JP3066071B2 - 位置設定工具 - Google Patents

位置設定工具

Info

Publication number
JP3066071B2
JP3066071B2 JP50400691A JP50400691A JP3066071B2 JP 3066071 B2 JP3066071 B2 JP 3066071B2 JP 50400691 A JP50400691 A JP 50400691A JP 50400691 A JP50400691 A JP 50400691A JP 3066071 B2 JP3066071 B2 JP 3066071B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
latch
tool
striker plate
loosely
door
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP50400691A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH06501996A (ja
Inventor
ナット,ケネス,ジョージ
ピンクニィ,ロナルド
Original Assignee
フォード モーター カンパニー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to GB9002843A priority Critical patent/GB9002843D0/en
Priority to GB9002843.2 priority
Application filed by フォード モーター カンパニー filed Critical フォード モーター カンパニー
Priority to PCT/GB1991/000182 priority patent/WO1991012399A1/en
Publication of JPH06501996A publication Critical patent/JPH06501996A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3066071B2 publication Critical patent/JP3066071B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E05LOCKS; KEYS; WINDOW OR DOOR FITTINGS; SAFES
    • E05BLOCKS; ACCESSORIES THEREFOR; HANDCUFFS
    • E05B17/00Accessories in connection with locks
    • E05B17/06Templates for marking the position of apertures in fittings of wings or frames; Apparatus for installation of a lockset
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T29/00Metal working
    • Y10T29/49Method of mechanical manufacture
    • Y10T29/49826Assembling or joining
    • Y10T29/49895Associating parts by use of aligning means [e.g., use of a drift pin or a "fixture"]
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T29/00Metal working
    • Y10T29/49Method of mechanical manufacture
    • Y10T29/49826Assembling or joining
    • Y10T29/49895Associating parts by use of aligning means [e.g., use of a drift pin or a "fixture"]
    • Y10T29/49902Associating parts by use of aligning means [e.g., use of a drift pin or a "fixture"] by manipulating aligning means

Description

【発明の詳細な説明】 発明の分野 本発明は表面上でラッチ部材の位置を設定するための
工具に関する。本発明はラッチ装置を備えたドアのよう
な閉鎖部材を組立てて、ラッチ装置とそのストライカー
プレートとが正しく一緒に合体できるようにしなければ
ならない場合に有用である。とくに本発明は閉鎖部材を
備えた製品の大量生産に有用である。
本明細書においては、“閉鎖部材”という言葉はドア
とゲートと、自動車のトランクのふた、テールゲートと
ボンネットおよび閉鎖保持させるラッチ装置を有した開
口のためのあらゆる他のクロージャーを含む。“ラッチ
装置”という言葉はそのような閉鎖部材のためのあらゆ
るタイプのラッチ機構を含み、2つのラッチ部材、すな
わち、1つは閉鎖部材上のラッチ部材、もう1つはクロ
ージャ開口を取囲む枠上のラッチ部材からなるであろ
う。本発明はいずれかのラッチ部材の位置をも設定する
ために用いることができる。普通は“ラッチ本体”とい
う言葉は閉鎖部材上のラッチ部材を示し、“ストライカ
ープレート”という言葉は枠上に固定されたラッチ部材
を示すであろう。しかしながら“ストライカープレー
ト”という言葉は、固定された部分の構造がどうであっ
ても、閉鎖部材を閉じた状態で保持するために用いられ
るあらゆる種類のラッチ部材のあらゆる固定された部分
を含む。
発明の背景 自動車のような製品の大量生産においては、製作上の
公差が存在し、例えば、自動車のドアの最終組立てにお
いては、関連するすべての公差を合計すると、ドアの操
作を満足なものにするためのドアのラッチ装置の位置決
めに僅かな不正確さを与えることがある。自動車の車体
の固定部分上に取付けられたストライカープレートが、
ドアのエッヂに取付けられたラッチ装置に関連して正し
い位置に位置しているということは重要である。
ラッチ装置あるいはストライカープレートのいずれか
にある程度の調節可能性を与え、これら2つが最終組立
て中に互いに他に対して正しく設定することができるよ
うにすることが慣例的である。ドアのエッヂとドア柱と
の間に取付けられる治具を用いて、ラッチ部材の位置を
互いに他に対して正しく設定することが知られている。
しかしながらそのような治具は扱いにくく、比較的デリ
ケートである。それらを注意深く取扱わないと、それら
は簡単に整列が外れ、無用以上に悪くなることがある。
大量生産ラインの上ではすべてのストライカープレー
トを公差範囲の中心位置するように画定された平均位置
に設定することが普通の方法である。自動車の検査の間
に、大部分の自動車にとってこの方法で十分であること
が分かっているが、わずかな数の自動車はストライカー
プレートを手作業で調節して、正しい閉鎖効果を得るよ
うにすることが必要である。このことは労働強化であ
り、熟練技術を必要とする。
発明の要約 本発明によると、表面上で、ラッチ部材の位置を設定
するための工具において、前記ラッチ部材を密接に取囲
むようになった切出し領域を有した本体と、前記本体の
下部で、使用時においては、前記本体の下面と、前記表
面と、前記本体上の外周シール部とによって境界を形成
されている真空チェンバーと、前記チェンバーを真空状
態にするための装置とを含み、前記工具は、ラッチ部材
と係合する閉鎖動作を妨害することなしに、ラッチ部材
を取囲む表面上に取付けるようになっていることを特徴
とするラッチ部材の位置設定工具が提供される。
ストライカープレートの位置を設定するのに本工具を
用いることが好ましい。
真空チェンバーを真空にひくことによって、工具本体
はどのような表面上の望みの位置においてもしっかり取
付けることが可能である。本工具はラッチがかかってい
るときでさえも表面上に取付けることができるので、ラ
ッチがかかっている間にストライカープレートの位置を
設定することが可能である。
工具本体は好ましくは平坦で剛性のあるプレートとか
らなり、その厚さはストライカープレートのベース部の
厚さと等しい。
前記真空装置は可撓性のあるチューブによって工具本
体に連結された真空ポンプからなっており、好ましく
は、前記チューブは本体の平面を平行な方向に工具本体
の中へ入り込んでいる。このことによって、工具本体が
ラッチ装置の閉鎖動作を妨害することが防がれている。
前記真空ポンプは圧縮空気によって駆動されてもよい。
圧縮空気は大部分の大量生産ラインにおいては使用可能
である。
各々の工具本体には2あるいはそれ以上の真空チェン
バーが存在していてもよい。もしラッチ用のストライカ
ープレートが表面に比較して大きい場合には、切出し領
域の両側に1つの真空チェンバーが存在してもよい。
本発明はまた表面上でラッチ部材の位置を設定するた
めの方法において、1つのラッチ部材をその取付表面上
にしっかりと固定することと、もう1つのラッチ部材を
その取付表面上に、それ自身の付属品でゆるやかに固定
することと、前記しっかりと固定されたラッチ部材が前
記ゆるやかに固定されたラッチ部材をラッチ作用に関す
る正しい位置にまで動かすようにラッチを閉じること
と、前記ゆるやかに固定されたラッチ部材を、部材自身
の付属品ではない、固定に真空圧を利用する一時的な固
定具を用いて前記表面上に正確に固定することと、前記
ラッチを開くことと、前記ゆるやかに固定されたラッチ
部材の付属品を締付けることと、前記一時的な固定具を
取外すこととからなることを特徴とするラッチ部材の位
置設定方法を提供する。
前記一時的な固定具は好ましくは前述した工具からな
っている。前記工具本体の幅および長さは、ゆるやかに
固定されたラッチ部材を取囲んでいる、前記取付表面上
の平坦な領域の幅および長さに等しい。
前記ゆるやかに固定されたラッチ部材はストライカー
プレートであり、しっかりと固定されたラッチ部材はラ
ッチ本体である。
前記一時的な固定具はラッチが閉じられる前にストラ
イカープレート上に取付けられる。
図面の詳細な説明 以下、本発明を添付図面を参照しながら例示的に説明
することにする。
第1図は本発明による工具を用いた自動車の側面図で
ある。
第2図は本発明による工具を用いた第1図の自動車の
ドア柱の詳細図である。
第3図は従来のドアのストライカープレートを示す。
第4図は第3図のストライカープレートと共に用いる
ようになった、本発明による工具の部分の透視図であ
る。
第5図は使用時における第4図の工具を、第2図の線
V−Vから見た断面図である。
第6図は第5図の線VI−VIから見た、選択的な特徴を
示した断面図である。
第7図は組立てライン上の自動車の全てのドアに作用
するための、本発明による工具の系統の作用を示した空
気線図である。
好適実施例の説明 第1図は前ドア10と後ドア12とを有した自動車の側面
図である。前ドア10はドア枠の上で閉じられ、この枠の
一部分はドア柱14によって形成されている。ドア柱14の
上にはストライカープレートが取付けられており、ドア
10のエッヂ上にはラッチ装置が取付けられている。スト
ライカープレート上には設定工具(第1図では見ること
ができない)が取付けられていて、この工具は制御箱16
と可撓性のある連結チューブ18とからなっている。
第2図はドア10を開けた状態でのドア柱14を示す。ド
ア柱14上にはストライカープレート20が取付けられ、こ
のストライカープレートを工具22が取囲んでいる。前記
工具の構造については後の図面を参照してもっと詳細に
説明するが、この工具は可撓性のあるチューブ18によっ
て制御箱16に連結されている。前記工具はドア柱14の平
坦な面の部分26上に取付けられている。
第3図は従来形のストライカープレートを示してお
り、ストライカープレート自体は本発明の部分を構成し
ていないが、本発明による工具によって所定位置に設定
することができる。ストライカープレートはベース28と
ストライカーピン30とを有し、前記ピンはベース上で支
持され、ブレースアーム32によって支えらえている。使
用時にはラッチ装置の部分がストライカーピンと係合す
る。ベース28と自動車の本体との間にパット34が取付け
られ、ベースを本体上へ適正に取付けることができるよ
うになっている。前記プレートはベース28における開口
38を貫通する2個のねじ36によって所定位置に固定され
る。
このストライカープレートと共に用いるための工具本
体が第4図に示されており、これは本体の下側の図であ
る。前記本体は剛的な材料、例えば剛的なプラスチック
材料でできたプレート40からなっている。この本体は切
出し領域42を有し、この領域の形状はストライカープレ
ートのベース28の形状と一致していることがわかるであ
ろう。したがって、工具本体22は、第2図に示したよう
にして、ストライカープレート上に取付けることができ
る。プレート40の外周の周りにゴム製のガスケット44が
取付けられ、これはプレートの下側の面から立ち上がっ
ていて真空チェンバー46を画定している。前記チェンバ
ー46内へは、可撓性チューブ18がドリル孔48とブライン
ド穴50とを介して導入されている。この構造によってチ
ューブ18は1つのエッヂにおいてプレート40と連結する
ことができる。工具本体自体が平坦になっていて、従っ
て、これがドア10の閉動作を妨げるものではないことが
重要である。
使用時においてはストライカープレート20は最初にね
じ36によってドア柱14に固定される。前記ねじはドア柱
14における拡大孔37を貫通し、柱の後にある浮きナット
39の中へ入り込む。前記ナットは各々のねじ36に対する
ねじ孔を有し、柱の後部に溶接されたケージ41によって
係留保持される。こうすることによって、ストライカー
プレートをドア柱上で浮かすことができる。ねじ36は最
初は完全に締付けられておらず、従って、ストライカー
プレートは柱14の上で限られてはいるがある程度の自由
度を有している。次に、工具本体22をストライカープレ
ートの周りの表面26の上に配置し、制御装置16を適当に
操作することによってチェンバー46を真空状態にし、こ
れによって工具本体は柱の上にしっかりと保持されるこ
とになる。次にドアを閉める。この場合、もしこの時点
でストライカープレートがラッチ装置と正しく整列され
ていなければ、望ましい場合よりももっと大きな閉鎖の
ための力を必要とするかもしれない。
ドアを閉じると、次にチェンバー46内の真空状態を解
除する。これによってストライカープレートはラッチ装
置の影響によって動くことができるようになり、ストラ
イカープレートはラッチ装置と適当かつ正確に合体しよ
うとして正しい位置まで動かされるであろう。
ドアにおけるラッチ装置の位置がストライカーピン30
の高さを設定することになるであろう。ピンを正しい位
置に設定して、ドアが確実に高さを揃えられるようにす
るために、作業員はドアの耐候シールに対抗して圧力を
掛ける必要があるかもしれない。この時点で、ストライ
カープレートが動くと、工具本体22もそれと一緒に動
き、一旦正しく位置が設定されるとチェンバー46を再び
真空状態にし、このようにしてストライカープレートは
正しい位置にしっかりと固定される。真空が保持されて
いる間にドアを開け、ねじ36を最終的に締付けることが
できる。次に工具本体は次の自動車に取付けるために取
外される。
ドアを閉じて真空状態を解除したときに、工具本体が
所定位置からずり落ちるのを防ぐために、第6図に示し
たようにばねをプレート40の背部に取付けてもよい。こ
の図においては板ばね52がプレート40の背部における凹
所56の中でリベット54によって固定されている。このば
ね52はプレート58を工具本体の外側に向かって押し付け
ている。プレート58はプレート40に対して一端60におい
て蝶番状に取付けられている。第6図はドア10が閉じて
いる時の状況を示している。ドアの閉鋭面62からはねじ
の頭部64(これはラッチ装置をドアのエッヂに固定する
ためのねじの1つである)が突出している。この位置に
おいては、プレート58がばね52を押付け、ばね52がプレ
ート40をドア柱14に押付けており、従って、真空チェン
バー46が大気圧状態になっているときも工具本体がスト
ライカープレートを落としてしまったり、あるいは不整
列状態になることは有り得ない。もし適当な場所にねじ
の頭部64が存在しない場合には、プレート58はドアの閉
鋭面62の板金に対して作用するであろう。
第1図は可撓性のあるチューブ18がどのようにしてド
ア10のエッヂとドア柱14との間のギャップを貫通してい
るかを示している。普通は直径が約5mmのチューブが貫
通するのに十分なギャップは存在するであろう。
自動車の組立てライン上で用いるための装置において
は、2ドア車および4ドア車の左側ドアと右側ドアのた
めの専用工具を提供するための1組の工具本体22が存在
してもよい。
第7図に示した空気圧回路は、圧縮空気を適当な工具
に送ることによって、適当な工具本体に対する真空の供
給を制御している。空気は圧力ライン70から押しボタン
式の弁72を介して供給される。ボタンを押すと、切換え
空気パルスが2進計数器74を介して2個のANDゲート76,
78へ送ることができる。前記ゲート76は2ドア車用の工
具におくり、ゲート78は4ドア車用の工具に送る。
双子弁80の作用によって第2の空気の流れがゲート76
あるいは78のいずれかへ送られる。これら両方のパルス
を受けるとゲートが開き、空気をベンチュリー82に送
り、望みの工具本体に真空状態を発生させる。ゲート78
の場合には、空気の流れは記憶装置84に向けられる。ス
イッチ86を操作すると、NOTゲート88と連継して、真空
状態を発生させるために空気を前部ベンチュリー90,92
に送るか、あるいは後部ベンチュリー94,96に送るかが
制御される。
回路にはヴァコスタット装置98が組込まれていて、必
要な真空状態に到達しているかどうかを検知し、指示ラ
ンプ100に可視信号を送り、作業員に設定操作を続行す
ることができることを示す。図においては単に2個の装
置しか示されていないが、実際にはこの装置は各々のベ
ンチュリーに対して設けられるであろう。
2度目に弁72を押すと、2進計数器74を介してベンチ
ュリーへ送られる全ての空気が停止される。
ここで説明した工具は、作業員の分野においていかな
る優秀な技能をも必要とすることをなしに、各々の自動
車の各々のドアに対して、ストライカープレートを正確
かつ個別的に取付けることを可能にするものである。本
工具は、主として、組み立てライン上で行う自動車ドア
上でのストライカーの位置設定のために開発されてきた
ものであるが、他の状況、例えば、組立てライン上で製
造される洗濯機やその類似製品にも適用することができ
るであろう。組立てラインの関係で言うと、制御箱16は
頭上から吊り下げても良く、また使用を簡単にするため
にこの制御箱から1あるいはそれ以上の工具本体22を吊
り下げてもよい。
ここで記述した工具と方法は、また固定されたストラ
イカープレートに関連したゆるやかに固定されたラッチ
装置の位置を設定するためにも用いることができるとい
うことがわかるであろう。
フロントページの続き (56)参考文献 実開 昭58−79661(JP,U) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) E05B 15/02 B23P 19/00 304 E05B 9/00

Claims (12)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】表面上で、ラッチ部材の位置を設定するた
    めの工具において、前記ラッチィ 部材を密接に取囲むようになった切出し領域を有した本
    体と、前記本体の下部で、使用時においては、前記本体
    の下面と、前記表面と、前記本体上の外周シール部とに
    よって境界を形成されている真空チェンバーと、前記チ
    ェンバーを真空状態にするための装置とを含み、前記工
    具は、係合するラッチ部材の閉鎖動作を妨害することな
    しに、ラッチ部材を取囲む表面上に適合するようになっ
    ていることを特徴とするラッチ部材の位置設定工具。
  2. 【請求項2】請求の範囲第1項記載の工具において、ス
    トライカープレートの位置を設定するようになっている
    ラッチ部位の位置設定工具。
  3. 【請求項3】請求の範囲第2項記載の工具において、前
    記工具本体は平坦で剛性のあるプレートからなり、その
    厚さはストライカープレートのベース部の厚さと同様で
    あるラッチ部材の位置設定工具。
  4. 【請求項4】請求の範囲第1項記載の工具において、前
    記真空装置は可撓性のあるチューブによって工具本体に
    連結された真空ポンプからなっているラッチ部材の位置
    設定工具。
  5. 【請求項5】請求の範囲第4項記載の工具において、前
    記チューブは本体の平面と平行な方向に工具本体の中へ
    入り込んでいるラッチ部材の位置設定工具。
  6. 【請求項6】請求の範囲第4項記載の工具において、前
    記真空ポンプは圧縮空気によって駆動されるラッチ部材
    の位置設定工具。
  7. 【請求項7】請求の範囲第1項記載の工具において、工
    具本体に2あるいはそれ以上の真空チェンバーを有して
    いるラッチ部材の位置設定工具。
  8. 【請求項8】表面上でラッチ部材の位置を設定するため
    の方法において、1つのラッチ部材をその取付表面上に
    しっかりと取り付けることと、もう1つのラッチ部材を
    その取付表面上に、それ自身の付属品でゆるやかに取り
    付けることと、前記しっかりと取り付けられたラッチ部
    材が前記ゆるやかに取り付けられたラッチ部材をラッチ
    作用に関する正しい位置まで動かすようにラッチを閉じ
    ることと、前記ゆるやかに取り付けられたラツチ部材
    を、該部材自身の付属品を含まず、固定に真空圧を利用
    する一時的な固定具を用いて前記表面上に正確に固定す
    ることと、前記ラッチを開くことと、前記ゆるやかに取
    り付けられたラッチ部材の付属品を締付けることと、前
    記一時的な固定具を取り外すこととからなることを特徴
    とするラッチ部材の位置設定方法。
  9. 【請求項9】請求の範囲第8項記載の方法において、前
    記一時的な固定具は請求の範囲第1項から第7項のいず
    れか1項に記載の工具からなるラッチ部材の位置設定方
    法。
  10. 【請求項10】請求の範囲第8項記載の方法において、
    前記工具本体の幅および長さは、ゆるやかに取り付けら
    れたラッチ部材を取囲んでいる、前記取付表面上の平坦
    な領域の幅および長さと同様であるラッチ部材の位置設
    定方法。
  11. 【請求項11】請求の範囲第8項記載の方法において、
    前記ゆるやかに取り付けられたラッチ部材はストライカ
    ープレートであり、しっかりと取り付けられたラッチ部
    材はラッチ本体であるラッチ部材の位置設定方法。
  12. 【請求項12】請求の範囲第11項記載の方法において、
    前記一時的な固定具はラッチが閉じられる前にストライ
    カープレート上に取り付けられるラッチ部材の位置設定
    方法。
JP50400691A 1990-02-08 1991-02-06 位置設定工具 Expired - Lifetime JP3066071B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
GB9002843A GB9002843D0 (en) 1990-02-08 1990-02-08 A position setting tool
GB9002843.2 1990-02-08
PCT/GB1991/000182 WO1991012399A1 (en) 1990-02-08 1991-02-06 A position setting tool

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06501996A JPH06501996A (ja) 1994-03-03
JP3066071B2 true JP3066071B2 (ja) 2000-07-17

Family

ID=10670642

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP50400691A Expired - Lifetime JP3066071B2 (ja) 1990-02-08 1991-02-06 位置設定工具

Country Status (7)

Country Link
US (1) US5282305A (ja)
EP (1) EP0515447B1 (ja)
JP (1) JP3066071B2 (ja)
DE (1) DE69105953T2 (ja)
ES (1) ES2065006T3 (ja)
GB (1) GB9002843D0 (ja)
WO (1) WO1991012399A1 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR200450833Y1 (ko) 2008-05-28 2010-11-04 (주)성림금속 표시부재 및 표시부재가 구비된 도어 잠금장치

Families Citing this family (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FR2734520B1 (fr) * 1995-05-23 1997-12-05 Kiekert Ag Procede d'ajustage d'une portiere de vehicule automobile montee avec support de serrure asservi pour la mise en oeuvre du procede et applications du procede dans le cadre d'un systeme de diagnostic pour vehicules automobiles
US5653012A (en) * 1996-04-02 1997-08-05 Chrysler Corporation Vehicle latch striker centering device
US5694675A (en) * 1996-04-02 1997-12-09 Chrysler Corporation Method of centering a vehicle latch striker
US6092271A (en) * 1997-09-05 2000-07-25 Chrysler Corporation Method and tool for aligning a striker with a latch
US6006635A (en) * 1998-05-22 1999-12-28 Chrysler Corporation Setting fixture
US5979952A (en) * 1998-06-05 1999-11-09 Chrysler Corporation Mechanism for aligning a striker with an automotive door latch
US6029335A (en) * 1998-09-04 2000-02-29 Chrysler Corporation Method and tool for aligning a striker with a latch
US6279218B1 (en) 1999-09-13 2001-08-28 Daimlerchrysler Corporation Magnetic striker fixture
KR100331423B1 (ko) * 1999-10-04 2002-04-09 이계안 자동차용 테일 게이트 힌지점 설정 방법
US6138337A (en) * 1999-11-04 2000-10-31 Daimlerchrysler Corporation Striker alignment check fixture
US6209186B1 (en) 1999-12-17 2001-04-03 Daimlerchrysler Corporation Fixture to set a door striker
US6588156B2 (en) * 2000-02-07 2003-07-08 Wayne-Dalton Corp. Sectional door operator alignment method
US6324948B1 (en) 2000-08-07 2001-12-04 Daimlerchrysler Corporation Setting fixture
US8745835B2 (en) 2012-03-09 2014-06-10 Nissan North America, Inc. Lock striker alignment check fixture
US9151088B2 (en) 2012-08-24 2015-10-06 Honda Motor Co., Ltd. Door striker positioner
US9382733B2 (en) 2013-09-03 2016-07-05 Toyota Motor Engineering & Manufacturing North America, Inc. Latch alignment jig
FR3061677B1 (fr) * 2017-01-12 2019-05-24 Peugeot Citroen Automobiles Sa DEVICE FOR POSITIONING A PIECE ON A SUPPORT

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2946246A (en) * 1957-09-20 1960-07-26 Gen Motors Corp Drill fixture
FR1237262A (fr) * 1959-06-17 1960-07-29 Applic Ind Commerciales Et Imm Dispositif destiné à faciliter le montage des gâches des serrures sur les véhicules automobiles
US3794314A (en) * 1972-01-13 1974-02-26 Coburn Optical Ind Vacuum chuck for ophthalmic lens finishing machinery
US4744135A (en) * 1986-12-01 1988-05-17 Jacques Roels Alignment adjustment tool for a vehicle door

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR200450833Y1 (ko) 2008-05-28 2010-11-04 (주)성림금속 표시부재 및 표시부재가 구비된 도어 잠금장치

Also Published As

Publication number Publication date
WO1991012399A1 (en) 1991-08-22
ES2065006T3 (es) 1995-02-01
EP0515447B1 (en) 1994-12-14
US5282305A (en) 1994-02-01
JPH06501996A (ja) 1994-03-03
DE69105953T2 (de) 1995-04-20
DE69105953D1 (de) 1995-01-26
GB9002843D0 (en) 1990-04-04
EP0515447A1 (en) 1992-12-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4186476A (en) Method for precise fitting of motor vehicle front end sheet metal
US6616216B2 (en) Automotive door construction
US7946017B2 (en) Integrated hinge and temporary door checker
US5111619A (en) Door trim panel retaining assembly
US4363191A (en) Hinged window assembly
US5377450A (en) Adjustable door handle assembly
US6237287B1 (en) Weatherstrip assembly
US5938254A (en) Striker drive assembly for a motor vehicle door lock or the like
EP0982462B1 (en) Adjustable frame
US20050104418A1 (en) Modular roof for a motor vehicle and method for assembly thereof
US7207608B2 (en) System, method and apparatus for an adjustable door striker
US20040056516A1 (en) Vehicle part mounting structure
CA2370614A1 (en) Gate unlocking
EP1491312A2 (de) Verfahren zum Herstellen eines geschäumten Fahrzeugteils sowie dadurch hergestelltes Dachmodul oder dadurch hergestellter Fahrzeuginnenhimmel
US4761915A (en) Door for an automotive vehicle
US20050132564A1 (en) Apparatus for attaching a seal to an encapsulated window assembly
EP0304769B1 (en) Modular vehicle door
CA2133476A1 (en) Apparatus and method for mounting an electrical box between studs in a wall
JP2552204B2 (ja) トランク扉用ロック装置のフレーム
US9822560B2 (en) Door adjustment tool
US4216983A (en) Detachable sunroof for automobiles
US7743559B2 (en) Modular support for automobile doors, door assembly for an automobile and method for mounting the modular support on a door frame
CN205615611U (zh) 一种汽车背门总成装配定位装置
US20020020250A1 (en) Method of mounting assist grip and mounting structure thereof
GB2263937A (en) Adjustable casement hinge.