JP2008238163A - ガス中の水銀蒸気除去法 - Google Patents

ガス中の水銀蒸気除去法 Download PDF

Info

Publication number
JP2008238163A
JP2008238163A JP2008045772A JP2008045772A JP2008238163A JP 2008238163 A JP2008238163 A JP 2008238163A JP 2008045772 A JP2008045772 A JP 2008045772A JP 2008045772 A JP2008045772 A JP 2008045772A JP 2008238163 A JP2008238163 A JP 2008238163A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
mercury vapor
activated carbon
gas
potassium iodide
concentration
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2008045772A
Other languages
English (en)
Other versions
JP5094468B2 (ja
Inventor
Tetsuya Fukunaga
Keizo Furukawa
Toshio Kimura
圭三 古川
俊雄 木村
哲也 福永
Original Assignee
Japan Enviro Chemicals Ltd
日本エンバイロケミカルズ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2007051087 priority Critical
Priority to JP2007051087 priority
Application filed by Japan Enviro Chemicals Ltd, 日本エンバイロケミカルズ株式会社 filed Critical Japan Enviro Chemicals Ltd
Priority to JP2008045772A priority patent/JP5094468B2/ja
Publication of JP2008238163A publication Critical patent/JP2008238163A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5094468B2 publication Critical patent/JP5094468B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D53/00Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols
    • B01D53/02Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols by adsorption, e.g. preparative gas chromatography
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01JCHEMICAL OR PHYSICAL PROCESSES, e.g. CATALYSIS OR COLLOID CHEMISTRY; THEIR RELEVANT APPARATUS
    • B01J20/00Solid sorbent compositions or filter aid compositions; Sorbents for chromatography; Processes for preparing, regenerating or reactivating thereof
    • B01J20/02Solid sorbent compositions or filter aid compositions; Sorbents for chromatography; Processes for preparing, regenerating or reactivating thereof comprising inorganic material
    • B01J20/04Solid sorbent compositions or filter aid compositions; Sorbents for chromatography; Processes for preparing, regenerating or reactivating thereof comprising inorganic material comprising compounds of alkali metals, alkaline earth metals or magnesium
    • B01J20/046Solid sorbent compositions or filter aid compositions; Sorbents for chromatography; Processes for preparing, regenerating or reactivating thereof comprising inorganic material comprising compounds of alkali metals, alkaline earth metals or magnesium containing halogens, e.g. halides
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01JCHEMICAL OR PHYSICAL PROCESSES, e.g. CATALYSIS OR COLLOID CHEMISTRY; THEIR RELEVANT APPARATUS
    • B01J20/00Solid sorbent compositions or filter aid compositions; Sorbents for chromatography; Processes for preparing, regenerating or reactivating thereof
    • B01J20/02Solid sorbent compositions or filter aid compositions; Sorbents for chromatography; Processes for preparing, regenerating or reactivating thereof comprising inorganic material
    • B01J20/20Solid sorbent compositions or filter aid compositions; Sorbents for chromatography; Processes for preparing, regenerating or reactivating thereof comprising inorganic material comprising free carbon; comprising carbon obtained by carbonising processes
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01JCHEMICAL OR PHYSICAL PROCESSES, e.g. CATALYSIS OR COLLOID CHEMISTRY; THEIR RELEVANT APPARATUS
    • B01J20/00Solid sorbent compositions or filter aid compositions; Sorbents for chromatography; Processes for preparing, regenerating or reactivating thereof
    • B01J20/30Processes for preparing, regenerating, or reactivating
    • B01J20/32Impregnating or coating ; Solid sorbent compositions obtained from processes involving impregnating or coating
    • B01J20/3202Impregnating or coating ; Solid sorbent compositions obtained from processes involving impregnating or coating characterised by the carrier, support or substrate used for impregnation or coating
    • B01J20/3204Inorganic carriers, supports or substrates
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01JCHEMICAL OR PHYSICAL PROCESSES, e.g. CATALYSIS OR COLLOID CHEMISTRY; THEIR RELEVANT APPARATUS
    • B01J20/00Solid sorbent compositions or filter aid compositions; Sorbents for chromatography; Processes for preparing, regenerating or reactivating thereof
    • B01J20/30Processes for preparing, regenerating, or reactivating
    • B01J20/32Impregnating or coating ; Solid sorbent compositions obtained from processes involving impregnating or coating
    • B01J20/3231Impregnating or coating ; Solid sorbent compositions obtained from processes involving impregnating or coating characterised by the coating or impregnating layer
    • B01J20/3234Inorganic material layers
    • B01J20/3236Inorganic material layers containing metal, other than zeolites, e.g. oxides, hydroxides, sulphides or salts
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2253/00Adsorbents used in seperation treatment of gases and vapours
    • B01D2253/10Inorganic adsorbents
    • B01D2253/102Carbon
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2257/00Components to be removed
    • B01D2257/30Sulfur compounds
    • B01D2257/302Sulfur oxides
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2257/00Components to be removed
    • B01D2257/60Heavy metals or heavy metal compounds
    • B01D2257/602Mercury or mercury compounds

Abstract

【課題】水銀蒸気を含むガス中に硫黄酸化物が存在すると、活性炭による水銀蒸気の吸着が阻害される。従って、硫黄酸化物の共存下においても水銀蒸気を効果的に吸着除去する方法の開発が望まれていた。
【解決手段】硫黄酸化物を含むガス中の水銀蒸気を、活性炭100重量部に対してアルカリ金属ハロゲン化物のみを5〜70重量部添着させてなる活性炭吸着剤に接触させることにより、効率的且つ長期に亘り水銀蒸気を除去することに成功した。
【選択図】なし

