ついては、前述の各実施例と同様である。
【0032】図4は、前述の各実施例に備るルーバ装置
13にダスト排出促進用のエジェクタ42を設けた構成
例を示す。このエジェクタ42は、ルーバ装置13で除
去したダストを、塵移送管15を介して容器下部のホッ
パー部に落下排出させる場合の排出作用を促進させるた
めに用いられるものである。
【0033】エジェクタ42のノズル先端42aはルー
バ装置13の中心に向けて配設される。40は管板6の
冷却水路、41はパッキンやベローズおよびホルダー等
を含むシール材である。各セラミックフィルタ5はこの
シール材41を介して冷却水路40を有する管板6に装
着される。このエジェクタ42のノズル先端42aか
ら、空気、窒素あるいは蒸気等の高圧ガスがルーバ装置
13の下部に接続された塵移送管15の内部に向けて噴
射される。前述のように、ルーバ装置13の各羽根に捕
捉されたダストは、重力作用で中心部に集り塵移送管1
5内を落下して容器下部のホッパー部3に集積する。こ
の場合、多量のダストが一時に発生して塵移送管15が
詰ったり、管の内壁面に付着するダスト量が多くなる
と、ルーバの羽根で捕えたダストが円滑に排出されず、
羽根上に堆積してルーバの脱塵機能が損われる。従っ
て、円滑で確実な除塵機能を維持するために、定期的に
あるいは必要に応じて適宜エジェクタ42を介して高圧
ガスを塵移送管15内に噴射し内面に付着したダストを
除去する。これにより、ルーバ装置13の確実な予備除
塵作用が得られ、セラミックフィルタ5による信頼性の
高い除塵機能が達成される。
【0034】図5は、ダスト排出促進用エジェクタ42
の別の構成例を示す。この例は、除塵すべき含塵ガスを
圧力容器4のガス導入部2に対し横方向から供給し(矢
印A)、エジェクタ42を容器中心軸に沿って鉛直に配
設した構成である。周囲機器の配置やレイアウトに応じ
てこのような構成を採用することができる。その他の構
成および作用効果は、前記図4の実施例と同様である。
【0035】図6は、ダスト排出促進用エジェクタ42
をインジェクタ142とした場合の構成例を示し、図7
はその要部詳細図である。この例では、インジェクタ1
42は、ダスト(灰)を排出する塵移送管15の下端部
に設けられる。この塵移送管15の下端部には、絞り部
45が形成され、管内通路断面積が狭められている。こ
の絞り部45にインジェクタ142の先端が接続され
る。このような絞り部45に対し、高圧ガスを噴射する
ことにより、絞り部45の静圧が下がって周囲に対し負
圧となり、塵移送管15の上方のガスとともに管内に付
着したダストを吸引し、重力による落下作用とあいまっ
てダスト排出を促進させる。このような、塵移送管15
の下端部に設けたインジェクタ142は、前述の図4ま
たは図5のルーバ装置上方に設けたエジェクタ42と併
用してもよい。
【0036】なお、上記実施例は、加圧流動床ボイラー
による発電プラントに対し本発明の高温ガス除塵装置を
適用した例を示したが、本発明はこれに限定されず、石
炭直接燃焼装置などの燃焼プロセスや、石炭ガス化プラ
ントなどで生成する高温含塵ガスの除塵装置として、あ
るいはその他排気ガスを発生する各種ボイラーや燃焼装
置に対し適用することができる。
【0037】
【発明の効果】以上説明したように、本発明に係る高温
ガス除塵装置においては、例えばチューブ型の圧力容器
の中央1ケ所に充分な口径の上昇管を設けて自己循環さ
せているため、構造がシンプルになり、セラミックフィ
ルタを配設するスペースを充分にとることができるとと
もに、上昇管の圧力損失を低く抑え、フィルター下端部
での充分な循環流速を確保して吹き消え作用によりフィ
ルターに捕捉された未燃焼成分の発火燃焼を確実に防止
することができる。
【0038】また、圧力容器内にセラミックフィルタと
ともに予備除塵手段としてルーバ装置を組込んでいるた
め、ダストが確実に除去される。したがって、例えば加
圧流動床ボイラーを用いた発電プラントにおいて、ボイ
ラーの蒸気による蒸気タービンとボイラーからの燃焼ガ
スで駆動するガスタービンを併用する場合に、本発明の
除塵装置をガスタービンに供給する燃焼ガスの除塵のた
めに用いれば、ダストによるガスタービンの羽根の摩耗
や損傷を防止してタービンの劣化を抑制し安定した信頼
性の高い機能を長く維持することができる。
【0039】また、本発明の除塵装置は、例えば加圧流
動床ボイラーの負荷増減時等の多量に未燃焼成分を含む
燃焼ガスが一時に発生する場合に特に大きな効果を発揮
する。このような場合、予備除塵により、未燃焼成分を
含むダストがセラミックフィルタの表面に一時に多量に
付着することが防止され、これにより、自己循環による
吹き消え作用と相まって、ダストに含まれる未燃焼成分
が排ガスの熱で発火燃焼することが確実に防止されフィ
ルタの熱損傷を防ぐことができる。
【0040】さらに、自己循環の上昇管を単一本数とし
て容器中央に設けたため、圧力容器上部の配管構造が簡
素化し、製造やメンテナンスが容易になる。また、容器
上部中央で上昇管がエジェクタ中央に接続されこのエジ
ェクタ周囲から含塵ガスを吐出させて循環経路を形成し
ているため、容器内でのガス流の分布が均一になり、各
セラミックフィルタへの流入ガスの均一性が得られ、セ
ラミックフィルタの機能が安定して均一化し信頼性の高
い除塵作用が得られる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の高温ガス除塵装置の実施例の縦断面
図。
【図2】本発明の別の実施例の縦断面図。
【図3】本発明のさらに別の実施例の縦断面図。
【図4】本発明の除塵装置にダスト排出促進用エジェク
タを組込んだ構成例の要部断面図。
【図5】ダスト排出促進用エジェクタの別の構成例の要
部断面図。
【図6】ダスト排出促進用インジェクタの要部断面図。
【図7】図6のインジェクタの部分拡大図。
【符号の説明】
1:除塵装置 2:ガス導入部 3:ホッパー部 4:圧力容器 5:セラミックフィルタ 6:管板 11:逆洗ノズル 12:ディフューザ 13:ルーバ装置 14:エジェクタ 15:塵移送管 16:上昇管 17:流路絞り部 18:循環ガスの出口 42:ダスト排出促進用のエジェクタ 142:ダスト排出促進用のインジェクタ

Claims (6)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】容器内にセラミックフィルタを内蔵すると
    ともに、該セラミックフィルタに捕捉された塵を払い落
    としてセラミックフィルタを再生する逆洗手段が取付け
    られ、該容器の下部が払い落とされた塵を集めるホッパ
    ー部とされ、該容器上部のガス導入部とホッパー部とを
    連通させる上昇管を通してホッパー部のガスを還流させ
    るガス循環装置を備え、前記容器内のセラミックフィル
    タの上流側に予備除塵装置を設けるとともに中心から外
    周に向かうガス流を形成するエジェクタ機能を設け、前
    記予備除塵装置は中心にガス導入通路を有し、前記予備
    除塵装置の中心が前記ガス循環装置の中心と一致してい
    ることを特徴とする高温ガス用除塵装置。
  2. 【請求項2】前記循環装置はエジェクタ機能を有し、前
    記上昇管の軸心はエジェクタ中心軸と一致していること
    を特徴とする請求項1記載の高温ガス用除塵装置。
  3. 【請求項3】前記予備除塵装置の中心に前記ホッパー部
    に連通する塵移送管を接続し、該塵移送管の外周に前記
    上昇管を設け容器中心軸に沿って2重管構造を形成した
    ことを特徴とする請求項2記載の高温ガス用除塵装置。
  4. 【請求項4】上記予備除塵装置は、中心から外側に上向
    きに傾斜する複数の羽根からなるルーバにより構成した
    ことを特徴とする請求項1、2または3記載の高温ガス
    用除塵装置。
  5. 【請求項5】前記ガス循環装置のエジェクタは、中心部
    下側に前記上昇管が接続されたチャンバからなり、該チ
    ャンバの外周部にガス出口を形成し、前記容器上部のガ
    ス導入口に円錐状のディフューザを設け、前記チャンバ
    をこのディフューザ内に配設してディフューザの内面と
    チャンバ外面との間に負圧発生用絞り流路部を形成し、
    前記チャンバのガス出口をこの絞り流路部に設けたこと
    を特徴とする請求項1〜4のいずれかに記載の高温ガス
    用除塵装置。
  6. 【請求項6】前記塵移送管内の塵を排出させるための高
    圧ガス導入手段を備えたことを特徴とする請求項1〜5
    のいずれかに記載の高温ガス用除塵装置。
JP15090996A 1996-06-12 1996-06-12 高温ガス用除塵装置 Pending JPH10318A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP15090996A JPH10318A (ja) 1996-06-12 1996-06-12 高温ガス用除塵装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP15090996A JPH10318A (ja) 1996-06-12 1996-06-12 高温ガス用除塵装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10318A true JPH10318A (ja) 1998-01-06

