JP3029906U - 不燃無機質防水板 - Google Patents

不燃無機質防水板

Info

Publication number
JP3029906U
JP3029906U JP1996004099U JP409996U JP3029906U JP 3029906 U JP3029906 U JP 3029906U JP 1996004099 U JP1996004099 U JP 1996004099U JP 409996 U JP409996 U JP 409996U JP 3029906 U JP3029906 U JP 3029906U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
waterproof
combustible
inorganic
coating layer
board
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP1996004099U
Other languages
English (en)
Inventor
光雄 皆川
治 皆川
Original Assignee
株式会社リボール
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社リボール filed Critical 株式会社リボール
Priority to JP1996004099U priority Critical patent/JP3029906U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3029906U publication Critical patent/JP3029906U/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 現場作業が容易にできる建造物の防水工法を
行なうことのできる工場生産した防水被膜層を6面に有
する不燃無機質防水板を提供することである。 【構成】 無機質平板の表裏面および端面の6面に基材
同等不燃防水被覆層を形成して不燃無機質防水板で、こ
の裏面を防水施工面に貼設し、目地をシール材でシール
すると共にシール材上面および不燃無機質防水板表面の
一部を基材同等不燃防水材で塗布する。

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】
本考案は建造物の防水工法に係るものにして、建物の屋根、屋上、バルコニー 、外壁、駐車場・地下道・プール・厨房・浴室・玄関などの床、内外装の防水工 事を行なうに際し、特に防火性、施工性に優れた不燃無機質防水板を提供するも のである。
【0002】
【従来の技術】
従来建造物の防水工事の方法として金属板やシートを敷きつめるシート防水工 法、アスフアルト系の材料を用いて防水層をつくるアスフアルト防水工法、モル タルを塗布するモルタル防水工法、合成樹脂製の防水材料を塗って防水塗膜を形 成する塗膜防水工法などがある。
【0003】 上記いずれの方法による場合でも、風雨や温度変化による膨張収縮を繰り返す ことによる経年劣化によりクラックが発生する。クラックの発生により漏水を生 ずると共に水路が形成され漏水が拡大する因子となる。しかもこのクラック箇所 は容易に発見することができず漏水箇所の補修を行なうことは非常に困難であっ た。
【0004】 さらに従来の防水工法は被防水施工面を完全に被覆するため、被防水施工面内 から発生する空気、水分等の影響によつて剥離したり浮きが生じたりすることが あった。このため脱気塔を設けて脱気、脱水をしなければならないという問題が あった。
【0005】 防水工事は作業員の熟練の程度に負うところが大きく、未熟練作業員において は、その施工の良悪の差が著るしく生ずるものである。また屋外工事が多いため 天候に左右され雨天時は作業ができないという問題もあった。
【0006】 防火地域等に建設する建物に対しては建物各部位に対する規制があり、不燃材 の使用が義務付けられている。可燃物による防水塗膜層ではなく不燃材による防 水工法が強く望まれていたのである。
【0007】
【考案が解決しようとする課題】
本考案はこのような問題点を解決するために成されたもので工場生産された不 燃防水被膜層を6面に有する不燃無機質防水板の均一な製品を使用することによ って現場作業がきわめて容易で、作業員の熟練度の差異による仕上がりの良悪の 心配がなくなり、雨上がり直後においてもただちに施工を行なうことができ、手 待ち時間の無だを省きさらに塗膜のクラックに起因する漏水を完全に防止するこ とを目的としている。
【0008】
【課題を解決するための手段】
上記目的を達成するため本考案に係る不燃無機質防水板は任意寸法からなる矩 形形状の無機質平板の表裏面および端面の6面に不燃防水被膜層を形成せしめ、 建造物の防水施工面に取り付け用止め金具または接着剤を用いて基盤目状に貼設 し、不燃無機質防水板間の目地をシーリング材でシールすると共にシール材上面 を防水材で塗布し不燃防水塗膜層を形成する。
【0009】
【作用】
上記の如き構成によればあらかじめ任意寸法の矩形形状無機質平板の6面に防 水被膜層を形成せしめた均一な製品を工場生産することによって、未熟練者にお いても取り付け用止め金具または接着剤を用いて容易に基盤目状に貼設し、不燃 無機質防水板間の隙間である目地をシーリング材でシールし、シール材上面を防 水材で塗布し防水塗膜層を形成せしめることができる。
【0010】 防水施工面が雨天あるいは雨天直後であっても乾燥待ちなどの時間的ロスもな くただちに施工しても防水施工面に含まれる水分あるいは雨による浸透水等は防 水施工面に貼設された防水被膜のある不燃無機質防水板の裏面に接するが不燃無 機質防水板の裏面は防水被膜層があるため不燃無機質防水板を通して上昇するこ とはなく、浸透水等は被防水施工面の内部面から徐々に自然放散する。
【0011】 上記により防水施工後建造物の防水施工面は本考案に係る6面に防水被膜層を 有する不燃無機質防水板を使用し、防水塗膜層を有するシーリング材によって雨 水あるいは降水などから完全に遮断することができる。
【0012】 不燃無機質防水板の裏面および端面の防水被膜層は外部に露出していないため 太陽光の紫外線、近赤外線等による性能劣化を防止することができ、耐候性は高 く経年変化が生じ難い。
【0013】 シーリング材の上面に防水材を塗布し不燃防水塗布層を形成せしめてあるため シーリング材は外部に露出していない。このためシーリング材の耐水性、耐候性 は向上しシーリング材の劣化を防止することができる。不燃無機質防水板間の目 地に施工するシーリング材上面の防水塗膜層は、シーリング材の防水効果および 耐久性を一層向上させる。
【0014】 不燃無機質防水板の単位寸法は施工上ハンドリング容易な程度の大きさであり 、単位塗布面積が小さいため温度変化による膨張収縮によってクラックが生じる ことはない。さらに防水施工面の伸縮等に対してもフレキシブルに追従すること ができ重荷重や地震荷重等の衝撃に対しても強靭な耐力を有する。このため不燃 無機質防水板を使用した防水工法の防水性能はほとんど経年変化を受けることな く非常に耐久性の高いものである。
【0015】 本考案に成る防水工法は不燃材の無機質平板に基材同等不燃の防水材を塗布す ることにより全体として不燃材と認定され防火地域あるいは準防火地域における 建物各部位に対する不燃材使用を義務付けた規制に対してすべて適応できるもの であり、建造物の防水工法として最適の方法で当然耐火建造物へも使用すること ができる。
【0016】 建造物の防水施工面に適宜寸法で防水被膜層を6面に有する不燃無機質防水板 を基盤目状に貼設する場合、軽微な建造物の場合はそのまま接着剤を用いて敷設 するのみでもよいが、多くの場合は何らかの方法によって固着せしめる必要があ る。下地が鉄骨などの場合は取り付け用止め金具によって固着し、フラットなコ ンクリート面などの場合は接着剤を用いて固着するのが一般的であるがこの逆の 場合もあり得る。下地が木造の場合は接着剤で貼着するか釘又はネジ等で固着し この面に不燃防水被膜層を形成する。
【0017】 外壁として使用する場合で建物が近接しているため外部から壁面への防水施工 ができない場合は取り付け用止め金具で固着することによって建物内部から防水 施工を完全に行なうことができる。シーリング材によるシールおよびシーリング 材上面への防水塗膜層形成も不燃無機質防水板を貼設しながら行なうことができ る。
【0018】 無機質平板裏面側に取り付け用止め金具をあらかじめ装着させてから無機質平 板の表裏面および端面の6面に防水被膜層を形成させる。このため取り付け用止 め金具は自由に装着することができる。
【0019】 無機質平板に断熱性のあるALC等を使用した場合建物の断熱効果は向上し省 エネ建築とすることができ結露を防止することもできる。
【0020】 無機質平板はスラグ石膏ボード・珪酸カルシウム板・石膏ボード・フレキシブ ルボード・石綿セメントパーライト板・パルプセメント板・ALC・PC板・ブ ロック・セラミック板・GRCパネル・押出しセメント板等が用いられる。矩形 形状無機質板の寸法は特に限定されるものではないが、ハンドリング並びに施工 のし易い寸法であれば良く、縦横寸法共400〜1000mm程度で厚みは6〜 30mmの範囲が好ましい。
【0021】 無機質平板の6面に形成せしめる防水被膜層はアスファルト系の材料を用いた 防水層・合成ゴムや合成樹脂製のシートを用いた防水層・合成樹脂製の液状材料 を補強布およびメッシュなどを張り付けながら塗布または吹き付けてつくる防水 層のいずれでもよい。しかし建築基準法に基ずく防火材料としての建築用仕上塗 材でなければならず建設省で認定された基材同等不燃防水材でなければならない 。基材同等不燃防水材を不燃材である無機質平板の6面に塗布することによって 不燃無機質防水板を形成することができるのである。シーリング材上面に塗布す る防水塗膜層も同様である。
【0022】 ここで用いられる接着剤は弾性を有するものであってエポキシ変性ゴム系ラテ ツクス型、ゴム系ラテツクス型、酢酸ビニル樹脂系エマルジョン型、ビニル共重 合系エマルジョン型などが使用できる。好ましくはエポキシ変性ゴム系ラテツク ス型である。
【0023】 6面に防水被膜の形成された無機質平板間の目地をシールするシーリング材は シリコー系シーリング材1成分形あるいは/または2成分形、変性シリコーン系 シーリング材1成分形あるいは/または2成分形、変性シリコーン系シーリング 材2成分形が好適である。より好ましくは変性シリコーン系シーリング材2成分 形である。
【0024】 シーリング材の上面に塗布する基材同等不燃防水材は、不燃無機質防水板に形 成されている防水被膜層と同種材質の基材同等不燃防水材が好ましい。
【0025】
【実施例】
以下本考案に係る不燃無機質防水板の実施例について図面に基ずいて説明する 。
【0026】 実施例1 図1は本考案によって施工を行なう鉄筋コンクリート建造物の屋根 施工箇所の断面を示したものである。鉄筋コンクリート造屋根5の面に弾性接着 剤4を用いて表裏面および端面の6面を基材同等不燃防水材3で被覆した不燃無 機質防水板1の裏面を貼設し、均一に貼設された不燃無機質防水板1間の隙間と なる目地をシーリング材2で充填し、この上面および不燃無機質防水板の一部に 基材同等不燃防水材を塗布し防水塗膜層6を形成させた。
【0027】 実施例2 図2は外壁施工の例で鉄骨骨組部分へ取り付け用止め金具7を装着 し表裏面および端面の6面に防水被膜層が形成した不燃無機質防水板1を固着し 、不燃無機質防水板1間の隙間となる目地をシーリング材2で充填し、この上面 および不燃無機質防水板の表面の一部に基材同等不燃防水材を塗布し防水塗膜6 を形成させた。隣接建物が近接している場合でも防水施工済外壁パネルを建物内 部から施工することができた。この場合も外壁パネル自身が防水被膜層を形成し た無機質平板であり、防水被膜層は無機質平板表裏面および端面の6面に形成さ れている。
【0028】 実施例3 図3はバルコニーの施工例(1)で、たる木8の上にコンパネ9を 貼着し、バルコニーの立ち上がり面10側のたる木8によって床面勾配をとりコ ンパネ9をたる木8に取り付け、6面を基材同等不燃防水材3で被覆した不燃無 機質防水板1の裏面を弾性接着剤4を用いて貼設し不燃無機質防水板1間の隙間 すなわち目地にシーリング材2を充填し、シーリング材の上面および不燃無機質 防水板表面の一部を基材同等不燃防水材で塗布し防水塗膜層を形成した。本実施 例の場合防水被膜を形成した不燃無機質防水板を貼設するのみで床面の勾配を容 易に調整することができるのみならず防火性、防水性を併せもった性能を一工程 の工事で行なうことを可能ならしめた。
【0029】 実施例4 図4はバルコニーの施工例(2)で、コンクリート面に勾配のつい た発泡プラスチック板17を接着剤で貼着しこの発泡プラスチック板の面に不燃 無機質防水板を接着剤で貼設し目地にシーリング材2を充填しシーリング材の上 面および不燃無機質防水板表面の一部を基材同等不燃防水材で塗布し防水塗膜層 を形成した。発泡プラスチック板は発泡ポリスチロール板を使用した。
【0030】 以上の無機質平板として用いたのは900×1800×11mmのスラグ石膏 板で、この表裏面および端面の6面を合成ゴムアクリル樹脂エマルジョンから成 る基材同等不燃防水材(東洋エクステリア(株)製「リボールマイティ」)で塗 布し被覆した。基材同等不燃防水材で被覆したスラグ石膏板の裏面を建造物のフ ラット屋根面にエポキシ変性ゴム系ラテックス型接着剤(三井東圧化学(株)製 「ストラクトボンドE−900」)を用いて基盤目状に貼設した。貼設した基材 同等不燃防水材で被覆したスラグ石膏板間の目地を変性シリコーン系のシーリン グ材(日立化成ポリマー(株)製「ハイボン2000」)でシールした。しかる 後シーリング材の上面および不燃無機質防水板の表面の一合成ゴムアクリル樹脂 エマルジョンから成る基材同等不燃防水材(東洋エクステリア(株)製「リボー ルマイティ」)で塗布した。
【0031】
【考案の効果】
本考案に係る不燃無機質防水板を使用する防水工法は高度の現場施工技術が不 要であり、未熟練作業員が行なっても高性能の建造物防水性能を確保できると共 に、工期を大幅に短縮することができさらに従来得られなかった長期耐候性、耐 久性を有し風雨、温度変化による膨張収縮が少なく経年劣化のきわめて低い不燃 材が仕上面となり防火及び耐火建造物に好適な防水工法を可能ならしめることが できた。
【図面の簡単な説明】
【図1】鉄筋コンクリート建造物の屋根施工断面図であ
る。
【図2】鉄骨骨組部分への外壁施工断面図である。
【図3】バルコニー施工例(1)断面図である。
【図4】バルコニー施工例(2)断面図である。
【符号の説明】
1.不燃無機質防水板 2.シーリング材 3.基材同等不燃防水材 4.接着剤 5.鉄筋コンクリート造屋根 6.防水塗膜 7.止め金具 8.たる木 9.コンパネ 10.たち上がり面 11.取付部材 12.取付けアングル 13.バックアップ材 14.躯体 15.バックプレート 16.ボルト 17.発泡プラスチック板
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.6 識別記号 庁内整理番号 FI 技術表示箇所 E04F 15/14 E04B 1/68 D

Claims (3)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項 1】 建造物の防水工法において任意寸法か
    らなる矩形形状の無機質平板の表裏面および端面の6面
    に不燃防水被膜層を形成した不燃無機質防水板にして、
    建造物の防水施工面に基盤目状に貼設し、不燃無機質防
    水板間の目地をシーリング材によってシールし該シーリ
    ング材の上面に不燃防水塗膜層を形成したることを特徴
    とする不燃無機質防水板。
  2. 【請求項 2】 前記無機質平板裏面側に取り付け用止
    め金具をあらかじめ装着した後無機質平板の表裏面およ
    び端面の6面に不燃防水被膜層を形成せしめ、取り付け
    用止め金具を用いて建造物の防水施工面に貼設してなる
    請求項1記載の不燃無機質防水板。
  3. 【請求項 3】 前記無機質平板の表裏面および端面の
    6面に不燃防水被膜層を形成した不燃無機質防水板を建
    造物の防水施工面に接着剤を用いて貼設してなる請求項
    1記載の不燃無機質防水板。
JP1996004099U 1996-04-08 1996-04-08 不燃無機質防水板 Expired - Lifetime JP3029906U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1996004099U JP3029906U (ja) 1996-04-08 1996-04-08 不燃無機質防水板

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1996004099U JP3029906U (ja) 1996-04-08 1996-04-08 不燃無機質防水板

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3029906U true JP3029906U (ja) 1996-10-18

Family

ID=43164917

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1996004099U Expired - Lifetime JP3029906U (ja) 1996-04-08 1996-04-08 不燃無機質防水板

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3029906U (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2021167103A1 (ja) * 2020-02-20 2021-08-26 修一 石井 取付構造及び取付方法

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2021167103A1 (ja) * 2020-02-20 2021-08-26 修一 石井 取付構造及び取付方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10227773B2 (en) NP-EIFS non-permissive exterior insulation and finish systems concept technology and details
US5826388A (en) Composite insulating drainage wall system
US20060254207A1 (en) Composite roof and wall system -- three in one -- fireproof, insulation, and waterproofing
US9719247B2 (en) Reinforced water-resistant board with traffic coat
Kubal Construction waterproofing handbook
JP3029906U (ja) 不燃無機質防水板
JPH09256487A (ja) 建造物の防水工法
JP3032402U (ja) 防水構造
JP3176298B2 (ja) 防水・外断熱工法及び断熱セラミックコ−ティング剤
JP3032401U (ja) 裏目地防水構造
JP3031132U (ja) 裏目地断熱防水板
Ksit et al. Liquid plastic films as a solution in terms of tightness problems and roofs aesthetics improvement–review
JPH09310418A (ja) 防水工法
Persily et al. Envelope design guidelines for federal office buildings: thermal integrity and airtightness
JPH09287206A (ja) 裏目地防水工法
JPH07224499A (ja) 耐火建造物の防水工法
JPH09310416A (ja) 裏目地防水工法
US10294669B2 (en) Method of waterproofing building roofs and building panels
JP2997627B2 (ja) 外部用鉄骨耐火被覆積層構造
EP3919267A1 (en) Non-wicking underlayment board
CN206328963U (zh) 非外露式钢结构屋面防水结构
JPH10306519A (ja) 断熱屋根及び断熱壁
JPH09256483A (ja) 軽量断熱防水構造
JP3135624B2 (ja) 石綿スレート屋根の改修構造
JP3029905U (ja) 軽量断熱防水パネル