JP4171515B2 - 射出成形機 - Google Patents

射出成形機 Download PDF

Info

Publication number
JP4171515B2
JP4171515B2 JP2007035172A JP2007035172A JP4171515B2 JP 4171515 B2 JP4171515 B2 JP 4171515B2 JP 2007035172 A JP2007035172 A JP 2007035172A JP 2007035172 A JP2007035172 A JP 2007035172A JP 4171515 B2 JP4171515 B2 JP 4171515B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
screw
rotational force
injection
backflow
resin
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2007035172A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2008195025A (ja
Inventor
淳平 丸山
辰宏 内山
聡 高次
Original Assignee
ファナック株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ファナック株式会社 filed Critical ファナック株式会社
Priority to JP2007035172A priority Critical patent/JP4171515B2/ja
Publication of JP2008195025A publication Critical patent/JP2008195025A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4171515B2 publication Critical patent/JP4171515B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C45/00Injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould; Apparatus therefor
    • B29C45/17Component parts, details or accessories; Auxiliary operations
    • B29C45/76Measuring, controlling or regulating
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C45/00Injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould; Apparatus therefor
    • B29C45/17Component parts, details or accessories; Auxiliary operations
    • B29C45/46Means for plasticising or homogenising the moulding material or forcing it into the mould
    • B29C45/47Means for plasticising or homogenising the moulding material or forcing it into the mould using screws
    • B29C45/50Axially movable screw
    • B29C45/52Non-return devices
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C45/00Injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould; Apparatus therefor
    • B29C45/17Component parts, details or accessories; Auxiliary operations
    • B29C45/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2045/7606Controlling or regulating the display unit
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76003Measured parameter
    • B29C2945/7602Torque
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76177Location of measurement
    • B29C2945/7618Injection unit
    • B29C2945/76187Injection unit screw
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76344Phase or stage of measurement
    • B29C2945/76397Switch-over
    • B29C2945/76401Switch-over metering-injection
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76494Controlled parameter
    • B29C2945/76545Flow rate
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76655Location of control
    • B29C2945/76658Injection unit
    • B29C2945/76665Injection unit screw
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76822Phase or stage of control
    • B29C2945/76876Switch-over
    • B29C2945/76879Switch-over metering-injection

Description

本発明は、スクリュー先端に逆流防止弁を有する射出成形機において、スクリューを前進させたときの樹脂の逆流及び逆流防止弁の閉鎖状態を精度良く検出する射出成形機に関する。
スクリュー先端に逆流防止弁を備えた射出成形機では、計量が完了した時点では逆流防止弁は開いており、この状態で射出を行なった場合、樹脂の逆流が生じる。そのため、逆流防止弁の閉鎖タイミングの変動によって、成形サイクル毎の射出体積に変動を生じ成形品の品質に影響を与える。
図1は、この逆流防止弁の一例である。スクリュー1の先端に設けられたスクリューヘッド2とスクリュー1の本体部分間に設けられた縮径された部分に、スクリュー軸方向に移動可能にチェックリング3が配置され、この縮径された部分のスクリュー1の本体側には、このチェックリング3と当接密着し、樹脂通路を閉鎖するチェックシート4を備える。スクリュー1の後方からシリンダ7内に供給される樹脂ペレットは、計量時のスクリュー1の回転により発生するせん断熱と、スクリュー1が挿入されているシリンダ7の外側に設けられたヒータからの熱により溶融される。溶融された樹脂はチェックリング3の後方の樹脂圧力を上昇させ、チェックリング3を前方に押す力を発生させる。チェックリング3が前方に押されると、後方の樹脂がチェックリング3と縮径された部分の間隙を通りチェックリング3の前方に流れ込みスクリューヘッド2前方のシリンダ内の圧力を上昇させる。
チェックリング3の前方の圧力が所定の圧力(背圧)を超えるとスクリュー1が後方に押されて、チェックリング3の前方の圧力が減圧される。更にスクリュー1が回転することでチェックリング3の後方の圧力がチェックリング3の前方の圧力よりも高くなるので、継続して溶融された樹脂がチェックリング3の前方に送り込まれ、所定の量までスクリュー1が後退するとスクリュー回転を停止させ、計量が終了する。
次に射出工程に入るが、樹脂を充填するためにスクリュー1が前進すると、スクリューヘッド2の前方にたまった樹脂圧力が上昇するので、チェックリング3が後退しチェックシート4と密着して樹脂通路を閉鎖し、充填圧により溶融樹脂がスクリュー後退方向に逆流することを防止する。この逆流防止弁が閉鎖するタイミングは、射出開始時点における逆流防止弁前方の樹脂圧力の大小や逆流防止弁後方の樹脂圧力の大小などによって変動する。射出開始から逆流防止弁閉鎖までの間には逆流防止弁前方から後方に向かって樹脂の逆流が生じるため、逆流防止弁の閉鎖タイミングの変動によって、成形サイクル毎の射出体積に変動を生じ成形品の品質に影響を与える。
そこで、この逆流防止弁の閉鎖タイミングを検出して、成形品の良否判別、成形条件の調整を行う方法が種々提案されている。
例えば、逆流防止弁よりも後方の位置にシリンダ内の樹脂圧力を検出する圧力センサを設け、スクリュー前進中、該圧力センサで検出される圧力変化を元に逆流防止弁の閉鎖を検出する方法が知られている(特許文献1、2参照)。又、射出開始時、スクリューを回転自在としてスクリューを前進させ、樹脂の逆流によりスクリューが逆回転し、この逆回転が停止した位置を逆流防止弁の閉鎖位置として検出する方法(特許文献3参照)などが知られている。
さらに、成形動作に係わる物理量の変化波形を表示して、射出成形動作をモニタすることによって、成形異常を検出する方法も公知である。例えば、射出工程における射出圧力波形を検出し、この圧力波形を重ねて描いて表示することによって、異常の検出を容易にする方法も知られている。この重ねて描き表示する場合、基準点を設定しておき、各検出圧力波形がこの基準点を通過する点を一致させて各波形を描画させることにより、各波形の比較を容易にしている(特許文献4参照)。
特開平4−53720号公報 特開平4−201225号公報 特開2004−216808号公報 特開2006−247874号公報
射出時の樹脂の逆流量は、金型内に充填する樹脂の体積(重量)に影響を与えるので、各成形サイクル毎に逆流量は均一であることが望ましい。そのため、上述した従来技術では、樹脂の逆流量の目安として逆流防止弁の閉鎖タイミング等を検出することによって、逆流量を判断し、成形品の良否判別、成形条件の調整を行うものである。
又、特許文献4に記載されているように、射出工程の射出圧力等の成形動作に係わる物理量を検出しその物理量の変化波形を重ね描き表示することで、各成形サイクルの成形状態を検出し、成形状態の良否を判別することができる。しかし、樹脂の逆流量、逆流防止弁の閉鎖タイミングが安定し均一であるかを判断するために、各成形サイクル毎に射出圧力を検出し、該検出射出圧力の波形を重ね描画して表示し、異常を発見できるようにすることは、難しい。
それは、通常の射出成形機では射出圧力を検出するためのセンサがスクリュー後方(図1においてスクリューの右方向)に配置されているが、このセンサで検出するのは、スクリューに対してスクリューの軸方向にかかる圧力を検出するものであることから、スクリューヘッドの前方の樹脂圧が加わり、逆流した樹脂がフライトに作用する力の軸方向の力を検出することは難しいからである。このように、検出射出圧力から樹脂の逆流状態を正確に検出することは難しいという問題がある。
そこで、本発明の目的は、スクリュー前進時の樹脂の逆流状態をより正確に検出できる射出成形機を提供することにある。さらには、この樹脂の逆流状態より逆流防止弁の閉鎖の安定性、成形状態を評価可能とした射出成形機を得ることにある。
先端に逆流防止弁を備えたスクリューと、該スクリューを回転駆動する回転駆動手段と、前記スクリューをスクリュー軸方向に駆動する軸方向駆動手段と、前記スクリューに作用する回転力を検出する回転力検出手段とを備えた射出成形機において、請求項1に係る発明は、計量完了後、スクリューがスクリュー軸方向にも回転方向にも停止している状態で前記回転力検出手段でスクリューに作用する回転力を検出し記憶手段に記憶する手段と、
前記軸方向駆動手段によりスクリューを射出方向に駆動中、前記回転力検出手段で検出される回転力と前記記憶手段に記憶する回転力より、樹脂の逆流によるスクリューにかかる回転力を求める手段とを備え、樹脂の逆流状態を容易に把握できるようにした。
又、請求項2に係る発明は、計量完了後スクリューを軸方向に移動させる前に、前記回転駆動手段によるスクリュー駆動力をゼロにしてスクリューを所定時間、回転自由にする手段と、前記軸方向駆動手段によりスクリューを射出方向に駆動中、前記回転力検出手段で検出される回転力を樹脂の逆流によるスクリューにかかる回転力として求める手段とを備え、樹脂の逆流状態を容易に把握できるようにした。さらに、請求項3に係る発明は、成形サイクル毎に求めた前記樹脂の逆流によってスクリューが受ける回転力の波形を重ね描き表示する手段を設けて、各成形サイクルにおける樹脂の逆流状態、逆流防止弁の閉鎖状態を容易に比較できるようにした。
射出時等のスクリュー移動時に検出したスクリュー回転力から、スクリューのフライト間の溝にある樹脂から受ける回転力の影響を排除し、樹脂の逆流によって生じる回転力のみを精度良く検出することができる。又、成形サイクル毎に検出した樹脂の逆流によって生じる回転力を重ね描き表示したときに、スクリューのフライト間の溝にある樹脂から受ける回転力の変動を排除していることから、波形の比較が容易となり、波形の重なり具合から逆流防止弁閉鎖の安定性を評価することができる。
まず、本発明の原理について説明する。
図2は、計量完了後の射出開始直前の状態から、射出開始後の一定時間内でのスクリューにかかるスクリュー回転方向の負荷(回転力)の説明図である。射出成形機の各成形サイクルにおいて、計量完了後、射出開始前では、スクリューの軸方向の移動及びスクリュー回転は停止状態にあり、スクリューの回転角度は保持されている。このとき、スクリューの可塑化部分のフライト5は、未溶融/半溶融の樹脂に圧縮を加えた状態となっている。よってスクリュー1は、フライト5間の溝部6の圧縮状態にある樹脂からスクリュー回転方向(正又は逆)の回転力を受けている。以下、この回転力を抵抗トルク成分という。そして、この状態でスクリュー1を前進させて射出を行うと、スクリュー1には樹脂の逆流により発生する回転力成分(以下、逆流トルク成分という)が働く。逆流防止弁が閉鎖し、樹脂の逆流が停止すると、この逆流トルク成分は低下しゼロとなり、スクリュー1にかかる回転方向の力は、ほぼこの抵抗トルク成分のみとなる。抵抗トルク成分は、逆流防止弁の閉鎖状態によらず一定の値をとるため、検出した射出時のスクリュー負荷波形には、樹脂の逆流による逆流トルク成分に対して、抵抗トルク成分によるオフセットが加算された状態となる。
樹脂からスクリューに加わる回転方向の負荷(回転力)を、スクリュー負荷と略称すると、このスクリュー負荷と、逆流トルク成分、抵抗トルク成分は、次の関係にある。
スクリュー負荷=逆流トルク成分+抵抗トルク成分
ここで、抵抗トルク成分は、スクリュー負荷から逆流トルク成分を求めるにあたって誤差となる。一般的に逆流トルク成分の大きさは小さいため、検出したスクリュー負荷から逆流トルク成分を求めるにあたって、抵抗トルク成分の影響が無視できない。
また、計量完了後の溝部6における樹脂の圧縮状態は成形サイクルごとに変動するため、抵抗トルク成分の大きさも成形サイクルごとに変動する。そのため、検出したスクリュー負荷を、そのまま波形として重ね描き表示すると、樹脂の逆流量や逆流防止弁の閉鎖タイミングは安定していても、抵抗トルク成分の変動が原因で波形がうまく重ならない。図3は、スクリュー負荷を検出し、そのまま波形として重ね描き表示したときの例を示す説明図である。この図3に示すように、樹脂の逆流量や逆流防止弁の閉鎖タイミングが安定し、ほぼ同一時刻(同一射出スクリュー位置)で逆流防止弁の閉鎖(負荷のピーク)していても、抵抗トルク成分が変動していることから、この抵抗トルク成分だけ上下方向(負荷の大きさの方向)にシフトし、波形がうまく重ならないという問題がある。この場合、波形の重なり具合から逆流防止弁閉鎖の安定性を評価することが困難となる。
以上の理由から、スクリュー負荷の重ね描き波形から逆流防止弁閉鎖の安定性を評価するために、本発明は、スクリュー負荷に含まれる抵抗トルク成分を同定し、スクリュー負荷から抵抗トルク成分を除去することにより、樹脂の逆流によるトルク成分を精度良く検出することができるようにする。
図4は、本発明の一実施形態の要部ブロック図である。
スクリュー1が挿入されたシリンダ7の先端には、ノズル9が装着され、シリンダ7の後端部には樹脂ペレットをシリンダ7内に供給するホッパ15が取り付けられている。スクリュー1の先端には、チェックリング3,チェックシート4からなる逆流防止弁を備える。スクリュー1を回転駆動する回転駆動手段としてのスクリュー回転用サーボモータ10により、スクリュー1は伝動機構12を介して回転駆動されるようになっている。さらに、スクリュー1を軸方向に駆動する軸方向駆動手段としての射出用サーボモータ11が伝動機構13及びボールネジ/ナット等の回転運動を直線運動に変換する変換機構14によって、スクリュー1を軸方向に駆動し、射出及び背圧制御をするように構成されている。スクリュー回転用サーボモータ10、射出用サーボモータ11にはその回転位置速度を検出する位置・速度検出器16,17が取り付けられており、この位置・速度検出器によって、スクリュー1の回転速度、スクリュー1の位置(スクリュー軸方向の位置)、移動速度(射出速度)を検出できるようにしている。又、スクリュー1に加わる溶融樹脂からの圧力を検出するロードセル等の圧力センサ18が設けられている。
この射出成形機を制御する制御装置20は、数値制御用のマイクロプロセッサであるCNCCPU22、プログラマブルマシンコントローラ用のマイクロプロセッサであるPMCCPU21、サーボ制御用のマイクロプロセッサであるサーボCPU25とがバス36で接続されている。
PMCCPU21には射出成形機のシーケンス動作を制御するシーケンスプログラム等を記憶したROM26および演算データの一時記憶等に用いられるRAM27が接続され、CNCCPU22には、射出成形機を全体的に制御するプログラム等を記憶したROM28および演算データの一時記憶等に用いられるRAM29が接続されている。
また、サーボCPU25には、位置ループ、速度ループ、電流ループの処理を行うサーボ制御専用の制御プログラムを格納したROM31やデータの一時記憶に用いられるRAM32が接続されている。更に、サーボCPU25には、スクリュー回転用のサーボモータ10用のサーボアンプ34や、射出用サーボモータ11用のサーボアンプ35が接続され、各サーボモータ10、11には位置・速度検出器16、17がそれぞれ取り付けられており、これらから位置・速度検出器16、17からの出力がサーボCPU25に帰還されるようになっている。サーボCPU25は、CNCCPU22から指令される各軸(スクリュー回転用サーボモータ10又は射出用サーボモータ11)への移動指令と位置・速度検出器16、17からフィードバックされる検出位置、速度に基づいて位置、速度のフィードバック制御を行うと共に、電流のフィードバック制御をも実行して、各サーボアンプ34,35を介して、各サーボモータ10、11を駆動制御する。又、位置・速度検出器16、17からフィードバックされたスクリュー回転用のサーボモータ10、射出用サーボモータ11の回転位置を記憶する現在値レジスタが設けられ、該サーボモータ10、11の回転位置によって、スクリュー1の回転位置、軸方向の位置(射出位置)を検出できるようにされている。
又、サーボCPU25には、圧力センサ18での検出信号をA/D変換器33でデジタル信号に変換した検出樹脂圧力(スクリュー1にかかる樹脂圧力)が入力されている。
なお、型締機構やエジェクタ機構を駆動するサーボモータやサーボアンプ等も設けられているものであるが、これらのものは本願発明と直接関係していないことから、図4では省略している。
液晶やCRTで構成される表示装置付き入力装置30は表示回路24を介してバス36に接続されている。さらに、不揮発性メモリで構成される成形データ保存用RAM23もバス36に接続され、この成形データ保存用RAM23には射出成形作業に関する成形条件と各種設定値,パラメータ,マクロ変数等を記憶する。
以上の構成により、PMCCPU21が射出成形機全体のシーケンス動作を制御し、CNCCPU22がROM28の運転プログラムや成形データ保存用RAM23に格納された成形条件等に基いて各軸のサーボモータに対して移動指令の分配を行い、サーボCPU25は、各軸(スクリュー回転用サーボモータ10や射出用サーボモータ11等の各駆動軸のサーボモータ)に対して分配された移動指令と位置・速度検出器で検出された位置および速度のフィードバック信号等に基いて、従来と同様に位置ループ制御,速度ループ制御さらには電流ループ制御等のサーボ制御を行い、いわゆるディジタルサーボ処理を実行する。
上述した構成は従来の電動式射出成形機の制御装置と変わりはなく、従来の制御装置と異なる点は、逆流トルク成分を求める機能が追加されている点である。本発明の第1の実施形態では、計量工程終了後、射出を開始する前に、抵抗トルク成分を測定し、射出開始後は、スクリュー負荷を検出し、この検出負荷より抵抗トルク成分を減じて逆流トルク成分を求めるようにしている。又、第2の実施形態では、射出を開始する前に、抵抗トルク成分を「0」にする処理を行い、その後射出を行い、検出するスクリュー負荷を逆流トルクとして検出するようにしている。
各実施形態では、スクリュー負荷、すなわちスクリュー1にかかる回転方向の負荷を検出する回転力検出手段として外乱推定オブザーバを設けている。サーボCPU25によって実施されるサーボモータ10の駆動制御処理に組み込まれた外乱推定オブザーバによってスクリュー回転方向の負荷(スクリュー負荷)を求めるようにしている。なお、このオブザーバに代えて、サーボモータ10の回転が停止している場合は、該サーボモータ10の駆動電流を検出し、該駆動電流によってスクリュー1にかかる回転力を求めるようにしてもよい。さらには、スクリュー1に歪センサを設けてスクリュー1に作用する回転力を検出するようにしてもよいものである。
図5は、本発明の第1の実施形態における制御装置が実施する逆流トルク成分検出処理のアルゴリズムを示すフローチャートである。
この第1の実施形態は、スクリュー回転が停止しているときに、スクリュー1に働いている抵抗トルク成分を求め、該抵抗トルク成分を基準にして、射出時の逆流トルクを求めるものである。
計量終了後、射出開始までの間においては、スクリュー1には樹脂の逆流によるトルクなどの外力は働いていない。しかし、計量工程が完了した状態のスクリュー回転位置を保持するように、スクリュー回転用サーボモータ10の位置制御が行われ、スクリュー1はその回転位置が保持されている。このとき、フライト5に作用する溝部6内の樹脂からの抵抗トルク成分がスクリューを回転させるように働く。スクリュー1(スクリュー回転用サーボモータ10)は回転位置を保持するようにして制御されているから、スクリュー駆動トルクと抵抗トルク成分はつりあっているため、スクリュー駆動トルク(スクリュー負荷)に基づいて抵抗トルク成分を同定することができる。
そこで、この第1の実施形態では、計量完了後、型締処理がなされている間に、CNCCPU22が図5に示す処理を開始する。まず、カウンタnを「0」にセットし(ステップa1)、かつ、該カウンタnを1インクリメントして(ステップa2)、スクリューの回転方向の負荷、すなわちスクリュー負荷Tnを検出し、RAM29に記憶する(ステップa3)。このスクリュー負荷は、前述したように外乱推定オブザーバによって求めても、又は、このときはスクリューが回転していないことから、該スクリューを回転させるスクリュー回転用サーボモータ10の駆動電流、又は駆動トルク指令をスクリュー負荷として求めてもよい。
なお、ステップa1からステップa4までの処理は、計量完了から射出開始までの間に行えばよいものであり、この間の所定時間内だけ(カウンタnが設定値になるまで)実行してもよいものである。
次に、射出開始か判断し(ステップa4)、射出が開始されてないときは、ステップa2に戻り、ステップa2からステップa4の処理を所定サンプリング周期毎実行する。
射出が開始されると、ステップa3で記憶したn個のスクリュー負荷の平均を求めて、抵抗トルク成分として記憶する(ステップa5)。前述したように、スクリュー1が回転しない状態では、スクリューにかかる回転トルク(スクリュー負荷)は抵抗トルク成分のみであることから、スクリューが回転しない状態で検出されたn個のスクリュー負荷の平均値は抵抗トルク成分を示すものとなる。
次に、外乱推定オブザーバによって求められるスクリュー負荷Tを求めて(ステップa6)、該スクリュー負荷Tよりステップa5で求めた抵抗トルク成分を減じて逆流トルク成分を求め(ステップa7)、RAM29に記憶する(ステップa8)。そして、射出保圧工程が終了したか判断し(ステップa9)、終了していなければ、ステップa6に戻り、前述したステップa6からステップa9の処理を所定サンプリング周期毎実行し、逆流トルク成分をサンプリング周期毎求め記憶することになる。射出保圧工程が終了すると、この逆流トルク成分を求める処理も終了する。
なお、この逆流トルク成分の記憶は、複数サイクル分循環して記憶するように構成し、この逆流トルク成分の表示指令が入力されると、記憶した複数サイクル分の逆流トルク成分の波形を表示装置/入力装置30の表示画面に重ねて描画し表示する。又、最新の逆流トルク成分が得られる毎に、その波形が表示画面に重ねて描画される。この表示処理は、従来の描画処理と同じであるので、詳細は省略する。
又、逆流トルク成分及び逆流トルク成分の波形は、樹脂の逆流状態、逆流量、逆流防止弁の閉鎖タイミング等を表すものであるから、この逆流トルク成分の波形を表示画面に表示することによって、樹脂の逆流状態、逆流量、逆流防止弁の閉鎖タイミング等を判別することができる。
抵抗トルク成分に変動があっても、この抵抗トルク成分を含まない逆流トルク成分のみの波形が表示されるから、図3に示すように、表示波形が抵抗トルク成分の差異だけシフトするようなことはなく、逆流防止弁の閉鎖が安定している場合には、この表示波形は、ほぼ重なり合った波形が表示されることになる。シリンダ7の温度が変化すること等により、樹脂の粘度が変化したり、逆流防止弁の閉鎖タイミングが変化し、ずれるような場合、逆流トルク成分の波形は、重なり合わず、ずれることになるから、この表示された逆流トルク成分の波形によって、成形状態、逆流防止弁の閉鎖タイミング状態を容易に把握することができ、波形の重なり具合から逆流防止弁閉鎖の安定性を評価することが可能になる。
なお、この第1の実施形態において、ステップa7、a8で逆流トルク成分を求めて記憶するようにしたが、ステップa7、a8の代わりに、単にステップa6でサンプリング周期毎求めたスクリュー負荷Tを記憶し、このデータと共にステップa5で求めた抵抗トルク成分を記憶しておき、逆流トルク成分を表示するときは、記憶する各スクリュー負荷Tから、この記憶した抵抗トルク成分を差し引いて逆流トルク成分を求めて描画するようにしてもよいものである。
図6は、本発明の第2の実施形態における制御装置が実施する逆流トルク成分の検出処理のアルゴリズムのフローチャートである。
この第2の実施形態は、射出開始前にスクリュー回転用サーボモータ10がスクリュー1に加える回転トルクを「0」にし、スクリュー1を自由に回転できるようにすることによって、抵抗トルク成分をほぼ「0」とした状態とし、この状態で射出を開始し、該射出保圧工程中に検出したスクリュー負荷を逆流トルク成分のみとして検出するようにしたものである。
計量が終了すると、まず、スクリュー回転用サーボモータ10の出力トルクを所定時間だけ「0」として、スクリューを自由に回転できるようにする(ステップb1)。
このスクリュー1に加える回転トルクを「0」にする方法として、この第2の実施形態では、スクリュー回転用サーボモータ10へのトルク指令を制限値に制限するトルク制限手段(トルクリミット手段)の制限値を所定時間「0」にすることによって達成している。計量完了時には、スクリュー回転用サーボモータ10に対しては位置のフィードバック制御がなされ、スクリュー回転用サーボモータ10は所定回転位置を保持している。スクリュー回転用サーボモータ10は、抵抗トルク成分によってスクリューを回転させようとするトルクを打ち消すようにトルクを出力し、バランスが取られ、スクリュー1を所定の回転位置に保持している。そこで、トルク制限手段の制限値を所定時間だけ「0」にされることによって、スクリュー回転用サーボモータ10からの出力トルクが「0」となることにより、スクリュー1は抵抗トルク成分によって回転させられ、抵抗トルク成分が「0」となった時点で、スクリュー1の回転は停止する。そして、トルク制限手段の制限値をもとの値(出力トルクを制限しない最大値)に戻せば、位置のフィードバック制御がなされることになるので、スクリュー1そのときの回転位置が保持される。
なお、トルク制限手段の制限値を所定時間「0」にする代わりに、スクリュー回転用サーボモータ10を駆動する電源を所定時間オフとすることによって、スクリュー1を所定時間自由に回転させるようにしてもよい。
スクリュー1の駆動トルクを所定時間「0」とし、スクリュー1を自由に回転させて抵抗トルク成分を「0」にした後、再びスクリューの位置制御を開始する。この場合、スクリュー回転用サーボモータ10を制御する制御系の位置制御における位置偏差を「0」として位置制御を開始すれば、スクリュー回転用サーボモータ10は回転せず、スクリュー1も回転せず、かつ、抵抗トルク成分が「0」の状態で保持される。
射出が開始されると(ステップb2)、外乱推定オブザーバで検出されるスクリュー回転用サーボモータ10にかかる負荷、すなわちスクリュー負荷Tを検出し(ステップb3)、該スクリュー負荷Tを逆流トルク成分としてRAM29に記憶する(ステップb4)。そして、射出保圧工程が終了したか判断し(ステップb5)、終了していなければ、ステップb3に戻り、前述したステップb3からステップb5の処理を所定サンプリング周期毎実行し、逆流トルク成分をサンプリング周期毎求めて記憶することになる。射出保圧工程が終了すると、この逆流トルク成分を求める処理も終了する。
なお、この第2の実施形態においても、逆流トルク成分の記憶は、複数サイクル分循環して記憶するように構成し、この逆流トルク成分の表示指令が入力されると、記憶した複数サイクル分の逆流トルク成分の波形が表示装置/入力装置30の表示画面に重ねて描画されて表示するようにしている。この場合は求めたスクリュー負荷をそのまま重ね描き表示することで、波形の重なり具合から逆流防止弁閉鎖の安定性を評価することができる。
なお、上述した第2の実施形態では、スクリュー回転用サーボモータ10のトルク制限手段の制限値を「0」にするようにしたが、制限値は抵抗トルク成分よりも十分小さな値であれば必ずしも「0」でなくともよい。
なお、上述した各実施形態では、サンプリング周期毎に逆流トルク成分を求め記憶するようにしたが、このサンプリング周期毎に逆流トルク成分と共にスクリュー位置(位置・速度検出器17からのフィードバックによって求められる位置を記憶する現在値レジスタの値により求められるスクリュー1の軸方向位置)を求め記憶し、逆流トルク成分を表示する場合は、記憶したスクリュー位置と逆流トルク成分に基づいて、スクリュー位置に対する逆流トルク成分を表示するようにしてもよい。この場合、逆流トルク成分がピークとなるスクリュー位置が、逆流防止弁が閉鎖し、樹脂の逆流が停止した位置と判別することができる。
又、前述した各実施形態は、射出時の逆流トルク成分を検出する例を説明したが、射出開始前にスクリュー1を前進させる制御を行い、逆流防止弁を閉鎖するようにした制御を行う場合にも、この射出前のスクリュー前進工程時に逆流トルク成分を検出し、逆流防止弁の閉鎖状態をモニタする場合等にも適用できるものである。
さらに、上述した各実施形態は、電動モータによりスクリューを回転させる射出成形機の例で説明したが、油圧モータによってスクリューを回転させる場合にも本発明は適用できるものである。
スクリュー先端に設けられた逆流防止弁と射出中に発生する樹脂の逆流を説明する説明図である。 計量完了後の射出開始直前の状態から、射出開始後の一定時間内でのスクリュー回転方向の負荷(スクリュー負荷)の説明図である。 スクリュー負荷を検出しそのまま波形として重ね描き表示したときの例を示す説明図である。 本発明の一実施形態の要部ブロック図である。 本発明の第1の実施形態における制御装置が実施する逆流トルク成分検出処理のアルゴリズムを示すフローチャートである。 本発明の第2の実施形態における制御装置が実施する逆流トルク成分の検出処理のアルゴリズムのフローチャートである。
符号の説明
1 スクリュー
2 スクリューヘッド
3 チェックリング
4 チェックシート
5 フライト
6 溝部
7 シリンダ
10 スクリュー回転用サーボモータ
11 射出用サーボモータ
20 制御装置

Claims (3)

  1. 先端に逆流防止弁を備えたスクリューと、該スクリューを回転駆動する回転駆動手段と、前記スクリューをスクリュー軸方向に駆動する軸方向駆動手段と、前記スクリューに作用する回転力を検出する回転力検出手段とを備えた射出成形機において、
    計量完了後、スクリューがスクリュー軸方向にも回転方向にも停止している状態で前記回転力検出手段でスクリューに作用する回転力を検出し記憶手段に記憶する手段と、
    前記軸方向駆動手段によりスクリューを射出方向に駆動中、前記回転力検出手段で検出される回転力と前記記憶手段に記憶する回転力より、樹脂の逆流によるスクリューにかかる回転力を求める手段と、
    を備えたことを特徴とする射出成形機。
  2. 先端に逆流防止弁を備えたスクリューと、該スクリューを回転駆動する回転駆動手段と、前記スクリューをスクリュー軸方向に駆動する軸方向駆動手段と、前記スクリューに作用する回転力を検出する回転力検出手段とを備えた射出成形機において、
    計量完了後スクリューを軸方向に移動させる前に、スクリューを所定時間、回転自由にする手段と、
    前記軸方向駆動手段によりスクリューを射出方向に駆動中、前記回転力検出手段で検出される回転力を樹脂の逆流によるスクリューにかかる回転力として求める手段と、
    を備えたことを特徴とする射出成形機。
  3. 成形サイクル毎に求めた、前記樹脂の逆流によってスクリューが受ける回転力の波形を重ね描き表示する手段を備えた請求項1又は請求項2に記載の射出成形機。
JP2007035172A 2007-02-15 2007-02-15 射出成形機 Active JP4171515B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007035172A JP4171515B2 (ja) 2007-02-15 2007-02-15 射出成形機

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007035172A JP4171515B2 (ja) 2007-02-15 2007-02-15 射出成形機
EP20070124097 EP1958753B1 (en) 2007-02-15 2007-12-27 Injection molding machine having means for detecting closing of the check valve provided on the screw
US11/967,583 US7871257B2 (en) 2007-02-15 2007-12-31 Injection molding machine
CN2008100037072A CN101244625B (zh) 2007-02-15 2008-01-21 注模机

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008195025A JP2008195025A (ja) 2008-08-28
JP4171515B2 true JP4171515B2 (ja) 2008-10-22

Family

ID=39314797

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007035172A Active JP4171515B2 (ja) 2007-02-15 2007-02-15 射出成形機

Country Status (4)

Country Link
US (1) US7871257B2 (ja)
EP (1) EP1958753B1 (ja)
JP (1) JP4171515B2 (ja)
CN (1) CN101244625B (ja)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4156651B2 (ja) * 2007-02-15 2008-09-24 ファナック株式会社 射出成形機の逆流防止弁閉鎖状態判別方法
JP5871489B2 (ja) * 2011-06-07 2016-03-01 東芝機械株式会社 射出装置、射出成形機、及び、射出制御方法
JP6177712B2 (ja) * 2014-02-28 2017-08-09 住友重機械工業株式会社 射出成形機
WO2015162620A1 (en) * 2014-04-26 2015-10-29 Eesavyasa Technologies Pvt. Ltd Hydrostatic pressure based motors for power reduction in industrial appliances
JP5927264B2 (ja) * 2014-10-17 2016-06-01 ファナック株式会社 射出成形システム

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0712634B2 (ja) 1987-12-25 1995-02-15 ファナック株式会社 射出装置の異常検出装置
JPH0544894B2 (ja) 1990-06-22 1993-07-07 Japan Steel Works Ltd
JPH066319B2 (ja) 1990-11-29 1994-01-26 株式会社新潟鐵工所 射出成形機におけるスクリュのストローク制御方法
JP3830453B2 (ja) * 2003-01-15 2006-10-04 ファナック株式会社 射出成形機のモニタ装置
JP3805308B2 (ja) 2003-01-17 2006-08-02 ファナック株式会社 射出成形機
JP4297280B2 (ja) 2005-03-08 2009-07-15 日精樹脂工業株式会社 射出成形用波形表示方法及び装置
JP4264427B2 (ja) * 2005-05-30 2009-05-20 日精樹脂工業株式会社 射出成形機の計量方法
JP4156651B2 (ja) * 2007-02-15 2008-09-24 ファナック株式会社 射出成形機の逆流防止弁閉鎖状態判別方法

Also Published As

Publication number Publication date
EP1958753A1 (en) 2008-08-20
US20080199551A1 (en) 2008-08-21
CN101244625B (zh) 2010-06-02
JP2008195025A (ja) 2008-08-28
CN101244625A (zh) 2008-08-20
EP1958753B1 (en) 2012-02-01
US7871257B2 (en) 2011-01-18

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1612027B1 (en) Method of controlling injection molding machine
EP0167631B1 (en) Injection molding machine
DE602004005901T2 (de) Spritzgießverfahren
JP6505090B2 (ja) 射出成形機の成形充填過程のプロセス制御方法
EP0700768B1 (en) Injection molding controlling method for injection molding machine
US7485247B2 (en) Control system for an injection molding machine and a method for controlling the injection molding machine
US7132068B2 (en) Mold closure position detection method for mold clamping apparatus
JP4146381B2 (ja) トグル式型締装置の型締力補正方法
JP4177800B2 (ja) 型締装置の金型保護方法
JP4648885B2 (ja) 射出成形機及び射出成形機の制御方法
JP3459631B2 (ja) 成形品離型力測定方法及び装置
KR100405835B1 (ko) 성형품의 중량변동을 줄일 수 있는 사출성형기의 제어장치및 제어방법
CN101318371B (zh) 注射成型机
JP3694684B2 (ja) 射出成形機
JP4264427B2 (ja) 射出成形機の計量方法
US20120306112A1 (en) Molding machine and injection molding controlling method
US6340439B1 (en) Depressurization method in plasticization and metering process for a motor-driven injection molding machine
JP3649714B2 (ja) 射出成形機の制御装置
US20160158985A1 (en) Control system for injection molding
US6325954B1 (en) Method of controlling electric injection unit of injection molding machine
US7021917B2 (en) Injection molding machine metering and control device
JP3795323B2 (ja) 射出成形機の異物検出方法
US20060276927A1 (en) Controller for injection molding machine
CN100532066C (zh) 注射成型机压力异常检测装置
JP5998009B2 (ja) 成形機の制御装置及び成形機の制御方法

Legal Events

Date Code Title Description
A871 Explanation of circumstances concerning accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A871

Effective date: 20080522

A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20080605

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080729

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080808

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110815

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4171515

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110815

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120815

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120815

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130815

Year of fee payment: 5