JP3375091B2 - 成形品搬送装置 - Google Patents

成形品搬送装置

Info

Publication number
JP3375091B2
JP3375091B2 JP28306493A JP28306493A JP3375091B2 JP 3375091 B2 JP3375091 B2 JP 3375091B2 JP 28306493 A JP28306493 A JP 28306493A JP 28306493 A JP28306493 A JP 28306493A JP 3375091 B2 JP3375091 B2 JP 3375091B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
molded
conveyor
transfer
molded article
pair
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP28306493A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH07137836A (ja
Inventor
正英 砂田
Original Assignee
株式会社小松製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社小松製作所 filed Critical 株式会社小松製作所
Priority to JP28306493A priority Critical patent/JP3375091B2/ja
Publication of JPH07137836A publication Critical patent/JPH07137836A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3375091B2 publication Critical patent/JP3375091B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【産業上の利用分野】この発明はプレスにより成形され
た成形品をパレットなどへ積載する成形品搬送装置に関
する。 【0002】 【従来の技術】従来トランスファプレスなどのプレスに
より成形されたパネル状の成形品は、プレスと同期して
運転される搬送コンベヤにより積載位置まで搬送した
後、積載位置でパレットなどへ積載している。 【0003】 【発明が解決しようとする課題】しかし従来の搬送装置
では、複雑な形状の成形品や、段積みされた成形品を積
載する場合、搬送中に位置ずれや荷崩れが発生してパレ
ットへ成形品を積載するのが困難になったり、所定数の
成形品がパレットに積載できないなどの不具合があっ
た。この発明はかかる不具合を改善するためになされた
もので、搬送中成形品の荷崩れなどが発生することがな
く、かつ汎用性の高い成形品搬送装置を提供することを
目的とするものである。 【0004】 【課題を解決するための手段】この発明は上記目的を達
成するために、プレスの成形品搬出側と、成形品をパレ
ットなどへ積載する移載装置の間に、成形品搬送方向に
並設され、かつ接離方向へ移動自在に、一対の水平コン
ベヤと、一対の垂直コンベヤよりなる搬送コンベヤを設
け、上記水平コンベヤは上下2段に設けられた無端状の
チェーンにそれぞれ取付けられ、かつ成形品を両側より
支持する一対のガイド杆をワーク搬送方向に間隔を存し
て複数組立設すると共に、上記垂直コンベヤはリフト手
段により上下動自在なフレームに設けられ、かつ上記水
平コンベヤのチェーンと同期回転される無端状のチェー
ンにより構成してなる成形品搬送装置である。 【0005】 【作 用】上記構成により各ガイド杆の間に成形品を
段積みすることにより、搬送中成形品が荷崩れを起すこ
とがないため、パレットなどに整然と積載することがで
きると共に、ワークのサイズが変っても、搬送コンベヤ
の間隔を調整したり、水平コンベヤのチェーンの位相を
変えてガイド杆の間隔を調整することにより容易に対応
できる。 【0006】 【実 施 例】この発明の一実施例を図面を参照して詳
述する。図1は成形品搬送装置の平面図、図2は同側面
図、図3は図1のX−X線に沿う断面図、図4は図1の
Y−Y線に沿う断面図である。これらの図において1は
装置本体で、プレス2の成形品搬出側と、成形品移載装
置(図示せず)の間に設置されている。 【0007】上記装置本体1は図2に示すように、架台
1aを有していて、この架台1aに、成形品搬送方向A
と直行する方向に複数本のレール4が布設されており、
これらレール4に接離方向に移動自在に一対の搬送コン
ベヤ5が載設されている。上記搬送コンベヤ5は、外側
に位置する一対の水平コンベヤ6と、内側に位置する一
対の垂直コンベヤ7より構成されていて、水平コンベヤ
6は、成形品搬送方向Aへ細長い支持部材6aを有して
いる。 【0008】これら支持部材6aの下部には上記レール
4上を走行する台車6bを有していると共に、支持部材
6aの上流側に従動軸6cが、そして下流側に駆動軸6
dが垂直方向に支承されていて、これら従動軸6c及び
駆動軸6dに上下2段に設けられた従動スプロケット6
e及び駆動スプロケット6fに無端状のチェーン6g,
6hが捲装されている。そしてこれらチェーン6g,6
hに、成形品14の両端を前後方向より支持する一対の
ガイド杆6i,6jがそれぞれ垂直に取付けられてい
る。これらガイド杆6i,6jが、各チェーン6g,6
hの長手方向に、プレス2の搬送ピッチとほぼ同じ間隔
で複数対設けられていて、各チェーン6g,6hの位相
を変えることにより、成形品14のサイズに応じて各ガ
イド杆6i,6jの間隔が無段階に調整できるようにな
っている。 【0009】また上記垂直コンベヤ7は手積みコンベヤ
も兼ねていて、リフトシリンダ3により図3及び図4の
仮想線で示す位置まで上昇可能なチャンネル状のフレー
ム7aを有している。上記フレーム7aは水平コンベヤ
6の内側に沿って設けられていて、下部に突設されたガ
イド杆7bが、水平コンベヤ6の支持部材6aに固着さ
れたブラケット7cに上下摺動自在に支承されていると
共に、フレーム7aの上流側には従動スプロケット7d
が、また下流側には駆動スプロケット7eが支承されて
いて、これら従動スプロケット7dと駆動スプロケット
7eの間に無端状の搬送チェーン7fが捲装されてい
る。 【0010】一方垂直コンベヤ7の駆動スプロケット7
eにはスプライン軸よりなる駆動軸7gがベベルギヤ7
hを介して接続されていると共に、駆動軸7gにスプラ
イン係合されたスパイラルギヤ7iを介して駆動軸9に
スプライン係合されたスパイラルギヤ7jが噛合されて
いる。上記駆動軸9は、スプライン軸より形成されて、
架台1aの下流側に成形品搬送方向Aと直交するように
支承されており、この駆動軸9の中央部にチェーン13
及び減速機10を介してコンベヤ駆動モータ11が接続
されていると共に、駆動軸9の両端側は、図4に示すよ
うにベベルギヤボックス12を介して駆動スプロケット
6fの駆動軸6dに連動されていて、上記コンベヤ駆動
モータ11により駆動スプロケット6f,7eを介して
水平コンベヤ6のチェーン6g,6hと垂直コンベヤ7
の搬送チェーン7fが同じ速度で同方向へ回転されるよ
うになっている。 【0011】一方上記架台1aのほぼ中央には、2基の
搬送コンベヤ調整モータ18が互いに対向するように設
置されている。これら搬送コンベヤ調整モータ18は、
成形品14の長さに応じて各搬送コンベヤ5の間隔を調
整するためのもので、各搬送コンベヤ5の上流側と下流
側に設けられた送りねじ軸19にチェーン20を介して
接続されている。上記各送りねじ軸19は、各搬送コン
ベヤ5毎に分割されていて、それぞれ独立して回転でき
るようになっていると共に、各送りねじ軸19に水平コ
ンベヤ6の支持部材6aの一部が螺合されていて、搬送
コンベヤ調整モータ18により各搬送コンベヤ5を同期
させて接離方向へ移動できるようになっている。 【0012】次に作用を説明すると、プレス1により成
形された成形品14は、成形品搬出側に設置された図示
しない積載装置により順次積上げられ、所定枚数に達す
ると装置本体1側へ送り出されて、水平コンベヤ6のも
っとも上流側に位置する一対のガイド杆6i,6jの間
に両端部が前後方向より支持され、垂直コンベヤ7のチ
ェーン7fにより下部が図2に示すように支持される。
その後プレス1の搬送動作に同期されて、コンベヤ駆動
モータ11によりチェーン6g,6h,7fが間欠回転
され、ガイド杆6i,6jに段積みされた成形品14は
荷崩れを起すことなく下流側へ搬送される。そして、搬
送コンベヤ5の下流側に達した成形品14は上方に待機
する成形品移載装置のフォーク(ともに図示せず)によ
り所定高さに持ち上げられた後、積載位置に待機するパ
レットへ積込まれる。以下上記動作を繰返すことによ
り、プレス1により成形された成形品14を段積みした
状態でパレットへ積載することができるようになる。 【0013】一方積載すべき成形品14の長さが変った
場合は、搬送コンベヤ調整モータ18により送りねじ軸
19を回転して各搬送コンベヤ5を接離方向へ移動させ
ることにより、成形品14の長さが種々変っても容易に
対応することができる。また成形品14の幅が変った場
合は、水平コンベヤ6の上下2段に設けられたチェーン
6g,6hの位相を変更する。これによって各チェーン
6g,6hに取付けられたガイド杆6i,6j間の間隔
が無段階に調整できるため、成形品14の幅が種々変っ
ても容易に対応することができる。さらに作業者が手積
みで成形品14をパレットへ積込む場合は、リフトシリ
ンダにより垂直コンベヤ7のフレーム7aを図3及び図
4の仮想線で示す位置まで上昇させて、垂直コンベヤ7
の各チェーン7fの間に成形品14を載置する。そして
この状態でチェーン7fを回転させることにより成形品
14を積載位置まで搬送したら、手積みでパレットへ積
載すればよい。 【0014】 【発明の効果】この発明は以上詳述したように、接離方
向へ移動調整自在な搬送コンベヤのガイド杆の間に成形
品を段積みした状態で積載位置へ搬送し、パレットへ積
載するようにしたことから、搬送中に段積みされた成形
品が荷崩れすることがない。これによってパレット内に
整然と積込むことができるため、荷崩れによって積込み
が困難になったり、所定数の成形品が積載できなくなる
などの不具合を解消することができる。また成形品の大
きさが変っても、搬送コンベヤの間隔を調整したり、水
平コンベヤのチェーンの位相を変えて、各チェーンに取
付けられたガイド杆の間隔を調整することにより対応す
ることができるため、段取り時間の大幅な削減が図れる
など汎用性も高い。
【図面の簡単な説明】 【図1】この発明の一実施例になる成形品積載装置の平
面図である。 【図2】この発明の一実施例になる成形品積載装置の側
面図である。 【図3】図1のX−X線に沿う拡大断面図である。 【図4】図1のY−Y線に沿う拡大断面図である。 【符号の説明】 2…プレス、5…搬送コンベヤ、6…水平コンベヤ、6
g,6h…チェーン、6i,6j…ガイド杆、7…水平
コンベヤ、7a…フレーム、7f…チェーン、14…成
形品、A…成形品搬送方向。

Claims (1)

  1. (57)【特許請求の範囲】 【請求項1】 プレス2の成形品搬出側と、成形品14
    をパレットなどへ積載する移載装置の間に、成形品搬送
    方向Aに並設され、かつ接離方向へ移動自在に、一対の
    水平コンベヤ6と、一対の垂直コンベヤ7よりなる搬送
    コンベヤ5を設け、上記水平コンベヤ6は上下2段に設
    けられた無端状のチェーン6g,6hにそれぞれ取付け
    られ、かつ成形品14を両側より支持する一対のガイド
    杆6i,6jをワーク搬送方向Aに間隔を存して複数組
    立設すると共に、上記垂直コンベヤ7はリフト手段によ
    り上下動自在なフレーム7aに設けられ、かつ上記水平
    コンベヤ6のチェーン6g,6hと同期回転される無端
    状のチェーン7fにより構成してなる成形品搬送装置。
JP28306493A 1993-11-12 1993-11-12 成形品搬送装置 Expired - Fee Related JP3375091B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP28306493A JP3375091B2 (ja) 1993-11-12 1993-11-12 成形品搬送装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP28306493A JP3375091B2 (ja) 1993-11-12 1993-11-12 成形品搬送装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH07137836A JPH07137836A (ja) 1995-05-30
JP3375091B2 true JP3375091B2 (ja) 2003-02-10

Family

ID=17660742

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP28306493A Expired - Fee Related JP3375091B2 (ja) 1993-11-12 1993-11-12 成形品搬送装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3375091B2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR102237360B1 (ko) * 2019-09-06 2021-04-06 시너스텍 주식회사 롤 이송 장치

Also Published As

Publication number Publication date
JPH07137836A (ja) 1995-05-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4984963A (en) Stacking bundles of flat-folded boxes of corrugated board
US3721330A (en) Article timing and feeding mechanism
CN104876039B (zh) 纸板自动上料机
EP0108496B1 (en) Article transfer apparatus
JP2553999B2 (ja) 物品の幅寄せ搬送方法および装置
JP6845550B2 (ja) 移載装置
EP0697355A1 (en) Apparatus for lifting plate-shaped item, particularly for a ceramic tiles stacking machine
JP3375091B2 (ja) 成形品搬送装置
JP4945824B2 (ja) 商品の自動段積み方法及びその装置
JPH0581138U (ja) ターンテーブル
US4867626A (en) Collation assemblies
JP2872608B2 (ja) 搬送シートの積載装置
JP3384462B2 (ja) 成形品搬送装置
JP3604420B2 (ja) ケース分離装置
CN213651390U (zh) 一种瓦楞纸板生产用码齐装置
JP3224285B2 (ja) 棒材搬出入装置
CN214610337U (zh) 一种自动化输出的码垛机
JP3582972B2 (ja) 物品の積付け装置
JPH06219548A (ja) 薄板搬送システム
CN113291830A (zh) 一种码垛流水线
CN114368631A (zh) 一种印刷品前序一体化定位输送装置
JP2543437Y2 (ja) 物品移送積上げ装置
JP2509242B2 (ja) ワ―ク自動積込み装置
JP2685804B2 (ja) ワーク自動積込み装置
JP2579385Y2 (ja) パレタイザーの積付物搬入コンベア

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees