JP4161354B2 - Vehicle body structure - Google Patents

Vehicle body structure Download PDF

Info

Publication number
JP4161354B2
JP4161354B2 JP05096398A JP5096398A JP4161354B2 JP 4161354 B2 JP4161354 B2 JP 4161354B2 JP 05096398 A JP05096398 A JP 05096398A JP 5096398 A JP5096398 A JP 5096398A JP 4161354 B2 JP4161354 B2 JP 4161354B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
vehicle
slide rail
floor
vehicle width
members
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP05096398A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH11245847A (en
Inventor
勝 知北
Original Assignee
マツダ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by マツダ株式会社 filed Critical マツダ株式会社
Priority to JP05096398A priority Critical patent/JP4161354B2/en
Publication of JPH11245847A publication Critical patent/JPH11245847A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4161354B2 publication Critical patent/JP4161354B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Description

【0001】
【産業上の利用分野】
本発明は、車両のシート装置に関し、特に、車室のほぼ全体にわたってフラットなフロア面を有する形式の車両の車体構造に関する。
【0002】
【本発明の背景】
エンジンを車両の前部に配置し、後輪駆動とした車両の車体構造では、前後方向に延びるプロペラシャフトを配設するために車室の中央部を前後方向に延びる隆起部すなわちトンネル部が設けられる。このトンネル部は、一方において、車体剛性を確保するための構造部材としての役割も有している。
このようなトンネル部を有する車体構造は例えば、特開平9−66864号公報に開示されている。
ところで、近時、車室空間を広くとりたいという設計上の要請において、特にに、低床化を図りつつ極力ひろいフラットなフロア面を確保したいという要請が高まっている。
【0003】
この場合、おいて、上記特開平9−66864号公報に開示された車体構造では、車室の中央部に隆起部が形成されるので、車室において広いフラットなフロア面を確保することができなくなる。広いフロア面を確保するためにトンネル部をなくすと、車体剛性が確保できるなくなるだけでなく、プロペラシャフトを配置する関係から低床化を推進することもできなくなる。
【0004】
【課題を解決するための手段】
本発明はこのような観点でなされたものであって、車室のほぼ全体にわたってフラットなフロア面が形成される形式の車両において、低床化を図りつつ十分な車体剛性を与えることができる車体構造を提供することを目的とする。
この本発明の目的は、以下の特徴を有する車体構造によって達成することができる。すなわち、本発明の車体構造は、
ほぼ車室内の全体にわたってフラットに形成されたフロア面を備えた車両の車体構造であって、
前記車両の両側部を前後方向に延びるように配置された一対のサイドフレームと、
車両の車幅方向に延び両端が前記サイドフレームに固定された複数のクロスメンバと、 少なくとも、車両前後方向の中央部に配置された2つの中央部クロスメンバに対応したフロア面上にシートを車幅方向に移動させるための車幅方向スライドレールが敷設され、 該車幅方向スライドレールは、前記フロア面の左右方向に延びるように形成された一対の凹部に埋設されて敷設されており、
前記スライドレールに対応する前記フロア面の前記凹部の下方には、チャンネル状の前記中央部クロスメンバが位置しており、
前記中央部クロスメンバはチャンネル状であり、前記フロア面の凹部が前記チャンネル内に形成されていることを特徴とする。
【0005】
このように車幅方向スライドレールと同様に車幅方向に延びる車幅方向スライドレールとを一体化することにより、車体剛性とくにローリング方向のねじり剛性を向上させることができる。フロアパネルは上面側には、前後方向に隔置して一対の車幅方向スライドレールが設けられるとともに、フロアパネル下面側にこのスライドレールにそれぞれの対応して一体化した形態で、好ましくは、チャンネル状の車幅方向クロスメンバがフロアパネルと閉断面を形成するように配設される。そして、この両端は、車体の側部のフロアパネル下面側を前後方向に延びる一対のサイドフレームに結合される。このように前後方向に隔置した状態で、フロアパネルを挟んでクロスメンバおよびスライドレールの一体化された閉断面構造体が設けられることによって、従来構造のトンネル部に代わる車体剛性を付与することができる。すなわち、本発明によって、十分な車体剛性を確保しつつ、トンネル部をなくしたいわゆるフルフラットのフロア面を有する車体構造を達成することことができる。
【0006】
なお、この場合、上記中央部クロスメンバは、他のクロスメンバよりも車幅方向の長さが長くなっていることが好ましい。このようにすることにより、剛性部材が側端部に極力近い位置に配置されることになり、側部から衝撃力が入力された場合であっても、車室内への影響を少なくすることができる。
また、別の好ましい態様では、前記シートを前後方向に移動させるための前後方向スライドレールと、車幅方向に移動させる車幅方向スライドレールとが設けられており、
前記前後方向スライドレールは、車幅方向スライドレールよりも上に敷設されている。
このように配設することにより、上記の車幅方向スライドレールとクロスメンバとの一体化構造を有効に生かすことができる。
【0007】
車幅方向に延び、前記サイドフレームとサイドシルとを連結する連結部材が、前記中央部クロスメンバの延びる方向とはオフセットした位置に設けることができる。たとえば、一対のスライドレールの前後方向中間の位置に1つの連結部材を設けることができる。このようにすることにより、車幅方向の剛性についてはサイドフレームの内側よりも相対的に低くなる。これによって、車幅方向の衝撃力の入力があった場合には、連結部材を変形させることによってエネルギーを吸収させ、サイドフレームの内側の車室中心部を衝撃の影響から保護することができる。
好ましい態様では、前記中央部クロスメンバは、他のクロスメンバよりも横断面における水平方向の幅が大きくなっている。
【0008】
このように構成することにより、極力上下方向の長さを少なくして所望の断面係数を確保することができ、フロアパネル下面側の上下方向のレイアウト性、例えばプロペラシャフト、排気管、燃料タンク等との干渉を極力少なくすることができる。この結果、所望の剛性を確保しながら低床化を推進することができる。
【0009】
【実施例】
以下、本発明を実施例に基づいて説明する。
図1は、本発明を適用することができる車両のフロアパネル下面側の構造を示したものであり、図2は、該車両の内部構造の概略を示す立面図である。
図1および図2を参照すると、車両1の前部には、エンジン2が配置されるエンジンルーム3が設けられる。エンジンルーム3はカウルパネル4およびダッシュパネル5によって車室6の空間と仕切られている。本例の車両1は、いわゆる1ボックスカーに分類される形式の車両1であって車室6のほぼ全体にわたってフラットなフロア面を形成するフロアパネル7を備えている。車室空間において、前部に運転手用シートと助手用シートからなる前列シート8が設けられ、運転手シートに対応してハンドル9が位置している。
【0010】
前列シート8の後方には、中央列シート10が配置されている。本例の中央列シート10は、それぞれ独立して前後および左右に移動することができるようになった一対のシート10が左右に並んで配置されている。さらに、この中央列シート10の後方には、後列シート11が配置される。本例では、後列シート11は二人用のベンチシートで構成されている。
フロアパネル7の下部構造について説明すると、エンジン2は、前輪12間に配置されており、エンジン2の後端からは車両の中央部をプロペラシャフト13が後方に延びている。プロペラシャフト13の後端は、後輪14のデファレンシャル装置15に接続されている。デファレンシャル装置15は、エンジン2からプロペラシャフト13に伝達されたエンジン動力を分配し、後輪アクスル16を介して後輪14に伝達するようになっている。車両の側部には、前後方向に延びる一対のサイドフレーム17が設けられる。
【0011】
そして、前後輪12、14のホイールベース間には、一方の側部に近接してスペアタイヤ格納装置18が設けられるとともに、前後方向に関してほぼ並んだ位置において、他方の側部には、燃料タンク19が配置される。この配置では、スペアタイヤ格納装置18と燃料タンク17との間をプロペラシャフト13が前後方向に延びる関係になっている。この場合プロペラシャフト13はほぼ真っ直ぐに後方に延びている。エンジン2の後端からはさらに排気管20が延びている。排気管20は、スペアタイヤの前方に排気を浄化するための触媒コンバータ21を備えるとともに、湾曲部の後方に第2の大径部であるサイレンサ22および開放端の直前に設けられるサブサイレンサ23を備えている。
サイドフレーム17の前端は、エンジンルーム3の前端部のバンパー24のすぐ後方に位置しており、この位置からほぼやや内方にかつ後方に延びており、前輪の後端側において最も接近しその後はわずかに外方にかつ後方に延びる。そして、スペアタイヤ格納装置18の後端部の位置において真っ直ぐ後方の延びるように位置している。そして、後輪の前方ににおいてやや内側に屈折し後輪の内側の位置を通り、後輪の後端側の位置において、わずかに外方の屈折して延び、その後後輪の後方位置において後方に向けて真っ直ぐ延びている。一対のサイドフレーム17間は、少なくとも車室下方の付近において車幅方向に延びる複数のクロスメンバ25〜31によって結合されている。
【0012】
本例においては、クロスメンバ25は、前列シート8の前方に位置し、クロスメンバ26および27は、前列シート8の下方に位置し、クロスメンバ28、29は、中央列シートの下方に位置し、クロスメンバ30および31は、ほぼ後列シート11の下方に位置している。
また、本例では、クロスメンバ26および27のサイドフレーム17の外側には、さらに車幅方向外方に向けて延びる連結部材26a、27aが設けられており、この連結部材は、車体の側端部に前後方向に延びるように配置される配置される一対のサイドシル32にそれぞれ連結されている。
この場合、サイドフレーム17の前端は、上記したように、バンパー24の後方に対応するレベルであり、その位置からほぼ水平方向に真っ直ぐ後方に延びている。そして、サイドフレーム17は前輪12をほぼ過ぎた位置において下方に湾曲し、前輪の後方位置において再び水平方向に延びる。その後は、ほぼそのレベルを保った状態で真っ直ぐ後方に延びている。
【0013】
前列シート8の両側にフロントドア33が設けられるとともに、少なくとも助手席側の側部にサイドドア34が設けられる。本例においてスペアタイヤ格納装置18は、サイドドア34のステップの位置に対応するフロア面7の下部に設けられる。
なお、それぞれのシート8、10、11はシートクッション35と該シートクッション35に対して回動自在に取付られ所定の角度位置で停止できるようになっているとともに完全フラットおよび完全折り畳み状態などの形態をとることができるようになったシートバック36を備えている。さらに各シートには、乗員に対応して取り外し可能なヘッドレスト37が設けられる。
車両1の後部には、後列シート11を格納することができるようになった、フロア面から下方に広がるように形成された格納パン38が形成されている。この格納パン20は左右方向は、後列シート14を収容するのに十分な幅を有しているとともに後列シート11を折り畳んだ状態で収容できるだけの十分な深さを有している。そして、後列シート11を格納した状態で、その格納パン38の上部開口は、フロアパネル7と面一になる面が形成されることによって塞がれるようになっている。
【0014】
本例の構造では、前列シート8は前後方向にスライド移動できるようになっているとともに、中央列シート10は前後および左右にスライド移動できるようになっている。
図3および図4を参照すると、中央列シート10の車幅方向スライドレール39を示した斜視図が示されている。車幅方向スライドレールは左右方向に延びるように前後に平行に並んでフロア面に埋設されている。車幅方向スライドレール39には、それぞれの中央列シートを左右方向の所定位置の止めるためのストライカ40およびロックレバー取付部41が形成されている。図示しないがシート側には、上記ストライカ40と係合するフックおよび、ロックレバー取付部41と係合するロックレバーが設けられている。
【0015】
また、図5には、車幅方向スライドレール39と前後方向スライドレール42との関係が概略図の形式で示されている。図4に示すように中央列シート10には、それぞれ前後方向スライドレール42が一体に取付られている。この前後方向スライドレール42の下側には、上記車幅方向スライドレール39に係合する係合フック43が固定されている。また、図6に示すように車幅方向スライドレール39には該係合フック43と係合する上記ストライカ40を支持するスライドガイド44がスライド自在に設けられている。これによってそれぞれ左右の中央列シート10は、車体側に取付られた車幅方向スライドレール39に沿って左右方向に移動できるようになっている。
この車幅方向スライドレール39は、フロアパネル7の左右方向に延びるように形成された一対の凹部7aに埋設されて敷設されている。図7を合わせて参照すると、スライドレール39は、一対のほぼS字状断面の長いパネル部材から構成されており、このパネル部材は、フロアパネル7にボルト46によって固定された支持ブラケット45に支持されている。支持ブラケット45は、左右方向に所定の間隔で配置され、一端側で前記スライドレール39を構成するパネル部材の上方の水平フランジ部に固定されてこれを支持するとともに、他端側は、フロアパネル7にボルト46によって固定されている。
【0016】
なお、図6に示すように上記一対のスライドレール39に対応するフロアパネル7の凹部7aの下方には、チャンネル状のクロスメンバ28、29が位置しており、このクロスメンバ28、29は両端でサイドフレーム17に結合されている。これによって、フロアパネル7の下面側とクロスメンバ28、29によって左右方向に延びる閉断面パネル構造が形成されることになる。
このクロスメンバ28、29のチャンネル形状は極力水平方向の幅を広くとってあり、上下方向の高さは低く抑えてある。すなわち、本例の構造では、幅広の構造にすることによって所望の断面係数を確保するようになっている。また、本例の構造では、フロアパネル7の上面側には、車幅方向スライドレール39が配置されるとともに、この下方位置には、上記のクロスメンバ28、29がそれぞれ組み合わされることによって、車幅方向に延びる一体化された剛性構造が形成されることになる。この場合において、クロスメンバ28、29は両端においてサイドフレーム17に結合されており、さらに、サイドフレーム17は、この部分においては、外側に向かって湾曲して車体の側端部まで張り出した状態になっている。しかも、このクロスメンバ28、29は、車体の前後方向のほぼ中央位置にあることから、車体構造のねじり剛性を効果的に高めることができるものである。
【0017】
また、上記のように車体側部に極めて近い位置に剛性部材であるサイドフレーム17が位置することになるのでこの部分に側部からの衝撃力が入力された場合にには、その衝撃力を剛性部材で受けることができ、車室内への影響を極力排除することができる。
さらに、クロスメンバ28、29に対応する位置において、サイドフレーム17の外側に外端がサイドシル32に結合される連結部材28a、29aがそれぞれ配置されるので、サイドフレーム17がやや内側に配置されていることことによる剛性低下の問題を解消することができる。
この場合、別の構造として、図8に示すように連結部材28a、29aの代わりに、このクロスメンバ28および29の前後方向中間位置に単一の連結部材47を配置するようにすることもできる。
【0018】
この構造は、サイドフレーム17の外側の剛性をその内側の剛性に比して意図的に弱く設定するものである。この構造において、側部からの衝撃入力があると連結部材47がエネルギーを吸収しながら変形する。したがって、サイドフレーム17よりも内側の車室内への影響を極力排除することができる。
なお、スライドレール39の上端面はフロアパネル7の状面とほぼ面一になっている。したがって、中央列シート10を取り去った後においては、フロアパネル上からは、ストライカ40およびロックレバー取付部がわずかに上方に突出するだけでほぼフラットのフロア面が形成されることになる。
また車幅方向スライドレール39は、それぞれのシート側に設けられた前後方向スライドレール42と係合するガイド35を介してスライドすることにより、該スライドレール42に沿って前後方向に移動することができる。また、中央列シート10は、上記の前後方向スライドレール32に取り付けられた係合フック43と、車幅方向スライドレール39に設けられたストライカ40との係合を外し、中央列シート10のロックレバーを解除することにより、取り外すことができる。
【0019】
また、本例の構造では、前列シート8も脱着可能で、取り外したのち前後反対向きに取付ることもできるようになっている。
【0020】
【発明の効果】
上記したように本発明により、極力広いフラットフロア面を確保しつつ、低床化を図りかつ十分な車体剛性を付与することができるもせることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明を適用することができる車両の車体構造のフロアの下面側の平面図、
【図2】図1の車両の車室内部および車体下部の構造を示す立面図である。
【図3】中央列シートの斜視図、
【図4】シートを取り外した状態を示す車幅方向スライドレールの斜視図、
【図5】前後方向スライドレールと車幅方向スライドレールとの関係を示す断面図、
【図6】シートを取付るためのストライカと車幅方向スライドレールとの係合状態を示す断面図、
【図7】車幅方向スライドレールの取付状態を示す平面図、
【図8】車体構造の他の例を示す図1と同様の図である。
【符号の説明】
1 車両
2 エンジン
3 エンジンルーム
4 カウルパネル
6 車室
7 フロアパネル
8 前列シート
10 中央列シート
11 後列シート
20 排気管
25〜31 クロスメンバ
38 格納パン。
[0001]
[Industrial application fields]
The present invention relates to a vehicle seat device, and more particularly, to a vehicle body structure of a vehicle having a flat floor surface over almost the entire passenger compartment.
[0002]
[Background of the present invention]
In a vehicle body structure in which the engine is arranged at the front part of the vehicle and is driven by the rear wheels, a ridge or tunnel part extending in the front-rear direction is provided in the center part of the passenger compartment in order to arrange the propeller shaft extending in the front-rear direction It is done. On the one hand, this tunnel part also has a role as a structural member for ensuring the rigidity of the vehicle body.
A vehicle body structure having such a tunnel portion is disclosed in, for example, Japanese Patent Laid-Open No. 9-66864.
