JPH074855B2 - ライニング工法 - Google Patents

ライニング工法

Info

Publication number
JPH074855B2
JPH074855B2 JP1328189A JP32818989A JPH074855B2 JP H074855 B2 JPH074855 B2 JP H074855B2 JP 1328189 A JP1328189 A JP 1328189A JP 32818989 A JP32818989 A JP 32818989A JP H074855 B2 JPH074855 B2 JP H074855B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pipe
lining
resin
existing pipe
existing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP1328189A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH03189126A (en
Inventor
隆男 山村
新太郎 池田
Original Assignee
日本鋼管工事株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 日本鋼管工事株式会社 filed Critical 日本鋼管工事株式会社
Priority to JP1328189A priority Critical patent/JPH074855B2/ja
Publication of JPH03189126A publication Critical patent/JPH03189126A/ja
Publication of JPH074855B2 publication Critical patent/JPH074855B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 [産業上の利用分野] この発明は、下水道,上水道,送油管その他あらゆる既
設配管に適応できるライニング工法、特に既設配管に対
する合成樹脂管の密着性の向上に関するものである。
[従来の技術] 近年、下水道や上水道等の既設管の強度補強や防食対
策,漏水・浸水対策あるいは流量改善などを目的とし
て、既設管内面に合成樹脂をライニングしたり、既設管
内面に合成樹脂を形成する反転ライニング工法が脚光を
浴びている。
例えば、特公昭55−43890号公報,特開昭64−85738号公
報に開示された工法は、ニードルフェルト層にエポキ
シ,ポリエステル等の液状熱硬化性樹脂を含浸した内張
り材を既設管内で流体圧力により反転,進行させ、反転
した内張り材を流体圧力によって既設管内面に圧着し、
熱硬化性樹脂を硬化させて既設管内面に合成樹脂をライ
ニングする方法である。
また、特開昭64−16633号公報,特開昭64−16634号公報
あるいは特開昭63−285395号公報に開示された工法は、
小口径の熱可塑性プラスチック管を既設管内に挿入した
後、熱可塑性プラスチック管を内部より加熱加圧して膨
張させ、既設管内面に密着させる方法である。
さらに、ヨーロッパ特許EPO184366Alに開示された工法
は螺線状に巻いた薄合成樹脂板を巻取機(製管機)でス
パイラル状に製管しながら既設管内に挿入し、その後ラ
イニング材と既設管の空間にグラウト材を充填してい
る。
[発明が解決しようとする課題] 特公昭55−43890公報に代表される従来の反転工法に使
用する内張り材はニードルフエルト層に含浸した液状熱
硬化性樹脂は既設管内で反転するときに反転面の円方向
の不均一な押圧力によってフエルト層内を移動する。こ
のためフェルト層の断面方向の樹脂含浸量に差が生じ、
厚みのバラツキに加え、強度のバラツキを生じるという
短所があった。
また、特に長尺の内張り材を使用する場合には、液状樹
脂を含浸した柔軟な内張り材を保管するために含浸過程
後巻き取ったり折り重ねる必要がある。このとき内張り
材の各部分に自重ないし押圧力の差によって厚みのバラ
ツキが生じ、液状樹脂に環境圧力差が加えられる。この
ような状態の内張り材で合成樹脂管を形成するとやはり
厚みのバラツキ,強度のバラツキが生じる。
また、液状樹脂を柔軟バック全長に亙って均一に含浸す
るのは非常に困難であり、通常±15%のバラツキが生
じ、均一な合成樹脂管を形成することができなかった。
また、既設管の技管や継手部のズレ,ハズレ,クラック
等の空隙がある場合、反転後の既設管の押圧力によっ
て、これら空隙周囲の液状樹脂が空隙内に浸み出して空
隙周囲の強度が低下するほか、液状樹脂が加熱によるゲ
ル化まえの粘度低下により地下浸入水と共に流出してし
まい、ポーラスな含浸層となって強度が著しく低下する
という短所もあった。
また、熱硬化性樹脂を含浸した内張り材は反転後、加熱
硬化して成形するが、加熱硬化のときの加熱時間及び冷
却時間の合計時間は、例えば径が300mm,厚さ6mmの内張
り材にポリエステル樹脂使用した場合で約15時間を要す
る。また、エポキシ樹脂の速乾タイプでも約6〜8時間
かかり、作業時間が長くなるという短所がある。これは
長い加熱保持期間の間に既設管や周囲土壌に蓄熱され、
冷却速度がゆるやかになることにも起因する。
また、特開昭64−16633号公報,特開昭64−16634号公報
あるいは特開昭63−285395号公報に開示された工法のよ
うに、既設管径より小断面形状に加工した熱可塑請樹脂
管を加熱・軟化・拡管するには、樹脂温度差による同一
圧力下の伸び率差が大きく、また加熱すると不定形状態
となり、自己膨張力も少ないので外圧で強制的に伸長・
拡管せねばならない。このため既設管内と樹脂管内の円
周方向、長手方向いずれの部分でも同一圧力下で均一に
加熱する必要がある。しかし、実際は加熱温度がバラツ
キ、樹脂管にシワが発生したり、管厚にバラツキを生じ
るほか、既設管との間に空隙を生じるという短所があっ
た。
また、特開昭63−285395号公報に示すように、曲管内面
外側で軟化したパイプを小口径からピグで強制的、伸ば
し圧着すると、外側の管厚が他の部分に比べて薄くなる
という短所があった。
さらに、ヨーロッパ特許EPO184366Alに開示されたよう
に、製管しながら既設管に挿入する工法は、著しい蛇行
等がある既設管には挿入不能か、あるいは製管口径を小
さくしなければならず、既設管径に対する断面積減少が
大きいという短所があった。
この発明はかかる短所を解決するためになされたもので
あり、接着剤等を使用せずに合成樹脂管を確実に既設管
内面に密着することができるライニング工法を提案する
ことを目的とするものである。
[課題を解決するための手段] この発明に係るライニング工法は、既設管の内張り材と
して、熱可塑性樹脂で形成され断面積が小さくなるよう
に形状を変えた樹脂パイプと樹脂パイプを覆う耐熱フイ
ルムチューブとなからる内張り材を使用した工法であ
り、上記内張り材の温度を樹脂パイプの軟化状態の温度
範囲に保持しながら内張り材を既設管内に引き込み、フ
イルムチューブを既設管から引き抜き既設管の一端部か
ら樹脂パイプ内に拡張治具を圧送することを特徴とす
る。
[作用] この発明においては、内張り材として、熱可塑性樹脂で
形成され断面積が小さくなるように形状を変えた樹脂パ
イプと樹脂パイプを覆う耐熱フイルムチューブとからな
る内張り材を使用し、この内張り材を樹脂パイプの軟化
温度に保持しながら、抗張力のあるフイルムチューブを
牽引して既設管内に引き込むことにより、軟化状態の樹
脂パイプを既設管内に挿入する。
このように、軟化状態にある樹脂パイプをフイルムチュ
ーブで支持しながら既設管内に挿入するから、内張り材
は屈曲部も容易に通過することができる。
このフイルムチューブを引き抜きながら、または引き抜
いた後、軟化状態になった内張り材内に拡張治具を圧送
して既設管と内張り材との間に存在する空気や滞留水を
送り出しながら樹脂パイプの形状を回復させる。[実施
例] 第1図(a),(b)はこの発明の一実施例のライニン
グ工法を示す工程図である。図において、1は既設管、
2は内張り材である。
内張り材2は熱可塑性樹脂で形成され断面積が小さくな
るように形状を変えた樹脂パイプ3と樹脂パイプ3を覆
う耐熱フイルムチューブ4とからなる。この内張り材2
は第2図の加工工程図に示すように、例えば塩化ビニー
ル,ポリエチレン,ポリプロピレン,ポリブデン等の熱
可塑性合成樹脂を、既設管1の内径に対して90〜105%
の外径になるよう押し出し成形して、既設管路長以上の
長さの樹脂パイプ3を形成する。次に、樹脂パイプ3を
軟化状態の温度、例えば塩化ビニールなら80〜140℃の
熱加工温度を有する加熱雰囲気内で軟化させながら、成
型ローラや押出しスリット等の機械的方法により、断面
積が既設管1の断面積より小さくなるように扁平にし、
あるいは折り曲げる。そして第2図(b),(c)に示
すような扁平にして折り曲げた樹脂パイプ3を形成す
る。この断面積を小さくした樹脂パイプ3を形成後、軟
化状態を保持したまま直ちに荷重熱変形温度が熱可塑性
樹脂の軟化温度より高い、例えば荷重熱変形温度が160
℃(4.6Kgf/cm2)のナイロンあるいは135℃(4.6Kgf/cm
2)のポリエステル等のフィルムや、これに補強繊維を
入れたフィルムで形成されたフィルムチューブ4で覆
い、第2図(d)に示すような内張り材2を形成する。
5は既設管1の一端部に取り付けられた封止部であり、
封止部5には不図示の加熱ボイラから送られる加熱水の
供給口6とシール部が取り付けられ加圧水を供給する加
圧水供給口7とを有する。8は既設管1の他端部に取り
付けられた封止部であり、封止部8には安全弁91が取り
付けられた加熱水排出口9とシール部が取り付けられ内
張り材2を挿入し、かつフィルムチューブ4を引き抜く
引抜口10とを有する。11は拡張治具であり、拡張治具11
は例えばポリエチレン製のピグ等からなねる。12は拡張
治具10の後端に取り付けられた速度制御ロープである。
次に、上記のように形成された内張り材2を使用して既
設管1の内面に合成樹脂管を形成するときの動作を説明
する。
まず、既設管1の両端に拡張治具11を内蔵した封止部5
と封止部8とを取り付けて既設管1をほぼ密閉状態にす
る。次に、封止部5から加熱水を連続供給し、供給した
加熱水を封止部8の加熱水排出口9から排出しながら、
既設管1内の温度を内張り材2を形成する樹脂パイプ3
の軟化状態温度に保つ。
この状態で第1図(a)に示すように封止部8の引抜口
10から既設管1内に内張り材2を挿入する。既設管1内
に内張り材2が挿入されるにしたがい、内張り材2の樹
脂パイプ3が既設管1内の温度により軟化し、既設管1
の形状に沿って内張り材2が配設される。
既設管1内に内張り材2を配設した後、封止部5の供給
口6から送られている加熱水の供給を停止し、封止部8
の引抜口10からフィルムチューブ4を引抜きながら、封
止部5の加圧水供給口7から加圧水を供給して、第1図
(b)に示すように拡張治具11を内張り材2内に圧送す
る。このとき、フィルムチューブ4の後端部4aが常に拡
大治具11の先端部に位置するように、フイルムチューブ
4の引抜きと連動して速度制御ロープ12を制御する。
この拡張治具11の圧送により、軟化状態になっている樹
脂パイプ3の押圧部3aは拡張治具11の押圧力により外側
に拡げられ、既設管1と樹脂パイプ3間に存在する空気
や滞留水を送り出しながら樹脂パイプ3の形状を回復す
る。
そして、この樹脂パイプ3の元の外径は既設管1の内径
の90〜105%に形成されているから、樹脂パイプ3を接
着剤なしで既設管1の内面に完全に密着させることがで
きる。
なお、このとき押圧部3aの前方にある加熱水は拡張治具
11の押圧にしたがい加熱水排出口9から排出される。
このようにして、既設管1の内面全体に樹脂パイプ3を
密着させた後、加圧水に変えて冷却水を供給して樹脂パ
イプ3を冷却し、既設管1内に合成樹脂管を形成する。
その後、封止部5,8や拡張治具11を取り外して、形成し
た合成樹脂管の両端切断等の後処理を行ない処理を終了
する。
なお、上記実施例は既設管1が直管の場合について説明
したが、第3図に示すように既設管1が屈曲部14を有し
ていても、上記実施例と同様に適用することができる。
このような屈曲部14があっても、既設管1内に内張り材
2を引き込むときに、内張り材2の樹脂パイプ3が既設
管1内の温度により軟化し、内張り材2が柔軟になって
いるから、屈曲部14の形状にしたがつて抵抗なしに内張
り材2を配設することができる。
また、この内張り材2を拡張治具11で押圧することによ
り、第4図に示すような屈曲部14に生じる空気溜り15の
発生を防止することができ、樹脂パイプ3のしわ16の発
生を小さくすることができる。
また、上記実施例においては、既設管1内に加熱水を供
給して既設管1の雰囲気温度を樹脂パイプ3の軟化温度
に保つようにしたが、内張り材2のフイルムチューブ4
内に蒸気等の加熱流体を供給して樹脂パイプ3を軟化温
度に保ちながら、内張り材2を既設管1内に挿入しても
良い。
第5図はこの発明の他の実施例を示す断面図である。図
に示すように、内張り材2の先端部21をロープやベルト
などの牽引帯22で結束し、既設管1内に内張り材2を挿
入する。このとき、不図示の加熱ボイラから送られてく
る加熱水、加熱蒸気などの加熱流体を内張り材2の後端
部からフルイムチューブ4内に連続供給する。供給され
た加熱流体は、フィルムチューブ4内を通過中に樹脂パ
イプ3を軟化させ、先端21に有する排流孔23から既設管
1内に放出される。
この加熱流体により軟化状態にされた樹脂パイプ3を抗
張力のあるフィルムチューブ4で牽引することにより、
内張り材2を屈曲部14がある既設管1内に挿入するとき
も、樹脂パイプ3を変形させることなしで、かつ小さな
抵抗で挿入することができる。
また、第5図に示した実施例において水の浮力を利用す
ると、内張り材2の挿入,フィルムチューブ4の引き抜
きをより容易にすることができる。
例えば既設管1が水平配管の場合には、第6図に示すよ
うに、既設管1の両端に堰24を設けて既設管1内に水25
を張る。この既設管1に先端部21を牽引帯22で結束し、
後端部からフイルムチューブ4内に加熱流体が連続供給
されている内張り材2を挿入する。このとき、内張り材
2には水25の浮力が作用するから、牽引帯22で内張り材
2を抵抗なしで既設管1内に引き込むことができる。
内張り材2を挿入後、フイルムチューブ4を引抜くとき
には、フイルムチューブ4の先端部にだけ牽引帯22を結
びつけ。樹脂パイプ3の後端部を引き込まれないように
拘束して、フイルムチューブ4を引抜く。このときも内
張り材2に水25の浮力が作用しているから、フイルムチ
ューブ4を小さな抵抗で引抜くことができる。このよう
に浮力を利用してフイルムチューブ4だけを先に引き抜
き樹脂パイプのみを拡張するか、またはフイルムチュー
ブ4を引抜きながら拡張治具11で樹脂パイプ3を押圧す
る。
なお、第6図に示した実施例は水平配管の場合について
説明したが、屈曲部14を有する立体配管の場合も水を張
ることによって同様に適用することができる。
また、第6図に示した実施例においては、既設管1内に
水25を張った後、内張り材2を挿入する場合について説
明したが、フイルムチュープ4の先端部21の排流孔23か
ら放出される加熱流体25を既設管1内に張った後に、牽
引帯22で内張り材2を挿入し、フイルムチューブ4を引
き抜いても上記実施例と同様な作用を奏することができ
る。
また、上記実施例は加熱流体により内張り材2を樹脂パ
イプ3の軟化温度に保持した場合について説明したが、
内張り材2のフイルムチューブ4にニクロム線等の発熱
体を埋め込み、電気加熱により所定温度を保ったり、加
熱流体を通す複数の孔を有する加熱ホースや発熱体を埋
め込んだ加熱ホースを樹脂パイプ3内に設けて所定温度
を保つようにしても良い。
なお、樹脂パイプ3内に加熱ホースを設けた場合には、
加熱ホースをフイルムチューブ4と同時に引抜くように
すればよい。
[発明の効果] この発明は以上説明したように、内張り材として、熱可
塑性樹脂で形成され断面積が小さくなるように形状を変
えた樹脂パイプと樹脂パイプを覆うフイルムチューブを
有する内張り材を使用し、この内張り材を樹脂パイプの
軟化状態に保持して既設管内に引き込むから、軟化状態
になった樹脂パイプの形状をフイルムチューブで抑えな
がら既設管内に引き込むことができ、屈曲部がある既設
管であっても、その形状にしたがつて内張り材を小さな
抵抗で配設することができる。
また、フイルムチューブを引き抜きながら、またはフイ
ルムチューブのみを先に引き抜き、軟化状態になった樹
脂チューブ内に拡張治具を圧送して、既設管と樹脂チュ
ーブとの間に存在する空気や滞留水を送り出して樹脂パ
イプの形状を元の形状に回復させて合成樹脂管を形成す
るから、接着剤等なしで合成樹脂管を既設管に完全に密
着させることができる。したがって浸水,漏水の発生を
防止することができる。
また、樹はパイプを正確な管厚に成型後、扁平加工等を
行ない固体状態で保管・運搬するので、保管時の厚みや
強度のバラツキがなくなり、形成された合成樹脂管は均
一管厚,均一強度になり品質面で著しい向上が図れる。
また、接着剤等なしで合成樹脂管を既設管内に形成する
ことができるから、接着剤等の硬化時間を必要としない
から、土壌に対する蓄熱もなく冷却時間もきわめて短
く、かつ既設管は簡単な下地処理で済むから、施工時間
を大幅に短縮することができる。また、ライニングの後
の管断面積減少率も小さく、著しく蛇行等があっても施
工することができる。
さらに、接着剤等の付着装置および付着作業も不要であ
るから、施工費の低減を図ることができる。
【図面の簡単な説明】
第1図(a),(b)はこの発明の実施例の施工工程を
示す工程図、第2図は上記実施例に使用する内張り材の
加工工程を示す工程図、第3図は他の実施例を示す断面
図、第4図は第3図の部分断面図、第5図は第3の実施
例を示す断面図、第6図は第4の実施例を示す断面図で
ある。 1……既設管、2……内張り材、3……樹脂パイプ、4
……フイルムチューブ、5,8……封止部,6……供給口、
7……加圧水供給口、9……加熱水排出口、10……引抜
口、11……拡張治具、12……速度制御ロープ、22……牽
引帯、23……排流孔、24……堰。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】熱可塑性樹脂で形成され、断面積が小さく
    なるように形状を変えた樹脂パイプと樹脂パイプを覆う
    耐熱フイルムチューブとからなる内張り材を使用し既設
    管内面に合成樹脂管を形成するライニング工法であっ
    て、 上記内張り材の温度を樹脂パイプの軟化状態の温度範囲
    に保持しながら内張り材を既設管内に引き込み、フイル
    ムチューブを引き抜き既設管の一端部から樹脂パイプ内
    に拡張冶具を圧送することを特徴とするライニング工
    法。
JP1328189A 1989-12-20 1989-12-20 ライニング工法 Expired - Lifetime JPH074855B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1328189A JPH074855B2 (ja) 1989-12-20 1989-12-20 ライニング工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1328189A JPH074855B2 (ja) 1989-12-20 1989-12-20 ライニング工法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH03189126A JPH03189126A (en) 1991-08-19
