JP2009119079A - 使い捨ておむつ - Google Patents

使い捨ておむつ Download PDF

Info

Publication number
JP2009119079A
JP2009119079A JP2007297302A JP2007297302A JP2009119079A JP 2009119079 A JP2009119079 A JP 2009119079A JP 2007297302 A JP2007297302 A JP 2007297302A JP 2007297302 A JP2007297302 A JP 2007297302A JP 2009119079 A JP2009119079 A JP 2009119079A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
waist
front
elastic member
rear
liquid
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2007297302A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2009119079A5 (ja )
JP5227002B2 (ja )
Inventor
Hideaki Maki
Takaaki Shimada
Ryoko Yagi
亮子 八木
孝明 島田
秀晃 槇
Original Assignee
Uni Charm Corp
ユニ・チャーム株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Family has litigation

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/45Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the shape
    • A61F13/49Absorbent articles specially adapted to be worn around the waist, e.g. diapers
    • A61F13/49007Form-fitting, self-adjusting disposable diapers
    • A61F13/49009Form-fitting, self-adjusting disposable diapers with elastic means
    • A61F13/49011Form-fitting, self-adjusting disposable diapers with elastic means the elastic means is located at the waist region
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/45Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the shape
    • A61F13/49Absorbent articles specially adapted to be worn around the waist, e.g. diapers
    • A61F13/49007Form-fitting, self-adjusting disposable diapers
    • A61F13/49009Form-fitting, self-adjusting disposable diapers with elastic means
    • A61F13/49014Form-fitting, self-adjusting disposable diapers with elastic means the elastic means is located at the side panels
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/45Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the shape
    • A61F13/49Absorbent articles specially adapted to be worn around the waist, e.g. diapers
    • A61F13/49007Form-fitting, self-adjusting disposable diapers
    • A61F13/49009Form-fitting, self-adjusting disposable diapers with elastic means
    • A61F13/49017Form-fitting, self-adjusting disposable diapers with elastic means the elastic means being located at the crotch region
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/45Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the shape
    • A61F13/49Absorbent articles specially adapted to be worn around the waist, e.g. diapers
    • A61F13/494Absorbent articles specially adapted to be worn around the waist, e.g. diapers characterised by edge leakage prevention means
    • A61F13/49406Absorbent articles specially adapted to be worn around the waist, e.g. diapers characterised by edge leakage prevention means the edge leakage prevention means being at the crotch region

Abstract

【課題】体液吸収性能を低下させることなく、体液の横漏れを防止することができるとともに、優れた尿便保持性を有する使い捨ておむつを提供する。
【解決手段】
ウエスト弾性部材が、ウエスト開口の近傍において横方向へ延びる第1ウエスト弾性部材31と、レッグ開口16と第1ウエスト弾性部材31との間に位置し、前後ウエスト域の両側部20において横方向へ延び、前後ウエスト域13,14の中央近傍には延在していない第2ウエスト弾性部材32とから構成されており、前ウエスト域13における第2ウエスト弾性部材32が、吸液性コア44の吸液性コア44の側縁部44cをその内側へ越えて横方向へ延びており、後ウエスト域14における第2ウエスト弾性部材32が、後ウエスト域の側縁部25から吸液性コアの側縁と交差することなく、該側縁の近傍に延びている。
【選択図】図1

Description

この発明は、使い捨ておむつ、特に、体液吸収性能を低下させることなく、体液の横漏れを防止するとともに、排便により着用者の身体が妄りに汚れることがない使い捨ておむつに関する。

着用者の身体へのフィット性を向上させるために、前後ウエスト域において、ウエスト方向へ延びる複数条のウエスト用弾性部材を有する使い捨ておむつは一般的に知られている。例えば、特許文献1は、股下域からウエスト域へ延びる吸収体を備え、ウエスト域における幅方向の端部から少なくとも吸収体の外側縁に至る部分に、横方向へ延びる複数条のウエスト用弾性伸縮部材が配設されている紙おむつを開示する。
特開2002−248127号公報

特許文献1に開示された発明におけるウエスト弾性部材は、前後ウエスト域のウエスト開口縁部をウエスト方向へ延びる複数条のウエスト弾性部材と、前後ウエスト部の側縁部から吸収体の側縁部に延びる弾性伸縮性部材とが配設されている。これにより、ウエスト弾性部材の伸長応力が吸収体の側縁部に作用し、吸収体の着用者へのフィット性の向上が図られている。

しかし、このように、前ウエスト域と同様に、後ウエスト域においても吸収体の側縁部がウエスト弾性部材の伸長応力によって身体に密着すると、身体と吸収体との間に隙間が形成されにくくなり、排泄された便を拡散させることなく保持するためのスペースが十分に確保されず、排便が臀部に接触し、肌を汚したり、かぶれの原因ともなっていた。

そこで、この発明は、前ウエスト域においては、吸液性コアの体液吸収性能を低下させない限度において、体液の横漏れ防止のために吸液性コアの身体への密着を実現させるとともに、後ウエスト域においては、臀部と体液吸収性体との間に排泄された便を拡散させることなく、保持するためのスペースを形成することが可能な使い捨ておむつを提供することを課題としている。

前記課題を解決するために、この発明が対象とするのは、縦方向及び横方向と、肌当接面及び非肌当接面と、前ウエスト域と、後ウエスト域と、前記前後ウエスト域間に位置する股下域とを有し、ウエスト開口縁と一対のレッグ開口縁とを有するシャーシと、前記シャーシの前記肌当接面側に配置されていて、前記股下域を中心として前記前後ウエスト域へ延び、吸液性コアを含む吸液性構造体と、前記前後ウエスト域において、前記横方向へ伸長下に延びる複数条のウエスト弾性部材とから構成された使い捨ておむつである。

この発明の特徴とするところは、前記ウエスト弾性部材が、前記ウエスト開口の近傍において前記横方向へ延びる第1ウエスト弾性部材と、前記レッグ開口縁と前記第1ウエスト弾性部材との間に位置し、前記前後ウエスト域の両側部において前記横方向へ延び、前記前後ウエスト域の中央域には延在していない第2ウエスト弾性部材とから構成されており、
前記前ウエスト域における前記第2ウエスト弾性部材が、前記前ウエスト域の側縁から前記吸液性コアの側縁をその内側へ越えて前記横方向へ延びており、前記後ウエスト域における前記第2ウエスト弾性部材が、前記後ウエスト域の側縁から前記吸液性コアの側縁と交差することなく、該側縁の近傍へ延びていること、である。

この発明は、前記特徴を有する構成のほかに、以下の好ましい実施の態様を含む。
(1)前記前ウエスト域における前記第2ウエスト弾性部材の内端部と前記吸液性コアの側縁との間の前記横方向における寸法が、前記吸液性コアの横方向の寸法の10〜30%であり、前記後ウエスト域における前記第2ウエスト弾性部材と前記吸液性構造体の側縁との間の前記横方向における寸法が、前記吸液性構造体の横方向の寸法の10%以下である。
(2)前記吸液性コアの後端縁が、前記後ウエスト域において前記第ウエスト弾性部材が延在していない前記中央域において、前記第1ウエスト弾性部材の最も前記後端縁寄りの部位から離間して位置している。
(3)前記シャーシが、前記第2ウエスト弾性部材の非肌当接面側に位置するシートを含み、前記第2ウエスト弾性部材の内端部が、前記シートに固着されている。
(4)前記シートが透湿性のプラスチックフィルムから形成されており、その厚さが0.015〜0.05mmである。

この発明では、第2ウエスト弾性部材が、前ウエスト域において、その側縁部から吸液性構造体の側縁と交差して、吸液性コアの側縁部に延び、一方、後ウエスト域においては、その側縁部から吸液性構造体の側縁の外側へ延びており、吸液性コアには到達していない。これにより、前ウエスト域では、吸液性コアの体液吸収性能が阻害されない限度において、第2ウエスト弾性部材の伸長応力が吸液性コアに作用し、着用者の身体への密着が図られ、体液の漏れが防止されているとともに、後ウエスト域では、第2ウエスト弾性部材の伸長応力が吸液性構造体に対して直接的に作用して肌へ過度に密着させるということがないので、身体と体液吸収体との間に排泄された便を拡散させることなく保持するための十分なスペースが形成され、優れた尿便保持性能を発揮することができる。

図1〜4にこの発明の第1実施形態を示している。図1は、使い捨ておむつの着用状態を示す部分破断斜視図である。図1では、おむつ10が着用されたときの状態を示し、縦方向がX、横方向がYで示されている。

図1に示されているように、おむつ10は、胴周りを被覆するシャーシ11と、シャーシ11の内側、すなわちシャーシ11の肌当接面側に取り付けられ、縦方向Xへ延びる液吸収性の吸液性構造体12とから構成されており、前ウエスト域13と、後ウエスト域14と、これら両域間に延びる股下域15とを有する。前後ウエスト域13,14は、上側弾性域18と、下側弾性域19A,19Bと、下側弾性域19A,19B間に位置する非伸縮域30とに区分されている。上側弾性域18には、ウエスト開口縁部16aに沿って横方向Yへ延びる複数条の第1ウエスト弾性部材31が配設されており、下側弾性域19A,19Bには前後ウエスト域13,14の両側部20を横方向Yへ延びる複数条の第2ウエスト弾性部材32が配設されている。

図2は、おむつ10をシーム部26において上下に剥離し、縦方向Xと横方向Yとに伸展したときの展開平面図、図3は、シャーシ11と吸液性構造体12とを分離した、おむつ10の分解斜視図である。

シャーシ11は、前ウエスト域13を含むほぼ台形状の前方部材21と、後ウエスト域14を含むほぼ台形状の後方部材22と、前方部材21と後方部材23との間に位置し、股下域15を形成する矩形の中間部材23とから構成されており、それら前方部材21、中間部材23、後方部材22が縦方向Xへ並べられ、接合部121,122において互いに連結されていることによって、全体としてほぼ砂時計形状を有している。前方部材21及び後方部材23は、それらの両側縁部24,25が互いに重ね合わせられ、縦方向Xへ間欠的に並ぶシーム部26において、公知の接合手段、例えば、ホットメルト接着剤や熱エンボス加工、ソニックによる熱溶着手段で接合されることにより連結され、ウエスト開口16と、一対のレッグ開口17とが画成されている(図1参照)。

前方部材21、中間部材23および後方部材22は、肌当接面側に位置する透液性の内層シート27と、非肌当接面側に位置する不透液性の外層シート28とを接合することによって形成されている。内層シート27と外層シート28とは、何れも通気性の繊維不織布から形成されている。外層シート28は、縦方向Xにおいて、内層シート27の前後端縁からそれぞれ延出し、シャーシ11の内側に吸液性構造体12が取り付けられた後に、吸液性構造体12の前後端縁12a,12bを上側から覆うように吸液性構造体12側へ折り返され、両側縁部24,25において接合されている。このように、外層シートの延出部29が吸液性構造体12の前後端縁12a,12bを上側から覆っているので、吸液性構造体12に吸収されなかった体液が前後端縁12a,12bから漏出した場合であっても、延出部29が防漏壁となり、体液が外部へ漏出することを防ぐことができる。

内層シート27と外層シート28との間には、第1ウエスト弾性部材31と、第2ウエスト弾性部材32と、脚周りの上下端縁17a,17b沿いに延びる複数条のレッグ弾性部材33とが介在されており、これら弾性部材31,32,33は、両シート27,28間のうちの少なくとも内層シート27にホットメルト接着剤(図示せず)を介して伸長下に取り付けられている。シャーシ11には、これら弾性部材31,32,33が収縮することによって複数のギャザー34が生じている(図1参照)。

吸液性構造体12は、ほぼ略矩形を有し、透液性の内面シート41と、不透液性の外面シート42と、これら両シート間に介在する液吸収性の芯材43とを含んでいる。内面シート41と外面シート42とは、ほぼ矩形に形成された芯材43の周縁から延出して重なり合いホットメルト接着剤(図示せず)を介して互いに接合され、シャーシ11の前端縁と対向する前端縁12a、シャーシ11の後端縁と対向する後端縁12b、前後端縁12a,12b間を縦方向Xに延びる両側縁部12cとが形成されている。前端縁12aと後端縁12bとは、それぞれ前方部材21の内層シート27と後方部材22の内層シート27とに、ホットメルト接着剤(図示せず)を介して接合されている。

芯材43は、フラッフパルプと、高吸収性ポリマーと、必要に応じて熱溶着性ステープル繊維との混合等からなる矩形に形成された吸液性コア44がティッシュペーパ等の液拡散性の保形シート45で被覆されて形成されている。外面シート42と芯材43との間には、不透液性かつ透湿性のプラスチックフィルムで形成された液バリアシート46が介在している。液バリアシート46は、芯材43の底面に位置する大きさであればよいが、充分な防漏効果を発揮するためには、底面全体を被覆する大きさを有することが好ましい。

吸液性構造体12の両側縁12cには、不透液性のシートから形成された、縦方向Xへ延びる一対のバリアカフ51が取り付けられている。バリアカフ51は、吸液性構造体12の側縁12cとシャーシ11との間に、かつ、レッグ弾性部材33の内端部と交差して固着された固定部52と、吸液性コア44側へ倒伏している自由部53とを有し、自由部の内面には縦方向Xへ延びる少なくとも1本の弾性部材54が取り付けられている。おむつ10の着用状態においては、弾性部材54が伸長し、その収縮によって自由部52が内面シート41から上方へ離間し、吸液性構造体12の両側縁12cの全体を被覆して排泄物の横漏れを防止することができる。また、弾性伸縮部材54は、股下域15において縦方向Xへ延びているので、レッグ開口17の上下端縁17a,17b沿いに延びるレッグ弾性部材33と協働して、レッグ開口17の周縁部において、仮想の環状に延びる弾性領域を形成している。このように、着用者の脚回り(図示せず)は、仮想の環状に延びる弾性領域で囲堯されているので、脚周りにおいて排泄物が外部へ漏出しにくくなっている。

図4(a)は、図2のおむつ10の展開平面図における、前方部材21の一部拡大図である。図4では、説明の便宜上、内層シート27、液バリアシート46、保形シート45及び内面シート41は、省略されている。

図4(a)に示されているとおり、第2ウエスト弾性部材32は、側縁部24から吸液性構造体12側へ延び、吸液性構造体12の側縁112を内方へわずかに越えて、コア44の側縁部44cまで延びている。このように第2ウエスト弾性部材32がコア44の側縁部44cまで延び、コア44の中央域44dには延在していないので、コア44全体が、第2ウエスト弾性部材32の収縮による影響を極力抑制しつつ、コア44の有する体液吸収性能が保持されたまま、吸液性構造体12を着用者の身体にフィットさせることができる。

すなわち、第2ウエスト弾性部材32が吸液性構造体12を横切って横方向Yへ伸長下に延びていると仮定すれば、第2ウエスト弾性部材32の収縮による影響を受け、コア44全体に皺が寄り、コア44の体液吸収性能が低減するおそれがある。一方、第2ウエスト弾性部材32が前後ウエスト域13,14の両側部24,25から吸液性構造体12の側縁12cまで延びず、コア44上に延在しない場合には、第2ウエスト弾性部材32の伸長応力が吸液性構造体12に対して過度に作用することはなく、コア44に皺が寄ることはない。

