JPH0225705B2 - - Google Patents

Info

Publication number
JPH0225705B2
JPH0225705B2 JP57153634A JP15363482A JPH0225705B2 JP H0225705 B2 JPH0225705 B2 JP H0225705B2 JP 57153634 A JP57153634 A JP 57153634A JP 15363482 A JP15363482 A JP 15363482A JP H0225705 B2 JPH0225705 B2 JP H0225705B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
line
coil
coil material
width
welding
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP57153634A
Other languages
English (en)
Other versions
JPS5942120A (ja
Inventor
Keiji Ibuka
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Dengensha Toa Co Ltd
Original Assignee
Dengensha Manufacturing Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Dengensha Manufacturing Co Ltd filed Critical Dengensha Manufacturing Co Ltd
Priority to JP57153634A priority Critical patent/JPS5942120A/ja
Publication of JPS5942120A publication Critical patent/JPS5942120A/ja
Publication of JPH0225705B2 publication Critical patent/JPH0225705B2/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21CMANUFACTURE OF METAL SHEETS, WIRE, RODS, TUBES OR PROFILES, OTHERWISE THAN BY ROLLING; AUXILIARY OPERATIONS USED IN CONNECTION WITH METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL
    • B21C47/00Winding-up, coiling or winding-off metal wire, metal band or other flexible metal material characterised by features relevant to metal processing only
    • B21C47/24Transferring coils to or from winding apparatus or to or from operative position therein; Preventing uncoiling during transfer
    • B21C47/247Joining wire or band ends

