JP3233030U - 廃気処理装置 - Google Patents

廃気処理装置 Download PDF

Info

Publication number
JP3233030U
JP3233030U JP2020600157U JP2020600157U JP3233030U JP 3233030 U JP3233030 U JP 3233030U JP 2020600157 U JP2020600157 U JP 2020600157U JP 2020600157 U JP2020600157 U JP 2020600157U JP 3233030 U JP3233030 U JP 3233030U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tank
waste air
pump
air treatment
settling tank
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2020600157U
Other languages
English (en)
Inventor
張蘇栄
Original Assignee
蘇州木山雲智能科技有限公司
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to CN202021533156.3 priority Critical
Priority to CN202021533156 priority
Application filed by 蘇州木山雲智能科技有限公司 filed Critical 蘇州木山雲智能科技有限公司
Priority to PCT/CN2020/105971 priority patent/WO2020228853A2/zh
Application granted granted Critical
Publication of JP3233030U publication Critical patent/JP3233030U/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D21/00Separation of suspended solid particles from liquids by sedimentation
    • B01D21/0012Settling tanks making use of filters, e.g. by floating layers of particulate material
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D21/00Separation of suspended solid particles from liquids by sedimentation
    • B01D21/02Settling tanks with single outlets for the separated liquid
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D46/00Filters or filtering processes specially modified for separating dispersed particles from gases or vapours
    • B01D46/10Particle separators, e.g. dust precipitators, using filter plates, sheets or pads having plane surfaces
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D47/00Separating dispersed particles from gases, air or vapours by liquid as separating agent
    • B01D47/06Spray cleaning
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D49/00Separating dispersed particles from gases, air or vapours by other methods
    • B01D49/003Separating dispersed particles from gases, air or vapours by other methods by sedimentation
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D50/00Combinations of methods or devices for separating particles from gases or vapours
    • B01D50/60Combinations of devices covered by groups B01D46/00 and B01D47/00
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D53/00Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols
    • B01D53/14Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols by absorption
    • B01D53/18Absorbing units; Liquid distributors therefor
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D53/00Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols
    • B01D53/14Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols by absorption
    • B01D53/18Absorbing units; Liquid distributors therefor
    • B01D53/185Liquid distributors
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2247/00Details relating to the separation of dispersed particles from gases, air or vapours by liquid as separating agent
    • B01D2247/04Regenerating the washing fluid

Abstract

【課題】洗気タンク内への塵埃侵入を減少し、塵埃による洗気タンクの廃気処理の効果へ及ぼす悪影響を低減することができる廃気処理装置を提供する。【解決手段】沈降タンク1の頂部に水タンク4が設置され、前記水タンクの底部に第1ポンプが設置され、前記沈降タンクの一側に進気管路6が設置され、前記沈降タンクの一側の外壁に第2ポンプが設置され、前記沈降タンクの底部に回収タンク8が設置され、前記沈降タンクの頂部の内側に噴出ユニットが設置され、前記沈降タンクの底部に液漏れ穴9が開設されており、洗気タンクは沈降タンクの一側に設置され、かつ前記沈降タンクと前記洗気タンクの間は接続管路3を介して連通しており、前記洗気タンクの内部の頂部に廃気管路10が設置されていることを特徴とする廃気処理装置である。【選択図】図1

Description

技術の分野
本実用新案は廃気処理の関連技術分野に関するもので、具体的には廃気処理装置に関す
る。
従来の技術
工業廃気は、環境や人の健康に有害な影響を及ぼす。廃気を大気に排出する前に、排気ガ
スの排出基準に達するように浄化処理を行わなければならない。これを廃気(排気)処理
という。実に廃気処理は、主に工業場所で発生する工業廃気、例えば粉塵、煙塵、異臭ガ
ス、有毒有害ガスに対する処理を指す。廃気浄化においては、よく見られるものとして工
場粉塵廃気浄化、有機廃気浄化、廃気異臭浄化、酸性・アルカリ廃気浄化、化学的廃気浄
化などが挙げられる。今現在では廃気処理装置を利用して廃気の処理を行うようにしてい
る。
従来の廃気処理装置は、廃気をそのまま洗気タンク内へ導入して、アルカリ液によって廃
気ガス中の酸性ガスを吸収することが一般的である。ところが、排気ガスの排出過程で大
量にほこりを携帯するので、長期間使用にわたって洗浄タンク内のほこり蓄積がひどくな
り、装置の廃気処理の効果に影響を及ぼすおそれがある。
本実用新案の目のは、背景の技術に記載のように、従来の廃気処理装置では、廃気をその
まま洗気タンク内へ導入して、アルカリ液によって廃気ガス中の酸性ガスを吸収するもの
で、廃気ガスの排出過程で大量のほこりを携帯するので、長期間使用にわたって洗浄タン
ク内のほこり蓄積がひどくなり、装置の廃気処理の効果に影響を及ぼすおそれがある、と
いう欠点を克服できる廃気処理装置を提供することにある。
上記の目のを実現するために、本実用新案は、下記の廃気処理装置を提供する。該廃気処
理装置は、沈降タンク、洗気タンクおよび接続管路を含み、前記沈降タンクの頂部に水タ
ンクが設置され、前記水タンクの底部に第1ポンプが設置され、前記沈降タンクの一側に
進気管路が設置され、前記沈降タンクの一側の外壁に第2ポンプが設置され、前記沈降タ
ンクの底部に回収タンクが設置され、前記沈降タンクの頂部の内側に噴出ユニットが設置
され、前記沈降タンクの底部に液漏れ穴が開設されており、前記洗気タンクは沈降タンク
の一側に設置され、かつ前記沈降タンクと前記洗気タンクの間は接続管路を介して連通し
ており、前記洗気タンクの内部の頂部に廃気管路が設置されている。
好ましくは、前記水タンク一側に進水口が設置され、前記進水口の一側に進水管路が設置
され、前記進水管路の内部に第1制御バルブが設置されている。
好ましくは、前記第1ポンプの頂部は抽水口によって前記水タンクの内部に連通しており
、前記第1ポンプの底部に注水管路が設置されている。
好ましくは、前記噴出ユニットは噴出管路およびノズルヘッドからなり、前記噴出管路の
頂部の両側にそれぞれ固定部材が設置され、前記噴出管路は固定部材によって前記沈降タ
ンクの頂部の内壁に固定接続され、かつ前記噴出管路の頂部は注水管路の第1ポンプと反
対側の一端に接続されている。
好ましくは、前記ノズルヘッドは複数個設置され、複数個の前記ノズルヘッドは均一に噴
出管路の内部に設置され、かつ複数個の前記ノズルヘッドはそれぞれ前記噴出管路の内部
に連通している。廃気の接触面積を著しく増大することができるので、廃気処理の効率を
向上する。
好ましくは、前記第2ポンプの底部の一側に抽水管路が設置され、前記第2ポンプは抽水
管路を介して前記回収タンクの内部に連通しており、前記第2ポンプの頂部に逆流管路が
設置され、前記第2ポンプの頂部は逆流管路を介して前記水タンクの内部に連通している
好ましくは、前記回収タンクの頂部に前記液漏れ穴に一致する開口が開設され、前記回収
タンクの頂部は開口によって前記沈降タンクの内部に連通しており、かつ前記回収タンク
の内部に濾過網が設置され、前記濾過網の両端にそれぞれ接続部材が設置され、前記濾過
網の両端はそれぞれ接続部材によって前記回収タンクの内壁に固定接続されている。。
好ましくは、前記洗気タンクの内部にアルカリ液が充填されている。これにより、アルカ
リ液によって廃気を効果的に処理することができる。
好ましくは、前記廃気管路の内壁に周回的に均一に加熱板が配布設置されている。これに
より、排出ガスを加熱除湿することができる。
好ましくは、前記ノズルヘッドの上端は自在多段式パイプを介して噴出管路に接続されて
いる。これにより、各位置のノズルヘッドによって角度を調節して、ノズルヘッドから沈
降タンクの内壁までの水を減少することができるので、処理効率を向上する。
従来の技術と比べて、本実用新案の有益な効果は以下の通りである。
(1)本実用新案では、水タンク、第1ポンプおよび噴出ユニットを設けている。これに
より、実用に際しては、第1ポンプを起動して、第1ポンプにより水タンク内の水を抽出
し、注水管路を介して噴出管路内に注入し、そしてノズルヘッドにより沈降タンク内の廃
気に対して埃降り処理を行うようにすることができる。これによって、洗気タンク内への
塵埃侵入を減少するので、塵埃による、洗気タンクの廃気処理の効果へ及ぼす悪影響を低
減し、装置の適用効果を保証することができる。
(2)本実用新案では、回収タンク、第2ポンプ、抽水管路および逆流管路を設けている
。廃気に対する埃降り過程では回収タンクによって廃液を回収することができる。さらに
、第2ポンプを起動して、第2ポンプによって回収タンク内に収集したものを逆流管路を
介して水タンク内に排出して期待させることができる。これによって、水資源の浪費を減
少し、装置の環境親和性を向上する。
本実用新案の全体構成模式図。 本実用新案の側面図。 本実用新案の回収タンク内部の構成模式図。 本実用新案の図1におけるA部の構成拡大図。
図1〜4に示されるように、本実用新案は廃気処理装置を提供する。該廃気処理装置は、
沈降タンク1、洗気タンク2および接続管路3を含む廃気処理装置であって、前記沈降タ
ンク1の頂部に水タンク4が設置され、前記水タンク4の底部に第1ポンプ5が設置され
、前記沈降タンク1の一側に進気管路6が設置され、前記沈降タンク1の一側の外壁に第
2ポンプ7が設置され、前記沈降タンク1の底部に回収タンク8が設置され、前記沈降タ
ンク1の頂部の内側に噴出ユニットが設置され、前記沈降タンク1の底部に液漏れ穴9が
開設されており、前記洗気タンク2は沈降タンク1の一側に設置され、かつ前記沈降タン
ク1と前記洗気タンク2の間は接続管路3を介して連通しており、前記洗気タンク2の内
部の頂部に廃気管路10が設置されている。
さらに、前記水タンク4一側に進水口が設置され、前記進水口の一側に進水管路11が設
置され、前記進水管路11の内部に第1制御バルブが設置されている。進水管路11を設
けることにより、水タンク4内へ注水するのが容易にできるので、使用を便利にさせる。
さらに、前記第1ポンプ5の頂部は抽水口によって前記水タンク4の内部に連通しており
、前記第1ポンプ5の底部に注水管路12が設置されている。実際の使用において、第1
ポンプ5を起動して水タンク4内の水を抽出することができるので、使用を便利にさせる
さらに、前記噴出ユニットは噴出管路13およびノズルヘッド14からなり、前記噴出管
路13の頂部の両側にそれぞれ固定部材が設置され、前記噴出管路13は固定部材によっ
て前記沈降タンク1の頂部の内壁に固定接続され、かつ前記噴出管路13の頂部は注水管
路12の第1ポンプ5と反対側の一端に接続されている。実際の使用において、第1ポン
プ5を起動して、第1ポンプ5により水タンク4内の水を抽出して、注水管路12を介し
て噴出管路13内へ注入して、そしてノズルヘッド14によって沈降タンク1内の廃気に
対して埃降り処理を行うようにすることで、洗気タンク2内への塵の侵入を減少するので
、洗気タンク2の廃気処理の効果へ塵が及ぼす悪影響を低減し、装置の使用効果を保証す
ることができる。
さらに、前記ノズルヘッド14は複数個設置され、複数個の前記ノズルヘッド14は均一
に噴出管路13の内部に設置され、かつ複数個の前記ノズルヘッド14はそれぞれ前記噴
出管路13の内部に連通している。廃気の接触面積を著しく増大することができるので、
廃気処理の効率を向上する。
さらに、前記第2ポンプ7の底部の一側に抽水管路15が設置され、前記第2ポンプ7は
抽水管路15を介して前記回収タンク8の内部に連通しており、前記第2ポンプ7の頂部
に逆流管路16が設置され、前記第2ポンプ7の頂部は逆流管路16を介して前記水タン
ク4の内部に連通している。実際の使用において、第2ポンプ7を起動して、第2ポンプ
によって回収タンク8内に収集した液体を逆流管路16を介して水タンク4内へ排出して
待機させることができる。これによって、水資源の浪費を減少し、装置の環境親和性を向
上する。
さらに、前記回収タンク8の頂部に前記液漏れ穴9に一致する開口が開設され、前記回収
タンク8の頂部は開口によって前記沈降タンク1の内部に連通しており、かつ前記回収タ
ンク8の内部に濾過網17が設置され、前記濾過網17の両端にそれぞれ接続部材が設置
され、前記濾過網17の両端はそれぞれ接続部材によって前記回収タンク8の内壁に固定
接続されている。濾過網17を設けることにより、排水中の塵粒を濾過することができ、
排水のリサイクルが可能で、装置の環境親和性をさらに向上する。
さらに、前記洗気タンク2の内部にアルカリ液が充填されている。これにより、アルカリ
液によって廃気を効果的に処理することができる。
さらに、前記廃気管路10の内壁に周回的に均一に加熱板が配布設置されている。
さらに、前記ノズルヘッドの上端は自在多段式パイプ(Universal bambo
o−shaped pipe)を介して噴出管路3に接続されている。これにより、各位
置のノズルヘッド4によって角度を調節して、ノズルヘッド4から沈降タンク1の内壁ま
での水を減少することができるので、処理効率を向上する。
本装置の動作原理について説明する。進気管路6を介して沈降タンク1内へ注水して、第
1ポンプ5を起動して、第1ポンプ5により水タンク4内の水を抽出して、注水管路12
を介して噴出管路13内へ注入して、そしてノズルヘッド14によって沈降タンク1内の
廃気に対し埃降り処理を行って、埃降り処理済みの気体を接続管路3を介して洗気タンク
2内へ進入させてそこでさらなる処理を行なってから、廃気管路10より排出する。また
これとともに、廃気に対する埃降りの過程では、回収タンク8によって廃液を回収し、第
2ポンプ7を起動して、第2ポンプ7によって廃液を逆流管路16より水タンク4へ排出
して液体のリサイクルを待機させる。
1 沈降タンク
2 洗気タンク
3 接続管路
4 水タンク
5 第1ポンプ
6 進気管路
7 第2ポンプ
8 回収タンク
9 液漏れ穴
10 廃気管路
11 進水管路
12 注水管路
13 噴出管路
14 ノズルヘッド
15 抽水管路
16 逆流管路
17 濾過網

Claims (10)

  1. 沈降タンク(1)、洗気タンク(2)および接続管路(3)を含む廃気処理装置であって
    、前記沈降タンク(1)の頂部に水タンク(4)が設置され、前記水タンク(4)の底部
    に第1ポンプ(5)が設置され、前記沈降タンク(1)の一側に進気管路(6)が設置さ
    れ、前記沈降タンク(1)の一側の外壁に第2ポンプ(7)が設置され、前記沈降タンク
    (1)の底部に回収タンク(8)が設置され、前記沈降タンク(1)の頂部の内側に噴出
    ユニットが設置され、前記沈降タンク(1)の底部に液漏れ穴(9)が開設されており、
    前記洗気タンク(2)は沈降タンク(1)の一側に設置され、かつ前記沈降タンク(1)
    と前記洗気タンク(2)の間は接続管路(3)を介して連通しており、前記洗気タンク(
    2)の内部の頂部に廃気管路(10)が設置されていることを特徴とする廃気処理装置。
  2. 前記水タンク(4)一側に進水口が設置され、前記進水口の一側に進水管路(11)が設
    置され、前記進水管路(11)の内部に第1制御バルブが設置されていることを特徴とす
    る請求項1に記載の廃気処理装置。
  3. 前記第1ポンプ(5)の頂部は抽水口によって前記水タンク(4)の内部に連通しており
    、前記第1ポンプ(5)の底部に注水管路(12)が設置されていることを特徴とする請
    求項1に記載の廃気処理装置。
  4. 前記噴出ユニットは噴出管路(13)およびノズルヘッド(14)からなり、前記噴出管
    路(13)の頂部の両側にそれぞれ固定部材が設置され、前記噴出管路(13)は固定部
    材によって前記沈降タンク(1)の頂部の内壁に固定接続され、かつ前記噴出管路(13
    )の頂部は注水管路(12)の第1ポンプ(5)と反対側の一端に接続されていることを
    特徴とする請求項1に記載の廃気処理装置。
  5. 前記ノズルヘッド(14)は複数個設置され、複数個の前記ノズルヘッド(14)は均一
    に噴出管路(13)の内部に設置され、かつ複数個の前記ノズルヘッド(14)はそれぞ
    れ前記噴出管路(13)の内部に連通していることを特徴とする請求項4に記載の廃気処
    理装置。
  6. 前記第2ポンプ(7)の底部の一側に抽水管路(15)が設置され、前記第2ポンプ(7
    )は抽水管路(15)を介して前記回収タンク(8)の内部に連通しており、前記第2ポ
    ンプ(7)の頂部に逆流管路(16)が設置され、前記第2ポンプ(7)の頂部は逆流管
    路(16)を介して前記水タンク(4)の内部に連通していることを特徴とする請求項1
    に記載の廃気処理装置。
  7. 前記回収タンク(8)の頂部に前記液漏れ穴(9)に一致する開口が開設され、前記回収
    タンク(8)の頂部は開口によって前記沈降タンク(1)の内部に連通しており、かつ前
    記回収タンク(8)の内部に濾過網(17)が設置され、前記濾過網(17)の両端にそ
    れぞれ接続部材が設置され、前記濾過網(17)の両端はそれぞれ接続部材によって前記
    回収タンク(8)の内壁に固定接続されていることを特徴とする請求項1に記載の廃気処
    理装置。
  8. 前記洗気タンク(2)の内部にアルカリ液が充填されていることを特徴とする請求項1に
    記載の廃気処理装置。
  9. 前記廃気管路(10)の内壁に周回的に均一に加熱板が配布設置されていることを特徴と
    する請求項1に記載の廃気処理装置。
  10. 前記ノズルヘッドの上端は自在多段式パイプを介して噴出管路(3)に接続されているこ
    とを特徴とする請求項4に記載の廃気処理装置。
JP2020600157U 2020-07-29 2020-07-30 廃気処理装置 Active JP3233030U (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CN202021533156.3 2020-07-29
CN202021533156 2020-07-29
PCT/CN2020/105971 WO2020228853A2 (zh) 2020-07-29 2020-07-30 一种废气处理装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3233030U true JP3233030U (ja) 2021-07-26

Family

ID=73290328

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2020600157U Active JP3233030U (ja) 2020-07-29 2020-07-30 廃気処理装置

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP3233030U (ja)
WO (1) WO2020228853A2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN112403170B (zh) * 2020-11-27 2022-03-29 浙江迎丰科技股份有限公司 一种定型机油烟净化系统

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN207119222U (zh) * 2017-06-27 2018-03-20 王久滨 一种节能型废气处理装置
CN208145714U (zh) * 2018-03-10 2018-11-27 上海峻岗环保科技有限公司 一种危险含尘气体无害化处理系统
CN210718696U (zh) * 2019-09-01 2020-06-09 上海友富新能源科技有限责任公司 一种锅炉尾气净化装置

Also Published As

Publication number Publication date
WO2020228853A2 (zh) 2020-11-19
WO2020228853A3 (zh) 2021-06-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN210730345U (zh) 一种方便使用的u盾生产用清洗机
JP3233030U (ja) 廃気処理装置
CN209392989U (zh) 一种一体化活性炭吸附脱附废气处理设备
CN107694267A (zh) 一种空气水洗装置和基于该装置的空气水洗方法
CN206356294U (zh) 一种带有超声波具有循环功能的医疗器械清洗装置
CN211216038U (zh) 一种生石灰消化用废气处理装置
CN210814453U (zh) 一种整体式废气处理装置
CN210410108U (zh) 一种节能环保的水循环废气处理装置
CN106693600A (zh) 一种利用新型能源的工业废气处理装置
CN208340387U (zh) 一种水洗式环保烟气净化设备
CN206793302U (zh) 一种钢厂的废气处理装置
CN206886820U (zh) 一种生物实验室污水处理装置
CN205649991U (zh) 一种可循环使用喷淋式脱硫除尘设备
CN215085846U (zh) 生物基塑料造粒机烟气处理设备
CN211316278U (zh) 一种厨房油烟净化处理装置
CN209188406U (zh) 一种河涌固化淤泥制砖过程中恶臭及烟气净化装置
CN215085855U (zh) 一种水平式消烟除尘装置
CN208771142U (zh) 一种废气处理装置
CN215610326U (zh) 一种油泥裂解碳化用污水处理尾气净化装置
CN211025662U (zh) 一种废气过滤装置
CN208356251U (zh) 一种便于水循环利用的污水处理设备
CN211216003U (zh) 一种用于环保设备的废气处理输送装置
CN215352719U (zh) 一种具有环保节能的废气收集装置
CN213695639U (zh) 一种葡萄干用滚筒高压喷淋清洗装置
CN204563863U (zh) 一种墙外空气过滤除尘装置

Legal Events

Date Code Title Description
R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 3233030

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150