By the way, in recent years, there has been an increasing demand for a flat floor surface as much as possible while reducing the floor, especially in the design request to make a large cabin space.
[0003]
In this case, in the vehicle body structure disclosed in the above-mentioned Japanese Patent Application Laid-Open No. 9-66864, since a raised portion is formed at the center of the passenger compartment, a wide flat floor surface can be secured in the passenger compartment. Disappear. If the tunnel portion is eliminated in order to secure a wide floor surface, not only the rigidity of the vehicle body can be secured, but also the lowering of the floor cannot be promoted due to the arrangement of the propeller shaft.
[0004]
[Means for Solving the Problems]
The present invention has been made from this point of view, and in a vehicle of a type in which a flat floor surface is formed over almost the entire passenger compartment, a vehicle body capable of providing sufficient vehicle body rigidity while achieving a low floor. The purpose is to provide a structure.
The object of the present invention can be achieved by a vehicle body structure having the following features. That is, the vehicle body structure of the present invention is
A vehicle body structure having a floor surface that is formed flat substantially throughout the vehicle interior,
A pair of side frames arranged to extend in the front-rear direction on both sides of the vehicle;
A seat is mounted on a floor surface corresponding to a plurality of cross members extending in the vehicle width direction of the vehicle and having both ends fixed to the side frame and at least two central cross members arranged in the central portion in the vehicle front-rear direction. A vehicle width direction slide rail for moving in the width direction is laid, and the vehicle width direction slide rail is embedded and laid in a pair of recesses formed to extend in the left-right direction of the floor surface,
Below the concave portion of the floor surface corresponding to the slide rail, the channel-shaped central cross member is located ,
The central cross member has a channel shape, and a concave portion of the floor surface is formed in the channel .
[0005]
Thus, by integrating the vehicle width direction slide rail extending in the vehicle width direction in the same manner as the vehicle width direction slide rail, the vehicle body rigidity, particularly the torsional rigidity in the rolling direction can be improved. The floor panel is provided with a pair of vehicle width direction slide rails spaced apart in the front-rear direction on the upper surface side, and preferably integrated with each corresponding slide rail on the lower surface side of the floor panel. A channel-shaped cross member in the vehicle width direction is disposed so as to form a closed section with the floor panel. The both ends are coupled to a pair of side frames extending in the front-rear direction on the lower surface of the floor panel on the side of the vehicle body. By providing a closed cross-section structure in which the cross member and the slide rail are integrated with the floor panel sandwiched in the state of being separated in the front-rear direction as described above, the vehicle body rigidity can be provided in place of the tunnel portion of the conventional structure. Can do. That is, according to the present invention, it is possible to achieve a vehicle body structure having a so-called full flat floor surface in which the tunnel portion is eliminated while ensuring sufficient vehicle body rigidity.
[0006]
In this case, the center cross member is preferably longer in the vehicle width direction than the other cross members. By doing so, the rigid member is arranged as close as possible to the side end portion, and even if an impact force is input from the side portion, the influence on the vehicle interior can be reduced. it can.
In another preferred embodiment, a front-rear direction slide rail for moving the seat in the front-rear direction and a vehicle width direction slide rail for moving in the vehicle width direction are provided,
The front-rear direction slide rail is laid above the vehicle width direction slide rail.
By arranging in this way, the integrated structure of the vehicle width direction slide rail and the cross member can be effectively utilized.
[0007]
A connecting member that extends in the vehicle width direction and connects the side frame and the side sill can be provided at a position offset from the direction in which the central cross member extends. For example, one connecting member can be provided at a middle position in the front-rear direction of the pair of slide rails. By doing so, the rigidity in the vehicle width direction is relatively lower than the inside of the side frame. As a result, when an impact force in the vehicle width direction is input, energy can be absorbed by deforming the connecting member, and the center of the compartment inside the side frame can be protected from the impact.
In a preferred aspect, the central cross member has a larger horizontal width in the cross section than the other cross members.
[0008]
By configuring in this way, it is possible to secure the desired section modulus by reducing the length in the vertical direction as much as possible, and layout properties in the vertical direction on the lower surface side of the floor panel, such as a propeller shaft, exhaust pipe, fuel tank, etc. Interference can be reduced as much as possible. As a result, it is possible to promote lowering the floor while ensuring the desired rigidity.
[0009]
【Example】
Hereinafter, the present invention will be described based on examples.
FIG. 1 shows a structure on the lower surface side of a floor panel of a vehicle to which the present invention can be applied, and FIG. 2 is an elevation view showing an outline of the internal structure of the vehicle.
Referring to FIGS. 1 and 2, an engine room 3 in which an engine 2 is disposed is provided at the front portion of the vehicle 1. The engine room 3 is partitioned from the space of the vehicle compartment 6 by a cowl panel 4 and a dash panel 5. The vehicle 1 of this example is a vehicle 1 of a type classified as a so-called one-box car, and includes a floor panel 7 that forms a flat floor surface over almost the entire compartment 6. In the passenger compartment space, a front row seat 8 including a driver seat and an assistant seat is provided at the front, and a handle 9 is positioned corresponding to the driver seat.
[0010]
A central row sheet 10 is disposed behind the front row sheet 8. In the central row sheet 10 of this example, a pair of sheets 10 that can move independently forward and backward and left and right are arranged side by side. Further, a rear row sheet 11 is disposed behind the central row sheet 10. In this example, the back row seat 11 is composed of a bench seat for two people.
The lower structure of the floor panel 7 will be described. The engine 2 is disposed between the front wheels 12, and a propeller shaft 13 extends rearward from the rear end of the engine 2 through the center of the vehicle. The rear end of the propeller shaft 13 is connected to a differential device 15 of the rear wheel 14. The differential device 15 distributes the engine power transmitted from the engine 2 to the propeller shaft 13 and transmits the engine power to the rear wheel 14 via the rear wheel axle 16. A pair of side frames 17 extending in the front-rear direction are provided on the side of the vehicle.
[0011]
A spare tire storage device 18 is provided between the wheel bases of the front and rear wheels 12 and 14 in proximity to one side, and a fuel tank is provided on the other side at a position substantially aligned in the front-rear direction. 19 is arranged. In this arrangement, the propeller shaft 13 extends in the front-rear direction between the spare tire storage device 18 and the fuel tank 17. In this case, the propeller shaft 13 extends rearward substantially straight. An exhaust pipe 20 further extends from the rear end of the engine 2. The exhaust pipe 20 includes a catalytic converter 21 for purifying exhaust gas in front of the spare tire, and a silencer 22 as a second large diameter portion and a sub silencer 23 provided immediately before the open end behind the curved portion. I have.
The front end of the side frame 17 is located immediately behind the bumper 24 at the front end of the engine room 3 and extends slightly inward and rearward from this position. Extends slightly outward and rearward. The spare tire storage device 18 is positioned so as to extend straight rearward at the position of the rear end portion. Then, it is refracted slightly inward in front of the rear wheel, passes through the position inside the rear wheel, extends slightly refracted outward in the position on the rear end side of the rear wheel, and then rearward in the rear position of the rear wheel. It extends straight toward. The pair of side frames 17 are coupled by a plurality of cross members 25 to 31 extending in the vehicle width direction at least in the vicinity of the lower part of the passenger compartment.
[0012]
In this example, the cross member 25 is located in front of the front row seat 8, the cross members 26 and 27 are located below the front row seat 8, and the cross members 28 and 29 are located below the center row seat. The cross members 30 and 31 are located substantially below the rear row seat 11.
In this example, connecting members 26a and 27a extending further outward in the vehicle width direction are provided outside the side frames 17 of the cross members 26 and 27. It is connected with a pair of side sills 32 arranged so that it may extend in the direction of order in a part.
In this case, as described above, the front end of the side frame 17 is at a level corresponding to the rear of the bumper 24, and extends straight rearward from the position in the horizontal direction. The side frame 17 curves downward at a position almost past the front wheel 12, and extends in the horizontal direction again at the rear position of the front wheel. After that, it extends straight backward while maintaining almost the same level.
[0013]
Front doors 33 are provided on both sides of the front row seat 8, and side doors 34 are provided at least on the side of the passenger seat. In this example, the spare tire storage device 18 is provided below the floor surface 7 corresponding to the step position of the side door 34.
Each of the seats 8, 10, and 11 is attached to the seat cushion 35 so as to be rotatable with respect to the seat cushion 35, and can be stopped at a predetermined angular position, and is in a completely flat and fully folded state. The seat back 36 is configured to be able to take. Further, each seat is provided with a detachable headrest 37 corresponding to the occupant.
A storage pan 38 is formed at the rear portion of the vehicle 1 so as to be able to store the rear row seat 11 so as to spread downward from the floor surface. The storage pan 20 has a sufficient width in the left-right direction to accommodate the rear row sheet 14 and a depth sufficient to accommodate the rear row sheet 11 in a folded state. In the state where the rear row sheet 11 is stored, the upper opening of the storage pan 38 is closed by forming a surface that is flush with the floor panel 7.
[0014]
In the structure of this example, the front row seat 8 can be slid in the front-rear direction, and the center row seat 10 can be slid back and forth and left and right.
Referring to FIGS. 3 and 4, a perspective view showing the slide rail 39 in the vehicle width direction of the center row seat 10 is shown. The vehicle width direction slide rails are embedded in the floor so as to extend in the left-right direction in parallel in the front-rear direction. The vehicle width direction slide rail 39 is formed with a striker 40 and a lock lever mounting portion 41 for stopping the respective center row seats at predetermined positions in the left-right direction. Although not shown, a hook that engages with the striker 40 and a lock lever that engages with the lock lever mounting portion 41 are provided on the seat side.
[0015]
Further, FIG. 5 shows the relationship between the vehicle width direction slide rail 39 and the front and rear direction slide rail 42 in the form of a schematic diagram. As shown in FIG. 4, front and rear slide rails 42 are integrally attached to the central row seat 10. An engagement hook 43 that is engaged with the vehicle width direction slide rail 39 is fixed below the front and rear direction slide rail 42. As shown in FIG. 6, a slide guide 44 that supports the striker 40 that engages with the engagement hook 43 is slidably provided on the slide rail 39 in the vehicle width direction. As a result, the left and right center row seats 10 can move in the left-right direction along the vehicle width direction slide rail 39 attached to the vehicle body side.
The vehicle width direction slide rail 39 is embedded and laid in a pair of recesses 7 a formed to extend in the left-right direction of the floor panel 7. Referring also to FIG. 7, the slide rail 39 is constituted by a pair of long panel members having a substantially S-shaped cross section, and this panel member is supported by a support bracket 45 fixed to the floor panel 7 by bolts 46. Has been. The support brackets 45 are arranged at predetermined intervals in the left-right direction, and are fixed to and supported by a horizontal flange portion above the panel member constituting the slide rail 39 on one end side, and the other end side is a floor panel. 7 is fixed by a bolt 46.
[0016]
As shown in FIG. 6, channel-shaped cross members 28 and 29 are positioned below the recess 7a of the floor panel 7 corresponding to the pair of slide rails 39. The cross members 28 and 29 are arranged at both ends. And is coupled to the side frame 17. As a result, a closed cross-sectional panel structure extending in the left-right direction is formed by the lower surface side of the floor panel 7 and the cross members 28 and 29.
The channel shape of the cross members 28 and 29 is as wide as possible in the horizontal direction, and the height in the vertical direction is kept low. That is, in the structure of this example, a desired section modulus is ensured by using a wide structure. Further, in the structure of the present example, the vehicle width direction slide rail 39 is disposed on the upper surface side of the floor panel 7, and the cross members 28 and 29 are respectively combined at the lower position so that the vehicle An integrated rigid structure extending in the width direction is formed. In this case, the cross members 28 and 29 are coupled to the side frame 17 at both ends, and the side frame 17 is curved outward and extends to the side end of the vehicle body at this portion. It has become. Moreover, since the cross members 28 and 29 are located at substantially the center position in the longitudinal direction of the vehicle body, the torsional rigidity of the vehicle body structure can be effectively increased.
[0017]
Further, as described above, the side frame 17 which is a rigid member is located at a position very close to the side of the vehicle body. Therefore, when an impact force from the side is input to this portion, the impact force is reduced. It can be received by the rigid member, and the influence on the passenger compartment can be eliminated as much as possible.
Further, at the positions corresponding to the cross members 28 and 29, the connecting members 28a and 29a whose outer ends are coupled to the side sills 32 are arranged outside the side frame 17, respectively, so that the side frame 17 is arranged slightly inside. It is possible to solve the problem of rigidity reduction due to being present.
In this case, as another structure, instead of the connecting members 28a and 29a, as shown in FIG. 8, a single connecting member 47 may be arranged at an intermediate position in the front-rear direction of the cross members 28 and 29. .
[0018]
In this structure, the rigidity of the outer side of the side frame 17 is intentionally set to be weaker than the rigidity of the inner side. In this structure, when there is an impact input from the side, the connecting member 47 is deformed while absorbing energy. Therefore, the influence on the vehicle interior inside the side frame 17 can be eliminated as much as possible.
Note that the upper end surface of the slide rail 39 is substantially flush with the surface of the floor panel 7. Therefore, after the central row sheet 10 is removed, the striker 40 and the lock lever mounting portion slightly protrude upward from the floor panel, so that a substantially flat floor surface is formed.
Further, the vehicle width direction slide rail 39 can move in the front-rear direction along the slide rail 42 by sliding through the guide 35 that engages with the front-rear direction slide rail 42 provided on each seat side. it can. Further, the center row seat 10 disengages the engagement hook 43 attached to the front-rear direction slide rail 32 and the striker 40 provided on the vehicle width direction slide rail 39 to lock the center row seat 10. It can be removed by releasing the lever.
[0019]
Moreover, in the structure of this example, the front row seats 8 can also be attached and detached, and can be attached in the opposite front-rear direction after being removed.
[0020]
【The invention's effect】
As described above, according to the present invention, the floor can be lowered and sufficient vehicle body rigidity can be imparted while ensuring a wide flat floor surface as much as possible.
[Brief description of the drawings]
FIG. 1 is a plan view of a lower surface side of a floor of a vehicle body structure to which the present invention can be applied;
2 is an elevational view showing the structure of the interior of the vehicle interior and the lower part of the vehicle body of the vehicle of FIG. 1. FIG.
FIG. 3 is a perspective view of a center row sheet,
FIG. 4 is a perspective view of a vehicle width direction slide rail showing a state where a seat is removed;
FIG. 5 is a cross-sectional view showing the relationship between the longitudinal slide rail and the vehicle width direction slide rail;
FIG. 6 is a cross-sectional view showing an engagement state between a striker for attaching a seat and a slide rail in a vehicle width direction;
FIG. 7 is a plan view showing a mounting state of the vehicle width direction slide rail;
FIG. 8 is a view similar to FIG. 1 showing another example of the vehicle body structure.
[Explanation of symbols]
DESCRIPTION OF SYMBOLS 1 Vehicle 2 Engine 3 Engine room 4 Cowl panel 6 Car compartment 7 Floor panel 8 Front row seat 10 Center row seat 11 Rear row seat 20 Exhaust pipe 25-31 Cross member 38 Storage pan.

