JP6016967B2 - 遊技機 - Google Patents

遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP6016967B2
JP6016967B2 JP2015059038A JP2015059038A JP6016967B2 JP 6016967 B2 JP6016967 B2 JP 6016967B2 JP 2015059038 A JP2015059038 A JP 2015059038A JP 2015059038 A JP2015059038 A JP 2015059038A JP 6016967 B2 JP6016967 B2 JP 6016967B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
game
state
cover
winning
display
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2015059038A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2015110148A (ja
JP2015110148A5 (ja
Inventor
小倉 敏男
敏男 小倉
Original Assignee
株式会社三共
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社三共 filed Critical 株式会社三共
Priority to JP2015059038A priority Critical patent/JP6016967B2/ja
Publication of JP2015110148A publication Critical patent/JP2015110148A/ja
Publication of JP2015110148A5 publication Critical patent/JP2015110148A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6016967B2 publication Critical patent/JP6016967B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、遊技用価値を用いて遊技を行うことが可能な遊技機に関する。
パチンコ遊技機やスロットマシン等の遊技機では、遊技に関連する演出画像を表示するための表示装置の他に、演出や装飾のためのLED等の複数の電子部品が設けられている。
また、このような複数のLEDを保護するために、透明な合成樹脂材からなる本体部材と蓋部材とからなるケース内に、LED基板を収容したものがあった(例えば、特許文献1参照)。
特開2008−250067号公報(第5頁、第3図)
上記特許文献1に記載の遊技機では、LED基板の外寸法をケースの内寸法に一致させると、成型上の誤差等により基板を収容できなくなることがあるため、一般的にLED基板の外寸法はケースの内寸法よりも小さく設計するが、これによりLED基板がより小さくなってLEDの配置自由度が制限されてしまうばかりか、ケースの縁部にLEDを近づけて配置することが困難となるという問題があった。
本発明は、このような問題点に着目してなされたもので、電子部品を保護しつつ、配置の自由度が制限されることがない遊技機を提供することを目的とする。
前記課題を解決するために、本発明の請求項1に記載の遊技機は、
遊技用価値(遊技球)を用いて遊技を行うことが可能な遊技機(パチンコ遊技機1)であって、
少なくとも一面(前面604Fまたは背面604b)に電子部品(ステージ枠飾りLED61,62、ICチップ615等)が実装される基板(ステージ枠飾り基板604)と、
前記一面を被覆し、開口を有する第1カバー部材(前カバー606または後カバー603)と、
該一面と反対側の他面(後面または前面)を被覆し、開口を有する第2カバー部材(後カバー603または前カバー606)と、
前記第1カバー部材と前記第2カバー部材とを締結する締結手段(ネジ622、取付孔623a〜623c、ネジ穴625)と、
を備え、
前記第1カバー部材と前記第2カバー部材とにより前記基板の側面における少なくとも一部を被覆することなく、前記第1カバー部材の開口周端面(例えば、側板600aの後端面や外側板602bの後端面)と前記第2カバー部材の開口周端面(例えば、外側板621aの前端面)とが前記基板の周縁部(外周縁610a)を挟み(図15参照)、
前記一面に実装される電子部品は発光ダイオードであり、
前記第1カバー部材は、透光性を有するレンズ部材からなり、
前記第1カバー部材には、前記発光ダイオードからの光を乱反射させて遊技者側に出射させるための加工が施され
前記基板(ステージ枠飾り基板604)の周縁部(外周縁610a)は、前記電子部品の配線パターンが形成されない非配線部(図10中網点領域)とされている
ことを特徴としている。
この特徴によれば、第1カバー部材と第2カバー部材とを締結した状態において、第1カバー部材の開口周縁面と第2カバー部材の開口周端面との間に基板の周縁部が挟まれることにより該基板の成型誤差を吸収でき、これにより基板を極力大きくし、電子部品を第1カバー部材の周縁近傍に配置すること等が可能となるため、電子部品の配置自由度が向上する。また、開口周端面との当接により基板の配線パターンと第1カバー部材が導通し、静電気による高電圧が電子部品を破壊したり、配線パターンが断線されることを回避できる。
本発明の手段1の遊技機は、請求項1に記載の遊技機であって、
前記締結手段は、導電性を有する取付ネジ(金属製のネジ622)と、前記第1カバー部材(前カバー606または後カバー603)および前記第2カバー部材(後カバー603または前カバー606)に形成された前記取付ネジの取付孔(取付孔623a〜623c、ネジ穴625)と、からなり、
前記基板(ステージ枠飾り基板604)の周縁部における前記取付孔の対応箇所に切欠部(切欠凹部609a〜609c)が形成されている
ことを特徴としている。
この特徴によれば、導電性の取付ネジと配線パターンとが接触して、静電気による高電圧が電子部品を破壊することを回避できる。
本発明の手段2の遊技機は、手段に記載の遊技機であって、
前記第1カバー部材(前カバー606または後カバー603)および前記第2カバー部材(後カバー603または前カバー606)は、前記基板(ステージ枠飾り基板604)の周縁部(外周縁610a)における前記切欠部(切欠凹部609a〜609c)に対応する箇所に向けて突設される壁部(円筒状壁部626、626’)を備え、
前記締結手段は、前記第1カバー部材の壁部と前記第2カバー部材の壁部とが前記基板の周縁部における前記切欠部に対応する箇所を挟むように前記第1カバー部材と前記第2カバー部材とを締結する(図14(a)参照)
ことを特徴としている。
この特徴によれば、導電性の取付ネジと配線パターンとが壁部により遮断されるため、埃やごみ等により導通して静電気による高電圧が電子部品を破壊することを回避できる。
本発明の手段3の遊技機は、請求項1、手段1、手段2のいずれかに記載の遊技機であって、
前記電子部品は発光ダイオード(ステージ枠飾りLED62)であり、
前記第1カバー部材(後カバー603)における前記発光ダイオードとの対向位置に投光孔(投光孔629a〜629d)が形成されている
ことを特徴としている。
この特徴によれば、第1カバー部材により発光ダイオードからの光を遮ることなく出射させることができる。
本発明の手段4の遊技機は、手3に記載の遊技機であって、
前記投光孔(投光孔629a〜629d)の直径は、前記遊技用価値としての遊技球の直径(約11mm)よりも小さい
ことを特徴としている。
この特徴によれば、帯電した遊技球が投光孔を通して基板に接触することにより、静電気により電子部品が破損することが防止される。
パチンコ遊技機を示す正面図である。 パチンコ遊技機を示す背面図である。 主基板における回路構成の一例を示すブロック図である。 パチンコ遊技機を開放した状態を示す斜視図である。 遊技盤ユニットを示す分解斜視図である。 ステージ枠飾りを示す正面図である。 ステージ枠飾りの上部を右斜め前方から見た状態を示す分解斜視図である。 ステージ枠飾りの上部を右斜め後方から見た状態を示す斜視図である。 基板と後カバーとを示す分解斜視図である。 (a)はステージ枠飾り基板を示す正面図、(b)はステージ枠飾り基板を示す背面図である。 ベース枠体とステージ枠飾り基板および後カバーとの関係を示す図である。 ステージ枠飾り基板をベース枠体に組み付けた状態を示す背面図である。 (a)は図12のA−A断面図、(b)は図12のB−B断面図である。 (a)は図12のC−C断面図、(b)は図12のD−D断面図である。 ステージ枠飾りの上部を示す斜視図である。 ステージ枠飾りと演出装置との関係を示す遊技盤の縦断面図である。 (a)は本発明の変形例1としての基板カバーを示す斜視図であり、(b)は(a)のE−E断面図である。 (a)は本発明の変形例2としての基板カバーを示す斜視図であり、(b)は(a)のF−F断面図である。
本発明の実施例を図面に基づいて以下に説明する。
まず、遊技機の一例であるパチンコ遊技機1の全体の構成について説明する。図1は、パチンコ遊技機1を正面からみた正面図である。図2は、パチンコ遊技機を示す背面図である。図3は、主基板における回路構成の一例を示すブロック図である。図4は、パチンコ遊技機を開放した状態を示す斜視図である。図5は、遊技盤ユニットを示す分解斜視図である。
パチンコ遊技機1は、図1、図2及び図4に示すように、縦長の方形枠状に形成された外枠100と、外枠100に開閉可能に取り付けられた前面枠101と、で主に構成されている。前面枠101の前面には、ガラス扉枠102及び下扉枠103がそれぞれ左側辺を中心に開閉可能に設けられている。
下扉枠103の下部表面には打球供給皿(上皿)3がある。打球供給皿3の下部には、打球供給皿3に収容しきれない遊技球を貯留する余剰球受皿4や、打球を発射する打球操作ハンドル(操作ノブ)5が設けられている。また、ガラス扉枠102の背面には、遊技盤6が前面枠101に対して着脱可能に取り付けられている。
遊技盤6は、図4に示すように、遊技領域7が前面に形成された合成樹脂製の盤面板200と、所定の厚み幅寸法を有し、盤面板200を取り付ける取付面が前面に設けられたスペーサ部材250と、から構成されている。また、遊技盤6の背面側には、後述する導光板ユニット700や、演出表示装置9及び演出制御基板80等を含む変動表示制御ユニット49等の遊技に関連する遊技用部品が組み付けられる遊技用部品ユニット300が一体的に組み付けられており、これら遊技盤6と遊技用部品ユニット300とが一体的に組み付けられて遊技盤ユニット400が構成される。
図4に示すように、遊技盤ユニット400を前面枠101の前面に取り付けるには、遊技盤6の左端部を図中太矢印に示すように、前面枠101に形成された縦長長方形状の開口部115の左上下位置に設けられた係止凹部116a,116bに、遊技盤6の左端部を差し込んだ状態で、右端部を盤押え金具692,693で係止することにより取り付けられるようになっている。係止凹部116a,116bには後述する盤押えバネ690,691が設けられており、係止凹部116a,116bに係止された遊技盤6の前後のガタツキが防止されている。盤面板200が取り付けられた状態において、該遊技盤6の背面に設けられた遊技用部品ユニット300が開口部115を介して前面枠101の背面側に臨むようになっている。
遊技領域7の中央付近には、それぞれが演出用の飾り図柄(演出図柄)を可変表示する複数の可変表示部を含む演出表示装置(飾り図柄表示装置)9が設けられている。演出表示装置9には、例えば「左」、「中」、「右」の3つの可変表示部(図柄表示エリア)がある。演出表示装置9は、第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bによる特別図柄の可変表示期間中に、装飾用(演出用)の図柄としての演出図柄の可変表示を行う。演出図柄の可変表示を行う演出表示装置9は、演出制御基板80に搭載されている演出制御用マイクロコンピュータによって制御される。
遊技盤6における右側下部位置には、第1識別情報としての第1特別図柄を可変表示する第1特別図柄表示器(第1可変表示手段)8aが設けられている。この実施例では、第1特別図柄表示器8aは、0〜9の数字を可変表示可能な簡易で小型の表示器(例えば7セグメントLED)で実現されている。すなわち、第1特別図柄表示器8aは、0〜9の数字(または、記号)を可変表示するように構成されている。また、第1特別図柄表示器8aの上方位置には、第2識別情報としての第2特別図柄を可変表示する第2特別図柄表示器(第2可変表示手段)8bが設けられている。第2特別図柄表示器8bは、0〜9の数字を可変表示可能な簡易で小型の表示器(例えば7セグメントLED)で実現されている。すなわち、第2特別図柄表示器8bは、0〜9の数字(または、記号)を可変表示するように構成されている。
この実施例では、第1特別図柄の種類と第2特別図柄の種類とは同じ(例えば、ともに0〜9の数字)であるが、種類が異なっていてもよい。また、第1特別図柄表示器8aおよび第2特別図柄表示器8bは、それぞれ、例えば2つの7セグメントLED等を用いて00〜99の数字(または、2桁の記号)を可変表示するように構成されていてもよい。
以下、第1特別図柄と第2特別図柄とを特別図柄と総称することがあり、第1特別図柄表示器8aと第2特別図柄表示器8bとを特別図柄表示器と総称することがある。
第1特別図柄の可変表示は、可変表示の実行条件である第1始動条件が成立(例えば、遊技球が第1始動入賞口13aに入賞したこと)した後、可変表示の開始条件(例えば、保留記憶数が0でない場合であって、第1特別図柄の可変表示が実行されていない状態であり、かつ、大当り遊技が実行されていない状態)が成立したことにもとづいて開始され、可変表示時間(変動時間)が経過すると表示結果(停止図柄)を導出表示する。また、第2特別図柄の可変表示は、可変表示の実行条件である第2始動条件が成立(例えば、遊技球が第2始動入賞口13bに入賞したこと)した後、可変表示の開始条件(例えば、保留記憶数が0でない場合であって、第2特別図柄の可変表示が実行されていない状態であり、かつ、大当り遊技が実行されていない状態)が成立したことにもとづいて開始され、可変表示時間(変動時間)が経過すると表示結果(停止図柄)を導出表示する。なお、入賞とは、入賞口などのあらかじめ入賞領域として定められている領域に遊技球が入ったことである。また、表示結果を導出表示するとは、図柄(識別情報の例)を最終的に停止表示させることである。
演出表示装置9は、第1特別図柄表示器8aでの第1特別図柄の可変表示時間中、および第2特別図柄表示器8bでの第2特別図柄の可変表示時間中に、装飾用(演出用)の図柄としての演出図柄(飾り図柄ともいう)の可変表示を行う。第1特別図柄表示器8aにおける第1特別図柄の可変表示と、演出表示装置9における演出図柄の可変表示とは同期している。また、第2特別図柄表示器8bにおける第2特別図柄の可変表示と、演出表示装置9における演出図柄の可変表示とは同期している。同期とは、可変表示の開始時点および終了時点がほぼ同じ(全く同じでもよい。)であって、可変表示の期間がほぼ同じ(全く同じでもよい。)であることをいう。また、第1特別図柄表示器8aにおいて大当り図柄が停止表示されるときと、第2特別図柄表示器8bにおいて大当り図柄が停止表示されるときには、演出表示装置9において大当りを想起させるような演出図柄の組み合せが停止表示される。
演出表示装置9の下方には、第1始動入賞口13aを有する入賞装置が設けられている。第1始動入賞口13aに入賞した遊技球は、遊技盤6の背面に導かれ、第1始動口スイッチ14a(例えば、近接スイッチ)及び第1入賞確認スイッチ14b(例えば、フォトセンサ)によって検出される。
また、第1始動入賞口(第1始動口)13aを有する入賞装置の下側には、遊技球が入賞可能な第2始動入賞口13bを有する可変入賞球装置15が設けられている。第2始動入賞口(第2始動口)13bに入賞した遊技球は、遊技盤6の背面に導かれ、第2始動口スイッチ15a(例えば、近接スイッチ)及び第2入賞確認スイッチ15b(例えば、フォトセンサ)によって検出される。可変入賞球装置15は、ソレノイド16によって開状態とされる。可変入賞球装置15が開状態になることによって、遊技球が第2始動入賞口13bに入賞可能になり(始動入賞し易くなり)、遊技者にとって有利な状態になる。可変入賞球装置15が開状態になっている状態では、第1始動入賞口13aよりも、第2始動入賞口13bに遊技球が入賞しやすい。また、可変入賞球装置15が閉状態になっている状態では、遊技球は第2始動入賞口13bに入賞しない。なお、可変入賞球装置15が閉状態になっている状態において、入賞はしづらいものの、入賞することは可能である(すなわち、遊技球が入賞しにくい)ように構成されていてもよい。
また、第1始動口スイッチ14aと第1入賞確認スイッチ14bの検出結果及び第2始動口スイッチ15aと第2入賞確認スイッチ15bの検出結果にもとづいて異常入賞の発生の有無が判定され、異常入賞の発生を検出したことにもとづいてセキュリティ信号が外部出力される。
以下、第1始動入賞口13aと第2始動入賞口13bとを総称して始動入賞口または始動口ということがある。
可変入賞球装置15が開放状態に制御されているときには可変入賞球装置15に向かう遊技球は第2始動入賞口13bに極めて入賞しやすい。そして、第1始動入賞口13aは演出表示装置9の直下に設けられているが、演出表示装置9の下端と第1始動入賞口13aとの間の間隔をさらに狭めたり、第1始動入賞口13aの周辺で釘を密に配置したり、第1始動入賞口13aの周辺での釘配列を、遊技球を第1始動入賞口13aに導きづらくして、第2始動入賞口13bの入賞率の方を第1始動入賞口13aの入賞率よりもより高くするようにしてもよい。
第2特別図柄表示器8bの上部には、第1始動入賞口13aに入った有効入賞球数すなわち第1保留記憶数(保留記憶を、始動記憶または始動入賞記憶ともいう。)を表示する第1特別図柄保留記憶表示部と、該第1特別図柄保留記憶表示部とは別個に設けられ、第2始動入賞口13bに入った有効入賞球数すなわち第2保留記憶数を表示する第2特別図柄保留記憶表示部と、が設けられた例えば7セグメントLEDからなる特別図柄保留記憶表示器18が設けられている。第1特別図柄保留記憶表示部は、第1保留記憶数を入賞順に4個まで表示し、有効始動入賞がある毎に、点灯する表示器の数を1増やす。そして、第1特別図柄表示器8aでの可変表示が開始される毎に、点灯する表示器の数を1減らす。また、第2特別図柄保留記憶表示部は、第2保留記憶数を入賞順に4個まで表示し、有効始動入賞がある毎に、点灯する表示器の数を1増やす。そして、第2特別図柄表示器8bでの可変表示が開始される毎に、点灯する表示器の数を1減らす。なお、この例では、第1始動入賞口13aへの入賞による始動記憶数及び第2始動入賞口13bへの入賞による始動記憶数に上限数(4個まで)が設けられているが、上限数を4個以上にしてもよい。
また、演出表示装置9の表示画面には、第1保留記憶数を表示する第1保留記憶表示部(図示略)と、第2保留記憶数を表示する第2保留記憶表示部(図示略)とが設けられている。なお、第1保留記憶数と第2保留記憶数との合計である合計数(合算保留記憶数)を表示する領域(合算保留記憶表示部)が設けられるようにしてもよい。そのように、合計数を表示する合算保留記憶表示部が設けられているようにすれば、可変表示の開始条件が成立していない実行条件の成立数の合計を把握しやすくすることができる。
なお、この実施例では、図1に示すように、第2始動入賞口13bに対してのみ開閉動作を行う可変入賞球装置15が設けられているが、第1始動入賞口13aおよび第2始動入賞口13bのいずれについても開閉動作を行う可変入賞球装置が設けられている構成であってもよい。
また、図1に示すように、可変入賞球装置15の下方には、特別可変入賞球装置20が設けられている。特別可変入賞球装置20は大入賞口扉を備え、第1特別図柄表示器8aに特定表示結果(大当り図柄)が導出表示されたとき、および第2特別図柄表示器8bに特定表示結果(大当り図柄)が導出表示されたときに生起する特定遊技状態(大当り遊技状態)においてソレノイド21によって大入賞口扉が開放状態に制御されることによって、入賞領域となる大入賞口が開放状態になる。大入賞口に入賞した遊技球はカウントスイッチ23(例えば、近接スイッチ)及び第3入賞確認スイッチ23a(例えば、フォトセンサ)で検出される。
カウントスイッチ23によって遊技球が検出されたことに基づき、所定個数(例えば15個)の遊技球が賞球として払い出される。こうして、特別可変入賞球装置20において開放状態となった大入賞口を遊技球が通過(進入)したときには、例えば第1始動入賞口13aや第2始動入賞口13bといった、他の入賞口を遊技球が通過(進入)したときよりも多くの賞球が払い出される。したがって、特別可変入賞球装置20において大入賞口が開放状態となれば、遊技者にとって有利な第1状態となる。その一方で、特別可変入賞球装置20において大入賞口が閉鎖状態となれば、大入賞口に遊技球を通過(進入)させて賞球を得ることができないため、遊技者にとって不利な第2状態となる。
第1特別図柄表示器8aの右側には、普通図柄表示器10が設けられている。普通図柄表示器10は、例えば2つのランプからなる。遊技球がゲート32を通過しゲートスイッチ32aで検出されると、普通図柄表示器10の表示の可変表示が開始される。この実施例では、上下のランプ(点灯時に図柄が視認可能になる)が交互に点灯することによって可変表示が行われ、例えば、可変表示の終了時に下側のランプが点灯すれば当りとなる。そして、普通図柄表示器10の下側のランプが点灯して当りである場合に、可変入賞球装置15が所定回数、所定時間だけ開状態になる。すなわち、可変入賞球装置15の状態は、下側のランプが点灯して当りである場合に、遊技者にとって不利な状態から有利な状態(第2始動入賞口13bに遊技球が入賞可能な状態)に変化する。特別図柄保留記憶表示器18の上部には、ゲート32を通過した入賞球数を表示する4つの表示部(例えば、7セグメントLEDのうち4つのセグメント)を有する普通図柄保留記憶表示器41が設けられている。ゲート32への遊技球の通過がある毎に、すなわちゲートスイッチ32aによって遊技球が検出される毎に、普通図柄保留記憶表示器41は点灯する表示部を1増やす。そして、普通図柄表示器10の可変表示が開始される毎に、点灯する表示部を1減らす。
なお、7セグメントLEDからなる普通図柄保留記憶表示器41には、ゲート32を通過した入賞球数を表示する4つの表示部(セグメント)とともに、例えば大当り時における特別可変入賞球装置20の開放回数(大当りラウンド数)を示す2つの表示部(セグメント)、及び遊技状態を示す2つの表示部(セグメント)が設けられているが、これら表示部を普通図柄保留記憶表示部とは別個の表示器にて構成してもよい。また、普通図柄表示器10は、普通図柄と呼ばれる複数種類の識別情報(例えば、「○」および「×」)を可変表示可能なセグメントLED等にて構成してもよい。
特別可変入賞球装置20の周辺には普通入賞装置の入賞口29a〜29dが設けられ、入賞口29a,29cに入賞した遊技球は入賞口スイッチ30aによって検出され、入賞口29b,29dに入賞した遊技球は入賞口スイッチ30bによって検出される。各入賞口29a〜29dは、遊技球を受け入れて入賞を許容する領域として遊技盤6に設けられる入賞領域を構成している。なお、第1始動入賞口13a、第2始動入賞口13bや大入賞口も、遊技球を受け入れて入賞を許容する入賞領域を構成する。
第1始動入賞口13a内には、始動入賞口内に入賞した遊技球を検出可能な2つのスイッチ(第1始動口スイッチ14aと第1入賞確認スイッチ14b)が設けられている。この実施例では、第1始動入賞口13a内で、第1始動口スイッチ14aと第1入賞確認スイッチ14bとが上下に配置されている(本例では、第1始動口スイッチ14aが上側に配置され、第1入賞確認スイッチ14bが下側に配置されている)。従って、この実施例では、第1始動入賞口13a内に入賞した遊技球は、遊技盤6の背面に導かれ、まず第1始動口スイッチ14aで検出され、次いで第1入賞確認スイッチ14bで検出される。
また、第2始動入賞口13b内には、始動入賞口内に入賞した遊技球を検出可能な2つのスイッチ(第2始動口スイッチ15aと第2入賞確認スイッチ15b)が設けられている。この実施例では、第2始動入賞口13b内で、第2始動口スイッチ15aと第2入賞確認スイッチ15bとが上下に配置されている(本例では、第2始動口スイッチ15aが上側に配置され、第2入賞確認スイッチ15bが下側に配置されている)。従って、この実施例では、第2始動入賞口13b内に入賞した遊技球は、遊技盤6の背面に導かれ、まず第2始動口スイッチ15aで検出され、次いで第2入賞確認スイッチ15bで検出される。
また、大入賞口内には、大入賞口内に入賞した遊技球を検出可能な2つのスイッチ(カウントスイッチ23と第3入賞確認スイッチ23a)が設けられている。この実施例では、大入賞口内で、カウントスイッチ23と第3入賞確認スイッチ23aとが配置されている(本例では、カウントスイッチ23が上側に配置され、第3入賞確認スイッチ23aが下側に配置されている)。従って、この実施例では、大入賞口内に入賞した遊技球は、遊技盤6の背面に導かれ、まずカウントスイッチ23で検出され、次いで第3入賞確認スイッチ23aで検出される。
また、第1始動口スイッチ14aと第1入賞確認スイッチ14b、第2始動口スイッチ15aと第2入賞確認スイッチ15b、カウントスイッチ23と第3入賞確認スイッチ23aとして、それぞれ異なる検出方式のスイッチが用いられる。この実施例では、第1始動口スイッチ14a、第2始動口スイッチ15aおよびカウントスイッチ23として近接スイッチを用い、第1入賞確認スイッチ14b、第2入賞確認スイッチ15b、第3入賞確認スイッチ23aとしてフォトセンサを用いている。
また、第1始動口スイッチ14aによって遊技球が検出されたことにもとづいて、第1特別図柄の変動表示が開始され、賞球払出が実行される。また、第2始動口スイッチ15aによって遊技球が検出されたことにもとづいて、第2特別図柄の変動表示が開始され、賞球払出が実行される。また、カウントスイッチ23によって遊技球が検出されたことにもとづいて、賞球払出が実行される。また、第1始動口スイッチ14aによる検出結果に加えて第1入賞確認スイッチ14bの検出結果にもとづいて異常入賞の発生の有無が判定され、異常入賞の発生を検出したことにもとづいてセキュリティ信号が外部出力される。また、第2始動口スイッチ15aによる検出結果に加えて第2入賞確認スイッチ15bの検出結果にもとづいて異常入賞の発生の有無が判定され、異常入賞の発生を検出したことにもとづいてセキュリティ信号が外部出力される。また、カウントスイッチ23による検出結果に加えて第3入賞確認スイッチ23aの検出結果にもとづいて異常入賞の発生の有無が判定され、異常入賞の発生を検出したことにもとづいてセキュリティ信号が外部出力される。従って、第1入賞確認スイッチ14b、第2入賞確認スイッチ15b、第3入賞確認スイッチ23aは、異常入賞の判定のみに用いられる。
このように、第1始動口スイッチ14a、第2始動口スイッチ15a、カウントスイッチ23は近接スイッチを用いて構成し、第1〜第3入賞確認スイッチ14b,15b,23aはフォトセンサを用いているが、第1始動口スイッチ14aと第1入賞確認スイッチ14b、第2始動口スイッチ15aと第2入賞確認スイッチ15b、カウントスイッチ23と第3入賞確認スイッチ23aの検出方式はこの実施例で示したものにかぎらず、例えば、第1,2始動口スイッチ14a,15a及びカウントスイッチ23と、第1〜3入賞確認スイッチ14b,15b,23aとで異なる検出方式であれば、逆に第1,2始動口スイッチ14a,15a及びカウントスイッチ23としてフォトセンサを用い、第1〜3入賞確認スイッチ14b,15b,23aとして近接スイッチを用いてもよい。この場合、フォトセンサである第1,2始動口スイッチ14a,15a及びカウントスイッチ23の検出結果にもとづいて特別図柄の変動表示や賞球払出処理が実行され、近接スイッチである第1〜3入賞確認スイッチ14b,15b,23aの検出結果は、第1始動入賞口13a、第2始動入賞口13b、大入賞口の異常入賞の判定のみに用いられることになる。また、例えば、電磁式のスイッチである近接スイッチや光学式のフォトセンサに代えて、第1,2始動口スイッチ14a,15a及びカウントスイッチ23または第1〜3入賞確認スイッチ14b,15b,23aとして、機械式のスイッチ(マイクロスイッチなど)を用いてもよい。
また、この実施例では、特別図柄の変動表示や賞球払出処理の実行の契機となる第1,2始動口スイッチ14a,15a、カウントスイッチ23は、異常入賞の判定に用いられる第1〜3入賞確認スイッチ14b,15b,23aよりも上流側に設けられていたが、異常入賞の判定に用いられるスイッチの下流側に設けてもよい。
そして遊技制御用マイクロコンピュータ1560は、第1始動口スイッチ14a(近接スイッチ)から入力した検出信号と第1入賞確認スイッチ14b(フォトセンサ)から入力した検出信号とにもとづいて、第1始動口スイッチ14aにて検出された遊技球数と第1入賞確認スイッチ14bにて検出された遊技球数との差が所定の閾値を超えた(本例では、15以上となった)と判定すると、所定のエラーとして、第1始動入賞口13aへの異常入賞が発生したと判定する。また、第2始動口スイッチ15a(近接スイッチ)から入力した検出信号と第2入賞確認スイッチ15b(フォトセンサ)から入力した検出信号とにもとづいて、第2始動口スイッチ15aにて検出された遊技球数と第2入賞確認スイッチ15bにて検出された遊技球数との差が所定の閾値を超えた(本例では、15以上となった)と判定すると、所定のエラーとして、第2始動入賞口13bへの異常入賞が発生したと判定する。また、カウントスイッチ23(近接スイッチ)から入力した検出信号と第3入賞確認スイッチ23a(フォトセンサ)から入力した検出信号とにもとづいて、カウントスイッチ23にて検出された遊技球数と第3入賞確認スイッチ23aにて検出された遊技球数との差が所定の閾値を超えた(本例では、5以上となった)と判定すると、所定のエラーとして、大入賞口への異常入賞が発生したと判定する。
このように、第1始動口スイッチ14aと第1入賞確認スイッチ14b、第2始動口スイッチ15aと第2入賞確認スイッチ15b、カウントスイッチ23と第3入賞確認スイッチ23aと、を互いに異なる検出方式のセンサ(本例では、近接スイッチとフォトセンサ)により構成していることで、例えば電磁波などを用いて第1始動入賞口13a、第2始動入賞口13b、大入賞口への入賞数が実際の入賞数よりも多くなるように認識させるような不正行為が行われた場合に、近接スイッチにて検出された遊技球数とフォトスイッチにて検出された遊技球数とに差が生じ、遊技制御用マイクロコンピュータ1560はこの差球数が所定の閾値を超えた場合に異常入賞が発生したと判定するため、確実な不正行為対策を講ずることができる。
遊技領域7には、遊技状態に応じて発光する複数の装飾LED25aを有する装飾部材25L,25Rが設けられ、下部には、入賞しなかった遊技球を回収するアウト口26がある。
遊技領域7の左右周辺には、遊技中に点滅表示される装飾LED25aを有する装飾部材25L,25Rが設けられ、下部には、入賞しなかった遊技球を回収するアウト口26がある。ステージ枠飾り11の内側上部には、演出表示装置9の上方の上昇位置と演出表示装置9の前面に重畳する下降位置と、の間で昇降可能に設けられた可動部800を有する演出装置500が設けられている。また、演出表示装置9は、表示画面の周囲を装飾するステージ枠飾り11により囲まれており、このステージ枠飾り11の上部には、後述するステージ枠飾りLED61,62により発光する発光装飾部605(図6参照)が形成されている。
遊技領域7の外側の左右上下部には、効果音を発する4つのスピーカ27が設けられている。遊技領域7の外周には、天枠LED28a、左枠LED28bおよび右枠LED28cが設けられている。天枠LED28a、左枠LED28bおよび右枠LED28cおよび装飾LED25aは、遊技機に設けられている装飾発光体の一例である。
図1および図2では、図示を省略しているが、左枠LED28bの近傍に、賞球払出中に点灯する賞球ランプが設けられ、天枠LED28aの近傍に、補給球が切れたときに点灯する球切れランプが設けられている。なお、賞球ランプおよび球切れランプは、賞球の払出中である場合や球切れが検出された場合に、演出制御基板に搭載された演出制御用マイクロコンピュータによって点灯制御される。さらに、特に図示はしないが、プリペイドカードが挿入されることによって球貸しを可能にするプリペイドカードユニット(以下、「カードユニット」という。)50が、パチンコ遊技機1に隣接して設置されている。
遊技者の操作により打球発射装置から発射された遊技球は、打球レールを通って遊技領域7に入り、その後、遊技領域7を下りてくる。遊技球が第1始動入賞口13aに入り第1始動口スイッチ14aで検出されると、第1特別図柄の可変表示を開始できる状態であれば(例えば、特別図柄の可変表示が終了し、第1の開始条件が成立したこと)、第1特別図柄表示器8aにおいて第1特別図柄の可変表示(変動)が開始されるとともに、演出表示装置9において演出図柄(飾り図柄)の可変表示が開始される。すなわち、第1特別図柄および演出図柄の可変表示は、第1始動入賞口13aへの入賞に対応する。第1特別図柄の可変表示を開始できる状態でなければ、第1保留記憶数が上限値に達していないことを条件として、第1保留記憶数を1増やす。
遊技球が第2始動入賞口13bに入り第2始動口スイッチ15aで検出されると、第2特別図柄の可変表示を開始できる状態であれば(例えば、特別図柄の可変表示が終了し、第2の開始条件が成立したこと)、第2特別図柄表示器8bにおいて第2特別図柄の可変表示(変動)が開始されるとともに、演出表示装置9において演出図柄(飾り図柄)の可変表示が開始される。すなわち、第2特別図柄および演出図柄の可変表示は、第2始動入賞口13bへの入賞に対応する。第2特別図柄の可変表示を開始できる状態でなければ、第2保留記憶数が上限値に達していないことを条件として、第2保留記憶数を1増やす。
第1特別図柄表示器8aにおける第1特別図柄の可変表示及び第2特別図柄表示器8bにおける第2特別図柄の可変表示は、一定時間が経過したときに停止する。停止時の特別図柄(停止図柄)が大当り図柄(特定表示結果)であると「大当り」となり、停止時の特別図柄(停止図柄)が大当り図柄とは異なる所定の小当り図柄(所定表示結果)であると「小当り」となり、停止時の特別図柄(停止図柄)が大当り図柄及び小当り図柄とは異なる特別図柄が停止表示されれば「ハズレ」となる。
特図ゲームでの可変表示結果が「大当り」になった後には、遊技者にとって有利なラウンド(「ラウンド遊技」ともいう)を所定回数実行する特定遊技状態としての大当り遊技状態に制御される。また、特図ゲームでの可変表示結果が「小当り」になった後には、大当り遊技状態とは異なる小当り遊技状態に制御される。
この実施例では、特図ゲームにおける確定特別図柄が「非確変」または「確変A」に対応する大当り図柄が停止表示された場合には、多ラウンド特定遊技状態としての第1大当り状態(15ラウンド大当り状態)に移行する。大当り遊技状態(通常15ラウンド大当り状態)では、特別可変入賞球装置20の大入賞口扉が、第1期間となる所定期間(例えば29.5秒間)あるいは所定個数(例えば8個)の入賞球が発生するまでの期間にて大入賞口を開放状態とすることにより、特別可変入賞球装置20を遊技者にとって有利な第1状態(開放状態)に変化させるラウンドが実行される。こうしてラウンドの実行中に大入賞口を開放状態とした大入賞口扉は、遊技盤6の表面を落下する遊技球を受け止め、その後に大入賞口を閉鎖状態とすることにより、特別可変入賞球装置20を遊技者にとって不利な第2状態(閉鎖状態)に変化させて、1回のラウンドを終了させる。15ラウンド大当り状態では、大入賞口の開放サイクルであるラウンドの実行回数が、第1ラウンド数(例えば「15」)となる。ラウンドの実行回数が「15」となる15ラウンド大当り状態における遊技は、15回開放遊技とも称される。このような15ラウンド大当り状態では、大入賞口に遊技球が入賞するたびに15個の出玉(賞球)が得られる。なお、15ラウンド大当り状態は、第1特定遊技状態ともいう。
特図ゲームにおける確定特別図柄として「確変B」に対応する大当り図柄が停止表示された場合には、多ラウンド特定遊技状態としての第2大当り状態(高速15ラウンド大当り状態)に移行する。第2大当り状態では、特別可変入賞球装置20の大入賞口扉が、第1大当り状態における第1期間よりも短い第2期間(例えば0.5秒間)あるいは所定個数(例えば3個)の入賞球が発生するまでの期間にて大入賞口を開放状態とすることにより、特別可変入賞球装置20を遊技者にとって有利な第1状態(開放状態)に変化させるラウンドが実行される。こうしてラウンドの実行中に大入賞口を開放状態とした大入賞口扉は、遊技盤6の表面を落下する遊技球を受け止め、その後に大入賞口を閉鎖状態とすることにより、特別可変入賞球装置20を遊技者にとって不利な第2状態(閉鎖状態)に変化させて、1回のラウンドを終了させる。第2大当り状態では、大入賞口の開放サイクルであるラウンドの実行回数が、第2ラウンド数(例えば「15」)となる。
このような第2大当り状態では、大入賞口に遊技球が入賞すれば15個の出玉(賞球)が得られるが、大入賞口の開放期間が第2期間(0.5秒間)であって、非常に短い。そのため、第2大当り状態は実質的には出玉(賞球)が得られない大当り遊技状態である。なお、第2大当り状態は第2特定遊技状態ともいう。また、第2大当り状態は、第1大当り状態に比べてラウンドの実行回数が少ないものであってもよい。すなわち、第2大当り状態は、各ラウンドで大入賞口を開放状態に変化させる期間が第1大当り状態における第1期間よりも短い第2期間となることと、ラウンドの実行回数が第1大当り状態における第1ラウンド数よりも少ない第2ラウンド数となることのうち、少なくともいずれか一方となるものであってもよい。
また、「非確変」に対応する大当り図柄が特図ゲームにおける確定特別図柄として停止表示されたことに基づき第1大当り状態が終了した後には、特別遊技状態の1つとして、通常状態に比べて特図ゲームにおける特別図柄の可変表示時間(特図変動時間)が短縮される時間短縮制御(時短制御)が行われる時短状態に制御される。ここで、通常状態とは、大当り遊技状態等の特定遊技状態や確変状態及び時短状態とは異なる遊技状態としての通常遊技状態であり、パチンコ遊技機1の初期設定状態(例えばシステムリセットが行われた場合のように、電源投入後に初期化処理を実行した状態)と同一の制御が行われる。時短状態は、所定回数(例えば100回)の特図ゲームが実行されることと、可変表示結果が「大当り」となることのうち、いずれかの条件が先に成立したときに、終了すればよい。このように「非確変」に対応する大当り図柄特別図柄のように、特図ゲームにおける確定特別図柄として停止表示されたことに基づく第1大当り状態が終了した後に時短状態に制御される大当り図柄は、非確変大当り図柄(「通常大当り図柄」ともいう)と称される。また、大当り図柄のうち非確変大当り図柄が停止表示されて可変表示結果が「大当り」となることは、「非確変大当り」(「通常大当り」ともいう)と称される。
「確変A」に対応する大当り図柄が特図ゲームにおける確定特別図柄として停止表示されたことに基づき第1大当り状態が終了した後や、確変状態において「確変B」に対応する大当り図柄が特図ゲームにおける確定特別図柄として停止表示されたことに基づき第2大当り状態が終了した後には、時短状態とは異なる特別遊技状態の1つとして、例えば通常状態に比べて特図変動時間が短縮される時短制御とともに、継続して確率変動制御(確変制御)が行われる確変状態(高確率状態)に制御される。この確変状態では、各特図ゲームや飾り図柄の可変表示において、可変表示結果が「大当り」となって更に大当り遊技状態に制御される確率が、通常状態や時短状態よりも高くなるように向上する。このような確変状態は、特図ゲームの実行回数にかかわりなく、次に可変表示結果が「大当り」となるまで継続する。
こうした「確変A」に対応する大当り図柄のように、特図ゲームにおける確定特別図柄として停止表示されたことに基づく第1大当り状態が終了した後に確変状態に制御される大当り図柄は、確変大当り図柄と称される。また、「確変B」に対応する大当り図柄のように、特図ゲームにおける確定特別図柄として停止表示されたことに基づく大当り遊技状態が終了した後に確変状態に制御される大当り図柄は、突確大当り図柄と称される。また、大当り図柄のうち確変大当り図柄が停止表示されて可変表示結果が「大当り」となることは、「確変大当り」と称される。突確大当り図柄が停止表示されて可変表示結果が「大当り」となることは、「突確大当り」(「突確大当り」ともいう)と称される。なお、これら大当り図柄は任意であり、例えば、遊技者に大当り図柄であることや、大当り種別を認識されないようにするために、大当り図柄を数字とせずに予め定められた記号等にしてもよい。
「小当り」に対応する特別図柄が特図ゲームにおける確定特別図柄として停止表示された後には、小当り遊技状態に制御される。この小当り遊技状態では、第2大当り状態と同様に特別可変入賞球装置20において大入賞口を遊技者にとって有利な第1状態(開放状態)に変化させる可変入賞動作が行われる。すなわち、小当り遊技状態では、例えば特別可変入賞球装置20を第2期間にわたり第1状態(開放状態)とする動作が、第2回数{第2ラウンド数に等しい実行回数(本例では、15回)}に達するまで繰り返し実行される。なお、小当り遊技状態では、第2大当り状態と同様に、特別可変入賞球装置20を第1状態とする期間が第2期間となることと、第1状態とする動作の実行回数が第2回数となることのうち、少なくともいずれか一方が行われるように制御されればよい。小当り遊技状態が終了した後には、遊技状態の変更が行われず、可変表示結果が「小当り」となる以前の遊技状態に継続して制御されることになる。ただし、可変表示結果が「小当り」となる特図ゲームが実行されたときに、特別遊技状態における特図ゲームの実行回数が所定回数に達していれば、小当り遊技状態の終了後には、特別遊技状態が終了して通常状態となることがある。可変入賞動作により特別可変入賞球装置20を第1状態とする回数が「15」である小当り遊技状態における遊技は、第2大当り状態における遊技と同様に、15回開放遊技とも称される。なお、第2大当り状態における各ラウンドで特別可変入賞球装置20とは別個に設けられた入賞球装置を第1状態に変化させる場合には、小当り遊技状態でも、第2大当り状態と同様の態様で、その入賞球装置を第1状態に変化させるようにすればよい。
確変状態や時短状態では、普通図柄表示器10による普図ゲームにおける普通図柄の変動時間(普図変動時間)を通常状態のときよりも短くする制御や、各回の普図ゲームで普通図柄の可変表示結果が「普図当り」となる確率を通常状態のときよりも向上させる制御、可変表示結果が「普図当り」となったことに基づく可変入賞球装置15における可動翼片の傾動制御を行う傾動制御時間を通常状態のときよりも長くする制御、その傾動回数を通常状態のときよりも増加させる制御といった、遊技球が第2始動入賞口13bを通過(進入)しやすくして第2始動条件が成立する可能性を高めることで遊技者にとって有利となる制御が行われる。なお、確変状態や時短状態では、これらの制御のいずれか1つが行われるようにしてもよいし、複数の制御が組み合せられて行われるようにしてもよい。このように、確変状態や時短状態において第2始動入賞口13bに遊技球が進入しやすくして遊技者にとって有利となる制御は、高開放制御ともいう。高開放制御が行われることにより、第2始動入賞口13bは、高開放制御が行われていないときよりも拡大開放状態となる頻度が高められる。これにより、第2特別図柄表示器8bにおける第2特図を用いた特図ゲームを実行するための第2始動条件が成立しやすくなり、特図ゲームが頻繁に実行可能となることで、次に可変表示結果が「大当り」となるまでの時間が短縮される。したがって、確変状態や時短状態では、通常状態に比べて大当り遊技状態となりやすくなる。高開放制御が実行可能となる期間は、高開放制御期間ともいい、この期間は、パチンコ遊技機1における遊技状態が確変状態と時短状態のいずれかに制御されている期間と同一であればよい。また、高開放制御期間であるときには、遊技状態が高ベース中であるともいう。これに対して、高開放制御期間でないときには、遊技状態が低ベース中であるともいう。この実施例における時短状態は、低確高ベース状態とも称される遊技状態であり、通常状態は、低確低ベース状態とも称される遊技状態であり、高開放制御期間ではない確変状態である潜伏確変状態は高確低ベース状態とも称される遊技状態である。
また、この実施例では、通常状態において「確変B」に対応する「突確大当り」となったことに基づく第2大当り状態の終了後には、確変制御のみが行われて時短制御や高開放制御が行われない第2確変制御(潜伏確変状態)へ移行する。また、確変状態において「突確大当り」となったことに基づく第2大当り状態の終了後には、確変制御とともに時短制御や高開放制御が行われる第1確変状態へ移行する。
このように確変状態のうちには、確変制御とともに時短制御や高開放制御が行われるものの他に、確変制御のみが行われて時短制御や高開放制御が行われないもの(潜伏確変)が含まれていてもよい。また、例えば、特図ゲームにける可変表示結果が「確変大当り」となったことに基づく第1大当り状態の終了後には、確変制御とともに時短制御や高開放制御が行われる第1確変状態(高確高ベース状態ともいう)に制御され、その後、特図表示結果が「大当り」となることなく、特図ゲームの実行回数が所定回数(例えば70回)に達したときには、確変制御は継続して行われるものの、時短制御や高開放制御が終了して行われなくなる第2確変状態(高確低ベース状態ともいう)に制御されるようにしてもよい。
また、この実施例では、確変状態であるときに特図ゲームにおける可変表示結果が「突確大当り」となったことに基づく第2大当り状態の終了後には第2確変状態(潜伏確変状態)へと移行するようになっていたが、確変状態だけでなく、時短状態であるときに特図ゲームにおける可変表示結果が「突確大当り」となったことに基づく第2大当り状態の終了後にも第1確変状態へと移行するようにしてもよい。あるいは、「確変大当り」に基づく第1大当り状態の終了後には、再び特図表示結果が「大当り」となるまで第1確変状態に制御される一方、「突確大当り」に基づく第2大当り状態の終了後には、第1確変状態に移行して、特図表示結果が「大当り」となることなく特図ゲームの実行回数が所定回数に達したときに第2確変状態へと移行するようにしてもよい。時短制御と高開放制御は、それらの開始と終了が同時に(連動して)行われる一方で、確変制御の開始と終了は、時短制御や高開放制御の開始や終了と必ずしも連動するものでなくてもよい。
演出表示装置9に設けられた「左」、「中」、「右」の飾り図柄表示エリアでは、第1特別図柄表示器8aにおける第1特図を用いた特図ゲームと、第2特別図柄表示器8bにおける第2特図を用いた特図ゲームとのうち、いずれかの特図ゲームが開始されることに対応して、飾り図柄の可変表示(変動表示)が開始される。そして、飾り図柄の可変表示が開始されてから「左」、「中」、「右」の各飾り図柄表示エリアにおける確定飾り図柄の停止表示により可変表示が終了するまでの期間では、飾り図柄の可変表示状態が所定のリーチ状態となることがある。ここで、リーチ状態とは、演出表示装置9の表示領域にて仮停止表示された飾り図柄が大当り組み合せの一部を構成しているときに未だ仮停止表示もされていない飾り図柄(「リーチ変動図柄」ともいう)については変動が継続している表示状態、あるいは、全部又は一部の飾り図柄が大当り組み合せの全部又は一部を構成しながら同期して変動している表示状態のことである。具体的には、「左」、「中」、「右」の飾り図柄表示エリアにおける一部(例えば「左」及び「右」の飾り図柄表示エリアなど)では予め定められた大当り組み合せを構成する飾り図柄(例えば「7」の英数字を示す飾り図柄)が仮停止表示されているときに未だ仮停止表示もしていない残りの飾り図柄表示エリア(例えば「中」の飾り図柄表示エリアなど)では飾り図柄が変動している表示状態、あるいは、「左」、「中」、「右」の飾り図柄表示エリアにおける全部又は一部で飾り図柄が大当り組み合せの全部又は一部を構成しながら同期して変動している表示状態である。
次に、パチンコ遊技機1の背面の構造について図2を参照して説明する。図2は、遊技機を背面から見た背面図である。図2に示すように、パチンコ遊技機1の背面側では、演出表示装置9を制御する演出制御用マイクロコンピュータが搭載された演出制御基板80を含む変動表示制御ユニット49、遊技制御用マイクロコンピュータ等が搭載された遊技制御基板(主基板)31、音声制御基板70、ランプドライバ基板35、および球払出制御を行なう払出制御用マイクロコンピュータ等が搭載された払出制御基板37等の各種基板が設置されている。なお、遊技制御基板31は基板収納ケース1800に収納されている。
さらに、パチンコ遊技機1背面側には、DC30V、DC21V、DC12VおよびDC5V等の各種電源電圧を作成する電源回路が搭載された電源基板990やタッチセンサ基板(図示略)が設けられている。電源基板990には、パチンコ遊技機1における遊技制御基板31および各電気部品制御基板(演出制御基板80および払出制御基板37)やパチンコ遊技機1に設けられている各電気部品(電力が供給されることによって動作する部品)への電力供給を実行あるいは遮断するための電力供給許可手段としての電源スイッチ、遊技制御基板31の遊技制御用マイクロコンピュータ1560のRAM55をクリアするためのクリアスイッチが設けられている。さらに、電源スイッチの内側(基板内部側)には、交換可能なヒューズが設けられている。
なお、この実施例では、主基板31は遊技盤側に設けられ、払出制御基板37は遊技枠側に設けられている。このような構成であっても、後述するように、主基板31と払出制御基板37との間の通信をシリアル通信で行うことによって、遊技盤を交換する際の配線の取り回しを容易にしている。
なお、各制御基板には、制御用マイクロコンピュータを含む制御手段が搭載されている。制御手段は、遊技制御手段等からのコマンドとしての指令信号(制御信号)に従って遊技機に設けられている電気部品(遊技用装置:球払出装置97、演出表示装置9、ランプやLEDなどの発光体、スピーカ27等)を制御する。以下、主基板31を制御基板に含めて説明を行うことがある。その場合には、制御基板に搭載される制御手段は、遊技制御手段と、遊技制御手段等からの指令信号に従って遊技機に設けられている電気部品を制御する手段とのそれぞれを指す。また、主基板31以外のマイクロコンピュータが搭載された基板をサブ基板ということがある。なお、球払出装置97は、遊技球を誘導する通路とステッピングモータ等により駆動されるスプロケット等によって誘導された遊技球を上皿や下皿に払い出すための装置であって、払い出された賞球や貸し球をカウントする払出個数カウントスイッチ等もユニットの一部として構成されている。なお、この実施例では、払出検出手段は、払出個数カウントスイッチによって実現され、球払出装置97から実際に賞球や貸し球が払い出されたことを検出する機能を備える。この場合、払出個数カウントスイッチは、賞球や貸し球の払い出しを1球検出するごとに検出信号を出力する。
パチンコ遊技機1の背面には、各種情報をパチンコ遊技機1の外部に出力するための各端子を備えたターミナル基板160が設置されている。ターミナル基板160には、例えば、大当り遊技状態の発生を示す大当り情報等の情報出力信号(始動口信号、図柄確定回数1信号、大当り1信号、大当り2信号、大当り3信号、時短信号、セキュリティ信号、賞球信号1、遊技機エラー状態信号)を外部出力するための情報出力端子が設けられている。なお、遊技機エラー状態信号に関しては必ずしもパチンコ遊技機1の外部に出力しなくてもよく、該情報出力端子から、この遊技機エラー状態信号の替わりに遊技枠が開放状態であることを示すドア開放信号等を出力するようにしてもよい。
貯留タンク38に貯留された遊技球は誘導レールを通り、カーブ樋を経て払出ケース40Aで覆われた球払出装置97に至る。球払出装置97の上方には、遊技媒体切れ検出手段としての球切れスイッチ187が設けられている。球切れスイッチ187が球切れを検出すると、球払出装置97の払出動作が停止する。球切れスイッチ187が遊技球の不足を検知すると、遊技機設置島に設けられている補給機構からパチンコ遊技機1に対して遊技球の補給が行なわれる。
入賞にもとづく景品としての遊技球や球貸し要求にもとづく遊技球が多数払出されて打球供給皿3が満杯になると、遊技球は、余剰球誘導通路を経て余剰球受皿4に導かれる。さらに遊技球が払出されると、感知レバー(図示略)が貯留状態検出手段としての満タンスイッチ(図示略)を押圧して、貯留状態検出手段としての満タンスイッチがオンする。その状態では、球払出装置内の払出モータの回転が停止して球払出装置の動作が停止するとともに打球発射装置の駆動も停止する。
図3は、主基板(遊技制御基板)31における回路構成の一例を示すブロック図である。なお、図3には、払出制御基板37および演出制御基板80等も示されている。主基板31には、プログラムに従ってパチンコ遊技機1を制御する遊技制御用マイクロコンピュータ1560(遊技制御手段に相当)が搭載されている。遊技制御用マイクロコンピュータ1560は、ゲーム制御(遊技進行制御)用のプログラム等を記憶するROM54、ワークメモリとして使用される記憶手段としてのRAM55、プログラムに従って制御動作を行うCPU56およびI/Oポート部57を含む。この実施例では、ROM54およびRAM55は遊技制御用マイクロコンピュータ1560に内蔵されている。すなわち、遊技制御用マイクロコンピュータ1560は、1チップマイクロコンピュータである。1チップマイクロコンピュータには、少なくともRAM55が内蔵されていればよく、ROM54は外付けであっても内蔵されていてもよい。また、I/Oポート部57は、外付けであってもよい。遊技制御用マイクロコンピュータ1560には、さらに、ハードウェア乱数(ハードウェア回路が発生する乱数)を発生する乱数回路53が内蔵されている。
なお、遊技制御用マイクロコンピュータ1560においてCPU56がROM54に格納されているプログラムに従って制御を実行するので、以下、遊技制御用マイクロコンピュータ1560(またはCPU56)が実行する(または、処理を行う)ということは、具体的には、CPU56がプログラムに従って制御を実行することである。このことは、主基板31以外の他の基板に搭載されているマイクロコンピュータについても同様である。
また、遊技制御用マイクロコンピュータ1560には、乱数回路53が内蔵されている。乱数回路53は、特別図柄の可変表示の表示結果により大当りとするか否か判定するための判定用の乱数を発生するために用いられるハードウェア回路である。乱数回路53は、初期値(例えば、0)と上限値(例えば、65535)とが設定された数値範囲内で、数値データを、設定された更新規則に従って更新し、ランダムなタイミングで発生する始動入賞時が数値データの読出(抽出)時であることにもとづいて、読出される数値データが乱数値となる乱数発生機能を有する。
乱数回路53は、特別図柄の可変表示の表示結果により大当りとするか否か判定するための判定用の乱数を発生するために用いられるハードウェア回路である。乱数回路53は、初期値(例えば、0)と上限値(例えば、65535)とが設定された数値範囲内で、数値データを、設定された更新規則に従って更新し、ランダムなタイミングで発生する始動入賞時が数値データの読出(抽出)時であることにもとづいて、読出される数値データが乱数値となる乱数発生機能を有する。
乱数回路53は、数値データの更新範囲の選択設定機能(初期値の選択設定機能、および、上限値の選択設定機能)、数値データの更新規則の選択設定機能、および数値データの更新規則の選択切換え機能等の各種の機能を有する。このような機能によって、生成する乱数のランダム性を向上させることができる。
また、遊技制御用マイクロコンピュータ1560は、乱数回路53が更新する数値データの初期値を設定する機能を有している。例えば、ROM54等の所定の記憶領域に記憶された遊技制御用マイクロコンピュータ1560のIDナンバ(遊技制御用マイクロコンピュータ1560の各製品ごとに異なる数値で付与されたIDナンバ)を用いて所定の演算を行なって得られた数値データを、乱数回路53が更新する数値データの初期値として設定する。そのような処理を行うことによって、乱数回路53が発生する乱数のランダム性をより向上させることができる。
遊技制御用マイクロコンピュータ1560は、第1始動口スイッチ14aまたは第2始動口スイッチ15aへの始動入賞が生じたときに乱数回路53から数値データをランダムRとして読み出し、特別図柄および演出図柄の変動開始時にランダムRにもとづいて特定の表示結果としての大当り表示結果にするか否か、すなわち、大当りとするか否かを決定する。そして、大当りとすると決定したときに、遊技状態を遊技者にとって有利な特定遊技状態としての大当り遊技状態に移行させる。
また、遊技制御用マイクロコンピュータ1560には、払出制御基板37(の払出制御用マイクロコンピュータ)や演出制御基板80(の演出制御用マイクロコンピュータ)とシリアル通信で信号を入出力(送受信)するためのシリアル通信回路52が内蔵されている。なお、払出制御用マイクロコンピュータや演出制御用マイクロコンピュータにも、遊技制御用マイクロコンピュータ1560とシリアル通信で信号を入出力するためのシリアル通信回路が内蔵されている(図示略)。
また、RAM55は、その一部または全部が電源基板において作成されるバックアップ電源によってバックアップされている不揮発性記憶手段としてのバックアップRAMである。すなわち、遊技機に対する電力供給が停止しても、所定期間(バックアップ電源としてのコンデンサが放電してバックアップ電源が電力供給不能になるまで)は、RAM55の一部または全部の内容は保存される。特に、少なくとも、遊技状態すなわち遊技制御手段の制御状態に応じたデータ(特別図柄プロセスフラグや保留記憶数カウンタの値など)と未払出賞球数を示すデータ(具体的には、後述する賞球コマンド出力カウンタの値)は、バックアップRAMに保存される。遊技制御手段の制御状態に応じたデータとは、停電等が生じた後に復旧した場合に、そのデータにもとづいて、制御状態を停電等の発生前に復旧させるために必要なデータである。また、制御状態に応じたデータと未払出賞球数を示すデータとを遊技の進行状態を示すデータと定義する。なお、この実施例では、RAM55の全部が、電源バックアップされているとする。
遊技制御用マイクロコンピュータ1560のリセット端子には、電源基板からのリセット信号が入力される。電源基板には、遊技制御用マイクロコンピュータ1560等に供給されるリセット信号を生成するリセット回路が搭載されている。なお、リセット信号がハイレベルになると遊技制御用マイクロコンピュータ1560等は動作可能状態になり、リセット信号がローレベルになると遊技制御用マイクロコンピュータ1560等は動作停止状態になる。従って、リセット信号がハイレベルである期間は、遊技制御用マイクロコンピュータ1560等の動作を許容する許容信号が出力されていることになり、リセット信号がローレベルである期間は、遊技制御用マイクロコンピュータ1560等の動作を停止させる動作停止信号が出力されていることになる。なお、リセット回路をそれぞれの電気部品制御基板(電気部品を制御するためのマイクロコンピュータが搭載されている基板)に搭載してもよい。
さらに、遊技制御用マイクロコンピュータ1560の入力ポートには、電源基板からの電源電圧が所定値以下に低下したことを示す電源断信号が入力される。すなわち、電源基板には、遊技機において使用される所定電圧(例えば、DC30VやDC5Vなど)の電圧値を監視して、電圧値があらかじめ定められた所定値にまで低下すると(電源電圧の低下を検出すると)、その旨を示す電源断信号を出力する電源監視回路が搭載されている。なお、電源監視回路を電源基板に搭載するのではなく、バックアップ電源によって電源バックアップされる基板(例えば、主基板31)に搭載するようにしてもよい。また、遊技制御用マイクロコンピュータ1560の入力ポートには、RAMの内容をクリアすることを指示するためのクリアスイッチが操作されたことを示すクリア信号が入力される。
また、ゲートスイッチ32a、第1始動口スイッチ14a、第1入賞確認スイッチ14b、第2始動口スイッチ15a、第2入賞確認スイッチ15b、カウントスイッチ23、第3入賞確認スイッチ23aおよび各入賞口スイッチ30a,30bや、演出装置500に設けられる昇降センサ90からの検出信号を基本回路に与える入力ドライバ回路58も主基板31に搭載され、可変入賞球装置15を開閉するソレノイド16、特別可変入賞球装置20を開閉するソレノイド21、演出装置500の可動部800を昇降する昇降モータ533を基本回路からの指令に従って駆動する出力回路59も主基板31に搭載され、電源投入時に遊技制御用マイクロコンピュータ1560をリセットするためのシステムリセット回路(図示せず)や、大当り遊技状態の発生を示す大当り情報等の情報出力信号を、ターミナル基板160を介して、ホールコンピュータ等の外部装置に対して出力する情報出力回路64も主基板31に搭載されている。
この実施例では、演出制御基板80に搭載されている演出制御手段(演出制御用マイクロコンピュータで構成される。)が、中継基板77を介して遊技制御用マイクロコンピュータ156から演出内容を指示する演出制御コマンドを受信し、演出図柄を可変表示する演出表示装置9との表示制御を行う。
演出制御基板80は、演出制御用CPU120(図示略)およびRAMを含む演出制御用マイクロコンピュータ(図示略)を搭載している。なお、RAMは外付けであってもよい。演出制御基板80において、演出制御用CPU120は、内蔵または外付けのROM(図示略)に格納されたプログラムに従って動作し、中継基板77を介して入力される主基板31からの取込信号(演出制御INT信号)に応じて、入力ドライバおよび入力ポートを介して演出制御コマンドを受信する。また、演出制御用CPU120(図示略)は、演出制御コマンドにもとづいて、VDP(ビデオディスプレイプロセッサ)に演出表示装置9の表示制御を行わせる。
演出制御用CPU120(図示略)は、受信した演出制御コマンドに従ってキャラクタROM(図示せず)から必要なデータを読み出す。キャラクタROMは、演出表示装置9に表示されるキャラクタ画像データ、具体的には、人物、文字、図形または記号等(演出図柄を含む)をあらかじめ格納しておくためのものである。演出制御用CPU120(図示略)は、キャラクタROMから読み出したデータをVDPに出力する。VDPは、演出制御用CPU120から入力されたデータにもとづいて表示制御を実行する。
演出制御コマンドおよび演出制御INT信号は、演出制御基板80において、まず、入力ドライバに入力する。入力ドライバは、中継基板77から入力された信号を演出制御基板80の内部に向かう方向にしか通過させない(演出制御基板80の内部から中継基板77への方向には信号を通過させない)信号方向規制手段としての単方向性回路でもある。
中継基板77には、主基板31から入力された信号を演出制御基板80に向かう方向にしか通過させない(演出制御基板80から中継基板77への方向には信号を通過させない)信号方向規制手段としての単方向性回路(図示略)が搭載されている。単方向性回路として、例えばダイオードやトランジスタが使用される。さらに、単方向性回路であるI/Oポート部を介して主基板31から演出制御コマンドおよび演出制御INT信号が出力されるので、中継基板77から主基板31の内部に向かう信号が規制される。すなわち、中継基板77からの信号は主基板31の内部(遊技制御用マイクロコンピュータ156側)に入り込まない。
さらに、演出制御用CPU120(図示略)は、出力ポート(図示略)を介してランプドライバ基板35に対してLEDを駆動する信号を出力する。また、演出制御用CPU120は、出力ポートを介して音声制御基板70に対して音番号データを出力する。
ランプドライバ基板35において、LEDを駆動する信号は、入力ドライバ(図示略)を介してLEDドライバに入力される。LEDドライバは、駆動信号を天枠LED28a、左枠LED28b、右枠LED28cなど枠側に設けられている各LEDや、導光板LED60など導光板ユニット700や装飾体301などに設けられている各LEDに供給する。また、遊技盤側に設けられている装飾LED25aやステージ枠飾りLED61,62に駆動信号を供給する。なお、LED以外の発光体が設けられている場合には、それを駆動する駆動回路(ドライバ)がランプドライバ基板35に搭載される。
音声制御基板70において、音番号データは、入力ドライバ(図示略)を介して音声合成用IC(図示略)に入力される。音声合成用ICは、音番号データに応じた音声や効果音を発生し増幅回路(図示略)に出力する。増幅回路は、音声合成用ICの出力レベルを、ボリュームで設定されている音量に応じたレベルに増幅した音声信号をスピーカ27に出力する。音声データROM(図示略)には、音番号データに応じた制御データが格納されている。音番号データに応じた制御データは、所定期間(例えば演出図柄の変動期間)における効果音または音声の出力態様を時系列的に示すデータの集まりである。
図5に示すように、遊技盤ユニット400は、遊技盤6と、該遊技盤6の背面側に配置される導光板ユニット700と、遊技盤6の背面側に配置され、遊技盤6を背面側から装飾する装飾体301と、該装飾体301を遊技盤6に対して取り付けるためのカバー体302と、装飾体301の背面に取り付けられ、演出表示装置9及び演出制御基板80等を含む変動表示制御ユニット49と、から主に構成されている。
導光板ユニット700は、後述するように、アクリル樹脂、ポリカーボネート樹脂、メタクリル樹脂等の透明な合成樹脂材(透光性材)にて形成される導光板701と、該導光板701の周囲に装着される取付枠702と、から主に構成される。取付枠702内には、複数の第1導光板LED60a〜60t、第2導光板LED61a〜61fが配設されており、該LEDからの光を導光板701の周端面に入射させるとともに、該入射した光を反射させて前面側に出射させることで、導光板701を光により装飾する。
装飾体301は、後述するように透明に形成される遊技盤6の遊技領域7を背面側から装飾する立体状に形成された装飾体であり、前後方向に所定幅の板厚を有している。装飾体301の前面は、特に詳細な図示はしないが、非平坦面状に形成され、奥行き感のある装飾部が形成されている。また、遊技盤6側に設けられる各種表示装置(例えば第1特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8b等)、駆動手段(ソレノイド16,21,昇降モータ533等)、LED、各種スイッチ(例えばゲートスイッチ32a、第1始動口スイッチ14a、第2始動口スイッチ15a、カウントスイッチ23等)から延出される配線は、遊技盤6の背面と装飾体301の前面との間から側方に引き出されるため、これら配線は、装飾部と同色または同系色に着色され、これにより配線が目立たないようにしている。
また、装飾体301の略中央位置には、背面側に配設される演出表示装置9の表示面を視認可能とするための開口部303が形成されているとともに、その周辺には、遊技領域7に配設される各種入賞口(例えば第1始動入賞口13aや第2始動入賞口13b等)に入賞した遊技球を背面側に排出するための遊技球排出口(図示略)が複数形成されている。
装飾体301の前面には、演出装置500の可動部800が駆動手段としての昇降モータ533により上下方向に昇降可能に設けられているとともに、LEDやランプ等の装飾用発光体(図示略)が設けられている。このように構成された装飾体301は、背面側のカバー体302に前面側から組み付けられる。
なお、本実施例の装飾体301は、所定板厚を有する一つの板状体にて構成されていたが、形状は種々に変形可能であるとともに、それぞれ個別に形成された複数の装飾部材から構成されていてもよい。
カバー体302は、透明な合成樹脂材からなり、前面が開口する箱状に形成された本体部311内に、装飾体301を前面側から収容可能に形成されている。本体部311の前面開口の周縁部からは、遊技盤6に取り付けるためのフランジ片310が外向きに形成されており、該フランジ片310の前面側には、遊技盤6に対する当該カバー体302の取付位置を決定するための複数の位置決め用ボス312a〜312d(312dは図示略)が前面側に向けて突設されているとともに、遊技盤6に当該カバー体302を取り付けるための取付ネジ313が取り付けられる取付穴314が複数箇所に形成されている。なお、図5中拡大図に示すように、これら位置決め用ボス312a〜312dのフランジ片310の前面からの高さ(突出長さ)寸法L4及び直径(外径)L5は全て同一とされている。
本体部311の背板311aには、当該背板311aの背面側に組み付けられる演出表示装置9の表示面を視認可能とするための開口部315が形成されている。演出表示装置9を含む変動表示制御ユニット49は、背板311aの背面側から演出表示装置9の表示面を開口部315に臨ませるように背板311aの背面に取り付けられる。なお、変動表示制御ユニット49は、装飾体301の背面に直接取り付けてもよい。
カバー体302には、これら装飾体301、変動表示制御ユニット49だけでなく、他の装置や基板等が組み付け可能とされており、カバー体302及び該カバー体302に一体的に組み付けられる装飾体301、変動表示制御ユニット49等を含む遊技に関連する複数の遊技用部品により、遊技用部品ユニット300が構成される。このように構成される遊技用部品ユニット300は、遊技盤6に対して着脱可能に取り付けられ、複数の機種に共通して使用される機種共通部品であるカバー体302に、機種固有の装飾体301や変動表示制御ユニット49等の各種遊技用部品を着脱可能に組み付けることができるため、遊技盤6の背面側に配設される複数の遊技用部品を、カバー体302を取り付けるだけで一度に配設することができるばかりか、機種変更やメンテナンスの際には、カバー体302から機種固有の装飾体や遊技用部品を取り外すことができるため、作業性が向上する。
次に、本実施例のステージ枠飾り11について、図6〜図16にもとづいて説明する。図6は、ステージ枠飾りを示す正面図である。図7は、ステージ枠飾りの上部を右斜め前方から見た状態を示す分解斜視図である。図8は、ステージ枠飾りの上部を右斜め後方から見た状態を示す斜視図である。図9は、基板と後カバーとを示す分解斜視図である。図10は、(a)はステージ枠飾り基板を示す正面図、(b)はステージ枠飾り基板を示す背面図である。図11は、ベース枠体とステージ枠飾り基板および後カバーとの関係を示す図である。図12は、ステージ枠飾り基板をベース枠体に組み付けた状態を示す背面図である。図13は、(a)は図12のA−A断面図、(b)は図12のB−B断面図である。図14は、(a)は図12のC−C断面図、(b)は図12のD−D断面図である。図15は、ステージ枠飾りの上部を示す斜視図である。図16は、ステージ枠飾りと演出装置との関係を示す遊技盤の縦断面図である。
図6および図7に示すように、ステージ枠飾り11は、盤面板200に形成された開口201に前面側から嵌合可能に形成され、非透光性を有する合成樹脂材により枠状に形成されたベース枠体600と、ベース枠体600の上部に組み付けられる透光性を有する合成樹脂材にて構成された装飾部材601,602と、前面に複数のステージ枠飾りLED61が配設されるとともに、背面に複数のステージ枠飾りLED62が配設されるステージ枠飾り基板604(以下、飾り基板604と略称する)と、透光性を有する合成樹脂材にて形成され、飾り基板604の背面を被覆する後カバー603と、ベース枠体600の上部以外の箇所に組み付けられる他の装飾部材(図示略)と、から主に構成されている。
ベース枠体600は、開口201内に嵌合される筒状に形成された側板600aと、該側板600aの外周面から外向きに突出するフランジ板600bと、から構成され、側板600aを開口201内に嵌合することにより、盤面板200の前面における開口201周縁に当接したフランジ板600bを、盤面板200にネジ(図示略)にて取り付けできるようになっている。また、ベース枠体600の上部、すなわち、装飾部材601,602により前面が形成される領域は発光装飾部605(図6参照)とされ、複数のステージ枠飾りLED61の光により装飾されるようになっている。
装飾部材601,602は、それぞれ透光性を有する合成樹脂材からなるとともに、ステージ枠飾りLED61からの光を乱反射させて前面側に出射させるための加工等が施されたレンズ部材とされている。装飾部材601は、前板601aと該前板601aの内縁辺から後向きに延設され、ベース枠体600の内側面の一部を構成する内側板601bと、から構成されている(図11参照)。また、装飾部材602は、前板602aと該前板602aの外縁辺から後向きに延設され、ベース枠体600の外側面の一部を構成する外側板602bと、から構成されており(図11参照)、装飾部材601は前面側から、装飾部材602は背面側からそれぞれベース枠体600にネジにより組み付けられる。
そしてこれら装飾部材601,602がベース枠体600に組み付けられた状態において、ベース枠体600の上部とこれら装飾部材601,602とにより、飾り基板604の前面604Fを被覆し、後面が開口する箱状に形成された前カバー606(図7参照)が構成される。
なお、本実施例では、前カバー606はベース枠体600の上部とこれら装飾部材601,602とにより構成されていたが、これらは予め一体化されていてもよい。
飾り基板604は、ベース枠体600に沿うように略円弧形状に形成されており、図9に示すように、後カバー603の前面側にネジ607にて取り付けられた状態でベース枠体600に組み付けられる。なお、飾り基板604は後カバー603の前面側に取り付けられていたが、直接ベース枠体600に取り付けるようにしてもよい。
図9および図10に示すように、飾り基板604の前面604Fには、複数のステージ枠飾りLED61が配設されている。一方、背面604Bには、複数のステージ枠飾りLED62と、これらステージ枠飾りLED61,62を演出制御基板80に接続するための配線の配線側コネクタ(図示略)が接続可能な基板側コネクタ608と、該基板側コネクタ608の近傍位置に配置されるICチップ615と、がそれぞれ設けられている。
また、飾り基板604の周縁における外周縁610aには、後カバー603をベース枠体600に組み付けるためのネジ622等との接触を回避するための切欠凹部609a〜609cが長手方向の両端および中央部に形成されているとともに、内周縁610bには、LEDを配設するための凸部611a〜611cが適所に形成されている。
また、飾り基板604を後カバー603に取り付けるためのネジ607が取り付けられる取付孔612a,612bと、後カバー603に対する取付位置を決定するための位置決め孔613a,613bが形成されている。
飾り基板604の前面604Fおよび背面604Bには、ステージ枠飾りLED61,62およびICチップ615を基板側コネクタ608に接続するための配線パターン(図示略)が形成されている。これら配線パターンは、前面604Fおよび背面604Bにおける周縁部(図10中網点で示される帯状領域)を除く領域(図10中白色領域)に形成されている。
図8および図9に示すように、後カバー603は、背板620aと、該背板620aの前面側に立設される外側板621aおよび内側板621bと、により前面が開口する箱状に形成される。図13(a)に示すように、内側板621bの高さ寸法L2は、外側板621aの高さ寸法L1よりも高く、この内側板621bの内側には、段部621cが該内側板621bの長手方向に沿って形成されている。段部621cは、外側板621aと同一高さ位置に形成されて該側板621aの前端面と面一をなすように連設されており、これら外側板621aおよび段部621cの前端面により、前面視枠状の基板載置面が形成されている。
すなわち、内側板621bの高さ寸法L2は、外側板621aおよび段部621cの高さ寸法L1と飾り基板604の板厚寸法L3との合算値とされていることで、後カバー603の周壁端縁における一部に飾り基板604の板厚寸法L3の深さを有する基板挿入凹部650が形成され、該基板挿入凹部650に飾り基板604の外周縁610aが差込可能とされている。
外側板621aの内側における左右側端部および中央位置には、後カバー603をベース枠体600に組み付けるための金属製のネジ622が取り付けられる取付孔623a〜623cが形成されており、該取付孔623a〜623cにネジ622を背面側から取り付け、ネジ622をベース枠体600に突設されたボス624a〜624cの後端面に形成されたネジ穴625に螺入することで、後カバー603がベース枠体600に組み付けられる。なお、これら各取付孔623a〜623cの周囲には、外側板621aから連設される円筒状壁部626が設けられている。
また、背板620aの前面側には、飾り基板604に形成された位置決め孔613a,613bに対応する位置決め突起627a,627bが突設されているとともに、取付孔612a,612bに対応するネジ穴628a,628bが形成されており、位置決め孔613a,613bに位置決め突起627a,627bを嵌合して位置決めし、取付孔612a,612bに取り付けたネジ607をネジ穴628a,628bに螺入することで、飾り基板604が取り付けられる。
背板620aにおけるステージ枠飾りLED62との対向位置には、円形の投光孔629a〜629dが形成されている。投光孔629a〜629dの直径L4(図13(b)、図14参照)は、図示しない遊技球の直径よりも僅かに小径とされているため、遊技球が投光孔629a〜629dを通して飾り基板604に接触することがないようになっている。
また、背板620aにおける基板側コネクタ608との対向位置には、基板側コネクタ608を外部に臨ませるためのコネクタ開口630が形成されているとともに、適所には放熱用スリット631が複数箇所に形成されている。
このように構成された後カバー603は、図9に示すように、ネジ607により飾り基板604の背面604Bを被覆するように取り付けられる。そして図11に示すように、飾り基板604の背面604Bに後カバー603が取り付けられた状態において、飾り基板604の背面604Bにおける外周縁610a側の縁部は外側板621aの前端面上に載置され、内周縁610b側の縁部は段部621cの前端面上に載置される。つまり、内側板621bの半分だけ基板の載置領域とされる(図13,図14参照)。
そしてこの状態において、飾り基板604の内周縁610bは背面視非直線状の内側板621bの内面に当接し、該内側板621bが飾り基板604の取付位置を決定する位置決め手段として機能するため、後カバー603に対し飾り基板604を簡単に位置決めすることができる。
飾り基板604の背面604Bが後カバー603により被覆された状態では、飾り基板604の周端面全てが外側板621a,内側板621bにて覆われず、外周縁610aは側方に露呈される。また、飾り基板604に形成された各切欠凹部609a〜609cが各取付孔623a〜623cに対応して配置されることで、各取付孔623a〜623cが飾り基板604により閉塞されることがない。これにより、金属製のネジ622と配線パターンとの接触が回避されるため、静電気による高電圧が電子部品である各LED61,62やICチップを破壊することを回避できる。
飾り基板604が取り付けられた後カバー603は、図8に示すように、飾り基板604をベース枠体600に対向させた状態で、各取付孔623a〜623cに背面側から取り付けたネジ622を各ボス624a〜624cの後端面に形成されたネジ穴625に螺入することでベース枠体600に組み付けられる。なお、図11における左側はベース枠体600、右側は飾り基板604が取り付けられた後カバー603であり、左側の斜線領域は後カバー603が組み付けられる領域、右側の網点領域は飾り基板604を示している。
図11〜図14に示すように、ベース枠体600に組み付けられた状態において、飾り基板604の前面604Fにおける内周縁610b側の縁部は、装飾部材601の内側板601bの後端面に当接し、外周縁610a側の縁部は、ベース枠体600の側板600aおよび装飾部材602の外側板602bの後端面に当接する。また、背面604Bにおける内周縁610b側の縁部は、後カバー603の内側板621bの前端面に当接し、外周縁610a側の縁部は、後カバー603の外側板621aの前端面に当接する。
具体的には、ベース枠体600の上部および装飾部材601,602からなる前カバー606と後カバー603とは、ネジ622により互いに一体に締結された状態において、ベース枠体600の側板600aおよび装飾部材602の外側板602bの後端面と後カバー603の外側板621aの前端面とが対向するとともに、装飾部材601の内側板601bの後端面と後カバー603の内側板621bの前端面とが当接する。
すなわち、図13〜図15に示すように、前カバー606の側周壁を構成する各側板600a,601b,602bの後端面と、後カバー603の側周壁を構成する側板621a,621bの前端面とは、双方を組み付けた状態において対向または当接する。そして、後カバー603における外側板621aの高さ寸法L1が内側板621bの高さ寸法L2よりも短いことで、後カバー603における側周壁の前端面の一部に基板挿入凹部650が形成され、この基板挿入凹部650に飾り基板604の外周縁610aが挿入される。つまり、飾り基板604の外周縁610a側の縁部が、外側板621aと各側板600a,602bとの間に挟持される。
言い換えると、締結手段としてのネジ622は、前カバー606の開口周端面(側板600aの後端面や外側板602bの後端面)と後カバー603の開口周端面(外側板621aの前端面)とが飾り基板604の外周縁610aを挟むように前カバー606と後カバー603とを締結する。そして、これらステージ枠飾り11を構成する前カバー606と後カバー603とは、飾り基板604を被覆する本発明の基板ケースを構成している。
なお、前カバー606および後カバー603は、ベース板と該ベース板の周縁に連設される側板とにより一面が開口する箱状に形成されていたが、一部が開口する箱状のカバー部材であれば形状は任意であり、例えばドーム形状のカバー部材であってもよい。
このように飾り基板604は、その周縁の少なくとも一部が前カバー606の周壁と後カバー603の周壁との間に差し込まれた状態で、前面604Fが前カバー606、背面604Bが後カバー603により被覆されることで、ステージ枠飾りLED61,62を極力前カバー606や後カバー603の側板近傍位置に配置することが可能となる。
具体的に説明すると、LEDが配設された基板を該LEDを保護するケース内に収容する場合、成型や加工時の誤差等も考慮して、予め基板を収容ケースよりもやや小さめに形成する必要がある。また、基板の縁部ぎりぎりに配線パターンを形成すると、成型や加工時の誤差の関係で断線する虞等があることから、LEDを基板の縁部に配設することは困難である。これにより、収容ケース内にLED基板を収容する場合、基板が小さくなるとともにLEDを縁部に配置することができず、LEDの配設自由度が制限されてしまう。
そこで、本実施例のように、飾り基板604の縁部の一部を前後カバー603,606の側板621a,600aの端面間に形成された基板挿入凹部650内に挿入可能とすることで、配線パターンを縁部の内側に形成してLEDを配置しても、LEDを側板621aに近づけて配置することが可能となるので、LEDの配置自由度が効果的に高まる。また、飾り基板604の成型や加工時に誤差等が生じても、外周縁610aを外部にはみ出させることによりその誤差が許容されるため、飾り基板604を容易に製造することができる。
なお、本実施例では、前カバー606と後カバー603とは被覆状態においてネジ622により締結可能に構成されていたが、ネジ部材以外の手段、例えばラッチ部材や係止爪等により被覆状態に締結されるようにしてもよい。
また、図13(a)および図14(a)に示すように、飾り基板604の外周縁610a所定箇所には、後カバー603と前カバー606とを締結するためのネジ622が取り付けられるネジ穴625を有するボス624a〜624cとの接触を避けるための切欠凹部609a〜609cが形成されているため、導電性のネジ622と配線パターンとが接触して、静電気による高電圧がステージ枠飾りLED61,62やICチップ615を破壊することを回避できる。
また、特に飾り基板604における切欠凹部609bの縁部は、前カバー606を構成する装飾部材602の円筒状壁部626’の後端縁と後カバー603の円筒状壁部626の前端面とにより前後から挟持されていることで、導電性のネジ622と配線パターンとが円筒状壁部626により遮断されるため、埃やごみ等により導通して静電気による高電圧がステージ枠飾りLED61,62やICチップ615を破壊することを回避できる。
また、本実施例では、飾り基板604における切欠凹部609a〜609cは、後カバー603と前カバー606とを締結するためのネジ622やネジ穴625を有するボス624a〜624cとの接触を避けるためのものであったが、例えば後カバー603や前カバー606を有するステージ枠飾り11を盤面板200等に取り付けるための取付ネジとの接触を避けるためのものであってもよい。
このように構成されたステージ枠飾り11は、図16に示すように、盤面板200に形成された開口201に前面側から嵌合され、フランジ板600bの適所を盤面板200に止着することにより取り付けられる。発光装飾部605の背面側には、装飾体301に設けられた演出装置500の可動部800が、上昇位置と下降位置との間で昇降可能に設けられており、背面側に向けて光を出射可能に設けられたステージ枠飾りLED62が発光することにより、可動部800やその近傍の装飾物が照らされるようになっている。
後カバー603には投光孔629a〜629dが形成されていることで、ステージ枠飾りLED62からの光を、後カバー603にて減衰させることなく直接装飾対象部に照射することが可能となるため、装飾対象部を効果的に装飾することが可能となる。また、遊技者側からは投光孔629a〜629dが見えないので、見栄えが悪くなることがないばかりか、LEDからの直接光が遊技者の目に直射されることもないので安全である。
また、飾り基板604の外周縁610a側の縁部が前後のカバー606,603の側板端面間に差し込まれることで、ステージ枠飾り11の内周側に露呈されることなく、開口201の内周面に対向するので、外観体裁が損なわれることがないばかりか、遊技球と基板との接触を確実に回避することができる。
また、本実施例では、前カバー606および後カバー603により前後面が被覆されるステージ枠飾り基板604はステージ枠飾り11に設けられていたが、このような基板の被覆構造は、ステージ枠飾り11以外の箇所にも適用可能である。
また、飾り基板604は、前面604Fおよび背面604Bに電子部品としてのステージ枠飾りLED61,62やICチップ615等が設けられていたが、前面604Fまたは背面604Bのいずれか一方にのみ実装されていてもよい。
また、前記実施例では、締結手段としてのネジ622は、前カバー606の開口周端面(側板600aの後端面や外側板602bの後端面)と後カバー603の開口周端面(外側板621aの前端面)とが飾り基板604の外周縁610aを挟持するように前カバー606と後カバー603とを締結していたが、締結された状態において、必ずしも前カバー606の開口周端面と後カバー603の開口周端面とが飾り基板604の外周縁610aの前後面に当接して前後から挟持しなくても、飾り基板604の外周縁610aの前後面に近接していればよい。
(変形例)
次に、本発明の変形例について、図17、図18にもとづいて説明する。図17は、(a)は本発明の変形例1としての基板カバーを示す斜視図であり、(b)は(a)のE−E断面図である。図18は、(a)は本発明の変形例2としての基板カバーを示す斜視図であり、(b)は(a)のF−F断面図である。
前記実施例では、飾り基板604の外周縁610aの縁部のみが前カバー606と後カバー603との側板間に挟持されていたが、図17に示すように、飾り基板604Aの外周縁の全てが側板間に挟持されてもよい。この場合、前カバー606と後カバー603との側板間全周にわたり基板挿入部が形成されているといえる。
また、基板挿入部は、前カバー606と後カバー603との側板の対向面間に形成されるものであれば、前記実施例のように、前カバー606と後カバー603との中間位置に形成されるものに限定されるものではなく、例えば図18に示すように、後カバー603B側に偏った位置に形成されていてもよい。
以上、本発明の実施例を図面により説明してきたが、具体的な構成はこれら実施例に限られるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲における変更や追加があっても本発明に含まれる。
また、前記実施例では、遊技を行う際に用いられる遊技用価値の一例として、球状のパチンコ球(遊技球)が適用されていたが、球状の遊技媒体に限定されるものではなく、例えばメダル等の非球状の遊技媒体であってもよいし、あるいは、クレジット(遊技者所有の価値として記憶されている遊技媒体数)等であってもよい。
また、遊技機の一例として、パチンコ遊技機1が適用されていたが、メダル等の遊技用価値を用いて1ゲームに対して所定数の賭数を設定することによりゲームが開始可能となるとともに、各々が識別可能な複数種類の図柄を変動表示可能な可変表示装置に表示結果が導出されることにより1ゲームが終了し、該可変表示装置に導出された表示結果に応じて入賞が発生可能とされたスロットマシン、雀球、アレンジボール等の種々の遊技機にも適用可能である。
1 パチンコ遊技機
6 遊技盤
11 ステージ枠飾り
600 ベース枠体
601,602 装飾部材
603 後カバー
604 ステージ枠飾り基板
605 発光装飾部
606 前カバー
607,622 ネジ
612a,612b 取付孔
626,626’ 円筒状壁部
650 切欠凹部

Claims (1)

  1. 遊技用価値を用いて遊技を行うことが可能な遊技機であって、
    少なくとも一面に電子部品が実装される基板と、
    前記一面を被覆し、開口を有する第1カバー部材と、
    該一面と反対側の他面を被覆し、開口を有する第2カバー部材と、
    前記第1カバー部材と前記第2カバー部材とを締結する締結手段と、
    を備え、
    前記第1カバー部材と前記第2カバー部材とにより前記基板の側面における少なくとも一部を被覆することなく、前記第1カバー部材の開口周端面と前記第2カバー部材の開口周端面とが前記基板の周縁部を挟み、
    前記一面に実装される電子部品は発光ダイオードであり、
    前記第1カバー部材は、透光性を有するレンズ部材からなり、
    前記第1カバー部材には、前記発光ダイオードからの光を乱反射させて遊技者側に出射させるための加工が施され
    前記基板の周縁部は、前記電子部品の配線パターンが形成されない非配線部とされている
    ことを特徴とする遊技機。
JP2015059038A 2015-03-23 2015-03-23 遊技機 Active JP6016967B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015059038A JP6016967B2 (ja) 2015-03-23 2015-03-23 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015059038A JP6016967B2 (ja) 2015-03-23 2015-03-23 遊技機

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010185453A Division JP5758092B2 (ja) 2010-08-20 2010-08-20 遊技機

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2015110148A JP2015110148A (ja) 2015-06-18
JP2015110148A5 JP2015110148A5 (ja) 2016-02-18
JP6016967B2 true JP6016967B2 (ja) 2016-10-26

Family

ID=53525502

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015059038A Active JP6016967B2 (ja) 2015-03-23 2015-03-23 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6016967B2 (ja)

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3648119B2 (ja) * 2000-03-01 2005-05-18 株式会社ケーヒン 電子回路基板の収容ケース
JP5252185B2 (ja) * 2008-03-25 2013-07-31 株式会社大一商会 遊技機
JP5388812B2 (ja) * 2009-11-20 2014-01-15 株式会社ニューギン 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP2015110148A (ja) 2015-06-18

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5800586B2 (ja) 遊技機
JP2012040243A (ja) 遊技機
JP5372862B2 (ja) 遊技機
JP5985197B2 (ja) 遊技機
JP5524709B2 (ja) 遊技機
JP2014083065A (ja) 遊技機
JP5679727B2 (ja) 遊技機
JP5646246B2 (ja) 遊技機
JP5475043B2 (ja) 遊技機
JP2017042270A (ja) 遊技機及び遊技用装置
JP6016967B2 (ja) 遊技機
JP5524708B2 (ja) 遊技機
JP2013013642A (ja) 遊技機
JP2014028161A (ja) 遊技機
JP5758092B2 (ja) 遊技機
JP2009050527A (ja) スロットマシン
JP6290132B2 (ja) 遊技機
JP5985666B2 (ja) 遊技機
JP2015180361A (ja) 遊技機
JP5800850B2 (ja) 遊技機
JP6395766B2 (ja) 遊技機
JP2003225374A (ja) 遊技機
JP2003225439A (ja) 遊技機
JP6360121B2 (ja) 遊技機
JP6470929B2 (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20150323

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20151225

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160216

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20160219

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20160920

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20160927

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6016967

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250