JP6319262B2 - Weft insertion control apparatus in the air jet loom - Google Patents

Weft insertion control apparatus in the air jet loom Download PDF

Info

Publication number
JP6319262B2
JP6319262B2 JP2015201667A JP2015201667A JP6319262B2 JP 6319262 B2 JP6319262 B2 JP 6319262B2 JP 2015201667 A JP2015201667 A JP 2015201667A JP 2015201667 A JP2015201667 A JP 2015201667A JP 6319262 B2 JP6319262 B2 JP 6319262B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
weft
timing
running
curve
sensor
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2015201667A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2017075409A (en
Inventor
牧野 洋一
洋一 牧野
隆二 荒井
隆二 荒井
Original Assignee
株式会社豊田自動織機
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社豊田自動織機 filed Critical 株式会社豊田自動織機
Priority to JP2015201667A priority Critical patent/JP6319262B2/en
Publication of JP2017075409A publication Critical patent/JP2017075409A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6319262B2 publication Critical patent/JP6319262B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • DTEXTILES; PAPER
    • D03WEAVING
    • D03DWOVEN FABRICS; METHODS OF WEAVING; LOOMS
    • D03D47/00Looms in which bulk supply of weft does not pass through shed, e.g. shuttleless looms, gripper shuttle looms, dummy shuttle looms
    • D03D47/28Looms in which bulk supply of weft does not pass through shed, e.g. shuttleless looms, gripper shuttle looms, dummy shuttle looms wherein the weft itself is projected into the shed
    • D03D47/30Looms in which bulk supply of weft does not pass through shed, e.g. shuttleless looms, gripper shuttle looms, dummy shuttle looms wherein the weft itself is projected into the shed by gas jet
    • D03D47/3026Air supply systems
    • D03D47/3033Controlling the air supply
    • D03D47/304Controlling of the air supply to the auxiliary nozzles
    • DTEXTILES; PAPER
    • D03WEAVING
    • D03DWOVEN FABRICS; METHODS OF WEAVING; LOOMS
    • D03D47/00Looms in which bulk supply of weft does not pass through shed, e.g. shuttleless looms, gripper shuttle looms, dummy shuttle looms
    • D03D47/28Looms in which bulk supply of weft does not pass through shed, e.g. shuttleless looms, gripper shuttle looms, dummy shuttle looms wherein the weft itself is projected into the shed
    • D03D47/30Looms in which bulk supply of weft does not pass through shed, e.g. shuttleless looms, gripper shuttle looms, dummy shuttle looms wherein the weft itself is projected into the shed by gas jet
    • D03D47/3066Control or handling of the weft at or after arrival
    • D03D47/3073Detection means therefor

Description

本願発明は、エアジェット織機における緯入れ制御装置に関する。 The present invention relates to a weft insertion control apparatus in an air jet loom.

エアジェット織機において、緯糸を検知する光電センサーを織幅内に設ける技術は、知られている。 In the air jet loom, a technique of providing a photoelectric sensor woven in width for detecting the weft yarn is known. 例えば、特許文献1は、緯糸測長貯留装置のドラムからの緯糸のバルーンや解除抵抗の変化に起因して緯糸飛走速度が変化し、緯糸測長量の過不足による緯入れ不良の発生を防止するため、緯糸係止ピンの後退タイミングや緯入れノズルの噴射開始タイミングを自動調整する技術を開示している。 For example, Patent Document 1, running weft speed changes due to balloon or releasing the resistance change of the weft yarn from the drum of the weft measuring-and-storing device, the occurrence of weft insertion failure due to excess and deficiency of the weft measuring quantity to prevent, discloses a technique for automatically adjusting the retraction timing and the injection start timing of the weft insertion nozzle of the weft locking pin.

特許文献1では、ひ道の給糸端から反給糸端に至る途中の検知位置に光電センサーを設置している。 In Patent Document 1, it is installed a photoelectric sensor detecting the position of the way to the yarn feed end of the conduit to the weft end. 光電センサーは、光電センサーの設置位置に到達した緯糸の到達タイミングを測定する。 The photoelectric sensor measures the arrival timing of the weft reaching the installation position of the photoelectric sensor. 光電センサーによる緯糸到達タイミングの測定値、あるいは測定値の移動平均値は、標準の到達タイミングと比較される。 Measurement of the weft arrival timings by photoelectric sensor, or moving average value of the measurements are compared with the standard arrival timing. 比較結果により、緯糸係止ピンの後退タイミング、又は緯入れノズルの噴射開始タイミングが自動的に調整される。 By comparison, retraction timing of the weft engaging pin, or the injection start timing of the weft insertion nozzle is automatically adjusted.

緯糸係止ピン、又は緯入れノズルにおける噴射開始タイミングの調整により、緯糸の飛走速度が変化しても、緯糸の反給糸端への到達タイミングは、緯入れ流体の圧力や噴射終了タイミングを変えることなく、常に目標の範囲内に設定することができる。 Weft locking pin, or by adjusting the injection start timing in the weft inserting nozzle, even Hihashi speed of the weft is changed, the arrival timing of the counter yarn feed end of the weft, the pressure and the injection end timing of the weft insertion fluid without changing, it can always be set in the range of the target.

特開昭62−117853号公報 JP-A-62-117853 JP

エアジェット織機において、緯入れノズルによる緯入れ開始後、緯糸を織幅内に搬送する補助ノズルのエア噴射は、緯入れの安定性に大きく影響する。 In the air jet loom, after the weft insertion start by weft insertion nozzle, air injection auxiliary nozzle for conveying the weft yarn in the weaving width, significantly affect the stability of the weft insertion. しかし、緯入れ開始初期では、緯入れノズルによるエア噴射の影響が大きく、補助ノズルのエア噴射による緯糸飛走状態への影響を見ることが難しい。 However, in the weft insertion start initial, large influence of air injection by the weft insertion nozzle, it is difficult to see the impact on the weft running state by the air jet of the auxiliary nozzle.

エアジェット織機の高速運転化に伴い、緯糸の飛走速度が高速化されている。 With the high-speed operation of the air jet loom, Hihashi speed of the weft is faster. 緯糸の飛走速度の高速化は、緯入れ終了時に緯糸に与える衝撃が大きくなり、緯糸切れ等の問題が発生するため、エアジェット織機では、緯入れ終了前に緯糸を制動するブレーキ手段が一般的に採用されている。 Faster Hihashi speed of the weft yarn, the impact increases to be applied to the weft yarn at the time of the weft insertion end, because the problem of the weft yarn breakage or the like occurs, the air jet loom, brake means is common to brake the weft thread before the weft insertion end It has been adopted in manner.

しかし、ブレーキ手段による緯糸の制動後は、緯入れ終了タイミングに向けて緯糸の飛走速度が一様になり、補助ノズルのエア噴射による緯糸飛走状態への影響を見ることが難しい。 However, after the braking of the weft thread by the brake means, Hihashi speed of the weft toward the weft insertion end timing becomes uniform, it is difficult to see the impact on the weft running state by the air jet of the auxiliary nozzle. 特許文献1に開示された技術のように、光電センサーをひ道の給糸端から反給糸端に至る途中に適当に設置しても、補助ノズルのエア噴射による緯糸の飛走状態への影響を正確に見ることが難しい。 As for the technique disclosed in Patent Document 1, the weft end of the conduit photoelectric sensor be suitably installed in a way to the weft end, to the flying state of the weft by air jet of the auxiliary nozzle impact it is difficult to see exactly. このため、特許文献1に開示された技術では、ひ道の給糸端から反給糸端に至る途中に設置された光電センサーで検知される緯糸到達タイミングを補助ノズルのエア噴射制御に有効に利用することができない恐れがある。 Therefore, in the technique disclosed in Patent Document 1, the weft arrival timing is detected from the yarn feed end of the conduit by a photoelectric sensor placed way to the weft end effectively to the air injection control of the auxiliary nozzle there is a possibility that can not be used.

本願発明は、織幅内緯糸センサーで検出される緯糸検出タイミングを補助ノズルのエア噴射制御に有効に利用できるようにすることを目的とする。 The present invention aims to ensure that the weft detection timing detected by the width in the weft sensor weave can be effectively utilized to the air injection control of the auxiliary nozzle.

請求項1は、緯入れノズルと、複数の補助ノズルと、緯入れ終了前に緯糸を制動するブレーキ手段とを備えたエアジェット織機における緯入れ制御装置であって、前記緯入れ制御装置は織幅内の緯糸飛走経路に設置した織幅内緯糸センサーと、前記補助ノズルの噴射開始タイミングを補正する補正部とを備え、前記織幅内緯糸センサーは、前記緯入れノズルのエア噴射終了タイミングに対応する緯糸先端位置と前記ブレーキ手段のブレーキタイミングに対応する緯糸先端位置との間の緯糸飛走経路に設置され、 前記補正部は、前記織幅内緯糸センサーの緯糸検出タイミングに基づいて緯糸飛走曲線を推定し、推定された前記緯糸飛走曲線に応じて前記補助ノズルの噴射開始タイミングを補正することを特徴とする。 Claim 1 includes a weft insertion nozzle, a weft insertion control apparatus in an air jet loom, comprising: a plurality of auxiliary nozzles, and a brake means for braking the weft thread before the weft insertion ends, wherein the weft insertion controller Woven the width in the weft sensor weaving installed in running weft path within a width, said a correcting unit for correcting the injection start timing of the auxiliary nozzles, the width in the weft sensor weave, the air jet end timing of the weft insertion nozzle weft based on running weft is placed in the path, the correcting unit, weft detection timing of the weaving width in the weft sensor between the weft tip position corresponding to the weft tip position corresponding to the brake timing of the braking means It estimates the Hihashi curve, and corrects the injection start timing of the auxiliary nozzles according to the estimated the running weft curve.

請求項1によれば、織幅内緯糸センサーが、緯入れノズルから噴射される圧縮エアの影響及びブレーキ手段による緯糸の制動効果の影響を受けない状態で飛走する緯糸を検出することができるため、補助ノズルのエア噴射による緯糸の飛走状態に合わせて補助ノズルのエア噴射タイミングを設定することができる。 According to claim 1, the width in the weft sensor weave, it is possible to detect the flying weft without being affected by the damping effect of the weft by the effects and the brake means of the compressed air injected from the weft insertion nozzle Therefore, it is possible to set the air injection timing of the auxiliary nozzles to suit the flying state of the weft by air jet of the auxiliary nozzle. このため、補助ノズルのサブバルブに対して無駄の無いエア噴射タイミングの設定ができ、圧縮エアの消費量低減が可能となる。 Therefore, it is set in the air injection timing without lean against the sub-valve of the auxiliary nozzle, consumption of compressed air reduction becomes possible.

請求項2は、前記補正部は、前記織幅内緯糸センサーの緯糸検出タイミングと、基準となる緯糸飛走曲線において前記織幅内緯糸センサーの配置位置へ到達する緯糸先端のタイミングとのずれに基づいて前記緯糸飛走曲線を推定することを特徴とする。 Claim 2, wherein the correction unit includes a weft detection timing of the weaving width in the weft sensor, the deviation of the timing of the weft tip reaches the position of the weaving width in the weft sensor in running weft curve as a reference based and estimates the running weft curve. 請求項2によれば、推定した緯糸飛走曲線は、経験的、実験的に把握されている緯糸飛走形態に基づき、少なくとも1ヶ所において検出した緯糸先端到達のタイミングのずれにより、的確に作成することができる。 According to claim 2, it estimated running weft curve empirically, based on the running weft forms are grasped experimentally, by displacement of the timing of the detected weft leading end arrival at least one place, accurately create can do.

請求項3は、前記補正部は、複数回の緯入れにおける前記織幅内緯糸センサーの緯糸検出タイミングの平均値により推定した緯糸飛走曲線に基づいて前記エア噴射タイミングを変更することを特徴とする。 Claim 3, wherein the correction unit includes a means changes the air injection timing based on a plurality of times running weft curve estimated by the average value of the weft detection timing of the weaving width in the weft sensors in weft insertion of the to. 請求項3によれば、平均的なずれにより緯糸飛走曲線を推定するため、補助ノズルのエア噴射タイミングを極端に変更することが無く、安定した緯入れを継続することができる。 According to claim 3, for estimating the running weft curve by the average lag, without being extremely changed air injection timing of the auxiliary nozzles, it is possible to continue the stable weft insertion.

請求項4は、前記補正部は、前記推定した緯糸飛走曲線に基づいて、前記補助ノズルのエア噴射開始タイミング及びエア噴射終了タイミングを変更することを特徴とする。 Claim 4, wherein the correction unit is configured based on the estimated running weft curve, and changing the air injection start timing and the air jet end timing of the auxiliary nozzles. 請求項4によれば、補助ノズルのエア噴射開始タイミングとエア噴射終了タイミングの双方を調整するため、圧縮エアの噴射期間を緯糸の飛走状態に合わせて適切に設定することができる。 According to claim 4, for adjusting both the air injection start timing and the air jet end timing of the auxiliary nozzles can be set appropriately for the injection period of the compressed air in the flying state of the weft.

本願発明は、織幅内緯糸センサーで検出される緯糸到達タイミングを補助ノズルのエア噴射制御に有効に利用することができる。 The present invention can be effectively utilized weft arrival timing detected by the width in the weft sensors woven into the air injection control of the auxiliary nozzle.

第1の実施形態におけるエアジェット織機の緯入れ装置を示す概略図である。 It is a schematic diagram showing a weft insertion apparatus of an air jet loom according to the first embodiment. 織幅内におけるタイミングと位置との関係を示す線図である。 Is a graph showing the relationship between the timing and the position in the weaving width. 緯糸の飛走曲線と補助ノズルのエア噴射タイミングを示す線図である。 It is a diagram showing a the flying curve of the weft air injection timing of the auxiliary nozzles. 第2の実施形態における推定された緯糸飛走曲線と変更後の補助ノズルのエア噴射タイミングを示す線図である。 It is a diagram illustrating the air injection timing of the auxiliary nozzles after the change and the estimated running weft curve in the second embodiment. 推定された緯糸飛走曲線と変更後の補助ノズルのエア噴射タイミングの他の例を示す線図である。 Another example of an air injection timing of the auxiliary nozzles after the change and the estimated running weft curve is a diagram showing a.

(第1の実施形態) (First Embodiment)
第1の実施形態を図1〜図3に基づいて説明する。 The first embodiment will be described with reference to FIGS. なお、本願明細書では、緯糸を経糸開口内に緯入れし、緯糸を搬送する緯入れ方向に対し、緯入れ方向と反対側を上流、緯入れ方向側を下流とする。 In this specification, the weft insertion of the weft into the warp shed, with respect to weft insertion direction for conveying the weft yarn, the side opposite to the weft inserting direction upstream and downstream of the weft inserting direction. また、圧縮エアの流れる方向に対し、源流側を上流、源流と反対側を下流とする。 Further, with respect to the direction of flow of compressed air, to the origin side upstream, opposite the downstream and origin.

図1はエアジェット織機の緯入れ装置1を示す。 FIG. 1 shows a weft insertion device 1 of the air jet loom. 緯入れ装置1は、緯入れノズル2、緯入れノズル2の上流側に配設された緯糸Yの給糸部3、緯糸測長貯留装置4及び緯入れノズル2の下流側に配設された複数の筬羽からなる筬5、筬5の緯糸飛走経路6に沿って配設された複数の補助ノズル7から構成されている。 Weft insertion device 1 includes a weft insertion nozzle 2, the weft Y in the yarn supplying portion 3 disposed on the upstream side of the weft insertion nozzle 2 was disposed on the downstream side of the weft measuring-and-storing device 4 and the weft insertion nozzle 2 reed 5 consisting of a plurality of dents, and a plurality of auxiliary nozzles 7 arranged along the running weft path 6 of the reed 5.

給糸部3の緯糸Yは、緯糸測長貯留装置4の巻付けアーム(図示せず)の回転により引き出され、貯留ドラム8に巻き付け貯留される。 Weft Y on the yarn supplying section 3 is drawn by the rotation of the winding arm of the weft measuring-and-storing device 4 (not shown), it is stored wound on the storage drum 8. 緯糸測長貯留装置4には、緯糸Yの解除、係止を行う緯糸係止ピン9及び緯糸Yの解除を検出するバルーンセンサー10が設けられている。 The weft measuring and storage device 4, releasing the weft yarn Y, the balloon sensor 10 for detecting the release of the weft locking pin 9 and weft Y to perform a locking is provided. なお、図1における緯糸係止ピン9及びバルーンセンサー10の配置は、模式的に示したものである。 The arrangement of the weft locking pin 9 and the balloon sensor 10 in FIG. 1, there is shown schematically.

緯糸係止ピン9及びバルーンセンサー10は、貯留ドラム8の周囲に配設され、バルーンセンサー10は緯糸Yの解除方向側で、緯糸係止ピン9に近接した状態で並べて配置されている。 Weft locking pin 9 and the balloon sensor 10 is disposed around the storage drum 8, the balloon sensor 10 in the releasing direction side of the weft Y, they are arranged side by side in close proximity to the weft engagement pin 9. 緯糸係止ピン9は、配線20により制御装置16と電気的に接続され、制御装置16に予め設定された織機回転角度において、貯留ドラム8に貯留された緯糸Yを解除する。 Weft locking pin 9 is electrically connected to the controller 16 by the wiring 20, the preset loom rotational angle to the control unit 16, it releases the weft yarn Y which has been stored in the storage drum 8. 緯糸係止ピン9による緯糸Yの解除は、緯入れを開始するタイミング(緯入れ開始タイミングIF、図2参照)に行われる。 Release of the weft Y by the weft stop pin 9, the timing of starting the weft insertion is performed (weft insertion start timing IF, see FIG. 2).

バルーンセンサー10は、配線21により制御装置16と電気的に接続されている。 The balloon sensor 10 is electrically connected to the control device 16 by wiring 21. バルーンセンサー10は、緯入れ中に貯留ドラム8からバルーン状態で解除される緯糸Yを検出し、制御装置16に緯糸解除信号を発信する。 The balloon sensor 10 detects the weft yarn Y being released by a balloon state from the storage drum 8 during weft insertion, transmits a weft release signal to the controller 16. 制御装置16は、予め設定された回数の緯糸解除信号を受信すると、緯糸係止ピン9を作動する。 Controller 16 receives the weft release signal preset number, activating the weft locking pin 9. 緯糸係止ピン9は、貯留ドラム8から解除される緯糸Yを係止し、緯入れを終了する。 Weft locking pin 9 engages the weft yarn Y is released from the storage drum 8, and ends the weft insertion.

なお、緯糸係止ピン9が緯糸Yを係止するための作動タイミングは、織幅に相当する長さの緯糸Yを貯留ドラムに巻き付けた回数によって設定されている。 Incidentally, the operation timing for weft engagement pin 9 is engaged the weft yarn Y is set by the number of times the length of the weft yarn Y which corresponds to the weaving width wound around the storage drum. 本実施形態では、例えば、貯留ドラム8に3巻された緯糸Yの長さが織幅に相当する。 In the present embodiment, for example, the length of the storage drum 8 3 volumes weft Y corresponds to weaving width. 制御装置16は、バルーンセンサー10の緯糸解除信号を3回受信すると、緯糸Yを係止する動作信号が緯糸係止ピン9に発信されるように設定されている。 Controller 16 receives 3 times the weft yarn release signal balloon sensor 10, the operation signal to lock the weft yarn Y is configured to be outgoing in the weft locking pin 9.

緯入れノズル2は、貯留ドラム8の緯糸Yを引き出すタンデムノズル11及び緯糸Yを緯糸飛走経路6に緯入れするメインノズル12から構成され、緯糸Yの解除機能を備えている。 Weft insertion nozzle 2 is composed of tandem nozzle 11 and the weft Y draw the weft yarn Y in the storage drum 8 from the main nozzle 12 for weft insertion into running weft path 6 has a release function of the weft Y. 補助ノズル7は、緯入れされた緯糸Yを緯糸飛走経路6に沿って搬送する搬送機能を備えている。 Auxiliary nozzle 7 has a conveying function of conveying along the weft Y which is weft insertion in running weft path 6. タンデムノズル11の上流側には、緯入れ終了前に、飛走する緯糸Yを制動するブレーキ手段13が設けられている。 Upstream of the tandem nozzle 11, before the weft insertion ends, the brake unit 13 for braking the weft yarn Y to Hihashi is provided. ブレーキ手段13は、機械式あるいはエア式等の公知の方法を採用している。 Brake means 13 by a known method such as a mechanical or pneumatic.

メインノズル12、補助ノズル7及び筬5は、スレイ(図示せず)上に配設され、エアジェット織機の前後方向に往復揺動される。 The main nozzle 12, auxiliary nozzle 7 and the reed 5 is disposed on the sley (not shown), it is reciprocally swung back and forth direction of the air jet loom. また、タンデムノズル11、ブレーキ手段13、緯糸測長貯留装置4及び給糸部3は、エアジェット織機のフレーム(図示せず)又は床面(図示せず)に取り付けられたブラケット(図示せず)等に固定されている。 Further, the tandem nozzle 11, the brake unit 13, the weft measuring-and-storing device 4 and the yarn supplying section 3, (not shown) frame of the air jet loom or the floor (not shown) without brackets (shown attached It is fixed to) and the like.

緯糸飛走経路6の下流側の織端には、エンドセンサー14が配設されている。 The selvage of the downstream side of the running weft path 6, end sensor 14 is disposed. エンドセンサー14は、メインノズル12と反対側(反緯入れ側)の織端に到達した緯糸Yを検出する。 End sensor 14 detects the weft yarn Y has reached the selvage of the main nozzle 12 and the opposite side (anti-weft inserting side). エンドセンサー14は、配線15により制御装置16と電気的に接続されている。 End sensor 14 is electrically connected to the control device 16 by wiring 15. 制御装置16はエンドセンサー14の緯糸検出信号の有無により緯入れ不良の発生を検出する。 The controller 16 detects the occurrence of a weft insertion failure by the presence or absence of the weft yarn detection signal of the end sensor 14. また、エンドセンサー14の緯糸検出信号は、反緯入れ側の織端への緯糸Yの到達信号であり、制御装置16において、エンコーダ17から得られる織機回転角度信号に基づき緯入れ終了タイミングIE(図2参照)の織機回転角度として認識される。 Further, the weft detection signal of the end sensor 14, a reaching signal of the weft yarn Y to the selvages of the anti-weft insertion side, the control device 16, based on the loom rotation angle signal obtained from the encoder 17 the weft insertion end timing IE ( is recognized as the loom rotational angle of FIG see 2).

エンドセンサー14よりも上流側の織幅TL(図2参照)内の緯糸飛走経路6には、織幅内緯糸センサー18が設置されている。 The running weft path 6 in the end sensor 14 upstream of the weaving width TL than (see FIG. 2), the width in the weft sensor 18 weave is installed. 織幅内緯糸センサー18は、配線19により制御装置16と電気的に接続されている。 Width in the weft sensor 18 weave is electrically connected to the control device 16 by wiring 19. 織幅内緯糸センサー18による緯糸検出信号は、制御装置16において、エンコーダ17から得られる織機回転角度信号に基づき、緯入れされた緯糸Yの先端が織幅内緯糸センサー18の設置位置YXに到達し、織幅内緯糸センサー18により検出された緯糸検出タイミングIS(図2参照)として認識される。 Weft detection signal according to the width in the weft sensor 18 weave, the control unit 16, based on the loom rotation angle signal obtained from the encoder 17, reaches the installation position YX width in the weft sensor 18 weave tip of the weft yarn Y which has been weft and it is recognized as detected by the width in the weft sensor 18 woven weft detection timing iS (see FIG. 2).

なお、本実施形態では、緯入れ装置1が1組のみ示されているが、2組以上配設された多色緯入れ装置として構成しても良い。 In the present embodiment, although the weft insertion device 1 is shown only one pair, it may be configured as a multi-color weft insertion device which is arranged two or more sets. また、多色緯入れ装置の概念には、同色の緯糸Yの緯入れ装置1を複数組設置した場合も含まれる。 Also, the concept of multi-color weft insertion device, includes the case where the weft insertion device 1 of the same color of the weft Y plural sets installed. また、補助ノズル7は、2組以上の緯入れ装置1に対して共通に使用される。 The auxiliary nozzles 7 are used in common for two or more sets of weft insertion device 1.

メインノズル12には、圧縮エアの供給、停止を行うメインバルブ22が配管23によって接続されている。 The main nozzle 12, supply of compressed air, the main valve 22 for stopping are connected by a pipe 23. タンデムノズル11には、圧縮エアの供給、停止を行うタンデムバルブ24が配管25により接続されている。 Tandem nozzle 11, the supply of compressed air, tandem valve 24 for stopping are connected by a pipe 25. メインバルブ22は、配管26によりメインエアタンク27に接続されている。 The main valve 22 is connected to the main air tank 27 by a pipe 26. また、タンデムバルブ24は、配管28によりメインバルブ22と共通のメインエアタンク27に接続されている。 Further, the tandem valve 24 is connected to the main valve 22 to a common main air tank 27 by a pipe 28.

メインエアタンク27は、メイン圧力計29、メインレギュレータ30、元圧力計31及びフィルタ32を介して、織布工場に設置された共通のエアコンプレッサー33に接続される。 Main air tank 27, a main pressure gauge 29, the main regulator 30, via the former pressure gauge 31 and filter 32 are connected to a common air compressor 33 installed in the weaving factory. メインエアタンク27では、エアコンプレッサー33から供給され、メインレギュレータ30により設定圧力に調整された圧縮エアが貯蔵される。 In the main air tank 27 is supplied from the air compressor 33, compressed air is stored, which is adjusted to a set pressure by the main regulator 30. メインエアタンク27に供給される圧縮エアの圧力は、メイン圧力計29により常時検出されている。 Pressure of compressed air supplied to the main air tank 27 is always detected by the main pressure gauge 29.

補助ノズル7は、1例として6群に分けられ、各群は、4本の補助ノズル7を有する。 Auxiliary nozzles 7 are divided into 6 groups as an example, each group has four auxiliary nozzles 7. 各群に対応して6個のサブバルブ34が配設され、各群の補助ノズル7はそれぞれ配管35により各サブバルブ34に接続されている。 Six sub valve 34 corresponding to each group is provided, and is connected to each sub valve 34 by the respective auxiliary nozzles 7 of each group pipe 35. なお、補助ノズル7は6群に限らず、織幅TLに応じて複数群設置し、サブバルブ34は各補助ノズル群に対応して複数個設けるように構成することができる。 The auxiliary nozzle 7 is not limited to six groups, placed several groups depending on the weaving width TL, sub valve 34 can be configured to provide a plurality to correspond to each of the auxiliary nozzle groups. 各サブバルブ34は共通のサブエアタンク36に接続されている。 Each sub valve 34 is connected to a common sub-air tank 36.

サブエアタンク36は配管37によりサブ圧力計38を介してサブレギュレータ39に接続される。 Sub Air tank 36 is connected to the sub regulator 39 via a sub pressure gauge 38 through a pipe 37. サブレギュレータ39は配管40によりメイン圧力計29とメインレギュレータ30とを接続する配管41に接続される。 Sub regulator 39 is connected to a pipe 41 which connects the main pressure gauge 29 and the main regulator 30 by a pipe 40. サブエアタンク36では、エアコンプレッサー33から供給され、サブレギュレータ39により設定圧力に調整された圧縮エアが貯蔵される。 In sub-air tank 36 is supplied from the air compressor 33, compressed air is stored, which is adjusted to a set pressure by the sub-regulator 39. サブエアタンク36に供給される圧縮エアの圧力は、サブ圧力計38により常時検出されている。 Pressure of compressed air supplied to the sub air tank 36 is always detected by the sub-pressure gauge 38.

メインバルブ22、タンデムバルブ24、サブバルブ34、元圧力計31、メイン圧力計29、サブ圧力計38及びブレーキ手段13は、それぞれ、制御装置16と配線42、43、44、45、46、47、48により電気的に接続されている。 Main valve 22, the tandem valve 24, sub valve 34, based on the pressure gauge 31, a main pressure gauge 29, the sub-pressure gauge 38 and the brake unit 13, respectively, the control device 16 and the wiring 42,43,44,45,46,47, It is electrically connected by 48. 制御装置16には、メインバルブ22、タンデムバルブ24、サブバルブ34及びブレーキ手段13を作動するための作動タイミング、ブレーキタイミングBT(図2参照)及び作動時間が予め設定されている。 The control unit 16, main valve 22, the tandem valve 24, operation timing for operating a sub valve 34 and the brake unit 13, the brake timing BT (see FIG. 2) and the operating time is set in advance. また、制御装置16は、元圧力計31、メイン圧力計29及びサブ圧力計38の検出信号を受信する。 Further, the control unit 16, based on the pressure gauge 31, receives the detection signal of the main pressure gauge 29 and the sub-pressure gauge 38.

メインバルブ22及びタンデムバルブ24には、緯糸係止ピン9が作動する緯入れ開始タイミングIFより早い作動タイミングで制御装置16から作動指令信号が出力され、メインノズル12及びタンデムノズル11から圧縮エアが噴射される。 The main valve 22 and the tandem valve 24, the weft locking pin 9 is output operation command signal from the control device 16 at an earlier operation timing from the weft insertion start timing IF operating, compressed air from the main nozzle 12 and the tandem nozzle 11 It is injected. ブレーキ手段13には、緯糸係止ピン9が作動して貯留ドラム8の緯糸Yを係止する緯入れ終了タイミングIEより早いブレーキタイミングBTに制御装置16から作動指令信号が出力される。 The brake unit 13, the weft stop pin 9 is operation command signal from the control device 16 in the early brake timing BT from the weft insertion end timing IE for locking the weft Y in the storage drum 8 operates is outputted. ブレーキ手段13は、高速で飛走する緯糸Yを制動して緯糸Yの飛走速度を低下し、緯入れ終了タイミングIEにおける緯糸Yの衝撃を緩和する。 Brake means 13 decreases the Hihashi speed of the weft Y to brake the weft yarn Y to the flying at high speed, to mitigate the impact of the weft Y in the weft insertion end timing IE.

制御装置16には、表示機能及び入力機能を有する表示装置49が接続されている。 The control unit 16, a display device 49 having a display function and input function is connected. 表示装置49は、表示画面(図示せず)に、例えば、図2〜図5に示す線図あるいは他の種々の表示項目及びデータを表示することができ、表示された表示項目のデータについて表示画面上で新規入力や書換えが可能である。 Display device 49, a display screen (not shown), for example, it is possible to display various display items and data diagrams or other of 2 to 5, the display for the data of the displayed display item it is possible to new input and rewriting on the screen.

図2において、(a)が織幅TL内におけるエンドセンサー14の配置位置、緯入れノズル2のエア噴射終了タイミングMEに緯糸Yの先端が到達する緯糸先端位置YE、ブレーキ手段13のブレーキタイミングBTに緯糸Yの先端が到達する緯糸先端位置YB及び織幅内緯糸センサー18の配置位置YXを示し、(b)が織幅TL内における緯入れ開始タイミングIF、緯入れノズル2のエア噴射終了タイミングME、織幅内緯糸センサー18の緯糸検出タイミングIS、ブレーキ手段13のブレーキタイミングBT及びエンドセンサー14で検出した緯入れ終了タイミングIEを示している。 In FIG. 2, (a) the arrangement position of the end sensor 14 in the weaving width TL, the weft tip position YE tip of the weft yarn Y in the air jet end timing ME weft insertion nozzle 2 reaches the brake timing BT of the brake means 13 the tip of the weft yarn Y represents an arrangement position YX weft tip position YB and weaving the weft sensor 18 to reach, (b) weft insertion start timing IF in the weaving width TL, air jet end timing of weft insertion nozzle 2 ME, weft detection timing iS weave width in the weft sensor 18, illustrates the weft insertion end timing IE detected by brake timing BT and end sensor 14 of the brake means 13.

緯入れ開始タイミングIFは、緯糸係止ピン9が制御装置16の指令により作動され、緯糸Yを解除した時のタイミングを示している。 Weft insertion start timing IF is weft locking pin 9 is activated by a command of the control unit 16 indicates the timing when releasing the weft yarn Y. なお、緯入れ開始タイミングIFは、エンコーダ17の回転角度信号により把握することができる。 Incidentally, the weft insertion start timing IF can be grasped by the rotation angle signal of the encoder 17. 以下、各タイミングは、同様にエンコーダ17の回転角度信号により把握される。 Hereinafter, each timing is similarly grasped by the rotational angle signal of the encoder 17.

緯入れ終了タイミングIEは、エンドセンサー14による緯糸検出信号発生タイミングを示し、緯糸係止ピン9が緯糸Yを係止したタイミングとなる。 Weft insertion end timing IE shows a weft detection signal generation timing by the end sensor 14, the weft stop pin 9 is the timing of locking the weft Y. 緯入れノズル2のエア噴射終了タイミングMEは、メインノズル12及びタンデムノズル11から噴射されている圧縮エアが噴射開始から一定時間後に停止するように、制御装置16に予め設定されている。 Air injection end timing ME weft insertion nozzle 2, as compressed air is jetted from the main nozzle 12 and the tandem nozzle 11 is stopped after a predetermined time from the start of injection, it is previously set in the control device 16.

ブレーキタイミングBTは、緯入れ終了タイミングIEよりも前に飛走中の緯糸Yが制動されるように、制御装置16に予め設定されている。 Brake timing BT, as the weft Y in Hihashi before the weft insertion end timing IE is braked, is previously set in the control device 16. 織幅内緯糸センサー18は、緯入れノズル2のエア噴射終了タイミングMEとブレーキ手段13のブレーキタイミングBTとの間において緯糸Yを検出できるように織幅TL内の緯糸飛走経路6に設置されている。 Width in the weft sensor 18 woven is placed on running weft path 6 in the weaving width TL so as to detect a weft yarn Y between the brake timing BT of the weft insertion nozzle 2 of the air jet end timing ME and brake means 13 ing.

具体的には、織幅内緯糸センサー18は、緯入れ中、緯入れノズル2のエア噴射終了タイミングMEに対応する緯糸先端位置YEとブレーキ手段13が作動するブレーキタイミングBTに対応する緯糸先端位置YBとの間の緯糸飛走経路6に設置されている。 Specifically, the width in the weft sensor 18 weave in weft insertion, the weft tip position the weft tip position YE and brake means 13 corresponding to the air injection termination timing ME weft insertion nozzle 2 corresponding to the brake timing BT operating It is installed in the running weft path 6 between YB. なお、後述するように、緯糸先端位置YE、YBは補助ノズル7のエア噴射圧力の違いによらず略一定である。 As described later, the weft tip position YE, YB is substantially constant irrespective of the difference in the air injection pressure of the auxiliary nozzles 7.

エア噴射終了タイミングMEに対応する緯糸先端位置YEとブレーキタイミングBTに対応する緯糸先端位置YBとの間の緯糸飛走経路6では、緯糸Yが、補助ノズル7から噴射される圧縮エアのみで搬送されている。 In running weft path 6 between the weft tip position YB corresponding to the weft tip position YE and brake timing BT corresponding to the air injection termination timing ME, the weft Y is conveyed only by the compressed air injected from the auxiliary nozzle 7 It is. 織幅内緯糸センサー18を設置する緯糸飛走経路6は、緯入れノズル2から噴射される圧縮エアの影響及びブレーキ手段13による制動の影響を受けずに、緯糸Yが飛走する領域である。 Running weft path 6 for installing the width in the weft sensor 18 weave, without being affected by the influence of the compressed air injected from the weft insertion nozzle 2 and the braking by the brake unit 13, is the region where the weft Y is Hihashi .

図3は、試織等により予め取得し、制御装置16に記憶させた緯糸飛走曲線を示し、例として、3種類の緯糸飛走曲線A、B、Cを表示している。 Figure 3 is obtained in advance by test weaving, etc., show the running weft curve is stored in the control unit 16, as an example, three running weft curves A, B, displaying the C. 各緯糸飛走曲線A、B、Cは、補助ノズル7の圧縮エアの圧力を種々異ならせて緯入れを行って得られた実際の緯糸飛走曲線である。 Each running weft curves A, B, C are varied variously the pressure of the compressed air of the auxiliary nozzle 7 is the actual running weft curve obtained by performing the weft insertion. なお、実際のエアジェット織機の緯入れ制御装置では、多数の緯糸飛走曲線が制御装置16に保存され、緯入れ制御を行うものである。 In actual weft insertion control apparatus for an air jet loom, a number of running weft curve stored in the control device 16 performs a weft insertion control.

織機の運転中、織幅内緯糸センサー18は常時、又は定期的に緯糸Yを検出し、制御装置16に緯糸検出信号が送信される。 During operation of the loom, the width in the weft sensor 18 weave constantly or periodically detects the weft yarn Y, the weft detection signal is transmitted to the control device 16. 制御装置16は、織幅内緯糸センサー18の配置位置YXに到達した緯糸Yの緯糸検出タイミングISを検出し、記憶している緯糸飛走曲線A、B、Cにおいて、織幅内緯糸センサー18の配置位置YXに到達するタイミングA1、B1、C1と比較する。 Controller 16 detects the weft detection timing IS weft Y reaching the position YX weave width in the weft sensor 18, stored in that running weft curves A, B, in C, the weaving width weft sensor 18 comparing the timing A1, B1, C1 reaching the position YX of. 図3の例では、緯糸検出タイミングISがタイミングA1と一致しているので、制御装置16は、緯糸飛走曲線Aが現在の飛走曲線であると推定する。 In the example of FIG. 3, the weft detection timing IS coincides with the timing A1, the controller 16, running weft curve A is presumed to be the current the flying curve.

本実施形態における緯入れ制御を以下に具体的に説明する。 The weft insertion control in the present embodiment will be described below. 図3において、緯糸飛走曲線Aは、補助ノズル7のエア噴射圧力を最も高くして緯入れした場合である。 3, running weft curve A shows a case of weft insertion by the highest air injection pressure of the auxiliary nozzles 7. 緯糸飛走曲線Bは、補助ノズル7のエア噴射圧力を最も低くして緯入れした場合である。 Running weft Curve B is the case where the weft insertion by the air jet pressure of the auxiliary nozzles 7 lowest. また、緯糸飛走曲線Cは、緯糸飛走曲線Aと緯糸飛走曲線Bとの中間にあたる補助ノズル7のエア噴射圧力により緯入れした場合である。 Also, running weft curve C is a case where the weft insertion by the intermediate falls air injection pressure of the auxiliary nozzles 7 of the running weft curve A and running weft curve B.

緯糸飛走曲線Aでは、タイミングA1において織幅内緯糸センサー18の配置位置YXに緯糸Yの先端が到達する。 In running weft curve A, the tip of the weft yarn Y reaches the position YX width in the weft sensor 18 weave at timing A1. 緯糸飛走曲線Bでは、タイミングB1において織幅内緯糸センサー18の配置位置YXに緯糸Yの先端が到達する。 In running weft curve B, the tip of the weft yarn Y reaches the position YX width in the weft sensor 18 woven at a timing B1. 緯糸飛走曲線Aと緯糸飛走曲線Bとを比較すると、タイミングA1とタイミングB1との間には、角度差αが生じている。 Comparing the running weft curve A and running weft curve B, and between the timing A1 and the timing B1, the angle difference α is occurring. しかし、ブレーキタイミングBTから緯入れ終了タイミングIEの間における緯糸飛走曲線AのタイミングA2と緯糸飛走曲線BのタイミングB2との角度差βと比較すると明らかな差が生じている。 However, clear differences when compared with angle difference β between the timing B2 timing A2 and running weft curve B of running weft curve A occurs between the weft insertion end timing IE from the brake timing BT.

角度差αと角度差βとの相違は、ブレーキタイミングBTの以後では飛走する緯糸がブレーキ手段13による制動を受けているために生じる。 The difference between the angle difference α and the angle difference β is caused to weft Hihashi is undergoing braking by the brake means 13 in the subsequent brake timing BT. 従って、ブレーキタイミングBTの以前では、補助ノズル7のエア噴射圧力による影響が角度差αとして明確に表れている。 Thus, in the previous brake timing BT is affected by the air injection pressure of the auxiliary nozzles 7 are clearly evident as an angle difference alpha. 一方、ブレーキタイミングBT以後は、ブレーキ手段13による制動作用が補助ノズル7のエア噴射圧力の差による影響を打ち消す方向に作用するため、角度差βは角度差αよりも小さくなる。 On the other hand, the brake timing BT after, since the braking action by the brake unit 13 acts in a direction to cancel the effect of the difference in the air jet pressure of the auxiliary nozzles 7, the angle difference β is smaller than the angular difference alpha. 緯入れノズル2のエア噴射終了タイミングME以前においても、緯入れノズル2のエア噴射圧力による影響が補助ノズル7のエア噴射圧力の違いによる影響よりも大きいため、緯糸飛走曲線A、B、Cにおける緯糸先端位置YEへの緯糸の到達のタイミングの間に差が生じ難い。 Also in the air jet end timing ME previous weft insertion nozzle 2, because the impact of the air jet pressure of the weft inserting nozzle 2 is larger than the influence caused by the difference in air injection pressure of the auxiliary nozzles 7, running weft curve A, B, C difference hardly occurs between the timing of the weft arrival of the weft tip position YE in. 即ち、エア噴射終了タイミングMEとブレーキタイミングBTとの間における緯糸Yの飛走状態は、補助ノズル7のエア噴射の影響による変化を明確に示すものである。 That is, the flying state of the weft Y between the air jet end timing ME and brake timing BT is to clearly show the change due to the influence of the air jet of the auxiliary nozzle 7.

緯糸Yの飛走状態は、補助ノズル7のエア噴射圧力の変更により、緯糸飛走曲線A〜緯糸飛走曲線Cのように、大きなずれを生じる。 The flying state of the weft Y is by changing the air injection pressure of the auxiliary nozzles 7, as running weft curve A~ running weft curve C, resulting in a large deviation. このため、従来における補助ノズル7のエア噴射タイミングは、異なる緯糸Yの飛走状態を全てカバーできるように設定されている。 Therefore, air injection timing of the auxiliary nozzles 7 in the prior art, are set so as to all the flying state of the different weft Y cover.

従来は、緯糸Yが補助ノズル7のエア噴射位置に最も早く到達する緯糸飛走曲線AのタイミングA1、A2を含むように、エア噴射開始タイミングD1を各サブバルブ34に対して設定している。 Conventionally, to include timing A1, A2 of the running weft curve A weft Y is earliest reaches the air injection position of the auxiliary nozzle 7, and the air jet start timing D1 set for each sub-valve 34. また、補助ノズル7のエア噴射時間は、補助ノズル7のエア噴射圧力の違いによらず一定となるように、エア噴射終了タイミングD2を設定している。 The air injection time of the auxiliary nozzle 7 is to be constant regardless of the difference in the air injection pressure of the auxiliary nozzle 7 is set the air jet end timing D2.

第1の実施形態では、制御装置16に複数の緯糸飛走曲線A〜Cを記憶させておき、エアジェット織機の運転中、織幅内緯糸センサー18により緯糸Yを検出し、緯糸検出タイミングISを制御装置16において検出する。 In the first embodiment, may be stored a plurality of running weft curve A~C to the control device 16 detects the weft yarn Y by the air jet during operation of the loom, the weaving width weft sensor 18, the weft detection timing IS detected in the control device 16. 制御装置16は、緯糸検出タイミングISが、例えば、タイミングA1で有った場合、このタイミングA1と同一のタイミングを有する緯糸飛走曲線Aが現在の緯入れにおける緯糸飛走状態であると推定する。 Control unit 16, the weft detection timing IS, for example, when there in the timing A1, running weft curve A having the same timing as the timing A1 is estimated to be weft running state at the current weft insertion . なお、記憶した複数の緯糸飛走曲線A〜CのタイミングA1、B1、C1のいずれにも緯糸検出タイミングISが一致しない場合は、最も近いタイミングを有する緯糸飛走曲線を現在の緯糸飛走曲線であると推定する。 Incidentally, when the timing A1 of the plurality of running weft curve A~C stored, B1, C1 weft detection timing IS in either do not match, the current running weft curve running weft curve having the closest timing estimated to be at.

従って、補正部としての制御装置16は、補助ノズル7のエア噴射タイミングを、緯糸飛走曲線Aに合ったエア噴射タイミングDに基づき、エア噴射開始タイミングD1及びエア噴射終了タイミングD2に維持する。 Thus, the control device 16 as a correction unit, the air injection timing of the auxiliary nozzles 7, based on the air injection timing D to suit running weft curve A, maintained at the air injection start timing D1 and the air jet end timing D2. 緯糸検出タイミングISがタイミングB1で有った場合、制御装置16は、織幅内緯糸センサー18の配置位置YXへの緯糸到達タイミングがタイミングB1である緯糸飛走曲線Bを選択し、補助ノズル7を緯糸飛走曲線Bに合わせたエア噴射タイミングに補正する。 If the weft detection timing IS there was at the timing B1, the controller 16, the weft arrival timing to the position YX weave width in the weft sensor 18 selects the running weft curve B is a timing B1, the auxiliary nozzle 7 a correction to the air injection, according to the timing of the running weft curve B.

第1の実施形態では、織幅内緯糸センサー18が、緯入れノズル2から噴射される圧縮エアの影響及びブレーキ手段13による緯糸の制動の影響を受けない状態で飛走する緯糸Yの先端を検出することができる。 In the first embodiment, the width in the weft sensor 18 weave, the tip of the weft yarn Y to the flying without being affected by the braking of the weft by the effects and the brake means 13 of the compressed air injected from the weft insertion nozzle 2 it is possible to detect. このため、補助ノズル7のエア噴射圧力に応じて異なる緯糸の飛走状態に合わせて補助ノズル7のエア噴射タイミングDを補正することができる。 Therefore, it is possible to correct the air injection timing D of the auxiliary nozzles 7 in accordance with the the flying state of the different wefts according to the air injection pressure of the auxiliary nozzles 7. 従って、補助ノズル7のサブバルブ34に対して無駄の無いエア噴射タイミングの設定ができ、圧縮エアの消費量低減が可能である。 Therefore, it is set in the air injection timing without lean against the sub-valve 34 of the auxiliary nozzle 7, it is possible consumption of compressed air reduction.

また、第1の実施形態では、補助ノズル7のエア噴射開始タイミングD1とエア噴射終了タイミングD2の双方を補正することにより、圧縮エアの噴射期間を緯糸Yの飛走状態に合わせて適切に設定することができる。 In the first embodiment, by correcting both the air injection start timing D1 and the air injection end timing D2 of the auxiliary nozzle 7, appropriately set in accordance with the flying state of the injection period of the compressed air weft Y can do.

(第2の実施形態) (Second Embodiment)
図4及び図5は第2の実施形態を示したもので、第1の実施形態と同一の構成については同一の符号にて説明し、詳細な説明を省略する。 4 and 5 shows a second embodiment, the same components as in the first embodiment described in the same reference numerals, and detailed description thereof will be omitted. 第2の実施形態は、緯糸飛走曲線E(図4参照)、G(図5参照)を、織幅内緯糸センサー18により検出した緯糸検出タイミングISに基づき、計算により推定したものである。 The second embodiment (see FIG. 4) running weft curve E, G (see FIG. 5), based on the weft detection timing IS detected by the width in the weft sensor 18 weave is obtained by estimating by calculation.

第2の実施形態は、織幅内緯糸センサー18により緯入れ中の緯糸の先端位置を常時検出することができる。 The second embodiment is capable of constantly detecting the position of the front end of the weft yarn in the weft insertion by the width in the weft sensor 18 weave. 図4における緯糸飛走曲線Eは、織幅内緯糸センサー18により検出された緯糸検出タイミングISがタイミングE1で有る場合に計算により推定される緯糸飛走曲線を示す。 Running weft curve E in FIG. 4 shows a running weft curve estimated by calculation when it is detected by the width in the weft sensor 18 woven weft detection timing IS is at a timing E1. タイミングE1は、エアジェット織機の初期の運転開始のために制御装置16に予め設定されている基準緯糸飛走曲線Sにおいて、織幅内緯糸センサー18の配置位置YXに緯糸先端が到達するタイミングS1と比較される。 The timing E1 is the standard running weft curve S which is previously set in the control device 16 for the initial start-air jet loom, the timing S1, the weft tip in position YX weave width in the weft sensor 18 reaches It is compared with.

織幅内緯糸センサー18により検出されたタイミングE1と基準緯糸飛走曲線Sの織幅内緯糸センサー18の配置位置YXへ緯糸先端が到達したタイミングS1との間にずれが生じている場合、タイミングE1のタイミングS1からのずれの大きさに基づいて、緯糸飛走経路6の他の場所における緯糸先端到達のタイミングのずれを計算し、タイミングE2〜E4を推定する。 If the deviation between the timing S1, the weft tip reaches the position YX of the timing E1 detected by the width in the weft sensor 18 Woven reference running weft curve S woven width in the weft sensor 18 has occurred, the timing based on the deviation of the size of the E1 timing S1, the difference in timing of the weft tip reaches the other locations running weft path 6 calculates, estimates the timing E2 to E4. なお、緯入れ開始タイミングIF及び緯入れ終了タイミングIEに対応する緯糸先端位置は、同一仕様の織成を行うエアジェット織機では、同一となるように設定されている。 Incidentally, the weft tip position corresponding to the weft insertion start timing IF and the weft insertion end timing IE, in an air jet loom which performs weaving the same specification, are set to be the same. また、タイミングE2〜E4は、経験的、実験的に把握されている緯糸Yの飛走形態に基づき計算により容易に推定することができる。 The timing E2~E4 empirically, can easily be estimated by calculation on the basis of the running mode of the weft yarn Y being grasped experimentally. タイミングE1及び他の計算されたタイミングE2〜E4をプロットすることにより、推定された緯糸飛走曲線Eが作成される。 By plotting the timing E1 and other calculated timing E2 to E4, the estimated running weft curve E is created.

図4に示す推定した緯糸飛走曲線Eに対応させて、補助ノズル7のエア噴射タイミングFが設定される。 In correspondence to the estimated running weft curve E shown in FIG. 4, the air injection timing F of the auxiliary nozzle 7 is set. 具体的には、補助ノズル7のエア噴射開始タイミングF1は緯糸飛走曲線EのタイミングE1〜E4に合わせて補正され。 Specifically, the air injection start timing F1 of the auxiliary nozzle 7 is corrected in accordance with the timing E1~E4 the running weft curve E. また、エア噴射終了タイミングF2は緯糸飛走曲線Eを形成する緯糸Yの性質に合わせた一定時間後の織機回転角度に補正される。 The air injection end timing F2 is corrected to the loom rotation angle after a predetermined time to suit the nature of the weft yarn Y to form a running weft curve E. なお、エア噴射終了タイミングF2は、織機回転角度で無く、タイマー等により、時間で設定しても良い。 The air injection end timing F2 is not a loom rotation angle, by a timer or the like, may be set at the time.

図5に示した緯糸飛走曲線Gは、緯糸Yの緯糸飛走速度が基準緯糸飛走曲線Sにおける緯糸Yの緯糸飛走速度よりも遅い場合の例を示している。 Running weft curve G shown in FIG. 5 shows an example of a case slower than running weft speed of the weft Y running weft speed of the weft Y is in the reference running weft curve S. 具体的には、緯糸飛走曲線Eと同様に、タイミングG1が織幅内緯糸センサー18により緯糸検出タイミングISとして検出される。 Specifically, similar to the running weft curve E, are detected as the weft detection timing IS by the width in the weft sensor 18 timing G1 is woven.

タイミングG1は、基準緯糸飛走曲線Sにおける織幅内緯糸センサー18の配置位置YXへの緯糸先端到達のタイミングS1と比較される。 Timing G1 is compared to the weft tip reaches the timing S1 of the position YX reference running weft woven in the curve S width in the weft sensor 18. タイミングG1と基準緯糸飛走曲線SのタイミングS1との間にずれが生じている場合、タイミングG1のタイミングS1からのずれの大きさに基づいて、緯糸飛走経路6の他の場所における緯糸先端到達のタイミングのずれを計算し、タイミングG2〜G4を推定する。 If the deviation occurs between the timing S1 of timing G1 and the reference running weft curve S, based on the magnitude of the deviation from the timing S1 of timing G1, the weft tip in the other locations running weft path 6 calculate the deviation of the timing of arrival, to estimate the timing G 2 to G 4. タイミングG1及び他の計算されたタイミングG2〜G4をプロットすることにより、推定された緯糸飛走曲線Gが作成される。 By plotting the timing G1 and other calculated timing G 2 to G 4, the estimated running weft curve G is created.

補助ノズル7のエア噴射開始タイミングH1は緯糸飛走曲線GのタイミングG2〜G4に合わせて補正され、また、エア噴射終了タイミングH2は緯糸飛走曲線Gの緯糸Yの性質に合わせた一定時間、又は一定時間後の織機回転角度に補正される。 Auxiliary air injection start timing H1 of the nozzle 7 is corrected in accordance with the timing G2~G4 the running weft curve G, also a certain time to match the properties of the weft yarn Y in the air jet end timing H2 is running weft curve G, or it is corrected to the loom rotation angle after a predetermined time. 緯糸飛走曲線Gにおける補助ノズル7のエア噴射タイミングHでは、エア噴射開始タイミングH1を基準緯糸飛走曲線Sのエア噴射開始タイミングに対して無駄の無いタイミング設定をすることができ、緯糸Yの安定した飛走状態を維持しながら補助ノズル7からの圧縮エアの噴射流量を低減できる。 In the air injection timing H of the auxiliary nozzle 7 in running weft curve G, it is possible to waste without timing setting the air injection start timing H1 to the air injection start timing of the reference running weft curve S, the weft yarn Y while maintaining stable the flying state can be reduced injection flow rate of the compressed air from the auxiliary nozzle 7.

第2の実施形態では、織幅内緯糸センサー18が、緯入れノズル2から噴射される圧縮エアの影響及びブレーキ手段13による緯糸の制動の影響を受けない状態で飛走する緯糸Yの先端を検出することができる。 In the second embodiment, the width in the weft sensor 18 weave, the tip of the weft yarn Y to the flying without being affected by the braking of the weft by the effects and the brake means 13 of the compressed air injected from the weft insertion nozzle 2 it is possible to detect. このため、第1の実施形態と同様に、補助ノズル7のエア噴射による緯糸の飛走状態に合わせて補助ノズル7のエア噴射タイミングF、Hを補正することができる。 Therefore, as in the first embodiment, the air injection timing F of auxiliary nozzles 7 in accordance with the the flying state of the weft by air jet of the auxiliary nozzle 7, can be corrected H. 従って、補助ノズル7のサブバルブ34に対して無駄の無いエア噴射タイミングの設定ができ、圧縮エアの消費量低減が可能である。 Therefore, it is set in the air injection timing without lean against the sub-valve 34 of the auxiliary nozzle 7, it is possible consumption of compressed air reduction.

また、第2の実施形態では、推定した緯糸飛走曲線E及び緯糸飛走曲線Gは、経験的、実験的に把握されている緯糸飛走形態に基づき、少なくとも1ヶ所において検出したタイミングE1、G1のずれに基づき、的確に推定し、作成することができる。 In the second embodiment, the estimated running weft curve E and running weft curve G is empirical, based on the running weft forms are grasped experimentally, timing E1 was detected in at least one place, based on the deviation of the G1, accurately estimated, it is possible to create. また、第2の実施形態では、補助ノズル7のエア噴射開始タイミングF1、H1とエア噴射終了タイミングF2、H2の双方を調整することにより、圧縮エアの噴射期間を緯糸Yの飛走状態に合わせて適切に設定することができる。 In the second embodiment, by adjusting both the air injection start timing F1, H1 and air jet end timing F2, H2 of the auxiliary nozzle 7, the combined injection period of the compressed air in the flying state of the weft Y it is possible to set properly Te.

本願発明は、前記した実施形態の構成に限定されるものではなく、本願発明の趣旨の範囲内で種々の変更が可能であり、次のように実施することができる。 The present invention is not limited to the configuration of the above-described embodiments, and various modifications are possible within the scope of the present invention, it can be carried out as follows.

(1)第1及び第2の実施形態で示した緯糸飛走曲線A〜緯糸飛走曲線C及び緯糸飛走曲線E、Gは、例えば、100回あるいは200回等の複数回の緯入れにおいて検出された織幅内緯糸センサー18の緯糸検出信号に基づくタイミングA1、B1、E1あるいはG1の平均値(移動平均値を含む)に基づいて推定することができる。 (1) first and running weft shown in the second embodiment curve A~ running weft curves C and running weft curve E, G are, for example, in a plurality of weft insertion, such as 100 times or 200 times can be estimated based on the detected timing A1, B1 based on the weft detection signal of the width in the weft sensor 18 weave with, E1 or the average value of G1 (including moving average value). この実施形態では、平均的なずれにより緯糸飛走曲線A〜C、E、Gを推定するため、補助ノズル7のエア噴射タイミングを極端に変更することが無く、安定した緯入れを継続することができる。 In this embodiment, running weft curve A~C the average lag, E, for estimating the G, without being extremely changed air injection timing of the auxiliary nozzles 7, to continue a stable weft insertion can.

(2)第1及び第2の実施形態で示した緯糸飛走曲線A〜緯糸飛走曲線C及び緯糸飛走曲線E、Gは、定期的に作成し、補助ノズル7のエア噴射タイミングD、F、Hを定期的に変更しても良い。 (2) running weft shown in the first and second embodiments curve A~ running weft curves C and running weft curve E, G periodically created, air injection timing D of the auxiliary nozzle 7, F, H may be regularly changed. この実施形態では、補助ノズル7のエア噴射タイミングD、F、Hを定期的に調整することができるため、緯入れの安定性と圧縮エアの消費量低減を継続して維持することができる。 In this embodiment, the air injection timing D of the auxiliary nozzle 7, F, it is possible to periodically adjust the H, it can be maintained to continue consumption of stability and compressed air reduced in weft insertion.

(3)第1及び第2の実施形態に示した織幅内緯糸センサー18は、緯入れノズル2のエア噴射終了タイミングMEに対応する緯糸先端位置YEとブレーキ手段13のブレーキタイミングBTに対応する緯糸先端位置YBとの間の緯糸飛走経路6であれば、2ヶ所以上の位置に設置しても良い。 (3) Width in the weft sensor 18 weave shown in the first and second embodiment, corresponding to the brake timing BT of the weft tip position YE and brake means 13 corresponding to the air injection termination timing ME weft insertion nozzle 2 if running weft path 6 between the weft tip position YB, it may be installed at two or more locations. この実施形態によれば、緯入れ中に飛走する緯糸Yの先端の到達を複数の位置で検出できるため、緯糸Yの実際の飛走状態に、より近づけた緯糸飛走曲線A〜緯糸飛走曲線C及び緯糸飛走曲線E、Gを推定することができる。 According to this embodiment, it is possible to detect the arrival of the leading end of the weft yarn Y which Hihashi during weft insertion at a plurality of locations, to the actual the flying state of the weft Y, more running weft curve A~ weft brought close running curves C and running weft curve E, it is possible to estimate the G.

(4)緯糸Yの飛走状態は、補助ノズル7のエア噴射圧力が同一であっても、緯糸の状態、あるいはエアジェット織機の運転環境等により、緯入れ毎にばらつく可能性がある。 (4) the flying state of the weft Y can be the same the air injection pressure of the auxiliary nozzles 7, weft states, or by driving environment such as air jet loom, there is a possibility that vary for each weft insertion. このため、推定した緯糸飛走曲線A〜緯糸飛走曲線C及び緯糸飛走曲線E、Gにおける補助ノズル7のエア噴射タイミングD、F、Hは、余裕を持たせた設定が可能である。 Therefore, estimated running weft curve A~ running weft curves C and running weft curve E, the air injection timing D of the auxiliary nozzle 7 in G, F, H are capable of setting a margin. 例えば、エア噴射開始タイミングD1、F1、H1は、推定した緯糸飛走曲線A〜緯糸飛走曲線C及び緯糸飛走曲線E、GのタイミングA1、B1、E1あるいはG1よりも早いタイミングに設定しても良い。 For example, the air injection start timing D1, F1, H1 is estimated running weft curve A~ running weft curves C and running weft curve E, and set the timing earlier than the timing A1, B1, E1 or G1 of G and it may be.

1 緯入れ装置2 緯入れノズル4 緯糸測長貯留装置5 筬6 緯糸飛走経路7 補助ノズル11 タンデムノズル12 メインノズル13 ブレーキ手段14 エンドセンサー16 制御装置17 エンコーダ18 織幅内緯糸センサー22 メインバルブ24 タンデムバルブ27 メインエアタンク30 メインレギュレータ34 サブバルブ36 サブエアタンク39 サブレギュレータ49 表示装置A〜C、E、G 緯糸飛走曲線A1、A2 緯糸飛走曲線AにおけるタイミングB1、B2 緯糸飛走曲線BにおけるタイミングC1 緯糸飛走曲線CにおけるタイミングE1〜E4 緯糸飛走曲線EにおけるタイミングG1〜G4 緯糸飛走曲線GにおけるタイミングBT ブレーキタイミングD、F、H 補助ノズルのエア噴射タイミングD1、F1、H1 補助ノズ 1 weft insertion device 2 weft insertion nozzle 4 weft measuring-and-storing device 5 reed 6 running weft path 7 auxiliary nozzle 11 tandem nozzle 12 main nozzle 13 brake means 14 end sensor 16 control device 17 encoder 18 weaving width in the weft yarn sensor 22 the main valve 24 tandem valve 27 main air tank 30 main regulator 34 the sub-valve 36 sub air tank 39 sub-regulator 49 display A through C, E, at the timing B1, B2 running weft curve B in G running weft curves A1, A2 running weft curve A timing BT brake timing D, F, the air jet of H auxiliary nozzle timing D1 in the timing G1~G4 running weft curve G in the timing E1~E4 running weft curve E in the timing C1 running weft curve C, F1, H1 auxiliary nozzle のエア噴射開始タイミングD2、F2、H2 補助ノズルのエア噴射終了タイミングIE 緯入れ終了タイミングIF 緯入れ開始タイミングIS 緯糸検出タイミングME 緯入れノズルのエア噴射終了タイミングS 基準緯糸飛走曲線S1 基準緯糸飛走曲線におけるタイミングTL 織幅Y 緯糸YB ブレーキタイミングにおける緯糸先端位置YE 緯入れノズルのエア噴射終了タイミングにおける緯糸先端位置YX 織幅内緯糸センサーの配置位置 Air injection start timing D2, F2, H2 air jet end timing S criteria air jet end timing IE weft insertion end timing IF weft insertion start timing IS weft detection timing ME weft insertion nozzle of the auxiliary nozzle running weft curve S1 reference weft timing TL weaving Y weft YB position of the weft tip position YX weaving width in the weft sensor at the air injection end timing of the weft tip position YE weft insertion nozzle in the brake timing in running curve

Claims (4)

  1. 緯入れノズルと、複数の補助ノズルと、緯入れ終了前に緯糸を制動するブレーキ手段とを備えたエアジェット織機における緯入れ制御装置であって、 A weft insertion nozzle, a weft insertion control apparatus in an air jet loom, comprising: a plurality of auxiliary nozzles, and a brake means for braking the weft thread before the weft insertion ends,
    前記緯入れ制御装置は織幅内の緯糸飛走経路に設置した織幅内緯糸センサーと、前記補助ノズルの噴射開始タイミングを補正する補正部とを備え、 Wherein with the width in the weft sensor weaving installed in running weft path of weft insertion control apparatus in a weaving width, and a correction unit that corrects the injection start timing of the auxiliary nozzles,
    前記織幅内緯糸センサーは、前記緯入れノズルのエア噴射終了タイミングに対応する緯糸先端位置と前記ブレーキ手段のブレーキタイミングに対応する緯糸先端位置との間の緯糸飛走経路に設置され、 The width in the weft sensor woven is placed on running weft path between the weft tip position corresponding to the brake timing of the weft tip position and the brake unit corresponding to the air injection end timing of the weft inserting nozzle,
    前記補正部は、前記織幅内緯糸センサーの緯糸検出タイミングに基づいて緯糸飛走曲線を推定し、 Wherein the correction unit estimates a running weft curve based on the weft detection timing of the weaving width in the weft sensor,
    推定された前記緯糸飛走曲線に応じて前記補助ノズルの噴射開始タイミングを補正することを特徴とするエアジェット織機における緯入れ制御装置。 Weft insertion control apparatus in an air jet loom, characterized by correcting the injection start timing of the auxiliary nozzles according to the estimated the running weft curve.
  2. 前記補正部は、前記織幅内緯糸センサーの緯糸検出タイミングと、基準となる緯糸飛走曲線において前記織幅内緯糸センサーの配置位置へ到達する緯糸先端のタイミングとのずれに基づいて前記緯糸飛走曲線を推定することを特徴とする請求項1に記載のエアジェット織機における緯入れ制御装置。 Wherein the correction unit, the weft on the basis of a deviation between the timing of the weft tip reaches the said and weft detection timing in width in the weft sensor weave, reference position of the weaving width in the weft sensor in running weft curve comprising weft insertion control apparatus in an air jet loom according to claim 1, characterized in that for estimating the running curve.
  3. 前記補正部は、複数回の緯入れにおける前記織幅内緯糸センサーの緯糸検出タイミングの平均値により推定した緯糸飛走曲線に基づいて前記エア噴射タイミングを変更することを特徴とする請求項1又は請求項2に記載のエアジェット織機における緯入れ制御装置。 The correction unit claim, characterized in that to change the plurality of the air injection timing based on the running weft curve estimated by the average value of the weft detection timing of the weaving width in the weft sensor at the weft insertion 1 or weft insertion control apparatus in an air jet loom according to claim 2.
  4. 前記補正部は、前記推定した緯糸飛走曲線に基づいて、前記補助ノズルのエア噴射開始タイミング及びエア噴射終了タイミングを変更することを特徴する請求項1〜請求項3のいずれか1項に記載のエアジェット織機における緯入れ制御装置。 Wherein the correction unit on the basis of the running weft curve the estimated, according to the any one of claims 1 to 3, characterized in that changing the air injection start timing and the air jet end timing of the auxiliary nozzles weft insertion control apparatus in the air jet loom.
JP2015201667A 2015-10-12 2015-10-12 Weft insertion control apparatus in the air jet loom Active JP6319262B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015201667A JP6319262B2 (en) 2015-10-12 2015-10-12 Weft insertion control apparatus in the air jet loom

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015201667A JP6319262B2 (en) 2015-10-12 2015-10-12 Weft insertion control apparatus in the air jet loom
EP16190583.1A EP3156529A1 (en) 2015-10-12 2016-09-26 Air jet loom with weft insertion control device
CN201610884297.1A CN107034576B (en) 2015-10-12 2016-10-10 Air jet loom weft insertion control apparatus

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2017075409A JP2017075409A (en) 2017-04-20
JP6319262B2 true JP6319262B2 (en) 2018-05-09

Family

ID=56997392

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015201667A Active JP6319262B2 (en) 2015-10-12 2015-10-12 Weft insertion control apparatus in the air jet loom

Country Status (3)

Country Link
EP (1) EP3156529A1 (en)
JP (1) JP6319262B2 (en)
CN (1) CN107034576B (en)

Family Cites Families (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
BE899671A (en) * 1984-05-16 1984-11-16 Picanol Nv Air jet weaving loom has multi:weft injection and transport jets - with sequenced timing control program modulated by measured weft speeds
JPS62117853A (en) 1985-11-15 1987-05-29 Tsudakoma Ind Co Ltd Wefting control method and apparatus
JP3044897B2 (en) * 1992-01-28 2000-05-22 株式会社豊田自動織機製作所 Weft insertion method in a jet loom
JPH05302238A (en) * 1992-04-27 1993-11-16 Tsudakoma Corp Device for braking weft in jet loom
JPH0693534A (en) * 1992-09-10 1994-04-05 Toyota Autom Loom Works Ltd Apparatus for controlling weft-insertion in jet loom
JP3262888B2 (en) * 1993-04-02 2002-03-04 津田駒工業株式会社 The control device of the weft in the loom
JPH1112890A (en) * 1997-06-17 1999-01-19 Toyota Autom Loom Works Ltd Setting of subnozzle timing in air-jetting loom and setting apparatus therefor
JP2002227059A (en) * 2001-02-01 2002-08-14 Tsudakoma Corp Yarn brake device in loom
JP2004052171A (en) * 2002-07-22 2004-02-19 Tsudakoma Corp Method for controlling weft inserting in air-jet loom
JP4023346B2 (en) * 2003-03-12 2007-12-19 株式会社豊田自動織機 Weft insertion device in a jet loom
EP1473391B1 (en) * 2003-04-29 2006-11-08 Sultex AG Weft insertion system and method
BE1018324A3 (en) * 2008-10-22 2010-09-07 Picanol Nv Method and apparatus for controlling an insertion system for a weaving machine.
JP5592239B2 (en) * 2010-11-29 2014-09-17 津田駒工業株式会社 Injection period setting method of the sub-nozzle in an air jet loom

Also Published As

Publication number Publication date
CN107034576B (en) 2018-11-02
EP3156529A1 (en) 2017-04-19
JP2017075409A (en) 2017-04-20
CN107034576A (en) 2017-08-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
GB2067606A (en) Looms
JP5005686B2 (en) Dual control loop method and apparatus for ensuring the supply of yarn to the textile machine with constant tension
CN101184877B (en) Method for introducing a weft thread in a weaving machine
US4215728A (en) Electronic thread travel monitoring device
US4830063A (en) Picking controller for an air jet loom
JP3435512B2 (en) Loom having a weft insertion brake
WO1989012122A1 (en) Nozzle control for an air loom
CN1237214C (en) Loom defect content display method and device
US4463783A (en) Method of inserting the weft in jet loom
JP4546649B2 (en) How to monitor the cycle to insert the weft yarn to the loom
CN1239766C (en) Weft yarn deflection brake and method for controlling weft insertion into weaving machine
CN101107391B (en) Device for the picking of weft threads in an air jet weaving machine
US20030140980A1 (en) Method for adjusting the weaving parameters of weaving machines, and control device
EP1951941B1 (en) Method for introducing a weft thread in an air weaving machine and air weaving machine
US5115840A (en) Control of lower limit of jet pressure for a picking nozzle
EP0186597B1 (en) Air jet loom
JP4071039B2 (en) Air jet loom having a weft insertion system
EP1953282A1 (en) Method and device for inserting weft thread into a loom
WO1994012709A1 (en) Process for controlling a thread feed system and thread feed system
CN100393928C (en) Method for setting offset set value of warp take-up device and warp take-up device
CN1288059C (en) Device for detecting and/or adjusting a tensile force in a yarn
EP1878819B1 (en) Weft inserting apparatus in fluid jet loom
CN101445990B (en) Control device for flying tension and flying time of weft of air jet loom and control method thereof
CN100425752C (en) Yarn processing system
EP0256487A2 (en) Picking control method and picking controller

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20170208

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20180227

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20180306

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20180319

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 6319262

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151