JPH0510845A - 移動貯蔵タンクの漏洩検査装置 - Google Patents

移動貯蔵タンクの漏洩検査装置

Info

Publication number
JPH0510845A
JPH0510845A JP18401591A JP18401591A JPH0510845A JP H0510845 A JPH0510845 A JP H0510845A JP 18401591 A JP18401591 A JP 18401591A JP 18401591 A JP18401591 A JP 18401591A JP H0510845 A JPH0510845 A JP H0510845A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pressure
mobile storage
tank
storage tank
temperature
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP18401591A
Other languages
English (en)
Inventor
Kaoru Kase
薫 加瀬
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
NIPPON ENJINIYAA SERVICE KK
Nippon Engineer Service KK
Original Assignee
NIPPON ENJINIYAA SERVICE KK
Nippon Engineer Service KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by NIPPON ENJINIYAA SERVICE KK, Nippon Engineer Service KK filed Critical NIPPON ENJINIYAA SERVICE KK
Priority to JP18401591A priority Critical patent/JPH0510845A/ja
Publication of JPH0510845A publication Critical patent/JPH0510845A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 移動貯蔵タンク内を不活性ガスによって加圧
した後上記移動貯蔵タンク内の経時的圧力変化によって
その漏洩を精度良く検知できる移動貯蔵タンクの漏洩検
査装置を得ることを目的とする。 【構成】 移動貯蔵タンク内を不活性ガスによって加圧
した後移動貯蔵タンク内の経時的圧力変化と温度変化を
検出する機構を設け、この両者によって移動貯蔵タンク
内の漏洩を誤差なく判定できるようにした移動貯蔵タン
クの漏洩検査装置。上記移動貯蔵タンクが複数のタンク
室に区劃されている場合、この複数のタンク室内を個別
に同時に不活性ガスによって加圧せしめると共に、この
各タンク室内の圧力と温度を夫々検出し、各タンク室の
漏洩を夫々判定する移動貯蔵タンクの漏洩検査装置。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、移動貯蔵タンクの漏洩
検査装置、特にタンクローリ等の移動貯蔵タンク内を加
圧し、この移動貯蔵タンク内の経時的圧力変化によって
漏洩の有無を検査する検査装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、タンクローリ等の移動貯蔵タンク
の漏洩検査装置は空のタンク内に水を充満してタンク内
を加圧した後、このタンク内の経時的圧力変動を計測
し、圧力指示値を読みとったり、あるいは、記録装置に
てグラフまたは数値として記録させ漏洩を判断する装置
が用いられている。
【0003】しかしながら、このような移動貯蔵タンク
の漏洩検査装置では、検査のために大量の水が必要であ
り、また、例えばガソリン等の石油製品を貯蔵したタン
クの場合には検査後の水は油分を含んでいる可能性が高
く、そのまま公共下水道に放流する事ができず、油水分
離機等にて処理する必要があるため時間や費用がかか
り、更に、検査後の移動貯蔵タンクは内面に水滴が付着
して貯蔵する液体によっては水分を嫌うため、水滴の拭
き取りが必要になる。このような欠点を除くため水を使
わず代わりに不活性ガスを用いることが考えられる。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、タンク
ローリ等の移動貯蔵タンクは地下タンクと異なり地上に
あり、外気温度は時間によって種々変化するものであ
り、移動貯蔵タンク内をガスによって加圧する場合には
上記のような気温の変化によってタンク内圧も影響を受
け変化するため漏洩検査装置が誤作動するおそれがあ
る。
【0005】また一般にタンクローリはその内部を複数
の室に仕切っているものが多く、これら個々の室の漏洩
検査を各室毎に行なったのでは時間がかゝる欠点があっ
た。
【0006】本発明は上記の欠点を除くようにしたもの
である。
【課題を解決するための手段】本発明の移動貯蔵タンク
の漏洩検査装置は移動貯蔵タンク内に不活性ガスを充填
してこれを加圧する機構と、上記移動貯蔵タンク内の圧
力と温度を経時的に夫々計測する圧力計及び温度計と、
上記圧力の経時的変化を上記温度の経時的変化によって
補正する機構と、上記補正後の圧力値によって上記移動
貯蔵タンクの漏洩を判断する機構とより成ることを特徴
とする。
【0007】
【実施例】以下図面によって本発明の実施例を説明す
る。
【0008】図1において1はタンクローリ等の移動貯
蔵タンク、2はタンクの開口、3はこのタンク1の開口
2を塞ぐ蓋、4は漏洩検査装置を示し、本発明において
は漏洩検査装置4を移動貯蔵タンク1を加圧するための
不活性ガスの供給源、例えば窒素ガスボンベ5と、この
窒素ガスボンベ5にフレキシブル管6を介して接続した
加圧装置7と、不活性ガス注入口8a,圧力注出口8
b,温度検出口8cを有する接続管8と、上記加圧装置
7と接続管8の不活性ガス注入口8a間を連通するバル
ブ9及びフレキシブル管10と、上記圧力注出口8bと
温度検出口8cに夫々接続した圧力計11及び温度計1
2と、記録計13とにより構成する。
【0009】本発明の移動貯蔵タンクの漏洩検査装置の
使用方法は下記の通りである。
【0010】本発明の移動貯蔵タンクの漏洩検査装置に
おいては、まず、検査に先駆けて移動貯蔵タンク1内を
空にした後、所定時間大気に開放して揮発性物質を完全
に除去せしめる。その後タンク1の大気に通じる開口部
を全て閉じ、加圧装置7のバルブ9を開放した後に窒素
ガスボンベ5を開き、加圧装置7にて圧力調整された窒
素ガスを移動貯蔵タンク1内に圧力計11を監視しなが
ら試験圧力まで送入し移動貯蔵タンク1内を加圧する。
試験圧力、例えば0.2kg/cm2 Gに到達後直ちに
バルブ9及び窒素ガスボンベ5を閉じ加圧された移動貯
蔵タンク1を一定時間、例えば1時間程度静置し、この
間、移動貯蔵タンク1内の圧力及び温度を圧力計11及
び温度計12にて計測すると共に、記録計13にて記録
する。記録は、検査前の大気に通じる開口部を全て閉じ
る前の状態、即ち0kg/cm2 Gの状態から始め、上
記一定時間経過するまで行なう。
【0011】圧力の計測・記録は例えば1mmAq
(0.0001kg/cm2 )の微妙な圧力変化を見逃
さず計測・記録し、また、温度の計測・記録は例えば
0.02度の微小な温度変化を見逃さず計測・記録し、
この温度の計測・記録を漏洩の有・無を判定するに際し
て温度変化による圧力変化を補正するために用いる。
【0012】即ち本発明の移動貯蔵タンクの漏洩検査装
置においては例えば移動貯蔵タンク1内の圧力が所定時
間経過後、例えば10mm/Aqだけ低下した場合、こ
の低下によって直ちに漏れがあるとは認定せず、温度低
下によるものか否かを上記圧力低下の値と、検査開始時
と上記圧力認定時との温度差とを演算回路(図示せず)
に加えて圧力低下値の温度補正値を求め、この値が許容
範囲外にあるとき始めて漏洩ありと認定する。
【0013】移動貯蔵タンク内に封入された不活性ガス
は、ボイル・シャルルの法則「一定量の気体が占める体
積は圧力に反比例し、絶対温度に比例する。」に従う。
即ち、PV/T=K,ここでPは圧力、Vは体積、Tは
絶対温度、Kは比例定数である。
【0014】漏洩の認定方法は、図3より試験圧力P0
に加圧後tS 分間の静置時間(移動貯蔵タンク内が安定
するための時間)を置き、その後一定時間tE 後の圧力
と温度の変化を計測し、ボイル・シャルルの法則により
温度補正し圧力降下量ΔPを算出する。この温度補正圧
力降下量が判定基準値の許容範囲を外れているとき漏洩
ありとする。ボイル・シャルルの法則から温度補正圧力
降下量ΔPはΔP=(PS −PE ・TS /TE )にて求
める。
【0015】上記のように本発明の移動貯蔵タンクの漏
洩検査装置によれば移動貯蔵タンクの漏洩検査を外気温
度に影響されることなく高精度で行なうことができる。
【0016】図2は移動貯蔵タンク1が複数の例えば5
個のタンク室1a,1b・・・に区劃されている場合に
用いる本発明の移動貯蔵タンクの漏洩検査装置の他の実
施例を示し、この実施例においては加圧装置からの窒素
ガスを分配器14により5系統の流れに分け、夫々バル
ブ9a,9b,9c・・・,フレキシブル管10a,1
0b,10c・・・を介して接続管8a,8b,8c・
・・の不活性ガス注入口から各タンク室1a,1b,1
c・・・に加え、各タンク室を同時に加圧する。
【0017】また、各タンクに接続した接続管8a,8
b,8c・・・の圧力注出口及び温度検出口に夫々圧力
計11a,11b,11c・・・及び12a,12b,
12c・・・を接続し、圧力及び温度の計測を行なうよ
うにする。
【0018】この実施例によれば、複数の例えば5個の
タンク室を同時に検査することができ、1移動貯蔵タン
クあたり1時間強で検査を終了させることができる。
【0019】
【発明の効果】上記のように本発明の移動貯蔵タンクの
漏洩検査装置によれば移動貯蔵タンク内の圧力は例えば
0.25kgf/cm2 以上の圧力を計測でき、分解能
は1mmAq以下の高分解能の圧力計にて計測・記録さ
れるため、微妙な圧力変化も正確に計測することがで
き、なおかつ、移動貯蔵タンク内の温度を、例えば分解
能0.02度以下の高分解能の温度計にて計測・記録
し、温度変化による圧力への影響を補正することにより
検査の精度を高くなし得る大きな利益がある。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の移動貯蔵タンクの漏洩検査装置の一実
施例を示す説明図である。
【図2】本発明の移動貯蔵タンクの漏洩検査装置の他の
実施例を示す説明図である。
【図3】タンク内圧力−時間特性図である。
【符号の説明】
1 移動貯蔵タンク 1a タンク室 1b タンク室 1c タンク室 2 開口 3 蓋 4 漏洩検査装置 5 窒素ガスボンベ 6 フレキシブル管 7 加圧装置 8 接続管 8a ガス注入口 8b 圧力注出口 8c 温度検出口 9 バルブ 9a バルブ 9b バルブ 9c バルブ 10 フレキシブル管 11 圧力計 11a 圧力計 11b 圧力計 11c 圧力計 12 温度計 12a 温度計 12b 温度計 12c 温度計 13 記録計 14 分配器

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 移動貯蔵タンク内に不活性ガスを充填し
    てこれを加圧する機構と、上記移動貯蔵タンク内の圧力
    と温度を経時的に夫々計測する圧力計及び温度計と、上
    記圧力の経時的変化を上記温度の経時的変化によって補
    正する機構と、上記補正後の圧力値によって上記移動貯
    蔵タンクの漏洩を判断する機構とより成ることを特徴と
    する移動貯蔵タンクの漏洩検査装置。
  2. 【請求項2】上記移動貯蔵タンクが複数のタンク室に区
    劃されており、上記加圧機構が上記各タンク室内を個別
    に同時に加圧し、上記圧力計及び温度計,圧力補正機構
    及び漏洩判断機構が夫々上記各タンク室毎に設けられて
    いる請求項1記載の移動貯蔵タンクの漏洩検査装置。
  3. 【請求項3】経時的に計測した圧力値、温度指示値及び
    上記温度補正した圧力補正値を記録し、並びに、上記漏
    洩判断機構により判断した検査結果を記録する記録装置
    を有する請求項1記載の移動貯蔵タンクの漏洩検査装
    置。
  4. 【請求項4】経時的に計測した圧力値、温度指示値及び
    上記温度補正した圧力補正値を記録し、並びに、上記漏
    洩判断機構により判断した検査結果を記録する記録装置
    を有する請求項2記載の移動貯蔵タンクの漏洩検査装
    置。
  5. 【請求項5】上記漏洩判断機構により判断した検査結果
    から、“漏洩あり”の場合に音、光等により警報信号を
    発する警報装置を有する請求項1記載の移動貯蔵タンク
    の漏洩検査装置。
JP18401591A 1991-06-28 1991-06-28 移動貯蔵タンクの漏洩検査装置 Pending JPH0510845A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18401591A JPH0510845A (ja) 1991-06-28 1991-06-28 移動貯蔵タンクの漏洩検査装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18401591A JPH0510845A (ja) 1991-06-28 1991-06-28 移動貯蔵タンクの漏洩検査装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0510845A true JPH0510845A (ja) 1993-01-19

Family

ID=16145847

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP18401591A Pending JPH0510845A (ja) 1991-06-28 1991-06-28 移動貯蔵タンクの漏洩検査装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0510845A (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5780722A (en) * 1996-03-07 1998-07-14 Abb Traction, Inc. Method and apparatus for testing watertightness of a railcar
KR100573426B1 (ko) * 2004-05-08 2006-04-26 메스텍코리아(주) 유류 저장 탱크용 이동식 누출 검사 장치
WO2008106089A1 (en) * 2007-02-26 2008-09-04 Kim Hyeung-Yun Usage monitoring system of gas tank
JP2009052971A (ja) * 2007-08-24 2009-03-12 Shimizu Corp 高圧流体貯蔵施設の密閉性評価方法
CN101949771A (zh) * 2010-08-25 2011-01-19 中国石油大学(北京) 一种欠平衡钻井及完井过程中冻胶阀性能测试仪及其应用
CN102654430A (zh) * 2012-05-15 2012-09-05 武汉理工大学 一种实验室脱硝设备气密性的检测方法
JP2017181394A (ja) * 2016-03-31 2017-10-05 三菱重工業株式会社 加圧試験方法
CN111595079A (zh) * 2020-05-15 2020-08-28 Tcl家用电器(合肥)有限公司 固定装置和冰箱

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5817299A (en) * 1981-07-20 1983-02-01 Marathon Oil Co Detecting system for leakage of low-temperature storage tank
JPS59196437A (en) * 1983-04-21 1984-11-07 Hitachi Zosen Corp Air-leakage inspecting apparatus for radioactive-material transporting container
JPS62142250A (en) * 1985-12-16 1987-06-25 Koa Kogyo Kk Leakage inspecting method for tank and piping containing petroleum by relative value of minute pressure reduction and minute pressurization

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5817299A (en) * 1981-07-20 1983-02-01 Marathon Oil Co Detecting system for leakage of low-temperature storage tank
JPS59196437A (en) * 1983-04-21 1984-11-07 Hitachi Zosen Corp Air-leakage inspecting apparatus for radioactive-material transporting container
JPS62142250A (en) * 1985-12-16 1987-06-25 Koa Kogyo Kk Leakage inspecting method for tank and piping containing petroleum by relative value of minute pressure reduction and minute pressurization

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5780722A (en) * 1996-03-07 1998-07-14 Abb Traction, Inc. Method and apparatus for testing watertightness of a railcar
US5925816A (en) * 1996-03-07 1999-07-20 Abb Traction Inc. Apparatus for testing watertightness of a railcar
KR100573426B1 (ko) * 2004-05-08 2006-04-26 메스텍코리아(주) 유류 저장 탱크용 이동식 누출 검사 장치
WO2008106089A1 (en) * 2007-02-26 2008-09-04 Kim Hyeung-Yun Usage monitoring system of gas tank
JP2009052971A (ja) * 2007-08-24 2009-03-12 Shimizu Corp 高圧流体貯蔵施設の密閉性評価方法
CN101949771A (zh) * 2010-08-25 2011-01-19 中国石油大学(北京) 一种欠平衡钻井及完井过程中冻胶阀性能测试仪及其应用
CN102654430A (zh) * 2012-05-15 2012-09-05 武汉理工大学 一种实验室脱硝设备气密性的检测方法
JP2017181394A (ja) * 2016-03-31 2017-10-05 三菱重工業株式会社 加圧試験方法
CN111595079A (zh) * 2020-05-15 2020-08-28 Tcl家用电器(合肥)有限公司 固定装置和冰箱

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100913017B1 (ko) 압력 계측 방법
US3538746A (en) Leak detecting method and apparatus
US5353630A (en) Apparatus for testing membrane filter integrity
US6279383B1 (en) Method and apparatus for detecting leakage
US5316057A (en) Vapor recovery system tester
US7334456B2 (en) Method and apparatus for continuously monitoring interstitial regions in gasoline storage facilities and pipelines
US5072621A (en) Pipeline leak detector apparatus and method
US7168297B2 (en) System and method for testing fuel tank integrity
US20090165534A1 (en) Method and apparatus for testing leakage of pipe passage
US7051579B2 (en) Method and apparatus for continuously monitoring interstitial regions in gasoline storage facilities and pipelines
US5369984A (en) Method and apparatus for testing of tank integrity of vehicle fuel systems
US5295391A (en) Method and apparatus for detecting leaks in the ullage of a liquid storage tank
JP2003517598A (ja) 漏れを検査しかつ漏れの箇所をつきとめるための方法ならびに該方法を実施するために適した装置
US6065335A (en) Method for detecting the fill level quantity of a tank system
JPH0510845A (ja) 移動貯蔵タンクの漏洩検査装置
JPH09503303A (ja) 漏れ検出の改良
US3537298A (en) Method and apparatus for detecting leakage in tanks containing fluids
JP2004219253A (ja) 浄水カートリッジのリーク検査方法
CN1195208C (zh) 一种泄漏量检测装置
JP4281001B2 (ja) ガスリーク検査装置
US6148854A (en) System for leak detection from underground and aboveground fuel storage tanks
JPH0843167A (ja) 液体試薬の容積測定方法
JPH0743280A (ja) 高圧ガス容器の非水槽式耐圧膨張試験方法及び装置
JPH0658834A (ja) 絶対圧力検出センサおよびそのセンサを用いた容器の漏洩状態検査装置
JP2825404B2 (ja) ガス配管の保安点検装置及びその保安点検方法