JPH0538571A - 形鋼の組立装置 - Google Patents

形鋼の組立装置

Info

Publication number
JPH0538571A
JPH0538571A JP19556191A JP19556191A JPH0538571A JP H0538571 A JPH0538571 A JP H0538571A JP 19556191 A JP19556191 A JP 19556191A JP 19556191 A JP19556191 A JP 19556191A JP H0538571 A JPH0538571 A JP H0538571A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
flange
web
web material
work
welding
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP19556191A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2506242B2 (ja
Inventor
Takashi Fushida
孝 伏田
Yoshihiko Asai
良彦 浅井
Katsumi Eguchi
勝巳 江口
Masahide Kawaguchi
政英 川口
Tomoaki Mihara
知明 三原
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Yoshikawa Kogyo Co Ltd
Nippon Steel Corp
Original Assignee
Yoshikawa Kogyo Co Ltd
Nippon Steel Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Yoshikawa Kogyo Co Ltd, Nippon Steel Corp filed Critical Yoshikawa Kogyo Co Ltd
Priority to JP3195561A priority Critical patent/JP2506242B2/ja
Publication of JPH0538571A publication Critical patent/JPH0538571A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2506242B2 publication Critical patent/JP2506242B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【構成】 ウェブ材Wを水平状にしてワークを横組固定
し、左右のフランジ材Fでウェブ材Wを挟持した状態で
拘束し、上下対のウェブセンタリングローラ21,22
をウェブ材Wに沿って走行させ、その直後を該ローラに
追随しながら仮付溶接する。ウェブ材Wとフランジ材F
の仮付け溶接をウェブ材下面のみ行い、次工程の本溶接
ラインへ搬送するものである。 【効果】 ワーク固定式であるため、装置が簡素化さ
れ、形鋼の組立て能率を高められる。また、ウェブ材両
端のフランジ材を同時に組立て加工でき、さらにワーク
を反転させることがなくなり、組立て加工の作業能率が
向上する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、たとえば、H形鋼やI
形鋼等の溶接構造物の組立および溶接技術に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、I形鋼等の溶接構造物の組立方法
は、大別して縦組法と横組法とがある。前者はウェブ材
を立てた状態で組立てるもので、後者はウェブ材が横置
きされた状態で組立てる方法である。
【0003】一般的には、縦組法の方が自動化しやすい
ため多用されているが、橋梁等の桁高の大きいものは安
全性を考慮して、横組法が採用されている場合もある。
【0004】縦組法の場合は、ほとんどがワーク移動式
であり、ユニバーサル圧延機のように横押しロールと縦
押しロールを組合せた組立装置に、片側のフランジ毎に
部材を挿入して左右両側をすみ肉溶接で仮付け溶接して
組立てを行っている。反対側のフランジを組立てるため
には、途中で上下反転させて繰り返すこととなる。
【0005】一方、横組法の場合は、ワーク移動方式で
組立てる際、桁高の変化に応じてワークの保持,搬送装
置に工夫をこらさなければならず、装置が複雑となって
くる。
【0006】また、横組法でワーク固定方式で組立てる
場合(これは、従来より手動にて行われている一般的な