Family

ID=15507046

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP15090996A Pending JPH10318A (ja) 1996-06-12 1996-06-12 高温ガス用除塵装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH10318A (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2008109928A1 (en) 2007-03-09 2008-09-18 Commonwealth Scientific And Industrial Research Organisation Filter apparatus and method
CN102785605A (zh) * 2012-08-23 2012-11-21 武汉理工大学 高温物料吸排车
US8551204B2 (en) 2006-11-06 2013-10-08 Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. Dust collector
CN103721497A (zh) * 2013-11-26 2014-04-16 南通四通林业机械制造安装有限公司 一种工业气体冷凝干燥净化装置
CN103721493A (zh) * 2013-11-26 2014-04-16 南通四通林业机械制造安装有限公司 一种气体高温杀菌静音冷凝干燥净化装置
CN103736347A (zh) * 2013-11-26 2014-04-23 南通四通林业机械制造安装有限公司 一种气体高温臭氧紫外线多重杀菌静音冷凝干燥净化装置
CN103736346A (zh) * 2013-11-26 2014-04-23 南通四通林业机械制造安装有限公司 一种气体净化高温杀菌装置

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8551204B2 (en) 2006-11-06 2013-10-08 Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. Dust collector
EP2131939B1 (en) * 2007-03-09 2013-01-16 Commonwealth Scientific and Industrial Research Organisation Filter apparatus and method
EP2131939A1 (en) * 2007-03-09 2009-12-16 Commonwealth Scientific and Industrial Research Organisation Filter apparatus and method
EP2131939A4 (en) * 2007-03-09 2010-08-25 Commw Scient Ind Res Org APPARATUS AND METHOD FOR FILTERING
US8303688B2 (en) 2007-03-09 2012-11-06 Commonwealth Scientific And Industrial Research Organization Filter apparatus and method
WO2008109928A1 (en) 2007-03-09 2008-09-18 Commonwealth Scientific And Industrial Research Organisation Filter apparatus and method
CN102785605A (zh) * 2012-08-23 2012-11-21 武汉理工大学 高温物料吸排车
CN103721497A (zh) * 2013-11-26 2014-04-16 南通四通林业机械制造安装有限公司 一种工业气体冷凝干燥净化装置
CN103721493A (zh) * 2013-11-26 2014-04-16 南通四通林业机械制造安装有限公司 一种气体高温杀菌静音冷凝干燥净化装置
CN103736347A (zh) * 2013-11-26 2014-04-23 南通四通林业机械制造安装有限公司 一种气体高温臭氧紫外线多重杀菌静音冷凝干燥净化装置
CN103736346A (zh) * 2013-11-26 2014-04-23 南通四通林业机械制造安装有限公司 一种气体净化高温杀菌装置
CN103721493B (zh) * 2013-11-26 2016-04-13 王霞 一种气体高温杀菌静音冷凝干燥净化装置
CN103736346B (zh) * 2013-11-26 2016-05-18 王霞 一种气体净化高温杀菌装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4005030B2 (ja) ガスタービンエンジン燃焼器を洗浄するための方法及び装置
US7749290B2 (en) Methods and apparatus to facilitate cooling syngas in a gasifier
FI92627C (fi) Kiertomassareaktori
US4464183A (en) Heat recovery process in coal gasification
EP1498172B1 (en) Dust collector
FI104344B (fi) Paineistettu sisäinen leijukerroskiertokattila
CA2696362C (en) Methods and apparatus for cooling syngas within a gasifier system
CN103706191B (zh) 利用筛网从废气中分离大颗粒灰分的装置和方法
US7670574B2 (en) Methods and apparatus to facilitate cooling syngas in a gasifier
US4940007A (en) Fast fluidized bed reactor
EP0175819B1 (en) Apparatus for gasifying coal including a slag trap
US4904287A (en) Compact ceramic tube filter array high-temperature gas filtration
US20030047074A1 (en) Multi-stage diesel particulate collector system with combined processes of inertial impaction, virtual impaction, and filtration
CN100565006C (zh) 具有废气压力通风的流化床反应器系统
US5690709A (en) Separation apparatus to remove particles from a gas stream
JP2004255379A (ja) 微粒子を除去するための分離装置
CN102125787B (zh) 径流式长袋低压脉冲袋式除尘器
US8033327B2 (en) Device for extracting heat from gas and for recovering condensates
US6863703B2 (en) Compact footprint CFB with mechanical dust collector
US4578092A (en) Method and apparatus for improving the operation of a dust collector
US7287477B2 (en) Cyclone bypass for a circulating fluidized bed reactor
CZ287126B6 (en) Circulating fluidized bed reactor
FI84979C (fi) Filter foer separering av partiklar fraon en het gasstroem.
US7316564B2 (en) Method and installation for regulating the quantity of circulating solids in a circulating fluidized bed reactor system
EP0655940B1 (en) Method and apparatus for separating particulate material from combustible gases