Description

本発明は、硫黄酸化物と水銀蒸気を共に含むガス中の水銀蒸気を効果的に吸着除去するための水銀蒸気除去方法に関する。
電解水素ガス、天然ガス、焼却炉排ガス、水銀を取り扱う工場の排気ガス中などには水銀蒸気が含まれていることが多い。水銀蒸気を含む電解水素が化学合成に用いられると触媒毒となることがある。また、天然ガス中の水銀蒸気は、ガスの液化プロセスにおける配管や熱交換機などのアルミニウムの部位を腐食し、大きな事故の原因となりうる。焼却炉排ガスや、石炭焚きボイラーから排出される排ガス中には、硫黄酸化物や窒素酸化物と共に水銀蒸気が含まれていることがあり、大気汚染を引き起こし、人体や動植物に害を及ぼすことにもなる。
水銀蒸気を含有するガス中の水銀除去用活性炭としては、アルカリ金属ヨウ化物および鉄、ニッケル、銅、亜鉛などの金属の硫酸塩又は硝酸塩を担持させた活性炭(特許文献1)や、硫黄を添着した活性炭(非特許文献1)が知られている。
特開昭59−10343号公報 最新技術便覧 p515、表3
しかし、上記特許文献1や参考文献1に記載の吸着剤は、電解水素ガス、天然ガス、水銀を取り扱う工場など、水銀蒸気を含有するガス中の水銀蒸気を除去するのには効果があるが、これをゴミ焼却炉、産業廃棄物焼却炉等の各種焼却炉や石炭火力発電所で使用される石炭焚きボイラーなどから排出されるガス中の水銀蒸気を除去するのに用いると、比較的短時間に吸着力が低下してしまうという問題があった。
本発明者らは前記の場合における水銀蒸気の吸着力の短時間低下の原因を探るため、焼却炉や石炭焚きボイラーから排出されるガス中の組成を調査してみると、SO2やSO3等の硫黄酸化物が5〜1000ppm、特に50〜500ppm濃度で存在することが分かった。そしてさらに研究を行ったところ、ガス中に硫黄酸化物が存在すると硫黄酸化物が活性炭に選択的に吸着されて活性炭の細孔を閉塞させ、水銀蒸気に対する吸着能が短時間に低下するということが判明した。
そこで本発明者らは、硫黄酸化物の存在下においても水銀蒸気を効率的に吸着するような方法を求めて、種々検討を行ったところ、従来硫黄酸化物が殆ど含まれていないガス中の水銀蒸気の吸着除去に効果のあったアルカリ金属ヨウ化物および鉄、ニッケル、銅、亜鉛などの金属の硫酸塩又は硝酸塩を担持させた活性炭や硫黄を担持させた活性炭が比較的短時間に水銀蒸気の吸着能を低下させるのに対して、アルカリ金属ヨウ化物のみを担持させた活性炭を用いると、予想外に水銀蒸気を長期に亘り吸着除去することを見いだした。その知見を基に更に研究を行い、本発明を完成した。
即ち本発明は、
(1)水銀蒸気と5〜1000ppmの硫黄酸化物を含むガスを活性炭100重量部にアルカリ金属ハロゲン化物のみを5〜70重量部添着させた吸着剤と接触させるガス中の水銀蒸気除去法、
(2)アルカリ金属ハロゲン化物が、ヨウ化カリウムまたはヨウ化ナトリウムである(1)記載のガス中の水銀蒸気除去法、
(3)吸着剤が活性炭100重量部にアルカリ金属ハロゲン化物のみを20〜70重量部添着させてなる(1)又は(2)記載のガス中の水銀蒸気除去法、
(4)水銀蒸気と50〜1000ppmの硫黄酸化物とを含むガスを活性炭100重量部にアルカリ金属ハロゲン化物のみを30〜70重量部添着させた吸着剤とを150℃以下で接触させる(1)又は(2)記載のガス中の水銀蒸気除去法、
である。
本発明に使用することができる活性炭の原料は、木材、鋸屑、木炭、素灰、ヤシ殻、クルミ殻などの果実殻、桃、梅などの果実種子、リグニン廃液のようなパルプ製造副生物、精糖廃物(バカス)、廃糖蜜などの植物系原料、泥炭、草炭、亜炭、褐炭、瀝青炭、無煙炭、コークス、コールタール、石油ピッチ等の鉱物系原料、アクリル樹脂、塩化ビニリデン樹脂、フェノール樹脂などの合成樹脂系原料など一般的に用いられるものであればいずれでも良い。本発明で用いる活性炭は、保水率の高い活性炭が好ましく、その高保水率活性炭を製造するためには、充分な強度が必要である。したがって、原料炭としては、果実殻炭、瀝青炭、無煙炭など、密度の高いものが好ましく、ヤシ殻炭、瀝青炭、無煙炭が特に好ましい。
炭素質材料の賦活方法も特に限定されない。たとえば「活性炭−基礎と応用」、講談社(1992)、p.61〜p.69に記載の、水蒸気、酸素、炭酸ガスなどの活性ガス賦活剤による賦活炭や、リン酸、塩化亜鉛、水酸化カリウムを用いた薬品賦活炭など、で賦活した活性炭が用いられる。
本発明に用いられる活性炭は窒素吸着法で求めたBET比表面積が、通常500〜2000m2/g、好ましくは700〜1800m2/gのものである。
活性炭の液体窒素温度での窒素吸着等温線からCI法により求めた細孔容積は、0.3〜2.0ml/g、好ましくは0.5〜1.8ml/g、さらに好ましくは0.6〜1.5ml/gである。
活性炭の保水率は、通常30〜70%、好ましくは40〜70%である。
活性炭の形状は、粉末状、顆粒状、破砕状、円柱状、球状、繊維状、ハニカム状等の何れでも良いが、破砕状及びハニカム状のものが好適に用いられる。破砕状の場合、その粒度は特に限定されないが、通常は0.1〜10mm程度のものが用いられ、好ましくは0.5〜5mm程度のものである。
また、ハニカムを使用する場合には、そのセル数は特に限定されないが、通常は50〜1000セル/inch2、好ましくは150〜500セル/inch2のものが使用される。
粉末状活性炭を、さらに熱可塑性樹脂バインダーを用いて成型して使用しても良い。また、ポリウレタン、不織布、ナイロンメッシュ等に挟着してシート状にして使用しても良い。