Description

【発明の詳細な説明】 本発明は、コイル材の板巾センター合せに関す
る。さらに詳しくは、連続圧延ラインや酸洗ライ
ンなどの設備において、ライン上を先行・後行関
係にて送られてくるコイル材をレーザ溶接やアー
ク溶接あるいは電気抵抗溶接などによつて突合せ
溶接する場合に、その前処理工程として、両コイ
ル材の突合せ端部を整列・切断する際に、ライン
を横切る方向に走行しながらコイル材端部の板巾
エツジを検出して、コイル材の板巾中心線の位置
ズレ量を演算機によつて求め、その突合せ端部の
位置ズレ量をフイードバツク制御して板巾中心位
置を修正動作をさせる方法に係る。
コイルを連続送給するために、先行・後行コイ
ル材の端部を連続的に接続して通板させる場合
に、高い突合せ精度を確保するためには、コイル
材をクランプした状態で突合せ端部を切断し、そ
の後両コイル材の突合せ端部の板巾中心合せを行
なうのが一般的である。
従来、そのための方法としては、例えば特公昭
57−33101号公報に記載された発明が知られてい
る。
すなわち、この発明は、ライン上に配置された
溶接機内の固定側及び移動側クランプ装置の外側
両サイドに取りつけた4個の板端検出器をシリン
ダで先行板および後行板の幅方向に移動させて、
それぞれの板端を検出し、各検出器にそれぞれ連
動した4個の位置信号発生器より各板材の板端の
位置に応じた電気信号を得て、これらの電気信号
を演算回路に加えて得た制御信号に応じて、両板
の中心線を一致させるよう何れか一方のクランプ
装置を板巾方向に移動させるというものである。
しかしながら、この種の方法は板端検出器の取
付位置が溶接線、すなわち切断線の位置から離れ
ているため検出位置での偏差量を修正しても実際
には溶接位置での板巾中心線はキヤンバなどの影
響によりズレる場合があり、またライン両サイド
に板端検出手段と板端位置検出信号発生器とが最
低4個づつ必要であるから、構造が複雑になりコ
スト高につながるという問題があつた。
したがつて、簡単な方法で常に適切な突合せ状
態を得るためにはまだ改善する余地が残されてい
た。
一方また、他の方法としては、光学検出装置を
使用して溶接位置付近の突合せ状態を監視しなが
ら、板巾中心線の位置合せを行なう方法がある。
しかしそれは、上記検出装置が大形であるため、
実際問題としてせまい突合せ溶接位置付近へこれ
を取付けることはかなりむづかしい面があり、ま
た製品コストが高くなるということで、この方法
を積極的に推奨するまでには至つていないのが現
状である。
本発明は、叙上の欠点を解決するもので、その
要旨とするところは、ラインを送給される先行・
後行コイル材同志を互に溶接して接続する場合に
その溶接に先がけてラインを横切る方向に走行し
ながら、各コイル材端部の板巾エツジを検出して
ライン中心線から各コイル材の中心線までの位置
ズレ量を演算・算定した後、少なくともいずれか
一方のコイル材を上記位置ズレ量だけ板巾方向へ
修正移動させることによつて両コイル材の板巾中
心線を一致させることを目的としたコイル材板巾
中心合せ方法を提供するにある。
以下、本発明にかかる方法を実施するための装
置について図面を参照しながら説明する。
図中、矢印→はストリツプ進行方向を示す。1
は先行コイル材、2は後行コイル材を示し、3は
ライン上に配置された溶接機内の固定側クランプ
装置、4は移動側クランプ装置であつて、固定側
クランプ装置に対して板巾方向に移動し得る構造
になつている。5は切断装置で、本実施例ではロ
ーラシヤー装置を示すが、レーザ切断機やプラズ
マアーク切断機でもよい。このローラシヤー装置
5は、上記クランプ装置の間で、ローラシヤー5
a及び5bを走行させて各コイル材1,2の端部
をそれぞれ切り整えるもので、ラインを横切る方
向に往復移動する。
6,6′は光電検出器、7,7′はパルスエンコ
ーダである。上記光電検出器6とパルスエンコー
ダ7は、それぞれローラシヤー装置5に、その切
断線に近くそれぞれ支持されていて、光電検出器
6はコイル材の板巾エツジを検出し、エンコーダ
7に結合されているピニオンは各クランプ装置
3,4にそれぞれ固定されたラツク8と噛合つて
いる。9は演算機で、光電検出器6,6′及びパ
ルスエンコーダ7,7′と電気的につながつてい
る。10は油圧源、11は電磁切換弁、12は油
圧シリンダである。13はフイードバツク装置を
示す。
14は板巾方向へ往復移動可能な支持台で、固
定側クランプ装置3を支持している。
次に、本発明の動作を説明する。
ライン上を送給される先行コイル材1と後続コ
イル材2の突合せ端部は、固定側クランプ装置3
と移動側クランプ装置4とによつてそれぞれ位置
固定される。次いで、原位置からローラシヤー装
置5の移動を開始し、両コイル材端部の切断工程
に入ると、光電検出器6,6′及びパルスエンコ
ーダ7,7′も同時に移動しはじめる。そして各
光電検出器が各コイル材の最光板巾エツジ(P1l)
(P1t)を検出した時、その各検出信号によりその
移動開始点から検出位置までの移動距離(Gl)
(Gt)に応じたパルス数を各エンコーダ7,7′
から演算機9に入力しこれを記憶させる。
引続きローラシヤー装置5が前進して、今度は
コイル材の最終板巾エツジ(P2l)(P2t)を光電
検出器が検出した時、その発生信号により移動開
始点から各最終板巾エツジまでの移動距離(Tl)
(Tt)に対応したパルス数がエンコーダ7より演
算機9へ入る。演算機に入つて来たこれらの電気
パルスデータと、予め演算機内に設定された移動
開始点からライン中心までの設定数(N)(N)
とから、次のような演算式によつてライン中心線
からの各コイル材の板巾中心線の位置ズレ量
(m1)(m2)が測定され、最終的な板巾調整移動
量(△S)が算出される。
すなわち Wl=Tl−Gl Wt=Tt−Gt m1=(Gl+2Wt)−N m2=(Gt+2Wt)−N △s=m1−m2 かくして、双方のコイル材の位置ズレ量(m1
(m2)だけフイードバツク制御して油圧源10か
らの油を電磁切換弁11を介して油圧シリンダ1
2に供給することによつて固定側クランプ装置3
の支持台14を側あるいは側へ板巾方向に修
正移動させれば一方のコイル材の板巾中心線を他
方のコイル材板巾中心線に正しく一致させること
ができ、精度高い突合せ溶接線が得られる。
なお、本実施例では切断装置としてローラシヤ
ー装置について説明したが、ギロチン式シヤー装
置に応用してもラインを横切る動作と関連して切
断線に近い板巾エツジを検出することができ、同
様の作用を得ることができる。
以上説明したように、本発明によれば両コイル
材端部の切断装置の移動と同時にラインを横切り
ながら切断線に極く近い板巾エツジを検出できる
から、溶接位置でのキヤンバによる位置ズレをな
くし、常に板巾中心線の位置合わせ精度を著しく
高めることができ、完全な突合せ状態で確実な溶
接が得られ、ライン通板を支障なく行うことがで
きる。また本発明の方法によれば、従来装置に較
べ板巾エツジ検出手段を数も少なくてすみ、構造
が簡単で安価な装置を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
図は本発明にかかる方法を実施するための概略
説明図。 1……先行コイル材、2……後行コイル材、3
……固定側クランプ装置、4……移動側クランプ
装置、5……切断装置、6……光電検出器、7…
…パルスエンコーダ、9……演算機、14……支
持台。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 1 ラインに供給されてくる先行、後行コイル材
    同志を互いに溶接して接続する場合において、ラ
    イン上でクランプ保持された両コイル材端部を溶
    接に先駆けて横切る切断装置の動作と関連して板
    巾エツジ検出手段を移動させ、各コイル材端部の
    溶接線に近い板巾エツジを検出し、その検出信号
    によりライン中心線から各コイル材の中心線まで
    の位置ズレ量を演算機により算出した後、少なく
    ともいずれか一方のコイル材を上記位置ズレ量だ
    け板巾方向へ修正移動させることによつて両コイ
    ル材の板巾中心線を一致させるようにしたことを
    特徴とするコイル材板巾中心合せ方法。
JP57153634A 1982-09-02 1982-09-02 コイル材板巾中心合せ方法 Granted JPS5942120A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP57153634A JPS5942120A (ja) 1982-09-02 1982-09-02 コイル材板巾中心合せ方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP57153634A JPS5942120A (ja) 1982-09-02 1982-09-02 コイル材板巾中心合せ方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS5942120A JPS5942120A (ja) 1984-03-08
JPH0225705B2 true JPH0225705B2 (ja) 1990-06-05

