JPH01280954A - ファクシミリ端末装置 - Google Patents

ファクシミリ端末装置

Info

Publication number
JPH01280954A
JPH01280954A JP63110956A JP11095688A JPH01280954A JP H01280954 A JPH01280954 A JP H01280954A JP 63110956 A JP63110956 A JP 63110956A JP 11095688 A JP11095688 A JP 11095688A JP H01280954 A JPH01280954 A JP H01280954A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
signal
call
telephone set
section
line
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP63110956A
Other languages
English (en)
Inventor
Masako Takahashi
高橋 昌子
Chinami Takahashi
高橋 千浪
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
NEC Corp
NEC Engineering Ltd
Original Assignee
NEC Corp
NEC Engineering Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by NEC Corp, NEC Engineering Ltd filed Critical NEC Corp
Priority to JP63110956A priority Critical patent/JPH01280954A/ja
Publication of JPH01280954A publication Critical patent/JPH01280954A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 本発明はファクシミリ端末装置に関し、特に電話回線を
使用し自動受信機能を有するファクシミリ端末装置に関
する。
〔従来の技術〕
従来、この種のファクシミリ端末装置においては、受信
側が自動受信モードに設定しておけば発信側が通話をし
たい場合でも一度、ファクシミリ側に接続されると、そ
の後、発信者の要求で通話系に切換える事は不可能であ
った。
〔発明が解決しようとする課題〕
上述した従来のファクシミリ端末装置は、自動受信モー
ドに設定されていると発信側からの呼は全てファクシミ
リ通信と判断され、ファクシミリの通信手順に入るので
、ファクシミリ端末が接続されている電話機を用いて、
一般通話を行う事ができないといり問題がある。
〔課題を解決するための手段〕
本発明のファクシミリ端末装置はファクシミリ電文の自
動受信中にプッシュホン信号とモデム信号を受信する信
号受信部と、この信号受信部から出力された前記プッシ
ュホン信号の分析結果が通話切換え要求のときは回線切
換え部に通話路切換え要求信号を出力するプッシュホン
信号分析部と前記通話路切換え要求信号によって7アク
シミIJ端末側から電話機側に回線を切換える切換え部
とこの回線切換え部からの一般通話要求信号を受信し電
話機の呼比し処理をする呼出し処理部とを有している。
〔実施例〕
次に本発明について図面を参照して説明する。
第1図は本発明の一実施例を示すブロック図である。
第1図の本実施例では、ファクシミリ端末1と宛先電話
機2とブッシェボタンの発信元電話機3及び回線交換機
4を有して構成される。又、ファクシミリ端末lは信号
受信部11とプッシュホン信号分析部12と回線切換え
部13と呼出し処理部14及びファクシミリ通信部15
t−有して構成される。
発信元電話機3から宛先電話機2に発呼動作を行う。フ
ァクシミリ端末1は自動受信モードに設定されており、
ファクシミリ通信部15においてファクシミリ伝送手順
に入る。この時発信側は発信元電話機3によって一般通
話要求を意味する特定信号を入力する。信号受信部12
では、グッシシホン信号とモデム信号と両方の待ち状態
であり発信元電話機3から入力された特定信号を受信し
その信号をプッシュホン信号分析部12へ送信する。プ
ッシュホン信号分析部12では該信号を受信し、一般通
話要求信号か否かの分析を行う。−般通話要求信号であ
れば、通話路切換え要求信号を回線切換え部13へ送信
する。回線切換え部13では、該信号を受信しファクシ
ミリ端末1に接続されていた回線を宛先電話機2側に接
続し呼出し処理部14へ一般通話要求信号を送信する。
呼出し処理部14では該信号を受信し宛先電話機2への
呼出し処理を行い呼が接続された時点で、回線交換機4
と宛先電話機2との通信を可能とする。
以上、述べた方法により自動受信モードに設定きれてい
るファクシミリ端末lK接続されている宛先電話機2と
の一般通話を可能とする。
〔発明の効果〕
以上説明したように本発明は、発信側からのプッシュホ
ン信号を分析し、通話切換え要求信号であれば回線全フ
ァクシミリ端末側から電話機側圧切換え、呼出し処理を
行う事により、自動受信モードに設定されたファクシミ
リ端末の電話機宛に電話をした場合、自動着信モードで
ファクシミリ伝送手IIAに入るが発信元電話機から特
定信号を入力する争により宛先電話の呼び出しを行う事
ができるという効果がある。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明の一実施例を示すブロック図である。 l・−・・・・ファクシミリ端末、2・・・・・・宛先
電話機、3・・・・・・発信元電話機、4・旧・・回線
交換機、11・・・・・・信号受信部、12・・・・・
・プッシュホン信号分析部、13・・・・・・回線切換
え部、14・・・・・・呼出し処理部、15・・・・・
・ファクシミリ通信85゜代理人 弁理士  内 Jば
   背

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. ファクシミリ電文の自動受信中にプッシュホン信号とモ
    デム信号を受信する信号受信部と、この信号受信部から
    出力された前記プッシュホン信号の分析結果が通話切換
    え要求のときは回線切換え部に通話路切換え要求信号を
    出力するプッシュホン信号分析部と、前記通話路切換え
    要求信号によってファクシミリ端末側から電話機側に回
    線を切換える回線切換え部と、この回線切換え部からの
    一般通話要求信号を受信し電話機の呼出し処理をする呼
    出し処理部とを有することを特徴とするファクシミリ端
    末装置。
JP63110956A 1988-05-06 1988-05-06 ファクシミリ端末装置 Pending JPH01280954A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP63110956A JPH01280954A (ja) 1988-05-06 1988-05-06 ファクシミリ端末装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP63110956A JPH01280954A (ja) 1988-05-06 1988-05-06 ファクシミリ端末装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH01280954A true JPH01280954A (ja) 1989-11-13

Family

ID=14548790

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP63110956A Pending JPH01280954A (ja) 1988-05-06 1988-05-06 ファクシミリ端末装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH01280954A (ja)

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPS6348043A (ja) デ−タ通信装置
JPH0439821B2 (ja)
KR100715118B1 (ko) 통신장치
JP3123586B2 (ja) 呼イーブズドロップ機能を有する交換システム
JPH01280954A (ja) ファクシミリ端末装置
JPH0451637A (ja) 音声認識電話機における受話音量設定方式
KR100312184B1 (ko) 간이교환시스템에서의팩스데이터수신방법
JP2718215B2 (ja) 構内交換機
JP3144282B2 (ja) 会議通話制御装置
JPH04246966A (ja) ファクシミリ端末
KR100255319B1 (ko) 키폰시스템에서 국선착신호 처리방법
KR100459567B1 (ko) 교환시스템의착신호서비스방법
KR100255323B1 (ko) 사설교환기에 접속된 음성우편장치의 팩스 자동전환방법
JPS63228868A (ja) 留守番電話付フアクシミリ装置
JPS63204963A (ja) 電話機
JPS6386694A (ja) 電話システム
JPH03135148A (ja) 同時通信発信接続制御方式
JPS63245169A (ja) フアクシミリ受信方式
JPH04132357A (ja) 留守番電話装置
JPH04356851A (ja) ディジタル電話機およびディジタルボタン電話機
JPH02126754A (ja) ダイアラー半導体集積回路
JPH06177986A (ja) 自動交換機の会議トランクの外線着信呼切断方法及びその切断装置
JPH0294958A (ja) 自動発着信モデム
JPH0793653B2 (ja) 構内交換機
JPH05276232A (ja) デジタル電話装置