Claims (5)

  1. ほぼ車室内の全体にわたってフラットに形成されたフロア面を備えた車両の車体構造であって、
    前記車両の両側部を前後方向に延びるように配置された一対のサイドフレームと、
    車両の車幅方向に延び両端が前記サイドフレームに固定された複数のクロスメンバと、 少なくとも、車両前後方向の中央部に配置された2つの中央部クロスメンバに対応したフロア面上にシートを車幅方向に移動させるための車幅方向スライドレールが敷設され、 該車幅方向スライドレールは、前記フロア面の左右方向に延びるように形成された一対の凹部に埋設されて敷設されており、
    前記スライドレールに対応する前記フロア面の前記凹部の下方には、チャンネル状の前記中央部クロスメンバが位置しており、
    前記中央部クロスメンバはチャンネル状であり、前記フロア面の凹部が前記チャンネル内に形成されていることを特徴とする車体構造。
    ことを特徴とする車体構造。
    A vehicle body structure having a floor surface formed flat over the entire interior of the vehicle,
    A pair of side frames arranged to extend in the front-rear direction on both sides of the vehicle;
    A seat is mounted on a floor surface corresponding to a plurality of cross members extending in the vehicle width direction of the vehicle and having both ends fixed to the side frame and at least two central cross members arranged in the central portion in the vehicle front-rear direction. A vehicle width direction slide rail for moving in the width direction is laid, and the vehicle width direction slide rail is embedded and laid in a pair of recesses formed to extend in the left-right direction of the floor surface,
    The channel-shaped central cross member is located below the concave portion of the floor surface corresponding to the slide rail ,
    The vehicle body structure characterized in that the central cross member has a channel shape, and a concave portion of the floor surface is formed in the channel.
    Body structure characterized by that.
  2. 請求項1において、上記中央部クロスメンバは、他のクロスメンバよりも車幅方向の長さが長くなっていることを特徴とする車体構造。2. The vehicle body structure according to claim 1, wherein the central cross member is longer in the vehicle width direction than the other cross members.
  3. 請求項1において、前記シートを前後方向に移動させるための前後方向スライドレールと、車幅方向に移動させる車幅方向スライドレールとが設けられており、
    前記前後方向スライドレールは、車幅方向スライドレールよりも上に敷設されていることを特徴とする車体構造。
    In Claim 1, a front-rear direction slide rail for moving the seat in the front-rear direction and a vehicle width direction slide rail for moving in the vehicle width direction are provided,
    The front-rear direction slide rail is laid above the vehicle width direction slide rail.
  4. 請求項1において、車幅方向に延び、前記サイドフレームとサイドシルとを連結する連結部材が、前記中央部クロスメンバの延びる方向とはオフセットした位置に設けられていることを特徴とする車体構造。2. The vehicle body structure according to claim 1, wherein a connecting member extending in a vehicle width direction and connecting the side frame and the side sill is provided at a position offset from an extending direction of the central cross member.
  5. 請求項1において、前記中央部クロスメンバは、他のクロスメンバよりも横断面における水平方向の幅が大きくなっていることを特徴とする車体構造。2. The vehicle body structure according to claim 1, wherein the central cross member has a larger horizontal width in the cross section than other cross members.
JP05096398A 1998-03-03 1998-03-03 Vehicle body structure Expired - Fee Related JP4161354B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP05096398A JP4161354B2 (en) 1998-03-03 1998-03-03 Vehicle body structure

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP05096398A JP4161354B2 (en) 1998-03-03 1998-03-03 Vehicle body structure

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH11245847A JPH11245847A (en) 1999-09-14
JP4161354B2 true JP4161354B2 (en) 2008-10-08

Family

ID=12873483

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP05096398A Expired - Fee Related JP4161354B2 (en) 1998-03-03 1998-03-03 Vehicle body structure

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4161354B2 (en)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE102009042460B4 (en) * 2009-09-23 2017-02-16 Johnson Controls Gmbh Vehicle with a shared bank
JP5818155B2 (en) * 2011-11-24 2015-11-18 スズキ株式会社 Lower floor structure of the car body
JP6478031B2 (en) * 2015-03-12 2019-03-06 三菱自動車工業株式会社 Underbody skeleton structure
JP2020019398A (en) * 2018-08-01 2020-02-06 トヨタ自動車株式会社 Vehicular seat rail mounting structure

Also Published As

Publication number Publication date
JPH11245847A (en) 1999-09-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6129405A (en) Seat arrangement of a vehicle
JP4678473B2 (en) Vehicle fuel tank arrangement structure
US7252319B2 (en) Seat device for vehicle
JP4349116B2 (en) Vehicle fuel tank arrangement structure
JP4161354B2 (en) Vehicle body structure
JP2008037198A (en) Vehicle body structure
US10479411B2 (en) Structurally reinforced vehicle body
JP3924768B2 (en) Rear body structure of the vehicle
JP4581388B2 (en) Lower body structure of the vehicle
JP2008037305A (en) Vehicle body structure
JP5444868B2 (en) Lower body structure of the vehicle
JP2006290141A (en) Lower bodywork of vehicle
JP2011000956A5 (en)
JP2007153286A (en) Seat arrangement structure of vehicle
JP5082794B2 (en) Vehicle tank arrangement structure
JP3461723B2 (en) Car body frame structure
JPH1095231A (en) Body side part structure
JP3864404B2 (en) Vehicle body structure
JP4635690B2 (en) Auxiliary equipment arrangement structure of vehicle
JP4811012B2 (en) Vehicle seat structure
JP2007076590A (en) Vehicular body lower structure
JP2007083754A (en) Rear bodywork of vehicle
JP2008110636A (en) Lower part vehicle body structure for vehicle
JP2008024078A (en) Vehicle body structure
JP2006290140A (en) Car body lower structure of vehicle

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20041125

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070830

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070903

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20071101

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080218

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080418

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080630

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080713

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110801

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120801

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120801

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130801

Year of fee payment: 5

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees