JPH01248220A - キーファンクション表示装置 - Google Patents

キーファンクション表示装置

Info

Publication number
JPH01248220A
JPH01248220A JP63076931A JP7693188A JPH01248220A JP H01248220 A JPH01248220 A JP H01248220A JP 63076931 A JP63076931 A JP 63076931A JP 7693188 A JP7693188 A JP 7693188A JP H01248220 A JPH01248220 A JP H01248220A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
display
key
key function
function
display device
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP63076931A
Other languages
English (en)
Inventor
Seishi Kinoshita
木下 清史
Kouichirou Takeguchi
浩一朗 竹口
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Toshiba Corp
Original Assignee
Toshiba Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toshiba Corp filed Critical Toshiba Corp
Priority to JP63076931A priority Critical patent/JPH01248220A/ja
Publication of JPH01248220A publication Critical patent/JPH01248220A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 [発明の目的] (産業上の利用分野) 本発明はラップトツブコンピュータ等比較的小型の高性
能なコンピュータシステムに用いて好適なキーファンク
ション表示装置に関する。
(従来の技術) 近年、半導体技術の進歩によりマイクロプロセッサ、周
辺制御用LSI、メモIJLsIが安価に供給される様
になり、これらLSIを適宜組合せ、標準ソフトウェア
を使用することにより、比較的高性能ナパーソナルコン
ビーータシステムを構築出来る様になった。
一方、小形・軽量、携膏用を便利ということで、従来の
ディスクトップタイプのものに代わり、ラッゾトッグと
称されるコンピュータシステムが台頭してきた。ところ
で、この種コンピュータシステムが持つキーゲートのフ
ァンクションキーの機能表示法には、以下に示す2通り
の方法が存在する。1つはファンクシ、ンラペルによる
方法である。この方法ではソフトウェアによりそれぞれ
のラベルを用意しておき、キーボード、ファンクシ、ン
・キーの上部に置いて、ファンクシ、ン機能を示すもの
である。他の1つは表示ラインの最下行にファンクショ
ン機能を表示する方法である。
(発明が解決しようとする問題点) 従来例に従えば、前者は、ラベルの作成及び使用ソフト
ウェアによる交換が必要となり煩雑である。又、後者は
画面の表示領域が減少する他、最下行を7テイタスライ
ンとして使用しているソフトウェアでは使用出来ない等
の欠点及び制限を持っていた。
本発明は上記事情て鑑みてなされたものであり、ソフト
ウェアによりコントロール可能なキーデートファンクシ
、ン表示を実現するキーファンクション表示装置を提供
することを目的とする。
[発明の構成] (問題点を解決するための手段) 本発明は、CPUにより処理される表示データが書込ま
れる表示メモリを有し、表示コントローラを介して読出
される表示データを表示する表示デバイスを備えて成る
コンビーータシステムにおいて、使用ソフトウェアに従
がうキーファンクション表示情報が書込まれる、上記表
示メモリとは異なる表示メモリと、該表示メモリから使
用ソフトウェアに必要なキーファンクション情報を読出
し上記表示デバイスとは異なるキーファンクション表示
のために用いられる専用の表示デバイスにデータ転送を
行なうキーファンクション表示制御回路を付加したもの
である。
(作用) 上記構成において、CPUによシ書込まれる表示データ
は表示メモリから読出され標準装備される表示デバイス
に表示される。一方、キーファンクション表示用の表示
デバイスはキーデートの上部に実装され、ファンクシ、
ンキーに対応してその必要情報が表示される。即ち、上
記表示メモリとは異なるキーファンクション表示のため
に設けられる表示メモリにキーファンクション情報が書
込まれ、キーファンクション表示制御回路により使用ソ
フトウェアに従がうキーファンクション表示情報が読出
され上記表示デバイスとは異なるキーファンクション表
示のための表示デバイスに表示される。
このことにより、ファンクシ、ンキーの機能を自由に、
且つ、ダイナミックに設定出来、操作性が向上する。
(実施例) 以下、図面を使用して本発明実施例について詳細に説明
する。第1図は本発明の実施例を示すブロック図である
。図において、1はCPUであシ、例えば、米インテル
社より販売されている16ビ、トマイクロプロセッサ1
80286が使用される。
2はメモリであシ、ROM 、 RAMがマツピングさ
れ、ソフトウェア基本部が格納されるe3,5,7゜1
0.16は、それぞれフロッピーディスクコントローラ
(FDC) 、ハードディスクコントローラ(F[)C
) 、通信コントローラ(CCM) 、表示制御回路、
キーデート0コントローラ(KBC)であり、それぞれ
に接続されるフロッピーディスクドライブ(HDD)4
、バー7ドデイスク装置(HDD) 6、端末(通信回
線8)、プラズマデイスプレィII、キーボードI7を
コントロールする。
12は本発明によシ付加されるキーファンクション表示
部°であり、キーファンクション表示メモリ121、キ
ーファンクション表示制御回路122、キーファンクシ
ョン表示LCD 123から構成される。それぞれ、C
PU Jによる制御の下、キーファンクション表示デー
タを保持し、キーファンクション表示のタイミングを制
御し、キーファンクション表示制御回路122による制
御の下キーファンクション情報を表示する。
第2図に本発明によるキーデートファンクシ。
ン表示LCDを実装したラップトツブコンピュータの外
観の一例を第3図にファンクシ、ン・キーと、ファンク
シ、ン・表示、LCDの対応を示す図である。図中、第
1図と同一番号の付されたブロックは第1図のそれと合
致する。第2図、第3図に示す様にキーデート17のフ
ァンクシ冒ン・キーの上側には、LCDデイスプレィ1
23が実装され、各ファンクション・キーに対応した、
制御情報が、プログラムによ、9 LCD I 23上
に表示される。また第1図に示す様に、キーファンクシ
ョン表示制何回路122によりキーファンクション表示
メモリ121に保持され九情報が、キーファンクシ。
ン表示LCD 12 jに表示される。
以下、本発明実施例の動作につき詳細に説明する。まず
、CPU 1は、ROM / RAM 2に格納された
プログラムに従かいデータ処理を行ない、その結果をプ
ラズマデイスプレィ11に表示する。このプラズマデイ
スプレィ11とは別に、キーファンクシ1ン表示のため
に設けられるLCD J 2 Jは、キーボード17の
上側に実装され、ファンクシ。
ンキーF1〜F9に対応して、制御情報“再変換“・・
・“終了”が表示される。F1キーを押した場合は゛再
変換”、F2キーを押した場合は、。センタリング″・
・・・・・の制御情報が、キーインできる。
まな、キーボード17上にレイアウトされるALTキー
とFツキ−を同時に押した場合は、“全文削除”情報が
、CTRLキーとF2キーを同時に押した場合には、“
行コピー1情報が、キーインできる。
キーファンクション表示LCD 123には、アプリケ
ージ、ン・ソフトウェアが、自由にファンクシ四ン、キ
ーF1〜F9に対応する制御情報を表示、変更すること
ができる。
キーファンクション表示に関するハードウェア制御機能
は、第1図に示すキーファンクション表示部12にて、
サポートされる。ファンクシ雷ン表示に必要な情報は、
ROM/RAM 2には格納されたプログラム及びCP
U 1によりキーファンクシ曹ン表示メモリ121に書
込まれ保持される。キーファンクション表示制御回路1
22が、上記メモリ121の内容を読み出し、タイミン
グ、コントロールを行なって、キーファンクション表示
LCD123にデータを送り表示される。
[発明の効果] 以上説明の様に本発明に従えば以下に挙する効果が得ら
れる。
(1)ラベルのマニーアルによる作成及び使用ソフトウ
ェアによる交換が゛不要となり煩わしさがなくなる。
(2)標準装備されるデイスプレィの表示領域を必要と
せず、従って使用制限がなくなる。
(3)アプリケーション・ソフトウェアによりファンク
シ、ンキーの機能を自由に、かつ、ダイナミックに設定
ができる為、操作性が向上する。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明の実施例を示すブロック図、第2図は本
発明が採用されるラップト、fコンピュータの外観を示
す図、第3図はファンクシ、ンキーと表示用LCDの対
応を示す図である。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. CPUにより処理される表示データが書込まれる表示メ
    モリを有し、表示コントローラを介して読出される表示
    データを表示する表示デバイスを備えて成るコンピュー
    タシステムにおいて、使用ソフトウェアに従がうキーフ
    ァンクション表示情報が書込まれる、上記表示メモリと
    は異なる表示メモリと、該表示メモリから使用ソフトウ
    ェアに必要なキーファンクション情報を読出し上記表示
    デバイスとは異なるキーファンクション表示のために用
    いられる専用の表示デバイスにデータ転送を行なうキー
    ファンクション表示制御回路とを具備することを特徴と
    するキーファンクション表示装置。
JP63076931A 1988-03-30 1988-03-30 キーファンクション表示装置 Pending JPH01248220A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP63076931A JPH01248220A (ja) 1988-03-30 1988-03-30 キーファンクション表示装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP63076931A JPH01248220A (ja) 1988-03-30 1988-03-30 キーファンクション表示装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH01248220A true JPH01248220A (ja) 1989-10-03

Family

ID=13619472

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP63076931A Pending JPH01248220A (ja) 1988-03-30 1988-03-30 キーファンクション表示装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH01248220A (ja)

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7114129B2 (en) Method and system for controlling an application displayed in an inactive window
JP6280113B2 (ja) 統合型モバイルデスクトップ
US6954357B2 (en) Detachable notebook computer
US5535414A (en) Secondary data transfer mechanism between coprocessor and memory in multi-processor computer system
JPH01248220A (ja) キーファンクション表示装置
JPH0744306A (ja) 携帯型コンピュータ
JP2003296033A (ja) 情報処理装置および方向制御方法
JP2002244776A (ja) ノート型パーソナルコンピュータ、およびノート型パーソナルコンピュータの接続構造
JPH04204994A (ja) コンピュータシステム
JP4719925B2 (ja) 周辺装置を提供可能なパーソナルコンピュータ
JPH07311639A (ja) ポータブルコンピュータ
JPH06195150A (ja) 情報処理装置
JPH07319598A (ja) 携帯型情報処理装置及びキーボード切り替え接続器
JPH04107721A (ja) 演算機能付きデータ入力装置
JPS60152190U (ja) 表示装置
JPH1185437A (ja) 情報表示処理装置
JPH02219131A (ja) 表示装置
JPS62259185A (ja) 文書編集装置
JPH0279515A (ja) 機能切り換え装置
JPH02125367A (ja) 携帯形情報検索装置
JPS63239554A (ja) 文書処理装置
JPH03188519A (ja) 補助記憶媒体を用いる装置
JPH0311412A (ja) パーソナルコンピュータ
JPS60260089A (ja) カ−ソル移動用キ−入力装置
JPH04329459A (ja) 画像表示方法