活性炭に担持させるアルカリ金属ハロゲン化物は、元素の周期律表のIa族の金属から選択されたアルカリ金属とヨウ素、臭素及び塩素から選択されたハロゲン元素との金属ハロゲン化物を使用することができるが、カリウム及びナトリウムのハロゲン化合物であることが好ましい。具体的な化合物としては、ヨウ化カリウム、ヨウ化ナトリウム、塩化カリウム及び臭化カリウムがより好ましく、ヨウ化カリウムが最も好ましい。
アルカリ金属ハロゲン化物の活性炭に対する添着量は、活性炭100重量部に対して5〜70重量部、好ましくは20〜70重量部、更に好ましくは30〜70重量部、最も好ましくは、50〜70重量部である。
アルカリ金属ハロゲン化物は水に易溶性であるから、水溶液として活性炭に噴霧、あるいは活性炭に上記水溶液を含浸させ、乾燥することで、アルカリ金属ハロゲン化物を添着した活性炭、即ち本発明に使用される吸着剤を調製することができる。より具体的には、たとえば、一定量の活性炭に対して添着しようとする量のアルカリ金属ハロゲン化物を計り取り、それを適当量の水に溶解して溶液(通常1〜50重量%の水溶液、好ましくは20〜50重量%の水溶液)となし、得られた溶液を、常温または、30〜50℃の加温下に、活性炭に噴霧、又は散布して活性炭と均一に混和し、あるいは活性炭をアルカリ金属ハロゲン化物の水溶液に浸漬してアルカリ金属ハロゲン化物溶液を活性炭の表面や細孔内に充分に接触させた後、好ましくは80〜250℃、さらに好ましくは80〜150℃で乾燥し、必要により成型して吸着剤とすることができる。
活性炭に多量のアルカリ金属ハロゲン化物を添着する場合には、上記の添着の工程を複数回繰り返す、すなわち、一旦、添着した活性炭に再度アルカリ金属ハロゲン化物を含む水溶液を噴霧あるいは、活性炭にアルカリ金属ハロゲン化物を含む水溶液に含浸させ、活性炭を乾燥することにより吸着剤とすることができる。
アルカリ金属ハロゲン化物以外の例えば、硫酸鉄、硫酸銅、硝酸ニッケルなどの、遷移金属の硫酸塩、硝酸塩をさらに担持させると、硫黄酸化物の共存下における水銀蒸気の吸着能は却って低下する。したがって本発明においては、活性炭にアルカリ金属ハロゲン化物のみを担持させた吸着剤を用いる。
水銀蒸気を含有するガス中の水銀の濃度は、通常25μg/m3以上の濃度であれば、水銀除去対策を講じる必要がある。
ガス中に共存する硫黄酸化物は、通常"SOX"と称される二酸化硫黄ガス(SO2)、無水硫酸ガス(SO3)などである。火力元として用いられる石炭や石油は、その産地にもよるが、燃焼した際硫黄酸化物および水銀蒸気を含有するガスを排出する。
排出ガスが5ppm以上の硫黄酸化物を含んでいると、その濃度の増加にともない水銀蒸気の吸着除去能は低下する。
本発明における水銀蒸気を含む処理ガス中の硫黄酸化物の濃度は、それが水銀蒸気の吸着を阻害し始める濃度、すなわち5ppm以上の場合に効果を発揮するが、通常5〜1000ppm、より効果的には5〜500ppmおよび50〜1000ppm、更に効果的には100〜200ppmの濃度で含むものである。ガス中の硫黄酸化物の含有量が1000ppmを超える様な高濃度で含まれている場合は、脱硫装置を用いて硫黄酸化物の濃度を低減するか、1000ppm以下となるように硫黄酸化物を含まない空気などで希釈するとよい。
処理ガス中の硫黄酸化物の濃度と活性炭に添着するハロゲン化アルカリの割合は互いに関連がある。すなわち、硫黄酸化物の濃度が低い場合、たとえば5ppm以上50ppm未満の場合は、ハロゲン化アルカリの添着量は、活性炭100重量部に対して5〜30重量部、好ましくは5〜20重量部であり、硫黄酸化物の濃度が高い場合、たとえば50ppm以上1000ppm以下の場合は、ハロゲン化アルカリの添着量は、活性炭100重量部に対して20〜70重量部、好ましくは30〜70重量部、更に好ましくは50〜70重量部である。なお、活性炭100重量部に対してハロゲン化アルカリを80重量部以上添着することは困難である。
本発明の活性炭は、形状が、破砕状、円柱状、球状、ハニカム状等の場合、充てん塔に充填し、硫黄酸化物および水銀蒸気含有ガスをその中に通じることにより使用することができる。その場合、ガスの流速は、通常、0.1〜0.5m/sの範囲が好ましく、0.15〜0.4m/sの範囲がより好ましい。空間速度(SV)は、100〜200,000hr-1、好ましくは1000〜100,000hr-1程度である。
本発明の方法においては、このガスの温度を、0〜150℃、好ましくは10〜80℃程度に調整しておくのがよい。ガスの相対湿度は0〜80%に調整しておくのが良い。
火力発電所等で使用される石炭焚きボイラーから発生する排ガスには、粉塵や窒素酸化物、硫黄酸化物が含まれているため、通常、脱硝装置、電気集塵機、脱硫装置等を経て、煙突から大気に放出される。
活性炭の形状が、破砕状、円柱状、球状の場合には、固定床で使用される。固定床の場合、活性炭を充てんした吸着塔に排ガスを流すことにより水銀蒸気を除去する方法がとられる。処理ガス中に粉塵がある場合には、活性炭が目詰まりするので、通常、電気集塵装置の後に設置される。本吸着剤は、水銀を効率的に除去するが硫黄酸化物を除去するものではないので、脱硫装置の前段、後段のどちらにおいても構わない。ただし、硫黄酸化物の濃度が1000ppm以上の場合には、脱硫装置の後段に置くのが好ましい。
活性炭の形状がハニカム状の場合、通常、固定床で使用される。ハニカム状の場合、ハニカム構造であるために目詰まりをおこし難い特徴を有しているため、電気集塵装置の前段に置くこともできる。
本発明の硫黄酸化物共存下における水銀蒸気の除去法はガス中の水銀蒸気の除去率が極めて高く、その効果は長期に亘って持続する。
以下に実施例、比較例、試験例を挙げて本発明をさらに具体的に説明するが、本発明はこれらに限定されるものではない。
ヨウ化カリウム5gを蒸留水40gに溶解し、ヨウ化カリウム水溶液を調製した。BET法による比表面積が1130m2/g、平均細孔径が1.71nm、細孔容積が0.482ml/g、保水率が42%で粒子径が0.71〜1.00mmの破砕状ヤシ殻活性炭100gをポリプロピレン容器に入れ、卓上ミキサーで撹拌(100〜300rpm)しながら、先に調製したヨウ化カリウム水溶液の全量を25℃で噴霧添着し、その後110℃で乾燥し、ヨウ化カリウム担持活性炭からなる吸着剤を得た。
ヨウ化カリウム10gを蒸留水40gに溶解し、ヨウ化カリウム水溶液を調製した。実施例1で用いた破砕状ヤシ殻活性炭100gをポリプロピレン容器に入れ、卓上ミキサーで撹拌(100〜300rpm)しながら、先に調製したヨウ化カリウム水溶液の全量を噴霧し、その後110℃で乾燥し、ヨウ化カリウム担持活性炭からなる吸着剤を得た。
ヨウ化カリウム20gを蒸留水40gに溶解し、ヨウ化カリウム水溶液を調製した。実施例1で用いた破砕状ヤシ殻活性炭100gをポリプロピレン容器に入れ、卓上ミキサーで撹拌(100〜300rpm)しながら、先に調製したヨウ化カリウム水溶液の全量を噴霧し、その後110℃で乾燥し、ヨウ化カリウム担持活性炭からなる吸着剤を得た。
ヨウ化カリウム30gを蒸留水40gに溶解し、ヨウ化カリウム水溶液を調製した。実施例1で用いた破砕状ヤシ殻活性炭100gをポリプロピレン容器に入れ、卓上ミキサーで撹拌(100〜300rpm)しながら、先に調製したヨウ化カリウム水溶液の全量を噴霧し、その後110℃で乾燥し、ヨウ化カリウム担持活性炭からなる吸着剤を得た。
ヨウ化カリウム50gを蒸留水50gに溶解し、ヨウ化カリウム水溶液を調製した。実施例1で用いた破砕状ヤシ殻活性炭100gをポリプロピレン容器に入れ、卓上ミキサーで撹拌(100〜300rpm)しながら、先に調製したヨウ化カリウム水溶液の全量を噴霧し、その後110℃で乾燥し、ヨウ化カリウム担持活性炭からなる吸着剤を得た。
ヨウ化カリウム70gを蒸留水70gに溶解し、ヨウ化カリウム水溶液を調製した。実施例1で用いた破砕状ヤシ殻活性炭100gをポリプロピレン容器に入れ、卓上ミキサーで撹拌(100〜300rpm)しながら、先に調製したヨウ化カリウム水溶液の半分量を噴霧し、その後110℃で乾燥後、残り半分量のヨウ化カリウム水溶液の全量を噴霧し、その後110℃で乾燥し、ヨウ化カリウム担持活性炭からなる吸着剤を得た。
比較例1
ヨウ化カリウム1.0gを蒸留水40gに溶解し、ヨウ化カリウム水溶液を調製した。実施例1で用いた破砕状ヤシ殻活性炭100gをポリプロピレン容器に入れ、卓上ミキサーで撹拌(100〜300rpm)しながら、先に調製したヨウ化カリウム水溶液の全量を噴霧し、その後110℃で乾燥し、ヨウ化カリウム担持活性炭からなる吸着剤を得た。
比較例2
ヨウ化カリウム10g、硫酸鉄10g(無水換算)を蒸留水40gに溶解し、ヨウ化カリウム−硫酸鉄水溶液を調製した。実施例1で用いた破砕状ヤシ殻活性炭100gをポリプロピレン容器に入れ、卓上ミキサーで撹拌(100〜300rpm)しながら、先に調製したヨウ化カリウム−硫酸鉄水溶液の全量を噴霧し、その後110℃で乾燥し、ヨウ化カリウム−硫酸鉄担持活性炭からなる吸着剤を得た。
比較例3
ヨウ化カリウム10g、硫酸鉄10g(無水換算)を蒸留水30gに溶解し、ヨウ化カリウム−硫酸鉄水溶液を調製した。硫黄10gを蒸留水10gに懸濁させ、硫黄懸濁液を調整した。実施例1で用いた破砕状ヤシ殻活性炭100gをポリプロピレン容器に入れ、卓上ミキサーで撹拌(100〜300rpm)しながら、先に調製したヨウ化カリウム−硫酸鉄水溶液の全量を噴霧し、ついで硫黄懸濁液の全量を噴霧し、その後110℃で乾燥し、硫黄−ヨウ化カリウム−硫酸鉄担持活性炭からなる吸着剤を得た。
比較例4
硫黄10gを蒸留水10gに懸濁させ、硫黄懸濁液を調整した。実施例1で用いた破砕状ヤシ殻活性炭100gをポリプロピレン容器に入れ、卓上ミキサーで撹拌(100〜300rpm)しながら、先に調製した硫黄懸濁液の全量を噴霧し、その後110℃で乾燥し、硫黄担持活性炭からなる吸着剤を得た。
比較例5
ヨウ化カリウム80gを蒸留水80gに溶解し、ヨウ化カリウム水溶液を調製した。実施例1で用いた破砕状ヤシ殻活性炭100gをポリプロピレン容器に入れ、卓上ミキサーで撹拌(100〜300rpm)しながら、先に調製したヨウ化カリウム水溶液の半分量を噴霧し、その後110℃で乾燥した。その後、残り半分量のヨウ化カリウム水溶液の全量を噴霧したところ、水溶液の全量が活性炭に吸着されずに活性炭表面が水溶液で濡れた状態になり、110℃で乾燥したところ、ヨウ化カリウムの結晶が活性炭の表面に析出していた。活性炭100部に対してヨウ化カリウム80部を添着することはできなかった。
試験例1
(SO2:5ppm、RH:70%での水銀蒸気吸着試験)
25℃に保たれた恒温槽内に、〔図1〕に示される吸着性能測定装置を設置し、内径15.6mmのガラス製カラムに各吸着剤3.8mlを充填した。
上記試料充填カラムに、相対湿度70%、水銀蒸気濃度5mg/m3、SO2 5ppmを含むガスを、流量2.3L/分、線速度20cm/秒で流通させ、水銀の入口濃度に対する出口濃度を測定した。なお水銀蒸気濃度の測定は、ガステック製検知管水銀用No.40で測定した。
得られた結果から各試料の5%破過時間(処理前水銀蒸気濃度に対する処理後の水銀蒸気濃度の比が5%に達した時間、すなわちリークした水銀蒸気の濃度が入口濃度の5%に達した時間)を表1に示す。
実施例1〜6の吸着剤は、比較例1〜4の吸着剤よりも、長期間吸着性能を保持する結果となった。特に実施例2および実施例3の吸着剤は、比較例2〜3の吸着剤の9倍以上の性能を示した。
試験例2
(SO2:50ppm、RH=70%での水銀蒸気吸着試験)