JPH074855B2 true JPH074855B2 (ja) 1995-01-25

Family

ID=18207460

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1328189A Expired - Lifetime JPH074855B2 (ja) 1989-12-20 1989-12-20 ライニング工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH074855B2 (ja)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11227045A (ja) * 1998-02-17 1999-08-24 Osaka Gas Co Ltd ライニング管及びライニング管の挿入方法
JPH11227046A (ja) * 1998-02-17 1999-08-24 Osaka Gas Co Ltd 管内ライニング方法
WO2018173320A1 (ja) * 2017-03-24 2018-09-27 株式会社サンフロイント 油配管内部ライニング施工方法
JP2018162811A (ja) * 2017-03-24 2018-10-18 株式会社サンフロイント 油配管内部ライニング施工方法
JP6951042B2 (ja) * 2017-07-30 2021-10-20 株式会社サンフロイント 油配管内部ライニング施工方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPH03189126A (en) 1991-08-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6206993B1 (en) Method and apparatus for providing a tubular material within a pipeline
US4622196A (en) Lining of pipelines and passageways
JP4582550B2 (ja) 一体化した内側の不浸透層を有する現場硬化型ライナー及び連続製造方法
RU2352853C2 (ru) Монтаж отверждаемой на месте облицовки с внутренним непроницаемым слоем и устройство
KR101161455B1 (ko) 현장 경화형 라이너용의 수지 함침 타워
JP2564087B2 (ja) 管ライニング材への樹脂注入方法及び管路補修工法
RU2352852C2 (ru) Отверждаемый на месте облицовочный материал с внешним непроницаемым слоем и способ его изготовления
US6401759B1 (en) Liner bag for manhole and method of lining a manhole
JP2009515746A (ja) 長手方向に補強された、その場硬化型ライナーと、補強コーティング
GB1039836A (en) Method and apparatus for applying plastic linings to pipelines in-situ
US20130098535A1 (en) Method and apparatus for forming a coating on a lining of a conduit in situ
JPH074855B2 (ja) ライニング工法
JP2926067B2 (ja) マンホール用ライニング材及びマンホールライニング工法
JPH0661844B2 (ja) 反転ライニング用内張り材
WO1992008922A1 (en) Improvements relating to the lining of pipelines or passageways
JPH0692119B2 (ja) ライニング工法
JP2712050B2 (ja) 反転ライニング工法
JPH0661843B2 (ja) 反転ライニング用内張り材
JP3084165B2 (ja) 枝管用ライニング治具及びライニング施工方法
JPH0777758B2 (ja) ライニング工法
JP3417592B2 (ja) 管路内管の形成方法
KR101492207B1 (ko) 나선형 스트립재를 이용한 관로 보수방법
JP3156292B2 (ja) 管路の内張り方法
JP5725788B2 (ja) 地中埋設管に対する緩衝用繊維層の形成方法
JP3400556B2 (ja) 管路の内張り方法