方法であるが)、自動化が困難であり、仮付溶接も高々
半自動溶接による人手に頼っているのが現状である。
【0007】従来例として、特公昭53−936号公報
に記載されているI形鋼の組立溶接装置は横組法のワー
ク移送方式のものであるが、ワーク移送方式であるた
め、装置の長さがワークの長さの2倍以上必要となり、
かつ橋梁のI形鋼のようにフランジの巾が変化するワー
クではフランジ受けロールの高さを常にフランジ巾に合
わせて調整せねばならない。また移動のため、フランジ
に油圧シリンダーにて押圧されたフランジ送りローラを
回転させるが、仮付溶接しながらワーク全体を移送する
ため、その仮付溶接の量はウェブへの移動力の伝達のた
め十分多くせねばならない。
【0008】このように、横組法でもワーク移送方式と
すると設備スペースが大きくなり、移送のためのテーブ
ルローラの設置数も倍増し、橋梁I桁ではフランジ受ロ
ーラの機構が煩雑となる。また、仮付溶接といえどもそ
の溶接量は必要以上に多量となる。
【0009】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、上記従来の
装置等の問題点を鑑みなされたもので、その目的とする
ところは、工場占有スペースを最小限とする装置で、左
右のフランジを同時に能率よく組立てる横組ワーク定置
式組立装置を提供することにある。
【0010】
【課題を解決するための手段】本発明の形鋼の組立装置
は、フランジ把持押圧装置、搬出コンベアー装置、下ウ
ェブセンタリングローラと仮付溶接機を搭載した走行装
置からなる架台を相対向させて左右に配設し、片側の架
台を固定とし、他方を左右方向に移動可能とし、上記2
組のフランジ把持押圧装置は互いに外側に90度旋回可
能とするとともに、上ウェブセンタリングローラを走行
可能にそれぞれ載置し、おのおの上下対のウェブセンタ
リングローラの走行を同期させたことを特徴とするもの
である。
【0011】
【作用】本発明によると、固定架台と可動架台とにそれ
ぞれフランジ材を載置し、それぞれのフランジ材をクラ
ンプして芯出しをした後、ウェブ材の幅に合わせ可動架
台を移動させ、搬出コンベアー上の移送ローラにウェブ
材を載置した後、それぞれの架台を90度起立させる。
【0012】ついで、それぞれのフランジ材の後方から
シリンダ装置によって押圧してフランジ材をウェブ材に
圧着させた後、ウェブ材とそれぞれのフランジ材との下
方交叉部を移送ローラの移送方向と平行に走行するウェ
ブセンタリング上下ローラと溶接装置によって、上向き
すみ肉溶接を所定箇所行って仮付け溶接を終了する。
【0013】ついで、それぞれの架台のシリンダー及び
クランプ等を開放した後、組立の終了した形鋼を本溶接
装置へ移送ローラを駆動して移送する。
【0014】
【実施例】以下、本発明を図面に示す実施例に基づいて
具体的に説明する。
【0015】図1は本発明の実施例に係るI形鋼組立装
置の平面図、図2は同側面図、図3及び図4は図1のA
−A断面図である。
【0016】図において、1はフランジ材Fを載置する
ための固定架台、2は同じく反対側のフランジ材Fを載
置するための可動架台で、この可動架台2は車輪3によ
ってレール4上を走行できるようになっている。
【0017】固定架台1,可動架台2にはそれぞれフラ
ンジ把持押圧装置1a及び2aを搭載しており、それぞ
れフランジ材Fを長さ方向で二分割する中心線に合致さ
せるセンタリングを行うためのフランジセンタリングロ
ーラ5,6及び転倒防止ローラ7,8が設けられてお
り、このセンタリングローラ5,6と転倒防止ローラ
7,8とでフランジFをクランプするようになってい
る。センタリングローラ5,6は、クランプ用モータ
9,10で開閉自在となっている。
【0018】固定架台1及び可動架台2は、それぞれ9
0度旋回可能な機構を備えており、油圧シリンダ11,
12によってフランジ把持押圧装置1a,2aは90度
旋回して直交できるようになっている。ウェブ材Wはマ
グネット付きクレーン等によって搬出コンベア13に載
置されている。
【0019】可動架台2の両端には油圧シリンダ14,
15が取付けられており、同油圧シリンダ14,15の
作動によって可動架台2がレール4上を移動できるよう
になっており、ウェブ材Wの幅によって可動架台2の位
置が決まる。
【0020】それぞれのフランジ材F,Fをセンタリン
グローラ5,6によって長さ方向に移動させ、またはウ
ェブ材Wを搬出コンベア13によって移動させて、フラ
ンジ材とウェブ材との端面合わせを調整する。
【0021】フランジ把持押圧装置1a,2aには、そ
れぞれ多数の圧着用押圧エアシリンダ16,17が備え
付けられており、まず、可動架台2側の圧着用エアシン
