JP2706909B2 - 靴の中敷および靴 - Google Patents

靴の中敷および靴

Info

Publication number
JP2706909B2
JP2706909B2 JP7109111A JP10911195A JP2706909B2 JP 2706909 B2 JP2706909 B2 JP 2706909B2 JP 7109111 A JP7109111 A JP 7109111A JP 10911195 A JP10911195 A JP 10911195A JP 2706909 B2 JP2706909 B2 JP 2706909B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
shoe
insole
arch
heel
sole
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP7109111A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH08280410A (ja
Inventor
辰彦 末永
Original Assignee
辰彦 末永
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 辰彦 末永 filed Critical 辰彦 末永
Priority to JP7109111A priority Critical patent/JP2706909B2/ja
Priority to TW084104238A priority patent/TW287092B/zh
Priority to KR1019950011076A priority patent/KR960036971A/ko
Priority to CA002151082A priority patent/CA2151082A1/en
Publication of JPH08280410A publication Critical patent/JPH08280410A/ja
Priority to US08/923,967 priority patent/US5809665A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP2706909B2 publication Critical patent/JP2706909B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B7/00Footwear with health or hygienic arrangements
    • A43B7/06Footwear with health or hygienic arrangements ventilated
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B17/00Insoles for insertion, e.g. footbeds or inlays, for attachment to the shoe after the upper has been joined
    • A43B17/02Insoles for insertion, e.g. footbeds or inlays, for attachment to the shoe after the upper has been joined wedge-like or resilient
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B17/00Insoles for insertion, e.g. footbeds or inlays, for attachment to the shoe after the upper has been joined
    • A43B17/02Insoles for insertion, e.g. footbeds or inlays, for attachment to the shoe after the upper has been joined wedge-like or resilient
    • A43B17/03Insoles for insertion, e.g. footbeds or inlays, for attachment to the shoe after the upper has been joined wedge-like or resilient filled with a gas, e.g. air
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B17/00Insoles for insertion, e.g. footbeds or inlays, for attachment to the shoe after the upper has been joined
    • A43B17/08Insoles for insertion, e.g. footbeds or inlays, for attachment to the shoe after the upper has been joined ventilated
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B17/00Insoles for insertion, e.g. footbeds or inlays, for attachment to the shoe after the upper has been joined
    • A43B17/14Insoles for insertion, e.g. footbeds or inlays, for attachment to the shoe after the upper has been joined made of sponge, rubber, or plastic materials
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B7/00Footwear with health or hygienic arrangements
    • A43B7/14Footwear with health or hygienic arrangements with foot-supporting parts
    • A43B7/1405Footwear with health or hygienic arrangements with foot-supporting parts with pads or holes on one or more locations, or having an anatomical or curved form
    • A43B7/1415Footwear with health or hygienic arrangements with foot-supporting parts with pads or holes on one or more locations, or having an anatomical or curved form characterised by the location under the foot
    • A43B7/144Footwear with health or hygienic arrangements with foot-supporting parts with pads or holes on one or more locations, or having an anatomical or curved form characterised by the location under the foot situated under the heel, i.e. the calcaneus bone
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B7/00Footwear with health or hygienic arrangements
    • A43B7/14Footwear with health or hygienic arrangements with foot-supporting parts
    • A43B7/16Footwear with health or hygienic arrangements with foot-supporting parts with elevated heel parts inside

Landscapes

  • Health & Medical Sciences (AREA)
  • Epidemiology (AREA)
  • General Health & Medical Sciences (AREA)
  • Public Health (AREA)
  • Footwear And Its Accessory, Manufacturing Method And Apparatuses (AREA)