しかし、吸液性構造体12が前後端縁12a,12bでのみシャーシ11の内面に接合され、第2弾性部材32の伸長応力が吸液性構造体12に付与されない場合には、着用者が前屈した際に、腹部とともに吸液性構造体12が前方へ押し上げられ、吸液性構造体12が所望の位置からずり上がってしまうおそれがある。このような吸液性構造体12の位置ずれを防止するために、吸液性構造体12の肌非当接面側に位置する、シャーシ11との当接面における広い範囲に接着剤を塗工することも考えられるが、その場合には、おむつ10全体の透湿性が損なわれ、おむつ内部に蒸れを生じるので、衛生上好ましくない。

そこで、前ウエスト域13では、コア44の体液吸収性能を阻害しない程度に、第2ウエスト弾性部材32が吸液性コア44の側縁部44cまで延びており、その中央域44dには第2ウエスト弾性部材32が延在していない。このようにコア44の中央域44dは第2ウエスト弾性部材32の収縮による影響を受けないので、その収縮によって中央域44dに皺が生じにくくなって、コア44の吸液性機能の低下が抑制されるとともに、側縁部44cが第2ウエスト弾性部材32の伸長応力によって身体に密着するので、吸液性構造体12が位置ずれも併せて抑制されることとなる。

このような作用効果を奏するためには、コア44の側縁と第2ウエスト弾性部材の内端部38との横方向Yの離間寸法L1が、吸液性コア44の横方向Yの寸法L2の10〜30%であることが好ましい。離間寸法L1が吸液性コア44の横方向Yの寸法L2の30%以上の場合には、コア44に第2ウエスト弾性部材32の収縮の影響による皺が比較的に広範囲に生じるので、コア44の体液吸収性能が阻害され、液漏れを生じるおそれがある。離間寸法L1が、吸液性構造体12の横方向Yの寸法L2の10%未満の場合には、第2ウエスト弾性部材32の伸長応力が吸液性構造体12を身体に密着させるほどに付与されず、吸液性構造体12と着用者の身体との間に隙間が生じ、隙間から体液が外部へ漏出するおそれがある。

図4(b)は、図2のおむつ10の展開平面図における、後方部材22の一部拡大図であって、図4(a)と同様に、説明の便宜上、内層シート27、液バリアシート、保形シート45及び内面シート41とは、省略されている。

図4(b)に示されているとおり、第2ウエスト弾性部材32は、後方部材22の側縁部25から吸液性構造体12の側縁12cの横方向の外側近傍にまで延びている。このように、前方部材21とは異なり、後方部材22では、第2ウエスト弾性部材32が吸液性構造体12の上にまで延びていないので、吸液性構造体12が第2ウエスト弾性部材32の収縮による影響が極力抑制されており、吸液性構造体12と着用者の臀部との間に、排泄された便を拡散させることなく保持するための空間を形成することができる。

すなわち、前ウエスト域13と同様に、後ウエスト域14においても、第2ウエスト弾性部材32が吸液性構造体12の側縁12cよりも横方向Yの内側へ延びていると仮定した場合には、吸液性構造体12全体が着用者の臀部に密着し、排泄された便を保持するための空間が形成されにくくなるので、排泄された便が吸液性構造体12と臀部との間で挟圧されて、臀部が便で汚れたり、便が外部へ漏れ出るおそれがある。しかし、後ウエスト域14では、第2ウエスト弾性部材32の収縮の影響が極力抑制されるので、吸液性構造体12が着用者の臀部へ過度に密着することはなく、臀部と吸液性構造体12との間に適度な大きさの空間が形成され、その空間に排泄された便を保持することができる。また、後ウエスト域14においても、コア44の中央域44dには第2ウエスト弾性部材32は配設されていないので、コア44の体液吸収性機能が低下するおそれはない。

後ウエスト域14では、第2ウエスト弾性部材32の内端部38と吸液性構造体12の側縁112との横方向Yにおける離間寸法D1が、吸液性構造体12の横方向Yの寸法Wの10%未満であることが好ましい。離間寸法D1が吸液性構造体12の横方向Yの寸法Wの10%以上である場合には、吸液性構造体12の身体へのフィット性が著しく低下し、吸液性構造体12と臀部と間に形成される空間が比較的に大きなものとなるので、排泄物が外部へ漏出するおそれがあるからである。

第2ウエスト弾性部材32は、予め所与寸法に伸長させた弾性伸縮部材を前後方部材21,22の両側部20に配設させることによって形成することもできるが、第2ウエスト弾性部材32を横方向Yへ伸長下に固定した後、前後ウエスト域13,14の中央近傍の所望の範囲(少なくともコア44の中央域44dと対向する範囲)にある第2ウエスト弾性部材32の一部を取り除くか、または、その所望の範囲を内層シート27に固着しない非固着域とし、その一部を切断することによって、スナップバック(弾性部材のうちのシートに固着されていない非固着域が、自らの収縮によりシートに固着されている接合端部近傍まで戻ること)させて、形成することもできる。一般に、使い捨ておむつの製造工程においては、シート部材、弾性部材等の構成部材を一定の方向へ流して順番に重ねていき配設していくので、後記形成方法が好ましい。

前後ウエスト域13,14の下側弾性域19A,19B間において、第2ウエスト弾性部材32が延在していない非伸縮域30は、コア44に対向する範囲のみならず、吸液性構造体12の前後端縁12a,12bの縦方向Xの外方に及んでいる。前述のとおり、後方部材23のみならず前方部材21においても、コア44の中央域44dの体液吸収性能を低下させないために、その中央域44dにできるだけ第2ウエスト弾性部材32の伸長応力が作用されにくくすることが必要である。したがって、このように前後端縁12a,12bの縦方向Xの外方にある第2ウエスト弾性部材32が除去、切断されている場合には、前後端縁12a,12bは、縦方向Xにおいて最も近接する弾性部材(図4(a)及び(b)では、第1ウエスト弾性部材の最下に位置する弾性部材31a)と所与寸法離間するので、第2ウエスト弾性部材32の収縮による影響を抑制することができる。また、吸液性構造体12の後端縁12bと弾性部材31aとの離間寸法D2が、第1ウエスト弾性部材の第2ウエスト弾性部材32の内端部38と吸液性構造体12の側縁12cとの横方向Yにおける離間寸法D1と同等であるか、若しくはそれ以上であることが好ましい。この場合には、吸液性構造体12の後端縁12bの周縁に所要の大きさを有する非伸縮領域が形成され、便を確実に保持することが可能となるからである。

図5は、この発明の第2実施形態のおむつ10の展開状態を示す部分破断展開図である。第2実施形態のおむつ10は、図1〜4に示された、第1実施形態と基本的構成においてほぼ同一であるので、説明の重複を避けるため、第1実施形態と相違する点についてのみ述べる。

図5では、略矩形の透湿性の固定用シート70が、吸液性構造体12の前後端縁12a,12bと対向する位置において、内層シート27と外層シート28との間に介在しており、少なくとも内層シート27の内面に接合されている。内外層シート27,28間に介在されている第2ウエスト弾性部材32の内端部38及びその近傍は、内層シート27と固定用シート70との間に位置し、両シート27,70に固着されている。

一般に、弾性部材をシート部材に固着するためには、ホットメルト接着剤等の公知の接着剤が用いられるが、第2ウエスト弾性部材32のように、伸長下で延在された弾性部材の端部をシート部材に接合する場合は、おむつの製造過程またはおむつの着用中における弾性部材自体のゴム抜けを防止するために、接合端部及びその近傍には、他の接合領域よりも多量の接着剤を塗布する必要がある。ゴム抜けのため多量の接着剤が塗布された部位は硬化し、繊維不織布としての風合いを損ねるばかりでなく、着用者に違和感を与えるおそれがあった。また、外層シート28の外面に図柄や模様を印刷して意匠的装飾を施していた場合には、接着剤が多量に塗布されている部位が外部から透視され、その意匠形態に少なからず影響を与えていた。

しかし、本実施形態では、固定用シート70が、第2ウエスト弾性部材32の接合端部である内端部38を内層シート27とともに上下側から挟み込むように内外層シート27,28間に介在しているので、たとえ、内端部38に多量の接着剤が塗布されたとしても、外面シート28の一部が硬化することはなく、その風合いを損ねるおそれはない。また、おむつ10の製造過程において、固定用シート70が配置されている領域は他の領域に比してシートの厚みが増し、剛性が高くなるので、より効率的にプレス圧をかけることができ、内端38およびその近傍を内面シート27と固定用シート70との間により強固に固着することができる。このように内端38およびその近傍をより強固に固着することができれば、使用する接着剤の量を減らすことができる。

固定用シート70は、透湿性のプラスチックフィルムや不織布から作られており、その厚さは、0.015〜0.05mmであることが好ましい。固定用シート70は、少なくとも第2ウエスト弾性部材32の内端部38およびその周縁1〜20mm以上の範囲を被覆する大きさを有するものであればよく、また、図示されているような略矩形状ではなく、円形状、多角形状等の各種形状を採用することができる。

固定用シート70は、第2ウエスト弾性部材32の内端部38およびその近傍を上下側から挟持するように内外層シート27,28間に介在した、2枚のシートから形成されるものであってもよい。固定用シート70が上下2枚のシートから形成されている場合には、内端部38及びその近傍を固着するための接着剤は上下の固定用シート70間に塗布されるので、内層シート27および外層シート28の一部が接着剤により硬化することはない。

さらに、固定用シート70には、印刷加工等によって、外部から透視可能な絵柄や図案化された模様からなる意匠的装飾が施されていてもよい。

第1及び第2ウエスト弾性部材31,32と、脚周り弾性部材33と、弾性伸縮部材54は、糸状または帯状の天然又は合成ゴムから作られている。また、第2ウエスト弾性部材32は、伸長率80%での伸長応力が、0.5〜2.5N/25mmであることが好ましい。

第2ウエスト弾性部材32の伸長応力は下記の方法で測定する。

まず、おむつを図2のように展開した状態にして第2ウエスト弾性部材32を伸長させ、おむつ10から伸長状態にある第2ウエスト弾性部材32を約25mm幅に切り取ってサンプルとし、その長さを最大伸長時の長さとする。次に、採取したサンプルを測定片として引張試験機のチャックに装填し、移動速度100mm/min、反転距離をサンプルの測定片の最大伸長時の90%の長さにした1サイクル試験を行い、測定片の最大伸長時の80%の長さになる点の反転後の応力を測定して求める。このとき、チャック間の距離はサンプルの測定片に応じて適宜変更する必要があり、また、25mm幅でサンプルの測定片の採取が不可能な場合には、任意の幅で測定を行い、25mm幅に換算して伸長応力を求める。

前後ウエスト域13,14における第2ウエスト弾性部材32どうしの離間間隔および本数は、その所要の伸長応力に応じて適宜定めることができるが、前ウエスト域13における第2ウエスト弾性部材32全体の伸長応力、すなわち、下側弾性域19A,19Bの伸長応力が、上側弾性域18の伸長応力よりも大きいことが好ましい。前ウエスト域13においては、吸液性構造体12を身体にしっかりと密着させて尿漏れを防止する必要があり、一方、後ウエスト域14においては、便を保持するための適当な空間を形成し、かつ、便漏れが生じない程度のフィット性があれば足りるからである。このように下側弾性域19A,19Bの伸長応力を上側弾性域18の伸長応力よりも大きくするためには、いうまでもなく、同じ伸長応力を有する弾性部材を前ウエスト域13に後ウエスト域14よりも多く配設したり、また、配設される弾性部材が同数本の場合には、後ウエスト域14に配設される弾性部材として、前ウエスト域13に配設される弾性部材よりも伸長応力の大きな弾性部材を用いることができる。

内外層シート27,28、内外面シート41,42、吸液性構造体12を形成する各部材、各弾性部材31,32,33,54などのこの発明を構成する材料としては、この種の使い捨ておむつに慣用されている各種材料を制限なく用いることができる。また、おむつ10は、シャーシ11の前方部材21、中間部材23が連結シートから形成されていてもよいし、中間部材23が存在せず、前方部材21と後方部材22とからなるものであってもよい。さらにまた、図示例では、前後ウエスト域の両側縁部が連結されたパンツ型使い捨ておむつを示したが、この発明は、前記側縁部が連結されていないオープン型のものに適用しても有効であり、パンツ型のものに限定されない。

この発明に係るおむつの第1実施形態を示す部分破断斜視図。 同上の展開平面図。 同上の分解斜視図。 (a)は前方部材の一部拡大図、(b)は後方部材の一部拡大図。 この発明に係るおむつの第2実施形態を示す部分破断斜視図。

符号の説明

10 使い捨ておむつ
11 シャーシ
12 吸液性構造体
12c 吸液性構造体の側縁
13 前ウエスト域
14 後ウエスト域
15 股下域
16 ウエスト開口
16a ウエスト開口縁
17 レッグ開口
18 上側弾性域
19 下側弾性域
20 前後ウエスト域の両側部
24 前ウエスト域の側縁部
25 後ウエスト域の側縁部
30 非伸縮域
31 第1ウエスト弾性部材
31a 第1ウエスト弾性部材の最も吸液性コアの後端縁寄りの部位
32 第2ウエスト弾性部材
33 レッグ弾性部材
38 第2ウエスト弾性部材の内端部
44 吸液性コア
44c 吸液性コアの側縁部
70 (固定用)シート
D1 後ウエスト域における第2ウエスト弾性部材の内端部と吸液性コアの側縁との間の横方向における寸法
L1 前ウエスト域における第2ウエスト弾性部材の内端部と吸液性コアの側縁との間の横方向における寸法
L2 吸液性コアの横方向の寸法
W 吸液性構造体の横方向の寸法
X 縦方向
Y 横方向

Claims (5)

  1. 縦方向及び横方向と、肌当接面及び非肌当接面と、前ウエスト域と、後ウエスト域と、前記前後ウエスト域間に位置する股下域とを有し、ウエスト開口縁と一対のレッグ開口縁とを有するシャーシと、
    前記シャーシの前記肌当接面側に配置されていて、前記股下域を中心として前記前後ウエスト域へ延び、吸液性コアを含む吸液性構造体と、
    前記前後ウエスト域において、前記横方向へ伸長下に延びる複数条のウエスト弾性部材とから構成された使い捨ておむつであって、
    前記ウエスト弾性部材が、前記ウエスト開口の近傍において前記横方向へ延びる第1ウエスト弾性部材と、前記レッグ開口縁と前記第1ウエスト弾性部材との間に位置し、前記前後ウエスト域の両側部において前記横方向へ延び、前記前後ウエスト域の中央域には延在していない第2ウエスト弾性部材とから構成されており、
    前記前ウエスト域における前記第2ウエスト弾性部材が、前記前ウエスト域の側縁から前記吸液性コアの側縁をその内側へ越えて前記横方向へ延びており、前記後ウエスト域における前記第2ウエスト弾性部材が、前記後ウエスト域の側縁から前記吸液性コアの側縁と交差することなく、該側縁の近傍へ延びていることを特徴とするおむつ。
  2. 前記前ウエスト域における前記第2ウエスト弾性部材の内端部と前記吸液性コアの側縁との間の前記横方向における寸法が、前記吸液性コアの横方向の寸法の10〜30%であり、前記後ウエスト域における前記第2ウエスト弾性部材と前記吸液性構造体の側縁との間の前記横方向における寸法が、前記吸液性構造体の横方向の寸法の10%以下である請求項1に記載のおむつ。
  3. 前記吸液性コアの後端縁が、前記後ウエスト域において前記第ウエスト弾性部材が延在していない前記中央域において、前記第1ウエスト弾性部材の最も前記後端縁寄りの部位から離間して位置している請求項1又は2に記載のおむつ。
  4. 前記シャーシが、前記第2ウエスト弾性部材の非肌当接面側に位置するシートを含み、前記第2ウエスト弾性部材の内端部が、前記シートに固着されている請求項1〜3のいずれかに記載のおむつ。
  5. 前記シートが透湿性のプラスチックフィルムから形成されており、その厚さが0.015〜0.05mmである請求項4に記載のおむつ。
JP2007297302A 2007-11-15 2007-11-15 使い捨ておむつ Active JP5227002B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007297302A JP5227002B2 (ja) 2007-11-15 2007-11-15 使い捨ておむつ

Applications Claiming Priority (11)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007297302A JP5227002B2 (ja) 2007-11-15 2007-11-15 使い捨ておむつ
CN 200880123508 CN101909559B (zh) 2007-11-15 2008-08-15 一次性尿布
PCT/JP2008/064629 WO2009063668A1 (ja) 2007-11-15 2008-08-15 使い捨ておむつ
US12742723 US8486039B2 (en) 2007-11-15 2008-08-15 Disposable diaper
KR20107013063A KR101484116B1 (ko) 2007-11-15 2008-08-15 1회용 기저귀
EP20080850113 EP2215999B1 (en) 2007-11-15 2008-08-15 Disposable diaper
PCT/JP2008/066676 WO2009063687A1 (ja) 2007-11-15 2008-09-16 使い捨ておむつ
EP20080849827 EP2215998A1 (en) 2007-11-15 2008-09-16 Disposable diaper
US12742726 US20100312214A1 (en) 2007-11-15 2008-09-16 Disposable diaper
KR20107013064A KR20100106969A (ko) 2007-11-15 2008-09-16 1회용 기저귀
CN 200880123512 CN101909561A (zh) 2007-11-15 2008-09-16 一次性尿布

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2009119079A true true JP2009119079A (ja) 2009-06-04
JP2009119079A5 true JP2009119079A5 (ja) 2010-12-16
JP5227002B2 JP5227002B2 (ja) 2013-07-03

Family

ID=40638522

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007297302A Active JP5227002B2 (ja) 2007-11-15 2007-11-15 使い捨ておむつ

Country Status (6)

Country Link
US (1) US8486039B2 (ja)
EP (1) EP2215999B1 (ja)
JP (1) JP5227002B2 (ja)
KR (1) KR101484116B1 (ja)
CN (1) CN101909559B (ja)
WO (1) WO2009063668A1 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2011001937A1 (ja) * 2009-07-01 2011-01-06 花王株式会社 パンツ型吸収性物品
JP2011083327A (ja) * 2009-10-13 2011-04-28 Kao Corp パンツ型使い捨ておむつ
JP2011156121A (ja) * 2010-01-29 2011-08-18 Unicharm Corp 吸収性物品
JP2011156122A (ja) * 2010-01-29 2011-08-18 Unicharm Corp 吸収性物品の製造方法
WO2013084915A1 (ja) * 2011-12-07 2013-06-13 ユニ・チャーム株式会社 使い捨て着用物品
WO2013146842A1 (ja) * 2012-03-29 2013-10-03 ユニ・チャーム株式会社 使い捨て着用物品

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5886418B2 (ja) 2012-03-30 2016-03-16 ザ プロクター アンド ギャンブルカンパニー 伸縮部材切断ロールシステム、方法、及びそれらから作製される吸収性物品
JP6124625B2 (ja) * 2013-03-08 2017-05-10 ユニ・チャーム株式会社 パンツ型の使い捨て着用物品

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004049765A (ja) * 2002-07-23 2004-02-19 Kao Corp おむつ
JP2007029507A (ja) * 2005-07-28 2007-02-08 Kao Corp パンツ型使い捨ておむつ

Family Cites Families (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5968029A (en) * 1993-08-03 1999-10-19 The Procter & Gamble Company Web materials exhibiting elastic-like behavior
DE69821541D1 (de) 1997-04-21 2004-03-18 Kao Corp Tokio Tokyo Absorbierender Wegwerfartikel
DE60114289T2 (de) * 2000-05-15 2006-04-20 Kao Corp. Absorbierender Artikel
US7727214B2 (en) * 2000-11-29 2010-06-01 Daio Paper Corporation Disposable diaper with spaced elastic leg openings for improved appearance
JP4275321B2 (ja) 2001-02-23 2009-06-10 ダイオーペーパーコンバーティング株式会社 紙おむつ
KR100863777B1 (ko) * 2001-03-15 2008-10-16 다이오 페이퍼 컨버팅 가부시키가이샤 일회용 기저귀
US6620146B2 (en) * 2001-04-20 2003-09-16 Paragon Trade Brands, Inc. Adult incontinence article with body-shaping elastics
JP4036766B2 (ja) 2003-02-05 2008-01-23 花王株式会社 使い捨て吸収性物品
US20040243083A1 (en) * 2003-05-27 2004-12-02 The Procter & Gamble Company Disposable pull-on garment having graphic patch
US20050107763A1 (en) * 2003-11-19 2005-05-19 The Procter & Gamble Company Disposable pull-on garment
KR100705184B1 (ko) * 2004-07-30 2007-04-06 가오가부시끼가이샤 팬츠형 일회용 기저귀
JP4145276B2 (ja) 2004-08-03 2008-09-03 花王株式会社 使い捨ておむつ
US7449014B2 (en) * 2005-03-04 2008-11-11 Uni-Charm Corporation Disposable wearing article

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004049765A (ja) * 2002-07-23 2004-02-19 Kao Corp おむつ
JP2007029507A (ja) * 2005-07-28 2007-02-08 Kao Corp パンツ型使い捨ておむつ

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2011001937A1 (ja) * 2009-07-01 2011-01-06 花王株式会社 パンツ型吸収性物品
JP2011010840A (ja) * 2009-07-01 2011-01-20 Kao Corp パンツ型吸収性物品
CN102427791A (zh) * 2009-07-01 2012-04-25 花王株式会社 短裤型吸收性物品
JP2011083327A (ja) * 2009-10-13 2011-04-28 Kao Corp パンツ型使い捨ておむつ
JP2011156121A (ja) * 2010-01-29 2011-08-18 Unicharm Corp 吸収性物品
JP2011156122A (ja) * 2010-01-29 2011-08-18 Unicharm Corp 吸収性物品の製造方法
US8932274B2 (en) 2010-01-29 2015-01-13 Uni-Charm Corporation Absorbent article
CN102686195A (zh) * 2010-01-29 2012-09-19 尤妮佳股份有限公司 吸收性物品的制造方法
JP2013118962A (ja) * 2011-12-07 2013-06-17 Unicharm Corp 使い捨て着用物品
WO2013084915A1 (ja) * 2011-12-07 2013-06-13 ユニ・チャーム株式会社 使い捨て着用物品
WO2013146842A1 (ja) * 2012-03-29 2013-10-03 ユニ・チャーム株式会社 使い捨て着用物品
JP2013226393A (ja) * 2012-03-29 2013-11-07 Unicharm Corp 使い捨て着用物品
US9381121B2 (en) 2012-03-29 2016-07-05 Unicharm Corporation Disposable wearing article

Also Published As

Publication number Publication date Type
KR20100106968A (ko) 2010-10-04 application
EP2215999A4 (en) 2012-12-19 application
JP5227002B2 (ja) 2013-07-03 grant
CN101909559A (zh) 2010-12-08 application
EP2215999A1 (en) 2010-08-11 application
US20100324519A1 (en) 2010-12-23 application
CN101909559B (zh) 2013-07-03 grant
KR101484116B1 (ko) 2015-01-19 grant
EP2215999B1 (en) 2013-12-25 grant
WO2009063668A1 (ja) 2009-05-22 application
US8486039B2 (en) 2013-07-16 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7169136B2 (en) Pull-on disposable diaper
US6406465B1 (en) Disposable diaper having lower concavity
JP2004041311A (ja) 使い捨ておむつ
JP2002320641A (ja) パンツ型吸収性物品
JP2011125537A (ja) 使い捨て吸収性物品
WO2008069279A1 (ja) 吸収性物品
JP2008253289A (ja) パンツ型使い捨ておむつ
JP2006247009A (ja) 使い捨て吸収性物品
JP2009240695A (ja) 使い捨ておむつ
JPH0956747A (ja) 使い捨てのパンツ型体液吸収性着用物品
JP2009207778A (ja) 吸収性物品
JP2009240694A (ja) 使い捨ておむつ
EP1495739A1 (en) Underpants type disposable diaper
JPH11299828A (ja) 使い捨てのパンツ型おむつ
US6503238B1 (en) Disposable liquid absorbent article with elasticizing members
JP2008012197A (ja) 使い捨ておむつ
US20050267436A1 (en) Disposable wearing article
JP2007167166A (ja) 使い捨て吸収性パンツ
JP2007130442A (ja) 使い捨ておむつ
US7449014B2 (en) Disposable wearing article
JPH0576565A (ja) 使い捨ておむつ
JP2006122396A (ja) 吸収性物品
JP2001340380A (ja) 使い捨て紙おむつ
JP2004159949A (ja) トランクス型使い捨ておむつおよび該使い捨ておむつの製造方法
JP2013118962A (ja) 使い捨て着用物品

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101102

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20101102

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120904

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20121101

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130219

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130315

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20160322

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250