JP3273988B2 - 無限軌道車 - Google Patents

無限軌道車

Info

Publication number
JP3273988B2
JP3273988B2 JP05486393A JP5486393A JP3273988B2 JP 3273988 B2 JP3273988 B2 JP 3273988B2 JP 05486393 A JP05486393 A JP 05486393A JP 5486393 A JP5486393 A JP 5486393A JP 3273988 B2 JP3273988 B2 JP 3273988B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
crawler
pair
vehicle body
transmission
crawlers
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP05486393A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH06239270A (ja
Inventor
井 幹 夫 松
田 幸 広 福
重 好 一 広
Original Assignee
セイレイ工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by セイレイ工業株式会社 filed Critical セイレイ工業株式会社
Priority to JP05486393A priority Critical patent/JP3273988B2/ja
Publication of JPH06239270A publication Critical patent/JPH06239270A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3273988B2 publication Critical patent/JP3273988B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、前後左右の4個のク
ロ−ラからなる走行装置を備えた4クロ−ラ型の無限軌
道車に関するものである。
【0002】
【従来の技術】履帯走行装置を前後左右4個のクロ−ラ
で構成して軟弱地や不整地での走行性の良さを留保しな
がら操向性をよくした4クロ−ラ型の無限軌道車が知ら
れている(例えば、実開平3−37080号公報、特開
昭59−2974号公報参照)。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】上記の例にみられる従
来の4クロ−ラ型無限軌道車においては、2クロ−ラ型
の無限軌道車に対比して操向性は向上されるけれども、
走行地の凹凸に対する適応性がよくなく、また、前後左
右4個のクロ−ラを駆動する駆動系統が複雑化し 著しく
コスト高になる難点があった
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明の目的は上述の難
点を解消することであり、目的を達成するために、車体
(1)の下側に配設した左右一対の前クロ−ラ(8)(8)と
後クロ−ラ(9)(9)を車体(1)の下腹部に装設するミッ
ションケ−ス(30)からの伝達動力で同期駆動し、左右
一対の前クロ−ラ(8)(8)を運転装置部のステアリング
ホイル(19)によって左右に転向動作させて操向する4
クロ−ラ型の無限軌道車において、前記左右一対の前ク
ロ−ラ(8)(8)をセンタ−ピン(11)中心で左右揺動す
る前車軸ケ−ス(10)の左右端部に操向作動可能に支承
して設けるとともに、左右一対の後クロ−ラ(9)(9)は
上記前クロ−ラ(8)(8)よりも接地長の長いものに組成
して、左右各々の後クロ−ラ(9)(9)を車体(1)に設置
した支持部(27)に水平横向きの支軸(26)中心で各個
独立にシ−ソ−状に上下揺動し得るように支承した無限
軌道車にしている
【0005】
【発明の効果】したがって、本発明によれば、ステアリ
ングホイルによって左右一対の前クロ−ラを左右に転向
動作させて行う操向性のよさが確保されながら、走行地
の凹凸に対しては前車軸ケ−スの左右揺動によって左右
が背反に上下移動する左右の前クロ−ラの上下移動と左
右各個独立にシ−ソ−状に上下揺動する左右の後クロ−
ラの上下移動とが有機的に働き合って対応することとな
って、不整地走行の適応性が向上された
【0006】そして、左右一対の前クロ−ラと左右一対
の後クロ−ラが夫々別個の駆動源で駆動される、或いは
前後左右4個のクロ−ラが各々別個の駆動源で駆動され
ていた従来のものに比べると駆動系が著しく簡潔で低廉
になり、また、車体の上面には平坦で広い空間が確保さ
れ重心も低くて安定性がよいので、作業車や運搬車とし
て好適なものとなり、車体の下腹部にも広い空間が確保
されるので不整地や軟弱地走行が一層有利になる
【0007】
【実施例】図1は本発明に係る無限軌道車の全体側面
図、図2はその一部分を拡大して示した側面部分図、図
3は本発明に係る無限軌道車の平面概略図、図4は本発
明に係る無限軌道車の伝動系統図である。
【0008】図1〜図3において、(1)は平面視略長方
形に形成された車体であり、平坦な上面の前方一隅部に
エンジンル−ム(2)と、エンジンル−ムの上方に装備さ
れる座席(3)及びエンジンル−ムの前方に配設される操
縦コラム(4)等からなる運転装置が設けられ、操縦コラ
ム(4)の横側方における車体の前方隅部がカギ型に欠如
されて作業機(図示省略)を装備する作業機装着部(C)
に形成されている(図3参照)。なお、(5)は出力軸を
車体横幅方向に向けて前記エンジンル−ム内に搭載され
るエンジン、(6)および(7)はエンジンに付帯する油圧
ポンプおよび油タンクである。
【0009】そして、上記の如く形成された車体(1)の
下方の前後左右4箇所に、左右一対の前クロ−ラ(8)
(8)及び左右一対の後クロ−ラ(9)(9)が配設されて4
クロ−ラ型の無限軌道車が構成され、前クロ−ラ(8)
(8)は、側面視においてエンジンル−ム(2)の前端部下
方に装設される前車軸ケ−ス(10)に支承されている。
具体的には、センタ−ピン(11)を中心にして左右揺動
自在に車体(1)に取付けられるデフケ−ス(12)から左
右に筒状ケ−スを延設して構成される前車軸ケ−ス(1
0)の左右両端部に、キングピン軸(13)(13)の軸心
周りに回転自在にファイナルケ−ス(14)(14)を連設
して、それぞれのファイナルケ−ス(14)にトラックフ
レ−ム(15)を装備し、各トラックフレ−ム(15)に装
設する転輪群と誘導輪、及び駆動輪(16)に無端履帯
(17)を掛回して前クロ−ラ(8)(8)が組成され、これ
らの前クロ−ラ(8)(8)が前車軸ケ−ス(10)の内部を
経て駆動輪(16)に向けて伝動すべく構成された前駆動
系(F)でもって強制駆動されるように構成されている。
【0010】なお、前駆動系(F)にあってファイナルケ
−ス(14)の出力軸と駆動輪(16)の軸との間を連動結
合する伝動部分(F1)は、無端履帯(17)の掛回内方に
納まり且つ横幅方向においても無端履帯の幅内に納まる
ように設けられている。又、前駆動系(F)のデフケ−ス
(12)に入力する伝動系については後述する。
【0011】さらに、左右のファイナルケ−ス(14)
(14)がタイロッド(18)で連動結合されるとともに、
一方のファイナルケ−ス(14)が前記操作コラム(4)部
に設けられたステアリングホイル(19)にドラグロッド
(20)を介して連動されて、ステアリングホイル(19)
の回動操作により前クロ−ラ(8)(8)を操向作動できる
ように構成されており(図3の三点鎖線図示状態参
照)、その操向は、図示を省略しているが前述した油圧
ポンプ(6)からの圧油で作動する油圧アクチュエ−タに
よるパワ−ステアリング機構でもって行われるものとな
っている。
【0012】一方、後クロ−ラ(9)(9)のそれぞれは、
トラックフレ−ム(21)の後端部に設けられる駆動輪
(22)と、前端部に配設される誘導輪(23)と、両輪の
間に配設される転輪群(24)とに履帯(25)を掛回し
て、前クロ−ラ(8)(8)よりも接地長の長いものに組成
され、前後方向においてやや駆動輪寄りに偏寄して設け
られる支軸(26)の軸心(P)を中心として定められた範
囲でシ−ソ−状に上下揺動できるように、車体(1)がわ
に設けられている側面視V字状のブラケットケ−ス(
持部27)の下端部に支承装備されている(図1の仮想
線図示状態参照)。
【0013】それぞれの支軸(26)は、駆動輪(23)に
動力伝達する後駆動系(B)の一軸を兼ねるものとなって
おり、それぞれの支軸(26)と駆動輪(23)の車軸との
間が履帯(25)の幅内に納まるように設けられるチエン
伝動機構(28)でもって連動連結されるとともに、支軸
(26)には前記ブラケットケ−ス(27)内のチエン伝動
機構(29)を介して動力伝達するように構成されてい
る。そうして、それぞれのチエン伝動機構(29)の入力
側が、車体(1)の下面に固装されるミッションケ−ス
(30)から左右に突出される出力軸(31)に結合されて
いる。
【0014】ミッションケ−ス(30)は、前クロ−ラ
(8)(8)の操向動作に支障を生じない範囲で、前端部を
前クロ−ラ(8)の後尾部に可及的に近付け、且つ、全体
としては後クロ−ラ(9)(9)の前部寄り部位に位置させ
て、車体(1)の下面から少し間隔を有して吊り下げ状に
車体(1)に取付けられている。そして、このミッション
ケ−ス(30)は、前後方向に長くて上下と左右方向の幅
が狭く形成され、その前端部に上記エンジン(5)の出力
軸に平行する方向(車体の横幅方向)の入力軸(32)が
設けられると共に、該入力軸(32)に平行する前記出力
軸(31)(31)を後端部に設け、これらの両軸(32)と
(31)(31)の間を、次に説明するような横軸構造の変
速伝動機構でもって連動連結するものとなっている。
【0015】図4において、エンジン(5)の出力軸とミ
ッションケ−スの入力軸(32)との間が、車体の内方サ
イドにおいてメインクラッチ付の巻掛伝動具(33)で連
動結合されるとともに、巻掛伝動具(33)とは反対サイ
ドにおいて入力軸(32)に油圧無段変速機(34)が装備
され、その出力部に副変速軸(35)が連動連結されてい
る。そして、副変速軸(35)と次位の中間軸(36)との
間に、択一に選択結合できる高低2段の歯車列が設けら
れ、何れかの歯車列を経て中間軸(36)に伝達された動
力が、更にその次位の軸に構成される左右一対のサイド
クラッチ(37)を経て上記出力軸(31)(31)に伝達さ
れるように構成されている。また、左右一対のサイドク
ラッチ(37)には左右のブレ−キ(38)(38)が連係し
て設けられ、左右のサイドクラッチが各別又は同時に
「断」作動されると、その切断後に左右のブレ−キが制
動状態に作動されるようになっている。
【0016】なお、副変速軸(35)の歯車列を選択結合
する変速操作具(39)や、サイドクラッチ(37)および
ブレ−キ(38)を断続操作する操作具(40)は、ミッシ
ョンケ−ス(30)の上側と車体(1)の下面との間の間隙
部分に配して設けられ、車体(1)の下面に沿いながら運
転装置部に延設され、運転装置部において遠隔操作でき
るように設けられており、殊に、サイドクラッチ(37)
およびブレ−キ(38)を断続操作する操作具(40)は、
既に説明したステアリングホイル(19)による前クロ−
ラ(8)(8)の操向作動に関連して断続作動できるように
連係されて、前クロ−ラ(8)(8)が設定角度を越えて転
向されたときに、転向内側のサイドクラッチ(37)が
「断」作動され、且つ、同側のブレ−キ(38)が制動さ
れるように構成されている。
【0017】また、上記ミッションケ−ス(30)におけ
る中間軸(36)の一方の軸端部が内方サイドに突出され
て、その突出端部にベベルギア伝動機構(41)が連動装
設され、該ベベルギア伝動機構(41)から前方に延出す
る屈曲自在構造のプロペラシャフト(42)が上記デフケ
−ス(12)に入力結合されて前駆動系(F)が後駆動系
(B)と同期作動されるようになっている。
【0018】
【作用】このように構成された無限軌道車においては、
エンジン(5)の動力が油圧無段変速機(34)により前後
進および速度設定され、副変速歯車列以降の伝動経路を
経て左右出力軸(31)(31)に伝動されると同時に、プ
ロペラシャフト(42)により前駆動系(F)にも入力され
て、前後の駆動系(F)(B)で左右一対の前クロ−ラ(8)
(8)と後クロ−ラ(9)(9)が同期駆動されて所望のよう
に前後進される。そして、走行中に地面の凹凸に遭遇す
ると、左右方向の凹凸に対してはセンタ−ピン(11)を
中心とする前クロ−ラ(8)(8)の左右揺動でもって対応
し、前後方向の凹凸に対しては後クロ−ラ(9)(9)の支
軸(26)を中心とするシ−ソ−状の揺動で対応して車体
の傾きが少ない安定のよい状態で走行する。
【0019】また、上記走行状態において、操縦装置の
ステアリングホイル(19)が例えば右方に回動操作され
ると、その回転角に応じて前クロ−ラ(8)(8)が図3に
三点鎖線で示しているように、右転向されて右方への車
体転向が行われ、その際、前クロ−ラ(8)(8)が設定角
度を越えて大きく転向されれば、転向内側のサイドクラ
ッチが「断」され、且つ、同側のブレ−キ(38)が制動
されて車体の急旋回が行われる。
【0020】このような走行が行われる4クロ−ラ型の
無限軌道車であるが、左右一対の前クロ−ラ(8)(8)お
よび左右一対の後クロ−ラ(9)(9)は、単一ミッション
ケ−ス(30)による伝動機構で共通に駆動されるので、
前後2組のクロ−ラが各々独立した駆動源で駆動され
る、あるいは4個のクロ−ラがそれぞれ別個の駆動源で
駆動されていた従来のものに比べると駆動系が簡潔で低
廉であり、また、4クロ−ラの作動が不調になることも
なくて、4クロ−ラが良好に同期駆動される状態のもと
で前クロ−ラの転向動作が良好に行われる。
【0021】そして、前記ミッションケ−ス(30)など
の駆動系は全て車体(1)の下側に設けられ、車体(1)の
上面側にはエンジンル−ム(2)と操縦装置が局部的に突
設されるのみであるので、車体(1)上面の運転装置の横
側部から後方にかけての部分に平坦で広い空間が現出す
ることとなって作業車や運搬車として好適なものとな
り、また、重心も低くなって安定性もよくなりながら、
ミッションケ−ス(30)が横軸構造で上下及び左右幅の
狭いものに構成されて車体(1)の下側に接近してコンパ
クトに納まるから、車体(1)の下腹部にも広い空間が確
保され、不整地や軟弱地走行に有利となる。なお、ミッ
ションケ−ス(30)に関連する変速操作具(39)や操作
具(40)は車体(1)との間の間隙部分に配され、また、
油圧無段変速機(34)はミッションケ−ス(30)の横サ
イドに配設されるので、その配管類や前記操作具類が車
体下腹空間に露出状態で突出することがなくて安全であ
る。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係る無限軌道車の全体側面図である。
【図2】図1の一部分を拡大して示した側面部分図であ
る。
【図3】本発明に係る無限軌道車の平面概略図である。
【図4】本発明に係る無限軌道車の伝動系統図である。
【符号の説明】
1 車体 8 前クロ−ラ 9 後クロ−ラ10 前車軸ケ−ス 11 センタ−ピン 19 ステアリングホイル 26 支軸27 支持部(ブラケットケ−ス) 30 ミッションケ−ス
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI B62D 55/12 B62D 55/12 Z (56)参考文献 特開 昭59−2974(JP,A) 特開 昭58−71277(JP,A) 特開 昭52−57626(JP,A) 特開 平6−270851(JP,A) 実開 平3−37080(JP,U) 実開 平4−89426(JP,U) 実開 平5−1679(JP,U) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) B62D 55/065 B62D 55/084 B62D 55/12

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 車体(1)の下側に配設した左右一対の前
    クロ−ラ(8)(8)と後クロ−ラ(9)(9)を、車体(1)の
    下腹部に装設するミッションケ−ス(30)からの伝達動
    力で同期駆動し、左右一対の前クロ−ラ(8)(8)を運転
    装置部のステアリングホイル(19)によって左右に転向
    動作させて操向する4クロ−ラ型の無限軌道車におい
    て、前記左右一対の前クロ−ラ(8)(8)をセンタ−ピン
    (11)中心で左右揺動する前車軸ケ−ス(10)の左右端
    部に操向作動可能に支承して設けるとともに、左右一対
    の後クロ−ラ(9)(9)は上記前クロ−ラ(8)(8)よりも
    接地長の長いものに組成して、左右各々の後クロ−ラ
    (9)(9)を車体(1)に設置した支持部(27)に水平横向
    きの支軸(26)中心で各個独立にシ−ソ−状に上下揺動
    し得るように支承して設けてあることを特徴とする無限
    軌道車。
JP05486393A 1993-02-19 1993-02-19 無限軌道車 Expired - Fee Related JP3273988B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP05486393A JP3273988B2 (ja) 1993-02-19 1993-02-19 無限軌道車

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP05486393A JP3273988B2 (ja) 1993-02-19 1993-02-19 無限軌道車

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06239270A JPH06239270A (ja) 1994-08-30
JP3273988B2 true JP3273988B2 (ja) 2002-04-15

Family

ID=12982434

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP05486393A Expired - Fee Related JP3273988B2 (ja) 1993-02-19 1993-02-19 無限軌道車

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3273988B2 (ja)

Families Citing this family (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5336783B2 (ja) * 2008-07-14 2013-11-06 三菱農機株式会社 4クローラ型作業車輌
RU2641951C1 (ru) * 2016-12-28 2018-01-23 Федеральное государственное бюджетное образовательное учреждение высшего образования "Пензенский государственный университет" (ФГБОУ ВО "Пензенский государственный университет") Многофункциональное транспортное средство
CN112407043B (zh) * 2020-11-23 2021-11-23 北京理工大学 一种阿克曼转向的高速履带式行动系统
CN112407045B (zh) * 2020-11-23 2021-10-29 北京理工大学 一种阿克曼-主动速差复合转向的高速履带式行动系统
CN112407044B (zh) * 2020-11-23 2022-02-08 北京理工大学 一种高速履带式车辆的阿克曼转向机构
CN112722066B (zh) * 2021-01-19 2022-03-22 北京理工大学 一种阿克曼-主动速差复合转向系统
CN115848491B (zh) * 2022-12-22 2023-06-13 浙江九奇机械有限公司 一种履带式自动收集采茶机

Also Published As

Publication number Publication date
JPH06239270A (ja) 1994-08-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9004519B1 (en) Tow bar controlled trailer and method
EP1140607A4 (en) MODULAR CRAWLER SYSTEM
EP0303204A3 (en) Self-steering axle assembly for vehicles
US3393762A (en) Vehicle guidance system
US4740006A (en) Remote-control steering system
JP3273988B2 (ja) 無限軌道車
JP2000505384A (ja) 接地車両
US3481418A (en) Articulated vehicles with individual axle reversing drive mechanisms
ATE95126T1 (de) Angetriebenes fahrwerk mit lenkbaren einzellaufwerken.
JP3273992B2 (ja) 4クロ−ラ型無限軌道車
CN112407045B (zh) 一种阿克曼-主动速差复合转向的高速履带式行动系统
US3393760A (en) Traction unit for use with semitrailers and the like
JP2967076B2 (ja) トレーラトラクタ
CN208665360U (zh) 一种四驱履带铰接式拖拉机
RU2121447C1 (ru) Тележка землеройно-транспортной машины с бортовым способом поворота
JPH06270852A (ja) 無限軌道車のクロ−ラ支持及び駆動装置
JPS6160379A (ja) フルトレ−ラのステアリング装置
JPH0769742B2 (ja) 無人搬送車
JP2575679B2 (ja) 車両の4輪操舵装置
JPS63251378A (ja) 不整地走行用車両
SU1221013A1 (ru) Гусеничное транспортное средство
JPH076066Y2 (ja) 連結車両のステアリング装置
JPS5842185Y2 (ja) クロ−ラ型車輛運搬車における変速装置
CA1048939A (en) Four-wheel drive tractor
JPH02147421A (ja) 車両牽引車

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees