JP2021145544A - 相補的で一方向磁性の回転子/固定子組立体の対 - Google Patents

相補的で一方向磁性の回転子/固定子組立体の対 Download PDF

Info

Publication number
JP2021145544A
JP2021145544A JP2021098535A JP2021098535A JP2021145544A JP 2021145544 A JP2021145544 A JP 2021145544A JP 2021098535 A JP2021098535 A JP 2021098535A JP 2021098535 A JP2021098535 A JP 2021098535A JP 2021145544 A JP2021145544 A JP 2021145544A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
rotor
stator
magnet
coil
assembly
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2021098535A
Other languages
English (en)
Inventor
スティーブンス,サニー・オウレイ
Ouray Stevens Sunny
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Pacific Int Energy Solutions Inc
Pacific International Energy Solutions Inc
Original Assignee
Pacific Int Energy Solutions Inc
Pacific International Energy Solutions Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US201662339439P priority Critical
Priority to US62/339,439 priority
Priority to JP2019512955A priority patent/JP2019517242A/ja
Application filed by Pacific Int Energy Solutions Inc, Pacific International Energy Solutions Inc filed Critical Pacific Int Energy Solutions Inc
Publication of JP2021145544A publication Critical patent/JP2021145544A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02KDYNAMO-ELECTRIC MACHINES
    • H02K15/00Methods or apparatus specially adapted for manufacturing, assembling, maintaining or repairing of dynamo-electric machines
    • H02K15/02Methods or apparatus specially adapted for manufacturing, assembling, maintaining or repairing of dynamo-electric machines of stator or rotor bodies
    • H02K15/03Methods or apparatus specially adapted for manufacturing, assembling, maintaining or repairing of dynamo-electric machines of stator or rotor bodies having permanent magnets
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F03MACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS; WIND, SPRING, OR WEIGHT MOTORS; PRODUCING MECHANICAL POWER OR A REACTIVE PROPULSIVE THRUST, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F03DWIND MOTORS
    • F03D3/00Wind motors with rotation axis substantially perpendicular to the air flow entering the rotor 
    • F03D3/06Rotors
    • F03D3/062Construction
    • F03D3/065Construction the wind engaging parts having no movement relative to the rotor during its rotation
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F03MACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS; WIND, SPRING, OR WEIGHT MOTORS; PRODUCING MECHANICAL POWER OR A REACTIVE PROPULSIVE THRUST, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F03DWIND MOTORS
    • F03D9/00Adaptations of wind motors for special use; Combinations of wind motors with apparatus driven thereby; Wind motors specially adapted for installation in particular locations
    • F03D9/20Wind motors characterised by the driven apparatus
    • F03D9/25Wind motors characterised by the driven apparatus the apparatus being an electrical generator
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02KDYNAMO-ELECTRIC MACHINES
    • H02K1/00Details of the magnetic circuit
    • H02K1/06Details of the magnetic circuit characterised by the shape, form or construction
    • H02K1/22Rotating parts of the magnetic circuit
    • H02K1/27Rotor cores with permanent magnets
    • H02K1/2706Inner rotors
    • H02K1/272Inner rotors the magnetisation axis of the magnets being perpendicular to the rotor axis
    • H02K1/2726Inner rotors the magnetisation axis of the magnets being perpendicular to the rotor axis the rotor consisting of a single magnet or two or more axially juxtaposed single magnets
    • H02K1/2733Annular magnets
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02KDYNAMO-ELECTRIC MACHINES
    • H02K16/00Machines with more than one rotor or stator
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02KDYNAMO-ELECTRIC MACHINES
    • H02K19/00Synchronous motors or generators
    • H02K19/16Synchronous generators
    • H02K19/18Synchronous generators having windings each turn of which co-operates only with poles of one polarity, e.g. homopolar generators
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02KDYNAMO-ELECTRIC MACHINES
    • H02K21/00Synchronous motors having permanent magnets; Synchronous generators having permanent magnets
    • H02K21/12Synchronous motors having permanent magnets; Synchronous generators having permanent magnets with stationary armatures and rotating magnets
    • H02K21/24Synchronous motors having permanent magnets; Synchronous generators having permanent magnets with stationary armatures and rotating magnets with magnets axially facing the armatures, e.g. hub-type cycle dynamos
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02KDYNAMO-ELECTRIC MACHINES
    • H02K39/00Generators specially adapted for producing a desired non-sinusoidal waveform
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02KDYNAMO-ELECTRIC MACHINES
    • H02K7/00Arrangements for handling mechanical energy structurally associated with dynamo-electric machines, e.g. structural association with mechanical driving motors or auxiliary dynamo-electric machines
    • H02K7/18Structural association of electric generators with mechanical driving motors, e.g. with turbines
    • H02K7/1807Rotary generators
    • H02K7/1823Rotary generators structurally associated with turbines or similar engines
    • H02K7/183Rotary generators structurally associated with turbines or similar engines wherein the turbine is a wind turbine
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02KDYNAMO-ELECTRIC MACHINES
    • H02K1/00Details of the magnetic circuit
    • H02K1/06Details of the magnetic circuit characterised by the shape, form or construction
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02KDYNAMO-ELECTRIC MACHINES
    • H02K1/00Details of the magnetic circuit
    • H02K1/06Details of the magnetic circuit characterised by the shape, form or construction
    • H02K1/22Rotating parts of the magnetic circuit
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02KDYNAMO-ELECTRIC MACHINES
    • H02K1/00Details of the magnetic circuit
    • H02K1/06Details of the magnetic circuit characterised by the shape, form or construction
    • H02K1/22Rotating parts of the magnetic circuit
    • H02K1/27Rotor cores with permanent magnets
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02KDYNAMO-ELECTRIC MACHINES
    • H02K1/00Details of the magnetic circuit
    • H02K1/06Details of the magnetic circuit characterised by the shape, form or construction
    • H02K1/22Rotating parts of the magnetic circuit
    • H02K1/27Rotor cores with permanent magnets
    • H02K1/2706Inner rotors
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02KDYNAMO-ELECTRIC MACHINES
    • H02K1/00Details of the magnetic circuit
    • H02K1/06Details of the magnetic circuit characterised by the shape, form or construction
    • H02K1/22Rotating parts of the magnetic circuit
    • H02K1/27Rotor cores with permanent magnets
    • H02K1/2706Inner rotors
    • H02K1/272Inner rotors the magnetisation axis of the magnets being perpendicular to the rotor axis
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02KDYNAMO-ELECTRIC MACHINES
    • H02K1/00Details of the magnetic circuit
    • H02K1/06Details of the magnetic circuit characterised by the shape, form or construction
    • H02K1/22Rotating parts of the magnetic circuit
    • H02K1/27Rotor cores with permanent magnets
    • H02K1/2706Inner rotors
    • H02K1/272Inner rotors the magnetisation axis of the magnets being perpendicular to the rotor axis
    • H02K1/2726Inner rotors the magnetisation axis of the magnets being perpendicular to the rotor axis the rotor consisting of a single magnet or two or more axially juxtaposed single magnets
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02KDYNAMO-ELECTRIC MACHINES
    • H02K15/00Methods or apparatus specially adapted for manufacturing, assembling, maintaining or repairing of dynamo-electric machines
    • H02K15/02Methods or apparatus specially adapted for manufacturing, assembling, maintaining or repairing of dynamo-electric machines of stator or rotor bodies
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02KDYNAMO-ELECTRIC MACHINES
    • H02K2213/00Specific aspects, not otherwise provided for and not covered by codes H02K2201/00 - H02K2211/00
    • H02K2213/09Machines characterised by the presence of elements which are subject to variation, e.g. adjustable bearings, reconfigurable windings, variable pitch ventilators
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E10/00Energy generation through renewable energy sources
    • Y02E10/70Wind energy
    • Y02E10/74Wind turbines with rotation axis perpendicular to the wind direction

Abstract

【課題】電流の流れの反転が原因の電力損失を避ける事が出来る発電機を提供する。【解決手段】一方向磁性の回転子/固定子組立体の対は、同期回転するように取り付けられ、かつ相補的であり、その結果、各組立体の回転子と固定子とが互いに対して回転されるとき、一方は脈動正電流の流れを生み出し、他方は脈動負電流の流れを生み出す。脈動正電流の流れと脈動負電流の流れは、電流の流れの反転に起因する電力損失なしに、所望の位相角で組み合わせられて交流を生み出す。【選択図】図1

Description

本発明は、相補的で一方向磁性の回転子/固定子組立体の対に関し、ここでは、回転子または固定子は、すべての磁界が回転軸に対して平行に位置合わせされ磁極がすべて同じ方向に向いた磁石を有し、磁石は、各組立体の回転子または固定子が互いに対して回転するとき、互いに隣り合う関連付けられたコイルに電流を誘導する。
磁石は、N極とS極の両方を有し、磁界が磁極間および磁極の周りに延びる。機械的力により、磁界の中でワイヤまたは他の導電体が動かされるとき、電流が誘導されて導電体に流れる。これが、発電機の原理である。逆に、電流がワイヤまたは他の導電体を通って流れるとき、導体の周りに磁界が生み出され、また導体が既存の磁界の中に存在する場合、導体の周りの磁界は、既存の磁界と相互に作用して、導体を動かそうとする機械的力を生み出す。これが、電動機の原理である。発電機は、機械的力を電流に変換し、電動機は、電流を機械的力に変換する。
従来の発電機および従来の電動機は、回転子と呼ばれる回転部を有し、回転子は、固定子と呼ばれる静止構造体の中で、またはそれと互いに隣り合って回転する。磁石(永久磁石であれ電磁石であれ)は回転子に配置され、導電性ワイヤは固定子に配置されるか、またはその逆である。電流によって生み出される磁力線は、「右手の法則」(右手の親指が電流の方向に沿って向いている場合、右手の指は、N極からS極へと延びる磁力線の方向を示す)の下に、電流の流れの方向に直交し、その周りを回るので、一般に、ワイヤは、(好ましくは鉄芯の周りに、しかし任意選択で鉄芯なしで)巻かれて、(少なくとも部分的に)回転子の回転軸に直交するワイヤのコイルを形成する。
したがって、発電機では、回転子の磁石を回転させる機械的力が、固定子のコイルのワイヤを流れる電流を誘導し、それにより、それらのワイヤを通って流れる電流を発生させる。電動機では、固定子のコイルのワイヤを通って流れる電流が磁界を生み出し、それにより、回転子の磁石に逆らう力が生み出され、その力が回転子を回転させる。発電機と電動機のどちらにおいても、代わりに磁石が固定子内に存在し、コイルが回転子内に存在してもよい。
電流は、従来から(バッテリの正端子などの)正電荷の方向とみなされているが、これは、負に帯電した電子の実際の流れの方向とは逆である、すなわち、電子は、実際はバッテリの負端子のほうへ流れるということに留意されたい。電流の電圧は、電子の流れの圧力であり、電子が(負端子に向かって)ある向きに流れているときは負でもよく、電子が反対の方向に流れているときは正でもよい。電子が流れていない場合、電流は存在せず、したがって電圧が存在しない。電子が1方向のみに流れるとき、これは直流と呼ばれる。直流は、どちらの向きに電子が流れているかに応じて、負と正のどちらかになり得る。
電子がある方向に流れ、次いで反対の方向に流れるとき、電圧が負から正へと交番するので、これは交流と呼ばれる。
高電圧においては特に、直流を使用するよりも交流を使用するほうが、エネルギーがはるかに効率的に送られ得るので、交流は電気を送るために重要である。これが、電力会社によって提供される電気が一般に交流である理由であり、長距離送電線が高電圧である理由である。
太陽光発電セルなどの多くの代替エネルギー生成技術は、本質的に直流を生み出し、直
流は、次いで「インバータ」を使用して交流に変えられなければならない。バッテリチャージャなどの多くのタイプの装置は直流を使用しており、したがって、交流は「整流器」を使用して直流に変えられることが多い。
電気は、回路の中で使用されなければならず、その際、電気は、回路のある部分(一般に、電流を押し出す電圧を生み出すバッテリまたは発電機)から流れ出て、回路の残りの部分をすべて通り抜け、その出発点(バッテリまたは発電機)へと戻る。直流であろうと交流であろうと、任意の電流から取り出され得るエネルギーの量は、(電流が流れる)回路のある部分と回路の別の部分との間の電圧(電気的圧力)の差に依存し、流れている電流の量にも依存する−回路の2つの部分の間の電圧差が大きくなり、またこれらの電圧において流れる電流が大きくなると、より多くのエネルギーが回路から取り出され得る。
本開示の残りの部分では発電機について論じられるが、逆に動作するとき、本開示は電動機にも適用可能であることを、当分野の技術者(「当業者」)は理解するはずである。
従来の発電機は、回転子が1回転する間に、電子の流れの方向、したがって電流の極性がある点またはいくつかの点において反転して、交流を生み出すように設計される。しかし、この交流は、反転する電流の流れと発電機の中の磁石との間の相互作用による抗力(drag)または「コギング」を生み出す。また、電流の流れによりコイルの鉄芯の磁化が引き起こされ、その電流の流れの反転により脱磁が引き起こされ、次いでこれらの鉄芯の逆の磁化が引き起こされ、このことはエネルギーを浪費するので、かなりのエネルギーが失われる。風力発電機におけるこの「コギング」は、発電機を回転させ始めるのにより強い風速が必要とされ、したがって「起動速度」が引き上げられる場合があるということを意味する。さらに、風力発電機は、風力発電機の最小の「発電開始風速(cut in
speed)」に達するまで、有効な電力を供給することができない場合がある。
本発明の発電機が、風力発電機、または回転子/固定子組立体の回転スピードが変動することになる他の用途において使用される場合、回転子/固定子組立体のコイルからの交流の周波数および電圧は、風速に従って変動することになり、これでは有効な電力を提供することができない。こうした用途では、整流器に回転子/固定子組立体からの(制御不能に変動する周波数および電圧をもつ)交流を接続して、有効なDC電流を供給することが好ましいはずである。しかし、整流器は、最低限の量の交流が供給されていなければ、有効なDC電流を供給することができない可能性がある。
本発明が風力発電機として使用される場合、スピードが過剰な状態では、回転を減速させる電磁ブレーキを使用するのが好ましいことに留意されたい。
磁石はN極とS極の両方を常に有し、また目標は一般にエンジンおよび発電機をより小さくすることであり、また磁石は、電流の流れを最大化するために、コイル/ワイヤに近接していなければならないので、磁石およびコイルのたいていの構成では、コイル/ワイヤの同じ部分が、磁石の連続するN極とS極との作用を受け、このことも、電流の流れの反転を生じさせる。たとえば、回転子の磁石は、まずN極を通過させ、次いでS極を通過させることにより(またはこの逆に通過させることにより)、固定子のコイルを通過することになる。
この参照によって本明細書に援用される、Yostの米国特許第9331534号は、軸方向に位置合わせされた磁石を回転子面の両側に備える、モジュラーマイクロ風力タービン向けの磁力発電機を開示する。駆動シャフトが固定子に近接した回転子を回転させるとき、磁束および電気が発生する。Yostは、「磁気増幅」(磁石が近づけられると、エネルギー出力が大きくなる(第15段38行目から第16段35行目、および図56〜図61を参照))を得るために、磁石同士は0.10〜1.52cm(0.04〜0.6インチ)だけ隔てられるべきであると教示する。
Oelofseの米国特許出願公開第14290741号は、修正ハルバッハ配列を使用する発電機設計を開示する。
本発明は、一対の相補的固定子/回転子組立体を含む発電機を備え、固定子/回転子組立体は、同期回転するように取り付けられる。同期回転とは、一方の固定子/回転子組立体の回転子の回転により、必ずしも同じ速さまたは同じ位相角でではないが、他方の固定子/回転子組立体の回転子が回転されることを意味する。固定子/回転子組立体のそれぞれは、固定子と、固定子リング領域において固定子に取り付けられるコイルと、回転子と、固定子リング領域と同じ形状およびサイズをもつ回転子リング領域において回転子に取り付けられる磁石であって、すべての磁石のN極が、回転子ディスクのN面(north
face)から外方に向けられ、すべてのS極が、回転子ディスクのS面(south
face)から外方に向けられる、磁石とを含む。回転子は、固定子リング領域の中心に位置決めされかつ固定子リング領域に対して垂直である回転軸の周りを回転するように取り付けられ、その結果、回転子は、固定子に対して平行であり、また固定子から回転子/固定子間隙だけ厳密に変位される。このようにして、磁石の磁界は、軸方向に回転軸に位置合わせされ、磁石は、回転子/固定子間隙だけ隔てられてコイルに重なる。回転軸の周りの回転子の回転により、コイルが、磁石の極に向かって、また磁石の極から離れるように進んで、ある方向にのみコイルを通る脈動電流の流れを誘導する。これらの固定子/回転子組立体は、それらの磁界の相互作用が原因の大きな抗力を避けるのに十分な長さの分離距離だけ互いから隔てられる。一対の固定子/回転子組立体のうちの第1のもののコイルおよび磁石は、一対の固定子/回転子組立体のうちの第2のもののコイルおよび磁石に対して相補的になるように構成され、したがって、対のうちの第1のものは、ある方向のみに脈動電流を生み出し、対のうちの第2のものは、反対の方向に脈動電流を生み出し、コイルは、脈動電流がある位相角で組み合わせられて交流を生み出すように接続されかつ巻かれ、それにより、電流の流れの反転が原因の電力損失が避けられる。
別の実施形態では、本発明は、第1の固定子と、第1の固定子に対して平行であり、第1の回転子回転軸の周りを回転するように取り付けられ、第1の固定子から第1の回転子/固定子間隙だけ厳密に変位される、第1の回転子と、第2の固定子と、第2の固定子に対して平行であり、第2の回転子回転軸の周りを回転するように取り付けられ、第2の固定子から第2の回転子/固定子間隙だけ厳密に変位される、第2の回転子とを有する発電機を備える。複数のブレードが、第1の回転子および第2の回転子に駆動可能に連結され、その結果、ブレードが回転するとき、ブレードは、第1の回転子と第2の回転子とを同期回転するように駆動する。第1の固定子および第1の回転子は、第1の固定子/回転子組立体を構成し、第2の固定子および第2の回転子は、第2の固定子/回転子組立体を構成する。固定子/回転子組立体のそれぞれは、回転子回転軸と同心の固定子リング領域において固定子に取り付けられるコイルと、固定子リング領域と実質的に同一の形状およびサイズをもつ回転子リング領域において回転子に取り付けられる、N極およびS極を備えた磁界をもつ磁石であって、すべてのN極が、回転子のN面から外方に向けられ、すべてのS極が、回転子のS面から外方に向けられる、磁石とを備え、その結果、磁石の磁界は、軸方向に回転子回転軸に位置合わせされ、その結果、磁石は、回転子/固定子間隙だけ隔てられてコイルに重なる。回転子回転軸の周りの回転子の回転により、磁石の極が、コイルに向かって、またはコイルから遠ざかるように進んで、ある方向にのみ、コイルを通る脈動電流の流れを誘導する。第1の固定子/回転子組立体のコイルおよび磁石は、第2の固定子/回転子組立体のコイルおよび磁石に対して相補的になるように構成され、したがって、第1の固定子/回転子組立体は、ある方向のみに脈動電流を誘導し、第2の固定子/回転子は、反対の方向のみに脈動電流の流れを生み出し、その結果、両方の固定子/
回転子組立体からの脈動電流の流れは、組み合わせられて交流を生み出すことができる。これらの固定子/回転子組立体は、それらの磁界の相互作用が原因の大きな抗力を避けるのに十分な長さの分離距離だけ互いから隔てられる。電流の流れの反転が原因の電力損失が避けられる。
別の実施形態では、本発明は、コイルおよび磁石を有し、同期回転するように取り付けられる、一方向磁性の一対の固定子/回転子組立体を含む発電機である。第1の組立体のコイルおよび磁石は、第2の組立体のコイルおよび磁石に対して相補的になるように構成される。したがって、第1の組立体は、脈動正電流の流れを生み出し、第2の組立体は、脈動負電流の流れを生み出す。位相角手段が提供されて、脈動正電流の流れと脈動負電流の流れとの間の位相角を制御して交流を生み出す。位相角手段は、第1の組立体のコイルおよび磁石を第2の組立体のコイルおよび磁石から角度的にオフセットすること、一方の組立体に抵抗負荷を追加すること、ならびに一方の組立体に誘導負荷を追加することからなる群から選択される構造であり、これにより、電流の流れの反転が原因の電力損失が避けられる。
垂直軸風力タービンに据え付けられる、本発明による発電機の目下の好ましい実施形態の分解斜視図である。 図1の側部からの正面図である。 本発明の目下の好ましい実施形態よる上部回転子の上部からの平面図である。 本発明の目下の好ましい実施形態による一組のコイルの斜視図である。 本発明の目下の好ましい実施形態による一組のコイルの上部または下部からの平面図である。 本発明の目下の好ましい実施形態による磁石112の斜視図である。 本発明の目下の好ましい実施形態による任意選択の浮上磁石の斜視図である。
図1を参照すると、垂直軸風力タービンに据え付けられる、本発明100の目下の好ましい実施形態の分解斜視図が示されている。下部固定子102は、基部(図示せず)に取り付けられる。一組のコイル106が、下部固定子102の上面において、リング形状にされた(環状の)固定子リング領域108に据え付けられる。下部回転子110は、下部固定子102に対して平行に、またある回転子/固定子間隙だけ下部固定子102から厳密に隔てられて、回転可能に取り付けられる。複数のブレード120は、下部回転子110の上に取り付けられる。上部回転子130は、ブレード120の上に取り付けられ、また上部回転子130に対して平行でありかつある回転子/固定子間隙だけ上部回転子130から厳密に隔てられる上部固定子140にも回転可能に取り付けられる。回転子/固定子間隙だけ隔てられる上部回転子および上部固定子は、集合的に上部回転子/固定子組立体と称され、回転子/固定子間隙だけ隔てられる下部回転子および下部固定子は、集合的に下部回転子/固定子組立体と称される。
図2を参照すると、本発明100の目下の好ましい実施形態の側面図が示されており、下部固定子102、下部回転子110、ブレード120、上部回転子130、および上部固定子140が示してある。好ましくは、ブレード120は、チタンの骨組みを有する、サーフボードのような樹脂から作られる。好ましくは、回転子110および130、ならびに固定子102および140は、FR4複合材料、またはそれより軽量なものから作られる。
上部固定子140、上部回転子130、下部回転子110および下部固定子102はすべて、それらを互いに束ねるシャフト、またはそれらを囲むハウジング、または現在知られているかもしくは今後発明される任意の他の構造もしくは機構などの任意の手段により、定位置に保持され、かつ/または互いに対して回転可能に取り付けられ得る。
図3を参照すると、上部回転子130の上面の上からの平面図が示されている。下部回転子110の下面の下からの平面図は、同一であるはずである。図3に示されるように、一連の磁石112が、上部回転子130の上表面において、リング形状にされた(環状の)回転子リング領域133に設けられる。
図1に戻ると、下部回転子110の下面は、好ましくは、形状およびサイズが固定子リング領域108と実質的に同一である、リング形状にされた(環状の)回転子リング領域113を有する。同様に、上部固定子140の下面は、好ましくは形状およびサイズが上部回転子の回転子リング領域133と実質的に同一である、リング形状にされた(環状の)固定子リング領域143を有する。したがって、磁石112は、ある回転子/固定子間隙だけ隔てられて、コイル106に重なる。
磁石112は、好ましくは希土類磁石であり、より好ましくはネオジム磁石であるが、十分に強力な任意の磁石を使用して、本発明を実施してもよい。スポークのように放射状に延びる任意選択の冷却穴(図示せず)が提供されてもよい。やはり任意選択で、好ましくは冷却穴同士の間に差し入れられて、追加的な浮上磁石118が提供されてもよい。
図4を参照すると、本発明の目下の好ましい実施形態による一組のコイル106の斜視図が示されている。
図5を参照すると、見て取ることができるように、コイル106のワイヤは、好ましくは平行四辺形の形状に巻かれる。
図6を参照すると、回転子110、130(図1を参照)のうちの一方の中の磁石112のうちの1つの斜視図が示されている。磁石は、すべてのN極Nを同じ方向に位置合わせし、すべてのS極を反対の方向に位置合わせした状態で方向付けられなければならない。
図7を参照すると、本発明による任意選択の磁気浮上磁石118の斜視図が示されている。
添付の図は、磁石が回転子に存在し、コイルが固定子に存在することを示しているが、当業者は、どちらか一方または両方の回転子/固定子組立体ではこれらが反対にされ、したがって磁石がどちらか一方または両方の固定子に存在し、コイルがどちらか一方または両方の回転子に存在してもよいということを理解するはずである。
回転子/固定子が同軸である場合、コイルが適当に巻かれ方向付けられている限り、各回転子/固定子対の磁石は、磁石の各N極が同じ方向を指した状態で方向付けられてもよく反対の方向を指した状態で方向付けられてもよいことも、当業者は理解するはずである。以下に述べるように、回転子/固定子は同軸である必要はなく、同期回転するように取り付けられさえすればよい。
さらに、添付の図面では下部回転子/固定子対が上部回転子/固定子対と同軸であることが示されているが、これは必須ではない。これらの回転子/固定子対は、同期回転しさえすればよい、つまり、これらの回転子/固定子対は、同じ速さで回転しなければならない。したがって、たとえば本発明は、同軸ではないが各回転子/固定子組立体がギアによって相補的回転子/固定子組立体に連結されることにより同期回転するように取り付けら
れた、回転子/固定子組立体の対を用いて実施されてもよい。
別法として、これらの回転子/固定子組立体は、同期された比例する回転速度になるように取り付けられてもよく、つまりこの場合、ある組立体の回転子および固定子は別の組立体の回転子および固定子と異なる直径を有してもよいが、組立体のそれぞれの回転の速さは、(ギア、プーリ、または他の機構によって)補償するように比例し、その結果、各回転子/固定子組立体の磁石とコイルとは、他方の回転子/固定子組立体と同じ速さで互いに通過する。
好ましくは、これらの回転子/固定子組立体は、それらの磁界の相互作用が原因の大きな抗力を避けるのに十分な長さの分離距離だけ互いから隔てられる。
「一方向磁性の」とは、すべての磁石のN極が同じ方向に方向付けられ、すべての磁石のS極が反対の方向に方向付けられることにより、磁石の磁界が、すべて同じ方向に、好ましくはそれらの磁石が据え付けられた回転子/固定子組立体の回転軸に対して平行に向けられることを意味する。
相補的とは、一方の回転子/固定子組立体からのある極性のパルス電流が、他方の回転子/固定子組立体からの逆の極性のパルス電流と組み合わせられて交流を生み出し得ることを意味する。たとえば、一方の回転子/固定子組立体は極性が正のみであるパルス電流を生み出し、他方の回転子/固定子組立体は極性が負のみであるパルス電流を生み出してもよい。これらの回転子/固定子組立体は、コイルの巻き方向、向き、もしくは他の特性を変えることにより、(それらが一方向磁性のままである限りにおいて)磁石の磁極の向きを反転させることにより、または当業者の技能の範囲内でありパルス電流間の位相角を調節する他の手段により、相補的にされて、交流を得ることができる。ある極性のパルス電流と逆の極性のパルス電流との間の位相角の調節は、コイルの配線、形状、配置もしくは向きによって行われてもよく、コイルに誘導負荷もしくは抵抗負荷を接続することによって行われてもよく、(一方の回転子/固定子の磁石とコイルとが互いに対して最も接近するとき、他方の回転子/固定子の磁石とコイルとは最も遠ざかるように)一方の回転子/固定子対の磁石およびコイルを他方の回転子/固定子対の磁石およびコイルからオフセットすることによって行われてもよく、当業者の技能の範囲内の他の手段によって行われてもよい。
コイルおよび磁石を変更し、かつ他の構成要素を追加または変更して、必要に応じて多相交流または異なる波形もしくは他の特性を有する交流を提供することも、当業者の技能の範囲内であるはずである。
所望の市場目標または技術的目標または大量生産目標を達成するために、好適な代替エネルギー補助金補助率の資格を得るのに適当な発電容量を提供することによって、または同じサイズのハウジングの中に収まり得る発電容量の異なる装置を提供することによってなど、規模および構成の異なる装置を用いて本発明を実施することは、当業者の技能の範囲内であるはずである。
コイルおよび磁石は、修理のため、または発電容量の変更のため、または将来開発される可能性のあるよりよい永久磁石を使用するため、または他の理由のために、容易に交換可能であることが好ましい。
当業者は、必要に応じて、永久磁石の代わりに適当な強度の電磁石が使用されてもよいことを理解するはずである。
添付の図面に示されている実施形態では、下部回転子110が回転するとき、下部固定子102のコイル106のワイヤは、概して下部回転子の回転子リング領域113の磁石
のN極の作用だけを受け、S極の作用は概して受けない。磁石112がコイル106に近づき、コイルを通過し、コイルから離れるとき、このことが電流のパルスを生み出すが、すべて1方向にのみであり、したがって、電流は、コイルがどのように巻かれているかに応じて、ゼロから正の電圧へと、またはゼロから負の電圧へと変動し、すなわちパルス電流は、1つの極性の電圧のみをもつ。1つの極性のパルス電流からエネルギーを取り出すことは、効率的でない−エネルギーは、電流とグランド(ゼロ)の間の電位差のみから取り出すことができる。
好ましくは、上部回転子130の磁石112および上部固定子140のコイルは、下部回転子110の磁石112および下部固定子102に対して相補的であり、したがって、2つの電流間の「位相角」は、それらが位相外れになるように、好ましくは180度に(任意選択で最大45度増加させたところに)調節され、その結果、一方の(ある極性の)最大電圧は、他方の(逆の極性の)ゼロ電圧と同時に発生し、したがって、コイル同士を接続することにより、第1の極性の最大電圧から、ゼロを通り、他方の極性の最大電圧へと至り、ゼロを通り、第1の極性の最大電圧へと戻るなどの動きをする交流がもたらされ、交流が生じる。
2つの電流の位相角は、コイルの様々な配線もしくは場所もしくは向き、または一方の固定子/回転子組立体のコイルを相補的固定子/回転子組立体のコイルから角度的にオフセットさせることなど、当業者の技能の範囲内である他の方法を使用して調節されてもよい。他の位相角が所望される場合、位相角は、当業者に知られている方法を使用して、180度以外の(最大45度増加させたところなどの)角度にも調節されてもよい。
当分野の技術者は、相補的な対の一方向磁性の回転子/固定子が使用される限りにおいて、位相をずらすためのものを含め、(コイルの巻きの反転を含めた)コイル、ワイヤ、磁石、および他の構成要素の種々の様々な構成が本発明と共に使用されてもよいことを理解するはずである。こうしたあらゆる構成は、本特許の特許請求の範囲に記載の範囲に含まれる。
本発明は、電流の流れの反転が原因の電力損失なしで交流を発生させることが所望されるところならどこでも適用可能である。
当分野の技術者は、相補的な対の一方向磁性の回転子/固定子が使用される限りにおいて、位相をずらすためのものを含め、(コイルの巻きの反転を含めた)コイル、ワイヤ、磁石、および他の構成要素の種々の様々な構成が本発明と共に使用されてもよいことを理解するはずである。こうしたあらゆる構成は、本特許の特許請求の範囲に記載の範囲に含まれる。
また、本発明は、以下の各形態によっても実現される。
[形態1]
一対の相補的な固定子/回転子組立体を備え、
上記固定子/回転子組立体が、同期回転するように取り付けられ、
上記固定子/回転子組立体のそれぞれが、
固定子と、
固定子リング領域において上記固定子に取り付けられるコイルと、
回転子と、
上記固定子リング領域と実質的に同一の形状およびサイズをもつ回転子リング領域において上記回転子に取り付けられる、N極およびS極を備えた磁界をもつ磁石であって、すべての上記N極が、上記回転子ディスクのN面から外方に向けられ、すべての上記S極が、上記回転子ディスクのS面から外方に向けられる、磁石とを備え、
上記回転子が、上記固定子リング領域の中の中心に位置決めされかつ上記固定子リング領域に対して垂直である回転軸の周りを回転するように取り付けられ、
上記回転子が、上記固定子に対して平行であり、また上記固定子から回転子/固定子間隙だけ厳密に変位され、
それにより、上記磁石の上記磁界が、軸方向に上記回転軸に位置合わせされ、
それにより、上記磁石が、上記回転子/固定子間隙だけ隔てられて上記コイルに重なり、
それにより、上記回転軸の周りの上記回転子の回転により、上記磁石の上記極が、上記コイルに向かって、また上記コイルから遠ざかるように進んで、ある方向にのみ上記コイルを通る脈動電流の流れを誘導し、
上記固定子/回転子組立体が、それらの磁界の相互作用が原因の大きな抗力を避けるのに十分な長さの分離距離だけ互いから隔てられ、
上記一対の固定子/回転子組立体のうちの第1のものの上記コイルおよび磁石が、上記一対の固定子/回転子組立体のうちの第2のものの上記コイルおよび磁石に対して相補的になるように構成され、したがって、上記対のうちの上記第1のものは、ある方向のみに脈動電流を生み出し、上記対のうちの上記第2のものは、反対の方向に脈動電流を生み出し、上記コイルが、上記脈動電流が所望の位相角で組み合わせられて交流を生み出すように接続されかつ巻かれ、
それにより、電流の流れの反転が原因の電力損失が避けられる、
発電機。
[形態2]
両方の上記固定子/回転子組立体の上記N極を同じ方向に向けて、両方の上記固定子/回転子組立体の上記磁石を位置合わせさせることにより、かつ上記固定子/回転子組立体のうちの第1のもののコイルを上記固定子/回転子組立体のうちの上記第2のものの上記コイルとは反対の方向に巻くことにより、上記一対の固定子/回転子組立体の上記コイルおよび磁石が、相補的になるように構成される、形態1に記載の発電機。
[形態3]
両方の上記固定子/回転子組立体の上記N極を反対の方向に向けて、両方の上記固定子/回転子組立体の上記磁石を位置合わせさせることにより、かつ上記固定子/回転子組立体のうちの上記第1のものの上記コイルを上記固定子/回転子組立体のうちの上記第2のものの上記コイルと同じ方向に巻くことにより、上記一対の固定子/回転子組立体の上記コイルおよび磁石が、相補的になるように構成される、形態1に記載の発電機。
[形態4]
両方の上記固定子/回転子組立体の上記磁石を反対の方向に向け、両方の上記固定子/回転子組立体のコイルを同じ方向に巻くことにより、上記一対の固定子/回転子組立体の上記コイルおよび磁石が、相補的になるように構成される、形態1に記載の発電機。
[形態5]
上記回転子が、ディスクである、形態1に記載の発電機。
[形態6]
第1の固定子/回転子組立体が、垂直軸風力タービンの下部に取り付けられ、第2の固定子/回転子組立体が、上記垂直軸風力タービンの上部に取り付けられる、形態1に記載の発電機。
[形態7]
上記磁石が、希土類磁石である、形態1に記載の発電機。
[形態8]
上記希土類磁石が、ネオジム磁石である、形態6に記載の発電機。
[形態9]
上記固定子/回転子組立体が、同軸である、形態1に記載の発電機。
[形態10]
枠部をさらに備え、
上記固定子/回転子組立体が、上記枠部と上記回転子のうちの下部回転子とにそれぞれ取り付けられる逆の極性の磁気浮上磁石により、同期回転するように上記枠部の中に取り付けられる、形態1に記載の発電機。
[形態11]
第1の固定子と、
上記第1の固定子に対して平行であり、第1の回転子回転軸の周りを回転するように取り付けられ、上記第1の固定子から第1の回転子/固定子間隙だけ厳密に変位される、第1の回転子と、
第2の固定子と、
上記第2の固定子に対して平行であり、第2の回転子回転軸の周りを回転するように取り付けられ、上記第2の固定子から第2の回転子/固定子間隙だけ厳密に変位される、第2の回転子と、
上記第1の回転子および上記第2の回転子に駆動可能に連結される複数のブレードとを備え、
それにより、上記ブレードが回転するとき、上記ブレードが、上記第1の回転子と上記第2の回転子とを同期回転するように駆動し、
上記第1の固定子および上記第1の回転子が、第1の固定子/回転子組立体を構成し、上記第2の固定子および上記第2の回転子が、第2の固定子/回転子組立体を構成し、
上記固定子/回転子組立体のそれぞれが、
上記回転子回転軸と同心の固定子リング領域において上記固定子に取り付けられるコイルと、
上記固定子リング領域と実質的に同一の形状およびサイズをもつ回転子リング領域において上記回転子に取り付けられる、N極およびS極を備えた磁界をもつ磁石であって、すべての上記N極が、上記回転子のN面から外方に向けられ、すべての上記S極が、上記回転子のS面から外方に向けられる、磁石とを備え、
それにより、上記磁石の上記磁界が、軸方向に上記回転子回転軸に位置合わせされ、
それにより、上記磁石が、上記回転子/固定子間隙だけ隔てられて上記コイルに重なり、
それにより、上記回転子回転軸の周りの上記回転子の回転により、上記磁石の上記極が、上記コイルに向かって、また上記コイルから遠ざかるように進んで、ある方向にのみ、上記コイルを通る脈動電流の流れを誘導し、
上記第1の固定子/回転子組立体の上記コイルおよび磁石が、上記第2の固定子/回転子組立体の上記コイルおよび磁石に対して相補的になるように構成され、したがって、上記第1の固定子/回転子組立体は、ある方向のみに脈動電流を誘導し、上記第2の固定子/回転子は、反対の方向のみに脈動電流の流れを生み出し、それにより、両方の固定子/回転子組立体からの上記脈動電流の流れは、組み合わせられて交流を生み出すことができ、
上記固定子/回転子組立体が、それらの磁界の相互作用が原因の大きな抗力を避けるの
に十分な長さの分離距離だけ互いから隔てられ、
それにより、電流の流れの反転が原因の電力損失が避けられる、
発電機。
[形態12]
コイルおよび磁石を有する、一方向磁性の一対の固定子/回転子組立体であって、上記一方向磁性の一対の固定子/回転子組立体は、上記回転子が同期回転するように取り付けられ、
第1の組立体のコイルおよび磁石が、第2の組立体の上記コイルおよび磁石に対して相補的になるように構成され、
それにより、上記第1の組立体が、脈動正電流の流れを生み出し、上記第2の組立体が、脈動負電流の流れを生み出す、一方向磁性の一対の固定子/回転子組立体と、
上記脈動正電流の流れと上記脈動負電流の流れとの間の位相角を制御して交流を生み出す位相角手段とを備え、
それにより、電流の流れの反転が原因の電力損失が避けられる、
発電機。
[形態13]
上記位相角手段が、上記第1の組立体の上記コイルおよび磁石を上記第2の組立体の上記コイルおよび磁石から角度的にオフセットすること、一方の組立体に抵抗負荷を追加すること、ならびに一方の組立体に誘導負荷を追加することからなる群から選択される、形態12に記載の発電機。

Claims (13)

  1. 一対の相補的な固定子/回転子組立体を備え、
    前記固定子/回転子組立体が、同期回転するように取り付けられ、
    前記固定子/回転子組立体のそれぞれが、
    固定子と、
    固定子リング領域において前記固定子に取り付けられるコイルと、
    回転子と、
    前記固定子リング領域と実質的に同一の形状およびサイズをもつ回転子リング領域において前記回転子に取り付けられる、N極およびS極を備えた磁界をもつ磁石であって、すべての前記N極が、前記回転子ディスクのN面から外方に向けられ、すべての前記S極が、前記回転子ディスクのS面から外方に向けられる、磁石とを備え、
    前記回転子が、前記固定子リング領域の中の中心に位置決めされかつ前記固定子リング領域に対して垂直である回転軸の周りを回転するように取り付けられ、
    前記回転子が、前記固定子に対して平行であり、また前記固定子から回転子/固定子間隙だけ厳密に変位され、
    それにより、前記磁石の前記磁界が、軸方向に前記回転軸に位置合わせされ、
    それにより、前記磁石が、前記回転子/固定子間隙だけ隔てられて前記コイルに重なり、
    それにより、前記回転軸の周りの前記回転子の回転により、前記磁石の前記極が、前記コイルに向かって、また前記コイルから遠ざかるように進んで、ある方向にのみ前記コイルを通る脈動電流の流れを誘導し、
    前記固定子/回転子組立体が、それらの磁界の相互作用が原因の大きな抗力を避けるのに十分な長さの分離距離だけ互いから隔てられ、
    前記一対の固定子/回転子組立体のうちの第1のものの前記コイルおよび磁石が、前記一対の固定子/回転子組立体のうちの第2のものの前記コイルおよび磁石に対して相補的になるように構成され、したがって、前記対のうちの前記第1のものは、ある方向のみに脈動電流を生み出し、前記対のうちの前記第2のものは、反対の方向に脈動電流を生み出し、前記コイルが、前記脈動電流が所望の位相角で組み合わせられて交流を生み出すように接続されかつ巻かれ、
    それにより、電流の流れの反転が原因の電力損失が避けられる、
    発電機。
  2. 両方の前記固定子/回転子組立体の前記N極を同じ方向に向けて、両方の前記固定子/回転子組立体の前記磁石を位置合わせさせることにより、かつ前記固定子/回転子組立体のうちの第1のもののコイルを前記固定子/回転子組立体のうちの前記第2のものの前記コイルとは反対の方向に巻くことにより、前記一対の固定子/回転子組立体の前記コイルおよび磁石が、相補的になるように構成される、請求項1に記載の発電機。
  3. 両方の前記固定子/回転子組立体の前記N極を反対の方向に向けて、両方の前記固定子/回転子組立体の前記磁石を位置合わせさせることにより、かつ前記固定子/回転子組立体のうちの前記第1のものの前記コイルを前記固定子/回転子組立体のうちの前記第2のものの前記コイルと同じ方向に巻くことにより、前記一対の固定子/回転子組立体の前記コイルおよび磁石が、相補的になるように構成される、請求項1に記載の発電機。
  4. 両方の前記固定子/回転子組立体の前記磁石を反対の方向に向け、両方の前記固定子/回転子組立体のコイルを同じ方向に巻くことにより、前記一対の固定子/回転子組立体の前記コイルおよび磁石が、相補的になるように構成される、請求項1に記載の発電機。
  5. 前記回転子が、ディスクである、請求項1に記載の発電機。
  6. 第1の固定子/回転子組立体が、垂直軸風力タービンの下部に取り付けられ、第2の固定子/回転子組立体が、前記垂直軸風力タービンの上部に取り付けられる、請求項1に記載の発電機。
  7. 前記磁石が、希土類磁石である、請求項1に記載の発電機。
  8. 前記希土類磁石が、ネオジム磁石である、請求項6に記載の発電機。
  9. 前記固定子/回転子組立体が、同軸である、請求項1に記載の発電機。
  10. 枠部をさらに備え、
    前記固定子/回転子組立体が、前記枠部と前記回転子のうちの下部回転子とにそれぞれ取り付けられる逆の極性の磁気浮上磁石により、同期回転するように前記枠部の中に取り付けられる、請求項1に記載の発電機。
  11. 第1の固定子と、
    前記第1の固定子に対して平行であり、第1の回転子回転軸の周りを回転するように取り付けられ、前記第1の固定子から第1の回転子/固定子間隙だけ厳密に変位される、第1の回転子と、
    第2の固定子と、
    前記第2の固定子に対して平行であり、第2の回転子回転軸の周りを回転するように取り付けられ、前記第2の固定子から第2の回転子/固定子間隙だけ厳密に変位される、第2の回転子と、
    前記第1の回転子および前記第2の回転子に駆動可能に連結される複数のブレードとを備え、
    それにより、前記ブレードが回転するとき、前記ブレードが、前記第1の回転子と前記第2の回転子とを同期回転するように駆動し、
    前記第1の固定子および前記第1の回転子が、第1の固定子/回転子組立体を構成し、前記第2の固定子および前記第2の回転子が、第2の固定子/回転子組立体を構成し、
    前記固定子/回転子組立体のそれぞれが、
    前記回転子回転軸と同心の固定子リング領域において前記固定子に取り付けられるコイルと、
    前記固定子リング領域と実質的に同一の形状およびサイズをもつ回転子リング領域において前記回転子に取り付けられる、N極およびS極を備えた磁界をもつ磁石であって、すべての前記N極が、前記回転子のN面から外方に向けられ、すべての前記S極が、前記回転子のS面から外方に向けられる、磁石とを備え、
    それにより、前記磁石の前記磁界が、軸方向に前記回転子回転軸に位置合わせされ、
    それにより、前記磁石が、前記回転子/固定子間隙だけ隔てられて前記コイルに重なり、
    それにより、前記回転子回転軸の周りの前記回転子の回転により、前記磁石の前記極が、前記コイルに向かって、また前記コイルから遠ざかるように進んで、ある方向にのみ、前記コイルを通る脈動電流の流れを誘導し、
    前記第1の固定子/回転子組立体の前記コイルおよび磁石が、前記第2の固定子/回転子組立体の前記コイルおよび磁石に対して相補的になるように構成され、したがって、前記第1の固定子/回転子組立体は、ある方向のみに脈動電流を誘導し、前記第2の固定子/回転子は、反対の方向のみに脈動電流の流れを生み出し、それにより、両方の固定子/回転子組立体からの前記脈動電流の流れは、組み合わせられて交流を生み出すことができ、
    前記固定子/回転子組立体が、それらの磁界の相互作用が原因の大きな抗力を避けるの
    に十分な長さの分離距離だけ互いから隔てられ、
    それにより、電流の流れの反転が原因の電力損失が避けられる、
    発電機。
  12. コイルおよび磁石を有する、一方向磁性の一対の固定子/回転子組立体であって、前記一方向磁性の一対の固定子/回転子組立体は、前記回転子が同期回転するように取り付けられ、
    第1の組立体のコイルおよび磁石が、第2の組立体の前記コイルおよび磁石に対して相補的になるように構成され、
    それにより、前記第1の組立体が、脈動正電流の流れを生み出し、前記第2の組立体が、脈動負電流の流れを生み出す、一方向磁性の一対の固定子/回転子組立体と、
    前記脈動正電流の流れと前記脈動負電流の流れとの間の位相角を制御して交流を生み出す位相角手段とを備え、
    それにより、電流の流れの反転が原因の電力損失が避けられる、
    発電機。
  13. 前記位相角手段が、前記第1の組立体の前記コイルおよび磁石を前記第2の組立体の前記コイルおよび磁石から角度的にオフセットすること、一方の組立体に抵抗負荷を追加すること、ならびに一方の組立体に誘導負荷を追加することからなる群から選択される、請求項12に記載の発電機。
JP2021098535A 2016-05-20 2021-06-14 相補的で一方向磁性の回転子/固定子組立体の対 Pending JP2021145544A (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US201662339439P true 2016-05-20 2016-05-20
US62/339,439 2016-05-20
JP2019512955A JP2019517242A (ja) 2016-05-20 2017-05-18 相補的で一方向磁性の回転子/固定子組立体の対

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2019512955A Division JP2019517242A (ja) 2016-05-20 2017-05-18 相補的で一方向磁性の回転子/固定子組立体の対

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2021145544A true JP2021145544A (ja) 2021-09-24

Family

ID=60326437

Family Applications (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2019512955A Pending JP2019517242A (ja) 2016-05-20 2017-05-18 相補的で一方向磁性の回転子/固定子組立体の対
JP2021098535A Pending JP2021145544A (ja) 2016-05-20 2021-06-14 相補的で一方向磁性の回転子/固定子組立体の対

Family Applications Before (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2019512955A Pending JP2019517242A (ja) 2016-05-20 2017-05-18 相補的で一方向磁性の回転子/固定子組立体の対

Country Status (7)

Country Link
US (2) US10447124B2 (ja)
EP (1) EP3455922B1 (ja)
JP (2) JP2019517242A (ja)
CN (1) CN109716621B (ja)
DK (1) DK3455922T3 (ja)
ES (1) ES2887339T3 (ja)
WO (1) WO2017201330A1 (ja)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US10053230B2 (en) * 2016-12-26 2018-08-21 Haoxiang Electric Energy (Kunshan) Co., Ltd. Magnetic levitation obstacle avoidance device and magnetic levitation holder
PL426389A1 (pl) * 2018-07-20 2020-01-27 Waldemar Piskorz Układ do wspomagania pracy turbiny wiatrowej i silnik elektromagnetyczny
US20200271089A1 (en) * 2019-02-22 2020-08-27 Jenesis International Inc. Vertical Axis Wind Turbine
CN111654170A (zh) * 2020-06-12 2020-09-11 西安中车永电捷力风能有限公司 一种分瓣式永磁直驱风力发电机转子磁极装配装置及方法

Family Cites Families (25)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3783313A (en) * 1972-06-29 1974-01-01 Canadian Patents Dev Electrical stepping motors having low inertia rotors
JPS5484207A (en) * 1977-12-19 1979-07-05 Oki Electric Ind Co Ltd Pulse motor
CA1164034A (en) * 1980-09-12 1984-03-20 General Electric Company Method and apparatus for outpup regulation of multiple disk permanent magnet machines
PH22465A (en) * 1982-04-15 1988-09-12 Alfredo M Anos Electro power generating device
JP3456158B2 (ja) 1999-01-11 2003-10-14 国産電機株式会社 内燃機関用スタータジェネレータ
AU2002953478A0 (en) * 2002-12-20 2003-01-09 Jannali Holdings Pty Ltd Modularly segmented air core winding electric motor or generator
JP2006329106A (ja) * 2005-05-27 2006-12-07 Inaba Denki Seisakusho:Kk 風力発電装置
US20070172231A1 (en) 2006-01-26 2007-07-26 Melles Griot, Inc. Rotor magnet driven optical shutter assembly
CN101100979A (zh) * 2007-08-13 2008-01-09 陈开明 风力发电装置
GB2468297B (en) 2009-03-03 2014-11-19 Dyson Technology Ltd Electric machine with an asymmetric stator core
US8487470B2 (en) * 2009-05-22 2013-07-16 Derek Grassman Vertical axis wind turbine and generator therefore
JP2011078202A (ja) * 2009-09-30 2011-04-14 Daihatsu Motor Co Ltd アキシャルギャップモータ
WO2011087824A1 (en) * 2009-12-22 2011-07-21 Kress Motors LLC Dipolar axial compression permanent magnet motor
WO2011094914A1 (zh) * 2010-02-08 2011-08-11 国能风力发电有限公司 用于垂直轴风力发电机的磁悬浮支撑装置
US9853532B2 (en) 2011-07-22 2017-12-26 Regal Beloit America, Inc. Magnetic transmission
US9331534B2 (en) 2012-03-26 2016-05-03 American Wind, Inc. Modular micro wind turbine
KR20130016447A (ko) * 2012-04-09 2013-02-15 석 규 이 S자형 수직통관 블레이드가 회전하여 구동되는 풍력, 조류,조력,파력,수력을 병합한 발전기시스템
US8994201B2 (en) * 2012-04-11 2015-03-31 Wind Labs, Inc. Vertical axis wind turbine
DE102012015210A1 (de) * 2012-08-03 2014-02-06 Gkn Sinter Metals Holding Gmbh Stator für eine elektrische Maschine, elektrische Maschine sowie Verfahren zum Zusammenbauen einer elektrischen Maschine
TWI460967B (zh) * 2012-10-17 2014-11-11 Ind Tech Res Inst 電機轉定子結構
JP2014087127A (ja) * 2012-10-22 2014-05-12 Genesis Lab Co Ltd 発電機および発電システム
CA2808605C (en) * 2013-03-08 2020-07-07 William A. Lois Fluid driven generator
US10447102B2 (en) 2013-03-15 2019-10-15 Regal Beloit Australia Pty. Ltd. Permanent magnet electrical machines and methods of assembling the same
WO2014194134A1 (en) 2013-05-29 2014-12-04 ReVair Inc. Modified halbach array generator
US9667126B2 (en) * 2015-01-05 2017-05-30 Langham Automatic Co., Ltd. Motor

Also Published As

Publication number Publication date
US20200127540A1 (en) 2020-04-23
DK3455922T3 (da) 2021-09-13
WO2017201330A1 (en) 2017-11-23
EP3455922A4 (en) 2019-10-30
US10447124B2 (en) 2019-10-15
US20170338725A1 (en) 2017-11-23
EP3455922B1 (en) 2021-07-14
CN109716621A (zh) 2019-05-03
ES2887339T3 (es) 2021-12-22
CN109716621B (zh) 2021-07-06
EP3455922A1 (en) 2019-03-20
JP2019517242A (ja) 2019-06-20

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR102150817B1 (ko) 향상된 영구 자석 자속밀도를 갖는 개선된 dc 전기 모터/발전기
US8120224B2 (en) Permanent-magnet switched-flux machine
JP2021145544A (ja) 相補的で一方向磁性の回転子/固定子組立体の対
US6977454B2 (en) Hybrid-secondary uncluttered permanent magnet machine and method
US20190260243A1 (en) Brushed electric motor/generator
JP2021100376A (ja) 磁束機械
EP2800257A1 (en) Electromagnetic generator
US20100289368A1 (en) Alternator with angularly staggered stator stages
KR101013404B1 (ko) 플랫 로터리 발전기
RU115978U1 (ru) Магнитоэлектрический генератор
EP2787612A1 (en) Flux switching modulated pole machine
EP3375078A1 (en) Dual-stator electrical generation apparatus
CN106981937B (zh) 一种转子错位结构电机
KR20160028688A (ko) 발전 효율이 향상된 유도 발전기
CN102655384A (zh) 爪极式磁力平衡器
US20160056670A1 (en) System and Method for Generating Electric Energy and Torque using an Improved Magnet Positioning to Produce a Counter-Magnetic Field
KR20030037745A (ko) 디스크형 회전자의 전기기기
JP2016146721A (ja) 回転機
JP2016015805A (ja) 磁石式回転電機
KR19990004191U (ko) 새로운 에너지의 원동력이 필요없는 발전기 구조장치
CN103248190A (zh) 永磁发电机
KR20130042834A (ko) 역기전력을 최소화하는 고효율 발전기 및 이를 이용한 발전시스템
JPH10191623A (ja) 電動機型及び発電機型磁気エネルギー変換機並びに磁気エネルギー発電装置

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20210714

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20210714