Family

ID=15566793

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP57153634A Granted JPS5942120A (ja) 1982-09-02 1982-09-02 コイル材板巾中心合せ方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS5942120A (ja)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4615261B2 (ja) * 2004-06-25 2011-01-19 彰久 村田 帯状金属薄板の突合せ接合装置
US7374072B2 (en) 2004-11-09 2008-05-20 Bae Industries, Inc. Slide adjustable assembly for monitoring widthwise travel of an uncoiling steel band through a feeder system associated with a progressive die
IT1391660B1 (it) * 2008-11-10 2012-01-17 Danieli Off Mecc Sistema di saldatura di nastri metallici
CN104014953A (zh) * 2014-05-24 2014-09-03 刘毅 一种板材对接焊接的端面对齐方法

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5733101A (en) * 1980-08-05 1982-02-23 Kyokuto Kaihatsu Kogyo Co Garbage wagon

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5733101A (en) * 1980-08-05 1982-02-23 Kyokuto Kaihatsu Kogyo Co Garbage wagon

Also Published As

Publication number Publication date
JPS5942120A (ja) 1984-03-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4577796A (en) Method and apparatus for tracking seam welds on pipes and the like
KR101063085B1 (ko) 금속 박판 스트립을 접합하는 용접 장치 및 공정
JPH09175695A (ja) ウエブを整列させる方法及び装置
EP0168837B1 (en) Flash welding machine
CN109127461A (zh) 一种手机点胶质量在线视觉检测装置
CN104308365A (zh) 用于带钢生产线的激光拼焊机拼缝工艺及其装置
CA1066382A (en) Method and apparatus for aligning strip end portions in a continuous strip operation
US3102189A (en) Strip welding apparatus
JPH0225705B2 (ja)
US3247354A (en) Method and apparatus for aligning strip in strip joining equipment
GB2205265A (en) Wire-cutting electric discharge machining device
US3582609A (en) Magnetic clamp construction
JPH07106383B2 (ja) ストリップ溶接装置
CN211840712U (zh) 直缝焊机
CN202571664U (zh) 一种采用同步双驱拼缝装置的激光拼焊设备
JPH0137234B2 (ja)
JP2000056481A (ja) 露光装置の位置合せ方法
JP2623049B2 (ja) 自動大組立装置
RU2165347C2 (ru) Способ центровки двух профильных заготовок, в частности двух рельсов в машине для контактной стыковой сварки
US3511961A (en) Strip end welding machine
US3475580A (en) Strip positioning and trimming apparatus for a strip end welding machine
CN113335589B (zh) A型架位置校正检测装置以及玻璃包装系统
JP3264363B2 (ja) 板材の位置合わせ装置
JP2944268B2 (ja) 自動溶接装置
JP3234454B2 (ja) 連続熱間圧延設備の制御装置