JP5150596B2 - アンカー装置およびアンカーの施工法 - Google Patents

アンカー装置およびアンカーの施工法 Download PDF

Info

Publication number
JP5150596B2
JP5150596B2 JP2009230884A JP2009230884A JP5150596B2 JP 5150596 B2 JP5150596 B2 JP 5150596B2 JP 2009230884 A JP2009230884 A JP 2009230884A JP 2009230884 A JP2009230884 A JP 2009230884A JP 5150596 B2 JP5150596 B2 JP 5150596B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
anchor
rod
layer
rock layer
driving
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2009230884A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2011080195A (ja
Inventor
憲一 桶谷
晴輝 岩本
剛 宇佐美
龍一 秦
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Tokyo Rope Manufacturing Co Ltd
Original Assignee
Tokyo Rope Manufacturing Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Tokyo Rope Manufacturing Co Ltd filed Critical Tokyo Rope Manufacturing Co Ltd
Priority to JP2009230884A priority Critical patent/JP5150596B2/ja
Publication of JP2011080195A publication Critical patent/JP2011080195A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5150596B2 publication Critical patent/JP5150596B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は主として落石や表土の崩壊の怖れがある斜面等に使用されるのに好適なアンカー装置およびアンカー施工法に関する。
落石防止施設として、落石や表土の崩壊の恐れのある斜面に金網を張り、その上に縦横のロープを張設し、縦横ロープの交点を地表に密着するように押圧する形式のものや、落石の恐れのある斜面に支柱を立設し、ポケットを形成するように支柱間にロープを掛け渡し、金網を張ったポケット式ロックネット形式のものが知られている。
上記施設のアンカーとしては、地盤が粘土や土砂等の土質系の場合には、長尺の鋼製パイプ(太径)を土中に打設機で打ち込み、パイプの土圧耐力で定着するパイプアンカーが用いられており、地盤が岩層の場合には、岩に直接掘削孔を形成し、この掘削孔にアンカーロッド(小径)を挿入するとともにモルタル、セメント等の凝固剤を流し込み、岩とアンカーロッドが一体化することで定着する岩用アンカーが用いられている。
そして、地盤の表層が土砂等の堆積物で覆われ、その表層の下が岩層である場合は、鋼製パイプを岩層に打設機で打ち込むことが困難なので、一般に上記アンカーロッドタイプの岩用アンカーが用いられている。
しかし、岩層に表土が堆積する前記斜面では、アンカーロッドに結合されたロープに引っ張り荷重が加わると、岩部のアンカーロッドは固定されているが、表土層におけるアンカーロッドは土圧耐力がほとんど無いので、岩層と表土層の境を基点にロープ引っ張り方向にアンカーロッドが傾くように曲がるなどアンカー頭部の変位が大きく、かつアンカー力の低下を招く問題があった。
この対策として、アンカー箇所の岩層までパンチャーで穴をあけ、穴が岩盤に到達すると削岩機で削孔し、削孔した孔にアンカーロッドを挿入してセメント等の凝固剤で固着し、筒体に複数の羽根をつけた羽根装置をアンカーボルトに装着して地中に打込み機で打ち込むアンカー装置が提案されている。
これによれば、アンカーにロープの引っ張り荷重が加わっても羽根の土圧抵抗で表土層のアンカーが変形しにくいとされている。(特許文献1)しかし、斜面の土質のバラツキは大きく、密度が低い場合などにおいてはなおも安定した土圧耐力が得られない問題があった。
さらに、斜面安定工法として、羽根の上端に円盤状の支圧板が固定された支圧板付羽根装置も提案されている(特許文献2)
しかし、表土層の厚さ、土質などにより安定した表土の支圧力を確保することが難しい問題があった。
特開2001−226961号公報 特開2002−180472号公報
本発明は前記のような問題点を解消するために従来の施工技術に改良を加えたもので、その目的とするところは、簡単な構造で安定した耐力と表土押圧力を発揮し、しかも作業性に優れたアンカー装置および施工法を提供することにある。
上記目的を達成するため本発明のアンカー装置は、岩層と該岩層の上部を覆う表土層とを有する斜面にロープを支持するため設置されるアンカー装置において、アンカー装置が、前記岩層に埋設されたアンカーロッドと、放射状にのびる枚以上の羽根これら羽根の上端に固定された支圧盤、該支圧盤の縁部の孔に嵌挿したガイドパイプ、及び該ガイドパイプの筒部に挿通した打込みロッドを有してアンカーロッドの上部に装着され表土層に配置された支圧羽根装置と、前記支圧盤の外縁部に間隔的に設けられた3個以上の各孔を通して表土層に打ち込まれた3本以上の打込みロッドを備えたことを特徴としている。
また、上記目的を達成するため本発明のアンカー施工法は、岩層と該岩層の上部を覆う表土層とを有する斜面にロープで代表される条体を支持するためにアンカー装置を施工するにあたり、中心のパイプから放射状にのびる3枚以上の羽根と、これら羽根の上端に固定された支圧盤を備えた支圧羽根装置とアンカーロッドおよび複数本の打込みロッドとを用い、斜面にアンカーロッドを挿入する孔を岩層に一部が達するまで穿孔する工程と、前記穿孔したアンカーロッド挿入孔内に凝固剤を挿入する工程と、支圧羽根装置のパイプにアンカーロッドの上部を挿通し、支圧羽根装置を支圧盤が地表面に接するまで打込む工程と、支圧盤の縁部に配した穴に嵌挿したガイドパイプを通して打込みロッドを打込む工程とを有することを特徴としている。
本発明に係るアンカー装置によれば、アンカーロッドと支圧羽根装置とおよび打込みロッドが組付け一体化され、アンカーロッドの下部は岩層に凝固剤で固定され、表土表面には支圧羽根装置の支圧盤が打込みロッドで押圧されるとともに、表土層中に間隔的に3本以上の打ち込みロッドが埋設されるので、表土層の土質密度が上がり、左右方向、上下方向の耐力が向上される。
したがって、アンカーロッド頭部に結合されたロープにより支圧羽根装置の中心のパイプを経由して支圧盤および羽根に伝えられる張力が大きくても、羽根表面の土圧抵抗力、支圧盤の支圧作用および打込みロッドのアンカー力の相乗効果で支圧羽根装置の変位や移動が抑制され、かつ岩層と表土層の境界を起点として起きるアンカーロッドの曲がりが抑制され、アンカー力を安定的に維持できる。さらに、表土の高密度化により表土層の崩落や下方への滑りも阻止することができる。
また、支圧羽根装置が、放射状にのびる3枚以上の羽根と、支圧盤の縁部の孔に嵌挿されるガイドパイプと、該ガイドパイプのガイド筒に挿通した打込みロッドを備えている。これによれば、斜面に打込まれた支圧羽根装置に加わるどの方向からの張力に対しても、羽根表面に土圧抵抗が働き、安定したアンカー力を維持できる。また、ガイドパイプは支圧盤の孔を強化するとともに適切なガイド作用を発揮するので、打込みロッドを正確に地中に打込むことができる。
さらに、表土層が薄く、岩層にまで打込みロッドを打込む場合は、削岩機の回転ロッドビットをガイドパイプに挿通することで良好な誘導作用を発揮し、精度良く容易に支圧羽根装置を施工することができる。
打込みロッドが岩層に達し、これに穿孔した穴に凝固剤で固定されている場合を含んでいる。
これによれば、打込みロッドが岩層に達して固定されるので、支圧羽根装置の羽根表面の土圧抵抗力、支圧盤の支圧作用および打込みロッドのアンカー力がそれぞれ増強されそれらの相乗効果で支圧羽根装置の変位や移動が抑制され、斜面に打込まれた支圧羽根装置に加わるどの方向からの力に対しても、安定したアンカー力を発揮することができる。
本発明に係るアンカーの施工法(請求項4)によれば、中心のパイプから放射状にのびる3枚以上の羽根と、これら羽根の上端に固定された支圧盤を備えた支圧羽根装置とアンカーロッドおよび複数本の打込みロッドとを用い、斜面の表土層を斜面に略直角に掘削機などで穴を掘り、岩層に達すると所定の深さまで削岩機で穿孔し、穿孔した孔に凝固剤とアンカーロッドを挿入し、支圧羽根装置を配置し、打込みロッドを打込んで固定するので、表土の撤去も埋め戻しも必要なく、斜面を荒らすこともなく自然環境が維持できる。
また、個々の部材の形状はシンプルで、現場でのアンカー装置の組み立ても簡単で精度良く施工することができ、作業手順の標準化により安定したアンカー品質を維持することができる。
本発明のアンカー装置を落石防護網工に適用した状況を示す平面図である。 図1のX−Xに沿う断面図である。 本発明のアンカー装置を示しており、(a)は正面図、(b)平面図である。 本発明の支圧羽根装置を示しており、(a)は正面図、(b)は平面図である。 本発明のアンカーボルトを示しており、(a)は正面図、(b)は部分拡大図である。 本発明のガイドパイプを示しており、(a)は正面図、(b)は平面図である。 本発明の打込みロッドを示す正面図である。 本発明のアンカー装置をロープ端末の固定に適用した状況を示し、(a)は正面図、(b)は平面図、(c)は部材の分解状態の斜視図である。 本発明のアンカー装置をロープ交差部に適用した状況を示し、(a)は正面図、(b)は平面図、(c)は組立て状態の斜視図である。 本発明を吊式落石予防柵に適用した実施例を示す側面図である。 (a)〜(c)は本発明のアンカー装置の施工を段階的に示す説明図である。 (a)〜(b)は図11以降の施工を段階的に示す説明図である。
以下添付図面を参照して本発明の実施例を説明する。
図1と図2は本発明によるアンカー装置を落石防止網に適用した使用例を示しており、符号1は落石防止網の全体を指している。aは表土の滑落や落石等が発生する危険のある斜面である。bは表土層、cは岩層であり、表土層bは堆積物や岩の風化等の進み具合で、たとえば500〜1000mm程度の厚さで岩層cを覆っている。
本発明は、斜面aに金網45を敷設し、その上にロープを斜面aに沿うように縦横に張設し、それら縦横のロープ41、42の端部をそれぞれ端末アンカー31に係止している。また、縦横ロープ41,42の交差部は交差部アンカー35により斜面aに密着するよう固定されており、交差部アンカー35,35間で斜面aから遊離するロープ部分は頭部が側面L状をなした十手形ピンアンカー470により斜面aに密着するようにアンカーされている。
前記端末アンカー31と交差部アンカー35は本発明で特徴とするもので、ロープを固定する上部構造を除いて同じ構成であり、図3ではアンカー装置2として示している。
アンカー装置2は、岩層cを削岩機で穿孔した孔に挿入され、セメントなどの凝固剤8で固定されたアンカーロッド21と、アンカーロッド21を中心として放射状にのびる3枚以上の羽根52とこれら羽根52の上端に固定された支圧盤51を有し、アンカーロッド21の上部に装着されて表土層bに配置された支圧羽根装置5と、前記支圧盤51に周方向で間隔的に設けられた3個以上の孔を通して表土層bに打ち込まれた3本以上の打込みロッド25から構成されている。
なお、表土層bの厚さによっては、打込みロッド25が岩層cに達することもあり、その場合は、アンカーロッド21と同様に岩層cを穿孔し、凝固剤で先端部分を固定する。
支圧羽根装置5は、図4に単体を示しており、この例では4枚羽根52の端部を外周に固定した中心のパイプ53を有し、円盤状の支圧盤51は羽根52の上端およびパイプ53に溶接で固定されて一体化しており、支圧盤51の外縁部には複数、この例では4つの孔511が配設ある。
支圧羽根装置5の具体例を述べると、直径34mm、長さ456mm、内径27mmのパイプ53に、底辺400mm、高さ245mm、上辺250mmの鋼板製の4枚の羽根52が、パイプ53の軸に平行して放射状に等角度をなして羽根の底辺部が溶接固着されている。パイプ53の頭部は50mm程度支圧盤51から突き出している。
支圧盤51は直径540mm、厚さ6mmの円盤状の鋼板で、該円盤の中心にパイプ53を挿通する孔が、縁部に直径が50〜60mm程度の4個の孔511がある。
孔511は羽根52の枚数と同数で、また孔511は隣接する羽根52、52から等角度の位置にあることが望ましい。隣接する羽根52、52と等角度の位置に打込みロッド25が打込まれることで、支圧盤51の斜面押圧力が均等化するからである。
アンカーロッド21は図5に単体の状態を示しており、たとえば直径22mm、長さ2,000の鋼棒からなり、定着部の表面には凝固剤との摩擦力を高めるための凹凸28が付けられている。頭部は雄ねじ212が切られ、ロープ4を締結する金具を取り付けるナット211が2個取り付けてある。支圧羽根装置5とアンカーロッド21は、パイプ53にアンカーロッド21の上端を挿通することで一体化が図られる。
アンカーロッド21はパイプ53に挿入され、支圧盤51の縁部にある孔511にはガイドパイプ6が嵌め込まれ、該ガイドパイプの筒部60に打込みロッド25が挿通される。
図6はガイドパイプ6を示しており、筒部60はたとえば外径50mm、高さ20mm、内径30mmであり、上端に外径70mm、厚さ5mmの丸鍔61が溶接固着されている。ガイドパイプ6は支圧盤51の孔511に嵌挿され、丸鍔61が支圧盤51に密着することで位置決めされる。
ガイドパイプ6が孔511に嵌挿されることで、打込みロッド25は筒部60に誘導され、正確に所定の方向に推進される。また、ガイドパイプ6により孔511が強化され、支圧盤51を打込みロッド25が強力にアンカーする。
打込みロッド25は図7に単体の状態を示しており、たとえば直径25mm、長さ1,000mmの鋼棒からなり、頭部から下方略30mm程度の部位に直径70mm、厚さ4.5mmの丸鍔251が溶接で固着してある。
打込みロッド25を支圧盤51に嵌挿したガイドパイプ6の筒部60に挿通し、打込みロッド25を土中に打ち込み、丸鍔251がガイドパイプ6の丸鍔61に当接させることでアンカー装置が組み立てられる。
図8は落石防護網1に設置したアンカー装置2を端末アンカー31に使用した例を示している。この例では、表土層bが比較的浅いため、アンカーロッド21のみならず打込みロッド25も岩層cに穿孔した岩に凝固剤8で固定されている。ロープ41または42の端部に結合された巻付グリップ711は、端末アンカー31の頭部の2枚の角座金710に挟み込まれナット211で結合されている。
図9はアンカー装置2を交差部アンカー35に使用した例である。平面小判状で内面に十字状に交差したロープ嵌め溝を形成した上下2つの部材と締め付けボルトナットからなる公知の十字グリップ712の片側がアンカーロッド上端部に厚さ方向で挿通され、斜面aに張設した縦横ロープ41、42の交差部を、前記十字グリップ712に平面十字状に導入し、ナット211を締め付けること圧締される。
本発明のアンカー装置は、ロープ、例えばワイヤロープ、ステンレスロープ、繊維ロープ等を使用した安全施設に適用される。図10は本発明のアンカー装置を吊式落石防止柵に適用し例を示しており、吊柵9はロープ4により本発明のアンカー装置2に吊り下げられている。
次に、本発明によるアンカー装置の施工法について説明すると、図11と図12に示すような手順で施工される。
1)斜面aに落石を防止すべき縦、横ロープ41、42の張設位置を決定する。
2)縦、横ロープ41、42の端末箇所、交差箇所を決定する。
3)ロープ端末箇所、交差箇所に、図11(a)に示すように、目盛の付いたピンアンカー471をハンマーなどで表土層bに打ち込み、ロープ端末箇所、交差箇所の表土層bの深さを測定する。これで岩層cまでの深さを正確に測定することができる。
4)図11(b)に示すように、削岩機9の回転ロッド91の先端にビット911を取付け、斜面aに対し略垂直に配置し、アンカーロッド21を挿入するに必要な深さたとえば2000mm程度まで穿孔する。
穿孔したアンカー孔80の直径は28〜34mmであり、岩層cを所要深さまで掘削したところで削岩機8を取り除く。
5)ついで、図11(c)のように、アンカー孔80に凝固剤8を充填、撹拌し、アンカーロッド21をアンカー孔80に挿入する。このときアンカーロッド21の雄ねじ211が表土から突出するようにする。充填された凝固剤8はアンカーロッド21の凹凸28に均等に付着し、強固に固定する。
凝固剤8は一般のモルタルやセメント等をポンプ等の手段で送り込んでもよいが、円柱形状をした水溶性の袋に早強セメントを充填したセメントカプセルが充填量の管理や斜面での持ち運びに優れている。なお、アンカーロッド21が高強度樹脂製である場合には、凝固剤は樹脂カプセルが用いられる。
6)凝固剤8が凝固し、アンカーロッド21が固定したことが確認されたならば、支圧羽根装置5のパイプ53を表土上に突出しているアンカーロッド21の上端部に挿し合わせるように配置し、図12(A)に示すように、打設治具83を支圧盤51の上面中央部に当接させ、打設機82によりアンカーロッド21にパイプ53が沿って推進するように支圧羽根装置5を打込む。この打ち込みは支圧羽根装置5の支圧盤51の下面が斜面aと面接触するまで行う。
7)ついで、支圧羽根装置5を打込みロッド25により斜面aに密着固定させる。この工程は、支圧盤51の縁部にある孔511にガイドパイプ6を嵌め込み、打込みロッド25の先端をガイドパイプ6の筒部60に挿入し、丸鍔251がガイドパイプ6の丸鍔61に当接するまでハンマーで打込みロッド25を打撃する。機械的に行う場合には、図12(b)に示すように、打設治具83の穴部を打込みロッド25の上端部に嵌め、打設機82で打込めばよく、ガイドパイプ6が推進方向を誘導するため、容易に正確に打ち込むことができる。
8)上記のようにしてアンカー装置2は所定の場所に設置されるので、所定の場所に金網45を敷設する。次に、縦横にロープ41、42を張設し、端末アンカー31とする場合には図8のようにロープの端末を巻付グリップ711と2枚の鉄板710を介してアンカーロッド21に締結する。交差部アンカー35の場合には、図9のように縦横ロープ41、42の交差部を十字グリップ712を介してアンカーロッド21に締結すればよい。
このようにして、図1や図8〜図10に示すようなアンカーが得られる。本発明では、アンカーロッド21と支圧羽根装置5および打込みロッド25が組付け一体化され、アンカーロッド21の下部は岩層cに凝固剤8で固定され、表土表面には支圧羽根装置5の支圧盤51が打込みロッド25で押圧されるとともに、表土層中に間隔的に3本以上の打ち込みロッド25が埋設されるので、表土層bの土質密度が上がり、左右方向、上下方向の耐力が向上される。
それゆえ、アンカーロッド頭部に固定されたロープを介して支圧羽根装置5の中心のパイプ53を経由して支圧盤51および羽根52に伝えられる張力が大きくても、羽根52表面の土圧抵抗力、支圧盤51の支圧作用および打込みロッド25のアンカー力の相乗効果で支圧羽根装置5の変位や移動が抑制され、それにより、岩層cと表土層bの境界を起点として起きるアンカーロッド21の曲がりが抑制され、アンカー力を安定的に維持できる。さらに、支圧盤51と打ち込みロッド25による表土の高密度化により表土層bの崩落や下方への滑りも阻止することができる。
また、斜面に打込まれ支圧羽根装置5が、放射状にのびる4枚の羽根52と、支圧盤51の縁部に間隔的に配置された複数の孔511に嵌挿されるガイドパイプ6を有し、3〜4本といった打込みロッド25がそれぞれ前記ガイドパイプ6のガイド筒60を通して表土層bに打ち込まれるので、左右、上下方向の耐力向上と変位量低減の補強効果が得られ、支圧羽根装置5にどの方向から張力が作用しても安定したアンカー力を維持できる。また、ガイドパイプ6は支圧盤5の孔511を強化するとともに適切なガイド作用を発揮するので、打込みロッド25を正確に地中に打込むことができる。表土層bが薄い場合には、打込みロッド25を岩層cにまで到達させて、凝固剤で先端部を固着させることができ、それによりアンカーロッド21とこれを中心として周囲に間隔的に配された複数の打込みロッド25とで非常に強固なアンカー作用を発揮することができる。
なお、アンカー装置2、縦横ロープ41、42その他金具類は防食のため亜鉛めっきや亜鉛アルミ合金めっき等が施されている。また、景観を保つため有色樹脂塗装をすることもできる。樹脂塗装を施すことで耐食性能をさらに向上することができる。
a 斜面
b 表土層
c 岩層
1 落石防護網
2 アンカー装置
21 アンカーロッド
25 打込みロッド
41,42 ロープ
5 支圧羽根装置
51 支圧盤
52 羽根
6 ガイドパイプ

Claims (4)

  1. 岩層と該岩層の上部を覆う表土層とを有する斜面にロープを支持するため設置されるアンカー装置において、アンカー装置が、前記岩層に埋設されたアンカーロッドと、放射状にのびる枚以上の羽根これら羽根の上端に固定された支圧盤、該支圧盤の縁部の孔に嵌挿したガイドパイプ、及び該ガイドパイプの筒部に挿通した打込みロッドを有してアンカーロッドの上部に装着され表土層に配置された支圧羽根装置と、前記支圧盤の外縁部に間隔的に設けられた3個以上の各孔を通して表土層に打ち込まれた3本以上の打込みロッドを備えたことを特徴とするアンカー装置。
  2. 打込みロッドが岩層に達し、これに穿孔した孔に凝固剤で固定されている請求項1に記載のアンカー装置。
  3. 岩層と該岩層の上部を覆う表土層とを有する斜面にロープを支持するため設置されるアンカー装置において、該アンカー装置が、前記岩層に埋設されたアンカーロッドと、放射状にのびる3枚以上の羽根とこれら羽根の上端に固定された支圧盤を有してアンカーロッドの上部に装着され表土層に配置された支圧羽根装置と、前記支圧盤の外縁部に間隔的に設けられた3個以上の各孔を通して表土層に打ち込まれた3本以上の打込みロッドとを備え、該打込みロッドが岩層に達し、これに穿孔した穴に凝固剤で固定されていることを特徴とするアンカー装置。
  4. 岩層と該岩層の上部を覆う表土層とを有する斜面にロープで代表される条体を支持するためにアンカー装置を施工するにあたり、中心のパイプから放射状にのびる3枚以上の羽根と、これら羽根の上端に固定された支圧盤を備えた支圧羽根装置とアンカーロッドおよび複数本の打込みロッドとを用い、斜面にアンカーロッドを挿入する孔を岩層に一部が達するまで穿孔する工程と、前記穿孔したアンカーロッド挿入孔内に凝固剤を挿入する工程と、支圧羽根装置のパイプにアンカーロッドの上部を挿通し、支圧羽根装置を支圧盤が地表面に接するまで打込む工程と、支圧盤の縁部に配した穴に嵌挿したガイドパイプを通して打込みロッドを打込む工程とを有することを特徴とするアンカー施工法。
JP2009230884A 2009-10-02 2009-10-02 アンカー装置およびアンカーの施工法 Active JP5150596B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009230884A JP5150596B2 (ja) 2009-10-02 2009-10-02 アンカー装置およびアンカーの施工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009230884A JP5150596B2 (ja) 2009-10-02 2009-10-02 アンカー装置およびアンカーの施工法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011080195A JP2011080195A (ja) 2011-04-21
JP5150596B2 true JP5150596B2 (ja) 2013-02-20

Family

ID=44074502

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009230884A Active JP5150596B2 (ja) 2009-10-02 2009-10-02 アンカー装置およびアンカーの施工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5150596B2 (ja)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5998023B2 (ja) * 2012-07-06 2016-09-28 新日鉄住金エンジニアリング株式会社 地滑り防止杭、及び、地滑り防止杭の設置方法
CN103726498B (zh) * 2014-01-21 2015-07-15 山东正元建设工程有限责任公司 一种纤维袋注浆扩体预应力锚杆及使用方法
JP6586873B2 (ja) * 2015-12-15 2019-10-09 日本製鉄株式会社 地盤安定構造及び地盤安定工法
CN106644048B (zh) * 2016-09-14 2020-02-18 中国地质大学(武汉) 一种爆破测振附属设备及爆破测振方法
KR102095061B1 (ko) * 2019-05-08 2020-03-30 이애경 스톤네트 및 스톤네트의 시공방법
CN111764411A (zh) * 2020-06-30 2020-10-13 中铁二院工程集团有限责任公司 一种陡坡地段危岩落石综合防护结构与施工方法

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3479516B2 (ja) * 2000-10-06 2003-12-15 東京製綱株式会社 斜面安定工法および斜面安定装置
JP4113470B2 (ja) * 2003-07-11 2008-07-09 Jfe建材株式会社 法面崩落防止工における埋設用アンカーおよび崩落防止工法
JP2008215029A (ja) * 2007-03-07 2008-09-18 Sekisui Chem Co Ltd グラウンドアンカー構造、受圧板及び、繊維ネット

Also Published As

Publication number Publication date
JP2011080195A (ja) 2011-04-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5150596B2 (ja) アンカー装置およびアンカーの施工法
US3987636A (en) Methods and apparatus for anchoring a submerged structure to a waterbed
US9683347B2 (en) Systems and methods to reinforce excavation walls
US20140237913A1 (en) Foundation Apparatus and Method
JP4190360B2 (ja) 石積壁の補強構造および補強工法
US20080019779A1 (en) Steel-Cased Concrete Piers
KR100638178B1 (ko) 해안 구조물 및 그 시공방법
JP5542529B2 (ja) ハイブリッドアンカーおよびアンカー工法
JP3156537U (ja) アンカー装置
EP3420138B1 (en) Anchoring device for a fence
JP5919675B2 (ja) 複合基礎杭及び複合基礎杭の構築方法
CN207314353U (zh) 一种应用于基坑的支护结构
KR101266112B1 (ko) 절삭견인방법을 이용한 비개착식 횡단구조물 시공방법
KR101253678B1 (ko) 말뚝 기초구조 및 그 시공방법
JP4630851B2 (ja) 法面用アンカー
KR100711054B1 (ko) 앵커체를 이용한 자립식 차수벽 흙막이 공법과 이를 위한 연결소켓
KR101341176B1 (ko) 해상 지지구조물 및 이의 시공 방법
JP2002047650A (ja) 組アンカー体及びその施工方法
JP5210954B2 (ja) 土中アンカー
KR101557462B1 (ko) 자립식 가설 흙막이 및 이의 시공방법
JP6542036B2 (ja) 杭基礎構造
JP3813781B2 (ja) アンカー装置の設置方法
CN212225231U (zh) 一种偏压隧道洞口防护结构
CN211115084U (zh) 新型悬挑承台式塔型岸标
CN209854735U (zh) 一种加强型支护结构

Legal Events

Date Code Title Description
RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20110428

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20110512

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120622

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120703

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120830

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20121106

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20121203

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5150596

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20151207

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250