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、靴の中敷および靴に関
し、さらに詳しくは、歩行や走行の際に生じる衝撃を緩
衝し、かつ、靴内部の湿気を減少させるための構造を有
する靴の中敷および靴に関するものである。本発明にお
いて靴の中敷という場合、靴の中底の上に敷いて靴の履
き心地を調整するための中敷と、靴の製造工程において
靴底の上面に接着等により固定される靴の中底として用
いる場合を含む概念で使用するものである。
【0002】
【従来の技術】健常者の通常の歩行、および健康増進を
目的とする所謂ウォーキング或いはジョギング等の歩行
や走行、さらに、傷害者の歩行訓練等のリハビリテーシ
ョンや身体障害者の歩行(以下、これらをまとめて歩行
と云う)の際に、足が地面に接地することによって生じ
る衝撃を緩衝し、衝撃によって引き起こされる踵、膝、
腰等の障害を軽減することが望まれている。
【0003】歩行による衝撃を緩和するための従来の技
術としては、靴底をゴムや弾性を有する合成樹脂等によ
って厚く構成したものや、弾力性を有する素材によって
形成された扁平な中底を使用したもの、靴底の踵部の裏
面に多数の凹凸を設けて接地の際の滑り抵抗を付与する
とともに衝撃を緩衝するように構成したもの等が知られ
ている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】近年においては、上記
従来の技術よりもさらに優れた緩衝作用をもたらすこと
ができる構造を有する靴や中敷が望まれている。また、
上記従来の技術には、使用者に正しい姿勢をとらせるこ
とができ、特に脚部に障害を有する歩行の困難な身体障
害者が歩行を行う場合に補助となる構造を有し、かつ、
緩衝作用を有する手段を備えた靴や中敷は存在しなかっ
た。さらに、上記従来の技術において、足の発汗等によ
る靴内部の湿気に対して特に有効な対策を考慮したもの
は存在しなかった。さらにまた、従来の技術にあって
は、中敷の土踏まず相当部が挿入される靴の土踏まず相
当部の内壁に重合して内部形状に不要な膨らみを形成
し、使用者の足裏の土踏まずを圧迫する場合があるとい
う問題があった。
【0005】本発明は、緩衝作用に優れ、足の発汗など
による靴内部の湿気を極めて有効に軽減することができ
る靴の中敷および靴を提供することを目的とする。ま
た、本発明は、靴の使用者に正しい姿勢をとらせること
ができ、特に傷害者や身体障害者が歩行を行う場合に、
歩行の補助となる構造を有し、かつ、緩衝作用を有する
手段を備えた靴の中敷および靴を提供することを目的と
する。さらに本発明は、靴の内部構造に適合させること
が容易な靴の中敷および靴を提供することを目的とする
ものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記の目的を達成するた
めに、本発明に係る中敷は、弾性を有する合成樹脂から
なり、土踏まず相当部から踵部の後端に向かって厚みを
次第に増して形成され、土踏まず相当部から踵部にわた
る裏面に凹部が形成され、該凹部と足裏が接する上面と
を連通する通気部が設けられたことを特徴とするもので
ある。
【0007】さらに、本発明に係る中敷は、つま先部に
通気部を設け、該通気部と凹部とにわたる溝が裏面に形
成されたことを特徴とするものである。
【0008】上記本発明に係る靴の中敷は、少なくとも
踵部の裏面周縁に、靴の内周壁との間に空隙を構成する
切欠きを形成することを特徴とするものである。
【0009】さらに上記本発明に係る靴の中敷は、土踏
まず相当部の裏面にエグリ部を形成したことを特徴とす
るものである。
【0010】そして、上記本発明に係る靴の中敷を構成
する合成樹脂は、エチレン酢酸ビニルコポリマ−である
ことを特徴とするものである。
【0011】本発明に係る靴は、上記靴の中敷を靴底の
上面に設けられる中底として用いたことを特徴とするも
のである。
【0012】
【作用】本発明によれば、土踏まず相当部から踵部が後
端に向かって踵高となるように厚みを次第に増して形成
したことにより、前傾斜面が形成されるため、使用者は
つま先よりも踵の位置が高くなり、背筋を伸ばすような
姿勢をとらされる。また、体全体が前傾することにな
り、その重心が前方に移動することとなり、特に身体障
害者の歩行の際に前進方向に足の運びを促すこととな
り、歩行を補助する。
【0013】さらに、土踏まず相当部から踵部にわたる
裏面に凹部を形成し、かつ、凹部と足裏が接する上面と
を連通する通気部を設けたことにより、使用者の歩行の
度に中敷の土踏まず相当部から踵部にわたる部分が弾性
変形するため、凹部の容積が変化して呼吸作用が働き、
さらには靴内部と外部空間との間に呼吸作用が働くこと
によって靴内部の湿気を軽減することになる。また、こ
の呼吸作用は、つま先部に設けられた通気部と凹部とに
わたって溝を形成することによって、同様にもたらされ
る。
【0014】さらにまた、靴の中敷の踵部の裏面周縁に
切欠きを形成することによって靴の内周壁との間に空隙
が構成されるため、足からの荷重を受けた際に、中敷の
踵部の厚さ方向の弾性変形を阻害することがなく、空隙
内の空気が圧縮されることによって衝撃を緩衝すること
になり、踵、膝、腰等を保護することができ、しかも、
足裏の接する面積よりも靴の中底、或は靴底に接する面
積が小さくなるため、使用者の体重を分散させることな
く集中させることができ、歩行を楽に行うことができて
疲れにくい。
【0015】本発明による中敷の土踏まず相当部にえぐ
り部を形成した場合には、市販されている靴に挿入して
使用する際に、中敷の土踏まず相当部がその靴の内壁に
重合することなく適合して内部構造に不要な膨らみを形
成することがなく、使用者の足裏の土踏まずを圧迫する
ことがない。
【0016】
【実施例】本発明に係る靴の中敷の一実施例を図1乃至
図3に基づいて説明する。なお、図において同一符号は
同一部分または相当部分を表す。
【0017】図1は本発明に係る中敷を靴に挿入した状
態の長手方向の断面を示した図であって、靴1は、胛被
2と靴底3とを備え、靴底3の上面に扁平な板状の中底
4を接着剤等によって固定して構成された一般に市販さ
れているもので、本発明に係る中敷5は、靴1の中に挿
入して中底4の上に敷いた状態で用いられるものであ
る。中敷5は、例えば、エチレン酢酸ビニルコポリマー
等の弾性を有する合成樹脂の内部に微細径気泡を有する
成形体6と、この成形体6の上面の全面に亘って貼着さ
れた通気性を有する布等からなる表皮7とから構成され
てなるものある。
【0018】図2は本発明に係る中敷5の裏面を示した
図であって、中敷5を前方から後方に向かってつま先部
5aと、中間に位置する土踏まず相当部5bと、後方に
位置する踵部5cとに区分すると、つま先部5aは薄い
板状に形成され、土踏まず相当部5bから踵部5cにわ
たる部分は、この実施例においては図1に示すように、
つま先部5aと土踏まず相当部5bとの境界から踵部5
cの後端に向かって徐々に厚みを増し、踵高となるよう
に傾斜面8が形成されている。つま先部からの踵部の実
質的な高さh(図1参照)は、15mm〜35mm程度の範
囲で設定されている。なお、厚みを増し始める部分は、
つま先部5aと土踏まず相当部5bとの境界に限らず、
土踏まず相当部5bの中央や、土踏まず相当部5bと踵
部5cとの境界とすることもできる。そして、厚みを増
し始める部分およびつま先部からの踵部の実質的な高さ
hは、靴の使用目的や必要な緩衝性能に応じて任意に選
択される。また、傾斜面8の形状は、図3に示すよう
に、足裏の形状に合うように曲面状に形成されている。 !
【0019】中敷5の中間に位置する土踏まず相当部5
bと後方に位置する踵部5cとにわたる傾斜面8の裏面
には、靴の長手方向に延びる凹部9が設けられ、この実
施例においては、凹部9と傾斜面8とにわたって貫通す
る通気孔10が通気部として形成されている。なお、図
に示したこの実施例においては、均一の深さを有する1
つの凹部9に4か所の通気孔10を形成した場合によっ
て説明したが、これに限定されることなく、凹部の深さ
や、凹部9および通気孔10を形成する数は必要に応じ
て設定することができ、また、凹部の深さを次第に変化
させる等とすることもできる。さらに、通気部として、
通気孔10の代わりに切れ目を設ける等、凹部9と足裏
が接する上面とを連通して通気の目的を達することがで
きるものとすることもできる。 !
【0020】図2に示すように、中敷5のつま先部5a
には、通気部として、その上面と裏面とを貫通する通気
孔11が設けられ、凹部9と通気孔11との間には溝1
2が形成されている。中敷5を靴1に挿入しての中底4
の上面に敷くと、中底4の上面によって凹部9が空間部
13を形成し、また、溝12がエアチャンネル14を構
成することとなる。空間部13は、通気孔10、および
エアチャンネル14を介して連通された通気孔11によ
って、靴1の内部と通気可能となる。なお、溝12は、
この実施例においては凹部9と別に形成した例によって
図示したが、これに限定されることなく、溝12を凹部
9から連続するように形成することもできる。
【0021】歩行の際においては、弾性を有する中敷5
の踵高となるように次第に厚みを増した土踏まず相当部
5bおよび踵部5cが靴使用者の荷重および地面から受
ける衝撃によって厚さ方向に弾性変形する。空間部13
は、足が地面に接地して荷重が掛ったときに容積が減少
し、足が地面から離れて荷重が減少したときに容積が回
復する、所謂呼吸作用が働くことによって靴内部の湿気
を軽減することになる。
【0022】図2および図3に示されるように、土踏ま
ず相当部5bから踵部5cにかけての中敷5の底面周縁
(断面角部)は、上面から裏面に向かって徐々に幅が狭
くなるように、側壁から裏面にかけて切り欠き15が形
成されている。その結果靴1の胛被2の内壁と中底4と
中敷5との間に空隙16が形成されることになる(図1
および図3参照)。その切り欠き15の形状は、踵部の
周囲に空隙16を形成することができるものであれば、
直線状、円弧等任意の形状で良い。空隙16が形成され
ることによって、使用者の歩行による荷重を受けた際
に、中敷5の弾性変形を妨げられることなく、かつ空隙
16内の空気が圧縮されるため、衝撃の緩衝作用が優れ
ている。また、切り欠き15を形成することによって、
足裏が接する傾斜面8の幅よりも靴1の中底4に接する
幅が狭くなるため、使用者の体重が分散されることなく
靴に集中し、歩行を楽に行うことがでる。
【0023】さらに、本発明に係る靴の中敷5は、図2
に示すように、土踏まず相当部5bの裏面に切欠き15
よりもさらに大きく切欠いたエグリ部17が切欠き15
から連続するように形成されている。一般に市販されて
いる靴1は、使用者の足裏に密着するように、土踏まず
相当部における靴底の幅を狭く形成し、胛被2が足裏の
土踏まずを包むように構成されている。本発明に係る靴
の中敷5は、靴1に挿入した際に、図に示すように、足
裏の土踏まずを包むように構成された胛被2に中敷5の
土踏まず相当部5bが重合することとなるが、エグリ部
17が形成されていることによって、中敷5が不要に膨
出して使用者の足裏の土踏まずを圧迫することがなく、
市販されている大抵の靴1に適合させることができる。
【0024】本発明は、上述した靴の中敷としての実施
例に限られることなく、図5および図6に示すように、
上述した中敷と同様に構成された中底25を靴底23の
上面に接着等により固定した靴21とすることもでき
る。以下、本発明に係る靴の一実施例について説明す
る。なお、上述した実施例と同様の部分については同じ
符号を付し、その説明を省略する。
【0025】中底25は、例えば、エチレン酢酸ビニル
コポリマー等の弾性を有する合成樹脂の内部に微細径気
泡を有する成形体6と、この成形体6の上面の全面に亘
って貼着された通気性を有する表皮7とから構成されて
いる。中底25は、土踏まず相当部25bから踵部25
cの後端に向かって徐々に厚みを増し、踵高となるよう
に傾斜面8が形成され、土踏まず相当部5bと踵部5c
とにわたる傾斜面8の裏面には、靴の長手方向に延びる
凹部9が設けられ、凹部9と傾斜面8とにわたって貫通
する通気孔10が形成されている。
【0026】中底25のつま先部25aには、上面と裏
面とを貫通する通気孔11が設けられ、凹部9と通気孔
11との間には溝12が形成されている。中底25を靴
底23の上面に設けると、靴底23の上面によって凹部
9が空間部13を形成し、また、溝12がエアチャンネ
ル14を構成することとなる。空間部13は、通気孔1
0、およびエアチャンネル14を介して連通された通気
孔11によって、靴21の内部と通気可能となる。
【0027】歩行の際においては、弾性を有する中底2
5の次第に厚みを増した土踏まず相当部25bおよび踵
部25cが靴使用者の荷重および地面から受ける衝撃に
よって厚さ方向に弾性変形し、呼吸作用が働くことによ
って靴内部の湿気を軽減することになる。
【0028】図6に示されるように、土踏まず相当部2
5bから踵部25cにかけての中敷5の底面周縁(断面
角部)は、側壁から裏面にかけて切り欠き15が形成さ
れている。その結果靴21の胛被2の内壁と靴底23と
中底25との間に空隙16が形成されることになる(図
5参照)。空隙16が形成されることによって、使用者
の歩行による荷重を受けた際に、中底25の弾性変形を
妨げられることなく、かつ空隙16内の空気が圧縮され
るため、衝撃の緩衝作用が優れている。また、切り欠き
15を形成することによって、足裏が接する傾斜面8の
幅よりも靴1の中底4に接する幅が狭くなるため、使用
者の体重が分散されることなく靴に集中し、歩行を楽に
行うことがでる。
【0029】この実施例においては、足裏の土踏まずを
包むように構成された胛被22に中底25の土踏まず相
当部25bが重合して中底25が不要に膨出して使用者
の足裏の土踏まずを圧迫することがないように、中底2
5の土踏まず相当部25bの幅を、予め靴底23の幅に
適合するように形成することができる。この場合には、
図6に示すように、先の実施例において説明したエグリ
部17を形成する必要がない。
【0030】
【発明の効果】本発明の中敷によれば、土踏まず相当部
から踵部の後端に向かって踵高となるように次第に厚み
を増しているので、つま先部よりも踵部の位置が高くな
るため、使用者に姿勢の矯正、すなわち背筋を伸ばすよ
うな良い姿勢をとらせることができる。また、体全体が
前傾する傾向を持つので、重心が前方に移動し、特に脚
部に傷害を有する人や歩行が困難な身体障害者が歩行を
行う際に、前方に足を運ぶのを促す補助となる働きを発
揮できるので、疲労を少なくすることができる。
【0031】中底の土踏まず相当部から踵部にわたる裏
面に凹部を形成し、該凹部と足裏が接する中底の上面と
を連通する通気部を設けたので、歩行によって踵部が弾
性変形すると、凹部によって形成された空間部の容積が
変化して空間部内の空気が通気孔を介して出入りして靴
の中の空気が流動することとなり、足の発汗等による靴
内部の湿気を軽減させることができる。また、歩行の際
に通気孔が足裏によって瞬間的に塞がれて空間内の空気
の流動が制限されるため、さらに緩衝能力を高めること
ができる。
【0032】踵部の裏面周縁側に切欠きを形成したこと
によって、靴の胛被の内壁との間に空隙が形成され、負
荷を受けた際の踵部の弾性変形を許容し、かつ空隙内の
空気が圧縮されるので、緩衝作用が大きく期待でき、衝
撃から踵、膝、腰等を保護することができる。さらに、
足裏の接する面積よりも靴底の接する面積を小さくした
ことによって、使用者の体重を分散させることなく集中
させることができ、歩行を楽に行うことができて疲れに
くい。
【0033】本発明による靴の中敷は、土踏まず相当部
にエグリ部を形成することによって市販されている靴に
挿入した際に、その靴の土踏まず相当部の内壁と重なる
ことがなくなるので、不要なふくらみを起こさず、靴を
履いたときに使用者の足裏の土踏まずを圧迫することが
なくなる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明による靴の中敷の長手方向縦断側面図で
ある。
【図2】本発明による靴の中敷の裏面図である。
【図3】図2のA−A線拡大断面図である。
【図4】図2のB−B線拡大断面図である。
【図5】本発明による靴の中敷を中底として使用した場
合の長手方向縦断側面図である。
【図6】本発明による靴の中敷を中底として使用した場
合の裏面図である。
【符号の説明】
1 靴 3 靴底 4 中底 5 中敷 5a つま先部 5b 土踏まず相当部 5c 踵部 8 傾斜面 9 凹部 10、11 通気孔 12 溝 13 空間部 14 エアチャンネル 15 切欠き 16 空隙 17 エグリ部 21 靴 23 靴底 25 中底

Claims (4)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 弾性を有する合成樹脂からなり、 土踏まず相当部から踵部の後端に向かって踵高となるよ
    うに厚みを次第に増して前傾斜面が形成され、少なくとも踵部の裏面周縁に、靴の内周壁との間に連続
    した空隙を構成すると共に、上面よりも裏面の面積を小
    さくするように、切欠きが形成され、 該厚みを増した 土踏まず相当部から踵部にわたる部分の
    裏面に空間部を形成する凹部が形成され、該凹部と足裏
    が接する上面と、およびつま先部の上面と裏面とを連通
    する通気部がそれぞれ設けられ、つま先部の通気部と前
    記凹部とにわたる溝が裏面に形成され、前記凹部は、靴
    の長手方向に延びるように形成されたことを特徴とする
    靴の中敷。
  2. 【請求項2】 土踏まず相当部の裏面に切欠きよりもさ
    らに大きく切欠いたエグリ部を形成したことを特徴とす
    る請求項1に記載の靴の中敷。
  3. 【請求項3】 合成樹脂がエチレン酢酸ビニルコポリマ
    ーであることを特徴とする請求項1または2のいずれか
    に記載の靴の中敷。
  4. 【請求項4】 請求項1または3のいずれかに記載の靴
    の中敷を、靴底の上面に設けられる中底として用いたこ
    とを特徴とする靴。
JP7109111A 1995-04-10 1995-04-10 靴の中敷および靴 Expired - Fee Related JP2706909B2 (ja)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7109111A JP2706909B2 (ja) 1995-04-10 1995-04-10 靴の中敷および靴
TW084104238A TW287092B (ja) 1995-04-10 1995-04-28
KR1019950011076A KR960036971A (ko) 1995-04-10 1995-05-06 구두의 속창
CA002151082A CA2151082A1 (en) 1995-04-10 1995-06-06 Insole of shoe
US08/923,967 US5809665A (en) 1995-04-10 1997-09-05 Insole of shoe for reducing shock and humidity

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7109111A JP2706909B2 (ja) 1995-04-10 1995-04-10 靴の中敷および靴

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH08280410A JPH08280410A (ja) 1996-10-29
JP2706909B2 true JP2706909B2 (ja) 1998-01-28

Family

ID=14501848

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7109111A Expired - Fee Related JP2706909B2 (ja) 1995-04-10 1995-04-10 靴の中敷および靴

Country Status (5)

Country Link
US (1) US5809665A (ja)
JP (1) JP2706909B2 (ja)
KR (1) KR960036971A (ja)
CA (1) CA2151082A1 (ja)
TW (1) TW287092B (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102763935A (zh) * 2011-05-06 2012-11-07 欣合信股份有限公司 具气垫的复合式鞋垫
CN109123897A (zh) * 2018-09-06 2019-01-04 李兴志 一种改进型吸气呼气功能鞋

Families Citing this family (29)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
IT1283052B1 (it) * 1996-05-22 1998-04-07 Brue S P A Insieme suola-sottopiede,traspirante in un'unica direzione,per scarpe ad areazione forzata
US6519876B1 (en) * 1998-05-06 2003-02-18 Kenton Geer Design Associates, Inc. Footwear structure and method of forming the same
US6092305A (en) * 1998-05-06 2000-07-25 Footwear Concept Center, Inc. Footwear structure and method of forming the same
US6247248B1 (en) * 1998-06-15 2001-06-19 Breeze Technology Ventilation system and method for footwear
US6178662B1 (en) 1999-02-02 2001-01-30 David K. Legatzke Dispersed-air footpad
DE10036100C1 (de) 2000-07-25 2002-02-14 Adidas Int Bv Schuh
KR20030001211A (ko) * 2001-06-25 2003-01-06 고진석 통풍이 가능한 신발 창
US6725571B2 (en) * 2002-08-05 2004-04-27 Kun-Chung Liu Shoe with ozonizer
DE10241961B4 (de) * 2002-09-10 2005-01-20 Cetec Ag Innensohle und Schuh mit Innensohle oder Einlegesohle
ATE547144T1 (de) 2003-07-22 2012-03-15 Kci Licensing Inc Unterdruck-wundbehandlungsverband
AT7438U1 (de) * 2003-07-23 2005-04-25 Gallus Herrenschuh Gmbh Schuh mit belüftungseinrichtung
US7610694B2 (en) * 2004-02-18 2009-11-03 General Building SAS Shoe with upper and heel developed ventilation
US8146266B2 (en) * 2005-06-02 2012-04-03 The Timberland Company Chimney structures for footwear and foot coverings
US8359769B2 (en) * 2005-06-02 2013-01-29 The Timberland Company Chimney structures for footwear
US7392601B2 (en) * 2005-06-02 2008-07-01 The Timberland Company Chimney structures for apparel
EP2109427B1 (en) 2007-02-09 2014-11-05 KCI Licensing, Inc. A breathable interface system for topical reduced pressure
US20080229623A1 (en) * 2007-03-23 2008-09-25 Giorgio Ferretti Aeration system and device for shoes
MX2007004606A (es) 2007-04-17 2008-10-16 Eduardo Nuri Mizrahi Shapiro Plantilla con drenaje para calzado.
US8377017B2 (en) 2008-01-03 2013-02-19 Kci Licensing, Inc. Low-profile reduced pressure treatment system
JP5149402B2 (ja) 2008-03-13 2013-02-20 ケーシーアイ ライセンシング インコーポレイテッド 足の組織部位に減圧を加える足マニホールド、装置、システムおよび方法
US8158844B2 (en) 2008-10-08 2012-04-17 Kci Licensing, Inc. Limited-access, reduced-pressure systems and methods
NL2005226C2 (en) * 2010-08-13 2012-02-14 Sara Lee De Nv Insole pad for footwear.
KR101089759B1 (ko) * 2011-06-08 2011-12-07 (주)광성아이엔디 통풍기능이 뛰어나며 이중착지 기능을 가지는 신발솔의 구조
JP2015116428A (ja) * 2013-12-20 2015-06-25 中村ブレイス株式会社 足底板
US9943131B1 (en) * 2014-07-31 2018-04-17 Lacrosse Footwear, Inc. Footwear airflow system
US10743622B2 (en) 2015-06-08 2020-08-18 Tbl Licensing Llc Footwear ventilation structures and methods
USD784665S1 (en) 2015-06-08 2017-04-25 Tbl Licensing Llc Toe cap for footwear
US9877538B2 (en) 2015-11-09 2018-01-30 Nahyun Kim Ventilated shoe
US11992088B2 (en) 2021-05-31 2024-05-28 Chadrian T. Johnson Breathable ergonomic shoe insole

Family Cites Families (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CH272882A (fr) * 1948-11-15 1951-01-15 Graef Jean Pierre Boîte de montre-réveil.
DE1007669B (de) * 1953-08-31 1957-05-02 Carl Birkenstock Und Emmy Birk Verfahren zur serienmaessigen Herstellung von orthopaedischem Schuhwerk auf Leisten
JPS4978145U (ja) * 1972-10-25 1974-07-06
CH628222A5 (fr) * 1978-01-24 1982-02-26 Arthur Sandmeier Semelle interieure amovible pour chaussure, produisant une ventilation forcee pendant la marche.
JPS5920087Y2 (ja) * 1981-07-10 1984-06-11 株式会社アシックス 靴用中敷
JPS6072501A (ja) * 1983-09-28 1985-04-24 中川 正彦 中敷
US4619055A (en) * 1984-10-29 1986-10-28 Davidson Murray R Cushioning pad
JPS61192703U (ja) * 1985-05-24 1986-12-01
US4776110A (en) * 1987-08-24 1988-10-11 Shiang Joung Lin Insole-ventilating shoe
US5010661A (en) * 1987-12-07 1991-04-30 Chu Chi Kong Unidirectional airflow ventilating shoe and a unidirectional airflow ventilating insole for shoes
CN1011285B (zh) * 1987-12-07 1991-01-23 朱志刚 单向吹气鞋及单向吹气垫
US5068983A (en) * 1990-04-13 1991-12-03 Clint, Inc. Shoe insole
US5488786A (en) * 1991-02-08 1996-02-06 Ratay; Edward J. Highly resilient EVA shoe insole
GB2271710A (en) * 1992-10-23 1994-04-27 Chang Chi Yeh Ventilated shoe
US5675914A (en) * 1995-11-13 1997-10-14 The Rockport Company, Inc. Air circulating footbed

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102763935A (zh) * 2011-05-06 2012-11-07 欣合信股份有限公司 具气垫的复合式鞋垫
CN102763935B (zh) * 2011-05-06 2015-08-19 欣合信股份有限公司 具气垫的复合式鞋垫
CN109123897A (zh) * 2018-09-06 2019-01-04 李兴志 一种改进型吸气呼气功能鞋

Also Published As

Publication number Publication date
JPH08280410A (ja) 1996-10-29
TW287092B (ja) 1996-10-01
CA2151082A1 (en) 1996-10-11
KR960036971A (ko) 1996-11-19
US5809665A (en) 1998-09-22

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2706909B2 (ja) 靴の中敷および靴
US20110252665A1 (en) Soft and elastic shoe pad
US9155352B2 (en) Propulsive sole for impact distribution and round walking
US8959798B2 (en) Shoe sole element
US4759136A (en) Athletic shoe with dynamic cradle
US8776399B2 (en) Shoe insole
US20120272546A1 (en) Healthy insole
JP2012501717A (ja) 衝撃分散機能と転がり歩行機能を有する履物の中敷き
KR100731793B1 (ko) 신발 하부 구조체
US20130133224A1 (en) Shoe Insole
US20070022628A1 (en) Ventilated shoe sole
US5632103A (en) Insole of shoe
CN215303426U (zh) 一种双层鞋盾
KR100761897B1 (ko) 이중 충격흡수 신발 밑창
JP2001309801A (ja) 履物及び履物用中敷
KR200427686Y1 (ko) 신발 깔창
JP2528487Y2 (ja) 靴の中底構造および靴の中敷
JP3095615U (ja) 振動吸収緩衝機能を具えたソール
JP3037474U (ja) 靴の中敷
WO2008054146A1 (en) A shoe having turning and stamping function and lower structure for the shoe
KR100818789B1 (ko) 기능성 밑창 구조를 갖는 신발
CN212014694U (zh) 一种新型鞋垫
JP2932370B2 (ja) 靴の中敷および靴
WO2012171901A1 (en) An adjustable-fit motorcycle boot
KR200314880Y1 (ko) 신발용 중창의 구조

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081017

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091017

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101017

Year of fee payment: 13

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees