JP5039528B2 - 画像データ管理装置及びその制御方法及びプログラム - Google Patents

画像データ管理装置及びその制御方法及びプログラム Download PDF

Info

Publication number
JP5039528B2
JP5039528B2 JP2007322543A JP2007322543A JP5039528B2 JP 5039528 B2 JP5039528 B2 JP 5039528B2 JP 2007322543 A JP2007322543 A JP 2007322543A JP 2007322543 A JP2007322543 A JP 2007322543A JP 5039528 B2 JP5039528 B2 JP 5039528B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
image data
transmission
digital camera
communication
wusb
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2007322543A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2009147657A (ja
Inventor
裕司 小出
Original Assignee
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by キヤノン株式会社 filed Critical キヤノン株式会社
Priority to JP2007322543A priority Critical patent/JP5039528B2/ja
Publication of JP2009147657A publication Critical patent/JP2009147657A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5039528B2 publication Critical patent/JP5039528B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N1/00Scanning, transmission or reproduction of documents or the like, e.g. facsimile transmission; Details thereof
    • H04N1/00127Connection or combination of a still picture apparatus with another apparatus, e.g. for storage, processing or transmission of still picture signals or of information associated with a still picture
    • H04N1/00347Connection or combination of a still picture apparatus with another apparatus, e.g. for storage, processing or transmission of still picture signals or of information associated with a still picture with another still picture apparatus, e.g. hybrid still picture apparatus
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N5/00Details of television systems
    • H04N5/222Studio circuitry; Studio devices; Studio equipment ; Cameras comprising an electronic image sensor, e.g. digital cameras, video cameras, TV cameras, video cameras, camcorders, webcams, camera modules for embedding in other devices, e.g. mobile phones, computers or vehicles
    • H04N5/225Television cameras ; Cameras comprising an electronic image sensor, e.g. digital cameras, video cameras, camcorders, webcams, camera modules specially adapted for being embedded in other devices, e.g. mobile phones, computers or vehicles
    • H04N5/232Devices for controlling television cameras, e.g. remote control ; Control of cameras comprising an electronic image sensor
    • H04N5/23293Electronic viewfinders
    • H04N5/232933Graphical User Interface [GUI] specifically adapted for controlling image capture or setting capture parameters, e.g. using a touchscreen
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N2101/00Still video cameras
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N2201/00Indexing scheme relating to scanning, transmission or reproduction of documents or the like, and to details thereof
    • H04N2201/0008Connection or combination of a still picture apparatus with another apparatus
    • H04N2201/0015Control of image communication with the connected apparatus, e.g. signalling capability
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N2201/00Indexing scheme relating to scanning, transmission or reproduction of documents or the like, and to details thereof
    • H04N2201/0008Connection or combination of a still picture apparatus with another apparatus
    • H04N2201/0034Details of the connection, e.g. connector, interface
    • H04N2201/0037Topological details of the connection
    • H04N2201/0041Point to point
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N2201/00Indexing scheme relating to scanning, transmission or reproduction of documents or the like, and to details thereof
    • H04N2201/0008Connection or combination of a still picture apparatus with another apparatus
    • H04N2201/0034Details of the connection, e.g. connector, interface
    • H04N2201/0037Topological details of the connection
    • H04N2201/0043Point to multipoint
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N2201/00Indexing scheme relating to scanning, transmission or reproduction of documents or the like, and to details thereof
    • H04N2201/0008Connection or combination of a still picture apparatus with another apparatus
    • H04N2201/0034Details of the connection, e.g. connector, interface
    • H04N2201/0044Connecting to a plurality of different apparatus; Using a plurality of different connectors
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N2201/00Indexing scheme relating to scanning, transmission or reproduction of documents or the like, and to details thereof
    • H04N2201/0008Connection or combination of a still picture apparatus with another apparatus
    • H04N2201/0034Details of the connection, e.g. connector, interface
    • H04N2201/0048Type of connection
    • H04N2201/0055By radio
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N2201/00Indexing scheme relating to scanning, transmission or reproduction of documents or the like, and to details thereof
    • H04N2201/0077Types of the still picture apparatus
    • H04N2201/0084Digital still camera
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W88/00Devices specially adapted for wireless communication networks, e.g. terminals, base stations or access point devices
    • H04W88/02Terminal devices
    • H04W88/06Terminal devices adapted for operation in multiple networks or having at least two operational modes, e.g. multi-mode terminals

Description

本発明は、ホストモードおよびクライアントモードを備えた通信手段を備え、画像データを他の機器に送信可能な装置に関するものである。
従来から、デジタルカメラ等の撮像装置で撮影された画像を、有線、あるいは無線の通信手段を介して接続状態にあるコンピュータやデジタルカメラ等の他のデバイスに送信することが行われていた。
例えば、撮影した画像と、外部装置の所有者情報とを比較して、一致した場合は撮影した画像を外部装置に無線伝送する装置が知られている(特許文献1参照)。
その際使われる通信手段としてはUSB(Universal Serial Bus)やIEEE1394などの通信インターフェイス規格に準拠した方法が現在一般的に用いられている。
また、IEEE802.11bやIEEE802.11gなどの無線LAN規格に準拠した方法を用いることもある。
また、USBを無線化したWUSB(Wireless Universal Serial Bus)規格に準拠した方法を用いることも検討されている。
これらのインターフェイスの中には、USBやWUSBに代表されるように、2つの機器間の関連が物理層で定められているものがある。例えばUSBを用いてデジタルカメラ同士を接続する場合、一方がUSBのホスト、もう一方がUSBのデバイスの関係となる必要がある。
USB規格の一部として策定されたOn−The−Go規格では、USBインターフェイスを備えた機器同士を接続するためのケーブルとして、Mini−AプラグとMini−Bプラグを両端に持つものを定義している。このケーブルを使用した場合、接続時点では、Mini−Aプラグが接続されたデバイスがUSBのホストとなり、Mini−Bプラグが接続されたデバイスがUSBのデバイスとなる。したがって、USB規格に準拠した通信手段を用いてデジタルカメラ同士を接続する場合は、ケーブルを接続することによって、どちらがUSBのホストとなるか、どちらがUSBのデバイスになるかを決めることになる。
例えば、USB規格に準拠した通信手段を用いてデジタルカメラ同士を接続して、画像ファイルを送受信する技術として、特許文献2に記載の画像処理装置がある。
WUSBでも同様に、一方がWUSBのホスト、もう一方がWUSBのデバイスの関係となる必要がある。すなわち、ユーザーがデジタルカメラ同士をWUSBで接続する場合には、どちらか一方のデジタルカメラをWUSBのホストとして起動して、もう一方のデジタルカメラをWUSBのデバイスとして起動する必要があった。
特開2005−252457号公報 特開2004−40370号公報
例えば、デジタルカメラで撮影された画像データを、接続状態にある他のデジタルカメラに送信する際においても、デジタルカメラ同士のどちらかがホストモード、もう一方がクライアントモードの関係になる場合がある。例えば、USBやWUSBに代表されるように、2つの機器間の関連が物理層で定められている通信インターフェイスで接続されている場合、どちらかがホストモード、もう一方がクライアントモードの関係になる必要がある。従ってこの場合は、どちらをホストモードにするかを決める必要がある。
また、3台以上の機器の間で、撮影された画像データを、接続状態にある他のデジタルカメラに送信する際においても、同じである。即ち、機器間の関連が物理層で定められている通信インターフェイスで接続されている場合、いずれか1台がホストモードになり、それ以外の機器がクライアントモードの関係になる必要がある。このとき、クライアントモード同士の機器間で直接画像データの送信をすることはできない。
特許文献1に示される技術では、USBやWUSBのような2つの機器間の関連が物理層で定められている通信インターフェイスで接続することは考慮されていない。したがって、どの機器がホストモードになるかを決めるための仕組みを別途備える必要がある。例えば、ユーザーが機器に対してホストモード、クライアントモードの指示をする必要がある。
また、特許文献1に示されている技術を、機器間の関連が物理層で決められている通信インターフェイスで接続された3台以上の機器の間に適用しようとした場合、次のようになる。即ち、ホストモードとなった機器がクライアントモードになった機器同士のやりとりを中継する必要があり構成が複雑になる。
また、特許文献2に示される技術では、ユーザーがマスターカメラを操作して、ホストモード、クライアントモードを切り替える必要がある。また、ユーザーがどの画像データを接続されている機器に送信するかを指定する必要があるなどの煩わしさがあった。
そこで、本発明の目的は、ホストモード、クライアントモードがある通信手段を使って、他の機器に画像データの送信をする際の操作性を向上させることである。
上述した課題を解決し、目的を達成するために、本発明に係る画像データ管理装置は、少なくとも1台の外部機器と接続される画像データ管理装置であって、同時に複数のクライアントモードの外部機器と接続可能なホストモードと、同時に1台のホストモードの外部機器と接続可能なクライアントモードとを有する通信手段と、像データの通信機会を判断する通信機会判断手段と、前記通信機会判断手段の判断結果に基づくモードで前記通信手段を起動させる制御手段とを有し、記通信機会判断手段が前記画像データの送信機会と判断した場合、前記制御手段は、前記通信手段をホストモードで起動させ、前記通信手段がホストモードであることを示す情報を出力し、前記複数のクライアントモードの外部機器からの接続要求に応じて前記複数のクライアントモードの外部機器との接続を確立し、前記接続を確立した外部機器が受け付けたユーザ操作により前記接続を確立した外部機器から送信される要求に応じて前記接続を確立した外部機器に前記画像データを送信することを特徴とする。
本発明によれば、ホストモード、クライアントモードがある通信手段を使って、他の機器に画像データの送信をする際の操作性を向上させることが可能となる。
以下、本発明の好適な実施形態について説明する。
まず、本発明の実施形態の概要について説明する。
本発明の実施形態は、同時に複数のクライアントモードの外部機器と接続可能なホストモードと、同時に1台のホストモードの外部機器と接続可能なクライアントモードとがある通信手段を備えたデジタルカメラ等の管理装置に関する。そして、撮影した画像データを他の外部機器に送信する際の操作性を向上させたものである。
本発明の本実施形態では、WUSBの通信手段を備えたデジタルカメラを想定する。しかし、IEEE802.11規格の無線通信におけるアクセスポイントとステーションのような関係にも本実施形態は適用可能である。例えば、同時に複数のクライアントモードの機器と接続可能なホストモード(アクセスポイント)と、同時に1台のホストモードの機器と接続可能なクライアントモード(ステーション)とがある通信手段を備えている通信機器であれば、同様に適用が可能である。また、本実施形態のデジタルカメラは、画像データを撮影すると、撮影した画像データの送信可否を判断して、送信可と判断された場合は自動的に他の機器に撮影した画像データを送信できるようにする。
(第1の実施形態)
以下、本発明に係る画像データ管理装置の第1の実施形態を図面を参照しながら説明する。
図1は本発明の第1の実施形態に係る画像データ管理装置を用いた画像データの送信動作の概要を説明するための図である。
図1において、44は画像の撮影者であり、21は撮影者44の有するデジタルカメラ、22はデジタルカメラ21の表示部である。また40はデジタルカメラ21で撮影される人物、すなわち被写体であり、42は被写体40が有するデジタルカメラである。また41もデジタルカメラ21で撮影される人物、すなわち被写体であり、43は被写体41が有するデジタルカメラである。
デジタルカメラ21、デジタルカメラ42、デジタルカメラ43はWUSBの通信手段を備えており、互いに撮影した画像データ等の送受信が可能である。
デジタルカメラ21の外観構成を、図2を用いて説明する。図2は、デジタルカメラ21の外観構成図である。
デジタルカメラ21は、筐体31、表示部22、WUSB I/F部(無線通信手段)23、記憶媒体29を備える。また、操作部として、DISPボタン24、MENUボタン25、十字キー26、SETボタン27、無線ボタン28、メインスイッチ及びモード切替スイッチ33を備える。さらに、LED30、光学ファインダー32を備える。
表示部22は、筐体31において撮影レンズ(図示せず)が設けられた面と反対側の面に設けられる。表示部22は、例えば、LCDモニターである。表示部22には、撮影対象の被写体がライブで表示される。これにより、構図や露出を確認したり(電子ビューファインダー機能)、撮影画像を確認することができる。また、表示部22には、撮影済みの画像データや各種設定メニュー等が表示される。これにより、画像データの閲覧を行うことができ、各種設定メニュー等を確認することができる。
WUSB I/F部23は、筐体31の内部に実装されている。
記憶媒体29は、筐体31に着脱可能に接続される。記憶媒体29には、例えば画像データが保存される。記憶媒体29は、例えば、SDカードなどのリムーバブル・ストレージ・デバイス、メモリカード、光磁気ディスクその他のリムーバブルメディアである。
DISPボタン24は、筐体31において表示部22の付近に設けられる。DISPボタン24には、電子ビューファインダー表示の指示が入力される。あるいは、DISPボタン24には、撮影画像の確認表示の際に、撮影補助情報や属性情報を表示する/しないを切り替えるための指示が入力される。
MENUボタン25は、筐体31において表示部22の付近に設けられる。MENUボタン25には、各種設定のための指示が入力される。
十字キー26は、筐体31において表示部22の付近に設けられる。十字キー26には、撮影画像の確認表示の際に、画像を順次切り替えるための指示が入力される。あるいは、十字キー26には、メニュー操作の際に、メニュー項目を切り替えるための指示が入力される。
SETボタン27は、筐体31において表示部22及び十字キー26の付近に設けられる。SETボタン27には、メニュー操作の際に、メニュー項目を決定するための指示が入力される。
無線ボタン28は、筐体31において表示部22の付近に設けられる。無線ボタン28には、無線による通信を開始するための指示が入力される。
LED30は、筐体31において表示部22及び無線ボタン28の付近に設けられる。LED30は、点滅又は点灯することにより、ユーザーに無線通信状況を知らせることができる。
メインスイッチ及びモード切替スイッチ33は、撮影モード(REC)、電源OFF、再生モード(PLAY)の3つのポジションを持っている。被写体を撮影する時には、ユーザーはメインスイッチ及びモード切替スイッチ33を撮影モードに設定し、撮影した画像データを閲覧する時には再生モードに設定する。
次に、デジタルカメラ21の構成及び動作を、図3を用いて説明する。図3は、デジタルカメラの構成図である。
デジタルカメラ21は、撮像部323、システム制御部331、信号処理部321、RAM322、ROM327、操作部329、SW制御部328、LED30を備える。デジタルカメラ21は、VRAM325、WUSB I/F部23、USBデバイスI/F部333、FLASHROM335を備える。またデジタルカメラ21は記憶媒体29を着脱可能に備える。
WUSB I/F部23は、他の機器(例えば図1に示すデジタルカメラ42、および43)と接続するときに使用する。WUSB I/F部23はWUSBデバイスコントローラ330、WUSBホストコントローラ326、ホスト・デバイス切替部336、MAC(物理層制御部)324、RFモジュール332、アンテナ334を含む。デジタルカメラ21がWUSBホストとして動作する場合には、WUSBホストコントローラ326を有効にすると同時に、WUSBホストコントローラ326とMAC324が接続されるようホスト・デバイス切替部336を制御する。一方、デジタルカメラ21がWUSBデバイスとして動作する場合には、WUSBデバイスコントローラ330を有効にすると同時に、WUSBデバイスコントローラ330とMAC324が接続されるようホスト・デバイス切替部336を制御する。WUSBホストとして動作する場合と、WUSBデバイスとして動作する場合とで、MAC324、RFモジュール332およびアンテナ334を共有する構成のため、部品数や実装面積を減らすことができる。図1に示すデジタルカメラ42、および43も同様にWUSBのホスト機能とWUSBのデバイス機能を備えているものとする。
一方、USBデバイスI/F部333はPC(不図示)やダイレクト印刷機能を備えたプリンタ(不図示)とUSBケーブルで接続して通信する目的で使用する。
撮像部323は、撮影レンズ(図示せず)、撮像素子、アナログ/デジタル(A/D)変換回路等を含む。撮像素子は、例えばCCD、CMOSセンサーである。撮像素子は、撮影レンズにより結像される被写体像を、光電変換してアナログ画像信号を生成する。アナログ/デジタル(A/D)変換回路は、CCDの後段に設けられている。アナログ/デジタル(A/D)変換回路は、アナログ画像信号をCCDから受け取りAD変換して、デジタル画像信号を生成する。撮像部323は、デジタル画像信号を出力する。システム制御部331は、送信機会判断部331a、受信機会判断部331b、送信設定部331c、送信可否判断部331d、画像解析部331eを含む。
送信機会判断部331aはデジタルカメラ21の動作状態と設定状態、および送信可否判断部331dの判断結果に応じて画像データの送信機会を判断する。送信機会判断部331aが画像データの送信機会と判断すると、デジタルカメラ21はWUSBホストコントローラ326を有効にするとともに、WUSBホストコントローラ326とMAC324が接続されるようホスト・デバイス切替部336を制御する。
受信機会判断部331bはデジタルカメラ21の動作状態や設定状態に応じて画像データの受信機会を判断する。受信機会判断部331bが画像データの受信機会と判断すると、デジタルカメラ21はWUSBデバイスコントローラ330を有効にするとともに、WUSBデバイスコントローラ330とMAC324が接続されるようホスト・デバイス切替部336を制御する。
送信設定部331cは送信対象となる画像データを送信可能な状態に設定し、送信対象でない画像データは送信不可能な状態に設定する。この設定により、送信対象の画像データのみがWUSB I/F部23を介して、他の機器(例えば図1に示すデジタルカメラ42、および43)に送信可能となるよう制御する。
送信可否判断部331dは画像解析部331eの解析結果などをもとにして、撮影された画像データや、表示部22に表示されている画像データが送信可能であるかどうかを判断する。送信可否判断部331dが対象の画像データが送信可能と判断した場合、送信設定部331cは対象の画像データを送信可能な状態に設定する。
画像解析部331eは画像データを解析する。
なお、本実施形態ではシステム制御部331という1つのハードウェアが複数の機能を有して様々な機能を実行するが、制御部は必ずしも1つのハードウェアでなくともよい。例えば、複数のハードウェアが制御部として各機能を分担して実行してもよい。
システム制御部331には、撮像部323、信号処理部321、RAM322、ROM327、SW制御部328、LED30、VRAM325、WUSB I/F部23、USBデバイスI/F部333、FLASHROM335が接続されている。記憶媒体29が装着されている場合は、システム制御部331と接続される。システム制御部331は、撮像部323等に対して制御指令を供給し、デジタルカメラ21の動作を全体的に制御する。
例えば、システム制御部331は、撮像部323に被写体の撮像を行わせ、デジタル画像信号を撮像部323から受け取り信号処理部321へ渡す。システム制御部331は、デジタル画像信号に対して所定の信号処理を施すように、信号処理部321を制御する。システム制御部331は、処理後のデジタル画像信号を信号処理部321から受け取りRAM322に一時的に記憶する。システム制御部331は、RAM322に記憶したデジタル画像信号に対して撮影設定情報などの属性情報をそのヘッダー領域に付加した画像ファイルを生成し、その画像ファイルを記憶媒体29及びFLASHROM335に保存する。
SW制御部328は、操作部329からの入力を制御する。例えば、SW制御部328は、操作部329からの入力信号を所定のデータに変換しシステム制御部331へ渡す。
操作部329は、DISPボタン24、MENUボタン25、十字キー26、SETボタン27、無線ボタン28(図2参照)などを含む。操作部329は、ユーザーから所定の指示を受け付ける。
VRAM325は、デジタル画像信号の表示データや各種ユーザーインターフェイスの表示データなどを保持する。
表示部22は、VRAM325に接続されている。表示部22は、VRAM325が保持する表示データを表示する。
ROM327は、画像を撮像するためのプログラム、撮影した画像を表示部22に表示するためのプログラム、通信するためのプログラムなどを記憶する。
FLASHROM335はAssociationデータ337を保持している。WUSB規格ではデータ暗号化として共通鍵暗号方式を採用しており、WUSBホスト機器とWUSBデバイス機器の間で共通鍵を生成する必要がある。その共通鍵を生成するためのマスター鍵(Connection Key)等からなるCC(Connection Context)を共有するための認証処理がWUSB規格で定義されており、Associationプロセスと呼ばれている。WUSB通信を確立するより前の時点で、そのAssociationプロセスに従ってWUSBホスト機器とWUSBデバイス機器でCCを共有しておく必要がある。また、Associationプロセスにおいては共通鍵を生成するためのCC以外に、WUSBホスト機器とWUSBデバイス機器の間で「Friendly Name」と呼ばれる機器名といったようにお互いの情報を交換することもできる。
一度Associationプロセスによって共有したCCと、機器名等の相手機器情報を合わせてAssociationデータ337として保持している。
デジタルカメラ21が例えば図1に示すデジタルカメラ42とWUSB I/F部23を介して接続される場合、2つの接続形態が考えられる。1つはデジタルカメラ21がWUSBホストとなりデジタルカメラ42がWUSBデバイスとなる場合である。もう1つは、デジタルカメラ21がWUSBデバイスとなりデジタルカメラ42がWUSBホストとなる場合である。Associationデータ337は、それぞれの接続形態に対するCCを保持している。
なお、本実施形態におけるデジタルカメラ21においては、接続対象となる機器(例えば図1に示すデジタルカメラ42、および43)との間でのAssociationプロセスは済んでいるものとする。
また、WUSB規格ではCCの共有を行っていない機器との間では、WUSB接続ができない。このため、CCの共有を行っていない機器に対して、誤って画像データを送信するといったことが発生しない。
図4は本実施形態におけるデジタルカメラ21において、画像データの送信可否条件を設定するための設定画面を示したものである。ユーザーはこの送信可否条件設定画面を使って、自動的に他の機器に送信する画像データの種類を指定できる。「1.全て」を選択すると送信可否判断部331dは撮影した画像データの全てを送信可能と判断する。「2.選択」を選択すると送信可否判断部331dは2−aから2−dの各項目で設定した内容にしたがって画像データが送信可能かどうかを判断する。2−aから2−dの各項目は「○」か「×」を指定する。「1.全て」を選択すると2−aから2−dの各項目は自動的に「−」が表示され、設定が無効であることが示される。「2−a.集合写真」が「○」に設定されると、画像データを画像解析部331eが解析した結果、2人以上の人物を被写体としたと認識された場合に、送信可否判断部331dは対象の画像データを送信可能と判断する。「2−b.笑顔」が「○」に設定されると、画像データを画像解析部331eが解析した結果、被写体人物が笑顔であると認識された場合に、送信可否判断部331dは対象の画像データを送信可能と判断する。「2−c.人物」が「○」に設定されると、画像データを画像解析部331eが解析した結果、人物を被写体としたと認識された場合に、送信可否判断部331dは対象の画像データを送信可能と判断する。「2−d.登録人物」が「○」に設定されると、画像データを画像解析部331eが解析した結果、あらかじめ顔画像のデータを登録した人物が被写体であると認識された場合に、送信可否判断部331dは対象の画像データを送信可能と判断する。一方「×」に設定されると、あらかじめ顔画像のデータを登録した人物が被写体であると認識された場合に、送信可否判断部331dは対象の画像データを送信不可と判断する。例えば、特定の人物が被写体の画像データを送信の対象としたい場合には、ユーザーは本項目を「○」に設定すればよい。また、プライバシー度の高い人物などを被写体とした画像データを、ほかの人に送らない方がよいと判断される場合には、対象人物の顔画像のデータを登録した上でユーザーは本項目を「×」に設定すればよい。
なお、本実施形態においては、撮影した画像データを自動的にほかの機器に送信する場合について説明する。そのため、ユーザーはこの送信可否条件設定画面で「1.全て」を選択したものとする。
図5は本実施形態におけるデジタルカメラ21において、画像データの送信機会を設定するための設定画面を示したものである。ユーザーはこの送信タイミング設定画面を使って、自動的に他の機器に画像データを送信可能なデジタルカメラ21の状態を指定できる。「1.OFF」を選択すると送信機会判断部331aはデジタルカメラ21の状態に依らず自動的に画像データを送信可能にしない。「2.撮影後(10秒)」を選択すると、撮影した画像データに対して送信可否判断部331dが画像データを送信可能と判断した場合、デジタルカメラ21で画像データを撮影してから10秒間を送信機会判断部331aは撮影した画像データの送信機会と判断する。なお、撮影後からどの程度の期間を送信タイミングとするかは別途ユーザーが指定できるようにしてもよい。「3.再生中」を選択すると、デジタルカメラ21が再生モードで表示している画像データに対して送信可否判断部331dが送信可能と判断した場合、対象画像データを表示している期間を送信機会判断部331aは画像データの送信機会と判断する。「4.撮影後+再生中」を選択すると、デジタルカメラ21で画像データを撮影してから10秒間と、対象画像データを表示している期間の両方を送信機会判断部331aは画像データの送信機会と判断する。
なお、本実施形態においては、画像の撮影後すぐに自動的に撮影した画像データをほかの機器に送信する場合について説明する。そのため、ユーザーはこの送信タイミング設定画面で「2.撮影後(10秒)」を選択したものとする。
次に本実施形態におけるデジタルカメラ21が他の機器(例えば図1のデジタルカメラ42)に撮影した画像データを送信する手順を図6、図7のフローチャートを用いて説明する。図6はデジタルカメラ21の動作を示したフローチャートである。図7はデジタルカメラ42の動作を示したフローチャートである。なお、本フローチャートにおける処理は、デジタルカメラのシステム制御部331が各部からの入力信号やプログラムに従い、自機の各部を制御することにより実現される。以下の説明において、各デジタルカメラの実行する処理も同様とする。
ステップS702でデジタルカメラ21は、ユーザーによる撮影の指示を受けたかどうかを判断する。撮影の指示を受けたと判断するとステップS703で撮影動作を行い画像データを取得する。
本実施形態においては、画像の撮影後すぐに自動的に撮影した画像データをほかの機器に送信する。そのため、ステップS704でWUSBホストとして起動して、WUSB規格で定められているMMC(Micro−scheduled Management Command)パケットの送信を開始する。
一方、デジタルカメラ21が撮影した画像データを受信する側となるデジタルカメラ42では、まずステップS802でWUSBデバイスとして起動する。次にステップS803でMMCの検索動作を開始し、Association済みのWUSBホスト機器が存在しないかを調べる。
ステップS804でAssociation済みのWUSBホスト機器であるデジタルカメラ21のMMCパケットを検知すると、ステップS805でWUSBの接続要求であるDN_Connectパケットを送信する。DN_ConnectパケットにはWUSBデバイスに対してユニークに割り振られるCDID(Connection Device ID)値を記述するフィールドがある。WUSBホストはDN_ConnectパケットのCDID値のフィールドを調べることによって、接続要求を出しているWUSBデバイス機器を識別することができる。
デジタルカメラ21はステップS705でデジタルカメラ42のDN_Connectパケットを受信するとステップS706で接続許可を示すWCONNECTACK_IEパケットを送信する。
次にステップS707で接続許可を出したデジタルカメラ42との間でWUSB接続を確立する。ここでは、WUSB規格に沿った4−way handshake処理や有線USB規格と同様のGet DescriptorパケットやSetConfigurationパケットによるネゴシエーション処理が行われる。4−way handshake処理には、Associationプロセスで事前に共有したマスター鍵(CK)を使用した認証処理が含まれるため、AssociationプロセスによるCCの共有が行われていない機器同士ではWUSB接続が確立されない。
デジタルカメラ42では、ステップS806でWUSBホスト機器であるデジタルカメラ21からのWCONNECTACK_IEパケットを受信する。そしてステップS807で、デジタルカメラ21との間で4−way handshake処理などによるWUSB接続を確立する。
ステップS807でWCONNECTACK_IEパケットが受信できなかった場合は、ステップS804のMMCパケットの検知動作に戻る。
WUSB接続の確立後、デジタルカメラ21はステップS708でステップS703で撮影した画像データの情報をデジタルカメラ42に送信する。送信する情報としては、画像データの識別子のほかに、デジタルカメラ21の所有者名の情報や、撮影日時に関する情報、画像データのデータサイズの情報、画像解析部331eの解析結果の情報などが含まれてもよい。
その後ステップS709でデジタルカメラ42からの画像データ送信要求があるか調べる。デジタルカメラ42からの画像データ送信要求を受信した場合、ステップS710で撮影した画像データをデジタルカメラ42に送信して、ステップS711に進む。画像データ送信要求がなかった場合は画像データの送信処理を行わず、ステップS711に進む。
一方、デジタルカメラ42ではWUSB接続の確立後、ステップS808でデジタルカメラ21からの画像データ情報を受信する。受信した画像データ情報を確認して、所望の画像データであると判断される場合は、ステップS809で画像データ送信要求を送信する。例えば、デジタルカメラ42のユーザーが被写体人物が笑顔の画像データだけをほしい場合は、デジタルカメラ42は画像データ情報に含まれる画像の解析結果の情報を調べる。そして笑顔である旨の解析結果が含まれているかに基づき、画像データ送信要求を送信するか否かを判断する。このことによって目的の画像データだけを受信するように制御することができる。
ステップS810でデジタルカメラ21から送信される画像データを受信する。ステップS811で受信が完了したかどうかを調べ、完了していない場合はステップS810の画像データ受信処理を継続する。受信が完了すると、ステップS812でWUSB規格で定められたDN_Disconnectパケットを送信して、WUSB接続を切断する。
その後、ステップS804のMMCパケットの検索動作に戻り、次にデジタルカメラ21が撮影を行って画像データの送信のためにWUSBホストとして起動するのを待つ。したがって、デジタルカメラ21以外の機器が撮影した画像データを送信するためにWUSBホストとして起動した場合でも、デジタルカメラ42がその機器からのMMCパケットをステップS804で検知することができる。
一方、デジタルカメラ21では、画像データの送信後、ステップS711では撮影後一定時間経過したかどうかを調べる。本実施形態では図5の送信タイミング設定画面で「2.撮影後(10秒)」を選択しているので、10秒経過したかどうかを調べる。経過していない場合は、ステップS705に戻り、デジタルカメラ42以外からの接続要求が発生していないかを調べる。例えば図1のデジタルカメラ43からも接続要求が発生していた場合、ステップS706からステップ710の手順を繰り返すことによって、デジタルカメラ43にも撮影した画像データを送信することができる。
ところで、ステップS705に戻ったときに再びデジタルカメラ42からの接続要求であるDN_Connectパケットを受信することが考えられる。WUSBホストはDN_ConnectパケットのCDID値のフィールドを調べることによって、接続要求を出しているWUSBデバイス機器を識別することができる。そのため、デジタルカメラ21はデジタルカメラ42からのDN_Connectパケットを再度受信した場合は、ステップS706でWCONNECTACK_IEパケットで接続許可を送信しないようにする。これによって、同じ画像データをWUSBデバイスに送信しないよう制御することができる。
デジタルカメラ42側はステップS806でデジタルカメラ21からのWCONNECTACK_IEパケットを受信しない場合はステップS804のMMCパケットの検知に戻る。そのため、デジタルカメラ21における一回の画像データの撮影および送信シーケンスに対して複数回WUSB接続を確立することを回避できる。
ステップS711で一定時間経過した場合は、ステップS712でWUSBホスト機能を停止して、ステップS702に戻り次の撮影指示を待つ。
図8はWUSBホスト(本実施形態のデジタルカメラ21)とWUSBデバイス(本実施形態のデジタルカメラ42)がWUSB接続を確立してから画像データを送信するまでの手続きを示したシーケンス図である。
まずステップS901で図6のステップS707および図7のステップS807で説明したWUSB接続の確立の手順を実行する。本実施形態ではデジタルカメラ21とデジタルカメラ42はUSBのSTIクラス(Still Image Class)で定義されたクラスリクエストを使って通信するものとする。そのため、WUSBホストであるデジタルカメラ21がステップS902でPTP(Picture Transfer Protocol)規格で定められているOpenSessionオペレーションを発行する。それに対してWUSBデバイスであるデジタルカメラ42がステップS903でOKを示すレスポンスを返す。次にステップS904でデジタルカメラ21がPTPのGetDeviceInfoオペレーションを発行し、それに対してデジタルカメラ42がステップS905でデバイス情報とレスポンスを返す。
次にステップS906でデジタルカメラ21がPTPの拡張コマンドで記述したSendCaptureObjectInfoオペレーションで画像データの識別子情報を含む画像データ情報を送信する。それに対してデジタルカメラ42がステップS907でレスポンスを返す。
次にデジタルカメラ42はステップS908でPTPの拡張イベントで記述したRequestCaptureObjectイベントを発行して画像データ送信要求を送信する。このとき、画像データ送信要求のパケットに送信を要求する画像データの識別子を付加する。イベントを受けると、デジタルカメラ21はステップS909でPTPのSendObjectInfoオペレーションとObject情報データとして、撮影した画像データに関する属性情報を送信する。画像データの属性情報のObjectサイズ情報などを確認して受信可能な場合は、デジタルカメラ42はステップS910でOKを示すレスポンスを返す。
OKを示すレスポンスを受けると、デジタルカメラ21はステップS911でPTPの拡張コマンドで記述したSendPartialObjectオペレーションで画像データを分割(例えば256KByteごとのパケットに分割)して送信する。そして、分割された画像データを受信するとデジタルカメラ42はステップS912でOKを示すレスポンスを返す。SendPartialObjectオペレーションを繰り返して画像データを送信する。
このように、本実施形態によれば、撮影した画像データを送信する機器が撮影後自動的にWUSBホストとして起動し、画像データを受信する機器がWUSBデバイスとして起動して画像データの受信待ちをする。そのため、WUSBのようにホストモード、クライアントモードがある通信手段で画像データをやりとりする場合でも、ユーザーが機器に対してホストモード、クライアントモードの指示をする必要がない。また、撮影後自動的に撮影した画像データを送信するので、ユーザーが送信する画像データを指定するといった煩わしさを減らすことができる。また、画像データを送信する機器がWUSBホストとなるため、複数の機器と同時に接続することができる。したがって、一度WUSBホストとして起動した状態で、撮影した画像データを複数の機器に送信することが可能である。
また、画像データを送信する側がWUSBのホスト機能を起動して、画像データを受信するために待ち受け動作をする側がWUSBのデバイス機能を起動するようにホスト、デバイスの役割を設定する。これによって、ホスト側になる機器とデバイス側になる機器の両方の消費電力を低減させることができる。すなわち、デジタルカメラ21は画像データを撮影した後にだけWUSBのホスト機能を起動にするので、常に図2のWUSB I/F部(無線通信手段)23を稼動させる必要がなく、消費電力を低減させることができる。一方デジタルカメラ42側も画像データの受信をしない間はMMCパケットの検知動作のみを行う。常にWUSB接続を確立した状態を保持する必要がなく、WUSB接続や画像受信のためのプログラムを動かすRAM領域やCPU負荷を減らすことができる。また、MMCパケットの検知動作の間隔を広げることによって無線通信動作に必要な消費電力を低減させることができる。
また、常に特定のWUSBホスト機器と接続した状態ではないので、複数のデジタルカメラからの画像データを受信することができる。
また、図6のステップS710で撮影した画像データ以外の画像データを送信しないように制御することによって、送信対象以外の画像データを送信してしまうことがない。
(第2の実施形態)
この第2の実施形態においては、撮影した画像データのうち、被写体人物が笑顔であると認識された画像データと2人以上の人物を被写体としたと認識された画像データを自動的に他の機器に送信する場合について説明する。
なお、第2の実施形態に係るデジタルカメラの構成は第1の実施形態に係るデジタルカメラと同様であるため、以下では、第1の実施形態と異なる部分を中心に説明し、同様の部分に関しては説明を省略する。
本実施形態では、ユーザーは図4の送信可否条件設定画面で「2.選択」を選択したものとする。さらに「2−a.集合写真」の項目を「○」に、「2−b.笑顔」の項目を「○」に、「2−c.人物」の項目を「×」に、「2−d.登録人物」の項目を「×」に設定したものとする。またユーザーは図5の送信タイミング設定画面で「2.撮影後(10秒)」を選択したものとする。
図9は本実施形態におけるデジタルカメラ21において、画像データの受信機会を設定するための設定画面を示したものである。ユーザーはこの受信タイミング設定画面を使って、デジタルカメラ21の状態ごとに、他の機器から画像データを受信するか否かをONあるいはOFFで指定できる。「1.再生モード」をONに設定すると、受信機会判定部331bはデジタルカメラ21が再生モードの状態にあるときを受信機会と判断する。「2.パワーオフ」をONに設定すると、受信機会判定部331bはデジタルカメラのメインスイッチ及びモード切替スイッチ33が電源OFFの状態にあるときを受信機会と判断する。「3.撮影モード」をONに設定すると、受信機会判定部331bはデジタルカメラ21が撮影モードの状態にあるときを受信機会と判断する。
「3.撮影モード」がONに設定された場合、さらに細かい状態ごとに他の機器から画像データを受信するか否かをONあるいはOFFで指定できる。「3−a.EVF中」をONに設定すると、受信機会判定部331bはデジタルカメラの表示部22に撮影対象の被写体がライブで表示されている状態にあるときを受信機会と判断する。「3−b.撮影準備中」をONに設定すると、受信機会判定部331bはユーザーがSW1(不図示)を押してAF動作を開始して撮影の準備を指示した状態にあるときを受信機会と判断する。なお、上記のSW1は、レリーズボタンの半押しでONになるスイッチである。
本実施形態ではユーザーはこの受信タイミング設定画面で「1.再生モード」の項目をONに設定したものとする。また、「2.パワーオフ」の項目をOFFに設定したものとする。また、「3.撮影モード」の項目をONに設定し、「3−a.EVF中」の項目をONに設定したものとする。また、「3−b.撮影準備中」の項目をOFFに設定したものとする。
デジタルカメラ21が他の画像データを受信できる機会が多い方が他の機器が撮影した画像データをとりこぼすことが少ない。一方で、例えば被写体画像のライブ表示動作や撮影準備動作中にWUSBデバイス機能や画像データ受信のためのプログラムが並行して動作すると、撮影準備動作に必要なRAM領域が減ってしまったり、CPUの負荷が高くなる。これによって、デジタルカメラ21の操作性や各種処理能力が損なわれることが考えられる。また、ユーザーが撮影指示をしてからシャッターが切れるまでの撮影タイムラグが大きくなったりというデメリットも考えられる。また、WUSBデバイス機能を有効にするとその分電力を消費してバッテリーの持続時間に影響が出る。そのため、本実施形態においては、上述したようにユーザーがカメラの状態ごとに画像データの受信機会を設定できるようになっている。
次に本実施形態におけるデジタルカメラ21が他の機器(例えば図1のデジタルカメラ42)に撮影した画像データを送信する手順を図10、図11のフローチャートを用いて説明する。図10および図11はデジタルカメラ21が撮影モードの状態での動作を示したフローチャートである。デジタルカメラ42の動作は図7で示したフローチャートと同様であるので説明を省略する。本実施形態におけるデジタルカメラ21は、撮影モードの状態で他の機器が撮影した画像データを受信するよう動作する。また、デジタルカメラ21で撮影した画像データの送信可否を判断して、送信可の場合は他の機器にその画像データを送信可能となるよう動作する。以下のフローチャートの説明では、図1のデジタルカメラ43が本実施形態のデジタルカメラ21と同様に動作しているものとし、デジタルカメラ43が撮影した画像データをデジタルカメラ21が受信する場面を例に説明する。また、デジタルカメラ42の動作は図7で示したフローチャートと同様であるものとし、デジタルカメラ21が撮影した画像データをデジタルカメラ42に送信する場面を例に説明する。
本実施形態では、デジタルカメラ21は、ユーザーにより図9の受信タイミング設定画面で「3.撮影モード」の項目がONに設定されているため、ステップS1002でWUSBデバイスとして起動する。
次にステップS1003でMMCの検索動作を開始し、Association済みのWUSBホスト機器が存在しないかを調べる。
ステップS1004でAssociation済みのWUSBホスト機器である他のデジタルカメラ(例えば図1のデジタルカメラ43)のMMCパケットを検知すると、ステップS1005の画像データ受信時の動作に進む。ステップS1005の詳細な動作手順については後述する。
ステップS1004でMMCパケットの検知をしなかった場合は、ステップS1006でユーザーが撮影準備の指示をしたかどうかを判断する。本実施形態ではユーザーは図9の受信タイミング設定画面で「3−b.撮影準備中」の項目をOFFに設定しているため、撮影準備の指示が発生するとステップS1007でWUSBデバイス機能を停止する。撮影準備の指示をしていない場合は、ステップS1004に戻る。
次にステップS1008でユーザーが撮影の指示をしたかどうかを判断する。
ステップS1006でユーザーが撮影準備の指示をしてから撮影の指示が一定時間内(例えば10秒程度)にこなかった場合は、ユーザーが撮影をキャンセルしたと判断して、ステップS1002に戻り再びWUSBデバイスとして起動する。
撮影の指示が発生するとステップS1009で撮影動作を行い画像データを取得する。本実施形態においては、画像の撮影後、被写体人物が笑顔であると認識された画像データと2人以上の人物を被写体としたと認識された画像データをすぐに自動的にほかの機器に送信する。そのため、ステップS1019で画像解析部331eが撮影した画像データを解析する。解析の結果撮影した画像データの被写体人物が笑顔であると認識された場合と、2人以上の人物を被写体としたと認識された場合は送信可否判断部331dは撮影された画像データが送信可能と判断する。
送信機会判断部331aはデジタルカメラ21の動作状態と送信可否判断部331dの判断結果から画像データの送信機会であると判断する。そして、ステップS1010でWUSBホストとして起動して、WUSB規格で定められているMMCパケットの送信を開始する。撮影した画像データが風景を撮影したものや被写体人物が一人であると認識された場合は、送信機会判断部331aは画像データの送信機会でないと判断する。そのため、WUSBホストとしては起動せずにステップS1002に戻り再びWUSBデバイスとして起動する。
デジタルカメラ21はステップS1011で他のデジタルカメラ(例えば図1のデジタルカメラ42)のDN_Connectパケットを受信するとステップS1012で接続許可を示すWCONNECTACK_IEパケットを送信する。
次にステップS1013で接続許可を出したデジタルカメラ42との間でWUSB接続を確立する。ここでは、WUSB規格に沿った4−way handshake処理や有線USB規格と同様のGet DescriptorパケットやSetConfigurationパケットによるネゴシエーション処理が行われる。
WUSB接続の確立後、デジタルカメラ21はステップS1014でステップS1009で撮影した画像データの情報をデジタルカメラ42に送信する。送信する情報としては、画像データの識別子のほかに、デジタルカメラ21の所有者名の情報や、撮影日時に関する情報、画像データのデータサイズの情報、画像解析部331eの解析結果の情報などが含まれてもよい。
その後ステップS1015でデジタルカメラ42からの画像データ送信要求があるか調べる。デジタルカメラ42からの画像データ送信要求を受信した場合、ステップS1016で撮影した画像データをデジタルカメラ42に送信して、ステップS1017に進む。画像データ送信要求がなかった場合は画像データの送信処理を行わず、ステップS1017に進む。
ところで、ステップS1015で画像データ送信要求を受信したときに、送信の対象としない画像データの識別子を指定された場合は、次のステップS1016での送信処理を行わないよう制御する。
ステップS1017では撮影後一定時間経過したかどうかを調べる。本実施形態では図5の送信タイミング設定画面で「2.撮影後(10秒)」を選択しているので、10秒経過したかどうかを調べる。経過していない場合は、ステップS1011に戻り、デジタルカメラ42以外からの接続要求が発生していないかを調べる。一定時間経過した場合は、ステップS1018でWUSBホスト機能を停止して、ステップS1002に戻りWUSBデバイスとして起動する。
次に図11のフローチャートを使ってステップS1005の画像データ受信時の動作について説明する。
図10のステップS1004でAssociation済みのWUSBホスト機器であるデジタルカメラ43のMMCパケットを検知したので、ステップS1102でWUSBの接続要求であるDN_Connectパケットを送信する。
ステップS1103でWUSBホスト機器からのWCONNECTACK_IEパケットを受信すると、ステップS1104でデジタルカメラ43との間で4−way handshake処理などによるWUSB接続を確立する。
ステップS1103でWCONNECTACK_IEパケットが受信できなかった場合は、画像データ受信時の動作が終了され、図10のステップS1104のMMCパケットの検知動作に戻る。
WUSB接続の確立後、ステップS1105でデジタルカメラ43からの画像データ情報を受信する。受信した画像データ情報を確認して、所望の画像データであると判断される場合は、ステップS1106で画像データ送信要求を送信する。
次にステップS1107でデジタルカメラ43から送信される画像データを受信する。ステップS1108で受信が完了したかどうかを調べ、完了していない場合はステップS1107の画像データ受信処理を継続する。受信が完了すると、ステップS1109でWUSB規格で定められたDN_Disconnectパケットを送信して、WUSB接続を切断する。これによって画像データ受信時の動作が終了され、図10のステップS1004のMMCパケットの検索動作に戻る。
このように、本実施形態によれば、撮影した画像データを送信する機器が撮影後自動的にWUSBホストとして起動し、画像データを受信する機器がWUSBデバイスとして起動して画像データの受信待ちをする。そのため、WUSBのようにホストモード、クライアントモードがある通信手段で画像データをやりとりする場合でも、ユーザーが機器に対してホストモード、クライアントモードの指示をする必要がない。
また、送信可否判断部331dの判断結果に応じて撮影後自動的に撮影した画像データを送信するので、ユーザーが送信する画像データを指定するといった煩わしさを減らすことができる。特に、笑顔の写真や集合写真など被写体となった人物がほしいと思われる画像データだけを、自動的に被写体となった人物が所有する機器に対して送信できる。
また、画像データを送信する機器がWUSBホストとなるため、複数の機器と同時に接続することができる。したがって、一度WUSBホストとして起動した状態で、撮影した画像データを複数の機器に送信することが可能である。したがって、集合写真のように複数の人物が被写体となった場合でも、複数の人物が所有する機器に対して撮影した画像データを送信することができる。
また、デジタルカメラ21は画像データを撮影した後にだけWUSBのホスト機能を起動するので、常に図2のWUSB I/F部(無線通信手段)23を稼動させる必要がなく、消費電力を低減させることができる。一方デジタルカメラ42側も画像データの受信をしない間はMMCパケットの検知動作のみを行う。常にWUSB接続を確立した状態を保持する必要がなく、WUSB接続や画像受信のためのプログラムを動かすRAM領域やCPU負荷を減らすことができる。
また、MMCパケットの検知動作の間隔を広げることによって消費電力を低減させることができる。
また、常に特定のWUSBホスト機器と接続した状態ではないので、複数のデジタルカメラからの画像データを受信することができる。
また、デジタルカメラ21は撮影準備中や撮影した画像データの送信動作をしない間は、WUSBデバイスとして動作し、他の機器が撮影した画像データの受信が可能である。例えばデジタルカメラ21の所有者44を被写体としてデジタルカメラ43の所有者41が画像を撮影した場合、撮影した画像データを自動的にデジタルカメラ43からデジタルカメラ21に送ってもらうことができる。
ところで、本実施形態ではユーザーが図5の送信タイミング設定画面で「2.撮影後(10秒)」と設定したものとして説明した。しかし、前述したようにこの画面で「3.再生中」が選択された場合、送信機会は撮影直後に限られない。例えば、デジタルカメラ21が再生モードで表示している画像データに対して送信可否判断部331dが送信可能と判断した場合、対象画像データを表示している期間を送信機会判断部331aは画像データの送信機会と判断する。したがって、デジタルカメラ21が撮影動作を行った際に、デジタルカメラ42がデジタルカメラ21と通信できない場合でも、後からデジタルカメラ21からデジタルカメラ42に撮影した画像データを送信することができる。例えば、デジタルカメラ42がWUSBの通信可能圏内にいなかった場合や、デジタルカメラ42がWUSBのデバイスとして起動していなかった場合でも、後で画像データを送信することができる。すなわち、撮影から時間がたった後であっても、デジタルカメラ21の近傍にデジタルカメラ42を持ってくれば、画像データをデジタルカメラ21からデジタルカメラ42に送信することができる。具体的には、デジタルカメラ42を図7のフローチャートに従って動作させて、デジタルカメラ21を再生モードに設定して送信対象の画像データを表示させることによって、表示されている画像データを送信することができる。
また、ユーザーは図9の受信タイミング設定画面を使って画像データの受信機会を設定することができる。その場合、「1.再生モード」をOFFにしている場合であっても、時にはデジタルカメラが再生モードにある状態で他のカメラが撮影した画像データを受信したいことがある。本実施形態のデジタルカメラ21は、WUSBのホスト機能、およびWUSBのデバイス機能が稼動していない状態で、ユーザーが無線ボタン28を操作することによって、強制的にWUSBのデバイスとして起動することができるものとする。これによって、図9の受信タイミング設定画面で画像データの受信機会を設定しなおすことなく、簡単に他のカメラが撮影した画像データを受信できる状態にすることができる。
(第3の実施形態)
この第3の実施形態においては、撮影した画像データを自動的に他の機器に送信する場合であって、さらに画像データの送信中に撮影の準備動作が発生した場合について説明する。
なお、第3の実施形態に係るデジタルカメラの構成は第1の実施形態に係るデジタルカメラと同様であるため、以下では、第1の実施形態と異なる部分を中心に説明し、同様の部分に関しては説明を省略する。
本実施形態では、ユーザーは図4の送信可否条件設定画面で「1.全て」を選択したものとする。またユーザーは図5の送信タイミング設定画面で「2.撮影後(10秒)」を選択したものとする。また第1の実施形態におけるデジタルカメラと同様に、撮影モードでは他の機器から画像データを受信しないよう動作するものとする。
次に本実施形態におけるデジタルカメラ21が他の機器(例えば図1のデジタルカメラ42)に撮影した画像データを送信する手順を図12のフローチャートを用いて説明する。図12はデジタルカメラ21が撮影モードの状態での動作を示したフローチャートである。デジタルカメラ42の動作は図7で示したフローチャートと同様であるので説明を省略する。
ステップS1202でデジタルカメラ21でユーザーが撮影の指示をしたかどうかを判断する。撮影の指示が発生するとステップS1203で撮影動作を行い画像データを取得する。
本実施形態においては、画像の撮影後すぐに自動的に撮影した画像データを他の機器に送信する。そのため、ステップS1204でWUSBホストとして起動して、WUSB規格で定められているMMCパケットの送信を開始する。
ステップS1205でデジタルカメラ42のDN_Connectパケットを受信するとステップS1206で接続許可を示すWCONNECTACK_IEパケットを送信する。
次にステップS1207で接続許可を出したデジタルカメラ42との間でWUSB接続を確立する。ここでは、WUSB規格に沿った4−way handshake処理や有線USB規格と同様のGet DescriptorパケットやSetConfigurationパケットによるネゴシエーション処理が行われる。4−way handshake処理には、Associationプロセスで事前に共有したマスター鍵(CK)を使用した認証処理が含まれるため、AssociationプロセスによるCCの共有が行われていない機器同士ではWUSB接続が確立されない。
デジタルカメラ42とWUSB接続を確立した後、ステップS1209で他のWUSBデバイス機器からのDN_Connectパケットがないかを調べる。デジタルカメラ21はWUSBホストとして動作しているため、同時に複数のWUSBデバイス機器と接続を確立することができる。
他のWUSBデバイス機器からのDN_Connectパケットを受信すると、再びステップS1206で接続許可を示すWCONNECTACK_IEパケットを送信する。
接続要求を出している1台以上のWUSBデバイス機器とのWUSB接続を確立した後、ステップS1210で撮影した画像データの情報をデジタルカメラ42を含むWUSB接続されているWUSB機器に送信する。送信する情報としては、画像データの識別子のほかに、デジタルカメラ21の所有者名の情報や、撮影日時に関する情報、画像データのデータサイズの情報、画像解析部331eの解析結果の情報などが含まれてもよい。
ところで、本実施形態におけるデジタルカメラ21は画像データの送信中に撮影の準備動作が発生した場合には画像データの送信を中断して、撮影準備動作を優先する。また、連続撮影動作を行った場合は、1枚撮影するごとに撮影した画像データを送信するのではなく、連続撮影動作が完了した後に撮影された複数の画像データを送信するよう動作する。
そこで図13に示すような画像データの送信状態を示すテーブルをRAM322に保持している。図13で1301は画像データのファイル名を示し、1302は送信可否判断部331dの判断の結果を示す。本実施形態のデジタルカメラ21は、撮影したすべての画像データを送信するよう設定されているため、1302のフィールドには「○」が記録される。1303は各画像データの送信状態が記録される。「送信成功」は画像データが送信されたことを示す。「中断」は画像データの送信が中断されたことを示す。「未送信」は画像データの送信動作がまだ行われていないことを示す。
ステップS1210では、図13の送信状態テーブルで「未送信」と「中断」が記録されている画像データの情報を送信する。
その後ステップS1211でデジタルカメラ42を含むWUSB機器からの画像データ送信要求があるか調べる。図8のステップS908に示したように、画像データ送信要求はPTPの拡張イベントで記述したRequestCaptureObjectイベントの発行によって行われる。例えば、デジタルカメラ42が3つの画像データの送信要求を行う場合は、RequestCapturedObjectイベントを3回発行し、それぞれのイベントに送信を要求する画像データの識別子を付加して発行するものとする。
デジタルカメラ42からの画像データ送信要求を受信した場合、ステップS1212で撮影した画像データを適当なデータサイズに分割してデジタルカメラ42を含むWUSB機器に順次送信する。
いずれのWUSB機器からも画像データ送信要求がなかった場合は画像データの送信処理を行わず、ステップS1216に進む。
本実施形態のデジタルカメラ21は、画像データの送信中に撮影の準備動作が発生した場合は画像データの送信を中断するため、ステップS1213で撮影準備の指示があるかどうかを調べる。
撮影準備の指示があった場合、ステップS1215で画像データの送信を中断する。その際、送信が完了しなかった画像データに関して図13の送信状態テーブルのその画像データに対応する送信状態のフィールド1303に「中断」を記録する。
撮影準備の指示がない場合はステップS1214でステップS1211で画像データ転送要求があったすべての画像データを送信したかどうかを調べる。
送信が完了していた場合はステップS1216に進む。送信が完了していない場合は、ステップS1212に移行して未転送の画像データの送信や、他のWUSB機器への画像データの送信動作を継続する。画像データの送信動作を行っている間は、デジタルカメラ21の表示部22に撮影した画像データを表示し続けるとともに、LED30を点滅させることによって、ユーザーに画像データを送信中であることを知らせるようにすることもできる。また、送信が完了した画像データに関しては、図13の送信状態テーブルのその画像データに対応する送信状態のフィールド1303に「送信成功」を記録する。
全ての画像データの送信が完了すると、ステップS1216でWUSBホスト機能を停止して、ステップS1202に戻り次の撮影指示を待つ。
ステップS1205でデジタルカメラ42を含むWUSB機器からのDN_Connectパケットを受信しなかった場合、ステップS1208で撮影後一定時間経過したかどうかを調べる。本実施形態では図5の送信タイミング設定画面で「2.撮影後(10秒)」を選択しているので、10秒経過したかどうかを調べる。経過していない場合は、ステップS1205に戻り、接続要求であるDN_Connectパケットが発生していないかを調べる。
ステップS1208で一定時間経過した場合は、ステップS1216でWUSBホスト機能を停止して、ステップS1202に戻り次の撮影指示を待つ。
このように、本実施形態のデジタルカメラ21は、画像データを送信する際に画像データを分割して転送し、転送の合間で撮影準備指示が発生したかどうかを調べ、撮影準備指示が発生していた場合は画像データの送信を中断して、撮影準備動作を優先する。そのため、画像データの送信中であっても送信の完了を待つことなく新たな画像を撮影することができる。また、送信が中断された画像データに関しては、新たな撮影された画像データを送信するタイミングで送信することができる。
また、図13の送信状態テーブルの1302の送信可否フィールドが「×」となっている画像データに対して、ステップS1211で送信要求があっても、ステップS1212でその画像データを送信しないよう制御する。これによって、送信対象以外の画像データを送信しないようにすることができる。
(他の実施形態)
また、各実施形態の目的は、次のような方法によっても達成される。すなわち、前述した実施形態の機能を実現するソフトウェアのプログラムコードを記録した記憶媒体(または記録媒体)を、システムあるいは装置に供給する。そして、そのシステムあるいは装置のコンピュータ(またはCPUやMPU)が記憶媒体に格納されたプログラムコードを読み出し実行する。この場合、記憶媒体から読み出されたプログラムコード自体が前述した実施形態の機能を実現することになり、そのプログラムコードを記憶した記憶媒体は本発明を構成することになる。また、コンピュータが読み出したプログラムコードを実行することにより、前述した実施形態の機能が実現されるだけでなく、本発明には次のような場合も含まれる。すなわち、プログラムコードの指示に基づき、コンピュータ上で稼働しているオペレーティングシステム(OS)などが実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって前述した実施形態の機能が実現される。
さらに、次のような場合も本発明に含まれる。すなわち、記憶媒体から読み出されたプログラムコードが、コンピュータに挿入された機能拡張カードやコンピュータに接続された機能拡張ユニットに備わるメモリに書込まれる。その後、そのプログラムコードの指示に基づき、その機能拡張カードや機能拡張ユニットに備わるCPUなどが実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって前述した実施形態の機能が実現される。
本発明を上記記憶媒体に適用する場合、その記憶媒体には、先に説明した手順に対応するプログラムコードが格納されることになる。
本発明の各実施形態に共通するデジタルカメラの使用形態を示した図である。 本発明の各実施形態に共通するデジタルカメラの外観を示した図である。 本発明の各実施形態に共通するデジタルカメラの構成を示した図である。 本発明の各実施形態に共通するデジタルカメラの設定画面を示した図である。 本発明の各実施形態に共通するデジタルカメラの設定画面を示した図である。 本発明の第1の実施形態におけるデジタルカメラの画像データの送信手順を説明したフローチャートである。 本発明の第1の実施形態におけるデジタルカメラの画像データの受信手順を説明したフローチャートである。 本発明の第1の実施形態におけるデジタルカメラの通信手順を示した図である。 本発明の第2の実施形態におけるデジタルカメラの設定画面を示した図である。 本発明の第2の実施形態におけるデジタルカメラの画像データの送信手順を説明したフローチャートである。 本発明の第2の実施形態におけるデジタルカメラの画像データの送信手順を説明したフローチャートである。 本発明の第3の実施形態におけるデジタルカメラの画像データの送信手順を説明したフローチャートである。 本発明の第3の実施形態におけるデジタルカメラの画像データの送信状態を示すテーブルを説明した図である。
符号の説明
22 表示部
23 WUSB I/F部
29 記憶媒体
30 LED
325 VRAM
327 ROM
333 USBデバイスI/F部
335 FLASH ROM
337 Associationデータ
328 SW制御部
329 操作部
331 システム制御部
331a 送信機会判断部
331b 受信機会判断部
331c 送信設定部
331d 送信可否判断部
331e 画像解析部
323 撮像部
322 RAM
321 信号処理部
321 信号処理部
326 WUSBホストコントローラ
330 WUSBデバイスコントローラ
336 ホスト・デバイス切替部
324 MAC
332 RFモジュール
334 アンテナ

Claims (10)

  1. 少なくとも1台の外部機器と接続される画像データ管理装置であって、
    同時に複数のクライアントモードの外部機器と接続可能なホストモードと、同時に1台のホストモードの外部機器と接続可能なクライアントモードとを有する通信手段と、
    像データの通信機会を判断する通信機会判断手段と、
    前記通信機会判断手段の判断結果に基づくモードで前記通信手段を起動させる制御手段とを有し、
    記通信機会判断手段が前記画像データの送信機会と判断した場合、前記制御手段は、前記通信手段をホストモードで起動させ、前記通信手段がホストモードであることを示す情報を出力し、前記複数のクライアントモードの外部機器からの接続要求に応じて前記複数のクライアントモードの外部機器との接続を確立し、前記接続を確立した外部機器が受け付けたユーザ操作により前記接続を確立した外部機器から送信される要求に応じて前記接続を確立した外部機器に前記画像データを送信することを特徴とする画像データ管理装置。
  2. 送信対象の画像データを送信可能な状態に設定する送信設定手段と、
    被写体像を撮像して画像データを取得する撮像手段とをさらに備え、
    前記通信機会判断手段は、前記撮像手段が被写体像を撮像して画像データを取得した場合に送信機会と判断し、前記送信設定手段は取得された画像データを送信可能な状態に設定することを特徴とする請求項1に記載の画像データ管理装置。
  3. 送信対象の画像データを送信可能な状態に設定する送信設定手段と、
    画像データを表示する表示手段とをさらに備え、
    前記通信機会判断手段は、画像データが前記表示手段に表示された場合に送信機会と判断し、前記送信設定手段は前記表示手段に表示された画像データを送信可能な状態に設定することを特徴とする請求項1に記載の画像データ管理装置。
  4. 前記制御手段は、前記通信機会判断手段が前記画像データの送信機会と判断した場合に、前記通信手段をホストモードで起動させ、前記通信機会判断手段が前記画像データの受信機会と判断した場合に、前記通信手段をクライアントモードで起動させることを特徴とする請求項1又は2に記載の画像データ管理装置。
  5. 被写体像を撮像して画像データを取得する撮像手段と、取得された画像データが送信可能かどうかを判断する送信可否判断手段とをさらに備え、
    前記通信機会判断手段は、画像データが前記撮像手段により取得され、かつ前記送信可否判断手段が取得された画像データを送信可能と判断した場合に、送信機会と判断することを特徴とする請求項1に記載の画像データ管理装置。
  6. 前記送信可否判断手段は、取得された画像データが人物を被写体としていることを認識した場合に、該画像データを送信可能と判断することを特徴とする請求項に記載の画像データ管理装置。
  7. 前記送信可否判断手段は、取得された画像データがふたり以上の人物を被写体としていることを認識した場合に、該画像データを送信可能と判断することを特徴とする請求項に記載の画像データ管理装置。
  8. 前記送信可否判断手段は、取得された画像データの被写体である人物が笑顔であると認識した場合に、該画像データを送信可能と判断することを特徴とする請求項に記載の画像データ管理装置。
  9. 少なくとも1台の外部機器と接続される画像データ管理装置の制御方法であって、
    同時に複数のクライアントモードの外部機器と接続可能なホストモードと、同時に1台のホストモードの外部機器と接続可能なクライアントモードとを有する通信工程と、
    前記画像データの通信機会を判断する通信機会判断工程とを有し、
    前記通信機会判断工程で前記画像データの送信機会と判断された場合、前記通信工程は、ホストモードで開始し、
    前記ホストモードで開始した通信工程では、前記通信工程がホストモードで開始したことを示す情報を出力し、前記複数のクライアントモードの外部機器からの接続要求に応じて前記複数のクライアントモードの外部機器との接続を確立し、前記接続を確立した外部機器が受け付けたユーザ操作により前記接続を確立した外部機器から送信される要求に応じて前記接続を確立した外部機器に前記画像データを送信することを特徴とする画像データ管理装置の制御方法。
  10. コンピュータを、請求項1乃至のいずれか1項に記載の画像データ管理装置の各手段として機能させるためのコンピュータが読み取り可能なプログラム。
JP2007322543A 2007-12-13 2007-12-13 画像データ管理装置及びその制御方法及びプログラム Active JP5039528B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007322543A JP5039528B2 (ja) 2007-12-13 2007-12-13 画像データ管理装置及びその制御方法及びプログラム

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007322543A JP5039528B2 (ja) 2007-12-13 2007-12-13 画像データ管理装置及びその制御方法及びプログラム
US12/276,736 US8964050B2 (en) 2007-12-13 2008-11-24 Image capturing apparatus, control method therefor, and program
CN200810183279.6A CN101459774B (zh) 2007-12-13 2008-12-12 摄像设备及其控制方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2009147657A JP2009147657A (ja) 2009-07-02
JP5039528B2 true JP5039528B2 (ja) 2012-10-03

Family

ID=40752681

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007322543A Active JP5039528B2 (ja) 2007-12-13 2007-12-13 画像データ管理装置及びその制御方法及びプログラム

Country Status (3)

Country Link
US (1) US8964050B2 (ja)
JP (1) JP5039528B2 (ja)
CN (1) CN101459774B (ja)

Families Citing this family (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009147454A (ja) * 2007-12-11 2009-07-02 Canon Inc 画像処理装置、画像処理装置の制御方法及びプログラム
JP5475251B2 (ja) * 2008-06-03 2014-04-16 キヤノン株式会社 通信装置及びその制御方法、プログラム
JP5506355B2 (ja) * 2009-12-04 2014-05-28 キヤノン株式会社 撮像装置
JP2012090150A (ja) * 2010-10-21 2012-05-10 Kyocera Corp 携帯通信端末、アップロード制御プログラムおよびアップロード制御方法
KR101762769B1 (ko) * 2011-04-18 2017-08-07 삼성전자주식회사 촬영 장치에서 피사체를 촬영하기 위한 장치 및 방법
CN103959910B (zh) * 2011-09-22 2016-11-09 皇家飞利浦有限公司 利用户外照明网络的成像服务
JP5644846B2 (ja) * 2011-12-21 2014-12-24 キヤノンマーケティングジャパン株式会社 撮影システム、撮影装置、制御方法、及びプログラム
TWI488537B (zh) * 2012-08-10 2015-06-11 Vivotek Inc 連接無線網路基地台的設定方法與電子裝置
JP6112903B2 (ja) * 2013-02-22 2017-04-12 キヤノン株式会社 通信装置、通信装置の制御方法、コンピュータプログラム
JP6207298B2 (ja) * 2013-08-19 2017-10-04 キヤノン株式会社 通信装置及びその制御方法、並びにプログラム
JP5975005B2 (ja) * 2013-09-17 2016-08-23 株式会社リコー 画像処理装置、情報処理装置、及び画像転送方法
JP5770960B1 (ja) * 2013-10-11 2015-08-26 オリンパス株式会社 撮像装置、撮像システム、撮像方法、及び撮像プログラム
JP6265683B2 (ja) * 2013-10-28 2018-01-24 キヤノン株式会社 撮像装置、撮像装置の制御方法、プログラム
EP3160135A4 (en) * 2014-06-18 2018-01-24 Sony Corporation Information processing apparatus, information processing system, information processing apparatus control method, and program
JP6387700B2 (ja) * 2014-06-18 2018-09-12 ソニー株式会社 情報処理装置、情報処理システム、情報処理装置の制御方法およびプログラム
JP6543900B2 (ja) * 2014-09-09 2019-07-17 カシオ計算機株式会社 画像送信装置、画像送信方法及びプログラム
CN107079084B (zh) * 2014-09-11 2020-02-28 富士胶片株式会社 即时预览控制装置、即时预览控制方法、即时预览系统
JP6276414B2 (ja) * 2014-09-11 2018-02-07 富士フイルム株式会社 撮像制御装置、撮像制御方法、撮像システム及びプログラム
CN105704351A (zh) * 2014-11-24 2016-06-22 台湾艾特维股份有限公司 无线网络摄影装置及其设定方法
CN105120152B (zh) * 2015-08-19 2019-03-15 小米科技有限责任公司 一种摄像头的操作处理方法及装置
JP6467395B2 (ja) * 2016-11-25 2019-02-13 キヤノン株式会社 画像送信装置、画像受信装置、それらの制御方法および画像通信システム
JP6818586B2 (ja) * 2017-02-21 2021-01-20 キヤノン株式会社 通信装置およびその制御方法、プログラム並びに記憶媒体
US10834320B1 (en) * 2019-12-09 2020-11-10 Emza Visual Sense Ltd Triple-mode camera system and method of using the same

Family Cites Families (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3504738B2 (ja) * 1994-09-09 2004-03-08 オリンパス株式会社 電子的撮像装置及び電子的撮像システム
US6701058B1 (en) * 1998-12-28 2004-03-02 Fuji Photo Film Co., Ltd. Image capturing and recording system utilizing wireless communication and image transmission-reception method thereof
GB2352574A (en) 1999-03-16 2001-01-31 Central Research Lab Ltd Closed circuit television camera and system
US7327387B2 (en) * 2000-02-21 2008-02-05 Fujifilm Corporation Image pick-up information transmitting system and remote control method for an information transmitting system
JP4114350B2 (ja) * 2001-12-10 2008-07-09 株式会社ニコン 電子カメラ、電子機器、画像伝送システムおよび画像伝送方法
JP2003224568A (ja) 2002-01-30 2003-08-08 Canon Inc 情報通信システム及び情報通信システムの制御方法
US7764308B2 (en) * 2002-05-27 2010-07-27 Nikon Corporation Image transmission system, image relay apparatus, and electronic image device
JP3927874B2 (ja) 2002-07-02 2007-06-13 キヤノン株式会社 画像処理装置およびその制御方法およびプログラムおよび記憶媒体
US20040012810A1 (en) * 2002-07-19 2004-01-22 Haas William Robert System and method for presenting images captured at an event during the event
US8189059B2 (en) * 2003-01-29 2012-05-29 Nikon Corporation Digital camera and digital camera system
JP3937332B2 (ja) * 2003-03-11 2007-06-27 ソニー株式会社 撮影システム
JP4323942B2 (ja) * 2003-12-12 2009-09-02 キヤノン株式会社 画像送信装置、画像受信装置、画像送信方法、画像受信方法、および画像通信システム
JP2005252457A (ja) 2004-03-02 2005-09-15 Canon Inc 画像伝送システム、装置及び方法
JP4696573B2 (ja) 2005-02-02 2011-06-08 ソニー株式会社 撮像装置および撮像データ記録方法
US7495687B2 (en) * 2005-09-07 2009-02-24 F4W, Inc. System and methods for video surveillance in networks
JP2007097090A (ja) * 2005-09-30 2007-04-12 Fujifilm Corp 画像表示装置および方法ならびにプログラム、さらに写真プリント注文受付装置
JP2007166143A (ja) * 2005-12-13 2007-06-28 Nikon Corp カメラおよび携帯情報端末
US20070177023A1 (en) * 2006-01-31 2007-08-02 Beuhler Allyson J System and method to provide an adaptive camera network
JP4605039B2 (ja) * 2006-02-13 2011-01-05 日本電気株式会社 自動撮影方法及び自動撮影装置並びに自動撮影プログラム
JP2007282118A (ja) * 2006-04-11 2007-10-25 Nikon Corp 電子カメラおよび画像処理装置
KR100765785B1 (ko) * 2006-06-05 2007-10-12 삼성전자주식회사 무선 usb를 이용한 단일 무선장치와 다수의 호스트 간의접속 방법 및 시스템

Also Published As

Publication number Publication date
US20090153692A1 (en) 2009-06-18
US8964050B2 (en) 2015-02-24
CN101459774A (zh) 2009-06-17
JP2009147657A (ja) 2009-07-02
CN101459774B (zh) 2014-08-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5039528B2 (ja) 画像データ管理装置及びその制御方法及びプログラム
JP5110805B2 (ja) 有線及び無線通信可能な通信端末、通信方法、プログラム
JP4890880B2 (ja) 画像送信装置,画像送信方法,プログラム,および記憶媒体
US8482782B2 (en) Image output system and control method thereof, image input apparatus and control method thereof, and image output apparatus and control method thereof
JP2007081566A (ja) 中継装置及び中継方法
JP6222979B2 (ja) 通信装置、通信装置の制御方法、プログラム
JP3927874B2 (ja) 画像処理装置およびその制御方法およびプログラムおよび記憶媒体
JP2019193020A (ja) 電子機器およびその制御方法、並びに、プログラム
JP4818001B2 (ja) 撮像装置、その制御方法及びプログラム
JP2008060948A (ja) 通信システム及び撮像機器
WO2013099781A1 (en) Recording medium and control method thereof
EP2786633B1 (en) Recording medium and control method thereof
JP6463050B2 (ja) 通信装置およびその制御方法ならびにプログラム
JP2009194879A (ja) 撮像装置、撮像装置の制御方法及びプログラム
JP6858069B2 (ja) 画像供給装置及び情報処理装置及びそれらの制御方法とプログラム
JP2019067133A (ja) 情報処理装置、情報処理装置の制御方法、プログラム
JP6746428B2 (ja) 撮像装置、撮像装置の制御方法、プログラム
JP2019004422A (ja) 通信装置、制御方法およびプログラム
JP6918628B2 (ja) 画像処理装置、通信装置およびそれらの制御方法、並びにプログラム
JP2019193192A (ja) 撮像装置、その制御方法及びプログラム
JP2017055366A (ja) 通信装置、通信装置の制御方法、プログラム
JP2017085518A (ja) 通信装置、通信装置の制御方法、プログラム
JP2017139668A (ja) 通信装置、撮像装置及びそれらの制御方法、プログラム
JP2007129771A (ja) 画像処理装置およびその制御方法およびプログラム
JP4522087B2 (ja) 通信装置を制御する制御装置、通信装置およびそれらの制御方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20101202

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20111129

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20111202

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120127

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20120217

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120515

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20120523

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120611

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120709

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150713

Year of fee payment: 3

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 5039528

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150713

Year of fee payment: 3