リンダ17で移動側のフランジ材Fをウェブ材Wに押し
つける。つぎに、固定架台1側の圧着用エアシリンダ1
6で固定側のフランジ材Fをウェブ材Wに押し付ける。
図中、18,19はウェブ材Wを移送するためのローラ
である。
【0022】ついで、図6に示すように、ウェブ材Wの
上ウェブセンタリングローラ21と下ウェブセンタリン
グローラ22をワークの端面位置にセットする。この上
ウェブセンタリングローラ21はモータ23によって、
ウェブ材Wの撓みを修正して一定位置に保持するための
センタリング位置が調整される。さらに、上ウェブセン
タリングローラ21と、モータ23は、それぞれのフラ
ンジ把持押圧装置1a,2aに配設されたレール20上
を後述する下ウェブセンタリングローラ22の走行速度
と電気的に同期させて走行可能としている。
【0023】ついで、フランジ固定側及び移動側の2個
所にCO2 自動溶接機及び上記下ウェブセンタリングロ
ーラ22を搭載した走行装置24,25を設置する。こ
の走行装置24,25は、レール26,27上を、上下
対のウェブセンタリングローラ21,22によってウェ
ブのセンタリングを行いながら、フランジ材Fとウェブ
材Wとの下側接合個所の溶接線に沿って走行し、所定長
さの仮付け溶接を行う。また、211は上ウェブセンタ
リングローラ21の位置をウェブ材Wの厚みに合わせて
調整するためのハンドルである。
【0024】図6及び図7において、28はセンタリン
グ下ホールドローラ22をウェブ材Wへ押圧するための
エアシリンダ、29は溶接トーチ、30は溶接線倣い用
センサ、31,32は溶接線倣い用XYスライダ、33
は走行駆動モータ、34は溶接ワイヤ供給装置である。
【0025】本発明においては、ワークを固定した状態
で2台の自動溶接機が自走しながらウェブ材Wの両端に
おいてフランジ材F,Fを同時に仮溶接する。
【0026】ついで、フランジ材Fのセンタリングロー
ラ5,6及び転倒防止ローラ7,8及び押圧シリンダ1
6,17を開放し、搬出コンベア13によってワークを
次工程の本溶接工程装置へ搬出する。
【0027】以上のように、本発明において特徴的なこ
とは、ウェブ材Wを水平状に載置して組立て仮溶接する
横組方式であり、ワークを固定して溶接機を自走させて
両側のフランジ材を同時に溶接する方式である。
【0028】
【発明の効果】以上に説明したように、本発明によれ
ば、ワーク固定式であるため、装置長さが短縮され、移
送ローラが半減し、装置が簡素化される。また、ウェブ
材両端のフランジ材を同時に組立加工でき、ワークを反
転させる必要がなくなり、組立て加工の作業能率が向上
する。
【0029】さらに、実施例のごとく、ウェブ面の下側
のみ仮付け溶接を行い、ウェブ面を移送ローラで受けて
次工程へ搬送すれば、上側面をそのまま本溶接して反転
することができ、組立て能率を大幅に向上することがで
きる。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明の実施例に係る形鋼組立装置の平面図
である。
【図2】 図1の形鋼組立装置の側面図である。
【図3】 図1のA−A断面図においてフランジ材が水
平状態にあるときの状態図である。
【図4】 図1のA−A断面図においてフランジ材が垂
直状態にあるときの状態図である。
【図5】 フランジのセンタリング説明図である。
【図6】 溶接機の側面図である。
【図7】 溶接機の正面図である。
【符号の説明】
1 固定架台 1a,2a フランジ把持押圧装置 2 可動架台 3 車輪 4 レール 5,6 フランジセンタリングローラ 7,8 転倒防止ローラ 9,10 クランプ用モータ 11,12 90度旋回用油圧シリンダ 13 搬出コンベアー 14,15 架台移動用油圧シリンダ 16,17 圧着用押圧エアシリンダ 18,19 ローラ 20 上ウェブセンタリングローラ走行用レール 21 上ウェブセンタリングローラ 22 下ウェブセンタリングローラ 23 モータ 24,25 走行装置 26,27 レール 28 エアシリンダ 29 溶接トーチ 30 センサ 31,32 XYスライダ 33 走行駆動モータ 34 溶接ワイヤ供給装置
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.5 識別記号 庁内整理番号 FI 技術表示箇所 B23K 37/04 L 7011−4E 37/047 501 D 7011−4E (72)発明者 江口 勝巳 福岡県北九州市八幡西区浅川1−18−19 (72)発明者 川口 政英 福岡県北九州市戸畑区東大谷1−1−27 (72)発明者 三原 知明 福岡県北九州市若松区二島1−1−38− 406

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 フランジ把持押圧装置、搬出コンベアー
    装置、下ウェブセンタリングローラと仮付溶接機を搭載
    した走行装置からなる架台を相対向させて左右に配設
    し、片側の架台を固定とし、他方を左右方向に移動可能
    とし、上記2組のフランジ把持押圧装置は互いに外側に
    90度旋回可能とするとともに、上ウェブセンタリング
    ローラを走行可能にそれぞれ載置し、おのおの上下対の
    ウェブセンタリングローラの走行を同期させたことを特
    徴とする形鋼の組立装置。
JP3195561A 1991-08-05 1991-08-05 形鋼の組立装置 Expired - Lifetime JP2506242B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3195561A JP2506242B2 (ja) 1991-08-05 1991-08-05 形鋼の組立装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3195561A JP2506242B2 (ja) 1991-08-05 1991-08-05 形鋼の組立装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0538571A true JPH0538571A (ja) 1993-02-19
JP2506242B2 JP2506242B2 (ja) 1996-06-12

Family

ID=16343167

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3195561A Expired - Lifetime JP2506242B2 (ja) 1991-08-05 1991-08-05 形鋼の組立装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2506242B2 (ja)

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011212687A (ja) * 2010-03-31 2011-10-27 Nisshin Steel Co Ltd 溶接形鋼の仮組装置
CN102259245A (zh) * 2011-02-23 2011-11-30 山东华兴机械股份有限公司 一种h型钢焊接钢板输送装置
CN103111786A (zh) * 2013-02-25 2013-05-22 无锡新奇生电器有限公司 薄壁箱体焊接夹具
CN103406698A (zh) * 2013-08-12 2013-11-27 无锡威华电焊机制造有限公司 钢筋桁架多工步高度联动连杆机构
CN104889652A (zh) * 2015-06-23 2015-09-09 广州增立钢管结构股份有限公司 用于铁塔构件中钢管与插板组对的组对机
CN105014217A (zh) * 2015-07-30 2015-11-04 怡达快速电梯有限公司 高效型电梯轿底焊接方法及自动焊接生产线
CN106077891A (zh) * 2016-07-07 2016-11-09 苏州优霹耐磨复合材料有限公司 辊压机辊面堆焊工艺
KR102195741B1 (ko) * 2020-10-21 2020-12-28 주식회사 아이에스중공업 용접 h형강의 자동 조립 시스템
CN112536510A (zh) * 2020-11-03 2021-03-23 安徽腾达钢构有限公司 一种钢架预成型系统
CN112536562A (zh) * 2020-11-03 2021-03-23 安徽腾达钢构有限公司 一种多功能钢构焊接排料机构
CN112536511A (zh) * 2020-11-03 2021-03-23 安徽腾达钢构有限公司 一种钢构预拼装装置
CN115533410A (zh) * 2022-09-13 2022-12-30 马鞍山市鑫龙特钢有限公司 一种变径法兰加工用定位装夹工装

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS63126680A (ja) * 1986-11-18 1988-05-30 Ishikawajima Harima Heavy Ind Co Ltd H型鋼材の製造方法及びその製造設備
JPH01258869A (ja) * 1988-04-06 1989-10-16 Hai Syst Control Kk 仮溶接装置

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS63126680A (ja) * 1986-11-18 1988-05-30 Ishikawajima Harima Heavy Ind Co Ltd H型鋼材の製造方法及びその製造設備
JPH01258869A (ja) * 1988-04-06 1989-10-16 Hai Syst Control Kk 仮溶接装置

Cited By (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011212687A (ja) * 2010-03-31 2011-10-27 Nisshin Steel Co Ltd 溶接形鋼の仮組装置
CN102259245A (zh) * 2011-02-23 2011-11-30 山东华兴机械股份有限公司 一种h型钢焊接钢板输送装置
CN103111786A (zh) * 2013-02-25 2013-05-22 无锡新奇生电器有限公司 薄壁箱体焊接夹具
CN103406698A (zh) * 2013-08-12 2013-11-27 无锡威华电焊机制造有限公司 钢筋桁架多工步高度联动连杆机构
CN104889652A (zh) * 2015-06-23 2015-09-09 广州增立钢管结构股份有限公司 用于铁塔构件中钢管与插板组对的组对机
CN105014217A (zh) * 2015-07-30 2015-11-04 怡达快速电梯有限公司 高效型电梯轿底焊接方法及自动焊接生产线
CN106077891A (zh) * 2016-07-07 2016-11-09 苏州优霹耐磨复合材料有限公司 辊压机辊面堆焊工艺
KR102195741B1 (ko) * 2020-10-21 2020-12-28 주식회사 아이에스중공업 용접 h형강의 자동 조립 시스템
CN112536510A (zh) * 2020-11-03 2021-03-23 安徽腾达钢构有限公司 一种钢架预成型系统
CN112536562A (zh) * 2020-11-03 2021-03-23 安徽腾达钢构有限公司 一种多功能钢构焊接排料机构
CN112536511A (zh) * 2020-11-03 2021-03-23 安徽腾达钢构有限公司 一种钢构预拼装装置
CN112536510B (zh) * 2020-11-03 2022-06-21 安徽腾达钢构有限公司 一种钢架预成型系统
CN112536511B (zh) * 2020-11-03 2022-06-21 安徽腾达钢构有限公司 一种钢构预拼装装置
CN115533410A (zh) * 2022-09-13 2022-12-30 马鞍山市鑫龙特钢有限公司 一种变径法兰加工用定位装夹工装
CN115533410B (zh) * 2022-09-13 2023-06-09 马鞍山市鑫龙特钢有限公司 一种变径法兰加工用定位装夹工装

Also Published As

Publication number Publication date
JP2506242B2 (ja) 1996-06-12

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2506242B2 (ja) 形鋼の組立装置
WO1996026037A1 (fr) Machine et procede de soudage en ligne continue par ecrasement
JP2609405B2 (ja) I型鋼材の製作装置
JP3666682B2 (ja) 圧延材接合装置
JP3067733B2 (ja) 溶接装置
JP2990596B2 (ja) 橋梁鈑桁などのi組水平隅肉溶接方法及び装置
JPH0825065B2 (ja) 板継ぎ自動溶接装置
KR200386743Y1 (ko) 박판 원통 직선 자동용접장치
JP3419551B2 (ja) 圧延材接合装置
JPS6349371A (ja) 鉄骨溶接ライン
JP3026337B2 (ja) ワーク組立装置
JP3397922B2 (ja) 移動鋼板の接合方法および装置
JP2747727B2 (ja) 自動溶接装置
CN211028476U (zh) 自动焊锡机夹具
JPH0641752Y2 (ja) 帯状金属板の接合装置
JP2853073B2 (ja) 鋼構造物用パネルの自動溶接装置
JP2000225463A (ja) 形鋼仮付レス溶接組立装置
JPH054948Y2 (ja)
JPH0712552B2 (ja) 環体溶接位置決め装置
JPH1050528A (ja) 静止機器用タンク搬送装置
JP3757993B2 (ja) 走間接合装置を備えた圧延設備
CN105057949A (zh) 工件周转焊接装置
JPH0737807Y2 (ja) 平板部材の研削装置
JPH0242025B2 (ja)
JPH08252678A (ja) 圧延材接合装置

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 19960202