試験例1と同様の装置を用いて、相対湿度70%、水銀蒸気濃度5mg/m3、SO2 50ppmを含むガスを、流量2.3L/分、線速度20cm/秒で流通させ、水銀蒸気の入口濃度に対する出口濃度を測定した。なお、水銀蒸気濃度の測定方法は、試験例1と同じとした。得られた結果から各吸着剤の5%破過時間を表1に示した。
実施例1〜6の吸着剤は、比較例1〜4の吸着剤よりも、長期間吸着性能を保持する結果となった。特に実施例4および実施例5の吸着剤は、比較例2〜3の吸着剤の10倍以上の性能を示した。
試験例3
(SO2:100ppm、RH=70%での水銀蒸気吸着試験)
試験例1と同様の装置を用いて、相対湿度70%、水銀蒸気濃度5mg/m3、SO2 100ppmを含むガスを、流量2.3L/分、線速度20cm/秒で流通させ、水銀の入口濃度に対する出口濃度を測定した。なお、水銀蒸気濃度の測定方法は、試験例1と同じとした。得られた結果から各吸着剤の5%破過時間を表1に示した。
実施例1〜6の吸着剤は、比較例1〜4の吸着剤よりも、長期間吸着性能を保持する結果となった。特に実施例5および実施例6の吸着剤は、比較例2〜3の吸着剤の20倍以上の性能を示した。
試験例4
(SO2:200ppm、RH=70%での水銀蒸気吸着試験)
試験例1と同様の装置を用いて、相対湿度70%、水銀蒸気濃度5mg/m3、SO2 200ppmを含むガスを、流量2.3L/分、線速度20cm/秒で流通させ、水銀の入口濃度に対する出口濃度を測定した。なお、水銀蒸気濃度の測定方法は、試験例1と同じとした。得られた結果から各吸着剤の5%破過時間を表1に示した。得られた結果から各吸着剤の5%破過時間を表1に示した。
実施例1〜6の吸着剤は、比較例1〜4の吸着剤よりも、長期間吸着性能を保持する結果となった。特に実施例5および実施例6の吸着剤は、比較例2〜3の吸着剤の50倍以上の性能を示した。
試験例5
(SO2:500ppm、RH=70%での水銀蒸気吸着試験)
試験例1と同様の装置を用いて、相対湿度70%、水銀蒸気濃度5mg/m3、SO2 500ppmを含むガスを、流量2.3L/分、線速度20cm/秒で流通させ、水銀の入口濃度に対する出口濃度を測定した。水銀蒸気濃度の測定方法は、試験例1と同じとした。得られた結果から各試料の5%破過時間を表1に示す。得られた結果から各試料の5%破過時間を表1に示す。
実施例1〜6の吸着剤は、比較例1〜4の吸着剤よりも、長期間吸着性能を保持する結果となった。特に実施例5および実施例6の吸着剤は、比較例2〜3の吸着剤の20倍以上の性能を示した。
試験例6
(SO2:1000ppm、RH=70%での水銀蒸気吸着試験)
試験例1と同様の装置を用いて、相対湿度70%、水銀蒸気濃度5mg/m3、SO2 1000ppmを含むガスを、流量2.3L/分、線速度20cm/秒で流通させ、水銀の入口濃度に対する出口濃度を測定した。なお水銀蒸気濃度の測定方法は、試験例1と同じとした。得られた結果から各試料の5%破過時間を表1に示す。得られた結果から各試料の5%破過時間を表1に示す。
実施例1〜6の吸着剤は、比較例1〜4の吸着剤よりも、長期間吸着性能を保持する結果となった。特に実施例4および実施例5の吸着剤は、比較例2〜3の吸着剤の30倍以上の性能を示した。
試験例7
(SO2:0ppm、RH=30%での水銀蒸気吸着試験)
試験1と同様の装置を用いて、相対湿度30%、水銀蒸気濃度5mg/m3を含むガス(SO2を含まず)を、流量2.3L/分、線速度20cm/秒で流通させ、各ガスの入口濃度に対する出口濃度を測定した。なお、水銀蒸気濃度の測定方法は、試験例1と同じとした。得られた結果から各吸着剤の5%破過時間を表に示した。
硫黄酸化物が共存しない系では、実施例3〜6の吸着剤は、比較例1〜4の吸着剤に比べて、長期間吸着性能を保持する結果となったが、吸着性能は実施例1〜2の吸着剤では、比較例1や4の吸着剤に比べて優れているものの、比較例2の吸着剤より劣っており、必ずしも優れた吸着特性を示す結果ではなかった。
試験例の結果の纏め
試験例7に示すように、ヨウ化カリウムを5〜70部添着した吸着剤は、処理ガス中に二酸化硫黄が共存しない系においては、他の活性炭に比べ、水銀除去性能は優れているとは言えない水準であった。しかし、試験例1や試験例2のように処理ガス中に二酸化硫黄が共存する系においては、ヨウ化カリウムを5〜70部添着した活性炭は、他の活性炭に比べて、予想外の優れた水銀除去性能を示した。
特に50〜1000ppmの高濃度の硫黄酸化物が共存する系においては、ヨウ化カリウムを20〜70部添着した吸着剤は、他の吸着剤に比べて、極めて優れた水銀除去性能を示した。
また、比較例2〜4の吸着剤では、硫黄酸化物濃度の増加にともない、吸着性能が最大で1/25以下まで低下するのに対して、実施例の吸着剤では、吸着性能の低下は最大で1/6程度であり、硫黄酸化物が非共存の条件に比べて水銀蒸気吸着性能が向上しているものも見られた。なお、ヨウ素の担持量の少ない比較例1の吸着剤でも吸着性能の低下は見られないが、他の比較例や実施例の吸着剤に比べて除去性能が低いため実用的ではない。
本発明によれば、硫黄酸化物が5〜1000ppm共存するガス中の水銀蒸気を除去するに際し、該ガスをアルカリ金属ハロゲン化物のみを活性炭に対して5〜70重量%担持させた活性炭に接触させることにより効率よく水銀蒸気を吸着除去できるので、含硫石炭による石炭焚きボイラー等を用いた火力発電所などで発生する硫黄酸化物を含有する排ガス中の水銀蒸気を効率よく長期間に渡り吸着除去することができる。
水銀蒸気除去試験装置の模式図
符号の説明
1:排水銀除去塔
2:サンプルカラム
3:出口
4:入口
5:フローターメーター
6:25℃恒温層内
7:マスフローコントローラー(乾燥空気供給)
8:SOボンベ
9:ガス混合瓶
10:水銀蒸気発生瓶
11:水蒸気発生瓶
12:コンプレッサー

