JPH0640575Y2 - 切断閉曲線入りガラス板の折割装置 - Google Patents

切断閉曲線入りガラス板の折割装置

Info

Publication number
JPH0640575Y2
JPH0640575Y2 JP6914491U JP6914491U JPH0640575Y2 JP H0640575 Y2 JPH0640575 Y2 JP H0640575Y2 JP 6914491 U JP6914491 U JP 6914491U JP 6914491 U JP6914491 U JP 6914491U JP H0640575 Y2 JPH0640575 Y2 JP H0640575Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
glass plate
pressing
closed curve
pressing tool
cut line
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP6914491U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0519331U (ja
Inventor
一成 小堀
勝 若松
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Central Glass Co Ltd
Original Assignee
Central Glass Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Central Glass Co Ltd filed Critical Central Glass Co Ltd
Priority to JP6914491U priority Critical patent/JPH0640575Y2/ja
Publication of JPH0519331U publication Critical patent/JPH0519331U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPH0640575Y2 publication Critical patent/JPH0640575Y2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本考案は、輪郭の切り筋線が閉曲
線となるガラス板の周縁部を折割する装置の改良に関す
る。
【0002】
【従来の技術】閉曲線輪郭の切り筋を付与したガラス板
の周縁帯を切断除去する装置として、機械的に行うもの
と、火炎を用いて行うもの、またそれ等を組合せたもの
が広く知られているが、例えば、実開昭52ー111755号公
報には、ベルトコンベアとテーブル間に切り筋形状より
僅かに大なるテンプレートを配し、該テンプレート上に
ガラス板を載置してガラス板固定具と折り具とからな
り、固定具は切り筋の内側位置を、折り具の先端部はテ
ンプレートの外側を押圧するように配置した異形ガラス
板の折割り装置が開示され、特開平3-23234号公報に
は、上下動可能な吸引パットを備えたコンベアと、板ガ
ラスの除去すべき周縁帯を打撃する機械的除去手段並び
に該周縁帯の角部を火炎加熱するバーナーを備えた周縁
帯除去ステーションとから成り、板ガラスの切断輪郭線
の外側に位置する周縁帯を除去する装置において、上記
除去手段を吸引パットロッドに固着することにより除去
手段を吸引パッドと共に移動可能とし、更に板ガラスを
吸引パッドが支持している間、吸引パッドと除去手段と
を相対的に移動させて周縁帯の除去を行う板ガラスの周
縁帯除去装置が開示されている。
【0003】
【考案が解決しようとする問題点】機械的に行う実開昭
52ー111755号公報の異形ガラス板の折割り装置は、切り
筋の輪郭に合わせて複数の固定具と折り具とを配設する
ため、異形形状が異なればその都度前記固定具と折り具
の配設位置を修正する複雑な作業、よしんば該固定具と
折り具とを数値制御を加味した位置決め可能な装置に組
み込み実施しても周縁輪郭の位置によっては押圧ピッチ
を小さくする等セットに手間取り、押圧ピッチを荒くす
ると板ガラスの角と閉曲線輪郭の切り筋間が広くなり、
折割り時に切り筋線以外の方向に折り割る場合があり、
再度その修正に折割り除去の作業を要する等の欠点があ
り、機械的、かつ火炎を組合せたものとしての特開平3
-23234号公報のものは、火炎加熱バーナーをガラス板の
四隅に配設して前記修正の折割り除去を改善している
が、火炎加熱バーナーに加え機械的折割り処理のためそ
の処理時間が多くかかり、薄板ガラスの場合は複数個配
列する吸着パッドのレベル、吸着タイミング、吸着力等
が同一でなければガラス自身の破損につながり、その調
整には多くの時間を要すという欠点があった。
【0004】
【問題点を解決するための手段】本考案はかかる問題点
に鑑みてなしたもので、欠陥無くかつ効率よく折り割る
装置の提供を目的として、予めガラス板に付与した閉曲
線の切り筋より大なる相似形のテンプレートをテーブル
と該ガラス板を載置して前方に移動せしめるコンベアベ
ルト間の所定の位置に固定し、該テンプレート上部に前
記ガラス板を押圧固定するパットと、該ガラス板の上部
に設けたレールに沿って移動する摺動部に、前記切り筋
を挟んで押圧する複数のプッシャーからなる押圧具を設
けた切断閉曲線入りガラス板の折割装置おいて、前記摺
動部にモーターを装着し伝導手段を介して前記押圧具を
回動せしめ、該押圧具に上下動自在なカッターを添設す
る切断閉曲線入りガラス板の折割装置を提供する。
【0005】
【作用】予め付与した閉曲線の切り筋に横行、走行およ
び回動自在の押圧具にカッターを添設してガラス板の角
部に新たな切り筋を付与し、予め付与した切り筋と新た
に付与した切り筋を挟んで押圧具のプッシャーが押圧す
ることにより、確実な折り割りと分離が行われる。
【0006】
【実施例】以下、本考案の実施例を図面に基づいて詳細
に説明する。図1は一部を省略した可動押圧具の全体斜
視図、図2は一部を切欠した本装置の概略平面配置図、
図3は閉曲線の切り筋を付与したガラス板を示す平面
図、図4はコンベア上に載置した一部切欠のガラス板を
示す縦断面図である。
【0007】予め閉曲線の切り筋1を付与したガラス板
2は、該切り筋よりやや大きめの相似形でテーブル3上
の所定位置に固定されたテンプレート4の上を断続回転
する無端状のコンベアベルト5を介して載置し、該ガラ
ス板の上方には架設する架台にガラス板2の中央を図
示されないシリンダーで押圧する押圧パット30を懸吊
し、コンベアの末端には付帯のカレットボックス7を配
設する。
【0008】ガラス板2の切り筋1近傍を押圧して該ガ
ラス板を折割する手段の構成は、前記ガラス板2の搬送
方向でそのセンター上の架台における前後位置の梁部
下面にレール8、8を配設し、該梁部上面の両脇と中央
には前記レール8に平行な走行レール9、9を並設、該
走行レール間に横設して自走し位置決め停止自在な一対
の横行レール10、10を設け、前記レール8および横
行レール10には該レールに沿って数値制御等による周
知の構成で往復動、位置決め停止自在な摺動部11を装
着する。
【0009】横行レール10に装着する摺動部11には
回動自在な可動押圧具26を設けるが、その構成は摺動
部11の側面にモーター12を添設し、該モーターの伝
導手段としてはモーター12軸に軸着するピニオン13
と摺動部11の下面に軸支する歯車14とが噛み合い、
該歯車に一体な回動する懸吊部15を設け、該懸吊部に
固着して垂直方向に出入しピストンの下端にガラス板2
を押圧する製品側プッシャー16を設けた押圧シリンダ
ー17と、該押圧シリンダーを挟み懸吊部15に固着す
る取付け部材18を介して斜めに配設し、出入するピス
トンの先端にガラス板2を押圧する取代プッシャー1
9、19を設けた一対の傾斜シリンダー21、21と、
懸吊部15に添設する固着部材22に垂下し出入するピ
ストンの下端にガラス板2に新たな切り筋23を付与す
る回動自在な周知の補助カッター24を装着する切断シ
リンダー25とを配設する。
【0010】一方、レール8に沿って移動する一対の摺
動部11には固定押圧具27を配設するが、その構成は
摺動部11の下面に直接懸吊部15を固着し、該懸吊部
に切断シリンダー25を除いた押圧シリンダー17と取
付け部材18を介して傾斜シリンダー21、21とを設
け、該シリンダーのピストン端部には出入して閉曲した
切り筋1の内側を押圧する製品側プッシャー16と外側
を押圧する取代プッシャー19、19とを装着する。
【0011】製品側プッシャー16や取代プッシャー1
9の材質は押圧時に発生するガラス板2への衝撃を回避
するためウレタンゴム等の緩衝材が望ましい。以下、本
考案の作用を説明する。
【0012】予め閉曲線の切り筋1を付与するガラス板
2は、図示されない移載装置でベルトコンベア5上の所
定の位置、すなわちテーブル3上にセットしたテンプレ
ート4上にコンベアベルト5を介して載置し、押圧パッ
ト30の降下押圧で該ガラス板を固定する。
【0013】レール8に沿って固定押圧具2727
図3に示すA、B点で切り筋1近傍の所定の位置まで移
動し、横行レール10、10と該レールに装着する可動
押圧具2626はC、D点に移動、続いてモーター1
2の作動により該可動押圧具は製品側プッシャー16の
位置を切り筋1の内側に、取代プッシャー19、19を
切り筋1の外側となるように回動し、固定押圧具27
可動押圧具26の押圧シリンダー17と傾斜シリンダー
21、21との作動により製品側プッシャー16はテン
プレート5上を、取代フッシャー19、19は該テンプ
レートの外側となるようにガラス板2の切り筋1を挟ん
で押圧すると該切り筋のニューを促進させ、シリンダー
17、21、21の復動によるピストンの収納でプッシ
ャー16、19、19は上昇する。つづいて、可動押圧
2626は横行レール10、10、および摺動部1
1、11の移動により図3に示すガラス板2のO、P位
置に移動し、モーター12の作動により回動して位置決
めを行い、切断シリンダー25の作動による補助カッタ
ー24を降下してガラス板2と当接押圧し、可動押圧具
2626のわずかな横行、走行による合成移動により
ガラス板2に新たな切り筋23、23を付与すると再び
切断シリンダー25の復動により補助カッター24は上
昇すると、押圧シリンダー17と傾斜シリンダー21、
21の作動により切り筋23を挟む位置に取代プッシャ
ー19、19を、予め付与した切り筋1の内側に製品側
プッシャー16とを降下せしめ、切り筋1、23を挟む
製品側プッシャー16と取代プッシャー19、19とが
ガラス板2を均等に押圧し、該押圧とテンプレート4の
段差によりガラス板2にベンデングを与え切り筋1、2
3に沿って折割し、斜めに配設する取代プッシャー1
9、19の押し出しにより該プッシャーの材質、すなわ
ちゴム材により滑ることなく製品部分のガラスと周縁部
のガラスとが分離する。
【0014】引き続き押圧シリンダー17と傾斜シリン
ダー21、21を復動させて製品側プッシャー16と取
代プッシャー19、19とを上昇せしめ、可動押圧具
26を図3に示すガラス板2のコーナーQ、Rの位
置に移動して位置決めし、新たな切り筋23、23を付
与し、前記同様に押圧シリンダー17と傾斜シリンダー
21、21とを往復作動させれば、切断の未処理部分の
ガラスも製品部分と耳部分とは分離し、押圧バット30
の上昇と製品部分を図示されない移載装置で次工程に搬
送、分離した周縁部のガラスはコンベアベルト5の作動
により移動し、該コンベアの末端に配設するカレットボ
ックス7に落下して回収され、再び切り筋1を付与する
新たなガラス板2はコンベアベルト5上に移載され、次
の折割を開始するが、装置の作動順序は前もって制御器
にインプットすることにより順番に行われる。
【0015】
【考案の効果】本考案は、可動押圧具の配設により設備
の簡素化と、該可動押圧具に添設する補助カッターによ
り新たな補助切り筋の付与と折割とを行い、欠陥の無い
折割により歩留りが大幅に向上し、その効果は極めて顕
著である。
【図面の簡単な説明】
【図1】一部を省略した可動押圧具の全体斜視図を示
す。
【図2】一部を切欠した本装置の概略平面配置図。
【図3】閉曲線の切り筋を付与したガラス板を示す平面
図。
【図4】コンベア上に載置した一部切欠のガラス板を示
す縦断面図を示す。
【符号の説明】
1・・切り筋 2・・ガラス板 3・・テーブル
4・・テンプレート 5・・コンベアベルト 8、9、10・・レール
11・・摺動部 12・・モーター 16、19、・・プッシャー2627・・押圧具 30・・押圧パット

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】予めガラス板に付与した閉曲線の切り筋よ
    り大なる相似形のテンプレートをテーブルと該ガラス板
    を載置して前方に移動せしめるコンベアベルト間の所定
    の位置に固定し、該テンプレート上部に前記ガラス板を
    押圧固定するパットと、該ガラス板の上部に設けたレー
    ルに沿って移動する摺動部に、前記切り筋を挟んで押圧
    する複数のプッシャーからなる押圧具を設けた切断閉曲
    線入りガラス板の折割装置おいて、前記摺動部にモータ
    ーを装着し伝導手段を介して前記押圧具を回動せしめ、
    該押圧具に上下動自在なカッターを添設する切断閉曲線
    入りガラス板の折割装置。
JP6914491U 1991-08-29 1991-08-29 切断閉曲線入りガラス板の折割装置 Expired - Fee Related JPH0640575Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6914491U JPH0640575Y2 (ja) 1991-08-29 1991-08-29 切断閉曲線入りガラス板の折割装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6914491U JPH0640575Y2 (ja) 1991-08-29 1991-08-29 切断閉曲線入りガラス板の折割装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0519331U JPH0519331U (ja) 1993-03-09
JPH0640575Y2 true JPH0640575Y2 (ja) 1994-10-26

Family

ID=13394166

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6914491U Expired - Fee Related JPH0640575Y2 (ja) 1991-08-29 1991-08-29 切断閉曲線入りガラス板の折割装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0640575Y2 (ja)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6969625B2 (ja) * 2016-10-17 2021-11-24 日本電気硝子株式会社 ガラス板の切断方法及びその切断装置
FR3066487B1 (fr) * 2017-05-19 2021-12-10 Saint Gobain Procede de rompage d'une feuille de verre
JP2019043011A (ja) * 2017-08-31 2019-03-22 三星ダイヤモンド工業株式会社 端材分離方法
JP2022034846A (ja) * 2020-08-19 2022-03-04 三星ダイヤモンド工業株式会社 分断方法および分断装置

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0519331U (ja) 1993-03-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4445409A (en) Device for cutting paper, cardboard, and similar materials
EP0208079B1 (en) Sawing machine
EP0753487B1 (en) Apparatus for working glass sheet
EP0757973B1 (en) Apparatus for working glass sheet
US5733353A (en) Glass-plate working apparatus
US5944244A (en) Apparatus for dividing laminated glass
US4151940A (en) Apparatus for automatically loosening the marginal strip from a sheet of contour-cut glass
JP3739333B2 (ja) 板ガラスの割断システム
JPH0640575Y2 (ja) 切断閉曲線入りガラス板の折割装置
KR950002330B1 (ko) 유리판 가압장치
JPH0624779A (ja) ガラス板の折割機械
JP3042349B2 (ja) ガラス板の加工装置
US4227635A (en) Apparatus for the manufacture of a window by detachment of the edges of a sheet of glass along a score
JPH08253336A (ja) 薄板ガラスの折割方法およびその装置
JPH09227144A (ja) ガラス板の加工装置
US4278193A (en) Glass breaking and separating apparatus and method
EP0587542B1 (en) Method and apparatus for cutting a large glass sheet into smaller sizes
JPH05310437A (ja) 硝子板の切断方法及びその装置
JPH08301630A (ja) ガラス板折割り装置及びこれを具備したガラス板加工装置
JPH1149529A (ja) ガラス板の加工装置
KR20200000961A (ko) 메탈필름 커팅장치
KR200204907Y1 (ko) 강판 후진장치의 구조
JP5122038B2 (ja) ガラス板の加工装置
CN114406503B (zh) 一种航空航天用钛合金板激光切割装置
US3498513A (en) Automatic table performing all cutting operations by rational sequences in glassworks producing a continuous glass band

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees