JP2011084287A - 簡易型カプセル計数機 - Google Patents

簡易型カプセル計数機 Download PDF

Info

Publication number
JP2011084287A
JP2011084287A JP2009236730A JP2009236730A JP2011084287A JP 2011084287 A JP2011084287 A JP 2011084287A JP 2009236730 A JP2009236730 A JP 2009236730A JP 2009236730 A JP2009236730 A JP 2009236730A JP 2011084287 A JP2011084287 A JP 2011084287A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
capsule
magazine
capsules
counter
plate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2009236730A
Other languages
English (en)
Inventor
Kentaro Sato
健太郎 佐藤
Junzaburo Sato
淳三郎 佐藤
Original Assignee
Kentaro Sato
健太郎 佐藤
Junzaburo Sato
淳三郎 佐藤
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kentaro Sato, 健太郎 佐藤, Junzaburo Sato, 淳三郎 佐藤 filed Critical Kentaro Sato
Priority to JP2009236730A priority Critical patent/JP2011084287A/ja
Publication of JP2011084287A publication Critical patent/JP2011084287A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】この発明の目的は、カプセルをカプセル用容器の狭い口へ簡単に投入することができ、カプセルの計数とカプセル用容器への投入とを迅速かつ確実に行うことができる簡易型カプセル計数機を提案することにある。
【解決手段】ハウジング内に、カプセルを投入するホッパと、ホッパ内のカプセルを横1列に複数個整列させ、順次下向きに送り出すマガジンと、該マガジンの列に対応する複数個の貫通孔の列を前後に複数行配置するとともに、前記マガジンのカプセルを送り出す下端に接するようほぼ水平に設置され、前記マガジンの列に向けて進退自由としたカプセル計数板と、該カプセル計数板の貫通孔から排出されるカプセルを順次投入する、カプセル計数板の下部に設けたカプセル排出部材とを備え、
前記カプセル排出部材の排出口からカプセル計数板の貫通孔に対応する所定量のカプセルをカプセル用容器に充填したことを特徴とする簡易型カプセル計数機。
【選択図】 図2

Description

この発明はボディとキャップからなる各種カプセルに粉体や液状、あるいはシロップ状の内容物を充填したカプセル類を、所定量計数した上でカプセル用容器に投入するために使用する簡易型カプセル計数機に関する。
従来、ボディとキャップからなる各種カプセルに粉体や液状、あるいはシロップ状の内容物を充填したのち、所定量のカプセルを計数した上でカプセル用容器に投入するための機構は以下のようになっていた。
1)ホッパから重量センサを設けた計数部にカプセルを供給し、所定の重量になったところで供給を中止して、所定量のカプセルをカプセル用容器に投入するもの。
2)ホッパから振動コンベア等でカプセルを搬送し、搬送路に設けた計数センサで所定数までカウントして、所定量に達したところで搬送を中止して、所定量のカプセルをカプセル用容器に投入するもの。
3)ホッパからカプセル用容器に向けてカプセルを放出させ、落下途中の個々のカプセルを光センサ等で計数しつつ、所定量に達したところで放出を中止して、所定量のカプセルをカプセル用容器に投入するもの。
しかしながら、前記所定量のカプセルを計数した上でカプセル用容器に投入するための機構においては、カプセルの移動中に各種のセンサで計数した上、カプセル用容器に投入するものであるために、計数時にカウントミスが生じやすいという問題点があった。
しかも、前記所定量のカプセルを計数した上でカプセル用容器に投入するための機構においては、各種のセンサを使用しているためにその設置に手間がかかる上、大きなコストアップ要因となり、ひいては、装置全体のコスト削減にも影響が出てしまうという問題があった。
特にありません
そこで、従来例の上記欠点を解消するため種々の方策が試みられたが、例えば所定の列のカプセル投入孔を設けたカプセル計数板の上にカプセルを供給し、すべてのカプセル投入孔にカプセルが充填された後にこれをカプセル用容器に投入するようにした場合、カプセル計数板の上へのカプセルを供給、すべてのカプセル投入孔へのカプセルの充填、カプセルのカプセル用容器への投入、の各作業を手作業で行わなければならなかった。
そのため、カプセル投入孔へのカプセルの充填ミスや、カプセルをカプセル用容器の狭い口へ投入しにくい等、改善すべき点が多々あって実用上大きな問題となっていた。
したがって、この発明の第1の目的は、カプセルの計数を種々の高価なセンサを用いることなく効率よく、かつ計数ミスなく行うことができる簡易型カプセル計数機を提案することにある。
この発明の第2の目的は、カプセルをカプセル用容器の狭い口へ簡単に投入することができ、カプセルの計数とカプセル用容器への投入とを迅速かつ確実に行うことができる簡易型カプセル計数機を提案することにある。
以上の目的を達成するため、この発明の簡易型カプセル計数機は、ハウジング内に、カプセルを投入するホッパと、ホッパ内のカプセルを横1列に複数個整列させ、順次下向きに送り出すマガジンと、該マガジンの列に対応する複数個の貫通孔の列を前後に複数行配置するとともに、前記マガジンのカプセルを送り出す下端に接するようほぼ水平に設置され、前記マガジンの列に向けて進退自由としたカプセル計数板と、該カプセル計数板の貫通孔から排出されるカプセルを順次投入する、カプセル計数板の下部に設けたカプセル排出部材とを備え、
前記ハウジング内において、貫通孔が空のカプセル計数板を前記マガジンの下端において前進させることにより、順次カプセル計数板の各行の貫通孔の列にカプセルを満たし、
次いで、貫通孔がカプセルで満たされたカプセル計数板を前記マガジンの下端から引き出して、前記カプセル計数板の貫通孔から順次カプセルをカプセル排出部材に投入し、
該カプセル排出部材の排出口に応じて配置されたカプセル用容器に、前記カプセル排出部材の排出口からカプセル計数板の貫通孔に対応する所定量のカプセルを充填したことを特徴とするものである。
この発明の簡易型カプセル計数機は、前記カプセル計数板が、前記ハウジング内に設けたガイドレールに係合するスライド部をその両側に形成されていることをも特徴とするものである。
この発明の簡易型カプセル計数機は、前記カプセル計数板が、カプセル用容器の容量に応じた数の貫通孔が形成された複数の種類を用意されており、適宜交換して使用することをも特徴とするものである。
この発明の簡易型カプセル計数機は、前記マガジンが、ハウジング内に設置した駆動モータと、駆動モータの回転軸に取り付けた偏心カムにより、前記マガジンを前記ホッパ内に向けて進退するよう昇降自在とされていることをも特徴とするものである。
この発明の簡易型カプセル計数機は、前記マガジンが、上部マガジンと下部マガジンとで構成され、かつそれぞれ透明素材とすることにより、カプセルの詰まりや破損等を確認することができるとともに、分解しやすくしてメンテナンスを容易としたことをも特徴とすものである。
この発明によれば、数十個単位のカプセルの計数を効率よく、かつ計数ミスなく行うことができる簡易型カプセル計数機を提供することが可能となった。
またこの発明によれば、カプセルをカプセル用容器の狭い口へ簡単に投入することができ、カプセルの計数とカプセル用容器への投入とを迅速かつ確実に行うことができる簡易型カプセル計数機を提供することができるようになった。
この発明の簡易型カプセル計数機の一実施例を示す正面図である。 その側面図である。 (a)は上部マガジンの拡大正面図、(b)はその側面図、(c)および(d)はそれぞれカプセル投入口の例を示すものである。 (a)は下部マガジンの拡大正面図、(b)はその側面図、(c)および(d)はそれぞれカプセル投入口の例を示すものである。 (a)はカプセル計数板の平面図、(b)はその側面図である。
以下、この発明の簡易型カプセル計数機の実施の形態を図面に基いて詳細に説明する。
先ず、図1および図2を用いてこの発明による簡易型カプセル計数機の概略の構成を予め説明する。
この実施例の簡易型カプセル計数機は、脚部12によって所定の高さに支持されたハウジング11内に取り付けられている。
すなわち、カプセル31を投入するホッパ13がハウジング11の上部に配置され、ホッパ13の下部には横長の開口部が形成されている。そしてこの横長の開口部には、ホッパ13内のカプセル31を横1列に複数個整列させて、順次下向きに送り出すマガジン14の上端がホッパ13に向けて進退可能に保持されている。
カプセル計数板15は、前記マガジン14のカプセル31を送り出す下端に接するようほぼ水平に設置されている。
該カプセル計数板15は、図5(a)に示すように横1列に複数個整列させたカプセル31の列に対応する複数個の貫通孔16の列16−1が前後に複数の行16−2となるよう配置され、前記マガジン14の列に向けて複数の行16−2が進退自由になっている。
前記カプセル計数板15は、前記ハウジング11内に設けたガイドレール21に係合するスライド部22をその両側に形成されている。したがって、カプセル計数板15の前面に取り付けた取っ手23を持って前後に操作すれば、カプセル計数板15は、前記マガジン14のカプセル31を送り出す下端に接して水平に自在に進退することができる。
前記カプセル計数板15の貫通孔16から排出されるカプセル31は、カプセル計数板16の下部に設けたホッパ状のカプセル排出部材17に自然に落下する。そして、該カプセル排出部材17の下端を絞って形成した排出口18に対応するよう、カプセル用容器19の口を位置決めし、カプセル排出部材17からカプセル31を落下させれば、カプセル計数板15の貫通孔16に対応する数のカプセル31がカプセル用容器19に投入され、充填されるのである。
その際、前記ハウジング11内においては、貫通孔16が空のカプセル計数板15を前記マガジン14の下端において前進させることにより、順次カプセル計数板15の各行16−2の貫通孔16の列16−1にカプセル31が満たされていく。
その後、すべての貫通孔16がカプセル31で満たされたカプセル計数板15を前記マガジン14の下端から引き出していくと、前記カプセル排出部材17においては支持手段がなくなって各行16−2の貫通孔16の列16−1から順次カプセル31が落下してカプセル排出部材17に投入されるのである。
前記カプセル計数板15としては、カプセル用容器19の容量に応じた数の貫通孔16が形成された複数の種類を用意されている。したがって、所定の数の貫通孔16を設けたカプセル計数板15を適宜交換して使用することにより、投入すべき数のカプセル31をカプセル用容器19に正確かつ迅速に充填することができるのである。
この実施例の簡易型カプセル計数機において、前記マガジン14の背面には偏心カム24が取り付けられている。この偏心カム24は、ハウジング11内に設置した駆動モータ25の回転軸26に取り付けられており、駆動モータ25を駆動することによって前記マガジン14を前記ホッパ13内に向けて進退させるものである。
このように、前記マガジン14を昇降自在とすることにより、ホッパ13内に開口部から突き出されたマガジン14の山形断面の端部が各カプセル31をすくい取って、下つぼまりのテーパ27から長尺の整列孔28に導入する。その際、マガジン14の上下のピストン運動によって確実にカプセル31を整列孔28に引き込むことができる。
この実施例の簡易型カプセル計数機は、図3(a),(b)および図4(a),(b)に示すように、前記マガジン14を上部マガジン41と下部マガジン51とで構成している。いずれも、山形断面の端部から下つぼまりのテーパ27を経て下端まで達する長尺の整列孔28を備えた構造となっている。42,52はネジで固定するための取付片である。図3(c),(d)および図4(c),(d)はいずれも下つぼまりのテーパ27部分から長尺の整列孔28までのサイズの違いを示すものである。
ちなみに、φn1は整列孔28の径×テーパ27深さが11×11mm、テーパ27の上端が13.9mmであり、φn2は整列孔28の径×テーパ27深さが9.5×9.5mm、テーパ27の上端が11.1mmである。
上部マガジン41と下部マガジン51は、それぞれ透明素材としてあり、カプセル31の詰まりや破損等を確認することができるとともに、上部マガジン41と下部マガジン51をそれぞれ分解可能としてあるので、カプセル31の詰まりや破損等があった場合のメンテナンスをきわめて容易に行なうことができるのである。
a)この実施例の簡易型カプセル計数機の使用に際しては、先ず多数のカプセル31をホッパ13に投入しておく。
b)次いで、ハウジング11内に設置した駆動モータ25を駆動し、回転軸26に取り付けた偏心カム24により、前記マガジン14を前記開口部からホッパ13内に向けて進退させる。
c)すると、前記ホッパ13内に開口部から突き出されたマガジン14の山形断面の端部が各カプセル31をすくい取って、下つぼまりのテーパ27から長尺の整列孔28に導入する。その際、マガジン14の上下のピストン運動によって確実にカプセル31を整列孔28に引き込むことができる。
d)そこで、貫通孔16が空のカプセル計数板15を前記マガジン14の下端において前進させることにより、順次カプセル計数板15の各行16−2の貫通孔16の列16−1にカプセル31が満たされていく。
e)その後、すべての貫通孔16がカプセル31で満たされたカプセル計数板15を前記マガジン14の下端から引き出していくと、前記カプセル排出部材17においては支持手段がなくなって各行16−2の貫通孔16の列16−1から順次カプセル31が落下してカプセル排出部材17に投入されるのである。
f)前記カプセル計数板15の貫通孔16から排出されるカプセル31は、カプセル計数板16の下部に設けたホッパ状のカプセル排出部材17に自然に落下し、該カプセル排出部材17の下端を絞って形成した排出口18からカプセル用容器19に投入され、所定数が充填されるのである。
もちろん、カプセル用容器19の容量に応じた数の貫通孔16が形成された複数の種類のカプセル計数板15が用意されているので、カプセル計数板15を適宜交換して使用することにより、投入すべき数のカプセル31をカプセル用容器19に正確かつ迅速に充填することができるのである。
以上説明したように、この発明の簡易型カプセル計数機は、粉体や液状、あるいはシロップ状の内容物を充填したカプセル類のみならず、同様の計数の必要な物品であれば、この発明の趣旨を変えない限り、種々の用途に適用することができる。
11 ハウジング
12 脚部
13 ホッパ
14 マガジン
15 カプセル計数板
16 貫通孔
16−1 列
16−2 行
17 カプセル排出部材
18 排出口
19 カプセル用容器
21 ガイドレール
22 スライド部
23 取っ手
24 偏心カム
25 駆動モータ
26 回転軸
27 テーパ
28 整列孔
31 カプセル
41 上部マガジン
42 取付片
51 下部マガジン
52 取付片

Claims (5)

  1. ハウジング内に、カプセルを投入するホッパと、ホッパ内のカプセルを横1列に複数個整列させ、順次下向きに送り出すマガジンと、該マガジンの列に対応する複数個の貫通孔の列を前後に複数行配置するとともに、前記マガジンのカプセルを送り出す下端に接するようほぼ水平に設置され、前記マガジンの列に向けて進退自由としたカプセル計数板と、該カプセル計数板の貫通孔から排出されるカプセルを順次投入する、カプセル計数板の下部に設けたカプセル排出部材とを備え、
    前記ハウジング内において、貫通孔が空のカプセル計数板を前記マガジンの下端において前進させることにより、順次カプセル計数板の各行の貫通孔の列にカプセルを満たし、
    次いで、貫通孔がカプセルで満たされたカプセル計数板を前記マガジンの下端から引き出して、前記カプセル計数板の貫通孔から順次カプセルをカプセル排出部材に投入し、
    該カプセル排出部材の排出口に応じて配置されたカプセル用容器に、前記カプセル排出部材の排出口からカプセル計数板の貫通孔に対応する所定量のカプセルを充填したことを特徴とする簡易型カプセル計数機。
  2. 前記カプセル計数板が、前記ハウジング内に設けたガイドレールに係合するスライド部をその両側に形成されていることを特徴とする請求項1に記載の簡易型カプセル計数機。
  3. 前記カプセル計数板が、カプセル用容器の容量に応じた数の貫通孔が形成された複数の種類を用意されており、適宜交換して使用することを特徴とする請求項1に記載の簡易型カプセル計数機。
  4. 前記マガジンが、ハウジング内に設置した駆動モータと、駆動モータの回転軸に取り付けた偏心カムにより、前記マガジンを前記ホッパ内に向けて進退するよう昇降自在とされていることを特徴とする請求項1に記載の簡易型カプセル計数機。
  5. 前記マガジンが、上部マガジンと下部マガジンとで構成され、かつそれぞれ透明素材とすることにより、カプセルの詰まりや破損等を確認することができるとともに、分解しやすくしてメンテナンスを容易としたことを特徴とする請求項1に記載の簡易型カプセル計数機。
JP2009236730A 2009-10-13 2009-10-13 簡易型カプセル計数機 Pending JP2011084287A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009236730A JP2011084287A (ja) 2009-10-13 2009-10-13 簡易型カプセル計数機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009236730A JP2011084287A (ja) 2009-10-13 2009-10-13 簡易型カプセル計数機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2011084287A true JP2011084287A (ja) 2011-04-28

Family

ID=44077556

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009236730A Pending JP2011084287A (ja) 2009-10-13 2009-10-13 簡易型カプセル計数機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2011084287A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104139874A (zh) * 2014-07-08 2014-11-12 浙江越溪胶丸有限公司 一种采用准确取胶囊药瓶的无菌分装设备
CN104209263A (zh) * 2014-07-08 2014-12-17 浙江越溪胶丸有限公司 一种胶囊加工装置
CN108888520A (zh) * 2018-10-10 2018-11-27 南京正宽医药科技有限公司 一种软胶囊灌装机

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104139874A (zh) * 2014-07-08 2014-11-12 浙江越溪胶丸有限公司 一种采用准确取胶囊药瓶的无菌分装设备
CN104209263A (zh) * 2014-07-08 2014-12-17 浙江越溪胶丸有限公司 一种胶囊加工装置
CN104209263B (zh) * 2014-07-08 2016-04-13 浙江越溪胶丸有限公司 一种胶囊加工装置
CN108888520A (zh) * 2018-10-10 2018-11-27 南京正宽医药科技有限公司 一种软胶囊灌装机

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100844447B1 (ko) 소물품의 계수 공급 장치
US3722740A (en) Discrete article separating and dispensing apparatus particularly formeasured counts of pills capsules and the like
JP5837296B2 (ja) カプセルに薬品を充填するための間欠式回転機械
JP2006232357A (ja) 錠剤充填装置
JP5144512B2 (ja) 断続動作のカプセル充填機
JP2011173653A (ja) カプセルに薬品を充填するための間欠式回転機械
JP5941980B2 (ja) 医薬製品、特に硬質ゼラチンカプセルを検査するための装置
JP2011173651A (ja) カプセルに薬品を充填するための間欠式回転機械
JP2011084287A (ja) 簡易型カプセル計数機
JP2011173652A (ja) カプセルに薬品を充填するための間欠式回転機械
JP5774123B2 (ja) カプセル内に充填物を小分けするための装置
EP1879798A1 (en) A method for filling a cavity with a quantity of particulate material
JP5781609B2 (ja) 小錠送出器
EP3460423B1 (en) Depositor apparatus
US4017003A (en) Article dispensing machine
JP2010105742A (ja) ホッパ
KR102218087B1 (ko) 작은 입자 약제 정량 배출기 및 이를 구비한 작은 입자 약제 포장 장치
CN211055430U (zh) 一种中药丸包装机
KR20190109803A (ko) 정제 개별 공급 장치
CN210014834U (zh) 称重设备
KR102068298B1 (ko) 정제용 계수 투입장치
KR101980276B1 (ko) 작은 입자 약제 포장 장치
JP2004136954A (ja) 内容物充填方法及びそれに用いる装置
KR20180039056A (ko) 약제 조제 장치
JP2661454B2 (ja) 固形物の自動充填秤量装置