JPH10306519A - 断熱屋根及び断熱壁 - Google Patents

断熱屋根及び断熱壁

Info

Publication number
JPH10306519A
JPH10306519A JP12631497A JP12631497A JPH10306519A JP H10306519 A JPH10306519 A JP H10306519A JP 12631497 A JP12631497 A JP 12631497A JP 12631497 A JP12631497 A JP 12631497A JP H10306519 A JPH10306519 A JP H10306519A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
roof
heat
heat insulating
insulating
block
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP12631497A
Other languages
English (en)
Inventor
Seiichi Ikehara
誠一 池原
Yoshikatsu Nishimoto
好克 西本
Yoshitsugu Higuchi
義次 樋口
Yasuhiko Konno
康彦 紺野
Original Assignee
Sumitomo Constr Co Ltd
住友建設株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sumitomo Constr Co Ltd, 住友建設株式会社 filed Critical Sumitomo Constr Co Ltd
Priority to JP12631497A priority Critical patent/JPH10306519A/ja
Publication of JPH10306519A publication Critical patent/JPH10306519A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 安価で構築することができ、大きな断熱性能
を有するとともに、結露の発生を防止することができる
断熱屋根および断熱壁を提供する。 【解決手段】 折板1等からなる屋根材の上にブロック
状の断熱材2を敷き並べる。断熱材は少なくとも上面に
耐候性を有する不透水性の保護層を有しており、敷き並
べられた断熱材の接合部は、充填剤、防水テープ等の簡
易な手段で雨水が断熱材層の下側にほとんど侵入しない
ようになっている。このような屋根上に降った雨水の大
部分は上記断熱材2上を流下し、断熱材層の下側に侵入
したわずかの量の雨水は屋根材上を流下して軒樋9へ排
出される。このように断熱材上の保護層は簡易なもので
あり、二重屋根等に比べて、工事費が低減される。ま
た、室内の高温多湿状態の空気は、冷たい外気またはこ
れによって冷却された部分と接触せず、結露が防止され
る。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、例えば製紙工場・
食品加工工場等、湿気の発生量が多い建物の屋根又は壁
として好適に用いることができる断熱屋根又は断熱壁に
係り、特に安価で構築することができ、高い断熱性能を
有するとともに、結露を防止することができる断熱屋
根、又は断熱壁に関する。
【0002】
【従来の技術】建物内の温度・湿度等を管理する必要が
ある場合には、屋根または壁の内側に断熱材を取り付け
る断熱工法が広く採用されている。これらの断熱屋根、
断熱壁で用いられる断熱材としてはグラスウールや発砲
樹脂等が一般的であり、図11に示すように、例えば屋
根材101の内側に接着して用いられるが、屋内での湿
気の発生量が多い場合には、屋根材101と断熱材10
2との間で結露が生じ、断熱材102が剥れたり断熱効
果が低下することがある。また、断熱材102の層厚が
小さい場合には、断熱材層の内側で結露が生じ、屋根か
ら水滴が室内に落下するという問題も生じる。
【0003】このような事情から、大きな断熱効果が必
要で湿気の発生量が多い建物の屋根として、図12に示
すような二重折板屋根が提案されている。この屋根は、
屋根材として用いられる鋼製の折板103,104,1
13,114を二重に配置し、その間にグラスウール等
の断熱材105,115を介挿するものである。このよ
うな屋根では下側の折板103,113によって屋内で
発生する湿気が遮蔽されるとともに、断熱材105,1
15が熱の伝達を遮断して両側で大きな温度差を生じる
ため、水蒸気を多く含んだ暖い空気が温度の低い部分と
接触することがなく、屋根の断面内の各部で結露を生じ
ることがない。また、壁についても水蒸気の透過を遮蔽
することができる壁材を二重に配置し、その間に断熱材
を介挿することにより結露の発生を防ぐことができる。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記の
ような二重折板屋根または二重構造の壁では、屋根材ま
たは壁材を二重に配置する必要があり、施工に手間がか
かるとともに、必要な材量も多く、構築のための費用が
多大となる。本発明は上記のような問題点に鑑みてなさ
れたものであり、その目的は、安価で構築することがで
き、大きな断熱性能を有するとともに、結露の発生を防
止することができる断熱屋根および断熱壁を提供するこ
とである。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記問題点を解決するた
めに、請求項1に記載の発明は、 雨水を流下させる屋
根材と、 この上側に敷き並べられたブロック状の断熱
材とを有する断熱屋根であって、 前記ブロック状の断
熱材は、少なくとも上面に耐候性を有する不透水性の保
護層を有し、 該断熱材と前記屋根材との間に、断熱材
の下側に侵入した雨水を流下させる空間が設けられてい
る断熱屋根を提供する。
【0006】上記断熱材はブロック状に形成され、長期
にわたってその形状を維持できる程度の強度を有するも
のであれば良く、例えば硬質ウレタンフォーム、発砲ポ
リスチレン、発砲コンクリート、エアモルタル等を用い
ることができる。また、上記保護層は、断熱材を敷き並
べた後に、塗装を施すことによって形成されるものや、
アスファルト系材料のシートを敷設したものであっても
よいし、断熱材のブロックにあらかじめ貼着された鉄
板、アルミ板、アルミ箔、石綿セメント板等であっても
よい。
【0007】このような断熱屋根では、屋根材によって
屋内で発生する多量の湿気を遮蔽されるとともに、その
外側に配置された断熱材層によって大きな断熱効果が得
られる。したがって、屋外が低温である場合にも屋内の
湿気が冷たい部分と接触することはなく、結露を生じる
ことはない。
【0008】また、屋根上に降った雨水はほとんどがブ
ロック状の断熱材の上に形成された保護層の上を流下し
て排水され、断熱材の接合部等から浸透した雨水は、断
熱材と屋根材との間に設けられた空間に流れ込み、屋根
材上を流下して排出される。断熱材上で完全な雨水の排
水を行い、雨水等が全く漏れないような排水手段、すな
わち屋根材を施工するのは多くの手間と費用を要する
が、上記断熱屋根で用いられている保護層は、不透水性
を有するのでほとんどの雨水を流下させることができる
が、完全に雨水の漏れ等が生じないように設けられたも
のではなく、簡易的なものである。したがって施工費用
が極めて安価となる。また、このような構造の断熱屋根
は、既存の建物を断熱構造に改築する場合にも極めて容
易に適用することができる。
【0009】請求項2に記載の発明は、 請求項1に記
載の断熱屋根において、 前記断熱材と前記屋根材との
間に形成された空間は、上流側及び下流側で遮蔽され、
下流側の端部には、流下する雨水を排出する小孔又はス
リットを有するものとする。
【0010】このような断熱屋根では、断熱材と屋根材
との間の空間が遮蔽され、屋外とほとんど換気されない
状態となり、断熱材による高い断熱効果が維持される。
また、断熱材層の下側に流入した雨水を排出するための
小孔またはスリットが設けられているが、断熱材層の下
側にに流入する雨水はわずかであり、これを排水するた
めには極小さな孔もしくはスリットでよく、断熱効果に
ほとんど影響しない。
【0011】請求項3に記載の発明は、請求項1に記載
の断熱屋根において、 敷き並べられた前記ブロック状
の断熱材が突き合わせられた接合部に、断熱材層の下側
に雨水が流入するのを防止する充填剤が詰め込まれてい
るものとする。
【0012】このような断熱屋根では、ブロック状の断
熱材の接合部に充填剤が詰め込まれているので、断熱材
層の下側に雨水がほとんど流入しない。したがって、雨
水の流入にともなう熱の移動が低減され、高い断熱効果
が維持される。
【0013】請求項4に記載の発明は、 請求項1に記
載の断熱屋根において、 前記保護層は、前記ブロック
状の断熱材のそれぞれに接着された金属板であり、 敷
き並べられた前記ブロック状の断熱材が突き合わせられ
る接合部に、前記保護層の下側に雨水が流入するのを防
止するテープが貼着されているものとする。
【0014】このような断熱屋根では、上記請求項3に
記載の断熱屋根と同様に、断熱材層の下側に流入する雨
水を低減することができるとともに、断熱材層の防水措
置を極めて簡単な作業で施すことができ、工事費が低廉
となる。また、補修も極めて簡単に行うことができる。
【0015】請求項5に記載の発明は、 請求項1に記
載の断熱屋根において、 前記保護層は、前記ブロック
状の断熱材のそれぞれに接着された金属板であり、この
金属板は、該断熱材が敷き並べられたときに隣接するブ
ロックの保護層と重ね合わされるように断熱材のブロッ
ク端より張り出して設けられているものとする。
【0016】このような断熱屋根では、敷き並べられた
断熱材のブロックのそれぞれに接着された金属が互いに
重ね合わされるので、雨水が断熱材層の下側へ流入する
のが防止され、高い断熱効果が維持される。なお、この
ように金属板からなる保護層を重ねあわせるだけでは、
いかなる気象条件においても完全に雨水の流入を防止す
るという状態を期待することは難しく、降雨量の極めて
多い場合や強い風をともなって雨が降る場合等には雨水
が断熱材層の下側に流入する。しかし、断熱材層の下側
に流入した雨水は屋根材の上を流下して排出され、屋内
に雨漏り等が生じることはない。また、このような断熱
屋根では保護層である金属板に適切な防錆処理等を行う
ことによって高い耐久性が得られる。
【0017】請求項6に記載の発明は、 屋内空間と屋
外空間とを隔し、通気及び雨水の侵入を防止する壁材
と、 この壁材の外側に取り付けられたブロック状の断
熱材と、 該ブロック状の断熱材の少なくとも外表面
に、耐候性を有する不透水性の保護層が設けられている
断熱壁を提供するものである。
【0018】このような断熱壁では、ブロック状の断熱
材を壁材の外面に取り付けることによって容易に形成す
ることができ、工事費が低廉となる。そして、外側に配
置された断熱材によって高い断熱効果が得られるととも
に、壁材によって屋内の空気が外側へ透過するのが遮蔽
される。したがって、屋内が高温であって多量の湿気を
発生する場合でも、高温多湿の屋内の気体が外気によっ
て冷却された部分と接触することがなく、結露が防止さ
れる。また、耐候性、不透水性を有する保護層によって
断熱材が被覆されているので、断熱材が直接に風水にさ
らされることがなく、雨水の浸透や断熱材の劣化が防止
され、高い断熱効果が維持される。
【0019】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図に
基づいて説明する。図1は、請求項1、請求項2又は請
求項3に記載の発明の一実施形態である断熱屋根の概略
斜視図である。また、図2および図3は、図1中に矢印
で示す位置における断面図である。この断熱屋根は、鋼
板を折り曲げて形成された折板を屋根材1として葺いた
ものであり、折板1の上に平らな板状に形成された断熱
材2が敷き並べられている。
【0020】上記折板1は、厚さが0.5mm〜1.5
mm程度の鋼板を山形に折り曲げたものであり、亜鉛メ
ッキ、防錆塗装又は合成樹脂のコーティング等が施され
たものである。この折板1は、図2に示すようにほぼ水
平に支持された母屋3の上に支持フレーム4を取り付
け、この上にボルト5で固定されるものであり、上方に
凸状となった部分Pで、一つの凸状部分ごとに又は複数
の凸状部分ごとに重ね合わせ、連続するように配置され
る。そして、凸状部分の稜線の方向に緩やかな勾配が設
けられており、凹状となった部分Qで雨水を流下し排出
するようになっている。
【0021】また、上記断熱材2は、硬質ウレタンフォ
ームからなるものであり、上面および側面に保護層とし
て厚さが0.1mm〜0.5mm程度の防錆塗装を施し
た鉄板6が接着されている。このパネル状となった断熱
材2は、図2(a)に示すように、上記支持フレーム4
および折板1を下から貫通して折板1を固定するボルト
5を用いて取り付けられており、ボルト5の先端に押え
プレート付き袋ナット7を螺合し、断熱材2の端部を締
め付けるようになっている。また、図2(b)に示すよ
うに隣り合う断熱材のパネル(ブロック)間は、断熱材
の下側へ雨水がほとんど流入しないように充填剤8が詰
め込まれている。
【0022】この断熱屋根の軒先部分は、図3に示すよ
うに、断熱材2が折板1の先端部を覆うように折板上か
らほぼ鉛直方向に連続して設けられ、この鉛直部分の外
面には、パネル状の断熱材2の上を流下した雨水が軒樋
9に流下するように水切り金物10が設けられている。
また、折板の先端部および上流側の端部(図示しない)
の凹状部分には遮蔽板11が取り付けられ、折板1と断
熱材2との間にできる空間は外気と遮蔽されており、折
板の凹状部分を流下する雨水は軒先に設けられた小孔1
2から軒樋9に落下するようになっている。この小孔1
2は、断熱材2の下側に流下した雨水を排出するのに十
分な大きさであればよく、断熱材2の接合部に充填剤8
を詰め込むことによって流入する雨水の量が極めてわず
かに規制されているので、この小孔は小さいものとする
ことができる。また、この小孔12にはほぼ鉛直下方に
導出管13が設けられており、外気と断熱材層の下側の
空間との換気はほとんど生じない。したがって断熱材層
による高い断熱効果が維持されるとともに、この空間自
体が断熱効果を有することになる。
【0023】このような断熱屋根では、雨水のほとんど
はパネル状の断熱材2の上を流下し、軒樋9を介して排
出される。また、断熱材2の接合部等からその下側に流
下したわずかの雨水は折板1上を流下し、軒先付近の小
孔12から軒樋9に排出される。そして、屋外が低温
で、屋内が高温多湿状態となったときにも、折板1の外
側に配置された断熱材2の層によって熱の伝達が遮断さ
れ、多量の湿気を含む屋内の暖気は折板1より内側にあ
って冷たい部分とは接触せず、結露が防止される。
【0024】なお、上記断熱屋根で用いた断熱材2は、
図4(a)に示すように、上面と側面とに鉄板6からな
る保護層を有するものであるが、図4(b)に示すよう
に、上面のみに保護層を有するもの、図4(c)に示す
ように、上面、側面および下面に保護層を有するもので
あってもよい。
【0025】図5は、請求項4に記載の発明の一実施形
態である断熱屋根を示す断面図である。この断熱屋根
は、図1から図3に示す断熱屋根と同様に、緩やかな勾
配で設けられた折板21の上にパネル状に成型した断熱
材22のブロックを敷き並べたものであるが、この断熱
屋根で用いられている断熱材のブロックは、保護層とし
てアルミ箔が接着されたものである。そして、これらの
ブロックが突き合わされた接合部の上面に、アルミ箔の
防水テープ27が貼着され、断熱材の上側に設けられた
保護層が連続したものとなっている。なお、上記断熱材
のブロックは、図2(a)に示す構造と同じように、ボ
ルトとこれに螺合される押えプレート付き袋ナットとで
固定されている。
【0026】このような断熱屋根では、図1又は図2に
示す断熱屋根と同様に、高い断熱効果および結露を防止
する効果を有するとともに、断熱材の保護層を安価で設
けることができ、さらに簡単な作業で断熱屋根の下側へ
の雨水の流入を防止することができるので、施工費用が
低減される。また、雨水の流入を防止するテープの耐久
性はあまり高いものではないが、極めて簡単に補修する
ことができ、頻繁に点検・管理が可能な屋根では維持費
用を低減することができる。
【0027】図6は、請求項5に記載の発明の一実施形
態である断熱屋根の断面図である。この断熱屋根も、図
1から図3までに示すものと同様に、保護層として鉄板
36が接着された断熱材32を折板31の上に敷き並べ
たもので、これらの断熱材32のパネルは、図2(a)
に示すものと同様にボルトおよび押えプレート付き袋ナ
ットで固定されている。
【0028】上記断熱材のブロックに接着された鉄板3
6は合成樹脂のコーティングが施されたものであり、一
方の側縁部では、鉄板の端部36aが上側に折り返され
ている。また、他方の側縁部では鉄板が断熱材の端面よ
り張り出すように設けられており、二つのブロックが突
き合わされた接合部では、図6に示すように、一方の断
熱材のブロックの端面より張り出した部分36bが、他
の断熱材のブロックの鉄板が折り返された部分36aに
重ね合わされ、雨水がブロックの接合部に流入するのを
防止するようになっている。また、断熱材のブロックの
上流側の端部でも保護層としての鉄板が折り返されてお
り、他のブロックの下流側の端部で張り出した鉄板がこ
の上に重ね合わされて、上記と同様に断熱材層の下側へ
雨水が流入するのを防止する。
【0029】この断熱屋根においては、断熱材32を適
切に敷き並べるだけで、雨水が断熱材層の下側に流入す
るのを防止することができるとともに、耐久性も良好と
なって上記効果を長く維持することができる。
【0030】以上説明した実施形態においては、いずれ
も断熱材のブロックとして、パネル状又は板状に成型さ
れたものを用いているが、折板の凸部と凸部との間隔が
大きい場合、屋根上に荷重が作用する場合等について
は、断熱材のブロックが上載荷重に耐え得る寸法および
形状とする必要がある。このような場合には、断熱材の
ブロックの断面形状を、図7(a)に示すように、折板
41の凹部へ一部が嵌め込まれ、中央部の部材厚が大き
くなったものや、図7(b)に示すように、断熱材52
のブロックがT字型の断面形状を有し、下方へ突き出し
た部分52aが凹部の底51aに接触して支える構造と
することができる。また、図8(a)に示すように、断
熱材62のブロックの下面の形状を折板61の上面と対
応した形状とし、雨水が流下するための空間63を残し
て折板61の凹部に断熱材62が当接されるものや、図
8(b)に示すように、断熱材72の下面を折板71の
形状に対応したものとするとともに、断熱材72の厚さ
が各部でほぼ同じとなるように成型したものであっても
よい。
【0031】一方、上記実施形態において、屋根材は折
板を用いているが、他の屋根材を用いるものでもよく、
例えば、図9に示すように、スレートの波板81を用
い、この上にパネル状に成型した断熱材82を敷き並べ
ることもできる。このとき、断熱材はボルト85と押え
プレート付き袋ナット87とを用いて、上記実施形態と
同様に固定することができる。
【0032】図10は、請求項6に記載の発明の一実施
形態である断熱壁の構成を示す概略斜視図である。この
断熱壁は、柱93および真柱94に支持された胴縁95
に壁材91が固定され、その外側にパネル状の断熱材9
2が隙間を生じないように取り付けられている。この実
施の形態では、壁材91としてスレートの波板が用いら
れているが、サイディングボード等様々な壁材を用いる
こともできる。断熱材92およびその保護層は、図1か
ら図6までに示す断熱屋根と同じものを用いることがで
き、この例では断熱材として硬質ウレタンフォームが用
いられ、保護層として合成樹脂コーティングが施された
鉄板が用いられている。また、断熱材の取り付けも、上
記断熱屋根と同様に行なうことができる。
【0033】このような断熱壁では、内側の壁材91に
よって屋内と屋外との通気が遮断されるとともに、その
外側の断熱材92の層によって熱の伝達がほとんど生じ
ないように遮断される。したがって、例えば屋外が低温
で屋内が高温多湿状態となったときに、断熱材層の両側
で大きな温度差が生じ、屋内の暖気は壁材91で遮蔽さ
れて冷たい部分と接触しない。このため、高い断熱効果
が得られるとともに、結露が防止される。
【0034】
【発明の効果】以上説明したように、本願発明に係る断
熱屋根では、屋根材の上側に敷き並べられた断熱材によ
って屋内と屋外との間の高い断熱効果が得られるととと
もに、下側の屋根材によって屋内と屋外との空気が隔離
される。したがって、屋内の空気が高温で多量の湿気を
含む場合にも、屋内の空気が屋外の冷気又はこれによっ
て冷却された部分に接触することがなく、結露が防止さ
れる。また、屋根上に降った雨水はほとんどがブロック
状の断熱材上に形成された保護層の上を流下して排水さ
れるが、断熱材層の下側に屋根材が設けられており、一
部の雨水が断熱材層の下側に流れ込んでも、雨漏り等が
生じることはない。このため、保護層を厳密に遮水性又
は防水性を有するように設ける必要がなく、施工費用
を、図11に示すような二重屋根に比べて大幅に低減す
ることができる。そして、断熱材層の下側に流入する雨
水量を少量に制限することには容易に行なうことがで
き、断熱材層の断熱効果を高く維持することができる。
また、本願発明に係る断熱壁においても、同様に低廉に
施工することができるとともに、結露を防止することが
可能となる。
【図面の簡単な説明】
【図1】請求項1、請求項2又は請求項3に記載の発明
の一実施形態である断熱屋根を示す概略斜視図である。
【図2】図1に示す断熱屋根の部分断面図である。
【図3】図1に示す断熱屋根の部分断面図である。
【図4】図1に示す断熱屋根に用いることができる断熱
材のブロックの概略断面図である。
【図5】請求項4に記載の発明の一実施形態である断熱
屋根の概略断面図である。
【図6】請求項5に記載の発明の一実施形態である断熱
屋根の概略断面図である。
【図7】図1、図5又は図6に示す断熱屋根で用いるこ
とができる断熱材のブロックの他の例を示す概略断面図
である。
【図8】図1、図5又は図6に示す断熱屋根で用いるこ
とができる断熱材のブロックの他の例を示す概略断面図
である。
【図9】請求項1から請求項5までに記載の発明の他の
実施形態を示す概略断面図である。
【図10】請求項6に記載の発明の一実施形態である断
熱壁を示す概略断面図である。
【図11】従来の断熱屋根の例を示す概略断面図であ
る。
【図12】従来の断熱屋根であって、屋根材を二重に設
けた例を示す概略断面図である。
【符号の説明】 1,21,31,41,51,61,71
折板 2,22,32,42,52,62,72,82
断熱材 3 母屋 4 支持フレーム 5,85 ボルト 6,26,36 鉄板(保護層) 7,87 押えプレート付き袋ナット 8 充填剤 9 軒樋 10 水切り金物 11 遮蔽板 12 小孔 13 導出管 27 防水テープ 63 雨水が流下するための空間 81 スレートの波板 91 壁材 92 断熱材 93 柱 94 真柱 95 胴縁
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 紺野 康彦 東京都新宿区荒木町13番地の4 住友建設 株式会社内

Claims (6)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 雨水を流下させる屋根材と、 この上側に敷き並べられたブロック状の断熱材とを有す
    る断熱屋根であって、 前記ブロック状の断熱材は、少なくとも上面に耐候性を
    有する不透水性の保護層を有し、 該断熱材と前記屋根材との間に、断熱材の下側に侵入し
    た雨水を流下させる空間が設けられていることを特徴と
    する断熱屋根。
  2. 【請求項2】 請求項1に記載の断熱屋根において、 前記断熱材と前記屋根材との間に形成された空間は、上
    流側及び下流側で遮蔽され、下流側の端部には、流下す
    る雨水を排出する小孔又はスリットを有することを特徴
    とする断熱屋根。
  3. 【請求項3】 請求項1に記載の断熱屋根において、 敷き並べられた前記ブロック状の断熱材が突き合わせら
    れた接合部に、断熱材層の下側に雨水が流入するのを防
    止する充填剤が詰め込まれていることを特徴とする断熱
    屋根。
  4. 【請求項4】 請求項1に記載の断熱屋根において、 前記保護層は、前記ブロック状の断熱材のそれぞれに接
    着された金属板であり、 敷き並べられた前記ブロック状の断熱材が突き合わせら
    れた接合部に、前記保護層の下側に雨水が流入するのを
    防止するテープが貼着されていることを特徴とする断熱
    屋根。
  5. 【請求項5】 請求項1に記載の断熱屋根において、 前記保護層は、前記ブロック状の断熱材のそれぞれに接
    着された金属板であり、この金属板は、該断熱材が敷き
    並べられたときに隣接するブロックの保護層と重ね合わ
    されるように断熱材のブロック端より張り出して設けら
    れていることを特徴とする断熱屋根。
  6. 【請求項6】 屋内空間と屋外空間とを隔し、通気及
    び雨水の侵入を防止する壁材と、 この壁材の外側に取り付けられたブロック状の断熱材
    と、 該ブロック状の断熱材の少なくとも外表面に、耐候性を
    有する不透水性の保護層が設けられていることを特徴と
    する断熱壁。
JP12631497A 1997-04-30 1997-04-30 断熱屋根及び断熱壁 Withdrawn JPH10306519A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP12631497A JPH10306519A (ja) 1997-04-30 1997-04-30 断熱屋根及び断熱壁

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP12631497A JPH10306519A (ja) 1997-04-30 1997-04-30 断熱屋根及び断熱壁

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10306519A true JPH10306519A (ja) 1998-11-17

Family

ID=14932126

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP12631497A Withdrawn JPH10306519A (ja) 1997-04-30 1997-04-30 断熱屋根及び断熱壁

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH10306519A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2007034804A1 (ja) * 2005-09-22 2007-03-29 Kankyokeieisogokenkyusho Co., Inc. 建築物における仕切り壁構造
JP2007154639A (ja) * 2005-12-06 2007-06-21 Kondo Kikai Seisakusho:Kk 建築物に断熱処理を施工する方法
JP2010209590A (ja) * 2009-03-10 2010-09-24 Kashiwabara Corporation:Kk スレート屋根用足場板
CN104209080A (zh) * 2014-09-09 2014-12-17 清华大学 舌形板波纹填料

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2007034804A1 (ja) * 2005-09-22 2007-03-29 Kankyokeieisogokenkyusho Co., Inc. 建築物における仕切り壁構造
JP5204487B2 (ja) * 2005-09-22 2013-06-05 株式会社環境経営総合研究所 建築物における仕切り壁構造
JP2007154639A (ja) * 2005-12-06 2007-06-21 Kondo Kikai Seisakusho:Kk 建築物に断熱処理を施工する方法
JP2010209590A (ja) * 2009-03-10 2010-09-24 Kashiwabara Corporation:Kk スレート屋根用足場板
CN104209080A (zh) * 2014-09-09 2014-12-17 清华大学 舌形板波纹填料

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN102661015B (zh) 一种单层防水卷材屋面的施工方法
US7793479B2 (en) Roof structure and method for making the same
US20170058523A1 (en) Insulated modular roof system
US5720147A (en) Method of insulating metal deck roof structures
US7658052B2 (en) Roof structure and method for making the same
US4706432A (en) Air vapor securement closure for a membrane roofing system
JPH10306519A (ja) 断熱屋根及び断熱壁
US4711061A (en) Roof and a method of providing a building with a roof
US20180038109A1 (en) Insulated modular roof system
Guyer An Introduction to Roofing Systems
RU2728045C1 (ru) Способ капитального ремонта плоских кровельных покрытий замощением панелями
JP3392384B2 (ja) 二重葺き外装構造
AU714102B2 (en) Method of insulating metal deck roof structures
GB2168092A (en) Roof
JP3258917B2 (ja) 軒先構造
CA2627111C (en) Roof structure and method for making the same
JP3029906U (ja) 不燃無機質防水板
Watts Profiled metal sheet
CN112411903A (zh) 用于降低屋面冷桥现象的异形组合伸缩缝盖板及安装方法
ES1240429U (es) Dispositivo de impermeabilizacion de cubierta transpirable para edificaciones
JP2557142B2 (ja) 二重葺き屋根構造
JP3044195B2 (ja) 軒先構造
RU99037U1 (ru) Конструкция железобетонной кровли и способ ее ремонта
CA1061978A (en) Insulative roof apparatus for mobile homes and the like
CA2885646A1 (en) Insulated modular roof system

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20040706