JP2012505683A - 転倒検出システム - Google Patents

転倒検出システム Download PDF

Info

Publication number
JP2012505683A
JP2012505683A JP2011531590A JP2011531590A JP2012505683A JP 2012505683 A JP2012505683 A JP 2012505683A JP 2011531590 A JP2011531590 A JP 2011531590A JP 2011531590 A JP2011531590 A JP 2011531590A JP 2012505683 A JP2012505683 A JP 2012505683A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
fall
user
fall detection
threshold
processor
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2011531590A
Other languages
English (en)
Other versions
JP5587328B2 (ja
Inventor
カーテ,ワルネル エル テー テン
セー エム フリンセンベルフ,イングリット
Original Assignee
コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to EP08166745.3 priority Critical
Priority to EP08166745 priority
Application filed by コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ filed Critical コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ
Priority to PCT/IB2009/054391 priority patent/WO2010044013A1/en
Publication of JP2012505683A publication Critical patent/JP2012505683A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5587328B2 publication Critical patent/JP5587328B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Measuring for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/103Detecting, measuring or recording devices for testing the shape, pattern, colour, size or movement of the body or parts thereof, for diagnostic purposes
    • A61B5/11Measuring movement of the entire body or parts thereof, e.g. head or hand tremor, mobility of a limb
    • A61B5/1116Determining posture transitions
    • A61B5/1117Fall detection
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Measuring for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/68Arrangements of detecting, measuring or recording means, e.g. sensors, in relation to patient
    • A61B5/6801Arrangements of detecting, measuring or recording means, e.g. sensors, in relation to patient specially adapted to be attached to or worn on the body surface
    • A61B5/6813Specially adapted to be attached to a specific body part
    • A61B5/6822Neck
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Measuring for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/68Arrangements of detecting, measuring or recording means, e.g. sensors, in relation to patient
    • A61B5/6801Arrangements of detecting, measuring or recording means, e.g. sensors, in relation to patient specially adapted to be attached to or worn on the body surface
    • A61B5/683Means for maintaining contact with the body
    • A61B5/6831Straps, bands or harnesses
    • GPHYSICS
    • G08SIGNALLING
    • G08BSIGNALLING OR CALLING SYSTEMS; ORDER TELEGRAPHS; ALARM SYSTEMS
    • G08B21/00Alarms responsive to a single specified undesired or abnormal operating condition and not elsewhere provided for
    • G08B21/02Alarms for ensuring the safety of persons
    • G08B21/04Alarms for ensuring the safety of persons responsive to non-activity, e.g. of elderly persons
    • G08B21/0407Alarms for ensuring the safety of persons responsive to non-activity, e.g. of elderly persons based on behaviour analysis
    • G08B21/043Alarms for ensuring the safety of persons responsive to non-activity, e.g. of elderly persons based on behaviour analysis detecting an emergency event, e.g. a fall
    • GPHYSICS
    • G08SIGNALLING
    • G08BSIGNALLING OR CALLING SYSTEMS; ORDER TELEGRAPHS; ALARM SYSTEMS
    • G08B21/00Alarms responsive to a single specified undesired or abnormal operating condition and not elsewhere provided for
    • G08B21/02Alarms for ensuring the safety of persons
    • G08B21/04Alarms for ensuring the safety of persons responsive to non-activity, e.g. of elderly persons
    • G08B21/0438Sensor means for detecting
    • G08B21/0446Sensor means for detecting worn on the body to detect changes of posture, e.g. a fall, inclination, acceleration, gait
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B2562/00Details of sensors; Constructional details of sensor housings or probes; Accessories for sensors
    • A61B2562/02Details of sensors specially adapted for in-vivo measurements
    • A61B2562/0219Inertial sensors, e.g. accelerometers, gyroscopes, tilt switches
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Measuring for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/0002Remote monitoring of patients using telemetry, e.g. transmission of vital signals via a communication network
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Measuring for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/68Arrangements of detecting, measuring or recording means, e.g. sensors, in relation to patient
    • A61B5/6801Arrangements of detecting, measuring or recording means, e.g. sensors, in relation to patient specially adapted to be attached to or worn on the body surface
    • A61B5/6813Specially adapted to be attached to a specific body part
    • A61B5/6824Arm or wrist

Abstract

転倒検出システムのユーザの動きをモニタし、対応する信号を生成する1つ又はそれ以上のセンサと、ユーザの身体的状態の1つ又はそれ以上の測定から閾値を決定する手段と、ユーザの転倒を特定する信号を分析し、転倒に続くユーザの非活動期間を特定する信号を分析し、転倒の厳しさを決定するようにユーザの非活動期間の長さを閾値と比較する処理器と、を有する転倒検出システムを提供している。

Description

本発明は、転倒検出システム及びその転倒検出システムを動作する方法に関し、特に、転倒の厳しさの指示を与える転倒検出システム及びその転倒検出システムを動作する方法に関する。
転倒することは、疾病率及び死亡率に繋がる高齢者のケアにおける重大な課題である。肉体的な見通しから、転倒は怪我をもたらす一方、精神上の見通しから、転倒は転倒の怖さをもたらし、転倒はまた、社会からの孤立及び社会的隔離に繋がる。
いつユーザが転倒したかを検出する自動的で高信頼性な手段を提供することが可能な転倒検出システムが開発されてきている。このことは、転倒が起こったイベントで適切な対策が取られることをユーザに保証する。
通常、自動転倒検出システムは、ユーザの身体に装着される加速度計に基づいている。転倒検出システムは、加速度計からの信号を追跡し、特徴的なパターンが特定された場合に、転倒が起こったと判定する。典型的なパターンは、ユーザが地面に動かずに横たわっているために、相対的に一定の加速度、例えば、重力のみ(又は、用いられ得いる加速度計の種類に依存して、加速度がない)により特徴付けられる相対的に又は実際に非活動の期間により後続される、加速度が所定の閾値を上回る大きい衝撃値の組み合わせである。そのパターンは、ユーザが再び立ち上がるときに、加速度の相対的に一定の期間から外れる活動を明らかにすることにより、続く可能性がある。
一部の転倒検出システムは、転倒後に立ち上がるユーザの非活動性(長い非活動性期間により繰り返される)を判定し、警告信号をトリガする又は発するように、この判定を用いることが可能である。そのようなシステムの1つについて、国際公開第2005/016143号パンフレットに開示されている。
既知のシステムにおいては、転倒後に立ち上がるユーザの非活動性を評価する1つの一定の時間期間が存在し、そのことは、この時間期間が転倒検出システムの各々の可能なユーザについて同じであることを意味する。従って、この時間期間は、ユーザの身体的状態及び地面から立ち上がる彼等の個人的な能力の如何に拘わらず、ある値に設定される。ユーザが立ち上がるのに要する典型的な時間は、若く健康的なユーザについての数秒(例えば、2、3秒)から、高齢で虚弱なユーザについての数十秒(例えば、15乃至45秒)までの範囲内にあることが可能である。
従って、転倒検出システムについての1つの時間期間の設定においては、警告が発せられる又は援助が求められる前に、立ち上がることができない及び数十秒待たなければならないユーザの転倒をもたらし得る控え目な値と、ユーザが彼等自身で(彼等自身のペースで)立ち上がるチャンスを得る前に発せられる警告をもたらすより短い期間と、の間で選択されるようなトレードオフが存在する。
国際公開第2005/016143号パンフレット
従って、本発明の目的は、上記の先行技術のシステムにおける短所を克服する転倒検出システム及び転倒検出システムを動作する方法を提供することである。
本発明の第1特徴に従って、転倒検出システムのユーザの動きをモニタして、対応する信号を生成する1つ又はそれ以上のセンサと、ユーザの身体的状態の1つ又はそれ以上の測定から閾値を決定する手段と、ユーザの転倒を特定する信号を解析し、その転倒に続くユーザの非活動の期間を特定する信号を解析し、転倒の厳しさを判定する閾値とユーザの非活動の期間の長さを比較する処理器と、を有する転倒検出システムを提供する。
好適には、処理器は、ユーザの非活動期間の長さが閾値を上回るイベントにおいて転倒が厳しいと判定するように適合されている。
好適には、処理器は、転倒が厳しい場合に、警告をトリガする及びユーザへの支援を要求するように適合されている。
好適な実施形態においては、処理器は、ユーザが立ち上がるときの非活動期間の終了を特定する信号を解析するように適合されている。
一部の実施形態においては、処理器は、ユーザの非活動期間の長さが閾値より小さいイベントにおいて転倒が厳しくないことを判定するように適合されている。
代替の実施形態においては、処理器は、閾値に対する非活動期間の長さの比を用いて、ユーザの非活動期間の長さが閾値より小さいイベントにおける転倒の厳しさをランク付けするように適合されている。その場合、処理器は、判定された厳しさのランクに基づいて、警告をトリガする及び/又はユーザへの支援を要求することが可能である。
好適には、1つ又はそれ以上のセンサは、転倒検出システムの加速度を測定する加速度計を有する。
一部の実施形態においては、処理器は、転倒に特徴的である衝撃を特定することにより転倒を特定するように適合されている。処理器は、加速度の測定において1つ又はそれ以上のピークを特定することにより衝撃を特定することが可能である。処理器は更に、衝撃における加速度の大きさを決定することにより転倒の厳しさを決定するように適合されていることが可能である。
好適には、ユーザの身体的状態の1つ又はそれ以上の測定は、ユーザによる所定の動き又は動きの厳しさの測定を有する。
特定の実施形態においては、所定の動き又は一連の動きは、座るから立つへの移行、タイムアップされた及び進行中の動き、ベッドからの起き上がり及び地面からの起き上がりのうちの1つ又はそれ以上を有する。
一部の実施形態においては、1つ又はそれ以上の測定は、ユーザが所定の動き又は一連の動きを終了するために要する時間の測定を有する。
好適な実施形態においては、処理器は、閾値を決定する手段を有し、その処理器は、転倒検出システムはユーザにより使用されている間に、ユーザの身体的状態の1つ又はそれ以上の測定を決定するように適合されている。
本発明の第2の特徴に従って、転倒検出システムを動作する方法であって、その方法は、転倒検出システムのユーザの身体的状態の1つ又はそれ以上の測定から閾値を決定する段階と、ユーザの転倒を検出する段階と、転倒の厳しさを判定するように閾値に関連して転倒に後続するユーザの非活動期間の長さをモニタする段階と、を有する方法が提供される。
本発明の第3の特徴に従って、転倒検出システムで用いるコンピュータプログラムであって、処理器又はコンピュータで実行されるときに、転倒検出システムのユーザの身体的状態の1つ又はそれ以上の測定から閾値を決定し、ユーザの転倒を検出し、転倒の厳しさを判定するように閾値に対して、転倒に後続してユーザの非活動期間の長さをモニタするように適合されたコンピュータプログラムコードを有する、コンピュータプログラムを提供する。
本発明について、以下に、例示として、図を参照して詳述する。
ユーザに装着された転倒検出システムを示す図である。 転倒検出システムのブロック図である。 本発明に従った方法を示すフローチャートである。 本発明に従った他の方法を示すフローチャートである。
図1は、バンド又は他の取り付け手段6を介してユーザ4に取り付けられる検出システム2を示している。転倒検出システム2が、腰の周りに、腕に、又は首の周りのペンダントとして、ユーザの身体4の上部に好適に取り付けられる。
転倒検出システム2がユーザによる転倒を検出する場合に、警告信号が転倒検出システム2から発せられる(可聴的に)ことが可能であり、又はユーザが地面からすぐに立ち上がらない場合に、その警告信号は、転倒検出システム2からコールセンタ又は他の支援ユニットに(無線で)送信されることが可能である。
図2は、本発明に従った転倒検出システム2のブロック図である。
転倒検出システム2は、転倒検出システム2(故に、転倒検出システム2がユーザの身体に取り付けられているときは、ユーザ)が受けた加速度を測定し、その測定された加速度を表す信号を生成する加速度計8と、ユーザが転倒したかどうかを判定するように加速度計8からの信号を処理する処理器10と、ユーザ4が転倒したイベントにおいて支援を要求するアラーム(及び/又は送信/受信回路)12とを有する。
システム2は、他の装置から電子信号を受信する入力/出力ポートの形式であることが可能である、又は、ユーザ4又はケア提供者が転倒検出システム2と相互作用することを可能にする正確なユーザフィードバック表示を有する1つ又はそれ以上のボタン又はスイッチを有することが可能である、インタフェース14を更に有する。インタフェース14の目的については、下で更に説明する。
一部の実施形態においては、転倒検出システム2は、ユーザ4の動きの特徴(加速度以外の)を検出し、対応する信号を生成する1つ又はそれ以上のセンサ16を更に有することが可能である。その場合、それらの信号は、ユーザが転倒したかどうかを判定するように、加速度計8からの信号と組み合わせて、処理器10により用いられることが可能である。1つ又はそれ以上のセンサ16は、磁力計、ジャイロスコープ、高度計及び/又は何れかの他の適切なセンサを有することが可能である。
上記のように、処理器10は、転倒が起こったかどうかを判定するように、加速度計8からの信号をモニタする。転倒はしばしば、相対的に一定の加速度(この一定の加速度は、用いられる加速度計に依存して、通常、0又は重力である)の期間で表される、ユーザ4が地面に横たわっている間の殆どない活動の又は活動がない期間により後続される、鉛直方向の比較的大きく、突然の(即ち、持続時間が短い)加速により表される大きい衝撃(ユーザ4が地面にぶつかる)により特徴付けられる。処理器10は、活動のない期間の長さをモニタし、その期間の長さが閾値を越える場合に、その転倒が激しいものであると判定する。
転倒の特定のタイプがはっきりした衝撃を有さず、処理器10で用いられるアルゴリズムは、大きく短い加速度の特徴についての要求を緩和することによっても、それらの転倒を認識することが可能であることも、理解できる。
図3に、本発明に従った方法のフローチャートを示している。全てのユーザ4について信号閾値が存在する先行技術のシステムとは対照的に、本発明によっては、その閾値が、ユーザ4の身体的状態の測定から決定されることが提供される(ステップ101)。一旦、転倒が検出される(ステップ103)と、その閾値は、転倒が厳しいものだったかどうかを判定するように、その転倒に続く非活動期間に対して比較される(ステップ105)。
一実施形態においては、閾値は、ユーザ4による転倒検出システム2の最初の使用に先行して手動で設定され、その閾値が時間経過と共にユーザ4の身体的状態に適合することを確認するように、一定間隔で再評価されることが可能である。
閾値を手動で設定することの代替として、転倒検出システム2自体は、転倒検出システム2の使用中に、座るから立つ(STS:Sit−To−Stand)への移行又はベッドから起き上がる等の特定の代表的な動き又は活動をユーザが行うのに要する時間を測定するように用いられる。例えば、転倒検出システム2は、いつ代表的な動き又は活動が起こっているかを検出するように、加速度計8又は他のセンサ16(存在する場合)からの信号を評価することが可能である。
それらの動きは、一日の中で規則的に起こり、それらの動きを実行するのに要する時間は、ユーザが転倒した後に要する時間(故に、活動のない期間の閾値)を推定するために用いられることが可能である。特に、転倒検出システム2は、複数のこの時間期間においてユーザ4が再び、立ち上がる場合に、転倒が厳しいかどうかを判定することが可能である。ユーザ4が立ち上がらない場合、その転倒は、厳しいとみなされる。
システム2はまた、ユーザ4が転倒により混乱される可能性がある時間を計上することが可能であり、それは、ユーザが地面に横たわっている時間を延ばす。初回には、この時間は、観測された活動について要する時間に比例するが、他の指標が用いられることも可能である。
更なる好適な実施形態においては、ユーザ4が、転倒後に立ち上がった場合、その転倒の厳しさが、再び立ち上がるのに必要な推定時間(即ち、非活動期間の閾値)と立ち上がるのに要する測定時間との比を評価することによりランク付けされることが可能である。
この比又は立ち上がるのに要する測定時間も、下で説明しているように、非活動期間の閾値を改善するように用いられることが可能である。
その閾値は、座るから立つ(STS)への移行(文献:Buatois et al.,J.Am.Geriatr.Soc.56(2008)1575−1577)、タイムアップアンドゴー(TUG)試験(文献:Podsiadlo et al,J.Am.Geriatr.Soc.39(1991)142−148)、又は椅子又はベッドから起き上がる時間等の何れかの他の標準的な転倒リスク試験等の、ユーザ4の身体的状態を示す特定の動き試験を評価することにより設定される(手動で有効に)。
タイムアップアンドゴー(TUG)試験は、ユーザが椅子から立つ、3m歩く、向きを変える、椅子の方に歩いて戻って腰掛けるのに要する時間を測定することにより転倒するリスクがあるかどうかを判定する標準的な方法である。例えば、このエクササイズがユーザ4にとって30秒以上を要する場合、ユーザ4は、転倒するリスクが高いとみなされる。例えば、要する時間が20秒以下の場合、ユーザ4は、転倒するリスクが低いとみなされる。20秒と30秒との間の時間は遷移フェーズであるとみなされる。非活動期間閾値は、TUG試験の結果に基づいて設定されることが可能である。20秒以下のTUG試験の結果の場合、その閾値は、5乃至8秒のオーダーの比較的小さい値に設定されることが可能である一方、30秒以上のTUG試験の結果については、その閾値は、15乃至20秒の比較的大きい値に設定されることが可能である。20秒と30秒との間のTUG試験の結果については、その大きい値又は小さい値のどちらかが閾値として用いられることが可能であるが、閾値はその小さい値から大きい値まで線形に増加することも可能である。
代替の試験は、ユーザが椅子から立ち上がるのに要する時間を測定するようになっていて、それは座るから立つ(STS)への移行の持続期間を参照する。その閾値は、例えば、座るから立つ(STS)への移行の持続期間に3秒足すように設定されることが可能である。代替として、ユーザ4がベッドに横たわっていた後に立ち上がるのに要する時間を測定することが可能である。その閾値は、例えば、測定された時間に1秒足すように設定されることが可能である。代替として、ユーザ4が床に横たわっていた後に立ち上がるのに要する時間を測定することが可能である。その閾値は、例えば、測定された時間に設定されることが可能である。2つ以上の試験を実行することにより、閾値は、複数の試験の各々から結果として得られた時間期間の最大をとることにより、又はそれらの複数の時間期間の重み付け平均をとることにより、さらに信頼性高く決定されることが可能である。
決定される閾値は、インタフェース14を用いて転倒検出システム2の処理器10に与えられることが可能である。代替として、試験の結果(個別の試験又は結合された結果に拘わらず)は、処理器10に与えられることが可能であり、処理器10は、それらの結果から閾値を決定する(恐らく、ルックアップテーブル等を用いて)ことが可能である。特に、インタフェース14が入力/出力ポートである場合、複数の試験の閾値又は結果は他の電子装置から与えられることが可能である一方、インタフェース14がキーパッド等である場合、複数の試験の結果は、ユーザ4又はケア提供者により手動で入力されることが可能である。
閾値を手動で設定することの代替として、好適な実施形態は、転倒検出システム2の使用中に、座るから立つ(STS)への移行又はベッドから起き上がること等の特定の代表的な動き又は活動をユーザが行うのに要する時間を測定するように、転倒検出システム2自体が用いられることを提供する。例えば、転倒検出システム2は、代表的な動き又は活動が行われるときを検出し、それらの持続時間を測定し、閾値を決定するように、加速度計8及び他のセンサ16(存在する場合)からの信号を評価することが可能である。
それらの動きは、日常生活において規則的に行われ、それらの動きが行われるのに要する時間は、ユーザが転倒後に立ち上がるのに要する時間(故に、非活動期間の閾値)を推定するために用いられることが可能である。特に、転倒検出システム2は、ユーザ4が複数のこのような時間期間において再び立ち上がることができない場合に転倒が厳しいものであるかどうかを、判定することが可能である。ユーザ4が立ち上がれなかった場合、その転倒は厳しいものであると判定される。
更なる好適な実施形態においては、ユーザ4が転倒後に立ち上がる場合、その転倒の厳しさは、再び立ち上がるのに必要な推定時間(即ち、非活動期間閾値)と立ち上がるのに要した測定時間との比を評価することによりランク付けされることが可能である。
この比又は立ち上がるのに要した測定時間は、非活動期間の閾値を改善するのにも用いられることが可能である。
図4は、本発明の好適な実施形態における転倒検出システムの動作を表すフローチャートであり、このフローチャートにおいては、閾値pは、通常の動作中に転倒検出により収集されたデータから決定される。
その処理は、加速度計8による測定a及び転倒検出システム2における何れかの他のセンサ16による測定をモニタすることにより開始される(ステップ201)。
それらの測定は、転倒を検出して(ステップ203)、又は座るから立つ(STS)への移行、ベッドからの起き上がり等の特定の活動の持続時間を検出して解析される(ステップ205)。それらの活動の各々は、加速度計8及びセンサの測定により検出されることが可能である特定の特徴プロファイルを有する。
一旦、ある活動が検出されると、持続時間dは、ユーザ4が転倒から立ち上がる時間を推定するように用いられる(ステップ207)。上記のように、転倒から立ち上がるための時間は、検出された特定の活動に依存する多項式の値により、持続時間dの多項式として決定されることが可能である。例えば、時間tはd+3秒に設定されることが可能である。代替として、tは、例えば、2d+1秒に設定されることが可能である。ロックアップテーブルにより又は最大値及び最小値をクリッピングすることにより特に得られる非線形依存性も可能である。
代替のオプションは、最後のn個の検出された活動持続時間のリストを維持することである。新しい活動持続時間が検出されたとき、そのリストは更新されることが可能であり、その時間は、例えば、リストの値足す3秒である、活動の平均持続時間又は最大持続時間に設定されることが可能である。
更なる代替は、持続時間の範囲内にある標準的な持続時間の2倍の加算(例えば)を用いることである。これは、厳しいとする転倒の分類ミスにおいて略2.5%の確率をもたらす。
検出されることが可能である複数の活動の種類が存在する場合、平均又は最大が各々の活動について別個にとられることが可能であり、時間tは、各々の活動の種類についての結果に基づいて設定されることが可能である。例えば、持続時間d及びdをそれぞれ有する2つの活動が存在することを想定する。その場合、時間tは、例えば、d+3及びd+1の最大値に設定されることが可能である。各々の活動の測定された持続時間は、地面のレベルから立ち上がるための持続時間に対してスケーリング(正規化)される。
一旦、時間tが決定されると、転倒が厳しいとして分類される前に、ユーザ4が転倒後そのままどれくらい長く横になっているかを表す閾値pが決定される(ステップ209)。pをtに等しく設定することが可能であるが、立ち上がるの(まさに転倒したときに)に追加の時間をユーザに与えることは好ましく、故に、pは、例えば、t+2秒に等しく設定されることが可能である。
転倒検出システム2は、第1の活動から厳しさの分類を与えることができる(即ち、ユーザ4がモニタされた複数の活動の1つを行う前に)ことを保証するように、pは、複数の活動が検出されるまで用いられる、TUG試験等の上記の手動の実施形態の試験の1つから決定されることが可能であるデフォルト値を有することが可能である(ステップ211)。
閾値pは、ユーザ4が転倒(ステップ203で検出された)後に期間p内に立ち上がるかどうかを評価するように、ブロック213で用いられる。加速度計8及び他のセンサ16(存在する場合)による測定値は、いつユーザ4が立ち上がるかを判定するように、ブロック213に与えられる(これは、上向き加速度(重力について補償される)、向きの変化、上向き移動等により示されることが可能である)。従って、その測定値は、ユーザ4が転倒後に地面に横たわっている時間期間を決定するようにモニタされる。
ユーザ4が、転倒してから経過する時間前に立ち上がる場合、ユーザが立ち上がるのに要した時間tstandupが決定され(ステップ215)、厳しさsを評価するように用いられる(ステップ217)。一部の実施形態においては、ユーザが閾値により見込まれる時間内に立ち上がったために、厳しさsは厳しくないとして容易に分類される。
代替の実施形態においては、厳しさsは、例えば、ユーザ4が比較的素早く立ち上がったときに厳しくないから、ユーザ4が比較的ゆっくり立ち上がった(即ち、ユーザ4は、立ち上がる閾値により見込まれる時間の殆どを用いた)ときに中程度の厳しいまで、ランク付けされることが可能である。そのランキングは、比tstandup/p又は比tstandup/tを評価することにより決定されることが可能である。例えば、その比が0.5乃至1の範囲内にある場合には、厳しさは中位に設定され、その比が0乃至0.5の範囲内にある場合には、厳しさは低位に設定される。
勿論、比を決定することに代えて、いつ転倒があまり厳しくないか、中位に厳しいか等を規定する0乃至pの範囲内の1つ又はそれ以上の更なる閾値を設定することが可能である。
ユーザ4が、転倒後に閾値pにより見込まれる時間内に立ち上がらない場合、その転倒の厳しさsは高位に設定される(ステップ219)。
決定された転倒の厳しさsに基づいて、多様なサービスが開始される。例えば、高い厳しさの転倒については、警告がコールセンタ又はサービスセンタにもたらされて、緊急サービスが要求されることが可能である。低い厳しさの転倒については、転倒情報が記録される及び/又は情報が家族に送信される、若しくはその転倒情報は、ユーザ4の転倒履歴においてより良好な洞察を得るように、及び治療を改善するように医師により用いられることが可能である。勿論、上記のステップは、高い厳しさの転倒についてとられることも可能である。複数の低い厳しさの転倒が頻繁に起こることは、ユーザが援助を必要としている可能性があることをケア提供者に警告するためのトリガであり得る。
一部の実施形態においては、ステップ215で決定された時間tstandupは、値t及びpを改善する及び/又は更新するようにステップ207に与えられることも可能である。
一部の実施形態においては、転倒から立ち上がるための推定時間tはまた、転倒の厳しさの決定においても用いられることが可能である(ステップ217)。
本発明の更なる実施形態においては、加速度計8及び他のセンサ16により信号の他のパラメータ又は特徴を用いることにより厳しさの推定を改善することが可能である。例えば、衝撃の大きさ(即ち、主な加速度ピークの大きさ、又は衝撃持続時間内の最も大きい3つ乃至5つのピークの絶対値の和)が考慮されることが可能である。明らかに、大きい衝撃はより厳しい転倒を表す。衝撃持続時間及び非活動持続時間から導出される厳しさ指数等の厳しさ指数は、全体的な厳しさ及び必要な警告動作を決定するように結び付けられることが可能である。
本発明は、ユーザにより装着されたシステムで用いるためのものであるとして記載されているが、本発明は、高齢者介護及び看護施設又は独立居住設備等のケア提供者により動作される監視システムの形で実施されることが可能であることも理解することができる。
従って、転倒検出システム、及び転倒の厳しさが決定されるようにする転倒検出システムを動作する方法を提供している。
本発明については、図に示して、上記の詳細説明で詳述している一方、そのような図示及び説明は、例示としてのものであって、制限的なものではなく、本発明は、開示されている実施形態に限定されるものではない。
図、詳細説明及び特許請求の範囲の教示により、本発明の実施において当業者は理解することができ、開示されている実施形態に対する変形を、当業者がたらすことが可能である。請求項において、表現“を有する”は他の要素又はステップを排除するものではない。1つの処理器又は他の装置が、請求項に記載した複数のアイテムの機能を実行することが可能である。特定の手段が異なる従属請求項に記載されているということのみで、それらの手段の組み合わせが有利に用いられることができないことを意味するものではない。コンピュータプログラムは、他のハードウェアの一部と共に又はその一部として備えられる光記憶媒体又は固体媒体等の適切な媒体に記憶/分配されることが可能であるが、インターネット若しくは他の有線又は無線通信システム等の他の方式でも分配されることが可能である。

Claims (17)

  1. 転倒検出システムであって:
    当該転倒検出システムのユーザの動きをモニタし、対応する信号を生成する1つ又はそれ以上のセンサ;
    前記ユーザの身体的状態の1つ又はそれ以上の測定から閾値を決定する手段;及び
    前記ユーザの転倒を特定する信号を分析し、前記転倒に続く、前記ユーザの非活動期間を特定する信号を分析し、前記転倒の厳しさを決定するように前記ユーザの前記非活動期間の長さを閾値と比較する処理器;
    を有する転倒検出システム。
  2. 前記処理器は、前記ユーザの前記非活動期間の前記長さが前記閾値を上回るイベントにおいて、前記転倒は厳しいと判定するように適合されている、請求項1に記載の転倒検出システム。
  3. 前記処理器は、前記転倒が厳しい場合に、アラームをトリガする及び/又は前記ユーザへの支援を要求するように適合されている、請求項2に記載の転倒検出システム。
  4. 前記処理器は、前記ユーザが立ち上がったときに、前記非活動期間の終了を特定する信号を分析するように適合されている、請求項1乃至3の何れか一項に記載の転倒検出システム。
  5. 前記処理器は、前記ユーザの前記非活動期間の前記長さが前記閾値より小さいイベントにおいて、前記転倒は厳しくないと判定するように適合されている、請求項4に記載の転倒検出システム。
  6. 前記処理器は、前記閾値に対する前記非活動期間の前記長さの比を用いて、前記ユーザの前記非活動期間の前記長さが前記閾値より小さいイベントにおいて、前記転倒は厳しさをランク付けするように適合されている、請求項4に記載の転倒検出システム。
  7. 前記処理器は、前記決定された厳しさのランクに応じて、アラームをトリガする及び/又はユーザへの支援を要求するように適合されている、請求項6に記載の転倒検出システム。
  8. 前記1つ又はそれ以上のセンサは、当該転倒検出システムの加速度を測定する加速度計を有する、請求項1乃至7の何れか一項に記載の転倒検出システム。
  9. 前記処理器は、転倒に特徴的である衝撃を特定することにより、転倒を特定するように適合されている、請求項8に記載の転倒検出システム。
  10. 前記処理器は、前記加速度の前記測定において1つ又はそれ以上のピークを特定することにより、衝撃を特定するように適合されている、請求項9に記載の転倒検出システム。
  11. 前記処理器は、前記衝撃における前記加速度の大きさを決定することにより、前記転倒の前記厳しさを判定するように適合されている、請求項10に記載の転倒検出システム。
  12. 前記ユーザの前記身体的状態の前記1つ又はそれ以上の測定は、前記ユーザの所定の動き又は一連の動きの測定を有する、請求項1乃至11の何れか一項に記載の転倒検出システム。
  13. 前記所定の動き又は一連の動きは、座るから立つへの移行、タイムアップされた及び進行中の動き、ベッドからの起き上がり及び地面からの起き上がりのうちの1つ又はそれ以上を有する、請求項12に記載の転倒検出システム。
  14. 前記1つ又はそれ以上の測定は、前記ユーザが前記所定の動き又は一連の動きを終了するのに要する時間の測定を有する、請求項12又は13に記載の転倒検出システム。
  15. 前記処理器は、前記閾値を決定する手段を有し、前記処理器は、当該転倒検出システムが前記ユーザにより使用されている間に、前記ユーザの前記身体的状態の前記1つ又はそれ以上の測定を判定するように適合されている、請求項12乃至14の何れか一項に記載の転倒検出システム。
  16. 転倒検出システムを作動する方法であって:
    当該転倒検出システムのユーザの身体的状態の1つ又はそれ以上の測定から閾値を決定する段階;
    前記ユーザの転倒を検出する段階;及び
    前記転倒の厳しさを判定するように、前記閾値に対して前記転倒に続く、前記ユーザの非活動期間の長さをモニタする段階;
    を有する方法。
  17. 転倒検出システムで用いるコンピュータプログラムであって:
    該コンピュータプログラムは、プロセッサ又はコンピュータで実行されるときに、当該転倒検出システムのユーザの身体的状態の1つ又はそれ以上の測定から閾値を決定し、前記ユーザの転倒を検出し、前記転倒の厳しさを判定するように前記閾値に対して、前記転倒に続く前記ユーザの非活動期間の長さをモニタするように適合されている、コンピュータプログラムコードを有する;
    コンピュータプログラム。
JP2011531590A 2008-10-16 2009-10-07 転倒検出システム Active JP5587328B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
EP08166745.3 2008-10-16
EP08166745 2008-10-16
PCT/IB2009/054391 WO2010044013A1 (en) 2008-10-16 2009-10-07 Fall detection system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2012505683A true JP2012505683A (ja) 2012-03-08
JP5587328B2 JP5587328B2 (ja) 2014-09-10

Family

ID=41287958

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011531590A Active JP5587328B2 (ja) 2008-10-16 2009-10-07 転倒検出システム

Country Status (9)

Country Link
US (1) US8749391B2 (ja)
EP (1) EP2348997B1 (ja)
JP (1) JP5587328B2 (ja)
CN (1) CN102186420B (ja)
AT (1) AT543435T (ja)
AU (1) AU2009305056B2 (ja)
BR (1) BRPI0914089A2 (ja)
ES (1) ES2381712T3 (ja)
WO (1) WO2010044013A1 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016525383A (ja) * 2013-06-06 2016-08-25 コーニンクレッカ フィリップス エヌ ヴェKoninklijke Philips N.V. 転倒検出システム及び方法
JP2016177459A (ja) * 2015-03-19 2016-10-06 セコム株式会社 転倒検知端末およびプログラム
JP2017504386A (ja) * 2013-12-20 2017-02-09 コーニンクレッカ フィリップス エヌ ヴェKoninklijke Philips N.V. 検出された転倒に対応する方法及びこれを実現する装置

Families Citing this family (42)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8843101B2 (en) 2010-10-04 2014-09-23 Numera, Inc. Fall detection system using a combination of accelerometer, audio input and magnetometer
US10292445B2 (en) 2011-02-24 2019-05-21 Rochester Institute Of Technology Event monitoring dosimetry apparatuses and methods thereof
US9339224B2 (en) 2011-02-24 2016-05-17 Rochester Institute Of Technology Event dosimeter devices and methods thereof
US9138172B2 (en) 2011-02-24 2015-09-22 Rochester Institute Of Technology Method for monitoring exposure to an event and device thereof
US9128521B2 (en) 2011-07-13 2015-09-08 Lumo Bodytech, Inc. System and method of biomechanical posture detection and feedback including sensor normalization
WO2013010040A1 (en) 2011-07-13 2013-01-17 Zero2One System and method of biomechanical posture detection and feedback
US20140313030A1 (en) * 2011-09-02 2014-10-23 Koninklijke Philips N.V. Bed exit monitoring apparatus
US8614630B2 (en) * 2011-11-14 2013-12-24 Vital Connect, Inc. Fall detection using sensor fusion
US9588135B1 (en) 2011-11-14 2017-03-07 Vital Connect, Inc. Method and system for fall detection of a user
US9818281B2 (en) 2011-11-14 2017-11-14 Vital Connect, Inc. Method and system for fall detection of a user
TWI507067B (zh) * 2012-04-23 2015-11-01 Accton Technology Corp 可攜式電子裝置及其所處狀態之偵測方法
US9685068B2 (en) * 2012-07-13 2017-06-20 iRezQ AB Emergency notification within an alarm community
CN103593944B (zh) * 2012-08-16 2016-01-27 天行动力科技有限公司 意外监测及报警系统
US8929853B2 (en) * 2012-09-05 2015-01-06 Apple Inc. Mobile emergency attack and failsafe detection
BR112015008751A2 (pt) * 2012-10-22 2017-07-04 Koninklijke Philips Nv sistema e método para cuidados com a saúde, mídia de armazenamento não transitório legível por computador, programa de computador
CN102982653B (zh) * 2012-11-07 2014-10-15 中南大学 基于加速度和高度信息的人体跌倒监测方法及装置
CN103799990A (zh) * 2012-12-25 2014-05-21 常州先进制造技术研究所 科技社区老人健康远程监护系统
US20140276238A1 (en) * 2013-03-15 2014-09-18 Ivan Osorio Method, system and apparatus for fall detection
CN103198615B (zh) * 2013-03-21 2015-05-20 浙江畅志科技有限公司 基于多传感器协同的人体跌倒检测预警装置
TWI540541B (zh) * 2013-05-14 2016-07-01 緯創資通股份有限公司 用於行動裝置之緊急狀況偵測方法
US9591996B2 (en) 2013-06-07 2017-03-14 Lumo BodyTech, Inc System and method for detecting transitions between sitting and standing states
US10422814B2 (en) 2013-07-18 2019-09-24 Vital Connect, Inc. Fall detection using machine learning
USD743822S1 (en) 2013-12-26 2015-11-24 BlackBox Biometrics, Inc. Device for detecting an impact event
US9380961B2 (en) 2013-08-08 2016-07-05 BlackBox Biometrics, Inc. Devices, systems and methods for detecting and evaluating impact events
US9603527B2 (en) * 2014-07-31 2017-03-28 Chung Hua University Person positioning and health care monitoring system
US9462949B2 (en) * 2014-07-31 2016-10-11 Chung Hua University Method for biomedical system
CN104408877A (zh) * 2014-12-01 2015-03-11 湖北心源科技有限公司 用于检测人体摔倒的报警系统
CN105212941B (zh) * 2015-08-25 2017-12-29 武汉理工大学 一种人体活动状态识别方法及系统
US10314520B2 (en) 2015-10-02 2019-06-11 Seismic Holdings, Inc. System and method for characterizing biomechanical activity
CN105869353A (zh) * 2015-12-08 2016-08-17 乐视移动智能信息技术(北京)有限公司 人体跌倒事件的检测方法、装置及移动终端
US10463909B2 (en) 2015-12-27 2019-11-05 Seismic Holdings, Inc. System and method for using performance signatures
CN105534501A (zh) * 2016-01-30 2016-05-04 深圳市易特科信息技术有限公司 基于智能腕表的伤病员救护系统及方法
US10878352B2 (en) 2016-03-16 2020-12-29 Triax Technologies, Inc. Mesh based system and method for tracking worksite events experienced by workers via a wearable sensor
US10769562B2 (en) 2016-03-16 2020-09-08 Triax Technologies, Inc. Sensor based system and method for authorizing operation of worksite equipment using a locally stored access control list
FI126922B (fi) * 2016-03-29 2017-08-15 Maricare Oy Method and system of control
TWM537280U (zh) * 2016-07-06 2017-02-21 Idesyn Semiconductor Corp 分析跌倒嚴重程度的跌倒偵測系統及其穿戴式裝置
CN106228753A (zh) * 2016-09-30 2016-12-14 福建工程学院 一种意外摔倒监控方法、系统及终端
CN106408873A (zh) * 2016-11-18 2017-02-15 北京小米移动软件有限公司 报警方法及装置
US20180293359A1 (en) * 2017-04-10 2018-10-11 International Business Machines Corporation Monitoring an individual's condition based on models generated from e-textile based clothing
CN108614989B (zh) * 2017-12-20 2019-11-26 深圳大学 一种基于WiFi的老人智能监护方法、系统及介质
EP3545824A1 (en) 2018-03-26 2019-10-02 Sony Corporation Method for supporting a user and user device
US10692346B2 (en) 2018-10-22 2020-06-23 Tidi Products, Llc Electronic fall monitoring system

Citations (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH09305875A (ja) * 1996-05-10 1997-11-28 Omron Corp 転倒検出装置、受信装置およびそれらを用いた通報システム
GB2323196A (en) * 1997-03-11 1998-09-16 Keith Henderson Cameron Automatic fall alarm
JP2002328134A (ja) * 2001-04-27 2002-11-15 Nec Tokin Corp 姿勢状態及び方位の検出装置
JP2002360522A (ja) * 2001-06-13 2002-12-17 Japan Science & Technology Corp 独居老人安全生活支援装置
WO2005016143A1 (en) * 2003-08-15 2005-02-24 Medcare Systems Pty Ltd A monitoring apparatus for an ambulatory subject and a method for monitoring the same
JP2005237576A (ja) * 2004-02-25 2005-09-08 Kansai Electric Power Co Inc:The 転倒判定装置
JP2005531845A (ja) * 2002-06-28 2005-10-20 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィKoninklijke Philips Electronics N.V. 確率分布関数を用いて行動をモデル化するための方法及び装置
JP2006026092A (ja) * 2004-07-15 2006-02-02 Matsushita Electric Ind Co Ltd 加速度情報送信装置、身体運動解析装置および身体運動解析方法
JP2006068300A (ja) * 2004-09-02 2006-03-16 Fukushima Prefecture 身体状態監視装置
US20060139166A1 (en) * 2004-12-09 2006-06-29 Christian Choutier System and method for monitoring of activity and fall
JP2006227752A (ja) * 2005-02-15 2006-08-31 Kansai Electric Power Co Inc:The 転倒判定方法および転倒判定装置
JP2006341099A (ja) * 2005-06-07 2006-12-21 Commiss Energ Atom 人の転倒を検出するための方法及びシステム
JP2007151948A (ja) * 2005-12-07 2007-06-21 Institute Of Bio-Medical & Welfare Engineering 転倒判定方法及びその装置
US20080129518A1 (en) * 2006-12-05 2008-06-05 John Carlton-Foss Method and system for fall detection
JP2008535055A (ja) * 2005-03-22 2008-08-28 フリースケール セミコンダクター インコーポレイテッド 人間の身体の転倒検出用のシステム及び方法

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FR2757981B1 (fr) * 1996-12-31 1999-02-19 Cadet Pierre Henri Systeme de surveillance et d'assistance pour personnes a domicile et dispositif pour la mise en oeuvre de ce systeme
US6160478A (en) * 1998-10-27 2000-12-12 Sarcos Lc Wireless health monitoring system
US20030058111A1 (en) * 2001-09-27 2003-03-27 Koninklijke Philips Electronics N.V. Computer vision based elderly care monitoring system
EP1969554A4 (en) 2005-12-09 2011-05-04 Bee Cave Llc METHOD AND SYSTEMS FOR MONITORING QUALITY AND PERFORMANCE IN A CARE DEVICE
DE602006010188D1 (de) 2006-06-19 2009-12-17 Univ Bari Vorrichtung und Verfahren zur Erkennung von Stürzen und Unbeweglichkeit
US7961109B2 (en) * 2006-12-04 2011-06-14 Electronics And Telecommunications Research Institute Fall detecting apparatus and method, and emergency aid system and method using the same
US8206325B1 (en) * 2007-10-12 2012-06-26 Biosensics, L.L.C. Ambulatory system for measuring and monitoring physical activity and risk of falling and for automatic fall detection

Patent Citations (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH09305875A (ja) * 1996-05-10 1997-11-28 Omron Corp 転倒検出装置、受信装置およびそれらを用いた通報システム
GB2323196A (en) * 1997-03-11 1998-09-16 Keith Henderson Cameron Automatic fall alarm
JP2002328134A (ja) * 2001-04-27 2002-11-15 Nec Tokin Corp 姿勢状態及び方位の検出装置
JP2002360522A (ja) * 2001-06-13 2002-12-17 Japan Science & Technology Corp 独居老人安全生活支援装置
JP2005531845A (ja) * 2002-06-28 2005-10-20 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィKoninklijke Philips Electronics N.V. 確率分布関数を用いて行動をモデル化するための方法及び装置
WO2005016143A1 (en) * 2003-08-15 2005-02-24 Medcare Systems Pty Ltd A monitoring apparatus for an ambulatory subject and a method for monitoring the same
JP2005237576A (ja) * 2004-02-25 2005-09-08 Kansai Electric Power Co Inc:The 転倒判定装置
JP2006026092A (ja) * 2004-07-15 2006-02-02 Matsushita Electric Ind Co Ltd 加速度情報送信装置、身体運動解析装置および身体運動解析方法
JP2006068300A (ja) * 2004-09-02 2006-03-16 Fukushima Prefecture 身体状態監視装置
US20060139166A1 (en) * 2004-12-09 2006-06-29 Christian Choutier System and method for monitoring of activity and fall
JP2006227752A (ja) * 2005-02-15 2006-08-31 Kansai Electric Power Co Inc:The 転倒判定方法および転倒判定装置
JP2008535055A (ja) * 2005-03-22 2008-08-28 フリースケール セミコンダクター インコーポレイテッド 人間の身体の転倒検出用のシステム及び方法
JP2006341099A (ja) * 2005-06-07 2006-12-21 Commiss Energ Atom 人の転倒を検出するための方法及びシステム
JP2007151948A (ja) * 2005-12-07 2007-06-21 Institute Of Bio-Medical & Welfare Engineering 転倒判定方法及びその装置
US20080129518A1 (en) * 2006-12-05 2008-06-05 John Carlton-Foss Method and system for fall detection

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016525383A (ja) * 2013-06-06 2016-08-25 コーニンクレッカ フィリップス エヌ ヴェKoninklijke Philips N.V. 転倒検出システム及び方法
US10524698B2 (en) 2013-06-06 2020-01-07 Koninklijke Philips N.V. Fall detection system and method
JP2017504386A (ja) * 2013-12-20 2017-02-09 コーニンクレッカ フィリップス エヌ ヴェKoninklijke Philips N.V. 検出された転倒に対応する方法及びこれを実現する装置
JP2016177459A (ja) * 2015-03-19 2016-10-06 セコム株式会社 転倒検知端末およびプログラム

Also Published As

Publication number Publication date
EP2348997B1 (en) 2012-02-01
WO2010044013A1 (en) 2010-04-22
AT543435T (de) 2012-02-15
CN102186420B (zh) 2013-07-17
US8749391B2 (en) 2014-06-10
US20110199216A1 (en) 2011-08-18
ES2381712T3 (es) 2012-05-30
AU2009305056B2 (en) 2015-10-22
EP2348997A1 (en) 2011-08-03
BRPI0914089A2 (pt) 2015-10-27
JP5587328B2 (ja) 2014-09-10
AU2009305056A1 (en) 2010-04-22
CN102186420A (zh) 2011-09-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10670621B2 (en) Fall prevention
US10335059B2 (en) Fall detection system and method
CN103493113B (zh) 跌倒检测器和用于检测可能的跌倒的方法
JP2016105831A (ja) 動作/姿勢を検出する着用型治療装置
EP2147421B1 (en) Fall detection system
CN100544667C (zh) 智能医疗警戒系统
EP0903707B1 (en) In-bed state detection system
CN101563028B (zh) 患者监测系统和方法
US8381603B2 (en) Fall detection system
US7169084B2 (en) Electronic pedometer
RU2634680C2 (ru) Оценка уровня кортизола и психологического равновесия или нарушения психологического равновесия
CN105263411B (zh) 跌倒检测系统及方法
US7127376B2 (en) Method and apparatus for reducing errors in screening-test administration
US8602986B2 (en) System and method for detecting signal artifacts
EP2389109B1 (en) Determining energy expenditure of a user
US8216136B2 (en) Systems and methods for monitoring heart rate and blood pressure correlation
JP6679006B2 (ja) 生体情報分析装置、システム、及び、プログラム
JP2016512777A (ja) 転倒を検出する方法及び転倒検出器
JP5090013B2 (ja) 情報管理システム及びサーバ
US9179863B2 (en) Bed exit warning system
JP5537553B2 (ja) 転倒検出システムとその動作方法
JP4185846B2 (ja) 活動状態判断装置、見守り支援システム、及び活動状態判断方法
KR101103596B1 (ko) 피 측정자의 신체 움직임을 감지하면서 동시에 혈압을 측정하는 혈압측정장치 및 혈압측정방법
JP2018047253A (ja) 文脈的心拍数監視
EP2441426B1 (en) Bed device

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20121004

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20131226

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140121

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140221

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20140624

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20140723

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5587328

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250