Claims (4)

  1. 水銀蒸気と5〜1000ppmの硫黄酸化物を含むガスを活性炭100重量部にアルカリ金属ハロゲン化物のみを5〜70重量部添着させた吸着剤と接触させるガス中の水銀蒸気除去法。
  2. アルカリ金属ハロゲン化物が、ヨウ化カリウムまたはヨウ化ナトリウムである請求項1記載のガス中の水銀蒸気除去法。
  3. 吸着剤が活性炭100重量部にアルカリ金属ハロゲン化物のみを20〜70重量部添着させてなる請求項1又は2記載のガス中の水銀蒸気除去法。
  4. 水銀蒸気と50〜1000ppmの硫黄酸化物とを含むガスを活性炭100重量部にアルカリ金属ハロゲン化物のみを30〜70重量部添着させた吸着剤とを150℃以下で接触させる請求項1又は2記載のガス中の水銀蒸気除去法。
JP2008045772A 2007-03-01 2008-02-27 ガス中の水銀蒸気除去法 Active JP5094468B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007051087 2007-03-01
JP2007051087 2007-03-01
JP2008045772A JP5094468B2 (ja) 2007-03-01 2008-02-27 ガス中の水銀蒸気除去法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008045772A JP5094468B2 (ja) 2007-03-01 2008-02-27 ガス中の水銀蒸気除去法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008238163A true JP2008238163A (ja) 2008-10-09
JP5094468B2 JP5094468B2 (ja) 2012-12-12

Family

ID=39910130

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008045772A Active JP5094468B2 (ja) 2007-03-01 2008-02-27 ガス中の水銀蒸気除去法

Country Status (3)

Country Link
US (1) US20090007785A1 (ja)
JP (1) JP5094468B2 (ja)
CN (1) CN101310826B (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104549143A (zh) * 2013-10-28 2015-04-29 中国石油化工股份有限公司 活性炭脱硫吸附剂及其制备方法
JP2016500103A (ja) * 2012-11-28 2016-01-07 ファーマルンデンシス アクチボラグPharmalundensis Ab 慢性気管支炎の治療方法におけるヨウ化物塩を吸着させた活性炭
JP2016108604A (ja) * 2014-12-05 2016-06-20 太平洋セメント株式会社 水銀回収装置及び水銀回収方法

Families Citing this family (50)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8124036B1 (en) 2005-10-27 2012-02-28 ADA-ES, Inc. Additives for mercury oxidation in coal-fired power plants
US8057576B1 (en) * 2008-06-10 2011-11-15 Calgon Carbon Corporation Enhanced adsorbents and methods for mercury removal
CN101480605B (zh) * 2009-01-05 2011-05-25 浙江工业大学 一种活性炭纤维吸附剂及其制备方法和应用
FR2949978B1 (fr) 2009-09-17 2012-08-31 Air Liquide Procede de purification d'un flux gazeux comprenant du mercure
JP5341741B2 (ja) * 2009-12-22 2013-11-13 バブコック日立株式会社 使用済脱硝触媒の洗浄方法
US8496894B2 (en) 2010-02-04 2013-07-30 ADA-ES, Inc. Method and system for controlling mercury emissions from coal-fired thermal processes
CN102883794A (zh) * 2010-02-04 2013-01-16 Ada-Es股份有限公司 控制从烧煤的热工艺释放汞的方法和系统
US8784757B2 (en) 2010-03-10 2014-07-22 ADA-ES, Inc. Air treatment process for dilute phase injection of dry alkaline materials
PL2545334T3 (pl) 2010-03-10 2018-11-30 ADA-ES, Inc. Method of injecting the diluted phase dry alkaline materials into the gas
JP2012106229A (ja) * 2010-10-22 2012-06-07 Futamura Chemical Co Ltd 水銀ガス除去用活性炭の製造方法
US8524179B2 (en) 2010-10-25 2013-09-03 ADA-ES, Inc. Hot-side method and system
US8951487B2 (en) 2010-10-25 2015-02-10 ADA-ES, Inc. Hot-side method and system
CA2963242C (en) * 2011-02-01 2018-07-10 Shaw Environmental & Infrastructure, Inc. Emission control system
US8845986B2 (en) 2011-05-13 2014-09-30 ADA-ES, Inc. Process to reduce emissions of nitrogen oxides and mercury from coal-fired boilers
US9126143B2 (en) 2011-10-12 2015-09-08 Greenville Envirotech Co., Ltd. Process and apparatus for removal of nitrogen oxides, sulfur oxides and mercury from off gas through oxidization
US10722865B2 (en) * 2011-10-28 2020-07-28 Ada Carbon Solutions, Llc Multi-functional composition of matter for removal of mercury from high temperature flue gas streams
US9539538B2 (en) * 2011-10-28 2017-01-10 Ada Carbon Solutions, Llc Multi-functional composition of matter for rapid removal of mercury from a flue gas
US9017452B2 (en) 2011-11-14 2015-04-28 ADA-ES, Inc. System and method for dense phase sorbent injection
US8883099B2 (en) 2012-04-11 2014-11-11 ADA-ES, Inc. Control of wet scrubber oxidation inhibitor and byproduct recovery
US8974756B2 (en) 2012-07-25 2015-03-10 ADA-ES, Inc. Process to enhance mixing of dry sorbents and flue gas for air pollution control
US9957454B2 (en) 2012-08-10 2018-05-01 ADA-ES, Inc. Method and additive for controlling nitrogen oxide emissions
US9243186B2 (en) 2012-08-17 2016-01-26 Suncoke Technology And Development Llc. Coke plant including exhaust gas sharing
US9359554B2 (en) 2012-08-17 2016-06-07 Suncoke Technology And Development Llc Automatic draft control system for coke plants
US9169439B2 (en) 2012-08-29 2015-10-27 Suncoke Technology And Development Llc Method and apparatus for testing coal coking properties
WO2014036253A2 (en) 2012-08-30 2014-03-06 Chevron U.S.A. Inc. Process, method, and system for removing heavy metals from fluids
WO2014039758A2 (en) 2012-09-07 2014-03-13 Chevron U.S.A. Inc. Process, method, and system for removing heavy metals from fluids
US10016714B2 (en) * 2012-12-28 2018-07-10 Suncoke Technology And Development Llc Systems and methods for removing mercury from emissions
WO2014105063A1 (en) 2012-12-28 2014-07-03 Suncoke Technology And Development Llc. Systems and methods for maintaining a hot car in a coke plant
US10047295B2 (en) 2012-12-28 2018-08-14 Suncoke Technology And Development Llc Non-perpendicular connections between coke oven uptakes and a hot common tunnel, and associated systems and methods
US9476547B2 (en) 2012-12-28 2016-10-25 Suncoke Technology And Development Llc Exhaust flow modifier, duct intersection incorporating the same, and methods therefor
US9238778B2 (en) 2012-12-28 2016-01-19 Suncoke Technology And Development Llc. Systems and methods for improving quenched coke recovery
US10883051B2 (en) 2012-12-28 2021-01-05 Suncoke Technology And Development Llc Methods and systems for improved coke quenching
US9308518B2 (en) 2013-02-14 2016-04-12 Calgon Carbon Corporation Enhanced sorbent formulation for removal of mercury from flue gas
US9273250B2 (en) 2013-03-15 2016-03-01 Suncoke Technology And Development Llc. Methods and systems for improved quench tower design
CN103331094B (zh) * 2013-07-03 2015-07-08 上海交通大学 有色金属冶炼烟气的净化及同步实现多重资源化利用方法
US9889451B2 (en) 2013-08-16 2018-02-13 ADA-ES, Inc. Method to reduce mercury, acid gas, and particulate emissions
CN103721676A (zh) * 2013-12-24 2014-04-16 南京埃森环境技术有限公司 一种碘化活性炭及其制备方法与应用
PL3090034T3 (pl) 2013-12-31 2020-10-05 Suncoke Technology And Development Llc Sposoby dekarbonizacji pieców koksowniczych i powiązanych z nimi systemów i urządzeń
US10449492B2 (en) 2014-05-30 2019-10-22 Ada Carbon Solutions, Llc Catalytically enhanced compositions for efficient removal of contaminants in flue gas streams
UA123141C2 (uk) 2014-06-30 2021-02-24 Санкоук Текнолоджі Енд Дівелепмент Ллк Горизонтальні коксові печі з рекуперацією тепла, що мають монолітні склепіння
CA3054519A1 (en) 2014-08-28 2016-03-03 Suncoke Technology And Development Llc Method and system for optimizing coke plant operation and output
EP3194531A4 (en) 2014-09-15 2018-06-20 Suncoke Technology and Development LLC Coke ovens having monolith component construction
US10350545B2 (en) 2014-11-25 2019-07-16 ADA-ES, Inc. Low pressure drop static mixing system
US10968395B2 (en) 2014-12-31 2021-04-06 Suncoke Technology And Development Llc Multi-modal beds of coking material
DE102015211326A1 (de) * 2015-06-19 2016-12-22 Rwe Power Aktiengesellschaft Verfahren zur Abscheidung von Quecksilber aus Rauchgasen von Verbrennungsanlagen
CA2995357A1 (en) 2015-08-11 2017-02-16 Calgon Carbon Corporation Enhanced sorbent formulation for removal of mercury from flue gas
US20170043316A1 (en) 2015-08-14 2017-02-16 Ada Carbon Solutions, Llc Sorbent compositions having amorphous halogen species for the sequestration of contaminants
RU2730009C2 (ru) 2015-12-28 2020-08-14 САНКОУК ТЕКНОЛОДЖИ ЭНД ДИВЕЛОПМЕНТ ЭлЭлСи Способ и система динамической загрузки коксовой печи
CN105921139B (zh) * 2016-07-05 2019-03-19 中国环境科学研究院 一种汞吸附剂及其制备方法和应用
US10851306B2 (en) 2017-05-23 2020-12-01 Suncoke Technology And Development Llc System and method for repairing a coke oven

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS4953591A (ja) * 1972-09-29 1974-05-24
JPS5910343A (en) * 1982-07-08 1984-01-19 Takeda Chem Ind Ltd Adsorbent for mercury vapor
JPS5976537A (en) * 1982-10-25 1984-05-01 Takeda Chem Ind Ltd Adsorbent for mercury vapor
JPH06170162A (ja) * 1992-12-10 1994-06-21 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 排ガス中の有害金属の捕集方法及び捕集灰の処理方法
JPH10230137A (ja) * 1997-02-19 1998-09-02 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 排ガス処理方法及び排ガス処理装置
JP2005131505A (ja) * 2003-10-29 2005-05-26 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 排煙処理方法および排煙処理装置
JP2008168288A (ja) * 2006-12-15 2008-07-24 Jgc Corp 水銀吸着剤、水銀吸着剤の製造方法及び水銀吸着除去方法

Family Cites Families (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3194629A (en) * 1962-02-23 1965-07-13 Pittsburgh Activated Carbon Co Method of removing mercury vapor from gases
US4101631A (en) * 1976-11-03 1978-07-18 Union Carbide Corporation Selective adsorption of mercury from gas streams
US4324564A (en) * 1980-07-07 1982-04-13 Near Equilibrium Research Associates Adsorption beds and method of operation thereof
AU559284B2 (en) * 1982-07-08 1987-03-05 Takeda Chemical Industries Ltd. Adsorption of mercury vapour
EP0357873B1 (en) * 1988-08-10 1992-08-26 Jgc Corporation Method for removing mercury from hydrocarbons
EP0894530B1 (en) * 1997-07-28 2003-09-10 Corning Incorporated Mercury removal catalyst and method of making and using same
NL1007579C2 (nl) * 1997-11-19 1999-05-20 Anthonius Hendricus Vermeulen Installatie voor het selectief reinigen van gassen afkomstig van een crematie-oven.
US6638347B2 (en) * 1999-09-29 2003-10-28 Merck & Co., Inc. Carbon-based adsorption powder containing cupric chloride
US6533842B1 (en) * 2000-02-24 2003-03-18 Merck & Co., Inc. Adsorption powder for removing mercury from high temperature, high moisture gas streams
US6558642B2 (en) * 2001-03-29 2003-05-06 Merck & Co., Inc. Method of adsorbing metals and organic compounds from vaporous streams
EP1509629B1 (en) * 2002-05-06 2009-07-22 Technologies Corporation Sorbent Method for the removal of mercury from combustion gases
US20070234902A1 (en) * 2006-03-29 2007-10-11 Fair David L Method for mercury removal from flue gas streams

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS4953591A (ja) * 1972-09-29 1974-05-24
JPS5910343A (en) * 1982-07-08 1984-01-19 Takeda Chem Ind Ltd Adsorbent for mercury vapor
JPS5976537A (en) * 1982-10-25 1984-05-01 Takeda Chem Ind Ltd Adsorbent for mercury vapor
JPH06170162A (ja) * 1992-12-10 1994-06-21 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 排ガス中の有害金属の捕集方法及び捕集灰の処理方法
JPH10230137A (ja) * 1997-02-19 1998-09-02 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 排ガス処理方法及び排ガス処理装置
JP2005131505A (ja) * 2003-10-29 2005-05-26 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 排煙処理方法および排煙処理装置
JP2008168288A (ja) * 2006-12-15 2008-07-24 Jgc Corp 水銀吸着剤、水銀吸着剤の製造方法及び水銀吸着除去方法

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016500103A (ja) * 2012-11-28 2016-01-07 ファーマルンデンシス アクチボラグPharmalundensis Ab 慢性気管支炎の治療方法におけるヨウ化物塩を吸着させた活性炭
CN104549143A (zh) * 2013-10-28 2015-04-29 中国石油化工股份有限公司 活性炭脱硫吸附剂及其制备方法
JP2016108604A (ja) * 2014-12-05 2016-06-20 太平洋セメント株式会社 水銀回収装置及び水銀回収方法

Also Published As

Publication number Publication date
US20090007785A1 (en) 2009-01-08
CN101310826A (zh) 2008-11-26
CN101310826B (zh) 2013-07-10
JP5094468B2 (ja) 2012-12-12

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Ozekmekci et al. Use of zeolites for the removal of H2S: a mini-review
JP2018089624A (ja) 水銀を除去する吸着剤
Hidayu et al. Preparation and characterization of impregnated activated carbon from palm kernel shell and coconut shell for CO2 capture
US10589225B2 (en) Sorbents for the oxidation and removal of mercury
Heydari-Gorji et al. Polyethylenimine-impregnated mesoporous silica: effect of amine loading and surface alkyl chains on CO2 adsorption
Goeppert et al. Nanostructured silica as a support for regenerable high-capacity organoamine-based CO 2 sorbents
RU2531303C2 (ru) Способы отделения ртути от топочного газа
US8715599B2 (en) Sorbent formulation for removal of mercury from flue gas
Lu et al. Calcium oxide based sorbents for capture of carbon dioxide at high temperatures
Olson et al. Catalytic effects of carbon sorbents for mercury capture
Liu et al. Optimization of sulfur impregnation protocol for fixed-bed application of activated carbon-based sorbents for gas-phase mercury removal
Huggins et al. XAFS examination of mercury sorption on three activated carbons
ES2435318T3 (es) Método de tratamiento de gases de escape utilizando yodo gaseoso
Liu et al. Removal of elemental mercury by bio-chars derived from seaweed impregnated with potassium iodine
US4855276A (en) Solid filtration medium incorporating alumina and carbon
Yang et al. Removal of elemental mercury from flue gas using sargassum chars modified by NH4Br reagent
EP2260940B1 (en) Carbonaceous catalyst for flue gas desulfurization, process for producing the same and use thereof for removal of mercury from exhaust gas
US8328908B2 (en) Sorbent composition
CA2557695C (en) Sorbent for removal of trace hazardous air pollutants from combustion flue gas and preparation method thereof
Granite et al. Novel sorbents for mercury removal from flue gas
Shen et al. Metal chlorides loaded on activated carbon to capture elemental mercury
US20080279739A1 (en) Mercury removal sorbent
EP1509629B1 (en) Method for the removal of mercury from combustion gases
US20140291578A1 (en) Process to prepare adsorbents from organic fertilizer and their applications for removal of acidic gases from wet air streams
Wang et al. Mesoporous-molecular-sieve-supported polymer sorbents for removing H 2 S from hydrogen gas streams

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20101203

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20110929

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20111004

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20111202

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120829

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120918

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150928

Year of fee payment: 3

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250