JP5234120B2 - Vehicle roof structure - Google Patents

Vehicle roof structure Download PDF

Info

Publication number
JP5234120B2
JP5234120B2 JP2011015128A JP2011015128A JP5234120B2 JP 5234120 B2 JP5234120 B2 JP 5234120B2 JP 2011015128 A JP2011015128 A JP 2011015128A JP 2011015128 A JP2011015128 A JP 2011015128A JP 5234120 B2 JP5234120 B2 JP 5234120B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sunroof
rail
roof
bracket
cross frame
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2011015128A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2012153289A (en
Inventor
昌治 井上
吉男 牟田
広幸 藤木
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Nissan Motor Co Ltd
Original Assignee
Nissan Motor Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nissan Motor Co Ltd filed Critical Nissan Motor Co Ltd
Priority to JP2011015128A priority Critical patent/JP5234120B2/en
Priority to CN2012200220718U priority patent/CN202480837U/en
Publication of JP2012153289A publication Critical patent/JP2012153289A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5234120B2 publication Critical patent/JP5234120B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Landscapes

  • Body Structure For Vehicles (AREA)

Description

本発明は、車両のルーフ構造に関する。   The present invention relates to a vehicle roof structure.

従来から、ルーフパネルにサンルーフ開口部を形成し、該サンルーフ開口部にサンルーフを設けたルーフ構造が知られている(例えば、特許文献1参照)。   Conventionally, a roof structure is known in which a sunroof opening is formed in a roof panel and a sunroof is provided in the sunroof opening (see, for example, Patent Document 1).

この特許文献1に記載されたルーフ構造では、シェードをスライド可能に支持するサンルーフレールを配設している。   In the roof structure described in Patent Document 1, a sunroof rail that supports a shade in a slidable manner is provided.

特開2006−327284号公報JP 2006-327284 A

しかしながら、前記特許文献1に記載されたルーフ構造においては、サンルーフレールはサンルーフクロスの上に載置されているのみであるため、サンルーフレールが車体剛性の向上に寄与しないという問題があった。   However, in the roof structure described in Patent Document 1, since the sunroof rail is only placed on the sunroof cloth, there is a problem that the sunroof rail does not contribute to the improvement of the vehicle body rigidity.

そこで、本発明は、サンルーフレールを有効活用して車体上部の剛性向上を図る車両のルーフ構造を提供することを目的とする。   SUMMARY OF THE INVENTION An object of the present invention is to provide a vehicle roof structure that effectively utilizes a sunroof rail to improve the rigidity of the upper portion of the vehicle body.

本発明に係る車両のルーフ構造によれば、車体上部の側端部に前後方向に沿って延設された車体骨格部材であるレールルーフサイドインナを設け、ルーフアウタに形成されたサンルーフ開口縁に結合されたルーフレインフォースフロントを設け、前記ルーフレインフォースフロントの下側にシェードをスライド可能に支持するサンルーフレールを設け、一端が前記サンルーフレールの下側に配設され、他端が前記レールルーフサイドインナに結合されたサンルーフブラケットを設けている。前記ルーフレインフォースフロントとサンルーフブラケットとによってサンルーフレールを挟持して結合させ、さらに、前記サンルーフブラケットと前記サンルーフレールの結合部、前記サンルーフレールと前記クロスフレームの結合部、前記クロスフレームと前記サンルーフブラケットの結合部、の位置がそれぞれ異なり、前記サンルーフブラケットと前記サンルーフレールと前記クロスフレームが三カ所の異なる位置の前記結合部でそれぞれ連結されている。 According to the vehicle roof structure of the present invention, the rail roof side inner, which is a vehicle body skeleton member extending along the front-rear direction, is provided at the side end portion of the upper portion of the vehicle body, and coupled to the sunroof opening edge formed in the roof outer A roof roof forcing the roof, a sunroof rail for slidably supporting a shade under the roof forefront of the roof, and having one end disposed under the sunroof rail and the other for the rail roof side. A sunroof bracket connected to the inner is provided. A sunroof rail is sandwiched and coupled between the roof reinforcement front and the sunroof bracket, and further, a coupling part of the sunroof bracket and the sunroof rail, a coupling part of the sunroof rail and the cross frame, the cross frame and the sunroof bracket. The sunroof brackets, the sunroof rails, and the cross frame are respectively connected by the joints at three different positions .

本発明に係る車両のルーフ構造によれば、前記サンルーフレール、ルーフレインフォースフロントおよびサンルーフブラケットの一端が互いに結合されているため、サンルーフレールの剛性が向上するという効果を有する。   According to the vehicle roof structure of the present invention, the sun roof rail, the roof reinforcement front, and one end of the sun roof bracket are coupled to each other, so that the rigidity of the sun roof rail is improved.

また、ルーフレインフォースフロントはサンルーフ開口縁に結合されているため剛性が高く、レールルーフサイドインナも車体骨格部材であるため高剛性である。従って、ルーフレインフォースフロントとレールルーフサイドインナとをサンルーフブラケットを介して連結することによって、車体上部の剛性が向上するという効果を有する。このように、サンルーフレールを有効活用して車体上部の剛性向上を図ることができる。   Further, the roof reinforcement front is connected to the sunroof opening edge, so that the rigidity is high, and the rail roof side inner is also a high rigidity because it is a body frame member. Therefore, the rigidity of the upper part of the vehicle body is improved by connecting the roof reinforcement front and the rail roof side inner via the sunroof bracket. In this way, the sunroof rail can be effectively used to improve the rigidity of the upper part of the vehicle body.

本実施形態による車体上部のサンルーフ近傍を車両左前方から斜め後方に向けて見た斜視図である。It is the perspective view which looked at the sunroof vicinity of the vehicle body upper part by this embodiment toward diagonally back from the vehicle left front. 図1の平面図である。It is a top view of FIG. 図2の要部を拡大した平面図である。It is the top view to which the principal part of FIG. 2 was expanded. 図2のA−A線による断面図である。It is sectional drawing by the AA line of FIG. 図2のB−B線による断面図である。It is sectional drawing by the BB line of FIG. 車両左側の上部におけるサンルーフブラケット近傍を室内から見た斜視図である。It is the perspective view which looked at the sunroof bracket vicinity in the upper part of the vehicle left side from the interior. 図6の分解斜視図である。FIG. 7 is an exploded perspective view of FIG. 6.

以下、本発明の実施形態を図面と共に詳述する。   Hereinafter, embodiments of the present invention will be described in detail with reference to the drawings.

図1に示すように、車体上部1における側端部には、前後方向に沿って左右一対にレールルーフサイドインナ3が延設されている。このレールルーフサイドインナ3は、剛性を有する車体骨格部材であり、上下方向に延びるセンターピラーインナ5の上端部が接合されている。また、車体上部1の上面には、二点鎖線で示すルーフアウタ7が配設されている。このルーフアウタ7の前端部には、平面視矩形状のサンルーフ開口が形成され、このサンルーフ開口の周縁であるサンルーフ開口縁9に透明なガラスからなるサンルーフ11が配設されている。本実施形態では、サンルーフ11は後方に摺動可能なスライド式に構成されているが、固定式でも良い。そして、平面視コ字状のルーフレインフォースフロント15が前記サンルーフ開口縁9に沿って設けられている。ここで、サンルーフ開口縁9における前部には、図外のフランジが下方に向けて屈曲して延びており、このフランジが前記ルーフレインフォースフロント15の内周側の側面に接合されて結合されている。   As shown in FIG. 1, a pair of left and right rail roof side inners 3 extend along the front-rear direction at the side end portion of the vehicle body upper portion 1. The rail roof side inner 3 is a rigid vehicle body skeleton member, and an upper end portion of a center pillar inner 5 extending in the vertical direction is joined. A roof outer 7 indicated by a two-dot chain line is disposed on the upper surface of the vehicle body upper portion 1. A sunroof opening having a rectangular shape in plan view is formed at a front end portion of the roof outer 7, and a sunroof 11 made of transparent glass is disposed on a sunroof opening edge 9 that is a peripheral edge of the sunroof opening. In this embodiment, the sunroof 11 is configured to be slidable rearward, but may be fixed. A roof reinforcement front 15 having a U-shape in plan view is provided along the sunroof opening edge 9. Here, a flange (not shown) bends and extends downward at the front portion of the sunroof opening edge 9, and this flange is joined and joined to the inner peripheral side surface of the roof reinforcement front 15. ing.

また、前記一対のレールルーフサイドインナ同士3,3を連結するルーフレインフォースリア13が車幅方向に沿って延設されている。具体的には、ルーフレインフォースリア13の端部13aがレールルーフサイドインナ3の上面に接合されている。   Further, a roof reinforcement rear 13 that connects the pair of rail roof side inners 3, 3 is extended along the vehicle width direction. Specifically, the end portion 13 a of the roof reinforcement rear 13 is joined to the upper surface of the rail roof side inner 3.

また、図2に示すように、左右一対のレールルーフサイドインナ3,3における前端部にはフロントクロスメンバ19が車幅方向に沿って橋渡しされ、後端部にはリアクロスメンバ21が車幅方向に沿って橋渡しされ、前後方向中央部には前述のようにルーフレインフォースリア13が車幅方向に沿って橋渡しされている。   Further, as shown in FIG. 2, a front cross member 19 is bridged along the vehicle width direction at the front end portions of the pair of left and right rail roof side inners 3, 3, and a rear cross member 21 is disposed at the rear end portion. The roof reinforcement rear 13 is bridged along the vehicle width direction as described above at the center in the front-rear direction.

そして、図3〜図7に示すように、ルーフアウタ7の下側にはルーフレインフォースリア13が配設され、ルーフアウタ7の側方にはサイドアウタ45が配設されている。また、車幅方向に延びるクロスフレーム17の側端部は、リベット47を介してサンルーフレール23の下面に結合されている。このサンルーフレール23の車幅方向内側の端部には、溝43が形成されており、この溝43に図外のシェードがスライド可能に係止および支持されている。   As shown in FIGS. 3 to 7, a roof reinforcement rear 13 is disposed below the roof outer 7, and a side outer 45 is disposed on the side of the roof outer 7. Further, the side end portion of the cross frame 17 extending in the vehicle width direction is coupled to the lower surface of the sunroof rail 23 via a rivet 47. A groove 43 is formed at the inner end of the sunroof rail 23 in the vehicle width direction, and a shade (not shown) is slidably locked and supported in the groove 43.

さらに、クロスフレーム17の側端部には、下側からサンルーフブラケット25の一端(車幅方向内側の端部)が2つのボルト35を介して締結されている。また、サンルーフブラケット25の車幅方向内側には、サンルーフレール23が前後方向に沿って延設されており、このサンルーフレール23の下側にクロスフレーム17の側端部がリベット47を介して結合されている。さらに、前記サンルーフブラケット25の他端(車幅方向外側の端部)は、レールルーフサイドインナ3の室内側に2つのボルト35を介して締結されている。さらに、サンルーフブラケット25の一端は、ナット39とボルト53を介してルーフレインフォースフロント15およびサンルーフレール23のフランジ面37に締結されている。即ち、図4に示すように、ルーフレインフォースフロント15の下側には、サンルーフレール23のフランジ面37が配置され、該フランジ面37の下側にはサンルーフブラケット25の一端が配置され、これらのルーフレインフォースフロント15とサンルーフレール23のフランジ面37とサンルーフブラケット25の一端とは、ボルト35およびナット39を介して挟持して結合されている。   Further, one end of the sunroof bracket 25 (an end portion on the inner side in the vehicle width direction) is fastened to the side end portion of the cross frame 17 from below with two bolts 35. A sunroof rail 23 extends in the vehicle width direction inside of the sunroof bracket 25 along the front-rear direction, and a side end portion of the cross frame 17 is coupled to the lower side of the sunroof rail 23 via a rivet 47. Has been. Further, the other end of the sunroof bracket 25 (the end portion on the outer side in the vehicle width direction) is fastened to the indoor side of the rail roof side inner 3 via two bolts 35. Further, one end of the sunroof bracket 25 is fastened to the flange surface 37 of the roof reinforcement front 15 and the sunroof rail 23 via nuts 39 and bolts 53. That is, as shown in FIG. 4, the flange surface 37 of the sunroof rail 23 is disposed below the roof reinforcement front 15, and one end of the sunroof bracket 25 is disposed below the flange surface 37. The roof reinforcement front 15, the flange surface 37 of the sunroof rail 23, and one end of the sunroof bracket 25 are coupled to each other via a bolt 35 and a nut 39.

ここで、サンルーフブラケット25の前記一端は、図6,7に示すように、車両前方側に形成されて、サンルーフレール23のフランジ面37に当接および締結されるサンルーフレール取付部29と、車両後方側に形成されてクロスフレーム17に当接および締結されるクロスフレーム取付部31と、これらのサンルーフレール取付部29およびクロスフレーム取付部31の間に形成されて、上下および左右方向に沿って延びる段差部33と、を有する。即ち、段差部33は、サンルーフレール取付部29の後端から下方に屈曲して延びたのち、段差部33の下端から後方に向けて屈曲して延びる縦壁に形成されている。そして、サンルーフレール取付部29がサンルーフレール23のフランジ面37にナット39とボルト53で結合される部分が第1結合部57であり、クロスフレーム17にボルト35とウエルドナット41で結合される部分が第2結合部59である。なお、サンルーフブラケット25の前記一端における2つのクロスフレーム取付部31,31の間には、上方に凹む凹部55が車幅方向に沿って延設されている。   Here, the one end of the sunroof bracket 25 is formed on the front side of the vehicle as shown in FIGS. 6 and 7, and a sunroof rail mounting portion 29 that is in contact with and fastened to the flange surface 37 of the sunroof rail 23, and the vehicle. A cross frame attachment portion 31 formed on the rear side and abutted and fastened to the cross frame 17 is formed between the sunroof rail attachment portion 29 and the cross frame attachment portion 31, and extends in the vertical and horizontal directions. And a stepped portion 33 that extends. That is, the step portion 33 is formed in a vertical wall that bends and extends downward from the rear end of the sunroof rail mounting portion 29 and then bends and extends rearward from the lower end of the step portion 33. The portion where the sunroof rail mounting portion 29 is coupled to the flange surface 37 of the sunroof rail 23 with the nut 39 and the bolt 53 is the first coupling portion 57, and the portion coupled to the cross frame 17 with the bolt 35 and the weld nut 41. Is the second coupling portion 59. A concave portion 55 that is recessed upwardly extends along the vehicle width direction between the two cross frame attachment portions 31, 31 at the one end of the sunroof bracket 25.

なお、サンルーフブラケット25の後方側には、連結ブラケット27が配設されており、該連結ブラケット27は、サンルーフレール23のフランジ面37とレールルーフサイドインナ3とを連結している。また、センターピラーインナ5の上端には、上端フランジ5aが設けられ、該上端フランジ5aはレールルーフサイドインナ3の室内側に接合されている。   A connecting bracket 27 is disposed on the rear side of the sunroof bracket 25, and the connecting bracket 27 connects the flange surface 37 of the sunroof rail 23 and the rail roof side inner 3. An upper end flange 5 a is provided at the upper end of the center pillar inner 5, and the upper end flange 5 a is joined to the indoor side of the rail roof side inner 3.

以下に、本実施形態による作用効果を説明する。   Below, the effect by this embodiment is demonstrated.

(1)本実施形態による車両のルーフ構造は、車体上部1の側端部に前後方向に沿って延設された車体骨格部材であるレールルーフサイドインナ3と、ルーフアウタ7に形成されたサンルーフ開口縁9に結合されたルーフレインフォースフロント15と、前記ルーフレインフォースフロント15の下側に配設されてシェードをスライド可能に支持するサンルーフレール23と、一端が前記サンルーフレール23の下側に配設され、他端が前記レールルーフサイドインナ3に結合されたサンルーフブラケット25と、を備えている。前記ルーフレインフォースフロント15とサンルーフブラケット25とによってサンルーフレール23を挟持して結合させている。 (1) The vehicle roof structure according to the present embodiment includes a rail roof side inner 3 that is a vehicle body skeleton member that extends along the front-rear direction at the side end of the vehicle body upper portion 1, and a sunroof opening formed in the roof outer 7. A roof reinforcement front 15 coupled to the edge 9, a sunroof rail 23 disposed below the roof reinforcement front 15 and slidably supporting the shade, and one end arranged below the sunroof rail 23. And a sunroof bracket 25 having the other end coupled to the rail roof side inner 3. A sunroof rail 23 is sandwiched and joined by the roof reinforcement front 15 and the sunroof bracket 25.

このように、本実施形態では、サンルーフレール23をルーフレインフォースフロント15とサンルーフブラケット25とで上下から挟持することにより、これらのサンルーフレール23、ルーフレインフォースフロント15およびサンルーフブラケット25の一端が互いに結合されている。また、ルーフレインフォースフロント15の前部はサンルーフ開口縁9に結合されている。従って、サンルーフレール23の剛性が向上するという効果を有する。   Thus, in the present embodiment, the sun roof rail 23 is sandwiched from above and below by the roof reinforcement front 15 and the sun roof bracket 25, so that one end of the sun roof rail 23, the roof reinforcement front 15 and the sun roof bracket 25 are mutually connected. Are combined. The front portion of the roof reinforcement front 15 is coupled to the sunroof opening edge 9. Therefore, there is an effect that the rigidity of the sunroof rail 23 is improved.

また、サンルーフブラケット25の他端はレールルーフサイドインナ3に結合されているため、サンルーフブラケット25は、サンルーフ開口縁9に結合されたルーフレインフォースフロント15とレールルーフサイドインナ3とを連結している。   Further, since the other end of the sunroof bracket 25 is coupled to the rail roof side inner 3, the sun roof bracket 25 connects the roof reinforcement front 15 coupled to the sun roof opening edge 9 and the rail roof side inner 3. Yes.

ここで、ルーフレインフォースフロント15の前部はサンルーフ開口縁9に結合されているため剛性が高く、レールルーフサイドインナ3も車体骨格部材であるため高剛性である。従って、サンルーフレール23を有効活用して、車体剛性を向上させることができるという効果を有する。   Here, the front portion of the roof reinforcement front 15 is connected to the sunroof opening edge 9, so that the rigidity is high, and the rail roof side inner 3 is also a high rigidity because it is a body frame member. Therefore, the sunroof rail 23 can be effectively used to improve the vehicle body rigidity.

(2)車幅方向に沿ってクロスフレーム17を延設し、該クロスフレーム17は、前記サンルーフレール23およびサンルーフブラケット25に結合されている。   (2) A cross frame 17 extends along the vehicle width direction, and the cross frame 17 is coupled to the sunroof rail 23 and the sunroof bracket 25.

このように、該クロスフレーム17は、前記サンルーフレール23とサンルーフブラケット25とを連結しているため、車体剛性がさらに向上する。   Thus, since the cross frame 17 connects the sunroof rail 23 and the sunroof bracket 25, the rigidity of the vehicle body is further improved.

(3)前記サンルーフブラケット25の一端には、前記サンルーフレール23に結合される第1結合部57と前記クロスフレーム17に結合される第2結合部59とが設けられ、これらの第1結合部57と第2結合部59との間に段差部33が形成されてなる。   (3) A first coupling portion 57 coupled to the sunroof rail 23 and a second coupling portion 59 coupled to the cross frame 17 are provided at one end of the sunroof bracket 25, and these first coupling portions are provided. A stepped portion 33 is formed between 57 and the second coupling portion 59.

この段差部33によってサンルーフブラケット25の剛性が向上するため、車体上部1に車幅方向に沿った入力荷重に対する剛性が向上するという効果を有する。   Since the rigidity of the sunroof bracket 25 is improved by the stepped portion 33, the vehicle body upper portion 1 has an effect of improving the rigidity with respect to the input load along the vehicle width direction.

3…レールルーフサイドインナ
7…ルーフアウタ
9…サンルーフ開口縁
17…クロスフレーム
23…サンルーフレール
25…サンルーフブラケット
31…クロスフレーム取付部
33…段差部
35…ボルト
57…第1結合部
59…第2結合部
3 ... Rail roof side inner 7 ... Roof outer 9 ... Sun roof opening edge 17 ... Cross frame 23 ... Sun roof rail 25 ... Sun roof bracket 31 ... Cross frame mounting part 33 ... Step part 35 ... Bolt 57 ... First joint part 59 ... Second joint Part

Claims (2)

車体上部の側端部に前後方向に沿って延設された車体骨格部材であるレールルーフサイドインナと、
ルーフアウタに形成されたサンルーフ開口縁に結合されたルーフレインフォースフロントと、
前記ルーフレインフォースフロントの下側に配設されてシェードをスライド可能に支持するサンルーフレールと、
一端が前記サンルーフレールの下側に配設され、他端が前記レールルーフサイドインナに結合されたサンルーフブラケットと、を備え、
前記ルーフレインフォースフロントとサンルーフブラケットとによってサンルーフレールを挟持して結合させ
車幅方向に沿ってクロスフレームを延設し、
該クロスフレームは、前記サンルーフレールおよびサンルーフブラケットに結合され、
前記サンルーフブラケットと前記サンルーフレールの結合部、前記サンルーフレールと前記クロスフレームの結合部、前記クロスフレームと前記サンルーフブラケットの結合部、の位置がそれぞれ異なり、前記サンルーフブラケットと前記サンルーフレールと前記クロスフレームが三カ所の異なる位置の前記結合部でそれぞれ連結されていることを特徴とする車両のルーフ構造。
A rail roof side inner which is a vehicle body skeleton member extending along the front-rear direction at the side end of the upper portion of the vehicle body;
A roof reinforcement front joined to the sunroof opening edge formed in the roof outer;
A sunroof rail disposed under the roof reinforcement front and supporting the slidable shade;
A sunroof bracket having one end disposed on the lower side of the sunroof rail and the other end coupled to the railroof side inner,
A sunroof rail is sandwiched and joined by the roof reinforcement front and the sunroof bracket ,
Extend the cross frame along the vehicle width direction,
The cross frame is coupled to the sunroof rail and sunroof bracket;
The sunroof bracket, the sunroof rail, and the cross frame are different in positions of the sunroof bracket and the sunroof rail coupling portion, the sunroof rail and the cross frame coupling portion, and the cross frame and the sunroof bracket coupling portion, respectively. Are respectively connected by the connecting portions at three different positions .
前記サンルーフブラケットの一端には、前記サンルーフレールに結合される第1結合部と前記クロスフレームに結合される第2結合部とが設けられ、これらの第1結合部と第2結合部との間に段差部が形成されてなることを特徴とする請求項1に記載の車両のルーフ構造。   One end of the sunroof bracket is provided with a first coupling portion coupled to the sunroof rail and a second coupling portion coupled to the cross frame, and between the first coupling portion and the second coupling portion. The vehicle roof structure according to claim 1, wherein a step portion is formed in the vehicle.
JP2011015128A 2011-01-27 2011-01-27 Vehicle roof structure Active JP5234120B2 (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011015128A JP5234120B2 (en) 2011-01-27 2011-01-27 Vehicle roof structure
CN2012200220718U CN202480837U (en) 2011-01-27 2012-01-17 Roof structure for vehicle

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011015128A JP5234120B2 (en) 2011-01-27 2011-01-27 Vehicle roof structure

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2012153289A JP2012153289A (en) 2012-08-16
JP5234120B2 true JP5234120B2 (en) 2013-07-10

Family

ID=46835479

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011015128A Active JP5234120B2 (en) 2011-01-27 2011-01-27 Vehicle roof structure

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP5234120B2 (en)
CN (1) CN202480837U (en)

Families Citing this family (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6128558B2 (en) * 2013-09-30 2017-05-17 株式会社Subaru Body superstructure
JP6090241B2 (en) * 2014-06-18 2017-03-08 マツダ株式会社 Upper body structure of a car with sunroof
FR3040356B1 (en) * 2015-08-25 2018-11-16 Renault Sas MOTOR VEHICLE HAVING AN OPENING ROOF PROVIDED WITH A RIGIDIFICATION ELEMENT
CN106627776B (en) * 2015-10-29 2019-10-18 长城汽车股份有限公司 A kind of connection structure of vehicle and top cover and top cover stiffening plate
FR3066992B1 (en) * 2017-06-06 2019-06-21 Peugeot Citroen Automobiles Sa BODY STRUCTURE ASSEMBLY WITH UPPER CROSSING SUITABLE FOR AN OPEN OR UNO OPENING ROOF
JP6519068B2 (en) * 2017-07-03 2019-05-29 本田技研工業株式会社 Roof structure of vehicle
JP6916122B2 (en) * 2018-01-24 2021-08-11 トヨタ自動車株式会社 Vehicle upper body structure
CN115158477B (en) * 2022-07-14 2023-10-27 重庆长安汽车股份有限公司 Multifunctional top cover rear cross beam assembly structure and vehicle

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4259094B2 (en) * 2002-11-07 2009-04-30 マツダ株式会社 Upper body structure of the vehicle
JP2006327284A (en) * 2005-05-24 2006-12-07 Toyota Auto Body Co Ltd Roof structure of automobile

Also Published As

Publication number Publication date
JP2012153289A (en) 2012-08-16
CN202480837U (en) 2012-10-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5234120B2 (en) Vehicle roof structure
JP6187771B2 (en) Front body structure of the vehicle
US10486751B2 (en) Side vehicle body structure of vehicle
JP6579167B2 (en) Automotive front structure
JP5748127B2 (en) Body front structure
JP5952211B2 (en) Car body rear structure
JP2017065548A (en) Vehicle body front structure
US10538274B2 (en) Vehicle body front structure
JP6188761B2 (en) Body front structure
US20180186270A1 (en) Utility vehicle
JP6128558B2 (en) Body superstructure
US10322753B2 (en) Vehicle body front structure
JP2016132334A (en) Automobile rear body structure
JP7211027B2 (en) Body front structure
KR101543004B1 (en) Mounting unit for vehicle
JP6112666B2 (en) Auto body structure
JP3194846U (en) High-decker bus roof structure
JP2017177914A (en) Roof structure
JP6276342B2 (en) Auto body structure
WO2015159674A1 (en) Cushion structure for vehicular hood
JP5831245B2 (en) Body front structure
US20170253274A1 (en) Automobile body and method for manufacturing automobile body
JP4742565B2 (en) Arrangement structure of fuel tank for vehicle
JP2011031888A (en) Arrangement structure of fuel tank for vehicle
JP2022165513A (en) Underfloor structure of vehicle

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20121108

A871 Explanation of circumstances concerning accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A871

Effective date: 20121108

A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20121121

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20121204

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130124

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130226

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130311

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Ref document number: 5234120

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20160405

Year of fee payment: 3